表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
その他 情報データベース

ご注意 :
◇悪性胸膜中皮腫についての情報は、「肺 情報データベース」のページをご覧ください。
◇子宮肉腫についての情報は、「生殖系 情報データベース」のページをご覧ください。

*****目次*****

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

--- 副腎がん ---

副腎がん の 治療《 ACS 資料のご紹介》(作成開始:'16/12 )
基本的な資料
 ‥A 副腎 がん の_治療_(eMedicine資料)

副腎がんの化学療法(CMDT 2005) 

--- 副腎皮質がん ---

基本的な資料
 ‥A2 治療の全体像《ACS 最新版》
 ‥A  治療の全体像( ACS )

--- 骨のがん ---

基本的な資料 
 ‥A2 治療の全体像《ACS最新版》
 ‥A  治療の全体像( ACS )

--- 原発不明のがん ---

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像(ACS最新版)
 ‥資料 A : 治療の全体像( ACS )

--- ユーイング腫瘍グループ ---

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像(ACS最新版)
 ‥資料 A : 治療の全体像(ACS )

--- 骨肉腫 ---

骨原性肉腫(骨肉腫)の化学療法( CMDT 2005 ) 
基本的な資料 
 ‥治療の全体像(ACS)

--- 横紋筋肉腫 ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像(ACS)

--- 軟組織肉腫 ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像(ACS)

--- 悪性メラノーマではない皮膚がん ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像(ACS)

--- 神経芽細胞腫 ---

神経芽細胞腫の化学療法( CMDT 2005 ) 
基本的な資料 
 ‥治療の全体像

--- 胸腺がん ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像(ACS)

--- 皮膚リンパ腫 ---

◇基本的な資料 
 ‥治療の全体像(ACS)
《この資料については、血液・リンパ系、骨髄のデータベースのページをご覧ください》

--- 血管肉腫 ---

 
基本的な資料 
 ‥A, 血管肉腫の_治療_《eMedicine》

---_基底`細胞`がん_---

基本的な資料 
 ‥A.._基底`細胞`がん_の_治療_《eMedicine》

---_心臓肉腫_---

基本的な資料 
 ‥001-A.. 心臓肉腫の治療_《Medscape Reference資料》

---_皮膚` T −細胞`リンパ腫_---

基本的な資料 
 ‥001-A.. _皮膚` T −細胞`リンパ腫_の_治療__《Medscape Reference資料》《注 : 原資料は最新版ではありません(原資料更新のため、中途までの作成)》

--- その他 ---

カルチノイドの化学療法( CMDT 2005 ) 
軟部組織肉腫の化学療法( CMDT 2005 ) 
カポジ肉腫の化学療法( CMDT 2005 ) 

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。

***** 神経、内分泌 *****



(↑2017年 12月)

『論文類』 _進行期_、_非−機能性_、_高`分化`型_ _消化管`系_、又は、_肺__神経`内分泌`腫瘍_を有する_患者さん_ に於ける everolimus 対 _プラセボ_ の _健康`関連`性`の`生活の質_ : 〜(続く) 1710131703 
(↑2017年 11月)
『論文類』 _白金系`化学療法剤__先行治療`経験`有り の__非−_消化管`系_、_非−_膵臓_肺外_神経`内分泌`がん__に対する_amrubicin_単剤`治療_ 1709071722 
(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) everolimus による_神経`内分泌`腫瘍__治療_中に _生活の質_ が 維持される との研究結果 1709151702 
(↑2017年 9月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__神経芽`細胞腫_を有する_小児`患者さん に於ける irinotecan − temozolomide + temsirolimus、又は、dinutuximab_ : _〜(続く) 1707051714 
(↑2017年 8月)
『 JCO 論文』 _進行期__カルチノイド_腫瘍_を有する_患者さん_ に於ける _デポ剤_octreotide + interferon alfa-2b 対 _デポ剤_octreotide + bevacizumab_ : _〜(続く) 1705212321 
(↑2017年 6月)

『論文類』 _高リスク__神経芽`細胞腫__に対する__高用量`化学療法_としての busulphan / melphalan 対 carboplatin / etoposide / melphalan の _比較__ : _〜(続く) 1704072331 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) ( _米国_ での )_神経`内分泌`腫瘍_ の _発症`頻度 が 過去 40 年間 で 劇的に 上昇 1704281639 
『 ASCO abstract 』 JAVELIN_固形`腫瘍__フェーズ_1_b_臨床試験_からの_進行期__副腎`皮質`がん_ を有する_患者さん_ に於ける avelumab ( MSB0010718C ( _抗− PD-L1 ) )_ : _〜(続く) 1703242324 
『論文類』 _膵臓__神経`内分泌`腫瘍_ に於ける sunitinib_ : __フェーズ_3__ランダム化`研究_からの_アップデートされた__進行無し`生存_、及び、_最終的__全体的`生存__結果_ 1703122245 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性_神経`内分泌`腫瘍_を有する_患者さん_での _カルチノイド`症候群_下痢_に対する__最初で_唯一の__経口_治療薬_として Xermelo ( telotristat ethyl )を_認可_ 1703021712 
(↑2017年 3月)

(ニュース冒頭) ゾリンジャー−エリソン症候群 の 一定の_患者さん_のためには_再手術_ が _効果的_な 可能性あり との研究結果 1702181728 
新資料(現行治療):副腎がん の 治療《 ACS 資料のご紹介》 1702072129 
(↑2017年 2月)
『 JCO 論文』 _高リスク__神経芽`細胞腫_を有する_患者さん_ に於ける _局所`コントロール_、及び、_生存__に対する__切除_程度 の _インパクト__ : _COG A3973_研究_から 1701081630 
『 ASCO abstract 』 _消化管、又は、_肺_起源 の _進行期__非−機能性_、_高`分化`型_ _神経`内分泌`腫瘍__に対する_everolimus による治療_ : _RADIANT-4_研究_からの〜(続く) 1701022247 
(ニュース冒頭) _カルチノイド_、及び、_膵臓__神経`内分泌`腫瘍__に対する_cabozantinib_ : __勇気づける的_ 1701261646 

『 JCO 論文』 _カルチノイド`症候群__治療_のための telotristat ethyl ( tryptophan hydroxylase_阻害薬_ ) 1612312235 
(ニュース冒頭) 中腸_神経`内分泌`腫瘍_ に於ける _放射性`医薬品_による_印象的な__結果 を_フェーズ_3_臨床`試験_で 確認 1701121721 
(↑2017年 1月)
『 JCO 論文』 _進行期__膵臓_神経`内分泌`腫瘍_の_治療_のための everolimus_ : __ランダム化__フェーズ_3_RADIANT-3_研究_からの_全体的`生存_、及び、循環バイオマーカー_結果_ 1611061716 
(↑2016年 12月)
『論文類』 _化学療法`抵抗性_の_転移性__メルケル細胞がん__に対する_avelumab_ : __多施設_、_単一`グループ_、_ラベル`明示__フェーズ_2_臨床`試験_ 1610051713 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) _メルケル細胞がん__に対し現れつつある_新しい__標準的`ケア_ 1610012249 
(↑2016年 10月)

(ニュース冒頭) Advanced Accelerator Applications 社 が Lutathera ( _神経`内分泌`腫瘍__治療用_ )への 米国 FDA _優先`審査_賦与 について発表 1606281706 
( ASCO ニュース冒頭) _高リスク__神経芽`細胞腫_ : 強化_治療_により_生存 が_改善_(原題通りの表現です) 1606071653 
(↑2016年 6月)
(ニュース冒頭) _ラジオ波`焼灼法_ が 副腎腫瘍_に対し、副腎`切除術 の 代替となる可能性あり との研究結果 1605311648 
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__神経芽`細胞腫__に対する_alisertib ( _オーロラ A キナーゼ`抑制薬_ ) + irinotecan + temozolomide : 〜(続く) 1604161733 
(↑2016年 5月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__低〜_中等度_グレード__神経`内分泌`腫瘍__に対する_everolimus_治療_の_有効性_ / _安全性_ 1603142212 

『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り の__転移性_肺外_神経`内分泌`がん__に対する_topotecan_治療_ の _有効性_ / _毒性_ 1603141733 
『 ASCO abstract 』 _進行期__神経`内分泌`腫瘍__治療_ に於ける streptozocin −ベース_治療_ : _単一_施設 での _経験_ 1603141712 
『 ASCO abstract 』 _高−グレード__転移性__神経`内分泌`腫瘍_ の _ペプチド`リセプター`放射性核種`療法《 PPRT 》_による治療 : _単一_照会_センター_ に於ける _後ろ向き`方式`解析_ 1603141652 
『 ASCO abstract 』 _進行期__神経`内分泌`腫瘍__に対する_capecitabine / temozolomide による_化学療法_ : イタリア での _多施設__後ろ向き`方式`解析_ 1603141639 
『 ASCO abstract 』 _進行期__カルチノイド`腫瘍__に対する_axitinib による治療 : _フェーズ_2_研究_ の _予備的な__結果_ 1603132249 

『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__神経`内分泌_肝臓`転移__に対する_pasireotide、everolimus、及び、_選択的`内部`_放射性物質`塞栓療法_( _フェーズ_1b__研究_ ) 1603131819 
『 ASCO abstract 』 _進行期_。_進行性__膵`神経`内分泌`腫瘍__に対する_everolimus_治療_ : _フェーズ_3_RADIANT-3_研究_からの_全体的`生存__結果_( クロスオーバー・バイアス修正後 ) 1603131510 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期_、又は、_転移性__膵`神経`内分泌`腫瘍__に対する_everolimus 対 everolimus / bevacizumab : CALGB 80701 (Alliance)( _ランダム化__フェーズ_2_研究_ ) 1603131458 
(ニュース冒頭) Lexicon 社 が _カルチノイド`症候群__治療用_として telotristat etiprate の _新薬`申請( NDA )_を _申請_ 1603312245 
(↑2016年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Afinitor ( everolimus )を_進行性_、_非−機能性__消化管`系_、及び、_肺__神経`内分泌`腫瘍__治療用_として_認可_ 1603011714 
(↑2016年 3月)

(ニュース冒頭) everolimus が _進行期__肺_、及び、_消化管`系__神経`内分泌`腫瘍_に_効果的_ 1512301718 
(↑2015年 12月)
『論文類』 _神経`内分泌`腫瘍__に対する_gemcitabine / oxaliplatin 対 _アルキル化系`化学療法剤_ : _有効性__比較_、及び、_治療__選択_を ガイドする_予後`因子_の 探索 1510041719 
(ニュース冒頭) __開発_中 の 新薬_ が_神経`内分泌`腫瘍__カルチノイド`症候群__に対し_利益的_ 1510081716 
(ニュース冒頭) everolimus が _肺__神経`内分泌`腫瘍__に対し、_効果_を 示す 初の_薬_となった との研究結果 1510022350 
(↑2015年 10月)
『論文類』 _先行治療`経験`有り の_進行期_神経`内分泌`腫瘍_に対する_pazopanib による治療 : _フェーズ_2_、_ラベル`明示_Spanish Task Force Group for Neuroendocrine Tumors (GETNE)_臨床試験_ 1508300027 
(↑2015年 9月)

(ニュース冒頭) _消化管、又は、_肺_の_神経`内分泌`腫瘍__に対し、Afinitor ( everolimus ) が _有望的 1508111747 
『論文類』 _進行期_、_高`分化`型__神経`内分泌`腫瘍__に対する_pazopanib / _デポ剤_octreotide : _多施設_、_単一`グループ_、_フェーズ_2_研究_ 1507191733 
(↑2015年 8月)
『総説紹介文』 _カルチノイド_、及び、_神経`内分泌`腫瘍_ : 成果の 積み上げ 1506141726 
(↑2015年 7月)
『 JCO 論文』 _膵臓_神経`内分泌`腫瘍__に対する_temsirolimus / bevacizumab による治療 : _多施設__フェーズ_2_臨床`試験_ 1505100012 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) _褐色`細胞`腫__に対し、_副腎−温存_手術_ が _より良好_な 結果 1505282328 

『総説紹介文』 _神経`内分泌`腫瘍_の_肝臓`転移__に対する__治療`戦略_ 1504132344 
(ニュース冒頭) _膵臓_神経`内分泌`腫瘍__に対し、pazopanib が _もう一つの__治療`選択肢_を _提供_ 1505161829 
(↑2015年 5月)
『論文類』 ステージ2、3の_胸腺上皮性_腫瘍_で、術後_放射線`療法 は _胸腺がん_には_効果的_だが、_胸腺腫_には_効果的_でない : Japanese Association for Research on the Thymus Database_研究 1503231651 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _高リスク__神経芽`細胞腫_を有する_小児`患者さん の _治療用_として Unituxin を_認可_ 1504141702 
(↑2015年 4月)
『論文類』 _化学療法`抵抗性_の_胸腺腫_、及び、_胸腺がん__に対する_sunitinib : _ラベル`明示__フェーズ_2_臨床`試験_ 1502102349 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _小児_高リスク__神経芽`細胞腫__治療用_として Unituxin ( dinutuximab )を_認可_ 1503131732 
(↑2015年 3月)
『論文類』 _進行期__胸腺がん__に対する_carboplatin / paclitaxel : _多施設__フェーズ_2_研究_WJOG4207L 1501272326 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) _進行期__胸腺がん__に対し、sunitinib が _活性的_ 1501231650 
『論文類』 _良性__頭頸部__傍`神経節`腫__に対する__放射線`療法_ : 45 年間 の _経験_ 1411301708 
(↑2015年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _膵`消化管`神経`内分泌`腫瘍( GEP-NET_)_治療用_としてSomatuline Depot lanreotide を_認可_ 1412210002 
(↑2014年 12月)

『総説紹介文』 _胃`腸`膵__高−グレード__神経`内分泌`がん_ 1409081719 
『論文類』 _神経`内分泌`腫瘍_に於ける _第一線_状況設定_ での everolimus + octreotide LAR 剤_による治療 1408171719 
(↑2014年 9月)
『論文類』 _カルチノイド`症候群_を 有する_年配`患者さん での octreotide LAR の_使用_、と、_生存`結果状況_ 1407282210 
(ニュース冒頭) _メルケル細胞がん_では、_ガイドライン_−ベースの_ケア_ が _生存`改善_を 伴う との研究結果 1408121716 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) CLARINET _研究_の_結果_ : _転移性__神経`内分泌`腫瘍__に対する_lanreotide による_第一線`治療_ 1407171743 
(↑2014年 7月)

(ニュース冒頭) _化学`放射性`核種_治療_ が _神経`内分泌`がん_に於いて 有用 1406272304 
『論文類』 _多発性`内分泌腫瘍症`2 型_に伴う_褐色`細胞腫_に於ける 副腎`温存_手術_、又は、_副腎`全`摘除術_の_結果状況 1405111706 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) ステージ_4Nの_転移性_神経芽`細胞腫_は _非−4Nの_ケース_よりも_より良好_な_結果状況_ との研究結果 1404051619 
(↑2014年 4月)
『 JCO 論文』 _高リスク__神経芽`細胞腫_を有する_小児`患者さん での _聴`毒性_ : 有病率、_危険`因子_、…… 14.02.17tc 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性_進行期__胸腺`上皮性`腫瘍__に対する_cixutumumab による治療 14.02.14ta 
(↑2014年 3月)

『 ASCO abstract 』 _進行期__胸腺がん__に対する_carboplatin / paclitaxel による治療 14.01.25ta 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) _全ての_「沈黙」_副腎`腫瘍_ は _フォローアップ_されるべきである との研究結果 14.01.30nb 
(ニュース冒頭) _神経`内分泌`腫瘍__に於いて_、前例の無い_反応_ が 見られた_治療`レジメン_ 14.01.16na 
(↑2014年 1月)
『 ASCO abstract 』 _第一線__転移性_、又は、(_非−切除可能的__原発_)_副腎`皮質`がん__に対する_dovitinib  13.11.15tc 
(↑2013年 12月)
『総説』 _膵`神経`内分泌`腫瘍_に於ける _分子標的`治療_ の _使用_ 13.10.30ta 
(↑2013年 11月)

