表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
消化管系 情報データベース

*****目次*****

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

部位別に資料をまとめてあります(部位の並べ方は必ずしも系統的な枝分かれになっていませんが、資料の内容によりますので、ご了解ください)

--- 消化管系 複数部位、全般---



Topics集《 index_001 》
 ‥資料 A : ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表(資料ご紹介の作成年月='11/3) 《胃がん、食道がん、_膵臓_がん、_結腸`直腸`がん_に関する興味深い発表の紹介》

--- 食道がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像《ACS資料の ご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

食道がんの化学療法
食道がんの放射線療法 

--- 胃がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 D : _ステージ IV_の 胃がんの_治療_《CancerConsultantsの資料紹介》
 ‥資料 C : 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》
 ‥資料 B : 再発性の胃がん の 治療
 ‥資料 A : 治療の全体像

胃がんの化学療法
胃がんの放射線療法 

--- 消化器系カルチノイド腫瘍 ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

--- 消化管間質腫瘍( GIST ) ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

--- 胆管がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 001-B : 胆管がんの治療《eMedicine 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='11/5)
 ‥A2.治療の全体像《ACS資料ご紹介 最新版》
 ‥A.治療の全体像

--- 膨大部 がん ---

基本的な資料 
 ‥A2 Vater 膨大部 がん の_治療_《eMedicine資料》(資料ご紹介の作成年月='11/3)
 ‥A. 膨大部 がん の_治療_《eMedicine》

--- 胆のうがん ---

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像《ACS資料のご紹介 最新版》(資料ご紹介の作成年月='12/6)
 ‥資料 A : 治療の全体像

--- 結腸直腸がん ---

基本的な資料 
 ‥B2 結腸直腸がん治療の全体像《ACS》(最新版)
 ‥B..結腸直腸がん治療の全体像《ACS》
 ‥A. 結腸直腸がん の 治療《eMedicine》

結腸直腸がんの化学療法 

--- 結腸がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 C : _結腸_腺がん の 治療《Medscape Reference》
 ‥資料 B : _ステージ_4_結腸がん の 治療《CancerConsultants 資料のご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

--- 直腸がん ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

--- 肛門がん ---

基本的な資料 
 ‥A2 治療の全体像《ACS 最新版》
 ‥A  治療の全体像

--- 小腸がん ---

基本的な資料 
 ‥A 治療の全体像

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。

***** 食道 *****



(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) _HER2 −陽性__進行期__胃`食道がん__に対し、trastuzumab emtansine で 好結果は 得られず_との報告 1704181626 
(↑2017年 4月)
『論文類』 切除`可能的_食道`扁平上皮がん_に対する_術前`化学療法_としての cisplatin / fluorouracil / docetaxel ( DCF ) 対 cisplatin / fluorouracil / Adriamycin ( ACF ) : 〜(続く) 1702121700 
(↑2017年 3月)
『論文類』 _局所的、及び、_局所`領域`的__食道`がん__に対する__外科的_治療_ の _使用__ : _National Cancer Data Base の _解析_ 1701242312 
(↑2017年 2月)

(ニュース冒頭) _陽子線`治療_ が _食道`がん_ に於ける _結果状況_を _改善_する 可能性あり  1701241658 
(ニュース冒頭) _食道`がん__に対する__化学療法_を 「微調整」するための PET スキャン の _使用_ 1701191704 
(ニュース冒頭) _食道_ステント−関連__有害`事象_ は _一般普通的_であるが、_管理`可能的_な ことが多い との研究結果 1701191640 
『論文類』 _切除`可能的__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__術前`補助_docetaxel / oxaliplatin / fluorouracil / leucovorin 対 epirubicin / cisplatin / fluorouracil 〜(続く) 1612041707 
『 ASCO abstract 』 _進行期_CLDN18.2 −陽性 _胃_、及び、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__第一線`治療_としての epirubicin / oxaliplatin / capecitabine ± IMAB362 〜(続く) 1611282246 

『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道`接合部_、及び、_胃_腫瘍_ に於ける _維持`化学療法_ 1611281645 
(ニュース冒頭) 1cm 未満の_バレット食道_では_病気`進行__リスク_ は _低_い との研究結果 1701051653 
『 ASCO abstract 』 転移性_、又は、局所`進行期_非−扁平上皮`性_胃`食道がん_を有する_大規模_患者さん_コホート に於ける _投与`集中_taxotere / cisplatin / fluorouracil_レジメン_〜(続く) 1611271644 
『 ASCO abstract 』 _手術`不可能的__食道`扁平上皮がん__に対する__タキサン系化学療法剤_ 対 fluorouracil −ベース_化学`放射線`療法_ の _後ろ向き`方式_ での _比較_ 1611272244 
『 ASCO abstract 』 _リンパ節−陽性__食道`がん_を有し_治癒的__切除_を 受ける_患者さん_ に於ける _術前`補助_放射線`療法_ 対 _補助`放射線`療法_の_利益_の_比較_ 1611261504 

『 ASCO abstract 』 _進行期__胃_、又は、_胃食道`接合部_腺がん__に対する__第一線_panitumumab + docetaxel / cisplatin_ : __フェーズ_2_臨床`試験_( SPIGA ) の _結果_ 1611261450 
『 ASCO abstract 』 _術前`補助_化学`放射線`療法_による_ボーダーライン的に切除可能的、_局所`進行期__食道`がん_の _切除`可能的な_病気_への 変換 1611252242 
(↑2017年 1月)
『 ASCO abstract 』 _ステージ_4__食道_扁平上皮がん__に対する__同時`実施__化学`放射線`療法_ 対 _化学療法__単独_ の _併用__ : __前向き方式__ランダム化__フェーズ_2_研究_ 1611221643 
『 ASCO abstract 』 pembrolizumab の_フェーズ_1b KEYNOTE-028_研究_の_進行期__食道`がん__コホート_に関する_アップデートされた__結果_ 1611211704 
『 ASCO abstract 』 転移性_胃、又は、胃食道`接合部`腺がん_に対する_第一線`治療としての irinotecan / capecitabine / oxaliplatin ( IXO_レジメン_ ) : 多施設、ラベル`明示_フェーズ2_研究 1611151711 

『 ASCO abstract 』 非−切除可能的、局所`進行期 / 転移性_胃がん、又は、胃`食道`接合部 がんに対する_第一線`化学療法_後 の_順次`実施_ ipilimumab 対 最良サポートケアの_有効性_比較〜(続く) 1611141715 
『 ASCO abstract 』 _転移性__偏平上皮性__食道`がん__に対する_6 週間 の _化学療法_後 の _第一線`化学療法_の、中止_ : __ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 1611141636 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) _再発_バレット食道__に対する_繰り返しての_ラジオ波`焼灼法_ が 通常 成功的 との研究結果 1611051501 
(ニュース冒頭) docetaxel −ベース_化学療法_ が _胃がん_、及び、_食道`がん_に於いて_有望的 との研究結果 1611041654 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) _食道`がん__に対し、_術前`補助`化学療法_と_術前`補助__化学`放射線`療法_とで 同様な_生存_結果_ との研究結果 1610211720 
(↑2016年 10月)

『 JCO 論文』 _転移性_食道`がん_、及び、_胃食道`接合部`がん_に対する_3 種類の_化学療法`レジメン_ + cetuximab の_比較_ : _CALGB 80403 (Alliance)/E1206 ( ランダム化_フェーズ_2_研究 ) 1608151623 
(↑2016年 9月)
『論文類』 PD-L1 −陽性 _進行期__胃がん__に対する_pembrolizumab による治療 : KEYNOTE-012 ( _多施設_、_ラベル`明示_、_フェーズ_1b__臨床試験_ ) 1606051407 
(↑2016年 7月)
『 JCO 論文』 化学療法`抵抗性_進行期、又は、_転移性_胃、又は、胃`食道`接合部_腺がんに対する_apatinibによる治療 : _ランダム化、_ダブル`ブラインド、_プラセボ−比較_フェーズ_3_臨床`試験_ 1604281718 
(↑2016年 5月)
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__胃_、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する_ramucirumab / paclitaxel 対 _プラセボ_ / paclitaxel の _フェーズ_3_RAINBOW _研究_からの〜(続く) 1603282226 
『論文類』 _食道`がん_、又は、_胃食道`接合部`がん__に対する__術前`補助`化学療法_ 対 _術前`補助__化学`放射線`療法_ の _比較_ : _ランダム化`臨床`試験_ 1603281711 

『 ASCO abstract 』 _転移性__食道−胃`がん_の_治療_ に於ける _抗−血管`新生`薬_ : _系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1603082229 
『 ASCO abstract 』 fluorouracil、_白金系`化学療法剤_、_タキサン系化学療法剤_で_治療−抵抗性_、又は、_非−忍容`可能的な__再発性 / _転移性__食道__扁平上皮がん__に対する_〜(続く) 1603082219 
『 ASCO abstract 』 _術後__再発 を 示した_食道`がん__に対する__強度`変調`放射線療法《 IMRT 》 + _同時`実施__化学療法_ 1603081733 
『 ASCO abstract 』 _進行期__食道−胃`がん__に対する__第一線__2剤`併用、又は、_3剤`併用_化学療法_ : _系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1603072358 
『 ASCO abstract 』 _食道`がん_の_治癒的__手術_後 の _局所`再発__に対する__救助《サルベージ》治療__化学`放射線`療法_の_長期的`生存__利益_ 1603071625 
(↑2016年 4月)

『 ASCO abstract 』 _術前`補助`療法_ 、と、 それに続いての_食道`切除`術_後 の _再発性__食道_、又は、_胃`食道`接合部_ がん に於ける _治療`戦略_ 1602292225 
『 ASCO abstract 』 局所`進行期、又は、転移性_胃_、は、胃`食道`接合部 がん に対する_docetaxel / cisplatin / folinic acid / 5-fluorouracil ( DCF ) + panitumumab による_〜(続く) 1602291726 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胃_、及び、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する_BBI608 ( _がん`幹細胞__阻害薬_ ) + paclitaxel による治療 : _フェーズ_1b / 2_研究_ 1602291704 
『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`無し の__転移性_遠位_食道_、_胃`食道`接合部_、又は、_胃__腺がん__に対する_tivantinib ( c-Met_阻害薬_ ) + FOLFOX : _フェーズ_2_研究_ 1602291643 
(ニュース冒頭) _リンパ節`陰性__食道`がん_に於いては、_術前`補助`療法_を 回避可能か? 1603242242 

『 ASCO abstract 』 EGFR _過剰`発現_、又は、増幅 を伴う__進行期__食道`がん__に対する__第二線_icotinib_治療_ : _フェーズ_2__単一`治療`グループ__パイロット研究_ 1602282224 
『 ASCO abstract 』 _食道`胃`腺がん_の_第二線`治療_としての masitinib + irinotecan : _ラベル`明示__フェーズ_1b / 2_臨床試験_ 1602282204 
『 ASCO abstract 』 _進行期__食道`がん__に対する_pembrolizumab ( MK-3475 )による治療 : KEYNOTE-028_研究_からの_予備的``結果 1602281645 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性__進行期__胃`食道`がん__に対する_regorafenibによる治療 : INTEGRATE( _ランダム化_、_フェーズ_2_、_ダブル`ブラインド__プラセボ−比較__研究_〜(続く) 1602281628 
(↑2016年 3月)
『 JCO 論文』 _転移性__胃_腺がん__に対する__修正_docetaxel / cisplatin / fluorouracil ( DCF ) 対 DCF + _成長因子_サポート : _ランダム化__多施設__フェーズ_2_研究_〜(続く) 1511221722 

『 JCO 論文』 _食道`がん_の_管理_ に於ける _化学`放射線`療法_後 の _救助《サルベージ》`手術_ : それは_実行`可能的な__治療`選択肢_か? 1511221706 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) _進行期__胃がん__に対し、_修正__化学療法__レジメン_( mDCF_レジメン_)を 推奨する_研究`結果_ 1510151723 
(ニュース冒頭) _胸部_切除__手術_後 に _血液`凝固__リスク_ が 高い_患者さん_に関する_研究`結果_ 1510091731 
(↑2015年 10月)
『論文類』 _食道`がん_、又は、_食道`胃`接合部`がん__に対する__術前`補助__化学`放射線`療法_ + _外科手術_ 対 _外科手術__単独_ の _比較_ : 〜(続く) 1509011744 
(ニュース冒頭) _食道`がん_ に於ける _生存_は、広範囲の_リンパ節`摘出 によっても_より良好_ではない とする_研究`結果_ 1509051814 
(↑2015年 9月)

(ニュース冒頭) _食道`がん_ に於ける _標準的`ケア_としての_術前`補助__化学`放射線`療法_? 1508181726 
(↑2015年 8月)
(ニュース冒頭) HER-2_遺伝子`変異_型_進行期__胃、及び、_食道`がん_で、_新しい__治療薬__併用_ が _生存 を 改善_ 1507011708 
(↑2015年 7月)
『総説紹介文』 _転移性__胃、及び、_食道 がん に関する_アップデート_ 1506081738 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) _食道`がん_の_克服者さん_は、10 年間 の_経過`観察_ が 必要 との研究結果 1505022324 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) _ラジオ波`焼灼法_ が _バレット食道_の_食道`がん_への _進行_を 防ぐ 模様 との研究結果 1504161729 
(↑2015年 4月)

『 JCO 論文』 _食道`がん__に対する__手術_後 の _精神的_病的状態_、と、_生存_ : _人口集団−ベース__コホート__研究_ 1502151650 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) AMG 337 ( MET 阻害薬_ ) が _胃がん_、及び、_食道`がん_に於いて、_印象的、_迅速な__奏効_ 1502121749 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) _放射線`療法_ 対 _化学`放射線`療法_ : _進行期__食道`がん_に於ける _飲み込み困難_の_緩和に於いて、_同等に__効果的_ 1501201732 
(ニュース冒頭) _新規な_MET 阻害薬_ が MET −_増幅__胃`食道`接合部_、_胃_、及び、_食道`がん_で_有望的との_早期_研究`結果_ 1501201715 
(ニュース冒頭) _食道_、又は、_胃`食道`接合部_がん _に対し、_最小限`侵襲的−食道`切除術《 MIE 》_ が _開腹`手術_よりも_より良好_な可能性あり との研究結果 1501151742 

(ニュース冒頭) _バレット`食道`症候群_ : _第一線__内視鏡`的`治療_の 確証 1501011729 
(ニュース冒頭) _食道`がん_の_手術_後、_自己`拡張型`金属`ステント が _劣った__予後_と 関連 1412312158 
(↑2015年 1月)
『 JCO 論文』 進行期_胃`腺がん_に対する_fluorouracil / leucovorin / irinotecan 対 epirubicin / cisplatin / capecitabine 1411021730 
(ニュース冒頭) _食道`がん_の 一定の_患者さん_で、_非`小細胞`肺がん__治療用_の_分子標的`治療`薬_ が _生存 を 改善_ 1412090003 
(↑2014年 12月)
『 JCO 論文』 _食道`がん_の_患者さん_ での _根治的_化学`放射線`療法_後 の _経過`監視_の 重要性とサルベージ_戦略_の_成功 1410191658 

(ニュース冒頭) 一定の_進行期_食道`がん_患者さん_で、gefitinib が 有用 との研究結果 1411201645 
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__進行期__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する_ramucirumab / paclitaxel 1410112352 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__治療用_として Cyramza / paclitaxel を_認可_ 1411171713 
(ニュース冒頭) _局所`進行期_の_食道`がん_、_胃`食道`接合部_ がん _に対しては、_集学的`治療_ が ベストとの 主張 1411131722 
(↑2014年 11月)
(ニュース冒頭) ramucirumab の_併用`治療_ が _進行期__胃_腺がん_ での _生存_を_改善_ 1410071741 

(ニュース冒頭) _頸部`食道`がん__に対し、_放射線`療法_と_外科手術_とで_同様_な_結果状況_ 1410031715 
(↑2014年 10月)
『論文類』 胃 / 食道`胃`接合部_腺がん_に対する_第一線`治療としてのrilotumumab + epirubicin / cisplatin / capecitabine 1408251723 
(↑2014年 9月)
『 JCO 論文』 _ステージ_1、及び、2の_食道`がん__に対する__外科手術_のみ 対 _化学`放射線`療法→_外科手術_の _比較_ 1408101750 
『論文類』 _化学療法_後に_病気`進行_している_食道`がん__に対する_gefitinib による治療 1408082319 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) _早期_食道`がん__に対しては、_外科手術_ が 引き続き 基礎 との研究結果 1407041719 

(ニュース冒頭) 第二線_gefitinib は 食道`がんでの 生存を_改善しないが、_飲み込み痛_は_改善_することあり との研究結果 1407011758 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) _食道`がん_で_放射線`療法_を 受けた 後での_放射性_ステントに関する_相反的な__知見_ 1406102351 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) バレット食道_に対し、_ラジオ波`焼灼法_のほうが_事態`複雑化・合併症_が 少ない との研究結果 1405302238 
『論文類(詳細原文)』 食道`がん_の_根治的_化学`放射線`療法_に於ける carboplatin / paclitaxel 対 cisplatin /5-FU 1404182346 
(ニュース冒頭) 照射ステントにより_食道`がん_ での _生存_ が _改善_ 1405101754 
(↑2014年 5月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _胃がん__治療用_として Cyramza ( ramucirumab )を_認可_ 1404221723 
『論文類』 _限局性__食道`がん__に対する__根治的な__化学`放射線`療法_( FOLFOX_ 対 fluorouracil / cisplatin ) 14.03.10tc 
(ニュース冒頭) FOLFOX_レジメン_ : _食道`がん__に対し、 より_便利_? 1404032324 
(↑2014年 4月)
(ニュース冒頭) _バレット食道_、及び、_低`グレード_異形成`症__に対し、_経過`監視_よりも 焼灼法 が 好結果 14.03.28ne 
『論文類』 食道`がん患者さん での _根治的_化学`放射線`療法_に於ける carboplatin / paclitaxel 対 cisplatin / 5-FU_比較 14.03.02tc 

『 JCO 論文』 _食道`がん / _胃食道`接合部`がん_での 再発パターン( _手術のみ後 対 _術前_化学`放射線`療法 + _手術後 ) 14.02.15tb 
(↑2014年 3月)
『論文類』 _治療−抵抗性_の_食道`胃`腺がん__に対する_docetaxel 対 _積極的`症状`コントロール 14.01.02tc 
(ニュース冒頭) _食道`がん__に対する__標準的`治療_への cetuximab 追加による_利益_は 見られない との研究結果 14.01.18na 
(ニュース冒頭) _食道`がん_ での _術前_化学`放射線`療法_の_利益_を 確認 14.01.17nb 
(↑2014年 1月)
(ニュース冒頭) _最小限`侵襲的_内視鏡`的_手順 が _早期__食道`がん__に対し_効果的_ 13.12.05nb 
(↑2013年 12月)

(ニュース冒頭) プロトン`ポンプ`阻害薬が_バレット食道_からの_食道`がん_発生リスクを_低下させる可能性あり との研究結果 13.11.28nb 
(ニュース冒頭) _早期__食道`がん__に対し、_内視鏡`治療_は_良好な__選択肢_の 一つ との研究結果 13.11.22na 
(↑2013年 11月)
『 ASCO abstract 』 _進行期_食道_扁平上皮がん__に対する_paclitaxel / cisplatin の _有効性_ 13.09.06ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__頸部`食道`がん__に対する_ S-1 / cisplatin による_同時`実施__化学`放射線`療法_ 13.08.29ta 
『 ASCO abstract 』 転移性_胃−、又は、胃`食道`接合部−_腺がん_に対する_docetaxel / oxaliplatin / capecitabine_化学療法 13.08.26ta 

『 ASCO abstract 』 非−切除可能的_局所`進行期_食道`扁平上皮がん_の 中国人患者さんでの cetuximab / 化学`放射線`療法_ 13.08.25td 
『 ASCO abstract 』 _転移性__HER2 −陽性_trastuzumab_治療−抵抗性__食道−胃`がん__に対する_afatinib による治療 13.08.25tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期`食道がん__に対する__2 週間に 1 回の_docetaxel + _固定`用量_cisplatin / fluorouracil_治療_ 13.08.25tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性_、又は、_局所`進行期__胃`食道がん__に対する__投与`集中__修正_TCF_レジメン_による治療 13.08.25ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__食道_扁平上皮がん_の_第一線`治療_としての nimotuzumab / paclitaxel / cisplatin 13.08.24tb 

『 ASCO abstract 』 _進行期__化学療法`抵抗性__食道−胃`がん__に対する_FOLFIRI / sunitinib 対 FOLFIRI_レジメン__単独_ 13.08.23tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道、及び、_胃__腺がん_に対する_mFOLFOX レジメン_ + bevacizumab : _フェーズ_2_研究_ 13.08.23ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期`食道がん__に対する__根治的な__化学`放射線`療法_( docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil ) 13.08.22ta 
『 ASCO abstract 』 進行期_胃_、又は、_胃`食道`接合部__腺がん_に対する_ S-1 / cisplatin 対 fluorouracil / cisplatin 13.08.21ta 
『 ASCO abstract 』 _再発した__食道−胃_腺がん__に対する_docetaxel 対 _積極的`症状`コントロール 13.08.19tc 
(↑2013年 9月)

(ニュース冒頭) _食道`がん_に関する_新しい_臨床`ガイドライン_を 発表 13.07.02nb 
(↑2013年 7 月)
『論文類』 局所`進行期 / 転移性 の 胃、又は、胃`食道`接合部_腺がん_に対する_PEP02 (MM-398)、irinotecan、又は、docetaxel 13.05.30td 
『論文類』 _切除`可能的__食道`がん__に対する__術前`補助_、又は、_補助`療法_ 13.05.21tb 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) _術前__化学`放射線`療法_により、_食道`がん_ での _再発_ が _低下_ との研究結果 13.05.02na 
(↑2013年 5 月)
(ニュース冒頭) _進行期`胃がん_に於ける 新しい_標準的_ケア_の 登場か 13.04.12na 

(ニュース冒頭) _第二線_docetaxel が _食道`がん_、及び、_胃がん_ での _生存_を_改善_ 13.04.04nb 
(↑2013年 4 月)
『論文類』 限局性_胃`食道`腺がんに於ける bevacizumab + 周術期_epirubicin / cisplatin / capecitabine : 安全性_レポート 13.03.04tb 
(↑2013年 3月)
(ニュース冒頭) _外科手術_ は _食道`がん_ での _生存_を_改善_する との研究結果 13.02.22na 
(ニュース冒頭) _バレット食道__に対し、_腔内`治療_ が _安全的_で_効果的_ 13.02.16na 
(↑2013年 2月)
(ニュース冒頭) _進行期__胃`食道`がん__に対する__第二線_docetaxel の _有用性 を 肯定する_研究`結果_ 13.01.24na 

『論文類』 _切除`可能的__食道_扁平上皮がん__に対する__根治的な__化学`放射線`療法_後 の _長期的__生存`結果状況_ 13.01.02tc 
(↑2013年 1月)
『 ASCO abstract 』 _進行期_食道`扁平上皮がん__に対する__根治的な__化学`放射線`療法_ ± cetuximab 12.11.18tc 
『 ASCO abstract』 食道扁平上皮がんを有する_より年配_患者さんでの capecitabine / cisplatinによる_根治的化学`放射線`療法 12.11.18tb 
『 ASCO abstract』 局所`進行期、又は、転移性_食道扁平上皮がんに対する_第一線`治療_nimotuzumab + paclitaxel / cisplatin 12.11.16tc 
『 ASCO abstract』 遠隔_転移性_食道`がん( _ステージ_4b )に対する S-1 / cisplatin / 放射線`療法_治療_ : フェーズ_2 12.11.16tb 

『 ASCO abstract』 転移性_食道`がん_、又は、噴門`部 がん に対する_docetaxel / capecitabine_治療_ : _フェーズ_1 / 2 12.11.13ta 
『 ASCO abstract 』 _白金系−耐性_胃`食道がんの_第二線`治療_としての_2 週間に 1 回の_cetuximab / irinotecan_治療_ 12.11.12ta 
『 ASCO abstract 』 _再発性_、又は、_転移性__食道__扁平上皮がん__に対する__2 週間に 1 回の_paclitaxel / cisplatin 12.11.11tc 
『 ASCO abstract』 進行期_胃`食道がん_に対する_第二線`治療としてのtesetaxel( _経口_タキサン ): フェーズ_2_臨床`試験 12.11.11ta 
(↑2012年 12月)
『 ASCO abstract 』 _HER2 −陽性__転移性__胃_、又は、_胃`食道`接合部_ がん _に対する_trastuzumab + _第一線__化学療法_ 12.11.06tb 

『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道`がん__に対する_PCA_レジメン_ 対 TPCA_レジメン_の比較 12.11.05tc 
『論文類』 _胃`食道`腺がん__に対する__周術期__化学療法_( docetaxel / cisplatin / capecitabine ) : _フェーズ_2_研究_ 12.11.02td 
(↑2012年 11月)
『総説 標題』 _バレット食道_、及び、_粘膜`内__食道`がん_ の _管理_ : _最近_ の 発展の_レビュー_ 12.09.19tc 
(ニュース冒頭) _経口__ビスフォスフォネート薬_の_使用_ は _食道`がん_の リスク_増加_と 関連性なし との研究結果 12.10.26nb 
(ニュース冒頭) Iressa が _転移性`食道がん_ での _進行無し`生存_を_改善_ 12.10.14nd 

(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) _食道`がん_ での _生存_を_術前__化学`放射線`療法_ が _改善_ 12.09.11na 
(↑2012年 9月)
(ニュース冒頭) _バレット`食道`症候群_、及び、_食道__腺がん_の_診断 / _治療_に関する 新しい_ガイドライン_を 発表 12.08.03nb 
(↑2012年 8月)
『論文類』 _局所`進行期__食道_、及び、_胃__腺がん__に対する__周術期_docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil_レジメン_ 12.06.07tb 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) _食道`がん__に対し、_最小限`侵襲的`外科手術_ が _有価値な__治療__選択肢_ 12.06.26nb 

『総説』 _局所`進行期__食道、及び、_胃__腺がん__に対する__周術期_docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil_レジメン_ 12.06.19ta 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _食道`がん_ での _生存_を_化学`放射線`療法_が 2 倍に 増加 との研究結果 12.05.31na 
(ニュース冒頭) _食道`がん__に対し、 より_低_侵襲的_ な _外科手術_ が より_安全的_なことあり との研究結果 12.05.02nh 
(↑2012年 5月)
『論文類』 局所`進行期_食道`がん、及び、胃がん_に対する_術前_化学`放射線`療法_( oxaliplatin / cisplatin / 5 − FU ) 12.03.04td 
(↑2012年 4月)
『 JCO 論文』 _食道_腺がん_に対する__外科手術_前の oxaliplatin / 5-fluorouracil / _外部線源`放射線療法_ 11.12.03tc 
(↑2011年 12月)

『 ASCO abstract』 進行期 / 転移性食道扁平上皮がんに対する第一線`化学療法_としての_2 週間 1 回の_paclitaxel / cisplatin 11.10.28ta 
『 ASCO abstract 』 _食道がん__に対する_nimotuzumab + _放射線`療法_ : _フェーズ_2__臨床試験_ 11.10.24tc 
『 ASCO abstract』 進行期食道がんに対する_高`線量`率_近接`照射`療法 : 飲み込み困難_の_緩和の_分析_《 108名の患者さん 》 11.10.22te 
『 ASCO abstract 』 _進行期_食道_扁平上皮がん__に対する_paclitaxel / cisplatin による治療 11.10.22td 
『 ASCO abstract 』 進行期 の 胃がん / 胃`食道`接合部がん_に対する_telatinib / capecitabine / cisplatin_第一線`治療_ 11.10.18ta 

『 ASCO abstract 』 _食道がん_、及び、_胃`食道`接合部_ がん _に対する_sorafenib による治療 11.10.17ta 
(↑2011年 11月)
(ニュース冒頭) _バレット食道_からの がん の リスク は 従来考えられていたよりも はるかに小さい_との研究結果_ 11.10.14na 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _悪性__飲み込み困難__に対しては、_アルゴン`プラズマ`凝固法と_近接`照射`療法_の _併用_がベスト 11.06.29nb 
(ニュース) _バレット食道_からの がん 発症リスク は 考えられていた ものよりも _低_い_との研究結果_ 11.06.24nb 
(↑2011年 6月)
『 JCO 論文』 _切除`可能的__胃・食道_腺がん__に対する__周術期__化学療法_対 _外科手術_だけ の 比較 11.05.01td 

新資料:_食道がん_治療_の全体像《ACS資料の ご紹介》 11.05.07ma 
『 ASCO abstract 』 _食道がん_、及び、_胃`食道`接合部_ がん _に対する_sorafenib による治療 : _フェーズ_2_ 11.04.10ta 
(↑2011年 5月)
『 ASCO abstract』 胃`食道がん_に対する_epirubicin/cisplatin/5-fluorouracil( ECF )_周術期_化療: _後ろ向き`方式__分析 11.04.07tb 
《項目追加》 現行治療1 : 食道がん_の_治療_ ≫ 緩和_治療_ 11.04.29ma 
『 ASCO abstract 』 _進行期_胃、又は、_胃`食道`接合部_ がん の_第一線`治療_としての telatinib/capecitabine/cisplatin 11.04.04tb 

『 ASCO abstract 』 _化学療法__治療−抵抗性_ の _転移性`胃がん__に対する_sunitinib_治療_  11.03.18tb 
(ニュース冒頭) _胃`食道がん_ での _結果状況_を_周術期__化学療法_ が _改善_ 11.04.13nc 
『 ASCO abstract 』 _第一次的__治療−抵抗性_、又は、_再発した__進行期_食道、及び、_胃がん__に対する_POF_レジメン__治療_ 11.03.18ta 
《項目追加》 現行治療1 : _食道がん_ ≫ _再発性__食道がん 11.04.10mb 
《項目追加》 現行治療1 : 食道がん_の_治療_ ≫ …… ≫ _ステージ_4_ 11.04.10ma 

『 ASCO abstract』 胃`食道_腺がん_に対する_周術期_化学療法_として の docetaxel/cisplatin/capecitabine《 DCX_レジメン_ 》 11.03.13tb 
《項目追加》 現行治療1 : 食道がん_の_治療 ≫ …… ≫ _ステージ_3_ 11.04.04mb 
《項目追加》 現行治療1 : 食道がん_の_治療 ≫ …… ≫ _ラジオ波`焼灼法_など 11.04.04ma 
『 ASCO abstract』 _進行期_/_転移性_の_胃がん、又は、胃`食道がん_に対する_docetaxel/oxaliplatin/capecitabineによる治療 11.03.09ta 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期_食道・胃_腺がん__に対する_周術期_docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil による治療 11.03.07ta 
(↑2011年 4月)

《項目追加》 現行治療1 : 食道がん_の 治療 ≫ …… ≫ _光線`力学`療法_ 11.03.28ma 
『JCO 論文』 転移性_胃食道`腺がんに対する_修正_docetaxel/cisplatin/5-fluorouracil + bevacizumabによる治療 :フェーズ2 11.02.26td 
《項目追加》 現行_治療_1 : _食道がん_の 治療 ≫ …… ≫ 内視鏡的 粘膜`切除術 11.03.21mb 
《項目追加》 現行治療1 : _食道がん_の 治療 ≫ _化学療法_ 11.03.21ma 
『 JCO 論文』 _切除`可能的_、_局所`進行期__食道がん__に対する__外科手術_前 の cetuximab + _化学`放射線`療法_による治療 11.02.22tb 

『 ASCO abstract 』 食道、及び、胃`食道`接合部__転移性_腺がん_に対する__修正_FOLFOX6_レジメン_ + erlotinib による治療 11.02.21td 
『 ASCO abstract』 転移性_胃`食道がん_に対する 修正docetaxel/cisplatin/5-fluorouracil( mDCF_レジメン_ )対DCF_レジメン 11.02.21tb 
《項目追加》 Topic 2 : ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表 ≫ …… ≫ 食道 11.03.18ma 
『 ASCO abstract 』 年配患者さんでの胃`食道`がんに対する_5-fluorouracil/leucovorin/oxaliplatin ± docetaxel による治療 11.02.21ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性__食道がん_ 、及び、 _胃`食道`接合部_ がん _に対する_3 種の_標準的__レジメン_ + cetuximab 11.02.20tc 

《項目追加》 現行_治療_1 : _食道がん_の 治療 ≫ _放射線`療法_ 11.03.06ma 
(↑2011年 3月)
《項目追加》 現行治療1 : 食道がん_の 治療 ≫ 一般的_治療_情報 11.02.27ma 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) 食道 がん での _化学療法 の _奏効_ は 2 週間で 明らかになる_との研究結果_ 11.01.21na 
(ニュース冒頭) _転移性__胃・食道`腺がん での _結果状況_を bevacizumab 追加 が _改善_ 11.01.12na 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が HER-2 陽性_転移性`胃がん__治療薬_として Herceptin を_認可_ 10.10.21ng 
(↑2010年 10月)

(ニュース冒頭) 英国の男性で、_食道がん_ が 劇的に 50%増加 10.09.23nc 
(↑2010年 9月)
『総説』 _バレット食道__に対する__最適な__内視鏡`治療_ : _新規な__戦略_の_臨床`実地_への組込み 10.07.21tc 
(ニュース冒頭) _ビスフォスフォネート薬_ は _食道がん_と 関連していないとの_研究結果_ 10.08.12nb 
(↑2010年 8月)
『JCO 論文』 転移性、又は、進行期 の 胃、及び、胃食道`接合部__腺がん__に対する_sorafenib/docetaxel/cisplatin_治療_ 10.06.18tb 
(↑2010年 7月)
『 ASCO abstract 』 _最小限`侵襲的−食道`切除術《 MIE 》_に関する_フェーズ_2__多施設__研究_結果 10.06.07tb 

『論文類』 転移性 胃・食道腺がんでの修正docetaxel/cisplatin/5-fluorouracil+bevacizumab治療の生存分析:フェーズ2結果 10.06.02tb 
(↑2010年 6月)
『論文類』 食道、又は、胃食道`接合部_の_限局期_ がん _に対する__術前_oxaliplatin/docetaxel/capecitabine + 放射線`療法 10.05.03ta 
(↑2010年 5月)
『論文類』 _進行期__胃がん、又は、胃・食道_腺がん__に対する_cisplatin/S-1 対 cisplatin/_持続点滴_5-fluorouracil 比較 10.03.19te 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) NCCN_食道がん__ガイドライン_ が アップデート : 多重の ハイライト 10.03.18nb 
(ニュース冒頭) _早期_食道_腺がん__に対する_内視鏡`的__切除により 通常 _外科手術_回避可能との報告 10.03.09na 
(↑2010年 3月)

(ニュース冒頭) HER2 −陽性_胃がん_の_治療_で、化学療法_への Herceptin 追加は _生活の質_を 劣化させないとの_研究結果_ 10.02.27nc 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) _新規な_TNF − alpha ベクター/_遺伝子_ が _食道がん__に対する__化学`放射線`療法_を 増強との報告 10.01.26nb 
『総説』 _胃・食道がん__に対する__術前`補助`療法_への_分子標的`治療`薬_ の 組込み 09.12.30ta 
(ニュース冒頭) 食道_腺がん_の_治療_では_バレット食道_ は 治癒せず 10.01.13na 
『論文類』 _転移性の 胃、又は、食道`胃`接合部_腺がん 治療_としての capecitabine + irinotecan、又は、cisplatin の比較 09.12.19tg 
(↑2010年 1月)

『論文類』 _年配__患者さん_ での _早期__ステージ__食道がん__に対する__食道`切除術_対 _化学`放射線`療法_の比較 09.10.21ta 
『論文類』 _食道がん__に対する__外科手術_±_術前__化学療法_ の _長期的__結果 09.10.18th 
(↑2009年 11月)
『論文類』 _転移性_食道_扁平上皮がん__に対する__第一線`治療_としての cetuximab + cisplatin / 5-fluorouracil_治療_ 09.09.27tb 
『総説』 _バレット食道_の内視鏡的 _治療_ 09.09.23tc 
(↑2009年 10月)
『論文類』 進行期_胃`食道`がんに対する_capecitabine −ベース_併用_化学療法と点滴 5-fluorouracil −ベース_併用_化学療法 09.08.30ta 

『論文類』 局所進行期_食道がんに対する_術前導入化学療法、と、それに続いての_化学`放射線`療法《 docetaxel/cisplatin 》 09.08.29tg 
『専門家インタビュー』 _バレット食道_ _に対する_内視鏡的`_根絶`治療_ 09.08.28ta 
『総説』 _バレット食道_の_内視鏡`治療_ 09.08.26tb 
(ニュース冒頭) _早期__食道がん_ で より_低_広範性 の _治療_でも _生存_を 悪化させないとの_研究結果_ 09.09.05na 
(↑2009年 9月)
『論文類:副作用』 胃・食道がん_での_アントラサイクリン、_白金系、_フルオロピリミジン__併用__化学療法_での_血栓`塞栓症 09.08.09tf 

