表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
メラノーマ 情報データベース

ご注意 : メラノーマ以外の皮膚がんについての情報は、「その他 情報データベース」のページへ移管しました。

*****目次*****

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

--- メラノーマ ---

メラノーマの化学療法 

--- 皮膚の悪性メラノーマ ---

基本的な資料 
 ‥資料 001-A : 治療の全体像《Medscape Reference資料ご紹介 April, 2012 作成》

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。


( ASCO ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ_に於いて、3 年間 近くの_フォローアップ_で Keytruda が Yervoy よりも _生存`利益_を 引き続き _改善_ 1706171732 
( ASCO ニュース冒頭) _メラノーマ__脳転移__に対する__免疫`療法__ : _「_臨床`実地−変更的_」との 見方 1706162321 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__手術_ に於ける _臨床`実地_を 変更させる可能性のある_研究`結果_ 1706131659 
(↑2017年 6月)
『論文類』 _非−切除可能的_、又は、_転移性__メラノーマ__に対する_ipilimumab 10 mg/kg 対 ipilimumab 3 mg/kg _ : __ランダム化、_ダブル`ブラインド_、_多施設_、_フェーズ_3_臨床`試験_ 1705042305 
『論文類』 _メラノーマ_ での coBRIM_研究_ に於ける cobimetinib + vemurafenib に伴う_毒性_ の _発症`頻度、_コース_、及び、_管理_ 1705041647 

『論文類』 _進行期_BRAFV600 −変異型__メラノーマ_を有し BRAF 、及び、 MEK _阻害薬__先行治療`経験`有り の__患者さん_のための_併用_dabrafenib / trametinib_治療__ : _〜(続く) 1704072311 
(↑2017年 5月)
『論文類』 _進行期_NRAS −変異型__メラノーマ__に対する_binimetinib 対 dacarbazine_治療__ : _NEMO ( _多施設_、_ラベル`明示_、_ランダム化_、_フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1704032335 
『論文類』 _進行期`メラノーマ__に対する__短期的_CTLA-4 ブロック 、と、 それに直接 続いての PD-1 ブロック_ : __単一`センター_ での _経験_ 1704031645 
『論文類』 _脳転移_を伴う__転移性`メラノーマ__に対する_vemurafenib による治療_ : __ラベル`明示_、_単一`治療`グループ_、_フェーズ_2_、_多施設`研究_ 1703232304 
『論文類』 _高リスク__ステージ_3__メラノーマ_の_完全`切除_後 の _補助_ipilimumab 対 _プラセボ_による_健康`関連`性`の`生活の質__ : _EORTC 18071 (〜(続く) 1703191708 

(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する__併用__免疫`療法 に関する_最初の__フェーズ_3__全体的`生存__結果_ 1704081518 
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ__に対し、pembrolizumab、と、_開発`段階 の _薬_ の _併用_ が 好結果 との研究結果 1704061758 
『論文類』 _メラノーマ__治療_ に於ける _免疫`チェックポイント`阻害 からの_神経`毒性__ : __単一__センター_ での _経験_、及び、_文献_レビュー_ 1703131719 
『論文類』 _進行期`メラノーマ_、及び、_既存の__自己`免疫`疾患_、又は ipilimumab による 重度の_毒性_を 有した_患者さん_ に於ける _抗− PD-1_治療_ 1703131549 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) Array BioPharma 社 が NRAS −変異__メラノーマ__治療用_としての binimetinib_単剤`治療_のための_新薬`申請( NDA )_を 取り下げる旨 発表 1703221612 

(ニュース冒頭) _上皮内`メラノーマ__に対し、モース_手術_、と、_広範囲`局所`切除術_ が _比肩`可能的_のように見える との研究結果 1703071724 
(↑2017年 3月)
『 JCO 論文』 _粘膜`メラノーマ__に対する_nivolumab_単独_、又は、ipilimumab との_併用_の_有効性_、及び、_安全性__ : __プール化`解析_ 1701081718 
『論文類』 定位`手術的`照射《SRS》_ + _抗−PD-1_治療、_抗−CTLA-4_治療、 BRAF / MEK 阻害薬_、 BRAF 阻害薬、又は、_従来的な_化学療法_で_治療された_メラノーマ_脳転移_の_臨床的`結果状況_ 1612262233 
(↑2017年 1月)
『論文類』 _進行期`メラノーマ__に対する_nivolumab / ipilimumab 対 ipilimumab_単独_による治療の_比較__ : __多施設_、_ランダム化_、_比較_、_フェーズ_2_臨床`試験_ に於ける 〜(続く) 1611081710 
(ニュース冒頭) MEK 阻害薬_ が 眼科_有害`事象__を伴う_ことがある とする_研究`結果_ 1612011708 
(↑2016年 12月)

(ニュース冒頭) _メラノーマ__治療_ に於ける nivolumab の _奏効_ は 、_免疫−関連__有害`事象_を 示した_患者さん_に於いて_より高い_ との研究結果 1611241719 
『論文類』 末端性、及び、粘膜_メラノーマ_ に於ける _抗− PD-1_薬_ の _有効性_ 1610232109 
『論文類』 PD-1、及び、PD-L1_抗体_で_治療_された_転移性__ぶどう膜`メラノーマ_ に於ける _臨床的`結果状況_ 1610232058 
(ニュース冒頭) より強い 日焼け止めを _使用_することにより、女性 での _メラノーマ__リスク_ が _低下_する との研究結果 1611081648 
『論文類』 _治療−未経験__進行期`メラノーマ_を有する_患者さん_ に於ける _健康`関連`性`の`生活の質_への nivolumab の _効果__ : __フェーズ_3_CheckMate 066_研究_からの_結果_ 1610031716 
(↑2016年 11月)

『論文類』 _メラノーマ_の_脳転移_の_定位`手術的`照射 _に対する_早期___放射線`画像的__反応_に、_免疫`チェックポイント_治療_の _タイミング_ / タイプ が _影響_する。 1609261658 
(ニュース冒頭) epacadostat + Keytruda ( pembrolizumab ) が _進行期`メラノーマ_の_治療_に於いて_効果的_な 模様 1610141714 
(ニュース冒頭) _ステージ_3__メラノーマ_に於いて、_補助`療法_ipilimumab により_生存`期間_ が _伸長_ 1610131641 
『論文類』 進行期_BRAFV600_変異型 メラノーマに対する_cobimetinib / vemurafenib_併用`治療 : coBRIM( ランダム化、ダブル`ブラインド_フェーズ3_臨床試験)からのアップデートされた有効性_結果 1609051648 
(↑2016年 10月)
(ニュース冒頭) Cotellic / Zelboraf_併用__ : __メラノーマ__に対する__新しい__標準的`ケア_ 1609231704 

(ニュース冒頭) 小児 の _メラノーマ__患者さん_ は __成人`患者さん_よりも より_リンパ節_拡大 を 持つ が _より長い__生存`期間_を 持つ 傾向がある との研究結果 1609141700 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が binimetinib ( _進行期_NRAS_変異型__メラノーマ__治療用_ )の_新薬`申請( NDA )_を 受理 1609061649 
『総説紹介文』 _ぶどう膜`メラノーマ__ : __診断_から_治療_まで、そして、その間の_科学 1608071316 
(↑2016年 9月)
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__非−切除可能的__ステージ_3 B 〜4_メラノーマ__に対する_talimogene laherparepvec + ipilimumab_併用_による治療 1607311457 
『総説』 _メラノーマ_を有する_患者さん_ での _脳転移_の_管理_ 1607221632 

『論文類』 メラノーマ、又は、_非`小細胞`肺がん、及び、未治療の_脳転移_を有する_患者さん のための pembrolizumab_治療_ : 非`ランダム化_、ラベル`明示_フェーズ_2_臨床`試験_の_早期__解析_ 1607171708 
(ニュース冒頭) 英国の_費用`効果`判定`当局_《 NICE 》 が 方針を変更して、Amgen 社 の _ウィルス−ベース の _メラノーマ_治療薬_ の _国営`保健`サービス_ での _使用_を 支持 1608111558 
『論文類』 _進行期`メラノーマ__に対する__nivolumab、と、ipilimumab の_計画されたスイッチ_を伴う_順次`実施__投与_ : CheckMate 064 ( _ラベル`明示_、_ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1607171513 
(↑2016年 8月)
(ASCO ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ__に対し、Taflinar / Mekinist_併用`治療_により 3 年後__生存率_ が _改善_ 1607221710 
(ニュース冒頭) Array BioPharma が binimetinib ( _進行期_NRAS −_変異型__メラノーマ__治療用_ )について_新薬`申請( NDA )_を米国 FDA に 提出 1607051704 

