資料 A2=_消化管`カルチノイド`腫瘍_の_治療_《 ACS 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='12/12)


資料名=ACS


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Nov. 2, 2012 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料の性格


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 この資料の性格 〕


この情報 は 代表する--【・*を |*←¨見解《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨医者《複数》や看護婦《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=活動している--【・*で |*←〈その〉 American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board 】┃。    これらの見解《複数》 は 基づいている--【・*に |*←@彼らの¨解釈{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=公刊された --【・*に |*←医学雑誌《複数》】|- また、同様に -|A彼ら自身の専門家としての経験 】┃。

〈その〉¨治療情報{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←この文書】〓〓_は ¨※¨ではない 【・※←¨公式ポリシー{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 ACS 】〓〓、そして、それ は 意図されていない--【・*として |*←医学的な¨アドバイス{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=代用となる--【・*の |*←¨専門的技術、や、判断{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┃。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん、及び、患者さんの家族さん| ∬=行う--【・*を |*←情報を持っての決定--【・*と一緒に |*←主治医 】┃。

患者さん の 主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←¨理由《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=提案する--【・*を |*←〈一つの〉¨治療計画{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←異なる--【・*とは |*←ここに記述されている一般的な治療選択肢《複数》 】┃。    ためらわないで尋ねること--【・*に |*←主治医--【・*について |*←¨疑問《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療選択肢《複数》 】┃。 (*)。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 08/03/2011)(最新 改訂 11/02/2012)
「英文原題」=How are gastrointestinal carcinoid tumors treated?

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療_への_一般的アプローチ


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【いったん『 』すると…|『_消化管`カルチノイド`腫瘍_ が 見出され、 _ステージ_決めされる 』】〓〓、〈その〉_治療_チーム は ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=提案する_【・*を |*← 1 つ以上 の _治療__計画_《複数》 】┏┓。    時間を取り、考えること--【・*について |*←_全ての__選択肢_《複数》--【『 』の場合…|『_患者さん_ が 行う_【・*を |*←この_重要な__決定_ 』】┏┓。

〈その〉_主要な_タイプ《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_消化管`カルチノイド`腫瘍_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←以下の通り 】 :

¨¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_要因_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=_影響する_【・*に |*←_患者さん_の_治療`選択肢_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_消化管`カルチノイド`腫瘍_ 】〓〓_は ¨※¨である 【・※←以下の通り】 :

それ《 ∬ すること(右記)》〓〓は _しばしば_良い考え である……∬=_得る_【・*を |*←〈一つの〉セカンド・オピニオン 】┏┓。    〈一つの〉セカンド・オピニオン は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■__与える--【・*を |*←_患者さん__【・*を |*←_より多くの__情報_】|-そして-|■_助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん_| ∬= より自信を持つ--【・*について |*←〈その〉_選択_した_治療__計画_ 】┏┓。

〈その〉_最初の_¨部分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このセクション】〓〓 は _記述する_【・*を |*←〈その〉さまざまなタイプ の _治療_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_使用_される --【・*のために |*←_消化管`系__カルチノイド`腫瘍_《複数》】┏┓。    これ は 後続される--【・*により |*←〈一つの〉記述{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_最も__一般普通的_ な _アプローチ_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_使用_される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_カルチノイド`腫瘍_《複数》--【・*に基づき |*←_それらの__ステージ_、及び、_原発_箇所 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 08/03/2011)(最新 改訂 11/02/2012)
「英文原題」=General approach to treatment

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科手術《紹介`省略》


《内容イメージの ご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_化学療法_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_化学療法_ は _使用する_【・*を |*←_抗− がん _薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■__注射_される--【・*へ |*←_静脈_、又は、_筋肉_ 】|-又は-|■_経口で服用される 】】 --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    これらの_薬_《複数》 は _入る--【・*の中へ |*←〈その〉_血液_循環】〓〓、そして、_到達する_【・*に |*←身体 の _全ての__領域_《複数》】、_【 ∬ して… | ∬=させて--【・*を § に ||*←この_治療_| § ←_有用的_--【・*のために |*←_いくらかの_タイプ の がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_拡大_して在る--【・*へ |*←_その他の__臓器_《複数》 】┏┓。

残念ながら、_カルチノイド`腫瘍_《複数》 は _しばしば_¨ ∬ ¨しない 【 ∬=良好に _反応_しない--【・*に |*←_化学療法_ 】┏┓。    この理由から、 _化学療法_ は _一般的に__使用_される--【・*_に対してだけ |*←_腫瘍_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =■__拡大_して在る--【・*へ |*←_その他の__臓器_《複数》 】|-又は-|■__引き起こしている_【・*を |*←_重症_ の _症状_《複数》 】|-又は-|■__反応_して在らない--【・*に |*←_その他の__薬_《複数》 】┏┓。

