表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
支援治療、副作用への対応

支援治療(supportive care)とは、日本語でしいて対応する言葉を探せば、対症療法となるのかも知れませんが、多分、日本語のもつ後ろ向きな語感でなく、症状に対処しつつ、進歩する新しい治療法のチャンスを待つという意味があるのではないでしょうか。その意味でも、支援治療は非常に重要であると考えます。

現在のところ、以下の項目についてまとめていく予定にしております。作成を始めた段階ですので、お急ぎのかたは、例えば「痛みへの対応の全体像」の中でご紹介しているサイトでまとめてくれている説明をお読みになるか、検索語 ”supportive care”でインターネット検索を試みてください。

*****目次*****

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

--- 痛み ---

痛みへの対応の全体像
痛みの治療剤一覧表 (作成中)

--- 骨への転移、高カルシウム血症 ---

骨への転移 基本的な資料 => がん 全般データベースの「現行の治療法関連」の項目をご覧ください。

高カルシウム血症への対応全体像

骨への転移、高カルシウム血症の治療剤一覧表 (作成中)


Topics集《 index_001 》
  ‥資料 A : 進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢

『上大静脈閉塞症候群』(未作成項目)

--- リンパ浮腫 ---

基本的な資料 

--- 口腔合併症(化学療法や頭頸部の放射線療法に伴うもの) ---

基本的な資料
 ‥‥資料 A. 全体像

『放射線腸炎』(未作成項目)
『睡眠障害』(未作成項目)

--- 不安 ---

基本的な資料 

--- 抑うつ症 ---

基本的な資料 

--- 認識障害・せん妄 ---

基本的な資料 

--- 疲労感 ---

疲労感とその治療 

--- 発熱、発汗、ほてり ---

基本的な資料 

--- 吐き気、嘔吐 ---

吐き気、嘔吐への対応全体像 
『かゆみ』(未作成項目)
『栄養』(未作成項目)
『便秘』(未作成項目)

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。

--- 痛み ---


(ニュース冒頭) ホスピス_患者さん_ での _がん`疼痛_を _持続的_皮下_投与_parecoxib が 緩和することあり との研究結果 1709201703 
(↑2017年 9月)
『 JCO 論文』 オピオイド_治療_を 受けている_患者さん_ での _重症__がん`疼痛_エピソード の _管理_のための fentanyl 舌下錠 対 _皮下_注射_モルヒネ _ : _〜(続く) 1702271717 
(ニュース冒頭) _針療法_ は がん −関連_痛 の うち 2 つのタイプ を 軽減させる との研究結果 1703151653 

(ニュース冒頭) _ニューロフィードバック_ が _化学療法−誘発``ニューロパシー__に対し_有望的である との研究結果 1703081714 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) _骨転移__に対する__緩和`放射線`療法_に関する ASTRO_ガイドライン_ の _アップデート_発表 1702221655 
(ニュース冒頭) _単回`投与_の_放射線`療法_により_骨転移_ に於ける _痛み_、及び、_生活の質_ が _改善_ 1702141626 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) _乳がん__に対する__化学療法_に伴う_末梢性ニューロパシー__に対し、_針療法_が _効果的_である との研究結果 1612131701 
(↑2016年 12月)
『総説紹介文』 _成人 がん の _克服者さん_ に於ける _慢性痛 の _管理__ : _American Society of Clinical Oncology_臨床`実地_ガイドライン_ 1609181639 
(↑2016年 10月)

『論文類』 強力オピオイド は _慢性__がん`疼痛_の_治療_に於いて_同等に__効果的_で_安全的_であるか? : 〜(続く) 1605301634 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) _化学療法_−誘発_末梢性ニューロパシー に 関連する_併存`疾患_ 1606301655 
(↑2016年 6月)
『論文類(詳細原文)』 _中等度_の_がん`疼痛__に対する__低用量_モルヒネ 対 弱いオピオイド の _比較_を した_ランダム化`臨床`試験_ 1605031730 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) _緩和`ケア_ に於ける メサドン? この ガイダンス は _使用_の 助けに なるであろう。( 原文通りの表現 ) 1603161616 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) がん−関連__神経`障害_痛 に スクランブラー( 周波数帯変換器. )_治療_ が _利益的_ 1601121701 
(↑2016年 1月)

『論文類』 _骨転移__に対する__緩和`放射線`療法_後 の _放射線`療法_−誘発__痛み_フレア(一時的`急激`上昇)_の_予防_ に於ける dexamethasone : 〜(続く) 1511091739 
(↑2015年 12月)
『論文類』 _前立腺がん_ に於ける _限局性__転移性__骨痛__に対する_ibandronate 対 _単回`投与__放射線`療法_に関する_多施設__ランダム化`臨床`試験_ 1511201721 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) がん の_緩和`ケア_に於いて、オピオイド−随伴 便秘 _に対する__薬_により_生存_ が _改善_される との研究結果 1510281705 
(ニュース冒頭) _ステロイド__投与_により、_骨転移__に対する__放射線`療法_後 の _痛み_一時的`急激`上昇_が 軽減する との研究結果 1510221700 
(↑2015年 10月)
(ニュース冒頭) _長時間`作用`型_オピオイドは 意図しない 過剰_投与__リスク_ に 関連している との研究結果 1502201649 
(↑2015年 2月)

(ニュース冒頭) GW Pharma 社 の カンナビス_薬_ が _がん`疼痛__臨床試験_で _失敗_ 1501141703 
(ニュース冒頭) _腹腔`神経叢`ブロック_ は _切除`可能的__膵臓がん_に於ける 痛みを 緩和しない との研究結果 1501041548 
(↑2015年 1月)
『 JCO 論文』 オピオイド使用中の進行期 がん患者さんに於ける methylprednisolone の 痛み、疲労`消耗`感、食欲不振への効果 1410131710 
(ニュース冒頭) 緩和`ケア_に於いて、神経`障害性`疼痛_に対する_gabapentin の 効果 は _限定的 かも知れないとの研究結果 1411011648 
(↑2014年 11月)
『論文類』 _痛みを伴う__骨転移__に対する__MRI −ガイド下``集束`超音波治療_ : _フェーズ_3_臨床`試験_の_結果 1409111552 
(↑2014年 10月)

『 JCO 論文』 _成人がん 克服者さん_ での _化学療法−誘発``末梢性ニューロパシー_の_予防、_管理_ : ASCO_ガイドライン_ 1406231742 
『総説紹介文』 _がん克服者さん_に於ける _痛み_ 1406082348 
『総説紹介文』 _がん`疼痛_の_治療_に於ける _非−オピオイド_薬_ 1406082321 
『総説紹介文』 _がん`疼痛_に於ける オピオイド_使用_の 原則 1406082248 
『総説紹介文』 _痛み_、及び、痛覚 : _がん−誘発_骨痛_ の メカニズム 1405310004 

(ニュース冒頭) 進行期 がん治療に於ける オピオイドへのステロイド追加は_痛み_の面では助けにならないが、生活の質を_改善 1407121801 
『総説紹介文』 _がん`患者さんに於ける _痛み_の_評価_、及び、_管理_への _個別化__アプローチ_ 1405302359 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) _ホルモン_併用`治療__により、_難治性`疼痛_ での _痛み_、及び、オピオイド_用量_ が _低下_ 14.03.18nb 
『論文類』 _痛みを伴う__骨転移__に対する_繰り返し_放射線`療法_ : _単一_ 対 _多重 分割_照射_ 14.02.13tb 
(↑2014年 3月)
(ニュース冒頭) _乳がん_の_手術_後、_痛み_ が 1 年間 も 続く との 調査結果 14.01.03na 
(↑2014年 1月)

『 ASCO abstract』 骨転移を 伴う_性腺`無効化`法−耐性_前立腺がん患者さんに於ける 二塩化 ラジウム − 223 での _痛み分析 13.11.16tb 
(ニュース冒頭) オピオイドの過度の規制が_がん`患者さんを 痛みの中に 置き去りにしている可能性あり との研究結果 13.12.03na 
(↑2013年 12月)
(ニュース冒頭) Xofigo が _前立腺がん_ での _骨、及び、_痛み_関連_結果状況_を _改善_ 13.10.15na 
(↑2013年 10月)
『総説』 _アロマターゼ阻害薬_−誘発__関節`痛_ : _レビュー_ 13.05.28td 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) _抗うつ薬_Cymbalta により_化学療法_−誘発_末梢性ニューロパシーによる痛みが 緩和する模様 との研究結果 13.05.25na 
(↑2013年 5 月)

(ニュース冒頭) duloxetine ( _抗うつ薬_ )により、_化学療法_に伴う 神経痛が _改善_ 13.04.03na 
(↑2013年 4月)
(ニュース冒頭) _がん性`疼痛__に対し、_脳`脊髄−幹``鎮痛_ が _安全的_で_効果的_ 12.10.20na 
(ニュース冒頭) _がん性`疼痛_に_皮下_投与 ketamine は _利益_なく、リスク増加 との研究結果 12.10.17na 
(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) diltiazem により、capecitabine −誘発_ の _胸部`痛_ が _軽減_ 12.09.21nb 
(ニュース冒頭) denosumab が _転移性`乳がん_ での _痛み_の _進行_を 遅らせる との研究結果 12.09.18na 
(↑2012年 9月)

(ニュース冒頭) _小児_ がん _患者さん_ での _痛みを伴う_治療__に於いて_、fentanyl が _いくらかの__利益的_ 12.08.29nb 
『 ASCO abstract 』 docetaxel で_治療される_乳がん_患者さん での 末梢性ニューロパシー_に対する_goshajinkigan の_効果_ 12.07.20tc 
『総説』 _転移性__骨`疾患_ での _痛み_ の _管理_ 12.07.10ta 
(ニュース冒頭) _抗うつ薬_Cymbalta ( duloxetine ) が _化学療法_後 の 痛みを 軽減 の _可能性_ 12.08.04nd 
(↑2012年 8月)
『総説 標題』 _慢性_ の _腫瘍_−関連_痛 12.06.29ta 

『総説 標題』 _オピオイド`誘発`痛覚`過敏( OIH )_ : 現れつつある_治療__挑戦課題_ 12.06.16ta 
(↑2012年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) 化学療法−誘発`末梢`ニューロパシーに対し、duloxetine が有用的、一方 ALC は避けるべきとの研究結果 12.06.09na 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) がん _患者さん_ は _高用量_舌下_fentanyl で 順調的 12.05.26na 
(↑2012年 5月)
『専門家インタビュー』 _乳がん_克服者さんに於ける 痛み、_疲労感_、認識`障害 11.09.23ta 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _早期_の 神経ブロック が _手術`不可能的__膵臓がん_ での 痛み を 低下 11.08.18na 
(↑2011年 8月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _がん性`疼痛__に対する_最初の fentanyl _鼻腔`スプレー_を_認可_ 11.07.01nc 
(↑2011年 7月)
『総説』 _血液`がん_に於ける 痛みの問題 11.03.04td 
『総説』 がん 克服者さん での 絶え間ない 痛みの_管理_ 11.02.17ta
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) _脊椎`圧迫`骨折_を 有する がん _患者さん_で、_圧迫骨折`セメント固定_により より良好な 機能、痛み緩和 11.02.22nb 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) _慢性_痛 は  がん 克服者さんに_一般普通的_で、対応が必要_との研究結果_ 11.01.25na 

(ニュース冒頭) 米国 FDA  が fentanyl _経`粘膜`吸収`錠_を がん 性 疼痛_治療用_として_認可_ 11.01.11na 
『総説』 成人 での がん 性 疼痛 : パート2 : 痛みの_管理_に関する最新_ガイドライン_ 10.12.08ta 
(↑2011年 1月)
『総説』 _上皮`成長`因子`レセプタ_抑制薬_による 皮膚_毒性__に対する__局所_外傷ゲル の 使用 10.11.10tb 
『総説』 終末期に於ける 痛みの_管理_ 10.11.05tb 
(↑2010年 12月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が 痛みのある 脊椎_転移__治療用_として_ラジオ波`焼灼法_装置を_認可_ 10.10.08nc 
(↑2010年 10月)

『 ASCO abstract 』 _転移性`乳がん_の_患者さん_ での 痛み_に対する_denosumab 対 zoledronic acid の_効果_比較 10.06.27ta 
(↑2010年 7月)
『論文類』 _頸部`郭清術_後 の 痛み、や、_機能`障害__に対する__針療法_ : _ランダム化__比較`臨床試験_の_結果 10.05.19ta 
『総説』 _がん性`疼痛__管理_の ための_介入的`治療_ 10.05.16ta 
(↑2010年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が tramadol 《 オピオイド鎮痛薬 》による自殺リスクについて警告 10.05.27nf 
(↑2010年 5月)
(ニュース冒頭) がん で_頸部`郭清術_を受けた_患者さん_ での 痛み、_機能`障害_、_口内`乾燥症_を_針療法_ が _改善_ 10.04.23nb 

『総説』 _乳がん__治療_後 の 女性 での _慢性__ニューロパシー性 の 痛み 10.02.27tb 
(↑2010年 4月)
『論文類』 痛みのある_骨転移__に対する__経皮的`ラジオ波`焼灼`治療_ 10.02.06tb 
(↑2010年 3月)
(ニュース冒頭) Abstral 《 鎮痛薬 》 の NDA を 米国 FDA  が 受理 09.10.08nc 
(↑2009年 10月)
『専門家インタビュー』 オピオイド鎮痛薬への_忍容性_ は 当該オピオイド _用量_増加 で _治療_可能か? 09.09.02tb 
『総説』 _がん性`疼痛__管理_の アップデート 09.08.29tc 

(ニュース冒頭) がん 性_突出`痛_の_治療用_として NasalFent の NDA を申請 09.09.09na 
『論文類』 がん−関連の 痛み : 頻度、_治療_ 、及び、 _患者さん_の 姿勢 に関する 全欧州的`調査 09.08.22tc 
(↑2009年 9月)
『総説』 より_年配_の_患者さん_へのオピオイド処方 : 選択/スイッチへのガイド 09.07.29tc 
(ニュース冒頭) Abstral 《鎮痛薬》の_NDA_を米国 FDA に申請 09.08.07nb 
(↑2009年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が  がん 性 _突出`痛_の_治療_用として fentanyl _口腔フィルムを_認可_ 09.07.18nb 
(↑2009年 7月)

_膵臓がん_ での 痛みの _腹腔`神経叢`ブロック_による 解消(論文・報告)09.06.08td 
(ニュース冒頭)米国 FDA  が ibuprofen _注射_用 を 痛み 、及び、 発熱_治療_用として_認可_ 09.06.13na 
(ニュース冒頭) がん での 鎮痛を _経皮_オピオイドの スイッチ が 改善 09.06.10nb 
オピオイド_耐性_の_慢性_ がん 疼痛を有する_患者さん_ での _突出`痛_治療用の FBT(論文・報告)09.05.23td 
(↑2009年 6月)
(ニュース冒頭) APS 2009 より : オピオイド_誘発の_便秘 は 高頻度 09.05.13na 

(ニュース冒頭)_患者さん_の履歴の十分な知識 が 痛み_治療_に必須 09.05.09na 
(↑2009年 5月)
(ニュース冒頭)米国で 未_認可_のモルヒネ液剤が 引き続き販売続行可能 09.04.11na 
(↑2009年 4月)
(ニュース冒頭)痛みを伴う_骨転移_ で _緩和的__骨形成`手術_ が 直ちの痛み解消 09.03.12nc 
(↑2009年 3月)
(ニュース冒頭)乳がん の 患者さんでは、関節痛が増加する との報告 08.12.13nd 
(↑2008年 12 月)
重症の慢性痛の治療のための新規な治療アプローチの患者さん評価(論文・報告)08.11.08ta 

『総』 痛み に対する薬物療法 での カンナビスの治療的な潜在性(総説)08.10.18td 
『総』 がん の患者さん での 治療介入的 痛み 管理 の技術(総説)08.10.16ta 
(↑2008年 11 月)
中枢神経系への転移がある患者さん での オピオイド誘発の便秘 での methylnaltrexone 治療(論文・報告)08.09.29tb 
がん 性疼痛 での 徐放製剤 tramadol、と、ジヒドロコデインの鎮痛効果・副作用の評価(論文・報告)08.09.28tc 
(ニュース冒頭)重症の がん 性疼痛に 経皮 buprenorphine が効果的 との報告 08.10.01nb 
(↑2008年 10 月)

『総』 頸部 郭清術 後の痛み・機能障害の針療法 : ランダム化 比較 臨床試験 の 予備結果(総説)08.08.28td 
(↑2008年9月)
がん性 疼痛の管理のための科学的根拠に基づく標準(論文・報告)08.08.10ta 
(↑2008年8月)
(ニュース冒頭)テトロドトキシンが中等度〜重症の がん性疼痛に効果的との報告 08.04.30na 
(↑2008年4月)
(ニュース冒頭)製造欠陥により、fentanyl ゲルパッチを回収 08.02.19nb 
(↑2008年2月)
(ニュース冒頭) FDA が BEMA Fentanyl 《鎮痛薬》の NDA 申請を受理 08.01.12na 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 骨転移、骨粗鬆症、骨折、高カルシウム血症、脊髄圧迫 ---



(↑2017年 9月)
『論文類』 _ホルモン`レセプター`陽性__乳がん_を有する_閉経後の__患者さん_ に於ける _骨粗鬆症__治療_、と、_結果状況__ : _NCIC CTG MA.27 1706252318 
『総説』 乳がん に於ける _補助_ビスフォスフォネート薬_、及び、_その他の_骨`調整`薬 の 使用_ : Cancer Care Ontario、及び、American Society of Clinical Oncology_臨床`実地_ガイドライン_ 1706212308 
(↑2017年 7月)

