資料 A=悪性`胸膜`中皮腫_に対する_全身的`治療(ご紹介 作成年月='12/7)


資料名=Medscape Pharmacists


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=April 25, 2012 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アブストラクト


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_悪性`胸膜`中皮腫__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_稀な_ がん {☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_劣った__予後_ 】┏┓。    〈その〉_臨床的_¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_大部分の__患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←この_病気_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←かなり_挑戦課題`的_】〓〓、そして、_全体的_に、 〈その〉_治療__戦略_ は _未だ__利益_を 得て在らない--【・*から |*←〈その〉_最近 の _進歩《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_分子`生物学_ 】┏┓。    _ランダム化__証拠_ は _サポートする_【・*を |*←〈その〉¨使用{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin {☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆← pemetrexed、又は、raltitrexed ⌒〔 ★←_第一線`治療_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_年配_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_併存`疾患_《複数》】〓〓、cisplatin は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=置き換えられる--【・*により |*← carboplatin--【・*の理由から |*←〈一つの〉_より少ない__負荷_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_毒性_《複数》 】┏┓。    〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第二線`化学療法_】〓〓 は 証明されていない、--【『 』であるが…|『 pemetrexed は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=見なされる--【・*として |*←〈その〉_標準的__選択肢_--【・*に於いて |*← pemetrexed −_未経験__患者さん《複数》_】〓〓、そして、_治療的_再_投与_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← pemetrexed 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=考慮される--【・*に於いて |*←_選択された_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_長期的__病気`コントロール_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_ 』】┏┓。    _分子標的`治療_《複数》 は _失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=_示す_【・*を |*←何らかの_実体的な__活性_ 】__ : __しかし、_免疫`治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=補充する_【・*を |*←_その他の__治療__戦略_《複数》 】┏┓。    _要約すれば_¨※¨が 存在する 【・※←〈一つの〉_満たされていない__臨床的__必要性_】〓〓、そして、_革新的な_アプローチ《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_選択する_【・*を |*←新しい_潜在的・可能的に__活性的_ な _薬_《複数》 】〓〓_が ¨※¨である 【・※←_高度に_実施の価値がある 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= April 25, 2012 )
「英文原題」=Abstract

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


イントロダクション


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_悪性`胸膜`中皮腫_ は _占める_【・*を |*←約 80%{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_全ての__中皮腫_《複数》 】┏┓。    〈一つの〉_直接の_因果関係{☆との}¨ ⌒〔 ☆←アスベスト_暴露_】〓〓 は _記述された--【・*に(時期) |*←_最初に 1960 年】__ : __約 80% の _男性__患者さん《複数》_ は 持った_【・*を |*←〈一つの〉職業的 _暴露_ 】┏┓。    〈その〉_発症`頻度__は 毎年¨※¨である 【・※←■_約 2 / 100,000_ケース_《複数》--【・*に於いて |*←_欧州_】|-そして-|■_1。1 / 100,000--【・*に於いて |*←_米国_ 】┏┓。    --【『 』の一方で…|『--【・*に於いて… |*←_大部分の__欧州_諸国《複数》】〓〓、〈その〉_発症`頻度_ は 予想されている_【 ∬ (する)と | ∬=_増加_する--【・*に於いて |*←今後 10 年間 】 』】〓〓、--【・*に於いて… |*←〈その〉_米国_】〓〓、 それ は ¨ ∬ ¨(した)ようである 【 ∬=ピークに達した--【・*の間に |*← 2000 年から 205 年】〓〓、そして、_今や_ それ は 減少しつつある--【・*と併行して |*←〈その〉_減少_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←アスベスト_暴露_】〓〓、そして、この_傾向 は 期待されている_【 ∬ (する)ことが | ∬=継続する 】┏┓。    反対に、〈その〉世界的_発症`頻度_ は 続けている_【 ∬ (する)ことを | ∬=上昇する 】--【『 』であることから…|『_いくらかの_諸国《複数》《 ロシア、中国、カザフスタン、ブラジル、カナダ、etc. 》〓〓 は _依然として_抽出し、製造する_【・*を |*←大量のアスベスト】〓〓、そして、 それ は 、また、_依然として__使用_されている--【・*に於いて |*←_その他の_発展途上国《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←インド 』】┏┓。

_悪性`胸膜`中皮腫__患者さん《複数》__は 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_非常に__劣った__予後_--【・*を伴って |*←■__中央値での__全体的`生存期間_4 〜 13 ヶ月間--【・*の場合 |*←_未治療の__患者さん《複数》_】|-そして-|■_6 〜 18 ヶ月間--【・*の場合 |*←_治療された__患者さん《複数》_ 】┏┓。    〈その〉_予後__は ¨※¨である 【・※←_より悪い_--【・*に於いて |*←_男性__患者さん《複数》_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期−ステージ_ の _病気_、_劣った__活動ステータス_、 _上昇_した_白血球__カウント_《複数》、 _貧血_、 _血小板`増多`症_、及び、_肉腫`様__組織タイプ_】、--【・*と関わりなく |*←〈その〉_治療_アプローチ 】┏┓。