(ニュース冒頭) _バレット食道_の_治療用_として_ラジオ波`焼灼法_ が _効果的_な模様 09.08.17nb 
(↑2009年 8月)
_進行期`食道がん_ での docetaxel + irinotecan_併用__治療_(論文・報告)09.06.29ta 
_胃`食道`がん_ での _白金系`化学療法剤__治療_後 の _第二線`治療_としての capecitabine + irinotecan(論文・報告)09.06.13ta 
(↑2009年 7月)
_転移性`食道がん_ での nedaplatin + paclitaxel による_治療_ : _Phase II 評価(論文・報告)09.06.07ta 
『論サ』_食道がん_では ステントが 最初の選択となることあり(論文サマリー)09.06.02te 

_限局性_胃食道`接合部_腺がん での 術前`化学療法_《 epirubicin + cisplatin + …》(論文・報告)09.06.01tc 
(↑2009年 6月)
_局所`進行期_食道がん_ での _化学`放射線`療法_( 5-FU + leucovorin + oxaliplatin )(論文・報告)09.04.05tc 
(↑2009年 4月)
_局所`進行期_の_非−切除可能的_/_転移性_の_食道がん での AIO + irinotecan による治療(論文・報告)09.03.06tc 
_食道がん_ での 唯一の_治療 としてのステント : 設置後の_結果状況_の_前向き方式__分析_(論文・報告)09.03.04tc 
_進行期_の 胃/_胃食道`接合部_ がん での oxaliplatin + irinotecan + capecitabine(論文・報告)09.03.02ti 

_転移性_の_胃`食道`がん_ での _毎週 1 回の_docetaxel + cisplatin + irinotecan_治療_(論文・報告)09.02.28ta 
_局所`進行期_の_食道`胃`接合部_腺がん での 術前_化学療法_対_化学`放射線`療法_の比較(論文・報告)09.02.20tb 
手術`不可能的__食道がん_ での _放射線療法への補助_局所__治療_としての OncoGel(論文・報告)09.02.14tc 
(↑2009年 3月)
食道の 原発‐小細胞がん (論文・報告)08.12.17tb 
(総紹)食道、及び、胃食道‐接合部の がん での 治癒的‐治療 での 集学的な治療(総説紹介文)08.12.16tb 
(↑2009年 1 月)

局所進行期/転移性の 胃、及び、胃食道‐接合部の腺がん での ペギル化 camptothecin 治療(論文・報告)08.12.04tc 
症例: 食道‐胃‐接合部のα−胎児性‐タンパク発現‐腺がん での 化学療法 有利的 奏効例(症例報告)08.12.01tb 
(ニュース冒頭)年配の食道の患者さん での 化学放射線療法 は 効果的 08.12.12na 
食道がん の 年配の患者さん での 根治的な化学放射線療法の安全性、及び、結果状況(論文・報告)08.11.15tb 
(↑2008年 12 月)
『総』 バレット食道、及び、内視鏡 治療の増加しつつある役割(総説)08.10.30ta 

(総紹)食道がん の 併用学的治療(総説紹介文)08.10.28ta 
胃、又は、食道 胃 接合部の転移性腺がん での 2 週間に 1 回の FLOT レジメンによる治療(論文・報告)08.10.27te 
(↑2008年 11 月)
『総』 食道がん : 現行の、及び、現れつつある治療方式(総説)08.10.10te 
局所進行期 食道 扁平上皮がん で 術前補助 5-fluorouracil + oxaliplatin + 放射線療法(論文・報告)08.10.05ta 
『総』 食道がん : 現行の、及び、現れつつある治療方法《複数》(総説)08.10.01td 

(未達) 限局性の食道がん での 非手術的な導入化学療法、と、後続の化学放射線療法(論文・報告)08.10.01ta 
(総紹)最小限 侵襲的な食道切除術 は がん に適応があるか?(総説紹介文)08.09.15tc 
(総紹)食道がん : 現行の、及び、現れつつある治療方式《複数》(総説紹介文)08.09.15tb 
(↑2008年 10 月)
(−結果)進行期の食道がん での 順次実施の paclitaxel + 1 時間 点滴 bryostatin − 1(論文・報告)08.08.27ta 
胃・胃食道接合部 がん での docetaxel 化学療法の最適化について(論文・報告)08.08.21tb 
(↑2008年 9月)

進行期の胃/胃食道接合部 がん での irinotecan + 5-fluorouracil + folinic acid(論文・報告)08.08.06te 
『総』 円柱上皮 食道《バレット化生》で新しい事とは?(総説)08.07.22ta 
(↑2008年 8月)
(ニュース冒頭)強力超音波法 が 食道腫瘍を破壊する との 報告 08.06.20nc 
(−結果) 転移性の食道、胃、及び、胃・食道がん での bortezomib + paclitaxel + …(論文・報告)08.05.26tb 
(↑2008年 6月)
進行期の食道扁平上皮がん での 第一線化学療法としての capecitabine + cisplatin(論文・報告)08.05.13th 

転移性、又は、局所進行期の胃食道がん での docetaxel + oxaliplatin による治療(論文・報告)08.05.13tb 
リンパ管・血管の巻き込み の 無い 食道 粘膜 扁平上皮がん での 内視鏡下切除後の長期結果(論文・報告)08.05.04ta 
(ニュース冒頭)進行期の食道がん で 近接照射療法ステント が 利益的 08.05.16nc 
切除可能な食道がん での 術前補助療法 中、及び、手術後の生活の質(論文・報告)08.04.14tb 
(↑2008年 5月)
悪性瘻孔を伴う食道がん に対する同時実施の化学放射線療法(論文・報告)08.03.30td 

転移性の胃・食道腺がん での FLO レジメンと FLP レジメンとの比較(論文・報告)08.03.19te 
(↑2008年 4月)
食道、及び、胃食道接合部の小細胞がん : Memorial Sloan-Kettering での 経験のレビュー(論文・報告)08.02.29tf 
(ニュース冒頭)食道ステント が がん に伴う飲み込み困難を緩和 08.03.06na 
(↑2008年 3月)
[紹存]胃がん 、及び、胃食道接合部 腺がん の管理に関する EORTC を代表する専門家の意見(総紹存在)08.01.31ta 
胃食道がん での cetuximab の 化学放射線療法との併用 : 毒性の評価(論文・報告)08.01.22td 
(↑2008年 2 月)

局所進行期、又は、転移性の胃、又は、食道腺がん での DHA-paclitaxel による治療(論文・報告)08.01.14ta 
進行期の食道がん での capecitabine + oxaliplatin による治療(論文・報告)08.01.13tg 
進行期の胃がん、及び、胃食道接合部 腺がん での docetaxel + oxaliplatin による化学療法(論文・報告)08.01.04tc 
『副』胃がん において、全身的化学療法 は 消化管穿孔のリスクを増加せず( 副作用 )08.01.02th 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 胃 *****


(ニュース冒頭) _早期_胃がん_`に於いて、_粘膜下層`剥離術_と_外科手術_ 後 の _生存_ は 同様 1705162329 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) _HER2 −陽性__進行期__胃`食道がん__に対し、trastuzumab emtansine で 好結果は 得られず_との報告 1704181626 
(ニュース冒頭) _早期_胃がん_に於いて_幽門部_温存__胃`切除`術_を 支持する_研究`結果_ 1704041617 
(↑2017年 4月)

(ニュース冒頭) Opdivo ( nivolumab ) が _進行期`胃がん_を有する_患者さん_ での _生存 を 改善_ 1702072257 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) nivolumab_ : __進行期`胃がん__に対する__新しい__治療`選択肢_ 1701211549 
(ニュース冒頭) _進行期`胃がん_に於いて、_少なくとも_29 の_リンパ節_摘出 が _より良好_な_生存_と 関連している との研究結果 1701121705 
『論文類』 _切除`可能的__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__術前`補助_docetaxel / oxaliplatin / fluorouracil / leucovorin 対 epirubicin / cisplatin / fluorouracil 〜(続く) 1612041707 
『 ASCO abstract 』 _進行期_CLDN18.2 −陽性 _胃_、及び、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__第一線`治療_としての epirubicin / oxaliplatin / capecitabine ± IMAB362 〜(続く) 1611282246 

『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する_ S-1 −含有__レジメン_に続く_第二線`化学療法_としての nab-paclitaxel、paclitaxel、及び、irinotecan の間での_有効性__比較_ 1611281708 
『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道`接合部_、及び、_胃_腫瘍_ に於ける _維持`化学療法_ 1611281645 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_を有する_年配`患者さん に於ける _生存_への、_白金系`化学療法剤_ / 5-fluorouracil_併用_への_タキサン系化学療法剤_追加 の _効果__ : _〜(続く) 1611281632 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん_を有する_患者さん_ での _病気`進行_を 超えての trastuzumab 継続_ : _25_症例_の_後ろ向き`方式`解析_( MD Anderson_経験_ ) 1611271706 
『 ASCO abstract 』 転移性_、又は、局所`進行期_非−扁平上皮`性_胃`食道がん_を有する_大規模_患者さん_コホート に於ける _投与`集中_taxotere / cisplatin / fluorouracil_レジメン_〜(続く) 1611271644 

『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__修正 docetaxel / cisplatin / fluorouracil_レジメン_ の _現実`生活_ での _結果状況_ 1611271626 
『 ASCO abstract 』 _進行期__HER2 −陽性__化学療法`抵抗性__胃がん__に対する_trastuzumab / irinotecan による治療_ : _OGSG1203 (HERBIS-5)( _フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1611271617 
『 ASCO abstract 』 _進行期_ / _転移性__胃がん__に対する__第三線_全身的`治療_ 対 _サポート`ケア__ : __系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1611262240 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する_docetaxel / cisplatin、及び、継続的 capecitabine スケジュール ( DCX )による治療_ : _ML21085 ( _フェーズ_2_研究_ ) の _最終的`結果 1611261748 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胃_、又は、_胃食道`接合部_腺がん__に対する__第一線_panitumumab + docetaxel / cisplatin_ : __フェーズ_2_臨床`試験_( SPIGA ) の _結果_ 1611261450 

『 ASCO abstract 』 _再発性_ / _転移性__胃がん_を有する アジア人_患者さん_ での _最先発`実施__治療_としての 4 種類の_2剤`併用`レジメン_の_比較__ : __ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 1611222243 
(↑2017年 1月)
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する__治癒的__手術_ 、と、 それに続いての_補助__温熱`腹腔内`化学療法_ 対 _手術__単独_ の_肝臓`転移__予防_面 での _比較__ : _〜(続く) 1611221659 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__第一線`化学療法_としての S-1 + ナノ粒子 アルブミン−結合 paclitaxel_ : __フェーズ_2_臨床`試験_ 1611221636 
『 ASCO abstract 』 当初_非−切除可能的な_局所`進行期_胃`腺がん_に対する_術前_化学療法`レジメン の _有効性__ : _capecitabine / oxaliplatin ( XELOX )、又は、epirubicin 追加( EOX ) 1611211717 
『 ASCO abstract 』 _腹膜_転移 を 伴う__胃がん__に対する__腹腔`内_paclitaxel + S-1 / oxaliplatin による治療_ : _SOX+IP PTX_臨床試験_(_フェーズ_2_研究_) 1611211643 

『論文類』 _進行期`胃がん__に対する__第一線`治療_としての pembrolizumab / 5-fluorouracil / cisplatin_ : _KEYNOTE-059 からの_予備的な__安全性`データ_ 1611182248 
『 ASCO abstract 』 転移性_胃、又は、胃食道`接合部`腺がん_に対する_第一線`治療としての irinotecan / capecitabine / oxaliplatin ( IXO_レジメン_ ) : 多施設、ラベル`明示_フェーズ2_研究 1611151711 
『 ASCO abstract 』 第一線`化学療法の 治療`挫折_後 の 胃がんに対する_DHP107 (_経口_paclitaxel) 対 _静注_paclitaxel の比較_ :_DREAM ( フェーズ3研究 )からの_有効性 / 安全性_知見 1611151643 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_の_第一線`治療_としての S-1 / oxaliplatin ( SOX_レジメン_ )、と、cisplatin _化学療法_の_比較_ : SOPP_研究_( _フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1611151630 
『 ASCO abstract 』 腹膜_転移_を有する_胃がん_患者さん に於ける _腹腔`内_paclitaxel + S-1 / paclitaxel 対 S-1 / cisplatinの_比較_ : _PHOENIX-GC _臨床試験_( _フェーズ_3_研究 ) 1611142242 

『 ASCO abstract 』 非−切除可能的、局所`進行期 / 転移性_胃がん、又は、胃`食道`接合部 がんに対する_第一線`化学療法_後 の_順次`実施_ ipilimumab 対 最良サポートケアの_有効性_比較〜(続く) 1611141715 
『 ASCO abstract 』 _進行期_、及び、_転移性__胃がん__に対する_nivolumab_単独_、又は、nivolumab / ipilimumab の _安全性_、及び、_活性__ : _〜(続く) 1611141657 
(ニュース冒頭) _胃がん_を有する_年配_女性に於いて、_胃`切除`術_により_生存`期間_ が _伸長_ 1612162242 
(ニュース冒頭) Opdivo が _進行期__胃がん_に於いて_生存 を 改善_ 1612021711 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) Opdivo ( nivolumab : Bristol-Myers Squibb 社製_ ) が_胃がん_ での キーとなる_研究_で 成功 1611121444 

(ニュース冒頭) docetaxel −ベース_化学療法_ が _胃がん_、及び、_食道`がん_に於いて_有望的 との研究結果 1611041654 
(↑2016年 11月)
『 JCO 論文』 _転移性_食道`がん_、及び、_胃食道`接合部`がん_に対する_3 種類の_化学療法`レジメン_ + cetuximab の_比較_ : _CALGB 80403 (Alliance)/E1206 ( ランダム化_フェーズ_2_研究 ) 1608151623 
『 JCO 論文』 _進行期`胃がん_の_治療_のための regorafenib_ : _INTEGRATE ( _多国籍__プラセボ−比較__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1608142254 
(↑2016年 9月)
(ニュース冒頭)_認可_されたにも関わらず( 中国 )、apatinib の_胃がん__に対する__使用_について 一部の_研究者 が 疑問を 表明 1608201731 
(↑2016年 8月)
(ニュース冒頭) _早期__胃がん__に対しては、_内視鏡的`粘膜下層`剥離術_のほうが_手術_よりも_より良好_である 可能性あり。 1607281708 

『論文類』 PD-L1 −陽性 _進行期__胃がん__に対する_pembrolizumab による治療 : KEYNOTE-012 ( _多施設_、_ラベル`明示_、_フェーズ_1b__臨床試験_ ) 1606051407 
(ニュース冒頭) _胃がん__に対する__術後_化学療法_に_放射線`療法_を 追加しても_生存`利益_ は 見られない とする_CRITICS_臨床試験_の_結果_ 1607071620 
(ニュース冒頭) regorafenib が _進行期__胃_腺がん__に対し_有望的 1607012209 
(↑2016年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) _新規な__抗体_により、_進行期`胃がん_ に於ける _生存_ が _改善_ 1606162209 
( ASCO ニュース冒頭) _胃がん_に於いて、 IMAB362 が _より長い__寛解_、及び、_より良好_な_生存_を もたらす との研究結果 1606101642 
(↑2016年 6月)

『 JCO 論文』 化学療法`抵抗性_進行期、又は、_転移性_胃、又は、胃`食道`接合部_腺がんに対する_apatinibによる治療 : _ランダム化、_ダブル`ブラインド、_プラセボ−比較_フェーズ_3_臨床`試験_ 1604281718 
『論文類』 進行期_HER2‐陰性_胃がん_に対する_第一線`治療_としてのbevacizumab / docetaxel / oxaliplatin / capecitabine 、と、 それに続いての_維持_capecitabine / bevacizumab : 〜(続く) 1604271728 
『 JCO 論文』 _進行期`胃がん__に対する__腹腔鏡的、及び、_開腹_ での 幽門側胃切除術 の _比較_( _病的状態_、及び、_死亡`率_ ) : _ランダム化`比較`臨床試験_ 1604161721 
(↑2016年 5月)
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__胃_、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する_ramucirumab / paclitaxel 対 _プラセボ_ / paclitaxel の _フェーズ_3_RAINBOW _研究_からの〜(続く) 1603282226 
『論文類』 _局所`進行期__切除`可能的__胃がん_に対する_術前_ 対 _術後_docetaxel / cisplatin / fluorouracil_化学療法 の 比較_ : SAKK 43/99_フェーズ_3_臨床`試験_の10 年間 _フォローアップ_ 1603281722 

『論文類』 _食道`がん_、又は、_胃食道`接合部`がん__に対する__術前`補助`化学療法_ 対 _術前`補助__化学`放射線`療法_ の _比較_ : _ランダム化`臨床`試験_ 1603281711 
(ニュース冒頭) アルコール、及び、加工肉が _胃がん_と 関連 1604231652 
『 ASCO abstract 』 _転移性__食道−胃`がん_の_治療_ に於ける _抗−血管`新生`薬_ : _系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1603082229 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する__第一線__併用`治療_としての_2 週間に 1 回の_oxaliplatin / S-1 : _フェーズ_2_研究_ 1603081721 
『 ASCO abstract 』 _進行期__食道−胃`がん__に対する__第一線__2剤`併用、又は、_3剤`併用_化学療法_ : _系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1603072358 

『 ASCO abstract 』 _胃がん_からの_転移巣`切除術_の_結果状況_ : スペイン での _多施設__後ろ向き`方式`研究_ 1603072222 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん_ に於ける _第二線`治療_ : _ランダム化`臨床`試験_の_プール化`解析_ 1603072211 
『 ASCO abstract 』 隣接臓器への浸潤、又は、大動脈傍リンパ節への転移を伴う当初非−切除可能的 胃がんに対する_docetaxel / capecitabine / cisplatin / bevacizumab_術前`補助`化学療法〜(続く) 1603071720 
『 ASCO abstract 』 __転移性`胃がん__患者さん_ に於ける 、_胃`切除`術_ の _生存_への_役割_ : Anatolian Society of Medical Oncology (ASMO) の _多施設`研究_ 1603071653 
『 ASCO abstract 』 _腹膜_転移_を有し、_静注 / _腹腔`内__投与_paclitaxel / _経口_ S-1 で_治療_される_胃がん__患者さん_ に於ける 大量_悪性`腹水_の_管理_のための CART _治療_〜(続く) 1603071634 

『論文類』 _単一_ の _非−_治癒`可能的_要因__を伴う__進行期__胃がん__に対する__胃`切除`術_ + _化学療法_ 対 _化学療法__単独_ : REGATTA ( _フェーズ_3_、_ランダム化__比較`臨床`試験_ ) 1603061749 
(↑2016年 4月)
『 ASCO abstract 』 _ステージ_2 / 3 の _胃がん_を有する_年配`患者さん の ための_術後__補助`化学療法_ の 検証 1602292353 
『 ASCO abstract 』 _ステージ_4__胃がん__に対する__コンバージョン手術_ : _実施`可能性_、_安全性_、及び、_有効性_ の _結果 1602292340 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_に対する_第一線`治療_としてのcapecitabine / oxaliplatin( CAPOX ) 対 epirubicin / oxaliplatin / capecitabine( EOX )の_比較_ : _ランダム化_臨床`研究_ 1602292247 
『 ASCO abstract 』 _術前`補助`療法_ 、と、 それに続いての_食道`切除`術_後 の _再発性__食道_、又は、_胃`食道`接合部_ がん に於ける _治療`戦略_ 1602292225 

『 ASCO abstract 』 局所`進行期、又は、転移性_胃_、は、胃`食道`接合部 がん に対する_docetaxel / cisplatin / folinic acid / 5-fluorouracil ( DCF ) + panitumumab による_〜(続く) 1602291726 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胃_、及び、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する_BBI608 ( _がん`幹細胞__阻害薬_ ) + paclitaxel による治療 : _フェーズ_1b / 2_研究_ 1602291704 
『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`無し の__転移性_遠位_食道_、_胃`食道`接合部_、又は、_胃__腺がん__に対する_tivantinib ( c-Met_阻害薬_ ) + FOLFOX : _フェーズ_2_研究_ 1602291643 
『 ASCO abstract 』 pS6Ser240/4_発現−陽性 _転移性`胃がん_ での fluoropyrimidine / _白金系`化学療法剤_での_治療`挫折_後 の _救助《サルベージ》治療_としての everolimus : _フェーズ_2_研究_ 1602291454 
『 ASCO abstract 』 _年配_ の _進行期`胃がん__患者さん_ に於ける _第一線_capecitabine_単剤`治療_ 対 capecitabine / oxaliplatin : _最初の__中間__解析_からの_結果_ 1602282336 

『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`無し の__進行期`胃がん__患者さん_ に於ける pazopanib + capecitabine / oxaliplatin による治療 : _前向き方式__フェーズ_2_臨床`試験_ 1602282239 
『 ASCO abstract 』 _食道`胃`腺がん_の_第二線`治療_としての masitinib + irinotecan : _ラベル`明示__フェーズ_1b / 2_臨床試験_ 1602282204 
『 ASCO abstract 』 _腹膜_転移_を伴う__進行期`胃がん__に対する_capecitabine / cisplatin / _腹腔`内_docetaxel による治療 : _フェーズ_1 / 2_研究_ 1602281746 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__胃_腺がん__に対する__順次`実施_capecitabine / oxaliplatin → docetaxel / capecitabine : TCOG T3211_臨床試験_( _フェーズ_2_研究_ ) 1602281704 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性__進行期__胃`食道`がん__に対する_regorafenibによる治療 : INTEGRATE( _ランダム化_、_フェーズ_2_、_ダブル`ブラインド__プラセボ−比較__研究_〜(続く) 1602281628 

『 ASCO abstract 』 _抗− PD-1_モノクロナル抗体_pembrolizumab(MK-3475)で_治療_された_進行期`胃がん_を有する_患者さん_ に於ける PD-L1_発現_と_臨床的`結果状況_との 関連性 : KEYNOTE-012 1602281616 
(↑2016年 3月)
『論文類』 _進行期`胃がん__に対する_ S-1 / leucovorin 対 S-1 / leucovorin / oxaliplatin 対 S-1 / cisplatin の _比較_ : _ランダム化_、_多施設_、_ラベル`明示_、_フェーズ_2_臨床`試験_ 1601041730 
(ニュース冒頭) _胃がん__に対する__腹腔鏡_的_胃`切除`術_、と、_開腹__胃`切除`術_とで、_同様_な_結果状況_ 1602182220 
(ニュース冒頭) H. Pylori の 根絶により、_胃がん__リスク_ が 低下する との研究結果 1602131753 
(ニュース冒頭) _早期_胃がん__に対する__外科手術_と_内視鏡`的__切除_ は 同様な_全体的`生存_を もたらす との研究結果 1602071701 

(ニュース冒頭) 上部_消化管 がん に於ける PD-1 阻害薬_の_活性_ 1602031700 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) アジア人は_胃がん_の_予後_ が より_良好 との研究結果 1601291649 
(ニュース冒頭) _術前`補助`化学療法_ は _進行期`胃がん_の_患者さん_に於いて、過少_使用_の 状況である との研究結果 1601121721 
『 JCO 論文』 _転移性__胃_腺がん__に対する__修正_docetaxel / cisplatin / fluorouracil ( DCF ) 対 DCF + _成長因子_サポート : _ランダム化__多施設__フェーズ_2_研究_〜(続く) 1511221722 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) bevacizumab が _進行期`胃がん_ に於ける _手術_結果状況_ を_改善_する可能性あり との研究結果 1511261710 

『 JCO 論文』 _胃がん__に対する_capecitabine / cisplatin_補助`化学療法_と_同時`実施__化学`放射線`療法_を _比較_した_フェーズ_3_臨床`試験_ : 〜(続く) 1510111711 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) 過度の 飲酒 が ヘリコバクター・ピロリ菌−無し の 人 での _胃がん__リスク_上昇 に 関連している との研究結果 1510301717 
『論文類』 転移性 and / or _再発性_胃がん_に対する_第一線`化学療法としての S-1 / cisplatinの 2つの_異なる_用量スケジュール の 比較 : SOS( 多施設_、ランダム化__フェーズ3_臨床`試験_ ) 1509271700 
(ニュース冒頭) _進行期__胃がん__に対し、_修正__化学療法__レジメン_( mDCF_レジメン_)を 推奨する_研究`結果_ 1510151723 
(↑2015年 10月)
『論文類』 _食道`がん_、又は、_食道`胃`接合部`がん__に対する__術前`補助__化学`放射線`療法_ + _外科手術_ 対 _外科手術__単独_ の _比較_ : 〜(続く) 1509011744 

(ニュース冒頭) Lynparza ( olaparib ) が _高リスク__胃がん_ での _全体的`生存_を_改善_ 1509100002 
(↑2015年 9月)
(ニュース冒頭) HER-2_遺伝子`変異_型_進行期__胃、及び、_食道`がん_で、_新しい__治療薬__併用_ が _生存 を 改善_ 1507011708 
(↑2015年 7月)
『総説紹介文』 _転移性__胃、及び、_食道 がん に関する_アップデート_ 1506081738 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Reolysin( がん を 殺す _ウィルス_ )に_オーファン・ドラッグ`認定_を_賦与_ 1505142243 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) _胃がん__に対する__胃`切除`術_に於いて、_術前_ での H. Pylori 根絶用 _投与_ は 必要ないかも知れないと 示唆する_研究`結果_ 1504181817 
(↑2015年 4月)

『総説』 _胃がん__に対する__補助_ and / or _術前`補助`療法_? 1502031645 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) AMG 337 ( MET 阻害薬_ ) が _胃がん_、及び、_食道`がん_に於いて、_印象的、_迅速な__奏効_ 1502121749 
(ニュース冒頭) 一定の_リンパ節−陰性__胃_腺がん_では _再発まで期間_が より 短い可能性あり との研究結果 1502051712 
『論文類』 _進行期`胃がん_の_化学療法−未経験__患者さん_ での oxaliplatin / S-1 対 cisplatin / S-1 の _比較_ : _フェーズ_3_研究_ 1412291744 
(↑2015年 2月)
『論文類』 胃がん_に対する_D2_胃`切除`術_後 の 補助_capecitabine /oxaliplatin( CLASSIC ) : ラベル`明示_、ランダム化_フェーズ_3_臨床`試験_の5 年後_フォローアップ_ 1412021718 

(ニュース冒頭) 近位_早期_胃がん__に対し、_胃`部分`切除`術_ が _効果的_ との研究結果 1501221715 
(ニュース冒頭) _新規な_MET 阻害薬_ が MET −_増幅__胃`食道`接合部_、_胃_、及び、_食道`がん_で_有望的との_早期_研究`結果_ 1501201715 
(ニュース冒頭) _食道_、又は、_胃`食道`接合部_がん _に対し、_最小限`侵襲的−食道`切除術《 MIE 》_ が _開腹`手術_よりも_より良好_な可能性あり との研究結果 1501151742 
『論文類』 _びまん型`胃がん_ の _患者さんに於いて、_補助`放射線`療法_ は _利益_を もたらすか? : Surveillance, Epidemiology, and End Results データベースからの_結果_ 1411281751 
(↑2015年 1月)
『 JCO 論文』 進行期_胃`腺がん_に対する_fluorouracil / leucovorin / irinotecan 対 epirubicin / cisplatin / capecitabine 1411021730 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _膵`消化管`神経`内分泌`腫瘍( GEP-NET_)_治療用_としてSomatuline Depot lanreotide を_認可_ 1412210002 
(ニュース冒頭) _リンパ節−陽性_の T1b_胃がん__に対しては、_補助`化学療法_を考慮すべきである との研究結果 1412121721 
(↑2014年 12月)
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__進行期__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する_ramucirumab / paclitaxel 1410112352 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__治療用_として Cyramza / paclitaxel を_認可_ 1411171713 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`胃がん__治療用_として ramucirumab / paclitaxel を_認可_ 1411141743 

(ニュース冒頭) _局所`進行期_の_食道`がん_、_胃`食道`接合部_ がん _に対しては、_集学的`治療_ が ベストとの 主張 1411131722 
(↑2014年 11月)
(ニュース冒頭) ramucirumab の_併用`治療_ が _進行期__胃_腺がん_ での _生存_を_改善_ 1410071741 
『論文類』 _切除`可能的__胃がん_に於ける _不十分な__リンパ節__ステージ決め_の 意味合い : 最新の_解析_ 1409082240 
(↑2014年 10月)
『総説紹介文』 _胃`腸`膵__高−グレード__神経`内分泌`がん_ 1409081719 
『論文類』 胃 / 食道`胃`接合部_腺がん_に対する_第一線`治療としてのrilotumumab + epirubicin / cisplatin / capecitabine 1408251723 
(↑2014年 9月)

『論文類』 T4a/b_胃がんに対する補助`化学療法としての_順次`実施_paclitaxel→tegafur / uracil 、又は、 S-1 対_単剤`治療 1408072258 
(ニュース冒頭) 非−切除可能的_胃がんの_ケースでの 緩和`治療_の_結果状況_は、がん腫症と_腹水の有無に関連 との研究結果 1408191740 
『 JCO 論文』 アジア人_人口集団_ での HER-2 増強__進行期`胃がん__に対する__第二線`治療_に於ける lapatinib / paclitaxel 1407071728 
(↑2014年 8月)
( ASCO ニュース冒頭) apatinib が _進行期`胃がん_に於いて_生存`期間_を_伸長_ 1407031708 
(↑2014年 7月)
『 ASCO abstract』 局所進行期 / 転移性結腸`直腸`がん、胃がん、頭頸部 扁平上皮がん、等に対する_MPDL3280A( PD-L1_抗体_ ) 1405202342 
(↑2014年 6月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _胃がん__治療用_として Cyramza ( ramucirumab )を_認可_ 1404221723 
(↑2014年 4月)
『 JCO 論文』 胃がんに対する腹腔鏡下`胃`切除術_の_長期的_結果 : 大規模_症例`対照、及び、症例−マッチ 韓国_多施設`研究_ 14.03.01ta 
『 JCO 論文』 _食道`がん / _胃食道`接合部`がん_での 再発パターン( _手術のみ後 対 _術前_化学`放射線`療法 + _手術後 ) 14.02.15tb 
(↑2014年 3月)
(ニュース冒頭) _転移性`胃がんの_第二線`治療_での paclitaxel への ramucirumab 追加により_生存が改善_ 14.02.22nb 
(ニュース冒頭) ramucirumab が 強力に 前進 : 今度は_非`小細胞`肺がん_ での _臨床試験_ が 成功 14.02.20nb 
(↑2014年 2月)

『論文類』 _治療−抵抗性_の_食道`胃`腺がん__に対する_docetaxel 対 _積極的`症状`コントロール 14.01.02tc 
(ニュース冒頭) _胃がん_で _術後_事態`複雑化、合併症_ が _生存_を_低下_ 14.01.18nb 
(ニュース冒頭) _食道`がん_ での _術前_化学`放射線`療法_の_利益_を 確認 14.01.17nb 
(ニュース冒頭) _新規な__抗−血管`新生`薬_ が _進行期`胃がん_ での _生存`期間_を_伸長_ 14.01.15nc 
『総説』 __進行期`胃がん_の_治療_に於ける _第二線`化学療法_ 対 支援的`がん`治療`の_比較_ 13.12.12ta 
(↑2014年 1月)

『 JCO 論文』 fluoropyrimidine / 白金系`化療剤の_治療`挫折_後の_進行期`胃がんに対する_irinotecan と paclitaxel の_比較 13.12.09tc 
(↑2013年 12月)
『論文類』 _進行期`胃がん に於ける _第二線`化学療法_ 対 _支援的`がん`治療_ : _メタ分析_ 13.11.04td 
(↑2013年 11月)
(ニュース冒頭) _進行期`胃がん__に対し、ramucirumab が _生存`期間_を_伸長_ 13.10.30na 
(↑2013年 10月)
『 JCO 論文』 _化学療法`抵抗性__進行期__転移性`胃がん__に対する_apatinib による治療  13.09.09td 
(ニュース冒頭) ramucirumab ( Lilly 社の_新しい__血管新生`阻害薬_ ) が _胃がん_で 成功 13.09.27nb 

『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__第一線`化学療法_としての cisplatin / capecitabine ± docetaxel 13.09.08ta 
『 ASCO abstract 』 _第一線__転移性`胃がん_に対する_修正`用量_docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil ( DCF_レジメン_ ) 13.09.06tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_に対する_第一線`化学療法としての S-1 / docetaxel 対 その他の S-1 ベース_レジメン_ 13.09.04tb 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__局所`進行期__胃がん__に対する__術前`補助`化学療法_paclitaxel / capecitabine 13.08.30tb 
『 ASCO abstract 』 進行期`胃がんの_第一線`治療としての docetaxel / _白金系`化学療法剤_ / 5-fluorouracil : _観察`研究 13.08.28tb 

『 ASCO abstract 』 _同時性の__肝臓`転移_を 伴う_胃がん_ : _多施設_イタリア 調査 13.08.28ta 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__進行期`胃がん__に対する__併用`化学療法_後 の _救助《サルベージ》_胃`切除`術_ 13.08.26tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん_の_年配`患者さん での _修正 TCF_レジメン_による_投与`集中`化学療法_ 13.08.26tb 
『 ASCO abstract 』 転移性_胃−、又は、胃`食道`接合部−_腺がん_に対する_docetaxel / oxaliplatin / capecitabine_化学療法 13.08.26ta 
『 ASCO abstract 』 _手術`不可能的__胃がん_に於ける oxaliplatin / irinotecan / bevacizumab → docetaxel / bevacizumab 13.08.25te 

『 ASCO abstract 』 _転移性__HER2 −陽性_trastuzumab_治療−抵抗性__食道−胃`がん__に対する_afatinib による治療 13.08.25tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性_、又は、_局所`進行期__胃`食道がん__に対する__投与`集中__修正_TCF_レジメン_による治療 13.08.25ta 
『 ASCO abstract 』 trastuzumab −未経験_の_HER2 −陽性_転移性`胃がん__治療用_としての trastuzumab / paclitaxel 13.08.24ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__化学療法`抵抗性__食道−胃`がん__に対する_FOLFIRI / sunitinib 対 FOLFIRI_レジメン__単独_ 13.08.23tb 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ 結論 13.09.08ma 

『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道、及び、_胃__腺がん_に対する_mFOLFOX レジメン_ + bevacizumab : _フェーズ_2_研究_ 13.08.23ta 
『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り_進行期`胃がんに対する_用量`引き上げ paclitaxel 対 _標準的`用量 paclitaxel 13.08.22tc 
『 ASCO abstract 』 _HER2 −陽性__進行期`胃がん__に対する_trastuzumab / S-1 / cisplatin_併用`レジメン_による治療 13.08.22tb 
(ニュース冒頭) _胃がん_の _新たなサブタイプ が 5-fluorouracil に_反応_する との研究結果 13.09.05na 
『 ASCO abstract 』 進行期_胃_、又は、_胃`食道`接合部__腺がん_に対する_ S-1 / cisplatin 対 fluorouracil / cisplatin 13.08.21ta 

『 ASCO abstract 』 進行期`胃がんの_第一線`治療_としての S-1 / cisplatin の 3 週間に 1 回 対 5 週間に 1 回スケジュール 13.08.19td 
『 ASCO abstract 』 _再発した__食道−胃_腺がん__に対する_docetaxel 対 _積極的`症状`コントロール 13.08.19tc 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) apatinib が _治療−抵抗性_の_胃がん__に対し_有望的_ 13.08.09nb 
(↑2013年 8 月)
(ニュース冒頭) _補助`化学療法_により_進行期`胃がん_ での _生存_ が _改善_ 13.07.10na 
(↑2013年 7 月)
『論文類』 局所`進行期 / 転移性 の 胃、又は、胃`食道`接合部_腺がん_に対する_PEP02 (MM-398)、irinotecan、又は、docetaxel 13.05.30td 
(↑2013年 6 月)

『論文類』 胃`節外性`辺縁帯( MALT )`リンパ腫に対するがん`領域_治療 の比較_結果状況 : SEER-Medicareデータベースの_分析 13.05.01tf 
『論文類』 _放射線`療法_で_治療_された_胃_辺縁帯`リンパ腫_の_長期的__結果状況_ 13.05.01te 
『総説』 _胃がん_と trastuzumab 13.04.30tc 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ mTOR _標的化の理論的根拠と結果 13.05.10ma 
『総説』 _同時性の__肝臓`転移_を 伴う_胃がん の 30 名の患者さん での _併用_治癒的__切除_ の _予後_分析_ 13.04.17ta 
(↑2013年 5 月)