(ニュース冒頭) _転移性__脊髄`圧迫__に対し、_放射線`療法_ の 1 回_実施_ が 十分である との研究結果 1706031739 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) _乳がん_を有し _アロマターゼ阻害薬_で_治療_される_患者さん_ での _骨折__予防_のための ガイド 1704282258 
『 ASCO abstract 』 _骨転移_を伴う__性腺`無効化`法−耐性_前立腺がん__に対する__繰り返しレニウム− 188 − HEDP / docetaxel 対 docetaxel_単独_の_比較__ : _Taxium II_臨床試験_〜(続く) 1703271613 
『総説紹介文』 _硬膜外`転移_ の _診断_、及び、_治療_ 1703232318 
(↑2017年 4月)
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_からの_脊椎_転移__に対する__体幹部`定位`放射線治療__ : ___まず最初_実施_ 対 _救助《サルベージ》治療_ での _臨床的_結果_、及び、_インパクト_ 1702201714 
(↑2017年 3月)

(ニュース冒頭) _骨転移__に対する__緩和`放射線`療法_に関する ASTRO_ガイドライン_ の _アップデート_発表 1702221655 
(ニュース冒頭) _単回`投与_の_放射線`療法_により_骨転移_ に於ける _痛み_、及び、_生活の質_ が _改善_ 1702141626 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) _骨転移__に対する_zoledronic acid の _より長い_投与間隔 の 可能性 1701052242 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん_からの_脊椎`転移__に対する__定位`手術的`照射《 STS 》_への_チロシンキナーゼ`阻害薬_追加で_毒性__増加_は 見られない との研究結果 1605071622 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_を有する_糖尿病__患者さん_ での metformin_使用_と sunitinib_治療_ の _結果状況_  1604041639 
(↑2016年 5月)

『 ASCO abstract 』 _肝細胞がん_、と、_骨転移_ 1603121702 
(↑2016年 4月)
(ニュース冒頭) _若年_ がん_克服者さん_に於いて、機械刺激 により_骨密度_ が _改善_される可能性あり との研究結果 1603221721 
『 JCO 論文』 _転移性`硬膜外`脊髄`圧迫__に対する__放射線`療法_( 4 Gy × 5 対 3 Gy × 10 の _比較_) : SCORE-2 Trial (ARO 2009/01) の _最終的`結果 1602171715 
『 JCO 論文』 _転移性__硬膜外`脊髄`圧迫_を 有し、_外科的_に_治療_された_患者さん_ に於ける _生存_、及び、_臨床的`結果状況_ : _前向き方式__多施設_AOSpine_研究_ の _結果_ 1602142356 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) 硬膜外_転移性_脊髄`圧迫 _に対しては、 より_短期間 での _放射線`療法_ が 可能 1601171636 
(↑2016年 1月)

『論文類』 _骨転移__に対する__緩和`放射線`療法_後 の _放射線`療法_−誘発__痛み_フレア(一時的`急激`上昇)_の_予防_ に於ける dexamethasone : 〜(続く) 1511091739 
(↑2015年 12月)
『総説』 01-1655t 『総説』 _乳がん_からの_骨転移_を 有する_患者さん_に於いて、_骨−標的`治療薬_の_段階的`縮小_ は _標準的`ケア_であるべきか? : _系統的_レビュー_、及び、_メタ解析_ 1511011657 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) _ステロイド__投与_により、_骨転移__に対する__放射線`療法_後 の _痛み_一時的`急激`上昇_が 軽減する との研究結果 1510221700 
(↑2015年 10月)
(ニュース冒頭) _前立腺がん_に伴う_骨痛__に対し、ibandronate が _放射線`療法_と_同様_な_効果_ 1508261659 
『論文類』 tamoxifen 後 の letrozole を開始している_閉経後の_乳がん`患者さん での_骨損失_予防_のための 直ちの 対 遅れての zoledronic acid に関する_ランダム化`臨床`試験_の 〜(続く) 1507292252 
(↑2015年 8月)

『総説』 _転移性_性腺`無効化`法−耐性_前立腺がん_に於ける _骨格系_事態`複雑化・合併症_ の _予防_のための denosumab 1502201752 
(↑2015年 3月)
『 JCO 論文』 _痛みを伴う__骨転移__に対する__再`照射_の、_生活の質_、及び、_機能_への_インパクト_ : NCIC CTG SC.20 _ランダム化`臨床`試験_の_二次的__解析_ 1412262234 
(↑2015年 1月)
『論文類(詳細原文)』 _骨粗鬆症__に対する__ビスフォスフォネート薬_の_乳がん`患者さん での _骨格系`転移_発症への_影響_ 1411181734 
(ニュース冒頭) _ビスフォスフォネート薬_の_使用_が_より低い__子宮`内膜`がん__リスク_と 関連 との研究結果 1412231640 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _ビスフォスフォネート薬__治療_に_治療−抵抗性_ の _悪性腫瘍`随伴性`高カルシウム血症__治療用_として Xgeva ( denosumab )を_認可_ 1412111719 
(↑2014年 12月)

『総説』 _悪性_脊椎`骨折_に於ける _椎骨`形成術、_椎体`形成術_ での _論争`対象`的__事項_ 1409192343 
(↑2014年 10月)
(ニュース冒頭) _悪性`脊髄`圧迫__に対する__単回`投与__放射線`療法_ 1409241715 
(ニュース冒頭) _骨転移__に対して、_単一−分割__放射線`療法_ が _標準的`ケア_であるべきであるとの 主張 1409181724 
(↑2014年 9月)
( ASCO ニュース冒頭) _骨転移_を 伴う_乳がん_の _ケース_で、zoledronic acid_投与_を 少なくすることが可能 との研究結果 1406011732 
(↑2014年 6月)
『論文類』 _脊椎`転移_の_外科的`治療_への_ランダム化`比較`臨床試験_の_影響_( 2000 年〜 2010 年 ) 14.03.17tb 
(↑2014年 4月)

『論文類』 _痛みを伴う__骨転移__に対する_繰り返し_放射線`療法_ : _単一_ 対 _多重 分割_照射_ 14.02.13tb 
(↑2014年 3月)
『論文類』 _乳がん_からの_骨転移_の_治療_に於ける _経口_ibandronic acid 対 _静注_zoledronic acid 14.01.03tb 
(↑2014年 1月)
『 ASCO abstract 』 泌尿生殖系 がん と_骨転移_を 有する_患者さん_ での denosumab と zoledronic acid の_比較_ 13.11.18td 
(↑2013年 12月)
(ニュース冒頭) _がん`患者さん での _骨の健康 を 考えるべきである : IOF が _方針`声明`書_を 発表 13.11.14na 
(↑2013年 11月)
(ニュース冒頭) Xofigo が _前立腺がん_ での _骨、及び、_痛み_関連_結果状況_を _改善_ 13.10.15na 
(↑2013年 10月)

(ニュース冒頭) denosumab が _治療−抵抗性_の_悪性腫瘍に伴う高カルシウム血症_に_効果的_ 13.09.13nb 
(↑2013年 9月)
『総説』 _小児_に於ける _病的`骨折_への_アプローチ_ 13.06.15ta 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) _痛みのある_骨転移__に対し、_緩和`放射線`療法_ は _年配`患者さんでも 有効 13.04.30na 
(↑2013年 4月)
『 ASCO abstract 』 骨転移_を 伴う 腎細胞がん_患者さんでの everolimus + zoledronic acid : ランダム化_フェーズ_2 試験 13.01.05tb 
(↑2013年 1月)
『論文類』 _転移性__骨`疾患_を 有する_患者さん_ での _臨床的`利益_ : denosumab 対 zoledronic acid 12.12.01tc 

(ニュース冒頭) _骨転移_を伴う_乳がん__患者さん_ での zoledronic acid に関する( 稀な ) ) 2 年間 超の_安全性`データ_ 12.12.13nc 
(↑2012年 12月)
『総説 標題』 泌尿生殖系 がん _に対する_骨−標的`治療_への _現行の_アプローチ 12.10.13ta 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) _経口__ビスフォスフォネート薬_の_使用_ は _食道`がん_の リスク_増加_と 関連性なし との研究結果 12.10.26nb 
(ニュース冒頭) alendronate が _前立腺がん__に対する__アンドロゲン`除去`療法_に伴う_骨損失_を_改善_ 12.10.16na 
(↑2012年 10月)
『総説』 _骨_−_標的__治療薬_ の がん _進行_、及び、_死亡`率__に対する__効果_ 12.08.22ta 
(↑2012年 9月)

(ニュース冒頭) 転移性_乳がん 患者さんで、Xgeva が Zometa よりも_骨_合併症__に対し_より優れる_ との研究結果 12.08.28nd 
(ニュース冒頭) denosumab が _転移性__骨`疾患__に対し、一定の_利益_を _提供_する可能性あり 12.08.09nc 
『総説』 _転移性__骨`疾患_ での _痛み_ の _管理_ 12.07.10ta 
(↑2012年 8月)
『総説』 _骨転移__に対する__全身的`治療_ 12.06.26tb 
『 ASCO abstract 』 乳がん_で_骨転移_を 有する_患者さん での _骨_での_病気`進行_、_骨`マーカー_への everolimus の_効果 12.06.14ta 

『総説』 _痛み_のある_骨形成性`骨転移_の_緩和的__治療に於ける _骨`親和`性__放射性`核種 の _役割_ 12.06.12ta 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_小児__患者さん_の_化学療法_後に _脊椎__骨折_ が _高頻度_に 発生 との研究結果 12.07.04nb 
『総説』 _骨格系_転移__に対する__外部線源`放射線療法_ の _従来的な__役割_を 超えて《 原文通り 》 12.05.29ta 
(↑2012年 7月)
『総説』 _非−脊椎 _骨転移__に対する__外科的__治療`介入_ 12.05.15ta 
( ASCO ニュース冒頭) Xgeva が _攻撃的__前立腺がん_ での _骨転移_を_遅延化 12.06.07nd 

『総説』 _骨格系`転移_ の _診断__画像`検査_、及び、_画像_−ガイド下__治療_ 12.05.05tc 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _前立腺がん_ での denosumab による_骨転移_遅延化_の新適応 は _認可_不可と 米国 FDA が_決定_ 12.05.02na 
(↑2012年 5月)
『 ASCO abstract 』 _性腺`無効化`法−耐性_前立腺がん_で_骨転移_を 有する_患者さん_ での denosumab 対 zoledronic acid 12.03.07ta 
(↑2012年 4月)
『総説』 _乳がん__治療_に於ける zoledronic acid 12.02.15td 
『総説』 _乳がん_に於ける _骨転移__治療用_としての denosumab 12.02.15tc 
(↑2012年 3月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Xgeva ( _Amgen 社_製 )の_利益_ / リスク につき、外部_専門家_に諮問の予定 12.02.07ne 
(↑2012年 2月)
『総説』 _乳がん_の_閉経後の_女性 での _アロマターゼ阻害薬−関連_骨損失_の_管理_ : _予防・_治療_のための ガイダンス 11.12.04ta 
(ニュース冒頭) 大部分の 硬膜外`脊髄_転移_を 有する 歩行できない _患者さん_ が 手術後 歩行可能となる_との研究結果_ 11.12.03nb 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) _骨転移_を 伴う__前立腺がん__患者さん_ での _生存_を ラジウム− 223 が _改善_ 11.09.28nc 
(ニュース冒頭) _前立腺がん_ での _骨転移_の 開始を denosumab が 遅らせる_との研究結果_ 11.09.27nc 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が がん _患者さん_ での 使用のため denosumab を_認可_ 11.09.20na 
(↑2011年 9月)
(ニュース冒頭) ヨウ素− 131 が _甲状腺`がん_からの_骨転移_に _効果的_との研究結果_ 11.08.17nd 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) 欧州で、denosumab が _骨転移_を伴う_ がん の_治療用_として_認可_取得 11.07.20nc 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) 二重`径路_抑制薬_ が 多くの_腫瘍_タイプで 広範な _活性_ 11.05.24na 
『総説 標題』 _骨転移_ の _治療_に於ける _骨−標的`_薬_ 11.05.02td 

(ニュース冒頭) Xgeva( denosumab : _骨__治療薬_ ) が _前立腺がん__患者さん_ での _骨転移_を 遅らせる_との研究結果_ 11.05.20nb 
(↑2011年 5月)
『総説』 _乳がん_ での _骨転移__に対する__ガイドライン_アップデート版 11.03.30ta 
『総説紹介文の存在』 転移性`乳がん_に於ける 骨`調整`薬_の役割_に関する_臨床`実地_ガイドライン の ASCO Executive Summary 11.03.19tf 
(↑2011年 4月)
『論文類』 _転移性_の_病気_のケース での _経皮的`脊椎`強化`術_ : 最新状況 11.02.22tf 
(ニュース冒頭) 2011 NCCN に於いて、 _乳がん__ガイドライン_を アップデート 11.03.12nb 

(ニュース冒頭) _体幹部`定位`放射`線再照射による 脊椎_転移_の_治療_ が 良好な局所コントロール、限定的_毒性_ 11.03.05nc 
(ニュース冒頭) _骨転移__に対し、denosumab は  より優れているが、「議論`対象的な 価値」 11.03.04nc 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭)骨転移_を有する_前立腺がん_患者さん での 骨関連`事象 予防_に zoledronic acid より denosumab のほうが優秀 11.02.26nc 
(ニュース冒頭) ASCO が_骨転移_を有する_乳がん__患者さん_ での _骨`調整`薬_使用に関する_ガイドライン_をアップデート 11.02.25na 
(ニュース冒頭) _脊椎`圧迫`骨折_を 有する がん _患者さん_で、_圧迫骨折`セメント固定_により より良好な 機能、痛み緩和 11.02.22nb 

(ニュース冒頭) 脊椎`骨折を有する がん _患者さん_で、_圧迫骨折`セメント固定_法 が _早期__選択肢__との研究結果_ 11.02.18na 
『 ASCO abstract』 非`小細胞`肺がんからの骨転移_のケース での zoledronic acidによる_生存`期間、病気`進行`まで`期間_伸長 11.01.18tb 
(↑2011年 2月)
『 JCO 論文』 _進行期`乳がん_で_骨転移_を有する_患者さん_ での zoledronic acid_治療_と denosumab_治療_との比較 10.12.09ta 
(↑2011年 1月)
『 JCO 論文』 より_年配_の がん _患者さん_ での _静注__ビスフォスフォネート薬__治療_に伴う_心房`細動_と_卒中_ 10.11.20tc 
(ニュース冒頭) Xgeva ( denosumab ) が _転移性`乳がん_の_患者さん_ での _骨__合併症_を遅らせる_との研究結果_ 10.12.21nc 
(↑2010年 12月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _骨転移_を 有する がん _患者さんへの _投与_用として denosumab を_認可_ 10.11.20nd 
(ニュース冒頭) 進行期`乳がん での 骨関連`事象_の予防_には denosumab のほうが zoledronic acid よりも優れる_との研究結果 10.11.16na 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が 痛みのある 脊椎_転移__治療用_として_ラジオ波`焼灼法_装置を_認可_ 10.10.08nc 
(↑2010年 10月)
『 JCO 論文』 _転移性__脊髄`圧迫__に対する__外科手術→_放射線`療法_、と、_放射線`療法_だけの比較 : _適合対`分析_ 10.08.04td 
『 JCO 論文』 _閉経後の_女性 での _乳がん__発症`頻度_と_経口__ビスフォスフォネート薬_使用との関連性 10.08.04tc 

『 JCO 論文』 _ビスフォスフォネート薬_の使用と _閉経後_乳がん_発症リスク との 関連性について 10.08.04tb 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _骨転移__治療薬_としての denosumab に 優先審査を 認定 10.07.23na 
『ASCO abstract』 転移性の骨疾患_を伴う_乳がん_患者さんの_治療に於ける ibandronate:大規模_非−介入性`研究_の最終_結果 10.06.28ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`乳がん_ での _健康に関連した`生活の質_への denosumab 対 zoledronic acid の効果比較 10.06.27tb 
トピック新資料:進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢  10.07.05ma 
(↑2010年 7月)

『論文類』 _乳がん__患者さん_ での anastrozole −誘発_骨損失_の _経口_risedronate による_管理_ 10.06.04tb 
《項目追加》 Topic 2 : 進行期_がんからの_骨転移 : 臨床的意味合いと_治療選択肢 ≫ …… ≫ ビスフォスフォネート薬の使用 10.06.21ma 
(↑2010年 6月)
(ニュース冒頭) Amgen 社 が  がん _患者さん_ での _骨格系_イベント低下用として denosumab の BLA を米国 FDA に申請 10.05.18nb 
《項目追加》 Topic 2 : _進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢 ≫ …… ≫ 放射線`療法 10.05.17ma 
《項目追加》 Topic 2 : _進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢骨痛_と_生活の質_ ≫ 概観 10.05.07ma 

(ニュース冒頭) _骨転移_を伴う_前立腺がん__患者さん_ での _骨折_を zoledronic acid が _予防_ 10.05.05na 
《項目追加》 Topic 2 : _進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢≫ zoledronic acidを中心として 10.05.02ma 
(↑2010年 5月)
『総説』 _骨_健康と_前立腺がん_ 10.04.02tb 
『総説』 _腎細胞がん_からの_骨転移_ : _臨床的__進歩《複数》 10.03.21ta 
『総説 標題』 _進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合い、と、_治療__選択肢_ 10.03.13tb 

《項目追加》 Topic 2 : _進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢 ≫ …… ≫ _顎`骨壊死 10.04.18ma 
《項目追加》 Topic 2 : _進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢 ≫ …… ≫ 概観 10.04.12md 
《項目追加》 Topic 2 : 進行期_がん からの_骨転移 :_臨床的_意味合いと_治療_選択肢≫_骨転移_の 病理生理学と_疾患_負荷 10.04.04mb 
(↑2010年 4月)
《項目追加》 Topic 2 :_進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢≫_イントロダクション 10.03.23mb 
《項目追加》 Topic 2 : _進行期_ がん からの_骨転移_ : _臨床的_意味合いと_治療__選択肢≫アブストラクト 10.03.18ma 