_根治的__外科手術_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_胸膜外`肺`全摘除術(EPP)_{☆の中での}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉 3 方式_戦略_】、--【・*を含めて |*←_術前`補助`化学療法_、及び、_補助__片側`胸郭`放射線`療法_】、〓〓 は 伴って在る_【・*を |*←_勇気づける的_ な _長期的__病気`コントロール_】、--【・主として*に於いて |*←_フェーズ_2_研究_《複数》 】┏┓。    しかし、〈その〉¨_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このアプローチ】〓〓 は 、 もしあれば、 (は)限定される--【・*に |*←〈一つの〉サブセット の _選択された__患者さん《複数》_】__ : __つまり、 ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_良好な__活動ステータス_、 _上皮`様__組織タイプ_、又は、_より早期の__病気__ステージ_《 T1-T2、 N0-N1、及び、 M0 》 】┏┓。    対照的に、 〈一件の〉_最近__公刊された__ランダム化__研究_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_胸膜外`肺`全摘除術(EPP)_{☆の内部での}¨ ⌒〔 ☆← 3 学 集学的_戦略_《複数》】〓〓 は _失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=_示す_【・*を |*←何らかの_利益_ 】〓〓、そして、¨ ∬ ¨(である)ようであった 【 ∬=¨※¨である 【・※←有害_--〔・*のために |*←_患者さん《複数》_ 】┏┓。    _このこと_ は _少なくとも_疑問とする_【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_{☆を伴う}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_治癒的_意図⌒〔 ★←この_病気_ 】┏┓。     _胸膜`切除`術_/ 皮質除去 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_達成する_【・*を |*←_肉眼的__完全__切除_--【・*に於いてのみ |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非常に__限定的な__病気】〓〓、そして、--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_大規模_、 _後ろ向き`方式__研究_】〓〓、 それ は 示唆されて在る_【 ∬ (する)ことが | ∬=提供する_【・*を |*←〈一つの〉_生存`利益_--【・*と比較して |*←_胸膜外`肺`全摘除術 】┏┓。     それの _インパクト{☆への}¨ ⌒〔 ☆← ∬ (する)こと | ∬=■_遅くする_【・*を |*←_腫瘍__進行_】|-そして-|■__伸長させる_【・*を |*←_生存`期間_ 〓〓_は ¨※¨である 【・※←_依然として__論争`対象`的_】〓〓、そして、_胸膜`切除`術_/ 皮質除去 は _一般的に__使用_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=提供する_【・*を |*←_緩和--【・*に於いて |*←_絞扼された肺_のケース 】〓〓、そして、¨ ∬ ¨(である)ことができる 【 ∬=¨※¨である 【・※←_利益的_--【_特に_『 』の場合…|『_実施_される--【・*により |*←_ビデオ補助下`胸腔鏡下`手術_ 』】┏┓。

_全身的`治療_ は 代表する_【・*を |*←〈その〉主体{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉大多数の_悪性`胸膜`中皮腫__患者さん《複数》_ 】┏┓。    それにもかかわらず、 _タルク`胸膜`癒着`術__が ¨※¨である 【・※←_依然として_〈その〉_唯一の__治療_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =多くの施設《複数》 が 提供する《 --【・*にさえも |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←適している--【・*のために |*←_全身的_アプローチ《複数》 】 》 】┏┓。    この_レビュー_ は _目的とする_【 ∬ (する)ことを | ∬=アップデートする--【・*について |*←_現行の__全身的_¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_】、《 _焦点を当てて--【・*に |*←_化学療法_、及び、_新規な__生物学`的__治療_《複数》 》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= April 25, 2012 )
「英文原題」= Introduction

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_化学療法_


第一線`化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_化学療法_ は 代表する_【・*を |*←〈その〉_主要な__治療__選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_大多数の_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_】、--【・*が欠如していてさえも |*←〈一つの)公式な 実証{☆の}¨ ⌒〔 ☆← それの _優越性_{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←_最良`サポートケア_ 】┏┓。    〈その〉_唯一の__ランダム化__研究_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_研究した_【・*を |*←_積極的`症状`コントロール《 ASC 》__積極的`症状`コントロール《 ASC 》_ + vinorelbine、又は、mitomycin / vinblastine / cisplatin 】〓〓 は _失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=_示す_【・*を |*←〈一つの〉_生存`利益_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 2 つの_化学療法__治療グループ_《複数》--【・*と比較して |*←_積極的`症状`コントロール《 ASC 》_ 《 _中央値での__全体的`生存期間__それぞれ_8。5 ヶ月間、及び、7。6 ヶ月間 》 】┏┓。    --【 ∬ (された)場合に∬=_分析_された--【・*により |*←〈その〉タイプ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_ 】〓〓、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_受けた_【・*を |*←_単剤_vinorelbine 】〓〓 は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_伸長_された_全体的`生存期間_《 9。4 ヶ月間 》】〓〓、しかし、〈その〉_研究_ は _統計的`パワー_が無かった--【 ∬ (する)ことのためには | ∬=_検出する_【・*を |*←_そのような__差異_ 】〓〓、そして、_従って_、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が 推定されるだけである ……【・=『〈その〉¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_活性的__治療薬_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← vinorelbine 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_改善する_【・*を |*←_生存_ 』 】┏┓。