(ニュース冒頭) _進行期`胃がん_に於ける 新しい_標準的_ケア_の 登場か 13.04.12na 
(ニュース冒頭) _第二線_docetaxel が _食道`がん_、及び、_胃がん_ での _生存_を_改善_ 13.04.04nb 
(↑2013年 4 月)
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫……≫ _結果 13.03.23ma 
(↑2013年 3月)
(ニュース冒頭) _進行期__胃`食道`がん__に対する__第二線_docetaxel の _有用性 を 肯定する_研究`結果_ 13.01.24na 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ …… ≫ _理論的`根拠 13.01.04ma 
(↑2013年 1月)

《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ …… ≫ sunitinib、及び、sorafenib 12.12.25ma 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する__第一線`治療_として の nimotuzumab / cisplatin / S-1  12.11.20tb 
『 ASCO abstract』 進行期`胃がん患者さんでの集中的_最初からの_治療 対 順次`実施_アプローチ: _第一線_に意味はあるか? 12.11.19td 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する__補助`化学療法_としての S-1 / cisplatin 対 S-1 _単独_の_比較_ 12.11.19tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対し、_修正_DCF_レジメン_ が _オリジナル_DCF_レジメン_と _同等に__効果的_な模様 12.11.18ta 

『 ASCO abstract 』 転移性`胃がん_に対する_第一線`化学療法_としての docetaxel / cisplatin / capecitabine_併用_レジメン 12.11.17ta 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__進行期`胃がん__に対する_3 週間に 1 回の TS-1 −含有__化学療法_ による治療 12.11.16ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する__経口_paclitaxel : _フェーズ_1_ / 2_研究_ 12.11.15tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_の__第二線`化学療法_としての_毎週 1 回の_docetaxel / oxaliplatin による治療 12.11.15ta 
『 ASCO abstract』 転移性_食道`がん_、又は、噴門`部 がん に対する_docetaxel / capecitabine_治療_ : _フェーズ_1 / 2 12.11.13ta 

『 ASCO abstract 』 _肉眼的_な_腹膜__転移_を 伴う__進行期`胃がん__に対する__静注 / _腹腔`内_paclitaxel / _経口 S-1  12.11.12tb 
『 ASCO abstract 』 _白金系−耐性_胃`食道がんの_第二線`治療_としての_2 週間に 1 回の_cetuximab / irinotecan_治療_ 12.11.12ta 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期_、又は、_転移性`胃がん__に対する__順次`実施__化学療法_( TCF-dd → COFFI ) 12.11.11tb 
『 ASCO abstract』 進行期_胃`食道がん_に対する_第二線`治療としてのtesetaxel( _経口_タキサン ): フェーズ_2_臨床`試験 12.11.11ta 
『 ASCO abstract 』 手術`不可能的__胃がんに対する oxaliplatin / irinotecan / bevacizumab → docetaxel / bevacizumab 12.11.09td 
(↑2012年 12月)

『 ASCO abstract 』 _HER2 −陽性__転移性__胃_、又は、_胃`食道`接合部_ がん _に対する_trastuzumab + _第一線__化学療法_ 12.11.06tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__第一線`治療_としての_継続的_ 対 _間欠的_S-1 / oxaliplatin による治療 12.11.06ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道`がん__に対する_PCA_レジメン_ 対 TPCA_レジメン_の比較 12.11.05tc 
『 ASCO abstract 』 FP_レジメン_に_治療−抵抗性_の_進行期`胃がん_に対する irinotecan 対 _毎週 1 回の_ paclitaxel 比較 12.11.05tb 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ …… ≫ bevacizumab 12.11.26mb 

『論文類』 _胃`食道`腺がん__に対する__周術期__化学療法_( docetaxel / cisplatin / capecitabine ) : _フェーズ_2_研究_ 12.11.02td 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ HER-2_標的_治療_の _理論的`根拠、と、_結果 12.11.12ma 
《記述追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ HER-2_標的_治療_の _理論的`根拠、と、_結果 12.11.05ma 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) フラボノイドの摂取と女性 での _胃がん__発症`頻度_の 低下 が 関連 との研究結果 12.10.27na 
(ニュース冒頭) Lilly 社 の ramucirumab が _胃がん_ での _臨床試験_で 目標を 達成 12.10.16nf 
(↑2012年 10月)

(ニュース冒頭) _胃がん_に対し、_補助__放射線`化学療法_ が _利益的_ 12.09.26nd 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がんに於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ 進行期`胃がんに於ける_分子標的`治療 の_開始 12.09.25ma 
(ニュース冒頭) _食道`がん_ での _生存_を_術前__化学`放射線`療法_ が _改善_ 12.09.11na 
(↑2012年 9月)
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ _第一線`治療_後の_第二線`化学療法_実施の 妥当
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ _3剤`併用_は_2剤`併用よりも 優秀か? 12.08.06mb 
(↑2012年 8月)

『 JCO 論文』 _治癒的_な_胃がん__切除_後 の _補助__放射線`化学療法_ 対 _経過`観察_ : アップデート_分析_ 12.06.30ta 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ _単剤`治療_ は _依然として_妥当か? 12.07.18ma 
『論文類』 _局所`進行期__食道_、及び、_胃__腺がん__に対する__周術期_docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil_レジメン_ 12.06.07tb 
(ニュース冒頭) _胃がん__に対する__化学療法_への cetuximab の追加により_結果__改善_せずとの 発表 12.07.06nc 
(↑2012年 7月)
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ _標準的_ケア : _第一線`化学療法_の _効果 12.06.30ma 

(ニュース冒頭) _胃がん_で、_外科手術_後 の _放射線`化学療法_に _持続的_有用性 あり との研究結果 12.06.23nb 
《項目追加》 Topic 1 : 進行期`胃がん_に於ける 進化しつつある_標準的_ケア ≫ _進行期`胃がん_の_定義 12.06.22ma 
『総説』 _局所`進行期__食道、及び、_胃__腺がん__に対する__周術期_docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil_レジメン_ 12.06.19ta 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _食道`がん_ での _生存_を_化学`放射線`療法_が 2 倍に 増加 との研究結果 12.05.31na 
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`有り の__胃がん__に対する__救助《サルベージ》化学療法_ : _最良`サポートケア_との_比較_ 12.04.29td 
(↑2012年 5月)

『論文類』 局所`進行期_食道`がん、及び、胃がん_に対する_術前_化学`放射線`療法_( oxaliplatin / cisplatin / 5 − FU ) 12.03.04td 
(↑2012年 4月)
『総説』 _進行期`胃がん__に対する_進化しつつある ケア_標準 12.02.16tc 
(ニュース冒頭) _救助《サルベージ》治療_により、_治療−抵抗性__胃がん_ での _生存`期間_ が _伸長_ 12.03.17nb 
『総説』 _進行期`胃がん__に対する_参照_細胞`毒性`的__レジメン_ は 何か? : _標準的`治療_対_最適_治療_? 12.02.15tb 
(↑2012年 3月)
(ニュース冒頭) _手術`可能的_な_胃がん_ での _補助`化学療法_により、_病気無し`生存_ が _改善_ 12.02.09na 

『 ASCO abstract』 _ステージ_2_〜4の_胃__腺がん__に対する_S-1 / cisplatinによる_補助`化学療法_に関する_パイロット`研究 12.01.14tb 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) _胃がん_の_完全`切除_後 の _放射線`療法_追加 は _病気無し`生存_を_改善_しない_との研究結果_ 12.01.12nb 
(↑2012年 1月)
『論文類』 _進行期_、又は、_転移性__胃がん__に対する__第一線`治療_としての lapatinib_治療_ 11.12.06tb 
『論文類』 _結腸`直腸`がん_、及び、_胃がん_ での capecitabine 対 5-fluorouracil の_有効性_比較 : _メタ分析_ 11.12.06ta 
『 JCO 論文』 _ステージ_2、3の_胃がん__に対する__補助`化学療法_と、_外科手術_だけとの 比較 : 5 年間_結果状況_ 11.11.21tc 
(↑2011年 12月)

『 ASCO abstract 』 _腹膜_転移_を伴う_胃がん__に対する_S-1 + _腹腔`内_paclitaxel : 100 症例 の 報告 11.10.28tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する_docetaxel / cisplatin + _継続的_capecitabine_併用`化学療法_ 11.10.24tb 
『 ASCO abstract 』 進行期`胃がん_に対する_補助 S-1 / cisplatin_化学療法と それに続いての S-1 −ベース_化学`放射線`療法 11.10.24ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__第二線_化学療法_としての irinotecan / mitomycin C : _フェーズ_2_ 11.10.22tc 
『 ASCO abstract』 進行期/転移性胃がんに対する第一線、又は、第二線_治療としてのpaclitaxel / cisplatin / 5-fluorouracil 11.10.22tb 

『 ASCO abstract 』 _播種性の_血管内`凝固を 伴う_進行期`胃がん__に対する__化学療法_ の _結果状況_ 11.10.22ta 
『 JCO 論文』 _進行期`胃がん__に対する__第一線`治療_としての bevacizumab + _化学療法_ 11.10.21tb 
『 ASCO abstract 』 S-1_治療−抵抗性_ の _非−切除可能的_、又は、_再発性__胃がん__に対する_irinotecan / cisplatin_治療_ 11.10.18tc 
『 ASCO abstract 』 _手術`不可能的__胃がん__に対する_oxaliplatin / irinotecan / bevacizumab → docetaxel / bevacizumab 11.10.18tb 
『 ASCO abstract 』 進行期 の 胃がん / 胃`食道`接合部がん_に対する_telatinib / capecitabine / cisplatin_第一線`治療_ 11.10.18ta 

『 ASCO abstract 』 _食道がん_、及び、_胃`食道`接合部_ がん _に対する_sorafenib による治療 11.10.17ta 
『 ASCO abstract 』 _がん性`腹膜炎_を有する_患者さん_ での _腫瘍細胞`減少`手術_ + _温熱`腹腔内`化学療法_ 11.10.16te 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__第三線__治療_としての apatinib による治療 11.10.16td 
『 ASCO abstract』 転移性、又は、局所`進行期_胃がんに対する_docetaxel / oxaliplatin ± 5-fluorouracil 又は capecitabine 11.10.16tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する_S-1 単独、又は、S-1 + docetaxel による治療 11.10.16tb 

『 ASCO abstract 』 _先行治療`経験`有り の__進行期`胃がん__に対する__第二線−化学療法 + _最良`サポートケア_ 11.10.16ta 
(↑2011年 11月)
(ニュース冒頭) _進行期`胃がん__に対する__化学療法_への bevacizumab 追加が _有用的_な可能性あり_との研究結果_ 11.08.26na 
(↑2011年 8月)
(ニュース) XELOX _レジメン_ が _胃がん_ での _生存_を_改善_する可能性あり_との研究結果_ 11.06.24ne 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭) _早期__胃がん__に対し、_ロボット使用`胃`切除術_ が _効果的_ 11.05.26nd 
『 JCO 論文』 _切除`可能的__胃・食道_腺がん__に対する__周術期__化学療法_対 _外科手術_だけ の 比較 11.05.01td 

『 ASCO abstract 』 _局所`進行期__胃がん__に対する_epirubicin/oxaliplatin/capecitabine による治療_術前補助`化学療法_ 11.04.10tb 
『 ASCO abstract 』 _食道がん_、及び、_胃`食道`接合部_ がん _に対する_sorafenib による治療 : _フェーズ_2_ 11.04.10ta 
『 ASCO abstract 』 _胃がん_に対する_docetaxel/cisplatin/_持続点滴_5-fluorouracil による_補助`化学療法_ : フェーズ_2 11.04.08tb 
『 ASCO abstract』 転移性、又は、再発性_胃がん_に対する_第一線`治療_としてのoxaliplatin/5-fluorouracil/folinic acid 11.04.08ta 
(↑2011年 5月)
『 ASCO abstract』 胃`食道がん_に対する_epirubicin/cisplatin/5-fluorouracil( ECF )_周術期_化療: _後ろ向き`方式__分析 11.04.07tb 

『 ASCO abstract 』 5-fluorouracil −ベース_化学療法_で_治療`挫折_した_進行期`胃がん での paclitaxel/cisplatin__化学療法 11.04.07ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__毎週 1 回の_docetaxel/cisplatin/5-fluorouracil_治療_ : _フェーズ_2 11.04.04tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期_胃、又は、_胃`食道`接合部_ がん の_第一線`治療_としての telatinib/capecitabine/cisplatin 11.04.04tb 
『 ASCO abstract 』 _腹膜`播種を伴う__胃がん での _ステージ_決め_腹腔鏡_検査、及び、docetaxel/S-1_術前補助`化学療法_ 11.04.04ta 
『 ASCO abstract』 進行期、又は、再発性胃がんに対する第一線`治療として の docetaxel/S-1_併用`治療: 後ろ向き`方式_研究 11.03.28tc 

(ニュース冒頭) _年配__患者さん_ は _胃がん_の_内視鏡`的__切除_後 の _外科手術_により_利益_ 11.04.22na 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期__胃がん__に対する_TS-1/cisplatin_化学療法_→_外科手術_による治療 11.03.28tb 
『 ASCO abstract 』 _腹膜_転移_を伴う_胃がん__に対する__胃切除術 + S-1/_静注、及び、_腹腔`内_paclitaxel による治療 11.03.28ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_の_第一線_5-fluorouracil −ベース_化学療法__治療_への葉酸塩`摂取の 影響 11.03.27tb 
『 ASCO abstract』 先行治療経験`有り進行期/転移性_胃がんに対する_救助治療としてのirinotecan±5-fluorouracil/leucovorin 11.03.27ta 

『 ASCO abstract 』 _化学療法__治療−抵抗性_ の _転移性`胃がん__に対する_sunitinib_治療_  11.03.18tb 
(ニュース冒頭) _胃`食道がん_ での _結果状況_を_周術期__化学療法_ が _改善_ 11.04.13nc 
『 ASCO abstract 』 _第一次的__治療−抵抗性_、又は、_再発した__進行期_食道、及び、_胃がん__に対する_POF_レジメン__治療_ 11.03.18ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_の_年配__患者さん_ での _第一線`治療_としての FOLFIRI_化学療法_ : _フェーズ_2_ 11.03.14td 
『 ASCO abstract』 転移性`胃がんに対する_修正_投与`集中_TCFレジメン_による_投与`集中`化学療法:フェーズ_2_アップデート 11.03.14tc 

『 ASCO abstract 』 ステージ4_胃がん_に対する_S-1 / cisplatin による_術前化学療法: フェーズ_2_研究_の_早期_結果状況 11.03.14tb 
『 ASCO abstract 』 局所`進行期_胃がん_に対する__術前`補助`療法_S-1 / irinotecan_治療_ : _フェーズ_2_、_多施設__研究 11.03.14ta 
『 ASCO abstract』 胃`食道_腺がん_に対する_周術期_化学療法_として の docetaxel/cisplatin/capecitabine《 DCX_レジメン_ 》 11.03.13tb 
『 ASCO abstract』 第一線`化学療法で_治療`挫折の_進行期`胃がん患者さんでの cetuximab + 修正FOLFIRI_レジメン_による治療 11.03.13ta 
『 ASCO abstract』 _進行期_/_転移性_の_胃がん、又は、胃`食道がん_に対する_docetaxel/oxaliplatin/capecitabineによる治療 11.03.09ta 

『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__第一線`治療_として の FOLFOX6_レジメン_ : _フェーズ_2_の予備的 結果 11.03.07tb 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期_食道・胃_腺がん__に対する_周術期_docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil による治療 11.03.07ta 
『 ASCO abstract』 進行期`胃がん_に対する_3剤`併用_治療( S-1/cisplatin/paclitaxel )の 延長_安全性/有効性_データ 11.03.06ta 
(↑2011年 4月)
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_ での _治療`挫折_後 の _生存期間__伸長_ : JCOG9205 と JCOG9912 の統合_分析_ 11.02.28ta 
『 ASCO abstract 』 5-fluorouracil −含有_レジメン_に_治療−抵抗性_な_腹膜_転移_を伴う__胃がん__に対する_paclitaxel … 11.02.27ta 

『JCO 論文』 転移性_胃食道`腺がんに対する_修正_docetaxel/cisplatin/5-fluorouracil + bevacizumabによる治療 :フェーズ2 11.02.26td 
《項目追加》 Topic 2 : ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表 ≫ …… ≫ 胃 11.03.21ma 
『 ASCO abstract 』 食道、及び、胃`食道`接合部__転移性_腺がん_に対する__修正_FOLFOX6_レジメン_ + erlotinib による治療 11.02.21td 
『 ASCO abstract 』 _進行期__HER2 −陽性__胃がん_に対する_第一線`治療_としての_T-XP/FP_レジメン_対 XP/FP_レジメン_ 11.02.21tc 
『 ASCO abstract』 転移性_胃`食道がん_に対する 修正docetaxel/cisplatin/5-fluorouracil( mDCF_レジメン_ )対DCF_レジメン 11.02.21tb 

『 ASCO abstract 』 年配患者さんでの胃`食道`がんに対する_5-fluorouracil/leucovorin/oxaliplatin ± docetaxel による治療 11.02.21ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性__食道がん_ 、及び、 _胃`食道`接合部_ がん _に対する_3 種の_標準的__レジメン_ + cetuximab 11.02.20tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する__第一線__治療_としての capecitabine / cisplatin ± cetuximab_治療_ 11.02.20td 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) 食道 がん での _化学療法 の _奏効_ は 2 週間で 明らかになる_との研究結果_ 11.01.21na 
『総説』 _胃がん_ の _集学的__管理_ 10.12.15tb 

(ニュース冒頭) _転移性__胃・食道`腺がん での _結果状況_を bevacizumab 追加 が _改善_ 11.01.12na 
『 JCO 論文』 胃 、及び、 _噴門_部 の_局所`進行期_ がん _に対する__術前`補助`療法_対 _外科手術_単独_治療_ 10.12.10td 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) _切除`可能的__進行期`胃がん_で _術前補助`化学療法_ が 有用的 10.11.27na 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が HER-2 陽性_転移性`胃がん__治療薬_として Herceptin を_認可_ 10.10.21ng 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) _ビスフォスフォネート薬_ は _食道がん_と 関連していないとの_研究結果_ 10.08.12nb 
(↑2010年 8月)

(ニュース冒頭) _進行期`胃がん__に対し、Afinitor 《 everolimus 》 が _有望的_ 10.07.24nb 
(ニュース冒頭) 英国の 費用`効果`当局 が trastuzumab の_胃がん_への適応を拒否 10.07.09na 
『JCO 論文』 転移性、又は、進行期 の 胃、及び、胃食道`接合部__腺がん__に対する_sorafenib/docetaxel/cisplatin_治療_ 10.06.18tb 
『 ASCO abstract 』 転移性_胃がん_で 以前に fluoropyrimidine_治療経験の無いケースでの FOLFIRI_レジメン_第二線−化学療法 10.06.14td 
『 ASCO abstract 』 腹膜転移のある進行期`胃がんに対する_毎週 1 回の静注、及び、腹腔内 paclitaxel/S-1_治療: フェーズ2 10.06.14tc 

『 ASCO abstract 』 胃がん_に対する_第二線`治療_としての irinotecan 対_最良`サポートケア :ランダム化_フェーズ3_研究 10.06.14tb 
『 ASCO abstract 』 _胃がん_ での _術後__補助`化学療法_の 意義、と、_予後`因子_ : _ランダム化__臨床試験_の_メタ分析_ 10.06.14ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する_oxaliplatin/irinotecan/cetuximab による治療 : 最初の_有効性__結果 10.06.13tc 
『 ASCO abstract 』 進行期`胃がんに対する第一線`治療としての irinotecan/oxaliplatin 対 oxaliplatin/5-FU/leucovorin 10.06.13tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する__第一線`治療_としての cetuximab + irinotecan/folinic acid 10.06.13ta 
(↑2010年 7月)

『 ASCO abstract 』 _最小限`侵襲的−食道`切除術《 MIE 》_に関する_フェーズ_2__多施設__研究_結果 10.06.07tb 
『 ASCO abstract 』 _切除_済み_胃がん__に対する__化学`放射線`療法_ : 10 年間フォローアップ 10.06.07ta 
『論文類』 転移性 胃・食道腺がんでの修正docetaxel/cisplatin/5-fluorouracil+bevacizumab治療の生存分析:フェーズ2結果 10.06.02tb 
『論文類』 _進行期`胃がん__に対する__第一線`治療_としての cisplatin/S-1 対 cisplatin/5-fluorouracil の 比較 10.06.02ta 
『論文類』 _第一線__HER2 −陽性__進行期`胃がん__に対する_trastuzumab /標準的_化学療法_ 10.06.01ta 
(↑2010年 6月)

『論文類』 食道、又は、胃食道`接合部_の_限局期_ がん _に対する__術前_oxaliplatin/docetaxel/capecitabine + 放射線`療法 10.05.03ta 
『総説』 _進行期_ 、又は、 _転移性__胃がん__に対する_capecitabine + irinotecan_併用`治療_の_役割_ 10.04.29ta 
(ニュース冒頭) _胃がん__に対する__補助`化学療法_ : 推奨される一方で、批判も 10.05.06na 
(ニュース冒頭) 他の_研究_では、_補助`化学療法_ が _胃がん_で_外科手術_だけよりも良好な_生存_ 10.05.05ne 
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__転移性`胃がん__に対する_everolimus_治療_ : _多施設__フェーズ_2__研究_ 10.04.10tb 
(↑2010年 5月)

『論文類』 _進行期__胃がん、又は、胃・食道_腺がん__に対する_cisplatin/S-1 対 cisplatin/_持続点滴_5-fluorouracil 比較 10.03.19te 
『論文類』 _胃がん_に対する_術後化学`放射線`療法 :放射線`療法+用量_増量_毎週 1 回cisplatin+毎日_投与capecitabine 10.02.23tc 
(ニュース冒頭) _ステージ_3_〜4_胃がん_ での _結果状況_を_補助療法_FOLFOX-4 + _放射線`療法_ が _改善_可能性 10.04.02nd 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) _ランダム化__臨床試験_によれば _開腹_、及び、腹腔鏡`手術_ での _胃切除術_で 差異は無いとの中間報告 10.03.24nd 
(↑2010年 3月)
(ニュース冒頭) HER2 −陽性_胃がん_の_治療_で、化学療法_への Herceptin 追加は _生活の質_を 劣化させないとの_研究結果_ 10.02.27nc 

(ニュース冒頭) Avastin が _進行`段階の _胃がん_ での _生存期間_伸長に 失敗 10.02.26nh 
(ニュース冒頭) 胃内 の H.pylori菌 根絶後、_早期__胃`リンパ腫__患者さんの 77。5パーセントで _寛解_達成 : メタ分析_ 10.02.26nf 
(ニュース冒頭) _HER2 −陽性__胃がん__治療用_として欧州で trastuzumab が _認可_ 10.02.03na 
(↑2010年 2月)
『総説』 _胃・食道がん__に対する__術前`補助`療法_への_分子標的`治療`薬_ の 組込み 09.12.30ta 
『論文類』 _転移性の 胃、又は、食道`胃`接合部_腺がん 治療_としての capecitabine + irinotecan、又は、cisplatin の比較 09.12.19tg 

『論文類』 _腹膜_転移_を伴う_進行期`胃がん__に対する__毎週 1 回の__静注_ 、及び、 腹腔内 paclitaxel + S-1 による治療 09.12.19tf 
(↑2010年 1月)
『論文類』 _転移性`胃がん__に対する_5-fluorouracil 対 irinotecan / cisplatin 対 S-1 : _ランダム化__Phase III__研究_ 09.11.03tc 
『総説紹介文』 アジアに於ける 胃がん の _治療_ : 見失われている 鎖環《原題通り》 09.11.02tg 
『論文類』 _未治療の__進行期`胃がん、又は、胃食道`接合部_腺がん_に対する_cetuximab / cisplatin / docetaxel_治療 09.10.15ta 
(↑2009年 11月)
『論文類』 進行期 の 非−切除`可能的__胃がん_に対する_動注`化学療法_《 5-fluorouracil / cisplatin / mitomycin C 》 09.10.14tc 

『コメント冒頭』 胃がん : trastuzumab_臨床試験__結果 が _その他の_標的への 探索に 拍車 09.10.07td 
『論文類』 paclitaxel 、及び、 cisplatin −_治療−抵抗性_ の _胃がん__に対する_S-1_単剤`治療_ : _Phase II__研究_ 09.09.20tb 
(↑2009年 10月)
(ニュース冒頭) Herceptin が _HER2 −陽性_胃がん での _結果状況_を改善 09.09.26nb 
『総説紹介文』 _進行期`胃がん__に対する__第二線−化学療法_に_役割_は 有るか? 09.09.02tc 
『総説』 _胃がん__に対する_capecitabine_治療_の 現れつつある_役割_ 09.09.01tc 

新資料:_ステージ IV_の 胃がんの_治療_《 CancerConsultants 資料の紹介》 09.09.14ma 
(ニュース冒頭) _早期_胃がん_ での _幽門温存`胃切除術_が_生存`利益_を もたらすことありとの_研究結果_ 09.09.16na 
『論文類』 進行期_胃`食道`がんに対する_capecitabine −ベース_併用_化学療法と点滴 5-fluorouracil −ベース_併用_化学療法 09.08.30ta 
『論文類』 _進行期`胃がん_ での oxaliplatin + irinotecan + 5-fluorouracil / folinic acid による_治療_ 09.08.23te 
(↑2009年 9月)
『論文類:副作用』 胃・食道がん_での_アントラサイクリン、_白金系、_フルオロピリミジン__併用__化学療法_での_血栓`塞栓症 09.08.09tf 

『論文類』 _傍`大動脈__リンパ節__転移_のある_胃がん_ での _術前__化学療法_《 docetaxel / cisplatin / S-1 》 09.07.24tc 
(↑2009年 8月)
『論文類』 進行期`胃がん_ での _第一線`治療_としての capecitabine / cisplatin、と、5-fluorouracil / cisplatin の 比較 09.07.15tb 
_進行期`胃がん_で cisplatin −ベース_レジメン_ での _治療`挫折_後 の _第二線`治療_paclitaxel + capecitabine(論文・報告)09.06.13tb 
_胃`食道`がん_ での _白金系`化学療法剤__治療_後 の _第二線`治療_としての capecitabine + irinotecan(論文・報告)09.06.13ta 
(↑2009年 7月)
(ニュース冒頭)_早期__胃がん_の_治療_ で _腹腔鏡_−支援`下_外科手術_ が 良好な結果 09.06.25ne 

_進行期`胃がん_ での docetaxel + oxaliplatin による_治療_ : _Phase I_/ II_臨床試験_(論文・報告)09.06.07tb 
_転移性`胃がん_で 先行治療`経験`有り の_患者さん_での 単純化 FOLFIRI_レジメンでの_治療(論文・報告)09.06.06ta 
_限局性_胃食道`接合部_腺がん での 術前`化学療法_《 epirubicin + cisplatin + …》(論文・報告)09.06.01tc 
_限局性_胃 _辺縁帯` B 細胞`リンパ腫《MALTタイプ》での H pylori 根絶の_長期的__結果状況(論文・報告)09.05.24ti 
_進行期`胃がん_の_第一線`治療_としてのpemetrexed + oxaliplatin_治療 : Phase II 研究(論文・報告)09.05.24te 

(ニュース冒頭)_ASCO 2009 :_胃がん_ での Herceptin : _臨床`実地_変更的な _データ_か 09.06.04ng 
(↑2009年 6月)
_capecitabine メトロノーム化学療法_から_利益_を得る がん _患者さん_状況設定__広範化へ(論文・報告)09.05.07ta 
《 連載(現4) #4 》 _ステージ IV_の_胃がん_の_治療 09.05.19gb 
《 連載(現4) #3 》 _ステージ IV_の_胃がん_の_治療 09.05.18ga 
《 連載(現4) #2 》 _ステージ IV_の_胃がん_の_治療 09.05.13fga 

《 連載(現4) #1 》 _ステージ IV_の_胃がん_の_治療 09.05.09fga 
(ニュース冒頭)_胃がん_ での _腹腔鏡_手術 で より少ない_合併症_ 09.05.09nb 
(未達) 胃がん_ での _補助療法_としての paclitaxel、cisplatin 含有_化学`放射線`療法_(論文・報告)09.04.17td 
(↑2009年 5月)
(ニュース冒頭)手術可能的な_胃がん_で_腹腔鏡_手術 が _実施`可能`的_ 09.04.22na 
(ニュース冒頭)_胃がん_ での 新しい _最小限_に_侵襲的_な 手術_選択肢_ 09.04.18nb 

_進行期_、又は、再発性__非−切除可能的__胃がん_ での S-1 + paclitaxel_第一線`治療_(論文・報告)09.03.30tb 
進行期`胃がん_での_第一線`治療_capecitabine / cisplatin 対 5-FU / cisplatin の比較(論文・報告)09.03.27tf 
_進行期`胃がん_の_管理_への_治療__レジメン_の最適化の問題(総説抽出)09.03.27ta 
症例: _胃がん_からの_髄膜`がん腫症_ : 新しい_治療__戦略_の必要性(症例報告)09.03.14tf 
_進行期`胃がん_の_第一線`治療_としての FOLFOXIRI_レジメン_(論文・報告)09.03.14td 

_進行期`胃がん_の_年配__患者さん_での _第一線`化学療法_としての 修正 FOLFOX_レジメン(論文・報告)09.03.14tc 
(ニュース冒頭) Herceptin が _HER2 −陽性__胃がん_ での _生存_を改善 09.04.01nc 
(↑2009年 4月)
_胃がん_ での capecitabine + cisplatin による_治療_ : Phase II _研究_(論文・報告)09.03.06te 
_進行期_の 胃/_胃食道`接合部_ がん での oxaliplatin + irinotecan + capecitabine(論文・報告)09.03.02ti 
_化学療法_未経験の_進行期`胃がん__患者さん_ での _2 週間に 1 回の_oxaliplatin + …(論文・報告)09.03.02th 

_転移性_の_胃`食道`がん_ での _毎週 1 回の_docetaxel + cisplatin + irinotecan_治療_(論文・報告)09.02.28ta 
_抗生物質、化学療法_に_耐性の 早期_胃_辺縁帯`リンパ腫_での_放射線`療法_ での _完全奏効_(論文・報告)09.02.27tf 
_局所`進行期_の_食道`胃`接合部_腺がん での 術前_化学療法_対_化学`放射線`療法_の比較(論文・報告)09.02.20tb 
(↑2009年 3月)
(総紹)_胃がん_に於ける 術前`治療、及び、_外科手術_ : 味方か敵か?(総説紹介文)09.02.02te 
(↑2009年 2月)
進行期、又は、再発性の胃がん での docetaxel + S-1 による治療(論文・報告)08.12.29ta 

進行期/転移性の胃がん での 救助治療用 oxaliplatin + 5-fluorouracil + leucovorin(論文・報告)08.12.28tb 
( N 冒頭)_治療`挫折_後の_進行期`胃がん_で everolimus が良好な結果との報告 09.01.16na 
進行期、又は、再発性の 非‐手術可能的な胃がん での paclitaxel + 5-fluorouracil 治療(論文・報告)08.12.28ta 
(総紹)切除可能な胃がん の 治療 : 現行の標準ケア(総説紹介文)08.12.26tb 
(総紹)食道、及び、胃食道‐接合部の がん での 治癒的‐治療 での 集学的な治療(総説紹介文)08.12.16tb 
(↑2009年 1 月)

局所進行期/転移性の 胃、及び、胃食道‐接合部の腺がん での ペギル化 camptothecin 治療(論文・報告)08.12.04tc 
非−切除可能的 な 、又は、再発性の胃がん での S-1 + 毎週 1 回の paclitaxel での 治療(論文・報告)08.12.01td 
症例: 食道‐胃‐接合部のα−胎児性‐タンパク発現‐腺がん での 化学療法 有利的 奏効例(症例報告)08.12.01tb
(総紹)原発の胃の節外性リンパ腫 : 臨床的‐症状現出、診断、管理(総説紹介文)08.11.27ta 
(↑2008年 12 月)
胃がん での 腹腔鏡的_胃切除術の治癒可能性 : 10 年間の経験のレビュー(論文・報告)08.11.03tb 

胃、又は、食道 胃 接合部の転移性腺がん での 2 週間に 1 回の FLOT レジメンによる治療(論文・報告)08.10.27te 
(↑2008年 11 月)
(−結果) 以前に治療経験のある転移性・再発性の胃がん での irinotecan + docetaxel(論文・報告)08.10.07tb 
進行期の胃がん の 中国人患者さん での 第二線治療としての docetaxel + oxaliplatin(論文・報告)08.10.07ta 
早期の胃がん の 手術後に、H pylori 菌を根絶させるべきか?(論文紹介)08.10.02ta 
新資料:胃がん の 治療《 eMedicine の 資料紹介》 08.10.17ca 

《 連載 #8=完 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.10.14cb 
《 連載 #7 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.10.14ca 
《 連載 #6 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.10.13cb 
《 連載 #5 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.10.13ca 
《 連載 #4 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.09.14ce 

『総』 胃がん の H ピローリ菌感染による発症 のメカニズム(総説)08.09.25tc 
非−切除可能的、又は、再発性の胃がん での 2 週間に 1 回の paclitaxel + S-1 による治療(論文・報告)08.09.14te 
(↑2008年 10 月)
非−切除可能的な胃がん での 第一線治療としての短時間 oxaliplatin + capecitabine + …(論文・報告)08.09.13tc 
症例: ステージ IV のタイプ 4 の胃がん での S-1 単独 短期治療による病理学的な完全奏効(症例報告)08.09.03td 
『総』 進行期の胃がん の 治療 : 現行戦略、及び、将来の展望(総説)08.08.29tb 

《 連載 #3 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.09.12ca 
《 連載 #2 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.09.09cb 
(総紹)胃がん での HER-2 : 新たな予後因子、新規な治療標的(総説紹介文)08.08.24ta 
《 連載 #1 》 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》 08.09.09ca 
( N 冒頭)消化管間質腫瘍《 GIST 》の手術後の治療用で Gleevec に FDA が優先審査を付与 08.09.06nc 

胃・胃食道接合部 がん での docetaxel 化学療法の最適化について(論文・報告)08.08.21tb 
(↑2008年 9月)
転移性/再発性の胃がん の 年配の患者さん での capecitabine 対 S-1 の比較(論文・報告)08.08.12tb 
進行期の胃がん の 中国の患者さん での capecitabine + oxaliplatin による治療(論文・報告)08.08.10tc 
『総』 進行期の胃がん での 分子標的治療薬 導入への基礎となる 最適 化学療法レジメンとは(総説)08.08.08ta 
進行期の胃/胃食道接合部 がん での irinotecan + 5-fluorouracil + folinic acid(論文・報告)08.08.06te 

胃がん での D2 リンパ節切除術のみ、と、傍大動脈 リンパ節郭清 併用との比較(論文・報告)08.08.03tf 
症例: 肺 多形がん の 胃転移の切除をした 2 例 での 長期的な生存(症例報告)08.07.27tb 
(ニュース冒頭)胃がん の 手術後の H pylori 菌の根絶により、再発が低下との報告 08.08.02na 
(↑2008年 8月)
『総』 進行期の胃がん の治療に於ける capecitabine(総説)08.07.11tc 
(ニュース冒頭)胃がん、膵臓がん で より多くのリンパ節切除により生存改善の可能性 08.07.25na 

胃がん の 治療に於ける D2 リンパ節郭清術を伴う胃切除術の根拠(論文・報告)08.07.05th 
(未達) 完全切除を受けた胃がん での 一補助化学療法 : GOIRC による Phase III 臨床試験(論文・報告)08.06.14ta 
(↑2008年 7月)
局所進行期の胃がん での 治癒的な手術後の 5-fluorouracil + Adriamycin + poly A-U(論文・報告)08.06.13ta 
治療経験のある進行期の胃がん での 5-fluorouracil + leucovorin + oxaliplatin での 治療(論文・報告)08.06.02ta 
進行期の胃がん での UFT の役割(論文・報告)08.06.01tb 

(−結果) 転移性の食道、胃、及び、胃・食道がん での bortezomib + paclitaxel + …(論文・報告)08.05.26tb 
(↑2008年 6月)
進行期の胃がん での pemetrexed + cisplatin による治療(論文・報告)08.05.15te 
転移性、又は、局所進行期の胃食道がん での docetaxel + oxaliplatin による治療(論文・報告)08.05.13tb 
転移性の胃がん での S-1 + 毎週 1 回の docetaxel による治療(論文・報告)08.04.20tf 
『総』 胃がん の 治療に於ける S-1 の役割(総説)08.04.20te 

手術不可能な進行期の胃がん での S-1 + 低用量 cisplatin による化学放射線療法(論文・報告)08.04.14td 
潜在的に切除可能な胃がん での 化学放射線療法 : 計画手術を受けない患者さん の 結果状況(論文・報告)08.04.14tc 
(↑2008年 5月)
進行期の胃がん での irinotecan + S-1 による治療(論文・報告)08.04.11td 
進行期・転移性の胃がん での 救助化学療法としての docetaxel + epirubicin(論文・報告)08.04.10th 
進行期の胃がん での 化学療法の比較《 ILF レジメン対 PILF レジメン 》(論文・報告)08.03.31td 

