表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
腎臓・尿路系 情報データベース

*****目次*****


(*)尿路上皮がん の項目も参考にしてください。(尿路上皮がん が 膀胱がんの中で最も一般的なタイプであるとされています)

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

--- 腎臓がん ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

腎臓がんの化学療法 

腎臓がんの放射線療法 


Topics集《 index_001 》
 ‥資料 A : 転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来

--- ウィルムス腫瘍 ---

基本的な資料 
 ‥資料 B : ウィルムス腫瘍の_治療_
 ‥資料 A : 治療の全体像

--- 膀胱がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 D : _再発性__膀胱がん_の_治療_《CancerConsultants資料のご紹介》
 ‥資料 C : _ステージ_4__膀胱がん_の_治療_《CancerConsultants資料のご紹介》
 ‥資料B :  _膀胱がん_の 治療《eMedicine資料のご紹介》
 ‥資料A2. : 治療の全体像《アップデート版 : ACS》
 ‥資料A.  : 治療の全体像

膀胱がんの化学療法

膀胱がんの放射線療法 

--- 尿路上皮腫瘍(腎盂・尿管) ---

基本的な資料 
 ‥資料A.  : 尿路上皮腫瘍《腎盂・尿管)の治療《eMedicine資料のご紹介》

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。

***** 腎臓 *****


(ニュース冒頭) sunitinib は _腎細胞がん_に於いて_生存`利益_を 示さない が 、_遅発性_再発_を 限定する可能性あり との研究結果 1710062359 
『論文類』 非−明細胞``腎細胞がん_に対する_最良_治療_に関する 取り組み_ : _ EGFR _チロシンキナーゼ`阻害薬_ 対 mTOR _阻害薬__分子標的`治療_を_比較_する__ランダム化`臨床`試験_〜(続く) 1708281657 
(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) _免疫`療法_ が _進行期`腎細胞がん_ に於ける _第一線`治療_パラダイム を 変える との 見方 1709121651 
(ニュース冒頭) Opdivo と Yervoy の_併用_により_進行期`腎細胞がん_ での _全体的`生存_ が _改善_ 1709092343 
(↑2017年 9月)

『総説』 _進行期`腎細胞がん_ に於ける _免疫`チェックポイント`阻害薬__ : _今日までの_経験_、及び、将来の 方向 1707022254 
(ニュース冒頭) _免疫`チェックポイント`阻害薬_ が _進行期__尿路`上皮_、腎臓 がん _に対し _効果的_ 1707191716 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線_everolimus 、と、 それに続いての sunitinib 対 _第一線_sunitinib 、と、 それに続いての everolimus_ : _〜(続く) 1706041702 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) Roswell Park の _研究者によれば、_外科手術_ と _高用量__体幹部`定位`放射線治療_とを _腎臓がん__治療_のために_併用_可能 1706271713 
『 JCO 論文』 _転移性__腎細胞がん_を有する_先行治療`経験`無し の__患者さん_ に於ける _間欠的__投与_sunitinib_ : __フェーズ_2_研究_ 1705271535 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が CB-839 に_腎細胞がん__治療用_として_ファースト・トラック《急行`車線》`認定_を _賦与_ 1706201709 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん_に於いて、_外科的__転移巣`切除術_により_生存_ が _改善_ 1705051712 
(↑2017年 5月)
『 ASCO abstract 』 _チロシンキナーゼ`阻害薬_による_先行治療`経験`有り の__転移性`腎細胞がん__に対する__第二線_pazopanib_ : __フェーズ_2_研究_ 1702262251 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_を有する_患者さん_ に於ける 不完全 _転移巣`切除術_ の _有効性_ 1702262232 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん__患者さん_ に於ける _少数`転移病巣`性__再発_、及び、_転移性_少数_病気`進行__に対する__定位`放射線`治療__ : _GETUG _グループ_ の _研究_ 1702261712 

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_を有する_患者さん_ での sunitinib_治療_に伴う_左心室`収縮`不全《 LVSD 》_ の _リスク__ : __前向き方式__コホート`研究_ 1702261652 
『 ASCO abstract 』 _分子標的`治療_の 時代 の _転移性`腎細胞がん_ に於ける _脳転移_ の _発症`頻度 1702261605 
『 ASCO abstract 』 IMDC _リスク__グループ_で 層別された_チロシンキナーゼ`阻害薬_で_治療_される_患者さん_ に於ける 、_腎細胞がん__転移_への_局所``治療`介入_の_効果_ 1702252248 
『 ASCO abstract 』 _分子標的`治療_時代 に於ける _進行期__腎細胞がん__患者さん_ に於ける _全体的`生存_、及び、_病気−特定的`生存_面 での 時間的傾向 _ : _SEER-Medicare_解析_ 1702211709 
『 ASCO abstract 』 sunitinib で_治療_された_転移性`腎細胞がん_を有する 80 歳代 の _患者さん_の _若年_患者さん_に _比較_しての_結果状況_ 1702211655 

『 ASCO abstract 』 _劣った−リスク__転移性`腎細胞がん__に対する_sunitinib_治療_ 対 temsirolimus_治療_ の _比較_ 1702202244 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_からの_脊椎_転移__に対する__体幹部`定位`放射線治療__ : ___まず最初_実施_ 対 _救助《サルベージ》治療_ での _臨床的_結果_、及び、_インパクト_ 1702201714 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_を有する_患者さん_ の _管理_ に於ける _積極的`監視_ 1702201702 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__分子標的`治療_では_病気`進行_した 後 の _高用量_IL-2 の _有効性_、及び、_忍容`可能性_ 1702201641 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん__に対する__第一線`治療_としての pazopanib + インターフェロンα_ : __フェーズ_2_研究_( Spanish Oncology Genitourinary Group (SOGUG) _研究_ ) 1702201627 

『 ASCO abstract 』 _分子標的`治療_時代 に於ける _転移性__色素`嫌`性`腎細胞がん_の_結果状況__ : _International Metastatic Renal Cell Cancer Database Consortium からの_結果_ 1702192251 
『総説紹介文』 小さな 腎臓`腫瘤 の _管理__ : __ASCO _臨床`実地`ガイドライン_ 1702191712 
『 JCO 論文』 _劣った_、又は、_中等度__リスク_ の _転移性`腎細胞がん_を有する_患者さん_のための_初回__分子標的`治療_としての cabozantinib 対 sunitinib_比較_〜(続く) 1702172253 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する_sonepcizumab ( sphingosine-1-phosphate_抗体_ )による治療_ : __フェーズ_2_研究_ 1702122244 
『 ASCO abstract 』 HDAC__阻害による _免疫`調整_ : __転移性`腎細胞がん__に対する_entinostat + _高用量_IL-2 の _フェーズ_2_研究_の_結果_( CTEP#7870 ) 1702061653 

『 ASCO abstract 』 _進行期__腎_集合管`がん__に対する_sorafenib + cisplatin / gemcitabine による治療_ : __前向き方式__多施設__フェーズ_2_研究_( NCT01762150 ) 1702061632 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん_、及び、_骨転移_を有する_患者さん_ に於ける cabozantinib 対 everolimus の _有効性__比較__ : __フェーズ_3_METEOR _研究_より 1702052251 
(ニュース冒頭) dalantercept / axitinib が _腎細胞がん__治療用_として_有望的 との _早期__研究`結果_ 1703022245 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) _未治療の__転移性`腎細胞がん_に於いて atezolizumab / bevacizumab_併用_ が 好結果 との_サブグループ`解析_ 1702281615 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線`治療_として の _高用量_I インターロイキン 2 ( IL-2 )_ : _10 年間 の _単一`センター__経験_ 1702022246 

『 ASCO abstract 』 _転移性__腎細胞がん__に対する_lenvatinib、everolimus、及び、lenvatinib / everolimus の _フェーズ_2_臨床`試験_からの_サブグループ`解析_、及び、〜(続く) 1702022231 
『 ASCO abstract 』 _高用量_IL-2 、と、 それに続いての_分子標的`治療_ and / or _免疫`チェックポイント`阻害を受けた_転移性`腎細胞がん__患者さん_ での _生存`期間__伸長__ : _〜(続く) 1701302258 
『 ASCO abstract 』 _肉腫`様__特徴_を 伴う_進行期__腎臓がん__に対する_sunitinib ± gemcitabine_ : _ECOG 1808 ( _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1701302238 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線_sunitinib 対 pazopanib_ : _international metastatic renal cell carcinoma database consortium(IMDC)からの_結果_ 1701301705 
『 ASCO abstract 』 _フェーズ_3_CheckMate 025_臨床試験_ に於ける _進行期`腎細胞がん_を有する_患者さん_ での _病気`進行_を 超えての nivolumab による_治療_ 1701301651 

『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り の__進行期`腎細胞がん__患者さん_ に於ける nivolumab_治療_による_長期`生存__ : __フェーズ_1_、及び、2_研究_より 1701301605 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん_を有する_患者さん_ に於ける METEOR ( cabozantinib 対 everolimus_の比較の__ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_ ) の _全体的`生存_ 1701292254 
(ニュース冒頭) 一定の_局所`進行期_、又は、_転移性__腎細胞がん__に対し、atezolizumab / bevacizumab_併用_ が _勇気づける的_な_結果__との報告( _フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1702222244 
(ニュース冒頭) いくらかの_患者さん_では、_免疫`療法_を 中止しても がん が_コントロール_されている との研究結果 1702151556 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) _進行期__腎臓がん_( _明細胞__腎細胞がん_ )_に対し、_新薬_( cabozantinib )のほうが_標準_治療_( sunitinib )よりも 好結果 との研究結果 1612132250 

(ニュース冒頭) _転移性__腎細胞がん__に対する_pazopanib、と、everolimus による 交替_治療_ は 追加的な_利益_無し との研究結果 1612101717 
(ニュース冒頭) Cabometyx ( cabozantinib ) が _進行期__腎臓がん__に対する__初回`治療_として、_がん`進行まで`期間_を_改善_ 1612051721 
(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん__に対し、sunitinib よりも cabozantinib のほうが より優れる との研究結果 1612012243 
(↑2016年 12月)
『 JCO 論文』 _進行期__非−_明細胞`腎細胞がん__に対する_everolimus / bevacizumab_治療_ _ : __フェーズ_2_臨床`試験_、及び、相関_遺伝子_解析_ 1611052238 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) _非`転移性__腎細胞がん_に於いて、_リンパ節`摘出 は 助けにならない 可能性あり との研究結果 1610291623 

(ニュース冒頭) _腎`部分`切除術_の_結果状況_の 点で、_ロボット`手術_が _腹腔鏡_手術_よりも 優れる との研究結果 1610211640 
(ニュース冒頭) IMA901_がん`ワクチン_ が _転移性`腎細胞がん_ での _治療_改善_に_失敗_ 1610201658 
『 JCO 論文』 _転移性`腎細胞がん_を有し_分子標的`治療_ ± _腫瘍細胞`減少的_腎`切除術_を 受ける_患者さん_ での _生存_解析__ : _National Cancer Data Base_研究_ 1609172243 
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__治療用_としてsunitinib が _有望性 を 示した_研究`結果_ 1610141639 
(ニュース冒頭) _進行期`腎細胞がん__に対し、cabozantinib が _第一線_ での _選択_となる可能性ありとする 見方 1610132246 

『論文類』 _転移性`腎細胞がん_ に於ける _積極的`監視__ : __前向き方式_、_フェーズ_3_臨床`試験_ 1609101745 
(↑2016年 10月)
(ニュース冒頭) 確認された_ : _肥満 は 実際に この がん ( _腎臓がん_ ) に於ける _生存_を_改善_する (原題通りの表現です) 1609161712 
(ニュース冒頭) 肥満 が _進行期__腎細胞がん_ に於ける _生存`改善_と 関連している との研究結果 1609131721 
(↑2016年 9月)
『論文類』 _転移性`腎細胞がん_ に於ける _ナノ粒子−薬`結合体_CRLX101、と、bevacizumab との_併用_の_有効性__ : __研究者−開始 _フェーズ_1〜2a_臨床試験_ の _結果_ 1608031655 
(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん_に於いて、_手術_が 過少_使用_されていることにより 「驚くべき」_生存__低下_ との 研究結果 1608201455 

『論文類』 nivolumab 対 everolimus を_投与_された_進行期`腎細胞がん__患者さん_ での _生活の質_ : CheckMate 025 ( _ランダム化_、_ラベル`明示_、_フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1607181643 
『論文類』 _進行期`腎細胞がん__に対する_cabozantinib 対 everolimus : METEOR ( _ランダム化_、_ラベル`明示_、_フェーズ_3_臨床`試験_ )からの_最終的`結果 1607162232 
(ニュース冒頭) 一定の条件を満たす_転移性`腎細胞がん_の_患者さん_では_注意深い 経過`観察_により_治療_の_毒性_を 遅らせることが可能である との研究結果 1608051637 
(↑2016年 8月)
(ニュース冒頭) 英国の_費用`効果`判定`当局_《 NICE 》 が Opdivo ( nivolumab )の_腎臓がん_への_使用_について 拒否 1607091647 
(ニュース冒頭) _分子標的`治療`薬_を 受ける_転移性__腎臓がん_の_患者さん_ での _生存_を、_腎臓_切除_手術_ が _伸長_させることがある との研究結果 1607081638 
(↑2016年 7月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _腎臓 がん _治療用_として Lenvima ( lenvatinib )を_認可_ 1605251630 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`腎細胞がん__に対する__先行`実施の__抗−血管`新生`薬_治療_後 の _治療用_として、Lenvima ( lenvatinib )( everolimus との_併用_ )を_認可_ 1605171720 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _腎細胞がん_治療用_として Cabometyx ( cabozantinib )を_認可_ 1605101722 
『 ASCO abstract 』 bevacizumab による_先行`治療_を 受けた_転移性`腎細胞がん__患者さん_ に於ける everolimus による治療 : _前向き方式__多施設`研究_の_最終的`結果 1604041729 
『 ASCO abstract 』 _米国_で_転移性`腎細胞がん__に対して_少なくとも_2 種類の_分子標的`治療_を 受ける_患者さん_ に於ける _治療_パターンの変化 : 〜(続く) 1604041704 

『 ASCO abstract 』 _転移性__色素`嫌`性`腎細胞がん__に対する_sunitinib による治療 : _結果状況、及び、_明細胞`腎細胞がん_との_比較_に 関しての_国際的_データベース の _解析_ 1604041652 
(ニュース冒頭) _腎細胞がん_からの_脊椎`転移__に対する__定位`手術的`照射《 STS 》_への_チロシンキナーゼ`阻害薬_追加で_毒性__増加_は 見られない との研究結果 1605071622 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_を有する_糖尿病__患者さん_ での metformin_使用_と sunitinib_治療_ の _結果状況_  1604041639 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_の_患者さん の 2 つの_歴史的_コホート_の_生存_解析_( サイトカイン_治療_ 対 _分子標的`治療`薬_ ) : _欧州での 26 年間 にわたる_単一`センター__経験 1604032225 
『 ASCO abstract 』 _チロシンキナーゼ`阻害薬_で_治療_される_転移性`腎細胞がん_を有する_患者さん_( Heng_基準_で 層別化 ) での _局所的_治療`介入_( _手術_ / _放射線`療法_ )の_インパクト_ 1604031747 

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_2 番目の_分子標的`治療_のための everolimus、及び、axitinib の_比較_有効性_ : _後ろ向き`方式_チャート_レビュー_ 1604031735 
『 ASCO abstract 』 _肺__転移_を伴う__転移性`腎細胞がん_の_治療_ に於ける _チロシンキナーゼ`阻害薬_sorafenib 1604031724 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線_pazopanib 後 の _第二線`治療_としての everolimus ( RESCUE_研究_ ): Hellenic GU Cancer Group (HGUCG)による〜(続く) 1604022228 
『 ASCO abstract 』 転移性`腎細胞がん_に対する_第三線`治療としてのbevacizumab / sorafenib 対 sorafenib の 比較 : NCT02330783( ランダム化_、ラベル`明示_、_多施設__フェーズ_2_研究_ ) 1604022212 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん__に対する__第一線__抗−血管`新生`薬__治療_ : _有効性_、及び、_毒性_を _比較_した_系統的_レビュー_、及び、ネットワーク_メタ解析_ 1604021734 

