表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
消化管系 情報データベース

*****目次*****

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

部位別に資料をまとめてあります(部位の並べ方は必ずしも系統的な枝分かれになっていませんが、資料の内容によりますので、ご了解ください)

--- 消化管系 複数部位、全般---



Topics集《 index_001 》
 ‥資料 A : ESMO より : 消化管`系がん 関連の 興味深い 発表(資料ご紹介の作成年月='11/3) 《胃がん、食道がん、_膵臓_がん、_結腸`直腸`がん_に関する興味深い発表の紹介》

--- 食道がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像《ACS資料の ご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

食道がんの化学療法
食道がんの放射線療法 

--- 胃がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 D : _ステージ IV_の 胃がんの_治療_《CancerConsultantsの資料紹介》
 ‥資料 C : 胃がん の 治療《 eMedicine の資料紹介》
 ‥資料 B : 再発性の胃がん の 治療
 ‥資料 A : 治療の全体像

胃がんの化学療法
胃がんの放射線療法 

--- 消化器系カルチノイド腫瘍 ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

--- 消化管間質腫瘍( GIST ) ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

--- 胆管がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 001-B : 胆管がんの治療《eMedicine 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='11/5)
 ‥A2.治療の全体像《ACS資料ご紹介 最新版》
 ‥A.治療の全体像

--- 膨大部 がん ---

基本的な資料 
 ‥A2 Vater 膨大部 がん の_治療_《eMedicine資料》(資料ご紹介の作成年月='11/3)
 ‥A. 膨大部 がん の_治療_《eMedicine》

--- 胆のうがん ---

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像《ACS資料のご紹介 最新版》(資料ご紹介の作成年月='12/6)
 ‥資料 A : 治療の全体像

--- 結腸直腸がん ---

基本的な資料 
 ‥B2 結腸直腸がん治療の全体像《ACS》(最新版)
 ‥B..結腸直腸がん治療の全体像《ACS》
 ‥A. 結腸直腸がん の 治療《eMedicine》

結腸直腸がんの化学療法 

--- 結腸がん ---

基本的な資料 
 ‥資料 C : _結腸_腺がん の 治療《Medscape Reference》
 ‥資料 B : _ステージ_4_結腸がん の 治療《CancerConsultants 資料のご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

--- 直腸がん ---

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

--- 肛門がん ---

基本的な資料 
 ‥A2 治療の全体像《ACS 最新版》
 ‥A  治療の全体像

--- 小腸がん ---

基本的な資料 
 ‥A 治療の全体像

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。

***** 食道 *****



(↑2018年 7月)

(ニュース冒頭) アスピリン + _プロトン`ポンプ`阻害薬_ が _食道`がん_を _予防_する との研究結果 、しかし、_リスク_ が 上昇する 可能性あり 1806070050 
(↑2018年 6月)
『論文類』 _手術`不可能的__食道_扁平上皮がん__に対する_延長_リンパ節`照射 、及び、erlotinib による_同時`実施__化学`放射線`療法__ : __ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_ 1804220046 
(↑2018年 5月)
『論文類』 _3 治療`方式`併用_−_適格の__食道`がん__患者さん_ に於ける _導入`化学療法_ の 影響_ : __ランダム化`臨床`試験_ の _二次解析_ 1803190023 
(↑2018年 4月)
(ニュース冒頭) pembrolizumab が _先行治療`経験`有り の__進行性__胃がん_に於いて _有望的な_模様 1803280055 
(ニュース冒頭) _バレット食道_、及び、_早期−ステージ__食道`がん__に対する__内視鏡的`粘膜`切除術_、及び、_食道−温存_手術_ 1803090053 
(↑2018年 3月)

『 JCO 論文』 _食道`がん_、又は、接合部 がん に於ける _健康`関連`性`の`生活の質_への_術前`補助__化学`放射線`療法_ の _影響__ : __ランダム化_CROSS_臨床試験_からの_結果_ 1801220028 
(ニュース冒頭) Keytruda が PD-L1_食道`がん__に対し_有望的である との研究結果 1802210010 
『 JCO 論文』 _進行期__食道`がん__に対する__抗−_プログラム`死 1__抗体_pembrolizumab の _安全性_、及び、_抗−腫瘍_活性_ 1712310016 
(ニュース冒頭) _食道`がん_に於いて_外科手術_ は 「顕著な」_生存`利益_が ある との_研究`結果_ 1802031716 
(↑2018年 2月)
(ニュース冒頭) _進行期__食道`がん_ に於ける _飲み込み`困難__に対しては、_化学療法_無し での _放射線`療法_ が ベストであるかも知れない との研究結果 1712280013 

『論文類』 _切除`可能的__胃_、又は、_胃`食道`接合部_ がん _に対する__術前_capecitabine / oxaliplatin / irinotecan_ : ___主要`評価`項目_としての病理学的_反応_、及び、〜(続く) 1711082359 
(↑2017年 12月)
『論文類』 _食道`がん_を有する_患者さん_ での _3 治療`方式`併用__アプローチ_後 の _病理学的`完全`奏効__ : __ベースライン_変数、及び、_生存_との_関連性_−〜(続く) 1710222359 
『論文類』 _転移性__胃`食道がん_を有し _局所_強化`療法_を 受けた 101 名`の_長期的__克服者さん_(原題通りの表現です) 1710152335 
『論文類』 _食道`がん_ に於ける FOLFOX レジメン_ 対 fluorouracil / cisplatin_レジメン_について の PRODIGE 5/ACCORD 17 _ランダム化`臨床`試験_からの_健康`関連`性`の`生活の質__結果_ 1710141738 
『論文類』 胸部`食道_扁平上皮がん__に対する__3方式`併用`治療_、又は、_根治的__同時`実施__化学`放射線`療法_ の 価値、及び、適用 1710080024 
(↑2017年 11月)