(ニュース冒頭) _椎体`形成術_ が _多発性`骨髄腫__患者さん_ での _脊椎`圧迫`骨折_の_治療_に 有用 10.03.17nd 
『論文類』 _乳がん__患者さん_ での _アロマターゼ阻害薬_−_誘発の__骨損失_ の _予防_ : SABRE Trial 10.02.19tf 
『論文類』 痛みのある_骨転移__に対する__経皮的`ラジオ波`焼灼`治療_ 10.02.06tb 
(↑2010年 3月)
(ニュース冒頭) lasofoxifene が_骨折、_エストロゲン`レセプタ`陽性__乳がん_、心臓疾患を _予防_するらしいとの報告 10.02.26nb 
(ニュース冒頭) _前立腺がん_からの_骨転移__に対し、Zometa よりも denosumab のほうが より_効果的_ 10.02.12ne 
(↑2010年 2月)

(ニュース冒頭) _前立腺がん__に対する__アンドロゲン`除去`療法_を受けた_患者さん_ での _骨密度_を denosumab が _改善_ 10.01.13nb 
(ニュース冒頭) _乳がん__に対する__化学療法_中に_投与_された zoledronic acid の_利益_ は _投与_中止後も維持 10.01.06na 
(↑2010年 1月)
『論文類』 痛みのある_悪性__脊椎`圧迫`骨折__に対する__緩和_治療_としての_経皮的`椎体`形成`術_ : _Phase I_/ II_研究 09.11.25tb 
(ニュース冒頭) _乳がん__治療_ での _アロマターゼ阻害薬_に関連した_骨損失_には 始めからの zoledronic acid が ベスト 09.12.19nb 
(ニュース冒頭) denosumab が _乳がん_からの_骨転移_を有する_患者さん_ での _骨__合併症_を 低下 09.12.11na 

『総説』 _進行期_頭頸部 扁平上皮がん での _高カルシウム血症_ : 頻度 、及び、 緩和ケアへの_潜在的_インパクト 09.11.09tf 
『論文類:副作用』 がん患者さんでのビスフォスフォネート薬−関連の_顎`骨壊死のリスク要因に関する縦軸長期的なグループ研究 09.11.08td 
(↑2009年 12月)
『論文類:副作用』 脊椎`_転移__に対する_単一分割_画像ガイド_強度‐変調‐放射線療法 後 の _骨折_リスク 09.10.18ti 
『論文類』 非−転移性_乳がん_で_アロマターゼ阻害薬_補助療法_を受けている_患者さん_での 骨密度_への denosumab の効果 09.10.15tb 
(↑2009年 11月)
『総説紹介文』 _前立腺がん_ 、及び、 _乳がん_ での zoledronic acid_治療_の_臨床的__有効性_と_安全性_ 09.09.20te 

(ニュース冒頭) _悪性_脊椎`骨折に対し、_バルーン`椎体`形成術_ が _効果的_ 09.10.10nc 
『論文類』 閉経後の_tamoxifen 後 letrozole 開始の_乳がん_患者さん での _骨損失_予防_のための zoledronic acid 開始時期 09.09.18th 
『論文類』 _転移性`乳がん_の_患者さん《複数》_ での _静注__ビスフォスフォネート薬_による_長期的__治療_ 09.09.14te 
(ニュース冒頭) 新規な薬_denosumab は_骨転移_のある がん 患者さん_で_効果的_、しかし、ビスフォスフォネートに挑戦? 09.10.01na 
(↑2009年 10月)
(ニュース冒頭) _骨転移_を 有する_乳がん_患者さん_で denosumab が Zometa よりも_効果的_ 09.09.23nd 

(ニュース冒頭) denosumab が _進行期_ がん で _骨_関連 _利益_を 提供 09.09.23na 
『論文類』 _骨粗鬆症_を有する_閉経後の_女性 での _骨折__予防_のための denosumab_投与_ 09.08.24te 
『論文類』 _前立腺がん_に対する_アンドロゲン`除去`療法_を受けている_患者さん_ での denosumab による_骨密度_への効果 09.08.24td 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が risedronate に伴う_顎`骨壊死_の リスクに関し、製品ラベル の 改訂を承認 09.09.04na 
(↑2009年 9月)
『総説紹介文』 _乳がん__患者さん_ での _顎`骨壊死_、と、_ビスフォスフォネート薬_の使用 09.08.18tb 

『論文類』 _早期‐乳がん で _補助療法_letrozole 治療中の_患者さん_ で zoledronic acid が _骨損失_を効果的に_予防_ 09.08.06tb 
(ニュース冒頭) denosumab の 1 年間に 2 回の_注射_により、_脊椎`骨折_ が 3 分の 2 低下 09.08.13na 
(ニュース冒頭) _前立腺がん_や_乳がん_以外の がん での _骨転移_を有する_患者さん_で denosumab が _効果的_ 09.08.08na 
(↑2009年 8月)
(ニュース冒頭) _グルココルチコイド_−_誘発の__骨粗鬆症_治療用として Forteo を米国 FDA が_認可_ 09.07.24nd 
『総説』_アロマターゼ阻害薬_−関連の _筋骨格系の__症状 : _骨粗鬆症__予防_ は これらの_症状_除去のキーとなるか? 09.07.01td 

_乳がん_ での _骨_健康への exemestane 、及び、 tamoxifen_治療_の影響《 TEAM_臨床試験_から 》(論文・報告)09.06.28te 
(ニュース冒頭)_乳がん_からの_骨転移_に対し、Zometa よりも denosumab のほうが_効果的_ 09.07.09na 
(↑2009年 7月)
_骨転移_の zoledronic acid _治療_での 高頻度の_低カルシウム`血症_と血中クレアチニン上昇(論文・報告)09.05.26tb 
(ニュース冒頭)_乳がん__患者さん_ での 骨密度を denosumab が 改善 09.06.13nb 
(ニュース冒頭)_前立腺がん_で_アンドロゲン`除去`療法_中の_患者さん_ での 骨折を denosumab が 減少 09.06.12nf 

(ニュース冒頭)_前立腺がん_ での denosumab による骨密度改善 09.06.12ne 
(ニュース冒頭)脊椎_転移_に_定位`手術的`照射 が _効果的_ 09.06.04nd 
(↑2009年 6月)
前立腺がん_、乳がん_等からの_骨転移での 静注_ビスフォスフォネート薬_後の denosumab 治療(論文・報告)09.03.31ta 
(↑2009年 4月)
『総』 腫瘍学に於ける _ビスフォスフォネート薬_ : 上る星か落ちたヒーローか(総説)09.03.02td 
(ニュース冒頭)痛みを伴う_骨転移_ で _緩和的__骨形成`手術_ が 直ちの痛み解消 09.03.12nc 

『副』 がん _患者さん_ での _顎`骨壊死_の_温存的__治療_の初回経験、と、_予後`因子_( 副作用 )09.02.16tf 
(↑2009年 3月)
『副』転移性_ がん での ビスフォスフォネート治療に伴う 顎の_骨壊死_への予防措置の効果( 副作用 )09.01.29td 
(↑2009年 2月)
(ニュース冒頭) raloxifene は _血栓症_や生命に関わる 卒中_のリスクを高めるとの報告 09.01.15nb 
『総』 ビスフォスフォネート薬の腎毒性(総説)08.12.18td 
( N 冒頭)アンドロゲン除去療法中の_前立腺がん での 骨折予防に toremifene の認可申請 09.01.01nc 
(↑2009年 1 月)

( N 冒頭)前立腺がん/乳がん で ホルモン除去療法中の骨損失に denosumab の許可を申請 08.12.23nb 
(総紹)乳がん、及び、前立腺がん での がん の 治療−誘発の骨損失(総説紹介文)08.11.24td 
(↑2008年 12 月)
『総』 脊椎の放射線‐手術のレビュー:脊椎/傍脊椎の転移 での 最小限‐侵襲的アプローチ(総説)08.11.13ta 
乳がん の ケース での tamoxifen 使用と骨粗鬆性‐骨折リスクの関係 : 人口集団ベース分析(論文・報告)08.11.08tc 
『総』 複雑な脊椎疾患 での 最小限に侵襲的な脊椎手術の潜在性の最大化(総説)08.11.08ta 

非転移性の乳がん でアロマターゼ阻害薬治療中の患者さん での denosumab 投与効果(論文・報告)08.10.18te 
(↑2008年 11 月)
転移性の脊椎病変での 経皮 脊髄前柱 安定化法 : プラズマ媒介ラジオ波焼灼法 + セメント(論文・報告)08.09.29ta 
前立腺がん でアンドロゲン除去療法中の患者さん での alendronateの継続、中止、遅延の影響(論文・報告)08.09.21ta 
(↑2008年 10 月)
(総紹)転移性の骨疾患に対する分子的 治療戦略、及び、外科的再建術(総説紹介文)08.09.12tc 
早期乳がん での 3 年間 clodronate 補助療法が骨粗鬆症を予防《 10 年間フォローアップ 》(論文・報告)08.09.09te 

固形がん で骨転移のあるケース での zoledronic acid、と、骨格系の合併症(論文・報告)08.09.08tb 
『総』 ビスフォスフォネート薬で治療された進行期がん の患者さん での あご の骨壊死(総説)08.09.02td 
(ニュース冒頭) denosumab が骨粗鬆症の女性 での 骨折リスクを低下 08.09.18na 
(↑2008年9月)
(ニュース冒頭) denosumab が 閉経後の女性 での 骨粗鬆症による骨折を減少 08.08.01nb 
(↑2008年8月)
乳がん で 骨転移のある症例 での ibandronate 6mg の 15 分、対、60 分静注 での 腎安全性(論文・報告)08.06.27tf 

固形がん からの骨転移を有する患者さん での 骨マーカー正常化 が 生存改善と関連(論文・報告)08.06.26tc 
(↑2008年7月)
『総』 ビスフォスフォネート薬のリスク、及び、利益(総説)08.06.09ta 
乳がん の より年配の患者さん での 静注ビスフォスフォネート薬の使用状況(論文・報告)08.06.02ti 
乳がん克服者 での 骨損失を risedronate が予防(論文・報告)08.05.30te 
がん の脊椎転移 での 伝統的分割 画像ガイド下強度変調放射線療法《 IG-IMRT 》による治療(論文・報告)08.05.26td 
(↑2008年6月)

骨転移をビスフォスフォネート薬で治療された患者さん での 骨壊死 : 後ろ向き方式での研究(論文・報告)08.04.08tb 
(↑2008年4月)
肝細胞がん からの骨転移に対する経皮セメント形成術の効果(論文・報告)08.03.15tb 
痛みを伴う転移性の骨疾患の治療としての ラジオ波焼灼法と骨形成手術との併用(論文・報告)08.03.08tf 
『総』 がん の治療に関連した骨損失 : 病理生理学、及び、臨床的展望(総説)08.03.08ta 
『総標』固形がんでの ビスフォスフォネート薬使用に関するガイダンス : 国際パネルの推奨(総説標題)08.02.29ta 
(↑2008年3月)

『総』 ビスフォスフォネート薬の有害効果 : 現行の事項(総説)08.01.15tb 
『 FDA 警告』 FDA が ビスフォスフォネート薬治療に伴う重症筋骨格系の痛みにつき警告 08.01.09na 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 発熱、発汗、ほてり ---



(↑2017年 9月)
『総説紹介文』 _がん`患者さん、及び、_造血`幹細胞`移植_レシピエント に於ける _小児_発熱_、及び、_好中球`減少症_の 経験的_管理_のための_戦略_ : _ランダム化`臨床`試験_の_系統的__レビュー_ 1606041711 
(↑2016年 7月)
『 JCO 論文』 _乳がん_を有する 女性 に於ける _ほてり / のぼせ__治療_のための 統合的_アプローチ_としての 針療法_ : _前向き方式__多施設__ランダム化`比較`臨床試験_ (AcCliMaT)  1605141719 
(↑2016年 6月)
(ニュース冒頭) _針療法_ が _乳がん_を有する 女性 での _ほてり / のぼせ_を 緩和する 可能性あり との研究結果 1603301631 
(↑2016年 3月)

『 JCO 論文』 _乳がん__克服者さん_ に於ける _ほてり / のぼせ__に対する__電気`針療法_ 対 gabapentin の_比較_ : _ランダム化__プラセボ−比較__臨床試験_ 1510311725 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) _ASCO が _好中球`減少症_、及び、_発熱_についての_ガイドライン_を 発表 13.01.17na 
(↑2013年 1月)
『総説』 がん を 有するか_造血`幹細胞`移植を 受けた_小児`患者さんでの 発熱、及び、_好中球`減少症_の_管理__ガイドライン 12.12.10tb 
(↑2012年 12月)
『論文類』 _乳がん_克服者さん での _ほてり_、及び、_睡眠`障害_の_管理_を 目的とした 星状`神経節`ブロック 12.06.05tc 
(↑2012年 7月)
『 JCO 論文』 _乳がん__患者さん_ での ほてり の venlafaxine、及び、clonidine による_管理_ 11.10.13ta 
(↑2011年 10月)

(ニュース冒頭) _乳がん__患者さん_ での ほてり を venlafaxine 、及び、clonidine が 低下 11.09.14nb 
(↑2011年 9月)
(ニュース冒頭) _前立腺がん__に対する__アンドロゲン除去`療法_の_副作用_である ほてり に_針療法_ が 有望的_との研究結果 11.05.04nc 
(↑2011年 5月)
『 JCO 論文』 _乳がん_克服者さん での ほてり _治療_としての venlafaxine 対 gabapentin の 比較 10.12.09tb 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) _乳がん_克服者さん での ほてり _に対しては、Effexor が Neurontin よりも好まれる傾向あり 10.12.02ng 
(↑2010年 12月)
(ニュース冒頭) 乳がん克服者さんでの ほてり治療薬としては、venlafaxine のほうがgabapentin よりも好まれる_との研究結果 10.11.12nd 
(↑2010年 11月)

『総説 標題』 前立腺がん克服者さんでの ほてりの gabapentinによる_管理 : 縦軸長期的な_継続_研究_ : NCCTG Trial N00CB 10.08.22tb 
(↑2010年 9月)
『論文類』 ほてり の 緩和 の ための _治療薬_として の pregabalin  の 評価 10.01.31th 
『論文類:副作用』 _ホルモン`レセプタ`陽性__乳がん_ の _患者さん_ での _血管運動`症状_の_管理_ 10.01.31tg 
(↑2010年 3月)
(ニュース冒頭) 新しい_薬_ が _アンドロゲン`除去`療法_中 の _前立腺がん__患者さん_ での ほてり を 緩和 09.12.09nc 
(↑2009年 12月)
『(−)結果 論文類』 _乳がん__患者さん、又は、その発症高リスクの女性 での ほてり コントロールのための sertraline 使用 09.10.19tb 
(↑2009年 11月)

_乳がん_治療_に伴う ほてり の _針療法_による_治療_ : _ランダム化_、比較 _臨床試験_(論文・報告)09.06.18ta 
(↑2009年 7月)
ほてり_治療用_としての より新しい_抗うつ薬_ 、及び、 gabapentin (論文・報告)09.06.10td 
_乳がん__患者さん_ での ほてり治療薬としての venlafaxine と clonidine の比較(論文・報告)09.06.01ti 
_乳がん__患者さん_ での ほてり の _針療法_による_治療_ : _系統的__レビュー_(論文・報告)09.06.01th 
(ニュース冒頭)米国 FDA  が ibuprofen _注射_用 を 痛み 、及び、 発熱_治療_用として_認可_ 09.06.13na 
(↑2009年 6月)

男性_患者さん_ での ほてり の _管理_のための gabapentin _治療_(論文・報告)09.02.28tf 
(↑2009年 3月)
乳がん の 克服者さん での ほてり治療としての催眠 介入(論文・報告)08.10.31ta 
(↑2008年 11 月)
乳がん の 克服者 での ほてり、及び、中途覚醒の星状神経節ブロックの効果(論文・報告)08.06.02tg 
(↑2008年6月)
乳がん の 患者さん での 閉経症状 治療用としての megestrol acetate の効果(論文・報告)08.04.04tc 
(ニュース冒頭)乳がん の 手術後の tamoxifen に伴う ほてり を針療法で解消可能との報告 08.04.19na 
(↑2008年4月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 吐き気・嘔吐 ---



(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) ASCO が _新しい__制吐薬_ガイドライン_を 発表 1708012329 
(↑2017年 8月)
(ニュース冒頭) _がん`克服__ : __吐き気・嘔吐_の_管理_ 1705201700 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) Heron 社 が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__予防用 として Cinvanti の_新薬`申請( NDA )_を米国 FDA に 提出した旨 発表 1701171659 
(↑2017年 1月)
『 ASCO abstract 』 _進行期`非小細胞`肺がん_ に於ける carboplatin −ベース_化学療法_のための aprepitant ( _制吐薬_ )の_プール化`解析_ 1610161647 

『論文類(詳細原文)』 高度に__催`嘔吐`性__化学療法_後 の _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__予防_のための_3剤`併用`レジメン_中 での palonosetron 対 granisetron の_比較__ : _〜(続く) 1610051623 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_リスク_が_低_い_がん`患者さん で_制吐薬_ が 過剰_使用_されている との研究結果 1609241619 
『論文類』 carboplatin −ベース_化学療法_を 受ける_患者さん_ での rolapitant ( neurokinin-1 receptor _拮抗薬_ )による_吐き気・嘔吐__予防_の_有効性_ 1608081632 
(↑2016年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Sustol ( granisetron )( Heron 社製)を_化学療法−誘発−吐き気_治療用_として_認可_ 1608121637 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防用として Sustol ( granisetron )_持続`放出`型__注射_剤 を_認可_ 1608111618 
(↑2016年 8月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__治療用_として Syndros ( dronabinol )を_認可_ 1607141715 
(ニュース冒頭) _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防_のための olanzapine_使用_ 1607141650 
『総説』 _緩和 _薬物`療法_ : _がん`患者さん に於ける _症状_ の 最新的 _管理_ 1606021643 
(↑2016年 7月)
『論文類』 _子宮頸がん__に対する_5 週間の_放射線`療法_の 間の_吐き気・嘔吐_の_予防_のための fosaprepitant の_有効性_ / _安全性_ : GAND-emesis_研究_(〜(続く) 1603302215 
(↑2016年 5月)
『論文類』 _中等度_、又は、_高度に__催`嘔吐`性_ の _化学療法_を 受ける、 がん を有する_小児`患者さん に於ける _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防_のための palonosetron 対 〜(続く) 1603062224 
(↑2016年 4月)