¨¨いくつか{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_化学療法剤_《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_使用_される --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_消化管`系__カルチノイド`腫瘍_ 】〓〓 は 含む_【・*を |*←下記の_薬_《複数》】 :


_いくらかの__腫瘍_《複数》 は 《 _特に_「高_グレード_」_腫瘍_《複数》 》〓〓(は)¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_治療_される--【・*により |*←複数の_薬_《複数》 】┏┓。    --【・*のためには… |*←これらの_腫瘍_《複数》】〓〓、¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← etoposide / carboplatin、又は、temozolomide / capecitabine 】〓〓 が ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=_使用_される 】┏┓。

_化学療法剤_《複数》 は _殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_】〓〓、しかし、、また、ダメージを与える--【・*に |*←_いくらかの_正常_細胞《複数》_】〓〓、そして、_このこと_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_引き起こす_【・*を |*←_副作用_《複数》 】┏┓。    _副作用_《複数》 は _依存している--【・*に |*←_薬_ の タイプ_薬_ の _使用_量_治療_期間_ の 長さ 】┏┓。    _短期的__副作用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←以下のもの】 :


--【『 』であるから(理由)…|『_化学療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←〈その〉造血_細胞《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_骨髄_ 』】〓〓、_患者さん《複数》_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=持つ_【・*を |*←_血液__細胞数_低下_ 】┏┓。    _このこと_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_もたらす_【・*を |*←以下のこと】 :


_大部分の__副作用_《複数》 は 消失する--【・*の短期間 の 後に |*←_治療_ 】┏┓。    _しばしば__薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防する_、又は、最小限にする_【・*を |*←多くの_副作用_《複数》 】┏┓。    _例えば、_医者_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=処方する_【・*を |*←_薬_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=予防したり_低下_させる_【・*を |*←_吐き気・嘔吐_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 08/03/2011)(最新 改訂 11/02/2012)
「英文原題」=Chemotherapy for gastrointestinal carcinoid tumors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

動脈内`投与_治療、_化学`塞栓`法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

正常的には、 _化学療法剤_《複数》 は _入る--【・*の中へ |*←〈その〉_血液`循環_】〓〓、そして、¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=移動する--【・*の全体にわたり |*←〈その〉身体 】┏┓。    --【『 』の場合…|『_カルチノイド がん が _拡大_して在る--【・*に |*←〈その〉_肝臓__ 』】〓〓、 それ は _時として__治療_される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_直接に 注射する_【・*を |*←〈その〉_化学療法剤_--【・*の中へ |*←〈その〉_肝動脈_《 これ は 供給する_【・*を |*←_血液_--【・*へ |*←_肝臓_各部 》 】┏┓。    _このこと_ は 曝露する_【・*を |*←〈その〉_肝臓__腫瘍_《複数》--【・*に |*←_高用量_ の _薬_】〓〓、しかし、_限定する_【・*を |*← ∬ (する)こと | ∬=曝露する_【・*を |*←身体 の _その他の__部分_ 】┏┓。    _このこと_ は _可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←_患者さん《複数》_| ∬=_回避する_【・*を |*←_重症_ の _副作用_《複数》 】┏┓。    _時として_〈その〉_化学療法剤_ は _注射_される--【・*と一緒に |*←〈一つの〉物質{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =詰める_【・*を |*←〈その〉_動脈_ 《 〈一つの〉_アプローチ_{☆と呼ばれる}¨ ⌒〔 ☆←_化学`塞栓`法_ 》 】┏┓。    --【『 』の場合…|『〈その〉_動脈_《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=至る--【・*に |*←_腫瘍_《複数》 】〓〓 が ブロックされる 』】〓〓、〈その〉_腫瘍_《複数》 は 枯渇する--【・*について |*←栄養、及び、酸素】〓〓、そして、多くの_腫瘍_《複数》 は 死滅する┏┓。

--【・*のためには… |*←_より多くの__情報_{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_】〓〓、_参照されたい_【・*を |*←〈その〉 American Cancer Society の _文書_「_化学療法_ の 理解 : _患者さん《複数》_、及び、家族さん のための ガイド」(*)┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 08/03/2011)(最新 改訂 11/02/2012)
「英文原題」=Intra-arterial therapy and chemoembolization