完全に切除された胃がん での 補助化学療法 : GOIRC 実施のランダム化 Phase III 臨床試験(論文・報告)08.03.29td 
転移性の胃・食道腺がん での FLO レジメンと FLP レジメンとの比較(論文・報告)08.03.19te 
(↑2008年 4月)
転移性、又は、再発性の胃がん での 3 週間に 1 回の S-1 + cisplatin による治療(論文・報告)08.03.14tf 
進行期、又は、再発性の胃がん での S-1 + 毎週 1 回の paclitaxel 併用 での 治療(論文・報告)08.03.10tf 
進行期の胃がん での 第一線治療としての S-1 + cisplatin と S-1 単独との比較(論文・報告)08.03.03tg 

『総標』胃がん に対する経口の治療 : 新しい選択、 より良い選択?(総説標題)08.02.29ti 
食道、及び、胃食道接合部の小細胞がん : Memorial Sloan-Kettering での 経験のレビュー(論文・報告)08.02.29tf 
局所進行期の胃がん での 治癒的切除後の補助療法としての FA、と、FA + poly AU の比較(論文・報告)08.02.29te 
(ニュース冒頭)食道ステント が がん に伴う飲み込み困難を緩和 08.03.06na 
(未達) 胃がん での 術中放射線療法 での 長期的な結果(論文・報告)08.02.16te 
(↑2008年 3月)

進行期の胃がん での docetaxel + oxaliplatin による治療化学療法(論文・報告)08.02.12tc 
進行期の胃がん での 第二線治療としての mitomycin C + S-1 による治療(論文・報告)08.02.10tc 
進行期の胃がん での oxaliplatin + 5-fluorouracil・leucovorin 持続点滴による治療(論文・報告)08.02.10tb 
[紹存]胃がん 、及び、胃食道接合部 腺がん の管理に関する EORTC を代表する専門家の意見(総紹存在)08.01.31ta 
進行期の胃がん での 第一線化学療法としての paclitaxel + capecitabine による治療(論文・報告)08.01.30tc 

胃がん で 全胃切除術を受けた長期生存者 での 生活の質(論文・報告)08.01.25ta 
胃食道がん での cetuximab の 化学放射線療法との併用 : 毒性の評価(論文・報告)08.01.22td 
(ニュース冒頭)胃切除術 後 の患者さん に骨粗鬆症が高頻度との報告 08.02.02na 
(↑2008年 2 月)
進行期の胃がん の 救助化学療法としての docetaxel による治療(論文・報告)08.01.14tg 
進行期の胃がん での capecitabine + oxaliplatin (XELOX)による第一線治療(論文・報告)08.01.14tf 

局所進行期、又は、転移性の胃、又は、食道腺がん での DHA-paclitaxel による治療(論文・報告)08.01.14ta 
印環細胞の組織型の 進行期の胃がんについて(論文・報告)08.01.11tb 
進行期の胃がんによる腹膜播種と水腎症を有する患者さん での 腹腔内 paclitaxel + S-1 治療(論文・報告)08.01.08tf 
胃空腸吻合術 後の再発性のがん を有する患者さん での 金属ステントの設置(論文・報告)08.01.08tc 
(紹存)胃腸膵 神経内分泌 腫瘍《複数》について(総紹存在)08.01.05ta 

進行期の胃がん、及び、胃食道接合部 腺がん での docetaxel + oxaliplatin による化学療法(論文・報告)08.01.04tc 
『副』胃がん において、全身的化学療法 は 消化管穿孔のリスクを増加せず( 副作用 )08.01.02th 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 大腸(結腸、虫垂、直腸、肛門) *****


(ニュース冒頭) _化学`放射線`療法_後 の 一定の_直腸がん__患者さん_に於いて、_経過`観察__アプローチ_ が _選択肢_である可能性がある との研究結果 1705231656 
『総説紹介文』 _直腸がん__に対する__トータル`術前`補助`療法__ : __現われつつある__選択肢_ 1704231630 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん`肝臓`転移_の_切除_後 の _化学療法_ポンプ 埋め込み により_生存 が 改善_ 1705092316 
『論文類』 _米国_の__放射線_腫瘍科`医_ は _直腸がん__に対する__術前`補助`療法_として_長期_コース__化学`放射線`療法_のほうを_短期コース__放射線`療法_よりも 引き続き〜(続く) 1704161708 
(↑2017年 5月)

『論文類』 _先行治療`経験`有り の__非−切除可能的__転移性__肛門`がん__に対する_nivolumab による治療_ : _NCI9673 ( _多施設_、_単一`治療`グループ_、_フェーズ_2_研究_ ) 1704052305 
(ニュース冒頭) _ステント_ が 左結腸_悪性_閉塞__に対する__外科手術_までの ブリッジとして_効果的_ との研究結果 1704201639 
『論文類』 _ステージ_4__結腸がん_を有する_患者さん_ に於ける _原発`腫瘍_切除_ の 比較_有効性_ 1703241641 
『論文類』 _肛門__扁平上皮がん__に対する__化学`放射線`療法_ の 完全_臨床的`反応_を_評価_するための 最良の 時期_ : _ACT II ( _ランダム化_比較__フェーズ_3_臨床`試験_の〜(続く) 1703191619 
『論文類』 _直腸がん_ に於ける 、_術前__放射線`療法_の_最適な_分割、及び、_手術_への タイミング_ : _Stockholm III ( _多施設_、_ランダム化_、_非ブラインド化_、〜(続く) 1703182317 
(↑2017年 4月)

『 JCO 論文』 HIV −随伴の__肛門`がん__に対する_cetuximab + _化学`放射線`療法__ : __フェーズ_2_AIDS Malignancy Consortium Trial 1702271658 
『 JCO 論文』 _肛門`がん_を有する_免疫能`正常な__患者さん_ に於ける cetuximab + _化学`放射線`療法_による治療_ : __フェーズ_2_〜(続く) 1702271641 
『論文類』 _選択的な__ステージ_2 / 3 _直腸_腺がん__に対し、_術前`補助__化学`放射線`療法_を _術前`補助__多剤__化学療法_に 置き換えることは 可能か?_ : _〜(続く) 1702242239 
(ニュース冒頭) あなたの_治療__選択肢_を 知ろう_ : __結腸`直腸`がん__肝臓`転移_ 1703141638 
(ニュース冒頭) nivolumab が _進行期__転移性__肛門`がん_に於いて_有望的 1703021605 
(↑2017年 3月)

『論文類』 _進行期`結腸直腸がん__に対する__新規な__抗体_治療_として の MABp1_ : __ダブル`ブラインド_、_プラセボ−比較_、_フェーズ_3_研究_ 1702042256 
(ニュース冒頭) 一定の_直腸がん__患者さん_に於いては、_開腹`手術_の ほうが_より良好である 可能性あり との研究結果 1702171606 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_評価_に於いて、_いくつかの__分子的バイオマーカー が _有用的__ : __ガイドライン_ 1702141714 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) 米国で、_より若年__結腸がん__患者さん_に_化学療法_ が 過剰_使用_されているのではないか とする_研究`結果_ 1701271657 
(ニュース冒頭) _開発_中 の 新薬 が _進行期__転移性_中腸_神経`内分泌`腫瘍_を有する_患者さん_ での _結果状況_を_改善_ 1701241712 

『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性__転移性_の _肛門管_扁平上皮がん__に対する_nivolumab による治療_ : __多施設_eETCTN_フェーズ_2_研究_( NCI9673 ) 1612292253 
『論文類』 _第一線__導入治療_後に_維持`療法_を 受ける_転移性`結腸直腸がん__患者さん_ に於ける _生活の質__評価__ : __フェーズ_3_AIO KRK 0207_臨床試験_の_事前`計画の__解析_ 1612261626 
(ニュース冒頭) _進行期__結腸`直腸`がん__に対する__新しい_処方_ : _運動 1701201657 
『論文類』 _直腸がん__患者さん_に於いて、_補助`化学療法_への_劣った__治療`遵守_ が _より劣った__生存_に 関連_ : _NCDB _解析_ 1612181635 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) NCCN_ガイドライン_で、_転移性__結腸`直腸`がん__に対し、SIR-Spheres Y-90 樹脂_マイクロスフィア_を_推奨_に 追加 1612251455 
(↑2016年 12月)

『論文類』 RAISE に於ける _サブグループ`解析__ : __転移性`結腸直腸がん_病気`進行_を有する_患者さん での irinotecan / folinic acid / 5-fluorouracil( FOLFIRI ) + ramucirumab〜(続く) 1610292239 
『論文類』 _補助`化学療法_ は _ステージ_2__結腸がん__患者さん_に於いて _生存`改善_を 伴う。 1610221737 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) panitumumab が _野生型_ KRAS 、又は、 RAS _結腸`直腸`がん_ での _生存 を 改善_ 1610271658 
『 JCO 論文』 _局所`進行期__直腸がん_の_術前`補助`療法_ に於ける _修正_FOLFOX6 ± _放射線`療法_ 対 fluorouracil / leucovorin + _放射線`療法__ : _〜(続く) 1609181619 
(↑2016年 10月)
『論文類』 _化学療法_を 受ける、又は、受けない_限局性__結腸`直腸`がん_の_患者さん_ に於ける _疲労`消耗`感__ : _縦軸長期的な__前向き方式`研究_ 1608291615 

『論文類(詳細原文)』 _マイクロ`サテライト`不安定性_を伴う__結腸がん_ に於ける _補助`化学療法_ の _有効性__ : __大規模__多施設_AGEO _研究_ 1608241629 
『論文類(詳細原文)』 _転移性`結腸直腸がん_ に於ける _最初の__病気`進行_後 の cetuximab の 継続_ : _CAPRI-GOIM ( FOLFOX / cetuximab 対 FOLFIRI_の_ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1608121651 
『論文類』 _アンジオテンシン`変換酵素`阻害薬_、又は、_アンジオテンシン`受容体`拮抗薬_を 服用している_直腸がん__患者さん_ での _術前`補助`療法_への _腫瘍_反応__増加 1608081706 
(↑2016年 9月)
『論文類』 MRI −定義、_局所`進行期__直腸がん__に対する__術前`補助`化学療法_ 、と、 それに続いての_化学`放射線`療法__ : _PAN-EX ( 2 件の_臨床試験_ の _プール化`解析_ ) 1608021707 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_に対する_第一線`治療_としての bevacizumab + FOLFIRI_レジメン_、及び、bevacizumab + FOLFOX6 レジメン_ : _WJOG4407G ( _ランダム化_フェーズ_3_研究_ ) 1608021653 

『総説』 _化学療法`耐性_な_転移性`結腸直腸がん_への 挑戦_ : _クリニック、及び、検査室からの_治療`戦略_ 1608011655 
『総説』 _転移性`結腸直腸がん_を有する_患者さん_の_管理_のための ESMO _コンセンサス・ガイドライン_ 1608011635 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対し、_腹腔鏡__アプローチ_ が _有用的_な 可能性あり との研究結果 1608211702 
『 JCO 論文』 _結腸`直腸`がん__患者さん_ に於ける _二次`予防_としての アスピリン_ : _非選択_人口集団_−ベース_研究_ 1607182231 
『論文類』 _ステージ_2 / 3_直腸がん__に対する__補助`化学療法_としての S-1 対 UFT の _比較_ : JFMC35-C1: ACTS-RC ( _ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1607132225 
(↑2016年 8月)

(ニュース冒頭) 外科手術_後 の Eloxatin 追加により_一定の 結腸`直腸`がん__に於ける_ がん_進行 が 遅くなる との研究結果 1607291720 
『論文類』 _米国_ に於ける 過去 10 年間 での _局所`進行期__直腸がん_の_患者さん_のための_治療_パターンの変化 : National Cancer Data Base からの_解析_ 1606201655 
(ニュース冒頭) _ステージ_3_の MMR_結腸`直腸`がん__に対する_oxaliplatin −ベース_補助`化学療法_ 1607231514 
『論文類』 _治療−抵抗性_、 KRAS コドン 12/13_野生型_、_HER2 −陽性__転移性`結腸直腸がん_ に於ける trastuzumab / lapatinib による_二重−標的_治療_ : 〜(続く) 1606051434 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_ の _第一線`治療_ に於ける XELOX ( 、又は、FOLFOX )_導入治療_後 の _維持`療法_としての_単剤_capecitabine の 継続_投与_ 1605311724 

『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対する_R1_切除_後 の _長期的_結果状況_ : 治癒 は 可能か? 1605302214 
(ニュース冒頭) _新規な__抗体_ が _進行期`結腸直腸がん_の_患者さん_に 希望 (原題通りの表現です) 1607071646 
『 ASCO abstract 』 KRAS _野生型_( exon 2 )_転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_としての_2 週間に 1 回の_cetuximab + mFOLFOX6_レジメン_ : CEBIFOX_臨床試験_ の 〜(続く) 1605301710 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_ に於ける _導入 XELOX、又は、FOLFOX 後 の _維持`療法_としての_単剤_capecitabine による治療 : _有効性_ / _安全性_の_ランダム化`臨床`試験_ 1605291740 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_ に於ける _最初の__病気`進行_後 の cetuximab_治療_継続 : FOLFOX / cetuximab 対 FOLFOX _単独_ の _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 1605291504 
(↑2016年 7月)

(ASCO ニュース冒頭) 一定の_結腸`直腸`がん_に於いて、ステント設置により、_ストーマ_の 必要性 が 減少 1606291715 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_TAS-102 対 _プラセボ_ + _最良`サポートケア_ : _フェーズ_3_RECOURSE _臨床試験_ に於ける 地理的サブグループ 1605231713 
『 ASCO abstract 』 _肝臓_切除_ + 最新の_化学療法_ + _肝動脈`注入_後 の _転移性`結腸直腸がん__患者さん_ に於ける _長期`生存_ の _改善_状況 1605231658 
『 ASCO abstract 』 _フェーズ_3_CONCUR _臨床試験_ に於ける _転移性`結腸直腸がん_を有する_患者さん_ での regorafenib の_健康`関連`性`の`生活の質_への_影響_ 1605231648 
『 ASCO abstract 』 広範囲の_結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対する_2 段階_肝`切除`術_ : どのようにして_両方の__順次`実施_手順 完了の 失敗を _予測するのか? 1605231632 

『 ASCO abstract 』 _標準的`治療_に 抵抗性_の_転移性`結腸直腸がん _に対する__TAS-102 / bevacizumab による治療: _研究者《複数》_−開始_多施設__フェーズ_1 / 2_研究_ 1605221721 
『 ASCO abstract 』 panitumumab / FOLFOX 対 FOLFOX _単独_による_第一線`治療_を 受ける RAS_野生型__転移性`結腸直腸がん__患者さん_ に於ける _質−調整`生存_ : PRIME _臨床試験_ 1605221710 
『 ASCO abstract 』 _毎週 1 回、又は、_2 週間に 1 回の_5-FU / oxaliplatin −含有__レジメン_で_治療_される_転移性`結腸直腸がん__患者さん_ に於ける 、_個別化、_薬物`動態論−ガイド〜(続く) 1605221648 
『 ASCO abstract 』 _未治療の__転移性`結腸直腸がん_を有する_年配`患者さん に於ける bevacizumab / _化学療法_ 対 _化学療法__単独_ : PRODIGE 20 ( _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1605192211 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_VEGF-A、及び、angiopoietins の 二重_標的__治療_ : VENGEANCE_研究_ の _結果_ 1605191723 

(ASCO ニュース冒頭)_転移性__肛門`がん__に対し、nivolumab により_勇気づける的_な_結果_ 1606171709 
『 ASCO abstract 』 HER-2 増強__転移性`結腸直腸がん__に対する_trastuzumab / lapatinib による治療 : HERACLES _臨床試験_ 1605162159 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線_mFOLFOX6 ± bevacizumab 対 mFOLFOX6 + _選択的`内部`放射線`療法《 SIRT 》_ ± bevacizumab : 〜(続く) 1605161728 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対する__再発無し`生存_ + _化学療法_による治療 : _ランダム化__フェーズ_2_研究_〜(続く) 1605161713 
( ASCO ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_ での _腸`閉塞__に対し ステントを_使用_することにより_ストーマ_の_必要性_を_低下_可能 との研究結果 1606111636 

『 ASCO abstract 』 BRAF V600E −変異__転移性`結腸直腸がん__に対する_trametinib ( MEK 阻害薬_ )、dabrafenib ( BRAF 阻害薬_ )、及び、panitumumab ( _抗− EGFR _抗体_ )〜(続く) 1605161655 
『 JCO 論文』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線_FOLFOX6 ( ± bevacizumab ) 対 FOLFOX6 ( ± bevacizumab ) + _選択的`内部`放射線`療法《 SIRT 》_ : 〜(続く) 1605132157 
(↑2016年 6月)
(ニュース冒頭) _家族性`腺腫性`ポリポージス《 FAP 》__患者さん_に於ける、大腸、及び、小腸 _両方の_ 前がん性ポリープが_新治療 により 減少する可能性あり との研究結果 1605261746 
『論文類』 スペイン での _前向き方式__多施設`研究_( GECMP-CCR )に於ける _結腸`直腸`がん_ での _肺__転移巣`切除術_ に於ける 大規模_切除_ の _役割_ 1604251700 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_としての FOLFOXIRI_レジメン_、又は、FOLFOXIRI_レジメン_ / bevacizumab : 2 件の_ランダム化`臨床`試験_からの_傾向`スコア_調整_解析_ 1604251642 

(ニュース冒頭) Herceptin + Tykerb が _HER2 −陽性__結腸`直腸`がん__に対し _有望的 1605131714 
(ニュース冒頭) 毎日の アスピリン 服用により_結腸`直腸`がん_、及び、_その他の__消化管`系_ がん の_リスク_ が 低下することを確認する もう 1 件の_研究_ 1605101710 
(ニュース冒頭) 一定の_進行期__結腸`直腸`がん__患者さん_サブグループで、HER-2_治療_ が _顕著な__効果_を 示した との研究結果 1605041643 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_、と、_肝臓`転移_とは 同時に _切除_することが可能 1604222211 
(ニュース冒頭) コーヒー が _結腸`直腸`がん__リスク_の 26%_低下_と 関連 との研究結果 1604062225 
(↑2016年 4月)

(ニュース冒頭) 2 剤__併用_戦略_ が _家族性`腺腫性`ポリポージス《 FAP 》_ での カーペット状ポリープ を 減少 1603251639 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_からの_肝臓`転移_を _最初に_切除_しても _結果_は 同じ との研究結果 1603151655 
『論文類』 _直腸がん__に対する__化学`放射線`療法_後 の _経過`観察__アプローチ_ 対 _外科的`切除_ : OnCoRe プロジェクト( 傾向スコア マッチ_コホート__解析_ ) 1602192356 
『論文類』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓`転移_の、_併用__化学療法_ + _全身的_cetuximab の 肝動脈 注入 による_切除_への 転換 : OPTILIV ( _多施設__臨床試験_ ) 1602172334 
(↑2016年 3月)
『総説紹介文』 _直腸がん__の__非−手術的_管理_ 1512281744 

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_ : 2015 年の_レビュー_ 1602101737 
(ニュース冒頭) Vectibix が _結腸`直腸`がん_ での _生存 を 改善_ : _組織_検査 の 重要性 1602011632 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _局所`進行期__直腸がん__に対する__新しい__治療法 が _現行の__標準的`治療_よりも _低__副作用_ 1601311716 
(ニュース冒頭) _直腸がん_ に於ける _術前`補助`療法_後 の _外科手術_ の タイミング に関する 論争状況 1601291709 
(ニュース冒頭) _直腸がん__に対する__放射線`療法_による_二次がん__増加_ は みられない との研究結果 1601271659 

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_に関する_免疫`化学`的`便`潜血`検査《 FIT 》_スクリーニング が 4 年後時点で_効果的_ 1601271638 
『総説紹介文』 規則的な コーヒー摂取 は _結腸がん__患者さん_ での _生存 を 改善_する 可能性あり との研究結果 1511231639 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) _化学`放射線`療法_で_臨床的`完全`奏効_を 得た_直腸がん_に於いては、_注意深い 経過`観察__アプローチ_ が _安全的_であるとの 再度の _研究`結果_ 1512291731 
『論文類』 臨床的_T2N0_遠位`直腸`がんに対する_術前`補助_化学`放射線`療法 + 部分`切除_による_臓器`温存 : ACOSOGZ6041(ラベル`明示_、単一`治療`グループ_、多施設__フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1511132329 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__維持`療法_としての bevacizumab ± erlotinib : GERCOR DREAM; OPTIMOX3 ( _ランダム化_、_ラベル`明示_、_フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1511092333 

『 JCO 論文』 ステージ2_から 3の_結腸がん に於ける _補助`療法_fluorouracil / leucovorin / oxaliplatin : MOSAIC Study の BRAF_遺伝子`変異_、及び、_ミスマッチ`修復_ステータス〜(続く) 1512142341 
『 JCO 論文』 ステージ_3_結腸がん_に対する_補助`療法_としてのcapecitabine / oxaliplatin 対 fluorouracil / folinic acid : NO16968_ランダム化_コントロール_フェーズ_3_臨床`試験_最終結果 1511080024 
『論文類(詳細原文)』 _局所`進行期__直腸がん__に対する__術前`補助_化学`放射線`療法_を 受ける_年配`患者さん での _臨床的`結果状況_ 1511041710 
『論文類』 ステージ_2B / 3_結腸がん_に対する_補助`化学療法としての_経口_uracil / tegafur / leucovorin の_治療_持続`期間 : JFMC33-0502( ランダム化_フェーズ3_臨床`試験 )_最終的`結果 1511012353 
(↑2015年 12月)
『 JCO 論文』 oxaliplatin −誘発__神経`障害_ の _臨床的_コース : _ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_N08CB (Alliance)からの_結果_ 1510191730 

(ニュース冒頭) 加工食肉 は _結腸`直腸`がん_の 原因となるか? 1511171735 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_としての FOLFOXIRI / bevacizumab 対 FOLFIRI / bevacizumab : _ラベル`明示_、_フェーズ_3_TRIBE _研究_の〜(続く) 1510162246 
『論文類』 _非−切除可能的__結腸`直腸`がん_からの_肝臓`限定的`転移_を有する_患者さん_の ための irinotecan 薬物放出ビーズ + _同時`実施_FOLFOX / bevacizumab : _ランダム化__比較`臨床`試験_ 1510122332 
(↑2015年 11月)
『論文類』 _局所`進行期__直腸がん__に対する__術前`補助__化学`放射線`療法_を 受ける_年配`患者さん の _臨床的`結果状況_ 1509271714 
『論文類』 _第一線__転移性`結腸直腸がん__に対する_nintedanib / mFOLFOX6 対 bevacizumab / mFOLFOX6 の_比較_ : _フェーズ_1 / 2、_ラベル`明示_、_ランダム化`研究_ 1509271650 

『総説』 regorafenib −随伴の__手足皮膚`反応_ : _診断_、_予防_、及び、_管理_に関する 実際的なアドバイス 1509251715 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸_手術_を 受けた_患者さん_では、_alvimopan ( オピオイド_レセプター__拮抗薬_ )を_使用_した患者さん_のほうが 入院コスト、期間が _低下_した_との報告 1510201659 
(ニュース冒頭) _直腸がん__に対する__腹腔鏡`手術_? : 未だ、と、_臨床試験_ が _語っている。( 原文通りの表現 ) 1510081751 
(↑2015年 10月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`結腸直腸がん__治療用_として Lonsurf ( tipiracil + trifluridine )を_認可_ 1509231603 
(↑2015年 9月)
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん での _日常`定型的 な__臨床`実地_ に於ける _間欠的 対 _継続的__全身的`治療__戦略_ の _使用_、及び、_インパクト__比較_ 1508102351 

『論文類』 _局所`進行期__直腸がん__に対する_fluorouracil −ベース_術前__化学`放射線`療法_、及び、_術後__化学療法_への oxaliplatin の 追加 : 〜(続く) 1508090035 
『論文類』 _局所`進行期__直腸がん__に対する__術前`補助__化学`放射線`療法_後 の mFOLFOX6_レジメン_追加の_効果_ : _多施設_、_フェーズ_2_臨床`試験_ 1508090001 
(ニュース冒頭) XBiotech 社 は _欧州_ での Xilonix ( _結腸`直腸`がん__治療用_ )_フェーズ_3_登録_研究_への_患者さん`組み込み_を 完了、_米国_では_臨床試験__進捗中 1508260036 
『論文類』 _遠位`直腸`がん__に対する__高用量_化学`放射線`療法_ + _注意深い 経過`観察_ : _前向き方式__観察`研究_ 1508081741 
(ニュース冒頭) コーヒー が _結腸がん_の__再発__リスク_を 低下させるかも知れない との研究結果 1508221807 

『論文類』 (_直腸がん__に対する_)_化学`放射線`療法_、_外科手術、及び、_補助`化学療法_ 対  _導入`化学療法→_化学`放射線`療法_ / _外科手術_ : 〜(続く) 1507270012 
(ニュース冒頭) Vectibix が _化学療法_では_病気`進行_後 の _野生型_ KRAS _転移性`結腸直腸がん_を有する_患者さん_ での _生存 を 改善_ 1508120009 
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__転移性`結腸直腸がん_を有する アジア人_患者さん_ に於ける regorafenib + _サポート`ケア_ 対 _プラセボ_ + _最良`サポートケア__比較_ : 〜(続く) 1507122352 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん の _切除_手術_前の_蛋白質_摂取 により 歩行`能力が _改善_される可能性あり とする_小規模_研究__結果_ 1508051715 
『論文類』 bevacizumab / oxaliplatin / fluoropyrimidine での _第一線`治療_では_病気`進行_した_転移性`結腸直腸がん_に対する_第二線_FOLFIRI + ramucirumab 対 _プラセボ__比較_ : 〜(続く) 1507112350 
(↑2015年 8月)

『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線_bevacizumab + oxaliplatin −ベース_治療_後 の _第二線`治療_としての FOLFIRI + bevacizumab : _ランダム化__フェーズ_3_EAGLE _研究_ 1507060013 
(ニュース冒頭) _臨床試験_で、_直腸がん__に対する_oxaliplatin の 明確な_利益_ は 示されず 1507250013 
(ニュース冒頭) calmangafodipir が _化学療法−誘導``末梢性ニューロパシー_を 軽減する 可能性あり との研究結果 1507241750 
(ニュース冒頭) スクリーニングの _結腸`内視鏡`検査_で 発見された_結腸`直腸`がん_の ほうが より_生存_ が _良好である との研究結果 1507220009 
(ニュース冒頭) _化学`放射線`療法_ が _直腸がん_ に於ける _選択肢_を 広げる との研究結果 1507141648 

『総説』 _非−切除可能的__転移性`結腸直腸がん_に於いて_治療`戦略_ : _アップデートされた__レビュー_ 1506181746 
『総説紹介文』 _結腸`直腸`がん_の_診断_を 受けた 後の 身体`活動、及び、食事 の _役割_ 1506141652 
『総説紹介文』 _転移性`結腸直腸がん_ : _現行の_状況、及び、将来の 方向 1506131818 
(↑2015年 7月)
『総説紹介文』 _局所`進行期__直腸がん_の_治療_ に於ける _進歩_、と、_挑戦課題_ 1506131759 
『総説紹介文』 _結腸がん__補助`療法_ の 個別化 : 個々の_患者さん_のための_最適な__治療_ の _選択_ 1506090008 

(ニュース冒頭) _新しい_バイオマーカー が _転移性`結腸直腸がん__治療_の 助けになる 可能性あり との研究結果 1506232345 
(ニュース冒頭) Amgen 社 の _結腸`直腸`がん__治療薬_( panitumumab ) が _晩期−ステージ__研究_に於いて、主要目標を 達成 1506231732 
『 JCO 論文』 _直腸がん_、又は、_子宮`内膜`がん__に対する__ランダム化_TME、PORTEC-1、PORTEC-2 _臨床試験_ に於ける _治療_を受けた_患者さん_で、_放射線`療法_後 の _二次がん_増加_リスク_無し 1505201714 
(ニュース冒頭) _新しい__薬_併用_により、_転移性`結腸直腸がん_ での _生存_ が _伸長_ 1506182340 
(ニュース冒頭) 真に_リンパ節−陰性_の _結腸がん_では、_補助`化学療法_ は 必要ない との研究結果 1506021748 
(↑2015年 6月)

(ニュース冒頭) _新規な__薬_( Taiho Oncology 社 の TAS-102 ) が _治療−抵抗性_の_転移性`結腸直腸がん_で_活性的_ 1505151745 
『総説』 _年配`患者さん に於ける _結腸`直腸`がん_の_治療_ : International Society of Geriatric Oncology (SIOG)コンセンサス推奨 2013 1504051655 
『論文類』 結腸`直腸`がん_からの_当初_非−切除可能的_な_肝臓`転移_を有する_患者さん での bevacizumab + 修正 FOLFOX-6、又は、FOLFOXIRI : OLIVIA_多国籍_ランダム化_フェーズ_2_臨床`試験_ 1504011733 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線__化学療法_ / bevacizumab 後 の bevacizumab 継続 対 _非−継続 の _比較_ : _ランダム化__フェーズ_3__非`劣性`臨床試験_( SAKK 41/06 ) 1504011746 
『論文類』 _集中的_フォローアップ__戦略_ が _非`転移性__結腸`直腸`がん_ での _治癒的_手術_後 の _結果状況_を_改善_ : _系統的_レビュー_、及び、_メタ解析_ 1503301723 
(↑2015年 5月)

(ニュース冒頭) _結腸がん__に対し、_開腹_結腸_切除術 よりも _効果的_な _腹腔鏡_結腸_切除術  1504271732 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性`結腸直腸がん_の_第二線`治療_用 として、FOLFIRI_レジメン_との_併用_で、Cyramza ( ramucirumab )を_認可_ 1504261742 
(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん_ の _患者さん_に於いて、capecitabine / bevacizumab_維持`療法_により_進行無し`生存`期間_ が _伸長_ 1504251806 
『総説』 _転移性`結腸直腸がん_に於ける _継続的_ 対 _間欠的__化学療法__戦略_ : _系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1503081712 
『総説』 _より年配_患者さん_に於ける _結腸`直腸`がん_ の _治療_ : International Society of Geriatric Oncology (SIOG) の コンセンサス 勧告 2013 1503081700 

(ニュース冒頭) _非−_浸潤性__直腸がん_に於いて、_腹腔鏡`手術_と_開腹`手術_とで 同様な_結果状況_ 1504042352 
『 JCO 論文』 _結腸`直腸`がん_に於ける fluorouracil / leucovorin / irinotecan + cetuximab による治療、と、 RAS _遺伝子`変異_ 1503021734 
(↑2015年 4月)
(ニュース冒頭) _ステージ_3_ の _結腸がん_で、アスピリン、や、COX-2_阻害薬_を _使用_している_患者さん_ は _治療`結果状況_ が _より良好_ との研究結果 1503241725 
(ニュース冒頭) _早期−ステージ__結腸`直腸`がん_の_管理_に於いて、_術前_動脈`化学療法_ が _術後__化学療法_よりも 優れている模様 との研究結果 1503202244 
『論文類』 _直腸がん__に対する__術前_(化学)放射線`療法_ + 外科手術 後 の _補助`化学療法_ : 個別_患者さん__データ_ の _系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1502122355 

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_からの_肝臓`転移__に対し 最初に 行うべき _新しい__焼灼_技術_ 1503121727 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) Taiho Oncology 社 が 、同社の TAS-102 ( _治療−抵抗性_転移性_結腸`直腸`がん__治療用_ )の_新薬`申請( NDA )_ が 米国 FDA _審査_のため 受理された旨 発表 1502262331 
(ニュース冒頭) _進行期`結腸直腸がん__に対する_Xilonix( _開発中_ )_治療_により、_勇気づける的_な_全体的`生存_、及び、_良好`状態__データ_ 1502241723 
『論文類』切除`可能的_転移性`結腸直腸がん_に対する_ FOLFOX4 対 _順次`実施__投与`集中_FOLFOX7→FOLFIRI : _周術期、又は、_術後__化学療法_による_化学療法__タイミング_へのアプローチ 1501262228 
『論文類』 _ステージ_3__結腸がん での _生存`結果状況_への_補助_capecitabine、又は、fluorouracil ± oxaliplatin の_効果_、及び、_再発_後_生存_への oxaliplatin の_効果_ 1501232351 

『論文類』 KRAS 野生型_転移性`結腸直腸がんに対する_abituzumab / cetuximab / irinotecan 対 cetuximab / irinotecan : ランダム化_フェーズ_1 / 2 POSEIDON_臨床試験_ 1412291731 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) _全`結腸`間膜`_手術_ が _結腸がん_ での _結果状況_を_改善_ 1501231726 
(ニュース冒頭) FOLFIRI_レジメン_への Cyramza の 追加により、_進行期`結腸直腸がん_ での _病気`進行_ が 遅くなり、_生存`期間_ が _伸長_ 1501201747 
(ニュース冒頭) _攻撃的__化学療法_により_転移性__結腸がん_の_患者さん_ での _生存_ が 倍増 1501181749 
(ニュース冒頭) _転移性__結腸`直腸`がん_の_初回`治療_として、Erbitux のほうが Avastin よりも 優れる 模様 1501181717 

(ニュース冒頭) ramucirumab が _転移性`結腸直腸がん_に於ける _生存`期間_を 若干であるが、_伸長_ 1501161739 
(ニュース冒頭) _進行期`結腸直腸がん__に対する__新しい__第一線`治療__選択肢_( FOLFOXIRI _レジメン_ ) 1501152347 
(ニュース冒頭) _局所`進行期__直腸がん_に於ける パラダイム・バスター か 1501152322 
(↑2015年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 5 つの_追加的タイプ の HPV が 原因の_特定の_ がん の _予防用として Gardasil 9 を_認可_ 1412122340 
(ニュース冒頭) _結腸がん_の_診断_後、 活動の 多さ が _より良好_な_生存_に 関連 との研究結果 1412121703 

(ニュース冒頭) ASCO が _遺伝性__結腸`直腸`がん_に関する ESMO_ガイドライン_を 裏書き 1412061621 
『論文類』 MRI −定義_局所`進行期_T3_切除`可能的__直腸がん__に対する bevacizumab による_2 つの_術前`補助__戦略_ 1410272321 
(↑2014年 12月)
『論文類』 局所進行期_直腸がんに対する術前化学放射線`療法_後 の 補助`化学療法_oxaliplatin / fluorouracil / leucovorin 1410121645 
(ニュース冒頭) FOLFOXIRI / bevacizumab が _転移性`結腸直腸がん_ での _結果状況_を_改善_ 1411151814 
(↑2014年 11月)
『 JCO 論文』 _結腸`直腸`がん_の_診断_後 の スタチンの_使用_と_生存_ : _人口集団−ベース__コホート`研究_ 1409291716 

『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_第一線`治療_としての_FOLFIRI + cetuximab_ 対 FOLFIRI + bevacizumab_ 1409111747 
(↑2014年 10月)
『総説紹介文』 _胃`腸`膵__高−グレード__神経`内分泌`がん_ 1409081719 
『論文類』 ステージ3_結腸がん_に対する_補助`化学療法としての S-1 :_ランダム化_フェーズ_3_研究_ (ACTS-CC_臨床試験_) 1409032356 
『総説紹介文』 _結腸がん_を有する_より年配の患者さん のための_化学療法__アプローチ_の 洗練 1408282342 
『論文類』 転移性`結腸直腸がんに対する_第一線`治療としてのpanitumumab / FOLFOX4 レジメン : ランダム化_フェーズ3_研究 1408222334 
(↑2014年 9月)

(ニュース冒頭) 特定の_結腸`直腸`がんで FOLFIRI レジメンへの追加は bevacizumabよりもcetuximab が優れる模様との研究結果 1408291744 
(ニュース冒頭) _結腸__手術部位`感染_ が _一括`アプローチ_により 減少 との研究結果 1408291724 
『 JCO 論文』 _結腸`直腸`がん_の_診断_後 の _血中_ビタミン D 濃度 が _生存`結果状況_に 影響 1408111719 
『 JCO 論文』 _結腸`直腸`がん_克服者さんに於ける _カルシウム_、ビタミン D 、乳製品 の 摂取と _死亡`率_との 関連性 1408092231 
(ニュース冒頭) スタチン_薬_の_使用_により、_結腸`直腸`がん での _生存_ が _改善_される との研究結果 1408261518 

『論文類』 術前`補助_化学`放射線`療法_後 の 中位`直腸`がん、又は、低位`直腸`がん_に対する__開腹`手術 対 _腹腔鏡`手術 1408022252 
(ニュース冒頭) _規則的な_運動、と、魚豊富な 食餌が _結腸 がん _再発__予防_に 有用かも知れない との研究結果 1408201746 
『 JCO 論文』 非−切除可能的_野生型 KRAS 遺伝子 エクソン 2_転移性`結腸直腸がんに対する_panitumumab + mFOLFOX6 …… 1407191821 
『論文類』 PRIME_最終結果 : _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_としての panitumumab / FOLFOX4_レジメン__ 1407142253 
(↑2014年 8月)
『総説』 _結腸`直腸`がん_の_より年配_の_患者さん_の_治療_ 1406301747 