『論文類』 _切除`可能的__食道`がん__に対する__同時`実施__化学`放射線`療法_ ± _外科手術__ : _National Cancer Data Base の _解析_ 1709172347 
『論文類』 _未治療の__びまん性__胃がん__に対する__経口_ S-1 / cisplatin 対 _静注_5-fluorouracil / cisplatin の _比較__ : __フェーズ_3_臨床`試験_ 1709110010 
(ニュース冒頭) MET−陽性 _胃がん_に於いて、rilotumumab は_利益_無し との研究結果 1710121716 
(ニュース冒頭) _切除`可能的__胃がん__治療_のための_新しい__標準的`ケア_ 1710041705 
(ニュース冒頭)米国 FDA が _精密`がん`医療_Keytruda の _認可_を_胃がん__治療用_に 拡大 1710031700 
(↑2017年 10月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が 再発性_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _胃、又は、_胃`食道`接合部 がん を有し_腫瘍_ が PD-L1を_発現_する_先行治療`経験`有り の_患者さん__治療用_〜(続く) 1709272351 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _胃がん__に対する__最初の__免疫`療法_として pembrolizumab を_認可_ 1709240001 
(ニュース冒頭) MIRO_臨床試験__ : __食道`がん__に対する__最小限`侵襲的`外科手術_ 1709091819 
『 JCO 論文』 _HER2 −陽性__転移性__胃_、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__第一線`治療_としての_標準的`ケア_ 対 より_高用量_trastuzumab _レジメン_+ _化学療法_ の _比較__ : _ 1707301648 
(↑2017年 9月)
『論文類』 _切除`可能的__胃_ / _胃`食道`接合部__腺がん__に対する__周術期__化学療法_ 対 _術後__化学`放射線`療法_ の _比較__ : _5,058 名の患者さん の _生存__解析_ 1707231648 
(↑2017年 8月)

『論文類』 _強度`変調`放射線療法_技術_を 通じた_根治的__放射線`療法_、又は、_同時`実施__化学`放射線`療法_を 受ける 胸部_食道__扁平上皮がん_を有する_患者さん_ での _食道`切除`術_の_有効性_ 1705242313 
(↑2017年 6月)
『論文類』 _食道_扁平上皮がん__に対する_nivolumab_治療__ : __ラベル`明示_、_多施設_、_フェーズ_2_臨床`試験_ 1705042339 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) _HER2 −陽性__進行期__胃`食道がん__に対し、trastuzumab emtansine で 好結果は 得られず_との報告 1704181626 
(↑2017年 4月)
『論文類』 切除`可能的_食道`扁平上皮がん_に対する_術前`化学療法_としての cisplatin / fluorouracil / docetaxel ( DCF ) 対 cisplatin / fluorouracil / Adriamycin ( ACF ) : 〜(続く) 1702121700 
(↑2017年 3月)
『論文類』 _局所的、及び、_局所`領域`的__食道`がん__に対する__外科的_治療_ の _使用__ : _National Cancer Data Base の _解析_ 1701242312 
(↑2017年 2月)

(ニュース冒頭) _陽子線`治療_ が _食道`がん_ に於ける _結果状況_を _改善_する 可能性あり  1701241658 
(ニュース冒頭) _食道`がん__に対する__化学療法_を 「微調整」するための PET スキャン の _使用_ 1701191704 
(ニュース冒頭) _食道_ステント−関連__有害`事象_ は _一般普通的_であるが、_管理`可能的_な ことが多い との研究結果 1701191640 
『論文類』 _切除`可能的__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__術前`補助_docetaxel / oxaliplatin / fluorouracil / leucovorin 対 epirubicin / cisplatin / fluorouracil 〜(続く) 1612041707 
『 ASCO abstract 』 _進行期_CLDN18.2 −陽性 _胃_、及び、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__第一線`治療_としての epirubicin / oxaliplatin / capecitabine ± IMAB362 〜(続く) 1611282246 

『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道`接合部_、及び、_胃_腫瘍_ に於ける _維持`化学療法_ 1611281645 
(ニュース冒頭) 1cm 未満の_バレット食道_では_病気`進行__リスク_ は _低_い との研究結果 1701051653 
『 ASCO abstract 』 転移性_、又は、局所`進行期_非−扁平上皮`性_胃`食道がん_を有する_大規模_患者さん_コホート に於ける _投与`集中_taxotere / cisplatin / fluorouracil_レジメン_〜(続く) 1611271644 
『 ASCO abstract 』 _手術`不可能的__食道`扁平上皮がん__に対する__タキサン系化学療法剤_ 対 fluorouracil −ベース_化学`放射線`療法_ の _後ろ向き`方式_ での _比較_ 1611272244 
『 ASCO abstract 』 _リンパ節−陽性__食道`がん_を有し_治癒的__切除_を 受ける_患者さん_ に於ける _術前`補助_放射線`療法_ 対 _補助`放射線`療法_の_利益_の_比較_ 1611261504 