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_の 一定の_患者さん_ に於ける 、_順次`実施__分子標的`治療_前の _積極的`監視_ 1604021703 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_ に於ける _第三線`治療_ : International mRCC Database Consortium (IMDC)からの_結果_ 1604012247 
『 ASCO abstract 』 _高用量_インターロイキン-2 で_治療_される_転移性`腎細胞がん_の_患者さん_ に於ける _客観的`奏効を超えての_全体的`生存__伸長_ 1603292357 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_の_患者さん_ に於ける _病気`進行_後 の _チロシンキナーゼ`阻害薬__用量`引き上げ_の_臨床的_効果_ 1603292230 
『 ASCO abstract 』 _転移性__色素`嫌`性`腎細胞がん_ の _分子標的`治療_による_治療_ : Renal Cross Chanel Group (RCCG)_研究_ 1603292220 
(↑2016年 5月)

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん で _先行`実施の_ VEGF _治療_で_病気`進行_した_患者さん_ に於ける buparlisib ( BKM120 ) / bevacizumab による治療 : _フェーズ_1_研究_ 1603272310 
『 ASCO abstract 』 進行期`腎細胞がん_に対する_tivozanib 対 sorafenib_分子標的`治療_: _フェーズ3_臨床`試験_( 901 ) の 最終的`結果、及び、_第二線_tivozanib延長_研究_( 902 )〜(続く) 1603272250 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_ に於ける _第一線_everolimus 、と、 それに続いての sunitinib 対 _第一線_sunitinib 、と、 それに続いての everolimus : 〜(続く) 1603222253 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_ に於ける nivolumab の_ランダム化_、_用量`範囲`探索_フェーズ_2_研究_からの_アップデートされた__生存__結果_ 1603222240 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`腎細胞がん__治療用_として Cabometyx ( cabozantinib )を_認可_ 1604261718 

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_2 つの_異なる__用量_ の AVE0005 ( VEGF Trap、aflibercept ) : ECOG-ACRIN _研究_ [E4805]( _ランダム化__フェーズ_2_研究_ ) 1603212341 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん_を有する 65 歳超 の _患者さん_ に於ける _抗−血管`新生`薬__治療_後 の _心臓`血管`系``毒性_ 1603212230 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__患者さん_ に於ける _第二線`治療_としての everolimus : RECORD-4 ( _多施設_、_フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1603211741 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_nivolumab / ipilimumab_併用`治療_ の _フェーズ_1_研究_ : CheckMate 016 からの_拡大_コホート_結果_ 1603211732 
『 ASCO abstract 』 _転移性__非−明細胞``腎細胞がん__に対する_everolimus 対 sunitinib : _ランダム化__フェーズ_2__国際的__臨床試験_( ASPEN ) の _最終的__臨床的__結果_ 1603211721 

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対するlenvatinib 、everolimus、及び、lenvatinib / everolimus による治療 : _ランダム化__フェーズ_2_3_治療グループ_臨床試験_ 1603211703 
『論文類』 _転移性__非−明細胞``腎細胞がん__に対する_everolimus 対 sunitinib の_比較_ : ASPEN ( _多施設_、_ラベル`明示_、_ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1603071608 
(↑2016年 4月)
『 JCO 論文』 _転移性`腎細胞がん_ に於ける atezolizumab ( _抗−_プログラム`死 リガンド 1_抗体__ ) : _フェーズ_1a_研究_からの_長期的__安全性_、_臨床的`活性_、及び、免疫`相関物 1603042358 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん_を有する_患者さん_ での _第二線_everolimus : _フェーズ_2_臨床`試験_( RECORD-4 ) 1603022213 
(↑2016年 3月)
『論文類』 _進行期`腎細胞がん_を有する 65 歳超 の _患者さん_ に於ける _抗−血管`新生`薬__治療_後 の _心臓`血管`系``毒性_ 1601031701 

『論文類』 _英国_ に於ける _腎細胞がん__患者さん_ に於ける _治療`パターン_、及び、_臨床的`結果状況_ : RECCORD _登録`データベース_からの 洞察 1512271730 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _非−明細胞``腎細胞がん_治療用_としての sunitinib と everolimus の間の_選択_について : ASPEN_臨床試験_ 1601261639 
(ニュース紹介内容) GUCS 報告 : どの_腎臓がん__治療薬_ を_病気`進行_時に _使用_すべきか? : 驚くべき 回答( ほぼ原文通りの表現です ) 1601061706 
(↑2016年 1月)
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する_lenvatinib、everolimus、及び、それらの_併用_による治療 : _ランダム化_、_フェーズ_2_、_ラベル`明示_、_多施設`臨床試験_ 1511091752 
『論文類』 _転移性__明細胞`腎細胞がん__に対する_sunitinib 4 週間 _投与_/ 2 週間 休薬 対 2 週間_投与 / 1 週間 休薬 の _比較_ : RESTORE_臨床試験_( _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1511020014 
(↑2015年 12月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _腎細胞がん__治療用_として Opdivo を_認可_ 1511251745 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性`腎細胞がん__治療用_として Opdivo ( nivolumab )を_認可_ 1511241709 
『 JCO 論文』 _転移性`腎細胞がん__に対する_trebananib (AMG 386) 、と、sunitinib との_併用_ : _ラベル`明示_、_多施設_、_フェーズ_2_研究_ 1510191743 
(ニュース冒頭) VEGF _治療−抵抗性_の_明細胞`腎がん__に対しては、nivolumab、cabozantinib を _使用_ : _ガイドライン_( 原文通りの表現 ) 1511121744 
(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん_ に於ける _腫瘍`負荷_を _チロシンキナーゼ`阻害薬_ の _用量`引き上げ_ が 軽減 1511121635 

(ニュース冒頭) それを_提供_すべきである : _転移性`腎細胞がん_ に於ける _第三線`治療_( 原文通りの表現 ) 1511101649 
(ニュース冒頭) PD-1 阻害薬_、と、 VEGFR _阻害薬_の _併用_ が _進行期`腎細胞がん_で_活性的_ 1511101634 
(↑2015年 11月)
『論文類』 _肉腫`様`腎細胞がん_ and / or _劣ったリスク_の_転移性`腎細胞がん__に対する_sunitinib / gemcitabine : _フェーズ_2_臨床`試験_ 1510041740 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん_の_患者さん_ に於ける 2 / 1 スケジュール での sunitinib_投与_ : RAINBOW _解析_ 1509271729 
(ニュース冒頭) COMETRIQ が _腎臓がん_ での _進行無し`生存_を_改善_ 1510152336 

(ニュース冒頭) Opdivo が _腎細胞がん_ での _生存 を 改善_ 1510131741 
(↑2015年 10月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__に対する_cabozantinib : これまでで 最長の_進行無し`生存`期間_ 1509262354 
(ニュース冒頭) ついに、_先行治療`経験`有り の__腎細胞がん_で_生存 を 改善_する_治療薬_ が 出現か 1509261749 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する_ S-1 + sorafenib による治療 : _フェーズ_1 / 2_研究_ 1508282356 
(↑2015年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性`腎細胞がん_ の _潜在的`可能的な__治療用_として LENVIMA に_ブレークスルー治療`認定_を_賦与_ 1508041742 
(↑2015年 8月)

(ニュース冒頭) _腎細胞がん__に対する_Opdivo 対 Afinitor_比較_研究_ が Opdivo のほうが_より良好_な_生存_を 示したことで、_早期_に 中止 1507291738 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線`治療_としての everolimus / bevacizumab 対 インターフェロン−α 2a / bevacizumab : RECORD-2 ( _フェーズ_2__ランダム化`研究_ ) 1507051736 
『総説紹介文』 _転移性`腎細胞がん_の_患者さん_ に於ける sunitinib_代替的 _投与スケジュール 1506291734 
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`有り の__進行期`腎細胞がん_でnivolumabを受けた_患者さん_ での _生存_、_持続的__奏効_、及び、_長期`安全性_ 1506281659 
(ニュース冒頭) _ステージ_2〜3_中等度−リスク__ウィルムス`腫瘍の 一定の_小児`患者さん のためには、doxorubicin は 不要である との研究結果 1507211734 

『論文類』 _高血圧_、と、アンジオテンシン`システム`阻害薬_ : sunitinib_治療_を 受ける_転移性`腎細胞がん_ での _結果状況_への_インパクト_ 1506201725 
『論文類』 タイプ 1、及び、タイプ 2 の _局所`進行期_、又は、_転移性__乳頭状`腎細胞がん__に対する_sunitinib による_第一線`治療_ : French Genitourinary Group (GETUG)による_フェーズ_2_研究_ 1506190012 
(↑2015年 7月)
『 JCO 論文』 _転移性`腎細胞がん__に対する_nivolumab による治療 : _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ の _結果_ 1505031721 
(ニュース冒頭) _化学療法_の 強化により、_高リスク__ウィルムス`腫瘍_ での _再発_ が 減少 1505151713 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) _進行期_腎細胞がん__治療用_に、 _新規な__併用`治療_ が _勇気づける的_( _初期的`結果_ ) 1503031646 
(↑2015年 3月)

(ニュース冒頭) VEGF _阻害薬_ は _腎細胞がん_の_補助`療法_では 失望的_結果_ 1502261724 
『論文類』 _明細胞__転移性`腎細胞がん_での_第一線__チロシンキナーゼ`阻害薬_への_長期的`反応者に於ける _第二線`治療_ の _結果状況_ 1501311817 
『 JCO 論文』 National Comprehensive Cancer Network、及び、American Urological Association による_腎細胞がん__経過`監視__ガイドライン_の_評価_ 1412281706 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) _ウィルムス`腫瘍_の 女性 克服者さんでは、_乳がん_ の _リスク_ が 増加している との研究結果 1410301550 
(↑2014年 10月)
『 JCO 論文』 転移性`腎細胞がん_に対する_第一線_everolimus→_第二線_sunitinib 対 _第一線_sunitinib→_第二線_everolimus 1409021746 
(↑2014年 9月)

『論文類』 転移性`腎細胞がん_の_患者さんに於ける sunitinib −随伴の_疲労`消耗`感_の 特徴付けと_生活の質_への_インパクト 1407061745 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__に対する__第一線`治療_としては、sunitinib と everolimus の いずれが 適しているか? 1407251725 
(↑2014年 7月)
『 JCO 論文』 _転移性`腎細胞がん_の_患者さん_に於ける pazopanib 対 sunitinibの _治療`選好_ 1405131748 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__に対し、インターロイキン-2 は _治癒_を もたらすが、_専門家_による 実施が必要 1405131724 
『総説』 _腎細胞がん__に対する__放射線`療法_ 1404072322 
(↑2014年 5月)

『 JCO 論文』 _転移性`腎細胞がん__に対する_sunitinib_治療_後 の _第二線`治療_としての temsirolimus 対 sorafenib 14.03.09tc 
(↑2014年 4月)
『論文類』 _非−_明細胞_、及び、_肉腫`様_組織タイプ__転移性`腎細胞がん__に対する_ mTOR`阻害薬_の_治療`結果状況_ 14.03.02te 
(↑2014年 3月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん_の 一定の_患者さん_サブグループで_腫瘍細胞`減少_腎`切除術_ が_利益_あり との研究結果 14.02.04na 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) _アンジオテンシン系`阻害薬_降圧薬_を受けている_腎臓がん__患者さん_は_より長く_生存_する との研究結果 14.01.30nc 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線`治療_としての axitinib 対 sorafenib  13.12.17ta 
(↑2014年 1月)

『論文類』 転移性`腎細胞がん_に対する_sorafenib / インターロイキン-2 対 sorafenib_単独_《_全体的`生存_比較_》 13.12.02ta 
『総説』 _転移性`腎細胞がん_に於ける VEGFR _チロシンキナーゼ`阻害薬_ 13.11.29ta 
(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん__に対し_第一線`治療_としての axitinib が _活性的_ 13.12.13nc 
『 ASCO abstract』 転移性`腎細胞がんに対しsunitinibで_治療される_年配`患者さんでの リンパ球`減少`[症と_臨床的`結果状況 13.11.15ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎がん__に対する_pazopanib : _日常`臨床`実地_に於ける _経験_ 13.11.14ta 

『 ASCO abstract』 bevacizumab ± インターフェロン 先行治療`経験`有りの_転移性`腎細胞がんでの_everolimus_順次`実施_使用 13.11.12tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_sunitinib による_長期的_結果状況_ : _単一`センター__経験_ 13.11.12ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__高用量_interleukin-2_治療_ : 同時代的_経験_ 13.11.11tc 
『 ASCO abstract』 _転移性`腎細胞がん_に対する_sunitinib_治療の _臨床試験 参加者、と、_非−参加者 での _結果状況__比較 13.11.11tb 
(↑2013年 12月)
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_に於ける _分子標的`治療_の_全体的`生存_に関する_単一_センター_ レビュー_ 13.11.11ta 

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_3 ライン の _分子標的`治療_ : _成功`可能的な__戦略_? 13.11.10td 
『 ASCO abstract 』 _迅速`進行的な_腎細胞がん__に対する__分子標的`治療_の _効果_ 13.11.07td 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_を 有する_腎不全_の_患者さん_ での sunitinib_治療_の_有効性、及び、_毒性_ 13.11.07tc 
『 ASCO abstract 』 _高リスク__腎細胞がん_に於ける _術後_補助`療法_としての sunitinib の_臨床的`有効性_ 13.10.28tc 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_からの_脳転移_を 有する_患者さん_ での EGFR _チロシンキナーゼ`阻害薬_による治療 13.10.28tb 

『 ASCO abstract 』 転移性`腎細胞がんに_間欠的、継続的、又は、非−従来的な_個別的投与された sunitinib と全体的`生存 13.10.28ta 
『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り の__転移性`腎細胞がん__に対する_axitinib による治療 : _単一`センター_の_経験_ 13.10.25tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_sunitinib 2 週間オン / 1 週間オフ スケジュールと_毒性_低下_との_関連 13.10.25tb 
『 ASCO abstract 』 転移性`腎細胞がんの 日本人_患者さん での 予後`因子としての everolimus_治療_−随伴の_間質性`肺疾患 13.10.25ta 
『 ASCO abstract』 everolimus 治療を受ける 転移性`腎細胞がん患者さんでの口内炎/皮膚`毒性と 臨床的`結果状況の 関連 13.10.24tc 

『 ASCO abstract』 イタリアのセンターでの、転移性`腎細胞がんに対する_最初、又は、2つ目の分子標的`治療としてのsorafenib 13.10.24tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性_、又は、_再発性__腎細胞がん__に対する__様子見_戦略_ 13.10.23te 
『 ASCO abstract 』 _脳転移_を 伴う_腎細胞がん__に対する__分子標的`治療_ : _全体的`生存_、及び、_安全性_ 13.10.23td 
『 ASCO abstract 』 VEGF-TKI_初回`治療で_治療`挫折した_転移性`腎細胞がんの 韓国人_患者さん での everolimus による治療 13.10.23tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_に於ける _分子標的`治療_ : イタリア での 902 名の患者さん での _調査_ 13.10.23tb 

『 ASCO abstract 』 2ラインの分子標的`治療で_治療`挫折する_米国の_転移性`腎細胞がん_患者さんでの 実社会_治療_パターン 13.10.23ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_の_年配`患者さん( 75 歳以上 )に於ける sunitinib の_安全性_、及び、_活性_ 13.10.22tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第二線__分子標的`治療_の_比較_有効性_  13.10.22ta 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_に於ける sunitinib −誘発__耐性_の、_用量`引き上げ_による_克服_  13.10.21tc 
『 ASCO abstract 』 サイトカイン、及び、分子標的`治療_時代に於ける 腫瘍細胞`減少`的``腎`切除術の DSS への_インパクト 13.10.21tb 