『論文類』 _メラノーマ_からの_軟髄膜_転移 に於ける _分子標的`治療_、及び、_免疫`療法_ 1605301651 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) 足底への 機械的なストレス が _メラノーマ__成長_と 関連する可能性がある とする_研究`結果_ 1606251628 
(ニュース冒頭) 英国の_費用`効果`判定`当局_《 NICE 》 が Roche 社_の_メラノーマ__治療薬_ は 「余りにも高価である」と 言明 1606181706 
『 JCO 論文』 _C-反応性`蛋白_についての 調整後 の _メラノーマ__患者さん_ に於ける ビタミン D _レベル_と_結果状況_との_関連性_ 1605141638 
(↑2016年 6月)
(ニュース冒頭) _皮膚がん_を_治療_しようとして Black Salve ( 赤根草 )家庭療法を_行うと、_患者さん_は _生命を脅かす`的_な_リスク_に 直面する との 警告 1605241615 

(ニュース冒頭) 大きな_ぶどう膜`メラノーマ__に対する__眼内`切除_により _有用的_な 視力の 温存 が 可能 1605111719 
(ニュース冒頭) BRAF 阻害薬_ が _メラノーマ__に対する__放射線`手術_の_結果状況_を_改善_ 1605101635 
(↑2016年 5月)
『論文類(詳細原文)』 _メラノーマ_からの_脳転移__に対する__定位`放射線`治療_ + _抗− PD-1_薬_による_治療_ の _臨床的`結果状況_ 1603251704 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__免疫`療法_の 否定的 側面 : _非−_治療`奏効`者_ が 55%〜 67%存在 1604221657 
(ニュース冒頭) 「 より多くの_患者さん_ が より 長く_生存_している」 : (_メラノーマ__に対する_)_免疫`療法__最新_データ_ 1604191635 
(↑2016年 4月)

『 JCO 論文』 BRAF V600 −変異型__転移性`メラノーマ__に対する_ dabrafenib / trametinib_治療_ に於ける _全体的`生存_、及び、_持続的__奏効_ 1603052234 
『論文類』 _定位`放射線治療_、と、_抗− PD-1_治療_で_治療_される_メラノーマ_の_脳転移_の_臨床的`結果状況_ 1603021749 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) 2015 年 の _レビュー_ : _メラノーマ_ 1602241650 
(ニュース冒頭) _早期−ステージ__メラノーマ_、及び、_非`小細胞`肺がん_ の _患者さん_ は _免疫`療法_から _最も__利益_を 受ける _患者さん_に 含まれる 1602091656 
(↑2016年 2月)
『 JCO 論文』 _局所`進行期 and / or ステージ_4__メラノーマ_の 完全_外科的`切除_後 _病気の_証拠_無し の _患者さん_ に於ける GM-CSF 対 _ペプチド`ワクチン_ 対 〜(続く) 1511270021 
(↑2016年 1月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が pembrolizumab を 今度は_メラノーマ_の_第一線`治療_用 としても_認可_ 1512241725 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Keytruda ( pembrolizumab )の、_進行期`メラノーマ_の_治療_ に於ける 適応`拡大 を _認可_ 1512211639 
(ニュース冒頭) Array BioPharma 社 の _開発`段階 の _薬_binimetinib が _メラノーマ__治療用_として、_晩期_ステージ__研究_で _好結果_ 1512182354 
(ニュース冒頭) ipilimumab は _自己`免疫`疾患_の_患者さん_に於いて 、_注意深い_モニタリングにより、_安全的_と 思われる との研究結果 1512120016 
(ニュース冒頭) Opdivo が _メラノーマ_の_初回`治療_として_単剤_ での 拡大_認可_を 取得 1512021646 
(↑2015年 12月)

『論文類』 _転移性`メラノーマ_の_化学療法−未経験__患者さん に於ける nab-paclitaxel 対 dacarbazine_治療_ : _ランダム化__コントロール__フェーズ_3_臨床`試験_ 1511012343 
(ニュース冒頭) Roche 社_ が _進行期`メラノーマ__に対する_atezolizumab による治療の _初期的_好結果 を 発表 1511251718 
(ニュース冒頭) 「実社会」 での _メラノーマ__治療_パターン は _臨床試験_と 同様である との研究結果 1511251702 
(ニュース冒頭) _ぶどう膜`メラノーマ__に対する__新しい__戦略_の_研究_、しかし、_或る程度の__利益_のみ 1511241643 
『 JCO 論文』 _免疫`治療`薬_ipilimumab の 30 分間 での 点滴 の _安全性_ 1510192336 

(ニュース冒頭) _抗− PD-1_薬_は_進行期`メラノーマ_の_治療用_として、_その他の__薬_よりも 優れている`との_メタ解析__結果_ 1511201656 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する_ BRAF 阻害薬__使用_に伴う_急性`腎`障害_の_報告_ 1511181640 
『総説紹介文』 _メラノーマ_の_脳転移__に対する_進歩しつつある_治療`選択肢_ 1510171750 
『論文類』 _非−切除可能的_、又は、_転移性_皮膚 BRAF Val600_遺伝子`変異−陽性_メラノーマ_の_患者さん での _健康`関連`性`の`生活の質_へのdabrafenib / trametinib_併用`治療_、と、〜(続く) 1510171733 
(ニュース冒頭) Yervoy が より_早期_ステージ_の_メラノーマ__治療用_として 拡大_認可_を 取得 1511122305 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`メラノーマ__に対する__併用`治療_用 として Cotellic ( cobimetinib )を_認可_ 1511122248 
『 JCO 論文』 Memorial Sloan Kettering Cancer Center で ipilimumab で_治療_された_メラノーマ__患者さん_ に於ける _免疫−関連__有害`事象_、_全身的_免疫`抑制の必要性〜(続く) 1510111747 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _メラノーマ__再発__リスク_を_低下_させる _目的_ での Yervoy_使用_を_認可_ 1510301750 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _メラノーマ__治療用_として Imlygic ( talimogene laherparepvec )を_認可_ 1510281739 
(ニュース冒頭) Roche 社_の_データ_によれば、Cotellic の_併用`治療_ が _メラノーマ__に対し_効果的_ 1510091716 

(ニュース冒頭) MRA ( Melanoma Research Alliance : _メラノーマ_研究_同盟 ) が_メラノーマ__に対する__最初の__併用__免疫`療法_を米国 FDA が _認可_したことを 歓迎 1510051719 
(↑2015年 10月)
『 JCO 論文』 talimogene laherparepvec が _進行期`メラノーマ_ に於ける _持続的`奏効`率_を_改善_ 1508302348 
(ニュース冒頭) GM-CSF による_補助`療法_や ペプチドワクチンによっては、_メラノーマ_ での _生存_ は _改善_されない との研究結果 1509121806 
(↑2015年 9月)
(ニュース冒頭) interleukin-2 が _皮膚_転移性`メラノーマ_を 抑制する 可能性あり との研究結果 1508261719 
『論文類』 ipilimumab_治療−抵抗性__メラノーマ__に対する_pembrolizumab 対 _研究者−_選択__化学療法_ : KEYNOTE-002 ( _ランダム化_、_コントロール__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1508081726 

(ニュース冒頭) _実社会_ での ipilimumab の_副作用_、そして、どうすべきか? 1508221822 
(ニュース冒頭) _メラノーマ_の_皮膚__転移__に対し _効果的_な_新しい__併用`治療_ 1508190015 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__治療_ に於ける pembrolizumab による_皮膚_反応_ が _より良好_な_生存_と 関連している との研究結果 1508080011 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する__分子標的`治療薬__使用_に伴う_皮膚`毒性_については 詳細 を 知る 必要がある との 皮膚科_研究者 からの 指摘 1508071727 
『論文類』 _高リスク__ステージ_3__メラノーマ_の_完全`切除_後 の _補助_ipilimumab 対 _プラセボ__比較_ : EORTC 18071 ( _ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、_フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1507120025 
(↑2015年 8月)

『解説』 コーヒー摂取により_悪性__メラノーマ_の_リスク_ が _低下_する 可能性あり との研究結果 1506211748 
『論文類』 BRAF 阻害薬__治療_による_放射線`感受化 : _メラノーマ__患者さん_ に於ける _毒性_ の メカニズム、と、頻度 1506210006 
『 JCO 論文』 _非−切除可能的_、又は、_転移性__メラノーマ_ に於ける ipilimumabの_フェーズ_2_、及び、_フェーズ_3__臨床試験_からの_長期的_生存__データ_ の _プール化`解析_ 1506142340 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__治療_のための点滴に於いて、ipilimumab の より_短い_時間 での 点滴 が _安全的_であるようだ との研究結果 1507031742 
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ__に対し、Opdivo_単独_、又は、Yervoy との_併用_ が _効果的_ 1506302351 
(↑2015年 7月)

