表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
血液・リンパ系、骨髄 情報データベース

*****目次*****

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

病気別に資料をまとめてあります(病気の分類は必ずしも系統的な枝分かれになっていませんが、資料の内容によりますので、ご了解ください)

***** 急性骨髄性白血病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : 急性骨髄性白血病の治療《eMedicine》
 ‥資料 A : 治療の全体像( ACS )

急性骨髄性及び骨髄単球性白血病の化学療法 

急性骨髄性白血病の放射線療法 

***** 急性骨髄単球性白血病 *****

急性骨髄性及び骨髄単球性白血病の化学療法 

***** 急性リンパ性白血病 *****


成人 での 急性`リンパ性`白血病(ALL)の治療《 ACS 資料のご紹介》(作成開始:'17/2)

基本的な資料 
 ‥資料 B : _急性`リンパ性`白血病_の_治療_《eMedicine》
 ‥資料 A. : 治療の全体像( ACS )

急性リンパ球性白血病の化学療法 

急性リンパ性白血病の放射線療法 

***** 慢性骨髄性白血病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : 慢性`骨髄性`白血病_の_治療_と_治療薬_《eMedicine》
 ‥資料 A : 治療の全体像《ACS》

慢性骨髄性白血病の化学療法

***** 慢性リンパ球性白血病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : 慢性`リンパ球性`白血病の 治療・治療薬《eMedicine》
 ‥資料 A : 治療の全体像

慢性リンパ球性白血病の化学療法

***** 小児患者さんでの白血病 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** 骨髄異形成症候群 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** ホジキン病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : ホジキン`リンパ腫_の_治療_《eMedicine 資料のご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

ホジキン病の化学療法 

ホジキン病の放射線療法 

***** 非ホジキンリンパ腫 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

非ホジキンリンパ腫の化学療法

非ホジキンリンパ腫の放射線療法 

***** 小児患者さんでの非ホジキンリンパ腫 *****

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像《ACS資料のご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

***** B−細胞`性`リンパ腫_ *****

基本的な資料 
  ‥資料 A : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療《eMedicine資料 ご紹介》

***** 多発性骨髄腫 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : _多発性`骨髄腫_の_治療_・薬物療法《eMedicine資料ご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

多発性骨髄腫の化学療法

多発性骨髄腫の放射線療法 



Topics集《index_001》
‥資料 A : 多発性`骨髄腫_で新しい_併用レジメン_が_有望的

***** 有毛細胞白血病(ヘアリーセル白血病) *****

基本的な資料 
 資料 001-A : 有毛細胞白血病の_治療_《eMedicine 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='10/7)

有毛細胞白血病(ヘアリーセル白血病)の化学療法

***** 皮膚浸潤性 T 細胞リンパ腫(菌状息肉腫) *****

皮膚浸潤性T細胞リンパ腫(菌状息肉腫)の化学療法

***** ワルデンシュトレームマクログロブリン血症 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

ワルデンシュトレームマクログロブリン血症の化学療法

***** 真性多血症、本態性血小板増加症 *****

真性多血症、本態性血小板増加症の化学療法

***** 皮膚リンパ腫 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** _びまん性`大細胞型`リンパ腫_ *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** _濾胞性`リンパ腫_ *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** __リンパ芽球`性`リンパ腫__ *****

基本的な資料 
 ‥資料 001-A : 治療の全体像

***** _マントル細胞`リンパ腫_*****

基本的な資料 
 ‥資料 001-A : _マントル細胞`リンパ腫_の_治療_《Medscape Reference資料の ご紹介 '12/5》

***** ___皮膚` T −細胞`リンパ腫___ *****

◎「その他情報データベース」のページをご覧ください。

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

◎分類に関する ご注意!


急性骨髄性白血病、etc. といった名称に明確に分類されない記事は、----- その他の白血病・白血病一般 -----に分類してありますので、ご参照ください(例えば、NK細胞白血病も ここに分類していきます)。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。


***** 白血病 *****

----- 急性骨髄性白血病、急性前骨髄球性白血病 -----


(↑2017年 10月)

『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病__に対する__導入治療_ に於ける idarubicin、と、_高用量_daunorubicin の _前向き方式__ランダム化__比較_ 1708190020 
(ニュース冒頭) _HLA-不適合__ミクロ`移植_が、_より年配__急性`骨髄性`白血病__患者さん_に於いて_利益的_ との研究結果 1709221711 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病_ に於ける gilteritinib による FLT3_選択的 阻害_ : __多施設_、_ヒトで最初、_ラベル`明示_、_フェーズ1〜2_研究_ 1707311719 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _急性`骨髄性`白血病__治療用_として Mylotarg ( gemtuzumab ozogamicin )を_認可_ 1709022259 
(↑2017年 9月)
『論文類』 FLT3 −変異__急性`骨髄性`白血病__に対する__他家`造血`幹細胞`移植_後 の 維持_薬_としての sorafenib の _有効性_、及び、_実施`可能性_ 1707222335 

(ニュース冒頭) arsenic trioxide による_強化`療法_ が _若年__白血病__患者さん_ に於ける _アントラサイクリン系`化学療法剤__用量_低減 を 可能にさせる との研究結果 1708200015 
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病__に対する_treosulfan −ベース_移植前`処置`レジメン_後 の _長期的_結果状況__ : _European Society for Blood and Marrow Transplantation 〜(続く) 1707101646 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 特定のタイプ の _劣った`予後_ の _急性`骨髄性`白血病__治療用_として Vyxeos ( daunorubicin / cytarabine )_注射用_リポゾーム剤 を_認可_ 1708042350 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が IDH2_遺伝子`変異_を 伴う _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病__治療用_として Idhifa ( enasidenib )を_認可_ 1708021640 
(↑2017年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA _がん治療薬`諮問`委員会_ が gemtuzumab の _急性`骨髄性`白血病__治療用_としての_使用_再開 を 勧告 1707142338 
(↑2017年 7月)

(ニュース冒頭) Seattle Genetics 社 が vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ ) の _晩期_ステージ__研究_を 停止 1706282318 
(ニュース冒頭) _精密_治療薬_enasidenib が _急性`骨髄性`白血病__治療_に於いて_効果的_ 1706202329 
『 JCO 論文』 _成人__急性`骨髄性`白血病__に対する__強化`療法_の 間での idarubicin_用量`引き上げ_ 1705211725 
(↑2017年 6月)
『 JCO 論文』 _第一`寛解`期_にある_急性`骨髄性`白血病_を有する_より若年__成人`患者さん_のための clofarabine −ベース_強化`治療__ : __ランダム化__フェーズ_2_研究_ 1704122337 
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_、及び、_骨髄`異形成`症候群__に対する__骨髄`破壊_的 対 _強度`軽減__造血`細胞`移植_ の _比較_ 1704112254 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rydapt ( midostaurin )を FLT3 −変異__急性`骨髄性`白血病_、及び、_全身性`肥満細胞`症__治療用_として_認可_ 1704301648 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) Jazz Pharmaceuticals 社 が Vyxeos (CPX-351)( _急性`骨髄性`白血病__治療用_として_開発_中 )のための_新薬`申請( NDA )_ローリング提出を 完了 1704042311 
(↑2017年 4月)
『 JCO 論文』 _非−_高リスク__急性`前骨髄球性`白血病__に対する_retinoic acid + arsenic trioxide の、 retinoic acid + _化学療法_に_比較_しての_改善された__結果状況_ 1702191637 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が IDH2_遺伝子`変異_を 伴う__再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病_の_治療用_として、enasidenib の_新薬`申請( NDA )_を受理し、_優先`審査_を_賦与_ 1703111759 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _治験`中止_命令を 解除したことにより、Seattle Genetics 社 が vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )の_臨床試験_を 再開 1703081726 
(↑2017年 3月)

『 JCO 論文』 アンドロゲンの追加により_急性`骨髄性`白血病_を有する_年配`患者さん での _生存_ が _改善__ : _GOELAMS_研究_ 1701281654 
(ニュース冒頭) _骨髄`破壊的``移植前`治療_の 後のほうが、_より良好_な_急性`骨髄性`白血病_ での _結果状況_ との研究結果 1702221718 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_を有する_年配`患者さん に於いて Venclexta + _低用量_cytarabine が _効果的_ 1701261722 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) Seattle Genetics 社が_開発_中の vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )に_治験`停止`措置_ 1612291630 
(ニュース冒頭) CPX-351 ( cytarabine / daunorubicin の _新規な__リポゾーム化_剤 ) が_より年配_の_高リスク__急性`骨髄性`白血病__患者さん に於いて_より良好_な_結果状況_ 1612151721 

『論文類』 _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病_ に於ける TP53_遺伝子`変異__ : _臨床`分子的_特徴_、_治療_への_反応_、及び、_結果状況_ 1611131703 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が midostaurin ( _急性`骨髄性`白血病_など の _治療用_ )に_優先`審査_を_賦与_ 1611172240 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) アンドロゲン が _より年配_の_急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での _生存 を 改善_する との研究結果 1610291651 
(ニュース冒頭) Jazz Pharmaceuticals 社 が Vyxeos (CPX-351)( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )の_新薬`申請( NDA )_ の _ローリング`提出_を開始、2017 年始めまでの_申請 完了を 予定 1610051634 
(↑2016年 10月)
『総説』 _新たに_診断_された__急性`前骨髄球性`白血病_ の _現行の__管理_ 1608011707 

(ニュース冒頭) venetoclax が _急性`骨髄性`白血病_で_有望性を 示した との研究結果 1608212248 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病__に対する__治療用_として、pracinostat に( azacitidine との_併用_で ) _ブレークスルー治療`認定_を_賦与_ 1608091708 
(↑2016年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が GlycoMimetics 社 の GMI-1271 ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )に_ファースト・トラック《急行`車線》`認定_を_賦与_ 1607051714 
(↑2016年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) CPX-351 が _高リスク__急性`骨髄性`白血病__に対する__新しい__標準的`ケア_となるか 1606281621 
(↑2016年 6月)
『総説』 _急性`骨髄性`白血病_ に於ける _新薬_ 1604241735 

『総説紹介文』 _急性`前骨髄球性`白血病、及び、_その他の_骨髄性_新生物_の_治療_ に於ける ヒ素 の 進歩 : _効果的_な_経口__外来__治療_への 移行 1604091655 
(↑2016年 5月)
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病_の_集中的`化学療法_不適の _より年配__患者さん_ に於ける gemtuzumab ozogamicin 対 _最良`サポートケア_ : 〜(続く) 1603111745 
(↑2016年 4月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_ の _年配`患者さん での _生存 を Vyxeos ( CPX-351 ) が _改善_ 1603301643 
(ニュース冒頭)米国 FDA が midostaurin を_急性`骨髄性`白血病__治療用_として_ブレークスルー治療`認定_ 1603161727 
(↑2016年 3月)
『 JCO 論文』 _最初の__完全`寛解_にある_急性`骨髄性`白血病_ の _より年配__患者さん_のための_引き下げ−強度__移植前`処置`レジメン__使用_の_他家`移植_に関する_フェーズ_2_研究_ : 〜(続く) 1512141740 

『論文類』 _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病_を有する 60 歳以下の_患者さん_ に於ける _標準的`治療_への sorafenib、又は、_プラセボ_の 追加の_比較_ : 〜(続く) 1512051711 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _幹細胞`移植_を 受ける_急性`骨髄性`白血病_や_骨髄`異形成`症候群__患者さん_のためには、_骨髄`破壊的_治療`レジメン_ が _強度軽減`_治療_よりも 優れている との研究結果 1601021809 
(↑2016年 1月)
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病__に対する__他家`造血`幹細胞`移植_の 準備レジメンとしての busulphan / cyclophosphamide 対 busulphan / fludarabine : 〜(続く) 1511131751 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_に於いて、_微小`残存`病変_ は 問題である との研究結果 1512192039 

(ニュース冒頭) midostaurin が _急性`骨髄性`白血病_のサブセットに於いて_生存 を 改善_ 1512151726 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病__に対する_midostaurin : _最初の__分子標的`治療`薬_ が _生存_を_改善_ 1512081730 
(ニュース冒頭) ASH 2015 で 注目 される 発表は 何か? 2 件の_臨床`実地``変更的_な_臨床試験_ 1512031740 
(↑2015年 12月)
『論文類』 _全ての__リスク_グループ_ の _急性`前骨髄球性`白血病 _に対する_arsenic trioxide / all-trans retinoic acid_治療_ : AML17 ( _ランダム化__コントロール__フェーズ_3_臨床`試験_ ) 1510161745 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) _化学療法−無し_アプローチ_ が _前`骨髄球`性`白血病_に於いて 助けになる との研究結果 1510100031 
(↑2015年 10月)

『論文類』 _最初の`再発_、又は、_治療−抵抗性_ の _急性`骨髄性`白血病__に対する_vosaroxin / cytarabine 対 _プラセボ_ / cytarabine の _比較_ : VALOR (〜(続く) 1508311706 
(↑2015年 9月)
『総説紹介文』 _急性`骨髄性`白血病__に対する__免疫`療法_ 1508092348 
『論文類』 新たに_診断_された_急性`骨髄性`白血病_の_より年配_患者さん に於ける clofarabine / _低用量_cytarabine、と、交替してのdecitabineによる治療 : フェーズ_2_臨床`試験_の_最終的`結果 1507100004 
(ニュース冒頭) _血縁`半`合致`ドナー_からの_幹細胞_により_治療_された_急性`骨髄性`白血病__患者さん_で_有望的な__生存_ 1508010036 
(↑2015年 8月)
『論文類』 _初回治療_後 の 9,380 名 の _急性`骨髄性`白血病__患者さん_ に於ける _早期`死亡`率_ の _改善_状況 : SEER データベース_解析_ 1506221753 
(↑2015年 7月)

(ニュース冒頭) _化学療法剤_無しの_治療_ が _高リスク_ の _急性`前骨髄球性`白血病__に対しても_良好な__結果_ 1506181725 
(ニュース冒頭) Agios 社 の _白血病_治療薬_ が _印象的な__奏効率_を 示した との研究結果( _急性`骨髄性`白血病_、_骨髄`異形成`症候群_ ) 1506161737 
(↑2015年 6月)
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病__に対する__強度`軽減`前処置_( fludarabine / busulphan 対 fludarabine / melphalan ) : European Group for Blood and Marrow Transplantation の 〜(標題続く) 1503232246 
(↑2015年 4月)
『 JCO 論文』 NPM1−変異_急性`骨髄性`白血病の_患者さんに於ける_他家`幹細胞`移植 : SAL-AML 2003 試験内での_まず最初の HLA タイピング後の _前向き方式_ドナー 対_ドナー_無し_解析_ 1502131733 
(ニュース冒頭) _再発した__急性`前骨髄球性`白血病_で arsenic trioxide が 助けになる との研究結果 1503122236 

『論文類』 第 1 回目`再発の_急性`骨髄性`白血病の_成人患者さんでの CPX-351( cytarabine / daunorubicin リポゾーム注射)対 集中的_救助治療:フェーズ2、多施設、ランダム化`臨床試験 1502062244 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が CPX-351 ( _年配`患者さん に於ける _二次的_急性`骨髄性`白血病__治療用_ )に_ファースト・トラック《急行`車線》`認定_ 1501291723 
(↑2015年 1月)
『 JCO 論文』 _急性`前骨髄球性`白血病_に対する__維持`療法_としての tamibarotene : _ランダム化`比較`臨床試験_の_結果_ 1411231619 
(ニュース冒頭) _開発`段階 の AG-221 ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )に関する ASH に於ける 話題 1412182245 
(ニュース冒頭) Actinium 社 の、年配`患者さん での _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病__治療用_としての Actimab-A に 米国 FDA が_オーファン・ドラッグ`認定_ 1412141723 

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病__に対する__チロシンキナーゼ`阻害薬_の_利益_に関する_最初の__ランダム化`臨床`試験_からの_証拠_ 1412091701 
(↑2014年 12月)
『 JCO 論文』 _急性`前骨髄球性`白血病_に対する_retinoic acid / arsenic trioxide 対 retinoic acid / _化学療法_ 1410191722 
(↑2014年 11月)
『 JCO 論文』 新たな急性骨髄性`白血病を有する小児、及び、青年患者さんでの gemtuzumab ozogamicinがイベント無し生存を改善 1409221721 
(↑2014年 10月)
『総説紹介文』 _より年配__成人`患者さん_ での _急性`骨髄性`白血病_、及び、_骨髄`異形成`症候群_ 1408282306 
『論文類』 _成人の_急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での _導入`化学療法_への gemtuzumab ozogamicin の_追加 1408242232 

『論文類』 _再発性__急性`骨髄性`白血病_を有する_小児`患者さんに於ける clofarabine / cytarabine の_有効性_ 1408202329 
(↑2014年 9月)
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_の_小児`患者さん に於ける 外来 抗−細菌_予防`投与_の_実施`可能性_、有効性_、有害`効果_ 1407212309 
(ニュース冒頭) _いくらかの__炎症性`腸`疾患__治療薬_への_曝露_により、_白血病__発症_ の _リスク_ が 上昇の可能性 1408081741 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) Mylotarg ( gemtuzumab ozogamicin ) が _急性`骨髄性`白血病_の 一定の_患者さん_で_生存_を_改善_ 1407251744 
(ニュース冒頭) _新規な__薬_volasertib が _急性`骨髄性`白血病_ での _奏効率_を 倍増 1407101712 
(↑2014年 7月)

(ニュース冒頭) azacitidine が _年配_患者さん_ での _新たに_診断_された_急性`骨髄性`白血病__に対し_効果的_ 1406192326 
(↑2014年 6月)
『 JCO 論文』 骨髄`異形成`症候群 /脊髄異形成関連変化を伴う急性`骨髄性`白血病に対する_azacitidine ± entinostat 長期投与 1404201720 
『論文類』 _集中的`化学療法_中の_急性``白血病_の_小児`患者さん での 重症_感染症_の ciprofloxacin 等 による成功的な_予防 1404141709 
(↑2014年 5月)
『論文類』 _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病__に対する__導入`化学療法_への gemtuzumab ozogamicin 追加の_効果_ 14.02.06ta 
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_に対する_寛解後_治療_としての_他家`移植_ 対 _化学療法_ : 前向き方式_釣合`対`分析 14.02.02tc 

『 JCO 論文』 46 歳未満の_急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での _導入治療_中の_高用量_cytarabine が _結果状況_を_改善_ 14.01.20ta 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) gemtuzumab が _急性`骨髄性`白血病_ の _小児`患者さん での _再発を_低下_ 13.12.11na 
『 JCO 論文』 急性`前骨髄球性`白血病の_第一線`治療_としての_経口_tetra-arsenic tetra-sulfide剤 対 静注_arsenic trioxide  13.11.18tb 
(↑2013年 12月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病 での 生存`改善_のためには_静注_busulphan による_移植前`処置_ が キー との研究結果 13.10.29nb 
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_の_より若年__患者さん のための_化学療法_の 最適化 13.09.22ta 
(↑2013年 10月)

(ニュース冒頭) _急性`前骨髄球性`白血病_に対し、_新しい__併用`治療_ が _標準的`治療_よりも優れる可能性ありとの_報告_ 13.07.11nb 
(↑2013年 7 月)
『 ASCO abstract 』 _化学療法_不適 の _急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での _初回治療としての 10 日間 decitabine 13.05.20ta 
『 ASCO abstract 』 _新たに_診断_された、又は、_再発した__急性`骨髄性`白血病__に対する_CIA_レジメン_ 対 FIA_レジメン_ 13.05.19tc 
『 ASCO abstract』 治療−抵抗性 / 再発した_急性`骨髄性`白血病_、骨髄`異形成`症候群に対する_PKC412 / 5-azacitidine_治療 13.05.18tc 
『 ASCO abstract 』 _進行期__急性`骨髄性`白血病__に対する_selumetinib (AZD6244) ( _経口_MEK 阻害薬_ )による治療 13.05.18ta 

『 ASCO abstract 』 _最初の`再発_の_急性`骨髄性`白血病__に対する_mitoxantrone / etoposide による治療 13.05.17tb 
『 ASCO abstract』 FLT3-ITD_遺伝子`変異_再発 / _治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病__に対する_5-azacitadine / sorafenib 13.05.17ta 
『 ASCO abstract 』 _急性`骨髄性`白血病_の_最初の_再発_に対する_初回_救助《サルベージ》治療_ : CPX-351 対 _研究者_選択 13.05.16ta 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) リポゾーム化_daunorubicin が_小児_急性`骨髄性`白血病_治療用_として_心臓毒性_が_より少ない との研究結果 13.05.31na 
(↑2013年 5 月)
『 JCO 論文』 _第一`寛解`期_に_移植_を 受けなかった_急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での _治癒`可能性 13.03.30tc 
(↑2013年 4 月)

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_に於ける gemtuzumab ozogamicin : 再考の 価値があるかも知れない 13.03.29na 
『 JCO 論文』 より年配の急性`骨髄性`白血病患者さんでの_導入治療での daunorubicin / cytarabine への bortezomib 追加…… 13.03.02tb 
(↑2013年 3月)
『 JCO 論文』 _小児`患者さん での _急性`骨髄性`白血病_ での _改善された__結果状況_ : リポゾーム化 daunorubicin 13.02.11ta 
『 JCO 論文』 50歳以上の_急性`骨髄性`白血病_患者さんでの idarubicinの、高用量_daunorubicinよりも優れた_長期的_結果状況 13.01.20td 
(↑2013年 2月)
(ニュース冒頭) _開発`段階 の CPX-351 が _急性`骨髄性`白血病_ の _より年配__患者さん_で_高度に__活性的_ 13.01.18na 

(ニュース冒頭) 急性`骨髄性`白血病_ の 先行治療`経験`無し の _年配__患者さんで_Revlimid / Vidaza _併用`治療 が 利益的 13.01.15na 
(↑2013年 1月)
(ニュース冒頭) quizartinib が _治療−耐性_ の _急性`骨髄性`白血病_で_有望的 12.12.19na 
(ニュース冒頭) quizartinib : _再発した__急性`骨髄性`白血病_に於ける 驚くべき、前例の無い_活性_( 原文の表現のまま ) 12.12.14na 
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_の_寛解_後_治療_としての_HLA −不一致__幹細胞_ミクロ移植 : _長期間_フォローアップ_ 12.11.18tb 
(↑2012年 12月)
『 JCO 論文』 導入`化学療法への gemtuzumab ozogamicin 追加により、急性`骨髄性`白血病の_年配`患者さんでの _生存_が_改善 12.11.09ta 

(ニュース冒頭) gemtuzumab ozogamicin が より_年配_ の _急性`骨髄性`白血病__患者さん_で「_有望的_」 との研究結果 12.11.13na 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) _再発した__急性`骨髄性`白血病__に対し、_幹細胞_「ミクロ移植」 が _有望的_かも知れない との研究結果 12.10.13nc 
(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) J&J 社 が _欧州_で_急性`骨髄性`白血病_と_多発性`骨髄腫_それぞれの_治療薬_の_認可_を 取得 12.09.29na 
(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__急性`前骨髄球性`白血病_の_年配__患者さん_で arsenic trioxide が _有用的_ 12.09.19na 
(ニュース冒頭) _コルチコステロイド_ は _急性`骨髄性`白血病_ の _小児`患者さん で_感染症_を 増加させる との研究結果 12.09.15na 

(↑2012年 9月)
(ニュース冒頭) _より年配_ の _急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での _生存_を gemtuzumab ozogamicin が _改善_ 12.08.08na 

『 JCO 論文』 _より年配の _再発した_ / _治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での clofarabine / cytarabine_治療 12.07.09ta 
(↑2012年 8月)
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_の_導入治療_で、daunorubicin / cytarabine への cladribine 追加で_生存`期間_ が _伸長_ 12.07.08tb 
(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_ が brentuximab vedotin ( _ホジキン`リンパ腫 等_用 )と decitabine の_認可_を_勧告_ 12.07.24na 
(ニュース冒頭) erythropoietin により、_急性`骨髄性`白血病_で_有意な__利益_ 12.07.21na 
『 JCO 論文』 新たに診断された急性`骨髄性`白血病、又は、骨髄`異形成`症候群に対する_vorinostat / idarubicin / cytarabine 12.06.18td 
(↑2012年 7月)

(ニュース冒頭) _より年配_ の _高リスク__急性`骨髄性`白血病__患者さん_ での decitabine による_有り得る的__生存`利益_ 12.06.19na 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_の cytarabine_治療_への_反応_を clofarabine が _改善_ 12.06.15nb 
『 JCO 論文』 _小児_、及び、_青年__患者さん_ での _急性`前骨髄球性`白血病_の_結果状況_ 12.05.09ta 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _他家`造血`幹細胞`移植_ が _高リスク__急性`骨髄性`白血病_サブタイプ_に対し_効果的_ 12.05.16na 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_ の _より年配_患者さん_の__生存_を_低用量_Mylotarg が _改善_の 模様 12.05.02ni 
(↑2012年 5月)

(ニュース冒頭) _導入__レジメン_への cladribine 追加により、_急性`骨髄性`白血病_ での _生存_ が _改善_ 12.04.25nb 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Dacogen ( decitabine_注射用_ )の_急性`骨髄性`白血病_への 適応`追加 を_拒否 12.03.09na 
(↑2012年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が decitabine の_急性`骨髄性`白血病_への新しい適応_認可_に 反対 12.02.14nc 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_や_骨髄`異形成`症候群_ は 家族に 集中することはない_との研究結果_ 12.01.07nb 
(↑2012年 1月)
(ニュース冒頭) gemtuzumab の 新しい_生存_ : 今や、それ は _生存`利益_を 示す 《原題通り》 11.12.13nb 

(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__急性`前骨髄球性`白血病 での arsenic trioxide_単剤`治療_ : _研究_倫理に 疑問の声 11.12.06na 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_の より_年配__患者さん_のため、ミニ移植は 引き続き_有望的_ 11.11.10ni 
(↑2011年 11月)
『総説 標題』 _急性`前骨髄球性`白血病_の _従来的な__化学療法_無し での _管理_ 11.08.26te 
(ニュース冒頭) _急性`単球性`白血病_で 傷害された肺に、dexamethasone が 助けになる可能性あり_との研究結果_ 11.09.02nb 
(↑2011年 9月)
『 JCO 論文』 _急性`前骨髄球性`白血病_の_第一線`治療_としての_単剤_arsenic trioxide による治療 11.07.09tb 
(↑2011年 8月)

(ニュース冒頭) cenersen_併用__レジメン_が_急性`骨髄性`白血病_に_効果的_な 可能性あり 11.07.30nc 
(ニュース冒頭) _先行治療`経験`無し の__急性`骨髄性`白血病_の _治療用_として azacitidine が _効果的_ 11.07.26nc 
(↑2011年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) _年配_ の _急性`骨髄性`白血病__患者さん_の_治療_に decitabine が_効果的_ 11.06.18nf 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_の_患者さん_は、cytarabine を 過剰_投与_されている_との研究結果_ 11.06.17na 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病__に対する_cytarabine の 最適_用量_ は 未だ 不明確_との研究結果_ 11.06.03nc 
(↑2011年 6月)

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_に対し、より_低_用量 の cytarabine が 同等に_効果的_で より_低__毒性__との研究結果 11.03.17na 
『総説紹介文の存在』 _急性`前骨髄球性`白血病__治療_への 最新アプローチ 11.02.09tc 
『総説紹介文の存在』 _急性`骨髄性`白血病_ の _治療_ の _進歩 11.02.09tb 
(↑2011年 3月)
『 JCO 論文』 小児_急性`骨髄性`白血病__に対する 応答−ガイド_導入`治療_による 優れた_寛解_率 11.01.22te 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) より_若年_の_急性`骨髄性`白血病_患者さんでは 導入_化学療法_への gemtuzumab ozogamicin 追加で_生存_改善 10.12.29nc 
(↑2010年 12月)

『JCO 論文』 高リスク_急性`骨髄性`白血病の より_若年_患者さんでの 適合`近縁`ドナー_からの移植対_適合`非近縁`ドナー_移植 10.10.22td 
『総説』 より_年配_の_患者さん_ での _急性`骨髄性`白血病_の_管理_に於ける _進歩 10.10.19ta 
(ニュース冒頭) _急性`前骨髄球性`白血病_の_結果状況_ が _第一線`治療_としての arsenic trioxide で_改善_ 10.11.19na 
(↑2010年 11月)
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_ 、及び、 _高リスク__骨髄`異形成`症候群__に対する_経口__midostaurin による治療 10.10.02tb 
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_ 、及び、 _骨髄`異形成`症候群__に対する_tosedostat による治療 10.10.02ta 