『 ASCO abstract 』 _膵`神経`内分泌`腫瘍_ : _単一_施設_ での 10 年間 の_レビュー_ 13.09.23te 
『 ASCO abstract 』 進行期__神経`内分泌`腫瘍__患者さん のための_救助《サルベージ》治療_temozolomide / capecitabine 13.09.23td 
『 ASCO abstract 』 _転移性__神経`内分泌`腫瘍_の_患者さん_ での MK-2206 の_臨床的 / _移行`研究_ : _フェーズ_2_研究_ 13.09.23tc 
『 ASCO abstract 』 進行期_低`分化`型`神経`内分泌`がん_に対する_paclitaxel / carboplatin / etoposide 《 TCE レジメン 》 13.09.23tb 
『 ASCO abstract 』 90Y DOTATATE 後の進行期_膵臓−、及び、小腸−転移性_神経`内分泌`腫瘍での長期生存、及び、臨床`有効性 13.09.23ta 

『 ASCO abstract 』 進行期_神経`内分泌`腫瘍に対する_everolimus の_ラベル`明示、フェーズ3b、多施設_拡大`アクセス`研究 13.09.21tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期__神経`内分泌`腫瘍__に対する__第一線`治療_としての everolimus / octreotide LAR 13.09.21tb 
『 ASCO abstract 』 転移性_神経`内分泌`腫瘍_で_症状_コントロール_不十分_ケース_での pasireotide LAR 対 octreotide LAR 13.09.19tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性__神経`内分泌`_中腸`腫瘍_ での _腫瘍__成長_に於ける octreotide LAR の_効果_ 13.09.19ta 
(↑2013年 10月)
症例報告: _進行期_結腸`小細胞`がん_ での _長期的_生存_例 13.06.08ta 
(↑2013年 6 月)

『論文類』 _治療−抵抗性_、又は、_再発性__神経芽`細胞腫__に対する_imatinib mesylate : 2 ステージ_フェーズ_2_研究_ 13.05.02ta 
(↑2013年 5 月)
(ニュース冒頭) _腎細胞がん__患者さん での _転移__に対する_副腎`摘除術_ が __利益的_ 13.04.26na 
(ニュース冒頭) _肝臓`移植_ が _非−切除可能的_な_神経`内分泌`腫瘍__転移__に対して_効果的_ 13.04.13na 
(↑2013年 4月)
『 ASCO abstract 』 _転移性__治療−抵抗性__副腎`皮質`がん__に対する_ IGF-1R_抗体_cixutumumab / temsirolimus による治療 13.01.09tb 
『 ASCO abstract 』 _神経`内分泌`腫瘍__に対する_somatuline _オートゲル_ / _分子標的`治療`薬_による治療 12.12.20tb 

『 ASCO abstract 』 北米の_高`分化`型_神経`内分泌`腫瘍_患者さん での _ペプチド`レセプター`放射性`核種`療法_の_結果状況 12.12.20ta 
『 ASCO abstract 』 ドイツ での _神経`内分泌`腫瘍__に対する_ペプチド_レセプタ__放射性`核種`療法_ 12.12.19ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__神経`内分泌`がん__に対する_bevacizumab / pertuzumab / Sandostatin による治療 12.12.18tf 
『 ASCO abstract 』 _欧州_に於ける _進行期_、及び、_転移性_無`症候`性_神経`内分泌`腫瘍__に対する_everolimus による治療 12.12.18te 
(↑2013年 1月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__神経`内分泌`腫瘍_ の _治療_ : UKINETS、及び、NCRI_ランダム化`臨床`試験__結果_ 12.12.17tc 

『 ASCO abstract 』 _進行性の__転移性__神経`内分泌`腫瘍__に対する__配列化`治療_としての pazopanib  12.12.17tb 
『 ASCO abstract 』 _進行性の__非−切除可能的__高`分化`型__膵臓__神経`内分泌`腫瘍__に対する_sunitinib 対 _プラセボ_ 12.12.17ta 
『 ASCO abstract 』 _膵`神経`内分泌`腫瘍__に対する_temsirolimus + bevacizumab による治療 12.12.06tb 
『 ASCO abstract』 進行期_消化管`系_低`分化`型`神経`内分泌`がん_に対する_全身的_化学療法_の_多施設_後ろ向き`方式_分析 12.12.04tb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が クッシング病_治療用_として Signifor を_認可_ 12.12.16na 
(↑2012年 12月)

『 ASCO abstract 』 _進行性_、 _転移性__高`分化`型__消化管`内分泌`腫瘍__に対する_ bevacizumab / capecitabine  12.11.09tc 
(↑2012年 11月)
『 JCO 論文』 _最初の__寛解中の_神経芽`細胞腫__に対する_3F8 ( _モノクロナル抗体_ ) + GMCSF + 13-cis-retinoic acid 12.09.14tb 
(↑2012年 10月)
『論文類』 _転移性__神経`内分泌`腫瘍__に対する__肝臓`動脈`経由`塞栓`術_に続く sunitinib_治療_ : _フェーズ_2_臨床`試験 12.09.03tb 
(ニュース冒頭) 高用量_ICE《 ifosfamide / carboplatin / etoposide 》が 神経芽`細胞腫の救助《サルベージ》治療_で_有用的 12.09.22nb 
『総説』 _原発__肝__神経`内分泌`がん_の_臨床的 特徴、及び、_結果状況_ 12.08.28ta 

『 JCO 論文』 _進行期__神経`内分泌`腫瘍__に対する_bevacizumab / temozolomide : _前向き方式__研究_ 12.08.19tb 
(↑2012年 9月)
『 JCO 論文』 _低リスク__神経芽`細胞腫__に対する__外科手術__単独_、又は、_化学療法_ の _限定的_併用__ での _結果状況_ 12.05.24tb 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) 小児患者さんでのALK−駆動 神経芽`細胞腫、未分化`大細胞型`リンパ腫、炎症性`筋線維`芽`細胞`性`腫瘍に…… 12.05.21na 
(ニュース冒頭) _副腎`皮質`がん__に対する_新しい_標準的_ケア_? 12.05.05na 
(↑2012年 5月)
『 JCO 論文』 神経`内分泌`がん_に対するソマトスタチン−ベース の _放射性_ペプチド_治療_《 2 種の_アイソトープ__併用_ 》 12.03.31tb 
(↑2012年 4月)

(ニュース冒頭) 神経`内分泌`腫瘍に、単一−アイソトープ治療より複数_アイソトープ交替治療のほうが_効果的らしいとの_結果 12.03.16nb 
『総説』 _進行期__膵臓__神経`内分泌`腫瘍__に対する_sunitinib による治療 12.02.15te 
(↑2012年 3月)
『 ASCO abstract 』 進行性_神経`内分泌`腫瘍に対する_lanreotide Autogel 120 mg による_腫瘍_成長_安定化 : 有効性 /安全性 12.01.14ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性__膵臓__神経`内分泌`腫瘍__に対する_octreotide の 使用 12.01.13tb 
(↑2012年 2月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__膵臓__神経`内分泌`腫瘍__患者さん_の_進行無し`生存__に対する__以前の__化学療法_ の _影響_ 12.01.13ta 

『 ASCO abstract』 進行期_神経`内分泌`腫瘍_に対する_everolimus / octreotide LAR : _以前の_ソマトスタチン類縁体の_影響 12.01.10ta 
『 ASCO abstract 』 進行期_神経`内分泌`腫瘍_に対する_everolimus / octreotide による治療 : _原発_腫瘍_部位による_分析 12.01.09td 
『 ASCO abstract 』 _進行期__神経`内分泌`腫瘍__に対する_everolimus / octreotide LAR 対_プラセボ_ / octreotide LAR 12.01.08tb 
『 ASCO abstract 』 進行期_膵臓`神経`内分泌`腫瘍_ での everolimus_治療_ : ソマトスタチン_類縁体_の PFS へのインパクト 12.01.08ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__非−切除可能的__膵臓__神経`内分泌`腫瘍__に対する_sunitinib 対_プラセボ_ 12.01.07td 

『総説紹介文』 胸腺 がん : _臨床的__管理_から _分子標的`治療`薬_まで 11.12.18tb 
(↑2012年 1月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__膵臓__神経`内分泌`腫瘍__に対する_everolimus による治療 11.11.28tc 
『 JCO 論文』 _新たに_診断_の_高リスク_神経芽`細胞腫_に対する_薬物`動態論`的_ガイド topotecan 組み込み_導入_レジメン_ 11.11.21tb 
(ニュース冒頭) _神経`内分泌`腫瘍__に対し、everolimus の octreotide への追加が_進行無し`生存_を_改善_ 11.12.02nb 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) _ステージ_1 B の_メルケル細胞がん_で_補助__放射線`療法_ が _利益的 11.09.29na 
(↑2011年 9月)

(ニュース冒頭) _神経`内分泌`腫瘍__に対し、_新規な_放射性ペプチド が 非常に_効果的__との研究結果_ 11.06.14nc 
『 JCO 論文』 _進行期__胸腺腫_、及び、胸腺 がん _に対する_carboplatin / paclitaxel による治療 : _フェーズ_2_ 11.05.22ta 
『 JCO 論文』 _再発性_、又は、_治療−抵抗性_ の _進行期__胸腺`上皮性`腫瘍__に対する_belinostat による治療 : フェーズ_2 11.05.22ta 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _膵臓_神経`内分泌`腫瘍_の_治療用_として everolimus を_認可_ 11.05.07na 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) いくらかの_患者さん_ での _胸腺腫_を belinostat が 安定化 することあり 11.04.22nc 
(↑2011年 4月)

(ニュース冒頭) _進行期__膵臓__神経`内分泌`腫瘍_に Sutent 、及び、 Afinitor が _有望的__との研究結果_ 11.02.23nb 
『 JCO 論文』 MYCN 増幅のない_非−_転移性_、_非−切除可能的__神経芽`細胞腫_の_乳児 での 軽減_治療_による良好な_結果 11.02.01tb 
『 JCO 論文』 _ステージ_4__神経芽`細胞腫_ での _化学療法剤`大量`投与`治療_後 の NKC 数 増強目的の_皮下_IL2_用量_ 11.02.01ta 
(ニュース冒頭) _進行期__膵臓__神経`内分泌`腫瘍_ での _生存_を everolimus と sunitinib が _改善_ 11.02.11na 
『総説』 _神経`内分泌`腫瘍_の_管理_ : 現在 、及び、 将来の_治療_ 11.01.13ta 

『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性_ の _神経芽`細胞腫_の 小児_患者さん_ での irinotecan / temozolomide_治療 11.01.09te 
(↑2011年 2月)
『 ASCO abstract 』 _進行期_肺 _大細胞`神経内分泌がん__に対する_cisplatin / etoposide_化学療法_ 10.12.31ta 
(↑2011年 1月)
『 JCO 論文』 _再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_ の _神経芽`細胞腫__に対する_Hu14.18-IL2 の_抗−腫瘍__活性_ 10.11.21ta 
(↑2010年 12月)
(ニュース冒頭) _神経芽`細胞腫__に対し、_用量_低下_化学療法_ が _効果的_ な 可能性 10.11.10ne 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) _高リスク__神経芽`細胞腫__に対する_新しい 標準ケア 10.10.01na 
(↑2010年 10月)

(ニュース冒頭) _神経芽`細胞腫__に対し、_免疫`療法_ 、及び、 _化学療法_軽減により、_有利的な__結果 10.09.30nb 
(ニュース冒頭) 小児 _神経芽`細胞腫_の_治療_では、_化学療法_の より軽減が必要_との研究結果_ 10.09.30na 
『 JCO 論文』 小児_再発性_、又は、治療−抵抗性_神経芽`細胞腫_に対する_topotecan/cyclophosphamide 対 topotecan_単独 比較 10.08.21ta 
(↑2010年 9月)
『 JCO 論文』 _高リスク__神経芽`細胞腫_で 迅速 COJEC _導入治療中の 小児_患者さん_ での _予防_的_GCSF_投与_ 10.07.20tb 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) 小児_患者さん_ での _神経芽`細胞腫_ での _好中球`減少症_を filgrastim が 低下 10.07.14nb 

(ニュース冒頭) everolimus が _膵臓__神経`内分泌`腫瘍_ での _進行無し`生存_を_改善_ 10.07.09nb 
(↑2010年 7月)
(ニュース冒頭) _神経`内分泌`腫瘍_の _肝臓__転移_に、イットリウム− 90_放射性物質`塞栓療法_ が _効果的_ 10.06.12nb 
『論文類』 神経芽`細胞腫_の 小児_患者さん での 改善された生存《 1979 年から 2005 年》 : イタリア の データベースの報告 10.05.07tb 
(↑2010年 6月)
(ニュース冒頭) 大きな_聴神経腫 _に対し、_放射線_手術 が _効果的_ 10.05.21nb 
(↑2010年 5月)
『総説 標題』 _多発性`内分泌`腫瘍`症 1 型__患者さん_の_フォロー は どうあるべきか? 10.03.24ta 

(ニュース冒頭) _神経`内分泌`腫瘍__に対し、_併用__化学療法_ が _効果的_で_忍容`可能的 10.04.02nc 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) _副腎`皮質`がん_の_患者さん_ での _結果状況_を モニター有り_補助療法_Lysordren が _改善_の模様 10.03.02nb 
(↑2010年 3月)
(ニュース冒頭) _膵臓__神経`内分泌`腫瘍__に対し、everolimus + temozolomide が _活性的_ 10.02.26nd 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) _進行期__膵臓__神経`内分泌`腫瘍_ での _生存_を sunitinib が _改善_ 10.01.26na 
『論文類』 転移性_膵臓_神経`内分泌`腫瘍_での 細胞`毒性`的__化学療法__治療`挫折_後 の 毎日_投与__経口_everolimus_治療 09.12.31te 
(↑2010年 1月)

『論文類』 転移性_神経`内分泌`中腸`腫瘍_を 有する_患者さん での 腫瘍_成長コントロール 目的の octreotide_LAR《徐放`製剤》 09.09.30tf 
『総説 標題』 _内分泌_症状_の_管理_ 、及び、 _副腎皮質がん__に対する__化学療法剤_としての mitotane の使用 09.09.26ta 
『総説紹介文』 肺_神経`内分泌/カルチノイド _腫瘍_ 09.09.21tc 
(↑2009年 10月)
『論文類』 1。0cm 以内の直径の_メルケル細胞_腫瘍_の_患者さん_では 領域的`リンパ節_転移_を 保有しそうにないとの研究結果 09.08.09td 
『論文類』 _転移性__高分化型の_神経`内分泌`がん_ での gemcitabine / oxaliplatin_併用__化学療法_ 09.07.22tc 
(↑2009年 8月)

(総紹)_副腎皮質がん_ での _放射線`療法_(総説紹介文)09.06.26ta 
(↑2009年 7月)
『総』 _膵臓__神経`内分泌`腫瘍_(総説)09.05.25ta 
(N 冒頭)神経`内分泌`腫瘍の_肝臓転移_治療用_高用量_melphalan にオーファンドラッグ指定 09.06.11nb 
(↑2009年 6月)
(ニュース冒頭)高リスク_神経芽`細胞腫_ で _補助__抗_− GD2_免疫`療法_ が _効果的_ 09.05.16nc 
新資料:副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.05.11ea 

《 連載(現2) #9=完 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.05.10eb 
《 連載(現2) #8 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.05.10ea 
《 連載(現2) #7 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.04.27ea 
(↑2009年 5月)
《 連載(現2) #6 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.04.26ea 
《 連載(現2) #5 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.04.20eb 