( ASCO ニュース冒頭) _メラノーマ__治療_ に於ける _もう一つの_大変化 : _免疫`治療`薬__併用_の 勝利( 原文通りの表現 ) 1506011704 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) _注射用_T-VEC が _メラノーマ__患者さん_に 希望を 提供( 原文通りの表現 ) 1505291723 
『論文類』 _抗− CTLA-4 後 の _病気`進行_した_進行期`メラノーマ__に対する_nivolumab 対 _化学療法_の_比較_ : CheckMate 037 : _ランダム化_、_比較_、_ラベル`明示__フェーズ_3_臨床`試験_ 1504171750 
『解説』 _いくらかの__患者さん_に於いて、_新しい__免疫`療法_ が _有望的 : 医者 は 楽観論と 現実的な 期待との バランスを 試みる。 1504132321 
『 JCO 論文』 _フェーズ_3_臨床`試験_で ipilimumab + dacarbazine を 受けた_治療−未経験__進行期`メラノーマ__患者さん_ での 5 年後__生存率_ 1504132209 

『論文類』 イタリア Network for Tumor Biotherapy (NIBIT)-M1_フェーズ_2_研究_で ipilimumab / fotemustine_治療_を受けた_進行期`メラノーマ__患者さん_の 3 年間 _フォローアップ_ 1504061730 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が _メラノーマ__に対する_T-VEC_注射_の_認可_を 勧告 1505021756 
(ニュース冒頭) 米国 FDA スタッフ審査者たち が Amgen 社の がん_治療__ワクチン_( _メラノーマ__治療用 )の_データ_に関し、_懸念_を 表明 1505011718 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ__に対し、Keytruda が Yervoy よりも より_効果的_な可能性あり との研究結果 1504261753 
(ニュース冒頭)「 驚くべきこと」 : _免疫`治療`薬_の_併用_の_単回`投与_により、`メラノーマ_ が 消失《 ほぼ原題通りの表現 》 1504241742 

(ニュース冒頭) _メラノーマ_の 5 分の 1 の _ケース_で、_免疫`治療`薬__併用_( nivolumab / ipilimumab )後 に 検出されなくなった との 結果 1504221746 
(ニュース冒頭) パラダイム・シフト : _メラノーマ__に対する__治療_として、_抗− PD-1_薬_Keytruda が ipilimumab よりも 好結果 1504211707 
(ニュース冒頭) ipilimumabは、_メラノーマ__に対する__補助`療法_として _使用_される 準備が できているか? 1504101716 
(ニュース冒頭) _進行期_治療−抵抗性__メラノーマ__に対し、nivolumab が _効果的_ 1504042333 
(↑2015年 4月)
(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_ が nivolumab ( Bristol-Myers Squibb 社_ )の_メラノーマ__治療薬_としての_認可_に関する 評決を 延期 1503311801 

(ニュース冒頭) pembrolizumab が ipilimumab に勝って、_メラノーマ_ での _臨床試験_ が 中止 1503261652 
(ニュース冒頭) Merck 社 の _メラノーマ__治療薬_( pembrolizumab ) が 英国の_早期`アクセス`制度_下で _最初の__認可_ 1503122249 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Genentech 社 の cobimetinib に、_進行期`メラノーマ__に対する_Zelboraf との_併用_使用_につき、_優先`審査_を 賦与 1502202345 
『総説』 _より年配__メラノーマ__患者さん_に於ける _皮膚__浸潤性_、及び、in situ_メラノーマ_の_臨床`病理`的__特徴_、及び、_管理_の 傾向 1501191725 
(ニュース冒頭) Yervoy ( ipilimumab ) が _ステージ_3__メラノーマ__治療_を_改善_ 1502071750 
(↑2015年 2月)

(ニュース冒頭) _メラノーマ__研究_ニュース : 2014 年の_レビュー_ 1501081731 
『論文類(詳細原文)』 BRAF V600E −変異__メラノーマ__に対する_vemurafenib_間欠的_投与_ 1411281729 
『 JCO 論文』 _高リスク__メラノーマ__に対する__高用量_インターフェロン Alfa-2b 対 cisplatin / vinblastine / dacarbazine / インターロイキン 2 / インターフェロン 1411232221 
(↑2015年 1月)
『 JCO 論文』 _単剤_ BRAF 阻害薬_では_病気`進行_を 経験している BRAFV600 −変異__メラノーマ__患者さん_ での dabrafenib / trametinib_併用`治療_ 1411221804 
『 JCO 論文』 _進行期`メラノーマ__に対する__抗体−薬物`複合体_glembatumumab vedotin : _フェーズ_1 / 2_研究_ 1411221745 

『総説』 _進行期__メラノーマ_、及び、_その他__皮膚 がん _に対する__治療_に於ける _進歩_ 1411171731 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`メラノーマ__治療用_として Opdivo ( nivolumab )を_認可_ 1412231718 
(ニュース冒頭) Genentech 社 が _進行期`メラノーマ__に対する_cobimetinib ( vemurafenib との_併用_ )_使用_につき、 NDA を_申請_ 1412191746 
(ニュース冒頭) Yervoy が _ぶどう膜`メラノーマ__治療用_として_利益的_である可能性あり 1412151654 
(ニュース冒頭) _ぶどう膜`メラノーマ__に対する_ipilimumab の_使用_ : 25%の_患者さん_で_長期`持続性の__反応_ 1412041657 

『論文類』 進行期メラノーマで先行実施フェーズ2研究でipilimumabを受けた患者さんでの生存フォローアップ、ipilimumab再治療 1411011751 
(↑2014年 12月)
(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する__免疫`療法_による_長期`持続性の__反応_ 1411291803 
(ニュース冒頭) がん _免疫`療法_ : 有効範囲の拡大、_反応 の 予測 1411291747 
(ニュース冒頭) PV-10 の_注射_ は _メラノーマ__病変_に対する__有望的な__治療_である との研究結果 1411251718 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ_に於いて、Opdivo ( nivolumab ) が_化学療法_に 比較して_生存`利益_ 1411212242 

(ニュース冒頭) _メラノーマ_に於ける _生存_ が 更に 上昇 : 「_治癒_ が 我々の 視界に ある」 1411211741 
(ニュース冒頭) _メラノーマ_の_第一線`治療_としての nivolumab : _新しい__標準的`ケア_? 1411181659 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ_に於いて、ipilimumab と sargramostim の_併用により_生存`改善_ 1411162356 
(ニュース冒頭) _メラノーマ_に於いて_ipilimumab への GM-CSF の追加 により_生存 が _改善_ 1411102330 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ_に於ける PV-10 の _効果_ : _迅速な__奏効_により、_フェーズ_3_臨床`試験_へ 1411011726 
(↑2014年 11月)

『論文類』 BRAF 阻害薬_では_病気`進行_した_転移性`メラノーマ_の 性質、及び、_管理_ 1410061749 
(ニュース冒頭) _高リスク__メラノーマ__に対する_生化学`療法_により、_全体的`生存_には_改善_無し との研究結果 1410251752 
(ニュース冒頭) _分子標的`治療`薬_nivolumab が _進行期`メラノーマ_で_化学療法_よりも _より良好_な_結果_ 1410141649 
(ニュース冒頭) _メラノーマ_に於ける _腫瘍`溶解性`ウィルス_の_注射_ : _持続的_奏効_ 1410111711  
(ニュース冒頭) _メラノーマ_に於ける COMBI-v ( BRAF 阻害薬_ / MEK 阻害薬__併用__臨床試験_ )で_印象的な__結果_ 1410091747 

(ニュース冒頭) _進行期__メラノーマ__に対する__新しい__標準的`ケア_ : BRAF 阻害薬_と MEK 阻害薬_の_併用_ 1410021706 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対し、_第二線_ / _第三線_ nivolumab により「印象的な」長さの_奏効_ 1410011742 
(↑2014年 10月)
『総説紹介文』 BRAF−遺伝子`変異__メラノーマ_ : 我々は 次は 何処へ行くのか? 1408252238 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`メラノーマ__治療用_として Keytruda ( pembrolizumab )を_認可_ 1409051736 
(↑2014年 9月)
(ニュース冒頭) Merck & Co 社 の pembrolizumab ( _メラノーマ__に対する__免疫−抗がん`薬_ )が 間もなく_認可_の見込み 1408271731 