『総説紹介文』 _制吐薬_ : American Society of Clinical Oncology 焦点的_ガイドライン__アップデート_ 1602151730 
(↑2016年 3月)
『論文類』 中等度_催`嘔吐`性__化学療法_に伴う__化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防_ の ための_単回`投与_fosaprepitant : _ランダム化_、_ダブル`ブラインド__フェーズ_3__臨床試験__結果_ 1512271749 
(↑2016年 2月)
『論文類』 中等度_催`嘔吐`性__化学療法_に伴う_化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防_用としての_単回`投与_fosaprepitant : 〜(続く) 1601291719 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) ASCO の_制吐薬__ガイドライン_に NEPA ( 新規の _制吐薬__併用_ ) が 追加 1511061743 
(↑2015年 11月)
『論文類』 cisplatin −ベース の _高度に__催`嘔吐`性_の_化学療法_後 の _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__予防_の ための rolapitant の _安全性_ / _有効性_ : 〜(続く) 1508311745 

『論文類』 中等度_催`嘔吐`性_ の _化学療法_、又は、_アントラサイクリン系`化学療法剤 / cyclophosphamide_レジメン_後 の _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__予防_のための rolapitant 〜(続く) 1508311730 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__予防_用として、Varubi ( rolapitant )を_認可_ 1509231619 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _その他の__制吐薬_との_併用_ での Emend ( aprepitant )カプセル の _小児 適応 を_認可_ 1509052334 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Varubi ( rolapitant )を_化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__予防_用として_認可_ 1509052321 
(↑2015年 9月)
(ニュース冒頭) rolapitant の 追加 が _化学療法−誘発``嘔吐_の_予防_に_効果的_ 1508231706 
(↑2015年 8月)

(ニュース冒頭) _単回`投与_静注__fosaprepitant が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__に対し_効果的_ 1507161729 
『論文類』 cisplatin −誘発__遅発性__嘔吐_の_予防_ に於ける aprepitant / dexamethasone 対 metoclopramide / dexamethasone : _ランダム化__ダブル`ブラインド__研究_ 1506211731 
『総説』 _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防_ に於ける _最近の_進展 1506180001 
(↑2015年 7月)
(ASCO ニュース冒頭) _単回`投与__制吐薬_により、_化学療法−誘発の吐き気 が 軽減 1506071736 
(↑2015年 6月)
『論文類』 _小児`患者さん に於ける _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防_目的での aprepitant_使用_ : _ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、_フェーズ_3_臨床`試験_ 1504181832 
(↑2015年 5月)

『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫__に対する__自家`移植 での _高用量_melphalan 後 の CINV の_予防_( aprepitant 追加 ) 1410191734 
(↑2014年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Akynzeo ( netupitant / palonosetron )を_化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_治療用として_認可 1410111733 
(↑2014年 10月)
(ニュース冒頭) rolapitant が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_を_緩和 1409301709 
(ニュース冒頭) _高用量_melphalan_治療_の 前に_標準的__制吐薬`治療に aprepitant を追加することが_利益的_ との研究結果 1409231751 
(↑2014年 9月)
『総説』 netupitant / palonosetron 《 NEPA_レジメン_ 》 : _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__治療_の_最適チームか? 1408081721 

『論文類』 _高度に__催`嘔吐`性_の_化学療法_後 の _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_予防用としての NEPA_レジメン_ 1407141743 
『論文類』 _化学療法_の _繰り返しサイクル`にわたっての_化学療法−誘発−吐き気/嘔吐__予防_のための NEPA_レジメン_ 1407132329 
『論文類』 化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の 予防としての NEPA_レジメン( netupitant / palonosetron )の_有効性 / 安全性 1407132058 
(ニュース冒頭) _単回`投与__制吐薬_ が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_を 緩和 1408011734 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) aprepitant が _若年_の_がん`患者さん でも_化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_を_予防_ 1407051737 
(↑2014年 7月)

(ニュース冒頭) _新しい_制吐薬_ が _最終的__臨床試験_に於いて、_主要な_目標_を 達成 1405142326 
(↑2014年 5月)
『 JCO 論文』 _乳がん の _患者さん_に於ける _化学療法−誘発``遅延性`嘔吐__予防_としての aprepitant 対 dexamethasone 14.01.09tb 
(↑2014年 1月)
『論文類』 高用量_cisplatinを受ける_患者さんでの 化学療法−誘発_吐き気・嘔吐_の 予防_に於ける _単回`投与_fosaprepitant  13.04.06td 
(↑2013年 4 月)
『総説紹介文』 がん の ケアに於ける _針療法_の_系統的__レビュー_ : _証拠_ の 合成 13.03.03ta 
(↑2013年 3月)
『 JCO 論文』 _遅発性__吐き気_ の _予防_ : _化学療法_を 受けている_患者さん_ での _研究_ 12.09.19te 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が APF530 ( がん _化学療法_に伴う_吐き気・_嘔吐 _予防_薬_ )に関する NDA 再提出を 受理 12.10.26nd 
(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) aprepitant が _胚細胞`腫瘍_の_患者さん_ での _化学療法−関連`吐き気_を 軽減する 模様 12.08.24na 
(↑2012年 8月)
(ニュース冒頭) _突出性_ の _化学療法−誘発__嘔吐_を olanzapine 《抗精神病薬》 が _緩和 12.05.21nd 
(↑2012年 5月)
『 JCO 論文』 制吐薬 : ASCO__臨床`実地__ガイドライン_ の アップデート 11.10.30tf 
(↑2011年 11月)
『 JCO 論文』 cisplatin_治療_に伴う_化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_の_予防_としての 単回_投与_fosaprepitant 11.04.09tb 
(↑2011年 5月)

(ニュース冒頭) _乳がん__に対する__乳房部__切除術_の 前 の dexamethasone_投与_により、術後 の _吐き気_や 痛みが 軽減 10.12.30na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が dolasetron 《制吐薬》_注射_用 の 使用に対して 警告 10.12.18na 
(↑2010年 12月)
(ニュース冒頭) 小児の がん _患者さん_ での _最適な_制吐_治療 は 不確定なまま 10.09.13na 
(↑2010年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が化学療法_−_誘発の__吐き気_・_嘔吐__予防_用に ondansetron_口腔内`溶解性`フィルム`剤_を_認可_ 10.07.08nb 
(↑2010年 7月)
(ニュース冒頭) _吐き気_・_嘔吐__予防_用 の _長時間`作用`型`パッチ_と_静注_剤との_併用_は可能との_研究結果_ 10.02.10nb 
(↑2010年 2月)

『論文類』 中等度_催吐性 の _化学療法_に伴う_吐き気_/_嘔吐__予防_のための_casopitant / ondansetron / dexamethasone 09.12.05ta 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _化学療法_中 の _乳がん__患者さん_ での 制吐を aprepitant が _改善_ 09.12.12nc 
『論文類』 _中等度_催吐性 の _化学療法_中の_患者さん_ での _吐き気_/_嘔吐__予防_として の casopitant による治療 09.11.08te 
(↑2009年 12月)
『論文類』 アントラサイクリン−、及び、cyclophosphamide−ベースを含む_中等度_催吐性_化学療法_に対する_palonosetron_治療 09.10.30tc 
『論文類』 cisplatin −_誘発の__吐き気_/_嘔吐__予防_用としての_経口_casopitant mesylate による治療 09.10.30tb 

『論文類』 _高度に__催`嘔吐`性_な_化学療法_により_誘発の__吐き気_/_嘔吐__予防用 の palonosetron / dexamethasone 09.10.30ta 
(↑2009年 11月)
(ニュース冒頭) _GlaxoSmithKline 社_ が Zunrisa/Rezonic 《制吐_薬_》の 規制`申請を 取り下げへ 09.09.30nd 
(↑2009年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _化学療法−誘発−吐き気/嘔吐_治療薬 APF530 の NDA 申請を受理 09.07.22nb 
(↑2009年 7月)
_高催吐性_化療を受ける_患者さん_で 化療−誘発_吐き気/_嘔吐_予防用_casopitant + …(論文・報告)09.06.03ta 
(↑2009年 6月)
(ニュース冒頭)_化学療法_−_誘発の__吐き気_/_嘔吐__予防_用に APF530 の NDA を申請 09.05.19nb 

(ニュース冒頭)ショウキョウ が _化学療法_に伴う_吐き気_の緩和に有用 09.05.16nb 
(ニュース冒頭) casopitant ( 制吐_薬_ ) が 単回 _経口__投与_で_効果的_ 09.05.14nb 
(↑2009年 5月)
(ニュース冒頭)_化学療法_−_誘発の__吐き気__治療_で_針療法_ が _役割_を持つ可能性 09.04.16nd 
(ニュース冒頭)_放射線`療法_による_吐き気_をリストバンドが緩和 09.04.15na 
(ニュース冒頭) ondansetron 口内`溶解性`フィルム剤型《制吐_薬_》の NDA を申請 09.04.10nb 
(↑2009年 4月)

_化学療法_中の吐き気・嘔吐 予防 での palonosetron + dexamethasone 対 granisetron +…(論文・報告)09.02.02tc 
『副』中等度`催吐性の化療中の_乳がんの中国人患者さんでの aprepitant含有`制吐レジメン( 副作用 )09.01.23td 
(↑2009年 2月)
fosaprepitant : 化学療法−誘発の吐き気・嘔吐治療用のニューロキニン− 1 受容体‐拮抗薬(論文・報告)08.11.16tc 
(↑2008年 12 月)
多重日間 実施の化学療法−誘発の吐き気・嘔吐 の予防 での 経皮 granisetron パッチの効果(論文・報告)08.09.28ta 
(↑2008年 10 月)
(ニュース冒頭)米国 FDA が Sancuso を化学療法誘発の吐き気・嘔吐 予防用に認可 08.09.16ne 
(↑2008年9月)

(ニュース冒頭)米国 FDA が 急性の化学療法−誘発の吐き気・嘔吐の予防用に Aloxi を認可 08.08.26nd 
(↑2008年8月)
(総紹)化学療法−誘発の吐き気、及び、嘔吐(総説紹介文)08.06.12tb 
(↑2008年6月)
(ニュース冒頭) GlaxoSmithKline 社 が casopitant 《 制吐薬 》の NDA を申請 08.05.30na 
急性、及び、遅発性の化学療法−誘発の吐き気・嘔吐予防のための aprepitant 含有レジメン(論文・報告)08.04.30td 
(↑2008年5月)
(ニュース冒頭)米国 FDA が 術後の吐き気・嘔吐予防用に Aloxi 注射用を認可 08.03.04nb 
(↑2008年3月)

化学療法−誘発の吐き気・嘔吐の救助治療としての ABH 経皮ゲル(論文・報告)08.02.13tg 
(ニュース冒頭)米国 FDA が Emend 点滴用を化学療法誘発の吐き気・嘔吐 予防用として認可 08.02.22na 
(↑2008年2月)
(ニュース冒頭) FDA が化学療法誘発の吐き気・嘔吐予防用に Emend 注射用を認可 08.01.30na 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 感染症、好中球減少、骨髄抑制 ---



(↑2017年 9月)

(ニュース冒頭) _抗生物質_、_静注_免疫グロブリン が _化学療法_を 受けている_小児`患者さん での _好中球`減少症_を _改善_する 可能性あり との研究結果 1612082245 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) _乳がん_ に於ける _成長因子_の_使用_により もたらされるのは_低_から_或る程度の__利益_ 1611111637 
『論文類』 _好中球`減少症__患者さん_ に於ける カテーテル−関連__血流`感染症_の_予防_のための クロルヘキシジン包帯_ : __ランダム化`臨床`試験_ 1610031646 
(↑2016年 11月)
『総説紹介文』 _がん`患者さん、及び、_造血`幹細胞`移植_レシピエント に於ける _小児_発熱_、及び、_好中球`減少症_の 経験的_管理_のための_戦略_ : _ランダム化`臨床`試験_の_系統的__レビュー_ 1606041711 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) _集中的__化学療法_に於いて、_慢性 _口腔__感染症__に対する_前_治療_ は 必要ではない との研究結果 1604121659 
(↑2016年 4月)

『 JCO 論文』 _他家`幹細胞`移植__レシピエント_ に於ける _浸潤性_真菌`疾患 の _予防_、及び、_治療_への_顆粒球・マクロファージ`コロニー`刺激因子《 GM-CSF 》_の_効果_ : 〜(続く) 1511261731 
(↑2016年 1月)
『総説紹介文』 _白血球__成長因子 の _使用_に関する 推奨 : _ASCO _臨床`実地`ガイドライン__アップデート_ 1510112326 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) 或る_施設_の_新しい__プロトコル_により、_発熱性`好中球`減少`症_の_患者さん_を より 迅速に_治療_ との研究結果 1507311728 
(ニュース冒頭) ASCO が _化学療法_を 受けている_がん`患者さん での _コロニー刺激因子《 CSF 》_使用_に関する_臨床`実地`ガイドライン_を_アップデート_ 1507161703 
(↑2015年 7月)
『総説』 発熱性`好中球`減少`症の患者さんでの_肺`浸潤`液_の_診断、及び、抗菌_治療( 他家`幹細胞`移植_以外 ): DGHO の 感染症 作業班によるアップデートされたガイドライン 1412282351 
(↑2015年 2月)

(ニュース冒頭) Sandoz 社の _バイオ`後続品_ filgrastim の _認可_を米国 FDA _がん治療薬`諮問`委員会_ が 勧告 1501081720 
(↑2015年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Teva 社の Granix ( tbo-filgrastim : _好中球`減少症_緩和用 )自己_投与用 剤 を_認可_ 1412261715 
(↑2014年 12月)
『論文類』 G-CSF 予防を 受けない_がん`患者さんでの 慢性_併存`疾患_病歴と_化学療法−誘発_発熱性`好中球`減少`症_リスク 1409062220 
(↑2014年 9月)
(ニュース冒頭) _結腸__手術部位`感染_ が _一括`アプローチ_により 減少 との研究結果 1408291724 
『総説紹介文』 ECIL-4 : がん / 他家`造血`幹細胞`移植_の_小児`患者さんでの 浸潤性`真菌`疾患に対する治療等_ガイドライン 1408082344 
(↑2014年 8月)

『 JCO 論文』 _発熱性`好中球`減少症の_高リスク_血液学的_がん`患者さん での piperacillin/tazobactam / tigecycline  1405152245 
(↑2014年 6月)
『総説』 血液科、及び、腫瘍科に於ける 中心静脈`カテーテル−関連__感染症_ : _診断_、管理_、予防_に関する_ガイドライン 1405042301 
(↑2014年 5月)
(ニュース冒頭) _開発中の_抗−_ウィルス__薬_に、_幹細胞`移植_後 の CMV_感染症_予防効果あり との研究結果 13.09.26nf 
(ニュース冒頭) Chimerix 社の_抗ウィルス_薬_ が _中間−ステージ__研究_で_有意な__結果_を 得ることに _失敗_ 13.09.13na 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) Neulasta が化学療法/ bevacizumab治療を受ける結腸`直腸`がん患者さんでの発熱性`好中球`減少症を有意に低下 13.07.16nb 
(↑2013年 7 月)

『 ASCO abstract』 成人白血病_患者さんでの治療−抵抗性_浸潤性 真菌`感染症に対する用量`引上げリポゾーム化_amphotericin B 13.05.20tb 
(↑2013年 6 月)
『 JCO 論文』 _発熱性`好中球`減少`症_を有する_がん`患者さん での _経口_抗生物質_ : 1 日 1 回 moxifloxacin 対 …… 13.03.18tb 
(↑2013年 4月)
(ニュース冒頭) _ASCO が _好中球`減少症_、及び、_発熱_についての_ガイドライン_を 発表 13.01.17na 
(↑2013年 1月)
『総説』 がん を 有するか_造血`幹細胞`移植を 受けた_小児`患者さんでの 発熱、及び、_好中球`減少症_の_管理__ガイドライン 12.12.10tb 
(↑2012年 12月)
(ニュース冒頭) _小児__発熱性`好中球`減少`症__に対する__ガイドライン_ : _成人_との_差異_を 強調 12.09.20na 

(ニュース冒頭) RS ウィルス_を有する がん¨患者さん では、_間欠的_ribavirin エアゾールを _推奨_ 12.09.08na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 一定の がん _患者さん での _重症__好中球`減少症__治療用_として tbo-filgrastim を_認可_ 12.09.01nd 
(↑2012年 9月)
( ASCO ニュース冒頭) がん _患者さん_ での Clostridium difficile_感染症_に fidaxomicin が _有用的_ 12.06.15nd 
(↑2012年 6月)
『総説』 _発熱性__好中球`減少症_を 有する がん _患者さん_ の 外来 での _管理_ : _系統的__レビュー_と_メタ分析_ 11.10.31ta 
(↑2011年 11月)
『論文類』 危機的に_病気`悪化`状態`の がん患者さん での 結果状況_への_好中球`減少症_のインパクト : 対`症例−対照`研究_ 11.09.05tb 

(ニュース冒頭) がん に伴う_低_リスク_発熱性__好中球`減少症_の 家庭 での _治療_ は _安全的_で より安価_との研究結果 11.09.23na 
(↑2011年 9月)
『論文類』 _化学療法_−誘発__白血球`減少症__予防_のための pegfilgrastim の第 4 日_投与_対 第 2 日_投与_の比較 11.08.10td 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) 小児_患者さん_ での _神経芽`細胞腫_ での _好中球`減少症_を filgrastim が 低下 10.07.14nb 
(↑2010年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) pegfilgrastim 《 _好中球`減少症__治療薬_ 》 誘発の_骨痛_を naproxen  が 緩和 10.06.18na 
(↑2010年 6月)
『論文類』 小児_肉腫_患者さんでの pegfilgrastim−サポート VDC/IE_化学療法: フェーズ2、ランダム化、非ブラインド化_研究 10.03.09tc 
(↑2010年 4月)