(ニュース冒頭) 小児_白血病__治療薬_clofarabine は 成人_急性`骨髄性`白血病_では 不満足な結果 10.10.23nb 
(↑2010年 10月)
『JCO 論文』 ATRA、アントラサイクリン−ベース_化療で治療の急性`前骨髄球性`白血病_患者さんでの 治療−誘発性`骨髄性`腫瘍 10.08.21td 
『 JCO 論文』 新たに_診断_された_急性`前骨髄球性`白血病_に対する_単剤_arsenic trioxide_治療 : 長期フォローアップ_データ 10.08.21tc 
(↑2010年 9月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_、_骨髄`異形成`症候群__に対し、tosedostat が_忍容性`良好_で_活性的_な 模様 10.08.28na 
(ニュース冒頭) より_年配_の_急性`骨髄性`白血病__患者さん_で、_集中的__化学療法_ が _利益_的なのは 誰か? 10.08.04na 
(↑2010年 8月)

『 JCO 論文』 _年配__患者さん_ での _急性`骨髄性`白血病_で idarubicin / cytarabine への lomustine 追加 が _結果状況__改善_
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病__に対する__骨髄`非破壊的__他家`幹細胞`移植_ 10.06.12ta 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病__治療薬_として Ceplene の NDA を申請 10.07.01nb 
(↑2010年 7月)
(ニュース冒頭) _Pfizer 社_ が gemtuzumab ozogamicin を米国市場から 自主的に撤退 10.06.23nc 
『論文類』 急性`骨髄性`白血病_の より_年配の_集中的_化学療法_不適な_患者さん_の_治療_薬_としての clofarabine の欧州開発 10.05.07te 

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_で、_骨髄`非破壊的__他家`幹細胞`移植_による _長期的__寛解_ 10.06.05nb 
(↑2010年 6月)
『論文類』 急性`骨髄性`白血病_の最初の_完全寛解期、又は、骨髄`異形成`症候群_に対する_強度軽減`造血細胞移植への年齢の影響 10.04.10ta 
(↑2010年 5月)
『論文類』 急性`骨髄性`白血病_の より_若年_患者さんでの sorafenib/idarubicin/cytarabine_併用`治療 :フェーズ_1/2研究 10.04.09tb 
(ニュース冒頭) より_年配_ の _急性`骨髄性`白血病__患者さん_で decitabine が _効果的_ 10.04.07nd 
(ニュース冒頭) より_年配_ の _中等度_リスク_急性`骨髄性`白血病__患者さん_で Mylotarg が _効果的_ 10.04.03na 
(↑2010年 4月)

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病__に対する__化学療法_への sorafenib 追加により_結果状況_ が _改善_ 10.03.25na 
『論文類』 急性`前骨髄球性`白血病の_第一次的_管理_で、単一サイクル arsenic trioxideが _アントラサイクリン曝露を不要化 10.02.20ta 
(ニュース標題) NCCN の_急性`骨髄性`白血病__ガイドライン_ が アップデート : 60 歳超の_患者さん_ での 拡張_治療_、… 10.03.16na 
『論文類』 先行治療`経験`無し の_劣ったリスク_急性`骨髄性`白血病_の_年配_患者さん での 単剤_laromustine が _活性的 10.02.09td 
(↑2010年 3月)
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病__に対する__導入_ 、及び、 _強化`治療_の 最適化への試み 10.01.31te 

『論文類』 _低_骨髄`芽球_カウント_急性`骨髄性`白血病_の_年配__患者さん_で、azacitidine が _全体的`生存_を伸長 10.01.31td 
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_ の  より_年配_ の _患者さん_ での _第一線`治療_として の decitabine_治療_ 10.01.31tc 
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_の _先行治療`経験`無し の_より_年配__患者さん_ での clofarabine_単剤`治療_ 10.01.31tb 
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_と 2006 〜 2010 年に_診断_された_急性`骨髄性`白血病__患者さん_で 期待される_長期_生存_ 10.01.30ti 
『論文類』 _骨髄`異形成`症候群_、又は、_二次的__急性`骨髄性`白血病_の 50 歳以上の_患者さん_ での _他家`造血`幹細胞`移植 10.01.16te 

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_の_治療_で、_幹細胞`移植_による 追加 に _利益_なしとの報告 10.02.02na 
(↑2010年 2月)
『論文類』 _再発性_ 、又は、 _治療−抵抗性_ の 小児_急性`骨髄性`白血病__に対する_cladribine/topotecan による治療 10.01.13tb 
『論文類:副作用』 急性`骨髄性`白血病_や_高リスク_骨髄`異形成`症候群_での _寛解__導入__化学療法_実施中の_急性`呼吸`不全 10.01.13ta 
『論文類』 染色体異常随伴_急性`骨髄性`白血病、高リスク_骨髄`異形成`症候群 での_メチル化`阻害薬による より優れた結果状況 09.12.04ta 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _年配_ の _急性`骨髄性`白血病__患者さん_に Vidaza が _効果的_ 09.12.30na 

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_ での 移植_結果状況_を_T-細胞`除去`法_ が _改善_ 09.12.12na 
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_ の _年配__患者さん_で Revlimid が _活性的_ 09.12.11nc 
『論文類』 急性`骨髄性`白血病_に対する_導入及び、強化`_化学療法としての daunorubicin 対 mitoxantrone 対 idarubicin の比較 09.11.08tg 
(↑2009年 12月)
症例報告: 未熟児 での 先天性_急性`骨髄性`白血病_《 AML-M6 》 の 成功的な _治療_ 09.11.06tc 
(ニュース冒頭) _赤`白血病_の_治療__奏効_ は 他のタイプの_急性`骨髄性`白血病_と同様 09.11.25ne 

(ニュース冒頭) _進行期__急性`骨髄性`白血病_ 、又は、 _骨髄`異形成`症候群_への_効果的_な移植_レジメン_ 09.11.24na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _急性`骨髄性`白血病__治療用_に voreloxin をオーファンドラッグに指定 09.11.11nb 
(↑2009年 11月)
『論文類』 転座( 8、21 )、又は、逆位( 16 )のある_急性`骨髄性`白血病_の_年配_患者さん_の伝統的_化学療法_による治療 09.10.02tc 
『総説』 高齢、_急性`骨髄性`白血病_、_他家`幹細胞`移植_ : これらは 同じ 文に 入っているか?《 原題通り 》 09.09.30tc 
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_に於ける _アントラサイクリン系`化学療法剤__用量_増強 09.09.26tc 

『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_ の  より_年配_の_患者さん_ での _高用量_daunorubicin による治療 09.09.26tb 
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_ での _非−血縁_ドナー移植 での _強度軽減`前処置、と、_骨髄`破壊的_前処置 の 比較 09.09.25tc 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _治療−抵抗性_ 、又は、 _再発した__急性`骨髄性`白血病_ の 小児_患者さん_ での clofarabine による治療 09.09.09th 
『総説』 MicroRNAs : _急性`骨髄性`白血病_ での 新しい プレーヤー 09.08.28tc 
『論文類』 小児_患者さん での 急性`骨髄性`白血病_での リスク−層別化`_治療_と cytarabine の_集中的_使用で_結果状況_改善 09.08.19te 

『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_ での 最初の_寛解_ での 移植_幹細胞_ソースとして_末梢_血のほうが より高い_再発_頻度 09.08.19tc 
(↑2009年 9月)
『論文類』 急性`前骨髄球性`白血病_の 2 回目の_再発_にあるダウン症候群_患者さん での ATRA /化学療法_による_持続的_寛解 09.08.09tb 
『総説』 _急性`骨髄性`白血病_の _造血`幹細胞`移植_による_治療_ 09.07.31ta 
(↑2009年 8月)
二次的_急性`骨髄性`白血病_に対する_攻撃的__導入_治療_を受ける_患者さん_ での _結果状況_(論文・報告)09.06.27te 
(ニュース冒頭) _中等度_ 、及び、 劣ったリスクの_急性`骨髄性`白血病_ での _生存_を_他家`幹細胞`移植_ が 改善 09.07.11nb 

(ニュース冒頭) FLT3 − ITD_陽性__急性`骨髄性`白血病_で Nexavar の_有効性_を確認 09.07.09nb 
(↑2009年 7月)
_急性`前骨髄球性`白血病_で_白血球_数 高値例 での_最近_15年間 での _結果状況_改善`動向(論文・報告)09.05.31tb 
( N 冒頭)より劣ったリスクの_急性`骨髄性`白血病_での 生存_を_他家`幹細胞`移植_が改善 09.06.10nf 
(↑2009年 6月)
( N 冒頭)_年配_の_急性`骨髄性`白血病__患者さん_で Zarnestra / Vepesid が _効果的 09.05.07ne 
( N 冒頭)急性`骨髄性`白血病で S-HAMによる圧縮`投与集中`導入治療_が効果的、より低毒性 09.05.06na 
(↑2009年 5月)

(ニュース冒頭)米国 FDA  が Onrigin 《 _急性`骨髄性`白血病_治療薬 》の NDA を受理 09.04.18na 
『総』 _急性`骨髄性`白血病_の_免疫`療法_ : _現行の_アプローチ(総説)09.03.28td 
『総』 より_年配_の_患者さん_ での _急性`骨髄性`白血病_(総説)09.03.28tc 
(↑2009年 4月)
(総紹)_年配__患者さんでの 急性`骨髄性`白血病での 現れつつある_治療__戦略_(総説紹介文)09.03.10td 
( N 冒頭)新たに診断の_急性`骨髄性`白血病で_投与`集中_導入_治療 + Neulasta が_効果的 09.03.13nd 

(N冒頭)急性骨髄性白血病_の 年配患者さんの自家`幹細胞`移植_用_移植前`処置_レジメン_ 09.03.04na 
(↑2009年 3月)
『総』 _急性`骨髄性`白血病__治療_での_進歩 : 第 50 回 ASH 年次会議からのアップデート(総説)09.02.06ta 
(ニュース冒頭)_急性`骨髄性`白血病_治療用として Onrigin の_認可_申請を_提出_ 09.02.18nd 
( N 冒頭)急性`前骨髄球性`白血病_で ATRA + ATO_治療_が長期的に安全的で効果的な模様 09.02.18nb 
_急性`前骨髄球性`白血病_の ATRA、arsenic trioxide、gemtuzumab ozogamicin による治療(論文・報告)09.01.30tc 
(↑2009年 2月)

( N 冒頭)年配患者さん の 急性骨髄性白血病の結果状況を維持療法中アンドロゲンが改善か 08.12.24nc 
( N 冒頭)若年患者さんの急性骨髄性白血病 で 生存を導入治療への cladribine 追加が改善 08.12.24nb 
新資料:急性骨髄性白血病の治療《 eMedicine 》 08.12.17ca 
( N 冒頭)第 50 回 ASH 年次会議 : 急性骨髄性白血病 で 新規な併用レジメン が 有望的 08.12.18nc 
《 連載 #18=完 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.16ca 

《 連載 #17 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.09cc 
急性骨髄性白血病 での CBF 治療《 fludarabine + … 》 が イベント無し生存を改善(論文・報告)08.11.25tc 
《 連載 #16 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.09cb 
(ニュース冒頭) ASH 2008 : より高い年齢 は 他家幹細胞移植 後の生存に影響せず 08.12.12nb 
《 連載 #15 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.09ca 

《 連載 #14 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.30ca 
(↑2008年 12 月)
《 連載 #13 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.22cb 
耐性、又は、再発性の急性骨髄性白血病 での gemtuzumab + cytarabine + mitoxantrone(論文・報告)08.11.07td 
( N 冒頭)成人 での 急性骨髄性白血病 治療用として Clolar (clofarabine) の認可を申請 08.11.25na 
《 連載 #12 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.18ca 

《 連載 #11 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.17cc 
(ニュース冒頭)急性骨髄性白血病 で 高用量‐化学療法 が 有意に生存期間を伸長 08.11.18na 
『総』 年配の患者さん での 急性骨髄性白血病に対する現行、及び、現れつつある管理戦略(総説)08.10.24tf 
《 連載 #10 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.16ca 
《 連載 #9 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.12cb 

《 連載 #8 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.08cb 
未治療の急性骨髄性白血病の より年配の患者さん での arsenic trioxide + cytarabine(論文・報告)08.10.20tf 
《 連載 #7 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.08ca 
《 連載 #6 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.11.03ca 
(−結果) 急性骨髄性白血病の最初の完全寛解の年配の患者さん での 低用量 IL−2 免疫療法(論文・報告)08.10.19tb 

( N 冒頭)小児 再発性~急性骨髄性白血病 で gemtuzumab ozogamicin + cytarabine が効果的 08.11.05na 
《 連載 #5 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.10.30cd 
(ニュース冒頭)単剤の Revlimid が 孤発 トリソミー 13 を伴う急性骨髄性白血病で効果的 08.11.04ne 
《 連載 #4 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.10.30cc 
《 連載 #3 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.10.30cb 

《 連載 #2 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.10.30ca 
(↑2008年 11 月)
《 連載 #1 》 急性骨髄性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.10.26ca 
( N 冒頭)急性骨髄性白血病 での clofarabine 導入治療への cytarabine 追加で奏効率改善 08.10.11nd 
(↑2008年10月)
急性骨髄性白血病の小児患者さん での 最初の寛解後、又は、化学療法抵抗性 での 非近縁移植(論文・報告)08.09.11td 
(↑2008年 9月)
急性骨髄性白血病 の 2 番目の完全寛解にある小児患者さん での 他家幹細胞移植(論文・報告)08.08.15tb 

白血球増加症を伴う急性骨髄性白血病の小児患者さん での 臨床的特徴と治療結果状況(論文・報告)08.07.20th 
(↑2008年 8月)
予防的抗生剤が 小児患者さん での 急性骨髄性白血病の治療中の敗血症による病的状態を緩和(論文・報告)08.07.13te 
(↑2008年 7月)
(ニュース冒頭)二次的な急性骨髄性白血病に Quinamed + ARA-C が 効果的 08.06.18nc 
(総紹)急性骨髄性白血病 での 強度軽減 前処置 + 他家幹細胞移植(総説紹介文)08.05.25tg 
小児患者さん での 急性前骨髄球性白血病 : all-trans retinoic acid による治療(論文・報告)08.05.24tc 
(↑2008年 6月)

小児患者さん での 急性骨髄性白血病 での 化学療法と併用 での gemtuzumab ozogamicin(論文・報告)08.05.12ta 
(↑2008年 5月)
急性骨髄性白血病 での sorafenib の直接標的としての変異 FLT3 遺伝子(論文・報告)08.02.13tc 
『総』 急性骨髄性白血病 の 治療に於ける gemtuzumab ozogamicin(総説)08.02.11ta 
高リスクの急性骨髄性白血病・骨髄異形成症候群 での 強度軽減 前処置後の持続的な寛解(論文・報告)08.02.01ti 
ダウン症候群を有し、急性骨髄性白血病 で 治療された小児患者さん での 心筋障害(論文・報告)08.01.18ta 
(↑2008年 2 月)

劣った予後の急性骨髄性白血病の年配の患者さん での G-AraMy レジメンによる化学療法(論文・報告)08.01.04tf 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

----- 慢性骨髄性白血病 -----


(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_を有し_妊娠する_患者さん__にとっては imatinib は 両刃の剣 1709201645 
(↑2017年 9月)
『論文類』 T315I_遺伝子`変異_を 伴う__フィラデルフィア染色体`陽性__白血病_ に於ける ponatinib 対 _他家`幹細胞`移植_ の _全体的`生存__比較_ 1707231631 
(↑2017年 8月)

(ニュース冒頭) imatinib により_治療_された_慢性`骨髄性`白血病_ に於ける _生存_ は _反応`時期 とは 関係無い との研究結果 1707071653 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) _小児`患者さん に於ける _慢性期``慢性`骨髄性`白血病__に対する_dasatinib_ : _imatinib からの_効果的__代替_ 1706301646 
(ASCO ニュース冒頭) Sprycel が _小児__慢性`骨髄性`白血病_の_治療_に_効果的_ との研究結果 1706151639 
『論文類』 _慢性`骨髄性`白血病_ に於ける pioglitazone + imatinib_ : __概念`実証_研究_ 1705071702 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) _専門家_に 聞こう_ : __慢性`骨髄性`白血病_ 1705262350 
(↑2017年 5月)

(ニュース冒頭) 「 imatinib は 全てを 変えた」_ : _未来 は _今や_ より 希望に満ちている。(原題通りの表現です) 1703101719 
(↑2017年 3月)
『 JCO 論文』 _慢性`骨髄性`白血病_を有する_患者さん_ に於ける フランス での Stop Imatinib (STIM1)_研究_ の _長期間__フォローアップ_ 1701192254 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Iclusig ( ponatinib )_に対し、_慢性`骨髄性`白血病__治療用_として 拡大_認可_を_賦与_ 1612152251 
(ニュース冒頭) Bosulif ( bosutinib ) が _未治療の__慢性`骨髄性`白血病__患者さん_に於いて_効果的_ との研究結果 1612081643 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対する__チロシンキナーゼ`阻害薬__治療_ の 中止の可能性_ : _EURO-SKI_研究_ の _結果_ 1612062242 

(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対する__チロシンキナーゼ`阻害薬__治療_ に於ける 、 _治療_中止の 代わりとしての _用量_削減 1612061711 
(↑2016年 12月)
『論文類』 _慢性期_にある_慢性`骨髄性`白血病__に対する__最先発`実施`治療_としての dasatinib、及び、nilotinib _ : __傾向`スコア`マッチング`解析_ 1610231703 
(ニュース冒頭) PR1_ペプチド__ワクチン_ が _白血病__寛解_を 助ける可能性あり との研究結果 1611101647 
(↑2016年 11月)
『 JCO 論文』 _慢性`骨髄性`白血病_を有する_患者さん_の _平均`余命_ が _全般_人口集団_の それに 接近 1608182254 
(↑2016年 9月)
『 JCO 論文』 _治療−未経験__慢性`骨髄性`白血病__臨床試験_ に於ける dasatinib 対 imatinib_研究_ : DASISION_研究_ の _最終的_5 年間 _研究`結果_ 1607102119 
(↑2016年 8月)

(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__患者さん_の_平均`余命_ は 通常の 限界に 近づいている との研究結果 1606291654 
(↑2016年 6月)
『論文類』 _慢性`骨髄性`白血病_ に於ける dasatinib_治療_後 の _リンパ球`増多`症_ : _奏効_、及び、_毒性_への_影響_ 1604271701 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) _新−世代__チロシンキナーゼ`阻害薬_ は _血管`閉塞`イベント__リスク_の 増加 を 伴う との研究結果 1602121724 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _胚細胞`腫瘍__に対する__化学療法_ が _慢性`骨髄性`白血病_を 促す可能性あり との研究結果 1512051651 
(↑2015年 12月)
『論文類』 _慢性期、又は、_移行期_ の _慢性`骨髄性`白血病__に対する_omacetaxine mepesuccinate の_有効性 / _安全的_に関する_最終的__解析_ : 24 ヶ月間_フォローアップ_による_結果_ 1505182248 
(↑2015年 6月)

『論文類』 _進行期__慢性`骨髄性`白血病_、又は、_フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ性`白血病__に対する__他家`幹細胞`移植_後 の nilotinib による_予防_ : _フェーズ_1 / 2_研究_ 1503101755 
(ニュース冒頭) ENESTnd_臨床試験_に於いて、Tasigna( nilotinib ) が 引き続きGleevec( imatinib )よりも_新たに_診断されたフィラデルフィア染色体`陽性_慢性`骨髄性`白血病_に対しより 好結果 1504081722 
(↑2015年 4月)
(ニュース冒頭) NCCN の_慢性`骨髄性`白血病_ガイド : _奏効_が_劣った__患者さん_の場合、_早期_に_チロシンキナーゼ`阻害薬_の 交替 を _考慮すべきである。 1503141740 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) axitinib が _耐性__慢性`骨髄性`白血病_、及び、_B 細胞`急性`リンパ芽球`性`白血病、で、_活性的__との報告《 初期的 結果 》 1502101716 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) EU の CHMP ( 医薬品 関連_当局_ ) が ponatinib の_レビュー_を 完了し、警告に関し 決定 1410251810 
(↑2014年 10月)

『総説』 _チロシンキナーゼ`阻害薬−耐性_BCRABL1_遺伝子`変異_を 発症する_慢性`骨髄性`白血病__患者さん_の 実際的_管理_ 1408201705 
(↑2014年 9月)
『総説』 _急性`骨髄性`白血病_に於ける FLT3 _阻害薬_の 発展しつつある_役割_ 1406202237 
(↑2014年 7月)
『総説』 _フィラデルフィア染色体`陽性__慢性`骨髄性`白血病_の_治療_に於ける bosutinib 14.03.22ta 
(↑2014年 4月)
『 JCO 論文』 慢性期_慢性`骨髄性`白血病で_imatinib を中止していた_ケースで_チロシンキナーゼ`阻害薬_再開への引き金…… 14.02.16ta 
『 JCO 論文』 _慢性`骨髄性`白血病_で imatinib により_治療_された_大多数の__患者さん_で_深い`分子`生物学`的`応答_達成 14.02.15te 

『論文類』 _リンパ球系``急性`転化`期``慢性`骨髄性`白血病__に対する_HCVAD + imatinib、又は、dasatinib による治療 14.02.09tb 
(↑2014年 3月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__治療用_として SYNRIBO ( omacetaxine mepesuccinate )が_認可_ 14.02.22nc 
(↑2014年 2月)
『総説』 _他家`造血`幹細胞`移植_に_慢性`骨髄性`白血病_ での _役割_は 有るか? 14.01.09ta 
『論文類』 _慢性期__慢性`骨髄性`白血病__に対する__ペギル化インターフェロンα− 2a + imatinib による治療 13.12.15tb 
(↑2014年 1月)
(ニュース冒頭) _欧州`連合《 EU 》_ が ponatinib 《_白血病__治療薬_》 の 徹底的 再検討を開始 13.12.07na 
(↑2013年 12月)

(ニュース冒頭) _米国_ での ponatinib 使用可能性 継続を 求めての ロビー活動 13.11.28nc 
(ニュース冒頭) ponatinib( _白血病__治療薬_ ) の_市場`回収 に関する 疑問、及び、懸念 13.11.09nb 
(↑2013年 11月)
(ニュース冒頭) 慢性`骨髄性`白血病_患者さんでの チロシンキナーゼ`阻害薬__治療_ は _生活の質_に 影響する との研究結果 13.06.21na 
(↑2013年 6 月)
『 ASCO abstract』 耐性 / 非−忍容`可能的な_慢性期 / 移行期_慢性`骨髄性`白血病_に対する_皮下omacetaxine mepesuccinate 13.05.15ta 
『 ASCO abstract 』 dasatinib使用中 imatinib−耐性 /−非−忍容`可能的_慢性期`慢性`骨髄性`白血病_患者さんフォローアップ 13.05.14tc 

『 ASCO abstract 』 耐性、又は、非−忍容`可能的_慢性`骨髄性`白血病_、Ph+_急性`リンパ性`白血病__に対する_ponatinib_治療 13.05.14tb 
『総説』 _慢性`骨髄性`白血病_の imatinib に_耐性_ の _患者さん の_管理_ 13.04.27ta 
(↑2013年 5月)
(ニュース冒頭) _欧州_で_慢性`骨髄性`白血病__治療用_として bosutinib の_認可_を 勧告 13.01.19na 
(↑2013年 1月)
(ニュース冒頭) フィラデルフィア染色体`陽性_慢性`骨髄性`白血病に対し、Gleevec よりも Tasigna が より優れる との研究結果 12.12.21nc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Iclusigを_慢性`骨髄性`白血病、フィラデルフィア染色体+_急性`リンパ性`白血病_治療用_に_認可 12.12.15nc 

(ニュース冒頭) ponatinib が _他に_効果的_な ものが無い _慢性`骨髄性`白血病_ケースで _有効 12.12.12na 
(↑2012年 12月)
(ニュース冒頭) _フィラデルフィア染色体`陽性__白血病__に対し、ponatinib が 「一群れの中で_最良」? 12.11.29na 
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__慢性期__慢性`骨髄性`白血病__に対する_bosutinib 対 imatinib の比較 12.10.15tb 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が ponatinib ( 慢性`骨髄性`白血病 / _急性`リンパ性`白血病__治療薬_ )の NDA _申請_を受理 12.10.30nb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Synribo を_慢性`骨髄性`白血病__治療用_として_認可_ 12.10.27nb 
(↑2012年 10月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`骨髄性`白血病__治療用_として Bosulif ( bosutinib )を_認可_ 12.09.05nc 
(↑2012年 9月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対し、ponatinib が _高い__奏効率_ 12.08.14nb 
(↑2012年 8月)
(ニュース紹介) 慢性`骨髄性`白血病_に於ける_チロシンキナーゼ`阻害薬_使用 は 次は 何処へ? : EHA_データ_と_専門家_意見 12.07.03nb 
(↑2012年 7月)
(ASCO ニュース冒頭) omacetaxine が _慢性`骨髄性`白血病__患者さん_に_利益的_である可能性あり との研究結果 12.06.16nb 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_でインターフェロンで_治療`挫折_ の ケースで、imatinib が _効果的_ 12.02.28nb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`骨髄性`白血病__治療用_として bosutinib の NDA _申請_を 受理 12.01.31nd 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_の_白血病_の 約半数の_患者さん_で ponatinib が _有用的_ 11.12.14ne 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_の_第二線`治療_として bosutinib が _有望的__との研究結果_ 11.10.15ne 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__慢性`骨髄性`白血病__に対し、Tasigna が 引き続き_利益_的_との研究結果_ 11.09.07nd 
(↑2011年 9月)
『総説 標題』 _慢性`骨髄性`白血病__に対する__キナーゼ__抑制薬_の_選択_の 最適化 11.07.23tb 

『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__早期__慢性期__慢性`骨髄性`白血病_の小児_患者さん_で imatinib が _効果的_ 11.07.10ta 
(↑2011年 8月)
『 JCO 論文』 _慢性`骨髄性`白血病_に於ける _分子標的`治療の 成功物語 : スウェーデン での _人口集団_−ベース_研究_ 11.06.23tc 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_の_治療_の 24 ヶ月間フォローアップで、nilotinib が imatinib よりも良好な_結果 11.06.21na 
( ASCO ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対し、bosutinib による より_早期_な_奏効率_ 11.06.16ne 
『総説 標題』 _慢性期__慢性`骨髄性`白血病__患者さん_に於ける imatinib_用量_引き上げ 11.05.23tb (↑2011年 6月

『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__慢性`骨髄性`白血病__に対する__忍容性−適合 imatinib 800mg / 日対 400 mg / 日対…… 11.04.23tb 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_ での imatinib の奏効に、年齢は 関係せず_との研究結果_ 11.04.01nd 
(ニュース冒頭) Gleevec で_治療_された_慢性`骨髄性`白血病__患者さん_ は 正常な _寿命期待_を 有する_との研究結果_ 11.03.31nc 
(↑2011年 4月)
(ニュース冒頭) imatinib で_治療_される_慢性`骨髄性`白血病__患者さん_は 一般_人口集団_と 同等の_生存期間_を期待可能 11.03.25nd 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_の_第一線`治療_薬_として _第二世代_チロシンキナーゼ`抑制薬_ が 追加 11.03.16na 

『総説紹介文の存在』 慢性`骨髄性`白血病での チロシンキナーゼ`抑制薬_他による、_第一線、及び、救助《サルベージ》治療_ 11.02.09te 
(↑2011年 3月)
『総説』 nilotinib は_慢性`骨髄性`白血病_の_第一線`治療__薬_として imatinib よりも優れる_との研究結果_ : ENESTnd Study 10.12.17tc 
『専門家インタビュー』 ponatinib : _治療−抵抗性__に対する_「本物」_治療薬_か? 10.12.16tc 
(ニュース冒頭) EU が nilotinib を_フィラデルフィア染色体`陽性__慢性`骨髄性`白血病_の_第一線`治療__薬_として_認可_ 11.01.04nb 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) 慢性期_慢性`骨髄性`白血病_治療用_imatinib への peginterferon alfa-2a 追加で_分子`生物学`的`奏効率が向上 10.12.23nc 