『 ASCO abstract 』 _進行期__胃_、又は、_胃食道`接合部_腺がん__に対する__第一線_panitumumab + docetaxel / cisplatin_ : __フェーズ_2_臨床`試験_( SPIGA ) の _結果_ 1611261450 
『 ASCO abstract 』 _術前`補助_化学`放射線`療法_による_ボーダーライン的に切除可能的、_局所`進行期__食道`がん_の _切除`可能的な_病気_への 変換 1611252242 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

***** 胃 *****


『論文類』 _年配`患者さん に於ける _胃がん__外科手術_ の _インパクト_ 1806010035 
『論文類』 DREAM_研究_からの_有効性_ / _安全性_知見_ : __第一線`化学療法_治療`挫折_後 の 進行期`胃がん_に対する_DHP107 ( _経口_paclitaxel ) 対 _静注_paclitaxel (_フェーズ3_研究_ ) 1805220037 
(↑2018年 7月)

(ニュース冒頭) TAS-102 は _進行期`胃がん_ に於ける _満たされていないニーズ_に 対応できる可能性がある との研究結果 1806240021 
(↑2018年 6月)
(ニュース冒頭) 追加 の _放射線`療法_ は _胃がん_ での _生存_を _改善_しない との研究結果 1805032343 
(↑2018年 5月)
『論文類』 _リンパ節−陽性__胃がん_を有する_患者さん_ に於ける D1/D2_リンパ節`摘出術_後 の S-1 _化学療法_ + _強度`変調`放射線療法_ : __フェーズ_1 / 2_研究_ 1803190038 
(↑2018年 4月)
(ニュース冒頭) pembrolizumab が _先行治療`経験`有り の__進行性__胃がん_に於いて _有望的な_模様 1803280055 
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__進行期`胃がん__に対する_nab-paclitaxel + ramucirumab による治療_ : __フェーズ_2_研究_ 1802140009 
(↑2018年 3月)

(ニュース冒頭) アスピリンの _使用_ が 、H. Pylori 菌 根絶後の _胃がん__リスク_ の _低下_に 関連 との研究結果 1802180024 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Lutathera を 特定のタイプ の _消化管`がん_治療用_として_認可_ 1802070033 
(ニュース冒頭) _膵`消化管`神経`内分泌`腫瘍( GEP-NET )_に対する__第二線`治療_の 武器庫 に於ける 「_新しい_ツール」 1802030019 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 胃腸膵_神経`内分泌`腫瘍__に対する__治療用_として Lutathera ( lutetium Lu 177 dotatate )を_認可_ 1802010028 
(↑2018年 2月)
(ニュース冒頭) Merck 社 の Keytruda が _胃がん_ での _中軸的_臨床試験_で _失敗_ 1712212356 

『 JCO 論文』 _胃がん の 治癒的_切除_後 の _補助__化学`放射線`療法_( epirubicin / cisplatin / fluorouracil ) 対 _補助__化学`放射線`療法_( fluorouracil / leucovorin ) : 〜(続く) 1711120005 
『論文類』 _切除`可能的__胃_、又は、_胃`食道`接合部_ がん _に対する__術前_capecitabine / oxaliplatin / irinotecan_ : ___主要`評価`項目_としての病理学的_反応_、及び、〜(続く) 1711082359 
(↑2017年 12月)
『論文類』 _転移性__胃`食道がん_を有し _局所_強化`療法_を 受けた 101 名`の_長期的__克服者さん_(原題通りの表現です) 1710152335 
(↑2017年 11月)
『論文類』 _未治療の__びまん性__胃がん__に対する__経口_ S-1 / cisplatin 対 _静注_5-fluorouracil / cisplatin の _比較__ : __フェーズ_3_臨床`試験_ 1709110010 
(ニュース冒頭) MET−陽性 _胃がん_に於いて、rilotumumab は_利益_無し との研究結果 1710121716 

(ニュース冒頭) _切除`可能的__胃がん__治療_のための_新しい__標準的`ケア_ 1710041705 
『論文類』 _転移性`胃がん_を有する_患者さん_ に於ける _第一線`化学療法_ での _病気`安定化_に続いて の 持続的 対 ストップ−アンド−ゴー_実施_ S-1 / oxaliplatin_ : _ 1708280005 
(ニュース冒頭)米国 FDA が _精密`がん`医療_Keytruda の _認可_を_胃がん__治療用_に 拡大 1710031700 
『論文類』 _補助_放射線`療法_により_切除された__胃_腺がん_を有する_患者さん_ での _全体的`生存_ が _改善__ : _National Cancer Data Base _解析_ 1708211707 
(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 再発性_局所`進行期_、又は、_転移性_ の _胃、又は、_胃`食道`接合部 がん を有し_腫瘍_ が PD-L1を_発現_する_先行治療`経験`有り の_患者さん__治療用_〜(続く) 1709272351 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _胃がん__に対する__最初の__免疫`療法_として pembrolizumab を_認可_ 1709240001 
(ニュース冒頭) Keytruda による_免疫`療法_ が _進行期`胃がん__に対し_有望的らしい との研究結果 1709191657 
『総説』 _胃がん_ に於ける 現れかけている 新薬 1708022347 
『 JCO 論文』 _HER2 −陽性__転移性__胃_、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__第一線`治療_としての_標準的`ケア_ 対 より_高用量_trastuzumab _レジメン_+ _化学療法_ の _比較__ : _ 1707301648 
(↑2017年 9月)
『論文類』 _切除`可能的__胃_ / _胃`食道`接合部__腺がん__に対する__周術期__化学療法_ 対 _術後__化学`放射線`療法_ の _比較__ : _5,058 名の患者さん の _生存__解析_ 1707231648 
(↑2017年 8月)