『論文類』 vemurafenib ( _メラノーマ__治療用_ BRAF 阻害薬_ )に伴う_急性_腎不全_ 1407291717 
(ニュース冒頭) _局所`進行期__鼻・副鼻腔`メラノーマ__に対し、_内視鏡`的`切除_ が _良好な__選択肢_ 1408131726 
『論文類』 _転移性`メラノーマ__に対する_ BRAF 阻害薬_ の _利益_に関する_患者さん_の 認識 : _生活の質__分析_ 1407182355 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ_に於ける 現在までに_最大の__研究_で、pembrolizumab が _有望的な__活性 1407311658 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対し、ipilimumab の 後で pembrolizumab が _有効 1407241737 

(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する_2 剤_併用`治療_の_臨床試験_ が _生存`利益_有り のため、_早期_に 中止 1407191651 
『 ASCO abstract』 塩基性`線維芽細胞`増殖`因子_過剰`発現_転移性`メラノーマ__に対する__低用量_PEG インターフェロン…… 1405272319 
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ_に於ける nivolumab の_評価_を、  優れた_結果_により、_早期中止 1407081742 
(ニュース冒頭) _メラノーマ_の_肝臓`転移__に対する__外科手術_ は _生存`期間_を_伸長_することあり との研究結果 1407041737 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) nivolumab が _メラノーマ__治療_に於いて_生存`利益_ 1406272226 

(ニュース冒頭) _メラノーマ_の_治療_に於いて、_腫瘍`浸潤`リンパ球__治療_により、_持続的__奏効率_25% 1406102230 
(ニュース冒頭) INCB024360 ( IDO1_酵素__阻害薬_ ) + Yervoy が _転移性`メラノーマ__に対し_忍容性`良好_で_腫瘍`奏効_ 1406081700 
(ニュース冒頭) ipilimumab は より_早期−ステージ_の__メラノーマ_に於いても_有用的_か? 1406051632 
( ASCO ニュース冒頭) _メラノーマ__に対し、_併用`治療_により 「前例の無い」_生存_ 1406032254 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) _メラノーマ_の BRAF 阻害薬__治療_に伴い、_急性_放射線_皮膚_毒性_発生の可能性あり との報告 1405311804 

『論文類』 _線維`形成`性`メラノーマ_の_患者さん_に於いて、_放射線`療法_ が _局所`コントロール_に 影響 1405080002 
『論文類』 _線維`形成`性`メラノーマ_の_管理_に於ける _補助`放射線`療法_ の _役割_ 1405062221 
(↑2014年 5月)
(ニュース冒頭) ipilimumab ( _メラノーマ__治療薬_ )の_使用_に 伴い、2 件の重症筋無力症の_報告_ 1404301728 
『論文類』 BRAF V600_遺伝子`変異__転移性`メラノーマ__に対する_vemurafenib : _ラベル`明示_、_多施設_、_安全性__研究_ 1404061736 
『 JCO 論文』 nivolumab_投与_を 受ける_進行期`メラノーマ__患者さん_ での _寛解、及び、長期的__安全性_ 1403311742 

(ニュース冒頭) _開発`段階 の _抗体−薬物`複合体_ が _メラノーマ__に対する__活性_の 徴候 1404171748 
『総説紹介文』 _メラノーマ_の_肝臓`転移_ : _外科的_、_全身的_、_領域的 _治療`選択肢_ の _レビュー_ 14.03.15ta 
『論文類』 BRAF V600E、及び、 BRAF V600K_遺伝子`変異−陽性 _メラノーマ__に対する_vemurafenib による治療 14.03.10td 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する__新規な__治療`戦略_ が _全体的`生存_の 評価`項目_を 達成せず 1404081745 
(ニュース冒頭) MAGE-A3_ワクチン_ の _肺がん_ での _開発_ は 結局 中止 1404032336 
(↑2014年 4月)

『論文類』 BRAF V600E−陽性_進行期、又は、転移性_メラノーマに対する_trametinib 対 化学療法の_機能的 / 症状的_インパクト 14.03.03tb 
(ニュース冒頭) T-VEC_ワクチン_ が _進行期`メラノーマ_ での _腫瘍_の _縮小_を 促進 1403301636 
(ニュース冒頭) _眼内`メラノーマ_の_肝臓`転移__に対し、_肝臓内__投与_fotemustine が _失望させる的_ 14.03.28nb 
(ニュース冒頭) GSK 社の がん _ワクチン_ が 再び _失敗_、しかし、_研究_ は 続行 14.03.22nb 
(ニュース冒頭) _脈絡膜`メラノーマ_の_早期_治療_により、_転移性_死亡_ が _低下_ の 可能性あり との研究結果 14.03.20nb 

(ニュース冒頭) nivolumab により、_進行期`メラノーマ_で_持続的_反応_ 14.03.15na 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ__に対し、nivolumab は 「期待を高める」可能性ありとの NCI 医たちの 発言 14.03.05nd 
『論文類』 脳に_転移した BRAF −遺伝子`変異メラノーマで dabrafenib で治療された患者さんでの 反応 / 病気`進行_パターン 14.02.10tb 
(↑2014年 3月)
『総説』 _メラノーマ_の_脳転移__に対する__新規な__治療_ 14.02.07ta 
(↑2014年 2月)
『総説』 _メラノーマ_に於ける _新しい__分子標的`治療_ 14.01.07ta 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Mekinist ( trametinib ) / Tafinlar ( dabrafenib )_併用_による_メラノーマ`治療_を_認可 14.01.10nd 
(↑2014年 1月)
『 JCO 論文』 ipilimumab_治療−抵抗性_、又は、−未経験_の_メラノーマ_に於ける nivolumab + _ワクチン_の_安全性、有効性 13.11.30tc 
(↑2013年 12月)
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__ぶどう膜`メラノーマ_の_患者さん_に於ける ipilimumab の_有効性 / _安全性_ 13.11.06tc 
(ニュース冒頭) _ウィルス_を 使用した_免疫`療法_で、_メラノーマ_ での _生存_ が _改善_ 13.11.21na 
(↑2013年 11月)
『総説 標題』 _メラノーマ__に対する__新しい__併用`治療_、及び、_免疫`治療_ 13.10.02ta 

(ニュース冒頭) _いくらかの__メラノーマ__患者さん_は、ipilimumab_治療_から 10 年後_も_生存_ 13.10.01na 
(↑2013年 10月)
『 JCO 論文』 _転移性`メラノーマ__に対する_ BRAF 阻害薬_dabrafenib : _フェーズ_2_臨床`試験_( BREAK-2 ) 13.09.09tc 
『 JCO 論文』 粘膜、四肢、慢性的`日光`傷害 皮膚 発生の_遺伝子`変異的_活性化 / 増幅_ KIT を宿す_メラノーマでの imatinib 13.09.09ta 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) Tafinlar が BRAF-600E/K_遺伝子`変異__転移性`メラノーマ__に対し_有望的 13.08.29nd 
『論文類』 _転移性`メラノーマ_で ipilimumab を受けた_患者さん_ での 4 年後__生存率_ 13.08.03ta 

(ニュース冒頭) imatinib は 依然として_進行期`メラノーマ__に対する_もう一つの _選択肢_ 13.08.14nb 
(ニュース冒頭) がん治療薬 開発 が 非`小細胞`肺がん_で 成功、_メラノーマ_で _失敗_とのニュース : _フェーズ_3__結果_ 13.08.14na 
(↑2013年 8 月)
『 JCO 論文』 _メラノーマ_に於ける MAGE-A3_蛋白質_による_能動`免疫化_のための_免疫`刺激`薬_AS15 の_選択_ 13.06.30tc 
( ASCO ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する__開発`段階 の _薬_T-VEC により、_腫瘍`縮小_( _フェーズ_3_臨床`試験_ ) 13.07.02nd 
(↑2013年 7 月)
(ニュース冒頭) selumetinib が _眼`メラノーマ__に対し_活性的_ 13.06.26nc 

(ニュース冒頭) _免疫`治療_の_併用_ が _転移性`メラノーマ__に対し_有望的_ 13.06.14nd 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`メラノーマ__治療用_として Mekinist ( trametinib )を_認可_ 13.05.30nb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`メラノーマ__治療用_として Tafinlar ( dabrafenib )を_認可_ 13.05.30na 
『総説』 _進行期`メラノーマ_の_治療_に於ける _新規な__標的_ 13.05.10ta 
(ニュース冒頭) メラノーマ患者さんで、Zelborafによる_間欠的治療により 当該薬への_耐性_が 防げる可能性あり との研究結果 13.05.22na 