(ニュース冒頭) bosutinib : _慢性`骨髄性`白血病__に対する_第4の_薬_ 10.12.16nb 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_の_第一線`治療_として、dasatinib を imatinib よりも_有利的とする フォローアップ結果 10.12.14nc 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対し、nilotinib が _持続的_ な _効果_ 10.12.14na 
(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__慢性`骨髄性`白血病__に対し、Tasigna が _結果状況_を_改善_ 10.12.10nd 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_の 異なったタイプに、nilotinib 、及び、 ponatinib が _効果的_な 模様 10.12.08nb 

(ニュース冒頭) _耐性__慢性`骨髄性`白血病_の_治療用_として_新規な__薬_ponatinib  が _有望的_ 10.12.07nd 
(↑2010年 12月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が dasatinib《 Sprycel 》の_フィラデルフィア染色体`陽性_慢性`骨髄性`白血病への適応追加を_認可 10.10.29nc 
(ニュース冒頭) imatinib が _慢性`骨髄性`白血病_を治癒させることあり_との研究結果_ 10.10.28nc 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対する__チロシンキナーゼ`抑制薬_ での 治癒可能性を示唆する_研究結果_ 10.10.22na 
(ニュース冒頭) ChemGenex 社が Omapro につき米国 FDA との NDA 前 会議を完了し、2 度目の NDA タイミングを明確化 10.10.06nc 
(↑2010年 10月)

(ニュース冒頭) 消化管`間質`腫瘍《 GIST 》や_慢性`骨髄性`白血病_の_治療で imatinib を中止しないこと: 継続_治療_が必要 10.09.25na 
(↑2010年 9月)
『総説』 _新たに_診断_された__慢性`骨髄性`白血病__治療_としての nilotinib 対 imatinib 10.07.24ta 
(↑2010年 8月)
新資料:慢性`リンパ球性`白血病の 治療・治療薬《eMedicine》  10.07.27ma 
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ チロシンキナーゼ`抑制薬 10.07.13ma 
(↑2010年 7月)
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ 抗`腫瘍`薬 10.06.26ma 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`骨髄性`白血病__第一線`治療_用として nilotinib を_認可_ 10.06.23na 
(ニュース冒頭) nilotinibの_フィラデルフィア染色体`陽性_慢性期_慢性`骨髄性`白血病_早期_ケースへの認可_と心臓障害リスク 10.06.19nc 
( ASCO ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対する__第二線_ 、及び、 _第三線__治療_として bosutinib が _効果的_ 10.06.15nb 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_の_治療_で、nilotinib と dasatinib が imatinib よりも優れた_12 ヶ月 結果状況_ 10.06.08ne 
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療_ ≫ …… ≫ 概観 10.06.07ma 

『論文類』 慢性`骨髄性`白血病_で_imatinibで細胞遺伝学`的`完全`寛解_達成ケースで_分子`生物学`的`寛解_には_治療遵守が必須 10.05.07td 
(↑2010年 6月)
《項目追加》 現行治療3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ _外科的_ケア 10.05.18mb 
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ _骨髄`移植 10.05.14md 
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ ……≫ インターフェロンα 10.05.04mb 
(↑2010年 5月)
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ _白血球`搬出法 10.04.24ma 

『論文類』 _慢性`骨髄性`白血病_に対する_imatinib/IFNアルファ後の 維持療法_IFNアルファによる_持続的 分子生物学的_奏効_ 10.03.09th 
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ _骨髄`抑制_的_治療_ 10.04.19ma 
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ imatinib−ベースの_治療 10.04.13mc 
(↑2010年 4月)
《項目追加》 現行_治療_3 : _慢性`骨髄性`白血病_の_治療_ ≫ 背景 10.03.24mb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Omapro(_慢性`骨髄性`白血病_治療用)審査の 腫瘍_薬_諮問`委員会_を 3 月 22 日に 開催予定 10.03.05ne 
(↑2010年 3月)

『論文類』 _慢性期__慢性`骨髄性`白血病_ での _胸水_を dasatinib 100mg/日_投与_ が 最小化、 _有効性_に影響なし 10.01.22tf 
『論文類』 新たに_診断_された_先行治療`経験`無し の_慢性期_慢性`骨髄性`白血病_に対する_imatinib mesylate 800 mg/日_治療 10.01.17tb 
『論文類』 _早期__慢性`骨髄性`白血病__に対する_dasatinib_治療_ 10.01.16td 
『論文類』 _早期__慢性期__慢性`骨髄性`白血病__に対する__第一線`治療_としての nilotinib_治療_ 10.01.16tc 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_の初回_治療_用として Gleevec よりも Tasigna のほうが_効果的_な 模様 10.01.29nd 
(↑2010年 1月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が _慢性`骨髄性`白血病__治療薬_として Omapro を 審査の予定 09.12.23nd 
『総説紹介文』 2009 年頃の _慢性`骨髄性`白血病__に対する_homoharringtonine、omacetaxine mepesuccinate_治療_ 09.11.22ta 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__に対し、nilotinib が imatinib よりも より良好な _早期_奏効 09.12.15nb 
『総説紹介文』 _慢性`骨髄性`白血病_ : European LeukemiaNet の概念 、及び、 _管理_推奨 の アップデート 09.12.10tc 
(ニュース冒頭) 新しい_治療薬_ が T315I_陽性_ の _慢性`骨髄性`白血病_に_有望的_ 09.12.09nb 
(↑2009年 12月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _慢性`骨髄性`白血病__治療用_としての Omapro の NDA を受理 09.11.11nf 
(↑2009年 11月)
『論文類』 _新たに_診断_された__慢性期__慢性`骨髄性`白血病__に対する__高用量_imatinib_治療_ : 高率の_奏効_ 09.10.02td 
(↑2009年 10月)
『論文類』 慢性期_慢性`骨髄性`白血病_で 日量 imatinib 400〜600 mgに_耐性_なケースでの dasatinib、又は、高用量_imatinib 09.09.05tb 
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病__治療用_として Omapro ( omacetaxine Mepesuccinate )の NDA を申請 09.09.11nc 
『総説』 慢性`骨髄性`白血病_に対する_チロシンキナーゼ`抑制薬_、及び、他家`幹細胞`移植_ : 両方の_治療_方式での標的 09.08.27tc 

『総説』 _慢性`骨髄性`白血病_ での _免疫`療法_に関する_生物学`的_基礎 09.08.27tb 
『総説』 _慢性`骨髄性`白血病_ での _チロシンキナーゼ`抑制薬__治療_の 個別化 09.08.27ta 
『論文類』 imatinib_治療`挫折_後 の _慢性期_の_慢性`骨髄性`白血病_ での dasatinib に伴う_血球`減少症_の動態と_管理_ 09.08.23tc 
(↑2009年 9月)
『論文類』 _移行期__慢性`骨髄性`白血病_ での imatinib_治療`挫折_後の_治療_に於ける dasatinib 09.07.17td 
(↑2009年 8月)
_慢性`骨髄性`白血病_ での imatinib への_細胞`遺伝学`的_ 、又は、 _血液学的__耐性_後の dasatinib_早期__治療_介入(論文・報告)09.06.27td 
(↑2009年 7月)

(ニュース冒頭)_慢性`骨髄性`白血病_ で nilotinib が_現行の_標準よりも優れるとの結果 09.06.10ne 
『副』_慢性`骨髄性`白血病_で dasatinib_治療_中の_患者さん_ での 出血素因( 副作用 )09.05.23tb 
( N 冒頭) dasatinib 《 Sprycel 》が 慢性`骨髄性`白血病_治療用_としてフル_認可_取得 09.06.05na 
(↑2009年 6月)
( N 冒頭)Gleevecに_耐性/非−忍容の_慢性`骨髄性`白血病_成人_患者さん_に Sprycel_認可 09.05.29nd 
( N 冒頭)_慢性`骨髄性`白血病_で Gleevec 服用中の_患者さん_の 3 分の 1 は_治療_不遵守 09.05.07nd 
(↑2009年 5月)

_慢性期__慢性`骨髄性`白血病_ での _骨髄`移植_ での HLA −同一対 非−血縁ドナーの比較(論文・報告)09.04.01tb 
(↑2009年 4月)
(総紹)新しい_認可_済みの dasatinib_投与__レジメン_ が __臨床`使用 可能(総説紹介文)09.03.13te 
(↑2009年 3月)
_慢性期_の_慢性`骨髄性`白血病_ での 用量`引き上げ の 有効性(論文・報告)09.01.22te 
(↑2009年 2月)
( N 冒頭)新たに診断の_慢性`骨髄性`白血病_で Sprycel が迅速で完全な 細胞遺伝学的`寛解 09.01.22na 
(ニュース冒頭)慢性期の_慢性`骨髄性`白血病_で 早期の用量強化 が 奏効を最適化との報告 09.01.21nd 

( N 冒頭)_慢性`骨髄性`白血病_の_初回治療_に Tasigna が Gleevec よりも優れる可能性 09.01.17nb 
(↑2009年 1 月)
(ニュース冒頭)第二世代の慢性骨髄性白血病 治療薬《複数》 が 第一線治療として有望的 08.12.14nb 
( N 冒頭) ASH 2008 : 慢性骨髄性白血病の一部の患者さん で imatinib中止が可能との報告 08.12.10na 
『総』 慢性骨髄性白血病の患者さん の 治療、及び、モニタリング(総説)08.11.19ta 
(↑2008年 12 月)
『総』 慢性骨髄性白血病の imatinib による治療、及び、第二世代チロシンキナーゼ抑制薬(総説)08.11.06ta 
(↑2008年 11 月)

フィラデルフィア染色体陽性の慢性骨髄性白血病 での 第一線 imatinib + cytarabine(論文・報告)08.10.10ta 
(↑2008年 10月)
慢性骨髄性白血病の治療用のチロシンキナーゼ抑制薬に伴う血小板減少症 での IL-11 の効果(論文・報告)08.09.07td 
『総』 慢性骨髄性白血病の管理に関する現在の展望(総説)08.08.23ta 
(↑2008年 9月)
『総』 慢性骨髄性白血病の治療の現状 : 治療薬開発のレビュー(総説)08.07.16tc 
(↑2008年 8月)
imatinib 耐性の慢性骨髄性白血病 で dasatinib による間欠的 標的抑制 が 有効性を維持(論文・報告)08.07.03tb 

(総紹)慢性骨髄性白血病の治療用としての imatinib mesylate(総説紹介文)08.06.16td 
(ニュース冒頭)慢性骨髄性白血病の治療用として omacetaxine の NDA 非臨床セクション提出 08.07.02nb 
(↑2008年 7月)
(ニュース冒頭)新たに診断された慢性骨髄性白血病 で Sprycel が 効果的との報告 08.06.25nc 
(ニュース冒頭)新たに診断された慢性骨髄性白血病 で Tasigna が 効果的との報告 08.06.25nb 
(ニュース冒頭)慢性骨髄性白血病の第一線治療として高用量 imatinib が 或る程度の利益 08.06.17na 

『総』 慢性骨髄性白血病の治療に於ける新しい進歩(総説)08.05.24tb 
(↑2008年 6月)
(ニュース冒頭) ChemGenex が慢性骨髄性白血病 で omacetaxine の NDA 逐次申請を予定 08.04.15nd 
『総標』慢性骨髄性白血病 の 管理に於けるアップデート : ASCO 2007 からの報告(総説標題)08.04.02tf 
(↑2008年 4月)
(ニュース冒頭) NCCN の新しい慢性骨髄性白血病ガイドラインで nilotinib を追加 08.03.18na 
慢性骨髄性白血病 で imatinib での 長期的な治療が骨の形成を促進(論文・報告)08.02.27td 
(↑2008年 3月)

imatinib 耐性、又は、非忍容性の移行期の慢性骨髄性白血病 で nilotinib が活性的(論文・報告)08.02.13tb 
慢性骨髄性白血病でインターフェロンα挫折後の imatinib による 有利的な長期結果(論文・報告)08.01.31tc 
『専』慢性骨髄性白血病 での 新しい治療選択肢 :専門家インタビュー(総説)08.01.29te 
(↑2008年 2 月)
(総紹)パート2 : 慢性骨髄性白血病 での imatinib 治療への耐性の管理(総説紹介文)08.01.04tl 
後期 慢性期の慢性骨髄性白血病 での imatinib 完全 細胞遺伝学的奏効者 での 長期結果状況(論文・報告)07.12.31ta 

(総紹)慢性骨髄性白血病 での 分子標的治療薬(総説紹介文)07.12.27td 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

----- 急性リンパ性白血病、急性リンパ芽球性白血病 -----


(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_として Kymriah ( tisagenlecleucel )( CAR T-細胞__治療_ )を_認可_ 1709011720 
(↑2017年 9月)
『論文類』 T315I_遺伝子`変異_を 伴う__フィラデルフィア染色体`陽性__白血病_ に於ける ponatinib 対 _他家`幹細胞`移植_ の _全体的`生存__比較_ 1707231631 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`リンパ性`白血病__に対する__治療用_として Besponsa ( inotuzumab ozogamicin )を_認可_ 1708181719 
(↑2017年 8月)

『総説紹介文』 _青年、及び、_若年`成人 に於ける _急性`リンパ芽球性`白血病_ 1706252255 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会 が CAR T-細胞_治療薬_CTL019 の 小児、若年`成人 での 再発した、又は、治療−抵抗性_B-細胞性`急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_としての_認可_を 勧告 1707152325 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _がん治療薬`諮問`委員会_ が _最初の_CAR T-細胞__薬_( tisagenlecleucel-T ) の _急性`リンパ性`白血病__治療用_として の _認可_を 勧告 1707142353 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 成人、及び、小児`患者さん に於ける 再発、又は、治療−抵抗性_B 細胞`前駆_急性`リンパ芽球性`白血病_治療用として Blincyto ( blinatumomab )に 全面的`認可を 賦与 1707122319 
(↑2017年 7月)
新資料(現行治療):成人 での 急性`リンパ性`白血病(ALL)の治療《 ACS 資料のご紹介》(作成開始:'17/2) 1706250010 

『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__フィラデルフィア染色体`陽性__B −前駆`細胞`性_急性`リンパ性`白血病_を有する_成人`患者さん_ に於ける 、blinatumomab_治療_〜(続く) 1705281700 
『論文紹介文』 _原発_治療−抵抗性__急性`リンパ性`白血病__に対する__他家`造血`細胞`移植__ : _Acute Leukemia Working Party of the EBMT からの_報告_ 1705241650 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _小児`患者さん に於ける _急性`リンパ芽球性`白血病_、etc. の _治療用_として Xatmep ( methotrexate_経口`液剤_)を _認可_  1704282352 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) Juno Therapeutics 社 が _急性`リンパ芽球性`白血病_ での CAR T-細胞_研究_を 取り止め 1703041447 
(ニュース冒頭) blinatumomab が _B 細胞__急性`リンパ芽球性`白血病_ での _生存_を ぼぼ 倍増 1703021622 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が inotuzumab ozogamicin ( _急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_ )の 認可`申請 を 受理 1702282242 
(↑2017年 3月)
『 JCO 論文』 成人 に於ける _フィラデルフィア染色体−様_急性`リンパ性`白血病_の _高い_頻度、及び、_劣った`予後_ 1701281717 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Iclusig ( ponatinib )_に対し、_慢性`骨髄性`白血病__治療用_として 拡大_認可_を_賦与_ 1612152251 
(ニュース冒頭) _最初の_CAR_T 細胞_ が _市場_に 向かっている_ : _来年には_発売_か? 1612061654 
(↑2016年 12月)
『総説紹介文』 _フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ芽球性`白血病__に対する__他家`造血`幹細胞`移植_後 の _再発__予防_の ための_チロシンキナーゼ`阻害薬__使用__ : _〜(続く) 1609241718 
(↑2016年 10月)

(ニュース冒頭) Rituxan ( rituximab ) が _若年_成人_ での _急性`リンパ芽球性`白血病_ に於ける _生存 を 改善_ 1609271709 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_のサブセット_に対し、rituximab が _結果状況_を_改善_ 1609162248 
(ニュース冒頭) inotuzumab ozogamicin が _急性`リンパ性`白血病_ での _進行無し`生存_ を 改善_ 1609092241 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _小児__フィラデルフィア染色体`陰性__再発した、又は、治療−抵抗性__B 細胞`前駆_急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_として Blincyto ( blinatumomab )を_認可_ 1609061708 
『論文類』 _急性`リンパ芽球性`白血病_を有する_より年配__患者さん_のための_強化_化学療法_ + _他家`造血`幹細胞`移植__ : __フェーズ_2_研究_ 1608081618 
(↑2016年 9月)

『 JCO 論文』 小児__急性`リンパ芽球性`白血病_ に於ける 、_微小`残存`病変_に基づく 成功的な _治療_軽減、及び、_治療_強化 _ : _Dutch Childhood Oncology Group の_研究_ ALL10 1607302233 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性_の_B −前駆`細胞`性_急性`リンパ芽球性`白血病_を有する__より年配__患者さん_ での blinatumomab_治療_ : 2 件の_フェーズ_2_研究_の_結果_ 1607161752 
『 JCO 論文』 _高リスク_B −_急性`リンパ芽球性`白血病_を有する_小児_、及び、_若年`成人_患者さん_ での _結果状況_を dexamethasone + _高用量_methotrexate が _改善_ : 〜(続く) 1607111631 
『 JCO 論文』 _急性`リンパ芽球性`白血病_を有する_小児`患者さん に於ける dexamethasone −誘発_有害`効果_に対する_治療`介入としての hydrocortisone : 〜(続く) 1607041621 
(↑2016年 8月)
(ニュース冒頭) Juno 社による CAR T-細胞_療法_の_臨床試験_( _B 細胞__急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_ ) が 、fludarabine 無しで 再開 1607151700 

(ニュース冒頭) _白血病__に対する_CAR T-細胞_治療_の_臨床試験_ _に対し、 2 件の_死亡_例後に 米国 FDA が 中止を指示 1607092226 
『論文類』 _成人__フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ性`白血病__に対する__第一線_dasatinib / _化学療法_の、_微小`残存`病変−ベースの_効果_、及び、_長期的_結果状況_ 1605291749 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) Blincyto が 一定のタイプ の _急性`リンパ芽球性`白血病_ での _生存 を 改善_ 1606231656 
(ニュース冒頭) blinatumomab が _再発した、又は、治療−抵抗性__成人`リンパ芽球性白血病__に対し、_化学療法_よりも 好結果 : _生存_ が 倍加 1606181642 
(ニュース冒頭) inotuzumab ozogamicin ( _新しい__抗− CD22_抗体_ ) が _急性`リンパ性`白血病__に対し、「_明らかに_効果的_」 1606171648 
(↑2016年 6月)

(ニュース冒頭) hydrocortisone が _小児__急性`リンパ性`白血病__治療_ に於ける dexamethasone の_副作用_を_低下_させる 可能性あり との研究結果 1605171659 
(ニュース冒頭) _高用量_methotrexate が _高リスク_B −_急性`リンパ芽球性`白血病_ での _生存`期間_を_伸長_ 1605041704 
(↑2016年 5月)
『 JCO 論文』 _急性`リンパ性`白血病__に対する_最新_治療_で_治療_される_急性`リンパ性`白血病__小児`患者さん に於ける _頭蓋`放射線`療法_の _結果状況_への_インパクト_ 1603111725 
(↑2016年 4月)
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__T 細胞__急性`リンパ性`白血病_、又は、_進行期−ステージ_リンパ芽球性_非ホジキンリンパ腫_の_治療_を 受ける_患者さん_ に於ける dexrazoxane の〜(続く) 1603051749 
(↑2016年 3月)
『論文類』 _新たに_診断_された__小児_急性`リンパ芽球性`白血病_に於ける _静注_ペギル化 asparaginase 対 _筋肉`注射_自然 Escherichia coli l-asparaginase : 〜(続く) 1512022345 

(ニュース冒頭) _研究者たち は _再発した_B-細胞性`急性`リンパ性`白血病_の_治療_ に於ける ブレークスルーに 希望を 持っている 1602091710 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _小児__急性`リンパ性`白血病_ に於ける _再発_予防_のためには、_頭蓋`照射_ は 助けにならない との研究結果 1601231728 
(ニュース冒頭) _フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ性`白血病__に対し、Blincyto が _新しい__治療`選択肢_として_有望的 1601201655 
『論文類』 _フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ性`白血病__に対する__初回`治療_としての_化学療法_ + dasatinib : _フェーズ_2_研究_の_長期的__フォローアップ_ 1511240012 
(ニュース冒頭)小児`患者さん に於ける T 細胞_急性`リンパ性`白血病_や リンパ芽球性_非ホジキンリンパ腫_に対する_doxorubicin_治療_に伴う_心臓`毒性_を dexrazoxane が _予防_する との研究結果 1601011700 
(↑2016年 1月)

『論文類』 _フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ芽球性`白血病__に対する__第一線`治療_としての hyper-CVAD_レジメン_ + ponatinib による治療 : 〜(続く) 1511132353 
(ニュース冒頭) Rituxan の追加により、_いくらかの__急性`リンパ性`白血病_ に於ける _結果状況_ が _改善_ 1512201720 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_導入`化学療法_中 の 抗生剤 予防_投与_により、_感染症_ が 半減 1512101701 
(ニュース冒頭) rituximab + _化学療法_ : _B 細胞`前駆_急性`リンパ性`白血病__に対する__新しい__標準的`ケア_? 1512082344 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_維持`療法__化学療法_ での _経口`薬_ 非−服用 の 状況 1512081717 

(ニュース冒頭) ASH 2015 で 注目 される 発表は 何か? 2 件の_臨床`実地``変更的_な_臨床試験_ 1512031740 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) Blincyto ( blinatumomab )が_フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ性`白血病__に対し_有望的、と、Amgen 社 が 発表 1507231736 
(ニュース冒頭) Amgen が _同社_ の _白血病__治療薬 に関する _肯定的な__予備的_結果_を _報告_ 1507181754 
(↑2015年 7月)
(ニュース冒頭) _開発`段階 の _薬_inotuzumab ozogamycin が _劣った__予後_の_急性`リンパ性`白血病__に対し、_印象的な__結果_ 1506181708 
(ニュース冒頭) _再発した__急性`リンパ性`白血病_の_患者さん_達 が CAR_T 細胞_による_治療_を 希望し、_医者_に プレッシャー 1506161656 
(↑2015年 6月)

『 JCO 論文』 _再発した_小児_急性`リンパ性`白血病_ での _他家`幹細胞`移植_後 の _微小`残存`病変_の 監視 により、その後 の _再発 の 認識 が 可能 : ALL-BFM-SCT 2003_臨床試験_ の _結果_ 1504132239 
『 JCO 論文』 急性`リンパ性`白血病_の_小児`患者さん に於ける 幹細胞`移植 : 同胞`ドナー 対 適合_非`血縁`ドナー_の_比較をした_前向き方式__国際的_多施設`臨床試験_ : ALL-SCT-BFM-2003 Trial 1504132224 
(↑2015年 5月)
『論文類』 _進行期__慢性`骨髄性`白血病_、又は、_フィラデルフィア染色体`陽性__急性`リンパ性`白血病__に対する__他家`幹細胞`移植_後 の nilotinib による_予防_ : _フェーズ_1 / 2_研究_ 1503101755 
(↑2015年 4月)
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病__に対する__他家`幹細胞`移植_のためには、 _非`血縁`ドナー_、と、_兄弟ドナー_の いずれも _良好な__結果_ との研究結果 1503271728 
(ニュース冒頭) _小児_急性`リンパ性`白血病_ : _寛解`導入`治療_期間中に 2 回_微小`残存`病変_を 測定することで その後の_治療_の ガイドが 可能とする 研究結果 1503271701 

『論文類』 再発、又は、治療−抵抗性_B −前駆`細胞`性_急性`リンパ芽球性`白血病_の_成人`患者さんのための blinatumomab の_安全性 / 活性 : 多施設、単一`治療`グループ、フェーズ2研究 1502081741 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Erwinaze ( _急性`リンパ性`白血病__治療用_ )の_静注__剤型_を_認可_ 1502221749 
(ニュース冒頭) axitinib が _耐性__慢性`骨髄性`白血病_、及び、_B 細胞`急性`リンパ芽球`性`白血病、で、_活性的__との報告《 初期的 結果 》 1502101716 
『 JCO 論文』 再発/治療−抵抗性_B−前駆`細胞`性_急性`リンパ性`白血病で、抗−CD19 二重`特異性`T 細胞`誘導`抗体blinatumomab により血液学`的 / 分子的_寛解 : フェーズ_2 1412282327 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した、又は、治療−抵抗性__B −前駆`細胞`性_急性`リンパ性`白血病__治療用_として blinatumomab を_認可_ 1501181650 

『論文類』 _急性`リンパ性`白血病_を有する _青年_、及び、_若年_成人`患者さん_ での 強化 Berlin-Frankfurt-Munster_治療_ 1411301631 
(ニュース冒頭) blinatumomab が _高リスク__急性`リンパ性`白血病__に対して 「注目すべき」_結果_ 1501011747 
(↑2015年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _静注_投与_ での Erwinaze ( _急性`リンパ芽球性`白血病_治療用_ )を_認可_ 1412261657 
(ニュース冒頭) _年配_ の _急性`リンパ性`白血病__患者さん_で、nilotinib により 87% の _完全`寛解`率_ 1412191728 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_若年`患者さん を_小児用_レジメン_で _治療_すると、_より良好_な_結果状況_ との研究結果 1412091646 

(ニュース冒頭) blinatumomab が _急性`リンパ性`白血病_に於ける _微小`残存`病変_を 根絶 1412081746 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _前駆 B-細胞性``急性`リンパ性`白血病__治療用_として Blincyto ( blinatumomab )を_認可_ 1412052256 
(↑2014年 12月)
(ニュース冒頭) CD19 −指向 CAR_T 細胞_ が _再発性 / 治療−抵抗性__急性`リンパ性`白血病_の_管理_に_効果的_ 1410281652 
(ニュース冒頭) EU の CHMP ( 医薬品 関連_当局_ ) が ponatinib の_レビュー_を 完了し、警告に関し 決定 1410251810 
(ニュース冒頭) _白血病_に於ける CAR −_T 細胞_ : _専門家_の コメント 1410171729 

(ニュース冒頭) Amgen社 の BiTE_免疫`治療`薬_blinatumomabに米国 FDA が 急性`リンパ性`白血病_治療用に 優先`審査`認定_ 1410161757 
(ニュース冒頭) _白血病__に対する_CARs による_治療_ : 「展望が 変わりつつある」 1410161745 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が blinatumomab( Amgen社のBiTE_免疫治療薬 )に急性リンパ性白血病治療用として_優先`審査`認定 1410111745 
(↑2014年 10月)
(ニュース冒頭) Amgen 社 が 開発`段階 の BiTE_免疫`療法_blinatumomab で_急性`リンパ性`白血病_治療用_として BLA を_申請 1409232359 
(ニュース冒頭) チロシンキナーゼ`阻害薬が 急性`リンパ性`白血病の 特定のサブタイプの_新_治療`選択肢となる可能性あり 1409121710 
(↑2014年 9月)

『論文類』 標準的−リスク_急性`リンパ性`白血病_と_新たに_診断_された_小児`患者さん での _治療_の_遅発`影響の_リスク 1408032333 
『論文類』 _標準的 /中等度リスク_急性`リンパ性`白血病の_微小`残存`病変−定義_高リスク_サブグループでの 強化_寛解後`治療 1408031744 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) _微小`残存`病変_−ベースの_治療_ が BCR-ABL1-様_急性`リンパ性`白血病_の_小児`患者さんで_利益的_ 1407252344 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病__患者さん_ での _治療_強化_の ための_微小`残存`病変_指標の_使用_ 1406281749 
『論文類』 _小児_Ph`陽性__急性`リンパ性`白血病_ での _微小`残存`病変 / _結果状況_への_チロシンキナーゼ`阻害薬_の_インパクト_

(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_小児`患者さん の 4 人に 1 人 は _維持_治療薬_を 服用していない との研究結果 1406171751 
(↑2014年 6月)
『論文類』 _集中的`化学療法_中の_急性``白血病_の_小児`患者さん での 重症_感染症_の ciprofloxacin 等 による成功的な_予防 1404141709 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _急性`リンパ性`白血病__治療用_として Purixan (mercaptopurine)_内服用`懸濁液_を_認可_ 1404301742 
(↑2014年 5月)
『 JCO 論文』 _小児__急性`リンパ性`白血病_に於ける methotrexate −誘発__神経_毒性_、及び、_白質`脳症_ 14.03.17te 
(↑2014年 4月)
(ニュース冒頭) B −細胞`性`白血病_に対し、_キメラ`抗原`受容体_治療_ が _劇的な__結果_ 14.02.22na 
(↑2014年 2月)