《 連載(現2) #4 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.04.20ea 
《 連載(現2) #3 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.04.17ea 
《 連載(現2) #2 》 副腎 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.04.14eb 
《 連載(現2) #1 》 副腎 がん の_治療_ 09.04.14ea 
(↑2009年 4月)
MYCN _遺伝子_増強の無い_播種性_神経芽`細胞腫_の_乳児_患者さんでの 減弱_治療_で好結果(論文・報告)09.03.01ta 

高リスク _神経芽`細胞腫_の小児_患者さん_での _骨髄`破壊的`_治療_ + cis-RA による_治療(論文・報告)09.02.28tg 
(↑2009年 3月)
(ニュース冒頭) everolimus が 転移性`膵臓`_神経`内分泌`腫瘍_の患者さん に利益との報告 09.01.20nb 
(ニュース冒頭)転移性の_中腸`神経`内分泌`腫瘍_に octreotide が有望的との報告 09.01.20na 
(↑2009年 1 月)
膵臓‐神経‐内分泌‐腫瘍の管理に於ける攻撃的な切除 : どのような場合に適応があるか?(論文・報告)08.11.21tc 
(↑2008年 12 月)
(総紹)甲状腺、及び、副甲状腺の外科手術後の機能、及び、生活の質の温存(総説紹介文)08.11.02ta 

(ニュース冒頭)神経‐線維腫‐症 で imatinib に潜在的能力 : 臨床試験を実施中 08.11.14na 
(↑2008年 11 月)
新資料:副腎皮質がん の 治療 08.10.26ce 
《 連載 #7=完 》 副腎皮質がん の 治療 08.10.26cd 
《 連載 #6 》 副腎皮質がん の 治療 08.10.26cc 
《 連載 #5 》 副腎皮質がん の 治療 08.10.26cb 

《 連載 #4 》 副腎皮質がん の 治療 08.10.24ca 
《 連載 #3 》 副腎皮質がん の 治療 08.10.23ca 
《 連載 #2 》 副腎皮質がん の 治療 08.10.22ca 
切除可能的な神経芽細胞腫の治療 : LNESG1 study の結果(論文・報告)08.10.05tb 
《 連載 #1 》 副腎皮質がん の 治療 08.10.18ca 

悪性クロム親和性細胞腫/傍神経節腫 での cyclophosphamide + vincristine + dacarbazine(論文・報告)08.10.04tb 
膵臓 神経内分泌腫瘍《 PNETs 》 : 発症頻度、予後、最近の 生存改善への傾向(論文・報告)08.09.26tf 
(↑2008年 10 月)
進行期の低〜中等度グレードの神経内分泌腫瘍 での everolimus + octreotide LAR 剤の効果(論文・報告)08.09.09tf 
神経内分泌 肝臓転移 での 選択的 内部 放射線微小球による内照射塞栓法(論文・報告)08.08.21ta 
(↑2008年 9月)
『総』 クロム親和性細胞腫 : 現行のアプローチ、及び、将来の方向性(総説)08.08.06ti 
(↑2008年 8月)

進行期の神経内分泌腫瘍 での sunitinib の活性について(論文・報告)08.07.09tb 
(総紹)気管支肺 神経内分泌 腫瘍(総説紹介文)08.06.23ta 
『総標』神経線維腫症タイプ 2 に伴う聴神経鞘腫での erlotinibでの聴覚学的・画像的な奏効(総説標題)08.06.20tc 
(↑2008年 7月)
小児患者さん での 軟組織肉腫 での 高線量率 近接照射療法 : 単一施設 での 経験(論文・報告)08.05.26tc 
(↑2008年 6月)
『総』 当該レセプタ−陽性の小児腫瘍 での 放射性ラベル化ソマトスタチンレセプタ類縁体(総説)08.05.06th 

小児患者さん での 進行期の副腎皮質がん の集中的な化学療法 + 自家幹細胞移植による治療(症例報告)08.04.15td 
(↑2008年 5月)
転移性の神経内分泌腫瘍 での I(131)-metaiodobenzylguanidine の有効性と毒性の評価(論文・報告)08.03.28ta 
限局性の 幼児 神経芽細胞腫で しばしば見られる自然縮小 : 前向き方式での臨床試験(論文・報告)08.03.20tb 
(↑2008年 4月)
ステージ IV の神経芽細胞腫 での 初回導入治療としての I 131-MIBG(論文・報告)08.03.17te 
症例: 妊娠期に於ける副腎神経芽腫の非通常的なケース(症例報告)08.03.06tc 

ステージ IV の神経芽細胞腫 での 高用量の迅速、及び、標準的な導入化学療法(論文・報告)08.03.05ta 
[紹存]胃腸膵 神経内分泌 腫瘍 での 治療選択肢(総紹存在)08.03.03tf 
(↑2008年 3月)
神経内分泌がん の 肝臓転移に対するイットリウム-90 内照射塞栓法( 肝動脈塞栓術 後の )(論文・報告)08.02.09tg 
(↑2008年 2 月)
『総』 クロム親和性細胞腫 : 遺伝子学、及び、管理に関するアップデート(総説)08.01.08tg 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 肉腫 *****


『論文類』 _進行期__軟`組織`肉腫_、又は、_骨肉腫_ に於ける pembrolizumab_治療__ : _SARC028 ( _多施設_、2_コホート_、_単一`治療`グループ_、_ラベル`明示_、_フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1711060024 
(↑2017年 12月)
『 JCO 論文』 _進行期__脂肪`肉腫_を有する_患者さん_ に於ける 、eribulin 対 dacarbazine_ランダム化__フェーズ_3_研究_からの_サブグループ`解析_で 示された eribulin の_活性_ 1710220007 
『論文類』 _四肢_の_局所`進行期_血管`肉腫_の ための_分離式`肢`灌流__ : __多施設`研究_ 1710200016 
『論文類』 _新規な__非−_高用量_methotrexate −ベース、_投与集中`_併用_化学療法__レジメン_OGS-12 で_治療_された _非`転移性__治療−未経験__四肢__骨肉腫__患者さん_ での _結果状況_ 1710182356 

『論文類』 _先行治療`経験`無し の__進行期__非−切除可能的_、又は、_転移性__軟`組織`肉腫__に対する__第一線`治療_として の gemcitabine / docetaxel 対 doxorubicin_ : _〜(続く) 1710100028 
(↑2017年 11月)
『総説』 小児、青年、及び、_若年`成人 に於ける _骨肉腫_の_治療`経路 1706131722 
(↑2017年 7月)
『 JCO 論文』 稀な 疾患 に於ける 克服 の 質_ : _618 名 の _ユーイング肉腫__長期的_克服者さん_の _観察_コホート__研究_ に於ける _臨床`機能的_結果状況_、及び、_身体`活動_ 1705212339 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) _四肢`肉腫__に対する__領域的_化学療法_ が 四肢を 切断から 救助 1703162251 
『論文類』 _転移性_、及び、_非−切除可能的__軟`組織`肉腫__に対する_tivozanib による治療_ : __フェーズ_2_研究_ 1702121716 
(↑2017年 3月)

(ニュース冒頭) _進行期__軟`組織`肉腫_ に於ける 腕、及び、脚 の 温存 1702231703 
(ニュース冒頭) _血管`肉腫_ に於ける propranolol : 数十年 での _最初の_大きな_進歩_ 1702012304 
(↑2017年 2月)
『論文類』 _進行期__軟`組織`肉腫__に対する_regorafenib の_安全性_、及び、_有効性__ : _REGOSARC ( _ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、_プラセボ−比較__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1612092234 
(↑2017年 1月)
『 JCO 論文』 HIV_感染症_を有する、又は、有さない 人たち に於ける _症状性の__カポジ`肉腫__に対する_pomalidomide による治療_ : __フェーズ_1 / 2_研究_ 1611191719 
(↑2016年 12月)
『論文類(詳細原文)』 _進行期_ / _転移性__肉腫__に対する_MLN8237 ( alisertib ) の _フェーズ_2_研究_ 1610281600 

(ニュース冒頭) _外科手術_前の_化学療法_により、_肉腫_の_治療_ が _改善_ 1611081626 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _軟`組織`肉腫__治療用_として Lartruvo を doxorubicin との_併用_で_認可_ 1611042244 
『論文類』 _進行期_ / _転移性__肉腫__に対する_MLN8237 ( alisertib )_ : __フェーズ_2_研究_ 1609272242 
(↑2016年 11月)
『総説紹介文』 _軟`組織`肉腫__に対する__化学療法_ 1609251622 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__軟`組織`肉腫_の_治療用_として Lartruvo ( olaratumab )に 加速認可を_賦与_ 1610202246 
(↑2016年 10月)

『総説紹介文』 _遺伝子`組み替え_ヒト_腫瘍`壊死`因子_α、及び、melphalan による 分離`四肢`灌流_の_局所`進行期__四肢``軟`組織`肉腫_ に於ける _役割_ 1608221713 
(↑2016年 9月)
『論文類』 _後腹膜_肉腫__に対する__術前_、又は、_術後__放射線`療法_の 追加 対 _外科手術__単独_ : 全国的_臨床_がん`領域_データベースの_症例`対照、_傾向`スコア`マッチ_解析_ 1607171650 
(↑2016年 8月)
(ニュース冒頭) _後腹膜__肉腫__に対する__治療_ に於ける _外科手術_への_放射線`療法_の 追加 1607092206 
(↑2016年 7月)
『総説』 _成人_ に於ける _骨肉腫__に対する__化学療法_ 1605261659 
(ニュース冒頭) olaratumab による、_進行期__軟`組織`肉腫_ に於ける _前例の無い_、しかし、困惑させる_結果_ 1606161717 
(↑2016年 6月)

『 ASCO abstract 』 _再発性__子宮`肉腫__に対する__併用_rAd-p53 / _化学療法_ の _治療__有効性__評価_ 1605091632 
『 ASCO abstract 』 _進行期__子宮__がん肉腫_を有する_患者さん_ に於ける _最適_腫瘍`体積`減量`手術_ : Japanese Gynecologic Oncology Group からの_多施設__後ろ向き`方式`研究_ 1605082129 
『 ASCO abstract 』 _重度に_先行治療`経験`有り の__再発した__子宮__平滑筋`肉腫_を有する_患者さん_ に於ける cabozantinib、と、temozolomide / bevacizumab との_相乗`効果_ 1605081755 
『論文類』 _再発した__軟`組織`肉腫_を有する 日本人_患者さん_ に於ける pazopanib_治療_ の _臨床的`結果状況_ : Japanese Musculoskeletal Oncology Group (JMOG) の_研究_ 1604271715 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) _放射線`療法_ が _軟`組織`肉腫_を有する_より年配__患者さん での _生存_を_改善_ 1604261733 
(↑2016年 4月)

『論文類』 _先行治療`経験`有り の__高−グレード__進行期__肉腫__に対する_dasatinib による治療 : SARC009 ( _フェーズ_2_研究_ ) 1603052346 
『 JCO 論文』 従来的な__化学療法_で_治療`挫折_後_ の 転移性__脂肪`肉腫_、又は、_平滑筋`肉腫__に対する_trabectedin、又は、dacarbazine の _有効性_ / _安全性_ : 〜(続く) 1603032224 
(↑2016年 3月)
『 JCO 論文』 _高リスク__横紋筋`肉腫__に対する_ifosfamide / etoposide、及び、vincristine / doxorubicin / cyclophosphamide、irinotecan、_放射線`療法_の_用量−圧縮サイクル〜(続く) 1601101619 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _脂肪`肉腫__治療用_として Halaven ( eribulin )を_認可_ 1602122242 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _脂肪`肉腫__治療用_として Halaven ( eribulin mesylate )を_認可_ 1601301807 
(↑2016年 1月)

『 JCO 論文』 _限局性_四肢、又は、表面`体幹 _軟`組織`肉腫__に対する__術前`化学療法 ± _放射線`療法_ : 全_用量_epirubicin + ifosfamide の 3 サイクル 対 5 サイクル : 〜(続く) 1510311741 
『論文類』 _高リスク__四肢_、及び、体幹_軟`組織`肉腫__に対する__術前`補助_gemcitabine + _放射線`療法_ : _フェーズ_1__アダプティブ`用量`決定`研究_ 1510122358 
(ニュース冒頭) _横紋筋`肉腫__に対する__多剤_治療`レジメン_の_臨床試験_で、_相反的な_結果 1511071800 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _軟`組織`肉腫__治療用_として Yondelis を_認可_ 1511041722 
(↑2015年 11月)
『論文類』 _局所`進行期_、及び、_転移性__脊索腫__に対する_sorafenib による治療 : French Sarcoma Group (GSF/GETO)による_フェーズ_2_臨床`試験_ 1509281734 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _特定的な__軟`組織`肉腫__治療用_として Yondelis ( trabectedin )を_認可_ 1510271745 
(ニュース冒頭) _脂肪`肉腫_、及び、_平滑筋`肉腫__に対し、_標準的`治療_よりも Yondelis のほうが 好結果 1510222349 
(ニュース冒頭) aldoxorubicin が _進行期__軟`組織`肉腫_に於いて _進行無し`生存_を_改善_ 1510020018 
(↑2015年 10月)
(ニュース冒頭) trabectedin が _軟`組織`肉腫_ での _進行無し`生存`期間_を_伸長_ 1509182252 
『論文類』 _先行`実施の__化学療法_の 間、又は、その後に_病気`進行_した_軟`組織`肉腫__患者さん_ に於ける pazopanib 対 _プラセボ_ の _ランダム化_、_ダブル`ブラインド_、〜(続く) 1508231739 
(↑2015年 9月)

『 JCO 論文』 低下された_標的`体積_への イメージガイド下放射線療法により _治療_された_四肢`肉腫_の_患者さん_ に於ける _遅発性`毒性_の_有意な_低減 : 〜(続く) 1507240008 
(↑2015年 8月)
( ASCO ニュース冒頭) Halaven により_治療_された_軟`組織`肉腫__患者さん_で、_より長い__全体的`生存期間_ 1506130027 
( ASCO ニュース冒頭) eribulin_治療_による _肉腫_ に於ける 初めての_生存 改善_ 1506121745 
(↑2015年 6月)
『論文類』 _進行期__子宮_、又は、_軟`組織 _平滑筋`肉腫__に対する__第一線`治療_として の trabectedin / doxorubicin : LMS-02 ( _非`ランダム化_、_多施設_、_フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1504191737 
『論文類』 _進行期__転座−関連``肉腫__に対する__標準的`化学療法_後 の trabectedin 対 _最良`サポートケア_ : _ランダム化_、_ラベル`明示_、_フェーズ_2_研究_ 1504182322 

『 JCO 論文』 _転移性__子宮`平滑筋`肉腫__に対する_第一線`治療_としての_gemcitabine / docetaxel + bevacizumab、又は、_プラセボ_ : _ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_〜 1504121756 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) ombrabulin / cisplatin_併用`治療_ は _軟`組織`肉腫__に対して 小さな_インパクト_あり との研究結果 1504222350 
『論文類』 _軟`組織`肉腫_の_患者さん_に於ける trabectedin の 中断 対 継続 : T-DIS ( _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1503161744 
(↑2015年 4月)
『論文類』 _標準的`治療_後に_病気`進行_している_非−切除可能的__高−グレード__骨肉腫__に対する_sorafenib + everolimus : _非`ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 1502091712 
『論文類』 _軟`組織`肉腫__に対する_aldoxorubicin の_フェーズ_1 B / 2__研究_ 1502072254 
(↑2015年 3月)

(ニュース冒頭) ラジウム − 223 が _転移性__骨肉腫_の_治療_に_有望的 との_早期−_研究__結果_ 1502281734 
(ニュース冒頭) eribulin が _進行期__肉腫_ での _生存 を 改善_ 1502271723 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Yondelis ( trabectedin )に、_進行期__軟`組織`肉腫__患者さん__治療用_として_優先`審査_を_賦与 1502101736 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が YONDELIS 《 trabectedin 》に_進行期__軟`組織`肉腫__治療用_として_優先`審査_を 賦与 1502052235 
(↑2015年 2月)
『 JCO 論文』 _小児_横紋筋`肉腫__に対する__陽子線`放射線`療法_の_フェーズ_2_臨床`試験_の_予備的``結果 1411231710 