(ニュース冒頭) XM02 《 がん _化学療法_に伴う_好中球`減少症_治療薬 : Teva 社 》の_認可_申請を米国 FDA  が 受理 10.02.03nb 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) _血液 がん  の _患者さん_ での _真菌__感染症_ : 最良の_予防_・_治療__戦略_ 10.01.29na 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _肉腫_を 有する 小児_患者さん_で_単剤__投与_Neulasta が _忍容性`良好_で_効果的_ 09.12.09nh 
(ニュース冒頭) _化学療法_−_誘発の__好中球`減少症__治療薬_として XM02 の_認可_申請を Teva 社が提出 09.12.05nc 
(↑2009年 12月)
『論文類』 小児_患者さん での 低リスク_発熱性`好中球`減少`症_に対する_経口_amoxicillin / clavulanate + ofloxacin_治療 09.09.06td 
(↑2009年 9月)

『総説紹介文』 _血液 がん や 造血_細胞_移植 での _浸潤性_真菌 _感染症_の_管理_へのアプローチ 09.07.10tf 
(↑2009年 7月)
_重症の__好中球`減少症_の小児_患者さん_ での 発熱に対する_抗生物質__レジメン_比較(論文・報告)09.04.09ta 
(↑2009年 4月)
(N冒頭)_乳がん_での 化学療法_後 の 発熱性`好中球`減少`症_をNeulasta_予防_投与 が減少 09.03.13ne 
(↑2009年 3月)
小児腫瘍学、及び、幹細胞移植 患者さん での 初回 vancomycin 投与量(論文・報告)09.01.06ta 
(↑2009年 1 月)
(ニュース冒頭)輸血に使用される血液の古さ が 感染症頻度に影響との報告 08.10.31nc 

(ニュース冒頭)白血病 での 幹細胞移植 後に しばしば C difficile 感染例ありとの報告 08.10.28nb 
『専』がん の患者さん での 感染症の予防と管理 :専門家インタビュー(総説)08.09.25tb 
(↑2008年 10 月)
『副』先行の化学・放射線療法を受けた患者さん での Sm 153 lexidronam での 骨髄 毒性( 副作用 )08.08.25tb 
(↑2008年9月)
(ニュース冒頭)早期乳がん での Neulasta での 一次予防 が 費用効果的であるとの報告 08.08.08nc 
(↑2008年8月)
『総』 発熱性 好中球減少症の外来 での 管理 : 現行の治療戦略 改訂の時期(総説)08.05.17tc 
(↑2008年6月)

(ニュース冒頭)肺アスペルギルス症予防にエアロゾル リポゾーム化 amphotericin B が有効 08.05.27na 
(ニュース冒頭) Bayer 社 が 再製剤の sargamostim 液剤を発売 08.05.22na 
(↑2008年5月)
『総標』骨髄抑制 : ONS 2007 からの報告(総説標題)08.04.02tm 
『総標』好中球減少症を有する がん の患者さん での 感染症予防戦略 : ONS 2007 からの報告(総説標題)08.04.02tl 
『総標』造血サポートケアの管理に関するアップデート : ASCO 2007 より(総説標題)08.04.02tc 
(↑2008年4月)

(−結果) 血液がん での 浸潤性のアスペルギルス症に対する amphotericin B 2 剤型の比較(論文・報告)08.03.16tb 
『総標』血液学的ながん での 中心静脈カテーテルによる血栓性、及び、感染性の合併症(総説標題)08.02.29tb 
(↑2008年3月)
中心静脈カテーテルに関連したコアグラーゼ陰性ブドウ球菌のウロキナーゼ洗浄による予防(論文・報告)08.01.19tb 
(↑2008年2月)
(ニュース冒頭)米国 FDA が、sargamostim の注射用液剤の市場からの回収を指示 08.01.25nb 
化学療法を受ける年配の患者さん は 第 1 サイクルからの pegfilgrastim で利益あり(論文・報告)08.01.06tc 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 疲労感、貧血 ---



(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) _がん−関連``疲労`消耗`感__ : _運動、及び、心理学的_治療_ が ベスト 1703031624 
(↑2017年 3月)
『論文類』 がん−関連__疲労`消耗`感__に対する_赤外線レーザー灸療法の_効果__ : __ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、_プラセボ−比較__臨床試験_ 1611201711 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) 指圧により_乳がん_後 での _疲労`消耗`感_ が 軽減される可能性あり との研究結果 1607121641 
『総説』 _緩和 _薬物`療法_ : _がん`患者さん に於ける _症状_ の 最新的 _管理_ 1606021643 
(↑2016年 7月)

『 JCO 論文』 オピオイド使用中の進行期 がん患者さんに於ける methylprednisolone の 痛み、疲労`消耗`感、食欲不振への効果 1410131710 
(↑2014年 11月)
『 JCO 論文』 _成人_の_がん克服者さん_に於ける _疲労`消耗`感_ の スクリーンング、_評価_、及び、_管理_ 1406092323 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) modafinil ( 精神刺激薬 ) が がん_患者さん での _疲労`消耗`感__改善_に _失敗_ 1405091655 
(↑2014年 5月)
(ニュース冒頭) _前立腺がん_克服者さん での _疲労`消耗`感__を、気功 が _改善_する_との報告 13.11.07na 
(↑2013年 11月)
『論文類』 _がん−関連``疲労`消耗`感_を Wisconsin Ginseng が _改善_ 13.09.28ta 
(↑2013年 10月)

『 JCO 論文』 _がん−関連``疲労`消耗`感_ の dexamethasone による_緩和 : _進行期`がん_患者さん_ での _臨床試験_ 13.09.01tb 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) チョウセンニンジン サプリ が がん−関連__疲労`消耗`感_を 緩和するらしい との研究結果 13.08.14nc 
(ニュース冒頭) _進行期 がん の_患者さん_ での _疲労`消耗`感_を dexamethasone が 軽減 13.08.03na 
(↑2013年 8 月)
『総説』 骨髄`異形成`症候群、及び、再生不良性貧血の_輸血−依存_患者さん_の_管理_に於ける deferasirox の_安全性と有効性 13.05.28ta 
(↑2013年 6月)
『論文類』 がん−、及び、_化学療法−随伴の__貧血_の_治療_に於ける _カルボキシ`マルトース`鉄_の_臨床的__経験_ 13.02.04td 
(↑2013年 2月)

『 JCO 論文』 _乳がん__患者さん_ での _がん−関連`疲労`消耗`感_のための_針療法_ : 現実的_ランダム化`比較`臨床試験_ 12.12.18tb 
(ニュース冒頭) 「化学療法`脳《ケモブレイン》_」 は 実際には 心配と_疲労`消耗`感_かも知れない との研究結果 12.12.11nb 
(↑2012年 12月)
(ニュース冒頭) がん の_治療_後に 疲れた? : ウォーキングが助けになるかも知れない( 原文通り ) 12.11.16na 
(ニュース冒頭) 有酸素運動 が _乳がん_、及び、_前立腺がん_−関連_の_疲労`消耗`感_を緩和する との研究結果 12.11.15na 
(ニュース冒頭) _乳がん_経験者さん_ での _疲労`消耗`感_に_針療法_ が _有用的_かも知れない との研究結果 12.11.01na 
(↑2012年 11月)

(ニュース冒頭) erythropoietin により、_急性`骨髄性`白血病_で_有意な__利益_ 12.07.21na 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) がん _患者さん_ での _疲労`消耗`感_を チョウセン・ニンジン が _軽減_ との研究結果 12.06.09nd 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) オメガ 3 脂肪 の 摂取が がん −関連__疲労感_の 軽減 に 関連か との研究結果 12.03.31nd 
(↑2012年 4月)
『専門家インタビュー』 _乳がん_克服者さんに於ける 痛み、_疲労感_、認識`障害 11.09.23ta 
(ニュース冒頭) Zytiga ( abiraterone ) が _進行期`前立腺がん_ での _疲労感_を 軽減 11.10.05nd 
(↑2011年 10月)

(ニュース冒頭) がん _患者さん_ での _赤血球`生成`促進薬《 ESA 》_の 不適当な 使用の 状況 11.08.12na 
(↑2011年 8月)
『総説』 がん _患者さん_に於ける _貧血_の_管理_ 11.05.23tc 
(↑2011年 6月)
『 ASCO abstract 』 _進行期`非小細胞`肺がん__患者さん_ での _貧血_ の ALD518 ( _ヒト_化_抗− IL-6 抗体 )による治療 10.12.25tb 
(ニュース冒頭) _貧血__治療用_の_赤血球`生成`促進薬《 ESA 》_への_静注_鉄剤の追加に_効果_無し_との研究結果_ 11.01.18na 
(↑2011年 1月)
『総説紹介文の存在』 成人の がん _患者さん_ での epoetin 、及び、 darbepoetin 使用に関する_ガイドライン_アップデート 10.11.21tb 
(↑2010年 12月)

(ニュース冒頭) _肺がん_の_患者さん_では、_貧血_ は _一般普通的_ 10.10.21nf 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) methylphenidate の がん −関連__疲労感_への 効果は、より_重症の__症状_や より_進行期_の がん に限定か 10.07.17nc 
(↑2010年 7月)
『論文類』 _進行期__ホジキン`リンパ腫_の_患者さん_ での epoetin alfa  10.05.03td 
(↑2010年 6月)
『総説』 _乳がん__患者さん_ での _赤血球`生成`促進薬 の 使用 : リスク_レビュー_ 10.03.17tb 
(ニュース冒頭) epoetin alfa が _進行期__ホジキン`リンパ腫_ での 赤血球`輸血を 限定 10.04.10nc 
(↑2010年 4月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が_赤血球`生成`促進薬《 ESA 》( Procrit、Epogen、Aranesp )使用につき 医薬_安全性_関連 通知 10.02.17nc 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) epoetin beta の 生存_や_腫瘍_進行_へのインパクトには_治療_開始時の ヘモグロビン_レベル_が 影響 10.01.06nc 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _化学療法_−関連 の _疲労感_を 運動 が 緩和 09.10.22nb 
(↑2009年 10月)
『 FDA 安全性情報』 米国 FDA  が _骨髄`異形成`症候群_ での deferasirox 使用につき _早期`連絡_を発行 09.09.29na 
(↑2009年 9月)
_赤血球`生成`促進薬《 ESA 》_ は  がん _患者さん_ での _死亡率_を上昇させるか? :一つの視点 09.08.13tb 
(↑2009年 8月)

(ニュース冒頭)_貧血_治療薬 が  がん _患者さん_ での 死亡リスクを上昇 09.05.08nb 
( N 冒頭)_赤血球`生成`促進薬《 ESA 》は がん_患者さん_で_死亡率_を上昇 : _メタ分析 09.05.02nb 
(↑2009年 5月)
『総』 がん での _貧血__治療_用としての鉄補充 、及び、 _赤血球`生成`促進薬(総説)09.03.07tc 
『論サ』化療_中の がん_患者さん_での epoetin alfaの120,000U(3 週間に 1 回) での 開始(論文サマリー)09.02.21te 
(↑2009年 3月)
_骨髄‐異形成‐症候群 での epoetin alfa_単剤_、又は、併用 での _赤血球`奏効 の 比較(論文・報告)09.02.09tc 
(↑2009年 2月)

(ニュース冒頭)がん の患者さんで、輸血が 静脈・動脈血栓症イベントと関連 08.12.03na 
(↑2008年 12 月)
(ニュース冒頭)輸血に使用される血液の古さ が 感染症頻度に影響との報告 08.10.31nc 
(↑2008年 10 月)
(ニュース冒頭)赤血球生成促進薬《 ESA 》への静注鉄剤 追加が化学療法誘発の貧血に効果的 08.09.16nb 
(ニュース冒頭) Aranesp が 化学療法を受けていない 貧血的な患者さんの生活の質を改善 08.09.09na 
がん に伴う 疲労感の薬物治療に関する系統的なレビューとメタ分析(論文・報告)08.08.22tc 
(↑2008年9月)

がん に伴う疲労感、食欲低下、うつ状態、及び、呼吸困難に関する証拠に基づく推奨(論文・報告)08.08.10tb 
『総』 腫瘍学に於ける静注 鉄剤について(総説)08.07.16tb 
(ニュース冒頭)赤血球生成促進薬のラベリングに関する FDA の最新変更を発表 08.08.01na 
(↑2008年8月)
『論サ』がん での 貧血の 4 週間に 1 回の darbepoetin alfa による治療(論文サマリー)08.07.05tf 
(総紹)毎週 1 回の epoetin beta : 化学療法−誘発の貧血の患者さん での 有効性・安全性(総説紹介文)08.06.17ta 
(↑2008年7月)

進行期の胃がん での 化学療法に於ける貧血の補正《 ヘモグロビンの 2 レベルの比較 》(論文・報告)08.05.13te 
未治療の進展型 小細胞肺がん で白金系化学療法剤 + etoposide 治療時の darbepoetin alfa(論文・報告)08.05.11te 
化学療法中の毎週 1 回の epoetin alfa での 早期治療介入による 貧血予防(論文・報告)08.04.20ti 
(↑2008年5月)
化学療法−誘発の貧血 での darbepoetin alfa への静注鉄剤追加の効果(論文・報告)08.04.04ta 
『総標』化学療法−誘発の貧血 の 管理に於ける静注用鉄剤 : ASCO 2007 からの報告(総説標題)08.04.02th 

『総標』造血サポートケアの管理に関するアップデート : ASCO 2007 より(総説標題)08.04.02tc 
(↑2008年4月)
『総標』小児がん での 遺伝子組み替え erythropoietin の役割(総説標題)08.03.07ta 
(ニュース冒頭) FDA の諮問委員会が、赤血球生成促進薬の がん での 適応維持を答申 08.03.15na 
『副』化学療法・放射線療法を受けていない がん の患者さん での darbepoetin alfa 貧血治療( 副作用 )08.03.01ta 
(ニュース冒頭)米国 FDA が貧血治療薬の制限について委員会に諮問を予定 08.03.13na 

(ニュース冒頭)米国 FDA が 貧血治療薬のラベルへの生存関連警告の追加を指示 08.03.11nb 
骨髄異形成症候群の治療 での 赤血球輸血、と、鉄過剰症について(論文・報告)08.02.25td 
(↑2008年3月)
(ニュース冒頭)赤血球生成促進薬は がん の患者さんに安全的でないことがあるとの報告 08.02.27na 
化学療法中の転移性の乳がん の 患者さん での 毎週 1 回のepoetin betaの生存への影響(論文・報告)08.02.02tb 
『コ』エリスロポエチン類縁体《複数》 : 不要なクラスの治療薬《複数》(コメント記事)08.01.31tg 
(↑2008年2月)

『総標』がん の患者さん での epoetin、darbepoetin の使用 : ASCO・ASH ガイドライン(総説標題)07.12.31tc 
(ニュース冒頭)新しいデータ が 貧血治療薬のリスクについて確認 08.01.06na 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)


--- 食欲低下、下痢、便秘、食道・胃腸の障害 ---



(↑2017年 9月)
『 JCO 論文』 がん を有する_患者さん_ に於ける オピオイド−誘発_便秘 の naldemedine による_治療__ : __フェーズ_2b、_ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、_プラセボ−比較__研究_ 1706092344 
(↑2017年 7月)

(ニュース冒頭) _ステント_ が 左結腸_悪性_閉塞__に対する__外科手術_までの ブリッジとして_効果的_ との研究結果 1704201639 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) _高圧`酸素`療法_ は _放射線`療法_後 の _腸管`機能`不全_には 無効である との研究結果 1602261656 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _放射線`療法_ 対 _化学`放射線`療法_ : _進行期__食道`がん_に於ける _飲み込み困難_の_緩和に於いて、_同等に__効果的_ 1501201732 
(↑2015年 1月)
『 JCO 論文』 オピオイド使用中の進行期 がん患者さんに於ける methylprednisolone の 痛み、疲労`消耗`感、食欲不振への効果 1410131710 
(↑2014年 11月)
『総説紹介文』 がん _化学療法_の 間の_下痢_の_管理_に関する ガイダンス 1409152254 
(↑2014年 10月)

(ニュース冒頭) 医療グレード の ハチミツ は _放射線`療法_による_食道炎_に _効果_はない との研究結果 1409201007 
(↑2014年 9月)
『 JCO 論文』 _がん`患者さん での Clostridium difficile−随伴_下痢_の fidaxomicin 、又は、vancomycin _治療_による解消 13.06.30tf 
(↑2013年 7 月)
『 JCO 論文』 _進行期_ がん と_悪液質_を 有する_患者さん_ での _食欲_、及び、_その他の__症状_への メラトニンの 影響 13.03.30ta 
(↑2013年 4 月)
『総説』 がん の_治療_後 の _消化管`系__症状_の_管理_ 13.02.28tb 
(↑2013年 3月)
『 JCO 論文』 _がん性`腹膜炎_による_手術`不可能的__腸`閉塞_ の lanreotide 微粒子による_症状_治療_ 12.12.09tc 
(↑2012年 12月)

『総説 標題』 がん の_患者さん_に於ける _治療`関連__下痢_ 12.10.25ta 
(ニュース冒頭) _悪性__腸`閉塞__に対し、lanreotide が _或る程度_有用的_ との研究結果 12.11.03nd 
(↑2012年 11月)
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がんでの_急性_悪性_閉塞_に対する_術前ブリッジとしての_自己`拡張型`金属`ステント 11.05.27tb 
(↑2011年 6月)
『総説』 _慢性`放射線`直腸炎_ 11.02.15ta 
(↑2011年 3月)
『 ASCO abstract 』 _転移性`乳がん_で bevacizumab_治療を受ける_患者さん での _消化管`穿孔のリスク有無 : _メタ分析_ 10.07.15tb 
(↑2010年 8月)