『 ASCO abstract 』 転移性`腎細胞がんに対する__第一線_everolimus / bevacizumab 対 インターフェロンα− 2a / bevacizumab 13.10.21ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第三線`治療_としての pazopanib 13.10.20td 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_で_治療−未経験__の 患者さん_ での tivozanib による治療 13.10.20tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性__肉腫`様`腎細胞がん__に対する__抗−血管`新生`薬 + _細胞`毒性`的`化学療法_の_併用_ 13.10.20tb 
『 ASCO abstract』 転移性_明細胞`腎臓`がんでの 計画的_腎`切除術_の 前のpazopanib: 臨床的、及び、バイオマーカー_研究_ 13.10.20ta 

『 JCO 論文』 _転移性`腎細胞がん__に対する__初回__分子標的`治療`薬_としての tivozanib 対 sorafenib  13.10.19ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_everolimus → sunitinib 対 sunitinib → everolimus の _比較_ 13.10.18ta 
(↑2013年 11月)
『論文類(詳細原文)』 転移性`腎細胞がん_に対する_第一線`治療_としての bevacizumab + _低用量_インターフェロンα− 2a 13.10.11ta 
(↑2013年 10月)
『論文類』 _腎_ユーイング腫瘍 13.09.04ta 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線`治療_としての bevacizumab / _低用量 インターフェロンα− 2a 13.09.03ta 
(↑2013年 9月)

(ニュース冒頭) New England Journal of Medicine 誌_に於ける _腎細胞がん__に対する_sunitinib 対 pazopanib の議論 13.08.22nb 
(↑2013年 8 月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__腎細胞がん_治療用_としての tivozanib の_認可_を 拒否 13.06.11nc 
(↑2013年 6 月)
『総説』 _転移性`腎細胞がん_に於ける _順次`実施`治療_の_選択_に関する_証拠−ベース−ガイド 13.05.08ta 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が tivozanib の_腎細胞がん_ での _認可_に 否定的 13.05.03na 
(↑2013年 5 月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__患者さん での _転移__に対する_副腎`摘除術_ が __利益的_ 13.04.26na 

『論文類』 _非−明細胞``腎細胞がん_の_治療用としての everolimus : _フェーズ_2_臨床`試験_ 13.04.02ta 
(ニュース冒頭) nivolumab ( _免疫`治療`薬_ ) が _メラノーマ_、_腎細胞がん_、_非`小細胞`肺がん_で_臨床試験_中 13.04.09na 
(↑2013年 4 月)
(ニュース冒頭) _腎臓がん_の_外科手術_候補者でない_患者さん_で _経皮`ラジオ波`焼灼法_ が _好結果_ 13.03.22na 
『総説 標題』 _転移性__明細胞`腎細胞がん_に於ける _順次`実施`治療_ 13.02.14ta 
(↑2013年 3月)
(ニュース冒頭) _免疫`治療_の追加により、_腎細胞がん_ での _生存`期間_ が _伸長_ 13.02.21na 

『論文類』 転移性`腎細胞がんの_年配( 70_年齢以上 )`患者さんでの sunitinib_治療 の 安全性、及び、活性 : _多施設`研究 13.02.03td 
(ニュース冒頭) 一定の_腎臓_腫瘍__に対しては、_注意深い 経過`観察_が_適切_ との研究結果 13.02.13nc 
(↑2013年 2月)
『 ASCO abstract 』 _肺__転移_だけを 伴う__転移性`腎細胞がん__患者さん_ での sunitinib の _有効性_ / _安全性_ 13.01.09ta 
『 JCO 論文』 乳頭状`腎細胞がんに対する_二重_MET/VEGFR2_阻害薬_foretinibによる治療 : フェーズ_2_、バイオマーカー_研究 13.01.08ta 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_に於ける _治療−誘発__高血圧_と_術前`補助_sunitinib への_反応_との_関連性_ 13.01.07td 

『 ASCO abstract 』 転移性`腎細胞がん_の 重度に先行治療`経験`有り、及び、治療−未経験_患者さんでの pazopanib による治療 13.01.07tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_に於ける 全身的`治療_と_凍結`焼灼`法_による_局所`治療_との_併用_ 13.01.07tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線`治療_としての sunitinib と sorafenib の_比較`有効性_ 13.01.07ta 
『 ASCO abstract 』 sunitinib で_治療_される_転移性`腎細胞がん__患者さん_ での _高血圧_、及び、_心臓`毒性_ 13.01.06td 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん_に於ける sunitinib : _有効性_ は 実社会_臨床`実地_で 十分に_良好か? 13.01.06tc 

『 ASCO abstract 』 _転移性_腎臓がん_の 日本人_患者さん での 一般_臨床`実地_ での sunitinib_継続的__治療_の_効果_ 13.01.06tb 
『 ASCO abstract 』 VEGFR チロシンキナーゼ`阻害薬_で_治療`挫折したアジア人の_転移性`腎細胞がん_患者さんでの everolimus 13.01.06ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__臨床試験_を 超えて : _コミュニティ__がん`領域_クリニック での _データ 13.01.05tc 
『 ASCO abstract 』 骨転移_を 伴う 腎細胞がん_患者さんでの everolimus + zoledronic acid : ランダム化_フェーズ_2 試験 13.01.05tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性__明細胞__腎細胞がん_の_治療_に於ける _最先発`実施__薬_ の _比較`有効性_ 13.01.05ta 

『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん__に対する_1 つの VEGFR _チロシンキナーゼ`阻害薬_使用後 の everolimus による治療 12.12.29tb 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_からの_骨転移_を 有する_患者さん_ の _生存__に対する_zoledronic acid の 意味 12.12.28tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん__に対する_ がん ワクチン( 4-fold_遺伝子`組み替え_他家__腫瘍_細胞 )による治療 12.12.28tb 
『 ASCO abstract 』 _異なる__分子標的`治療_により_順次`実施的に_治療_された_転移性`腎細胞がん_ での _全体的`生存_ 12.12.28ta 
『 ASCO abstract』 _進行期`腎細胞がん_の アジア人_患者さん_ での _日常`医療`実地 での _sorafenibによる治療 12.12.27td 

『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_からの_骨転移_を 有する_患者さん_ での _ビスフォスフォネート薬_ / sunitinib による治療 12.12.27tc 
『 ASCO abstract』 他の__分子標的`治療で_病気`進行した_転移性`腎細胞がんに対する_pazopanibによる治療 : 単一_施設_経験_ 12.12.27tb 
『 ASCO abstract 』 転移性`腎細胞がんに対する_2 番目の_分子標的`治療としての everolimus、temsirolimus、又は、sorafenib 12.12.27ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_に於ける axitinib −後_全身的`治療_ 12.12.26tb 
『 ASCO abstract』 転移性`腎細胞がん_に対する_axitinib 対 sorafenib : サイトカイン_治療_を受けた_患者さん での _結果 12.12.26ta 

『 ASCO abstract』 _抗−PD-1_薬( BMS-936558, MDX-1106 )の_先行治療`経験`有り_転移性`腎細胞がんでの 臨床`活性、安全性 12.12.25tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性__治療−抵抗性__腎細胞がん__に対する_cabozantinib ( XL184 )の_有効性_ 12.12.25tb 
『 ASCO abstract 』 _第一線__転移性`腎細胞がん__に対する_axitinib による治療  12.12.25ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__患者さん_ での pazopanib、と、sunitinib の間の_選好_ 12.12.24te 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん__に対する__初回__分子標的`治療_としての tivozanib 対 sorafenib 12.12.24td 
(↑2013年 1月)

『論文類』 転移性`腎細胞がんに於ける sunitinib、sorafenib_治療の_皮膚_毒性_と_有効性_ : 全国データベース−ベース_研究_ 12.12.02td 
(↑2012年 12月)
『 JCO 論文』 ステージ_4_腎`芽細胞`腫_の_小児`患者さん での リスク−ベースの_肺`放射線`療法_使用による_肺_転移の_治療 12.10.15te 
(↑2012年 11月)
『総説 標題』 pT1_腎細胞がん__に対する__ロボット`支援下`腎`部分`切除術_による_がん`領域__結果状況_ 12.09.15ta 
(ニュース冒頭) axitinib( _Pfizer 社_の_腎細胞がん_治療薬_ ) が _第一線`治療としての_目標_を 達成できず 12.10.18nc 
(ニュース冒頭) _進行期`腎細胞がん__に対する_新しい_治療`選択肢_ : ESMO 2012 Congress より 12.10.14ne 

(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん__に対する__三重−_順次`実施__治療_ : 実施順序は 関係なし との研究結果 12.10.13na 
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__に対し、pazopanib は sunitinib よりも_忍容性__より良好 12.10.04nd 
『総説』 _腎細胞がん_ : 再検討 12.09.11tb 
(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) Aveo 社 が _進行期__腎細胞がん__治療用_として tivozanib の_認可_を米国 FDA に_申請_ 12.09.29nb 
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__治療用_として、axitinib 《 _Pfizer 社_ 》 が _欧州`連合《 EU 》_ での _認可_取得 12.09.05nb 

『論文類』 _非−明細胞__腎細胞がん__に対する_sunitinib による治療 : _多施設__フェーズ_2_研究_ 12.08.05tg 
(ニュース冒頭) _腎`芽細胞`腫−関連_肺_腫瘍_ の _大部分の_ケースで、_放射線`療法_ が 不要 との研究結果 12.09.01na 
(↑2012年 9月)
『総説 標題』 _転移性`腎細胞がん_の_患者さん_ での mTOR`阻害薬−随伴の__間質性`肺炎_の_発症`頻度_と_管理_ 12.08.05te 
(ニュース冒頭) _限局性__腎細がん__に対し、_腎`温存`手術( NSS )_を 推奨 12.08.15na 
(ニュース冒頭) _腎細胞がん_の_治療_で、temsirolimus への Avastin は_結果_改善_せず との研究結果 12.08.11nb 
(↑2012年 8月)

( ASCO ニュース冒頭) _新薬_《複数》の 登場により、_腎臓_ がん _に対する__外科手術_ が 減少している状況 12.06.15na 
( ASCO ニュース冒頭) _腎細胞がん__治療_に於ける もう一つの 競争者としての tivozanib 12.06.12nb 
『 JCO 論文』 _腎細胞がん__に対する_tivozanib 《 AV-951 》 の _抗−腫瘍__活性_、及び、_安全性_ 12.05.09te 
( ASCO ニュース冒頭) _限局性__腎臓_腫瘤__に対し、_腎`部分`切除術_をサポートする_メタ分析__結果_ 12.06.06nc 
( ASCO ニュース冒頭) _腎臓がん__患者さん_ は sunitinib よりも pazopanib を より好む との研究結果 12.06.03nc 

( ASCO ニュース冒頭) PD-1 関連薬 が がん免疫`治療_の「天井を突破する」との_発表《_肺がん、_メラノーマ、_腎臓 がん 》 12.06.03na 
(↑2012年 6月)
『 JCO 論文』 _進行期`腎細胞がん__に対する__第一線`治療_としての sunitinib ( _間欠的_ 対 継続的 _投与_スケジュール ) 12.04.20tc 
(ニュース冒頭) _尿路がん__に対しては、_腎`切除術_ は _必須的_では 必ずしもない との研究結果 12.05.08nb 
(↑2012年 5月)
トピック新資料:転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来 12.04.28ma 
(ニュース冒頭) _腎細胞がん_の_患者さん_で sunitinib が_有望的_ との研究結果 12.04.25na 

(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん__に対し、tivozanib が _有望的_ 12.04.24na 
《項目追加》 Topic 1 : 転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来 ≫ _補助_、及び、_術前`補助_治療 12.04.22ma 
(ニュース冒頭) _腎臓_ がん _に対し、_腎`部分`切除術_のほうが_結果__良好 との研究結果 12.04.19na 
《項目追加》 Topic 1 : 転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来 ≫ _分子標的`治療`薬_ の _併用 12.04.16ma 
《項目追加》 Topic 1 : 転移性_腎細胞がん_の 分子標的_治療_ : 現在と将来 ≫ 分子標的`治療`薬_ の _実施_順序 12.04.07ma 

(ニュース冒頭) 血液透析_を 受ける_転移性_腎臓がん 患者さん_でも_チロシンキナーゼ`阻害薬_ は _安全的_ との研究結果 12.03.31ne 
(↑2012年 4月)
《項目追加》 Topic 1 : 転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来 ≫ _非−明細胞_組織タイプ_に対する_開発中の薬 12.03.28ma 
(ニュース冒頭) _腎__腫瘍__に対する__ラジオ波`焼灼法_として、経皮タイプ は _腹腔鏡_タイプと_同等 12.03.24na 
《項目追加》 Topic 1 : 転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来 ≫ _開発_中 の _薬 12.03.20ma 
『 ASCO abstract』 転移性`腎細胞がんに於ける_mTOR_治療に伴う間質性`肺炎: 発症`頻度、放射線知見、臨床的結果状況との関係 12.02.21ta 

『 ASCO abstract 』 _転移性__乳頭状`腎細胞がん_に於ける bevacizumab_治療_ 12.02.20ta 
『 ASCO abstract 』 sunitinib で_治療`挫折_した_腎細胞がん_患者さん_ での _病気`進行_後 の _生存__分析_ 12.02.19ta 
『 ASCO abstract 』 進行期`腎細胞がんでの _第一線_cediranib での_病気`進行に続いての第二線分子標的`治療への_反応の_評価 12.02.17ta 
《記述追加》 Topic 1 : 転移性_腎細胞がん_の 分子標的_治療_ : 現在と将来 ≫ 開発_中 の _薬 12.03.14mb 
(ニュース冒頭) _腎__腫瘍__に対する__ラジオ波`焼灼法_の _成功のためには、_腫瘍_サイズが問題 との研究結果 12.03.15na 

『 ASCO abstract 』 sunitinib_治療_中の_転移性`腎細胞がん__患者さん_ での _心臓`血管`系_イベントの_頻度_ 12.02.13td 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_ での 新しい_分子標的`治療`薬 の _毒性_ 12.02.13tc 
『 ASCO abstract』 _転移性`腎細胞がん_の_患者さん_ での sunitinib−誘発_高`脂質`血`症_ 12.02.13tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期__明細胞__腎細胞がん__に対する__高用量_bevacizumab による治療 12.02.13ta 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_の_患者さん_の_第一線_sunitinib_治療_に於ける _年齢_の _影響_ 12.02.12ta 

『 ASCO abstract』 _腎臓__腫瘍__に対する__凍結`焼灼`法_の_がん`領域__結果状況_ : Johns Hopkins での _経験_ 12.02.11ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がんに対する_チロシンキナーゼ`阻害薬_後 の _高用量_インターロイキン-2_順次`実施_治療 12.02.10tb 
『 JCO 論文』 _腎細胞がん_ での _チロシンキナーゼ`阻害薬_による_完全`寛解_ 12.02.10ta 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_からの_中枢神経系__転移__に対する__ガンマ`ナイフ__放射線`療法_ の _臨床的__結果状況_ 12.02.09tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期_、又は、_転移性__腎細胞がん__に対する_sorafenib、及び、sunitinib による_順次`実施__治療_ 12.02.09ta 

『 ASCO abstract 』 中国 東北部 の _進行期`腎細胞がん__患者さん_ での sorafenib の_有効性_ / _毒性_ : _多施設__研究_ 12.02.08tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_sorafenib / gemcitabine / 5-fluorouracil による治療 12.02.08ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん__に対する_temsirolimus_治療_に伴う_発疹、及び、_口内炎_のリスク 12.02.06td 
『 ASCO abstract 』 第一線_VEGF −標的__治療_で_劣った_進行無し`生存の_腎細胞がん_ケースで_第二線_everolimus が_効果的 12.02.06tc 
『 ASCO abstract 』 _腎臓_ がん : Centro Oncologico Buenos Aires (COBA) での 免疫治療と_分子標的`治療 の 比較 12.02.06tb 