(ニュース冒頭) _欧州`連合《 EU 》_ が ponatinib 《_白血病__治療薬_》 の 徹底的 再検討を開始 13.12.07na 
(↑2013年 12月)
(ニュース冒頭) _米国_ での ponatinib 使用可能性 継続を 求めての ロビー活動 13.11.28nc 
症例報告: _妊娠中の_急性`リンパ性`白血病_の_治療_ 13.10.29ta 
(ニュース冒頭) ponatinib( _白血病__治療薬_ ) の_市場`回収 に関する 疑問、及び、懸念 13.11.09nb 
(↑2013年 11月)
『 JCO 論文』 急性`リンパ性`白血病と染色体_21の_染色体`内`増幅を有する患者さんでリスク−指向_治療_強化で再発リスク低下 13.09.22tb 
(↑2013年 10月)

『 ASCO abstract 』 fludarabine_治療−抵抗性_の_慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ofatumumab 再治療、及び、_維持`療法_ 13.05.18tb 
(↑2013年 6 月)
『 ASCO abstract 』 耐性、又は、非−忍容`可能的_慢性`骨髄性`白血病_、Ph+_急性`リンパ性`白血病__に対する_ponatinib_治療 13.05.14tb 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性_ / _再発した__急性`リンパ性`白血病__に対する_inotuzumab ozogamycin による治療 13.05.13tc 
『 ASCO abstract 』 _再発した / _治療−抵抗性__B −前駆`細胞`性_急性`リンパ性`白血病__に対する_blinatumomab による治療 13.05.13tb 
(↑2013年 5 月)
『 ASCO abstract』 急性`リンパ性`白血病 での 導入治療−後_dexamethasone、個別`用量`設定_EC-Asnaseによる_結果状況__改善 13.03.18tf 
(↑2013年 4 月)

(ニュース冒頭) _新規な__T 細胞`治療_が_攻撃的__急性`リンパ性`白血病_で_寛解_に 導く との研究結果 13.03.30na 
(ニュース冒頭) _T 細胞`治療_により、2 名の_小児`患者さん での _急性`リンパ性`白血病_` が 根絶 13.03.27nc 
(ニュース冒頭) _免疫`システム__治療_ が _成人__急性`リンパ性`白血病_で_有望的_ 13.03.21nb 
『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性``再発__急性`リンパ性`白血病__に対する_inotuzumab ozogamycin による治療 13.02.25tc 
『 ASCO abstract 』 _再発した_ / _治療−抵抗性__B −前駆`細胞`性_急性`リンパ性`白血病__に対する_blinatumomab の_効果_ 13.02.25tb 

『 JCO 論文』 進行期、再発、治療−抵抗性_成人_急性`リンパ性`白血病__に対する__高用量_vincristine 硫酸_リポゾーム_注射 13.02.21ta 
(↑2013年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Gleevec を_小児`患者さん での _急性`リンパ性`白血病__治療用_として_認可_ 13.01.29nb 
(ニュース冒頭) _リポゾーム化_vincristine は 一歩前進であるとの 意見 13.01.19nb 
(↑2013年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Iclusigを_慢性`骨髄性`白血病、フィラデルフィア染色体+_急性`リンパ性`白血病_治療用_に_認可 12.12.15nc 
(ニュース冒頭) blinatumomab が_再発した_ / _治療−抵抗性_ の _成人__急性`リンパ性`白血病_ での _生存`期間_を_伸長_ 12.12.14nb 
(↑2012年 12月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が ponatinib ( 慢性`骨髄性`白血病 / _急性`リンパ性`白血病__治療薬_ )の NDA _申請_を受理 12.10.30nb 
(↑2012年 10月)
『 JCO 論文』 _高リスク_ T 細胞`急性`リンパ芽球性`白血病_ での nelarabine + _集中`化学療法_ : _パイロット研究_ 12.08.05tb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _フィラデルフィア染色体`陰性__急性`リンパ性`白血病__治療用として Marqibo を_認可_ 12.08.10nb 
(↑2012年 8月)
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_小児__患者さん_の_化学療法_後に _脊椎__骨折_ が _高頻度_に 発生 との研究結果 12.07.04nb 
(↑2012年 7月)
『 JCO 論文』 _急性`リンパ性`白血病_の_小児_、及び、_青年_ での 1990 年〜 2005 年 での _生存__改善_ 12.05.09td 
(↑2012年 6月)

(ニュース冒頭) _小児__急性`リンパ性`白血病_の_特定の_サブセットでは、_化学療法_による_治療_ が 最適 との研究結果 12.04.20na 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病__に対する__導入治療_で_治療`挫折_した_小児__患者さん_ での 意外な_結果 12.04.12nb 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_による_小児_ の _死亡`率_ が _低下_中 との研究結果 12.03.23nc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA の_諮問`委員会_ が _急性`リンパ性`白血病_のサブタイプ_に対する__治療薬_を 支持 12.03.23na 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_小児_、及び、_青年_ での _生存_ は 引き続き_改善_ 12.03.15nc 
(↑2012年 3月)

(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病__治療薬_として、新しいタイプの asparaginase が 米国で_認可_ 11.11.19nb 
(↑2011年 11月)
『JCO 論文』 化療−抵抗性な_B −細胞`性_急性`リンパ性`白血病_に対する_T-細胞−連携性_モノクロナル抗体_blinatumomab_治療  11.06.23tb 
(↑2011年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病_の_治療−抵抗性_−_再発_のケース_に対し、inotuzumab ozogamicin が_効果的_ 11.06.18ng 
(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病__に対する__開発`段階 の _薬_ が _早期__臨床試験_で_有望的__結果 11.06.16nc 
(ニュース冒頭) _高リスク__急性`リンパ性`白血病_ での _生存_を_高用量_methotrexate が _改善_ 11.06.04nb 
(↑2011年 6月)

『総説紹介文の存在』 _急性`リンパ性`白血病__に対する 最新 の _治療_ 11.02.09tf 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) _集中的__化学療法_ が _急性`リンパ性`白血病_ の  より年長のティーンエイジャー での _生存_を_改善_ 10.12.23nb 
(ニュース冒頭) _再発した__急性`リンパ性`白血病__に対する_mitoxantrone_治療_で_有意な__生存`利益_ 10.12.16na 
『JCO 論文』 フィラデルフィア染色体`陽性_急性`リンパ性`白血病_で1995年〜2005年に_治療_の小児_患者さん_の_臨床_結果状況 10.11.01tb 
(ニュース冒頭) _幹細胞`移植_を 受ける_急性`リンパ性`白血病__患者さん_ での _生存_ が imatinib で_改善_ 10.12.07na 
(↑2010年 12月)

(ニュース冒頭) _急性`リンパ性`白血病__治療用として Erwinase の_認可_を申請 10.11.10ng 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) methylphenidate  が 小児 がん 克服者さん での 注意力や 行動面での問題_に対して_効果あり 10.09.24nb 
(ニュース冒頭) 小児_急性`リンパ性`白血病_ で dexrazoxane による 心臓保護 が 5 年間後も_効果的__との研究結果_ 10.09.23na 
『 JCO 論文』 _新規な__フィラデルフィア染色体`陰性_前駆`B 細胞−系列_`急性`リンパ性`白血病___に対する__化学`免疫`療法_ 10.08.22ta 
(↑2010年 9月)
(ニュース冒頭) _攻撃的__急性`リンパ性`白血病_ での _生存_を imatinib_パルス投与 が _改善_ 10.08.13nb 
(↑2010年 8月)

(ニュース冒頭) 新たに_診断_された_フィラデルフィア染色体`陽性_急性`リンパ性`白血病_に Sprycel /_化学療法_が有用 10.07.29nc 
(ニュース冒頭) 成長_ホルモン_で_治療_された_急性`リンパ性`白血病_克服者さんでは _心臓`血管`系__リスク`要因_ が 低下 10.07.02na 
(↑2010年 7月)
『論文類』 低リスク_急性`リンパ性`白血病_の小児_患者さん_ での _間欠的`使用 での 6-mercaptopurine/methotrexate_維持療法 10.04.10tc 
(↑2010年 5月)
『総説紹介文の存在』 成人 での _急性`リンパ性`白血病_ : 概念 、及び、 _戦略_ 10.02.20te 
(↑2010年 3月)
『論文類』 小児_急性`リンパ性`白血病_ の_治療_ での _肝_毒性_の_治療_用としての_ミルク`シスル_ 10.01.23ta 
(↑2010年 2月)

『論文類』 _急性`リンパ性`白血病_ の 小児_患者さん_ での _膵`仮性`嚢胞_ の 保存的 _管理_ 09.12.05td 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) 小児患者さんでの 急性`リンパ性`白血病: 個別化 asparaginase と dexamethasone 《 prednisone の代わり 》 09.12.17na 
(ニュース冒頭) _フィラデルフィア染色体`陽性の__急性`リンパ性`白血病_に対し、Sprycel + _化学療法_ が _効果的_ 09.12.11nd 
(↑2009年 12月)
『論文類』 急性`リンパ性`白血病_の 若年成人_患者さん_は_化学療法_だけで優れた結果、また、集中的_導入_後_治療_で_利益 09.11.01ta 
『論文類』 フィラデルフィア染色体`陽性の_急性`リンパ性`白血病__に対する_imatinib_による_早期__イベント無し`生存__改善_ 09.10.30tf 
(↑2009年 11月)

『論文類:副作用』 _急性`リンパ性`白血病_で L-asparaginase_治療_を受けた小児_患者さん_ での _急性_膵炎 09.10.04ta 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _急性`リンパ性`白血病_に対する_骨髄`破壊的_造血_細胞_移植_ : 移植源と_長期的__結果状況_の_分析_ 09.08.02td 
(↑2009年 8月)
小児_患者さん_ での _急性`リンパ性`白血病_ の _頭蓋`脊髄`照射_なし での _治療_(論文・報告)09.06.29te 
より高リスクの 小児_急性`リンパ性`白血病_で_経口_methotrexate / 6 − mercaptopurine による_維持療法_(論文・報告)09.06.15tb 
(↑2009年7月)
_急性`リンパ性`白血病_で_遺伝子`転座_(1;19)のあるケースが hyper-CVAD での _予後_良好(論文・報告)09.04.29te 
(↑2009年 5月)

新資料:_急性`リンパ性`白血病_の_治療_《eMedicine》 09.04.06ec 
《 連載 #31=完 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.04.05ea 
《 連載 #30 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.03.29cd 
(↑2009年 4月)
(総紹)新しい_認可_済みの dasatinib_投与__レジメン_ が __臨床`使用 可能(総説紹介文)09.03.13te 
《 連載 #29 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.03.29cc 

《 連載 #28 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.03.22cj 
《 連載 #27 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.03.22ci 
《 連載 #26 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.03.22ch 
《 連載 #25 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.03.22cg 
《 連載 #24 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.03.22cf 

《 連載 #23 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.02.22ca 
_フィラデルフィア染色体`陰性の_急性`リンパ性`白血病_の成人 での _小児科`示唆的−治療_(論文・報告)09.02.20te 
症例: _前 B`細胞`急性`リンパ性`白血病_の_非`白血性_ケース での 縦隔`腫瘤/_悪性_胸水_(症例報告)09.02.13tb 
(↑2009年 3月)
《 連載 #22 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.02.21ca 
《 連載 #21 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.02.18ca 

《 連載 #20 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.02.16cc 
《 連載 #19 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.02.16cb 
《 連載 #18 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.02.08ca 
《 連載 #17 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.30ca 
『総』 _急性`リンパ性`白血病_ の 治療 進歩 : 第 50 回 ASH 年次会議からのアップデート(総説)09.01.29tc 
(↑2009年 2月)

《 連載 #16 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.29ca 
《 連載 #15 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.21ce 
《 連載 #14 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.19cd 
《 連載 #13 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.19cc 
( N 冒頭)再発した_成人 急性`リンパ性`白血病_で、直ちの_他家`幹細胞`移植_ が 成功的 09.01.21ne 

《 連載 #12 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.19cb 
《 連載 #11 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.19ca 
《 連載 #10 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.11cc 
《 連載 #9 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.07ca 
《 連載 #8 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.05cd 

《 連載 #7 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.05cc 
《 連載 #6 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 09.01.05cb 
《 連載 #5 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.31ca 
(↑2009年 1 月)
《 連載 #4 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.30ca 
《 連載 #3 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.28cc 

《 連載 #2 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.26ca 
《 連載 #1 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》 08.12.21ca 
(N冒頭)Ph染色体陽性 急性リンパ性白血病で imatinib導入治療後の他家幹細胞移植が好結果 08.12.20ne 
( N 冒頭) Ph 染色体‐陽性の急性リンパ性白血病の第一線治療に Sprycel が 効果的 08.12.20nd 
( N 冒頭)小児 急性リンパ性白血病で dexamethasone が prednisone よりも好結果 08.12.16nc 

( N 冒頭) ASH 2008:小児急性リンパ性白血病の導入治療での dexamethasone が再発率低下 08.12.10nb 
小児‐急性リンパ性白血病 後の未分化‐乏突起‐細胞腫 : 化学療法 + 幹細胞移植(論文・報告)08.11.16ta 
(↑2008年 12 月)
急性リンパ性白血病の年配患者さん での hyper-CVAD 療法 での 結果(論文・報告)08.10.04te 
(↑2008年10月)
(総紹)小児の急性リンパ性白血病 での 骨髄 再発(総説紹介文)08.09.01tc 
急性リンパ性白血病 で 最初の骨髄再発にある小児患者さん での 再導入プラットフォーム(論文・報告)08.08.19tb 
(↑2008年 9月)

小児の急性リンパ性白血病の骨髄再発のケース での epratuzumab による化学免疫療法 再導入(論文・報告)08.08.03td 
急性リンパ芽球性白血病とダウン症候群 : 現出特徴、と、治療結果状況(論文・報告)08.07.20tg 
(↑2008年 8月)
小児患者さん での 急性リンパ性白血病 での 多剤治療の成分としての aminopterin(論文・報告)08.05.13tg 
最初の再発にある急性リンパ性白血病 の 小児患者さん の治療での topotecan の 追加(論文・報告)08.04.29tf 
(↑2008年 5月)
『副』高リスクの急性リンパ性白血病 での dexrazoxane 治療 での 二次的悪性新生物の非発生( 副作用 )08.03.02tb 

小児・青年患者さん での 高リスク急性リンパ性白血病で 早期の導入後 強化治療が生存を改善(論文・報告)08.02.28ta 
(↑2008年 3月)
標準的リスク急性リンパ性白血病 で 最高の結果は、マッチした兄弟からの他家幹細胞移植から(論文・報告)08.02.13ta 
症例: 成熟 B 細胞 急性リンパ芽球性白血病 で 診断時に膵臓の巻き込みがあったケース(症例報告)08.01.24ta 
(↑2008年 2 月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

----- 慢性リンパ性白血病 -----


(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _血液`がん_ に 対する _免疫`療法_の_臨床試験_に於いて _治験`中止_措置を 拡大 1709132348 
(ニュース冒頭) duvelisib ( Verastem 社 が _開発_中 ) が _慢性`リンパ球性`白血病_、_小`リンパ球`性`リンパ腫_ での _晩期_ステージ__臨床試験_で 成功的な_結果_ 1709081708 
(↑2017年 9月)
(ASCO ニュース冒頭) ibrutinib により_治療_された_再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病_ / _小`リンパ球`性`リンパ腫__患者さん_ での _首尾一貫的な__進行無し`生存__利益_ 1706292316 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rituxan の より_従来的な__投与__剤型_として_皮下_注射_用 を_認可_ 1706261626 

( ASCO ニュース冒頭) 個別化 細胞_治療_、と、Imbruvica の _併用_により、_高い_比率の_慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_に於いて_完全`寛解_を 達成 1706081708 
(↑2017年 6月)
『 論文類』 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ibrutinib、idelalisib、及び、venetoclax の_最適な_投与_順次`実施__ : _683 名の患者さん での _多施設`研究_からの_結果_ 1705021704 
『 JCO 論文』 _慢性`リンパ球性`白血病_ に於ける ibrutinib_に対する_ BTKC481S −媒介_耐性_ 1705012309 
(↑2017年 5月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する bendamustine / rituximab との_併用_ の _idelalisib、又は、_プラセボ__ : _〜(続く) 1703172301 
(↑2017年 4月)
『総説』 _年配`患者さん に於ける _慢性`リンパ球性`白血病_ の _管理__ : __国際 Society of Geriatric Oncology (SIOG) タスクフォースからの ポジション・ペーパー_ 1703051557 

『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_venetoclax + rituximab による治療_ : __フェーズ1b_研究_ 1702051630 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) venetoclax + rituximab により_慢性`リンパ球性`白血病_に於いて「_前例の無い_」_有効性_ が 得られた との研究結果 1701251654 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) _高リスク__慢性`リンパ球性`白血病_ に於いて、_維持`療法_lenalidomide により _進行無し`生存`期間_ が _伸長_ 1612051648 
(ニュース冒頭) 高価な_白血病_治療薬_ が 価格引き下げ後に_英国 国営`保健`サービス_ での _使用_ が 可能に 1612011634 
(↑2016年 12月)
『論文類』 17p_欠失を伴う__再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ibrutinib による治療_ : _RESONATE-17 ( _フェーズ_2_、_ラベル`明示_、_多施設`研究_ ) 1610052243 
(↑2016年 11月)

(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_ が venetoclax ( _慢性`リンパ球性`白血病__治療用_ )、及び、_その他の__薬_について 勧告を 発表 1610181631 
(↑2016年 10月)
『論文類』 _慢性`リンパ球性`白血病_を有し _第一線_idelalisib / rituximab で_治療_され、_毒性_のために_治療_を 中止した後 の _患者さん_ の _結果状況_ 1608092223 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した__慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として Arzerra ( ofatumumab )を fludarabine、cyclophosphamide との_併用_で_認可_ 1609012240 
(↑2016年 9月)
『論文類』 _進行期__慢性`リンパ球性`白血病__に対する__第一線__化学`免疫`療法_としての bendamustine / rituximab 対 fludarabine / cyclophosphamide / rituximab : 〜(続く) 1607171505 
(↑2016年 8月)
『論文類』 17p _欠失_を伴う__再発した、又は、治療−抵抗性_の_慢性`リンパ球性`白血病__に対する_venetoclax による治療 : _多施設_、_ラベル`明示_、_フェーズ_2_研究_ 1606061647 

(ASCO ニュース冒頭) Imbruvica が _新たに_診断_された_、及び、_再発性_ の _慢性`リンパ球性`白血病__に対し_効果的_ 1607121702 
(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_( EMA ) が idelalisib ( _慢性`リンパ球性`白血病_などの_治療用_ )の_利益_ は _リスク_を 上回るとの_レビュー__結果_ 1607101451 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_rituximab / bendamustine 対 _標準的`治療_の_比較_ 1605281604 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として Venclexta を_認可_ 1604211658 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Venclexta (venetoclax) を_17p_欠失_を 伴う_慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として_認可_ 1604121736 
(↑2016年 4月)
(ニュース冒頭) ibrutinib ( _リンパ球性`白血病__治療用_ ) は _皮膚_、及び、爪 の 変化を 伴う_ との研究結果 1603261805 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Imbruvica を_慢性`リンパ球性`白血病_の_第一線`治療_用として_認可_ 1603242347 
『論文類』 _先行治療`経験`有り の__慢性`リンパ球性`白血病_、又は、_小`リンパ球`性`リンパ腫__に対する_ibrutinib / bendamustine / rituximab 対 _プラセボ_ / bendamustine / rituximab〜(続く) 1602202225 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Imbruvica ( ibrutinib )を_慢性`リンパ球性`白血病_ の _第一線`治療_用として_認可_ 1603081636 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Arzerra ( ofatumumab )を_進行期__慢性`リンパ球性`白血病_ の _維持`療法_用 として_認可_ 1603011732 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_ の _患者さん_にとっての_2015 年 に於ける 有望的な__進歩_ 1602011645 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Arzerra ( ofatumumab )を_再発性_、又は、_進行性__慢性`リンパ球性`白血病_の 延長_治療_用 として_認可_ 1601261708 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が venetoclax の_慢性`リンパ球性`白血病__治療用_としての_新薬`申請( NDA )_を 受理し、_優先`審査__ステータスを_賦与_ 1601171651 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) 追加 ibrutinib が _慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_小`リンパ球`性`リンパ腫_で_有用的_ 1512301652 

(ニュース冒頭) ACP-196 ( _ブルトン型`チロシン`キナーゼ``阻害薬_ ) が _慢性`リンパ球性`白血病__に対し_安全的_で_効果的_ 1512201734 
(ニュース冒頭) _劣った`予後_の_慢性`リンパ球性`白血病__患者さん が venetoclax に_反応_ 1512111701 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_非ホジキンリンパ腫__治療用_として Bendeka ( bendamustine hydrochloride )を_認可_ 1512102250 
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_idelalisib による治療 の _臨床試験_が 「圧倒的な」_有効性_の 理由から _早期_中止 1512101639 
(ニュース冒頭) _中軸的__フェーズ_2_研究_で、_治療`困難なタイプ の _慢性`リンパ球性`白血病_の_患者さん_の ほぼ 80% が _開発`段階 の _薬_venetoclax に_反応_ 1512100000 

(ニュース冒頭) _第一線_ibrutinib により、_虚弱的な__慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_ に於ける _生存_ が _改善_ 1512091702 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) Zydelig ( idelalisib )と Treanda / Rituxan の_併用_ が _慢性`リンパ球性`白血病__治療_に於いて_有望的な_模様 1511181742 
(ニュース冒頭) idelalisib ( Zydelig : Gilead 社製 の _白血病__治療薬_)の_臨床試験_ が 、好成績により _早期_に 非ブラインド化 1511181701 
『論文類』 _再発した__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ofatumumab_維持`療法_ : PROLONG ( _ラベル`明示_、_多施設_、_ランダム化__フェーズ_3_研究_ ) 1510171721 
(↑2015年 11月)
(ニュース冒頭) 4 年間 の 「深い_寛解_」 が _キメラ`抗原`受容体`発現` T 細胞_療法を_慢性`リンパ球性`白血病_で ユニークなものにする (原文通り)との_報告_ 1509181728 
(↑2015年 9月)

(ニュース冒頭) AbbVie 社 が _同社_ の _潜在的`可能的に ブロックバスターの_白血病__治療薬_を 米国 FDA に _認可__申請_ の 意向 1508141140 
(↑2015年 8月)
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_の_慢性`リンパ球性`白血病__に対し、venetoclax による_完全奏効`率_ は 最高級_レベル_( 原文通りの表現 ) 1506171720 
『 JCO 論文』 _慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_リヒター・トランスフォーメーション_を 有する_患者さん_ での _移植__治療`挫折_後 の _結果状況_ 1505101715 
( ASCO ニュース冒頭) この_白血病__治療薬_は「神からの祝福」、しかし、_臨床試験_ は 不完全( 原文通りの表現 ) : _慢性`リンパ球性`白血病__治療薬_ibrutinib 1506070016 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) NCCN の_慢性`リンパ球性`白血病__ガイドライン_ は _分子標的`治療_重視に 変更していく 見込み 1503171703 

『論文類』 先行治療`経験`無し、及び、再発した、又は、治療−抵抗性の TP53遺伝子`異常を伴う慢性`リンパ球性`白血病に対する_ibrutinib_治療 : フェーズ_2、単一`治療`グループ_臨床試験 1502102336 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) ASCO による 2014 年度 がん_臨床領域_進歩_賞 : _慢性`リンパ球性`白血病_ が 勝者 1501211732 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`無し の__慢性`リンパ球性`白血病_ での _新_データ_により Gazyva ( obinutuzumab ) の_追補`生物製剤`申請_ が _認可_ 1501181732 
(↑2015年 1月)
『総説』 __慢性`リンパ球性`白血病__に対する_新規な__治療薬_の 時代に於ける_他家`移植_ の _役割_ 1410211649 
(↑2014年 11月)
『総説紹介文』 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する__分子標的`治療_の 時代の 始まり : _臨床`実地_医者_への_インパクト_ 1409221739 

『論文類』 _高リスク__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ibrutinib / rituximab の 安全性、及び、活性 1409112354 
(↑2014年 10月)
(ニュース冒頭) _高リスク__慢性`リンパ球性`白血病__に対し、Imbruvica + Rituxan が _有望的な__活性_ 1409111621 
(↑2014年 9月)
『 JCO 論文』 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する__初回`治療_としての lenalidomide / rituximab 1407072257 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Imbruvica の__慢性`リンパ球性`白血病_への_適応追加 を_認可_ 1407292319 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_リンパ腫__治療用_として idelalisib を_認可_ 1407242243 

(ニュース冒頭) 慢性`リンパ球性`白血病_治療用_として、_化学療法剤−無しの_併用_( rituximab / lenalidomide )をテスト 1407081720 
(ニュース冒頭) ofatumumab が _かさ高の__治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病_で_進行無し`生存__評価`項目_を 達成せず 1407022321 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) Imbruvica が _慢性`リンパ球性`白血病_ での _生存`期間_を_伸長_ 1406211746 
(ニュース冒頭) ibrutinib ( _慢性`リンパ球性`白血病__治療に於ける スター( 原文表現 ) )で _低程度の_薬剤`抵抗性_ 1406171652 
( ASCO ニュース冒頭) ibrutinib が _慢性`リンパ球性`白血病_ での _生存_を_改善_し、賞賛 の 声 1406020001 
(↑2014年 6月)

『 JCO 論文』 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する__第一線`治療_としての rituximab / chlorambucil 1404201704 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _未治療の__慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として Arzerra + chlorambucil を_認可_ 1404302236 
(↑2014年 5月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療用_として obinutuzumab が rituximab よりも 好成績 14.03.21nb 
(↑2014年 3月)
(ニュース冒頭) _米国_で、ibrutinib ( Imbruvica )を_慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として_認可_ 14.02.13na 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) idelalisib が 再発した_慢性`リンパ球性`白血病_、及び、リンパ腫_に於いて_有効性_を 示す との研究結果 14.01.23nb 

『論文類』 _慢性`リンパ球性`白血病_、又は、_小`リンパ球`性`リンパ腫_の_年配`患者さん での _初回治療としての ibrutinib 14.01.02ta 
(ニュース冒頭) Imbruvica( ibrutinib )が_明確な利点を 示したため、慢性`リンパ球性`白血病での_フェーズ3_試験_を中止 14.01.17nc 
(ニュース冒頭) 有意な__利益_を 示したことにより、ibrutinib の_慢性`リンパ球性`白血病_ での _臨床試験_が 中止 14.01.10nb 
(↑2014年 1月)
『総説』 _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_に於ける ibrutinib の_現れつつある__役割_ 13.12.24ta 
(ニュース冒頭) ibrutinib ( _慢性`リンパ球性`白血病__治療用_ ) が _長期的に_効果的_ との研究結果 13.12.16na 

(ニュース冒頭) _再発した__慢性`リンパ球性`白血病_ での _生存_を idelalisib / rituximab が _改善_ 13.12.12na 
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_に於ける _新しい__分子標的`治療_ が _治療`選択肢_を 拡大する可能性あり 13.12.12nb 
(ニュース冒頭) obinutuzumab / chlorambucil が _慢性`リンパ球性`白血病_で「_臨床`実地 変更的」との_発表_ 13.12.10nc 
(↑2013年 12月)
『総説』 _慢性`リンパ球性`白血病_の_年配`患者さん の_治療_ 13.10.24ta 
(ニュース冒頭) obinutuzumab が _慢性`リンパ球性`白血病_ での _進行無し`生存`期間_を ほぼ 1 年間 _伸長__との報告 13.11.08nb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として Gazyva を_認可_ 13.11.02na 
(↑2013年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Arzerra ( ofatumumab )に_慢性`リンパ球性`白血病__治療用_としてブレークスルー_治療_指定 13.09.20nb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が ibrutinib の 2 種類の_B 細胞性_悪性`腫瘍_に関する NDA _申請_を 受理 13.09.03na 
(↑2013年 9月)
『総説』 70 歳以上の_慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_ での bendamustine ± rituximab による_治療_ 13.07.29ta 
(↑2013年 8 月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_lenalidomide による治療の_臨床試験_ が 中止 13.07.23na 