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_その他の_治療薬_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_いくつかの__薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_コントロールする_【・*を |*←_症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_カルチノイド_症候群_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_転移性__神経`内分泌`がん_《複数》 】┏┓。

octreotide《 Sandostatin® 》


この_薬__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_薬_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_化学的に 関連している--【・*に |*←〈一つの〉身体`本来的__ホルモン_である ソマトスタチン 】┏┓。     それ _は ¨※¨である 【・※←_非常に__有用的__--〔 ∬ (する)ことに於いて | ∬=_治療する__【・*を |*←¨¨_潮紅_ 、_下痢_、及び、_喘鳴_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_カルチノイド_症候群_】┏┓。    --【『 』であるが…|『_この薬_ は めったに¨ ∬ ¨しない 【 ∬=縮小させる(の準否定)_【・*を |*←_カルチノイド`腫瘍_《複数》 』】〓〓、 それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=遅くしたり、停止させたりする_【・*を |*←_腫瘍__成長_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『_このこと__は ¨※¨ではない 【・※←_治癒的_ 』】〓〓、 それ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=_伸長させる_【・*を |*←_生存`期間_ 】┏┓。    〈その〉_主要な__副作用_《複数》_は ¨※¨である 【・※←■__注射_部位 での _痛み_】|-そして-|■_《 稀であるが 》胃痙攣、 _吐き気_、 _嘔吐_、 _頭痛_、 _めまい_、及び、_疲労`消耗`感_ 】┏┓。    octreotide は _引き起こす_【・*を |*←スラッジ化《 濃縮、又は、結晶析出 》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←胆汁{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_胆嚢_】《 _このこと_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←胆石《複数》 》 】┏┓。     それ は 、また、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_もたらす_【・*を |*←インシュリン_耐性_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=させる--【・*を § に ||*←既存の_糖尿病_| § ← より_コントロール_困難 】┏┓。

_この薬_ は 提供される--【・*の形で|*←〈一つの〉短時間−作用型バージョン{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_投与_される--【・1 日に 2 〜 4 回 】┏┓。     それ _は 、また、¨※¨である 【・※←_入手`可能的__--〔・*として |*←〈一つの〉_長時間`作用__注射_《 Sandostatin® LAR 》《 わずかに_1 ヶ月間に 1 回の_投与_ 》《 これ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬= より助ける_【・*を |*←_患者さん《複数》_--【・*よりも |*←〈その〉_短時間−作用型_バージョン 》 】┏┓。    〈一つの〉類似の_薬_lanreotide 《 Somatuline® 》 が 、また、¨※¨である 【・※←_入手`可能的_ 】┏┓。     それ は 、また、_投与_される--【・*として |*←〈一つの〉 1 ヶ月間に 1 回 の _注射_ 】┏┓。    〈一つの〉_新薬_pasireotide《 類似の 作用 》 が _現在__研究_されつつある┏┓。

インターフェロン


これら_は ¨※¨である 【・※←身体`本来的_な _物質_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =普通に__活性化させる_【・*を |*←_免疫`システム_ 】┏┓。     それら_ は 、また、_遅らせる_【・*を |*←〈その〉_成長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_腫瘍__細胞《複数》_ 】┏┓。    インターフェロンα_は ¨※¨である 【・※←_時として__有用的__--〔 ∬ (する)ことに於いて | ∬=■_縮小させたり、遅らせる_【・*を |*←〈その〉_成長_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_転移性__神経`内分泌`がん_《複数》】|-そして-|■__改善する_【・*を |*←_症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_カルチノイド_症候群_ 】┏┓。     それの 有用性 は _時として_限定される--【・*により |*← _それの _インフルエンザ−的__副作用_《複数》《 これ は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←_重症_ 》 】┏┓。    この_薬_ は _投与_される--【・*により |*←_注射_ 】┏┓。

cyproheptadine


これ _は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉抗ヒスタミン剤{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_解消する_【・*を |*←_いくらかの__症状_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_カルチノイド_症候群_ 】┏┓。

その他


_その他の__薬_《複数》_が 、また、¨※¨である 【・※←_使用`可能的__--〔 ∬ (する)ことのために | ∬=_コントロールする_【・*を |*←_特定的な__症状_《複数》 】┏┓。    尋ねてもらいたい--【・*に |*←_主治医_--【・*について |*←これらの_薬_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 08/03/2011)(最新 改訂 11/02/2012)
「英文原題」=Other drugs for treating carcinoid tumors

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_放射線`療法_


_外部線源`放射線療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

--【・*に於いて… |*←このタイプ の _放射線`療法_】〓〓、〈一つの〉_ビーム_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_高エネルギー_電磁腺《 、又は、粒子《複数》 》】〓〓 が _使用_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ 】┏┓。    〈一つの〉マシン が 狙いをつける_【・*を |*←この_ビーム_--【・*へ |*←〈一つの〉_特定的な_箇所{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉身体 】┏┓。    これ _は ¨※¨である 【・※←〈その〉_放射線`療法_のタイプ{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=_最も__しばしば__使用_される--【・*のために |*←_大部分の_タイプ の _消化管`系_ がん 《複数》 】┏┓。     それ _は ¨※¨のようである 【・※← ∬ (する)こと | ∬=受ける_【・*を |*←〈一つの〉通常の X −線_検査_ --【『 』以外は…|『 それ は■_ 必要とする_【・*を |*←_より長い_時間】|-そして-|■__使用する_【・*を |*←はるかに_より高_用量_ の _放射線_ 』】┏┓。    _患者さん《複数》_ は _典型的には_受ける_【・*を |*←_治療_《複数》--【・*に わたり |*← 5 日間 / 週間】《 これ を 数週間 》 】┏┓。