『総説』 大腸`閉塞 緩和のための ステント設置 10.02.18ta 
(↑2010年 3月)
『総説』 _進行期_ がん での 便秘 の _管理_のための methylnaltrexone の _長期間の_使用 09.11.09th 
(↑2009年 12月)
『総説』 証拠を_臨床`実地_へ : _化学療法/_放射線`療法__誘発の_下痢 の _予防_、_管理_、_治療_への証拠−ベース_治療介入_ 09.09.09ta 
(↑2009年 9月)
『副』bevacizumab_治療_を受けた がん_患者さん_での 消化管`系_穿孔のリスク : メタ分析( 副作用 )09.06.04tb 
『副』 bevacizumab −随伴 の _消化管`系_穿孔( 副作用 )09.06.02tc 
(↑2009年 6月)

(ニュース冒頭) APS 2009 より : オピオイド_誘発の_便秘 は 高頻度 09.05.13na 
(↑2009年 5月)
《 連載(支援) #12 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.04.13sa 
《 連載 #11 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.03.29cb 
(↑2009年 4月)
《 連載 #10 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.03.29ca 
《 連載 #9 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.03.24cc 

《 連載 #8 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.03.15ca 
《 連載 #7 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.03.04cb 
《 連載 #6 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.03.04ca 
《 連載 #5 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.02.24ca 
(↑2009年 3月)
《 連載 #4 》 _消化管`系__合併症_への 対応 : 便秘 09.02.23cf 

《 連載 #3 》 _消化管`系__合併症_への 対応 : 便秘 09.02.22cb 
《 連載 #2 》 _消化管`系__合併症_への 対応 : 便秘 09.02.16ca 
『総』 病状が進んだ_患者さんでの オピオイド_誘発の_便秘_治療_のためのmethylnaltrexone(総説)09.02.07tb 
《 連載 #1 》 _消化管`系__合併症_への 対応 09.02.09ca 
(↑2009年 2月)
(ニュース冒頭)がん の患者さんで、輸血が 静脈・動脈血栓症イベントと関連 08.12.03na 
(↑2008年 12 月)

(−結果) 骨盤部‐放射線療法 での 急性‐下痢の octreotide デポ剤による予防の試み(論文・報告)08.11.09ta 
『副』 lapatinib で がん の治療を受けた患者さん での 下痢イベントのプール化分析( 副作用 )08.10.20tm 
(↑2008年 11 月)
中枢神経系への転移がある患者さん での オピオイド誘発の便秘 での methylnaltrexone 治療(論文・報告)08.09.29tb 
(↑2008年 10 月)
methylnaltrexone : オピオイド鎮痛剤−誘発の便秘の緩和の可能性(論文・報告)08.07.18ta 
(↑2008年8月)
『総』 オピオイド−誘発の副作用の管理(総説)08.05.21tb 
(↑2008年6月)

(ニュース冒頭)米国 FDA がオピオイド誘発の便秘治療用として Relistor を認可 08.05.02na 
(↑2008年5月)
(総紹)オピオイド鎮痛薬−誘発の 腸機能不全(総説紹介文)08.01.15tb 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 血栓塞栓症、出血 ---



(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) _血栓`塞栓症_ の _リスク_ が _がん`患者さん で 倍増する との研究結果 1708201656 
(↑2017年 8月)
『総説紹介文』 _がん`患者さん での_静脈`血栓`塞栓`症_の_治療_、及び、_予防_ に於ける 、直接_経口__抗`凝血`薬_のための_ガイダンス_を 含んだ_国際的__臨床`実地`ガイドライン_ 1610081759 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) _手術_を 受ける_がん`患者さんに於いて、_術前__抗`凝血`薬_ は _安全的_で_深部`静脈`血栓`症_を_低下_させる との研究結果 1601011735 
(↑2016年 1月)

(ニュース冒頭) がん−関連__血栓症_に於いて、_低分子量`ヘパリン_から warfarin への スイッチ は 問題無し 1512171738 
(ニュース冒頭) _血小板`減少症_を有する_がん`患者さん に於ける _抗`凝血`薬_の_使用_ 1512171649 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) _脳転移_を 有する_患者さん_ での _抗`凝血`薬_ の _使用_ は _安全的_ との研究結果 1505261713 
(↑2015年 5月)
『論文類』 _転移性_性腺`無効化`法−耐性_前立腺がん_の_患者さん_に於ける bevacizumab と_動脈`血栓塞栓症、及び、_静脈`血栓`塞栓`症_リスク_ の 関連性( の有無 ) : 〜 1503231723 
(↑2015年 4月)
『総説紹介文の存在』 がん の _患者さん_に於ける _静脈`血栓`塞栓`症 の _予防_、及び、_治療_ : American Society of Clinical Oncology_臨床`実地`ガイドライン_アップデート 2014 1502242338 
(↑2015年 3月)

(ニュース冒頭) _がん`患者さん に於ける _血栓`予防_ は 再考 が 必要である との研究結果 1405091710 
(↑2014年 5月)
『総説紹介文』 _がん`患者さん での _静脈`血栓`塞栓`症の_予防_と_治療_ : ASCO_臨床`実地__ガイドライン_アップデート 13.06.09tc 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) ASCO が がん に於ける_静脈`血栓`塞栓`症_に関する_ガイドラインをアップデート : 患者さんへのリスク周知 13.05.16na 
(↑2013年 5月)
(ニュース冒頭) cisplatin が _静脈`血栓`塞栓`症《 VTE 》の_より高い_リスクと 関連 との研究結果 12.11.21na 
(↑2012年 11月)
『総説 標題』 oxaliplatin−関連__血小板`減少症_ 12.08.05td 

『総説』 _抗− EGFR _薬_に伴う_静脈、及び、_動脈_血栓`塞栓イベント の リスク 12.08.03ta 
(↑2012年 8月)
『総説 標題』 がん _患者さん_ での _静脈`血栓`塞栓`症《 VTE 》_ の _治療_ 12.05.31ta 
(ニュース冒頭) _上部_消化管`系_ がん の_患者さん での _抗`凝血`薬_の_予防 使用 12.07.03na 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が _化学療法_中の semuloparin による_静脈`血栓`塞栓`症 _予防_を _拒否_ 12.06.21nb 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) defibrotide による_予防_により、_造血`幹細胞`移植_後 の _静脈`閉塞性`疾患_ が 減少 12.02.24na 

(ニュース冒頭) _化学療法_中の がん _患者さん_での_静脈`血栓`塞栓`症_《 VTE 》_予防_に関する 最大規模_臨床試験_ 12.02.16na 
(↑2012年 2月)
『 JCO 論文』 cisplatin −ベース_化学療法を受ける患者さんでの 高頻度の_血栓`塞栓症_イベント : 大規模後ろ向き方式_分析_ 11.09.03ta 
(↑2011年 9月)
(ニュース冒頭) 手術後 の 中心−カテーテル−関連_深部`静脈`血栓`症_に 注意が必要 11.08.18nd 
(↑2011年 8月)
『論文類』 より_低_リスク_骨髄`異形成`症候群_と_血小板`減少症_を有する_患者さん_ での romiplostim の_安全性_と_有効性_  10.01.17tc 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) がん _患者さん での _血栓`塞栓症 リスク を statins が 引き下げるとの 研究報告 10.01.15nc 
(↑2010年 1月)

『総説』 がん _患者さん_ での _静脈`血栓`塞栓`症の_管理_と_全体的`生存_へのインパクトの可能性 09.11.20tb 
(↑2009年 12月)
『総説』 がん と _血栓症_ : 公刊されている_ガイドライン_の_臨床`実地_への 意味合い 09.10.14ta 
『総説紹介文』 新しい_抗−血栓症`_薬_ : _腫瘍_学 での 使用への可能性 09.10.13ta 
『総説紹介文』 がん_に対する_手術を 受ける_患者さん_ での 静脈性_血栓`塞栓症_の_予防_ 09.10.12td 
『総説紹介文』 _入院_している がん _患者さん_ での 静脈性_血栓`塞栓症_ の _予防_ 09.10.12tc 

『総説紹介文』 _抗−_血管新生__薬_を 受けている_ がん _患者さん_ での _血栓症_イベント 09.10.12tb 
『総説紹介文』 がん _患者さん_ での カテーテル−随伴の__血栓症_ 09.10.12ta 
『論文類』 転移性/局所`進行期_固形がん で_化学療法_中の_患者さん での _血栓`塞栓症`イベントの nadroparinによる_予防 09.09.29tb 
『総説紹介文』 がん と_血栓症_ : 公刊された_臨床`実地__ガイドライン_の意味合い 09.09.27ta 
(↑2009年 10月)
『総』 _予防_的、及び、治療_的な_血栓に対する_血液`凝血`阻止 : 腫瘍_学 での 重要事項(総説)09.02.14ta 
(↑2009年 3月)

(総紹) anagrelide : その 20 年後(総説紹介文)08.12.25tb 
(↑2009年 1 月)
(ニュース冒頭)がん の患者さん での 血栓症を nadroparin が 予防 08.12.16nb 
( N 冒頭)化療中の がん 患者さん で 予防的な 抗‐凝血‐薬が血栓塞栓症イベントを半減 08.12.09nc 
(ニュース冒頭) ASH 2008 より : 血小板‐輸血量 は 半減可能 08.12.09na 
(↑2008年 12 月)
(ニュース冒頭) bevacizumab が 静脈‐血栓塞栓症のリスクを増大との研究結果 08.11.19na 
(↑2008年 11 月)

(ニュース冒頭)入院中の がん の患者さん で スタチン類が静脈 血栓 塞栓 症を予防の模様 08.10.28na 
『総』 がん の患者さん での 静脈 血栓塞栓症のリスク要因、予防、及び、治療(総説)08.09.26ta 
がん の患者さん での 静脈 血栓塞栓症の初回治療用としての 抗凝血薬 治療(論文・報告)08.09.19te 
(↑2008年 10 月)
(総紹)進行期の がん の患者さん での 静脈血栓塞栓症の管理 :系統的レビュー、メタ分析(総説紹介文)08.06.02th 
(↑2008年6月)
全身的 化学療法を必要とする がん の患者さん での 血小板減少症の PSE による治療(論文・報告)08.05.04tf 
(↑2008年5月)

『総標』血小板減少症 の 管理に於けるアップデート : ONS 2007 からのレポート(総説標題)08.04.02tk 
(↑2008年4月)
『総標』血液学的ながん での 中心静脈カテーテルによる血栓性、及び、感染性の合併症(総説標題)08.02.29tb 
(↑2008年3月)
(ニュース冒頭) romiplostim が血小板の低レベルを改善 08.01.03nc 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 口腔の障害、口内炎、粘膜炎 ---



(↑2017年 9月)

『論文類』 _ホルモン`レセプタ`陽性_、_HER2 ‐陰性__転移性`乳がん_を有する_患者さん_ での 、dexamethasone_口内`洗浄液_を_使用_しての everolimus −関連__口内炎_の_予防__ : _〜(続く) 1705081602 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) _フェーズ_3_臨床`試験_の_結果_によれば、「魔法の_口内`洗浄液_」 は 実際に_有効 1609281718 
(ニュース冒頭) _化学療法_に伴う_口腔`粘膜炎__に対し、_口腔`冷凍`療法_ が _効果的_ との研究結果 1609141621 
(↑2016年 9月)
『 ASCO abstract 』 _ホルモン`レセプタ`陽性__転移性`乳がん_を有する_閉経後_患者さん_ に於ける 、dexamethasone −ベースの口内洗浄剤を_使用_した everolimus / exemestane_口内炎_〜(続く) 1606251721 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) リンス液により、_口腔`粘膜炎_の_症状_ が 軽減 1408281706 
(↑2014年 8月)

『 JCO 論文』 _頭頸部__放射線`療法_ ± _化学療法_を 受ける_患者さん での _急性__口腔`粘膜炎_治療_としての doxepin  1405181742 
『総説』 がん_治療_に 続発 の 粘膜炎_の_管理_のための MASCC/ISOO_臨床`実地__ガイドライン_ 1405171824 
(↑2014年 6月)
『論文類』 _頭頸部`がん__に対する__化学`放射線`療法_中の_患者さん_ での _口腔`粘膜炎__に対する_ムコ粘着性`ハイドロゲル 1405091743 
(↑2014年 5月)
『論文類』 irsogladine maleate により、fluorouracil −ベース の _化学療法_−誘発__口腔`粘膜炎 の _発症`頻度 が _低下_ 13.04.06tc 
(↑2013年 4 月)
『論文類』 _頭頸部`がん_後 の _慢性__口内`乾燥__に対する__針療法_ 対 _口腔`ケア_ 13.03.04te 
(↑2013年 3月)

『 ASCO abstract』 _頭頸部`がん__治療_後 の _慢性__放射線`療法_−誘発_口内`乾燥__に対する__針療法_ 対 _口腔`ケア_ 13.02.13tb 
『 ASCO abstract 』 _同時`実施__化学`放射線`療法_−誘発__口腔`粘膜炎の_予防 / _治療_に於ける _低出力`レーザー`治療_ 13.02.13ta 
(↑2013年 2月)
(ニュース冒頭) doxepin ( _抗うつ薬_ ) が _頭頸部`がん__に対する__放射線`療法_に伴う_口腔`粘膜炎_を 軽減 12.11.14na 
(ニュース冒頭) _口腔`粘膜炎__に対する_新しい「_標準的_ケア_」 12.10.31na 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) _針療法_ は がん _治療_後 の _口内`乾燥_を_緩和する可能性あり との研究結果 12.10.25na 
(↑2012年 10月)

『総説』 _頭頸部`がん__患者さん_、又は、_分子標的`_抗 がん 治療_を 受ける_患者さん_ での _口腔`粘膜炎__管理_の 新発展 12.06.26ta 
(↑2012年 7月)
『 ASCO abstract』 同時`実施_化学`放射線`療法を受ける頭頸部`がん患者さんでの_口腔`粘膜炎_予防目的_低レベルレーザー治療 12.05.27tb 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _口内`乾燥__に対する__治療_には _証拠_ が 欠如しているとの_レビュー_ 11.12.29na 
(ニュース冒頭) _針療法_ が _放射線`療法_−誘発_ の _口内`乾燥症_を 緩和するとの_更なる__証拠_ 11.12.03na 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) レーザー_治療_ が _頭頸部`がん__治療_に於ける _口腔`粘膜炎_を 低下 11.08.18ne 

『 JCO 論文』 _頭頸部`がん__に対する__術後__放射線`化学療法_中の _患者さん_ での _口腔`粘膜炎_を palifermin が 緩和 11.07.09td 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) palifermin により、_頭頸部`がん_の_放射線`化学療法__治療_による 口腔`粘膜炎 が 緩和 11.07.01nb 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) 頭頸部`がん_に対し、強度‐変調‐(↑2011年 9月)放射線療法《IMRT》が 従来の治療_よりも_口内`乾燥_が少ない_との研究結果 11.01.14nb 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) _多重_サイクル の _化学療法_を 受ける_患者さん_ での _粘膜炎_の_管理_に Kepivance が _効果的_ 10.10.06nb 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) がん で_頸部`郭清術_を受けた_患者さん_ での 痛み、_機能`障害_、_口内`乾燥症_を_針療法_ が _改善_ 10.04.23nb 
(↑2010年 4月)

(ニュース冒頭) palifermin が 高用量治療 + _自家`幹細胞`移植_の _毒性_( 口腔`粘膜炎 )を_緩和 10.03.24ne 
(↑2010年 3月)
『論文類』 _結腸`直腸`がん_での 5-fluorouracil −化学療法_での 口腔粘膜炎 _予防_へのヒト ITF_口腔スプレー__投与 09.09.09td 
(↑2009年 9月)
『論文類:副作用』 _頭頸部`がん_で_放射線`療法_《±_化学療法_》を受ける_患者さん_ での 口腔粘膜炎への EGF の_治療_効果 09.08.05ta 
(↑2009年 8月)
(ニュース冒頭) がん _放射線`療法__誘発の_口内`乾燥_を_針療法_ が _緩和 09.04.24nf 
(↑2009年 4月)
新資料: 支援治療 : 口腔合併症(_化学療法_や頭頸部_放射線`療法_に伴うもの) 09.02.01ca 

《 連載 #22=完 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.31ca 
(↑2009年 2月)
《 連載 #21 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.25ca 
化学療法−誘発の口腔粘膜炎での低レベル赤外線レーザー治療 : 小児患者さん での 臨床試験(論文・報告)09.01.06tc 
《 連載 #20 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.23cb 
《 連載 #19 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.23ca 

《 連載 #18 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.19ch 
《 連載 #17 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.16cg 
《 連載 #16 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.16cf 
《 連載 #15 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.16cc 
《 連載 #14 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.11cd 

《 連載 #13 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 09.01.05ce 
《 連載 #12 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 08.12.29ca 
(↑2009年 1 月)
《 連載 #11 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 08.12.13ca 
『専』がん の治療に於ける口腔、及び、歯科ケア :専門家インタビュー(総説)08.11.28ta 
《 連載 #10 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 08.12.10ca 

《 連載 #9 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 08.12.07cb 
《 連載 #8 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 08.12.07ca 
《 連載 #7 》 支援治療 : 口腔合併症への対応 07.12.16ca 
(↑2008年 12 月)
『副』高用量 methotrexate −誘発の 口腔粘膜炎の予防のための palifermin の使用( 副作用 )08.08.25tc 
(↑2008年9月)
『総標』 NCCN タスクフォース報告 : がん のケア での 粘膜炎の予防と管理(総説標題)08.05.07tb 
(↑2008年5月)

『副』 5-fluorouracil 誘発の口腔粘膜炎の chlorhexidine による予防( 副作用 )08.03.26tb 
(↑2008年4月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- 抑うつ症、不安、認知低下、せん妄、てんかん症状、不眠症 ----



(↑2017年 9月)
『 JCO 論文』 _化学療法_後 の _認知_症状_を 自己_報告_する_がん克服者さん_ に於ける ウェブ−ベースの_認知_リハビリプログラムの_評価_ 1701081648 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) がん −関連_苦悩 _に対し、psilocybin ( 幻覚剤の一種 ) が 前例の無い_結果_を もたらした との研究結果 1612031644 
(↑2016年 12月)