『 JCO 論文』 新たに_診断された_低リスク_横紋筋`肉腫_に対する_より_短期的_治療_( vincristine / dactinomycin ……》 1411022049 
(↑2014年 12月)
『 JCO 論文』 進行期_軟`組織`肉腫_に対する_TH-302 ( 低酸素−活性化 プロドラッグ ) + doxorubicin : フェーズ_2_研究_ 1410181711 
『 JCO 論文』 _原発__四肢の``軟`組織`肉腫に於ける _局所`再発__に対する__従来的な 対 _強度`変調`放射線療法 の _比較_ 1410131728 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が CytRx 社 の aldoxorubicin _臨床試験_に 部分的`停止 を 指示 1411201710 
(↑2014年 11月)
『総説紹介文』 _限局性__軟`組織`肉腫__に対する__外科的`管理_ 1409071743 

『論文類』 再発性 / 治療−抵抗性_横紋筋`肉腫、骨肉腫、滑膜`肉腫、及び、その他の_軟`組織`肉腫_に対する_R1507 1408171702 
(↑2014年 9月)
『 JCO 論文』 _標準的−_リスク__ユーイング肉腫_の_強化`治療_に於ける cyclophosphamide と ifosfamide の_比較_ 1408111736 
(↑2014年 8月)
『 JCO 論文』 _小児_、及び、_青年_に於ける ユーイング腫瘍の_診断まで`期間長_と_転移_、_生存_との 関連性について 1406231716 
(ニュース冒頭) _ユーイング肉腫_の_強化`治療_に関する_最大の__研究_ の _結果 1407101657 
(ニュース冒頭) Torisel ( temsirolimus ) が _横紋筋`肉腫__患者さん での _イベント無し`生存_を_改善_ 1407031724 
(↑2014年 7月)

『論文類』 頭蓋底_軟骨`肉腫に対する_炭素`イオン`放射線`療法_後 による 高い_コントロール率 : 長期_結果 の _最初の報告 1405181719 
(ASCO ニュース冒頭) _血管`肉腫_の_治療_に於いて、bevacizumab の追加 は 効果無し との研究結果 1406171708 
( ASCO ニュース冒頭) _新しい__併用`治療_ が 、_より高い__リスク_ の _横紋筋`肉腫_に_有望的 1406071732 
(↑2014年 6月)
『論文類』 進行期 / 転移性_軟`組織`肉腫_に対する__第一線`治療_としての doxorubicin_単独_ 対 doxorubicin / ifosfamide 1404061654 
(ニュース冒頭) _脊椎_に_拡大_した_肉腫__に対する__定位`手術的`照射による_治療_ 1404101717 

『論文類』 _ER and / or PR を発現している_子宮_平滑筋`肉腫_を 有する_患者さん での letrozole による_アロマターゼ_阻害 14.03.08te 
(↑2014年 4月)
『論文類』 _進行期__軟`組織`肉腫__に対する_pazopanib による治療 での _長期的_治療`奏効`者_、及び、克服者さん 14.03.03tc 
『総説』 _子宮`肉腫_の_管理_、及び、_治療_に於ける _現行の_、及び、将来の_選択肢_ 14.02.28ta 
『 JCO 論文』 _AIDS −随伴``カポジ肉腫__に対する__前向き方式__ステージ−層別化_アプローチ_ 14.02.15td 
『 JCO 論文』 _AIDS −随伴``カポジ肉腫__に対する_imatinib による治療 : _フェーズ_2_臨床`試験_ 14.02.15tc 
(↑2014年 3月)

(ニュース冒頭) _早期_HIV −関連__カポジ肉腫_は_化学療法_無しで _成功的に_治療_される可能性あり との研究結果 14.01.11na 
(↑2014年 1月)
『論文類』 _進行期__軟骨`肉腫_ : _化学療法_の_役割_、及び、_生存_ 13.11.07tb 
(↑2013年 11月)
『論文類』 _悪性_骨`腫瘍_の_管理に於ける _四肢`温存`手術_ + _体外`照射_ : 101 名の患者さん での がん`領域的_結果状況 13.10.05ta 
(↑2013年 10月)
『論文類』 _腎_ユーイング腫瘍 13.09.04ta 
(ニュース冒頭) _炭素`イオン`放射線`療法_ が _脊椎`肉腫_に_効果的_ 13.09.06nc 
(↑2013年 9月)

(ニュース冒頭) _手術`不可能的__脊椎`腫瘍__に対し、_炭素`イオン`放射線`療法_ が _有望的_ 13.08.13na 
(↑2013年 8 月)
『論文類』 _進行期_ EGFR −陽性 _脊索腫__に対する_lapatinib による治療 : _フェーズ_2_研究_ 13.07.04ta 
『 JCO 論文』 _先行`実施の__化学療法_で_利益_を得た_転移性_肉腫_の_患者さん_ での ridaforolimus による治療 13.06.30te 
『 JCO 論文』 _転移性__胞巣状`軟部`肉腫__に対する_cediranib による治療 13.06.20tb 
(↑2013年 7 月)
『 JCO 論文』 _進行期_CDK4 −_増幅__高分化型`脂肪肉腫、又は、_脱`分化型`脂肪肉腫__に対する_CDK4 −_阻害薬_PD0332991 13.06.08tb 

『論文類』 先行`実施の_化学療法_の_治療`挫折_後の_進行期_軟`組織`肉腫__に対する_trabectedinの_臨床的`結果状況 / _安全性 13.06.02tc 
『論文類』 _原発__肉腫_のための_治療ガイドライン_の 遵守 は _患者さん__生存_に 影響する : CONTICANET の サイド_研究_ 13.06.02tb 
(↑2013年 6 月)
『 ASCO abstract 』 _軟`組織`肉腫__患者さん_に於ける _骨転移_ : 自然歴、_予後的 価値、及び、_治療_に関する_調査_ 13.05.13ta 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期_、又は、_転移性__軟`組織`肉腫__に対する__休薬日_後 の trabectedin_再投与`治療_ 13.05.12td 
『 ASCO abstract 』 75 歳以上の_患者さん_ での _進行期__軟`組織`肉腫_ : ケアのパターン、と、_生存_ 13.05.12tc 

『 ASCO abstract 』 先行`治療で病気`進行している転移性軟`組織`肉腫 での 救助_選択肢としての ifosfamide レジメン再`投与 13.05.12tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期__軟`組織`肉腫__に対する__遺伝子`組み替え__アデノウィルス_ヒト化_p53_遺伝子_ + _温熱`療法_ 13.05.12ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性__滑膜`肉腫__に対する__高用量_ifosfamide による治療 : Institut Gustave Roussy の_経験_ 13.05.11tb 
『 ASCO abstract 』 _再発性__非−切除可能的__軟骨`肉腫__に対する_ mTOR`阻害薬_ + cyclophosphamide の_臨床的`活性_ 13.05.11ta 
『 ASCO abstract 』 _少数`転移病巣`性__肉腫__に対する__局所 焼灼的_治療_の_全体的`生存_への_インパクト_ 13.05.10td 

『 ASCO abstract 』 _転移性_、又は、_局所`進行期__軟`組織`肉腫__に対する_gemcitabine / docetaxel による治療 13.05.10tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期__軟`組織`肉腫__に対する__外来_ での _緩和的_14 日間_持続点滴_ ifosfamide_治療_ 13.05.10tb 
『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り の__進行期__軟`組織`肉腫_、及び、_性索`腫瘍__に対する_panobinostat による治療 13.05.09tc 
『 ASCO abstract 』 標準的_化学療法 での_臨床的`利益_後 の 進行期__肉腫_に対する ridaforolimus_維持`療法_ 13.05.08tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期__軟`組織`肉腫__に対する_pazopanib 対 _プラセボ_ 13.05.06td 

『 ASCO abstract 』 治療−抵抗性_IGF-1R 陽性、及び、陰性_の_骨、及び、軟`組織`肉腫_に対する_cetuximab / temsirolimus 13.05.06tc 
『 ASCO abstract 』 再発した、又は、転移性_子宮`平滑筋`肉腫__に対する_第一線`治療__doxorubicin / cisplatin / ifosfamide 13.05.06tb 
『 ASCO abstract 』 _小児_年齢__グループ_ の _骨肉腫__に対する__肺_転移巣`切除術_ 13.05.05ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__脊索腫__に対する_lapatinib による治療 : _フェーズ_2_研究_ 13.05.04ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__軟骨`肉腫_に於ける _化学療法_ の _役割_、及び、_生存_ 13.05.03tc 

『 ASCO abstract 』 _進行期__軟骨`肉腫__に対する_GDC-0449 による治療 13.05.03tb 
(↑2013年 5 月)
『論文類』 治療−抵抗性、又は、進行期_悪性`腫瘍、又は、肉腫_に対する__経口_ridaforolimus ( mTOR_阻害薬_ )による治療 13.04.07ta 
『論文類』 限局性_子宮`肉腫での 補助`化学療法( doxorubicin / ifosfamide / cisplatin )→放射線`療法 対 放射線`療法のみ 13.04.06tf 
『論文類』 _進行期__軟`組織`肉腫_ での _アントラサイクリン−ベース_治療_後 の sorafenib による治療 : _フェーズ_2_ 13.04.06te 
(↑2013年 4 月)
『論文類』 _下顎骨`骨肉腫_ : _若年__成人_の_稀な__腫瘍_の_集学的__管理_ 13.03.07ta 

『論文類』 _四肢_、及び、_体幹`壁__軟`組織`肉腫_についての ISG-GEIS_臨床試験_ での _手術_の 質と _術前`補助__併用`治療_ 13.03.05ta 
(↑2013年 3月)
『論文類』 _血管肉腫_、及び、_類上皮`血管内皮`腫__に対する_bevacizumab による治療 13.01.03tc 
(↑2013年 1月)
『論文類』 _孤立性`繊維性`腫瘍__に対する_sunitinib malate による治療 12.12.02te 
『 JCO 論文』 _限局性__ユーイング肉腫_の_治療_としての 間隔−圧縮_化学療法_ : _ランダム化__比較`臨床`試験_ 12.11.19tb 
(↑2012年 12月)
(ニュース冒頭) Merck社 が 欧州`連合《 EU 》 での ridaforolimus( _軟`組織`肉腫__治療用 目的 )の_認可申請を 取り下げ 12.11.30na 

『論文類』 _原発__転移性__ユーイング`肉腫`ファミリー`腫瘍_ : _骨髄`破壊的__化学療法_、及び、_全_肺__照射_ 12.11.04tc 
(ニュース冒頭) _ユーイング肉腫__に対し、2 週間に 1 回の_化学療法_のほうが 3 週間に 1 回よりも_効果的_ との研究結果 12.11.01nc 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) _横紋筋`肉腫__に対する__臨床試験_で、6_剤__併用__レジメン_ が _失敗_ 12.07.14nb 
『 JCO 論文』 非−転移性 四肢骨肉腫に対する_術前`補助`化学療法( methotrexate / cisplatin / doxorubicin ± ifosfamide ) 12.06.11tb 
『論文類』 _高−グレード__限局性__四肢_骨肉腫_の 克服 12.06.08td 

『論文類』 _進行期__高`分化`型_ / _脱`分化`型__脂肪`肉腫_ : _化学療法_の_役割_と_生存_ 12.06.08tc 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) _非−_転移性__骨肉腫__に対し、ifosfamide の有用性 は _限定的 12.06.29na 
『総説 標題』 _肉腫_の_管理_に関するアップデート 12.05.26ta 
『 JCO 論文』 _転移性__ユーイング`肉腫`ファミリー`腫瘍_、又は、_線維`形成性`小`円形`細胞`腫瘍__に対する_ganitumab 治療 12.05.24tc 
(ニュース冒頭) Infinity 社 が _骨がん 、及び、_骨髄`線維`症__に対する__治療薬_ の _臨床試験_を 中止 12.06.19nb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が ridaforolimus( Merck & Co 社 の _肉腫_治療薬_ )の_認可_を _拒否_ 12.06.07na 
(↑2012年 6月)
『 JCO 論文』 _抗−レトロウィルス_治療_を受けている HIV −関連_カポジ`肉腫_患者さんでの bevacizumab_治療 : フェーズ_2 12.04.29ta 
(ニュース冒頭) pazopanib : 数十 年ぶりの_肉腫__治療薬_ 12.05.04na 
(↑2012年 5月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _軟`組織`肉腫__治療用_として Votrient ( _GlaxoSmithKline 社_ )を_認可_ 12.04.27na 
『 JCO 論文』 _進行期__脊索腫__に対する_imatinib_治療_ : _フェーズ_2__研究_ 12.03.19tb 

『 JCO 論文』 _高リスク__成人__軟`組織`肉腫__に対する__短期的_、 _規定`全`用量__補助`化学療法_ 12.03.12td 
(ニュース冒頭) ユーイング肉腫 _に対し、_分子標的`治療`薬_ の _併用`治療_ が _効果的_ 12.04.13na 
『論文類』 _進行期__限局性__粘液型`脂肪肉腫__に対する__術前`補助_trabectedin : _フェーズ_2__臨床試験_ 12.03.05td 
(ニュース冒頭) Threshold 社の TH-302 ( _軟`組織`肉腫__治療薬_ )を米国 FDA が _オーファン・ドラッグ_に 認定 12.03.31nf 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA パネル は Glaxo 社 の _肉腫__治療薬_は 支持する一方、Merck 社の 製品は支持せず 12.03.21nb 

(ニュース冒頭) ridaforolimus ( Merck-Ariad の_肉腫__治療薬_ )について米国 FDA 担当者が 疑問示唆 12.03.20na 
(ニュース冒頭) _Votrient が _軟`組織`肉腫__に対し、_進行無し`生存`期間_を_伸長_ との研究結果 12.03.17nd 
(ニュース冒頭) _非−切除可能的_骨肉腫_で _炭素`イオン`放射線`療法_ が _有用的_ 12.03.10na 
(↑2012年 3月)
『論文類』 転移性_血管肉腫 : doxorubicin−ベース_レジメン、毎週 1 回の_paclitaxel + 転移巣切除で_有意に_結果状況__改善 12.02.03tb 
『論文類』 _再発した、及び、非−切除可能的な_高−グレード_骨肉腫での 標準的_集学的`治療_の_治療`挫折_後の sorafenib_治療 12.02.03ta 

『論文類』 _進行期__血管肉腫_に於ける gemcitabine_治療_ : _後ろ向き`方式__症例_シリーズ_分析_ 12.01.31tb 
(ニュース冒頭) _軟`組織`肉腫__に対する__化学療法_としては、 より_短い__化学療法_ が _より好ましい__との研究結果_ 12.02.23nc 
(↑2012年 2月)
新資料:ユーイング腫瘍グループの_治療 12.01.29ma 
『 JCO 論文』 _進行期__骨_、及び、_軟`組織`肉腫__に対する_ridaforolimus ( mTOR_阻害薬_ )による治療 11.12.30tb 
《項目追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍の_治療 ≫ ステージ_ごとの_治療 12.01.10ma 

《記述追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍の_治療≫ _ステージ_ごとの_治療 12.01.01ma 
(↑2012年 1月)
『 JCO 論文』 _再発性_、又は、_治療−抵抗性_ユーイング肉腫_に対する_R1507 ( _モノクロナル抗体_ )による治療 11.12.03ta 
『 JCO 論文』 _治療−抵抗性_ユーイング肉腫_に対する_figitumumab の_予備的な__有効性_結果 11.12.02tc 
(ニュース冒頭) _転移性__血管肉腫__に対し、doxorubicin と paclitaxel の_有効性_ は 同等的 11.12.24nb 
《記述追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍の_治療_ ≫ _ステージ_ごとの_治療_ 11.12.07ma 
(↑2011年 12月)