(ニュース冒頭) CLL / SLL、及び、マントル細胞`リンパ腫に対する_治療用_として、ibrutinib の NDA を_申請_ 13.07.11nc 
(↑2013年 7 月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_に於ける _潜在的`可能的な_転換点 13.06.26na 
(ニュース冒頭) obinutuzumab が _年配`患者さん での _慢性`リンパ球性`白血病__に対し_活性的_ 13.06.22nb 
(ニュース冒頭) ibrutinib が _未治療、_再発した、及び、_非`反応性_の_慢性`リンパ球性`白血病_に_活性的_ 13.06.06nb 
『 ASCO abstract 』 再発慢性リンパ球性`白血病に対する_fludarabine / cyclophosphamide / rituximab への bevacizumab 追加 13.05.19tb 

『 ASCO abstract 』 _再発した__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ofatumumab / lenalidomide による治療 13.05.15tc 
『 ASCO abstract 』 _再発した_ / _治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_PCI-32765 / bendamustine / rituximab 13.05.15tb 
(↑2013年 6月)
『 JCO 論文』 再発した、又は、治療−抵抗性_慢性`リンパ球性`白血病_に対する_救助治療_としての lenalidomide / rituximab 13.02.10td 
『 JCO 論文』 _慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_ での 初回_化学療法_ + _化学`免疫`療法_の_結果状況_への_年齢_の 影響 13.02.02tb 
(↑2013年 2月)
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_bendamustine / rituximab による治療 12.09.13td 
(↑2012年 10月)

『総説』 fludarabine、や、alemtuzumab に_耐性_ / _治療−抵抗性_ の _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ofatumumab _治療_ 12.08.21ta 
(↑2012年 9月)
『 JCO 論文』 _形質`転換`後の_慢性`リンパ球性`白血病__に対する__自家`幹細胞`移植_、及び、_他家`幹細胞`移植_ 12.06.18te 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ibrutinib による治療で_進行無し`生存`率_96% との研究結果 12.06.20na 
『 JCO 論文』 TP53_欠失を伴う慢性`リンパ球性`白血病に alemtuzumab / methylprednisolone が 高度に効果的な_導入_レジメン 12.05.09tb 
(ニュース冒頭) Pharmacyclics 社の株価が 同社の _リンパ腫_ / _白血病__治療用_新薬__データ_発表で 上昇 12.06.05nd 
(↑2012年 6月)

(ニュース冒頭) リヒター_症候群__に対し、_幹細胞`移植_ が _効果的_な ことあり との研究結果 12.05.30nc 
(↑2012年 5月)
(ニュース冒頭) TP53_欠失_を 伴う__慢性`リンパ球性`白血病_で、alemtuzumab / methylprednisolone が _寛解_を 誘導 12.04.21na 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) 再発、又は、治療−抵抗性の 慢性`リンパ球性`白血病_に alemtuzumab / fludarabine_併用`化学療法が 利益的 12.02.16nb 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) _高リスク__慢性`リンパ球性`白血病__に対し、開発中の_新規`物質 が _有望的_ 11.12.13nd 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_新しい_選択肢_としての_併用`治療_《 fludarabine / alemtuzumab 》 11.10.11na 

『 JCO 論文』 _再発した_、又は、_治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_bendamustine / rituximab による治療 11.09.10ta 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_の_慢性`リンパ球性`白血病__に対し、bendamustine / rituximab が _有用的_ 11.08.23na 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) navitoclax が _重度に__先行治療`経験`有り の__慢性`リンパ球性`白血病_に対し_活性的_ 11.06.16nb 
(↑2011年 6月)
『 JCO 論文』 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_fludarabine/rituximab_化学`免疫`療法_による_生存期間__伸長_ 11.03.31tc 
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__慢性`リンパ球性`白血病_の _単剤_lenalidomide による治療 11.03.19tc 
(↑2011年 4月)

『総説』 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する__治療_の 個別化 11.02.25ta 
『総説紹介文の存在』 _慢性`リンパ球性`白血病__治療_に関するアップデート 11.02.09tg 
(↑2011年 3月)
(ニュース冒頭) _症状_性_慢性`リンパ球性`白血病_の_第一線`治療_として fludarabine / rituximab が _安全的_ 11.02.17nc 
(↑2011年 2月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_の__第一線`治療_用_として lenalidomide が _活性_で_安全的_な 可能性 10.12.31nc 
(↑2010年 12月)
『JCO 論文』 先行治療`経験`無し_慢性`リンパ球性`白血病に対する_fludarabine/rituximab_導入治療_後の_皮下_alemtuzumab_治療 10.10.11ta 
(↑2010年 11月)

(ニュース冒頭) rituximab の追加により、_慢性`リンパ球性`白血病_ での _生存_ が _改善_ 10.10.08na 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) _毒性問題のため、alemtuzumab の_慢性`リンパ球性`白血病_の_強化`治療_への 応用の テスト 中止 10.08.18na 
(↑2010年 8月)
『総説』 _緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫_ 、及び、 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_bendamustine による治療 10.07.06ta 
(↑2010年 7月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ofatumumab −ベース_化学療法_による 高い_奏効率_ 10.06.19nb 
(↑2010年 6月)
『論文類』 慢性`リンパ球性`白血病 での 第一線`治療_としての cladribine/cyclophosphamide 対 fludarabine/cyclophosphamide 10.04.09tc 
(↑2010年 5月)

『論文類』 _先行治療`経験`有り の__慢性`リンパ球性`白血病_ での fludarabine/cyclophosphamide への rituximab 追加 10.04.04tb 
『論文類』 fludarabine_治療−抵抗性_ の _慢性`リンパ球性`白血病__に対する__単剤_CD20_免疫`療法_としての ofatumumab 10.04.04ta 
『総説』 _慢性`リンパ球性`白血病_ の _病因論_から_治療_まで 10.02.26tb 
(↑2010年 4月)
新資料: 慢性`リンパ球性`白血病の 治療・治療薬《eMedicine》  10.03.22ma 
(ニュース冒頭) _進行_性 の _慢性`リンパ球性`白血病__に対し、cladribine と fludarabine は 同等に 有用的 10.03.16nd 

《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ ≫ 治療薬_ ≫ 概観 10.03.10ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ ≫ _外科的_ケア 10.03.07ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.03.02ma 
(↑2010年 3月)
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.02.28ma 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として rituximab を_認可_ 10.02.20na 

《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.02.16ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.02.14mb 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.02.06mc 
(↑2010年 2月)
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.01.23ma 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.01.20ma 

『論文類』 _再発した__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_flavopiridol_治療_で_遺伝子_的_高リスク_ケースで 高奏効率 09.12.10ta 
(ニュース冒頭) _再発した__慢性`リンパ球性`白血病_の__治療用_として Revlimid / Rituxan が _効果的_で_安全的_ 10.01.07na 
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_ の 初回_治療_として ofatumumab / fludarabine / Cytoxan が 高度に_効果的_ 10.01.06nd 
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_の 初回_治療_として Treanda + Rituxan が _効果的_ 10.01.06nb 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_ 10.01.05mb 
(↑2010年 1月)

《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_  09.12.28mb 
『論文類』 劣った予後の慢性リンパ球性白血病_に対する_強度軽減`他家`幹細胞移植 : ケース−コントロール_後ろ向き`方式研究 09.11.27tb 
『総説』 bendamustine : _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_新しい_治療__選択肢_ 09.11.27ta 
(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__慢性`リンパ球性`白血病__に対し、Arzerra / Fludara / Cytoxan が _効果的_ 09.12.24nc 
(↑2009年 12月)
『論文類』 再発、又は、治療−抵抗性_の_慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_での_fludarabine/cyclophosphamide/oblimersen 09.11.01tb 
(↑2009年 11月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _慢性`リンパ球性`白血病__治療用_として Arzerra (ofatumumab) を_認可_ 09.10.28na 
『論文類』 慢性`リンパ球性`白血病_に対し_rituximab / fludarabine / cyclophosphamide / mitoxantrone が高度に_活性的 09.09.25td 
『論文類 −結果』 慢性`リンパ球性`白血病__に対する_yttrium-90 ibritumomab tiuxetan 《 Zevalin 》_治療_:_Phase II__研究 09.09.21tg 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _先行治療`経験`無し の _慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_ での bendamustine 対 chlorambucil_治療_の比較 09.09.09tg 
(ニュース冒頭) 欧州で、rituximab《 MabThera 》を_再発、又は、治療−抵抗性_慢性`リンパ球性`白血病_治療薬として 勧告 09.09.20na 

『総説紹介文』 _慢性`リンパ球性`白血病_ : _治療−抵抗性_の_病気_に対する_治療__選択肢_ 09.08.23ta 
『論文類』 fludarabine_治療−抵抗性_の_慢性`リンパ球性`白血病_ での _皮下__投与_alemtuzumab 、及び、 _予後_マーカー 09.08.19td 
(↑2009年 9月)
(総紹) fludarabine −_治療−抵抗性_の_慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_(総説紹介文)09.06.27ta 
_ヘアリーセル`白血病_ での _遺伝子_組み替え_免疫`毒素`複合体_RFB4(dsFv)-PE38 (BL22) 治療 : _Phase II__臨床試験(論文・報告)09.06.22tc 
『 FDA 安全性変更』 bendamustine HCl 《 Treanda 》が_潜在的_に_重症の_皮膚_反応を伴う可能性 09.07.02na 
(↑2009年 7月)

(ニュース冒頭)_慢性`リンパ球性`白血病_で ofatumumab  が 高度の_奏効率_ 09.06.12nc 
(↑2009年 6月)
( N 冒頭)米国 FDA 諮問委員会が Arzerra を_慢性`リンパ球性`白血病_治療薬として支持 09.05.30na 
( N 冒頭)米国 FDA 諮問委員会 が Arzerra 《 慢性`リンパ球性`白血病_治療_薬 》討議へ 09.05.09nd 
(↑2009年 5月)
『 FDA 安全性変更』 fludarabine phosphate 点滴剤に 神経_毒性_のリスク 09.04.16nb 
(総紹) T-細胞性`_前リンパ球性`白血病_について(総説紹介文)09.03.15ta 
(↑2009年 4月)

( N 冒頭) FDA が Genasense の_慢性`リンパ球性`白血病での認可_に確認_臨床試験を要求 09.03.10nb 
(総紹)_慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_に於ける bendamustine(総説紹介文)09.02.13td 
(↑2009年 3月)
『総』 2008 年度の ASCO 年次会議 : _リンパ腫_、及び、_慢性`リンパ球性`白血病__の治療(総説)09.02.03tf 
_以前`_未治療の__慢性`リンパ球性`白血病_ での _低用量_fludarabine + …による治療(論文・報告)09.01.30tb 
_慢性`リンパ球性`白血病_での 順次実施の fludarabine + _高用量_cyclophosphamide + …(論文・報告)09.01.30ta 

(ニュース冒頭)_進行期__慢性`リンパ球性`白血病_治療用に Arzerra の認可を申請 09.02.03nc 
(↑2009年 2月)
_慢性`リンパ球性`白血病_ での 11q 欠損の影響を化学免疫療法 が 克服の可能性(論文・報告)09.01.13ta 
17p13.1/TP53 欠損のある_慢性‐リンパ球性‐白血病 での cladribine + cyclophosphamide(論文・報告)09.01.03te 
(ニュース冒頭)_慢性‐リンパ球性‐白血病の_第一線治療として Revlimid が 効果的 09.01.09ne 
『総』 bendamustine での 臨床的‐経験 : 慢性リンパ球性白血病の新しい治療(総説)08.12.18tc 

(N冒頭)不利的 細胞遺伝学的‐異常の再発性 慢性リンパ球性白血病で flavopiridolが活性 09.01.03na 
(↑2009年 1 月)
(ニュース冒頭)慢性リンパ球性白血病に Arzerra (ofatumumab) が 効果的 08.12.30na 
(ニュース冒頭)米国 FDA が 経口 fludarabine を認可 08.12.20nf 
( N 冒頭)びまん性 B 細胞性リンパ腫、慢性リンパ球性白血病で fostamatinib が 有用 08.12.18nd 
(ニュース冒頭)年配の慢性リンパ球性白血病の患者さん で lenalidomide 単剤治療が安全的 08.12.14na 

( N 冒頭) Genta 社が Genasense の慢性リンパ球性白血病での 使用につき FDA にアピール 08.12.13nf 
(ニュース冒頭)再発性の慢性リンパ球性白血病 で Treanda + Rituxan が 効果的 08.12.12ng 
(ニュース冒頭) Rituxan が 慢性リンパ球性白血病 での 病気の進行を遅らせるとの研究結果 08.12.12nf 
( N冒頭)慢性リンパ球性白血病の初回治療用に Rituxan+高用量 methylprednisoloneが有効 08.12.10nc 
( N 冒頭) FDA が Genasense の慢性リンパ球性白血病 での 使用につき応答レター《否定的》 08.12.04nb 
(↑2008年 12 月)

17p 欠損を伴う 慢性リンパ球性白血病 での 他家 造血 幹細胞移植 : 後ろ向き方式での分析(論文・報告)08.10.31td 
(↑2008年 11 月)
高リスクの慢性リンパ球性白血病 での alemtuzumab + rituximab による早期治療(論文・報告)08.10.04tf 
(↑2008年10月)
(ニュース冒頭)慢性リンパ球性白血病に rituximab 併用レジメン が 活性的 08.09.05nb 
(↑2008年 9月)
症例: 慢性リンパ球性白血病 での 溶血性貧血の rituximab への迅速・持続的な反応例(症例報告)08.07.29ta 
[紹存] B −細胞性 慢性リンパ球性白血病の治療用としての alemtuzumab(総紹存在)08.07.21tg 
(↑2008年 8月)

(ニュース冒頭)慢性リンパ球性白血病での Fludara + Cytoxan + Rituxan 治療の長期結果 08.07.31nc 
(ニュース冒頭) lenalidomide が 重度の先行治療を受けた慢性リンパ球性白血病で活性 08.07.11na 
(↑2008年 7月)
(ニュース冒頭)再発性の慢性リンパ球性白血病 で lumiliximab + FCR レジメン が 有望的 08.06.27na 
(ニュース冒頭)再発性の慢性リンパ球性白血病で flavopiridol が 顕著な活性 08.06.26nc 
(ニュース冒頭) Genta 社 が 慢性リンパ球性白血病 治療用 Genasense の修正 NDA を申請 08.06.07ng 

『副』慢性リンパ球性白血病 で より高用量 での lenalidomide に伴う非受け入れ可能的毒性( 副作用 )08.05.19tc 
(↑2008年 6月)
(総紹)慢性リンパ球性白血病の治療に於ける alemtuzumab(総説紹介文)08.04.25ta 
(↑2008年 5月)
慢性リンパ球性白血病、又は、小リンパ球リンパ腫 での fludarabine + rituximab →……(論文・報告)08.03.16tc 
(ニュース冒頭)米国 FDA が慢性リンパ球性白血病の初回治療用に Treanda を認可 08.03.21na 
(ニュース冒頭) FDA が慢性リンパ球性白血病 での Genasense 認可にはデータ追加必要と指摘 08.03.18ne 
(↑2008年 3月)

再発性、又は、治療抵抗性の B −細胞慢性リンパ球性白血病 での ofatumumab による治療(論文・報告)08.01.31te 
慢性リンパ球性白血病 での 初回治療としての fludarabine + cyclophosphamide + …(論文・報告)08.01.21td 
(↑2008年 2 月)
リヒター症候群、又は、fludarabine 治療抵抗性の慢性リンパ球性白血病 での 併用化学療法(論文・報告)08.01.12te 
(ニュース冒頭) MabThera 《 rituximab 》が 慢性リンパ球性白血病 での 進行無し生存改善 08.01.26na 
(ニュース冒頭) fludarabine phosphate を慢性リンパ球性白血病でオーファンドラッグ認定 08.01.19na

(ニュース冒頭)慢性リンパ球性白血病 での 強度軽減 他家幹細胞移植の効果を確認 08.01.06nb 
(ニュース冒頭)慢性リンパ球性白血病の初回治療に Treanda が chlorambucil よりも優秀 08.01.04ne 
(ニュース冒頭)慢性リンパ球性白血病 で cladribine が奏効持続を改善 08.01.04nd 
B −細胞性慢性リンパ球性白血病 での 臨床結果状況を rituximab 強化・維持免疫療法 が 改善(論文・報告)07.12.19td 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

----- その他 / 細分類 の白血病、白血病一般 -----


(↑2017年 10月)
『 JCO 論文』 _より高い__リスク_ の _骨髄`異形成`症候群_、及び、_慢性`骨髄`単球性`白血病_ に於ける azacitidine_単独_、又は、lenalidomide、又は、vorinostat との_併用__ : _〜(続く) 1708182356 
(ニュース冒頭) duvelisib ( Verastem 社 が _開発_中 ) が _慢性`リンパ球性`白血病_、_小`リンパ球`性`リンパ腫_ での _晩期_ステージ__臨床試験_で 成功的な_結果_ 1709081708 
(↑2017年 9月)
(ASCO ニュース冒頭) ibrutinib により_治療_された_再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病_ / _小`リンパ球`性`リンパ腫__患者さん_ での _首尾一貫的な__進行無し`生存__利益_ 1706292316 
(↑2017年 6月)

(ニュース冒頭) _市場_に 向けての CAR T-細胞_製品 の レース 1704051558 
(↑2017年 4月)
『 JCO 論文』 _小児__再発した、又は、治療−抵抗性__急性__白血病__に対する_、fludarabine、及び、cytarabine との_併用_ での selinexor による治療_ : __フェーズ_1_研究_ 1611191701 
『 JCO 論文』 _再発した_、又は、_再発性__成人__T 細胞_白血病_ / _リンパ腫_ に於ける lenalidomide_ : _ATLL-002 ( _多施設__フェーズ_2_研究_ ) 1611191646 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) PR1_ペプチド__ワクチン_ が _白血病__寛解_を 助ける可能性あり との研究結果 1611101647 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) 化学物質の追加により、_骨髄`移植_のための 臍帯血_幹細胞 が 増強 1610211709 
(↑2016年 10月)

(ニュース冒頭) _高リスク__白血病_ の _患者さん_のためには _臍帯血__造血`幹細胞`移植_ の ほうが 他の ソースよりも _より良好_な 結果を もたらす との研究結果 1609091709 
(↑2016年 9月)
(ニュース冒頭) 移植前 mogamulizumab は _T 細胞__白血病_ / _リンパ腫_に於いて_移植片`対`宿主`病_ の _リスク_を 伴う との研究結果 1608261706 
(↑2016年 8月)
『 JCO 論文』 _原発性`形質`細胞`白血病_に対する_bortezomib / doxorubicin / cyclophosphamide / dexamethasone_導入治療_ 、と、 それに続いての_幹細胞`移植_ : 〜(続く) 1606191511 
(↑2016年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) CAR_T 細胞__治療_ : _毒性_に関する 理解 1606161650 
(↑2016年 6月)
(ニュース冒頭) rituximab + _化学療法_により、_バーキット`リンパ腫_ での _生存_ が _改善_ 1604291646 
(↑2016年 4月)

(ニュース冒頭) _白血病_ に於ける _進歩_ : 何を 知っている 必要があるのか?( 原文通りの表現 ) 1602261737 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) Leukemia and Lymphoma Society が American Society of Hematology_会議_で 発表された_血液`がん__治療_ での _主要な__進歩_について まとめ 1601022253 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) 追加 ibrutinib が _慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_小`リンパ球`性`リンパ腫_で_有用的_ 1512301652 
(ニュース冒頭) _白血病_、や、_リンパ腫_に於いて、CAR T-細胞_ が _幹細胞`移植_の 後でさえも 希望 を 提供_との報告 1512081654 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) 新しい 種類の 「デザイナー」_免疫`細胞_ が 一人の 乳児 の _白血病_を 一掃 1511071821 
(↑2015年 11月)

(ニュース冒頭) Zelboraf が _その他の__治療_では_病気`進行_している_ヘアリーセル`白血病_に_活性的_な 模様 1510090033 
(↑2015年 10月)
(ニュース冒頭) _ヘアリーセル`白血病__に対し、 BRAF 阻害薬_ が 顕著な _効果_を 示す との研究結果 1509111738 
(↑2015年 9月)
(ニュース冒頭) vosaroxin _併用_ が _治療−抵抗性_の_白血病_ での 助けになる との研究結果 1508191644 
(↑2015年 8月)
(ニュース冒頭) 特定の_白血病_は ALK 阻害薬_に_反応_する可能性あり との研究結果 1506091711 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) 英国 の _費用`効果`判定`当局_《 NICE 》 が もう一つの Roche 社_の_がん`治療薬_obinutuzumab を 拒否 1410071725 
(↑2014年 10月)

『総説紹介文』 ECIL-4 : がん / 他家`造血`幹細胞`移植_の_小児`患者さんでの 浸潤性`真菌`疾患に対する治療等_ガイドライン 1408082344 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) BRAF 阻害薬_vemurafenib が _ヘアリーセル`白血病_で_効果的_ 1406171739 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) _ヘアリーセル`白血病_の_若年`患者さん での cladribine による治療に関する 20 年間 _データ_ が 発表 14.01.23na 
(↑2014年 1月)
(ニュース冒頭) _開発中の_抗−_ウィルス__薬_に、_幹細胞`移植_後 の CMV_感染症_予防効果あり との研究結果 13.09.26nf 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) CLL / SLL、及び、マントル細胞`リンパ腫に対する_治療用_として、ibrutinib の NDA を_申請_ 13.07.11nc 
(↑2013年 7 月)

『 ASCO abstract』 成人白血病_患者さんでの治療−抵抗性_浸潤性 真菌`感染症に対する用量`引上げリポゾーム化_amphotericin B 13.05.20tb 
(↑2013年 6 月)
『総説 標題』 B-細胞`性``非ホジキンリンパ腫_、及び、_白血病_の_治療_のための_抗体−薬物`複合体_ 13.04.09tb 
(ニュース冒頭) _小児__白血病__に対する__免疫`治療_により、更に より多くの 成功例 _との報告 13.04.24nd 
(ニュース冒頭) T-細胞性`前リンパ球性`白血病__に対する__順次`実施__化学`免疫`療法_による_高い__奏効率_ 13.04.13nc 
(↑2013年 4 月)
『 JCO 論文』 白血病 / 骨髄`異形成`症候群_に対する_骨髄`破壊的`移植前`処置`レジメン : busulphan / cyclophosphamide…… 13.02.21tc 
(↑2013年 3月)

(ニュース冒頭) _フィラデルフィア染色体`陽性__白血病__に対し、ponatinib が 「一群れの中で_最良」? 12.11.29na 
(↑2012年 11月)
(ニュース冒頭) _Sanofi 社 が _多発性`硬化症__治療用_としての_認可_を 前に、_白血病__治療用_ での Campath を 回収 12.08.23nb 
(↑2012年 8月)
『論文類』 _原発性`形質`細胞`白血病《 PPCL 》__に対しbortezomib−含有_併用_第一線_化学療法_ が _奏効率 / _生存_を_改善 12.06.06ta 
(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) リヒター_症候群__に対し、_幹細胞`移植_ が _効果的_な ことあり との研究結果 12.05.30nc 
(↑2012年 5月)
『 JCO 論文』 _再発した__成人__T 細胞`白血病`リンパ腫__に対する_KW-0761 ( defucosylated anti-CCR4 _モノクロナル抗体_) 12.03.12tc 

『 JCO 論文』 リンパ球系悪性腫瘍に対する強度軽減`他家幹細胞移植への 橋渡しとしての用量−調節 EPOCH / rituximabで好結果 12.03.12tb 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) _再発した_T-細胞 _白血病__リンパ腫__に_新規な__薬_ が _有望的__との報告_ 12.02.23nb 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_の_白血病_の 約半数の_患者さん_で ponatinib が _有用的_ 11.12.14ne 
(ニュース冒頭) obinutuzumab は B −細胞`性の_リンパ腫_ / _白血病__治療薬_として、rituximab を 置き換えるか? 11.12.14na 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) dasatinib ( Sprycel : _白血病__治療薬_)に 肺動脈性`肺高血圧症 を引き起こす 可能性 11.10.13nc 

(ニュース冒頭) _混合`系統`白血病《 MLL 》__に対し、_新規な__薬_ が _有望的_ 11.10.13na 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _高リスク__白血病_の 小児_患者さん_ での 移植による_治療_成績 が _改善_している状況 11.07.22nb 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) _白血病__患者さん_ での _抗−真菌剤_併用__治療_ は _安全的_で_効果的_ 11.05.18nb 
(↑2011年 5月)
『総説紹介文の存在』 _ヘアリーセル`白血病__に対する 最新_戦略_ 11.02.09tj 
『総説紹介文の存在』 小児_急性__白血病_の_生物学、リスク層別化 、及び、 _治療_ : アップデート 11.02.09th 
(↑2011年 3月)

『総説』 成人 T-細胞_白血病_−リンパ腫 : 現在の_治療__戦略_ 、及び、 _新規な__免疫_学的 アプローチ 10.12.28tb 
(↑2011年 1月)
『総説』 _形質細胞性`白血病_ : 概念 、及び、 _管理_ 10.11.12ta 
(ニュース冒頭) _白血病__に対し、_複数`臍帯`血`移植_のほうが、単一 臍帯`血`移植_よりも 良好な 結果 10.12.07nb 
(↑2010年 12月)
新資料:有毛細胞白血病の_治療_《eMedicine 資料のご紹介》 10.10.16ma 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ヘアリーセル`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ インターフェロン 10.10.04ma 
(↑2010年 10月)

《項目追加》 現行_治療_3 : _ヘアリーセル`白血病_の_治療 ≫ …… ≫ プリン_類縁体 10.09.27ma 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ヘアリーセル`白血病_の_治療≫ 内科的_治療 10.09.01ma 
(↑2010年 9月)
《記述追加》 現行_治療_3 : _ヘアリーセル`白血病_の_治療≫ 内科的_治療 10.08.23ma 
『総説紹介文の存在』 ofatumumab : B −細胞`性の がん _治療薬_としての_新規な__抗− CD20_モノクロナル抗体_ 10.07.20tc 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) _抗−ウィルス剤 が 成人 T-細胞_白血病/リンパ腫の_生存_を_改善_ 10.07.15nb 
(↑2010年 7月)

(ニュース冒頭) _非−血縁_ドナーからの_臍帯血_ が _白血病_ での 有用な移植_選択肢_となる可能性あり 10.06.18nd 
(↑2010年 6月)
(ニュース冒頭) _白血病__に対する__治療_として、_末梢血`細胞`移植_と_骨髄_移植とで_生存率 は 同様 10.02.02nb 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) 最初の ヒト_制御性 T 細胞_点滴 が _急性__白血病_ での _HLA −半`合致__骨髄_移植を_改善_ 09.12.09na 
(↑2009年 12月)
(ニュース冒頭) _白血病_の_再発_リスク が 2 単位 の _臍帯血_輸血 により 低下 09.11.25nd 
(↑2009年 11月)
『総』 小児 _急性__白血病_ での _新規な__分子標的`治療__薬_による_治療_(総説)09.06.25tc 
(↑2009年 7月)

(ニュース冒頭)_再発 、又は、 _治療−抵抗性_の_白血病_に temozolomide + cisplatin による_治療_ が _有望的 09.06.25nb 
(↑2009年 6月)
症例: 小児_急性`巨核球`性`白血病_ での _高カルシウム血症_ : 症例報告、文献_レビュー(症例報告)09.05.08tc 
_急性__白血病_ での _他家`幹細胞`移植_後 の _低用量_azacitidine(論文・報告)09.04.22tb 
(↑2009年 5月)
(総紹)_フィラデルフィア染色体`陽性の__白血病_ での dasatinib_治療_(総説紹介文)09.03.21ta 
(↑2009年 4月)
_節外性の NK / T −細胞`リンパ腫、及び、白血病 での L-asparaginase −ベースの治療(論文・報告)09.01.26te 