(ニュース冒頭) _欧州_規制_当局_ が Steve Jobs を 殺した がん _に対する__核`医薬 を_支持_(ほぼ 原題通りの表現です) 1707251709 
(ニュース冒頭) _消化管`系__腫瘍_ の _管理_に於いては_患者さん_選択_ が キーであるとの 論議 1707072318 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) _早期_胃がん_`に於いて、_粘膜下層`剥離術_と_外科手術_ 後 の _生存_ は 同様 1705162329 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) _HER2 −陽性__進行期__胃`食道がん__に対し、trastuzumab emtansine で 好結果は 得られず_との報告 1704181626 
(ニュース冒頭) _早期_胃がん_に於いて_幽門部_温存__胃`切除`術_を 支持する_研究`結果_ 1704041617 
(↑2017年 4月)

(ニュース冒頭) Opdivo ( nivolumab ) が _進行期`胃がん_を有する_患者さん_ での _生存 を 改善_ 1702072257 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) nivolumab_ : __進行期`胃がん__に対する__新しい__治療`選択肢_ 1701211549 
(ニュース冒頭) _進行期`胃がん_に於いて、_少なくとも_29 の_リンパ節_摘出 が _より良好_な_生存_と 関連している との研究結果 1701121705 
『論文類』 _切除`可能的__胃、又は、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__術前`補助_docetaxel / oxaliplatin / fluorouracil / leucovorin 対 epirubicin / cisplatin / fluorouracil 〜(続く) 1612041707 
『 ASCO abstract 』 _進行期_CLDN18.2 −陽性 _胃_、及び、_胃`食道`接合部__腺がん__に対する__第一線`治療_としての epirubicin / oxaliplatin / capecitabine ± IMAB362 〜(続く) 1611282246 

『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する_ S-1 −含有__レジメン_に続く_第二線`化学療法_としての nab-paclitaxel、paclitaxel、及び、irinotecan の間での_有効性__比較_ 1611281708 
『 ASCO abstract 』 _転移性__胃`食道`接合部_、及び、_胃_腫瘍_ に於ける _維持`化学療法_ 1611281645 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん_を有する_年配`患者さん に於ける _生存_への、_白金系`化学療法剤_ / 5-fluorouracil_併用_への_タキサン系化学療法剤_追加 の _効果__ : _〜(続く) 1611281632 
『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん_を有する_患者さん_ での _病気`進行_を 超えての trastuzumab 継続_ : _25_症例_の_後ろ向き`方式`解析_( MD Anderson_経験_ ) 1611271706 
『 ASCO abstract 』 転移性_、又は、局所`進行期_非−扁平上皮`性_胃`食道がん_を有する_大規模_患者さん_コホート に於ける _投与`集中_taxotere / cisplatin / fluorouracil_レジメン_〜(続く) 1611271644 

『 ASCO abstract 』 _転移性`胃がん__に対する__修正 docetaxel / cisplatin / fluorouracil_レジメン_ の _現実`生活_ での _結果状況_ 1611271626 
『 ASCO abstract 』 _進行期__HER2 −陽性__化学療法`抵抗性__胃がん__に対する_trastuzumab / irinotecan による治療_ : _OGSG1203 (HERBIS-5)( _フェーズ_2_臨床`試験_ ) 1611271617 
『 ASCO abstract 』 _進行期_ / _転移性__胃がん__に対する__第三線_全身的`治療_ 対 _サポート`ケア__ : __系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1611262240 
『 ASCO abstract 』 _進行期`胃がん__に対する_docetaxel / cisplatin、及び、継続的 capecitabine スケジュール ( DCX )による治療_ : _ML21085 ( _フェーズ_2_研究_ ) の _最終的`結果 1611261748 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胃_、又は、_胃食道`接合部_腺がん__に対する__第一線_panitumumab + docetaxel / cisplatin_ : __フェーズ_2_臨床`試験_( SPIGA ) の _結果_ 1611261450 

『 ASCO abstract 』 _再発性_ / _転移性__胃がん_を有する アジア人_患者さん_ での _最先発`実施__治療_としての 4 種類の_2剤`併用`レジメン_の_比較__ : __ランダム化__フェーズ_2_臨床`試験_ 1611222243 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

***** 大腸(結腸、虫垂、直腸、肛門) *****


『論文類』 regorafenib −関連_ の _疲労`消耗`感_ and / or 不快感 _に対する_dexamethasone による_予防_効果__ : __非−切除可能的__転移性__結腸`直腸`がん_を有する_患者さん での 〜(続く) 1806150026 

『総説紹介文』 _転移性`結腸直腸がん_ に於ける cetuximab、及び、panitumumab の 異なる_毒性__ : __系統的__レビュー_、及び、_メタ解析_ 1806031409 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`有り の_MSI-H/dMMR_転移性__結腸`直腸`がん__治療用_として Opdivo ( nivolumab ) + _低用量_Yervoy ( ipilimumab )を_認可_ 1807121706 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第二線`治療_としての_修正_XELIRI ( capecitabine / irinotecan ) 対 FOLFIRI ( leucovorin / fluorouracil / irinotecan )〜(続く) 1805182359 
(↑2018年 7月)
(ニュース冒頭) _いくらかの__直腸がん__に対しては 必要なのは_外科手術_のみ との研究結果_ : _OCUM_臨床試験_ 1806271649 
『総説』 _転移性`結腸直腸がん_を有する_患者さん_ に於ける _第二線`治療_を 超えて_ : __系統的__レビュー_ 1805141354 