『 JCO 論文』 _局所`進行期__四肢__軟`組織`肉腫__に対する_TNF α、及び、melphalan −ベース_分離`四肢`灌流_による治療 11.10.21td 
(ニュース冒頭) ridaforolimus が _進行期__肉腫_の_治療用として_有望的_ 11.11.10ng 
《項目追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍グループ ≫ 高用量`化学療法_ + _幹細胞`移植 11.11.07mb 
《記述追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍の_治療 ≫ 高用量`化学療法_ + _幹細胞`移植 11.11.04ma 
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_ユーイング肉腫_に対し、IGF-1R 抗体 が _有望的_ 11.11.04nd 
(↑2011年 11月)

《記述追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍の_治療_ ≫ 高用量`化学療法_ + _幹細胞`移植 11.10.24ma 
(ニュース冒頭) _進行期__軟`組織`肉腫_ で melphalan_分離`四肢`灌流_により 四肢`切断を 回避__との研究結果_ 11.10.19nb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が ridaforolimus ( _軟`組織、及び、_骨__肉腫__治療用_ )の NDA 申請を受理 11.10.07nd 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _軟`組織`肉腫__に対し、Halaven が _有望的_ 11.09.27nh 
(ニュース冒頭) _軟`組織`肉腫_ _に対する_TNF / melphalan −ベース_分離`四肢`灌流_により、_患肢`温存`率_ 81% 11.09.22na 

《項目追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍の_治療 ≫ _放射線`療法_ 11.09.20ma 
(ニュース冒頭) 英国 NICE 当局 が _骨肉腫__治療薬_として Mepact (mifamurtide)を 支持する方針に 変更 11.09.09nb 
(↑2011年 9月)
《項目追加》 現行治療1 :ユーイング腫瘍の_治療 ≫ _化学療法_ 11.08.26ma 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) _放射線_照射後−_肉腫__に対し、再_放射線`療法_ が _効果的_ 11.07.30na 
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`有り の__軟`組織`肉腫__に対する_gemcitabine / dacarbazine 対 dacarbazine だけ の 比較 11.06.24ta 
(↑2011年 7月)

《記述追加》 現行治療1 :ユーイング腫瘍の_治療 ≫ _化学療法_ 11.06.27ma 
(ニュース冒頭) モース顕微鏡手術を受けた 皮膚`平滑筋`肉腫の_患者さん_11 名で_再発_無し 11.06.10nc 
(↑2011年 6月)
新資料:心臓肉腫の治療《Medscape Reference資料の ご紹介》 11.05.27ma 
《項目追加》 現行治療1 : ユーイング腫瘍の_治療_ ≫ _治療_の 概観 11.05.15ma 
(ニュース冒頭) _骨肉腫__に対し、_陽子線−ベース_放射線`療法_ が _局所__治癒_を 提供 11.05.04nb 
(↑2011年 5月)

(ニュース冒頭) NCCN ガイドラインで、一定の_デスモイド型`線維腫`症__に対し _経過`観察_ が _治療__選択肢_ 11.03.17nb 
(ニュース冒頭) 一部の_横紋筋`肉腫_のケースでは、_化学`放射線`療法_を 軽減しても_安全的_ 11.03.08na 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) _高−グレード__肉腫_に対し、_強度‐変調‐放射線療法《 IMRT 》 が  より優れた_局所_コントロールを提供 11.02.09na 
(ニュース冒頭) 新しい_遺伝子__治療_ が _転移性_ の _滑膜`細胞`肉腫_や メラノーマ に_効果_ 11.02.02nc 
(↑2011年 2月)
『 JCO 論文』 横紋筋`肉腫の最初の_再発、又は、病気`進行_状態の_患者さんでの irinotecan/vincristine の 2_投与スケジュール 10.10.22te 
(↑2010年 11月)

(ニュース冒頭) _多重_サイクル の _化学療法_を 受ける_患者さん_ での _粘膜炎_の_管理_に Kepivance が _効果的_ 10.10.06nb 
(↑2010年 10月)
( ASCO ニュース冒頭) _非−切除可能的_ な 皮膚`線維`肉腫__に対し、imatinib が 有効 な 模様 10.07.08nh 
(↑2010年 7月)
『論文類』 子宮`がん肉腫_の_治療_に於ける paclitaxel/carboplatin の_フェーズ2_評価 : Gynecologic Oncology Group Study 10.05.28tc 
(↑2010年 6月)
(ニュース冒頭) _非−_転移性_ の 後腹膜/腹部 肉腫 に対しては、手術を実施すべきとの_研究結果_ 10.05.27nb 
(ニュース冒頭) _肉腫__に対する__化学療法_への 加熱 の 追加 により、いくらかの_結果 が _改善_ 10.05.21na 
(↑2010年 5月)

(ニュース冒頭) _軟組織`肉腫__に対する__化学療法_時 の _腫瘍_加熱により、_病気無し`生存_ が 30% 向上 10.04.30nb 
『論文類』 進行期_隆起性`皮膚`線維`肉腫_に対する_imatinib mesylate_治療_ : 2件の_フェーズ_2_臨床試験のプール化_分析 10.04.04tc 
『論文類』 小児_肉腫_患者さんでの pegfilgrastim−サポート VDC/IE_化学療法: フェーズ2、ランダム化、非ブラインド化_研究 10.03.09tc 
(↑2010年 4月)
『総説紹介文の存在』 _軟組織`肉腫__治療_に於ける _抗__血管新生__薬_ 10.02.20tf 
(ニュース冒頭) _骨転移_を伴う_ユーイング肉腫_に対し、全身 MRI −制御_放射線`療法_ + _自家`幹細胞`移植_ が _有望的_ 10.03.18ne 
(↑2010年 3月)

『総説』 _ユーイング肉腫_  での _血管新生_ 、及び、 _血管_標的 :_前臨床的_/_臨床的__データ_の_レビュー_ 10.01.30ta 
『論文類』 _原発_、_播種性、多巣性の_ユーイング肉腫__に対する__局所__治療_ の 価値 10.01.22tj 
(↑2010年 2月)
『論文類』 _乳児型`線維`肉腫_ : 欧州 での 経験 に基づく_管理_ 10.01.08tb 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _新規な__薬_ に _ユーイング肉腫__に対する__抗−腫瘍__活性_ありとの報告 09.12.30nc 
(ニュース冒頭) _肉腫_を 有する 小児_患者さん_で_単剤__投与_Neulasta が _忍容性`良好_で_効果的_ 09.12.09nh 
(↑2009年 12月)

『論文類』 中間的−リスク の _横紋筋`肉腫__に対する_VAC_レジメン_と VAC/VTC_レジメン_との比較 09.10.31ta 
『論文類』 _進行期__脊索腫_ での imatinib + sirolimus への応答 09.10.30td 
(↑2009年 11月)
『論文類』 _再発した_/_治療−抵抗性_ の 小児 _肉腫_ の gemcitabine / docetaxel による治療 09.10.03te 
(ニュース冒頭) _軟組織`肉腫_ での _結果状況_を _術前補助`化学療法_と_局所`温熱`療法_の _併用_が改善 09.10.06na 
(↑2009年 10月)
症例報告: _幼児_患者さん_ での 縦隔 _カポジ肉腫`様`血管`内皮`腫_と_カサバッハ−メリット`現象_ : インターフェロン_治療 09.09.06tf 

『論文類:副作用』 _乳がん_の_放射線`療法_後 の _二次的__肉腫_発症について : 持続的なリスク、と、劣った_生存_ 09.09.04tb 
『論文類』 _軟組織`肉腫__に対する_術中`放射線`療法_と_外部線源`放射線療法_の_併用_ : _後ろ向き`方式_ での 評価 09.09.02td 
『論文類』 _進行期_/転移性_の_脂肪肉腫_や_平滑筋`肉腫_での アントラサイクリン/ifosfamide_治療`挫折_後 の trabectedin 09.09.01ta 
『論文類』 _粘液型`脂肪肉腫_ での trabectedin : 単一施設 シリーズ の _長期的__分析_ 09.08.22td 
『総説紹介文』 _軟組織`肉腫_に対する 新しい 内科的_治療__選択肢_ 、及び、 _臨床_結果状況_評価への_戦略_ 09.08.21ta 

『総説紹介文』 _後腹膜`軟組織肉腫__管理_に於ける _現行の_概念 、及び、 将来の展望 09.08.18tc 
(↑2009年 9月)
『総説紹介文』 治療薬_プロフィール_ :_骨肉腫__治療用_ muramyl tripeptide ( mifamurtide ) 09.08.17tb 
『論文類』 _筋`骨格`肉腫_からの 肺_転移_に対する 肺_ラジオ波`焼灼法_ 09.08.06te 
『論文類』 顎/_頭蓋`顔面_領域 の _骨肉腫_ : _集学的__治療_後 の _結果状況_《複数》 09.07.19te 
『論文類』 _四肢__粘液型`脂肪肉腫_ での _放射線`療法_感受性 は 優れた_局所_コントロール に 反映 09.07.19td 

新資料:_血管`肉腫_の_治療_《eMedicine資料の ご紹介》 09.08.04ma 
(↑2009年 8月)
『論文類』_非−_消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__肉腫_ での sunitinib による治療 : _多施設__Phase II__研究_ 09.07.02tf 
『論文類』_転移性_ 、又は、 _再発性_肉腫 での sorafenib による_治療_ : _Phase II__研究_ 09.07.02te 
『論文類』_再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_の_進行期__軟組織`肉腫_ での pazopanib による_治療_ 09.07.02td 
_滑膜`肉腫_ : 単一センターで_治療_された 250 名の患者さん《複数》 での _後ろ向き`方式__分析_(論文・報告)09.06.28tb 

_再発した_高リスク _骨肉腫_ での 2 コースの cyclophosphamide + etoposide による_治療_(論文・報告)09.06.28ta 
(総紹)_軟組織`肉腫_の_管理_ のための trabectedin(総説紹介文)09.06.17tb 
幼児 _線維`肉腫_の_化学療法_による成功的_治療_ : 12 年後__石灰化`腱膜`線維腫_、_錘形`細胞/多形`脂肪腫_発症例(論文・報告)09.06.15td 
(↑2009年 7月)
『総』 _骨肉腫_のための 新規な_治療__薬_《複数》(総説)09.06.11tb 
劣った_予後_の_骨肉腫_ 治療用 サマリウム 153 − EDTMP の_投与量`決定`研究_(論文・報告)09.05.23tc 

(未達)_非−転移性_ユーイング肉腫族 腫瘍_での_投与量`強化`化学療法_対_標準的_化学療法(論文・報告)09.05.22ta 
(↑2009年 6月)
(総紹)_骨肉腫_に対する新規な治療薬《複数》(総説紹介文)09.04.24tc 
(↑2009年 5月)
進行期`軟組織`肉腫 での_順次`実施_高用量_doxorubicin + ifosfamide 対 doxorubicin 比較(論文・報告)09.04.11tf 
_進行期__原発−_肝臓__血管肉腫_ での _臨床的_特徴 、及び、治療__結果状況_(論文・報告)09.03.27tj 
(↑2009年 4月)
3 歳未満の小児_患者さん_ での 非_転移性_頭蓋_傍`脳脊髄膜`横紋筋`肉腫_の_治療_(論文・報告)09.03.10tc 

(ニュース冒頭)小児_患者さん_ での _骨肉腫_治療用として免疫ベース_薬_を欧州で_認可_ 09.03.14nc 
(−結果)術前補助−/補助`化学療法は_切除_された_原発−滑膜`肉腫の結果状況を改善せず(論文・報告)09.02.27tb 
(総紹)_軟組織`肉腫_の補助的な_治療_としての_温熱療法_(総説紹介文)09.02.14te 
(↑2009年 3月)
症例: 再発性のユーイング肉腫の緩和治療としての凍結焼灼法 + _体性‐感覚‐誘発電位(症例報告)09.01.06tb 
単一施設 での シリーズ での _後腹膜‐軟組織肉腫 での 攻撃的な外科的方策(論文・報告)08.12.30tc 

『総』 成人 での 肝臓‐血管‐腫瘍《複数》(総説)08.12.20td 
(↑2009年 1 月)
骨外性‐粘液型‐軟骨肉腫について(論文・報告)08.12.06te 
隆起性‐皮膚線維肉腫 : 広汎‐部分切除術 対 モース顕微鏡手術(論文・報告)08.12.05td 
(未達)進行期軟組織肉腫での thrombospondin −模倣性‐血管新生‐抑制薬 ABT-510 の効果(論文・報告)08.11.29tc 
『総』 非− GIST の軟組織肉腫 での 血管新生‐抑制薬(総説)08.11.28tf 
(↑2008年 12 月)

非−切除可能的 な 血管肉腫 での 毎週 1 回の paclitaxel による治療(論文・報告)08.11.09td 
再発性の胸壁肉腫 での 外科的切除後の結果状況(論文・報告)08.11.01tb 
骨髄様 肉腫 での 他家 造血幹細胞移植 : SFGM-TC からの後ろ向き方式での研究(論文・報告)08.10.19tc 
(↑2008年 11 月)
進行期の軟組織肉腫 での 固定 投与速度 点滴 での gemcitabine による治療(論文・報告)08.10.07td 
『総』 骨肉腫 の 外科的、及び、内科的な管理に関する現行の概念(総説)08.09.23ta 

ユーイング肉腫 の標準的リスクグループ で 化療比較、高リスクグループ での etoposide(論文・報告)08.09.19tg 
脂肪肉腫 : Scandinavian Sarcoma Group の登録データベースに基づく結果状況(論文・報告)08.09.19tc 
[紹存]成人患者さん での 頭頸部 肉腫 : 現行の概念、及び、将来の展望(総紹存在)08.08.17tb 
(総紹)骨肉腫の外科的、及び、内科的な管理に関する現行の概念(総説紹介文)08.08.17ta 
(↑2008年 9月)
(ニュース冒頭)ペギル化リポソーム doxorubicin に HIV −関連カポジ肉腫 再発の予防効果 08.08.27nb 

(ニュース冒頭)小児患者さん での 肉腫 で 免疫療法が生存を改善の可能性 08.08.09na 
限局性の切除可能な軟組織肉腫 での 補助化学療法 臨床試験に関する系統的なメタ分析(論文・報告)08.07.21tb 
(↑2008年 8月)
小児・若年成人患者さん での 治療抵抗性の骨肉腫 での gemcitabine + docetaxel による治療(論文・報告)08.07.14tc 
原発の四肢 軟組織肉腫 での 局所コントロールへの強度変調放射線療法のインパクト(論文・報告)08.07.12tc 
『総』 小児患者さん での 非 横紋筋肉腫 軟組織肉腫(総説)08.07.05tc 

(総紹)小児患者さん での 非 横紋筋肉腫の軟組織肉腫 での 化学療法の役割(総説紹介文)08.06.19tb 
症例: 生後 5 ヶ月の少年患者さん での 原発の肺 横紋筋肉腫(症例報告)08.06.15tc 
(ニュース冒頭)米国 FDA が AIDS に伴うカポジ肉腫 治療用として Doxil 新適応を認可 08.07.04nb 
症例: 先天性の血管肉腫 で paclitaxel に一過性の反応を示した例(症例報告)08.06.15tb 
(↑2008年 7月)
『コ』肉腫 : 長くて曲がりくねった、がん 細胞特定的な治療への道(コメント記事)08.06.03te 