(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対し、ipilimumab と nivolumab の_併用_で、「実に_顕著な_」_反応_との_発表_ 13.05.16nb 
『 ASCO abstract 』 _転移性__眼内`メラノーマ__に対する_ナノ粒子 アルブミン−結合 paclitaxel_救助《サルベージ》化学療法_ 13.04.28td 
『 ASCO abstract 』 _転移性`メラノーマ__に対する_LOC − paclitaxel による治療 : _フェーズ_1 / 2_研究_ 13.04.28tb 
『 ASCO abstract 』 _ステージ_4__メラノーマ__患者さん_に於ける _外科手術_ : _単一_施設_からの_結果_ 13.04.28ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`メラノーマ_ での _記名−患者さん`プログラム_に於ける ipilimumab_使用_ 13.04.27td 

『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り の__進行期`メラノーマ__に対する_ipilimumab に関する_単一`センター_ での _経験_ 13.04.27tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`メラノーマ_の トルコ人_患者さん_ での ipilimumab に関する_多施設_ での _経験_ 13.04.27tb 
『 ASCO abstract 』 転移性`メラノーマに対する_TG1042 《 インターフェロン−γ発現アデノウィルス 》 + TIL_養子`免疫`伝達 13.04.26ta 
『 ASCO abstract 』 ipilimumab / temozolomide で_治療_される_転移性`メラノーマ__患者さん_ での _脳転移__発症_について 13.04.25tc 
『 ASCO abstract 』 _メラノーマ_からの_脳転移_を 有する_患者さん_のための_化学療法_ 13.04.25tb 

『 ASCO abstract 』 _ステージ 3 / 4__メラノーマ__に対する__免疫`治療_ : _フェーズ_2_臨床`試験__最終的`結果 13.04.25ta 
『 ASCO abstract 』 進行期`メラノーマ_に対する_順次`実施_axitinib → carboplatin / paclitaxel : _フェーズ_2_臨床`試験 13.04.24ta 
『 ASCO abstract 』 _メラノーマ_からの_肝臓`転移_を有するケース での melphalan_経皮的`肝`灌流`化学療法_ 13.04.23ta 
『 ASCO abstract 』 _ぶどう膜`メラノーマ_の_高リスク_患者さん_ での _補助`療法_sunitinib : _パイロット研究_ 13.04.22tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期`メラノーマ__に対する__第一線`治療_としての rh-endostatin / dacarbazine 対 dacarbazine_単独_ 13.04.22ta 

『 ASCO abstract 』 _ぶどう膜`メラノーマ_の_治療_に於ける ipilimumab : Memorial Sloan-Kettering がんセンターの_経験_ 13.04.21td 
『 ASCO abstract 』 _第一線__転移性__ぶどう膜`メラノーマ__に対する_bevacizumab / temozolomide 13.04.21tc 
『 ASCO abstract』 全身的コルチコステロイドを受けた転移性`メラノーマ患者さんでの ipilimumab治療`関連_有害`事象_結果状況 13.04.21tb 
『 ASCO abstract 』 _メラノーマ__遠隔`転移__に対する__完全`切除_ + _補助_免疫`治療_後 の _長期的__治癒_ 13.04.21ta 
『 ASCO abstract 』 _ぶどう膜`メラノーマ_からの_肝臓`転移_を 有する_患者さん_ での _静注 対 _肝動脈`内_fotemustine 13.04.20td 

『 ASCO abstract』 転移性`メラノーマ_に於ける cabozantinib ( XL184 )の_活性 : フェーズ_2_ランダム化`治療中止`試験 13.04.20tc 
『 ASCO abstract』 進行期メラノーマに対する_temsirolimus / bevacizumabによる治療 :相関`研究を 伴うフェーズ2_臨床`試験 13.04.18te 
『 ASCO abstract 』 _メラノーマ_と_脳転移_を 有するケース での ipilimumab / fotemustine : NIBIT-M1_臨床試験_ 13.04.18td 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が _眼内`メラノーマ__肝臓`転移__に対する_Melblez キット_認可_に 否定的 13.05.04nc 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__ステージ_3、及び、4_メラノーマ__に対する_pazopanib / paclitaxel による治療 13.04.18tc 

『 ASCO abstract 』 _転移性`メラノーマ__に対する_vemurafenib による治療 : _ラベル`明示、_多施設__安全性_研究_ 13.04.18tb 
『 ASCO abstract 』 転移性`メラノーマ_に対する_ipilimumab + temozolomide_最先発`実施__併用`治療_ : _フェーズ_2_研究_ 13.04.18ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`メラノーマ__に対する_ipilimumab + fotemustine による治療 : _フェーズ_2_臨床`試験_ 13.04.17tc 
『 ASCO abstract 』 _未治療の__進行期`メラノーマ_の 2 年間超_生存__患者さん での ipilimumab の_安全性_  13.04.17tb 
『 ASCO abstract』 BRAF V600、又は、NRAS_遺伝子`変異を伴う_局所`進行期、又は、転移性`メラノーマ__に対する_MEK162_治療 13.04.16tc 

『 ASCO abstract 』 BRAFi −未経験__転移性`メラノーマ__に対する_BRAFi dabrafenib + MEK 1/2i trametinib による治療 13.04.16tb 
『 ASCO abstract 』 BRAFV600E/K −変異型__進行期 / _転移性__メラノーマ__に対する_trametinib 対 _化学療法_ 13.04.15td 
(↑2013年 5 月)
『 ASCO abstract 』 ステージ3/4メラノーマの患者さんのための ipilimumab_拡大`アクセス`プログラム: 10 mg/kg _コホート 13.04.08tg 
『 ASCO abstract 』 _進行期`メラノーマ__に対する__抗− PD-1 ( BMS-936558, MDX-1106 )の_臨床`活性、及び、_安全性_ 13.04.08tf 
『 ASCO abstract 』 _脳転移_を伴う BRAF V600E/k_遺伝子`変異−陽性__メラノーマ__に対する_dabrafenib ( GSK2118436 ) 13.04.08te 

『論文類』 転移性メラノーマでの temozolomide との_併用 での decitabine の_安全性、及び、有効性 : フェーズ1 / 2_研究 13.04.07tb 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__治療薬_ の _間欠的 使用 は _耐性__に対する_解決法 であるか? 13.04.19na 
『総説』 _進行期`メラノーマ_に於ける _分子標的`治療_、及び、_免疫`治療_ 13.03.28ta 
(ニュース冒頭) nivolumab ( _免疫`治療`薬_ ) が _メラノーマ_、_腎細胞がん_、_非`小細胞`肺がん_で_臨床試験_中 13.04.09na 
『総説』 _転移性`メラノーマ_の 一つの サブグループ_患者さん_のための 高価な 革命 13.03.19ta 
(↑2013年 4月)

『 JCO 論文』 _転移性_ BRAF −_遺伝子`変異__皮膚`メラノーマ__に対する_trametinib ( MEK1 / MEK2 _阻害薬_) による治療 13.02.03ta 
(ニュース冒頭) 2 剤_併用`治療_により_メラノーマ_ での _生存_ が _改善_ との研究結果 13.02.12na 
(↑2013年 2月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__膵臓がん_、_メラノーマ_、_結腸`直腸`がん__に対する_trabedersen による治療 12.11.30tc 
(↑2012年 12月)
『 JCO 論文』 _切除_された_ステージ_3__メラノーマ__に対する_ペギル化インターフェロンα−2b_補助`療法_ : _長期的__結果 12.11.01tb 
『総説 標題』 BRAF _遺伝子`変異_を 有する_メラノーマ__に対する_vemurafenib による治療 12.10.02ta 
(↑2012年 11月)

『 JCO 論文』 インターロイキン-21 は _転移性__メラノーマ__に対し_活性_を持つ : _フェーズ_2_研究_ 12.09.19tf 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ__に対し、_分子標的`治療`薬_ の _併用_ が _安全的_で_効果的_ との研究結果 12.10.24nc 
(ニュース冒頭) _実験`段階の_MEK_阻害薬_ が _メラノーマ__治療薬_として_有望的_か 12.10.02na 
(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) _虹彩`メラノーマ_の_放射線`療法_の_有効性_に 緑内障 は 障害にならない との研究結果 12.09.28nc 
(ニュース冒頭) _メラノーマ_の_選択された__患者さん_で_補助_インターフェロン が _有用的_ 12.09.28na 
(↑2012年 9月)