『 JCO 論文』 _直腸がん_ の _術前_集学的`治療_に於ける capecitabine、及び、oxaliplatin 1406222233 
『論文類』 oxaliplatin の_間欠的__投与_による_治療挫折まで`期間_の_改善_ : CONcePT_臨床試験_の_結果_ 1406152336 
(ニュース冒頭) _肛門`がん_についての、_欧州_ での _新しい__臨床`実地_ガイドライン_ が 発表 1407181708 
『 JCO 論文』 _促進`回復`プログラム_内 での _結腸`直腸`がん_の _従来的_手術_ 対 _腹腔鏡`手術_の_比較_ 1406092241 
(ニュース冒頭) ビタミン D が _結腸`直腸`がん_の_患者さん_ での _生存_を_改善_する可能性あり との研究結果 1407111723 

(ニュース冒頭) TAS-102 ( _新規な__併用薬_ ) が _進行期`結腸直腸がん_ での _生存_を_改善_ 1407092257 
『 ASCO abstract 』 2000 年以降時代に於ける _転移性`結腸直腸がん_ での _原発`腫瘍`切除_による_生存`改善_ 1405262252 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がん`肝臓`転移_での_イットリウム−90_マイクロスフィア_( _年配 対 より若年_患者さん_) 1405262236 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がん_からの_非−切除可能的_肝臓`限定的`転移の_ケースでの oxaliplatin( HAI 対 SYS_投与_ ) 1405261754 
『 ASCO abstract 』 _病理学的 _リンパ節−陽性__直腸がん__に対する_oxaliplatin −ベース_補助`化学療法_の_結果状況_ 1405261737 

『 ASCO abstract 』 _年配_の_転移性`結腸直腸がん__患者さん_ での ケア・パターン 1405261724 
『 ASCO abstract』 KRAS 野生型_転移性`結腸直腸がん_の_最適な_治療`戦略_ : cetuximab / FOLFIRI→FOLFOX4 ± cetuximab 1405252302 
『 ASCO abstract』 進行性_転移性`結腸直腸がんに対する_regorafenib 治療:フェーズ3_CORRECT での年齢サブグループ分析 1405251742 
『 ASCO abstract』 第一線_転移性`結腸直腸がんに対する_cetuximab + irinotecan、又は、oxaliplatin :現実生活 対 臨床試験 1405242320 
(ニュース冒頭) TAS-102 ( Taiho Oncology 社 が _開発_中 ) が 治療−抵抗性_転移性`結腸直腸がん_ での _生存_を_改善_ 1407012307 
(↑2014年 7月)

『 ASCO abstract』 第一線_cetuximab_治療_を受けた_転移性`結腸直腸がんでの 現実生活での 肝臓`転移の切除と_生存`結果状況 1405241821 
『 ASCO abstract 』 _野生型_KRAS 遺伝子 エクソン 2_転移性`結腸直腸がん__に対する_FOLFOX6 + panitumumab or bevacizumab 1405222309 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_に対する_bevacizumab_併用`化学療法_による_第一線、及び、救助《サルベージ》治療 1405212251 
『 ASCO abstract』 局所進行期 / 転移性結腸`直腸`がん、胃がん、頭頸部 扁平上皮がん、等に対する_MPDL3280A( PD-L1_抗体_ ) 1405202342 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_FOLFIRI-Bev_導入治療_後 の capecitabine / bevacizumab_維持`療法_ 1405201752 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_としての panitumumab + FOLFOX4  1405192324 
(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん__に対し、_化学療法`レジメン_ + Avastin、又は、Erbitux が _生存`期間_を_伸長_ 1406211800 
『 ASCO abstract』 FOLFIRI / bevacizumabで _治療_される_転移性`結腸直腸がん__患者さん_ での _血栓`性`イベント_ 1405122355 
『 ASCO abstract 』 当初_非−切除可能的_な_結腸`直腸`がん`肝臓`転移 _ケース_ での bevacizumab + mFOLFOX6 or FOLFOXIRI 1405121737 
(ニュース冒頭) FOLFOX レジメン_ が _ステージ_2_、及び、_ステージ_3__直腸がん_ での _病気無し`生存_を_改善_ 1406111710 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_年配`患者さん での _第一線`治療_としての bevacizumab / capecitabine 1405121721 
『 ASCO abstract』 bevacizumab−含有第一線`治療で病気`進行した結腸`直腸`がんケースでの_第二線`化学療法 ± bevacizumab 1405121656 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_としての FOLFOXIRI / bevacizumab 対 …… 1405112309 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_で_第一線_FOLFIRI_治療_される_ジルベール病__患者さん での 一次予防的 GCSF_投与 1405111729 
( ASCO ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_ での bevacizumab と cetuximab による_生存`利益_ は 同様 1406022259 
(↑2014年 6月)

『論文類』 _化学療法`抵抗性__野生型 KRAS エクソン 2__転移性`結腸直腸がん__に対する_panitumumab 対 cetuximab 1405092308 
『論文類』 FOLFOX or、FOLFIRI / cetuximab で治療された 当初 非−切除可能的_結腸`直腸`がん`肝臓`転移ケースでの生存`利益 1405051751 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がんの 第一線`化学療法_ での 皮膚`毒性_管理、cetuximab −ベース_レジメン_治療`遵守 1404282348 
『 ASCO abstract』 転移性`結腸直腸がんに対する_導入治療_化学療法 / bevacizumab後の_維持`療法_capecitabine / bevacizumab 1404282332 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓`転移_のある_ケース_ での _治療`挫折_後 の irinotecan / ……_肝動脈`注入 1404281748 

『 ASCO abstract』 bevacizumab−ベース_治療`経験`有り の_転移性`結腸直腸がんに対する_進行_後 bevacizumab / 化療_継続 1404281725 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がん肝臓`転移を有するケースでの 1 対 2、又は、3_化学療法プロトコル_後 の Optilivによる治療 1404271737 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_に対する_ KRAS に従っての bevacizumab ± erlotinib による_維持`療法_ 1404271719 
『 ASCO abstract 』 _劣った__活動ステータス_の_転移性`結腸直腸がん__患者さん_で、_化学療法_ の _役割_は あるか? 1404222244 
『 ASCO abstract』 重度に先行治療`経験`有りの転移性`結腸直腸がん患者さんでの gemcitabine / S-1 救助《サルベージ》治療 1404221755 

『 ASCO abstract 』 KRAS _遺伝子`変異__転移性`結腸直腸がん__に対する__第二線`治療_としての selumetinib + irinotecan 1404220007 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__患者さん_の_選択されていない__人口集団_ での _治療_利益_ の _評価_ 1404212340 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_と_同時性の_肝臓`転移、及び、_腹膜`がん腫症_を 有する_ケース での _集学的`治療 1404211751 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線_IRIS ± bevacizumab : 2 件の_フェーズ_2_研究_の_分析_ 1404211739 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_に対する_第一線`治療_としての XELOX / bevacizumab ( oxaliplatin_断続`投与_ ) 1404150015 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_に於ける _原発`腫瘍_の_切除_ : _前向き方式__コホート`研究_ 1404142359 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_からの_肺_転移__切除_後 の _患者さん_ での _補助`化学療法_ ± bevacizumab  1404141739 
『論文類』 _直腸がん__に対する__術前`補助`化学療法_後 の _術後_化学療法_の _使用_ : 1998 年〜 2007 年の__データ__分析_ 1404131732 
『 ASCO abstract 』 cetuximab −ベース_第一線`治療_による _転移性`結腸直腸がん_の_一般的_人口集団_ での _二次的__切除 1404072355 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_dacarbazine による治療 1404072337 
(↑2014年 5月)

『総説』 _転移性`結腸直腸がん_の 米国−全体的_コホート_の_患者さん_に於ける _化学療法__使用_パターン 1404041820 
『 ASCO abstract 』 _最新の__化学療法_時代に於ける _ステージ_4__結腸`直腸`がん_に於ける _原発`腫瘍`切除_ 14.03.26tc 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_に対する_oxaliplatin / cetuximab への capecitabine 追加による_肝`機能_悪化 14.03.26tb 
『 ASCO abstract 』 以前に_全身的`治療を 受けた_KRAS_野生型_転移性`結腸直腸がん_に対する_ tivantinib / cetuximab …… 14.03.26ta 
『 ASCO abstract 』 結腸`直腸`がん治療に_FOLFOX or FOLFIRI + bevacizumab を受ける_患者さん での PEG の_効果 14.03.25ta 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の ziv-aflibercept/FOLFIRI_治療_の_オン・トリートメント_進行無し`生存_解析_ 14.03.24tb 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_の_腹膜`がん腫症__に対する__腫瘍細胞`減少`手術_ + _腹腔内`化学療法_oxaliplatin 14.03.24ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_SOX / bevacizumab 対 mFOLFOX6 / bevacizumab_治療_の_比較_ 14.03.18ta 
『 ASCO abstract 』 ステージ4転移性結腸がんの年配_Medicare_患者さんの治療に於ける生物学的`治療薬 + 化学療法の動向 14.03.11ta 
(ニュース冒頭) _十分に 前_治療_された_直腸がん__に対しては_術後__化学療法_ は 助けにならない との研究結果 1404082258 

(ニュース冒頭) _直腸がん__に対する__化学`放射線`療法_への oxaliplatin 追加は_毒性的_で_利益_無し との 再度の_結果_ 1404081754 
『論文類』 _ステージ_4__直腸がん__に対する__放射線`療法_の ケアパターン 14.03.08td 
『論文類』 _ステージ_4__結腸`直腸`がん_に於ける _原発`腫瘍_の_外科的`切除_の_生存__インパクト_ 14.03.08tb 
(ニュース冒頭) がん _治療_のための_腹腔鏡下_結腸`切除術_に於いて、_患者さん_の 肥満は 障害にならない との研究結果 1404031716 
(↑2014年 4月)
『論文類』 _結腸`直腸`がん_に於ける _転移パターンは_組織`サブタイプ_に 強く影響される との研究結果 14.03.02td 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_順次`実施`治療_に於ける AIO / oxaliplatin 後 の _第二線_AIO / irinotecan 14.02.27ta 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対する__切除_ + _術中__ラジオ波`焼灼法_ 14.02.24td 
『 ASCO abstract』 転移性`結腸直腸がんに対する化学療法と併用のbevacizumabの第一、二、三、それ以降ラインでの有効性/毒性 14.02.24tc 
『 ASCO abstract 』 非−切除可能的 / 転移性_結腸`直腸`がん_の_年配 / 虚弱的_患者さん_のための bevacizumab + _修正 RPMI 14.02.24tb 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`腺がん_からの_肝内`転移巣_、及び、_肝外`転移巣_の_転移巣`切除術_ での _生活の質_ 14.02.24ta 

『 ASCO abstract 』 進行期`結腸直腸がんに対し、維持`療法、又は、oxaliplatin と併用使用された raltitrexed の忍容可能性 14.02.23tc 
『 ASCO abstract 』 _未治療の__転移性`結腸直腸がん__に対する__全身的`治療_の_継続的_ 対 _間欠的__実施_の_比較_ 14.02.23tb 
『 ASCO abstract 』 _年齢_80 歳以上の_進行期`結腸直腸がん__患者さん_ での _緩和`化学療法_ 14.02.23ta 
『 ASCO abstract 』 _ステージ_3__結腸がん__に対する__補助`化学療法_としての S-1 の UFT/LV と比較しての_非`劣性_ 14.02.22ta 
『 ASCO abstract』 抗− EGFR モノクロナル抗体_治療−抵抗性 KRAS _野生型_転移性`結腸直腸がん_に対する_Sym004による治療 14.02.21tb 

『 ASCO abstract 』 原発 / 転移性_肝臓_腫瘍に対するコミュニティ病院での イットリウム− 90_治療の_安全性 / _実施`可能性 14.02.21ta 
(ニュース冒頭) NCCN が _結腸`直腸`がん_の 全_ケース_での_リンチ症候群_に関する 検査を 推奨 14.03.15nb 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_転移`パターン_に_組織タイプ_ が _影響_する との研究結果 14.03.13nc 
『 JCO 論文』 局所`進行期_直腸がんに対する_日常`定型的な_放射線`療法_使用_無しでの_術前`補助`化学療法 : パイロット研究 14.02.17tb 
『 ASCO abstract 』 _肝_少数`転移病巣_に対する__体幹部`定位`放射線治療_の_奏効率_、及び、_局所`コントロール`率_ 14.02.15ta 
(↑2014年 3月)

『論文類』 進行期_化学療法`抵抗性_結腸`直腸`がん、及び、MGMT プロモーター メチル化を 有するケース での temozolomide治療 14.02.03td 
(ニュース冒頭) Aveo 社と Astellas 社 が 、 がん_治療薬_tivozanib の_開発_に関する 契約を 終了することを 発表 14.02.18na 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_への bevacizumab 追加の 現実社会 での _インパクト_ 14.01.29ta 
『 ASCO abstract 』 _第一線__結腸`直腸`がん__に対する__標的−ガイド 個別化_化学療法_ 14.01.27te 
『 ASCO abstract 』 KRAS_野生型_転移性`結腸直腸がんに対する_第一線`治療_としての_2 週間に 1 回 cetuximab + mFOLFOX6 14.01.27td 

『 ASCO abstract』 KRAS野生型_転移性`結腸直腸がんに対する_第一線`治療_としての_2 週間に 1 回の_cetuximab + FOLFOX…… 14.01.27tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_治療_に於ける 5-fluorouracil −ベース_レジメン_ での _臨床的`結果状況_…… 14.01.27tb 
『 ASCO abstract 』 KRAS _野生型__転移性`結腸直腸がん__に対する_FOLFIRI + cetuximab 対 FOLFIRI + bevacizumab の_比較 14.01.27ta 
『 ASCO abstract 』 KRAS_野生型転移性結腸直腸がんの第一線治療 EGFR モノクロナル抗体に oxaliplatin は良いパートナーか? 14.01.26tc 
『 ASCO abstract 』 _同時性の_肝臓−限定_転移_のある_結腸`直腸`がん_の_ケース_ での _肝臓−最初_アプローチ_ 14.01.26tb 

『 ASCO abstract』 進行期`結腸直腸がんに対する_毎週 1 回スケジュール の irinotecan / capecitabine : フェーズ_2_研究 14.01.26ta 
(ニュース冒頭) _直腸がん_に於ける _補助`化学療法_の 価値 : 疑問は 未解決 14.02.06nb 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん__に対し、_維持`化学療法_ が _病気`進行_を 遅らせる との研究結果 14.01.28na 
『論文類』 局所`進行期_直腸がん_に対する_術前`補助_bevacizumab / erlotinib / 5-fluorouracil + _外部線源`放射線療法 13.12.29ta 
『 JCO 論文』 fluoropyrimidine −誘発_の_心臓`毒性_を 有する_患者さん_のための raltitrexed による治療 13.12.28te 

『 JCO 論文』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第二線`治療_としての FOLFIRI ± panitumumab 13.12.28td 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_leucovorin / fluorouracil / oxaliplatin + bevacizumab 対 SOX + bevacizumab 13.12.16tb 
(↑2014年 1月)
(ニュース冒頭) _静注__カルシウム_、_マグネシウム_には oxaliplatin に伴う_神経_毒性_の_予防_効果_は無い との研究結果 13.12.27nb 
『論文類』 再発性_進行期_肛門`扁平上皮`がん_に対し、docetaxel / cisplatin / 5-fluorouracil( DCF_レジメン ) が _有望的 13.12.04ta 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_に於ける _間欠的 対 _継続的_erlotinib + _修正_ XELOX レジメン_  13.11.29tb 

(ニュース冒頭) _直腸がん__に対する__部分`切除_ が 米国では 増加中、しかし、 より劣る 結果 13.12.05na 
(↑2013年 12月)
『論文類』 75 歳以上の_ステージ_3__結腸がん_患者さん_ での _補助`化学療法_後 の _遠隔`再発_リスクの_低下_ 13.11.04tc 
『論文類』 同時性の_非−切除可能的_転移を伴う_症状性の_直腸がんでの 手術_に 代わる_緩和的__化学療法 / _放射線`療法 13.11.04tb 
『論文類』 _ステージ_3_粘液性__結腸`直腸`がん_に於ける _補助`化学療法_の_予後_、及び、_価値_ 13.11.03tc 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん__患者さん_の_フォローアップ_の ための_ガイドライン_ が _発表_ 13.11.15na 
(↑2013年 11月)

『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_の_患者さん_に於ける _原発`腫瘍_の位置と bevacizumab_有効性_との 関連性 13.09.30tc 
(ニュース冒頭) _野生型_ KRAS の_転移性`結腸直腸がん__に対し、Vectibix は Erbitux に_より劣らない_ との研究結果 13.10.18nc 
(ニュース冒頭) _腹腔鏡`的__結腸がん_切除_ が _結果状況_を_改善_ 13.10.18nb 
(ニュース冒頭) _年配`患者さん での _転移性`結腸直腸がん__に対し、bevacizumab + capecitabine が _利益的_ 13.10.18na 
(↑2013年 10月)
『論文類』 bevacizumab /化学療法_先行治療`経験`有り 転移性`結腸直腸がんでの 最初の_病気進行_後の bevacizumab / 化学療法 13.09.02tc 

(ニュース冒頭) RAS_遺伝子`変異を 有する_患者さんでは _抗−EGFR_治療_ は 生存を 低下させる との研究結果 13.09.12na 
(↑2013年 9月)
『論文類』 四重_野生型( KRAS 、NRAS、HRAS、 BRAF )_転移性`結腸直腸がん_第一線`治療_としてのFOLFOXIRI + panitumumab 13.08.01ta 
『 JCO 論文』 結腸`直腸`がん_の 2 〜 11 年間 克服者さん での 化学療法−誘発ニューロパシー 及び それの_生活の質との関連 13.07.20ta 
『総説』 ステージ_4_直腸がん_に対する__放射線`療法_→_術前`補助_( bevacizumab / capecitabine / oxaliplatin )→_手術 13.07.16ta 
(↑2013年 8 月)
(ニュース冒頭) アスピリンの_結腸`直腸`がん__予防_効果_ は BRAF_野生型_の_腫瘍_に 限定される との研究結果 13.07.25nd 

『論文類』 KRAS_野生型_転移性`結腸直腸がんの第一線`治療に於ける毎週 1 回、又は、2 週間に 1 回投与 FOLFOX4 / cetuximab 13.07.01tb 
『論文類』 ステージ4_直腸がんに対する_短期コース放射線`療法_→_術前`補助_bevacizumab / capecitabine / oxaliplatin…… 13.07.01ta 
(ニュース冒頭) Neulasta が化学療法/ bevacizumab治療を受ける結腸`直腸`がん患者さんでの発熱性`好中球`減少症を有意に低下 13.07.16nb 
『総説』 _結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対する__全身的`治療_ 13.06.29tb 
(↑2013年 7 月)
症例報告: _進行期_結腸`小細胞`がん_ での _長期的_生存_例 13.06.08ta 

『 JCO 論文』 KRAS _野生型__非−切除可能的__結腸`直腸`がん`肝臓−限定`転移__に対する_cetuximab + _化学療法_による治療 13.06.03ta 
( ASCO ニュース冒頭) 転移性`結腸直腸がんに対する第一線`治療として Erbitux / FOLFIRI が Avastin / FOLFIRI よりも好結果 13.06.20na 
『論文類』 転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_に mCapIri、又は、CapOx_それぞれと bevacizumab の_併用_ が _効果的_ 13.05.30te 
(ニュース冒頭) _進行期__腹部 がん _に対する__腫瘍細胞`減少`手術_ / _温熱`腹腔内`化学療法_からの_利益_ 13.06.15na 
『総説』 _リンチ`症候群_(HNPCC) の_臨床的__管理 のための 改訂_ガイドライン_ 13.05.25ta 

( ASCO ニュース冒頭) oxaliplatin_使用時に _カルシウム_や マグネシウムを 同時に_投与_するのは止めるべき との研究結果 13.06.04nd 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) cetuximab + _化学療法_が_結腸`直腸`がん_、及び、_肝臓`転移_を 有する_患者さん_ での _生存_を_改善_ 13.05.29nb 
『総説』 _結腸`直腸`がん_の_術後_での _治癒的_治療_への チャンス拡大のための、_現行、及び、_現われつつある_監視_戦略_ 13.04.30ta 
(↑2013年 5 月)
『 ASCO abstract 』 cetuximab で_治療`挫折_した_転移性`結腸直腸がん__に対する_panitumumab の _臨床的`利益_ 13.04.08td 
『 ASCO abstract 』 KRAS _野生型__転移性`結腸直腸がん__に対する_panitumumab_単独`治療_の_臨床的`利益`率_ 13.04.08tc 

『 ASCO abstract 』 _播種性_粘液性`虫垂`がん_ での _外科手術_後 の _局所`領域`的__治療_の 比較_分析_ 13.04.08ta 
(ニュース冒頭) _肛門管がん__に対し、_近接`照射`療法_ が _有望的_ 13.04.25na 
『論文類』 オランダの_ステージ_3__結腸がん__年配`患者さん での _治療_、及び、_事態`複雑化、合併症_ 13.04.01tc 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん__患者さん_ での _遠隔`転移_病巣_の_治癒的__切除 後 の FOLFOX_補助`化学療法_ 13.03.29ta 
『 ASCO abstract 』 cetuximab / irinotecan で治療される_転移性`結腸直腸がんの_年配`患者さんでの ECOG、併存`疾患_の_影響 13.03.27td 

『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がんの 重度に先行治療`経験`有り の患者さんでの gemcitabine / S-1 による_救助治療_ 13.03.27tc 
『 ASCO abstract』 _肝臓`転移を伴う_潜在的に_切除`可能的_結腸`直腸`がんに対する_術前`補助`療法_FOLFIRI / bevacizumab 13.03.27tb 
『 ASCO abstract 』 野生型 KRAS 転移性`結腸直腸がん_の_第二線`治療_としての nimotuzumab / irinotecan_用量`逐次増量`研究 13.03.27ta 
『 ASCO abstract 』 bevacizumab_治療_に続く_結腸`直腸`がん`肝臓`転移_ での _病理学的`奏効_の_後ろ向き`方式`分析_ 13.03.26td 
『 ASCO abstract 』 _早期−ステージ__結腸がん_、及び、_転移性`結腸直腸がん_に於ける capecitabine による治療 13.03.26tc 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_bevacizumab による治療 13.03.26tb 
『 ASCO abstract』 _化学療法 挫折_後 の 結腸`直腸`がん_肝臓`転移_に対する_順次`実施_化学療法_《_肝動脈`注入_FOLFOX…… 13.03.25td 
『 ASCO abstract 』 _肝臓−主体_転移性_結腸`直腸_腺がんでの 第一線`化学療法_`挫折_後 の Y−90_放射性_樹脂`微小球_治療_ 13.03.25tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期`結腸直腸がん__に対する__最適な__併用`治療_ : EGFR _阻害_との_相乗効果、_拮抗の_研究_ 13.03.25tb 
『 ASCO abstract 』 結腸`直腸`がん_で_非−切除可能的__肝臓`転移_を 有する_患者さん での _術前`補助_FOLFOX6 / cetuximab 13.03.25ta 

『 ASCO abstract 』 KRAS _野生型_の_転移性`結腸直腸がん__に対する_irinotecan / S-1 + cetuximab : _安全性_レポート_ 13.03.24te 
『 ASCO abstract 』 年配の メディケアの_ステージ_4_結腸がん_患者さん での _第二線、及び、_第三線_化学療法_レジメン_ 13.03.24td 
(ニュース冒頭) cetuximab / _化学療法_により、_結腸`直腸`がん`肝臓`転移_を有する_患者さん_ での _生存_を_改善_ 13.04.09nb 
『 ASCO abstract 』 _結腸がん_の_多重__肝臓`転移__に対する_術前`化学療法_としての FOLFOXIRI レジメン_ + bevacizumab 13.03.24tc 
『 ASCO abstract 』 進行期`結腸直腸がんの_年配患者さんでの 第一線`治療に bevacizumab は含められるべきか? : _観察`研究 13.03.24tb 

『 ASCO abstract 』 _進行期`結腸直腸がん_の_治療_に於ける _遺伝子`組み替え_アデノウィルス_ヒト_p53_遺伝子_ + FOLFOX4  13.03.24ta 
『 ASCO abstract 』 急性_左側`悪性`結腸`閉塞に対する_外科手術への ブリッジとしての _ステント`留置_ : _長期的__結果状況 13.03.22tc 
『 ASCO abstract』 _転移性`結腸直腸がん__患者さん_に於ける _治療`パターン_、と、_転移`箇所_ 13.03.22tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線、_第二線_、_第三線`治療_の_現行の__臨床`実地_ 13.03.21ta 
『 ASCO abstract 』 _第一線__転移性`結腸直腸がん に於ける fluorouracil / leucovorin / irinotecan / bevacizumab_治療_ 13.03.20tb 

『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がん_腹膜`がん腫症の_完了手術 + 全身的_化学療法( 温熱`腹腔内`化学療法_無し )による_治療 13.03.20ta 
『 ASCO abstract 』 _結腸がん_の_肺_、及び、_肝臓_への_転移_への_拡大`肝`切除_の _影響_ 13.03.19td 
『 ASCO abstract』 転移性`結腸直腸がんでの_最先発`実施_戦略としてのFOLFIRI-3 / bevacizumab→capecitabine / bevacizumab 13.03.19tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`化学療法_を受ける_患者さん での _深刻な__有害`事象_ 13.03.19tb 
(ニュース冒頭) 新規な_治療`レジメン( _術前`補助`化学療法_→_放射線`療法_ )が 進行期_直腸がんに_有望的 との研究結果 13.04.02na 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_FOLFIRINOX_レジメン_による_3剤`併用_化学療法_ 13.03.18ta 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん`肝臓`転移_ の _日常`定型的 な__臨床`実地_ での _外科的__切除_ + _周術期`化学療法_ 13.03.17tb 
『 ASCO abstract 』 _原発 / 転移性_直腸がん 同時治療_としての 咬み合い方式 FOLFOX レジメン + 骨盤部_化学`放射線`療法_ 13.03.17ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_に於ける bevacizumab の_有効性、_安全性_ : _プール化`分析_ 13.03.16te 
(↑2013年 4 月)
『 ASCO abstract 』 薬物`溶出`ビーズ_動脈`経由`化学`塞栓`法_による_結腸`直腸`がん`肝臓`転移_の_術前`補助`療法_ 13.03.16td 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_irinotecan / S-1 / bevacizumab : アップデート_分析_ 13.03.16tc 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対する__イットリウム− 90_樹脂_放射性物質`塞栓療法_ 13.03.16tb 
『 ASCO abstract』 BRAF 遺伝子`変異__転移性`結腸直腸がんに対する_第一線`治療としてのFOLFOXIRI レジメン + bevacizumab 13.03.16ta 
『 ASCO abstract 』 _標準的`用量_で_病気`進行_した_結腸`直腸`がん__に対する__高用量_cetuximab / irinotecan による治療 13.03.15te 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_cetuximab / _持続点滴_5-fluorouracil / folinic acid / oxaliplatin 13.03.15td 

『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん__に対する_bevacizumab / XELOX レジメン→_維持`療法_bevacizumab / capecitabine 13.03.15tc 
『 ASCO abstract』 肝臓`限定、又は、非−肝臓`限定の_結腸`直腸`がん転移のあるケース での 化学療法 + cetuximab 13.03.15tb 
『 ASCO abstract』 irinotecan / oxaliplatin / fluoropyrimidine_治療経験有り の_結腸`直腸`がんに対する_ S-1 / cetuximab 13.03.15ta 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がんからの_肝臓`転移のあるケース での 全身的`治療 失敗後 の cetuximab + HAI_投与_化学療法 13.03.13td 
『 ASCO abstract』 _転移性`結腸直腸がんでの oxaliplatin−誘発_血小板`減少症、及び、脾`腫大_発症率へのbevacizumabの_影響 13.03.13tc 

『 ASCO abstract 』 ステージ_4_結腸がんに対する_原発`腫瘍_手術_の 米国に於ける利用と_結果状況 : 人口集団−ベース_研究 13.03.13tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_に於ける _2 週間に 1 回の_cetuximab_維持`療法_ 13.03.13ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_第二線`治療_としての FOLFIRI_レジメン_ ± panitumumab 13.03.11td 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓__転移_だけを有する_患者さん_ での _周術期__化学療法_ + _手術_ 13.03.11tc 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がんと_非−切除可能的_転移_を有する_患者さんでの _原発_腫瘍__切除_の_生存_への_インパクト 13.03.11tb 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がんでの_VELOUR_研究 結果状況への bevacizumab_先行`治療_の_影響_ 13.03.11ta 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がんで以前の bevacizumab/化学療法治療後_病気進行したケースでの bevacizumab /化学療法 13.03.10te 
『 ASCO abstract』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_regorafenib による治療 : _フェーズ_3_CORRECT _フェーズ_3_臨床`試験 13.03.10td 
『 ASCO abstract』 転移性`結腸直腸がんに対する_導入_第一線`化学療法_ / bevacizumab→bevacizumab ± erlotinib_維持`療法 13.03.10tc 
『論文類』 _野生型_ KRAS _局所`進行期__直腸がん__に対する__術前`補助__化学`放射線`療法_ ± panitumumab 13.03.04tc 

(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん_の_年配`患者さんで bevacizumab / capecitabine_併用`治療_ が _効果的_ 13.03.07nb 
(↑2013年 3月)
『論文類』 標準的`化学療法に_治療−抵抗性な_KRAS 野生型__転移性`結腸直腸がん__に対する_panitumumab / irinotecan_治療 13.02.04tb 
(↑2013年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _結腸がん_ での Avastin ( bevacizumab )の 継続的_使用_を_認可_ 13.01.24nd 
『論文類』 _結腸`直腸`がん__患者さん_ での oxaliplatin −誘発__神経_毒性_の_予防_としての Ca/Mg 点滴 : _メタ分析_ 13.01.02td 
『 JCO 論文』 _術前`補助`療法_で_治療_された_ステージ_2_ / 3_直腸がん_ での _術後__補助`化学療法_の_使用_ 12.12.30tb 

『 ASCO abstract 』 _転移性_肛門管_扁平上皮がん_の_治療_に於ける _化学療法_ の _選択_ 12.12.22tc 
(↑2013年 1月)
『 JCO 論文』 _肛門`がん_での RTOG 98-11_臨床試験_の_長期的_アップデート : 化学`放射線`療法_による_生存、_再発_、…… 12.12.09td 
『論文類』 結腸`直腸`がん患者さんでの oxaliplatin( 5-fluorouracil、又は、capecitabine との_併用 )による末梢性神経毒性 12.12.02tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期__膵臓がん_、_メラノーマ_、_結腸`直腸`がん__に対する_trabedersen による治療 12.11.30tc 
(↑2012年 12月)
『論文類』 オランダに於ける _ステージ_3__結腸がん__年配`患者さん での _増加_した_補助`療法__実施_と_改善された__生存_ 12.11.02tb 

(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_ が Zaltrap ( _結腸`直腸`がん__治療用_ )の_認可_を__勧告_ 12.11.17nb 
『論文類』 _局所`進行期__直腸がん_ での _直腸間膜`全摘術《TME》_前の_導入`化学療法_→それに続いての_化学`放射線`療法_ 12.10.19tc 
『論文類』 _非−切除可能的__結腸`直腸`がん`肝臓`転移__に対する__ラジオ波`焼灼法_ + _全身的`治療_ 対 _全身的`治療__単独 12.10.19tb 
『 JCO 論文』 転移性`結腸直腸がん_に対する_5-fluorouracil / leucovorin / irinotecan への aflibercept 追加で_生存が_改善 12.10.15tc 
『 JCO 論文』 _進行期`結腸直腸がん__に対する_第一線`治療_としての_cediranib / mFOLFOX6 対 bevacizumab / mFOLFOX6 比較 12.10.15ta 

(ニュース冒頭) 炭水化物 含有度 の 高い 食餌により、_結腸がん__再発_リスク が 増加する との研究結果 12.11.08na 
(↑2012年 11月)
『 JCO 論文』 _ステージ_2_、及び、_年配_の_結腸がん__患者さん_ での 5-fluorouracil / oxaliplatin による_補助`療法_ 12.09.18td 
(ニュース冒頭) 一部の_結腸がん__に対し、アスピリン が _分子標的`治療`薬_となる可能性あり との研究結果 12.10.24na 
(ニュース冒頭) _Sanofi 社 が 同社の Zaltrap ( _結腸がん__治療薬_ )の_臨床`研究_ が _肯定的である旨 発表 12.10.14na 
(ニュース冒頭) _直腸がん__に対する__術前`補助__放射線`療法_は_短期的でも__長期的_でも_再発率 は 同様 との研究結果 12.10.04nb 
(↑2012年 10月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`結腸直腸がん__治療用_として Stivarga を_認可_ 12.09.28nd 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_cetuximab_再`投与_ : いかにして_獲得`耐性__から離れるか? 12.09.03ta 
(ニュース冒頭) _進行期__結腸`直腸`がん__治療_で、cediranib は bevacizumab よりも優れていない との研究結果 12.09.19nb 
(ニュース冒頭) aflibercept の追加 が _転移性`結腸直腸がん__に対し_有用的_ 12.09.13na 

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_より年配__患者さん_で、_補助`療法_ が _生存`利益_を もたらすことあり との研究結果 12.09.11nb 
(↑2012年 9月)
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん__治療用として、oxaliplatin / capecitabine のほうが_より低い__神経_毒性_の可能性 12.08.18na 
(ニュース冒頭) _米国_で、_結腸`直腸`がん__治療用_として aflibercept を_認可_ 12.08.04nc 
(↑2012年 8月)
(ニュース冒頭) _直腸がん_ の _最も__一般普通的_ な _再発_箇所 は 肺 との研究_データ_ 12.07.11na 
『論文類』 _進行期__結腸`直腸`がん_の_年配__患者さん_で bevacizumab は _同等に__効果的_で、 より_毒性的_ではない 12.06.07tc 

『 JCO 論文』 _局所`進行期__直腸がん__に対する__術前_ 対 _術後__化学`放射線`療法_ : CAO/ARO/AIO-94_臨床試験__結果_ 12.05.30tb 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA は regorafenib ( Onyx-Bayer 社 の _結腸`直腸`がん__治療薬_ )につき 優先審査の見込み 12.06.29nd 
( ASCO ニュース冒頭) _進行期`結腸直腸がん_ での _最初の__病気`進行_後 での Avastin 継続使用 により_生存`期間__伸長_ 12.06.14na 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_からの_がん性`腹膜炎_ での _病気`進行_のケースでも_治癒_の _可能性あり との研究結果 12.06.12na 
『 JCO 論文』 _高リスク_直腸がんに対する_術前`補助_oxaliplatin / capecitabine + _術前__放射線`療法_ ± cetuximab…… 12.05.08ta 

『論文類』 _ステージ_2、3_結腸`直腸`がん_ での capecitabine −関連__手足`症候群_を celecoxib で_予防_可能 12.05.02tb 
(↑2012年 6月)
『論文類』 _ステージ_3__結腸がん__に対する_補助`療法_としての_capecitabine 対 5-fluorouracil / folinic acid_比較_ 12.04.30tc 
『 JCO 論文』 EGFRへのcetuximab / erlotinib使用の_二重_標的 : 化療−抵抗性_進行期`結腸直腸がんでの フェーズ_2__結果 12.04.29tc 
(ニュース冒頭) 運動は_乳がん_、及び、_結腸がん_ での _生存_を _改善_するらしい との研究結果 12.05.09nb 
(ニュース冒頭) _直腸がん__に対する__術前__化学`放射線`療法_ の _使用_について 確認 12.05.05nc 
(↑2012年 5月)

『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_ の 日本人_患者さん_ での cediranib + mFOLFOX6_レジメン_による治療 12.04.01td 
『論文類』 _結腸がん_の_年配__患者さん_ での _個別−調整`用量__戦略_による_補助_capecitabine_化学療法_ 12.04.01tc 
(ニュース冒頭) _高リスク__直腸がん_ での _いくらかの__結果状況_を_補助_cetuximab が _改善_ 12.04.13nc 
新資料:_結腸_腺がん の _治療_ 12.04.10ma 
『論文類』 _虫垂_の__低`分化`型__印環`細胞 _腺がん__に対する__全身的_化学療法_、及び、_外科的__腫瘍`細胞`減少_術 12.03.04tc 