進行期の軟組織肉腫 での ifosfamide −ベースの併用化学療法に関するメタ分析(論文・報告)08.05.27te 
(ニュース冒頭)限局性のユーイング肉腫 で 投与集中化学療法 が 効果的 08.06.12na 
高リスクの軟組織肉腫 での 投与集中化学療法 + 術前 放射線療法による組織学的な奏効(論文・報告)08.05.21te 
小児、青年、若年成人 での 軟組織・骨の間葉性軟骨肉腫(論文・報告)08.05.21td 
(↑2008年 6月)
(−結果) doxorubicin 含有レジメンに治療抵抗性の HER-1 発現 滑膜肉腫 での gefitinib(論文・報告)08.05.08td 

(ニュース冒頭)ユーイング肉腫の化学療法 での 投与間隔 圧縮 が 結果状況を改善 08.05.20na 
成人 での 未分化 胎児性 肝臓 肉腫(論文・報告)08.05.04te 
(ニュース冒頭)高用量 近接照射療法 が 小児患者さん での 軟組織肉腫に効果的 08.05.16nb 
(総紹)ユーイング肉腫 : 予後基準、結果状況、及び、将来の治療(総説紹介文)08.04.27ta 
(紹存)頭頸部の滑膜肉腫 での 治療結果状況(総紹存在)08.04.17tb 

小児・青年患者さん での 脊索腫・軟骨肉腫 での 術後 スポット走査陽子放射線療法(論文・報告)08.04.14tf 
(↑2008年 5月)
肉腫 での 投与量 強化 化学療法 + 幹細胞サポート の 大規模施設 での 経験(論文・報告)08.04.11tc 
『総』 軟骨肉腫への臨床的なアプローチ(総説)08.04.08ta 
(ニュース冒頭) HIV 陰性の成人患者さん での カポジ肉腫 で 局所 imiquimod が一選択肢 08.04.23na 
四肢の軟組織肉腫からの孤発 リンパ節転移のリンパ節切除術の効果(論文・報告)08.04.06te 

『総』 肉腫 での 分子標的チロシンキナーゼ抑制薬の治療的潜在能力(総説)08.03.26td 
進行期の軟組織肉腫 での 第一線治療としての緩和的な化学療法による顕著な臨床的利益(論文・報告)08.03.26ta 
肉腫治療のための外来化学療法 + 放射線療法 : 放射線 増感薬によるがん コントロール改善(論文・報告)08.03.18tb 
(↑2008年 4月)
(総紹)進行期・転移性の成人 での 軟組織肉腫 での 第一線治療の投与量 強化 化学療法(総説紹介文)08.03.16ta 
(ニュース冒頭)米国 FDA が 骨肉腫 での 高用量 methotrexate 後に levoleucovorin 認可 08.03.28nb 

『総』 骨肉腫に対する進歩した技術による放射線療法(総説)08.03.12tf 
成人 での 非転移性の四肢 骨肉腫 での cisplatin + ifosfamide + epirubicin 併用療法(論文・報告)08.03.10tg 
進行期の軟組織肉腫 での 「古い薬」 dacarbazine での 第二・三線 化学療法(論文・報告)08.03.09te 
『総』四肢の進行期の軟組織肉腫 での 術前補助療法 : どの治療を選ぶべきか?(総説)08.03.07tb 
『総』 原発の骨肉腫の治療 での 整形外科的 選択肢(総説)08.03.04tb 

(ニュース)米国 FDA が 骨肉腫 治療用として Levoleucovorin を認可 08.03.11na 
進行期の古典型カポジ肉腫 での 第二線治療としてのペギル化リポソーム doxorubicin(論文・報告)08.02.26ta 
(未達) HIV 関連のカポジ肉腫 での BMS-275291 に関する Phase I ・II 臨床試験(論文・報告)08.02.25tc 
(総紹)成人で発症する小児肉腫(総説紹介文)08.02.24tf 
(総紹)消化管間質腫瘍、及び、平滑筋肉腫(総説紹介文)08.02.24te 

(紹存)成人の多形性肉腫《 いわゆる MFH 》の診断、及び、管理(総紹存在)08.02.24td 
(総紹)血管の悪性腫瘍 : 血管肉腫、血管内皮腫、血管外皮細胞腫(総説紹介文)08.02.24tc 
(総紹)滑膜肉腫の診断、及び、管理(総説紹介文)08.02.24tb 
(総紹)脂肪様腫瘍の診断、及び、管理(総説紹介文)08.02.24ta 
(総紹) L-MTP-PE : 骨肉腫の肺転移に対する安全的で効果的な薬(総説紹介文)08.02.19tc 

粘液型脂肪肉腫 で温存手術 + 放射線療法 治療後の局所コントロールと治療挫折パターン(論文・報告)08.02.17tc 
横紋筋肉腫 の治療 での doxorubicin の役割 : 高リスク転移性のケース での ウィンドウ研究(論文・報告)08.02.16ta 
(↑2008年 3月)
骨肉腫 で 化学療法への muramyl tripeptide 追加で全体的生存 が 改善(論文・報告)08.02.03ta 
卵巣 がん肉腫 : 臨床病理学的な予後因子、及び、白金系化学療法剤 含有レジメンの評価(論文・報告)08.01.26tb 
症例: 骨肉腫からの肺転移の自然消失のケース(症例報告)08.01.24tb 

限局性の下肢のユーイング腫瘍 での 治療後の長期的な臨床的、及び、機能的な結果状況(論文・報告)08.01.22tk 
(↑2008年 2 月)
症例: 混合の成人ウィルムス腫瘍と血管肉腫で CEO レジメンに反応性であったケース(症例報告)08.01.14th 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 皮膚(非メラノーマ) *****


(ニュース冒頭) mogamulizumab_ : _皮膚_リンパ腫__に対する__有`価値の__新しい__選択肢_ 1712121700 
(↑2017年 12月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _原発_皮膚_未分化`大細胞型`リンパ腫_、及び、 CD30 −発現_菌状息肉症__に対する__治療用_として ADCETRIS ( brentuximab vedotin )を_認可_ 1711152355 
(↑2017年 11月)
(ニュース冒頭) Odomzo が _局所`進行期__基底`細胞`がん_の_治療_に於いて_持続的_な_反応_期間 26 ヶ月間を 示した との研究結果 1710180010 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が cemiplimab ( REGN2810 )_に_進行期_ 皮膚__扁平上皮がん_ _治療用_として_ブレークスルー治療`認定_を _賦与_ 1710122355 
(↑2017年 10月)
( ASCO ニュース冒頭) _メルケル細胞がん_に於いて、三重_治療_ が _強力な__アプローチ_ との研究結果 1706201641 
『総説』 _頭頸部__基底`細胞`がん_、及び、_扁平上皮がん_ の _管理_ 1705092334 
(↑2017年 6月)

『論文類』 多重_基底`細胞`がんを有する_患者さん に於ける 2種類の_間欠的_vismodegib_用量_レジメン_ : _MIKIE( ランダム化_、レジメン−コントロール、ダブル`ブラインド フェーズ2臨床`試験) 1703192257 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性__メルケル細胞がん_の_第一線`治療用として Bavencio を_認可_ 1704011751 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性__メルケル細胞がん__治療用_として Bavencio ( avelumab )を_認可_ 1703241623 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) _皮膚__扁平上皮がん_を有する_いくらかの__患者さん_では_光線`力学`療法_ が _有用的_である との研究結果 1702251459 
(↑2017年 2月)
『論文類』 基底`細胞`母斑`症候群を有する_患者さんでの ヘッジホッグ`経路_の 阻害_ : __多施設、_ランダム化、_ダブル`ブラインド、_プラセボ−比較_フェーズ_2_臨床`試験_の _最終的`結果 1612042241 
(↑2017年 1月)

(ニュース冒頭) _皮膚` T −細胞`リンパ腫__に対し、brentuximab vedotin により_より優れた__結果状況_ 1612051636 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性__メルケル細胞がん 治療用_として の _優先`審査_に 向けて avelumab の_生物学的`製剤`承認`申請_を 受理 1612021657 
(↑2016年 12月)
『論文類(詳細原文)』 _メルケル細胞がん_ に於ける _補助`放射線`療法_、及び、_化学療法_ 1610182245 
『論文類』 _化学療法`抵抗性_の_転移性__メルケル細胞がん__に対する_avelumab_ : __多施設_、_単一`グループ_、_ラベル`明示__フェーズ_2_臨床`試験_ 1610051713 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) _メルケル細胞がん__に対し現れつつある_新しい__標準的`ケア_ 1610012249 
(↑2016年 10月)

(ニュース冒頭) _メルケル細胞がん_に於いて、pembrolizumab が _有望的な__活性_ 1606141659 
(ニュース冒頭) _メルケル細胞がん_の 一定の_患者さん_では_放射線`療法_ は 必要ない との研究結果 1606091700 
(↑2016年 6月)
(ニュース冒頭) _皮膚がん_を_治療_しようとして Black Salve ( 赤根草 )家庭療法を_行うと、_患者さん_は _生命を脅かす`的_な_リスク_に 直面する との 警告 1605241615 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _日光性`角化症__治療用_として Ameluz + _活性化 BF-RhodoLED 装置( Biofrontera 社 )を_認可_ 1605131701 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) _ヘッジホッグ`経路`阻害薬_が_皮膚`がん _に対し_有用的_ 1604281628 

(ニュース冒頭) _稀な__メルケル細胞がん_に於いて、「顕著な」_反応_ 1604211621 
(ニュース冒頭) _投与−節約 romidepsin_レジメン_ が _皮膚` T −細胞`リンパ腫__に対し__有望的 1604142222 
(↑2016年 4月)
(ニュース冒頭) _基底`細胞`がん__治療用_として の vismodegib は その後の_その他の_ がん 発生の_リスク_を 高める可能性あり との研究結果 1603041715 
(↑2016年 3月)
『 JCO 論文』 CD30 −陽性 _皮膚` T −細胞`リンパ腫_、及び、_リンパ腫`様`丘疹症__に対する_brentuximab vedotin による治療 : _フェーズ_2__臨床試験_の_結果_ 1511081720 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) vismodegib + _放射線`療法_ が _再発性__基底`細胞`がん__治療_に於いて_有望的である との研究結果 1509181747 
(↑2015年 9月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Odomzo ( sonidegib )を_基底`細胞`がん__治療用_として_認可_ 1508141202 
『論文類』 _進行期__基底`細胞`がん__に対する_vismodegib による治療 : STEVIE ( _国際的__ラベル`明示__臨床試験_ の _事前`計画された_中間`解析_ ) 1507192332 
『論文類』 _局所`進行期_、又は、_転移性__基底`細胞`がん__に対する_2 つの_異なる__用量_の sonidegib による治療 : BOLT (_多施設_、_ランダム化_、_ダブル`ブラインド__フェーズ_2_臨床`試験_) 1507191742 
(ニュース冒頭) _カルシウム・チャンネル・ブロッカー_が vismodegib −誘発_筋痙攣__に対し_有効かも知れない との研究結果 1507312352 
(↑2015年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Odomzo ( sonidegib )を_局所`進行期__基底`細胞`がん__治療用_として_認可_ 1507260001 
(↑2015年 7月)

(ニュース冒頭) _基底`細胞`がん__に対する_2 つの_新薬_ 1505261653 
(ニュース冒頭) ビタミン D 誘導体 の 服用 により、_非−_メラノーマ__皮膚`がん 患者さん_での _更なる__皮膚`がん 発生_リスク_ が _低下_される との研究結果 1505141709 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _皮膚` T −細胞`リンパ腫_の_第一線`治療_用 としての SGX301 に_ファースト・トラック《急行`車線》`認定_ 1501212234 
(↑2015年 1月)
『総説』 _進行期__メラノーマ_、及び、_その他__皮膚 がん _に対する__治療_に於ける _進歩_ 1411171731 
(ニュース冒頭) _進行期__基底`細胞`がん__に対する_現れつつある_新しい__治療`選択肢_ 1412082346 
(↑2014年 12月)

『論文類』 _非−治癒`可能的__皮膚`扁平上皮がん__に対する__単剤_panitumumab による治療 : _フェーズ_2_研究_ 1410051725 
『 JCO 論文』 _進行期_ がん からの_皮膚_転移__に対する__治療_ : _メタ解析_ 1409271829 
(↑2014年 10月)
『論文類』 進行期_皮膚` T −細胞`リンパ腫( 菌状息肉症_、及び、セザリー症候群_ )_に対する_forodesine ( PNP_阻害薬 ) 1409052242 
(↑2014年 9月)
(ニュース冒頭) _メルケル細胞がん_では、_ガイドライン_−ベースの_ケア_ が _生存`改善_を 伴う との研究結果 1408121716 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭)_フェーズ_2_臨床`試験_で 示された_進行期__基底`細胞`がん_ での sonidegib _治療_による_利益_ 1406142352 
(↑2014年 6月)

(ニュース冒頭) itraconazole ( _一般普通的_な_抗`真菌`薬_ )が_基底`細胞`がん__に対し_効果_あり との研究結果 14.02.11nb 
(↑2014年 2月)
『論文類』 結節型、及び、表在型_基底`細胞`がん__に対する__外科的_切除_ 対 imiquimod 5 パーセント クリーム 14.01.02te 
(↑2014年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Valchlor(mechlorethamine) ゲル を_菌状息肉症_型_皮膚` T −細胞`リンパ腫_治療用として認可 13.08.27na 
(↑2013年 8 月)
『 ASCO abstract 』 _乳がん__患者さん《複数》_ での _皮膚_転移__に対する_eribulin の_活性_ 13.06.24td 
(↑2013年 7 月)
『 ASCO abstract 』 _進行期_皮膚`扁平上皮がん_の_全身的`治療_ : Roswell Park での _経験_ 13.04.28tc 

『 ASCO abstract 』 _ヘッジホッグ`経路`阻害薬_vismodegib の_進行期__基底`細胞`がん__患者さん_ での _有効性_ / _安全性_ 13.04.23te 
(↑2013年 5月)
『 JCO 論文』 ステージ2B、4A、又は、4B_進行期__菌状息肉症_に対する_静注_ペギル化リポソーム doxorubicin_単剤`治療 12.11.18tc 
(↑2012年 12月)
《項目追加》 現行治療2 : 皮膚` T −細胞`リンパ腫_ ≫ _内科的_治療 12.11.10ma 
『総説』 _原発__皮膚`B 細胞`リンパ腫_ : _診断_、及び、_管理_に於ける _最近_ の _進歩_ 12.10.02tb 
(ニュース冒頭) より年配の_患者さんでの 非−メラノーマ皮膚 がんには、手術より放射線`療法 が 適していることありとの意見 12.11.03na 
(↑2012年 11月)

《記述追加》 現行治療2 : _皮膚` T −細胞`リンパ腫_ ≫ _内科的_治療 12.09.30ma 
(↑2012年 9月)
(ニュース冒頭) vismodegib ( Erivedge ) は 「_基底`細胞`がん__に対する__治療_ での 最大の_進歩」との _論説_ 12.06.16na 
(ニュース冒頭) vismodegib ( _最近__認可_された_治療薬_ ) が _稀な__皮膚`がん _に対し_有望的_ 12.06.07nb 
(↑2012年 6月)
『論文類』 _ステージ_1__メルケル細胞がん_ での _補助__予防的__領域的__放射線`療法_ 対 _経過`観察_ 12.04.02tb 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _基底`細胞`_皮膚_がん_の 初めての_治療薬_として Erivedge (vismodegib)を_認可_ 12.01.31nc 
(↑2012年 2月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _日光性`角化症_治療用_として Picato を_認可_ 12.01.27nb 
(↑2012年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__基底`細胞`がん__治療用_として vismodegib に関する NDA 申請を受理 11.11.10nh 
(↑2011年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が mechlorethamine hydrochloride(菌状息肉症_治療剤 )の 独自`技術_ゲル剤 の NDA 申請 を 受理 11.10.05nc 
(ニュース冒頭) vismodegib は _基底`細胞`がん__に於いて__実体的な__利益_を もたらす_との研究結果_ 11.09.30nc 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _ステージ_1 B の_メルケル細胞がん_で_補助__放射線`療法_ が _利益的 11.09.29na 