(総紹)成人 T −細胞_白血病−リンパ腫の定義、予後因子、治療、及び、奏効基準 : 提案(総説紹介文)09.01.18tc 
(↑2009年 2月)
(ニュース冒頭)白血病 での 幹細胞移植 後に しばしば C difficile 感染例ありとの報告 08.10.28nb 
『コ冒頭』小児患者さん での 血液がん の治癒的な治療に於ける進歩(コメント記事冒頭)08.09.19tf 
(↑2008年10月)
急性白血病 での 非近縁の臍帯血液 細胞の 直接 骨内移植 : Phase I ・II 研究(論文・報告)08.09.01ta 
( N 冒頭)小児患者さん での 白血病 で 末梢血幹細胞移植より非近縁骨髄移植で結果が改善 08.09.18nb 

( N 冒頭)中枢神経系に拡大のフィラデルフィア染色体陽性の白血病に dasatinib が活性的 08.09.06nb 
(↑2008年 9月)
小児患者さん での 急性白血病 での 肺合併症の評価(論文・報告)08.07.21tc 
(↑2008年 8月)
(ニュース冒頭)中枢神経系のフィラデルフィア染色体陽性の白血病 で Sprycel が 効果的 08.07.31nd 
(↑2008年 7月)
(ニュース冒頭) bosutinib が Ph +の その他の治療に耐性・非忍容性の白血病に活性的 08.06.17nb 

(ニュース冒頭)化学療法中の白血病の患者さん での 疲労感をウォーキングが改善の可能性 08.06.11na 
(↑2008年 6月)
『総』 白血病 での imatinib 治療挫折 での 治療選択肢(総説)08.05.07tf 
(↑2008年 5月)
(総紹)小児患者さん での 白血病 での 中枢神経系の悪性疾患に対する現行の管理、挑戦課題(総説紹介文)08.03.05tb 
(↑2008年 3月)
『総標』急性白血病 での 血小板減少症(総説標題)08.01.29td 
『総』 白血病の患者さん での 血小板減少症の治療としての血小板輸血と、それを超えて(総説)08.01.29tc 

『総標』白血病の患者さん での 血小板減少症の管理(総説標題)08.01.29tb 
(↑2008年 2 月)
(ニュース冒頭)米国 FDA が 経口 fludarabine につき、Xanthus 社 からの NDA を受理 08.01.23na 
『総:薬』 治療薬レビュー: imatinib(総説:薬理)08.01.06tb 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

*****リンパ腫(非ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫)*****

----- 非ホジキンリンパ腫、未分類、リンパ腫一般 -----

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した__濾胞性`リンパ腫__治療用_として Aliqopa を_認可_ 1710070016 
(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫_ に於ける obinutuzumab 対 rituximab_ : _勝敗 の 予測 不可能な 接戦 1710061705 
(↑2017年 10月)
『論文類』 _米国_ に於ける 、_節外性`ナチュラル・キラー T 細胞リンパ腫、鼻型_ での _放射線`療法_の 省略、又は、不十分な_用量_ の _インパクト_ 1708091706 

『論文類』 _最初の__完全`寛解_にある_原発``中枢神経系`リンパ腫_を有する_患者さん_のための thiotepa / busulfan / cyclophosphamide による_高用量`化学療法_ + _自家`幹細胞`移植_ 1708090009 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Aliqopa ( copanlisib )を_成人_ での _再発__濾胞性`リンパ腫__治療用_として_認可_ 1709160000 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _血液`がん_ に 対する _免疫`療法_の_臨床試験_に於いて _治験`中止_措置を 拡大 1709132348 
(↑2017年 9月)
『 JCO 論文』 びまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫に対する第一線_rituximab / cyclophosphamide / doxorubicin / vincristine / prednisone が奏効している年配`患者さんでの lenalidomide〜(続く) 1707281725 
『総説』 _原発__中枢神経系`リンパ腫_ 1707212349 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が acalabrutinib ( _マントル細胞`リンパ腫__治療用_ )についての_新薬`申請( NDA )_を 受理し、_優先`審査_を_賦与_ 1708081719 
(↑2017年 8月)
『論文類』 R-CHOP _レジメン_で_治療_された_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_を有する_年配`患者さん の _結果状況__ : _英国 NCRI R-CHOP14v21_臨床試験_と DSHNHL RICOVER-60 〜(続く) 1707031647 
(ニュース冒頭) rituximab_バイオ`後続品(バイオシミラー)_ が _安全的_で_効果的_である_との報告 1707291736 
『 JCO 論文』 粘膜関連リンパ組織リンパ腫 の IELSG-19_ランダム化`臨床`試験_ の _最終的`結果_ : _chlorambucil、又は、rituximab_単剤`治療__に対し rituximab / chlorambucil 〜(続く) 1706092327 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対し、CAR T-細胞__治療_が_勇気づける的_な_結果_との_報告_ 1706291703 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rituxan の より_従来的な__投与__剤型_として_皮下_注射_用 を_認可_ 1706261626 
(ニュース冒頭) _リンパ腫_に於いて、rituximab との_併用_相手 は _依然として_未確定( ASCO で 議論 ) 1706161719 
(↑2017年 6月)
『論文類』 _早期−ステージ__節外__辺縁帯`リンパ腫_を有する 487 名の患者さん の_長期的__結果状況_ 1705022327 
(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫__に対し、_皮下_rituximab が _安全的_、で、_効果的_ との研究結果 1705191708 
『論文類(詳細原文)』 _救助《サルベージ》化学療法_、及び、_自家`幹細胞`移植_を 受ける_再発した、又は、治療−抵抗性__攻撃的__リンパ腫_を有する_より年配の患者さん での 〜(続く) 1704211637 
(↑2017年 5月)

『論文類』 _未治療の_CD20 −陽性 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_、又は、_濾胞性`リンパ腫__患者さん_ に於ける rituximab_投与 での _皮下_ 対 _静注__投与_ の _選好__ : _〜(続く) 1704031625 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Novartis 社製_の CAR T-細胞_治療_CTL019 に、_再発した、又は、治療−抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_を有する_成人`患者さん_〜(続く) 1704181646 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__攻撃的__リンパ腫_を有し、_救助《サルベージ》化学療法_、及び、_自家`幹細胞`移植_を 受ける_より年配__患者さん_ での _治療__結果状況_ は 〜(続く) 1703231627 
(ニュース冒頭) _市場_に 向けての CAR T-細胞_製品 の レース 1704051558 
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__非ホジキンリンパ腫_の_患者さん_ に於ける _フェーズ_1__ヒトで最初の__研究_ 1703132313 
(↑2017年 4月)
『 JCO 論文』 _第一線__濾胞性`リンパ腫__治療_ に於ける 代替`評価`項目_としての 30 ヶ月後_完全`奏効_ : __多重_の_ランダム化`臨床`試験_の個別_患者さん__レベル__解析_ 1702111618 

『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対する_ofatumumab 対 rituximab_救助《サルベージ》_化学`免疫`療法__ : _ORCHARRD_研究_ 1702102250 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _辺縁帯`リンパ腫__に対する__治療用_として Imbruvica を_認可_ 1702091655 
(↑2017年 2月)
『 JCO 論文』 2000 年〜 2013 年に_診断_された_節外性 NK/T 細胞`リンパ腫 を有する_患者さん_の_治療_、及び、_結果状況__ : _日本 での 共同_研究_ 1612312251 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Imbruvica ( ibrutinib )を_再発した、又は、治療−抵抗性__辺縁帯`リンパ腫__に対する_ _特定的な適応での_最初の__治療_として_認可_ 1701241641 
(ニュース冒頭) _進行期__濾胞性`リンパ腫__に対する__初回`治療_としての Gazyva が がん の _進行_を 遅延化 1701062246 
(↑2017年 1月)

『 JCO 論文』 _再発した_、又は、_再発性__成人__T 細胞_白血病_ / _リンパ腫_ に於ける lenalidomide_ : _ATLL-002 ( _多施設__フェーズ_2_研究_ ) 1611191646 
(ニュース冒頭) bendamustine の_濾胞性`リンパ腫_ に於ける _毒性_ が 驚かせる…… そして 疑問 (ほぼ原題通りの表現です) 1612201632 
(ニュース冒頭) _未治療の__濾胞性`リンパ腫__に対し、Gazyva ( obinutuzumab ) が Rituxan ( rituximab )に_比較_して_結果状況_を_改善_ 1612171652 
(ニュース冒頭) _最初の_CAR_T 細胞_ が _市場_に 向かっている_ : _来年には_発売_か? 1612061654 
(ニュース冒頭) _進行期__濾胞性`リンパ腫__に対し、obinutuzumab が rituximab よりも 好結果 1612061630 

(ニュース冒頭) rituximab_維持`療法_により_移植_後 の_マントル細胞`リンパ腫_ での _生存 が 改善_ 1612051703 
(ニュース冒頭) _皮膚` T −細胞`リンパ腫__に対し、brentuximab vedotin により_より優れた__結果状況_ 1612051636 
(↑2016年 12月)
『論文類』 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_を有する_非常に__年配_の_患者さん_の ための_管理_戦略_、及び、_結果状況_ 1610101614 
『論文類』 _進行期__固形`腫瘍_、及び、_非ホジキンリンパ腫__に対する_copanlisib ( BAY 80-6946 : _静注_汎−クラス 1 phosphatidylinositol 3_キナーゼ`阻害薬_)_ : _〜(続く) 1610031703 
(↑2016年 11月)
『論文類』 _低`グレード__リンパ腫_に於いて、_導入治療_後 の _抗− CD20_抗体_による_維持`療法_ 対 _経過`観察_ の _比較__ : _ECOG-ACRIN Cancer Research Group (E1496)〜(続く) 1609251714 

(ニュース冒頭) 化学物質の追加により、_骨髄`移植_のための 臍帯血_幹細胞 が 増強 1610211709 
(ニュース冒頭) _高用量__順次`実施__化学療法_ は _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ での _結果状況_を _改善_しない との研究結果 1610111641 
『 JCO 論文』 リンパ腫_に対する_HLA −半`合致_近縁`ドナー_ 対 HLA-適合__兄弟ドナー_による__強度軽減`移植__比較__ : _Center for International Blood and Marrow Transplant_Research__解析 1609041632 
(ニュース冒頭) _最初の_CAR T 治療_(_非ホジキンリンパ腫__治療用_ ) が 米国 FDA 申請へ 1610021648 
(↑2016年 10月)
(ニュース冒頭) Kite 社 の_免疫`治療`薬_ が _非ホジキンリンパ腫__患者さん_で 助けになる との研究結果 1609301716 

『論文類』 rituximab_治療−抵抗性__緩慢`性__非ホジキンリンパ腫__に対する_obinutuzumab / bendamustine 対 bendamustine_単剤`治療__ : _GADOLIN ( _ランダム化_、_コントロール_、〜(続く) 1608112241 
『論文類』 _新たに_診断_された_一定の条件を満たす_マントル細胞`リンパ腫__患者さん_では_遅延化`治療_ により _全体的`生存_が_改善_ 1608071509 
(↑2016年 9月)
(ニュース冒頭) 移植前 mogamulizumab は _T 細胞__白血病_ / _リンパ腫_に於いて_移植片`対`宿主`病_ の _リスク_を 伴う との研究結果 1608261706 
『 JCO 論文』 PRIMA _臨床試験_に於いて_第一線__免疫`化学療法_への_反応_後 に _組織学的`進展 _した_濾胞性`リンパ腫__患者さん_ での _リスク`因子_、及び、_結果状況_ 1607301722 
『 JCO 論文』 化学療法で_治療された_リンパ腫_患者さん での _卵巣_機能_、及び、_受胎能力_温存 に於ける _生殖腺`刺激`ホルモン−放出`ホルモン_作動薬_による_利益_の_証拠_無し : 〜(続く) 1607301657 

(ニュース冒頭) Opdivo ( nivolumab ) が 一定の_リンパ腫__患者さん_に於いて_効果的_ 1608161628 
『総説紹介文』 _緩慢`性__B 細胞_、及び、_マントル細胞`リンパ腫_ に於ける lenalidomide_単独_、又は、rituximab との_併用_に関する_臨床的__経験_ 1607112207 
(↑2016年 8月)
(ニュース冒頭) Revlimid ( lenalidomide ) が _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_に対する__維持`療法_ での _生存`期間__伸長_に _失敗_ 1607281642 
(ニュース冒頭) _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_に於いて、obinutuzumab は rituximab と 同様である との研究結果 1607191623 
(ニュース冒頭) obinutuzumab が _治療−抵抗性__非ホジキンリンパ腫_を有する_患者さん_ での _結果状況_を_改善_ 1607101512 

(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_( EMA ) が idelalisib ( _慢性`リンパ球性`白血病_などの_治療用_ )の_利益_ は _リスク_を 上回るとの_レビュー__結果_ 1607101451 
(ニュース冒頭) _高用量_cytarabine が _今や__マントル細胞`リンパ腫__に対する__標準的`ケア_(原題通りの表現です) 1607072218 
(ニュース冒頭) _半`合致``ドナー_による_幹細胞`移植_ が 全`合致``ドナー_による場合と 同等の_生存__結果_を 示す との研究結果 1607051626 
『論文類』 _自家`移植_後 に_再発した__濾胞性`リンパ腫__に対する__強度`軽減``他家`幹細胞`移植_により_持続的__長期的__病気`コントロール_を達成 : 〜(続く) 1605301619 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) HIV は、_リンパ腫_ での _自家`造血`幹細胞`移植_の 障害にはならない との研究結果 1606242211 

(ニュース冒頭) CAR T 治療_ が _進行期__リンパ腫__に対し_効果的_ 1606211630 
(ニュース冒頭) CAR T-細胞__治療_ が _進行期__リンパ腫_に於いて_効果的_ 1606171723 
( ASCO ニュース冒頭) CAR_T 細胞__治療_ : _毒性_に関する 理解 1606161650 
(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫__に対し、Gazyva が Rituxan よりも 優れた_進行無し`生存_を 示した との研究結果 1606131643 
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__原発__中枢神経系__リンパ腫__に対する_temsirolimus による治療 : _フェーズ_2_臨床`試験_ 1605141706 

(ニュース冒頭) GnRH _作動薬_ が _リンパ腫__克服者さん_ での _受胎能_維持 に 失敗 1606021624 
(↑2016年 6月)
『 JCO 論文』 _原発__中枢神経系`リンパ腫__に対する_methotrexate / rituximab / temozolomide_導入`化学療法_ 、と、 それに続いての_全脳`放射線療法_、及び、照射後 temozolomide 〜(続く) 1605041733 
『総説』 PD-1 阻害薬_は、_悪性__リンパ腫_の_管理_の 何処 に フィットするのか? 1604281646 
『総説』 _B 細胞__非ホジキンリンパ腫__に対する_ブレークスルーな_治療_ 1604241745 
『総説紹介文』 _マントル細胞`リンパ腫_ 1604052231 
(↑2016年 5月)

『論文類』 _新たに_診断_された__末梢 T-細胞リンパ腫_に対する_everolimus ( mTOR`阻害薬_ ) + CHOP : RAD001 ( _フェーズ_2_研究_ ) 1603282249 
(ニュース冒頭) rituximab + _化学療法_により、_バーキット`リンパ腫_ での _生存_ が _改善_ 1604291646 
(ニュース冒頭) _投与−節約 romidepsin_レジメン_ が _皮膚` T −細胞`リンパ腫__に対し__有望的 1604142222 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__マントル細胞`リンパ腫__に対する_lenalidomide 対 _研究者_選択_治療_ : MCL-002; SPRINT ( _フェーズ_2_、_ランダム化_、_多施設__臨床試験_ ) 1603061808 
(↑2016年 4月)
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__T 細胞__急性`リンパ性`白血病_、又は、_進行期−ステージ_リンパ芽球性_非ホジキンリンパ腫_の_治療_を 受ける_患者さん_ に於ける dexrazoxane の〜(続く) 1603051749 

『 JCO 論文』 _成人__リンパ芽球性`リンパ腫__患者さん_ に於ける _小児−様_急性`リンパ性`白血病__治療_ : GRAALL-LYSA LL03_研究_ 1602162333 
(ニュース冒頭) _放射線`療法_を 捨てるべきではない : それ は _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ での _生存_を_改善_する との主張 1603041725 
『 JCO 論文』 _乳房部インプラント−随伴_未分化`大細胞型`リンパ腫_の_管理_のためには、_完全な__外科的_切除_ が _必須的_ 1601111645 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Genentech 社 の Gazyva ( obinutuzumab )を_先行治療`経験`有り の__濾胞性`リンパ腫_を有する 一定の_患者さん__治療用_として_認可_ 1603011700 
(↑2016年 3月)
『論文類』 _再発した_緩慢`性_、及び、_マントル細胞`リンパ腫__に対する_bendamustine / rituximab 対 fludarabine / rituximab : _多施設、ランダム化、ラベル`明示_非`劣性_フェーズ_3_臨床`試験 1601041554 

(ニュース冒頭) _リンパ腫__に対し、CART 療法 が _有望的 1602122349 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _マントル細胞`リンパ腫_の_治癒_ は 手に届くところにある : _専門家_ が 語る。 1601201619 
『 JCO 論文』 全身的_B−細胞`性`リンパ腫、及び、二次的_中枢神経系_巻き込み を有する患者さんに於ける 高用量_代謝`拮抗薬→_高用量_順次`実施_化学`免疫`療法、及び、自家`幹細胞`移植〜(続く) 1511221741 
(ニュース冒頭) Leukemia and Lymphoma Society が American Society of Hematology_会議_で 発表された_血液`がん__治療_ での _主要な__進歩_について まとめ 1601022253 
(ニュース冒頭)小児`患者さん に於ける T 細胞_急性`リンパ性`白血病_や リンパ芽球性_非ホジキンリンパ腫_に対する_doxorubicin_治療_に伴う_心臓`毒性_を dexrazoxane が _予防_する との研究結果 1601011700 
(↑2016年 1月)

(ニュース冒頭) ibrutinib : _再発した__マントル細胞`リンパ腫__に対する__新しい__標準的`ケア_か? 1512190004 
(ニュース冒頭) Revlimid / Rituxan が _マントル細胞`リンパ腫_の_初回`治療_として_高度に__活性的_ 1512102343 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_非ホジキンリンパ腫__治療用_として Bendeka ( bendamustine hydrochloride )を_認可_ 1512102250 
(ニュース冒頭) _白血病_、や、_リンパ腫_に於いて、CAR T-細胞_ が _幹細胞`移植_の 後でさえも 希望 を 提供_との報告 1512081654 
『 JCO 論文』 CD30 −陽性 _皮膚` T −細胞`リンパ腫_、及び、_リンパ腫`様`丘疹症__に対する_brentuximab vedotin による治療 : _フェーズ_2__臨床試験_の_結果_ 1511081720 

『 JCO 論文』 さまざまな CD30 _発現_レベル_の_菌状息肉症_、及び、_セザリー症候群_ に於ける brentuximab vedotin による治療 : _フェーズ_2_研究者−開始``研究_( _多施設_協働プロジェクト ) 1511081700 
『論文類』 _辺縁帯`リンパ腫_ に於ける _組織学的`転換_ 1511022337 
『論文類』 _マントル細胞`リンパ腫__に対する__自家`幹細胞`移植_後 の rituximab_維持`療法_ 1511021738 
『論文類』 40 歳以下の_濾胞性`リンパ腫__患者さん_ に於ける _病気_特徴_、_治療_パターン、及び、_結果状況_ : National Lymphocare Study からの_解析_ 1511021718 
(↑2015年 12月)
『 JCO 論文』 _再発性__濾胞性`リンパ腫__に対する_lenalidomide _単独_ 対 lenalidomide + rituximab : CALGB 50401 (Alliance) ( _ランダム化`臨床`試験_ ) 1511011636 

『 JCO 論文』 再発した CD20−陽性 緩慢`性_B-細胞`性``非ホジキンリンパ腫_に対する_obinutuzumab(GA101)、と、rituximab の 比較 : GAUSS_研究 の _最終`解析(ランダム化_フェーズ2_臨床`試験 ) 1510200009 
(ニュース冒頭) lenalidomide + rituximab : _マントル細胞`リンパ腫_ に於ける _第一線`治療_ 1511061644 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性_B-細胞`性``非ホジキンリンパ腫__に対する__毎週 1 回の_temsirolimus / bortezomib : Wisconsin Oncology Network ( _フェーズ_2_研究_ ) 1510052335 
(↑2015年 11月)
『論文類』 _非ホジキンリンパ腫_ の _長期的__克服者さん_に於いて、ライフスタイル 行動_要因_ は _健康`関連`性`の`生活の質_と 関連しているか? 1509080027 
『論文類』 最新の時代に於いて、_早期−ステージ__低`グレード__濾胞性`リンパ腫__に対する__最適な__管理_は 何か? 1509071747 
(↑2015年 10月)

『論文類』 _原発__脾臓_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_の_特徴_、及び、_生存_改善_ に於ける 脾摘出術 の _役割_ 1508212348 
『 JCO 論文』 _自家`幹細胞`移植_で_治療_された_リンパ腫__克服者さん_ での _心不全_、及び、_無`症状`性__左心室`収縮`不全 : _全国的_横断`研究_ 1508211659 
(↑2015年 9月)
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__末梢 T-細胞リンパ腫_に対する_belinostat による治療 : _中軸的__フェーズ_2_BELIEF (CLN-19)_研究_ の _結果_ 1508091736 
『 JCO 論文』 _再発した 及び 治療−抵抗性__末梢 T-細胞リンパ腫、及び、_形質`転換__菌状息肉症_ に於ける alisertib : SWOG 1108 ( _フェーズ_2__グループ間__臨床試験_ ) 1508031754 
『論文類』 _攻撃的__リンパ腫__に対し CHOP、又は、 CHOP + etoposide で_治療_された女性_患者さん_ に於ける _長期的__卵巣`機能 1507290011 

『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性_の_末梢 T-細胞リンパ腫_に対する_chidamide による治療 : _多施設_、_ラベル`明示_、_中軸的__フェーズ_2_研究_ の _結果_ 1507272355 
『論文類』 _再発性 / _治療−抵抗性_の_粘膜`関連`リンパ`組織《 MALT 》 _節外性`辺縁 リンパ腫_に対し、_高用量_clarithromycin が _活性的_な_単剤`治療_ : HD-K_フェーズ_2_臨床`試験_ 1507272338 
『総説紹介文』 _免疫能`正常な__患者さん_ に於ける _原発__中枢神経系`リンパ腫_の_診断_、及び、_治療_ : European Association for Neuro-Oncology による_ガイドライン_ 1507232342 
(↑2015年 8月)
『総説』 _原発__中枢神経系`リンパ腫_を有する_年配`患者さん に於ける _第一線`治療_、及び、_結果状況_ :  _系統的__レビュー_、及び、個別_患者さん__データ__メタ解析_ 1506291750 
(ニュース冒頭) _化学療法`耐性_の_濾胞性`リンパ腫_の_患者さん_の ためには 次は 何が あるのか? 1507172328 

(ニュース冒頭) _幹細胞`移植_後 の _リンパ腫__患者さん_ に於ける _心臓`障害_ 1507171733 
『総説』 _年配`患者さん での _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__治療_への_アプローチ_ : International Society of Geriatric Oncology (SIOG) ポジション 論評 1506160012 
(↑2015年 7月)
『論文類』 _非常に_高齢 の _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__患者さん_ に於ける _病気_特徴_、ケアパターン、及び、_生存_ 1505231738 
『解説』 _リンパ腫_、及び、_多発性`骨髄腫__に対する__新しい__治療_への ハイライト 1505121758 
( ASCO ニュース冒頭) obinutuzumab が _治療−抵抗性__非ホジキンリンパ腫_ での _進行無し`生存`率_を 倍増 1506061819 
(↑2015年 6月)

『 JCO 論文』 ビタミン D _血中__低__レベル_ が _濾胞性`リンパ腫_ での _劣った__生存_と 関連 : SWOG 、及び、LYSA_研究_ に於ける _前向き方式__評価_ 1505032248 
『総説』 _マントル細胞`リンパ腫_ : _経過`観察_から_移植_まで 1504051643 
(↑2015年 5月)
『論文類』 rituximab 時代に於ける _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対する__放射線`療法_ : National Comprehensive Cancer Network lymphoma outcomes project の_解析_ 1503231747 
(ニュース冒頭) _稀な__リンパ腫_( _ワルデンストレーム`大グロブリン血症_ )の_治療_に於ける 「_新しい_時代」 1504101739 
(↑2015年 4月)
『論文類』 T-細胞`リンパ腫__に対する_lenalidomide_単剤`治療_ : _フェーズ_2_臨床`試験_ の _最終_レポート_ 1503011708 

『 JCO 論文』 _化学療法`抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_、及び、_緩慢`性_B-細胞性`悪性`腫瘍_ は _抗− CD19_キメラ`抗原`受容体 を _発現している_自家_T 細胞_で_効果的_治療_可能 1502231749 
(ニュース冒頭) bortezomib が _第一線`治療_として_マントル細胞`リンパ腫__に対して_有効 1503071646 
(ニュース冒頭) _リンパ腫_の_管理_に於ける _新_情報_ 1503031719 
『論文類』 _非ホジキンリンパ腫_による_中枢神経系_巻き込み を有する _患者さん_ での _高用量_rituximab、と、_高用量 cytarabine 動員_治療_、及び、_高用量_TBC + _自家`幹細胞`移植_ 1502031730 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が ibrutinib の_ワルデンストレーム`大グロブリン血症__治療用_としての_新適応を_認可_ 1502241751 

『 JCO 論文』 新たに診断された_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫に於いて、lenalidomide + R-CHOP により、非−胚中心`由来`B細胞_表現型の不利的な予後インパクトが克服 1502021642 
『論文類』 _非−限局性_末梢 T-細胞リンパ腫_に対する__まず最初の__他家`幹細胞`移植_ : _単一`センター_からの_治療`意図_解析_ 1501312325 
『論文類』 _進行期_、及び、_高リスク_B−細胞`性`リンパ腫_での_90Y−ibritumomab tiuxetan / fludarabine / busulphan / 抗胸腺細胞グロブリン_強度`軽減`他家移植`前処置 1501032253 
(ニュース冒頭) _Roche 社_の_研究_によれば、Gazyva により_リンパ腫_で 強い_利益_ 1502061714 
『 JCO 論文』 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__治療_のための rituximab_投与_最適化_ : 延長された rituximab__曝露`期間_ 1412281729 

『 JCO 論文』 _非−胚中心`B 細胞−様_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_の_若年`患者さん は CHOP / rituximab っよりも ACVBP / rituximab による_強化_化学療法_で_利益_ 1412271758 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Imbruvica の_ワルデンストレーム`大グロブリン血症__治療_への_使用_拡大 を_認可_ 1501301731 
『論文類』 _未治療の__緩徐`進行性__リンパ腫__に対する_lenalidomide / rituximab の_安全性_と_活性_ : _ラベル`明示_、_フェーズ_2_臨床`試験_ 1412011712 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _皮膚` T −細胞`リンパ腫_の_第一線`治療_用 としての SGX301 に_ファースト・トラック《急行`車線》`認定_ 1501212234 
『総説』 _成人_末梢 T-、及び、NK-細胞_リンパ腫_の_管理_の ための SIE-SIES-GITMO_ガイドライン_( 成熟_T 細胞_白血病_を 除く ) 1411241709 
(↑2015年 1月)

『 JCO 論文』 _以前の__B 型`肝炎_ウィルス_曝露 を 有し、_リンパ腫__に対する_rituximab −含有_を 受けている_患者さん_ での _B 型`肝炎_再活性化 : _前向き方式`研究_ 1411231632 
『 JCO 論文』 新たに診断された_中等度−リスク_ホジキン`リンパ腫の_小児、及び、青年_患者さんでの _用量`集中_反応_−ベース_化学療法 / _放射線`療法_ 1411182247 
(ニュース冒頭) びまん性大細胞型 B細胞性`リンパ腫に対し、R-CHOP_治療を受けている_患者さんでの _HBV −関連_肝炎_再活性化_リスクを entecavir が lamivudine よりも低下 1412271740 
(ニュース冒頭) HIV −陽性 の_リンパ腫__患者さん_ は もはや_造血`幹細胞`移植_による_治療_から 除外されるべきではない との研究結果 1412211743 
(ニュース冒頭) HIV −関連__リンパ腫__に対しても、_幹細胞`移植_ が 考慮可能である との研究結果 1412081720 