『論文類』 _結腸からの_がん性`腹膜炎__に対する_術中_温熱 対 _術後_正常`温度`腹腔内`化学療法_ : _症例`対照`研究_ 12.03.04tb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が aflibercept ( Regeneron-Sanofi が_結腸`直腸`がん_用に_開発中 )を 優先`審査 認定 12.04.06nc 
(ニュース冒頭) Keryx / Aeternaの perifosine (結腸`直腸`がん、多発性`骨髄腫_治療用に_開発)の 今後に、不確実性 発生 12.04.06nb 
(ニュース冒頭) _Sanofi 社 が 同社の_がん`治療薬_Zaltrap についての状況を発表 12.04.05nf 
(ニュース冒頭) 切除された_ステージ_3_結腸がん_に対し、mFOLFOX6_レジメン_へのcetuximab追加は_利益_無し との研究結果 12.04.04na 
(↑2012年 4月)

(ニュース冒頭) _肝__腫瘍__に対する__放射性物質`塞栓療法_ は _利益的_ 12.03.30na 
《項目追加》 現行治療2 : 結腸`腺がん の 治療 ≫ …… ≫ 抗−新生物`薬_、_アルキル化系`化学療法剤 12.03.30ma 
《項目追加》 現行治療2 : 結腸`腺がん の 治療 ≫ …… ≫ _抗−新生物`薬_、_その他 12.03.27ma 
《項目追加》 現行治療2 : 結腸`腺がん の 治療 ≫ …… ≫ 解毒薬、_葉酸`拮抗薬 12.03.22ma 
《項目追加》 現行治療2 : 結腸`腺がん の 治療 ≫ …… ≫ _抗−新生物`薬_、代謝`拮抗薬_( ピリミジン ) 12.03.19ma 

『総説』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓`転移_ の _治療_ 12.02.16tb 
《項目追加》 現行治療2 : 結腸腺がんの治療 ≫ …… ≫ 治療薬_サマリー 12.03.13ma 
(ニュース冒頭) capecitabine 使用に伴う_手足`症候群__に対する_新しい_選択肢_? 12.03.02na 
(ニュース冒頭) 進行期結腸がんに対する術後化学療法で、oxaliplatin の 5-fluorouracil への追加で わずかに_毒性上昇 12.02.29nb 
(↑2012年 3月)
《項目追加》 現行治療2 : 結腸腺がんの治療_ ≫ …… ≫ _放射線`療法_ 12.02.26mb 

《項目追加》 現行治療2 : 結腸腺がんの治療_ ≫ …… ≫ 生物学`的`治療薬 12.02.22ma 
(ニュース冒頭) _肛門`がん_の_術前`補助`療法_への oxaliplatin 追加 は _利益_ が 少なく、高_毒性_ 12.02.01na 
(↑2012年 2月)
『 ASCO abstract 』 _肛門__扁平上皮がん__に対する_継続的 _50 Gy縮小`照射野_化学`放射線`療法の_円熟到達した__結果状況_ 12.01.12tb 
(ニュース冒頭) _結腸がん_に於ける oxaliplatin による_長期的_生存`利益_ 12.01.28na 
(ニュース冒頭) _結腸がん_に対し、抗−血管内皮成長因子レセプタ《 VEGFR 》 2_阻害薬_ が _臨床的`利益_無し_との研究結果_ 12.01.27na 

(ニュース冒頭) bevacizumab ( Avastin ) は _進行期`結腸直腸がん_で _有用的__との研究結果_ 12.01.27na 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん__に対する_oxaliplatin の_効果_ : 「実社会 での _結果_」 12.01.26na 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん__化学療法_としての oxaliplatin_の 有用性を示す_更なる__証拠_ 12.01.21ne 
(ニュース冒頭) _新規な__薬_ が _転移性`結腸直腸がん_ での _生存_を_改善_ 12.01.19na 
《項目追加》 現行治療2 : 結腸腺がんの治療 ≫ …… ≫ 補助《術後》_化学療法 12.01.12ma 

(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん__に対する__維持`療法_で、enzastaurin は 失敗 12.01.12nc 
(↑2012年 1月)
『論文類』 _結腸`直腸`がん_、及び、_胃がん_ での capecitabine 対 5-fluorouracil の_有効性_比較 : _メタ分析_ 11.12.06ta 
『 ASCO abstract』 _進行期`結腸直腸がん__に対する__集学的__治療_としての_超`根治的`手術_ + 加熱_腹腔内`化学療法 11.11.27tc 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がんの_第一線`治療に於ける bevacizumab + 化学療法_併用`治療 : スロバキア での 経験 11.11.27tb 
『 ASCO abstract 』 _再発性_、又は、_化学療法−_耐性_ の _肝臓__悪性__腫瘍__に対する__肝`動脈`注入__治療_ 11.11.27ta 

『 ASCO abstract 』 非−切除可能的_肝臓転移を伴う結腸`直腸`がん_治療用としての FOLFOX-4 の肝`動脈`注入+全身的_投与 11.11.26td 
『 ASCO abstract 』 _進行期`結腸直腸がん_の_治療_に於ける _遺伝子`組み替え_adeno-viral human p53_遺伝子_ + FOLFOX-4 11.11.26tc 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性__転移性`結腸直腸がん__に対する__肝`動脈`注入_oxaliplatin + LV5FU2 or FOLFIRI  11.11.26tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_で cetuximab により_治療_される_年配__患者さん_ での 皮膚_毒性_の_分析_ 11.11.26ta 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がんの第一線`治療としての XELIRI / cetuximab 対 XELOX / cetuximab の_有効性と安全性 11.11.25tb 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_ での _先行`治療_後 の oxaliplatin / fluoropyrimidine ( FOX )の 再_投与_ 11.11.25ta 
『 ASCO abstract』 重度に先行治療`経験`有り の_進行期`結腸直腸がん_に対する_irinotecan / mitomycin / raltitrexed 11.11.23tb 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がんの非−切除可能的肝臓転移ケースでの術前補助_irinotecan / 5-FU / oxaliplatin / cetuximab 11.11.23ta 
『 ASCO abstract』 転移性`結腸直腸がん_の_化学療法_治療−抵抗性_の_患者さん での bevacizumab / 化学療法_による_救助治療 11.11.22tc 
『 ASCO abstract』 非常に年配の患者さんでの進行期結腸直腸がんのメトロノームcapecitabine / oxaliplatin / bevacizumab治療 11.11.22tb 

《項目追加》 現行治療2 : 結腸腺がんの治療_ ≫ …… ≫ _全身的_化学療法_ 11.12.09ma 
『 JCO 論文』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第二線_、又は、_第三線__治療_としての perifosine / capecitabine_治療_ 11.11.21td 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__化学療法_ / bevacizumab 後 の bevacizumab_維持`治療_ 11.11.21ta 
『 ASCO abstract』 転移性`結腸直腸がんでの 3剤_化学療法 / bevacizumab、二次的_肝臓_手術の KRAS_遺伝子`型_による_有効性 11.11.20ta 
『 ASCO abstract』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_5-fluorouracil / leucovorin / irinotecan / oxaliplatin + cetuximab 11.11.15tc 

『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓`転移__に対する_定位`放射線`治療_ : _結果状況_への_予後`因子_ 11.11.15tb 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓_転移_の FOLFOXIRI / bevacizumab への_組織`病理学`的な_応答 11.11.15ta 
『 ASCO abstract 』 KRAS −変異_転移性`結腸直腸がん_に対する_第二線_以降の ラインとしての sorafenib / irinotecan_治療_ 11.11.14tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_irinotecan / S-1 / bevacizumab 対 修正 FOLFIRI / bevacizumab の比較 11.11.14ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_年配__患者さん_ での _第一線、_第二線_bevacizumab の _有効性_ 11.11.13tb 

『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_の より_年配__患者さん_での_capecitabine / bevacizumab / mitomycin C による治療 11.11.13ta 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_からの_肝臓`転移_は_切除`可能的_であれば_術前__化学療法_は 不要_との研究結果_ 11.12.02na 
(↑2011年 12月)
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__患者さん_ での capecitabine_−誘発_皮膚_毒性_と_治療__有効性_との 関連性 11.11.12tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_capecitabine / oxaliplatin + bevacizumab、及び、imatinib による治療 11.11.12ta 
『 ASCO abstract 』 KRAS 野生型_転移性`結腸直腸がんの_第一線`治療_としての cetuximab q1w 対 q2w + FOLFOX-4_レジメン_ 11.11.11td 

『 ASCO abstract』 先行治療`経験`無しの転移性`結腸直腸がんに対する_bevacizumab/XELOX→bevacizumab/capecitabine_維持治療 11.11.11tc 
『 ASCO abstract 』 KRAS_野生型__転移性`結腸直腸がん_ での _転移_箇所による _化学療法_ + cetuximab の_有効性_ 11.11.07tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線_bevacizumab 後 の panitumumab / FOLFIRI_レジメン_による治療 11.11.07ta 
『 ASCO abstract』 _標準的__化学療法_に 抵抗性 の KRAS_野生型__転移性`結腸直腸がん__に対する_panitumumab / irinotecan 11.11.06tc 
『 ASCO abstract』 _結腸`直腸がん`腹膜`播種_のケースで、_腫瘍細胞`減少`手術 + _腹腔内`化学療法による_治癒_は可能か? 11.11.06tb 

『 ASCO abstract 』 _ステージ_4__結腸`直腸`がん_で_化学療法_で_治療_された_患者さん_ での _外科的__切除_の_役割_ 11.11.06ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第二線−化学療法_としての FOLFIRI_レジメン_対 IRIS_レジメン_ 11.11.05tc 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん__転移_の_切除_後に ワクチン_治療_を受けた_患者さん_ での _生存率_ : _フェーズ_2_ 11.11.05tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__化学療法_ / bevacizumab 後の_維持治療_( bevacizumab ± erlotinib ) 11.11.05ta 
『 ASCO abstract』 直腸間膜`全摘術で治療される進行期直腸がん患者さんでの_化学`放射線`療法_後の_術前`化学療法_ 11.11.02tb 

『 ASCO abstract 』 PRIME からの_最終結果 : _第一線__転移性`結腸直腸がん__に対する_panitumumab / FOLFOX-4 11.11.02ta 
『 ASCO abstract』 重度に_先行治療`経験`有りの_転移性`結腸直腸がん_に対する_PARP_抑制薬_ABT-888 / temozolomide での治療 11.10.30tb 
『 ASCO abstract 』 _野生型_KRAS_転移性`結腸直腸がん__に対する_rilotumumab or ganitumab + panitumumab による治療 11.10.30ta 
《項目追加》 現行治療2 : 結腸`腺がん の 治療 ≫ 背景 11.11.11ma 
(ニュース冒頭) 直腸がん_の 厳密に_選択_された_ケースでは 「経過観察」も_選択肢_の一つ_との研究結果_ 11.11.10ne 

『 ASCO abstract 』 _がん性`腹膜炎_を有する_患者さん_ での _腫瘍細胞`減少`手術_ + _温熱`腹腔内`化学療法_ 11.10.16te 
(↑2011年 11月)
(ニュース冒頭) リンチ_症候群_ での アスピリンによる 化学`予防 を 推奨 11.10.28nb 
(ニュース冒頭) _転移性_結腸`直腸`がん での _生存_を regorafenib が_改善_したため、_臨床試験_を 中止 11.10.27nd 
『 JCO 論文』 _結腸がん__に対する__補助`療法_としての oxaliplatin : NSABP C-07 Trial のアップデート結果 11.10.02ta 
(ニュース冒頭) 局所`進行期_直腸がん_に対する_術前_化学`放射線`療法_で oxaliplatin は 好適な 選択ではない_との研究結果_ 11.10.15na 

(ニュース冒頭) _直腸がん__に対し、capecitabine / _放射線`療法_による_術前__治療_が 好結果との報告 11.10.04nb 
(↑2011年 10月)
『論文類』 結腸`直腸`がん_からの_肝臓_のみ_転移_に対する_周術期_治療_としてのcapecitabine / oxaliplatin / bevacizumab 11.09.04tb 
『 JCO 論文』 劣った_予後`特徴を 伴う_ステージ_2__結腸がん__に対する__補助`化学療法_ 11.08.31tb 
(ニュース冒頭) HPV 《_ヒト・パピローマ・ウィルス》ワクチン が_子宮頸がん_に 加え、 肛門 がん も _予防_の 可能性あり 11.09.15na 
(ニュース冒頭) oxaliplatin を_結腸がん__に対する__補助療法_として確認する_研究結果_ 11.09.13nc 

(ニュース冒頭) 英国 NICE 当局が、_転移性`結腸直腸がん_に対する_bevacizumab、cetuximab、panitumumab の保険使用を拒否 11.09.07na 
(↑2011年 9月)
(ニュース冒頭) _補助`化学療法_ は _ステージ_2__結腸がん_には_利益_を もたらさない_との研究結果_ 11.07.30ne 
『 ASCO abstract』 直腸腫瘍への術前補助_化学`放射線`療法での 2つのレジメンの比較:ボーラス対_持続点滴_5-fluorouracil 11.06.04ta 
(↑2011年 7月)
『 ASCO abstract』 局所`進行期_直腸がんでの oxaliplatin / 5-fluorouracilによる_術前_化学`放射線`療法_→手術、_補助療法 11.05.31tc 
『 ASCO abstract』 放射線`化学療法_ / 手術後 の リンパ節−陽性_直腸がん__に対する_FOLFOX-4 での _術後__補助`化学療法 11.05.31tb 

『 ASCO abstract 』 _局所`進行期__直腸__腺がん__に対する__術前`補助`療法_としての FOLFOX-4 / cetuximab : _フェーズ_2_ 11.05.31ta 
『 ASCO abstract』 irinotecan−含有レジメンで治療挫折後の野生型_KRAS発現の転移性`結腸直腸がんでの_cetuximab/irinotecan 11.05.30ta 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性__転移性`結腸直腸がん__に対する_irinotecan_メトロノーム化学療法_ : _フェーズ_2 11.05.29tc 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がんからの_非−最適に_切除`可能的_肝臓転移のあるケースでの FOLFOX6 / bevacizumabによる治療 11.05.29tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期`結腸直腸がん__に対する_Imprime PGG / cetuximab の_安全性_、_有効性_ 11.05.29ta 

『 ASCO abstract』 劣ったリスクの転移性`結腸直腸がん患者さんでの irinotecan−ベース化学療法有効性の長期的フォローアップ 11.05.28tb 
『 ASCO abstract 』 結腸`直腸`がんの多巣性の_肝臓転移、及び、原発腫瘍に対する治療に於ける mitomycin C による低酸素`灌流 11.05.28ta 
『 ASCO abstract』 結腸`直腸`がんでの_急性_悪性_閉塞_に対する_術前ブリッジとしての_自己`拡張型`金属`ステント 11.05.27tb 
『 ASCO abstract』 _集学的__治療_の時代に於ける 、_転移性_ / _再発性__結腸`直腸`がん__に対する__腫瘍細胞`減少 の _役割 11.05.27ta 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期__直腸がん_( 特に コミュニティー施設の_年配__患者さん_で )の_集学的__治療_の可能性 11.05.26ta 

『 ASCO abstract 』 panitumumab により_治療_される_患者さん_ での _高−グレード_皮膚_発疹_ の リスク : _メタ分析_ 11.05.24tb 
(ニュース冒頭) 開腹 での _結腸`直腸`手術 は _腹腔鏡_手術よりも_静脈`血栓`塞栓`症_のリスクが高い_との研究結果_ 11.06.21nc 
『 ASCO abstract』 FOLFOXにより治療される_再発性/転移性`結腸直腸がん_に於ける ボーラス5-fluorouracilの_臨床的_意味合い 11.05.24ta 
『 ASCO abstract』 _結腸`直腸`がん_肝臓`転移_の 切除_を 受ける_患者さん での 周術期_全身的`化学療法 / _分子標的`治療`薬 11.05.23te 
『 ASCO abstract 』 ステージ3_結腸がん_年配_患者さんでの 補助療法_oxaliplatin、又は、irinotecan −ベース_化療 の比較 11.05.23td 

『 ASCO abstract 』 非−切除可能的_転移性`結腸直腸がん_に対する__第一線_bevacizumab / FOLFOX_治療_ での 高血圧と_生存 11.05.22tc 
『 ASCO abstract』 _低__直腸がん_に対する_dihydropyrimidine dehydrogenase_抑制_性 fluoropyrimidine による_化学`放射線`療法_ 11.05.22tb 
『 JCO 論文』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_としての cetuximab / irinotecan / 5-fluorouracil / leucovorin 11.05.21ta 
( ASCO ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん__に対する__補助`化学療法_の 遅れは 有意に_全体的`生存_ / _病気無し`生存_を低下 11.06.08nd 
( ASCO ニュース冒頭) cetuximab の追加 は _結腸`直腸`がん_ での _生存_を _改善_せず_との研究結果_ 11.06.07ni 

『JCO 論文』 先行治療経験`有り_転移性`結腸直腸腺がんに対する_oxaliplatin/ 5-fluorouracil/ leucovorin±PTK787/ZK 222584 11.05.20tb 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_の_肝臓__転移_、及び、_原発_肝臓_腫瘍__に対する_サイバーナイフ_放射線`手術_ 11.05.17tb 
『 ASCO abstract 』 _潜在的`可能的に_治癒`可能的_な_転移性`結腸直腸がん_に対する__術前・_術後_bevacizumab / _化学療法_ 11.05.17ta 
『 ASCO abstract』 局所`進行期_直腸がん_と_同時性_肝臓_転移_を有する_患者さん での 肝臓−第一アプローチ : _長期的_結果 11.05.16tc 
『 ASCO abstract 』 局所`進行期_直腸がん_に対する_術前補助_capecitabine / irinotecan → capecitabine_化学`放射線`療法_ 11.05.16tb 

『 ASCO abstract 』 irinotecan_未経験__転移性`結腸直腸がん__に対する__第二線`治療_としての panitumumab / irinotecan 11.05.16ta 
『 ASCO abstract 』 KRAS_変異_のある_転移性`結腸直腸がん__に対する_第二線_以降_治療_としての_sorafenib / irinotecan 11.05.15td 
(ニュース冒頭) 直腸がん_に対する_術前_化学`放射線`療法_へのoxaliplatinの追加 は_奏効_を_改善_せず_との研究結果 11.06.03na 
(ASCO ニュース冒頭) 直腸がん_に対する_術前_化学`放射線`療法_へのoxaliplatinの追加 は_奏効_を_改善_せず_との研究結果 11.06.03na 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん_の_治癒的__外科手術_後 の _補助`化学療法_の 遅れは_生存_に影響するか? : _メタ分析 11.05.15tc 

『 ASCO abstract』 _転移性`結腸直腸がん_のcetuximabによる治療に伴う 皮膚_毒性_の K1クリームによる_予防_ 11.05.15tb 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期__直腸がん_ での _術前補助_bevacizumab / capecitabine / _放射線`療法_による治療 11.05.15ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の 中国人_患者さん_ での bevacizumab / _化学療法_の_有効性_と_安全性_ 11.05.13ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_cetuximab −ベース_治療_ での 治療挫折 後 の panitumumab による治療 11.05.12tb 
(↑2011年 6月)
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん__に対する__補助`化学療法_の 計画_治療_完了、及び、タイミングの_生存_へのインパクト 11.05.12ta 

『 ASCO abstract 』 _局所_再発性_、及び、再−_再発性__直腸がん__に対する__集学的__救助《サルベージ》治療_ 11.05.11tb 
『 ASCO abstract 』 ステージ_4_直腸がん_ での 短期_放射線`療法_ + _術前補助__化学療法_→_根治的__切除_ 11.05.11ta 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期__直腸がん__に対する__同時`実施_capecitabine / irinotecan による_術前__化学`放射線`療法 11.05.10tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__先行治療`経験`有り _患者さん_ での cetuximab −ベース_治療_《_非−介入`研究》 11.05.10ta 
(ニュース冒頭) cetuximab が 結腸`直腸`がん での 生存_を_改善_するのは、野生型_KRAS_遺伝子_のケースだけ_との研究結果 11.05.28nb 

『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん__に対する__補助療法_capecitabine の_用量`強度_と_生存__結果状況_の 関連性 11.05.09tc 
『 ASCO abstract 』 66 歳以上の結腸`がん患者さんでの oxaliplatin、又は、irinotecan −ベース_併用療法_対 5-FU /leucovorin 11.05.09tb 
『 ASCO abstract』 アジア、及び、西洋の患者さんでの進行期 / 再発性_結腸`直腸`がん、又は、補助療法 での FOLFOX-4_安全性 11.05.09ta 
『 ASCO abstract 』 75 歳超の_結腸`直腸`がん__患者さん__グループ_ での _補助`化学療法_ : 10 年間の経験 11.05.08td 
『 ASCO abstract 』 _結腸`直腸`がん__に対する__化学療法 / bevacizumab_治療_と_静脈`血栓`塞栓イベント 11.05.08tc 

『 ASCO abstract 』 bevacizumab で_治療_された_転移性`結腸直腸がん の_患者さん_ での _臨床的__結果状況_ 11.05.08tb 
『 ASCO abstract 』 bevacizumab による_第一線`治療_後 の _結腸`直腸`がん_からの_転移_の_切除_ 11.05.08ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_患者さん_ での _投与_bevacizumab −関連_高血圧と_奏効_との 関連性 11.05.07tb 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性_の_転移性`結腸直腸がん_に対する_cetuximab ( 2 週間に 1 回 )+ irinotecan による治療 11.05.07ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_としての panitumumab / FOLFOX-4 対 FOLFOX-4 の比較 11.05.06tb 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_第二線`治療_としての panitumumab / FOLFIRI 対 FOLFIRI だけ の 比較 11.05.06ta 
(ニュース冒頭) _ステージ_3__結腸がん__に対する__化学療法_への Avastin 追加は_結果状況_を_改善_せず_との研究結果_ 11.05.20nc 
『 ASCO abstract』 転移性`結腸直腸がんをcetuximab / irinotecan−ベース_化療で治療_時の_準備`投薬_と点滴−関連_反応`頻度 11.04.30ta 
『 ASCO abstract 』 _切除`可能的__結腸`直腸`がん_肝臓_転移_に対する_肝切除術の前 の _術前補助_irinotecan ビーズ TACE 法 11.04.26tc 
『 ASCO abstract 』 結腸`直腸`がん_肝臓転移_に対する__肝動脈`点滴_への bevacizumab追加 に伴う 予想しない胆管_毒性 増強 11.04.26tb 

『 ASCO abstract 』 結腸`直腸`がん_肝臓_転移_の_第一線`治療_としての_肝動脈`点滴_oxaliplatin + FU / LV + cetuximab 11.04.26ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期`結腸直腸がん_の 日本人_患者さん_ での _第一線`治療_としての FIREFOX_レジメン_ 11.04.24tf 
『 ASCO abstract』 進行期`結腸直腸がん 非−選択_患者さんでの irinotecan/5-fluorouracil/leucovorin/oxaliplatin/cetuximab 11.04.24te 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_で_化学療法_ での _病気`進行_後 の _モノクロナル抗体_変更 11.04.24td 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん での_救助`治療_としての 二重_VEGF_抑制_( sorafenib/bevacizumab ) 11.04.24tc 

『 ASCO abstract 』 現代的_化学療法_で_治療_された_結腸`直腸`がん性`腹膜炎__に対する__外科的__腫瘍細胞`減少`術 11.04.24tb 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_としての panitumumab / FOLFIRI_レジメン_ 11.04.24ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_治療用_としての FOLFOXIRI + bevacizumab 対 FOLFIRI + bevacizumab 11.04.18td 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がんの_治療用_としての_CAPIRI + bevacizumab 対 FOLFIRI + bevacizumab 11.04.18tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がんの_第一線`治療_としての XELIRI/bevacizumab 対 FOLFIRI/bevacizumab 11.04.18tb 

『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_としての cetuximab / XELIRI 対 cetuximab / XELOX 11.04.18ta 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん の_第一線`治療_bevacizumab/oxaliplatin/capecitabine → bevacizumab/erlotinib 11.04.17td 
『 ASCO abstract 』 化学療法_治療−抵抗性_転移性`結腸直腸がん__に対する cetuximab/erlotinib による_EGFR 二重標的_治療 11.04.17tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_としての sunitinib + mFOLFOX6 対 bevacizumab + mFOLFOX6 11.04.17tb 
『 ASCO abstract 』 _第二線_、又は、_第三線__転移性`結腸直腸がん__に対する_perifosine/capecitabine による治療 11.04.17ta 

『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的_ステージ_4_結腸がん_と 同時性_無症状性 原発_腫瘍_併存のケース での mFOLFOX6/bev 11.04.15tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_としての_間欠的 対 継続的 Ox-Fp_レジメン__治療_ 11.04.15ta 
『 ASCO abstract 』 ステージ_3_結腸がんでの_capecitabine/oxaliplatin 対ボーラス 5-fluorouracil/leucovorin_有効性__知見 11.04.13tb 
『 ASCO abstract 』 _局所`進行期__直腸がん__に対する__術前補助_FOLFOX / bevacizumab ( _放射線`療法_無し )_治療_ 11.04.13ta 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _転移性__結腸`直腸`がん_ での _緩和_治療_に levoleucovorin を_認可_ 11.05.04nd 

(ニュース冒頭) _肛門`直腸`メラノーマ__に対し、_外科手術_ + _放射線`療法_ が _効果的_ 11.05.04na 
『 ASCO abstract 』 T3_直腸がん での_短期_コース、と、長期_コース 術前__放射線`療法_ での _局所_再発率の比較 11.04.11tc 
『 ASCO abstract 』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線_cetuximab/_化学療法_ : KRAS、BRAF_遺伝子_変異に関する_分析_ 11.04.11tb 
『 ASCO abstract 』 転移性`結腸直腸がん_での_第一線_XELOX / bevacizumab → XELOX / bevacizumab、又は、単剤_bevacizumab 11.04.11ta 
『 JCO 論文』 ステージ3_結腸がん_に対する_補助療法_としての capecitabine/oxaliplatin 対 5-fluorouracil/folinic acid 11.04.09ta 
(↑2011年 5月)

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の手術後 の _化学療法_実施の 遅れ により、_死亡_リスク が 上昇 11.04.29nd 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_肝臓`転移_の _切除_ は _生存率_を_改善_ 11.04.29nb 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_からの_肝臓__転移__治療用_として_定位`放射線治療_ が 有用 11.04.26na 
『総説冒頭』 _結腸`直腸`がん__治療_ の _最近_ の _進歩 11.03.25ta 
(ニュース冒頭) 新しい_抗−_血管新生_薬_vatalanib が _結腸`直腸`がん_ での _生存_を_改善_しない_との研究結果_ 11.04.16nb 

『 JCO 論文』 _ビスフォスフォネート薬_の使用と _結腸`直腸`がん_リスクの 低下 11.03.19tb 
(ニュース冒頭) _転移性__結腸`直腸`がん_ での GOLFIG _レジメン_の より優れた_結果により、_研究__早期_中止 11.04.07nd 
『JCO 論文』 転移性`結腸直腸がんへの第一線`治療 cetuximab/capecitabine/irinotecan 対 cetuximab/capecitabine/oxaliplatin 11.03.12td 
『 JCO 論文』 MRI 定義_局所`進行期__直腸がん_ での capecitabine / irinotecan 使用の_術前__化学`放射線`療法_ 11.03.12tc 
(↑2011年 4月)
『総説』 _結腸`直腸`がん__治療_に於ける _最近_ の _進歩 11.03.04tf 

『 JCO 論文』 _直腸__腺がん__に対する_thymidylate synthase_遺伝子`型_−指示 _術前補助`化学療法_ 11.02.26te 
『総説』 転移性`結腸直腸がんでの 2種類の_導入化学療法_レジメン_に関する_ランダム化_臨床試験_ : アップデートされた_分析 11.02.22ta 
『総説』 _結腸`直腸`がん_の_化学療法_に於ける _有効性_と_毒性_の 比較`考量 11.02.16tb 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_からの_肝臓__転移_の ある_患者さん_ での _生存_を_ラジオ波`焼灼法_ が _改善_ 11.03.10na 
(ニュース冒頭) _肛門管__扁平上皮がん_は_強度‐変調‐放射線療法《 IMRT 》に より良好に_反応_ 11.03.04na 
(↑2011年 3月)

『総説』 _化学`放射線`療法_に_反応_する_直腸がん_に_局所`切除_ は _効果的_か? 11.02.08ta 
(ニュース冒頭) _直腸がん_では _術前__化学`放射線`療法_ は  必ずしも 全てのケースで 必須的ではない_との研究結果_ 11.02.23na 
『総説』 _結腸`直腸`がん_からの_切除`可能的__肝臓__転移_に於ける 手術−周辺_治療_ の _役割_ 11.02.02ta 
『JCO 論文』 _結腸がん_補助療法 での oxaliplatin−誘発の_感覚性`神経`毒性__に対する_静注__カルシウム/マグネシウム_投与 11.01.31tc 
(ニュース冒頭) _ビスフォスフォネート薬_の使用で_閉経後の_女性 での _結腸`直腸`がん_発症リスクが 低下_との研究結果_ 11.02.18nc 

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_第一線__治療_への cetuximab 追加 は _安全的_で_忍容`可能的 11.02.15na 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_ の _肝臓__転移_に対し、_化学療法_後 の _2 段階`切除_ で プラスの_結果状況_ 11.01.28nb 
(ニュース冒頭) _ビスフォスフォネート薬_使用 が 今度は_結腸`直腸`がん_リスク低減と 関連 11.01.28na 
『総説』 _結腸`直腸`がん__に対する__標準的__化学療法( FOLFOX、FOLFIRI )__誘発の__間質性`肺疾患_ の _臨床的_特徴 10.12.28ta 
(ニュース冒頭) 肛門 がん の_治療_に、IMRT は_従来的な__放射線`療法_と同等に_効果的_で より_低__毒性_ 11.01.20nb 

(ニュース冒頭) _結腸がん_からの_肝臓__転移__に対する__補助療法_としての bevacizumab には_利益_無し_との研究結果_ 11.01.08na 
新資料:_結腸`直腸`がん__治療_の 全体像 11.01.01ma 
(↑2011年 1月)
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ 遺伝子_学 10.12.27ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ _再発性__直腸がん_ 10.12.24ma 
(ニュース冒頭) Gardasil ( 対 HPV ワクチン ) の 肛門 がん _予防_の 新適応 を米国 FDA  が _認可_ 10.12.23na 

《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ ステージ_4 10.12.22ma 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_oxaliplatin/5-fluorouracil/leucovorin/_高用量_capecitabine : _フェーズ_2_ 10.11.10ta 
『総説』 転移性`結腸直腸がん_に対する_さまざまな_化学療法レジメン_とのbevacizumab_併用_ : 有用性と_低__毒性_のバランス 10.11.02tb 
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ _ステージ_3_ 10.12.17mb 
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ _再発性__結腸がん_ 10.12.13mb 

《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ ステージ_4 10.12.13ma 
『 JCO 論文』 _転移性`結腸直腸がん__に対する_第二線`治療_としての_FOLFIRI_レジメン_への panitumumab 追加の 効果 10.10.31td 
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__転移性`結腸直腸がん__に対する_FOLFOX−4_レジメン_への panitumumab 追加の効果 10.10.31tc 
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療_ ≫ …… ≫ ステージ_3 10.12.04ma 
(↑2010年 12月)
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ _分子標的`治療`薬_ 10.11.29mb 

《記述追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ _分子標的`治療`薬 10.11.28mb 
《項目追加》 現行治療1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ 化学療法_の_副作用 10.11.23ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ 化学療法_に使用される_薬_ 10.11.22mc 
《項目追加》 現行治療1 : 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療_ ≫ …… ≫ _化学療法_は何時実施されるのか? 10.11.19ma 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が 肛門 がん _予防_への HPV ワクチン使用を 推奨 10.11.19nb 

《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ 化学療法_は どのように実施されるのか? 10.11.14mb 
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ 放射線`療法_の_副作用 10.11.14ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : _結腸`直腸`がん_の_治療 ≫ …… ≫ _放射線`療法_ の タイプ 10.11.04ma 
『総説』 _結腸`直腸`がん_に於ける _補助療法_ 、及び、 _術前`補助`療法_の タイミングの 意味 10.10.06ta 
(↑2010年 11月)
『 JCO 論文』 _ステージ_3_結腸がん の_再発_や_生存_に、マルチビタミン使用は 関連なし : CALGB 89803 からの_知見_ 10.10.02tc 

(ニュース冒頭) _直腸がん__に対する_手術への_術前`補助`療法_としての_放射線`療法_追加で_再発_率 が 低下 10.10.29nb 
《項目追加》 現行治療1 : _結腸`直腸`がん_ の _治療_ ≫ _放射線`療法_ ≫ 概観 10.10.28ma 
(ニュース冒頭) アスピリン が 結腸がん の_発症`頻度_ 、及び、 _死亡率_を低下させるとの 20 年間_研究 の 結果_ 10.10.28nb 
(ニュース冒頭) _進行期`結腸直腸がん_の_治療_ での cetuximab の追加 は _利益_を 追加しない_との研究結果_ 10.10.21nc 
(ニュース冒頭) 結腸がん の__補助`化学療法_に bevacizumab が 追加するものは あまりない_との研究結果_ 10.10.15nb 

(ニュース冒頭) Vectivix が _転移性`結腸直腸がん_の_病気`進行_を 遅らせる_との研究結果_ 10.10.07nc 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_治療_用として cetuximab と panitumumab が 同等に_効果的_ 10.10.07na 
『総説』 _転移性`結腸直腸がん__患者さん_ での _最適化された_第一線`治療_戦略__に向けて : 専門家_レビュー_ 10.09.14tc 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) Vioxx 《 rofecoxib 》 は _ステージ_2〜3の_結腸`直腸`がん_で_利益_をもたらさない模様 10.09.30nc 
(ニュース冒頭) Avastin が 結腸がん での 術後_投与__研究_で 失敗 10.09.23nb 

(ニュース冒頭) imiquimod が HIV_陽性_男性 での _肛門`上皮内`新生物_を除去 可能との_研究結果_ 10.09.08nb 
『総説』 _高リスク__ステージ_2_、3結腸がん での _併用__治療_ : _現行の__臨床`実地_と 将来の 展望 10.08.17ta 
『論文類』 _結腸`直腸`がん_の_腹腔鏡_手術 は _高リスク__患者さん_でも_開腹`手術_よりも より良好な_結果状況_ 10.08.13tb 
(↑2010年 9月)
『 JCO 論文』 治療−抵抗性_な_肝臓_−限定_転移性_結腸`直腸`がん_に対する_5-fluorouracil / Y90 塞栓法 10.08.08tb 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) _直腸がん_の 男性_患者さん_で、_術前__放射線`療法_ が 性的`機能 に 影響 10.07.24na 

『 JCO 論文』 _転移性`結腸直腸がん_ での _第一線`治療_に於ける capecitabine/bevacizumab/mitomycin 10.07.02tb 
『総説』 _進行期`結腸直腸がん__に対する_bevacizumab + _化学療法_による治療 : _系統的__レビュー_ 10.06.23tb 
(ニュース冒頭) アスピリンを常用している_結腸`直腸`がん__患者さん は _生存期間_が 長いとの_研究結果_ 10.07.01na 
(↑2010年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) 結腸がん _治療 での _補助療法_への cetuximab 追加 は _生存_を_改善_せずとの意外な_研究結果_ 10.06.11nc 
『総説紹介文の存在』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓__転移_の_切除_後 の _補助療法_の_役割_ 10.05.03tg 
(↑2010年 6月)

『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_に対する_panitumumab_治療_の皮膚_毒性__に対する__先制`攻撃`的_皮膚_治療_ 10.03.09td 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が perifosine に_治療−抵抗性__進行期`結腸直腸がん__治療薬_として加速審査を認定 10.04.07na 
(↑2010年 4月)
新資料: ステージ 4_の結腸がん 《 CancerConsultants 資料ご紹介》 10.03.22mb 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の より_年配 の _患者さん_は_補助`化学療法_を受けない傾向が より強いとの報告 10.03.19na 
(ニュース冒頭) 結腸がん からの__肝臓__転移__に対する__ラジオ波`焼灼法_により 3 年間近くの_生存期間_伸長 10.03.18nd 

《項目追加》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん ≫ _治療__改善_への_戦略_ ≫ _副作用_ の _管理 10.03.18mb 
(ニュース冒頭) NCCN_結腸_ がん _ガイドライン_アップデートで BRAF 検査 、及び、 _補助`化学療法_を 記述 10.03.16ne 
『総説』 大腸`閉塞 緩和のための ステント設置 10.02.18ta 
(ニュース冒頭) cediranib 《 AstraZeneca 社 》 が _結腸`直腸`がん_ での _生存__改善_に 失敗との報告 10.03.11nb 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_ での _第一線_bevacizumab + FOLFOX、XELOX、FOLFIRI  、及び、 _フルオロピリミジン_ 10.02.12tb 