_[『 』(→右記)のいずれであるか… |『 _化学療法_ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=_開始_される--【・*の時点で |*←■__診断_ 】|-又は-|■__病気`進行_の 時点 』(のいずれであるか)]〓〓 は _研究_されて在らない〓〓、--【『 』にも関わらず…|『_このこと__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_有意味な__事項_--【・*の理由から |*←〈その〉_緩和的_意図{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_全身的`治療_⌒〔 ★←この_病気_ 』】┏┓。    〈一件の〉_小規模__ランダム化__研究_ は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_傾向{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_改善された__生存_、及び、〈一つの〉 より_伸長_された_症状__コントロール__期間_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_受けた_【・*を |*←_化学療法_--【・*の時点で |*←_診断_ 《 --【・*のではなくて |*←_症状性の__病気`進行_ 》 】┏┓。    しかし、--【・*に於いて… |*←_上記の__研究_】〓〓、〈一つの〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← mitomycin C / vinblastine / cisplatin 】〓〓 が テストされた〓〓、そして、それ《=『 』ということ(右記)》〓〓が考慮されるべきである……【・=『この_レジメン_ は _現在_¨※¨である 【・※←_最適未満__--〔・*の点で |*← それの _臨床的__有効性_ 』】__ : __これらの_結果《複数》_ は ¨ ∬ ¨(される)必要がある 【 ∬=_確定される--【・*に於いて |*←_より大きい__研究《複数》_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_最も__活性的_ な _使用`可能的__化学療法__レジメン_《複数》 】┏┓。    これらの_データ_ は わずかに_示唆する【・『 』ということを… |『_化学療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_改善する_【・*を |*←_患者さん__結果状況_《複数》 』 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_メタ分析_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_全ての__フェーズ_2_研究_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_実施_された--【・*から#の間に ||*← 1965 年 |#← 2001 年 】】〓〓、cisplatin が _見出された【・※であると|※←〈その〉_最も__活性的_ な _薬_】〓〓、そして、cisplatin が ¨※¨となった【・※←〈その〉_参照__薬_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_併用`化学療法__レジメン_《複数》 】┏┓。    cisplatin / _葉酸`代謝`拮抗薬_−ベース の _併用`化学療法__は ¨※¨である 【・※←〈その〉_唯一の__治療_{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←_生存`利益_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_ランダム化__臨床試験_《複数》_】〓〓、そして、 それ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=採用される--【・*として |*←_第一線`化学療法_--【・*に於いて |*←_全ての__悪性`胸膜`中皮腫__患者さん《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =見なされた【・※であると|※←_候補者_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_内科的__治療_ 】┏┓。

◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆----

--【・*に於いて… |*←〈その〉 EMPHACIS_臨床試験_】〓〓、456 名 の _化学療法−未経験__患者さん《複数》_ が _ランダムに振り分けられた_--【 ∬ (する)ように | ∬=受けるように_【・*を |*← cisplatin 75 mg/m2※の いずれか |※← pemetrexed 500 mg/m2、又は、_プラセボ_〈一つの〉--【・3 週間に 1 回 】┏┓。    〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin / pemetrexed 】〓〓 は _統計的に__改善した_【・*を |*←_全体的`生存_--【・*よりも |*← cisplatin_単独_】《 〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_12。1 ヶ月間 対 8。3 ヶ月間 》 】┏┓。    _奏効率_、及び、_病気`進行`まで`期間_ は 、また _有利とした_【・*の方を |*←〈その〉_併用_《 41% 対 17%、及び、5。7 ヶ月間 対 3。9 ヶ月間--【・それぞれ 》 】┏┓。    〈その〉_併用`化学療法_ は 、また、伴った_【・*を |*←〈一つの〉_改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_生活の質_、及び、_症状__コントロール_ 】┏┓。    〈その〉_観察された__差異_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらの_二次的`エンドポイント_《複数》】〓〓 は ¨※¨となった【・※←_明らか_--【・*以内に |*←_最初の_3 サイクル《複数》】〓〓、そして、¨※¨に留まった【・※←_統計的に__有意--【・*まで |*←第 15 週 】┏┓。    _差異_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_生存_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←_より大きい__--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_受けた_【・*を |*←_葉酸_、及び、 ビタミン B12 サプリメント 】〓〓、そして、サプリメントを受けた_患者さん《複数》_ は _経験した_【・*を |*←_より少ない__治療_−関連__毒性_《複数》】〓〓、そして、_受けた_【・*を |*←〈一つの〉_より大きい_数 の _治療_サイクル《複数》 】┏┓。    --【・*に基づき… |*←これらの_知見_《複数》】〓〓、cisplatin / pemetrexed + _葉酸_ + ビタミン B12 サプリメント は ¨※¨となった【・※←〈その〉世界的な_標準的__第一線__レジメン_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_⌒〔 ←#¶ =¨※¨である 【・※←_候補者_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_全身的`治療_ 】┏┓。