新資料:皮膚_メラノーマ_の_治療 12.07.28ma 
《項目追加》 現行治療2 : 皮膚__メラノーマ_の_治療_ ≫ …… ≫ _モノクロナル抗体 12.07.23ma 
『 JCO 論文』 _ステージ_1_ / 2_皮膚__メラノーマ_を 有する女性_患者さん_ での _より優れた__結果状況_ : _プール化`分析 12.06.18tf 
《項目追加》 現行治療2 : 皮膚`メラノーマ_の_治療_ ≫ …… ≫ 免疫調整薬 12.07.02ma 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) dabrafenib ( _開発`段階 の _メラノーマ__治療薬_ )の_データ_公表、関連の 疑問 12.06.26na 

《項目追加》 現行治療2 : 皮膚`メラノーマ_の_治療_ ≫ …… ≫ サマリー 12.06.26ma 
(ニュース冒頭) dabrafenib ( _開発`段階 の _メラノーマ__治療薬_ )の_データ_公表、関連の 疑問 12.06.26na 
『総説 標題』 ipilimumab ( _メラノーマ__治療薬_ ) : _開発_の 歴史、 _臨床的_考慮_、及び、将来の _展望_ 12.05.26tb 
『総説 標題』 _メラノーマ__レビュー_ : _背景_、及び、_治療_ 12.05.24ta 
( ASCO ニュース冒頭) _メラノーマ__に対する_ BRAF _阻害薬_の ライバルが 登場 12.06.09nb 

(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ__に対し、2 つの_分子標的`治療`薬_の_併用_ が _有望的_ 12.06.06nd 
(ニュース冒頭) _メラノーマ__に対し、2 つの_新薬_ が _有望的_であるとする研究結果 12.06.05nc 
『論文類』 メラノーマ、及び、_脳転移_を 有する_患者さん_ での ipilimumab_治療 : 非ブラインド化_フェーズ_2_臨床試験 12.05.07ta 
( ASCO ニュース冒頭) PD-1 関連薬 が がん免疫`治療_の「天井を突破する」との_発表《_肺がん、_メラノーマ、_腎臓 がん 》 12.06.03na 
『総説 標題』 __脈絡膜`メラノーマ_の_現行の__治療_ 12.05.05td 

『総説 標題』 _転移性`メラノーマ__に対する__病変_内_治療_ 12.05.05tb 
(↑2012年 6月)
《項目追加》 現行治療2 : 皮膚`メラノーマ_の_治療_ ≫ …… ≫ BRAF _阻害薬_《複数》 12.05.29ma 
(ニュース冒頭) _脈絡膜メラノーマ__に対する__放射線`療法_による _放射線`網膜症_の直ちの_治療_で _視力_を_維持_ 12.05.30na 
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ__に対し、2 つの_分子標的`治療`薬_「ワンツーパンチ」 が _より_低_毒性_ 12.05.21ne 
《項目追加》 現行治療2 : 皮膚`メラノーマ_の_治療_ ≫ …… ≫ メラノーマ ワクチン 12.05.16ma 

《項目追加》 現行治療2 : 皮膚`メラノーマ_の_治療_ ≫……≫ インターフェロンα_臨床試験 12.05.10ma 
(↑2012年 5月)
《項目追加》 現行治療2 : 皮膚`メラノーマ_の_治療_ ≫ _背景 12.04.15ma 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) _脳転移_を伴う_メラノーマのケースで、ipilimumab により_利益_ 12.03.27na 
(ニュース冒頭) 薄いメラノーマのほとんど の _患者さん_ は 20 年後_も _生存_している との研究結果 12.03.20nb 
(ニュース冒頭) Zelboraf ( vemurafenib ) が メラノーマ での _生存_を_改善_ 12.03.16nc 
(↑2012年 3月)

『論文類』 転移性`メラノーマ_に対する_第一線_temozolomide + bevacizumab : 多施設_フェーズ_2_臨床試験_(SAKK 50/07) 12.02.03tc 
(ニュース冒頭) メラノーマ での vandetanib による_平均__生存`期間_ は _今や_16 ヶ月間_との報告_ 12.02.23nd 
(ニュース冒頭) _欧州`連合《 EU 》_ が Zelboraf (vemurafenib : メラノーマ_治療薬_)を_認可_ 12.02.21na 
『JCO 論文』 ステージ4_メラノーマに対する_併用_免疫治療( インターフェロンα−2b / tremelimumab )の_安全性_と_有効性 12.01.20tc 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ_で sorafenib_併用`化学療法_ は あまり_有用的_でない_との研究結果_ 12.02.10nc 
(↑2012年 2月)

(ニュース冒頭) メラノーマ_に対し vemurafenib で_治療_される_患者さん_ は RAS_遺伝子`変異_についての検査が必要 12.01.21nb 
(ニュース冒頭) メラノーマの_治療_、及び、_研究_に於ける _進歩 : ほぼ 20 年後、 新しい_治療 が 出現 12.01.14nb 
(↑2012年 1月)
(ニュース冒頭) 一部の_進行期`メラノーマ__に対し、bevacizumab_併用`化学療法_ が _有用的_な 模様 11.12.08na 
(ニュース冒頭) より_早期__ステージ_ の メラノーマ_に対しては、vemurafenib を使用すべきでない_との 主張 11.12.02nc 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) _原発_悪性ほくろ の _治療用として 二酸化炭素レーザー_焼灼_ が _実施`可能`的_ 11.11.25nc 
(↑2011年 11月)

(ニュース冒頭) 悪性黒子_に対し、imiquimod クリーム が 或る程度_効果的_ 11.10.27na 
(ニュース冒頭) 厚さ 2mm 超のメラノーマ_に対する__切除マージン は 2cm でも_安全的__との研究結果_ 11.10.25nb 
(ニュース冒頭) 英国の 費用−効果`判定当局 が ipilimumab ( メラノーマ_治療薬_ )の NHS による償還を 拒否 11.10.15nc 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _肝臓`転移_のあるメラノーマ_での_結果状況_を_改善_する アプローチ 11.09.27nb 
(ニュース冒頭) 視神経 近くの __脈絡膜`メラノーマ__に対し、_陽子線`照射 が _有効 11.09.17nb 

(ニュース冒頭) TNF_抑制薬_ は 皮膚 がん に 関連する可能性はあるが、他の がん には 無し_との研究結果_ 11.09.15nc 
(↑2011年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`メラノーマ__治療用_として vemurafenib を_認可_ 11.08.18nc 
『 JCO 論文』 c-Kit_遺伝子`変異 / 増幅を宿す_転移性`メラノーマ__に対する_imatinib mesylate による治療 11.07.19tc 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) 欧州でメラノーマ_治療用_として ipilimumab が_認可_取得 11.07.20na 
(↑2011年 7月)
(ニュース) C-Kit_遺伝子`変異_を有する _転移性`メラノーマ__に対し、imatinib が _効果的_ 11.06.24nd 

( ASCO ニュース冒頭) _第一線_ipilimumab が _転移性`メラノーマ_ での _全体的`生存_も_改善_ 11.06.07nh 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ_ での _生存率_を _免疫_増強ワクチン が _改善_ 11.06.03ne 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ_の_治療用_として vemurafenib の NDA を 欧米で申請 11.05.14nb 
(ニュース冒頭) _肛門`直腸`メラノーマ__に対し、_外科手術_ + _放射線`療法_ が _効果的_ 11.05.04na 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) _ステージ_4_のメラノーマで 完全_切除_ が _生存期間_を _伸長_ 11.04.30na 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が メラノーマの_補助療法_用として Sylatron ( peginterferon alfa-2b_注射_用 )を_認可_ 11.04.14na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が メラノーマ_治療用_として Sylatron を_認可_ 11.04.07nb 
(↑2011年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性_メラノーマ_治療用_として Yervoy(ipilimumab) を_認可_ 11.03.29nc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期_メラノーマ_治療用_として ipilimumab を_認可_ 11.03.26na 
(ニュース冒頭) ipilimumab 《 Bristol 社製 》 が _進行期_メラノーマ_患者さん_ での _生存期間_を_伸長__との研究結果 11.03.25nb 
(↑2011年 3月)