『論文類』 _局所`進行期__直腸がん__に対する__同時`実施の__化学`放射線`療法_、_外科手術_、CAPOX_化学療法_ の 実施順序 10.02.09tf 
《途中ファイル 更新》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  ≫ 治療__改善_への_戦略_ ≫ _免疫`療法 10.03.10mb 
『論文類』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓__転移__切除_後 の _全身的`化学療法_と_肝動脈`点滴_交替_治療_ 10.02.09te 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  ≫ _治療__改善__戦略_ ≫ _肝臓_に向けた_治療_ 10.03.07mb 
(ニュース冒頭) 劣ったリスク_直腸がん_に対する__化学`放射線`療法_や_外科手術 の 前 の Xeloda/Eloxatin が _有望的_ 10.03.04nb 

『論文類』 肛門 がん _に対する__放射線`療法_後 の _長期的__生活の質_ 10.02.05te 
(↑2010年 3月)
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.02.28mb 
(ニュース冒頭) _ステージ_3_結腸がん の_補助療法_として XELOX_レジメン_ が 5-fluorouracil / leucovorin よりも優秀 10.02.26nj 
『総説』 _直腸がん__に対する__放射線`療法_ : 現況と 将来の方向性 10.01.30tf 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.02.22ma 

『論文類』 _結腸`直腸`がん_からの _肝臓__転移_の_切除_後 の _若年__患者さん_ での _長期的__結果状況 10.01.29tb 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.02.14mc 
『総説』 _直腸がん__に対する__腹腔鏡_的`_切除_に関するアップデート 10.01.22ta 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.02.08md 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.02.07ma 

『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__持続点滴_5-fluorouracil/irinotecan/bevacizumab による治療 10.01.17td 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.02.02ma 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) 劣ったリスク、_限局期__直腸がん_で _集中的な_化学療法_ が 有用 な 可能性 10.01.29nb 
(ニュース冒頭) _先行治療`経験`有り の__結腸`直腸`がん_ での _結果状況_を Vectivix が _改善_ 10.01.28ni 
(ニュース冒頭) _第一線`治療_としての Vectivix が _転移性`結腸直腸がん_の_病気`進行_を遅らせるとの_研究結果_ 10.01.28nh 

(ニュース冒頭) 結腸`直腸`がん治療で、抗− EGFR 抗体は 一定の KRAS_野生型_患者さんに_利益、しかし、全員でないとの報告 10.01.28na 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.01.23mb 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_ の _年配__患者さん_ での _結果状況_を oxaliplatin が _改善_ 10.01.23na 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.01.20mb 
『論文類』 _結腸`直腸`がん_による_がん性`腹膜炎_ の _外科手術_ + 手術周辺`_腹腔内_化学療法_による治療 09.12.31td 

《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.01.16ma 
『論文類』 _進行期`結腸直腸がん_ での KRAS / BRAF 変異は劣った_予後_を伴うが oxaliplatin や irinotecan からの_利益_あり 09.12.09tc 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.01.05mc 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  10.01.03ma 
(↑2010年 1月)
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  09.12.29ma 

『総説』 _結腸`直腸`がん__患者さん_ での bevacizumab −関連の_毒性_ の _管理_ 09.11.29tc 
『論文類』 _非−切除可能的_ の _転移性`結腸直腸がん_ での _化学療法_中止 は 可能か? : GERCOR OPTIMOX2 Study 09.11.27td 
『論文類』 結腸`直腸`がんの 肝臓_転移_の_完全`切除_後の_補助療法_としての 5-fluorouracil/folinic acid 対 FOLFIRI 比較 09.11.25td 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_4 : _ステージ IV_の 結腸がん  09.12.23ma 
(−結果ニュース) _早期__ステージ_結腸がん での _標準的__化学療法_への cetuximab 追加 は _利益_無しとの結果 09.12.03nc 
(↑2009年 12月)

『総説紹介文』 _直腸がん__に対する__術前`補助`療法_の 将来の方向性 : _病理学的`完全奏効率_の最大化 09.11.03th 
『論文類』 _直腸がん__に対する__拡大`リンパ節`郭清術_と 伝統的な_手術 の 比較 : _メタ分析_比較 09.11.03tb 
(ニュース冒頭) 英国 NICE 《費用効果`判定`当局》 が sorafenib と bevacizumab について拒否 09.11.25nb 
『論文類』 _直腸がん__に対する__術前__集学的__治療_ が _病気無し`生存_を _改善_ : NSABP R-03 09.10.30te 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_に対する_第一線`治療_としての bevacizumab + FOLFOX、XELOX、FOLFIRI、fluoropyrimidine 09.10.29ta 

『論文類』 _重度に__先行治療`経験`有り の__転移性`結腸直腸がん__に対する 救助_多剤 _投与時間`調節_肝動脈`点滴_化学療法_ 09.10.21tb 
(↑2009年 11月)
『論文類』 oxaliplatin−、irinotecan−、cetuximab−治療−抵抗性_結腸`直腸`がんに対する_bevacizumab/de Gramont 5−FU 09.10.07tb 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`化学療法_としての capecitabine / irinotecan_( 2 週間に 1 回_投与_) 09.10.03tc 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_で_第一線`化学療法_ + bevacizumab で_治療_された_患者さん_ での 治癒意図 _外科手術_ 09.10.03tb 
『総説紹介文』 _年配_の_虚弱的な患者さん_ での _手術`可能的_ 、及び、 _進行期__結腸`直腸`がん__に対する__化学療法_ 09.09.28tb 

(ニュース冒頭) _抗_− EGFR_薬_ は KRAS_遺伝子`変異_を持つ_結腸`直腸`がん__患者さん_には有害との_研究結果_ 09.10.10na 
『総説』 _結腸`直腸`がん_からの_肝臓__転移__に対する__現行の__管理_ 09.09.18tb 
(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん_ での _初回`治療_後 の _進行無し`生存_を Vectivix + _化学療法_ が 改善 09.10.02nb 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _結腸`直腸`がん_での 5-fluorouracil −化学療法_での 口腔粘膜炎 _予防_へのヒト ITF_口腔スプレー__投与 09.09.09td 
症例報告: 転移性_大腸_腺がん_に伴う 重症の_肝臓_機能不全 の 患者さん での oxaliplatin / 5-fluorouracil による_治療_ 09.09.06tb 
(↑2009年 9月)

『論文類』 _結腸`直腸`がん_の手術後の_ がん`特定的`生存 、及び、 _非− がん−関連`生存_への 若年齢のインパクト 09.08.15tb 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_ で _アルカリ`フォスファターゼ_高値の_患者さん_ での FOLFOX_レジメン_による_治療_ 09.08.15ta 
(ニュース冒頭) _直腸がん_ での _腹腔鏡`手術_対 _開腹`手術_ : 同様な_結果 09.08.27na 
(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん_ での _進行無し`生存_を_第二線−化学療法_への Vectivix 追加 が 改善 09.08.25na 
『論文類』 _直腸がん_ での _腹腔鏡手術_対 開腹手術 : _長期的_な_腫瘍_学的_結果 09.08.06tc 

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_からの 肺_転移_の_切除_により、_長期的__生存_ 09.08.22na 
(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん_ : 手術は 必要か? 09.08.21nd 
『論文類』 転移性`結腸直腸がん_での 第一線`化学療法_としての simvastatin + FOLFIRI_レジメン : 多施設__Phase II_研究 09.08.03tb 
『総説紹介文』 _転移性`結腸直腸がん_ で _肝臓_外 _転移_のあるケース での _肝臓__切除_ 09.07.31te 
(ニュース冒頭) _転移性`結腸直腸がん_ での _進行無し`生存_を_第一線`化学療法_への Vectivix 追加が 改善 09.08.13nb 

(ニュース冒頭) アスピリンを 服用する_結腸`直腸`がん__患者さん_は より_長期間 _生存_するとの研究結果 09.08.12na 
『論文類』 腹膜`面`疾患と_肝臓_転移_を有する_結腸`直腸`がん_での 腫瘍細胞`減少`手術と_腹腔内`高温`化学療法での_結果状況 09.07.22td 
『論文類』 結腸`直腸`がん_からの_非−切除可能的_肝臓_転移 での 肝動脈`点滴/系統的__化学療法_での 切除_可能への転換 09.07.17tc 
(↑2009年 8月)
『論文類』 同時性ステージ IV_結腸`直腸`がんでの 初回`治療として外科手術_無しでの 併用_化学療法_での 原発_腫瘍__結果状況 09.07.10te 
(ニュース冒頭) 米国 での 上皮成長因子レセプタ抑制薬の ラベリングに KRAS_遺伝子_変異についての記述を追加 09.07.24nc 

未達結果論文』ステージ III_結腸 がん の_補助療法_としての_2 週間 1 回_5-fluorouracil + leucovorinへのirinotecan追加 09.07.02tc 
『論文類』ステージ II、IIIの結腸がん での 補助療法_としてのoxaliplatin + 5-fluorouracil + leucovorinによる_生存改善 09.07.02tb 
直腸がん での __術前補助_bevacizumab + _放射線`療法_ + 5-fluorouracil による治療 : _集学的_Phase II 研究(論文・報告)09.06.22tf 
(−結果ニュース)_転移性`結腸直腸がん_ で FOLFIRI_レジメン_への Sutent 追加に_利益_見られず 09.07.02nb 
(↑2009年 7月)
_先行_5-fluorouracil_治療経験ありの進行期`結腸直腸がん での irinotecan 対 FOLFOX4 比較(論文・報告)09.06.10tf 

_転移性`結腸直腸がん_の_年配_患者さん_での 第一線`治療_irinotecan / fluoropyrimidine(論文・報告)09.06.09ta 
転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_としての oxaliplatin + irinotecan + capecitabine(論文・報告)09.06.01tb 
(総紹)_進行期`結腸直腸がん_ での _治療_ : 何を、何時、どのように?(総説紹介文)09.06.01ta 
『総』 _転移性`結腸直腸がん__治療_用 の _分子標的`治療__薬_による_化学療法_(総説)09.05.25tb 
oxaliplatin 先行治療`経験`有り _転移性`結腸直腸がん_ の irinotecan−ベース_化学療法_(論文・報告)09.05.24td 

(総紹)_結腸`直腸`がん_肝臓_転移_での 外科手術 + 化学療法_、分子標的`治療_の_役割(総説紹介文)09.05.24ta 
( N 冒頭)_ASCO 2009 : 上皮成長因子レセプタ`抑制薬の皮膚毒性_を_予防レジメン_が半減 09.06.04nc 
(ニュース冒頭)_早期__結腸`直腸`がん_ での Avastin_補助療法_には_利益_なし 09.06.02nf 
( N 冒頭)_ASCO 2009 : _進行期`結腸直腸がん_ での _第一線`_外科手術_は不要なことあり 09.06.02nd 
(↑2009年 6月)
_capecitabine メトロノーム化学療法_から_利益_を得る がん _患者さん_状況設定__広範化へ(論文・報告)09.05.07ta 

直腸がんでの 術前`補助`療法《capecitabine +oxaliplatin +放射線`療法》:_Phase II研究(論文・報告)09.05.04tc 
_転移性`結腸直腸がん_ での oxaliplatin + S-1 による_治療_(論文・報告)09.05.04tb 
_結腸`直腸`がんの_肝臓_転移_ の Y90 微小球 による_放射性物質`塞栓療法_(論文・報告)09.04.21tc 
_転移性`結腸直腸がん_の_患者さん_ での _結果状況_への_活動ステータス_の影響(論文・報告)09.04.17tc 
(−結果)ステージ III_結腸がんで fluorouracil_への edrecolomab 追加は_全体`生存_非改善(論文・報告)09.04.17tb 
(↑2009年 5月)

(総紹)_年配__患者さん_ での _結腸`直腸`がん_の_化学療法_ : 誰に 何を?(総説紹介文)09.04.12tc 
当初_結腸`直腸`がん_の_非−切除可能的_肝臓転移_を有す_患者さん_で治癒の可能性は有るか?(論文・報告)09.04.11tb 
(ニュース冒頭)_結腸_ がん に対するエストロゲン_ホルモン療法_による_予防_効果の報告 09.04.25nd 
(−結果ニュース)_早期__結腸_ がん の_補助療法_で Avastin による_利益_示されず 09.04.24nc 
_転移性`結腸直腸がん_に対する_初回`治療_としての cetuximab + _化学療法_(論文・報告)09.04.07tb 

(総紹)リンチ症候群の_患者さん_ での _結腸_外_腫瘍_の_管理_(総説紹介文)09.04.05ta 
cetuximab_過敏症`反応_を起こした_転移性`結腸直腸がん_患者さん での panitumumab_再投与_(論文・報告)09.03.30ta 
(未達) 高リスク_結腸_ がん の_補助療法_ での LV5FU2_レジメン_への irinotecan 追加(論文・報告)09.03.27tg 
_転移性`結腸直腸がん_ での panitumumab_単剤`治療_ での _有効性_と皮膚_毒性_との関連(論文・報告)09.03.21td 
『総』 _年配_の _結腸`直腸`がん__患者さん_ : SIOG 専門家推奨(総説)09.03.17ta 

(総紹) capecitabine の薬理学、及び、_治療__有効性_:_乳がん、_結腸`直腸`がん_に焦点(総説紹介文)09.03.14ta 
(↑2009年 4月)
(総紹)_結腸_ がん での _補助療法_ : 現在、と、展望(総説紹介文)09.03.12tb 
(総紹)_結腸`直腸`がん_からの_肝臓_転移_切除_での 化学療法_に伴う_肝臓_毒性_の_管理(総説紹介文)09.03.04tf 
(総紹)結腸`直腸`がん_での KRAS_遺伝子_変異と上皮成長因子レセプタ抑制薬 感受性の関連(総説紹介文)09.03.01te 
(ニュース冒頭)術前_放射線`療法_ が _直腸_ がん での _再発_を 低下 09.03.14na 

(ニュース冒頭)_術前`補助`療法_としての_放射線`療法_ が _直腸_ がん _再発_を低下 09.03.10na 
_結腸がん_ での _補助療法_による 治癒の証拠 : データベースからの_分析_(論文・報告)09.02.20tc 
『総』 _結腸`直腸`がん_の_治療_に於いて、celecoxib は_役割_を持つか?(総説)09.02.19ta 
_転移性`結腸直腸がん_ での FUIRI_レジメン_、と、FOLFIRI_レジメン_の比較(論文・報告)09.02.16tb 
_転移性`結腸直腸がんで 2 種の_第一線治療 5-fluorouracil_レジメン_への oxaliplatin 追加(論文・報告)09.02.16ta 
(↑2009年 3月)

( N 冒頭)_直腸_ がん での _生存_ が _術前`補助`_放射線_療法_への_奏効_で改善 09.02.26na 
(未達) _転移性`結腸直腸がん_ での _化学療法_ + bevacizumab + cetuximab による_治療(論文・報告)09.02.09ta 
_結腸`直腸`がん由来 がん性`腹膜炎での _完全_腫瘍細胞`減少`手術_ + IPHC(論文・報告)09.02.07te 
(未達) 転移性`結腸直腸がん_での_化学療法_ + bevacizumab への panitumumab 追加の効果(論文・報告)09.02.07td 
_転移性`結腸直腸がん_の_第一線治療 としての FOLFOX-4 ± cetuximab による_治療_(論文・報告)09.02.07tc 

『総』 _転移性`結腸直腸がん_での 抗−上皮成長因子レセプタ単剤治療 :我々は 今どこに?(総説)09.02.03tg 
_転移性`結腸直腸がん_ での bevacizumab の臨床的_利益_ は K-ras 変異の有無に無関係(論文・報告)09.02.03tb 
『副』_進行期−結腸直腸がん_ での oxaliplatin + fluoropymidine ± cetuximab の毒性比較( 副作用 )09.02.01tb 
(総紹)年配の_結腸`直腸`がん_の_患者さん_の治療 : SIOG 専門家 推奨(総説紹介文)09.01.26ta 
『総』 結腸直腸がん での 上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》抑制薬の役割 : ASCO からの報告(総説)09.01.24ta 

( N 冒頭) Oncolytics 社 が _結腸`直腸`がん_肝臓転移 での REOLYSIN_臨床試験_開始へ 09.02.03na 
(↑2009年 2月)
転移性`結腸直腸がん_での 5-fluorouracil−化学療法への bevacizumab 追加:年配患者さんで(論文・報告)09.01.11ta 
( N 冒頭)進行期−結腸直腸がん_第一線治療 で 全体的`生存_で XELOX が FOLFOX-4 と同等 09.01.21nb 
(ニュース冒頭)結腸直腸がん での panitumumab 治療 での 皮膚毒性を先制`治療 が 緩和 09.01.21na 
症例: 転移性の結腸直腸がん で capecitabine 単剤 での 緩和‐第三線治療 での 完全奏効(症例報告)08.12.29td 

転移性の結腸直腸がん での 2 週間に 1 回の irinotecan + UFT + leucovorin による治療(論文・報告)08.12.28td 
(総紹)結腸直腸がん での _腹膜‐微小‐残存‐病変 : メカニズム、予防、治療(総説紹介文)08.12.27td 
結腸がん での 腹腔鏡的‐手術 対 開腹手術後の生存比較 : ランダム化 臨床試験の長期結果(論文・報告)08.12.27tb 
『総』 腹腔鏡的‐結腸‐切除術 : 習得されたレッスン、及び、将来の見込み(総説)08.12.26tf 
(総紹)転移性の結腸直腸がん の 緩和治療に於ける間欠的‐治療(総説紹介文)08.12.26ta 

『総』 腫瘍学 での NCCN 臨床実地ガイドライン シンポ : 結腸直腸がん(総説)08.12.20tc 
転移性結腸直腸がん での oxaliplatin + capecitabine 対 持続点滴 5-fluorouracil + …(論文・報告)08.12.19ta 
進行期/転移性の結腸直腸がん の第一線治療 cetuximab + capecitabine + irinotecan(論文・報告)08.12.18tb 
『総』 結腸直腸がん の 患者さん での oxaliplatin へのアレルギー反応の管理(総説)08.12.14tb 
(↑2009年 1 月)
進行期の結腸直腸がん での oxaliplatin + irinotecan併用レジメン《複数》の 5年後データ(論文・報告)08.12.10tb 

症例: 直腸がん の 妊娠中の患者さん への oxaliplatin 投与例(症例報告)08.12.05ta 
(ニュース冒頭)結腸直腸がん での Vectivix 使用制限をメーカーが FDA に要請 08.12.23na 
irinotecan で病気進行した転移性の結腸直腸がん での cetuximab + irinotecan による治療(論文・報告)08.11.21te 
転移性の結腸直腸がん での 最初の病気の進行を超えての bevacizumab で全体的生存期間伸長(論文・報告)08.11.21td 
(総紹)腹腔内‐高温‐化学療法 : 腹膜‐表面がん の治療のための進歩しつつある枠組み(総説紹介文)08.11.16tf 

結腸直腸がん から肝臓、及び、腹膜への転移 : 外科的な枠組み《複数》の比較(論文・報告)08.11.16te 
(↑2008年 12 月)
『副』結腸直腸がん からの肝臓転移の手術前の bevacizumab 投与は術後合併症を増加せず( 副作用 )08.11.09tb 
(未達) 転移性の結腸直腸がん での gefitinib + FOLFIRI 対 FOLFIRI だけ の 比較(論文・報告)08.10.27tf 
(総紹)無症状性で 同時性 非切除可能的な転移を有する結腸直腸がん 患者さんの管理(総説紹介文)08.10.27ta 
『総』 転移性の結腸直腸がん に対する化学療法 での 革新 : 最近の臨床試験のアップデート(総説)08.10.24te 

『総』 結腸直腸がん からの肝臓転移に対する化学療法(総説)08.10.24td 
進行期の結腸直腸がん での cetuximab からの利益、と、K-ras 遺伝子変異との関連性(論文・報告)08.10.24tc 
新資料:肛門がん の 治療 : 治療の全体像 08.11.12ca 
《 連載 #11=完 》 肛門がん の 治療 08.11.10cb 
(ニュース冒頭)非−切除可能的 な 結腸直腸がんを集学的な治療で治癒可能なことあり 08.11.13na 

『総』 結腸直腸がん からの潜在的に切除可能的な肝臓転移への最適なアプローチ(総説)08.10.21ta 
《 連載 #10 》 肛門がん の 治療 08.11.10ca 
《 連載 #9 》 肛門がん の 治療 08.11.07cc 
《 連載 #8 》 肛門がん の 治療 08.11.07cb 
《 連載 #7 》 肛門がん の 治療 08.11.07ca 

結腸直腸がん からの転移の潜在的に治癒的な切除の後の 補助化学療法 : プール化分析(論文・報告)08.10.19ta 
《 連載 #6 》 肛門がん の 治療 08.11.04cb 
『総』 転移性の結腸直腸がん での cetuximab 治療の最適化への新規戦略のアップデート(総説)08.10.18tc 
《 連載 #5 》 肛門がん の 治療 08.11.04ca 
《 連載 #4 》 肛門がん の 治療 08.11.01cb 

(ニュース冒頭) Spectrum 社 が 結腸直腸がん での Fusilev 使用で追補 NDA を申請 08.11.04nf 
《 連載 #3 》 肛門がん の 治療 08.11.01ca 
《 連載 #2 》 肛門がん の 治療 08.10.29cb 
(↑2008年 11 月)
《 連載 #1 》 肛門がん の 治療 08.10.29ca 
( N 冒頭)結腸直腸がん で panitumumab は野生種 KRAS タイプのものにだけ有効との報告 08.10.30na 

転移性の結腸直腸がん での 第二線治療としての XELOX レジメン対 FOLFOX-4 レジメンの比較(論文・報告)08.10.10td 
転移性の結腸直腸がん での 化学療法レジメンへの bevacizumab 追加の生活の質面 での 影響(論文・報告)08.10.06td 
転移性の結腸直腸がん での フルオロピリミジン後の第二線治療 oxaliplatin + irinotecan(論文・報告)08.09.30ta 
新資料:結腸直腸がん の 治療 08.10.14cc 
転移性の結腸直腸がん での 第二線治療としての XELOX レジメン対 FOLFOX − 4 レジメン(論文・報告)08.09.26te 

《 連載 #22=完 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.13cc 
《 連載 #21 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.13cb 
《 連載 #20 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.13ca 
《 連載 #19 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.09cc 
《 連載 #18 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.09cb 

《 連載 #17 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.09ca 
《 連載 #16 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.08ca 
《 連載 #15 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.01cd 
(ニュース冒頭)結腸直腸がん から腹膜への転移の手術 は 選択肢の一つ との報告 08.10.08nb 
(総紹)転移性 結腸直腸がん での 抗− EGFR モノクロナル抗体 : 個別アプローチの時期?(総説紹介文)08.09.15td 

《 連載 #14 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.01cc 
《 連載 #13 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.01cb 
《 連載 #12 》 結腸直腸がん の 治療 08.10.01ca 
年配患者さん での 転移性の結腸直腸がん の第一線治療としての FOLFIRI 1 レジメン治療(論文・報告)08.09.14ta 
《 連載 #11 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.24ca 
(↑2008年 10 月)

《 連載 #10 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.23ce 
結腸直腸がん に対する腹腔鏡手術 での 長期的な結果状況 : ランダム化 臨床試験のレビュー(論文・報告)08.09.11tf 
《 連載 #9 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.23cd 
《 連載 #8 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.23cc 
直腸がん での UFT 《 tegafur-uracil 》による治療(論文・報告)08.09.11tb 

『総』 結腸がん に対する腹腔鏡 補助下 手術 対 開腹手術 : 結果は違うのか?(総説)08.09.11ta 
《 連載 #7 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.23cb 
《 連載 #6 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.23ca 
《 連載 #5 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.14cd 
転移性の結腸直腸がん での 1 日 2 回投与 での UFT + leucovorin : Phase II 研究(論文・報告)08.08.31tb 

《 連載 #4 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.14cc 
( N 冒頭) Pro-Pharmaceuticals 社 が 進行期の結腸直腸がん治療用 Davanat の認可申請 08.09.16ni 
《 連載 #3 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.14cb 
《 連載 #2 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.14ca 
《 連載 #1 》 結腸直腸がん の 治療 08.09.08ce 

(ニュース冒頭)直腸がん の肝臓転移の切除後、骨盤部 再発が多い との報告 08.09.06na 
(総紹)転移性の結腸直腸がん での 第一線治療、間欠的 緩和化学療法 での cetuximab(総説紹介文)08.08.16tc 
(総紹)結腸直腸がん の 管理に於ける oxaliplatin −ベースの化学療法(総説紹介文)08.08.16tb 
(↑2008年 9月)
新資料:結腸直腸がん の 治療《eMedicine》 08.08.27ca 
《 連載 #6=完 》 結腸直腸がん の 治療( eMedicine 資料紹介) 08.08.26cc 

転移性の結腸直腸がん での UFT + leucovorin + 交代投与 irinotecan + oxaliplatin(論文・報告)08.08.12ta 
《 連載 #5 》 結腸直腸がん の 治療( eMedicine 資料紹介) 08.08.26cb 
結腸直腸がん、と、切除不可能な肝臓転移のあるケースでは外科手術を受けるべきか?(論文・報告)08.08.09ta 
《 連載 #4 》 結腸直腸がん の 治療( eMedicine 資料紹介) 08.08.26ca 
《 連載 #3 》 結腸直腸がん の 治療( eMedicine 資料紹介) 08.08.20cc 

未治療の進行期の結腸直腸がん での cetuximab + FUFOX レジメンによる治療(論文・報告)08.08.06td 
(ニュース冒頭)結腸直腸がん での Vectivix 治療 での 皮膚反応を早期 皮膚治療が軽減 08.08.23nc 
直腸がん での UFT (tegafur−uracil)(論文・報告)08.08.05te 
先行 化学療法後に進行の進行期 結腸直腸がん での 2 週間ごとの cetuximab + irinotecan(論文・報告)08.08.05tc 
結腸直腸がん の 年配克服者さん で 補助療法 は 生活の質を変化させず(論文・報告)08.08.04tg 

《 連載 #2 》 結腸直腸がん の 治療( eMedicine 資料紹介) 08.08.20cb 
《 連載 #1 》 結腸直腸がん の 治療( eMedicine 資料紹介) 08.08.19ca 
切除不可能な 直腸がん での 術前 放射線療法、と、術前 化学放射線療法との比較(論文・報告)08.08.02ta 
結腸直腸がん の肝臓転移とリンパ節 拡大の あるケース での 化学療法後の肝臓切除の意味(論文・報告)08.08.01td 
『総』 2008 年度の ASCO 年次会議 : 結腸直腸がん での EGFR 抑制薬の進歩する役割(総説)08.08.01tc 

転移性の結腸直腸がん での 第一線治療としての oxaliplatin + フルオロピリミジン(論文・報告)08.07.19tf 
『総』 結腸直腸がん の 補助療法の状況設定に於ける 治療の進歩(総説)08.07.19tc 
『総』 結腸直腸がん の 治療 での 毒性最小化による治療最適化(総説)08.07.19tb 
(↑2008年 8月)
『副』大腸がん で 5-fluorouracil + leucovorin の後に capecitabine 投与時の重症毒性( 副作用 )08.07.09tc 
(ニュース冒頭)結腸がん の治療には、開腹手術よりも腹腔鏡的手術のほうが効果的との報告 08.07.26nc 

劣った予後の肛門管がん での 導入治療(論文・報告)08.07.03tc 
『専』結腸直腸がん の 分子標的治療に関する現れつつあるデータ :専門家インタビュー(総説)08.07.01td 
転移性の結腸直腸がん での 第一線治療 XELOX レジメンへの cetuximab 追加の効果(論文・報告)08.06.27th 
結腸直腸がん からの脳転移に対する集学的な管理 : 後ろ向き方式での研究(論文・報告)08.06.26ta 
(−結果ニュース)結腸直腸がん で Erbitux + Avastin 併用が効果的でないとの報告 08.07.08nb 

(ニュース冒頭)結腸直腸がん での 生存期間を Avastin が 伸長 08.07.01nb 
(↑2008年 7月)
転移性の結腸直腸がん での 第二線治療としての投与時間調節 capecitabine + oxaliplatin(論文・報告)08.06.02tc 
進行期の結腸直腸がん での irinotecan + oxaliplatin + 5-fluorouracil 挫折後の CetIri(論文・報告)08.06.02tb 
(総紹)肝臓転移を伴う結腸直腸がん での 術前補助療法の進歩(総説紹介文)08.05.27ta 
(総紹)転移性の結腸直腸がん での bevacizumab + oxaliplatin −ベースの化学療法(総説紹介文)08.05.25ta 

(未達) 転移性の結腸直腸がん での lomeguatrib + temozolomide による治療(論文・報告)08.05.23tb 
(↑2008年 6月)
( N 冒頭) Sanofi-aventis 社 が oxaliplatin 注射の処方情報に 6 年間生存データを追加 08.05.30nb 
切除困難な肝臓転移のある結腸直腸がん での 5-fluorouracil + irinotecan + oxaliplatin(論文・報告)08.05.14tb 
(−結果) 再発性、又は、治療抵抗性の結腸直腸がん での bortezomib 《± irinotecan 》(論文・報告)08.05.11td 
転移性の結腸直腸がん での フルオロピリミジン + oxaliplatin 挫折後の cetuximab + …(論文・報告)08.05.11tc 

『総』 年配の結腸直腸がん の 患者さん での 化学療法(総説)08.05.07ta 
転移性の結腸直腸がん での irinotecan との併用 での 5-fluorouracil 含有 2 レジメンの比較(論文・報告)08.05.05td 
(総紹)転移性の結腸直腸がん での 全身的治療(総説紹介文)08.04.29te 
(総紹)ステージ II、及び、ステージ III の結腸がん での 補助療法の進歩と挑戦課題(総説紹介文)08.04.26td 
(総紹)肛門直腸がん での 強度変調放射線療法《 IMRT 》の現れつつある役割(総説紹介文)08.04.26tb 

(総紹)結腸直腸がん の 患者さん での リンチ症候群(総説紹介文)08.04.26ta 
(総紹)ステージ III の結腸がん での 補助化学療法の再定義 : X-ACT trial(総説紹介文)08.04.25tg 
(ニュース冒頭)結腸直腸がん の切除不可能な肝臓転移例 で 腸腫瘍の切除 が 結果状況改善 08.05.08nb 
転移性の結腸直腸がん での 第一線治療の oxaliplatin ベース化学療法への bevacizumab 追加(論文・報告)08.04.20ta 
転移性の結腸直腸がん での 第一線治療としての XELOX レジメンと FOLFOX-4 レジメンの比較(論文・報告)08.04.19tb 

(総紹)結腸直腸がん の 治療 での cetuximab + oxaliplatin −ベースの化学療法(総説紹介文)08.04.16ta 
(↑2008年 5月)
(未達)局所進行期・転移性の結腸直腸がんで pemetrexed + irinotecan 《 FOLFIRI 比較 》(論文・報告)08.04.10ti 
(ニュース冒頭)肛門管がん 治療 での mitomycin を cisplatin で置換不可との報告 08.04.23nc 
局所進行期の非切除可能な直腸がん での irinotecan + 5-fluorouracil + 術前 放射線療法(論文・報告)08.04.06th 
局所進行期の直腸がん での 術前 骨盤放射線療法の前・同時の capecitabine + oxaliplatin(論文・報告)08.04.06tg 

(ニュース冒頭)局所進行期の直腸がん で 術前補助の bevacizumab が治療結果を改善 08.04.17nc 
『総標』結腸直腸がん での 事項、及び、見通し : ONS 2007 からの報告(総説標題)08.04.02tn 
『総標』転移性の結腸直腸がん の 治療に於ける進歩 : ASCO 2007(総説標題)08.04.02td 
進行期の結腸直腸がん での capecitabine + oxaliplatin + bevacizumab ± cetuximab 治療(論文・報告)08.03.31te 
進行期の結腸直腸がん での 第一線治療としての cetuximab(論文・報告)08.03.31tc 

(ニュース冒頭)年配の結腸がん の患者さん で 断続投与の oxaliplatin が効果的 08.04.12na 
『総標』進行期の結腸直腸がん での 治療に関連した毒性の低下について(総説標題)08.03.29tb 
『専』結腸直腸がん での 治療薬使用 での 年齢による不釣り合い :専門家インタビュー(総説)08.03.28te 
転移性の結腸直腸がん の 第一線治療としての oxaliplatin + S-1 による治療(論文・報告)08.03.27tb 
『総』 結腸、及び、直腸がん に関する新しいガイドライン が 化学療法選択肢をチャート表示(総説)08.03.21tb 

転移性の結腸直腸がん の 年配、及び、若年の患者さん での irinotecan + 5-fluorouracil(論文・報告)08.03.19tf 
(総紹)モノクロナル抗体は 進行期の結腸直腸がんの第一線治療の何処に位置づけるべきか(総説紹介文)08.03.19tb 
(↑2008年 4月)
FOLFOX-4 レジメンに反応性の進行期の結腸直腸がん での UFT による維持療法(論文・報告)08.03.14tj 
(ニュース冒頭)結腸直腸がん からの肝臓転移の再発を手術周辺 化学療法が低下 08.03.22na 
切除不可能な局所再発性の直腸がん での 救助治療としてのラジオ波焼灼法(論文・報告)08.03.08tg 

転移性の結腸直腸がん での cetuximab の 2 週間 1 回の投与 : 毎週 1 回の投与より便利?(論文・報告)08.03.06ta 
『総標』ステージ III の結腸直腸がん での 新しい治療アプローチ(総説標題)08.02.28tb 
(−結果) 転移性の結腸直腸がん での gefitinib による fluoropymidine 耐性逆転の有無(論文・報告)08.02.26td 
(総紹)結腸直腸がん の 治療用としての capecitabine + oxaliplatin(総説紹介文)08.02.19td 
直腸がん での 術前ヘリカル トモセラピー(論文・報告)08.02.17ta 
(↑2008年 3月)

直腸がん の年配患者さん での 補助療法の利益と使用動向《一般人口集団 での 研究》(論文・報告)08.02.03tf 
早期ステージの肛門がん での 病変部位への区域的な 低用量の化学放射線療法(論文・報告)08.01.22tf 
T3 ステージの中−遠位 直腸がん での 術前 化学放射線療法 : 2 つのレジメンの比較(論文・報告)08.01.22te 
進行期の結腸直腸がん での 第一線治療としての gefitinib + FOLFOX-4 併用レジメン(論文・報告)08.01.21th 
(ニュース冒頭)欧州委員会が Xeloda を結腸直腸がん治療薬として認可 08.02.05na 
(↑2008年 2 月)

(ニュース標題) Pro-Pharmaceuticals 社が結腸直腸がんで Davanat での 有利的結果を発表 08.01.30ne 
(ニュース標題) KRAS 野生型の転移性結腸直腸がん で Erbitux の有効性増加の報告 08.01.30nc 
『総標』悪性の結腸閉塞に対する 埋め込み可能な自己拡張型 金属ステントによる治療(総説標題)08.01.13tc 
転移性の結腸直腸がん の第二線治療としての irinotecan 治療時の遅発性の下痢の予防(論文・報告)08.01.10tb 
転移性の結腸直腸がん の 第一線治療としての 5-FU + oxaliplatin + bevacizumab + …(論文・報告)08.01.10ta 

『論標』転移性の結腸直腸がん での 肝臓イットリウム( Y )-90 内照射塞栓法(論文標題)08.01.08td 
標準的な化学療法に治療抵抗性の転移性の結腸直腸がん での panitumumab による治療(論文・報告)08.01.04ta 
転移性の結腸直腸がん での 第一線治療としての irinotecan + oxaliplatin レジメンの試み(論文・報告)08.01.02tg 
結腸直腸がん の 切除不可能な肝臓転移 での 肝動脈注入 + 全身的 irinotecan(論文・報告)08.01.02tf 
(ニュース冒頭)結腸直腸がん の 肝臓への拡大の外科手術 での 除去により 生存が改善 08.01.13nb 

『論標』進行期の結腸直腸がん の 治療(論文標題)07.12.29ti 
『論標』局所領域的な結腸がん のための補助療法(論文標題)07.12.29th 
『論標』直腸がん への外科的なアプローチ(論文標題)07.12.29tg 
『論標』肛門がん の 管理(論文標題)07.12.29tf 
転移性の結腸直腸がん の 第一線治療としての capecitabine + oxaliplatin + irinotecan(論文・報告)07.12.28tb 

[紹存]結腸直腸がん の 治療に於ける 最小限に侵襲的な手術 の 進歩(総紹存在)07.12.27te 
(ニュース冒頭)欧州委員会が Vectibix を転移性の結腸直腸がん治療用として認可 08.01.08na 
直腸がん で 術前 放射線化学療法の後の組織病理学的な奏効 が 全体的生存改善と関連(論文・報告)07.12.25te 
直腸がん での 術前補助 化学放射線療法 : FU+LV レジメン、と、UFT+LV レジメンの比較(論文・報告)07.12.24tc 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 胆嚢、胆管 *****