--【・*の理由から |*←〈その〉_累積的__非−_血液学的__毒性_《複数》{☆に伴う}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin_使用_】〓〓、carboplatin が 、また、_研究_されて在る--【・*との併用で |*← pemetrexed 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉_より大きい_ほうの_臨床試験_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 2 件の_フェーズ_2_研究_《複数》】〓〓、102 名の患者さん《複数》 が _治療_された--【・*により |*← carboplatin 、と、 それに続いての pemetrexed / folic acid / B12 ビタミン サプリメント】〓〓、そして、_報告した_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_19%、 _病気`進行`まで`期間_6。5 ヶ月間、及び、〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_12。7 ヶ月間 】┏┓。    〈その〉もう一方の_研究_ は _含んだ_【・*を |*← 76 名の患者さん《複数》】〓〓、そして、_報告した_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_25%、 〈一つの〉_病気`進行`まで`期間_8 ヶ月間、及び、〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_14 ヶ月間 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_後ろ向き`方式__分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの 2 件の_研究_《複数》】〓〓、〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / pemetrexed 】〓〓 は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_同様_な_結果状況_--【・*に於いて |*←_より若年_ の _患者さん《複数》_--【・*と比較して |*← 70 歳超 の _患者さん《複数》_】、--【・*を例外として |*←〈一つの〉_より大きい__血液学的__毒性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_より年配_ の _患者さん_サブグループ 】┏┓。    _結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_より大きい_拡大−アクセスプログラム{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← 1,704 名の_化学療法−_未経験__悪性`胸膜`中皮腫__患者さん《複数》_】〓〓 は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_より低い__奏効率_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← carboplatin / pemetrexed--【・*と比較して |*← cisplatin / pemetrexed《 26 対 21% 》】〓〓、しかし、_【・*を |*←〈一つの〉_同様_ な _病気`進行`まで`期間_《 6。9 対 7 ヶ月間 》、及び、1 年後__生存率_《 63 対 64% 》 】┏┓。    --【『 』であるが…|『サポートされていない--【・直接に*により |*←〈一件の〉_ランダム化__比較_ 』】〓〓、carboplatin / pemetrexed は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=考慮される--【・*として |*←〈一つの〉_有`価値の__代替的な__選択肢_--【・*に於いて |*←_年配_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_併存`疾患_《複数》--【『 』の場合…|『 cisplatin_毒性__が ¨※¨である 【・※←懸念`事項 』】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=促進された --【・*により |*←〈その〉 European Organization for the Research and Treatment of Cancer、及び、National Cancer Institute of Canada】】〓〓、250 名の_患者さん《複数》_ が _ランダムに振り分けられた_--【 ∬ (する)ように | ∬=受けるように_【・*を |*←■_80 mg/m2cisplatin + 3 mg/m2raltitrexed《 〈一つの〉 thymidylate synthase_阻害薬_ 》 】|-又は-|■_cisplatin_単独_ 】】 《 いずれの_レジメン_《複数》も 3 週間に 1 回の_投与_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*← 213 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_測定`可能`的__病気_】〓〓、〈その〉 cisplatin / raltitrexed_併用_ は _達成した_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_24%《 対 11% 》、及び、〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_11。4 ヶ月間《 対 8。8 ヶ月間 》、及び、〈一つの〉 1 年後__生存率_46%《 対 40% 》 】┏┓。    これらの_差異_《複数》_は ¨※¨であった 【・※←_統計的_に ボーダーライン_有意】、--【おそらく『 』であるから(理由)…|『〈その〉_研究__は ¨※¨であった 【・※←_低`検定力_ 』】┏┓。    〈一件の〉_別個の__分析_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_生活の質_】〓〓 は 指摘した_【・『 』ということを… |『_呼吸`困難_ は _改善した_--【・*により |*←_細胞`毒性`的__治療_】〓〓、そして、この_効果__は ¨※¨であった 【・※←_統計的に__有意_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_受けた_【・*を |*←〈その〉_併用__レジメン_ 】 』 】┏┓。    raltitrexed_は _現在_¨※¨である 【・※←_認可_されている_--〔・*のために |*←〈その〉_悪性`胸膜`中皮腫__治療__--〔・*に於いて |*←_欧州_、及び、カナダ】〓〓、しかし、 それ _は ¨※¨ではない 【・※←商業的に_使用`可能的_(の否定)_--〔・*に於いて |*←〈その〉_米国_ 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆----

〈その〉_最適な__長さ_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←〈一つの〉未解答 の 疑問 】┏┓。    60%近く の サプリメントを受けた_患者さん《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 EMPHACIS _研究_】〓〓 が _受けた_【・*を |*← 6 コース の _治療_】〓〓、そして、いくらか の _患者さん《複数》_ は _継続_した--【・_更に 】┏┓。    〈一件の〉_小規模__非−_ランダム化_ の オランダ での _実施`可能性`研究_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_維持`療法_ pemetrexed {☆の後の}¨ ⌒〔 ☆← 6 コース の pemetrexed −含有__レジメン_《複数》】〓〓 は _示した_【・『 』ということを… |『 _維持`療法__は ¨※¨である 【・※←_非−_毒性的、 _忍容性`良好_】〓〓、そして、伴った_【・*を |*←_いくらかの__改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_病気`進行`まで`期間_、及び、_全体的`生存_ 』 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は いくらかの_臨床的_意味合いがある……【・=『--【・*の内… |*←¨患者さん《複数》{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←_病気`安定化_--【・*の時点で |*← pemetrexed _維持`療法__フェーズ_の 開始】〓〓、23%の_患者さん《複数》_ は それから _達成した_【・*を |*←〈一つの〉_部分`奏効_ 』 】┏┓。    〈一件の〉_前向き方式_CALGB_ランダム化__研究_ が ¨※¨である 【・※←_進展中--【 ∬ (する)ことのために | ∬= より 明確に _対処する--【・*に |*←この疑問{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_維持`療法_ 】┏┓。    --【 ∬ (している)間は∬=待っている_【・*を |*←これらの_結果《複数》_ 】〓〓_治療`実施`期間_ は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=個別化される--【・*に基づき |*←〈その〉_医者_ の 判断、及び、_患者さん_ の 意向 】┏┓。