『 ASCO abstract 』 口腔歯科的_毒性_の 自己評価 : _転移性`腎細胞がん_の sunitinib_治療_対 _化学療法__治療_ 12.02.06ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_sunitinib_治療_の_結果状況_への ASIs の 影響 12.02.05tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__術前_sorafenib + _腫瘍`細胞`減少__腎`切除術_ 12.02.05ta 
(↑2012年 3月)
《記述追加》 Topic 1 : 転移性_腎細胞がん_の 分子標的_治療_ : 現在と将来≫ _開発_中 の _薬 12.02.29ma 
(ニュース冒頭) _分子標的`治療`薬_ が _転移性__腎臓 がん の 一定の_患者さん_で_完全`奏効_を もたらす との研究結果 12.02.28nf 

『 ASCO abstract 』 sunitinib、又は、bevacizumab による_先行治療`経験`有り の_転移性`腎細胞がん_に対する_pazopanib_治療 12.02.04ta 
『 ASCO abstract 』 _血液透析_中の_転移性`腎細胞がん__患者さん_ での sunitinib の_有効性_ / _安全性_ 12.01.25td 
『 ASCO abstract 』 _進行期_明細胞_`腎細胞がん__患者さん__治療_に於ける sorafenib、及び、everolimus 12.01.25tc 
『 ASCO abstract 』 MSKCC で_臨床試験_で _治療_された_転移性`腎細胞がん__患者さん_ での sunitinib の_長期的__奏効_ 12.01.25tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん_の_年配_患者さん_ での sunitinib の_有効性_ / _安全性_ : _プール化`分析_ 12.01.25ta 

『 ASCO abstract 』 _進行期`腎細胞がん_で VEGFr-TKI_治療_後に_病気`進行_のケース での everolimus 拡大アクセスプログラム 12.01.24te 
《項目追加》 Topic 1 : 転移性_腎細胞がん_の 分子標的_治療_ : 現在と将来 ≫ 臨床`実地_にある_分子標的`治療 12.02.16ma 
『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん_に於ける sorafenib、及び、sunitinib : 登録データベース_データ_に基づく_研究_ 12.01.24td 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_VEGFR −チロシンキナーゼ`阻害薬_後 の everolimus による治療 12.01.24tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期_、又は、_転移性_ の _腎細胞がん__に対する_dovitinib ( TKI258 )による治療 12.01.24tb 

『 ASCO abstract 』 _腎細胞がん__に対する_tivozanib (AV-951)対_プラセボ_ : _フェーズ_2__ランダム化`治療中止`試験 12.01.24ta 
『 ASCO abstract』 _進行期`腎細胞がん__に対する_temsirolimus + bevacizumabによる治療 : _フェーズ_1_ / 2 12.01.23tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する_axitinib による_第二線`治療_ : 5 年後__全体的`生存__データ_ 12.01.23ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線_bevacizumab + _低用量_インターフェロン−α 2a による治療 12.01.22tb 
『 ASCO abstract 』 転移性`腎細胞がん_第二線`治療としての axitinib 対 sorafenib の AXIS 試験での 患者さん報告_結果状況 12.01.22ta 

『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第二線`治療_としての axitinib 対 sorafenib の比較 12.01.21tf 
『 ASCO abstract 』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第二線__順次`実施__治療_ : _後ろ向き`方式_比較_ 12.02.09ta 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`腎細胞がん__治療薬_として Inlyta ( axitinib )を_認可_ 12.01.28ne 
(ニュース冒頭) sunitinib、や、sorafenib は _腎細胞がん_を _寛解_に 時として 導くことあり_との研究結果_ 12.01.21nc 
《記述追加》 Topic 1 : 転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来 ≫ _臨床`実地_にある_分子標的`治療 12.01.16ma 

(ニュース冒頭) 一部の_腎細胞がん__患者さん_ は _抗−_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》__投与_の 中断可能_との研究結果_ 12.01.12nd 
(ニュース冒頭) Aveo 社の_腎細胞がん__治療薬_ が 後期_臨床試験_で_生存_を_改善_ 12.01.05na 
(↑2012年 1月)
《記述追加》 Topic 1 : 転移性`腎細胞がんの分子標的`治療 : 現在と将来 ≫ 臨床`実地_にある_分子標的`治療 11.12.22ma 
(ニュース冒頭) 米国 FDA 諮問委員会 が _進行期__腎細胞がん__に対する_axitinibの_利益 / リスク が _有利的であると 結論 11.12.08nh 
(↑2011年 12月)
《記述追加》 Topic 1 : 転移性_腎細胞がん_の 分子標的_治療_ : 現在と将来 ≫ 臨床`実地_にある_分子標的`治療 11.11.13ma 
(↑2011年 11月)

(ニュース冒頭) _腎細胞がん__に対する_sunitinib 継続_投与__レジメン_ が _実施`可能`的_ な 模様 11.10.07nc 
(↑2011年 10月)
『 JCO 論文』 sunitinib で_治療される_腎細胞がん、及び、非_腎細胞がん_患者さん での _うっ血性`心不全_の頻度、と、リスク 11.09.02ta 
《項目追加》 Topics 1 : _転移性_腎細胞がん_の 分子標的_治療_ : 現在と将来 ≫ 分子標的`治療`の_生物学`的_基礎 : VHL 11.09.12ma 
(↑2011年 9月)
『論文類』 _進行期`腎細胞がん_で bevacizumab_治療_を受ける_患者さん_ での _動脈`血栓塞栓`事象_リスク 11.08.10ta 
『論文類』 European Advanced Renal Cell Carcinoma Sorafenib (EU-ARCCS) 拡張アクセス_研究_の_最終的__結果 11.08.09tc 
(↑2011年 8月)

(ニュース冒頭) Pfizer 社 が _進行期`腎細胞がん__に対する__治療用_として axitinib の審査を米国 FDA に申請 11.07.08nd 
(ニュース冒頭) _ロボット`腎`部分`切除術 は 多手術数のセンターで実施すれば_安全的_のようである_との研究結果_ 11.07.07nc 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) _転移性__腎臓_ がん_に対する__腎`切除`術_前 の sunitinib_投与_ は _有用的_な可能性あり_との研究結果_ 11.06.23na 
(ニュース冒頭) 小さな_腎臓腫瘤には、_凍結`焼灼法_も_腎`部分`切除術_も いずれも_有`価値 11.06.16na 
《項目追加》 Topic 1 : 転移性_腎細胞がん_の 分子標的_治療_ : 現在と将来 ≫ アブストラクト、イントロダクション 11.06.13ma 

( ASCO ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん_ での _結果状況_を axitinib が _改善_ 11.06.10nd 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭) 大部分の_腎臓__腫瘍__に対しては、_根治的_手術 が ベストである_との研究結果_ 11.05.26nc 
(ニュース冒頭) _腎臓__腫瘍__に対し、_超音波_−ガイド下 マイクロウェーブ法 が _効果的_ 11.05.26na 
(ニュース冒頭) _腎`部分`切除術_の もっと高頻度の使用 が _腎臓_ がん _患者さん_の_利益_となる可能性あり_との研究結果_ 11.05.25nb 
『 JCO 論文』 _進行期__腎細胞がん_の temsirolimus による治療に伴う_薬剤`関連性 の _間質性`肺炎_ 11.05.02ta 

《記述追加》 Topic 1 : _転移性_腎細胞がん_の 標的_治療_ : 現在と将来 ≫ アブストラクト、イントロダクション 11.05.11ma 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) _進行期`腎細胞がん_に於いて、temsirolimus −関連__間質性`肺炎_ が _一般普通的__との研究結果_ 11.04.01nc 
(ニュース冒頭) _リンパ節`陽性__腎細胞がん_では、 より多くの_リンパ節__切除_ が _患者さん_の_利益__との研究結果_ 11.04.01nb 
(↑2011年 4月)
『総説』 2010 年に於ける _腎細胞がん_ : _薬_、_外科手術_ 、及び、 _生存_ 11.03.04te 
『総説』 _転移性`腎細胞がん__に対する__分子標的`治療 : 現在 の _治療_ 、及び、 将来の 方向性 11.03.04tc 

(ニュース冒頭) _大きな _腎細胞がん_でも _副腎`摘除術_ は 通常 回避`可能_との研究結果_ 11.03.05nb 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん_の より年配_の_患者さん_では、腎`部分`切除術_のほうが_根治的_切除術_よりも良好な_結果状況 11.02.22nc 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) 全ての年齢層で、_腎`部分`切除術_のほうが_根治的__切除術_よりも より良好な_選択肢__との研究結果_ 11.01.21nc 
『 JCO 論文』 サイトカイン_治療−抵抗性_ の _転移性`腎細胞がん__に対する_S-1_治療_ : _多施設__フェーズ_2__臨床試験_ 10.11.30tb 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) 英国_GlaxoSmithKline 社は同社の pazopanib(腎臓 がん 治療薬)より_Pfizer 社_品が優れればリベート提供へ 10.12.29na 
(↑2010年 12月)

(ニュース冒頭) 小さい_腎臓_腫瘤_に対し、経皮的 、及び、 _外科的__凍結`焼灼法_ は 同等との_研究結果_ 10.11.24nc 
(↑2010年 11月)
『総説』 _腎臓__腫瘍__に対する_焼灼的_治療_ 10.09.03ta 
(↑2010年 9月)
『総説』 _転移性`腎細胞がん__に対する__新規な__治療_に関するアップデート 10.08.03ta 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) 英国の 費用`効果`当局 が everolimus 《 _Novartis 社_の_腎細胞がん__治療薬_ 》を 拒否 10.07.08na 
(↑2010年 7月)
(ニュース冒頭) _腎_腫瘍__凍結`焼灼法_ は _忍容性`良好_、特に_選択_された_患者さん_で、との_研究結果_ 10.06.10na 
(↑2010年 6月)

『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する_bevacizumab /インターフェロンα− 2a : _全体的`生存_の_最終的__分析_ 10.05.01ta 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する_bevacizumab/インターフェロンα対インターフェロンα_単剤`治療_の 比較 10.04.30tc 
『論文類』 _進行期`腎細胞がん__に対する_bevacizumab/everolimus による治療 : _フェーズ_2__臨床試験_ 10.04.30tb 
(ニュース冒頭) _限局期__腎臓_ がん の_年配__患者さん_では _腎`切除`術_ は _生存_を_改善_せずとの報告 10.05.15nb 
『総説』 _腎細胞がん__に対する_新しい_治療__戦略_ 10.04.15ta 
(↑2010年 5月)

『総説』 _腎細胞がん_からの_骨転移_ : _臨床的__進歩《複数》 10.03.21ta 
『論文類』 _ステージ_2_以上の_腎細胞がん__に対する_sorafenib による_術前`補助`療法_ 10.03.19td 
(↑2010年 4月)
『論文類』 北米に於ける 「_進行期`腎細胞がん_sorafenib 拡大 アクセス プログラム」の_安全性_・_有効性__結果 10.02.20tk 
『論文類』 局所`進行期、又は、転移性 の _腎細胞がん__に対する_pazopanib_治療_ : _ランダム化__フェーズ3__臨床試験_ 10.02.20tc 
『論文類:副作用』 _進行期`腎細胞がん__患者さん_ での sorafenib_治療_と 骨格筋 消耗との 関連性 : _プラセボ_比較_研究_ 10.02.20tb 

新資料:ウィルムス腫瘍の_治療_  10.03.25ma 
《項目追加》 現行_治療_5 : ウィルムス腫瘍の_治療 ≫ _治療 10.03.18mc 
(ニュース冒頭) 抗−_血管内皮`成長`因子《 VEGF 》__治療_の時代でも 腫瘍細胞`減少 _腎`切除`術_ は _利益_的 10.03.16nc 
(ニュース冒頭) 転移性`腎細胞がんに対し、メトロノーム_投与_Xeloda、及び、Nexavarによる_多重__薬__治療_ が _有望的_ 10.03.13nb 
(ニュース冒頭) 小さな_腎細胞がん_ 、又は、 _その他の_腫瘤 _に対し、_ラジオ波`焼灼法_ が _効果的_ 10.03.12nd 

(ニュース冒頭) _転移性`腎細胞がん__に対する__高用量_Proleukin による治療に関する_最近_ の _結果 10.03.12na 
(ニュース冒頭) _腎臓_ がん _に対し、_凍結`焼灼`法_ が _効果的_ 10.03.05nd 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_5 : ウィルムス腫瘍の_治療_ 10.03.02mb 
(↑2010年 3月)
(ニュース冒頭) _早期__腎細胞がん__に対しては、_腎`部分`切除`術_が_根治的__腎`切除`術_と 同等に_効果的_との_研究結果_ 10.02.26nc 
(ニュース冒頭) _凍結`焼灼法_ が _腎細胞がん__治療用_として_効果的_ 10.02.24nb 

『総説』 _腎細胞がん_ : _進行期_の_病気__に対する_薬物_治療_に 重点を置いて : パート 2 10.01.28tc 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん_ での pazopanib_治療_ の _有効性_ 、及び、 _安全性_ 10.01.17te 
(↑2010年 2月)
『論文類』 _進行期`腎細胞がん__に対する_sorafenib 対 sorafenib/_低用量_インターフェロンα_治療_比較 10.01.12ta 
(ニュース冒頭) 小さな_腎臓__腫瘍__に対する_治療として、_腹腔鏡_的 、及び、 開腹_腎`部分`切除術_ が 同等の結果 10.01.28nj 
(↑2010年 1月)
『論文類』 _局所`進行期_ 、又は、 _転移性__乳頭状`組織タイプ 腎細胞がん__に対する_erlotinib による治療 09.11.28ta 

(ニュース冒頭) PT3_腎臓__腫瘍_に _腹腔鏡_的 _腎切除術_ が 好適 09.12.15nc 
(ニュース冒頭) _腎臓_ がん の コントロールに、_腹腔鏡`手術_ が _開腹`手術_と _比肩`可能的_ 09.12.01na 
(↑2009年 12月)
『論文類』 _転移性`腎細胞がん__に対する__第一線_全身的`治療_としての sunitinib 対インターフェロンα 09.10.28tf 
『総説紹介文』 _転移性`腎細胞がん_の_順次`実施__治療_に於いて、sorafenib に _有効性_ 09.10.16tc 
(↑2009年 11月)
『総説紹介文』 _腎細胞がん__に対する_新しい_治療_アプローチ《複数》 09.10.14tb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _腎細胞がん__治療用 として pazopanib を_認可_ 09.10.22na 
『未達結果論文』 sunitinib −_治療−抵抗性_の_転移性`腎細胞がん__に対する_sorafenib_治療_ : _Phase II__研究_ 09.09.23tg 
『論文類』 sorafenib −_治療−抵抗性_ の _転移性`腎細胞がん__に対する_axitinib_治療_ : Phase II 研究 09.09.23tf 
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__治療用_として_Votrient の_認可_を米国 FDA パネル が 満場一致で 勧告 09.10.08nb 
(↑2009年 10月)
(ニュース冒頭) _進行期`腎細胞がん__に対し _経口__チロシン_多重_キナーゼ`抑制薬_pazopanib が _活性的_ 09.09.25ng 

(ニュース冒頭) _ロボット`支援下_腎`部分`切除術_ が _腎臓__腫瘍_に対して _安全的_で_効果的_な_治療_ 09.09.23nf 
症例報告: _腎細胞がん_ で _重症の_腎疾患 で _血液透析中の_患者さん_ での sunitinib による 成功的_治療_ 09.09.06tc 
『総説』 _腎細胞がん_の_全身的`治療_ : _チロシンキナーゼ`抑制薬_《複数》、_抗__血管新生 、又は、 インターロイキン-2 09.09.05ta 
『論文類』 _先行治療`経験`無し の _転移性`腎細胞がん__に対する__術前_bevacizumab の 実施可能性 _研究_ : _Phase II_研究 09.08.31tf 
『論文類』 _サイトカイン_−_治療−抵抗性__転移性`腎細胞がん__に対する_sunitinib の 継続的_1 日 1 回_投与__レジメン_ 09.08.31te 