(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん__に対する__化学療法_に伴う_有害`事象_ は 女性 の _患者さん_の ほうで より_高頻度_である との研究結果 1806160026 
( ASCO ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_外科手術 に於いて 加熱_化学療法_には_生存`利益_は 無い との研究結果 1806070032 
(↑2018年 6月)
『論文類』 _結腸`直腸`がん__に対する_3 ヶ月間 対 6 ヶ月間 の _補助_oxaliplatin / fluoropyrimidine_併用`治療__ : _SCOT ( _国際的_、_ランダム化_、_フェーズ_3_、_非`劣性__臨床試験_ ) 1804170049 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん__に対する__第一線`治療_としての S-1 / irinotecan + bevacizumab 対 mFOLFOX6、又は、CapeOX + bevacizumab_ : _TRICOLORE ( 〜(続く) 1804100025 
『 JCO 論文』 _ステージ_3__結腸がん_を有する_患者さん_ での ナッツ 摂取、と、_生存__ : _CALGB 89803 (Alliance)からの_結果_ 1804090032 

(ニュース冒頭) Roche 社_ の Tecentriq への 希望 が 重要な がん _臨床試験_で 失敗することて 挫折( ほぼ原文通りの表現 ) 1805121811 
『 JCO 論文』 _DNA ミスマッチ`修復`欠損_ / _マイクロサテライト`不安定性−高__転移性`結腸直腸がん__に対する_nivolumab / ipilimumab による_持続的__臨床的`利益_ 1803261639 
(↑2018年 5月)
(ニュース冒頭) NCCN が _神経_毒性_を _低下_させるため、_ステージ_3__結腸がん__に対し_より短い_期間 の _化学療法_を_推奨 1804300044 
(ニュース冒頭) _直腸がん_に於いて、_補助`化学療法_により_改善された__生存_が 見られる との研究結果 1804282326 
(ニュース冒頭) _局所`進行期__直腸がん__に対し、総_術前`補助__アプローチ_ が _有望的 1804050026 

(ニュース冒頭) Opdivo + Yervoy_併用_ が dMMR、又は、MSI-H _進行期__結腸`直腸`がん__に対し_有望的な_模様 との研究結果 1804030051 
(ニュース冒頭) 一定の_結腸がん_では、 より 短期間の_補助`化学療法_ で 同等の_効果_ との研究結果 1804010028 
(↑2018年 4月)
(ニュース冒頭) NCCN の_結腸がん__化学療法_ガイドライン に於ける 2004 年以来 最大の 変更 1803240035 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_を有する_患者さん_ に於ける trifluridine/tipiracil (TAS-102) 対 _プラセボ_ + _最良`サポートケア__ : __フェーズ_3_RECOURSE_臨床試験_〜(続く) 1802131727 
『論文類』 _進行期_ KRAS −変異__直腸がん__に対する__術前`補助__放射線`療法_ + capecitabine / sorafenib_ : __フェーズ1 / 2_臨床試験_( SAKK 41/08 ) 1802130016 

『 JCO 論文』 _先行治療`経験`有り の__転移性`結腸直腸がん_を有する アジア人_患者さん_ に於ける trifluridine/tipiracil (TAS-102) _単剤`治療__ : __ランダム化_、〜(続く) 1802050045 
(ニュース冒頭) ナッツ( _特に_木の実 )、と、_結腸`直腸`がん_ での _改善された__生存_ 1803021721 
(↑2018年 3月)
『論文類』 _未治療の__転移性__結腸`直腸`がん_を有する_年配`患者さん に於ける bevacizumab + _化学療法_ 対 _化学療法__単独_ の _比較__ : __ランダム化__フェーズ_2_〜(続く) 1801232339 
(ニュース冒頭) _結腸がん__に対する__補助`化学療法_ は _外科手術_後 6 ヶ月間 を 超えても_利益的_ との研究結果 1802212302 
(ニュース冒頭) sulindac / erlotinib が _家族性`腺腫性`ポリポージス《 FAP 》_ に於ける ポリープ負荷を 軽減 1802171616 
(↑2018年 2月)

(ニュース冒頭) nivolumab により MMR/MSI_結腸`直腸`がん_に於いて_持続的_な_奏効_ 1801280018 
(↑2018年 1月)
(ニュース冒頭) _第二線__結腸`直腸`がん__に対し、 より_低用量_ の _化学療法_( 修正 XELIRI_レジメン_ ) が _有望的 との研究結果 1711291655 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _結腸`直腸`がん__治療用_として_チェックポイント_阻害薬 標的_免疫`療法_を_認可_ 1711161714 
(ニュース冒頭) _高い_食物繊維`摂取 が _結腸がん_ での _生存__改善_に 関連している との研究結果 1711041720 
(↑2017年 11月)
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_ に於ける capecitabine / bevacizumab による_維持`療法__ : __フェーズ_3_CAIRO3_研究_の_分子的_サブグループ`解析_ 1709102351 