_単剤_gemcitabine は _示した_【・*を |*←_限定的な__活性_--【・*に於いて |*←_異なる__小規模__フェーズ_2_研究_《複数》《 _奏効率_0 〜 31% 》 】┏┓。    gemcitabine は _併用_されて在る--【・*と |*← cisplatin、carboplatin、及び、oxaliplatin 】、--【・*を伴って |*←_奏効率_12 〜 40%、 _病気`進行`まで`期間_6 〜 7 ヶ月間、及び、_中央値での__全体的`生存期間_13 〜 15 ヶ月間 】┏┓。    _その他の__白金系`化学療法剤_−ベース_併用`化学療法_《複数》 が _評価_されて在る--【・*に於いて |*←〈その〉_第一線__状況設定_】〓〓、そして、〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin + _アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》】〓〓 が _もたらした_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_19 〜 46%、及び、〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_12 〜 13 ヶ月間 】┏┓。    --【・*の理由から… |*←_欠如_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_フェーズ_3__証拠_】〓〓、〈その〉_第一線_¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_併用`化学療法_《複数》】〓〓 は 支持されない┏┓。

--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←適していない--【・*のために |*←_白金系`化学療法剤_−ベース_2剤`併用`レジメン_《複数》 】】〓〓、_単剤__化学療法_ が _代表する_【・*を |*←〈一つの〉_治療`選択肢_ 】┏┓。    〈その〉¨活性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_最先発`実施_ の ¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_単剤_pemetrexed 】〓〓 が テストされて在る--【・*に於いて |*←〈一件の〉_フェーズ_2_研究_{☆が 有り、又は、無し での}¨ ⌒〔 ☆←ビタミン サプリ 】┏┓。    総数 64 名の患者さん《複数》 が _組み込み_された〓〓、そして、_単剤_pemetrexed は _もたらした_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_14%、 〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間__約 11 ヶ月間 】┏┓。    43 名の患者さん《複数》 は _受けた_【・*を |*←ビタミン サプリ】〓〓、そして、持った_【・*を |*←〈一つの〉_より良好な__治療__忍容`可能性_、及び、〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_13 ヶ月間--【・*と比較して |*← 8 ヶ月間{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←ビタミン サプリを受けなかった_患者さん《複数》_ 】┏┓。    _ビンカ・アルカロイド_《複数》 が _示した_【・*を |*←_単剤__活性_】〓〓、そして、--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2_研究_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← 29 名 の _化学療法−_未経験__患者さん《複数》_】《 _投与_された--【・*と一緒に |*← vinorelbine 30 mg/m2_毎週 1 回》】〓〓、_もたらした_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_24%、及び、_中央値での__全体的`生存期間_10。6 ヶ月間】、--【・*を伴って |*←_生活の質_、及び、_肺_症状_ の _改善_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 41% の _患者さん《複数》_ 】┏┓。

_アントラサイクリン系`化学療法剤_《複数》 は わずかに__示して在る_【・*を |*←_無視`可能的_な_活性_--【・*を伴って |*←_奏効率_0 〜 20%】〓〓、そして、--【・*の理由から |*←〈その〉_非−有利的な__毒性`プロフィール_{☆と比較しての}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__細胞`毒性`的__薬_《複数》《 _抗`葉酸`薬_のような 》】〓〓、このクラス の _薬_《複数》_は 持つ_【・*を |*←わずかに__非常に_周辺的な_役割_--【・*に於いて |*←〈その〉_全身的`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_ 】┏┓。

_結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_選択された__フェーズ_2_、及び、_フェーズ_3__研究《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_単剤_、及び、_併用`化学療法__臨床試験_《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_第一線`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_】〓〓 は まとめられている--【・*に |*←テーブル 1 (*)】┏┓。

(*)当該テーブル については、原文をお読みください。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= April 25, 2012 )
「英文原題」=First-line Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

第二線`化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ほぼ__全ての_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_】〓〓 は _病気`進行_する--【・*の後に |*←_第一線`治療_】、--【『 』の場合でさえも…|『¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉_初回__反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_治療_ 』】┏┓。    --【・*の時点で… |*←_病気`進行_】〓〓、多くの_患者さん《複数》_ は _依然として_維持している_【・*を |*←〈一つの〉_良好な__活動ステータス_--【・*を伴って |*←維持された_臓器__機能_】〓〓、そして、そのようなわけで、彼ら _は ¨※¨である 【・※←_適格_--〔・*のために |*←_第二線`治療_ 】┏┓。    〈一件の〉_分析_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_フェーズ_3_EMPHACIS_研究_】〓〓 は _明らかにした_【・*を |*←_研究_後 の _第二線`化学療法_--【・*として |*←〈一つの〉_有意な_予測`因子_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_伸長_した_生存`期間_】、--【『 』ではあるが…|『この_知見_ は 影響されて在る--【・*により |*←一種の_選択_バイアス{☆を有利とする}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←受ける能力がある_【・*を |*←_更なる__化学療法_ 】 』】┏┓。    _いくつかの__薬_《複数》 が テストされて在る--【・この線で】〓〓、しかし、_現在_¨※¨は 存在しない 【・※←_特定的に_認可_された_第二線__レジメン_(否定){☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_】《 _これ_ は 引き続き¨※¨である 【※←〈その〉_最も__適切_な_病気__状況設定_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_テストする_【・*を |*←〈その〉¨有効性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_薬_《複数》、及び、_戦略_《複数》 】 》 】┏┓。