『論文類:副作用』 _転移性`腎細胞がん_に対する_sunitinib_治療_後 の _心臓`血管`系__毒性_ : _多施設__分析_ 09.08.30tb 
(ニュース冒頭) _腎臓__腫瘍_ での _ロボット`支援下_腎切除術_に 見られた 利点 09.09.11nb 
(↑2009年 9月)
『総説紹介文』 _進行期`腎細胞がん_の_治療_ での _哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)_の 標的`抑制_ 09.08.04tb 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん_ での sunitinib、と、インターフェロンα比較の _全体的`生存_/アップデート結果 09.08.02ta 
『論文類』 _転移性`腎細胞がん_に対する sunitinib_治療_の_安全性_、と、_有効性_ : _拡大`アクセス`臨床試験_ 09.07.31tb 

『総説紹介文』 _腎細胞がん_に於ける sunitinib : 拡大した 適応《複数》 09.07.29tf 
『論文類』 _進行期`腎細胞がん_ での sorafenib の _特例的`使用 09.07.23ta 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _転移性`腎細胞がん_治療用として bevacizumab を_認可_ 09.08.06na 
(↑2009年 8月)
『論文類』 転移性`_腎細胞がん_の第一線`治療としての sunitinib + bevacizumab :系統的レビューと_臨床的有効性の間接比較 09.07.15tf 
『総説紹介文』 _腎細胞がん_に対する_最小限__侵襲的__外科手術_ 09.07.11td 

『論文類 −結果』_乳頭状`腎細胞がん_ での carboplatin + paclitaxel : _Phase II__臨床試験_ 09.07.09ta 
『総説紹介文』_進行期__腎臓_ がん での sorafenib tosylate による治療 : 過去、現在 、及び、 将来 09.07.03td 
『総説紹介文』_転移性`腎細胞がん_ : 多くの_治療__選択肢_《複数》、一人の_患者さん_ 09.07.03ta 
『総』 _ASCO 2009 : _腎臓_ がん に関する 専門家ビデオ展望(総説)09.07.01ta 
(総紹)_進行期`腎細胞がん__治療_用 の _分子標的`治療_の_長期的_使用に伴う_毒性_(総説紹介文)09.06.23tc 

(総紹)_ウィルムス腫瘍_に対する_腹腔鏡_的_腎切除術_(総説紹介文)09.06.23tb 
(総紹) everolimus : _転移性`腎細胞がん__治療用_の mTOR 抑制薬(総説紹介文)09.06.16te 
(↑2009年 7月)
(ニュース冒頭)_ステージ_T1b の _腎細胞がん_で_腎`部分切除術_ が _効果的_ 09.06.21na 
『総』 _腎細胞がん_ での _予後_マーカー 、及び、 _分子標的`治療_(総説)09.06.19tb 
(ニュース冒頭)_ASCO 2009 : pazopanib が _腎細胞がん_で_活性_、しかし、私も _薬_ 09.06.12nd 

_転移性__明細胞`_腎細胞がん_ での everolimus 《 _mTOR 抑制薬_ 》の毎日 1 回_投与_(論文・報告)09.05.22tf 
(↑2009年 6月)
_転移性`腎細胞がん_ の _治療_(論文・報告)09.05.06ta 
_転移性`腎細胞がん での 抗_血管`治療薬 対 インターフェロン_ での _病気`進行_パターン(論文・報告)09.04.21td 
(↑2009年 5月)
(総紹)_転移性`腎細胞がん_ での _第一線`治療_の_忍容性_(総説紹介文)09.04.13ta 
(総紹)_腎細胞がん_の新規な_薬_は_第一線`治療_最適化には新規な選択`枠組み が 必要(総説紹介文)09.04.12td 

(ニュース冒頭) NCCN_腎臓_ がん _治療__ガイドライン_に everolimus を追加 09.04.28nb 
症例: _化学療法__治療−抵抗性_の_腎芽腫`症_ での 13-cis retinoic acid による_治療_(症例報告)09.04.10ta 
_進行期‐腎細胞がん での temsirolimus 使用に関するドイツ_特例治療_枠内 での 経験、結論(論文・報告)09.03.30td 
(ニュース冒頭)_転移性`腎細胞がん_ で sunitinib が_効果的_ 09.04.08na 
_腎細胞がん_ での _根治的−_対 _腎`部分−`切除術_ : _死亡率_への影響(論文・報告)09.03.21tb 

(総紹)__転移性_乳頭状`腎細胞がん_の_全身的`治療_に於ける _最近_の_進歩(総説紹介文)09.03.15tb 
(↑2009年 4月)
(ニュース冒頭)_進行期`腎細胞がんで 他剤_治療`挫折_後用に everolimus が米国で_認可_ 09.03.31na 
__転移性`腎細胞がん_での _第一線`治療_sorafenib 対 interferon alfa-2a(論文・報告)09.03.09th 
(ニュース冒頭) NCCN 2009 : _腎臓_ がん で 治療薬_選択肢_増加につれて_生存_増加 09.03.17na 
(ニュース冒頭)_限局性__腎臓_ がん に _凍結`焼灼法_ が 高度に_効果的_ 09.03.12nd 

(ニュース冒頭)_転移性`腎細胞がん_治療薬としては sunitinib が最も_効果的_との報告 09.03.12na 
(↑2009年 3月)
( N 冒頭)新しい治療薬 は _転移性`腎細胞がん_の_進行_を遅らせているとの研究結果 09.02.27nb 
_転移性‐腎細胞がん での_全体的`生存_への sunitinib のインパクトの人口集団−ベース研究(論文・報告)09.02.09te 
『論サ』_転移性_明細胞 _腎細胞がん での_腫瘍細胞`減少_腎切除術_ : TKI 時代 での 展望(論文サマリー)09.02.03ti 
( N 冒頭)英国の費用・効果`監視当局が_腎臓_ がん での Sutent 使用の支持に方針変更 09.02.05na 
(↑2009年 2月)

転移性の _肉腫様`腎細胞がん_の血管内皮成長因子《 VEGF 》−標的`治療(論文・報告)09.01.11td 
脊椎内‐、及び、骨‐転移を伴う _思春期‐ウィルムス腫瘍:ケースレポート、文献レビュー(論文・報告)09.01.06td 
腎細胞がん での sorafenib、及び、sunitinib の 順次実施による治療(論文・報告)09.01.03ta 
(総紹)小さな腎臓腫瘍の一次的な熱‐焼灼‐療法 後の局所再発 の 救助《サルベージ》治療(総説紹介文)08.12.15tb 
(↑2009年 1 月)
(総紹)腎細胞がん の 治療に於ける新規な治療薬の役割の探索(総説紹介文)08.12.06ta 

(ニュース冒頭)局所進行期の腎臓がん に対し 腎切除術 が 生存を改善 08.12.26na 
転移性腎細胞がん での bevacizumab + インターフェロンα 対 インターフェロンα単独の比較(論文・報告)08.11.24tb 
腎細胞がん が 疑われる例 での ロボット支援‐腹腔鏡的‐腎‐部分‐切除術(論文・報告)08.11.21ta 
(ニュース冒頭)腎臓がん の個別化‐治療 が 「前進」の可能性との報告 08.12.08nb 
転移性の腎細胞がん の 治療用としての sunitinib 《 Sutent 》(論文・報告)08.11.16tb 

腎細胞がん の より年配の患者さん での sorafenib : ランダム 臨床試験のサブセット分析(論文・報告)08.11.15ta 
(↑2008年 12 月)
小さな腎臓腫瘤に対する凍結焼灼法、又は、ラジオ波焼灼法(論文・報告)08.11.10tc 
(総紹)腎臓腫瘍の焼灼は患者さん選択と技術の問題《焼灼 技術方法ではなくて》(総説紹介文)08.11.10tb 
『副』転移性の腎細胞がん での sunitinib、及び、sorafenib 治療に伴う心毒性( 副作用 )08.11.08tb 
転移性の腎細胞がん で sunitinib 治療を受けた患者さん での 血液中グルコースレベル(論文・報告)08.11.01td 

(総紹) bevacizumab : 腎細胞がん での 直接 抗血管内皮成長因子 治療(総説紹介文)08.10.21tb 
腎細胞がん の 年配の患者さん での sorafenib : ランダム化 臨床試験からのサブセット分析(論文・報告)08.10.20tn 
明細胞 腎細胞がん からの脳転移の 定位手術的照射を組み込んでの集学的な治療(論文・報告)08.10.20tj 
転移性の腎細胞がん の 治療用としての motexafin gadolinium : Phase II 研究(論文・報告)08.10.17ta 
(ニュース冒頭)腫瘍 体積 減量 腎切除術 の 前にチロシンキナーゼ抑制薬が利益的の可能性 08.11.01na 
(↑2008年 11 月)

(ニュース冒頭)腎臓腫瘍の手術 は 選択された年配の患者さん で 安全的 08.10.15nb 
(ニュース冒頭)腎細胞がん での sorafenib による利益は 年齢に無関係 08.10.11nc 
腎細胞がん からの 脳転移《症状現出、再発、及び、生存》(論文・報告)08.09.19ta 
( N 冒頭)腎部分切除術 が 腎臓がん の一定の患者さん での 生存を改善することあり 08.10.03nb 
(↑2008年 10 月)
『副』転移性の腎細胞がん での sunitinib −誘発の大赤血球症( 副作用 )08.09.07tb 

(ニュース)米国 FDA が everolimus を進行期の腎臓がん 治療用として優先審査品目に認定 08.09.10na 
『副』がん 治療薬 sunitinib malate に伴う心臓毒性( 副作用 )08.08.24tf 
(ニュース冒頭)大きな治療改善 が 腎臓がん の研究者の 更なる改善への努力を促進 08.09.05ne 
(↑2008年 9月)
(ニュース冒頭)英国の がん 専門家《複数》 が 腎臓がん 治療薬に関する NICE 決定を批判 08.08.27na 
転移性腎細胞がんの第一線治療 bevacizumab + 低減用量インターフェロンα 2a が活性的(論文・報告)08.08.06tg 

『副』進行期の腎細胞がん で 劣った予後特徴の患者さん での temsirolimus 安全性( 副作用 )08.08.05tg 
『コ冒頭』転移性の腎細胞がん での temsirolimus(コメント記事冒頭)08.08.05td 
転移性の腎細胞がん で sunitinib、又は、インターフェロンαによる治療での生活の質比較(論文・報告)08.08.03te 
bevacizumab −治療抵抗性の転移性 腎細胞がん での sunitinib の抗腫瘍活性(論文・報告)08.08.03tb 
『総』 腎細胞がん の 治療に於ける進歩(総説)08.07.24tb 

( N 冒頭)英国の NICE 《費用効果評価 当局》 が 腎臓がん 治療薬 4 種の NHS 使用にノー 08.08.08nb 
(ニュース冒頭) everolimus が 腎細胞がん での 進行無し生存を改善 08.08.02nb 
(↑2008年 8月)
転移性の腎細胞がん での 高用量インターロイキン-2 による治療(論文・報告)08.07.13tb 
『総』 腎細胞がん の 治療に於ける mTOR 抑制の進展中の役割 : 専門家インタビュー(総説)08.07.01tb 
以前に未治療の転移性の腎細胞がん での talactoferrin による治療の試み(論文・報告)08.06.23td 

(−結果ニュース)腎細胞がん治療用として開発中のワクチンに利益無しとの報告 08.07.08na 
(総紹)腎細胞がん の 治療 での 腹腔鏡的 腎部分切除術 : 腎保存への最小限 侵襲的な方法(総説紹介文)08.06.19ta 
(総紹)分子標的治療薬の時代に於ける 腎細胞がん に対する免疫療法(総説紹介文)08.06.17tb 
( N 冒頭)転移性の腎細胞がん に対する一次的な治療として Thalomid も Revlimid も活性的 08.07.02na 
(ニュース冒頭)多重の同側の腎臓腫瘍《複数》に対し、腎部分切除術 が 効果的との報告 08.07.01na 
(↑2008年 7月)

(ニュース冒頭)腎細胞がん で 併用分子標的治療薬 治療 が 有望との報告 08.06.10na 
(ニュース冒頭)転移性の腎臓がん の初回治療としての Sutent の効果を研究で確認 08.06.05nb 
『総標』進行期の腎細胞がん での 分子標的治療(総説標題)08.05.20ta 
(ニュース冒頭) everolimus が 腎細胞がん での 抗− VEGF 治療後の進行を抑制 08.06.03ne 
(↑2008年 6月)
新資料:ウィルムス腫瘍の治療 基本的な資料 08.05.28cb 

《 連載 #7=完 》 ウィルムス腫瘍の治療 08.05.28ca 
《 連載 #6 》 ウィルムス腫瘍の治療 08.05.01cc 
『総』 腎細胞がん の 管理に於ける手術マージンの重要性(総説)08.05.14ta 
転移性の腎細胞がん での インターフェロン−αと imatinib、又は、gefitinib との併用治療(論文・報告)08.05.13ta 
進行期の腎細胞がん での lapatinib による治療 対 ホルモン療法の比較(論文・報告)08.05.10te 

『総』 前立腺、及び、腎臓がん の管理のアップデート : 2008 ASCO シンポからのレポート(総説)08.05.07tc 
(ニュース冒頭)腎臓や前立腺 での 単一切開 での 腹腔鏡的 手術の報告 08.05.21nb 
(ニュース冒頭)腎臓がん の進行を everolimus が 防止との報告 08.05.20nb 
両側のウィルムス腫瘍の小児患者さん での 腎部分切除術の実施可能性と結果状況(論文・報告)08.04.30tc 
(ニュース冒頭)転移性の腎細胞がん で インターフェロンへの Avastin 追加が利益的 08.05.16nd 

《 連載 #5 》 ウィルムス腫瘍の治療 08.05.01cb 
(総紹)進行期の腎細胞がん での 結果状況の改善(総説紹介文)08.04.23tf 
《 連載 #4 》 ウィルムス腫瘍の治療 08.05.01ca 
『総標』進行期の腎細胞がん で 先行の分子標的治療が挫折のケース での 治療選択肢(総説標題)08.04.23tc 
『総標』未治療の進行期の腎細胞がん に対する最新の治療戦略 : 新しいパラダイム(総説標題)08.04.23tb 

『総標』進行期の腎細胞がん の 個別化ケアへの進展しつつある主張(総説標題)08.04.23ta 
進行期の腎細胞がん の 治療用としての sunitinib : 原発腫瘍の反応(論文・報告)08.04.20tc 
《 連載 #3 》 ウィルムス腫瘍の治療 08.03.29ca 
(↑2008年 5月)
『総』 転移性の腎細胞がん での sunitinib、及び、sorafenib の役割(総説)08.04.12ta 
zoledronic acid に関する新しい研究知見 : 生存、痛み、及び、抗腫瘍効果(論文・報告)08.04.10td 

(ニュース冒頭)欧州全体で、腎臓がん による死亡率が下降傾向 08.04.15na 
『総標』分子標的治療薬、と、腎細胞がん : 我々は 進歩しているか? : ASCO 2007 より(総説標題)08.04.02ta 
(↑2008年 4月)
《 連載 #2 》 ウィルムス腫瘍の治療 08.03.27ca 
(ニュース冒頭) より大きな腎臓腫瘍に対し、腹腔鏡的 凍結焼灼法が安全的で実施可能的 08.03.29na 
症例: 肉腫様腎細胞がん の 単剤 での gemcitabine による顕著な腫瘍縮小(症例報告)08.03.14td 

《 連載 #1 》 ウィルムス腫瘍の治療 08.03.23ca 
腎臓の胎生型神経外胚芽性腫瘍《 PNET 》 : 単一センター での 16 名の患者さん シリーズ(論文・報告)08.03.13ta 
(ニュース冒頭)小さな腎臓腫瘍に対する凍結焼灼法 で 高い成功率との報告 08.03.26na 
単一腎 での 腫瘍に対する腹腔鏡的、と、開腹 での 腎部分切除術の比較(論文・報告)08.03.08tc 
『総標』腫瘍学に於ける NCCN 臨床実地ガイドライン : 腎臓がん (総説標題)08.03.06te 