『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_を有する_重度に_先行治療`経験`有り の__患者さん_ に於ける EGFR 、及び、 VEGF 二重 阻害 による治療 1709080013 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_診断_後に _使用_された場合でも アスピリン は _有用的_である との研究結果 1710201655 
(ニュース冒頭) _転移性__結腸`直腸`がん_に於いて、 BRAF と EGFR の 療法を_標的_にすることにより_進行無し`生存_ が 倍増した との研究結果 1710172335 
『論文類』 _肛門管_、及び、_肛門`周囲`皮膚_ の がん に於ける _化学`放射線`療法__治療`挫折_後、_外科手術_ は _効果的_な_選択肢_である 1709072359 
『論文類』 10 箇所以上の_結腸`直腸`がん`肝臓`転移_を有する_患者さん_ での _長期的__結果状況_ 1709051715 

『論文類』 _転移性_ の dMMR、又は、MSI-H _結腸`直腸`がん__に対する_nivolumab による治療_ : _CheckMate 142 ( _ラベル`明示_、_多施設_、_フェーズ_2_研究_ ) 1709040014 
『論文類』 _標準的`治療_に_治療−抵抗性_の_転移性__結腸`直腸`がん_を有する_患者さん_のための TAS-102 + bevacizumab ( C-TASK FORCE )_ : _研究者−開始、_ラベル`明示_、〜(続く) 1709032352 
『論文類』 第一線_FOLFIRI / bevacizumab 後に_病気`進行している_転移性`結腸直腸がん_患者さん に於ける_治療_順序( irinotecan / cetuximab → FOLFOX-4、又は、その逆の順序 ) : 〜(続く) 1708280020 
(↑2017年 10月)
『論文類』 _年配`患者さん に於ける _ステージ_3__結腸がん_の_管理__ : ___一般`人口`集団_ に於ける 臨床`実地_パターン、及び、_結果状況_ 1707222320 
(ニュース冒頭) _転移性__結腸がん_の 特定サブタイプ _に対する_nivolumab 1708041708 
(↑2017年 8月)

( ASCO ニュース冒頭) _早期−ステージ__結腸がん__に対しては より 短期間 での _化学療法_ が 可能 との研究結果 1707112310 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期`結腸直腸がん__治療用_として Vectibix ( 精密_結腸がん_治療薬_ )を_認可_ 1707112255 
(ニュース冒頭) 右側に位置する__進行期_結腸`直腸`がん__に対し、_肝臓__選択的`内部`放射線`療法《 SIRT 》_ が _利益_がある との研究結果 1707111634 
『 JCO 論文』 _結腸`直腸`がん`肝臓`転移_の_切除_後、_周術期__肝動脈`注入_ポンプ_化学療法_ は _より長い__生存`期間_を 伴う_ : __傾向`スコア__解析_ 1706111645 
(ニュース冒頭) SUNSHINE_臨床試験__ : _ビタミン D が _結腸がん_ での _病気`進行_を 遅らせる との研究結果 1707082334 

(ニュース冒頭) _消化管`系__腫瘍_ の _管理_に於いては_患者さん_選択_ が キーであるとの 論議 1707072318 
『論文類』 _転移性`結腸直腸がん_の_第一線`治療_ に於ける S-1 対 capecitabine_ : _Dutch Colorectal Cancer Group による SALTO_研究_( _ランダム化__フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1706032322 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_であるとの_診断_後 の アスピリン_使用_により、 一部の_患者さん_ での _生存_ が _改善_ 1706241741 
( ASCO ニュース冒頭) SUNSHINE ( _フェーズ_2_臨床`試験_ )_ : _ビタミン D が _結腸がん_ の _病気`進行_を 遅延化 1706081650 
(ASCO ニュース冒頭) より少ない が より多い_ : __結腸がん_の_患者さん_に _化学療法_休み(ほぼ 原題通りの表現です) 1706062256 
(↑2017年 6月)

『論文類』 _再発性__肛門管がん__に対する_pembrolizumab ( _抗− PD-1_抗体_ ) の _安全性_、及び、_抗−腫瘍_活性_ 1705012342 
(ニュース冒頭) _化学`放射線`療法_後 の 一定の_直腸がん__患者さん_に於いて、_経過`観察__アプローチ_ が _選択肢_である可能性がある との研究結果 1705231656 
『総説紹介文』 _直腸がん__に対する__トータル`術前`補助`療法__ : __現われつつある__選択肢_ 1704231630 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん`肝臓`転移_の_切除_後 の _化学療法_ポンプ 埋め込み により_生存 が 改善_ 1705092316 
『論文類』 _米国_の__放射線_腫瘍科`医_ は _直腸がん__に対する__術前`補助`療法_として_長期_コース__化学`放射線`療法_のほうを_短期コース__放射線`療法_よりも 引き続き〜(続く) 1704161708 
(↑2017年 5月)