〈その〉_最も_包括的な_データ_セット_は ¨※¨である 【・※←_入手`可能的__--〔・*のために |*← pemetrexed { ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_使用_された--【・_単独_で、又は、_白金系`化学療法剤_との_併用_で 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉_第二線__状況設定_】〓〓、〈その〉_唯一の__ランダム化__フェーズ_3__研究_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_実施_された 】〓〓 は _比較した_【・*を |*←_単剤_pemetrexed--【・*と《比較対象》 |*←_最良`サポートケア_--【・*に於いて |*← 243 名 の _先行治療`経験`有り で pemetrexed −未経験__患者さん《複数》_ 】┏┓。    pemetrexed は _有意に__改善した_【・*を |*←〈その〉_病気`コントロール率_《 59% 対 19% 》、及び、_中央値での__進行無し`生存`期間_《 3。6 ヶ月間 対 1。5 ヶ月間 》】、--【『 』であるが…|『 それ は _失敗した_【 ∬ (する)ことに | ∬=_示す_【・*を |*←_如何なる__利点_(の否定){☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_生活の質_、及び、_全体的`生存__利益_ 】 』】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》〓〓は 注意深く 考慮されるべきである……【・=『 52% の _患者さん《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_最良`サポートケア__治療グループ_】〓〓 は _受けた_【・*を |*←_研究_後_化学療法_】〓〓、そして、_このこと_ は ¨ ∬ ¨(した)ことの可能性がある 【 ∬=危険にさらした_【・*を |*←〈一つの〉_潜在的`可能的な__生存`利益_ 』 】┏┓。    更に、〈その〉_活性_{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_第二線_pemetrexed −ベース_化学療法_⌒〔 ★← pemetrexed −未経験__患者さん《複数》_】〓〓 が 確認されて在る--【・*に於いて |*←〈一つの〉_拡大`アクセス`プログラム_ 】┏┓。    〈一つの〉_初回_分析_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆← 153 名 の _評価`可能な__患者さん《複数》_】〓〓 は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_全体的__奏効率_33%《 cisplatin / pemetrexed_併用_ 》、及び、5。5%《 pemetrexed_単独_ 》】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_病気`コントロール率_69%、及び、47%--【・それぞれ 】┏┓。    _中央値での__全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 7。6 ヶ月間《 pemetrexed / cisplatin 》、及び、4。1 ヶ月間《 pemetrexed_単独_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_更なる__¨分析{☆の}{★に関する」}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_同一__拡大`アクセス`プログラム_⌒〔 ★← 396 名 の ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_受けた_【・*を |*←_単剤_pemetrexed 】】〓〓、〈その〉_奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 12%--【・*を伴って |*←〈一つの〉_中央値での__病気`進行`まで`期間_4。9 ヶ月間 】┏┓。    _全体的_に、 これらの_データ_ は _示す_【・『 』ということを… |『 --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_進行期__悪性`胸膜`中皮腫_⌒〔 ←#¶ =¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=受ける_(の否定)【・*を |*← pemetrexed--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_第一線`治療_ 】】〓〓、_第二線_pemetrexed《 _単独_、又は、_白金系`化学療法剤_との_併用_ 》〓〓 は 代表する_【・*を |*←〈一つの〉_妥当的な__治療`選択肢_ 』 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿済み◆◆◆◆◆----

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2_研究_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← 63 名 の _先行治療`経験`有り の__悪性`胸膜`中皮腫__患者さん《複数》_】〓〓、_単剤__毎週 1 回の_vinorelbine 30 mg/m2《 6 週間 》 が 得た_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_16%、及び、_中央値での__全体的`生存期間_9。6 ヶ月間 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_小規模__フェーズ_2_研究_】〓〓、30 名の患者さん《複数》 が 、--【・*の後に |*←_治療`挫折_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線_pemetrexed −ベース_化学療法_】〓〓(が)_受けた_【・*を |*← gemcitabine 1,000 mg/m2、及び、vinorelbine 25 mg/m2--【・*に |*← 第 1 日 、及び、 第 8 日 《 3 週間毎に 》】〓〓、そして、得た_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_10%--【・*を伴って |*←〈一つの〉_病気`進行`まで`期間_2。8 ヶ月間、及び、_中央値での__全体的`生存期間_10。9 ヶ月間 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←もう一つの _小規模__フェーズ_2_研究_{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆← 45 名の患者さん《複数》】〓〓、gemcitabine 750 mg/m2、及び、epirubicin 70 mg/m2《 第 1 日 、《 21 日間毎に 》 が _もたらした_【・*を |*←_客観的__腫瘍__縮小_--【・*に於いて |*← 13% の ケース《複数》】〓〓、そして、〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_9。7 ヶ月間 が _示された_┏┓。