症例: 転移性の腎細胞がん からの管腔内転移による小腸閉塞のケース(症例報告)08.03.05tc 
(↑2008年 3月)
(総紹)転移性の腎細胞がん : 最近の進歩、及び、現行の治療選択肢(総説紹介文)08.02.10ta 
腎門部 腎腫瘍に対する腹腔鏡的な腎部分切除術 : 短期的な腫瘍学的 結果状況の評価(論文・報告)08.02.09ta 
(ニュース冒頭)小さな腎臓腫瘍 で 腎部分切除術は過少使用の状況 08.02.14nb 
腎臓がん での 免疫治療薬としての Mycobacterium vaccae (SRL172)製剤の評価(論文・報告)08.01.31tb 
(↑2008年 2 月)

症例: 混合の成人ウィルムス腫瘍と血管肉腫で CEO レジメンに反応性であったケース(症例報告)08.01.14th 
先行の抗血管新生薬治療を受けた転移性の腎細胞がん での sunitinib、sorafenib による治療(論文・報告)08.01.07tj 
4cm 以上のサイズがある腎細胞がん での 選択的 腎部分切除術について(論文・報告)08.01.07ti 
遺伝性の腎臓がん での 救助治療としての部分腎切除術 : 実施可能性、と、結果状況(論文・報告)08.01.07th 
『総』 腎細胞がん : 分子生物学の新発展、及び、分子標的治療薬への可能性(総説)08.01.06ta 

転移性の乳頭状腎細胞がん・嫌色素性腎細胞がん での sunitinib、及び、sorafenib の有効性(論文・報告)07.12.31tb 
ウィルムス腫瘍で診断時に肺転移があるケース での 肺放射線療法による結果状況(論文・報告)07.12.24te 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 膀胱 *****



(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) _英国__費用`効果`判定`当局_《 NICE 》 が Tecentriq ( atezolizumab : Roche 社_の _膀胱がん_治療薬_) は _日常`定型的 な__使用_には 高価過ぎると 決定 1708052313 
『 JCO 論文』 _集学的__膀胱がん_クリニック _状況設定_ に於ける _根治的`膀胱`切除術_ 対 _膀胱−温存的_三方式`治療_の_傾向`スコア`解析_ 1707090002 
(↑2017年 8月)
(ニュース冒頭) mitomycin C の _早期__投与_により_非−筋肉`浸潤性__膀胱がん_ での _再発率 が _低下_ 1707261712 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん_に於いて、_近接`照射`療法_カテーテル の ロボット−支援下 埋め込み が _有望的 1706282334 
(↑2017年 6月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん_を有する 一定の_患者さん__治療用_として Keytruda ( pembrolizumab )を_認可_ 1705232332 
(ニュース冒頭) _年配`患者さん に於ける _膀胱がん__に対する__治癒的_治療_ の _インパクト_ は より_若年__患者さん_の 場合よりも _低下_する との研究結果 1705231714 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`有り の__進行期__膀胱がんを有する_患者さん__治療用_として durvalumab を_認可_ 1705021639 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Tecentriq ( atezolizumab )を_進行期`膀胱がん_を有する一定の_患者さん_のための_初回`治療_として_加速`認可_ 1704192338 
(↑2017年 4月)
『総説紹介文』 _非−筋肉`浸潤性__膀胱がん__ : __Bacille Calmette-Guerin を 超えての 膀胱内__治療_ 1701242258 

『 ASCO abstract 』 cisplatin_非−適格_な_局所`進行期_ / _転移性__尿路`上皮`がん_ に於ける _第一線`治療_としての atezolizumab_ : _IMvigor210_コホート_1 の__一次_解析_ 1701231715 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん_を有する_より年配__患者さん_ に於ける _第二線`化学療法__ : _10 件の_第二線__研究_ の _プール化`解析_ 1701231644 
『 ASCO abstract 』 _第一線`化学療法_後に_病気`進行_した_転移性__尿路`上皮`がん__ : __予後`因子_、及び、_第二線`化学療法_ の 重要性 1701231631 
『 ASCO abstract 』 _尿路`上皮`がん_ に於ける _静脈`血栓`塞栓`症_ 1701222242 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん__に対する__第二線`化学療法_ に於ける _白金系`化学療法剤__再`治療__ : __白金系`化学療法剤_感受性 の 概念、及び、_生存__予測`因子_ の _評価_ 1701221709 

『 ASCO abstract 』 _再発した、又は、治療−抵抗性__転移性__尿路`上皮`がん__に対する_cabozantinib による治療_ : __フェーズ_2_研究_ 1701221655 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん_を有する_患者さん_ での _フェーズ_1__用量`漸増__臨床試験_ に於ける ASG-22CE (ASG-22ME : enfortumab vedotin )の_抗−腫瘍_活性_、〜(続く) 1701221644 
(ニュース冒頭) New England Journal of Medicine 誌_から_ : __尿路`上皮`がん_ に於ける _臨床`実地−変更的な_臨床試験_ 1702181453 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん_を有する_患者さん_での _フェーズ_1__用量`漸増__臨床試験_ に於ける AGS15E (ASG-15ME) の_抗−腫瘍_活性_、_安全性_、及び、_薬物`動態論 1701221556 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _膀胱がん__治療用_として Opdivo を_認可_ 1702171629 

『 ASCO abstract 』 _進行期__尿路`上皮`がん__に対する_cisplatin_化学療法_後 の _維持`療法_vinflunine の_有効性__結果__ : __ランダム化_、_プラセボ−比較__フェーズ_2_臨床`試験_( MAJA ) 1701212250 
『 ASCO abstract 』 FGFR3 変異を伴う__先行治療`経験`有り の__進行期_ / _転移性__尿路`上皮`がん_を有する_患者さん_ に於ける BGJ398 ( FGFR 1-3_阻害薬_ )の_有効性_ 1701212226 
『 ASCO abstract 』 白金系`化学療法剤_治療_を受けた_局所`進行期 / _転移性_尿路がん_患者さん に於ける atezolizumab による治療_ : _IMvigor210 からの_アップデートされた_有効性_〜(続く) 1701211716 
『 ASCO abstract 』 JAVELIN_固形`腫瘍__フェーズ1b_臨床試験_からの_転移性__尿路`上皮`がん_を有する_患者さん_ に於ける avelumab による治療_ : __安全性_、_臨床的`活性_、及び、〜(続く) 1701211701 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん_ に於ける nivolumab_単剤`治療_の_有効性_、と、_安全性__ : __フェーズ_1 / 2 CheckMate 032_研究_からの_結果_ 1701211649 
(↑2017年 2月)

(ニュース冒頭) _尿路`上皮`がん_の_組織学`的_変種に於いても_良好な__治療`結果状況_が 見られる_ : __後ろ向き`方式`研究__結果_ 1701141512 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _AstraZeneca 社_の durvalumab ( _膀胱がん__治療用_ )に関する_最初の__生物学的`製剤`承認`申請_を 受理 1612131715 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が apaziquone ( Spectrum Pharma 社が_開発中 の _膀胱がん_治療薬_ )を 拒否 1611241706 
(ニュース冒頭) Keytruda ( pembrolizumab )による_免疫`療法_で_膀胱がん_ での _全体的`生存_ が _改善_ 1611102245 
『 JCO 論文』 _転移性__膀胱_尿路`上皮`がん__に対する__高強度__局所`治療_の_有効性__ : _National Cancer Data Base からの_傾向`スコア−荷重 の _解析_ 1610091636 
(↑2016年 11月)

(ニュース冒頭) Merck 社 の Keytruda が _膀胱がん_ での キー_臨床試験_で 好結果 1610251654 
(ニュース冒頭) _免疫`療法_ が _膀胱がん_の 「景観を 変えつつある」(原題通りの表現です) 1610112240 
『 JCO 論文』 _進行期__尿路`上皮`性`膀胱`がん__に対する_durvalumab ( MEDI4736 )( _抗−_プログラム下`細胞死``リガンド− 1 _免疫`チェックポイント`阻害薬_)_ : __安全性_、と、_有効性_ 1609041543 
(↑2016年 10月)
『 JCO 論文』 領域 リンパ節_巻き込み_の_臨床的__証拠_を 伴う_膀胱がん__に対する__治療`戦略_ の _比較_有効性_ 1607311522 
(↑2016年 8月)
『総説紹介文』 _筋肉`浸潤性、又は、_転移性__膀胱がん_に関する_ガイドライン_( European Association of Urology Guideline ) : ASCO による_臨床_がん`領域__臨床`実地`ガイドライン_裏書き 1605271656 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _膀胱がん__治療用_として Tecentriq を_認可_ 1606131631 
( ASCO ニュース冒頭) Tecentriq ( atezolizumab ) が _進行期__膀胱がん_の_初回`治療_として_効果的_ 1606131613 
( ASCO ニュース冒頭) _膀胱がん__に対する_atezolizumab : 「刺激的な」_全体的`生存_(原題通りの表現です) 1606071637 
(↑2016年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _尿路`上皮`がん__治療用_として Tecentriq ( atezolizumab )を_認可_ 1605191639 
『論文類(詳細原文)』 pioglitazone _使用_と _膀胱がん_発生_リスク_ : _人口集団_−ベース_コホート`研究_ 1604151658 

(ニュース冒頭) _膀胱__腫瘍__切除_手術_中の _狭帯域`光`観察《 NBI 》__使用_により_結果_ が _改善_ 1605111655 
(ニュース冒頭) AUA/SUO が _膀胱がん__管理_に関する_新しい__ガイドライン_を 発表 1605111625 
(ニュース冒頭) _再発性__非−筋肉`浸潤性__膀胱がん_に於いて、BCG が _依然として_最良の_選択_である とする_研究`結果_ 1605031704 
『論文類(詳細原文)』 _局所`進行期__膀胱がん__に対する__補助`化学療法_の_有効性_ 1604011701 
(↑2016年 5月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__膀胱がん__に対する_gemcitabine / cisplatin + apatorsen、又は、_プラセボ_ : _第一線__ランダム化__フェーズ_2_研究_( The International Borealis-1_臨床試験_ ) 1603182256 

(ニュース冒頭) _限局性_膀胱がん__に対する_「三重`治療方式」_治療_により、_高率の__膀胱_温存 1604062239 
(ニュース冒頭) pioglitazone ( _糖尿病_治療薬_ ) が _膀胱がん の _リスク_を 高めるとの 再度の _研究`結果_( rosiglitazone は 高めない ) 1604021625 
(↑2016年 4月)
『総説紹介文』 _筋肉`浸潤性__膀胱がん_の_治療_ : _系統的__レビュー_ 1603052249 
『 JCO 論文』 _局所`進行期__膀胱がん__に対する__補助`化学療法_ の _効果_ 1603032355 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が atezolizumab ( Roche 社_の_進行期__膀胱がん__治療用__免疫`治療`薬_ )に_優先`審査__ステータス を 賦与 1603221647 
(↑2016年 3月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が durvalumab に PD-L1 −陽性 _尿路`上皮`性`膀胱`がん__患者さん__治療用_として、_ブレークスルー治療`認定_を_賦与_ 1602191724 
(ニュース冒頭) _膀胱がん_の_治療_に於いて、_補助__膀胱内__温熱`化学療法_ が _有望的であるとする_研究`結果_ 1602071648 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) atezolizumab により、_進行期__膀胱がん_に於いて _長続きする__抗 がん_奏効_ 1601301818 
(ニュース冒頭) _局所`進行期__膀胱がん_に於いて、_補助`化学療法_ が _改善された__生存_に 関連 1601261651 
(ニュース冒頭) atezolizumab は _膀胱がん_ に於ける _標準的`ケア_を 変える 可能性あり との研究結果 1601121648 
(↑2016年 1月)

『論文類』 _筋肉`浸潤性_膀胱がん__に対する__術前`補助`療法_としての gemcitabine / cisplatin 対 methotrexate / vinblastine / doxorubicin / cisplatin の _比較_有効性_ 1508021724 
(↑2015年 8月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん__治療用_として_開発_中 の _免疫`治療`薬_ 1507311710 
(ニュース冒頭) pioglitazone 使用 と_膀胱がん_との間に 関連 は 認められなかった とする_研究`結果_( 10 年間 _研究_ ) 1507221756 
(↑2015年 7月)
(ニュース冒頭) _尿路`感染症_として_症状`発現_している_膀胱がん_に関する_最初の__研究_ 1505221737 
(ニュース冒頭) マイコバクテリア由来 の _薬_ が _膀胱がん__に対して _活性的_ との研究結果 1505091744 
(↑2015年 5月)

(ニュース冒頭) _進行期__膀胱がん__に対する__外科手術_後 の _化学療法_により、_生存_ が _改善_する 模様 1504011702 
(ニュース冒頭) _再発した_、及び、_治療−抵抗性_ の _膀胱がん__に対し、Votrient + Taxol が _有望的  1504011648 
(↑2015年 4月)
(ニュース冒頭) _温熱`化学療法_ が _非−筋肉`浸潤性``膀胱がん__に対し_有望的 とする 研究結果 1503311741 
(ニュース冒頭) mitomycin C_併用_ が _非−筋肉`浸潤性__膀胱がん_ での _再発 を_低下_させる可能性あり との研究結果 1503211809 
(ニュース冒頭) Cyramza + Taxotere が _進行期`膀胱がん_で_有望的 1503171725 

『論文類』 pT3〜pT4、又は、N+ M0_膀胱尿路上皮`がんに対する_膀胱切除術後の 直ちの 対 遅らせての_化学療法( EORTC 30994: グループ間、ラベル`明示_ランダム化_フェーズ3_臨床`試験 ) 1502090003 
(ニュース冒頭) pazopanib + paclitaxel が _治療−抵抗性_の_膀胱がん_で_活性的_ 1503072218 
(ニュース冒頭) ramucirumab / docetaxel が _進行期_ / _転移性__膀胱 がん での _結果状況_ を_改善_ 1503031703 
(↑2015年 3月)
『 JCO 論文』 _選択的な__膀胱−温存的 _併用−治療`方式__治療_後 の _筋肉`浸潤性_膀胱がん__患者さん_ での _長期的_結果状況_ 1412022258 
(ニュース冒頭) _腹腔鏡下_ 対 開腹 _根治的__膀胱`切除術_ : _比肩`可能的_な_結果状況_ 1501020005 
(↑2015年 1月)

(ニュース冒頭) _転移性__膀胱がん_に於いて、_実験`段階の__免疫`治療`薬_ が 初期的_有望性 1412051659 
(↑2014年 12月)
『 JCO 論文』 _膀胱がん__に対する__根治的_膀胱`切除術_、及び、`尿路`変向`術_ の 後 の _骨折_リスク_ 1410140007 
(↑2014年 11月)
『総説』 _膀胱がん__に対する__補助`化学療法_ : 何故 レベル 1 の _証拠_ が それを サポートしないのか? 1409292321 
(↑2014年 10月)
『論文類』 _日常`定型的 な__臨床`実地_に於ける 、_膀胱がん__に対する__周術期`化学療法_の _実施_ 1409042303 
(↑2014年 9月)
『論文類』 _筋肉`浸潤性_膀胱がん__に対する__周術期`化学療法_ : _人口集団−ベース__結果状況__研究_ 1406232254 

(ニュース冒頭) _ロボット`手術_による_膀胱_切除_ が _事態`複雑化・合併症_低下 に 失敗 との研究結果 1407252354 
『 JCO 論文』 _筋肉`浸潤性__膀胱がん__に対し、AMVAC_レジメン_ が _安全的_、効率的、_効果的_な_術前`補助`療法_ 1406221739 
『論文類』 _筋肉`浸潤性_膀胱がん__に対する__術前`補助`療法_( MVAC_レジメン_ ) + _根治的`膀胱`切除術_ 1406162312 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) _浸潤性`膀胱`がん__に対し、直ちの cisplatin −ベース_化学療法_ が _進行無し`生存`期間_を_伸長_ 1406182251 
(ニュース冒頭) _実験`段階の_薬_ が _転移性__膀胱がん__に対して_有望的な__早期_結果_ 1406122356 