『論文類』 _先行治療`経験`有り の__非−切除可能的__転移性__肛門`がん__に対する_nivolumab による治療_ : _NCI9673 ( _多施設_、_単一`治療`グループ_、_フェーズ_2_研究_ ) 1704052305 
(ニュース冒頭) _ステント_ が 左結腸_悪性_閉塞__に対する__外科手術_までの ブリッジとして_効果的_ との研究結果 1704201639 
『論文類』 _ステージ_4__結腸がん_を有する_患者さん_ に於ける _原発`腫瘍_切除_ の 比較_有効性_ 1703241641 
『論文類』 _肛門__扁平上皮がん__に対する__化学`放射線`療法_ の 完全_臨床的`反応_を_評価_するための 最良の 時期_ : _ACT II ( _ランダム化_比較__フェーズ_3_臨床`試験_の〜(続く) 1703191619 
『論文類』 _直腸がん_ に於ける 、_術前__放射線`療法_の_最適な_分割、及び、_手術_への タイミング_ : _Stockholm III ( _多施設_、_ランダム化_、_非ブラインド化_、〜(続く) 1703182317 
(↑2017年 4月)

『 JCO 論文』 HIV −随伴の__肛門`がん__に対する_cetuximab + _化学`放射線`療法__ : __フェーズ_2_AIDS Malignancy Consortium Trial 1702271658 
『 JCO 論文』 _肛門`がん_を有する_免疫能`正常な__患者さん_ に於ける cetuximab + _化学`放射線`療法_による治療_ : __フェーズ_2_〜(続く) 1702271641 
『論文類』 _選択的な__ステージ_2 / 3 _直腸_腺がん__に対し、_術前`補助__化学`放射線`療法_を _術前`補助__多剤__化学療法_に 置き換えることは 可能か?_ : _〜(続く) 1702242239 
(ニュース冒頭) あなたの_治療__選択肢_を 知ろう_ : __結腸`直腸`がん__肝臓`転移_ 1703141638 
(ニュース冒頭) nivolumab が _進行期__転移性__肛門`がん_に於いて_有望的 1703021605 
(↑2017年 3月)

『論文類』 _進行期`結腸直腸がん__に対する__新規な__抗体_治療_として の MABp1_ : __ダブル`ブラインド_、_プラセボ−比較_、_フェーズ_3_研究_ 1702042256 
(ニュース冒頭) 一定の_直腸がん__患者さん_に於いては、_開腹`手術_の ほうが_より良好である 可能性あり との研究結果 1702171606 
(ニュース冒頭) _結腸`直腸`がん_の_評価_に於いて、_いくつかの__分子的バイオマーカー が _有用的__ : __ガイドライン_ 1702141714 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) 米国で、_より若年__結腸がん__患者さん_に_化学療法_ が 過剰_使用_されているのではないか とする_研究`結果_ 1701271657 
(ニュース冒頭) _開発_中 の 新薬 が _進行期__転移性_中腸_神経`内分泌`腫瘍_を有する_患者さん_ での _結果状況_を_改善_ 1701241712 

『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性__転移性_の _肛門管_扁平上皮がん__に対する_nivolumab による治療_ : __多施設_eETCTN_フェーズ_2_研究_( NCI9673 ) 1612292253 
『論文類』 _第一線__導入治療_後に_維持`療法_を 受ける_転移性`結腸直腸がん__患者さん_ に於ける _生活の質__評価__ : __フェーズ_3_AIO KRK 0207_臨床試験_の_事前`計画の__解析_ 1612261626 
(ニュース冒頭) _進行期__結腸`直腸`がん__に対する__新しい_処方_ : _運動 1701201657 
『論文類』 _直腸がん__患者さん_に於いて、_補助`化学療法_への_劣った__治療`遵守_ が _より劣った__生存_に 関連_ : _NCDB _解析_ 1612181635 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

***** 胆嚢、胆管 *****


『論文類』 _進行期__胆管がん_ に於ける _第一線`治療_としての everolimus_単剤`治療_ の _フェーズ_2_研究_、及び、バイオマーカー探索_ : _RADiChol_研究_ 1805311742 
(↑2018年 7月)
『論文類』 _肝臓`胆管`がん__に対する__第一線`治療_としての gemcitabine + _白金系`化学療法剤−ベース__化学療法__ : _AGEO フランス_多施設__後ろ向き`方式`研究_ 1803181635 
(↑2018年 4月)

『 JCO 論文』 FGFR −変異_進行期__胆管がん_を有する_患者さん_ に於ける BGJ398 による治療_ : __フェーズ_2_研究_ 1801221710 
『論文類』 _進行期__胆管がん__に対する__第二線`治療_としての capecitabine / irinotecan / gemcitabine + bevacizumab の _有効性_、及び、_安全性__ : __フェーズ_2_研究_ 1801050029 
(↑2018年 2月)
(ニュース冒頭) gemcitabine + S-1 が 日本で _胆管がん_ の _治療`選択肢_ との研究結果 1801310017 
『論文類』 _リンパ節−陽性_ の _胆嚢`がん_、及び、_肝内胆管がん に於ける _外科手術_、及び、_補助`療法_ の _役割_ 1712260105 
(↑2018年 1月)
『総説』 コーヒー摂取、と、_胆嚢`がん__リスク_との 関連性_ : __前向き方式`研究_ 1707111703 
(↑2017年 8月)

『論文類』 _進行期__胆管がん__に対する_cabozantinib_ : __フェーズ_2_、及び、バイオマーカー_研究_ 1705241709 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) _胆管がん_に関する_新しい__データ_ が 一晩で _臨床`実地_を 変えるであろうとの 見方 1705191722 
『論文類』 __肝内`胆管がん_を有する_患者さん に於いて、_局所`治療_ が _肝臓_治療`挫折_の_リスク_を 低下させ、_生存_を _改善__ : _362 名 の _順次的_患者さん_の 包括的_解析_ 1704152334 
(↑2017年 5月)
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん_ に於ける _第二線`化学療法_の_結果状況__ : __後ろ向き`方式__多施設__解析_ 1612271649 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__ : __米国_ の _三次`医療`センター_ に於ける ABC-02_レジメン_による_経験_ 1612191704 