_患者さん__再度`投与_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← pemetrexed 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←もう一つの _領域_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的_興味 】┏┓。    _最近_、 それ《=『 』ということ(右記)》〓〓 が 報告された……【・=『_治療_{☆による}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← pemetrexed《 _単独_、又は、_白金系`化学療法剤_《複数》との_併用_ 》⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_既に_暴露された--【・*に |*←〈その〉_同一__薬_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_有価値な__選択肢_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_良好な__忍容性`プロフィール_ 』 】┏┓。    〈一つの〉_病気`コントロール率_48% が _示された_--【・*に於いて |*← 31 名の患者さん《複数》--【・*を伴って |*←〈一つの〉_中央値での__進行無し`生存`期間_3。8 ヶ月間、及び、_中央値での__全体的`生存期間_10。5 ヶ月間 】┏┓。    _顕著なことに、 ¨患者さん《複数》{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆← 12 ヶ月間超 の _第一線`治療_後 の _進行無し`生存_持続期間】〓〓 は 持った_【・*を |*←_再`治療_後 の _進行無し`生存_持続期間 5。5 ヶ月間】〓〓、一方、 ¨患者さん《複数》{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←_より短い__第一線`治療_後_進行無し`生存_持続期間】〓〓 は 持った_【・*を |*←〈一つの〉_中央値での__再`治療_後_進行無し`生存_持続期間 2。5 ヶ月間 】┏┓。    --【『 』であるが…|『これ _は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_小規模_シリーズ 』】〓〓、これらの_結果《複数》_ は 示唆する【・『 』ということを… |『 _再度`投与_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← pemetrexed 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_成功`可能的な_選択肢_】〓〓、そして、この_戦略_ は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=考慮される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_伸長_した_腫瘍__コントロール_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_第一線_pemetrexed 』 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_最近__報告_された_多施設__調査_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第二線`化学療法_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_】〓〓、--【・*を伴っているが… |*←〈その〉限界《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_後ろ向き`方式__分析_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_潜在的`可能的な__選択_バイアス】〓〓、_第二線`化学療法_ は _示した_【・*を |*←〈一つの〉_臨床`活性_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_全体的__病気`コントロール率_52% 】┏┓。    〈その〉サブグループ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=再治療された--【・*により |*← pemetrexed −ベース_第二線`化学療法_ 】〓〓 は _達成した_【・*を |*←〈一つの〉_有意に__より長い__進行無し`生存`期間_、及び、_全体的`生存期間_、、及び、_より高い__病気`コントロール率_--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_第二線__レジメン_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =含まない_【・*を |*← pemetrexed 】┏┓。    これらの_知見_《複数》_は ¨※¨である 【・※←_首尾一貫`的_--【・*と |*←_知見_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_以前に _報告_された--【・*に於いて |*←_小規模__後ろ向き`方式_シリーズ 】┏┓。    _選択された__臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_第二線`化学療法_】〓〓 は まとめられている--【・*に |*←テーブル 2(*)】┏┓。

(*)当該テーブル 2 については原文をお読みください。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= April 25, 2012 )
「英文原題」=Second-line Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

個別化_化学療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_改善_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療__選択_{☆に基づく}¨ ⌒〔 ☆←個々の_腫瘍_ の _特徴_《複数》、 _画像_技術_《複数》、及び、バイオマーカー《複数》】〓〓 は _代表する_【・*を |*←〈一つの〉_有意味な__挑戦課題_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_ 】┏┓。    〈その〉_主要な_目的__は ¨※¨である 【・※←〈その〉同定{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_要因_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助けとなる--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_選択する_【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_より大きい 可能性{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=受ける_【・*を |*←〈一つの〉_利益_--【・*から |*←〈一つの〉_特定的な__治療_ 】┏┓。    〈一件の〉_後ろ向き`方式__研究_ が _示して在る_【・*を |*←〈一つの〉_有意な__関連性_{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←■_〈その〉_レベル_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_免疫`組織`化学的_陽性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆← TS_発現_ 】|- と -|■_¨¨_病気`進行`まで`期間_、及び、_全体的`生存_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_¨患者さん《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=治療される--【・*により |*← pemetrexed 《 〈一つの〉_より低い_TS_発現_ が ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_予測`因子_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_より良好な__結果状況_ 》 】┏┓。    逆に、〔何も無い( no )明確な_関連性_ 〕 が _示されて在る(の否定)--【・*の間に |*←■__発現_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← folate receptor −α《 〈一つの〉_蛋白質_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉_薬_| ∬=_入る--【・*の中へ |*←〈その〉_細胞《複数》_ 】 》|-そして-|■_pemetrexed_活性_ 】┏┓。    ■_〈その〉標準化{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_診断_技術_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← TS_評価_】|-そして-|■_ それの _確証_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_前向き方式__研究《複数》_ 】】 〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_貢献する_【・*に |*← ∬ (する)こと | ∬=_明らかにする、--【・*に於いて |*←_日常`定型的 な__臨床`実地_】、 _【・*を |*←〈その〉¨役割{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← TS ⌒〔 ★←〈一つの〉バイオマーカー{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉個別化{☆の}¨ ⌒〔 ☆← pemetrexed_治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_ 】┏┓。    〈その〉_発現_{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 ERCC1_遺伝子_⌒〔 ★←_腫瘍__組織_】〓〓 が _示されて在る_【・※であると|※←_予後`予測的_--〔・*のために |*←_白金系`化学療法剤_ の _活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_いくつかの__腫瘍_タイプ《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_悪性`胸膜`中皮腫_】〓〓、〔何も無い( no )_関連性_ 〕 が 検出された(の否定)--【・*の間に |*← ERCC1_発現_、と、cisplatin の _活性_】、--【『 』の一方で…|『_高い_ERCC1_発現__レベル_《複数》 は _予後`予測する_【・*を |*←〈一つの〉_より長い__全体的`生存期間_--【・*と関わりなく |*←_治療_ 』】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= April 25, 2012 )
「英文原題」=Individualized Chemotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_分子標的`治療