(ニュース冒頭) メラノーマ発症リスクが高い女性 での リスクを_カルシウム_とビタミン D  が 低下_との研究結果_ 11.02.08nb 
(ニュース冒頭) 新しい_遺伝子__治療_ が _転移性_ の _滑膜`細胞`肉腫_や メラノーマ に_効果_ 11.02.02nc 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) 開発中のメラノーマ_治療薬_に_生存`利益_ありとの_フェーズ_3__臨床試験_結果 11.01.22na 
(ニュース冒頭) _頭頸部`領域−粘膜`悪性`黒色腫_の_局所コントロールに _放射線`療法_ が 有用 11.01.04na 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) Lilly 社 が tasisulam ( _転移性`メラノーマ__治療用 )の_臨床試験_を 停止 10.12.15na 
(↑2010年 12月)

(ニュース冒頭) _抗−メラノーマ_薬_PLX4032 の_奏効率 は 確認されているが、_耐性_が_出現_中 10.11.26nb 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ__治療用として RG7204 《 BRAF_抑制薬_ 》 が _有望的_ な _結果 10.11.20nf 
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ__に対し、_開発`段階 の _薬_PV-10 が _有望的_な_結果 10.11.18nc 
(ニュース冒頭) _Roche 社_の メラノーマ_治療薬_による_有望性を示す__研究結果_ 10.11.10nb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が ipilimumab 《 メラノーマ_治療薬_ 》_認可_への 審査 スケジュールを 延期 10.11.04nf 
(↑2010年 11月)

(ニュース冒頭) _開発`段階 の _薬_GSK2118436 が メラノーマ_脳転移_に_活性的_との_小規模__研究_の 結果 10.10.28ne 
『総説』 BRAF_遺伝子_と メラノーマ : 個別化へ 10.09.28ta 
『総説』 皮膚メラノーマの_管理_に関する 英国_ガイドライン_改訂版 2010 10.09.13ta 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) メラノーマ_に対し、開発中の__分子標的`治療`薬_PLX4032 が _有望的_との__研究結果_ 10.09.14na 
『総説』 メラノーマ_に対する__最適な_フォローアップ 10.08.20tc 
(↑2010年 9月)

(ニュース冒頭) 「重要な_進歩」との _転移性`メラノーマ_ での 主張 : そして、 未だ_フェーズ_1 10.08.27na 
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ__に対し、ipilimumab_治療_ で gp100 ワクチンだけ よりも_長期間の_生存期間_ 10.08.20nc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が メラノーマ_治療用 ipilimumab に 優先審査を 認定 10.08.20nb 
(↑2010年 8月)
( ASCO ニュース冒頭) ipilimumab が _進行期`メラノーマ_ での _生存_を_改善_ 10.06.07nb 
(ニュース冒頭) メラノーマからの_肝臓__転移_を有する_患者さん_で_経皮的`肝`灌流`化学療法_ が _生存_を_改善_ 10.06.06nb 
(↑2010年 6月)

『論文類』 転移性`メラノーマに対する_Thymosin α1、インターフェロンα、と、dacarbazineの_併用 : 大規模ランダム化_研究 10.04.04td 
『論文類』 妊娠期間中の_転移性`メラノーマ_の_管理_ 、及び、 _結果状況_ 10.02.26ta 
『論文類』 メラノーマ、_乳がん_、_肺がん_からの 手術 不可の_脳転移__に対する__投与集中 temozolomide_治療_ 10.02.23tg 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) _進行期`メラノーマ_の_治療用_として tremelimumab  が _低_いが _持続的__奏効率_との報告 10.02.20nb 
『論文類』 先行治療`経験`有り 、及び、 _化学療法_−未経験 の _転移性`メラノーマ__に対する_nab-paclitaxel による治療 10.01.13te 
(↑2010年 2月)

『論文類』 _転移性`メラノーマ__に対する__導入__同時`実施 _生物`化学療法_後 の _維持 _生物`療法_ 09.12.18te 
『論文類』 進行期、高リスク、リンパ節−転移性_メラノーマ での_治療_的 リンパ節`切除術_後の 補助_放射線`療法_の_利益 09.12.05tc 
(↑2010年 1月)
『論文類』 _非−切除可能的__転移性`メラノーマ_に対する_GM-CSF −コード、第二世代 _抗− がん ヘルペスウィルスによる治療 09.11.27tf 
(ニュース冒頭) _先行治療`経験`有り の_メラノーマ の いくらかの_患者さん_ は ipilimumab で _奏効_ 09.12.23ng 
『総説紹介文』 _非−切除可能的、又は、経路`_転移_性メラノーマ での _補助、又は、他_治療_の代替 としての電気_化学療法_ 09.11.10td 

『総説紹介文』 皮膚_悪性_メラノーマ での _血管新生_ 、及び、 _潜在的_な_治療__戦略_ 09.11.10tc 
『論文類』 _ステージ IV__転移性`メラノーマ__に対する__毎週 1 回の_elesclomol / paclitaxel 対 paclitaxel 単独 の 比較 09.11.09td 
『論文類』 転移性悪性メラノーマ治療での lenalidomide:多施設、ランダム化、ダブルブラインド用量評価_Phase II/III研究 09.11.07tc 
(↑2009年 12月)
(ニュース冒頭) _補助__放射線`療法_ が 高リスク の メラノーマ_患者さん_ での _局所_コントロールを_改善_ 09.11.13ne 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _膵臓がん_ 、及び、 メラノーマ_治療用_としてpaclitaxelをオーファンドラッグに指定 09.11.11nc 

(ニュース冒頭) _リンパ節__転移_のあるメラノーマ で _放射線`療法_ が 新しい_標準的_ケアとなる可能性あり 09.11.05nb 
(↑2009年 11月)
(ニュース冒頭) メラノーマへの_ペギル化インターフェロン_の使用について、米国 FDA _認可_をぎりぎりで 勧告 09.10.08na 
(−結果ニュース) peginterferon の使用に 伴う_実体的な__毒性_ 09.10.03nb 
(↑2009年 10月)
(ニュース冒頭) _転移性`メラノーマ_ での _早期__臨床試験_で見られた__有望的_な_結果《複数》_ 09.09.26na 
(ニュース冒頭) メラノーマ_に対する__治療薬_として 新しい_遺伝子_−標的_薬_ が 有望か 09.09.25ng 

『論文類』 _再発した__ステージ IV_皮膚 _悪性_メラノーマ での bleomycin + vinorelbine + trofosfamide による治療 09.08.24ta 
(↑2009年 9月)
『総説紹介文』 _原発_皮膚メラノーマ の _広範囲`切除術_後 の 再建術 : パート 2 −_四肢_《複数》 09.07.31tf 
『総説』 メラノーマに対する_新規な_治療薬《複数》 09.07.28ta 
『総説』 _転移性_メラノーマに対する_新規な_治療薬《複数》 09.07.18ta 
『論文類 −結果』 リンパ節−陰性メラノーマ での 低用量_interferon alfa-2b_への__導入治療_高用量_interferon alfa-2b 追加 09.07.17te 
(↑2009年 8月)

『総説紹介文』_原発_皮膚メラノーマの_広範囲`切除術_の後の 再建術 : パート 1 −頭頸部 09.07.03tc 
(総紹)メラノーマに対する新規な治療薬《複数》(総説紹介文)09.06.25ta 
_切除_された_ステージ III_メラノーマ での ペギル化インターフェロン Alfa-2b による_補助療法_(論文・報告)09.06.20ta 
(↑2009年 7月)
(未達)ステージ III、IV_メラノーマ での_第二線_sorafenib/carboplatin/paclitaxel(論文・報告)09.06.10tc 
(ニュース冒頭)メラノーマ ワクチン が _腫瘍_を縮小 09.06.07na 
(↑2009年 6月)

(総紹)_転移性`メラノーマ_ での _現行の__全身的__治療_(総説紹介文)09.05.17tc 
(総紹)メラノーマ_治療_に於ける _放射線`療法_の_役割_(総説紹介文)09.05.17tb 
(総紹)_悪性_メラノーマ での _分子標的`治療_(総説紹介文)09.05.17ta 
(ニュース冒頭)_転移性`メラノーマ_に 修正ヘルペス`ウィルス が _有望的 09.05.29na 
『総』 白斑 : メラノーマに於ける 有利的な_予後`因子_?(総説)09.05.07tc 

『総』 メラノーマに於ける _腫瘍__免疫`療法_ : _耐性_や 回避メカニズムの克服_戦略_(総説)09.05.07tb 
(総紹)小腸のメラノーマ(総説紹介文)09.05.05ta 
( N 冒頭)_悪性_メラノーマ_治療_用としてのインターフェロンα : _毒性_と つりあうか? 09.05.21ne 
(ニュース冒頭) Nexavar によるメラノーマ での _生存_改善 が 失敗 09.05.19na 
(ニュース冒頭)メラノーマ_化学療法_への Nexavar 追加 は _生存_を改善せず 09.05.15nb 