『 JCO 論文』 _非−切除可能的_皮膚_扁平上皮がん__に対する__第一線__単剤`治療_としての cetuximab : _フェーズ_2_ 11.09.01tc 
(ニュース冒頭) TNF_抑制薬_ は 皮膚 がん に 関連する可能性はあるが、他の がん には 無し_との研究結果_ 11.09.15nc 
(ニュース冒頭) _Genentech 社_ が _進行期__基底`細胞`がん__治療用_として vismodegib の NDA を米国 FDA に申請 11.09.13ne 
(↑2011年 9月)
(ニュース冒頭) _非−切除可能的__扁平上皮`皮膚がん_ が cetuximab に_反応_ 11.08.03nb 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) _菌状息肉症__治療用_として mechlorethamine ゲル剤の NDA を申請 11.07.29ne 
(↑2011年 7月)

(ニュース冒頭) モース顕微鏡手術を受けた 皮膚`平滑筋`肉腫の_患者さん_11 名で_再発_無し 11.06.10nc 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭) _新規な__薬_ が _基底`細胞`母斑`症候群_の_病変_を 防止 11.04.07na 
(↑2011年 4月)
『総説』 _非−メラノーマ皮膚 がん  の celecoxibによる 化学_予防_  11.02.15tc 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) _hedgehog 阻害`薬_ : _基底`細胞`がん__治療_ の 新時代 11.02.08na 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) celecoxib に、_日光性`角化症__患者さん_ での _非−メラノーマ皮膚がん 発症 の 抑制効果あり_との研究結果_ 10.12.01nb 
(↑2010年 12月)

『JCO 論文』 治療−抵抗性_皮膚` T −細胞`リンパ腫に対する_romidepsin_治療 : 多施設、国際的_、中軸的_研究_の_最終結果 10.10.09td 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) _基底`細胞`母斑`症候群_の_患者さん_は、ビタミン D 不足の リスクがある_との研究結果_ 10.10.23na 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_ の _皮膚` T −細胞`リンパ腫_に romidepsin 《 Istodax 》 が _活性的_ 10.09.01nb 
(↑2010年 9月)
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性__皮膚` T −細胞`リンパ腫_に対し、romidepsin が 「重要な_選択肢_」 10.08.13na 
『総説』 vorinostat : _皮膚` T −細胞`リンパ腫_ の _新規な__治療薬_ 10.07.14ta 
(↑2010年 8月)

『総説』 _メルケル細胞がん_ : 我々が 現在 知っているもの 10.07.01ta 
『総説』 _日光性`角化症_の_現行の__管理_ 10.06.25ta 
( ASCO ニュース冒頭) _非−切除可能的_ な 皮膚`線維`肉腫__に対し、imatinib が 有効 な 模様 10.07.08nh 
(↑2010年 7月)
『論文類』 _進行期__菌状息肉症/_セザリー症候群__に対する__全皮膚`電子線`照射_ + _骨髄`非破壊的__他家`幹細胞`移植_ 10.05.07tc 
(↑2010年 6月)
『総説』 _進行期_ 、又は、 _転移性_ の _基底`細胞`がん__に対する__内科的__管理_ 10.04.22tb 

『論文類』 皮膚` T −細胞`リンパ腫_の_患者さん_ での denileukin diftitox_治療_ : _フェーズ_3__プラセボ__比較`臨床試験 10.04.09td 
(↑2010年 5月)
『論文類』 進行期_隆起性`皮膚`線維`肉腫_に対する_imatinib mesylate_治療_ : 2件の_フェーズ_2_臨床試験のプール化_分析 10.04.04tc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _日光性`角化症__治療用_として imiquimod クリーム 3。75%を_認可_ 10.04.02na 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) ingenol mebutate ゲルで、_日光性`角化症_の _病変_が 除去 10.03.10nb 
(↑2010年 3月)
『総説』 _セザリー症候群_ の _治療_ 10.01.30te 
(↑2010年 2月)

(ニュース冒頭) 遺伝性の_基底`細胞`がん__予防_に celecoxib が _効果的_との_研究結果_ 10.01.08nb 
新資料:_基底`細胞`がん_の_治療_《 eMedicine資料 ご紹介 》 10.01.07ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _基底`細胞`がん_の_治療_ 10.01.05ma 
(↑2010年 1月)
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _基底`細胞`がん_の_治療_ 09.12.28ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_2 : _基底`細胞`がん_の_治療_ 09.12.22ma 

『論文類』 _皮膚` T −細胞`リンパ腫__に対する__単剤`治療_として の romidepsin 《 _ヒストン`デアセチラーゼ`抑制薬_ 》 09.11.08ti 
(↑2009年 12月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _治療−抵抗性__皮膚` T −細胞`リンパ腫__治療薬_として romidepsin を_認可_ 09.11.07na 
(↑2009年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA 諮問委員会が _皮膚` T −細胞`リンパ腫__治療用_として romidepsin の_認可_を勧告 09.09.04nd 
(↑2009年 9月)
『論文類』 日光性`角化症、及び、表在性_非−メラノーマ−皮膚 がん での methyl aminolevulinate + _光線`力学`療法 09.08.13ta 
『論文類』 1。0cm 以内の直径の_メルケル細胞_腫瘍_の_患者さん_では 領域的`リンパ節_転移_を 保有しそうにないとの研究結果 09.08.09td 
(↑2009年 8月)

(ニュース冒頭) _早期__メルケル細胞がん_の_外科的__管理_による_結果状況_ 09.07.28nb 
(↑2009年 7月)
『総』 _セザリー症候群_ : _皮膚` T −細胞`リンパ腫_の 症例_研究_(総説)09.06.11ta 
(ニュース冒頭)皮膚 がん の_治療_に、放射性パッチ が _効果的_ 09.06.23na 
(↑2009年 6月)
症例: 小児_患者さん_ での _メルケル細胞がん_(症例報告)09.05.08tb 
(↑2009年 5月)
( N 冒頭)米国 FDA  が _皮膚` T −細胞`リンパ腫_治療用に_フォトフェレーシスを_認可 09.03.25nb 

_原発−_皮膚`B 細胞`リンパ腫_ での rituximab_単剤`治療_ : _奏効_とフォローアップ(論文・報告)09.02.16te 
(↑2009年 3月)
( N 冒頭)_進行期__基底`細胞`がん_治療用として GDC-0449 の_Phase II__臨床試験_を開始 09.02.24nb 
(↑2009年 2月)
( N 冒頭)_Genentech 社_ が_基底細胞がん_治療用`新薬 の Phase II _臨床試験_開始へ 09.01.20nc 
(↑2009年 1 月)
隆起性‐皮膚線維肉腫 : 広汎‐部分切除術 対 モース顕微鏡手術(論文・報告)08.12.05td 
(ニュース冒頭)治療抵抗性の皮膚 T 細胞リンパ腫の治療に romidepsin が 活性的 08.12.18ne 
(↑2008年 12 月)

『総』 メルケル細胞がん : bleomycin による治療(総説)08.10.30tb 
(↑2008年 11 月)
( N 冒頭) FDA が denileukin diftitox 《 Ontak 》を皮膚 T 細胞リンパ腫治療用に認可 08.10.31na 
(↑2008年 10 月)
(ニュース冒頭)皮膚 B 細胞リンパ腫の治療用として Zevalin が 効果的との報告 08.08.26nc 
新資料:皮膚リンパ腫の治療 基本的な資料 08.08.22ca 
《 連載 #13=完 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.19cb 

《 連載 #12 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.19ca 
《 連載 #11 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.18ca 
《 連載 #10 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15cd 
《 連載 #9 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15cc 
『総』 原発 皮膚粘液がん の 一症例(総説)08.08.01tb 

《 連載 #8 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15cb 
『総』 基底細胞がん の 管理ガイドライン(総説)08.07.31tb 
《 連載 #7 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15ca 
《 連載 #6 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.11ca 
《 連載 #5 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.10cb 

《 連載 #4 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.09ca 
《 連載 #3 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.08ca 
《 連載 #2 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.07.29ca 
(↑2008年 8月)
《 連載 #1 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.07.24ca 
(ニュース冒頭)難治性の皮膚 T 細胞リンパ腫 で ペギル化リポソーム doxorubicin が有効 08.07.05na 
(↑2008年 7月)

(ニュース冒頭)進行期の基底細胞皮膚がん に GDC-0449 が 有望的な新薬 08.04.16nb 
原発の皮膚 CD30 陽性 未分化大細胞型リンパ腫の放射線療法による治療(論文・報告)08.03.31ta 
(↑2008年 4月)
皮膚のメルケル細胞がん : 24 例 での 後ろ向き方式 での 研究(論文・報告)08.03.10te 
(↑2008年 3月)
(ニュース冒頭)皮膚 T 細胞リンパ腫には他家幹細胞移植がベストの模様との報告 08.02.20na 
(↑2008年 2 月)
(ニュース冒頭)大部分の皮膚 B 細胞リンパ腫《 CBCL 》に対して放射線療法が適切 08.01.03na 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** その他、全般 *****



(↑2017年 12月)
『 JCO 論文』 _小児__未分化`大細胞型`リンパ腫_、及び、_炎症性`筋線維`芽細胞`性`腫瘍_ に於ける crizotinib による ALK _標的化_ : _Children ’ s Oncology Group による_研究_ 1709300015 
(↑2017年 11月)

『 ASCO abstract 』 _進行期−ステージ_( _ステージ_3 / 4_ )_卵巣_、_卵管_、及び、_原発__腹膜がん_の_初回`治療_としての_腫瘍細胞`減少`手術_ ± 〜(続く) 1704252319 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性_、及び、_転移性__絨毛がん__に対する_bevacizumab との_併用_ での TRC105 ( endoglin _抗体_ )_ : _人道的`使用_研究_ 1704102310 
(↑2017年 5月)
『 JCO 論文』 _白金系`化学療法剤__耐性__卵巣_、_卵管_、又は、_原発性`腹膜がん_ に於ける mirvetuximab soravtansine(IMGN853) の _安全性_、及び、_活性__ : __フェーズ_1_拡大_研究_ 1704021526 
『 JCO 論文』 _低`グレード_の_卵巣、及び、_腹膜__漿液性がん_を有する_患者さん_ に於ける _ホルモン__維持`療法_ 1704021448 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Zejula ( niraparib )を_再発性_卵巣がん__治療用_として_認可_ 1703281703 
(↑2017年 3月)

(ニュース冒頭) _低`グレード__卵巣_、腹膜_漿液性がん_に於いて、_ホルモン療法_により_進行無し`生存`期間_ が _伸長_ 1702281701 
『 ASCO abstract 』 _コミュニティ__状況設定_ での _腹膜`がん腫症_の_管理_ に於ける _腫瘍細胞`減少`手術_ + _温熱`腹腔内`化学療法_ 1701091645 
『 ASCO abstract 』 _転移性__原発`巣`不明`がん_の_第一線`治療_としての 単純化 / 同日( s )− GOLF_レジメン_による_治療_ 1701091624 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`卵巣がん_の_治療用_として Avastin ( bevacizumab ) + _化学療法_を_認可_ 1701061722 
(↑2017年 1月)
『論文類』 _再発性_、_白金系`化療剤−感受性_卵巣、_卵管_、又は、_原発__腹膜がん__に対する_carboplatin / pralatrexate_ : __フェーズ_1 / 2_研究_ 1610222240 
(↑2016年 11月)

(ニュース冒頭) _腱滑膜`巨細胞`腫《 TGCT 》_ に於ける ENLIVEN _研究_ が _安全性_の 問題で_患者さん_組み込み_を 中断 1610271638 
(↑2016年 10月)
『総説』 _腹膜`がん腫症 の _管理_ に於ける _温熱`腹腔内`化学療法_ / _腫瘍細胞`減少`手術_ 1607051648 
(↑2016年 8月)
『 JCO 論文』 _軽鎖`アミロイドーシス_、と、_執拗的_な_臓器`不全_を有する_患者さん_ に於ける NEOD001 による治療 : ヒトで初の_フェーズ1 / 2_研究_ 1603271642 
『 ASCO abstract 』 _再発した_腹膜`偽粘液腫__に対する__メトロノーム`投与_capecitabine + bevacizumab_併用`治療_の_活性_ 1603122333 
(↑2016年 4月)
『 JCO 論文』 _軽鎖`アミロイドーシス__に対する__自家`造血`細胞`移植_後 の _改善された__結果状況_ : Center for International Blood and Marrow Transplant Research Study 1511080051 
(↑2015年 12月)

『論文類』 _骨`巨細胞`腫_を有する_患者さん_ に於ける 、denosumab への_客観的_腫瘍_反応 : _多施設__フェーズ_2_臨床`試験_ 1509280004 
(↑2015年 10月)
『論文類』 進行期_頭頸部_腺様`嚢胞がん_に対する_併用_強度`変調`放射線療法《IMRT》 / ラスター・スキャン 炭素イオン ブースト照射 により _より優れた__局所`領域`的_コントロール、_全体的`生存_ 1508232347 
(↑2015年 9月)
『論文類』 _原発__脾臓_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_の_特徴_、及び、_生存_改善_ に於ける 脾摘出術 の _役割_ 1508212348 
『論文類』 _転移性_、又は、_非−切除可能的__腺様`嚢胞がん__に対する_dovitinib による治療 : _フェーズ_2_研究_ 1508021749 
(ニュース冒頭) _新規な__薬_PLX3397 が _腱`滑膜`巨細胞`腫__に対し_顕著な__効果 との研究結果 1507312337 
(↑2015年 8月)

『総説紹介文』 _カルチノイド_、及び、_神経`内分泌`腫瘍_ : 成果の 積み上げ 1506141726 
(↑2015年 7月)
『論文類』 _原発`巣`不明`がん__に対する__経験的_第一線`治療_としての paclitaxel / carboplatin ± belinostat : _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 1505200001 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) _進行期__胸腺がん__に対し、sunitinib が _活性的_ 1501231650 
(↑2015年 1月)
『総説』 _原発_、及び、_転移性__脊椎`腫瘍_の _管理_のための_緩和的__戦略_ 1408192305 
(↑2014年 9月)
『総説』 _原発`脊椎`腫瘍_ : _診断_、及び、_治療_ 1407181745 

(ニュース冒頭) _仙尾骨`奇形腫_の 克服者さん は _長期的_に 泌尿器系、や、腸機能の 問題に 直面する との研究結果 1408091735 
(↑2014年 8月)
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_と_同時性の_肝臓`転移、及び、_腹膜`がん腫症_を 有する_ケース での _集学的`治療 1404211751 
(↑2014年 5月)
(ニュース冒頭) vismodegib が _角化`嚢胞性`歯原性`腫瘍_を 縮小 14.03.22nc 
(↑2014年 3月)
『論文類』 _乳腺外`ページェット病__に対する__放射線`療法_ : _治療`結果状況_、及び、_予後`因子_ 14.01.01ta 
(↑2014年 1月)
『論文類』 _手術`不可能的__デスモイド型`線維腫`症__に対する__中等度_用量__放射線`療法_ 13.10.03tb 
(↑2013年 10月)

(ニュース冒頭) denosumab : _骨`巨細胞`腫__に対する__非−_外科手術__治療`選択肢_ 13.07.26na 
(↑2013年 7 月)
(ニュース冒頭) _進行期__腹部 がん _に対する__腫瘍細胞`減少`手術_ / _温熱`腹腔内`化学療法_からの_利益_ 13.06.15na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Xgeva を_骨`巨細胞`腫__治療用_として_認可_ 13.06.14nc 
(↑2013年 6 月)
『 ASCO abstract 』 _最近_に於ける _腫瘍`細胞`減少_ / _温熱`腹腔内`化学療法_の_病的状態_ 13.04.08tb 
(↑2013年 4 月)
『 ASCO abstract 』 _進行期_、又は、_再発性__胸腺腫__に対する_amrubicin の_有効性_と_安全性_ 13.03.09td 