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*の間に…|*←_最近_10 年間】〓〓、_いくつかの__分子標的`治療`薬_《複数》 が _研究_されて在る--【・*に於いて |*←_悪性`胸膜`中皮腫_】〓〓、そして、それらのいくつかについては、〈その〉_前臨床的__理論的`根拠_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_探求する_【・*を |*←_臨床`活性_ 】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←弱い 】┏┓。    _悪性`胸膜`中皮腫_ は _特徴付けられる--【・*により |*←〈一つの〉複雑な _遺伝子_変化】、--【・*を伴って |*←〈その〉_欠損_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_染色体`座_{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=コード化している_【・*を |*←_腫瘍`抑制`遺伝子_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← p16、 p14、 NF2 、及び、 TP53 】┏┓。    これらの_遺伝子_変化《複数》_は ¨※¨である 【・※←_非常に__一般普通的_】〓〓、しかし、 それら__は ¨※¨ではない 【・※←適している(の否定)--【 ∬ (される)ことのために | ∬=_標的_とされる--【・*により |*←現在_使用`可能な__薬_《複数》 】┏┓。    _脱`制御_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_成長因子_レセプタ__径路_《複数》、 アポトーシス、及び、_血管新生_】〓〓 が 、また、_示されて在る_〓〓、そして、これらの変化《複数》 は ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_受容的_--〔・*に |*←_`介入_ 】┏┓。    その結果として、_いくつかの__臨床試験《複数》_ が テストして在る_【・*を |*←_分子標的`治療`薬_《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=向けられた--【・*に対して |*←これらの_レセプタ_《複数》、又は、_径路_《複数》 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_阻害する_【・*を |*←_悪性`胸膜`中皮腫__細胞《複数》_ の _成長_ 】┏┓。    残念ながら、¨※¨のいずれも¨ ∬ ¨しない 【※←これらの_新薬_《複数》 −−【 ∬=_首尾一貫`的_に_示して在る(の否定)_【・*を |*←_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_ 】┏┓。    _選択された__研究《複数》_{☆による}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_分子標的`治療`薬_《複数》⌒〔 ★←_悪性`胸膜`中皮腫_】〓〓 が サマリーされている--【・*に |*←テーブル 3(*) 】┏┓。

(*)原文をお読みください。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= April 25, 2012 )
「英文原題」=Targeted Therapies

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

EGFR _阻害薬


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_上皮`成長`因子`レセプタ《 EGFR 》_ は 考えられた【・※であると|※←〈一つの〉_有望的_な_標的_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_全身的`治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_悪性`胸膜`中皮腫_】、--【『 』であることから…|『_生物学`的__研究《複数》_ は _示した_【・『 』ということを… |『 この_レセプタ_ は _高度に__発現している--【・*に於いて |*←_悪性`胸膜`中皮腫__組織サンプル《複数》 』】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2_研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 EGFR _チロシンキナーゼ`阻害薬_gefitinib 】〓〓、43 名 の _化学療法_−未経験__患者さん《複数》_ が _組み込み_された┏┓。     EGFR _過剰`発現_《 _免疫`組織`化学`スコア《 IHC スコア》_2 +、及び、3 + 》 が 検出された--【・*に於いて |*← 97% の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    1 例の_完全`奏効_、及び、1 例の__部分`奏効_ が _観察された_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_類上皮__組織タイプ_ 】┏┓。    _約 50% の _患者さん《複数》_ は 持った_【・*を |*←_病気`安定化_--【・*に わたり |*←_最高_24 週間 】┏┓。    _中央値での__進行無し`生存`期間__は ¨※¨であった 【・※← 2。7 ヶ月間】〓〓、そして、〔何も無い( no )_差異_ 〕 が _観察された_(の否定)--【・*の間に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_低_い、及び、_高い_ EGFR _発現_ 】┏┓。    _中央値での__全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※←■_6。8 ヶ月間--【・*に於いて |*←_低_ EGFR _発現__腫瘍_《複数》】|-そして-|■_8。1 ヶ月間--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_高 EGFR _発現_腫瘍_《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←もう一つの _フェーズ_2_研究_】〓〓、erlotinib が _評価された--【・*に於いて |*← 63 名 の _先行治療`経験`有り の__患者さん《複数》_ 】┏┓。    〔何も無い( no )_客観的_奏効_ 〕 が _観察された_(の否定)〓〓、そして、_病気`安定化_ が 達成された--【・*に於いて |*← 42%《 _少なくとも_6 週間 持続 》】〓〓、そして、_この知見_ は 関連していなかった--【・*に |*← EGFR _発現_ 】┏┓。    〈その〉_中央値での__全体的`生存期間__は ¨※¨であった 【・※← 10 ヶ月間 】┏┓。    〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← erlotinib + bevacizumab 】〓〓 が _研究_された--【・*に於いて |*← 24 名 の _先行治療`経験`有り の__患者さん《複数》_--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=_示す(の否定)_【・*を |*←何らかの_抗−腫瘍_活性_ 】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉_中央値での__進行無し`生存`期間_2。2 ヶ月間、及び、〈一つの〉_中央値での__全体的`生存期間_5。8 ヶ月間 】┏┓。    --【・*にもかかわらず… |*←〈その〉_高_レベル_ の EGFR _発現_】〓〓、〈その〉活性無し{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← EGFR 阻害薬_《複数》⌒〔 ★←_悪性`胸膜`中皮腫_】〓〓 は おそらく¨※¨によるものである【・※←〈その〉ほぼ完全な _非存在{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← EGFR 感受性化_遺伝子`変異_《複数》⌒〔 ★←この_病気_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Pharmacists )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です)(issue= April 25, 2012 )
「英文原題」=EGF Receptor Inhibitors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他