『総説』 _緩和 _薬物`療法_ : _がん`患者さん に於ける _症状_ の 最新的 _管理_ 1606021643 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) 記憶`障害 は 「 がん`脳」によるものであって、「_化学療法_脳」ではない とする_研究`結果_ 1508141128 
(↑2015年 8月)
『論文類』 がん の _治療_、及び、それらの_副作用_ が _不眠症_の 悪化 と 関連している : _縦軸長期的な__研究_ の _結果_ 1505200019 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) がん ケアについて 前もって_計画_することは _不安を_緩和する との研究結果 1501291742 
(↑2015年 1月)
『論文類』 _劣った__予後_の がん と_併存`疾患_の_大うつ病__に対する_統合`協働`ケア_ 1409151708 
(↑2014年 10月)

(ニュース冒頭) _乳がん__に対する__放射線`療法_により_リンパ浮腫_の_リスク_は 上昇しない との研究結果 1409191725 
(↑2014年 9月)
『論文類』 うつ状態の_乳がん`患者さん のための_短期的_精神`力学`的`精神`療法_の_有効性 : ランダム化_多施設_`臨床`試験 14.02.03tb 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) _放射線`療法_後 の 認知_欠損_を memantine が 抑制 との研究結果 12.11.02na 
(↑2012年 11月)
『総説 標題』 _脳腫瘍_を 有する_患者さん_ での てんかん発作 の _治療_ 12.06.07ta 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) _化学療法`起因`脳`機能`障害《ケモブレイン》_ : 大脳白質 に 変化 11.12.23nb 
(↑2011年 12月)

(ニュース冒頭) がん _患者さん_ での 「化療`脳」を _神経`フィードバック_ が _改善_ 11.11.18nc 
(↑2011年 11月)
『専門家インタビュー』 _乳がん_克服者さんに於ける 痛み、_疲労感_、認識`障害 11.09.23ta 
(↑2011年 10月)
『 JCO 論文』 小児 がん 克服者さん での 注意力`制御、社会スキル、及び、学業能力 促進 での methylphenidate の_長期効果  10.10.09tb 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) methylphenidate  が 小児 がん 克服者さん での 注意力や 行動面での問題_に対して_効果あり 10.09.24nb 
(↑2010年 9月)
『総説』 がん _患者さん_ での _心理`社会的`苦悩_ の _管理_ 10.03.04tb 
(↑2010年 4月)

(ニュース冒頭) 小児 の がん 克服者さん で methylphenidate は _中枢`刺激`薬_として_忍容性`良好_である模様  09.07.14na 
(↑2009年 7月)
_乳がん_克服者さん での 認知`機能への modafinil の効果(論文・報告)09.06.08te 
(ニュース冒頭) がん に関連した 認知`機能`障害を 抗うつ薬 が 緩和することあり 09.06.07nb 
(↑2009年 6月)
『総』 がん で入院している より_年配__患者さん_ での _せん妄_の解決(総説)09.02.06tb 
(↑2009年 2月)
『総』 原発の脳腫瘍の患者さん での 生活の質改善への認知リハビリ、及び、問題解決(総説)08.12.14tc 
(↑2009年 1 月)

補助療法を受ける早期乳がん の 患者さん での うつ症状の治療(論文・報告)08.10.05td 
頭頸部がん の 放射線療法を受けた患者さん での 栄養療法の臨床試験の長期フォローアップ(論文・報告)
(↑2008年 10 月)
がん に伴う疲労感、食欲低下、うつ状態、及び、呼吸困難に関する証拠に基づく推奨(論文・報告)08.08.10tb 
(↑2008年8月)
うつ状態、生活の質、及び、乳がん : 文献レビュー(論文・報告)08.06.09tb 
(↑2008年6月)
(ニュース冒頭) citalopram が頭頸部がん の 患者さん での うつ状態を予防可能 08.05.24na 
(↑2008年5月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

--- その他(含 悪液質)、一般 ---


『論文類』 _進行期__非`小細胞`肺がん_で_悪液質_を有する_患者さん_ に於ける anamorelin_投与__ : _ROMANA 3 ( _フェーズ_3_拡張_研究_ ) 1708071647 
(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Paxman Scalp Cooler ( 頭皮クーラー )を_乳がん`患者さん での _化学療法−関連__脱毛症__予防_用として_認可_ 1704201618 
『総説紹介文』 _硬膜外`転移_ の _診断_、及び、_治療_ 1703232318 

『論文類』 _アントラサイクリン系`化学療法剤_による_心筋症_ の _予防_の ための_治療`介入__ : _ベイジアンネットワーク_メタ解析_ 1703231727 
『 JCO 論文』 _肺がん_、及び、_消化管`系_ がん _患者さん_ に於ける _早期_統合_緩和`ケア_ の _効果__ : __ランダム化`臨床`試験_ 1703141655 
(↑2017年 4月)
『総説』 がん _悪液質__ : __体重`減少_を 超えて 1701031631 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) cisplatin −誘発__聴力`損失_ が sodium thiosulfate により 軽減 1612171530 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) _アップデート_された ASCO_ガイドライン_では、_緩和`ケア_の _早期_の 開始を 強調 1611171654 
(↑2016年 11月)

『総説紹介文』 _乳がん−関連__リンパ浮腫__に対する_事前注意_ : _飛行機`旅行、同側腕 での 血圧測定、皮膚`穿刺、極端な気温、及び、蜂巣織炎 からの_リスク_ 1609121627 
(ニュース冒頭) _リンパ浮腫_と_乳がん__ : __リスク_が 最大となるのは 何時か? 1610071630 
(↑2016年 10月)
(ニュース冒頭) 『鍬入れ」的な_緩和`ケア_に関する_研究__ : _終末期 だけのものではない (原題通りの表現です) 1609141642 
(↑2016年 9月)
『 JCO 論文』 化学療法で_治療された_リンパ腫_患者さん での _卵巣_機能_、及び、_受胎能力_温存 に於ける _生殖腺`刺激`ホルモン−放出`ホルモン_作動薬_による_利益_の_証拠_無し : 〜(続く) 1607301657 
『 ASCO abstract 』 _化学療法_を 受ける_乳がん`患者さん に於ける 冷却−キャップ_治療_による 頭皮−冷却 の _脱毛症__リスク_低下への_有効性_ 1607252239 
(↑2016年 8月)

(ニュース冒頭) _卵巣_移植_ が _効果的_な_受胎能力`温存_を _提供_する可能性あり との研究結果 1607261458 
『総説』 _緩和 _薬物`療法_ : _がん`患者さん に於ける _症状_ の 最新的 _管理_ 1606021643 
(↑2016年 7月)
『総説紹介文』 _聴`毒性_、と、がん`治療_ 1605221620 
(ニュース冒頭) GnRH _作動薬_ が _リンパ腫__克服者さん_ での _受胎能_維持 に 失敗 1606021624 
(↑2016年 6月)
( ASCO ニュース冒頭) _緩和`ケア_による ボーナス : 家族も 気分 が より楽になる。 1605201706 

(ニュース冒頭) _化学療法__副作用_の_脱毛症__に対する__頭皮_冷却 療法 は _安全的_であるとの_欧州_ での _長期_データ_ 1605041626 
『論文類』 非`小細胞`肺がん、及び、悪液質を有する患者さん に於ける anamorelin の_効果_ : 2件の_ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、_フェーズ_3_臨床`試験_( ROMANA 1、ROMANA 2 )〜(続く) 1603302241 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) _卵巣がん__治療_後 の _更年期`症状__に対する__ホルモン_治療_ は _安全的_である との研究結果 1604211630 
(ニュース冒頭) _小児がん__克服者さん_ に於ける 受胎率 は_勇気づける的_ 1604111644 
『 ASCO abstract 』 _腹膜_転移_を有し、_静注 / _腹腔`内__投与_paclitaxel / _経口_ S-1 で_治療_される_胃がん__患者さん_ に於ける 大量_悪性`腹水_の_管理_のための CART _治療_〜(続く) 1603071634 
(↑2016年 4月)

(ニュース冒頭) _我々の_セルフ−トーク(心の中のつぶやき)を改善することが、我々の がん の旅路を容易にする(原文通りの表現) 1603232247 
(↑2016年 3月)
『論文類』 _分子標的_抗 がん`治療薬_で_治療_される_患者さん_ に於ける _脱毛症_ 1511301654 
(↑2016年 2月)
『総説』 _乳がん`患者さん に於いて_卵巣_機能_、及び、_受胎能力_を 温存するための、_化学療法_の間での _黄体化`ホルモン`放出`ホルモン《 LHRH 》__作動薬__使用_の_卵巣`機能`抑制 : 〜(続く) 1511271740 
(ニュース冒頭) 大きな痛みの後、_化学療法_による _脱毛症__に対する_冷却キャップ は 来た( 原文通りの表現です ) 1601081653 
(ニュース冒頭) American College of Rheumatology が _がん`患者さん に於ける リウマチ性関節炎 の _治療ガイドライン_を 発表 1601051739 
(↑2016年 1月)

(ニュース冒頭) _悪性`胸水__に対する__胸膜`癒着術__戦略_に 挑戦する_研究`結果_ 1512242348 
(ニュース冒頭) _乳がん__に対する__化学療法_を 受ける_患者さん_ での _卵巣`機能_を _黄体化`ホルモン`放出`ホルモン《 LHRH 》__類縁体_ が _温存_ 1512241659 
(ニュース冒頭) _乳房部`切除術_後 の _リンパ浮腫_に関する_いくらかの_注意 を サポートしない_データ_の発表 1512181706 
(ニュース冒頭) _開発`段階 ( _前臨床`段階 )の _薬_ が _進行期_ がん での _生命を脅かす`的_な_悪液質_を_予防_する 可能性あり_との報告 1512011739 
(↑2015年 12月)
『論文類』 _血液`悪性`腫瘍_で_腫瘍`崩壊`症候群_の_リスク_が_高い__患者さん_ での _腫瘍`崩壊`症候群__予防用としての febuxostat 対 allopurinol の_比較_ : 〜(続く) 1509281704 

『 ASCO abstract 』 _化学療法−誘発__脱毛症__予防_のための 頭皮_低温療法の_安全性_、及び、_有効性_ : メキシコの公立病院 に於ける _乳がん__患者さん_で_使用_された 頭皮冷却システムの_研究_ 1509211659 
(ニュース冒頭) aprepitant ( Merck & Co 社 の _制吐薬_ )が_肺がん__患者さん_ での 咳 を 軽減 1510151702 
(ニュース冒頭) _卵巣_組織_ の _移植_ : _いくらかの_女性 にとっての _受胎能力__選択肢_ 1510131709 
(ニュース冒頭) _がん`領域_ に於ける _一次的__緩和`ケア_に関する_新しい__ガイドライン_が 発表 1510101807 
(ニュース冒頭) _早期 乳がん__に対する__化学療法_後 の 月経 回復`を GnRH _作動薬_ が _改善_する 可能性あり との研究結果 1510101753 

(ニュース冒頭) _リンパ浮腫__に対し、圧迫装置 が _利益的_ 1510091753 
(ニュース冒頭) _妊娠`期間_中 でも がん`治療_ は 遅らせる必要は 無い との研究結果 1510020002 
(ニュース冒頭) _乳がん__患者さん_ に於ける _卵巣`機能`抑制_を 支持する_メタ解析__結果_ 1510011705 
(↑2015年 10月)
『 JCO 論文』 capecitabine −随伴の__手足`症候群_の_予防としての Mapisal 対 ウレアクリーム : AIO Quality of Life Working Group の_ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_ 1508050021 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん の _切除_手術_前の_蛋白質_摂取 により 歩行`能力が _改善_される可能性あり とする_小規模_研究__結果_ 1508051715 
(↑2015年 8月)

(ニュース冒頭) atorvastatin 、と、polyprenol による _手足`症候群_の_予防_ 1507241735 
(↑2015年 7月)
『総説紹介文の存在』 _出産`可能`年齢_の 女性の_がん克服者さん_ に於ける 不妊 1505122249 
( ASCO ニュース冒頭) _頭皮_冷却システムが _乳がん__に対する__化学療法_中 の _患者さん_ での _脱毛症_を _予防_ 1506071752 
(↑2015年 6月)
『 JCO 論文』 _同時`実施__緩和`ケア_の_早期_ 対 遅発 開始 の _比較_ : 〈その〉 ENABLE III_ランダム化`比較`臨床試験_ に於ける _患者さん`結果状況_ 1505031732 
(↑2015年 5月)
『論文類』 _がん`悪液質_の_患者さん_のための anamorelin : 2 件の _フェーズ_2_、_ランダム化_、_プラセボ−比較__ダブル`ブラインド__臨床試験_の 統合_解析_ 1502091730 

(ニュース冒頭) New England Journal of Medicine 誌_より : _乳がん__に対する__化学療法_の 間に _受胎`可能性_を 保護する _薬_ 1503071658 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) 移植後_静脈`閉塞症_ での _生存_を defibrotide が _有意に__改善_ 1502261711 
『 JCO 論文』 がん`治療_後 の _不眠症__に対する__認知`行動`療法( CBT )_、及び、armodafinil : _ランダム化__プラセボ−比較__臨床試験_ 1502011718 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) _がん克服者さん_ は 、継続している_満たされていないニーズ_の 重荷 に 直面している_との報告 1501151719 
(↑2015年 1月)
『論文類』 _妊娠中 の _患者さんに於ける _抗がん薬_治療_の_最適化 : 妊娠−誘発_変化の_薬物`動態論`的__解析_ 1410051739 

(ニュース冒頭) anamorelin が _がん`悪液質__に対する__最初の__薬_となる 可能性 1410141727 
『論文類』 がん に 罹患している 女子、及び、_若年_女性の ための _受胎能力`温存_ : _卵巣`組織`凍結保存_のための_基準_ 1409132347 
(↑2014年 10月)
(ニュース冒頭) anamorelin : _がん`悪液質__に対する_最初の_治療薬_となるか? 1409301742 
(ニュース冒頭) より後期の 妊娠期間に於いて、_化学療法や_放射線`療法_ は 胎児_に対し_安全的_ との研究結果 1409301723 
『総説』 _がん`患者さんに於ける 栄養不良、及び、_悪液質_の _早期_の _認識_ 1408132241 
(↑2014年 9月)

(ニュース冒頭) _進行期_ がん の _患者さん_に於いて、包括的 リハビリ プログラム が _利益的_ との_報告_ 1407241720 
(↑2014年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) アルキル化系`化学療法剤_による 精子ダメージの 回避のために「_安全的_」_用量_は ない との研究結果 1406071756 
(ニュース冒頭) _臨床`実地_変更 か : goserelin により、_化学療法_中 の_受胎能_温存 1405312328 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) ASCO が がん 克服者さん向け 新_ガイドライン_を 発表 1404191741 
『論文類』 _低`ナトリウム`血`症を有する__入院_している がん`患者さん での tolvaptan  14.03.09ta 
(↑2014年 4月)

(ニュース冒頭) 米国 CMS のプロジェクトで、ホスピスに於いて_緩和`ケア_と_治癒的ケアを 可能に : Win-Win 14.03.25ne 
(↑2014年 3月)
『総説』 質疑応答 : _小児がん__治療_後 の _受胎`可能性_ 14.01.31tb 
(↑2014年 2月)
『 ASCO abstract 』 _上皮`がん_による_悪性`腹水_の_治療のための_腹腔`内_catumaxomab _再投与 13.12.25tb 
『 ASCO abstract 』 _白金系`化学療法剤_−耐性__卵巣がん_ での _膀胱_を 通じた_継続的_低−流量_腹水 排出、及び、…… 13.12.23tb 
(↑2014年 1月)
(ニュース冒頭) _リンパ浮腫__に対し、_圧迫`包帯_が_リンパ`マッサージ_と 同等に_効果的_ 13.12.15na 
(↑2013年 12月)

(ニュース冒頭)_早期 乳がん_で、 _腋窩(腋の下)`放射線`治療_ が _外科手術_よりも_リンパ浮腫__発症`頻度 を_低下_ 13.10.25na 
(↑2013年 10月)
『 JCO 論文』 がん 克服者さんに於ける 睡眠 の 質 のための ヨガ : _多施設_、_ランダム化__比較`対照`臨床試験_ 13.09.10ta 
(ニュース冒頭) _早期__リンパ浮腫__に対しては、まず 圧迫スリーブを 試みるべきである との研究結果 13.09.26ne 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) _開発`段階 の その_薬_ は _筋`消耗__に対して_有望的_か? 13.08.20nb 
(↑2013年 8 月)
(ニュース冒頭) _乳がん_で_手術_を受けた_患者さん_ での _リンパ浮腫_を_針療法_ が 緩和する との研究結果 13.07.25ne 
(↑2013年 7 月)

(ニュース冒頭) ASCO が _受胎能力`温存_に関する_アップデートされた__ガイドライン_を_発行_ 13.05.29na 
(↑2013年 5 月)
(ニュース冒頭) NCCN が新しい克服者さん_ガイドライン_を 発表 13.03.19na 
(ニュース冒頭) _非侵襲的`換気`療法《 NIV 》_ : モルヒネへの代用 13.03.08na 
(↑2013年 3月)
『論文類』 _結腸`直腸`がん__患者さん_ での oxaliplatin −誘発__神経_毒性_の_予防_としての Ca/Mg 点滴 : _メタ分析_ 13.01.02td 
(ニュース冒頭) _卵巣`機能`抑制_ は _化学療法_からのダメージの 予防効果無し との研究結果 13.01.04na 
(↑2013年 1月)

(ニュース冒頭) _前立腺がん__に対する__放射線`療法_による ED を Viagra が _予防_する可能性ありとの研究結果 12.10.30na 
(ニュース冒頭) _乳がん__に対する__化学療法−関連__閉経__に対し、話し合い療法、及び、運動が_有用的__との報告 12.10.16nc 
『 ASCO abstract 』 _チロシンキナーゼ`阻害薬_−誘発__間質性`肺疾患_の_予防_に於ける fexofenadine の_有効性_ 12.09.11ta 
(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) アロエベラにより、_放射線`療法_後 の _皮膚炎_が 軽減 12.09.06na 
『総説』 _悪性`腹水_を有する_患者さん_ での _生活の質_悪化 : _穿刺術 / catumaxomab 対 _穿刺術__単独_の_比較_ 12.08.05tf 
(↑2012年 9月)