『 JCO 論文』 _再発した 及び 治療−抵抗性__攻撃的_リンパ腫__に対する__自家`幹細胞`移植_前の_化学療法_2 種類の_比較_ 1411021647 
(↑2014年 12月)
『 JCO 論文』 _低−腫瘍`負荷__濾胞性`リンパ腫__に対する_rituximab_長期_投与`スケジュール_ 対 再−治療 1409271814 
『総説紹介文』 _混合`リンパ腫_の_病因_、_診断_、及び、_治療_ 1409151744 
(↑2014年 10月)
『論文類』 進行期_皮膚` T −細胞`リンパ腫( 菌状息肉症_、及び、セザリー症候群_ )_に対する_forodesine ( PNP_阻害薬 ) 1409052242 
(ニュース冒頭) 一部の_濾胞性`リンパ腫__に対しては、_継続的_rituximab は 不要 なことあり との研究結果 1409121752 

『論文類』 未分化`大細胞型`リンパ腫 / ホジキン`リンパ腫_に対する_brentuximab vedotin_治療_に伴う_進行性`多巣性`白質脳症 1408182315 
(ニュース冒頭) R-CHOP への Revlimid の追加により、非ホジキンリンパ腫_での _結果状況_が_改善することあり との研究結果 1409051754 
(ニュース冒頭) _攻撃的__非ホジキンリンパ腫__に対し、CAR_T 細胞_ が _効果的_との_報告_ 1409031736 
(ニュース冒頭) _B 細胞 がん _に対し、_遺伝子`操作`された__T 細胞_により_劇的な__反応_ 1409021724 
(↑2014年 9月)
(ニュース冒頭) ビタミン D_不足は びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫での rituximab−媒介_細胞`毒性を損なう 模様  1408271716 

『論文類』 再発/治療−抵抗性_攻撃的_非ホジキンリンパ腫に対するリンパ腫−指向_移植前`処置/他家`幹細胞`移植後の rituximab 1408021740 
『論文類』 _未治療の__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_の_年配`患者さん での lenalidomide + R-CHOP21 による治療 1408012244 
『総説』 _再発した、又は、治療−抵抗性_の_マントル細胞`リンパ腫__に対する_lenalidomide による治療 1407221745 
『論文類』 C 型`肝炎`ウィルス_−関連__緩徐`進行性_B −細胞`性`リンパ腫__に対する__抗−ウィルス_治療_ 1407182336 
『論文類』 再発/治療−抵抗性の_マントル細胞`リンパ腫に対する_救助治療としての_経口_arsenic trioxide −ベース_レジメン 1407182324 

『論文類』 _米国_で 2004 〜 2007 に_診断_された_濾胞性`リンパ腫_の_患者さん_ での rituximab_維持`療法_の_使用_、効果 1407061728 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_リンパ腫__治療用_として idelalisib を_認可_ 1407242243 
(ニュース冒頭) _新規な__リンパ腫__治療_により、_劇的な__結果_( _早期__臨床試験_段階 ) 1407222249 
『 JCO 論文』 _濾胞性`リンパ腫__に対する__維持`療法_としての rituximab の_皮下_ 対 _静注__投与_ の _比較_ 1406091732 
( ASCO ニュース冒頭) Velcade による_初回`治療_により、_マントル細胞`リンパ腫_ での _結果状況_ が _改善_ 1407101740 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _末梢 T-細胞リンパ腫_治療用_として belinostat ( Beleodaq )を_認可_ 1407042238 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) 男性の B −細胞`性`リンパ腫_年配_患者さん_ での rituximab_用量_ は 低すぎる可能性あり との研究結果 1406171718 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) R-CHOP21 への lenalidomide 追加により、年配`患者さんでの 未治療 大細胞型 B-細胞リンパ腫で_高い_奏効率 1405291747 
(ニュース冒頭) _濾胞性_眼付属器`リンパ腫_ が _外部線源`放射線療法_により_治療_可能 1405082336 
『 JCO 論文』 再発した_末梢 T-細胞リンパ腫、及び、皮膚` T −細胞`リンパ腫に対する_mogamulizumab( KW-0761 )による治療 1404120756 

『 JCO 論文』 _攻撃的_B −細胞`性`リンパ腫を有する _年配`患者さん での _かさ高の_病気__に対する__放射線`療法_の_役割_ 1404120205 
(ニュース冒頭) pixantrone : _攻撃的__再発した_B-細胞`性``非ホジキンリンパ腫__に対する_「_画期的`段階_」 1405022252 
(↑2014年 5月)
『論文類』 緩徐`進行性 リンパ腫に対する_4 Gy 対 24 Gy_放射線`療法 (FORT) : ランダム化、フェーズ_2、非`劣性__臨床試験 1404061747 
『論文類』 進行期−ステージ、無`症状`性_、非−_かさ高の_濾胞性`リンパ腫__に対する_rituximab 対 _注意深い 経過`観察_ 1404061713 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発型`キャッスルマン病__に対する__最初の__治療薬_として siltuximab を_認可_ 1404251733 

『 JCO 論文』 EBV LMP_標的__自家_細胞`毒性`的_T_リンパ球を受けた_リンパ腫__患者さん_ での _持続的__完全`寛解_ 14.03.10tb 
(ニュース冒頭) _ドナー`リンパ球`輸注《 DLI 》_により、_再発した__リンパ腫_ での _生存_ が _改善_ 1404100005 
『論文類(詳細原文)』 _化学療法_への rituximab 追加により、_バーキット`リンパ腫_ での _生存_ が _改善_ 14.03.07ta 
(↑2014年 4月)
(ニュース冒頭) rituximab_維持`療法_により_濾胞性`リンパ腫__患者さん_ での _不安 が 緩和する可能性あり との研究結果 14.03.25nd 
(↑2014年 3月)
『論文類』 _治療中 の _リンパ腫__患者さん_ での _治療`関連__副作用_、_生活の質_を 運動プログラム が _改善_ 14.02.08ta 

(ニュース冒頭) _年配`患者さん での B −細胞`性`リンパ腫_の_かさ高の_病気_への_放射線`療法_ が _結果状況_を_改善_ 14.02.18nb 
『 JCO 論文』 びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_で_心臓_併存`疾患_を 伴うケースの R-GCVP_レジメンによる_新しい_治療 14.02.02ta 
『 JCO 論文』 _化学療法−_感受性_の_マントル細胞`リンパ腫__に対する_自家、又は、_強度`軽減`前処置__他家`造血`細胞`移植_ 14.02.01ta 
『 JCO 論文』 _濾胞性`リンパ腫__に対する__初回`治療_としての_分割_90Y - ibritumomab tiuxetan_放射線`免疫`療法_ 14.01.19tc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が belinostat_注射_ の _末梢 T-細胞リンパ腫_治療用_としての NDA を 受理 14.02.07nb 
(↑2014年 2月)

『論文類』 rituximab −耐性__緩徐`進行性_、及び、_マントル細胞`リンパ腫_での lenalidomide / _低用量_dexamethasone …… 14.01.11ta 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _マントル細胞`リンパ腫__治療用_として Imbruvica ( ibrutinib )を_認可_ 14.01.24nb 
(ニュース冒頭) idelalisib が 再発した_慢性`リンパ球性`白血病_、及び、リンパ腫_に於いて_有効性_を 示す との研究結果 14.01.23nb 
『論文類』 _再発した__濾胞性`リンパ腫__に対する_pidilizumab ( PD-1 遮断 ) / rituximab による治療 14.01.02tb 
『論文類』 _慢性`リンパ球性`白血病_、又は、_小`リンパ球`性`リンパ腫_の_年配`患者さん での _初回治療としての ibrutinib 14.01.02ta 

『コメント記事』 _攻撃的__リンパ腫_で、_分子標的`治療 による 前_治療_ が _化学療法_を 助ける との研究結果 14.01.01ta 
『論文類』 _骨_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_患者さん での _病理学`的`骨折の_臨床的 特徴、_管理_、_予後的`効果 13.12.30ta 
『 JCO 論文』 再発した、又は、治療−抵抗性_攻撃的_B 細胞_、及び、T 細胞_非ホジキンリンパ腫に対する_alisertibによる治療 13.12.28tc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _治療−抵抗性__緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫__治療用_として idelalisib の NDA を 受理  14.01.14na 
(ニュース冒頭) _再発した__濾胞性`リンパ腫__に対し、pidilizumab / Rituxan が _高い__奏効率_ 14.01.10ne 
(↑2014年 1月)

『論文類』 未治療バーキットリンパ腫に対する_CODOX-M/IVAC_レジメンへの高用量_rituximabとリポゾーム化 doxorubicin_組込み 13.12.05tc 
(ニュース冒頭) _再発した、又は、治療−抵抗性__末梢 T-細胞リンパ腫_治療用_として belinostat の NDA を_申請_ 13.12.12nc 
『 JCO 論文』 びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対する_造血`幹細胞`移植_後 の pidilizumabによる_免疫`寛容_無力化 13.11.18ta 
(↑2013年 12月)
『 JCO 論文』 攻撃的_B−細胞性リンパ腫と骨格系巻き込みを有する患者さんでの結果状況へのrituximab、放射線療法のインパクト 13.11.10tc 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__マントル細胞`リンパ腫__に対する_lenalidomide の_長期的__フォローアップ_ 13.11.06tb 

(ニュース冒頭) _バーキット`リンパ腫_には、_より_長期間_で、_より低い__用量_の_化学療法_が _効果的_ との研究結果 13.11.20na 
(ニュース冒頭) びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫に対する_化学療法_の doxorubicin を gemcitabine で置換して _好結果 13.11.19na 
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__原発性`中枢神経系`リンパ腫__に対する_R-MPV_レジメン_→ rdWBRT + cytarabine 13.11.02tb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _マントル細胞`リンパ腫__治療用_として Imbruvica ( ibrutinib )を_認可_ 13.11.14nc 
(ニュース冒頭) _早期_ の _移植_ が _高リスク__リンパ腫_ での _生存_を_改善_ との報告 13.11.01nc 

(ニュース冒頭) PD-1 遮断_薬_ が _血液`悪性`腫瘍_に_有望的 13.11.01na 
(↑2013年 11月)
『 JCO 論文』 bortezomib 後に_再発 / 病気`進行、又は、治療−抵抗性_マントル細胞`リンパ腫に対する_単剤_lenalidomide_治療 13.10.12tb 
『論文類』 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫の治療用としてのpixantrone−ベース_レジメン 対 doxorubicin−ベース治療 13.09.30td 
『 JCO 論文』 60 歳超の_進行期_濾胞性`リンパ腫_患者さんでの 短期間 R − FND_化学`免疫`療法_後 の rituximab_維持`療法_ 13.09.21td 
(↑2013年 10月)
(ニュース冒頭) _開発中の_抗−_ウィルス__薬_に、_幹細胞`移植_後 の CMV_感染症_予防効果あり との研究結果 13.09.26nf 

『論文類』 脾`辺縁帯`リンパ腫_に於ける 2-chlorodeoxyadenosine ± rituximabの_有意な__有効性_ : _長期的_フォローアップ 13.09.03tc 
『総説』 _乳房部_の_原発_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ : _病因論_、_臨床的_事項_、_治療`選択肢_ 13.09.01te 
『 JCO 論文』 _全身的__成熟型 T-細胞性``非ホジキンリンパ腫__に対する__造血`細胞`移植_ 13.09.01tc 
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__原発性`中枢神経系`リンパ腫__に対する__集中的_化学療法_、及び、_免疫`治療_ 13.08.31ta 
(ニュース冒頭) Gilead 社 が idelalisib を_緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫_治療用_として米国 FDA に NDA _申請_ 13.09.12nb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が ibrutinib の 2 種類の_B 細胞性_悪性`腫瘍_に関する NDA _申請_を 受理 13.09.03na 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) _攻撃的_な_リンパ腫_の より_良性_な_病気_への再プログラム化 13.08.30na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Valchlor(mechlorethamine) ゲル を_菌状息肉症_型_皮膚` T −細胞`リンパ腫_治療用として認可 13.08.27na 
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫__に対する_obinutuzumab ( GA101 )_治療_ 13.08.10tb 
『 JCO 論文』 再発 /治療−抵抗性_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫、又は、マントル細胞`リンパ腫に対する_obinutuzumab  13.08.10ta 

『論文類』 _マントル細胞`リンパ腫_に於ける _中枢神経系__巻き込み_ : _臨床的`特徴、_予後`因子_、_結果状況_…… 13.08.02tb 
『 JCO 論文』 リンパ腫と 解決済み_B 型`肝炎を有する_患者さんでの rituximab−随伴_B 型`肝炎_再`活性化_の entecavir _予防 13.07.30tb 
《項目追加》 現行治療3 : 縦隔`リンパ腫_の_治療_ ≫ _治療_、及び、_管理_ ≫ _強化`治療 13.08.04ma 
(↑2013年 8 月)
(ニュース冒頭) ベンゼンへの曝露 が _非ホジキンリンパ腫_の_発症 増加と 関連か 13.07.30na 
『論文類』 _成人__バーキット`リンパ腫_に於ける _化学療法`レジメン_、及び、rituximab の_インパクト_ 13.07.03td 

(ニュース冒頭) _エピジェネティック`治療_ が _マントル細胞`リンパ腫__に対し_有望的_ 13.07.11nd 
(ニュース冒頭) CLL / SLL、及び、マントル細胞`リンパ腫に対する_治療用_として、ibrutinib の NDA を_申請_ 13.07.11nc 
(↑2013年 7 月)
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_に於ける _潜在的`可能的な_転換点 13.06.26na 
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_に対する_bendamustine / rituximab_治療 13.06.09ta 
(ニュース冒頭) entecavir が リンパ腫_患者さん での _B 型肝炎`ウィルス_再活性化 を _予防_する可能性あり との研究結果 13.06.25na 

『 JCO 論文』 進行期ステージ_濾胞性_非ホジキンリンパ腫_に於ける_最初の寛解_の yttrium-90 ibritumomab tiuxetan_強化`治療 13.06.03td 
(ニュース冒頭) ibrutinib : _マントル細胞`リンパ腫__治療 に於ける 一段階 の 変化 13.06.22na 
『論文類』 _濾胞性`リンパ腫__に対する__高用量`治療 + _自家`幹細胞`移植_後 の _長期的__臨床的 / _分子`生物学`的`寛解_ 13.06.01tc 
『論文類』 _進展した__緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫_で_自家`幹細胞`移植_に 照会された_患者さん_の_結果状況_ 13.06.01tb 
『論文類』 _先行治療`経験`無し の__マントル細胞`リンパ腫__に対する_ Hyper-CVAD MTX/Ara-C + rituximab : _フェーズ_2_ 13.06.01ta 

『 ASCO abstract 』 進行期ホジキン`リンパ腫 患者さん_の_治療`結果状況 / _生存_への_より低い_化学療法_用量_の_インパクト 13.05.27td 
『 ASCO abstract 』 再発した、又は、治療−抵抗性_非ホジキンリンパ腫に対する_gemcitabine / rituximab / oxaliplatin_併用 13.05.27tc 
『 ASCO abstract 』 _再発した_先行`実施の_rituximab に_治療−抵抗性_の_濾胞性`リンパ腫_に対する_ocaratuzumab による治療 13.05.27tb 
『 ASCO abstract 』 _再発した、又は、治療−抵抗性__非ホジキンリンパ腫__に対する_brentuximab vedotin による治療 13.05.27ta 
(ニュース冒頭) 非ホジキンリンパ腫_に対し、より多くの_放射線_照射_ が より少ない_病気`進行_を もたらす との研究結果 13.06.11na 

『 ASCO abstract 』 _再発した__濾胞性`リンパ腫__に対する__短期的__化学`免疫`療法_ + _放射線`免疫`療法_ 13.05.25td 
『 ASCO abstract 』 _再発 / 治療−抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__年配`患者さん での R-CVEP による治療 13.05.25tc 
『 ASCO abstract 』 _攻撃的_B-細胞`性``非ホジキンリンパ腫の_強化`治療、及び、_再発__治療_に於ける _放射線`免疫`療法_ 13.05.25tb 
『 ASCO abstract 』 _攻撃的__リンパ腫_の_中枢神経系_再発__に対する__中枢神経系_−指向の_化学療法_ 13.05.24tb 
『 ASCO abstract 』 再発、又は、治療−抵抗性_緩徐`進行性_B-細胞`性`非ホジキンリンパ腫、又は、_マントル細胞`リンパ腫…… 13.05.24ta 

『 ASCO abstract 』 _治療−抵抗性_、又は、_再発した__T- 細胞`リンパ腫__に対する_bendamustine による治療 13.05.23tb 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Revlimid( lenalidomide )を_再発 / 治療−抵抗性__マントル細胞`リンパ腫_治療薬_として_認可 13.06.07nb 
『 ASCO abstract 』 _再発した_ / _治療−抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対する_bendamustine / rituximab 13.05.23ta 
『 ASCO abstract 』 _進行期−ステージ__濾胞性`リンパ腫__に対する__第一線`治療_としての R-CVP 対 R-CHOP 対 R-FM_レジメン 13.05.22ta 
『 ASCO abstract 』 _再発性__濾胞性`リンパ腫__に対する_lenalidomide 対 lenalidomide / rituximab_治療_ 13.05.21tc 

(ニュース冒頭) Rituxan により、_縦隔 B 細胞性`リンパ腫_ での _放射線`療法_の 省略が 可能かも知れない との研究結果 13.05.31nc 
(↑2013年 6 月)
『論文類』 より若年_高リスク_びまん性`大細胞型` B 細胞性 / 濾胞性`リンパ腫_患者さん_での_投与`集中`化学免疫療法 → 13.05.01tg 
『論文類』 胃`節外性`辺縁帯( MALT )`リンパ腫に対するがん`領域_治療 の比較_結果状況 : SEER-Medicareデータベースの_分析 13.05.01tf 
『論文類』 _放射線`療法_で_治療_された_胃_辺縁帯`リンパ腫_の_長期的__結果状況_ 13.05.01te 
『 JCO 論文』 _再発した_濾胞性`リンパ腫_に対する_自家`移植 での rituximab_腫瘍細胞−生体内`除去`法_ and / or _維持`療法 13.04.29ta 

《項目追加》 現行治療3 : 縦隔`リンパ腫_の_治療_ ≫ …… ≫ _化学療法 13.05.09ma 
『総説』 _悪性_リンパ腫_に関する_ガイドライン_ : パート 2 13.04.23tb 
『 JCO 論文』 _進行期−ステージ__濾胞性`リンパ腫__に対する__初回`治療_としての R-CVP 対 R-CHOP 対 R-FM 13.04.19ta 
(↑2013年 5 月)
『 JCO 論文』 集中レジメンや自家`移植に非−適格なマントル細胞`リンパ腫ケースでの rituximab / bendamustine / cytarabine 13.04.15tb 
『総説 標題』 B-細胞`性``非ホジキンリンパ腫_、及び、_白血病_の_治療_のための_抗体−薬物`複合体_ 13.04.09tb 

(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫__に対する__第一線`治療_の_選択_に関する 議論 13.04.26nb 
『論文類』 _限局性__局所`再発`性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対する_ACVBP + rituximab による治療 13.04.02tb 
『総説』 _悪性__リンパ腫_に関する ESMO_ガイドライン_コンセンサス会議 2011 パート 2 13.03.31tb 
『総説』_悪性__リンパ腫_に関する ESMO_ガイドライン_コンセンサス会議 2011 パート 1 13.03.26ta 
(ニュース冒頭) _併用`化学療法_への rituximab 追加が_縦隔 B 細胞性`リンパ腫_の_治療_の 助けになる との研究結果 13.04.12nb 

(ニュース冒頭) 自家`移植_前の Zevalin_放射線`免疫`療法_移植前`処置で_びまん性`大細胞型`リンパ腫での_全体的`生存が改善 13.04.05nb 
(ニュース冒頭) _進行期__非ホジキンリンパ腫__に対し、Treanda / Rituxan は R-CHOP や R-CVP に 劣らない との研究結果 13.04.03nc 
『 JCO 論文』 _形質`転換__濾胞性`リンパ腫__に対する__自家`幹細胞`移植_、及び、_他家`幹細胞`移植_ 13.03.18td 
(↑2013年 4 月)
(ニュース冒頭) _高リスク_B-細胞`性``非ホジキンリンパ腫__に対し、Zevalin + _非`骨髄破壊的`他家`移植_ が _効果的_ 13.03.29nc 
(ニュース冒頭) _攻撃的__リンパ腫__に対し、Zevalin + BEAM_化学療法_ が BEAM_化学療法__単独_よりも_好結果_ 13.03.22nb 

《項目追加》 現行治療3 : 縦隔`リンパ腫_の_治療_ ≫ _概観 13.03.20ma 
(ニュース冒頭) _投与`集中_ R-CHOP _レジメン_ + Zevalin が _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ での _反応_を_改善 13.03.01nb 
(↑2013年 3月)
『 JCO 論文』 _非ホジキンリンパ腫__に対する_2 つの_抗体−ベース_分子標的`治療`薬_併用`治療_の_安全性 / _臨床`活性_ 13.02.10tc 
『 JCO 論文』 _節外性`辺縁 B-細胞リンパ腫_に対し、chlorambucil への rituximab 追加で_イベント無し`生存_ が _改善_ 13.02.10tb 
(ニュース冒頭) bendamustine / rituximab が _緩徐`進行性__リンパ腫_ での _進行無し`生存_を_改善_ 13.02.23na 

(ニュース冒頭) _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_の_高リスク__年配`患者さんで Zevalin が _安全的_で_効果的_ 13.02.15na 
(ニュース冒頭) _進行期__濾胞性`リンパ腫_の_第一線`治療_として Zevalin による_分割__放射線`免疫`療法_ が _効果的_ 13.02.08nb 
(ニュース冒頭) _進行期__濾胞性`リンパ腫__に対し、Zevalin が _効果的_ 13.02.05na 
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__濾胞性`リンパ腫__に対する_CHOP / rituximab 対 CHOP / iodine-131 tositumomab 13.01.20tc 
『 JCO 論文』 _濾胞性`リンパ腫__に対する__第一線`治療_としての yttrium-90 ibritumomab tiuxetan 13.01.20tb 

『 JCO 論文』 未治療ワルデンストレーム大グロブリン血症、辺縁帯リンパ腫、リンパ形質細胞`性リンパ腫に対する_fludarabine… 13.01.20ta 
(↑2013年 2月)
(ニュース冒頭) rituximab_治療−抵抗性_の_濾胞性__非ホジキンリンパ腫__に対し Zevalin が _効果的_ 13.01.25na 
(ニュース冒頭) _リンパ腫__に対する__初回__治療_として の _放射線`免疫`治療_ 13.01.23nb 
『 JCO 論文』 _治療−抵抗性_、又は、_再発した__T- 細胞`リンパ腫__に対する_bendamustine による治療 : _フェーズ_2_試験 12.12.30tf 
『 JCO 論文』 AIDS−関連リンパ腫に対する_ペギル化リポソーム doxorubicin / rituximab / cyclophosphamide / …… 12.12.30tc 

(ニュース冒頭) _再発した_、又は、_治療−抵抗性_ の _濾胞性`リンパ腫__に対し、Zevalin が _効果的_ 13.01.11nc 
(ニュース冒頭) Zevalin による_強化`治療_で_進行期__濾胞性`リンパ腫_ での _進行無し`生存 が _有意に__改善_ 13.01.11nb 
(↑2013年 1月)
新資料:マントル細胞`リンパ腫_の_治療 12.12.24ma 
(ニュース冒頭) _マントル細胞`リンパ腫__治療用_として lenalidomide が _有望的 12.12.21nb 
『 JCO 論文』 ステージ2B、4A、又は、4B_進行期__菌状息肉症_に対する_静注_ペギル化リポソーム doxorubicin_単剤`治療 12.11.18tc 
(↑2012年 12月)

《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫……≫ rituximab + thalidomide 12.11.26ma 
『 JCO 論文』 _低_腫瘍`負荷__濾胞性`リンパ腫__に対する_rituximab 時代に於ける _注意深い 経過`観察_ 12.11.01tc 
《項目追加》 現行治療3 : _マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ ……≫ rituximab 12.11.20ma 
『総説 標題』 _辺縁帯`リンパ腫_ : 古い、 新しい、 _分子標的、及び、_後成的な__治療_ 12.10.27ta 
『論文類』 _再発した / 治療−抵抗性_マントル細胞`リンパ腫_に対する_強度`軽減`前処置_他家`幹細胞`移植_ : _多施設_経験 12.10.21ta 

『論文類』 _原発__中枢神経系`リンパ腫_の_第一線`治療_としての_高用量`化学療法_→_自家`幹細胞`移植_後 の _予後_ 12.10.20ta 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ …… ≫ _放射線`免疫`療法_ 12.11.11ma 
《項目追加》 現行治療2 : 皮膚` T −細胞`リンパ腫_ ≫ _内科的_治療 12.11.10ma 
『総説』 _原発__皮膚`B 細胞`リンパ腫_ : _診断_、及び、_管理_に於ける _最近_ の _進歩_ 12.10.02tb 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ _…… ≫ bortezomib 12.11.04ma 
(↑2012年 11月)

『総説 標題』 _ホジキン`リンパ腫_、又は、_全身的__未分化`大細胞型`リンパ腫__に対する_brentuximab vedotin による治療 12.09.20ta 
『 JCO 論文』 ステージ1_濾胞性`リンパ腫_に対する_第一線_管理_戦略《複数》の_効果_ : National LymphoCare Studyの_分析_ 12.09.19td 
『総説』 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ : _現行の__戦略_、及び、将来の 方向 12.09.18tb 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫の治療≫……≫救助《サルベージ》化学療法_併用レジメン→自家`幹細胞`移植 12.10.26ma 
(ニュース冒頭) _マントル細胞`リンパ腫_ の _より年配__患者さん_ での _寛解_を R-CHOP _導入治療_ + Rituxan が _改善_ 12.10.23nb 

《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫…… ≫ ヌクレオシド_類縁体_、及び、_併用_ 12.10.01ma 
(↑2012年 10月)
『論文類』 第一線_低−腫瘍−負荷_濾胞性`リンパ腫に対する_rituximab_導入_免疫`治療 : 7 年間 フォローアップでの生存_分析 12.09.08ta 
《記述追加》 現行治療2 : _皮膚` T −細胞`リンパ腫_ ≫ _内科的_治療 12.09.30ma 
(ニュース冒頭) 今日でも、低−腫瘍−負荷 の 濾胞性`リンパ腫_に対し、_注意深い 経過`観察_が 実施`可能`的_との研究結果 12.09.27na 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ …… ≫ Hyper-CVAD ± rituximab→_自家`幹細胞`移植 12.09.24ma 

『論文類』 濾胞性リンパ腫に対する_galiximab / rituximabによる治療 : FLIPIスコア は第一線_免疫治療_応答性に_予後`予測的 12.09.04td 
『総説』 _B 細胞__非ホジキンリンパ腫__に対する_放射線`免疫`療法_ 12.09.04ta 
『 JCO 論文』 _未治療の__マントル細胞`リンパ腫__に対する R-CHOP → yttrium-90 ibritumomab tiuxetan による治療 12.09.02tb 
『 JCO 論文』 _末梢 T-細胞リンパ腫 での _最初からの__自家`幹細胞`移植_ : NLG-T-01 12.09.02ta 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ …… ≫ 概観 12.09.16ma 

『総説 標題』 マントル細胞`リンパ腫_ : _臨床的に__異種`混交`的な_、 個別化アプローチを 必要とする_病気_ 12.08.21tb 
(ニュース冒頭) _早期__濾胞性`リンパ腫__に対する__いくつかの__効果的__治療__選択肢_ 12.09.04na 
『総説』 _濾胞性`リンパ腫_ : _現行の__管理_、及び、将来の 方向性 12.08.07tb 
(↑2012年 9月)
『総説』 B −細胞`性`リンパ腫__に対する__造血_細胞_移植_ 12.07.24ta 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ …… ≫ Hyper-CVAD _レジメン_ + _自家`幹細胞`移植_ 12.08.17ma 

《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ …… ≫ R-CHOP _レジメン 12.08.10ma 
(ニュース冒頭) _マントル細胞`リンパ腫_ の _より年配__患者さん_ での _標準的_ケア_ 12.08.09nd 
(ニュース冒頭) 2 番目の_骨髄`機能`不全_の_リンパ腫__患者さん_で Pluristem _幹細胞_ が 奏効 12.08.08nb 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ ……≫ Hyper-CVAD ± rituximab 12.08.06ma 
(↑2012年 8月)
『論文類』 原発_中枢神経系_リンパ腫_に対する_高用量`化学療法_ + _自家`幹細胞`移植_ + _奏効−調節__全脳`放射線療法_ 12.07.07ta 