残念ながら、このタイプ の _放射線`療法__は ¨※¨である 【・※←あまり_効果的_ではない_--〔・*に対して |*←_大部分の__消化管`系__カルチノイド`腫瘍_《複数》 】┏┓。     それ は 主として_使用_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_痛み_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_拡大_して在る--【・*に |*←〈その〉_骨_《複数》、又は、身体 の _その他の__部分_《複数》 】┏┓。    --【『 』であるが…|『_外科手術__は ¨※¨である 【・※←〈その〉_最初の__選択肢_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_大部分の__カルチノイド`腫瘍_《複数》 』】〓〓、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=受ける_【・*を |*←_外科手術_ 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_選択する_【・*を |*←_放射線`療法_ 】┏┓。

〈その〉_主要な__副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_消化管`系__放射線`療法_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_疲労`消耗`感_、_吐き気_、_嘔吐_、_下痢_ そして_軽度の_日焼けのような _皮膚_変化《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 08/03/2011)(最新 改訂 11/02/2012)
「英文原題」=External beam radiation therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_放射性物質`塞栓療法_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

この_技術_ は _併用する_【・*を |*←_塞栓`形成`法_、と、_放射線`療法_】〓〓、そして、_使用_される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_治療する__【・*を |*←_肝臓`転移_《複数》 】┏┓。    _塞栓`形成`法_ は 低下させる_【・*を |*←_血液`循環_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_がん細胞《複数》_--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_塞ぐ_【・*を |*←〈その〉_動脈_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_肝臓__領域_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*←〈その〉_腫瘍_ 】┏┓。    この_動脈__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉枝{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_肝動脈_《 〈その〉_動脈_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =栄養供給する_【・*に |*←〈その〉_肝臓_ 】 》 】┏┓。    _血液`循環_ は ブロックされる《 、又は、_低下_される 》--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_注射_する_【・*を |*←物質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =詰まらせる_【・*を |*←〈その〉_動脈_ 】┏┓。    _大部分の__健常な__肝臓_細胞《複数》_ は ¨ ∬ ¨( され )ない であろう 【 ∬=影響される (の否定)--【『 』であるから(理由)…|『これらの_細胞《複数》_ は _得る_【・*を |*←_血液`供給_--【・*から |*←もう一つの _血管_《 門脈 》】┏┓。

--【・*に於いては… |*←この_手順_】〓〓、〈一つの〉カテーテルが 挿入される--【・*の中へ |*←〈一つの〉_動脈_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉内腿】〓〓、そして、達せられる--【・*へ |*←〈その〉_肝臓_ 】┏┓。    〈一つの〉色素 が 同時に_通常 _注射_される--【・*の中へ |*←〈その〉_血液`循環_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_可能にさせる_--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉_医者_| ∬=モニターする_【・*を |*←〈その〉カテーテルの経路--【・*を通じて |*←_血管`造影`法_《 特殊なタイプの X −線 》】┏┓。    --【いったん『 』したら…|『〈その〉カテーテルが 正しい場所に 設置される 』】〓〓、_小さな 粒子《複数》《 _微小球《マイクロスフィア》_と呼ばれる 》 が 注入される--【・*の中へ |*←〈その〉_動脈_--【 ∬ (する)ことのために | ∬=詰まらせる_【・*を |*←当該_動脈_ 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←_放射性物質`塞栓療法_】〓〓、〈その〉_微小球《マイクロスフィア》_《複数》 は 結合される--【・*に |*←〈一つの〉_放射性_元素_イットリウム− 90_ 】┏┓。    --【『 』の後に…|『 それら_ が 注射された 』】〓〓、〈その〉ビーズ は 移動していく--【・*の中を |*←_肝臓_の_血管_《複数》】--【『 』まで…|『 それら_ が 行き詰まる--【・*に於いて |*←_小さな__血管_《複数》{☆の近くの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_腫瘍_ 』】┏┓。    そこで それら_ は 短時間 放出する_【・*を |*←_放射線_】〓〓、そして、_殺す_【・*を |*←_腫瘍__細胞《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(最新 医学レビュー 08/03/2011)(最新 改訂 11/02/2012)
「英文原題」=Radioembolization

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他