(ASCO ニュース冒頭) Roche 社_の_免疫`治療`薬_MPDL3280A が 膀胱がん での _早期_研究 で 腫瘍_を_縮小_  1406051709 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対する__免疫`療法_の 「新時代」 が 展開中 : AUA 2014_年次`科学`会議_より 1405191727 
(↑2014年 5月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん_の_治療_に於いて、_化学療法_ は 非常に 過少使用されている との研究結果 1404172337 
(↑2014年 4月)
(ニュース冒頭) metformin に_膀胱がん_予防 効果 無しとの_新しい_研究結果 14.02.11na 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん_に対する__膀胱`切除術_後 の _再発_検出 に リスク−調整_フォローアップ_が助けになる可能性あり 14.01.15nb 
(↑2014年 1月)

『総説』 _尿路`上皮`性`膀胱`がん__に対する__第一次的_膀胱`温存`治療 13.11.07ta 
(ニュース冒頭) _膀胱がん__治療_改善_のための_戦略_ 13.11.23nc 
『 ASCO abstract 』 _進行期__膀胱がん__に対する__低用量_ 対 _標準的`用量の_gemcitabine 点滴 + cisplatin 13.10.13tb 
(↑2013年 11月)
『総説』 _尿路`上皮`性`膀胱`がん_に於ける _全身的_化学療法_の_役割_ 13.10.08ta 
(↑2013年 10月)
『総説 標題』 _膀胱がん_の_管理_に関する_現行の_展望 13.06.15tb 

症例報告: cisplatin / gemcitabine で_成功的に_管理_された_膀胱_原発_印環`細胞`がん_ 13.05.30tb 
(↑2013年 6月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対する__ロボット手術_ は _安全的_で_効果的_ 13.01.24nf 
(↑2013年 1月)
『論文類』 _孤発性の_pT1〜pT3_膀胱_腫瘍_に対する_外部線源`放射線療法_ + _限定的な_手術_→_近接`照射`療法_で_膀胱_温存_ 12.11.04ta 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん__患者さん_ での _膀胱内 BCG__投与_により、_細菌`尿_根絶の 助けになる 可能性あり との研究結果 12.09.21nc 
『総説 標題』 _ロボット`支援下__根治的__膀胱`切除術_ : _現在_ の _技術_、及び、_結果状況_ 12.08.15ta 
(↑2012年 9月)

(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対し、carboplatin_導入治療_ が cisplatin からの_効果的_な_代替的_治療_ 12.08.29nc 
(ニュース冒頭) _膀胱がん_ の _選択された__患者さん_で、_部分的`膀胱`切除術_が__根治的`膀胱`切除術_と _同様_ な _結果_ 12.08.29na 
(↑2012年 8月)
『 JCO 論文』 _非−_筋肉`浸潤性__膀胱がん__に対する _皮内_、及び、_膀胱内_KLH_免疫`治療_対_膀胱内_mitomycin 12.06.19ta 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対し、 mitomycin とヘモシニアン_とで _異なる__利益_ 12.06.27na 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _外科手術_ + _近接`照射`療法_による_膀胱がん__治療_ : _臓器_温存的_ 12.05.16nc 
(↑2012年 5月)

(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対する__化学`放射線`療法_の _記念碑的__臨床試験_ 12.04.19nc 
(ニュース冒頭) _非−筋肉`浸潤性__膀胱がん__に対する_2 種類の BCG の _比較__研究_ 12.04.10nc 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) _泌尿器`科__手術_に於いて、_ロボット`支援下__手術_ が _開腹__手術_よりも_より良好な__結果状況_ 12.03.29nb 
(ニュース冒頭) _重症_ の 膀胱がん_に対する__標準的__化学療法_に paclitaxel を 追加しても あまり効果無し との研究結果 12.03.13na 
(ニュース冒頭) _浸潤性__膀胱がん__に対しては、_規定`全`用量_BCG の 3 年間 _実施_ が _最良 12.03.03na 
(↑2012年 3月)

(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対する__化学`放射線`療法_による_長期的__利益_ 12.02.07na 
『 ASCO abstract 』 転移性_膀胱_移行上皮がんの 白金−ベース_化学療法_治療`挫折_後 の_緩和`治療での everolimus_単剤`治療 12.01.17ta 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) pioglitazone ( アクトス ) は アジア人では _膀胱がん_との _関連性_は 強くない_との研究結果_ 12.01.27nb 
(↑2012年 1月)
(ニュース冒頭) 筋肉−_浸潤性_膀胱がん_に対する_ロボット`支援下`_膀胱_切除術_ は 安全的_で_効果的_との_レビュー_結果 11.11.08nc 
(↑2011年 11月)
『総説』 腎機能`障害のある _患者さん_ での _膀胱がん_ の _管理 11.08.26tc 
(↑2011年 9月)

(ニュース冒頭) _膀胱がん_ での _化学療法_は、_根治的__膀胱`切除術_の 前と 後で _生存_への影響に 差異無し_との研究結果 11.07.29nc 
(↑2011年 7月)
『 JCO 論文』 _筋肉`浸潤性__膀胱がん__に対する_cisplatin / methotrexate / vinblastine_術前補助`化学療法_ 11.05.31te 
(ニュース冒頭) フランスに続きドイツも 武田薬品 の 糖尿病_治療薬の_使用を 停止 11.06.16nd 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭) _ロボット`支援下 _膀胱`切除術_ が 80 歳代の_患者さん_でも_安全的_ 11.05.27na 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) _筋肉__侵襲的__膀胱がん_ での _術前補助`化学療法_の有用性を 示す_研究結果_の発表 11.04.27na 
(↑2011年 4月)

(ニュース冒頭) _転移性__膀胱がん__治療用_として bevacizumab 追加 が _有望的_か 11.03.25nc 
『JCO 論文』 筋肉`浸潤性_膀胱がん_に対する_原体照射_低分割`放射線療法_ + _同時`実施_gemcitabine : _フェーズ_2__研究 11.02.22te 
(↑2011年 3月)
『総説』 _膀胱がん_ : _非−_筋肉__浸潤性_ の _病気_に関する_レビュー_ 11.01.20ta 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対し、_放射線`療法_ + gemcitabine が _外科手術_と 同等に 有用な可能性あり 11.01.15na 
『総説』 _膀胱がん__に対する_3 学的_治療_ : 最新の_放射線`療法_ は _最終的_結果を_改善_するか? 10.12.11ta 

(ニュース冒頭) _膀胱がん__に対する__維持療法_BCG の 有用性を示す_臨床試験_結果 11.01.07na 
(↑2011年 1月)
『JCO 論文』 _膀胱がん__に対する__放射線`療法_ + _同時`実施_ の carbogen/nicotinamide _投与_ 10.11.20td 
(↑2010年 12月)
(ニュース冒頭) _進行期__膀胱がん_ での _膀胱`切除術_後 に、 排便`障害 が _一般普通的_ 10.11.24na 
(ニュース冒頭) _膀胱がん__治療_法として新しい_膀胱__温存的__治療_ が _有望的_ 10.11.10nc 
(ニュース冒頭) _膀胱__腫瘍_の_酸素`化_により、_放射線`療法_への _反応_ が _改善_ 10.11.06nd 

(ニュース冒頭) _膀胱がん_の__病気`コントロール_を_化学`放射線`療法_ が _改善_ 10.11.04na 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が pioglitazone 《 武田の _抗_糖尿病 _薬_ 》 と_膀胱がん_の 関連の可能性 を調査中 10.09.21nb 
(↑2010年 9月)
(ニュース冒頭) _高リスク__膀胱がん_で_術後__化学療法_ が 有用 10.08.17na 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) _膀胱_上皮内がん《 CIS 》では、_攻撃的_ な _管理_ が  必要 との_研究結果_ 10.07.08ng 
(↑2010年 7月)
(ニュース冒頭) 膀胱がん手術での 婦人科 臓器 温存は良好な_腫瘍学的_結果状況、及び、排尿機能をもたらす模様_との研究結果 10.06.11ne 
(↑2010年 6月)

新資料:_再発性__膀胱がん_の_治療_《 CancerConsultants 資料の ご紹介》 10.05.18mc 
《項目追加》 現行_治療_4 : _再発性__膀胱_ がん の_治療 ≫ _ステージ_2_〜4_膀胱がん_へ_進行_する_表在性`膀胱がん 10.05.11ma 
《項目追加》 現行_治療_4 : _再発性__膀胱_ がん の_治療≫ _再発性__表在性`膀胱がん 10.05.09ma 
(ニュース冒頭) 80 歳代の_膀胱がん_の_患者さん_も_根治的_膀胱`切除術_後 の _結果状況_は良好 10.05.07na 
《項目追加》 現行治療4 : _再発性__膀胱がん_の_治療_ ≫ 概観 10.05.04mc 
(↑2010年 5月)

新資料:_ステージ_4__膀胱がん_ の _治療_《 CancerConsultants 資料のご紹介》 10.04.19mb 
《項目追加》 現行治療4 : 現行_治療_4 : _ステージ_4__膀胱がん_の_治療_ ≫ _外科手術 10.04.13ma 
《項目追加》 現行_治療_4 : _ステージ_4__膀胱がん_の_治療_≫ _化学療法 10.04.12ma 
《項目追加》 現行_治療_4 : _ステージ_4__膀胱がん_の_治療 10.04.05mb 
(ニュース冒頭) _前立腺がん__に対する__放射線`療法_で_膀胱がん_ の 発見が遅れることありとの報告 10.04.06na 
(↑2010年 4月)

(ニュース冒頭) _局所`進行期__膀胱がん_の 大部分の_患者さん_で _併用_学的_治療_ が _膀胱`切除術_を 不要に 10.03.10nc 
新資料:( 資料タイトル )膀胱がん_の 治療《eMedicine資料のご紹介》 10.03.09ma 
(↑2010年 3月)
『論文類』 _再発性__表在性`膀胱がん_ での gemcitabine_治療_対 mitomycin_治療_ 10.01.31ta 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _膀胱がん_の_治療_ 10.02.24mb 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _膀胱がん_の_治療_ 10.02.21ma 

(ニュース冒頭) _早期__膀胱がん__治療用_として、_腹腔鏡_手術 が _実施`可能`的_との 報告 10.02.18na 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _膀胱がん_の_治療_ 10.02.14ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _膀胱がん_の_治療 10.02.08mc 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _膀胱がん_の_治療_ 10.02.06mb 
(↑2010年 2月)
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _膀胱がん_の_治療_ 10.01.11ma 
(↑2010年 1月)

(ニュース冒頭) _膀胱_ がん _に対する__腎`尿管`摘除`術_後 の _膀胱内__化学療法_ が  がん _再発_を 低下 09.12.31na 
(↑2009年 12月)
(ニュース冒頭) BCG__治療−抵抗性_の_表在性`膀胱がん_の_治療_を_膀胱内_Taxotere_維持療法_ が _改善_の可能性 09.11.20na 
(↑2009年 11月)
(ニュース冒頭) 上皮性_膀胱_ がん の 一定の_患者さん_では _膀胱`部分`切除術_ が _安全的_ 09.10.30na 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _浸潤性__膀胱がん__に対する__膀胱_−温存治療 の 後の_遅発性_毒性_ : RTOG 89-03、 95-06、 97-06、 99-06 09.08.31tc 
(↑2009年 9月)
(総紹)_筋肉_−_浸潤性__膀胱がん_ での _術前補助`化学療法_ 対 _補助`化学療法_(総説紹介文)09.06.24tb 

(総紹)_膀胱がん_ で BCG_治療_に挫折する_患者さん_の定義と_管理(総説紹介文)09.06.24ta 
(総紹)_非−筋肉−浸潤性_の_膀胱_ がん に対する新規な治療薬《複数》(総説紹介文)09.06.23td 
(↑2009年 7月)
医療提供者の_治療_強度、と、_早期__ステージ__膀胱がん_の_結果状況_との関連性(論文・報告)09.04.15ta 
(↑2009年 5月)
(ニュース冒頭)_表在性__膀胱がん_ での _再発_をアスピリン が 低下 09.03.24na 
_膀胱_ がん での _根治的__膀胱`切除術_の 12 週間超の遅れで_死亡率_上昇(論文・報告)09.02.21td 
(↑2009年 3月)

(未達)膀胱_筋肉_浸潤性_尿路`上皮がん_の_術前補助`化学療法_で_病理学ステージ下げ欠如(論文・報告)09.02.09tg 
『論サ』_膀胱がん_、及び、_前立腺がん_での_骨盤部__リンパ節_摘除の 適応、程度、_利益_(論文サマリー)09.02.03th 
先行治療の経験がある_転移性_膀胱がんでの paclitaxel + 経口 cyclophosphamide での治療(論文・報告)09.01.22tc 
(↑2009年 2月)
新資料:膀胱がん の 治療 : 基本的な資料 08.12.31cb 
《 連載 #16=完 》 膀胱がん の 治療 08.12.28ca 
(↑2009年 1 月)

《 連載 #15 》 膀胱がん の 治療 08.12.27cc 
《 連載 #14 》 膀胱がん の 治療 08.12.27cb 
《 連載 #13 》 膀胱がん の 治療 08.12.27ca 
《 連載 #12 》 膀胱がん の 治療 08.12.19cc 
《 連載 #11 》 膀胱がん の 治療 08.12.19cb 

《 連載 #10 》 膀胱がん の 治療 08.12.19ca 
《 連載 #9 》 膀胱がん の 治療 08.12.11ca 
(ニュース冒頭)膀胱がん での mitomycin C 膀胱注入には、尿バッグ持ち上げ が 好結果 08.12.17nc 
《 連載 #8 》 膀胱がん の 治療 08.12.08cc 
《 連載 #7 》 膀胱がん の 治療 08.12.08cb 

《 連載 #6 》 膀胱がん の 治療 08.12.08ca 
《 連載 #5 》 膀胱がん の 治療 08.12.06ca 
《 連載 #4 》 膀胱がん の 治療 08.12.02cc 
《 連載 #3 》 膀胱がん の 治療 08.12.02cb 
《 連載 #2 》 膀胱がん の 治療 08.12.02ca 

《 連載 #1 》 膀胱がん の 治療 08.11.28ca 
(↑2008年 12 月)
筋肉−浸潤性の膀胱 尿路上皮がん での 術前補助療法 gemcitabine + cisplatin の役割(論文・報告)08.10.20te 
(総紹)高リスク、浸潤性の膀胱がん での 術前補助療法 gemcitabine + cisplatin(総説紹介文)08.10.20tb 
( N 冒頭)男性の膀胱がん 患者さん で 膀胱~切除術後の尿道~切除術に生存利益見られず 08.11.04na 
(↑2008年 11 月)
(総紹)進行期の膀胱がん : 第一線化学療法の状況、と、第二線用に活性的な薬の探索(総説紹介文)08.09.07ta 

(ニュース冒頭)がん の治療後の執拗的な膀胱炎にボツリニウム トキシン A が効果的 08.09.13na 
『総』 根治的な放射線療法で治療された筋肉浸潤性の膀胱がん での化学療法 : 残る不確実さ(総説)08.08.22ta 
(↑2008年 9月)
高リスクの 非 筋肉−浸潤性の膀胱がん での 維持 BCG の必要サイクル(論文・報告)08.08.04ta 
(総紹)リンパ節陽性の 筋肉−浸潤性の膀胱がん での リスク要因、及び、臨床的結果状況(総説紹介文)08.07.22tc 
(↑2008年 8月)
膀胱がん の 経尿道的切除後の epirubicin + Lactobacillus Casei による再発予防効果(論文・報告)08.02.09td 

腹腔鏡的な根治的な膀胱切除術、及び、体外 尿路変向術(論文・報告)08.02.09tb 
浸潤性の膀胱がん での 英国の一専門家治療病院 での 膀胱切除術と放射線療法とでの結果比較(論文・報告)08.01.22th 
(−結果) 切除された非−筋肉浸潤性の膀胱がん での fenretinide による再発予防の試み (論文・報告)08.01.21te 
(↑2008年 2 月)
『総』 非筋肉浸潤性の膀胱がん の治療 : AUA ガイドラインの 2007 年アップデート(総説)08.01.12td 
低リスクの表在性膀胱腫瘍の温存的な管理(論文・報告)08.01.07tk 