『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的_、及び、_転移性__胆管がん_のための_化学療法__結果状況__ : _fluoropyrimidine ( FP )_化学療法_ の _役割_−_後ろ向き`方式`解析_ 1612191649 
『 ASCO abstract 』 _非−切除可能的__胆嚢`がん_の_管理_ に於ける _修正_gemcitabine / oxaliplatin ( mGEMOX ) 対 gemcitabine / cisplatin の _比較__ : _〜(続く) 1612172255 
『 ASCO abstract 』 _進行期__胆管がん__に対する_、gemcitabine / _白金系`化学療法剤__併用__治療`挫折_後 の _白金系`化学療法剤_再_投与__ : _全国的 AGEO_後ろ向き`方式`研究_ 1612122242 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

***** 消化器系全般、その他(GIST、小腸など) *****



(↑2018年 7月)

(ニュース冒頭) Lutathera ( ペプチド_レセプター__放射性`核種`療法_ ( PRRT )) が _神経`内分泌`腫瘍__治療用_として _認可_ 1805050101 
(↑2018年 5月)
『総説紹介文』 _消化管`間質`腫瘍《GIST》_ 1801071549 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Lutathera を 特定のタイプ の _消化管`がん_治療用_として_認可_ 1802070033 
(ニュース冒頭) _膵`消化管`神経`内分泌`腫瘍( GEP-NET )_に対する__第二線`治療_の 武器庫 に於ける 「_新しい_ツール」 1802030019 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 胃腸膵_神経`内分泌`腫瘍__に対する__治療用_として Lutathera ( lutetium Lu 177 dotatate )を_認可_ 1802010028 
(↑2018年 2月)

『論文類』 小腸_腺がん_の_特徴_、及び、_結果状況__ : __多施設__後ろ向き`方式__観察`研究_ 1711241713 
(↑2018年 1月)
『論文類』 imatinib に_治療−抵抗性_ and / or 非−_忍容性 の _消化管`間質`腫瘍 _に対する_dovitinib による治療 1710280012 
(↑2017年 12月)
『論文類』 _進行期_、_非−機能性_、_高`分化`型_ _消化管`系_、又は、_肺__神経`内分泌`腫瘍_を有する_患者さん_ に於ける everolimus 対 _プラセボ_ の _健康`関連`性`の`生活の質_ : 〜(続く) 1710131703 
(↑2017年 11月)
『論文類』 North Central Cancer Treatment Group N0543 (Alliance)( フェーズ2_臨床`試験_)_ : __進行期_小腸_腺がん_に対する_第一線`治療_としての irinotecan / oxaliplatin / 〜(続く) 1709182342 
(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) everolimus による_神経`内分泌`腫瘍__治療_中に _生活の質_ が 維持される との研究結果 1709151702 
(↑2017年 9月)

(ニュース冒頭) _欧州_規制_当局_ が Steve Jobs を 殺した がん _に対する__核`医薬 を_支持_(ほぼ 原題通りの表現です) 1707251709 
(↑2017年 7月)
『 JCO 論文』 _進行期__カルチノイド_腫瘍_を有する_患者さん_ に於ける _デポ剤_octreotide + interferon alfa-2b 対 _デポ剤_octreotide + bevacizumab_ : _〜(続く) 1705212321 
(↑2017年 6月)
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__転移性__消化管`間質`腫瘍 _に対する ヒト_olaratumab ( IMC-3G3 : _抗− PDGFR α_モノクロナル抗体_ )_ : __フェーズ_2_研究_ 1703222249 
『論文類』 小腸、又は、ファーテル膨大部 の _進行期__腺がん_を有する_患者さん に於ける bevacizumab + capecitabine / oxaliplatin_ : __単一`センター_、_ラベル`明示_、_フェーズ_2__研究_ 1703171726 
『論文類』 _外科的_切除_された 十二指腸_腺がん_を有する_患者さん_ の _管理_ に於ける _補助__化学療法_ 対 _化学`放射線`療法__ : _全国的_臨床_がん`領域_データベース の 〜(続く) 1703171643 

『 JCO 論文』 _肺がん_、及び、_消化管`系_ がん _患者さん_ に於ける _早期_統合_緩和`ケア_ の _効果__ : __ランダム化`臨床`試験_ 1703141655 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) 消化管`間質`腫瘍《 GIST 》_を有する 一部 の _患者さん_で、imatinib により_長期`生存__との報告 1702231545 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) _消化管`間質`腫瘍_を有する_若年`成人に於いては_外科手術_ が 好ましい 可能性あり との研究結果 1701272244 
(ニュース冒頭) _開発_中 の 新薬 が _進行期__転移性_中腸_神経`内分泌`腫瘍_を有する_患者さん_ での _結果状況_を_改善_ 1701241712 
(ニュース冒頭) 中腸_神経`内分泌`腫瘍_ に於ける _放射性`医薬品_による_印象的な__結果 を_フェーズ_3_臨床`試験_で 確認 1701121721 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

【諸情報(患者さん団体など)】

食道発声法 (当該テーマに関する個人さんのホームページ)

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告