(ニュース冒頭) がん _患者さん_で、_外来_ での _腹水_排出_ が _安全的_ 12.08.23na 
(ニュース冒頭) がん _治療_中、及び、_治療_後 の 運動 は __患者さん_に__利益的_ との研究結果 12.08.21nb 
(ニュース冒頭) _妊娠_中 の がん _治療_ は _実施`可能`的_ 12.08.17na 
(↑2012年 8月)
『論文類』 _乳がん_克服者さん での _ほてり_、及び、_睡眠`障害_の_管理_を 目的とした 星状`神経節`ブロック 12.06.05tc 
(↑2012年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) methotrexate_毒性_による_がん領域`緊急`状況__に対する_glucarpidase  12.06.15nc 
(↑2012年 6月)

(ニュース冒頭) _乳がん__治療−誘発_ の _閉経 に、_非−薬物_治療_ が _有用的_ 12.03.29na 
(ニュース冒頭) _エストロゲン−感受性__乳がん_の_患者さんでの_妊娠_ は _安全的_ との研究結果 12.03.22nb 
(ニュース冒頭) _前立腺`がん__に対する__根治的__前立腺`切除術_後 の 排尿コントロール_を_骨盤底`筋`体操_ が _改善_ 12.03.06nc 
(↑2012年 3月)
『論文類』 oxaliplatin −誘発_ の _急性__神経_毒性_の _予防_ / 軽減のための venlafaxine の_有効性_ 12.01.30tb 
(ニュース冒頭) 妊娠中の_乳がん、及び、婦人科 の がん は _安全的_に_治療_が 可能 12.02.14na 

(ニュース冒頭) 妊娠中の_化学療法_ は 子供には _安全的_らしい_との研究結果_ 12.02.10nb 
(ニュース冒頭) _放射線−誘発__唾液腺`炎__を_唾液管`内視鏡_ が 緩和 12.02.07nc 
(ニュース冒頭) _慢性`放射線`障害_ _に対し、_高圧`酸素`治療_ が _有用的__との研究結果_ 12.02.02nc 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) _乳がん_に於ける _生殖腺`刺激`ホルモン−放出`ホルモン《 GnRH 》_作動薬_使用に関する 不確実性 12.01.13na 
(↑2012年 1月)
(ニュース冒頭) _悪性_疾患の場合、IVF での _卵母細胞_採取効率は 低下する_との研究結果_ 11.12.22nb 

(ニュース冒頭) _化学療法__−誘発_末梢性ニューロパシー_に対し、_針療法_ が _有用的_らしい_との研究結果_ 11.12.08nf 
(↑2011年 12月)
『 ASCO abstract』 進行期食道がんに対する_高`線量`率_近接`照射`療法 : 飲み込み困難_の_緩和の_分析_《 108名の患者さん 》 11.10.22te 
(↑2011年 11月)
『論文類』 がん _患者さん_ での アンメット・ニーズへの対応 : 上部 呼吸`消化管 機能の リハビリテーション 11.10.03tc 
(ニュース冒頭) ヒアルロン酸の _膀胱_内 注入 が _放射線`療法−誘発 出血性`膀胱炎 での 助けになる_との研究結果_ 11.10.18nb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 鉄過剰_治療薬_として deferiprone を_認可_ 11.10.15nb 
(↑2011年 10月)

(ニュース冒頭) _抗 がん 化学療法を 妊娠中に実施しても_安全的__との研究結果_ 11.09.28na 
(↑2011年 9月)
(ニュース冒頭) _乳がん__化学療法_中の _卵巣`_抑制_による_利益_を示す_研究結果_ 11.07.20nd 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) _悪性__飲み込み困難__に対しては、_アルゴン`プラズマ`凝固法と_近接`照射`療法_の _併用_がベスト 11.06.29nb 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭) 抗うつ薬 venlafaxine が oxaliplatin_投与_に伴う_神経_毒性_を 軽減 11.03.31na 
『総説 標題』 チロシンキナーゼ`抑制薬−誘発_の_手足`皮膚 _反応_の_管理_ : 内科_腫瘍医_、皮膚科医、_腫瘍_学ナースの観点 11.02.22tg 

『総説』 _化学療法_−誘発__脱毛症_ の _症状`現出、 インパクト 、及び、 _予防_ : _頭皮`冷却`法_の 可能性と限界 11.02.16ta 
(ニュース冒頭) 魚油に がん _患者さん_ での _筋肉_減少 を_予防_する効果あり_との研究結果_ 11.03.04na 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) カンナビスの_活性_成分が _進行期_ がん _患者さん_の 食欲を _改善_ 11.02.26na 
『JCO 論文』 _結腸がん_補助療法 での oxaliplatin−誘発の_感覚性`神経`毒性__に対する_静注__カルシウム/マグネシウム_投与 11.01.31tc 
『 ASCO abstract 』 がん _悪液質_の_治療_の 目的 での propranolol と etodolac  の _併用__投与_ 11.01.16ta 
(↑2011年 2月)

『総説』 皮膚`強刺激性の__化学療法__血管外`漏出_の _予防_ 、及び、 _管理_ 10.11.15tc 
『総説』 _上皮`成長`因子`レセプタ_抑制薬_による 皮膚_毒性__に対する__局所_外傷ゲル の 使用 10.11.10tb 
(ニュース冒頭) 漸増的な ウェイト・リフティングで_乳がん_克服者さん での _リンパ浮腫_頻度は 上昇せず_との研究結果_ 10.12.10ne 
(ニュース冒頭) 不妊_治療_の後の がん 発症 は 稀 10.12.04na 
(↑2010年 12月)
『総説』 _化学療法−_誘発の_脱毛症 10.10.14ta 

(ニュース冒頭) 女性の がん _患者さん_ は 受胎能力 温存_選択肢_について 知っている必要あり_との研究結果_ 10.11.06nb 
(↑2010年 11月)
『総説』 _化学療法_ + _緩和ケア= がん _管理_の 新しい 等式 10.09.25ta 
『 JCO 論文』 _腫瘍`崩壊`症候群_リスクのある成人_患者さん_ での 尿酸 の コントロール : rasburicase_単剤`治療_、… 10.09.21ta 
(ニュース冒頭) _乳がん_手術 後 の _リンパ浮腫_を_腋窩`逆`マッピング《 ARM 》法_ が 限定 10.10.08nd 
(↑2010年 10月)
『 JCO 論文』 _高用量_methotrexate −誘発 腎機能`不全_に対する_glucarpidase / leucovorin / thymidine の _効果_ 10.08.31tc 

『総説 標題』 _分子標的`抗がん`_治療薬_による 皮膚_毒性_ 10.08.22tc 
(ニュース冒頭) catumaxomab が _悪性__腹水_ の_治療_に_効果的_ 10.09.01na 
(↑2010年 9月)
『総説』 _脳転移__治療_に於ける _神経`認知`的_な 考慮《 _全脳`放射線療法_は必要かどうか 》 10.04.09ta 
『総説』 _形成`外科_ 、及び、 再建`手術 での 革新状況 : 専門家インタビュー 10.03.05ta 
(↑2010年 4月)
『論文類:副作用』 docetaxel −_誘発の__涙管`閉鎖`症_ の _予防_に於ける _局所_眼_治療_ の _有効性_ 10.01.30tk 

『論文類』 小児_急性`リンパ性`白血病_ の_治療_ での _肝_毒性_の_治療_用としての_ミルク`シスル_ 10.01.23ta 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) _乳がん_手術後 の _リンパ浮腫_を_早期_ の _理学`療法_ が _予防_する模様との報告 10.01.23nb 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) 成人 、及び、 小児_患者さん_ での _腫瘍`崩壊`症候群_を Elitek が _予防_ 09.12.31nd 
(↑2009年 12月)
(ニュース冒頭) FDA が抗がん治療中の白血病、リンパ腫、固形腫瘍の成人患者さんでの血中尿酸`レベル管理に rasburicase_認可 09.10.20na 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _乳がん_に関連した_リンパ浮腫_を有する女性 での ウェイトリフティング 09.08.14td 

『総説』 _推定的__悪性_胸水_の_診断_ 、及び、 _管理_ 09.08.12tb 
『総説』 _進行期_ がん の_患者さん_ での しゃっくり の _診断_ 、及び、 _管理_ 09.08.11ta 
(↑2009年 8月)
『論文類』終末前 の がん _患者さん_ での 栄養状態 、及び、 _生存_への ATP 点滴の効果 09.07.08tc 
(↑2009年 7月)
(ニュース冒頭) がん _治療_後に _卵巣_組織 移植により 受胎能力が 回復可能な 可能性 09.06.27na 
『総』 _骨髄`異形成`症候群_の_患者さん_ での _鉄`過剰症_の_経口_deferasirox による_管理(総説)09.05.25tc 

( N 冒頭)_ASCO 2009_ : 受胎可能性_温存 ガイドライン_ は 広くフォローされない実情 09.06.02na 
(↑2009年 6月)
(ニュース冒頭) bevacizumab が _消化管`系_穿孔を_有意_に増加 09.05.27na 
『副』_血管新生_抑制薬で_治療_された_患者さん_ での 高血圧 の _管理_( 副作用 )09.05.03td 
『特紹』 特集号:第 4 回 シカゴ サポート_腫瘍_学 会議の ハイライト(特集号紹介)09.04.14tb 
(↑2009年 5月)
『総』 がん _患者さん_ での 味覚 、及び、 嗅覚異常の問題(総説)09.04.14ta 

『副』_乳がん_、や、婦人科 がん で_化学療法_中の_患者さん_ での 味覚、や、嗅覚の変化( 副作用 )09.04.11tg 
『総』 女性_患者さん_ での がん と受胎能力`温存 : 現在と将来(総説)09.04.09tb 
(総紹) がん _治療_による_心臓`血管`系__毒性_ : 早期発見のための_戦略_(総説紹介文)09.04.04td 
『総』多重キナーゼ抑制薬による 手足皮膚反応の_予防/緩和への証拠−ベースのアプローチへ(総説)09.03.29tc 
『総』 誤嚥(吸引)の_予防_ : がん _患者さん_での 高頻度で危険な問題(総説)09.03.18ta 
(↑2009年 4月)

(ニュース冒頭)_リンパ浮腫_を伴う_乳がん_ で 超微小手術 が _有望的 09.03.24nc 
(抽出) がん _患者さん_ での 受胎可能性の温存(冒頭のみ)09.02.27ta 
(↑2009年 3月)
(未達) _肺がん_ での _悪性__心嚢`滲出液_への_心膜`内__投与_bleomycin(論文・報告)09.02.11ta 
『総』 _栄養補給`再開時`症候群_ : 支援`_腫瘍_学 での 重要な側面(総説)09.02.06tc 
_乳がん 手術後の リンパ浮腫 の _リンパ系−静脈`吻合術_による治療について(論文・報告)09.01.15td 
(↑2009年 2月)

転移性の がん の患者さん での 外来`緩和`ケア`治療介入に関する Phase II 研究(論文・報告)09.01.11tb 
[紹存]ASCO 2008臨床実地ガイドラインのアップデート:化学療法/放射線療法 保護薬の使用(総紹存在)08.12.31tc 
( N 冒頭)_骨髄‐異形成‐症候群の 患者さん での _鉄‐過剰症_に経口キレート剤が効果的 09.01.10nb 
『総』 他家幹細胞移植 後の 慢性‐移植片対宿主病 : 予防、科学、サポートケアの挑戦課題(総説)08.12.14ta 
(↑2009年 1 月)
(総紹)抗‐腫瘍‐薬への過敏反応 : 概観(総説紹介文)08.11.30ta 

『総』 妊娠期間中の白金系化学療法剤の使用の可能性(総説)08.11.19td 
がん/治療に伴う悪液質 の 小児患者さん の体重への Periactin、と、Megace の効果(論文・報告)08.11.15tc 
(↑2008年 12 月)
『総』 治療洞察 : がん、及び、心臓合併症を有する患者さん での 心臓血管系疾患の管理(総説)08.11.12ta 
(ニュース冒頭)前立腺がん の 患者さん での 排尿コントロールを人工括約筋 が 回復 08.11.22nc 
『副』 sorafenib、sunitinib で治療される がん の患者さん での 手足皮膚 反応( 副作用 )08.10.28tb 

(ニュース冒頭) methotrexate 過剰投与 治療薬として Voraxaze の小分け‐申請を開始 08.11.21nc 
(ニュース冒頭)胚‐保存 は がん の患者さん《複数》で通常 成功的 08.11.14nc 
(ニュース冒頭)若年の女性からの卵母細胞を がん 治療の前に凍結保存可能 08.11.04nc 
『総』 乳がん後の閉経症状の評価・管理に関する実用的な臨床ガイドライン(総説)08.10.16tc 
(↑2008年 11 月)
『総』 sorafenib や sunitinib に伴う手足皮膚 反応の管理 での 進歩しつつある戦略(総説)08.10.06tc 

(総紹)乳がん の 閉経前の 患者さん での 症状 の 管理(総説紹介文)08.10.05th 
悪性 胸水 での 胸膜癒着術のための lipoteichoic acid − T の使用(論文・報告)08.10.05tf 
(総紹)乳がん後の閉経症状の評価・管理のための実用的な臨床ガイドライン(総説紹介文)08.09.25td 
『副』 IL − 6 が 化学療法活性の低下なしに paclitaxel 等誘発のニューロパシーを予防( 副作用 )08.09.14tb 
(↑2008年 10 月)
『総』 頸部 郭清術 後の痛み・機能障害の針療法 : ランダム化 比較 臨床試験 の 予備結果(総説)08.08.28td 

『総』 悪性の飲み込み困難 の 緩和のための食道ステント設置(総説)08.08.28tb 
(↑2008年9月)
成人の がん 患者さん での 高尿酸血症 治療用としての固定用量 rasburicase の評価(論文・報告)08.08.15ta 
がん に伴う疲労感、食欲低下、うつ状態、及び、呼吸困難に関する証拠に基づく推奨(論文・報告)08.08.10tb 
(↑2008年8月)
(−結果) 化学療法−誘発の末梢性ニューロパシー での lamotrigine の有効性について(論文・報告)08.06.08te 
(ニュース冒頭)婦人科の がん の患者さん での 術前 IVC フィルター設置が実施可能的 08.06.26nb 

(総紹)小児、及び、成人患者さん での 腫瘍崩壊症候群の管理に関するガイドライン(総説紹介文)08.05.31ta 
(総紹) oxaliplatin −誘発の末梢神経障害に関するレビュー(総説紹介文)08.05.27tf 
(ニュース冒頭)化学療法剤アレルギーに有効な迅速脱感作プロトコルの報告 08.06.13nb 
『副』 sunitinib malate に伴う心不全( 副作用 )08.05.21tg 
『総』 オピオイド−誘発の副作用の管理(総説)08.05.21tb 

『総標』化学療法を受けている がん の患者さん での 血中マグネシウム低下症の管理(総説標題)08.05.17td 
『特紹』 特集号:Third Annual Chicago Supportive Oncology Conference より(特集号紹介)08.05.17tb 
(↑2008年6月)
(総紹)がん に伴う呼吸困難の緩和のための治療介入 : 系統的なレビュー(総説紹介文)08.05.12tb 
『総』 dexrazoxane での 偶発的な 静注アントラサイクリン後 の 血管外漏出の治療(総説)08.05.08ta 
(総紹)ペギル化リポソーム doxorubicin に伴う手足症候群 : 国際専門家パネルの推奨(総説紹介文)08.04.20th 

腫瘍崩壊症候群の rasburicase による管理に関する SFCE の勧告の妥当性 : 観察調査(論文・報告)08.04.15ta 
(↑2008年5月)
(総紹) cisplatin による腎毒性の予防 : 最先端と推奨(総説紹介文)08.04.08tf 
『総』 皮膚強刺激性薬による血管外漏出の管理(総説)08.04.07th 
乳がん の 患者さん での 閉経症状 治療用としての megestrol acetate の効果(論文・報告)08.04.04tc 
『 FDA 安全性変更』 pamidronate disodium 《 Aredia 》注射用に伴う腎臓毒性リスク 08.04.17nb 

『副』 docetaxel 誘発の足の爪剥離症、及び、皮膚毒性 予防用としての冷却靴下の使用( 副作用 )08.03.27ta 
再発性の婦人科のがん での 大腸閉塞の緩和のための結腸直腸ステント(論文・報告)08.03.23te 
(↑2008年4月)
『副』 capecitabine −誘発の手足症候群の治療用としての局所ヘナ葉( 副作用 )08.03.09tg 
放射線網膜症 は bevacizumab 《 抗血管内皮成長因子薬 》での治療が可能(論文・報告)08.03.02tf 
(ニュース冒頭)食道ステント が がん に伴う飲み込み困難を緩和 08.03.06na 

『副』 Palmar - plantar 紅斑症の発症に対する予防戦略 : 領域的な冷却の役割( 副作用 )08.02.21td 
(↑2008年3月)
年配の患者さん での 床ずれ、及び、痛みのある潰瘍ケア での 亜酸化窒素・酸素混合ガス(論文・報告)08.02.11td 
(総紹)悪性胸水の診断、及び、管理に於ける最近の進歩(総説紹介文)08.02.06tj 
(ニュース冒頭)ゴナドトロピン放出ホルモン作動薬が化学療法−誘発の卵巣障害を低下 08.02.21nb 
『総』 進行期の がん の患者さん での 難治性の息切れ の 病因学、及び、管理(総説)08.01.26te 
(↑2008年2月)

化学療法−誘発のニューロパシー症状の治療用としての amitriptyline(論文・報告)08.01.15ta 
『総標』悪性の結腸閉塞に対する 埋め込み可能な自己拡張型 金属ステントによる治療(総説標題)08.01.13tc 
(↑2008年1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

広告