(ニュース冒頭) _胆管がん_に関する_新しい__データ_ が 一晩で _臨床`実地_を 変えるであろうとの 見方 1705191722 
『論文類』 __肝内`胆管がん_を有する_患者さん に於いて、_局所`治療_ が _肝臓_治療`挫折_の_リスク_を 低下させ、_生存_を _改善__ : _362 名 の _順次的_患者さん_の 包括的_解析_ 1704152334 
(↑2017年 5月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん_ に於ける _第二線`化学療法_の_結果状況__ : __後ろ向き`方式__多施設__解析_ 1612271649 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__ : __米国_ の _三次`医療`センター_ に於ける ABC-02_レジメン_による_経験_ 1612191704 

『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的_、及び、_転移性__胆管がん_のための_化学療法__結果状況__ : _fluoropyrimidine ( FP )_化学療法_ の _役割_−_後ろ向き`方式`解析_ 1612191649 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__胆嚢`がん_の_管理_ に於ける _修正_gemcitabine / oxaliplatin ( mGEMOX ) 対 gemcitabine / cisplatin の _比較__ : _〜(続く) 1612172255 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_、gemcitabine / _白金系`化学療法剤__併用__治療`挫折_後 の _白金系`化学療法剤_再_投与__ : _全国的 AGEO_後ろ向き`方式`研究_ 1612122242 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) _胆嚢`がん__再手術_の_タイミング_ が _生存_に_影響_ 1611031708 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) _切除済み__胆嚢`がん_ での _補助`化学療法_の_利益_ は 疑わしい との研究結果 1610251714 
(↑2016年 10月)

『総説紹介文』 肝内、及び、肝外_胆管がん_の_評価_、及び、_管理_ 1604271646 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) アスピリン が 胆管がん の_リスク_を _低下_させる 可能性あり との研究結果 1604231720 
『 ASCO abstract 』 _切除_された_進行期_肝外`胆管`がん_ の _生存_を S-1 _補助`化学療法_ が _改善_ : _傾向`スコア`マッチング__解析_ 1603122240 
『 ASCO abstract 』 _遠隔`転移_性_胆管がん_を有する_患者さん_の_生存_への、_第一線`化学療法_後 の itraconazole の _インパクト_ 1603121726 
『 ASCO abstract 』 _未治療の__進行期__胆管がん__に対する_binimetinib + gemcitabine / cisplatin : _フェーズ_1_臨床`試験_ 1603112336 

『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_cabozantinib ( XL-184 ) : _フェーズ_2_、及び、バイオマーカー_研究_ 1603112222 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_gemcitabine / capecitabine / bevacizumab : _多施設__フェーズ_2_研究_ の _最終的`結果 1603092342 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__原発_肝臓 がん _に対する__高用量_、_少分割__陽子線`治療_ : _肝内`胆管がん_を有する_患者さん_ での _長期的__結果状況_ : _多施設__フェーズ_2_研究_ 1603082344 
(↑2016年 4月)
『論文類』 _非−切除可能的__肝内`胆管`がん_ : _全身的 + _肝動脈`注入__化学療法_ は _全身的_化学療法_のみよりも _より長い__生存`期間_を 伴う。 1602241724 
『 JCO 論文』 _限局性_、_非−切除可能的__肝細胞がん_、及び、_肝内`胆管`がん__に対する__高用量__少分割__陽子線`治療_ : _多施設__フェーズ_2_研究_ 1602161722 

『 JCO 論文』 _手術`不可能的__肝内`胆管がん_の_患者さん_に於いて、_焼灼的_放射線`療法_ が _生存_を_実体的に_伸長_ : _後ろ向き`方式__用量−反応_解析_ 1602141723 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) _陽子線`治療_により、_肝臓 がん での _局所`コントロール_ が _改善_ 1512241747 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) _手術`不可能的__肝内`胆管がん_で、_焼灼的_放射線`療法_により_生存`期間_ が _伸長_ 1511031738 
(↑2015年 11月)
『論文類』 _進行期`胆管がん__に対する_gemcitabine / _白金系`化学療法剤__治療`挫折_後 の _第二線`化学療法_ : Association des Gastro-Enterologues Oncologues による_大規模__多施設__研究_ 1509071729 
(↑2015年 10月)
『 JCO 論文』 _肝外`胆管`がん_、及び、_胆嚢`がん_ に於ける _補助_capecitabine / gemcitabine 、と、 それに続いての_放射線`療法_ / _同時`実施_capecitabine : 〜(続く) 1508201703 
(↑2015年 9月)

『論文類』 _肝内`胆管がん_の_切除_後 の _長期的`生存_への、 _事態`複雑化・合併症_の_インパクト_ 1508100013 
(ニュース冒頭) _腹腔鏡_が_早期__胆嚢`がん_の _いくらかの__患者さん_に於いて_利益的_である 可能性がある との研究結果 1508081705 
(↑2015年 8月)
(ニュース冒頭) SWOG _臨床試験_が、_胆管がん__に対する__レジメン_を 明確化 1507281717 
(↑2015年 7月)
『論文類』 _進行期`胆管がん__に対する_gemcitabine / oxaliplatin_単独_ 対 gemcitabine / oxaliplatin + cetuximab : KRAS −変異_−層別化_ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 1505041743 
(↑2015年 5月)
『総説』 _進行期__胆管がん_に於ける _第二線`化学療法_ : _系統的_レビュー_ 1411241653 
(↑2015年 1月)

『論文類』 _先行`実施の__化学療法_後 に_病気`進行_している_胆管がん__に対する_everolimus の_活性_、及び、_安全性_ 1408152301 
(↑2014年 9月)
『論文類』 _進行期`胆管がん__に対する_gemcitabine / oxaliplatin ± cetuximab : _フェーズ_2_臨床`試験_ 1408032245 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) cetuximab ( EGFR 阻害薬_ ) が _胆管がん_ での _生存`改善_に_失敗_ 1405302258 
(↑2014年 5月)
『論文類』 _進行期__胆管がん__に対する_cisplatin / gemcitabine による治療 : 2 件の_臨床試験_の_メタ分析_ 14.02.03tc 
(↑2014年 2月)
『論文類』 _進行期__胆管がん__に対する_gemcitabine / irinotecan / panitumumab による治療 : _フェーズ_2_臨床`試験_ 13.12.05ta 
(↑2013年 12月)

『論文類』 _進行期__胆管がん__に対する_gemcitabine / cetuximab による治療 : _フェーズ_2_研究_ 13.11.04ta 
(↑2013年 11月)
『 ASCO abstract 』 _進行期`胆管がん__に対する__化学療法_ : UTSW、及び、PH からの_後ろ向き`方式`分析_ 13.09.17ta 
『 ASCO abstract』 進行期`胆管がんに対する_gemcitabine / cisplatin / 21 時間 持続点滴_5-FUの_治療`有効性 : 17例の_分析 13.09.16tb 
『 ASCO abstract』 治癒的_切除された_進行期_胆管がん_に対する_ S-1 による_補助`化学療法_の_実施`可能性_と 可能的`_利益 13.09.16ta 
(↑2013年 10月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_cisplatin / gemcitabine : 2 件の_ランダム化`臨床`試験_の_メタ分析_ 13.09.12tb 

『 ASCO abstract 』 非−切除可能的_肝内`胆管がんに対する肝動脈`注入 : 2 件の前向き方式_臨床試験からの生存のアップデート 13.09.08td 
『 ASCO abstract』 進行期`胆管がん_に対する_CEMOX_レジメン ± cetuximab : KRAS _遺伝子`変異_ステータス層別_臨床試験 13.09.08tb 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) がん _治療_ の _有効性_ は _年齢_には 関係ない との研究結果 13.01.17nb 
『総説』 _胆管がん_の_診断_、及び、_治療_に関する_ガイドライン_ 12.12.21ta 
(↑2013年 1月)
『 ASCO abstract 』 _進行期`胆管がん_ での _化学`放射線`療法_ の _役割_ 12.11.27tb 

『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__胆管がん__に対する_temoporfin + gemcitabine / capecitabine による_光線`力学`療法 12.11.26td 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胆管がん_に於ける _第二線`化学療法_ の _実施`可能性_、及び、_利益_ : _後ろ向き`方式__研究 12.11.25tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_gemcitabine / irinotecan / panitumumab による治療 : _中間__レポート_ 12.11.25tb 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する__第一線`治療_としての gemcitabine / oxaliplatin ± cetuximab 12.11.23tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_gemcitabine / S-1 対 S-1 _単剤`治療_ : _ランダム化__フェーズ_2試験 12.11.23tb 
(↑2012年 12月)

新資料:胆嚢`がん_の_治療_ 12.11.24ma 
《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫…… ≫ _再発性_ の がん 12.11.16ma 
『総説 標題』 _集学的`治療_の 時代に於ける _門周辺__胆管がん_の_管理_ 12.10.23ta 
《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫…… ≫ _非−切除可能的_な がん 12.11.13ma 
(↑2012年 11月)
《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫……≫ 概観 12.10.29ma 

《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫_緩和`治療 12.10.23ma 
(↑2012年 10月)
《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫ _化学療法__ ≫ _有り得る的__副作用 12.09.28ma 
『論文類』 KRAS _野生型__胆管がん__に対する_panitumumab + _化学療法_ : _フェーズ_2_マーカー駆動_臨床試験_ 12.09.04tb 
《項目追加》 現行治療1 : _胆嚢`がん_の_治療_≫ …… ≫ _胆嚢`がん__治療_に_使用_される_薬 12.09.18ma 
《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫ …… ≫ 総論 12.09.05ma 
(↑2012年 9月)

『総説』 _米国_の 12_センター_ での _肝門部`胆管がん__に対する__術前`補助__化学`放射線`療法_→_肝臓__移植_の_有効性_ 12.08.03tb 
(ニュース冒頭) _肝内`胆管`がん_ での _生存_を_根治的__切除_ が _改善_ 12.08.24nb 
(↑2012年 8月)
《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫ __放射線`療法_ ≫ _使用_される場面 12.07.27ma 
《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫ ……≫ 種類 12.07.21ma 
『 JCO 論文』 _胆管がん_の_治療_に於ける _補助`療法_ : _系統的__レビュー_、及び、_メタ分析_ 12.05.30tc 

《項目追加》 現行治療1 : 胆嚢`がん_の_治療_≫ _治療_の 概観 12.07.01ma 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) _高リスク__胆管がん_で、_補助`療法_ は _利益的_ : _メタ分析__結果_ 12.05.02nc 
(↑2012年 5月)
(ニュース冒頭) _胆管がん__に対する_経`動脈`的__治療_ の_副作用_は より少ない模様 との研究結果 12.04.03nc 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) _胆管がん_に対し、ヨウ素 125 シーズ の ステント が より優れる_治療__結果_ 12.02.14nb 
(↑2012年 2月)
『 ASCO abstract 』 _進行期`胆管がん_の_第二線`治療_としての sunitinib : _フェーズ_2_、_多施設_、_多国籍__研究_ 12.01.07tc 

『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__肝門部`胆管がん に於ける _集学的`治療_の_役割_ 12.01.03tb 
『 ASCO abstract 』 _胆管がん__に対する__第二線−化学療法_ 12.01.01tb 
『 ASCO abstract 』 _胆管がん__に対する__低用量__多重`薬__治療_への docetaxel、及び、mitomycin C の追加の_集学的__効果_ 11.12.31ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_oxaliplatin / 5-fluorouracilleucovorin ( FOLFOX )による治療 11.12.26ta 
『 ASCO abstract』 手術`不可能的胆管がんに対するマーカー駆動全身的`治療 : KRAS 野生型_腫瘍での panitumumab /化学療法 11.12.25tb 

『 ASCO abstract 』 化学療法−未経験 の _進行期_ / _転移性__胆管がん__患者さん での gemcitabine / sorafenib による治療 11.12.23tb 
(↑2012年 1月)
新資料:胆管がんの治療《eMedicine 資料のご紹介》 11.10.27ma 
《項目追加》 現行治療2 :胆管がんの_治療 ≫ 内科的ケア 11.10.16ma 
(↑2011年 10月)
《項目追加》 現行治療2 :胆管がんの_治療_ ≫ 背景 11.08.19ma 
(↑2011年 8月)
『 ASCO abstract』 進行期_胆管_腺がんに対する_S-1 / cisplatin対gemcitabine / cisplatinの比較:ランダム化_フェーズ2試験 11.06.06tb 
(↑2011年 7月)

(ニュース) _肝吸虫 _感染症_からの 胆管 がん  11.06.24nc 
(↑2011年 6月)
『 ASCO abstract 』 結腸`直腸`がん_肝臓転移_に対する__肝動脈`点滴_への bevacizumab追加 に伴う 予想しない胆管_毒性 増強 11.04.26tb 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) 隣接臓器を巻き込んだ_進行期_胆嚢がん でも 手術 が _効果的_ 11.04.29na 
(↑2011年 4月)
『 JCO 論文』 _非−切除可能的_胆嚢`がん_に対する__最良`サポートケア_と_化学療法_の比較 : _ランダム化__比較`臨床_研究_ 10.10.19te 
(ニュース冒頭) _胆管がん__に対し、cetuximab 追加 が 勇気づける的 な 結果 10.11.12nb 
(↑2010年 11月)

(ニュース冒頭) _非−切除可能的_胆嚢 がん の_生存_を 修正 GEMOX _化学療法_ が _改善_ 10.10.12nf 
(↑2010年 10月)
『総説』 _胆管がん_の_生存_を_併用__化学療法_ は _改善_するとの_研究結果_ 10.08.12ta 
(↑2010年 9月)
『 JCO 論文』 _非−切除可能的__胆道がん__に対する__2 週間に 1 回の_bevacizumab + _毎日_投与_の erlotinib による治療 10.07.20ta 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) cisplatin + gemcitabine : _進行期__胆管がん__に対する_新しい標準_治療_ 10.04.08na 
(↑2010年 4月)
『総説』 _胆管がん_に於ける _分子標的`治療_ : 2009 年アップデート 10.02.12tc 
(↑2010年 3月)

『総説紹介文』 _局所`領域`的_肝外_胆管がん__に対する__集学的__治療_ 09.11.06tg 
(↑2009年 11月)
『論文類』 _進行期__胆管がん__に対する__2 週間に 1 回の_oxaliplatin + 単純化スケジュール 48 時間点滴_高用量_5-FU_治療_ 09.09.20ta 
『論文類』 _非−切除可能的__胆管がん__に対する_uracil-tegafur + doxorubicin_治療_、及び、予後`因子 : _Phase II__研究 09.09.19td 
『論文類』 _進行期__胆道がん__に対する_rebeccamycin 類縁体_治療_に関する_Phase II_/_薬物`動態論`的__臨床試験_ 09.09.19tc 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _非−切除可能的__原発_肝臓_ がん _に対する_領域_化学療法_ : _Phase II__臨床試験_の_結果 09.08.31ta 
(↑2009年 9月)

『論文類』 進行期/転移性_の_胆管がん、又は、その他の_胆管_腫瘍_《複数》での gemcitabine 単独、又は、cisplatin との併用 09.08.16tc 
『論文類』 局所`進行期_膵臓がん_、及び、_遠位`胆管`がん_での 放射線`療法_ + _同時`実施 gemcitabine / oxaliplatin 09.08.14tc 
『未達結果論文』 _進行期__胆道系`がん_ 、及び、 _肝細胞がん_ での lapatinib_治療_ : _Phase II__研究_ 09.08.03te 
(↑2009年 8月)
_手術`不可能的__胆管がん_ での gemcitabine + oxaliplatin による__第一線`化学療法_(論文・報告)09.06.07td 
小腸、及び、ファーテル膨大部_の_進行期_腺がん での capecitabine + oxaliplatin_治療_(論文・報告)09.05.30te 

(総紹)_切除_された 肝外`_胆管がん_ での _補助療法_ : 文献_レビュー_と将来の方向(総説紹介文)09.05.26tc 
(↑2009年 6月)
(ニュース冒頭)_胆管がん_ での _生存_を gemcitabine + cisplatin が 改善 09.05.27nb 
(ニュース冒頭)胆嚢 がん の_予後_は改善中、しかし、_生存率_は引き続き劣る状況 09.05.21nf 
(ニュース冒頭)_ASCO 2009_ : 胆管 がん に対する最初の 標準ケア 09.05.20na 
(総紹)_胆管がん_の_治療_ での _肝臓_移植の_役割_(総説紹介文)09.04.24ta 
(↑2009年 5月)

_胆道がん_ での gemcitabine + irinotecan + celecoxib による_治療_(論文・報告)09.03.14te 
(↑2009年 4月)
新資料:胆管がん の 治療 基本的な資料 08.11.23ca 
《 連載 #9=完 》 胆管がん の 治療 08.11.22ca 
《 連載 #8 》 胆管がん の 治療 08.11.19cb 
《 連載 #7 》 胆管がん の 治療 08.11.19ca 

《 連載 #6 》 胆管がん の 治療 08.11.17ce 
《 連載 #5 》 胆管がん の 治療 08.11.17cd 
《 連載 #4 》 胆管がん の 治療 08.11.16cb 
《 連載 #3 》 胆管がん の 治療 08.11.15cb 
《 連載 #2 》 胆管がん の 治療 08.11.15ca 

《 連載 #1 》 胆管がん の 治療 08.11.13ca 
(↑2008年 11 月)
非−切除可能的 な 胆管がん の イットリウム( Y )-90 微小球による治療(論文・報告)08.10.04tg 
非−切除可能的 な 肝臓内 胆管がん での TACE、又は、TACI 治療(論文・報告)08.09.18td 
(↑2008年 10 月)
進行期の胆管がん での gemcitabine + oxaliplatin : Phase II 研究(論文・報告)08.09.13td 
進行期の胆管がん での 第一線治療としての S-1 単剤治療(論文・報告)08.08.26ta 
(↑2008年 9月)

進行期の胆管がん での gemcitabine + capecitabine 治療 での 患者さん表明 結果状況(論文・報告)08.08.03ta 
(↑2008年 8月)
再発性・転移性の胆管がん での oxaliplatin + leucovorin + 5-fluorouracil による治療(論文・報告)08.06.14te 
(↑2008年 7月)
『総』 胆管がん の 全身的治療(総説)08.05.07te 
(↑2008年 5月)
(ニュース冒頭)胆管がん の 治療用として光線力学療法 + ステントが生存期間を倍加 08.04.24na 
(↑2008年 4月)
進行期の胆管系の腺がん での 第一線治療としての capecitabine + oxaliplatin(論文・報告)08.01.29ta 
(↑2008年 2 月)

治療抵抗性の進行期の肝内胆管がん での cetuximab + gemcitabine + oxaliplatin 治療(論文・報告)08.01.11td 
転移性、又は、再発性の胆管がん での S-1 + cisplatin による化学療法(論文・報告)08.01.04tb 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

***** 消化器系全般、その他(GIST、小腸など) *****



(↑2017年 5月)
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__転移性__消化管`間質`腫瘍 _に対する ヒト_olaratumab ( IMC-3G3 : _抗− PDGFR α_モノクロナル抗体_ )_ : __フェーズ_2_研究_ 1703222249 
『論文類』 小腸、又は、ファーテル膨大部 の _進行期__腺がん_を有する_患者さん に於ける bevacizumab + capecitabine / oxaliplatin_ : __単一`センター_、_ラベル`明示_、_フェーズ_2__研究_ 1703171726 
『論文類』 _外科的_切除_された 十二指腸_腺がん_を有する_患者さん_ の _管理_ に於ける _補助__化学療法_ 対 _化学`放射線`療法__ : _全国的_臨床_がん`領域_データベース の 〜(続く) 1703171643 

『 JCO 論文』 _肺がん_、及び、_消化管`系_ がん _患者さん_ に於ける _早期_統合_緩和`ケア_ の _効果__ : __ランダム化`臨床`試験_ 1703141655 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) 消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_を有する 一部 の _患者さん_で、imatinib により_長期`生存__との報告 1702231545 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍_を有する_若年`成人に於いては_外科手術_ が 好ましい 可能性あり との研究結果 1701272244 
(ニュース冒頭) _開発_中 の 新薬 が _進行期__転移性_中腸_神経`内分泌`腫瘍_を有する_患者さん_ での _結果状況_を_改善_ 1701241712 
(ニュース冒頭) 中腸_神経`内分泌`腫瘍_ に於ける _放射性`医薬品_による_印象的な__結果 を_フェーズ_3_臨床`試験_で 確認 1701121721 
(↑2017年 1月)

(ニュース冒頭) _遺伝子`変異に_標的する__薬_ が _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対し「_顕著な_」_活性_を 示した との研究結果 1612131622 
(↑2016年 12月)
『総説紹介文』 小さな_消化管`間質`腫瘍 の_診断_、及び、_治療_ の _戦略_ 1610092128 
(↑2016年 11月)
『論文類』 _標準的__チロシンキナーゼ`阻害薬_治療`挫折__後 の _転移性_ and / or _非−切除可能的__消化管`間質`腫瘍 _に対する_regorafenib による治療_ : _〜(続く) 1608291657 
(↑2016年 9月)
(ニュース冒頭) _家族性`腺腫性`ポリポージス《 FAP 》__患者さん_に於ける、大腸、及び、小腸 _両方の_ 前がん性ポリープが_新治療 により 減少する可能性あり との研究結果 1605261746 
『論文類』 imatinib、及び、sunitinib に_耐性_な_進行期__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対する_pazopanib + _最良`サポートケア_ 対 _最良`サポートケア_のみ の_比較_ : 〜(続く) 1604291733 

(ニュース冒頭) 毎日の アスピリン 服用により_結腸`直腸`がん_、及び、_その他の__消化管`系_ がん の_リスク_ が 低下することを確認する もう 1 件の_研究_ 1605101710 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) _小規模__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ は 以前に 考えられていたよりも 危険である との研究結果 1604151645 
『 ASCO abstract 』 _進行期__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_を有する 中国人_患者さん_ での sunitinib_治療_ 1603142247 
『 ASCO abstract 』 _再発した_腹膜`偽粘液腫__に対する__メトロノーム`投与_capecitabine + bevacizumab_併用`治療_の_活性_ 1603122333 
(↑2016年 4月)
(ニュース冒頭) 2 剤__併用_戦略_ が _家族性`腺腫性`ポリポージス《 FAP 》_ での カーペット状ポリープ を 減少 1603251639 

『 JCO 論文』 _高リスク__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対する__補助_imatinib : _ランダム化`臨床`試験_ の _解析_ 1602142247 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Afinitor ( everolimus )を_進行性_、_非−機能性__消化管`系_、及び、_肺__神経`内分泌`腫瘍__治療用_として_認可_ 1603011714 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) everolimus が _進行期__肺_、及び、_消化管`系__神経`内分泌`腫瘍_に_効果的_ 1512301718 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対し、3 年間 の imatinib が 1 年間 よりも 好結果 1511071728 
(↑2015年 11月)
『総説』 regorafenib −随伴の__手足皮膚`反応_ : _診断_、_予防_、及び、_管理_に関する 実際的なアドバイス 1509251715 

(ニュース冒頭) _開発`段階 の _放射性`医薬品により、_中腸_神経`内分泌`腫瘍_で 「_最も_印象的な」_進行無し`生存_ が 得られている_との報告 1510011632 
(ニュース冒頭) アスピリン が _消化管`系_ がん での _生存_を 2 倍にする との研究結果 1510011617 
(↑2015年 10月)
『総説紹介文』 _消化管`間質`腫瘍 : _稀な_ がん からの 15 年間 の 教訓 1506141712 
(↑2015年 7月)
『総説紹介文』 _消化管`系_ がん の_治療_ に於ける _放射線`療法_、及び、 より_新しい__技術_ の _役割_ 1505291752 
(ニュース冒頭) regorafenib ( Stivarga : Bayer 製 ) による治療に伴う_皮膚`毒性_の _治療_のための 実用的 アドバイス 1506121727 

『論文類』 _進行期__消化管`間質`腫瘍_患者さん_ での _臨床的`結果状況_ : sunitinib の _全世界的_治療`目的`使用``臨床試験_ に於ける _安全性_、及び、_有効性_ 1505042348 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ の _患者さん_では、_その他の_ がん の 発症頻度 が 高い との研究結果 1505081729 
(↑2015年 5月)
『総説』 _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_に於ける regorafenib 等 の 新薬の_役割_ 1410021744 
(↑2014年 10月)
『論文類』 imatinib_治療`挫折_後 の _進行期__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ での masitinib による治療  1409041732 
(↑2014年 9月)
『 ASCO abstract 』 90Y DOTATATE 後の進行期_膵臓−、及び、小腸−転移性_神経`内分泌`腫瘍での長期生存、及び、臨床`有効性 13.09.23ta 

『 ASCO abstract 』 _転移性__神経`内分泌`_中腸`腫瘍_ での _腫瘍__成長_に於ける octreotide LAR の_効果_ 13.09.19ta 
(↑2013年 10月)
《項目追加》 現行治療1 : 消化管`カルチノイド`腫瘍_ の _治療_≫……≫ _放射性物質`塞栓療法 13.08.19ma 
(↑2013年 8 月)
『総説 標題』 _消化管`系__悪性`腫瘍__に対する__免疫`治療_ 13.05.07tb 
『 ASCO abstract 』 imatinib −未経験__進行期__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対する_masitinib による治療 13.05.06ta 
『 ASCO abstract』 imatinib、及び、sunitinibで_病気`進行_している_転移性 / _非−切除可能的_ GIST _に対する_regorafenib  13.05.05tc 

『 ASCO abstract 』 imatinib −_耐性__進行期_ GIST _に対する_masitinib mesylate : _ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 13.05.05tb 
《項目追加》 現行治療1 : 消化管`カルチノイド`腫瘍_ の _治療_≫……≫ _外部線源`放射線療法 13.05.15ma 
《項目追加》 現行治療1 : 消化管`カルチノイド`腫瘍_ の _治療_≫…… ≫ _その他の__治療薬_ 13.05.07ma 
(↑2013年 5 月)
『 ASCO abstract 』 _最近_に於ける _腫瘍`細胞`減少_ / _温熱`腹腔内`化学療法_の_病的状態_ 13.04.08tb 
(↑2013年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__治療用_として Stivarga ( regorafenib )を_認可_ 13.02.26na 

《項目追加》 現行治療1 : 消化管`カルチノイド`腫瘍_ の _治療_≫……≫ _動脈内`投与_治療_、_化学`塞栓`法 13.02.22ma 
(↑2013年 2月)
(ニュース冒頭) GIST が imatinib に_反応_していても_手術_ は _利益的_ との研究結果 13.01.24nb 
『論文類』 _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対する_HSP90 −_阻害薬_BIIB021 : _フェーズ_2_研究_ 13.01.03tb 
《項目追加》 現行治療1 : 消化管`カルチノイド`腫瘍_ の _治療_≫_……_ ≫ 概観 13.01.10ma 
(↑2013年 1月)
『 ASCO abstract』 進行期_消化管`系_低`分化`型`神経`内分泌`がん_に対する_全身的_化学療法_の_多施設_後ろ向き`方式_分析 12.12.04tb 

《項目追加》 現行治療1 : 消化管`カルチノイド`腫瘍_ の _治療_≫_治療_への_一般的アプローチ 12.12.17ma 
『 ASCO abstract 』 _転移性__小腸_カルチノイド`腫瘍__に対する_ラベル超_用量_ の octreotide LAR による治療 12.11.15tc 
(↑2012年 12月)
『 ASCO abstract 』 _進行性_、 _転移性__高`分化`型__消化管`内分泌`腫瘍__に対する_ bevacizumab / capecitabine  12.11.09tc 
『総説』 _原発__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_の_補助`療法_ : 最新状況 12.11.02ta 
『総説 標題』 imatinib −_治療−抵抗性_ の _進行期_ _消化管`間質`腫瘍_に対する__現行、及び、_現れつつある__管理__戦略_ 12.10.30ta 
(↑2012年 11月)

(ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍《GIST》__治療薬_としてregorafenib を_Bayer社_ が 米国 FDA に_認可`申請_ 12.08.31na 
(↑2012年 8月)
『論文類』 imatinib / sunitinib に_耐性 / _非−忍容`可能的な_ GIST _に対する_nilotinib 対 _最良`サポートケア_ ± TKI 12.07.06ta 
『総説』 _進行期__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対する_imatinib_再`投与_ 12.07.05ta 
『 JCO 論文』 _転移性 / _非−切除可能的__消化管`間質`腫瘍_に対する_imatinib、sunitinib_治療`挫折_後 の regorafenib 12.06.30tb 
(ニュース冒頭) _上部_消化管`系_ がん の_患者さん での _抗`凝血`薬_の_予防 使用 12.07.03na 
(↑2012年 7月)

( ASCO ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対する__治療__選択肢_を regorafenib が_拡大_する可能性あり 12.06.13nb 
『総説』 _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対し、 より_長期的__治療_ が _効果的_ 12.06.06td 
( ASCO ニュース冒頭) regorafenib が _治療薬−_耐性__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ での _生存_を_改善_ 12.06.06na 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対し、_より長期間の_Gleevec による治療 が _効果的_ 12.04.10nb 
(ニュース冒頭) _Bayer 社_の_消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__治療薬__臨床試験_ が _目標_達成 12.04.05nc 
(↑2012年 4月)

(ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__に対し、imatinib の 3 年間 _投与_ が 「_優先される__治療_」 との研究結果 12.03.30nb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Gleevec の_消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ での _使用法についてアップデート 12.03.01ne 
(↑2012年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ での Gleevec の _拡大__使用_を_認可_ 12.02.02nb 
(↑2012年 2月)
『 ASCO abstract』 最新_全身的_化学療法_の時代での_高−グレード虫垂がん からの_がん腫症に対する腫瘍細胞`減少`手術の役割 12.01.12ta 
(↑2012年 1月)
( ASCO ニュース冒頭) _長期的_imatinib_治療_により_高リスク__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ での _生存期間_が_伸長_ 11.06.07ng 
(↑2011年 6月)

新資料:ファーテル膨大部がん の_治療_《 eMedicine 資料》 11.04.25ma 
《記述追加》 現行治療2 : ファーテル膨大部がん の_治療 ≫ 内科的ケア 11.04.10mc 
トピック新資料: ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表《胃、食道、_膵臓、_結腸`直腸》 11.04.09ma 
(↑2011年 4月)
《項目追加》 現行治療2 : ファーテル膨大部がん の_治療 ≫ 背景 11.03.29ma 
《項目追加》 Topic 2 : ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表 ≫ …… ≫ 膵臓 11.03.26ma 

《項目追加》 Topic 2 : ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表 ≫ …… ≫ 胃 11.03.21ma 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) _治療薬_−_耐性_ の _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_に、Nexavar が _有望的_ 11.02.01nc 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) _耐性__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_に sorafenib が _効果的_ 11.01.21nb 
(↑2011年 1月)
『総説』 ESMO より : Jean-Yves Douillard が _レポートする_消化管`系_ がん 関連の 興味深い 発表 10.10.19tb 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) 消化管`間質`腫瘍《 GIST 》や_慢性`骨髄性`白血病_の_治療で imatinib を中止しないこと: 継続_治療_が必要 10.09.25na 
(↑2010年 9月)

『論文類』 octreotide_治療−抵抗性_な_転移性_カルチノイド_に対する_90Y − Edotreotide による治療 10.04.03ta 
『総説』 _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__治療_ の グローバルな 合意に向けて 10.03.13tc 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) NCCN が_消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ガイダンスで 多くの変更 10.03.24na 
(↑2010年 3月)
『論文類』 _進行期_/_転移性__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_ での imatinib −後_外科手術_ : 全_患者さんに有意義であるか? 10.01.30tj 
『総説紹介文の存在』 _消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_薬物的_管理_ : sunitinib の_役割_に関するアップデート 10.01.30tb 

『論文類』 _非−切除可能的_虫垂−由来 _腫瘍_に対する_最新_全身的__化学療法_ 10.01.22td 
(↑2010年 2月)
『論文類』 転移性_神経`内分泌`中腸`腫瘍_を 有する_患者さん での 腫瘍_成長コントロール 目的の octreotide_LAR《徐放`製剤》 09.09.30tf 
(↑2009年 10月)
(総紹)欧州 での _進行期__消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_への対応 : _治療_推奨アップデート版の_レビュー_(総説紹介文)09.06.24te 
新資料:膨大部 がん の_治療_《eMedicine資料のご紹介》 09.07.05ma 
(↑2009年 7月)
小腸、及び、ファーテル膨大部_の_進行期_腺がん での capecitabine + oxaliplatin_治療_(論文・報告)09.05.30te 
(↑2009年 6月)

(総紹)_消化管`系_ がん での _強度‐変調‐放射線療法《 IMRT 》の_役割_(総説紹介文)09.05.17tf 
(総紹)胃−腸−_膵臓__腫瘍_《複数》 での ソマトスタチン_類縁体_octreotide LAR(総説紹介文)09.05.16ta 
(総紹)小腸のメラノーマ(総説紹介文)09.05.05ta 
(ニュース冒頭)_消化管`間質`腫瘍《 GIST 》__再発_リスクを_補助療法_imatinib が 低下 09.05.16nf 
(↑2009年 5月)
_進行期`結腸直腸がん_で cetuximab_治療_を受けた_患者さん_ での 健康に関連した生活の質(論文・報告)09.04.11ta 
(↑2009年 4月)

( N 冒頭)_消化管`間質`腫瘍《 GIST 》での_再発無し`生存_を_補助療法_Gleevec が 改善 09.03.25ne 
『総』 認可_サマリー : 転移性_/非−切除可能的_消化管間質`腫瘍_用 imatinib mesylate(総説)09.03.02tc 
(↑2009年 3月)
( N 冒頭)消化管間質腫瘍《 GIST 》 での _再発無し`生存_を imatinib_補助療法_が伸長 09.01.23na 
(ニュース冒頭)転移性の_中腸`神経`内分泌`腫瘍_に octreotide が有望的との報告 09.01.20na 
(↑2009年 1 月)
(ニュース冒頭)米国 FDA が 消化管間質腫瘍《 GIST 》補助療法 での Gleevec を認可 08.12.23nc 
(↑2008年 12 月)

転移性の小腸腺がん で 5-fluorouracil + 白金系化学療法剤による化学療法が結果状況 改善(論文・報告)08.10.04tc 
『総』 消化管間質腫瘍に対する imatinib 使用に伴う執拗的な 皮膚 色素 過剰 沈着症(総説)08.09.26tc 
(↑2008年 10 月)
( N 冒頭)消化管間質腫瘍《 GIST 》の手術後の治療用で Gleevec に FDA が優先審査を付与 08.09.06nc 
(↑2008年 9月)
『総』 消化管間質腫瘍の治療に於けるチロシンキナーゼ抑制薬の役割(総説)08.07.31ta 
(↑2008年 8月)
(総紹)上部消化管系の腫瘍 : 現況、及び、将来の展望(総説紹介文)08.06.20ta 

(ニュース冒頭)消化管系の がん で、経口 capecitabine での 5-fluorouracil 代替が可能 08.07.03na 
(↑2008年 7月)
『総』 消化管系の がん に対する抗血管新生薬 治療 : モノクロナル抗体への焦点(総説)08.06.05ta 
『総』 補助療法としての imatinib は 消化管間質腫瘍の一次的治療として使用可能か?(総説)08.05.21tc 
(↑2008年 6月)
『総』 治療薬洞察 : 消化管間質腫瘍−がん 特定的な治療の固形腫瘍モデル(総説)08.04.10tc 
『総標』消化管間質腫瘍《 GIST 》 の 管理に於けるアップデート : ASCO 2007 からの報告(総説標題)08.04.02te 
(↑2008年 4月)

消化管間質腫瘍の治療 での imatinib 用量の最適化 : Phase III 臨床試験からの教訓(論文・報告)08.03.17td 
症例: 転移性の腎細胞がん からの管腔内転移による小腸閉塞のケース(症例報告)08.03.05tc 
[紹存]胃腸膵 神経内分泌 腫瘍 での 治療選択肢(総紹存在)08.03.03tf 
(総紹)消化管間質腫瘍、及び、平滑筋肉腫(総説紹介文)08.02.24te 
消化管カルチノイド腫瘍からの肝臓転移の管理(論文・報告)08.02.19tb 

ファーテル膨大部の腺がん での 補助化学放射線療法の役割(論文・報告)08.02.17tb 
(↑2008年 3月)
『総』 消化管系の腫瘍《複数》 での cetuximab と 化学療法との相乗効果(総説)08.02.06tg 
切除不可能、又は、転移性の消化管間質腫瘍 での imatinib mesylate の 2 用量レベルの比較(論文・報告)08.02.02td 
切除不可能、又は、転移性の消化管間質腫瘍 での 標準用量、及び、高用量の imatinib 長期結果(論文・報告)08.02.02tc 
(ニュース冒頭)消化管間質腫瘍 で 補助療法としての imatinib が 生存を改善 08.02.06na 
(↑2008年 2 月)

『総:薬』 治療薬レビュー: imatinib(総説:薬理)08.01.06tb 
転移性の imatinib mesylate に耐性の消化管間質腫瘍 での PTK787・ZK222584 による治療(論文・報告)08.01.04th 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

【諸情報(患者さん団体など)】

食道発声法 (当該テーマに関する個人さんのホームページ)

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告