『 ASCO abstract 』 _原発__手術`不可能的_、又は、_局所`再発性__胸腺腫_ での octreotide LAR による_術前`補助`療法_ 13.03.09tc 
『 ASCO abstract』 Masaoka_ステージ_III/IV_胸腺`上皮性`腫瘍に対する_docetaxel / cisplatin_導入`化学療法:フェーズ2試験 13.03.09tb 
『 ASCO abstract』 進行期_ / 再発性_胸腺_悪性`腫瘍に対する_belinostat / cisplatin / doxorubicin / cyclophosphamide_治療 13.03.08ta 
(↑2013年 3月)
『 ASCO abstract 』 再発性、又は、執拗的_上皮性`卵巣、卵管、原発性`腹膜がんに対する_bevacizumab / pemetrexed による治療 13.01.25tc 
『 ASCO abstract 』 _執拗的_、又は、_再発性_上皮性`卵巣、卵管、原発性`腹膜がん_に対する_ramucirumab による治療 13.01.25tb 

『 ASCO abstract 』 進行期_上皮性`卵巣、卵管、原発性`腹膜がん_に対する__投与`集中__毎週 1 回 paclitaxel / carboplatin 13.01.25ta 
(↑2013年 2月)
『 JCO 論文』 _がん性`腹膜炎_による_手術`不可能的__腸`閉塞_ の lanreotide 微粒子による_症状_治療_ 12.12.09tc 
『論文類』 _孤立性`繊維性`腫瘍__に対する_sunitinib malate による治療 12.12.02te 
(↑2012年 12月)
(ニュース冒頭) _悪性__腸`閉塞__に対し、lanreotide が _或る程度_有用的_ との研究結果 12.11.03nd 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) _肉腫__に対し、_単剤__化学療法_と_併用`化学療法_の いずれが_より優れているか? 12.10.04nc 

(ニュース冒頭) Xgeva が _骨`巨細胞`腫_を _低下_ 12.10.02nh 
(↑2012年 10月)
『 JCO 論文』 白金系`化療剤−感受性_再発性_上皮性`卵巣、_原発_腹膜、、又は 卵管がん に対する_化学療法 ± bevacizumab 12.06.10ta 
(↑2012年 7月)
『 ASCO abstract 』 _悪性__混合`上皮性`間葉性`腫瘍_、及び、_間葉性_婦人科__腫瘍__に対する_PLD / carboplatin による治療 12.05.25ta 
『 JCO 論文』 _転移性__ユーイング`肉腫`ファミリー`腫瘍_、又は、_線維`形成性`小`円形`細胞`腫瘍__に対する_ganitumab 治療 12.05.24tc 
(ニュース冒頭) Infinity 社 が _骨がん 、及び、_骨髄`線維`症__に対する__治療薬_ の _臨床試験_を 中止 12.06.19nb 

(ニュース冒頭) _腹膜`偽粘液腫__に対し、_二重_治療`方式_のアプローチ が _効果的_ 12.06.16nc 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) 小児患者さんでのALK−駆動 神経芽`細胞腫、未分化`大細胞型`リンパ腫、炎症性`筋線維`芽`細胞`性`腫瘍に…… 12.05.21na 
『 ASCO abstract』 白金系`化療剤−感受性_再発_卵巣、卵管、又は、原発_腹膜がん_に対する_PLD / carboplatin + bevacizumab 12.04.22tc 
『 ASCO abstract 』 上皮性`卵巣、_卵管_、又は、_腹膜がん_に対する__静注_ / _腹腔`内_paclitaxel / _腹腔`内_carboplatin 12.04.21ta 
『 ASCO abstract 』 _再発性__卵巣_、_原発__腹膜_、_卵管`がん__に対する_docetaxel / aflibercept による治療 12.04.09tc 

『 ASCO abstract』 _白金系−感受性_再発性_卵巣がん、_原発_腹膜_ がん 、_卵管`がん__に対する__化学療法 ± bevacizumab 12.04.08tb 
(↑2012年 5月)
『論文類』 _結腸からの_がん性`腹膜炎__に対する_術中_温熱 対 _術後_正常`温度`腹腔内`化学療法_ : _症例`対照`研究_ 12.03.04tb 
『総説 標題』  _デスモイド`腫瘍_に関するアップデート 12.03.03tb 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) _腱`滑膜`巨細胞`腫__に対し、_放射線`療法_ が _有用的_ 12.02.25na 
(↑2012年 2月)
『総説』 _腹膜がん__に対する__腹腔内_治療_ 10.12.28tc 
(↑2011年 1月)

(ニュース冒頭) _骨_腫瘍_に対し、_強力`超音波`焼灼 が _治療_として可能的との_研究結果_ 10.05.28na 
(↑2010年 5月)
新資料:_原発`巣`不明`がん__治療_ の 全体像 10.04.13ma 
『論文類』 _白金系`化学療法剤_−_耐性__卵巣がん_、_卵管_ がん 、_原発__腹膜がん__に対する_gemcitabine/pertuzumab_治療_ 10.02.28ta 
《項目追加》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療 ≫ _緩和_治療_ 10.04.09ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療 ≫ ……≫ その他の_箇所《骨、_肝臓_など》に見つかった がん 10.04.07ma 

《項目追加》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療 ≫ …… ≫ 後腹膜腔_、又は、縦隔の がん 10.04.04mc 
(↑2010年 4月)
《項目追加》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療 ≫ ……≫ 女性 での 骨盤腔 全体の がん 10.03.28ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療≫ …… ≫ _そ径部`リンパ節_ の  がん 10.03.23mc 
『論文類』 _移植後`リンパ球`増殖症_を有する固形臓器移植レシピエント の _多施設__分析_ 10.02.19tj 
『論文類』 _原発性`全身性`(軽鎖)`アミロイドーシス__に対する_bortezomib ± dexamethasone_治療_ 10.02.19ti 

(ニュース冒頭) _潜在がん_に関する NCCN_ガイドライン_によれば、_免疫`組織`化学_ が 急速に 変貌中 10.03.21nc 
《項目追加》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療≫ …… ≫ 腋の下_リンパ節_の_腺がん_ 10.03.19ma 
《途中ファイル 更新》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療 ≫ …… ≫ 頸部_リンパ節_の_扁平上皮がん 10.03.17ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_1 : 原発`巣`不明`がん_の_治療 ≫ 特定の_原発`巣`不明`がん_の _治療_≫概観 10.03.08mc 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療_ ≫ _ホルモン療法 10.03.08mb 

『論文類』 _肺外`原発`小細胞`がん_ は _小細胞`肺がん_と 同様にして_管理_されるべきか? 10.02.06ta 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療_ ≫ 化学療法  10.03.06ma 
(↑2010年 3月)
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療_ 10.02.24ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療_ 10.02.15mb 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_1 : _原発`巣`不明`がん_の_治療_  10.02.13ma 

(ニュース冒頭) _骨`巨細胞`腫_の_治療_に於いて、denosumab が _有望的_との 報告 10.02.12nc 
『論文類』 小児 、及び、 青年_患者さん_ での _侵襲性`線維腫`症_ 10.01.13tf 
(↑2010年 2月)
『論文類』 再発性、又は、執拗的な_白金系、タキサン系 化療剤−耐性の 卵巣、又は、原発_腹膜がん_ での ixabepilone_治療_ 10.01.01td 
『論文類』 _悪性__腹膜`中皮腫__に対する__腫瘍細胞`減少`手術_ + _温熱`腹腔内`化学療法_ : _多施設_的 経験 09.12.19ta 
『(−)結果 論文類』 肝芽細胞`腫_の小児_患者さん_での 治療_に伴う_白金系−_誘発の_難聴に対し、amifostineに_予防_効果なし 09.12.05tb 
(↑2010年 1月)

『総説』 _卵巣がん_ 、又は、 _原発__腹膜がん_ での _骨髄__抑制_的な_化学療法_と 同じ日の pegfilgrastim の_投与_ 09.11.29tb 
『論文類』 _胸腺腫_の_完全__切除_後 の _放射線`療法_ は _生存_へのインパクトあまり無し 09.11.22tb 
『論文類』 _再発性_上皮性_卵巣_、卵管_、及び、腹膜がん に cediranib 《 VEGFR キナーゼ抑制薬 》 が _活性的_ 09.11.20tf 
(↑2009年 12月)
症例報告: 青年_患者さん_ での _頭蓋内`胚`細胞`腫_の 後に発症の_異時性の__縦隔`セミノーマ_ 09.11.06td 
『論文類』 _播種性の__胸腺腫__に対する__投与`集中`化学療法_による治療 09.11.02te 
(↑2009年 11月)

症例報告: _幼児_患者さん_ での 縦隔 _カポジ肉腫`様`血管`内皮`腫_と_カサバッハ−メリット`現象_ : インターフェロン_治療 09.09.06tf 
(↑2009年 9月)
imatinib_耐性_の 腹部外−_侵襲性`線維腫`症_ での sunitinib への_反応_ : ケースレポートと文献_レビュー_(論文・報告)09.06.14tc 
(↑2009年 7月)
(ニュース冒頭) Lanct 誌の論文で_胎盤性`栄養膜`細胞`腫瘍の_結果状況_を記述 09.06.25na 
再発性又は執拗的な_白金系`化学療法剤−耐性_卵巣 又は 原発腹膜がん_での pemetrexed 治療(論文・報告)09.05.31tc 
(ニュース冒頭)_骨`巨細胞`腫_に対し、denosumab が _有望的_な_結果 09.06.07ne 
(↑2009年 6月)

横隔膜`弛緩症を引き起こした 縦隔 _脂肪`芽`細胞腫_ : 症例報告と 文献_レビュー_(論文・報告)09.05.07te 
[紹存]_デスモイド`腫瘍_ : 個別化アプローチの必要性(総紹存在)09.04.24td 
( N 冒頭)重度_先行治療`経験`有り の_婦人科 がんで topotecan + docetaxel が_利益_的 09.05.02nc 
(↑2009年 5月)
(総紹)_肺外`原発`小細胞`がん_ の_臨床的_ 、及び、 _治療_的な側面(総説紹介文)09.04.12ta 
(↑2009年 4月)
症例: 肺の_上皮`筋上皮`がん_ : ケースレポート 、及び、 文献_レビュー_(症例報告)09.03.13td 
(↑2009年 3月)

_原発`個所−不明`がん_ での irinotecan + carboplatin による治療(論文・報告)09.01.15tc 
_原発`個所−不明`がん_ での paclitaxel + carboplatin 対 gemcitabine + vinorelbine(論文・報告)09.01.15tb 
(↑2009年 2月)
_治療‐抵抗性 の_ランゲルハンス細胞‐組織球症 の 2-CDA + Ara-C による治療(論文・報告)09.01.07ta 
『総』 カルチノイド腫瘍《複数》について(総説)09.01.03tj 
新資料:_骨がん の治療 : 治療の全体像 09.01.21cg 

《 連載 #11=完 》 _骨がん の 治療 09.01.21cf 
《 連載 #10 》 _骨がん の 治療 09.01.18cb 
《 連載 #9 》 _骨がん の 治療 09.01.18ca 
《 連載 #8 》 _骨がん の 治療 09.01.16cb 
《 連載 #7 》 _骨がん の治療 09.01.16ca 

《 連載 #6 》 骨 がん の治療 09.01.12ca 
《 連載 #5 》 骨 がん の治療 09.01.07ce 
《 連載 #4 》 骨 がん の治療 09.01.07cd 
《 連載 #3 》 骨 がん の治療 09.01.07cc 
《 連載 #2 》 骨 がん の治療 09.01.07cb 

《 連載 #1 》 骨 がん の治療 09.01.04ca 
(↑2009年 1 月)
(総紹)腹腔内‐高温‐化学療法 : 腹膜‐表面がん の治療のための進歩しつつある枠組み(総説紹介文)08.11.16tf 
結腸直腸がん から肝臓、及び、腹膜への転移 : 外科的な枠組み《複数》の比較(論文・報告)08.11.16te 
出産前に心嚢滲出液を伴ったカポジ型の血管‐内皮‐腫の症例(論文・報告)08.11.15te 
(↑2008年 12 月)
『総』 AIDS に関連した がん −〈一つの〉新しいアプローチ(総説)08.10.24tb 
(↑2008年 11 月)

症例: 血小板由来成長因子レセプタ陽性の胸膜の悪性 孤立性 繊維性 腫瘍 での imatinib 治療(症例報告)08.08.18te 
症例: 胸腺 の粘液性 腺がん(症例報告)08.08.18td 
(↑2008年 9月)
進行期の非 切除可能的 な 腹膜 偽粘液腫 での mitomycin C + capecitabine による治療(論文・報告)08.08.13ta 
症例: 血球貪食現象を伴う皮下脂肪織炎様 T細胞リンパ腫 : BFM-90 プロトコル で完全寛解(症例報告)08.07.21te 
症例: 1 人の十代の少女患者さん での 転移性の 肝 類上皮 血管内皮腫(症例報告)08.07.21td 

腹膜中皮腫 での 第一線化学療法としての pemetrexed + gemcitabine による治療(論文・報告)08.07.19ti 
(↑2008年 8月)
卵巣がん からの びまん性がん性腹膜炎 での 腫瘍減量手術と温熱 腹腔内 化学療法の併用(論文・報告)08.07.13tc 
(未達) 再発性・執拗的な上皮性の卵巣がん、又は、原発 腹膜がん での imatinib の評価(論文・報告)08.07.09td 
胸腔内デスモイド腫瘍 : 簡略報告、及び、文献レビュー(論文・報告)08.06.21td 
症例: 持続点滴による topotecan による伸長された生存 : 2 症例の報告(症例報告)08.06.16tb 
(↑2008年 7月)

(未達) 進行期の卵巣がん、又は、原発 腹膜がん での 化学療法への valspodar 追加の効果(論文・報告)08.05.30tf 
悪性 原発 心臓腫瘍 : 単一施設 での 経験のレビュー(論文・報告)08.05.21tf 
(↑2008年 6月)
劣った予後の原発病巣不明の がん での irinotecan + oxaliplatin による治療(論文・報告)08.05.15tf 
再発性の卵巣がん、及び、原発の腹膜がん での 毎週 1 回の paclitaxel による治療(論文・報告)08.04.27td 
小児・青年患者さん での 脊索腫・軟骨肉腫 での 術後 スポット走査陽子放射線療法(論文・報告)08.04.14tf 
(↑2008年 5月)

(総紹)胸腺腫瘍についてのレビュー(総説紹介文)08.04.10te 
胸腺がん : 単一施設 での 30 症例(論文・報告)08.03.24te 
(総紹)小児患者さん での 胸壁腫瘍の管理 : レビュー(総説紹介文)08.03.23ta 
(↑2008年 4月)
症例: 胸腺の粘膜表皮がん での cisplatin + irinotecan 化学療法への反応(症例報告)08.03.14ti 
(ニュース冒頭)悪性腹膜中皮腫に対する包括的なアプローチの報告 08.03.27na 

進行期のカルチノイド腫瘍 での 上皮成長因子への標的治療 : Phase II 研究(論文・報告)08.03.12ti 
(↑2008年 3月)
カルチノイド心疾患 での 肝臓転移の切除の役割(論文・報告)08.02.06th 
症例: 肝臓転移を伴う胸腺腫 での 成功的な集学的 治療(症例報告)08.01.27tf 
症例: 胸腺カルチノイド が sunitinib + octreotide による術前補助療法に反応(症例報告)08.01.27te 
浸潤性の胸腺腫 で 胸膜播種があるケース での 術後 縦隔照射、及び、低用量片側全胸腔照射(論文・報告)08.01.27td 
(↑2008年 2 月)

ウィルムス腫瘍で診断時に肺転移があるケース での 肺放射線療法による結果状況(論文・報告)07.12.24te 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告