_再発性_メラノーマ での 繰り返しての_分離`四肢`灌流_《 melphalan + actinomycin D 》(論文・報告)09.04.22tf 
(↑2009年 5月)
『総』 皮膚メラノーマからの_高リスク_の_リンパ節__転移_に対する_補助__放射線`療法_(総説)09.04.05tb 
(↑2009年 4月)
_転移性‐メラノーマ での tremelimumab による_治療_《 Phase I / II_臨床試験_ 》(論文・報告)09.03.01td 
(↑2009年 3月)
(N冒頭)ステージ IV_ メラノーマ に、carboplatin + paclitaxel + bevacizumabが有望的 09.02.10na 
(未達) _進行期`メラノーマ_ での valproic acid + 化学免疫療法による治療の試み(論文・報告)09.01.15ta 
(↑2009年 2月)

非−切除可能的 ステージ IV メラノーマ での carboplatin + paclitaxel + bevacizumab(論文・報告)09.01.03tf 
(ニュース冒頭)_化学療法剤_ が ワクチン−誘発の 抗−メラノーマ免疫を増強 09.01.23nb 
転移性のメラノーマ での ipilimumab による治療《 Phase I / Phase II 研究》(論文・報告)08.12.20ta 
『総』 メラノーマ での 補助療法 : 新しい併用サイトカイン、及び、その他の戦略(総説)08.12.18ta 
(↑2009年 1 月)
(未達) 転移性メラノーマ での cisplatin+ vinblastine+dacarbazine への IL‐2等追加(論文・報告)08.12.10tc 

悪性の肝臓腫瘍《 脈絡膜メラノーマからの転移を含む 》の GM-CSF による 免疫‐塞栓‐療法(論文・報告)08.11.24tc 
(↑2008年 12 月)
転移性メラノーマ での 養子‐細胞‐治療 : 集中的な骨髄‐破壊的化学放射線準備レジメン(論文・報告)08.11.08td 
『総』 メラノーマの遠隔転移の治療としての 合理的な外科的アプローチ(総説)08.10.26tb 
多重ペプタイドによるメラノーマワクチンのヘルパー T 細胞反応と臨床活性(論文・報告)08.10.20ta 
(↑2008年 11 月)
(総紹)女性の泌尿生殖管 の 原発メラノーマ の 管理(総説紹介文)08.10.05tg 

(−結果)転移性メラノーマの脳転移のケース で temozolomide + thalidomide + 全脳照射(論文・報告)08.10.04th 
(未達) 転移性のメラノーマ での 順次実施の temozolomide 化学療法→高用量 IL − 2(論文・報告)08.09.18tf 
『総』 限局性、又は、症状性の転移性メラノーマ での 治療選択肢《複数》(総説)08.09.16ta 
(↑2008年 10 月)
『総』 局所的、及び、領域的なメラノーマの一次的、及び、補助治療としての放射線療法(総説)08.09.12tb 
進行期の転移性のメラノーマ での ペギル化インターフェロンα− 2a + dacarbazine 治療(論文・報告)08.09.08ta 

(ニュース冒頭)進行期のメラノーマで temozolomide は dacarbazine より優れずとの報告 08.09.17nb 
(↑2008年 9月)
『総』 メラノーマに於ける新規な分子標的治療(総説)08.07.29tc 
『総』 メラノーマに対する免疫療法に於ける進歩(総説)08.07.29tb 
先行 化学療法有り 再発性脈絡膜メラノーマで cisplatin + gemcitabine + treosulfan 有効(論文・報告)08.07.28tb 
(↑2008年 8月)
(総紹)メラノーマに対する次世代の免疫療法(総説紹介文)08.07.12td 

『総』 ASCO 2008 : 転移性のメラノーマへの新規なアプローチ : 免疫療法の可能性の理解(総説)08.07.01ta 
転移性のメラノーマ での 自家 NY-ESO-1 抗原に対する CD4+ T 細胞による治療(論文・報告)08.06.22td 
(↑2008年 7月)
領域リンパ節への転移のあるメラノーマ での 補助療法 低用量インターフェロンα 2a の使用(論文・報告)08.06.02tf 
(ニュース冒頭)メラノーマに於ける有望的な新薬、及び、治療挫折 08.06.20na 
(総紹)メラノーマ(悪性黒色腫)からの脳転移(総説紹介文)08.05.25te 

(ニュース冒頭)メラノーマに対し、併用治療 が ワンツーパンチとの報告 08.06.12nb 
(ニュース冒頭)メラノーマに対し、Leukine が有効との研究結果 08.06.07nb 
(↑2008年 6月)
(総紹)脈絡膜メラノーマに対する分子標的治療(総説紹介文)08.05.15tj 
転移性のメラノーマ(悪性黒色腫) での temozolomide + fotemustine による治療(論文・報告)08.05.15th 
(未達) メラノーマ での 延長投与 temozolomide による治療(論文・報告)08.05.11tb 

(未達) HLA-A2 −陽性の進行期のメラノーマ での gp100 (210M)ペプチド + IL-2(論文・報告)08.05.11ta 
(総紹)メラノーマの全身的治療に関する証拠−ベース・専門間コンセンサス ガイドライン(総説紹介文)08.05.09tg 
(−結果) 転移性のメラノーマ での arsenic trioxide + ascorbic acid + temozolomide(論文・報告)08.05.09tf 
転移性のメラノーマ での temozolomide + PEG-インターフェロン による治療(論文・報告)08.05.09te 
メラノーマ(悪性黒色腫)の肝臓転移に対する 単離 肝臓 灌流(論文・報告)08.05.09td 

ドイツ での 原発・転移性メラノーマ 管理の動向《 1976 年〜 2005 年 》(論文・報告)08.05.09tc 
『総』 メラノーマ(悪性黒色腫)に対するワクチンに関するアップデート(総説)08.05.08tb 
進行期のメラノーマ での sorafenib + dacarbazine による治療(論文・報告)08.05.02td 
早期ステージ III の皮膚メラノーマ で 補助 高用量インターフェロンが利益的(論文・報告)08.04.29th 
(総紹)メラノーマ(悪性黒色腫)に対する現れつつある治療《複数》(総説紹介文)08.04.25th 

(総紹)皮膚 頭頸部 メラノーマ : その新旧(総説紹介文)08.04.17te 
(↑2008年 5月)
(ニュース冒頭)転移性のメラノーマのいくらかの患者さん で Gleevec が有効の可能性 08.04.30nb 
ステージ IV のメラノーマ での インターロイキン-2 −ベースの生化学療法(論文・報告)08.04.11tb 
(−結果) 転移性のメラノーマに対する生化学治療 : 系統的レビュー(論文・報告)08.04.10ta 
ステージ IV のメラノーマ での 第一線治療としての temozolomide + ペギル化 IFN(論文・報告)08.04.01td 

(総紹)外科医はステージ IV のメラノーマ での 生存を改善できるか?(総説紹介文)08.03.23td 
(↑2008年 4月)
(総紹)皮膚メラノーマ(悪性黒色腫)に対する補助放射線療法(総説紹介文)08.03.15ti 
(総紹)メラノーマの外科治療・放射線療法 の 証拠・学際合意−ベースのガイドライン(総説紹介文)08.03.10ta 
進行期のメラノーマ での PI-88 《 heparanase 抑制薬 》による治療 : Phase II 研究(論文・報告)08.03.09td 
進行期のメラノーマ での arsenic trioxide の安全性、及び、有効性(論文・報告)08.02.25tf 

『総標』メラノーマ補助療法としての interferon alfa-2b の副作用管理へのガイドライン(総説標題)08.02.25ta 
(↑2008年 3月)
(ニュース)メラノーマ ワクチンの研究が一次的な目標を達成せず 08.02.21nc 
原発病巣不明のメラノーマからのリンパ節転移に対するリンパ節切除術の後の生存改善(論文・報告)08.02.01th 
(↑2008年 2 月)
転移性のメラノーマ での 化学免疫療法に関する多施設 Phase II 研究(論文・報告)08.01.13ti 
『総』 脈絡膜 メラノーマ(悪性黒色腫)の現行の管理(総説)08.01.11tc 

(ニュース標題) AmpliMed 社 が 転移性悪性メラノーマ での Amplimexon の有望的結果を発表 08.01.03ne 
『総標』転移性の悪性メラノーマ での 新規な治療(総説標題)07.12.21ta 
『総標』転移性の悪性メラノーマ での 現行の治療、及び、ガイドライン(総説標題)07.12.20tb 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)



key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告