表在性の 膀胱 移行上皮がん での BCG のさまざまな用量 での 有効性、及び、安全性(論文・報告)08.01.07tc 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 尿路系 その他・全般 *****



(↑2017年 10月)
『論文類』 _転移性_、又は、_局所`進行期__尿路`上皮_移行上皮がん に於ける cabazitaxel 対 vinflunine の _ランダム化__フェーズ_2 / 3_研究__ : _SECAVIN 1707022321 
『 JCO 論文』 _治療−抵抗性__転移性__尿路`上皮`がん_を有する_患者さん_ に於ける _抗− PD-L1_抗体_avelumab による治療_ : __多施設_、_フェーズ1b__研究_ の _結果_ 1706302301 
(ニュース冒頭) _免疫`チェックポイント`阻害薬_ が _進行期__尿路`上皮_、腎臓 がん _に対し _効果的_ 1707191716 
(↑2017年 7月)
『 JCO 論文』 _再発した_、又は、_進行性_ の _尿路`上皮`がん_ に於ける pazopanib 対 _毎週 1 回の_paclitaxel_ : __ランダム化__フェーズ_2_研究_ 1705271548 

『論文類』 _第一線`化学療法_後 の _反応_を 得た_進行期__尿路`上皮`がん__に対する_vinflunine + _最良`サポートケア_による_維持`療法_ 対 _最良`サポートケア__単独_の_比較__ : _〜(続く) 1705082312 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん_を有する 一定の_患者さん__治療用_として Keytruda ( pembrolizumab )を_認可_ 1705232332 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Bavencio ( avelumab ) を_尿路`上皮`がん__治療用_として_加速`認可_ 1705102350 
(↑2017年 5月)
『論文類』 _白金系`化学療法剤__治療_後 の _転移性__尿路`上皮`がん__に対する_nivolumab による治療_ : _CheckMate 275 ( _多施設_、_単一`治療`グループ_、_フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1703172314 
(↑2017年 4月)
『論文類』 _局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん__に対する_pembrolizumab の_安全性_、及び、_活性__ : _KEYNOTE-012 ( _非`ランダム化_、_ラベル`明示_、_フェーズ1b_研究_ ) 1702051542 
(↑2017年 3月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Opdivo ( nivolumab : Bristol-Myers Squibb 社製_ )を_局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん__治療用_として_認可_ 1702041503 
(↑2017年 2月)
『論文類』 _再発性__転移性__尿路`上皮`がん__に対する_nivolumab_単剤`治療_( CheckMate 032 )_ : __多施設_、_ラベル`明示_、2_ステージ_、_多重__治療グループ_、_フェーズ1 / 2_臨床試験_ 1611111719 
(↑2016年 12月)
『 JCO 論文』 ERBB 変異を有する 白金系`化学療法剤__治療−抵抗性_の_転移性__尿路`上皮`がん__患者さん_ に於ける afatinib の_活性_ 1606191750 
(↑2016年 7月)
『 JCO 論文』 _局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん_の_第二線`治療_ に於ける docetaxel ( _単剤`治療_、又は、ramucirumab、又は、icrucumab との_併用_ ) : 〜(続く) 1604282204 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _尿路`上皮`がん__治療用_として Tecentriq ( atezolizumab )を_認可_ 1605191639 

『 ASCO abstract 』 _白金系`化学療法剤_−含有__レジメン_を含む2ライン の _化学療法_で_先行`治療_された_進行期__尿路`上皮`がん__に対する_everolimus の 〜(続く) 1604042235 
『 ASCO abstract 』 _再発性__原発_尿道`がん_を有する_患者さん_ に於ける _救助《サルベージ》治療__手術_、及び、_放射線`療法_ の _全体的`生存_への_インパクト_ 1604042220 
(↑2016年 5月)
『 ASCO abstract 』 _原発_腫瘍_ の 位置 とは 無関係の、_進行期__尿路`上皮`がん__に対する__白金系`化学療法剤−ベース__化学療法_後 の vinflunine への_反応_ 1603201743 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん__に対する__第二線`治療_としての_単剤_ 対 _2剤`併用`レジメン__化学療法_ : _メタ解析_ 1603201715 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん__に対する_gemcitabine / vinorelbine の _活性_ 1603192250 

『 ASCO abstract 』 _尿路`上皮`がん_を有する_より年配__患者さん_ に於ける _転移巣`切除術_の_使用_、及び、_結果状況_ 1603192224 
『 ASCO abstract 』 _進行期__尿路`上皮`がん__に対する_cisplatin_化学療法_後 の _維持_vinflunine : MAJA trial ( _ランダム化__プラセボ−比較__フェーズ_2_臨床`試験_ )の_予備的`解析_ 1603192214 
『 ASCO abstract 』 _進行期_、又は、_転移性__化学療法`抵抗性__尿路`上皮`がん__に対する_IL-2 / _T 細胞`レセプター__融合タンパク質_ + gemcitabine / cisplatin : _フェーズ1b / 2_研究_ 1603191710 
『 ASCO abstract 』 _進行期__尿路`上皮`がん__に対する_eribulin : California Cancer Consortium_臨床試験_( NCI/CTEP 7435 ) 1603191648 
『 ASCO abstract 』 _進行期__尿路`上皮`がん__に対する_pembrolizumab による治療 : KEYNOTE-012_臨床試験_からの_アップデートされた__結果_、及び、バイオマーカー_解析_ 1603182230 
(↑2016年 4月)

『論文類』 _進行期__尿路`上皮`がん_で cisplatin −不適な_患者さん_ に於ける _第一線`化学療法_としての vinflunine / gemcitabine 対 vinflunine / carboplatin の_比較_ : 〜(続く) 1603022226 
(↑2016年 3月)
『総説』 _転移性__尿路`上皮`がん__に対する__救助《サルベージ》治療_としての_第二線__単剤_ 対 _2剤`併用`_化学療法_ : _系統的_レビュー_、及び、_メタ解析_ 1512222258 
(↑2016年 2月)
『論文類』 _進行期__原発_尿道がん_を有する_患者さん_ に於ける _生存_への_周術期__化学療法_ の _インパクト_ : _原発_尿道がん_に関する 国際的 協働 の _結果_ 1507271733 
(↑2015年 8月)
『論文類』 _術前`補助`化学療法_ が 上部`尿路__尿路`上皮`がん_ での _生存_を_改善_ 1407052252 
(↑2014年 8月)
『 JCO 論文』 筋肉`浸潤性_尿路`上皮`がんに対する術前`補助 投与`集中_methotrexate /vinblastine /doxorubicin /cisplatin 1406221723 
(↑2014年 7月)

『論文類』 _転移性_集合管`がん__に対する_bevacizumab / gemcitabine / _白金系`化学療法剤__併用`治療_ 13.12.01tb 
『 ASCO abstract 』 泌尿生殖系 がん と_骨転移_を 有する_患者さん_ での denosumab と zoledronic acid の_比較_ 13.11.18td 
(↑2013年 12月)
『 ASCO abstract 』 _尿路_移行上皮がん_に対する_第二線`化学療法_としての vinflunine : _多施設_後ろ向き`方式`研究 13.10.14tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮`がん__に対する_2 つの_順次`実施__投与`集中__レジメン_( CGP → n-VAC ) 13.10.14ta 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期_、_非−切除可能的、又は、_転移性__尿路`上皮`がん__に対する_pemetrexed / cisplatin 13.10.13tc 

『 ASCO abstract』 進行期_尿路`上皮`がんと腎不全を有する患者さんでの第一線`治療_gemcitabine / paclitaxel / doxorubicin 13.10.13ta 
(↑2013年 11月)
『論文類』 白金系`化学療法剤−ベース_化学療法__治療`挫折_後 の _進行期__尿路`上皮`がん__に対する vinflunine による治療 13.05.28te 
(↑2013年 6 月)
『 JCO 論文』 上部`尿路_尿路`上皮`がんに対する腎`尿管`切除`術_後の膀胱_再発_予防での 単回_早期_pirarubicin_膀胱内`注入 13.04.15ta 
『論文類』 転移性、又は、再発_尿路`上皮`がん_に対する_2 つの_投与`集中_レジメン_《 MVAC 対 gemcitabine / cisplatin 》 13.04.01tg 
(↑2013年 4月)
『 ASCO abstract 』 局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん_に対する_ALT-801 + gemcitabine / cisplatin による治療 12.12.22tb 

『 ASCO abstract』 _進行性_進行期_尿路`上皮`がんでの _先行`実施の__化学療法_後 の tamoxifen : _フェーズ_2_臨床`試験_ 12.12.22ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__尿路`上皮`がん__に対する_paclitaxel + everolimus による_第二線`治療_ 12.12.20tc 
(↑2013年 1月)
『論文類』 _局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮_移行上皮がん_に対する_everolimus : _フェーズ_2_研究_ 12.10.19td 
『 JCO 論文』 _進行期__尿路`上皮`がん__に対する_cetuximab ± paclitaxel による治療 : _フェーズ_2_臨床`試験_ 12.10.17ta 
『総説 標題』 泌尿生殖系 がん _に対する_骨−標的`治療_への _現行の_アプローチ 12.10.13ta 
(↑2012年 11月)

(ニュース冒頭) _尿路`上皮`がん_ での _生存_を _術前`補助`化学療法_ が _改善_ 12.05.12na 
(ニュース冒頭) _尿路がん__に対しては、_腎`切除術_ は _必須的_では 必ずしもない との研究結果 12.05.08nb 
(↑2012年 5月)
『 JCO 論文』 _局所`進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん__に対する_gemcitabine / cisplatin への paclitaxel 追加_効果_ 12.04.01ta 
(↑2012年 4月)
『 ASCO abstract 』 _進行期_、又は、_転移性__尿路`上皮`がん_の_第二線`治療_としての volasertib (BI 6727)_単剤`治療_ 12.02.21tb 
(↑2012年 3月)
『論文類』 _進行期__尿路`上皮がん__に対する_cisplatin −ベース、及び、carboplatin −ベース_化学療法_の_比較__有効性_ 12.01.30te 

『 ASCO abstract 』 _進行期__尿路`上皮がん__に対する_cisplatin −、及び、carboplatin −ベース_化学療法_の有用性比較 12.01.17tb 
『 ASCO abstract 』 再発した、又は、治療−抵抗性__尿路`上皮がん__に対する_pazopanib_単剤`治療_のアップデートされた_結果 12.01.16tb 
『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り の__転移性__尿路`上皮がん_ での paclitaxel_有効性_への cetuximab の_影響_ 12.01.16ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性__尿路`上皮_移行上皮がん_に対する_everolimus による治療 : _フェーズ_2__最終的__結果 12.01.15tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期_ / _転移性__尿路`上皮がん__に対する_gemcitabine / carboplatin / bevacizumab による治療 12.01.15tb 

『 ASCO abstract 』 _手術`不可能的_、又は、_再発性__尿路`上皮がん__に対する_2 つの _強化__レジメン_の 比較 12.01.15ta 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) 先行治療`経験`有り の__尿路`上皮がん_で docetaxel への vandetanib 追加 は _有用的_でない_との研究結果_ 12.01.28nd 
『 JCO 論文』 _進行期__尿路`上皮がん__に対する_gemcitabine / carboplatin 対 methotrexate / carboplatin / vinblastine 12.01.09tc 
(↑2012年 1月)
『論文類』 cisplatin −ベース_化学療法_に 不適格な_尿路`上皮がん__患者さん_ での _第一線`治療_としての sunitinib 11.12.06td 
(ニュース冒頭) cisplatin −不適 な _尿路`上皮がん__に対する__化学療法__選択肢_を 同定 11.12.16na 
(↑2011年 12月)

『 JCO 論文』 転移性_尿路`上皮 がん に対する__第一線`治療_としての cisplatin / gemcitabine / bevacizumab  11.04.23ta 
(↑2011年 5月)
新資料:尿路上皮腫瘍《腎盂・尿管)の治療《eMedicine資料のご紹介》 10.07.15mb 
《項目追加》 現行_治療_5 : 尿路上皮_腫瘍《腎盂・尿管》_の_治療_ ≫ …… ≫ 転移性、及び、リンパ節`陽性_の_病気 10.07.03ma 
(↑2010年 7月)
《項目追加》 現行_治療_5 : 尿路上皮_腫瘍_《腎盂・尿管》の_治療_ ≫ …… ≫ _筋肉`浸潤性 及び 局所`進行期の_病気 10.06.20ma 
(↑2010年 6月)
『論文類』 _転移性__尿路`上皮がん__に対する_sunitinib による治療 : _フェーズ_2__研究_ 10.03.09te 
(↑2010年 4月)

『論文類』 進行期_尿路`上皮がん_の cisplatin_化学療法_に不適の_患者さん_ での gemcitabine / carboplatin 等の_化学療法_ 09.11.21ta 
(↑2009年 12月)
『(−)結果 論文類』 _高リスク__尿路`上皮がん_の_外科的__切除_後 の _順次`実施__補助`化学療法__治療_ 09.11.07ta 
(↑2009年 11月)
『論文類』 _進行期__尿路_移行上皮がん_に対する_白金系`化学療法剤−含有_レジメン_後 の vinflunine + 最良`サポートケア 09.09.23te 
(↑2009年 10月)
『論文類』 局所`進行期/転移性__尿路`上皮がんで 白金系`化学療法剤_先行治療`経験`有り 患者さん での vinflunine_治療_ 09.09.04td 
『未達結果論文』 _進行期__尿路`上皮がん__に対する_sorafenib_治療_ : _Phase II__臨床試験_ 09.09.04tc 

『未達結果論文』 転移性、又は、_局所`進行期__尿路`上皮_移行上皮がん_ での _順次`実施_doxorubicin / gemcitabine → … 09.08.31td 
『論文類』 進行期/転移性_移行上皮 尿路上皮がんでの 新 治療_戦略_としての M-VAC_化学療法+軽度_温熱療法 : 予備的結果 09.08.25tc 
(↑2009年 9月)
(未達) _局所`進行期_ 、又は、 _転移性__移行上皮がん_ での _第二線`治療_としての lapatinib(論文・報告)09.06.27tb 
(↑2009年 7月)
_先行治療`経験`無しの_尿路`上皮がん_での gemcitabine / paclitaxel 《 2 週間に 1 回 》(論文・報告)09.06.09tb 
小細胞_尿路`上皮がん_での 術前`補助`交替 2 剤_化学療法《 ifosfamide / doxorubicin …》(論文・報告)09.05.30td 

_進行期__尿路_ がん での cisplatin / gemcitabine / gefitinib_治療_ : Phase II_研究(論文・報告)09.05.24tg 
(↑2009年 6月)
『総』 会議レポート : European Society of Oncological Urology 第 6 回会議(総説)09.04.22tg 
(↑2009年 5月)
進行期の尿路上皮がん での pemetrexed + gemcitabine による治療(論文・報告)08.06.06tb 
(総紹)進行期の尿路上皮がん で cisplatin 非有資格ケース での 化学療法 選択肢(総説紹介文)08.05.27td 
(↑2008年 6月)
(−結果) 先行治療経験のある進行期の尿路移行上皮がん での bortezomib による治療(論文・報告)08.05.06tb 

膀胱切除術や術前補助化学療法 不適格の筋肉浸潤 尿路上皮がん での 治療選択肢(論文・報告)08.05.04tb 
(↑2008年 5月)
『総標』泌尿生殖系の がん の管理 での アップデート : ASCO 2007 からの報告(総説標題)08.04.02tg 
(↑2008年 4月)
症例: 転移性の化学療法 抵抗性の尿路上皮がん での bevacizumab へのプラスの反応(症例報告)08.03.14tc 
(↑2008年 3月)
進行期、又は、転移性の移行上皮がん での 救助治療としての methotrexate + vinblastine …(論文・報告)08.01.21ti 
(↑2008年 2 月)
(総紹)進行期の尿路上皮がん での 現行の最適な化学療法(総説紹介文)07.12.27tb 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告