(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_ が brentuximab vedotin ( _ホジキン`リンパ腫 等_用 )と decitabine の_認可_を_勧告_ 12.07.24na 
『 JCO 論文』 _再発した_、又は、_治療−抵抗性__全身的__未分化`大細胞型`リンパ腫__に対する_brentuximab vedotin 12.06.18tb 
『論文類』 _年配_ の _マントル細胞`リンパ腫__患者さん_ での _第一線`治療_としての RiPAD + C_レジメン_ 12.06.08ta 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ _治療_ ≫ …… ≫CVP 、及び、 CHOP_レジメン_ 12.07.02ma 
(↑2012年 7月)
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ …… ≫ 概観 12.06.26ma 

《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫……≫ アプローチに関する考察 12.06.21ma 
(ニュース冒頭) Pharmacyclics 社の株価が 同社の _リンパ腫_ / _白血病__治療用_新薬__データ_発表で 上昇 12.06.05nd 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) 小児患者さんでのALK−駆動 神経芽`細胞腫、未分化`大細胞型`リンパ腫、炎症性`筋線維`芽`細胞`性`腫瘍に…… 12.05.21na 
《項目追加》 現行治療3 : マントル細胞`リンパ腫_の_治療≫ _概観 12.05.16ma 
新資料:リンパ芽球`性`リンパ腫_の_治療 12.05.11ma 

《項目追加》 現行治療3 : リンパ芽球`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ _腫瘍`崩壊`症候群 12.05.03ma 
(↑2012年 5月)
《項目追加》 現行治療3 : リンパ芽球`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ Hyper-CVAD_レジメン 12.04.26ma 
《項目追加》 現行治療3 : リンパ芽球`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ CHOP_レジメン_ 12.04.21ma 
『 JCO 論文』 _再発した__成人__T 細胞`白血病`リンパ腫__に対する_KW-0761 ( defucosylated anti-CCR4 _モノクロナル抗体_) 12.03.12tc 
『 JCO 論文』 リンパ球系悪性腫瘍に対する強度軽減`他家幹細胞移植への 橋渡しとしての用量−調節 EPOCH / rituximabで好結果 12.03.12tb 

《項目追加》 現行治療3 : リンパ芽球`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 前書き 12.04.16ma 
《項目追加》 現行治療3 : リンパ芽球`性`リンパ腫_の_治療 ≫ _概観 12.04.11ma 
(ニュース冒頭) _攻撃的__リンパ腫__に対し、_開発中の新薬_ibrutinib が 好結果 12.04.03nb 
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性の 末梢 T-細胞リンパ腫 での _先行`実施の__全身的`治療_後 の romidepsin_治療 12.03.01ta 
(↑2012年 4月)
新資料:濾胞性`リンパ腫_の_治療 12.03.27ma 

《項目追加》 現行治療3 : 濾胞性`リンパ腫_の_治療 ≫_造血`幹細胞`移植_ 12.03.22ma 
《項目追加》 現行治療3 : 濾胞性`リンパ腫_の_治療 ≫_多剤__化学療法 12.03.19mb 
《項目追加》 現行治療3 : 濾胞性`リンパ腫_の_治療 ≫ 単剤__化学療法 12.03.14ma 
(ニュース冒頭) _妊娠_中_リンパ腫_の_治療__結果_ は _しばしば__良好 との研究結果 12.03.15nb 
(↑2012年 3月)
《項目追加》 現行治療3 : 濾胞性`リンパ腫_の_治療 ≫ 経過`観察 : _無`症状`性_ の _進行期 の _病気 12.02.27ma 

『論文類』 未治療_中等度 / 高リスク_濾胞性`リンパ腫に対する_短期的_コースFMR_レジメン_→yttrium-90 ibritumomab tiuxetan 12.01.31ta 
《項目追加》 現行治療3 : 濾胞性`リンパ腫_の_治療 ≫ 限局性_の_病気__に対する__放射線`療法 12.02.22ma 
(ニュース冒頭) _再発した_T-細胞 _白血病__リンパ腫__に_新規な__薬_ が _有望的__との報告_ 12.02.23nb 
(ニュース冒頭) pixantrone ( _リンパ腫__治療薬_ ) が _欧州_での _認可_に 前進 12.02.22na 
『論文類』 65 歳超 の _マントル細胞`リンパ腫__患者さん_ での _自家`幹細胞`移植_ 12.01.30ta 

『論文類』 _若年_、_高リスク_の_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__患者さん_で R-CHOEP-14 が _全体的`生存_を_改善_ 12.01.29tf 
《項目追加》 現行治療3 : 濾胞性`リンパ腫_の_治療 ≫ _管理_の 概観 12.02.15ma 
(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫__に対する_Rituxan_投与_2 アプローチ( 必要に応じて 対 _維持`療法 )_両方が_効果的_ 12.02.11nc 
(ニュース冒頭) _リンパ腫__に対する__幹細胞`移植_の_結果状況_を、_放射線`免疫`療法_ が _改善_ 12.02.03nb 
(ニュース冒頭) romidepsin が _治療−抵抗性__末梢 T-細胞リンパ腫_に対し_効果的_ 12.02.02nd 
(↑2012年 2月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _認可_済みの 全適応で、Velcade の _皮下__投与__剤_を_認可_ 12.01.27nd 
《項目追加》 現行治療3 : _濾胞性`リンパ腫_の_治療_ ≫ 概観 12.01.13ma 
(ニュース冒頭) _進行期__緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫__に対し、rituximab_併用`治療_ が _有用的_ 12.01.11na 
(ニュース冒頭) _移植_は_濾胞性`リンパ腫_ での _生存_を_改善_しない_との研究結果_ 12.01.07na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA の _がん治療薬`諮問`委員会_ が 再_提出_された pixantrone NDA を 2 月 9 日に_レビュー_の予定 12.01.06na 

(ニュース冒頭) HIV −関連__リンパ腫__に対し、rituximab / EPOCH が _利益的_ 12.01.04nb 
(↑2012年 1月)
(ニュース冒頭) _非ホジキンリンパ腫__に対する_ibritumomab _治療_への 新たな 興味 11.12.23nc 
(ニュース冒頭) _低負荷_濾胞性`リンパ腫_での rituximab は 「少ないことが 豊かなこと」 11.12.15nb 
新資料:_びまん性`大細胞型` リンパ腫_の_治療_ 11.12.16ma 
(ニュース冒頭) obinutuzumab は B −細胞`性の_リンパ腫_ / _白血病__治療薬_として、rituximab を 置き換えるか? 11.12.14na 

『JCO 論文』 _新たに診断された_ステージ_4、_再発_、治療−抵抗性_節外性`NK/T細胞リンパ腫、鼻型__に対する_SMILE_化学療法_ 11.11.21te 
(ニュース冒頭) _攻撃的__リンパ腫__に対しては、_集中的__化学療法_ が 最良_との研究結果_ 11.11.30na 
(↑2011年 12月)
(ニュース冒頭) rituximab_が、びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫での 中枢神経系_予防_を不要にしつつある_との研究結果 11.11.29na 
《項目追加》 現行治療3 : びまん性`大細胞型`リンパ腫_の_治療 ≫ _再発_の_治療 11.11.06ma 
(↑2011年 11月)
(ニュース冒頭) 加速_認可_を求めて、pixantrone 《_非ホジキンリンパ腫_治療用》 の NDA を 米国 FDA に 再_提出_ 11.10.28nc 

《項目追加》 現行治療3 : びまん性`大細胞型`リンパ腫_の_治療 ≫ 原発_治療−抵抗性_の_病気_の_治療 11.10.20ma 
(ニュース冒頭) _NK/T 細胞リンパ腫に_併用`化学療法_ が _有用的_ 11.10.21nb 
(ニュース冒頭) より_投与`集中_な rituximab_治療_ は B −細胞`性`リンパ腫_で _結果状況_を _改善_せず_との研究結果_ 11.10.19na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が mechlorethamine hydrochloride(菌状息肉症_治療剤 )の 独自`技術_ゲル剤 の NDA 申請 を 受理 11.10.05nc 
(↑2011年 10月)
『論文類』 _年配__患者さん_ での _原発__中枢神経系__リンパ腫__に対する_免疫`化学療法_( R-MCP_レジメン_ ) 11.09.05ta 

『 JCO 論文』 先行治療`経験`無しの_進行期_濾胞性`リンパ腫_に対する_R-CVP_レジメンへの bortezomib 追加は_安全的で_効果的 11.09.01tb 
『 JCO 論文』 再発した_、又は、_治療−抵抗性_ の _濾胞性`リンパ腫__に対する_bortezomib / bendamustine / rituximab_治療_ 11.09.01ta 
《項目追加》 現行治療3 :_びまん性`大細胞型`リンパ腫_の_治療 ≫ 進行期__ステージ_DLCL の_治療 11.09.18ma 
(↑2011年 9月)
『論文類』 バーキット_リンパ腫__に対する_CODOX-M/IVAC_治療_への rituximab 追加の評価 : _後ろ向き`方式__分析_ 11.08.10tc 
『論文類』 80 歳以上の_患者さん_での 攻撃的_B −細胞`性`リンパ腫_に対する_第一線`治療_としての_bendamustine / rituximab 11.08.10tb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _治療−抵抗性_の_リンパ腫__に対する__治療薬_として brentuximab を_認可_ 11.08.20na 
『 JCO 論文』 _原発_精巣_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_の R-CHOP、CNS 予防、反対側`精巣`照射による治療 11.07.09tc 
(ニュース冒頭) bortezomib の_併用_レジメン_ が _進行期__濾胞性`リンパ腫__に対し_効果的_ 11.08.03nc 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) _菌状息肉症__治療用_として mechlorethamine ゲル剤の NDA を申請 11.07.29ne 
(ニュース冒頭) _ワルデンストレーム`大グロブリン血症_の_第二線`治療_として FCR 併用レジメンを 推奨 11.07.27na 

《項目追加》 現行治療3 : びまん性`大細胞型`リンパ腫_の_治療_ ≫ 内科的__管理_の 概観 11.07.18ma 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が brentuximab の_リンパ腫_2 種への 適応 での _認可_を 支持 11.07.15nb 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _末梢 T-細胞リンパ腫_治療用_として Istodax 適応追加を_認可_ 11.06.21ne 
( ASCO ニュース冒頭) 攻撃的_B −細胞`性`リンパ腫_に 従来的_化学`免疫`療法_が_集中_治療 / 自家`幹細胞`移植より好結果 11.06.21nd 
( ASCO ニュース冒頭) _再発した_、又は、_治療−抵抗性__未分化`大細胞型`リンパ腫_に brentuximab vedotin が _効果的_ 11.06.18nh 

(ニュース冒頭) _マントル細胞`リンパ腫__に対し、rituximab が _利益_的 11.06.14na 
(↑2011年 6月)
『総説 標題』 _リンパ腫__に対する_能動的、及び、受動的_免疫`療法_ : 原理 の 証明、と、_結果の_改善_ 11.05.09te 
『総説 標題』 _リンパ腫__に対する__他家`移植_ 11.05.09td 
(ニュース冒頭) 英国 NICE 当局 が rituximab の__リンパ腫__に対する__維持療法_としての使用を 承認 11.05.26ne 
(ニュース冒頭)米国 FDA が ホジキン`リンパ腫_、未分化`大細胞型`リンパ腫__治療用_として bendamustine vedotin 申請を受理 11.05.14na 

《項目追加》 現行治療3 : びまん性`大細胞型`リンパ腫_の_治療 ≫ 背景 11.05.09ma 
(↑2011年 5月)
新資料:B−細胞`性`リンパ腫_の_治療《eMedicine資料 ご紹介》 11.04.26ma 
『JCO 論文』 自家`幹細胞`移植後_再発した_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_に対する_救助治療としての他家`幹細胞`移植 11.03.31tb 
『総説』 _マントル細胞`リンパ腫__に対する__標準的__治療_ が 存在すべきか? 11.03.29tb 
『JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__緩徐`進行性_非ホジキンリンパ腫、_マントル細胞`リンパ腫_の vorinostat_治療 11.03.19te 

『JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性_末梢 T-細胞リンパ腫_に対する_pralatrexate_治療 : _中軸的_PROPEL Study結果 11.03.19td 
《項目追加》 現行治療3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 抗−_腫瘍__薬 11.04.11ma 
(ニュース冒頭) _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_に 標準_用量_rituximab + _低用量_CHOP_レジメン_ が _効果的_ 11.04.09na 
『総説』 rituximab_治療−抵抗性_の_緩徐`進行性_B −細胞`性_非ホジキンリンパ腫_に於ける bendamustine の_有効性_ 11.03.08ta 
(↑2011年 4月)
《項目追加》 現行治療3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療_ ≫ …… ≫ NHL の_高用量`化学療法_の 前の_一般的 準備レジメン  11.03.31ma 

《項目追加》 現行治療3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 再発性攻撃的_非ホジキンリンパ腫に対する_救助_化学療法 11.03.25ma 
『JCO 論文』 びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_や_マントル細胞`リンパ腫__に対する_bortezomib + CHOP−rituximab_治療 11.02.22td 
《項目追加》 現行_治療_3 : B −細胞`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 攻撃的__リンパ腫_の_第一次的__治療_用 11.03.20ma 
(ニュース冒頭) _非ホジキンリンパ腫_に関する NCCN_ガイドライン_ での 重要な 変更事項 11.03.16nb 
《項目追加》 現行_治療_3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 攻撃的__病変`非`連続`性` ステージ_2/3/4 11.03.14ma 

《項目追加》 現行治療3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療_ ≫ …… ≫ 緩徐`進行、病変`非`連続_ステージ_2/3/4 成人_NHL 11.03.07ma 
(↑2011年 3月)
《記述追加》 現行_治療_3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 緩徐`進行性、病変`非`連続`性 ステージ_2/3/4… 11.02.24mb 
《項目追加》 現行_治療_3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 生物学`的`治療法 11.02.08ma 
(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫_の_第一線__維持療法_用として米国 FDA  が rituximab を_認可_ 11.02.01na 
(↑2011年 2月)
『総説』 成人 T-細胞_白血病_−リンパ腫 : 現在の_治療__戦略_ 、及び、 _新規な__免疫_学的 アプローチ 10.12.28tb 

《項目追加》 現行_治療_3 : B −細胞`性`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ _放射線`療法_ 11.01.26ma 
《項目追加》 現行_治療_3 : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療_ ≫ 背景 11.01.23ma 
『専門家インタビュー』 _非ホジキンリンパ腫_ : 新しい_治療薬__併用__レジメン_ 10.12.16tb 
『総説』 _NK-細胞`腫瘍_の_診断_と_管理_ 10.11.27ta 
(↑2011年 1月)
『総説』 _成熟型 T 細胞 、及び、 NK-細胞`リンパ腫の_治療_ 、及び、 _予後_ 10.11.20tb 

(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫_の_進行無し`生存_ が 2 年間の rituximab_維持療法_により_改善_ 10.12.23nd 
『 JCO 論文』 temsirolimus は _非−_マントル細胞 _非ホジキンリンパ腫_サブタイプ で_活性的_ 10.10.31te 
(ニュース冒頭) _無`症状`性の_濾胞性`リンパ腫__に対する_経過観察 に代わり、rituximab の_早期__投与_ 10.12.07nc 
『総説』 _濾胞性`リンパ腫_ : 現れつつある_治療__戦略_ 10.10.26ta 
(↑2010年 12月)
『 JCO 論文』 _菌状息肉症_ 、及び、 _セザリー症候群_を有する_患者さん_ での _他家`幹細胞`移植_ 10.10.10ta 

『JCO 論文』 治療−抵抗性_皮膚` T −細胞`リンパ腫に対する_romidepsin_治療 : 多施設、国際的_、中軸的_研究_の_最終結果 10.10.09td 
『 JCO 論文』 _濾胞性`リンパ腫_で_単剤_rituximab を 2 つの異なるスケジュールで受けたケース での _長期的_フォローアップ 10.10.09tc 
(↑2010年 11月)
『 JCO 論文』 TLR9 _作動薬_による_in situ ワクチン接種により、_リンパ腫_の_全身的__退縮_ : _フェーズ_1_/2_研究_ 10.10.01ta 
新資料:小児_患者さん_ での _非ホジキンリンパ腫_ 10.10.17ma 
《項目追加》 現行治療1 : 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ 再発性__リンパ腫_ の _治療_ 10.10.15ma 

『 JCO 論文』 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ での R-CHOP_化学療法_後 の _強化`治療__放射線`療法_の_利益_ 10.09.19tb 
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ ステージ_3、4の_大細胞`型`リンパ腫《未分化を含む》 10.10.03ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ ステージ_3、4の_バーキットリンパ腫_ 10.10.02mb 
(↑2010年 10月)
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ ステージ_3_、4の_リンパ芽球性`リンパ腫) 10.09.26ma 
『 JCO 論文』 _高リスク__未分化`大細胞型`リンパ腫_を 有する小児 、及び、 青年_患者さん_ での vinblastine による治療 10.08.31td 

《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ _副作用_ 10.09.25ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ 治療_の 実際 10.09.17ma 
『総説』 _新たに_診断_された__原発__中枢神経系__リンパ腫_ での _化学療法_ 10.08.24ta 
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ _他家`幹細胞`移植_ 10.09.06ma 
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_ の _皮膚` T −細胞`リンパ腫_に romidepsin 《 Istodax 》 が _活性的_ 10.09.01nb 
(↑2010年 9月)

《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ …… ≫ 自家`幹細胞`移植 10.08.30ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫≫_骨髄、及び、末梢血_幹細胞`移植_ ≫ 概観 10.08.30ma 
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫_モノクロナル抗体 10.08.28ma 
『 JCO 論文』 _非ホジキンリンパ腫__に対する__抗− CD22_分割`放射線`免疫`療法_による 高率の_持続的__奏効_ 10.08.09tb 
『 JCO 論文』 _多重_再発した__濾胞性`リンパ腫__に対する__T-細胞`除去`強度`低下`移植_→ドナー白血球 注入の 好結果 10.08.08tc 

《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ _化学療法_ 10.08.22ma 
『総説紹介文の存在』 ofatumumab : B −細胞`性の がん _治療薬_としての_新規な__抗− CD20_モノクロナル抗体_ 10.07.20tc 
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性__皮膚` T −細胞`リンパ腫_に対し、romidepsin が 「重要な_選択肢_」 10.08.13na 
(ニュース冒頭) _進行期__リンパ腫_ が TLR9 agonist ワクチン接種により 退縮 10.08.12nc 
(ニュース冒頭) _低_強度_レジメン_ が _年配__患者さん_ での _濾胞性`リンパ腫_で 移植を 可能にさせるとの_研究結果_ 10.08.10na 

《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ _放射線`療法_ 10.08.06ma 
『総説』 vorinostat : _皮膚` T −細胞`リンパ腫_ の _新規な__治療薬_ 10.07.14ta 
(↑2010年 8月)
『総説』 _緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫_ 、及び、 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_bendamustine による治療 10.07.06ta 
《項目追加》 現行_治療_1 : 小児_非ホジキンリンパ腫 ≫ _治療_の決定 10.07.25ma 
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された_小児_成熟`B-細胞__非ホジキンリンパ腫_、_バーキットリンパ腫__に対する_rituximab_治療_ 10.07.01tc 

(ニュース冒頭) _抗−ウィルス剤 が 成人 T-細胞_白血病/リンパ腫の_生存_を_改善_ 10.07.15nb 
『JCO 論文』 未_治療_低`グレード_濾胞性`リンパ腫_に対する_CVP_レジメン_→tositumomab/I-131 tositumomab_治療 10.06.19tb 
『 JCO 論文』 _再発した_/_耐性__濾胞性`_非ホジキンリンパ腫__に対する_rituximab_維持療法_ : _長期的__結果状況_ 10.06.11ta 
(↑2010年 7月)
『論文類』 _進行期__菌状息肉症/_セザリー症候群__に対する__全皮膚`電子線`照射_ + _骨髄`非破壊的__他家`幹細胞`移植_ 10.05.07tc 
(↑2010年 6月)
(ニュース冒頭) rituximab_維持療法_ が _リンパ腫_の_再発_を半減 10.05.27nc 

『論文類』 _先行治療`経験`有り の_T-細胞リンパ腫__に対する__単剤`治療_として の gemcitabine : _長期的__結果状況_評価 10.04.27tb 
『論文類』 皮膚` T −細胞`リンパ腫_の_患者さん_ での denileukin diftitox_治療_ : _フェーズ_3__プラセボ__比較`臨床試験 10.04.09td 
(↑2010年 5月)
『論文類』 びまん性大細胞型 B 細胞性`リンパ腫でR-CHOPレジメン不適ケースで短期間rituximab/化学療法→維持rituximab 10.03.26ta 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) _再発/治療−抵抗性__攻撃的__非ホジキンリンパ腫__に対する_pixantrone_治療_に関する米国 FDA 委員会状況 10.03.23nc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Pixantrone(非ホジキンリンパ腫治療用)審査の腫瘍_薬_諮問`委員会_を 3 月 22 日に 開催予定 10.03.05nf 

『論文類』 _非ホジキンリンパ腫__に対する__強度軽減`他家`幹細胞移植_の 前後 での _奏効評価、と、_結果状況_との関連性 10.02.05tf 
(↑2010年 3月)
(ニュース冒頭) 胃内 の H.pylori菌 根絶後、_早期__胃`リンパ腫__患者さんの 77。5パーセントで _寛解_達成 : メタ分析_ 10.02.26nf 
『総説』 _セザリー症候群_ の _治療_ 10.01.30te 
『論文類』 _濾胞性`リンパ腫_での rituximab 含有_導入__化学療法_後の_高用量_melphalan/_全身`放射線`照射_ + _幹細胞`移植 10.01.28ta 
(ニュース冒頭) bortezomib が 一定の_緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫_に 有効 10.02.05nb 

『論文類』 _マントル細胞`リンパ腫_、_緩徐`進行性_B 細胞性_リンパ`増殖性`疾患_ での flavopiridol/fludarabine/rituximab 10.01.17ta 
『論文類』 rituximab −_治療−抵抗性_、_緩徐`進行性_B 細胞性_非ホジキンリンパ腫__に対し、bendamustine が _効果的_ 10.01.13tc 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) _リンパ腫___治療用_ の 個別化ワクチンを 米国 FDA  が オーファン・ドラッグに 認定 10.01.15na 
『論文類』 _先行治療`経験`無し の__マントル細胞`リンパ腫__に対する__免疫`療法_/_自家`幹細胞`移植_ 09.12.18tc 
『論文類』 _鼻`節外`ナチュラル・キラー/ T −細胞`リンパ腫__に対する__同時`実施の__放射線`療法_ + cisplatin → VIPD 09.12.10tb 
(↑2010年 1月)

(ニュース冒頭) _マントル細胞`リンパ腫_ での _生存_を _自家`幹細胞`移植_ + Rituxan が _改善_ 09.12.30nb 
(ニュース冒頭) _再発した__濾胞性`リンパ腫__に対し、_縦並び実施の_自家−_他家`幹細胞`移植_ が 高度に_効果的_ 09.12.24nb 
『(−)結果 論文類』 T-細胞リンパ腫 での _高用量_CHOP + etoposide 《 MegaCHOEP 》による治療 09.11.25te 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_が_再発した_/_治療−抵抗性__非ホジキンリンパ腫__治療薬_pixantrone を審査予定 09.12.23ne 
『論文類』 _限局期_鼻`ナチュラル・キラー/ T −細胞`リンパ腫_に対する__同時`実施の__化学`放射線`療法_ 09.11.20te 

(ニュース冒頭) _緩徐`進行性__リンパ腫_ の _治療用_に bendamustine / rituximab が R-CHOP を置き換える可能性あり 09.12.10na 
『論文類』 _皮膚` T −細胞`リンパ腫__に対する__単剤`治療_として の romidepsin 《 _ヒストン`デアセチラーゼ`抑制薬_ 》 09.11.08ti 
『論文類』 再発/治療−抵抗性__緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫_に対する_lenalidomide_経口__単剤`治療_で_持続的__奏効_ 09.11.08th 
『論文類』 MAT 型_節外性`辺縁 B-細胞リンパ腫の_第一線、_全身的`治療_としての rituximab + _静注、又は、経口_fludarabine 09.11.07tb 
(↑2009年 12月)
『論文類』 _再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性__マントル細胞`リンパ腫__に対する_yttrium-90 ibritumomab tiuxetan 09.11.01tc 

『総説』 _バーキットリンパ腫_で_集中的__化学療法__レジメン_で_治療_された 40 歳超の_患者さん_ での _結果状況_ 09.10.22ta 
『論文類』 小児_患者さんでの_再発、又は、治療−抵抗性_未分化_大細胞`リンパ腫_の_救助治療_としての_単剤_vinblastine 09.10.18tg 
『論文類』 _再発、又は、治療−抵抗性_濾胞性`リンパ腫、又は、辺縁帯` B 細胞`リンパ腫_に対する_bortezomib/rituximab_治療 09.10.18tf 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _治療−抵抗性__皮膚` T −細胞`リンパ腫__治療薬_として romidepsin を_認可_ 09.11.07na 
(↑2009年 11月)
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性__非ホジキンリンパ腫_の_Zevalin による_治療_結果を Xcytrin が 改善 09.10.27na 

『論文類』 _非ホジキンリンパ腫__患者さん_ での _自家`幹細胞`動員のための Plerixafor + _顆粒球`コロニー`刺激`因子 09.10.02tf 
『総説』 _非ホジキンリンパ腫__に対する_移植_治療_ 09.09.29ta 
『論文類』 B 細胞性リンパ腫_に対する 2 スケジュール の _R-CHOP_レジメン_ + bortezomib による_治療_ 09.09.22ta 
『総説紹介文』 _B −細胞性 _非ホジキンリンパ腫__に対する_現れつつある_治療_《複数》 09.09.21tb 
(ニュース冒頭) _原発__中枢神経系__リンパ腫__に対する__高用量_methotrexate への cytarabine 追加 が _結果改善 09.10.10nd 

(ニュース冒頭) _節外性`辺縁 リンパ腫 の _治療用_として Zevalin が _活性的_ 09.10.07nd 
(ニュース冒頭) _原発__中枢神経系__リンパ腫__に対し、cytarabine + methotrexate が  より優れるとの_研究結果_ 09.10.07na 
(↑2009年 10月)
『論文類』 _マントル細胞`リンパ腫_ での _自家`幹細胞`移植_後の_分子`再発_の rituximab による_先制`攻撃`的__治療_ 09.09.09tf 
『論文類』 _再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_の_リンパ腫__に対する__pralatrexate_による T-細胞 がん での _活性_ 09.09.09te 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _末梢 T-細胞リンパ腫_治療薬_として Folotyn (pralatrexate) を_認可_ 09.09.26nc 

症例報告: 小児_患者さん_ での _未分化_卵巣_大細胞`リンパ腫_ 09.09.06tg 
『総説紹介文』 _血管内`大細胞型 B 細胞リンパ腫_の_病気現出 、及び、 _管理_ 09.09.02ta 
『論文類』 移植−不適当な_治療−抵抗性/再発_B 細胞性リンパ腫 での gemcitabine + oxaliplatin ± rituximab による治療 09.08.24tb 
(ニュース冒頭)米国 FDA_諮問`委員会_が再発/治療−抵抗性_の_末梢 T-細胞リンパ腫_治療用_に pralatrexate 加速認可_を勧告 09.09.04ne 
(ニュース冒頭) 米国 FDA 諮問委員会が _皮膚` T −細胞`リンパ腫__治療用_として romidepsin の_認可_を勧告 09.09.04nd 

『論文類』 _血管`免疫芽球性` T 細胞`リンパ腫《 AITL 》での 他家`幹細胞`移植_による_長期的_寛解__ :_後ろ向き`方式__研究 09.08.19tb 
(↑2009年 9月)
(ニュース冒頭) _非ホジキンリンパ腫_治療用として pixantrone の NDA 申請を 米国 FDA  が 受理 09.08.27nb 
『論文類』 _再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_の_マントル細胞`リンパ腫_ での temsirolimus 対 研究者`選択の_治療_の比較 09.08.10ta 
(ニュース冒頭) 再発、又は、治療−抵抗性__末梢 T-細胞リンパ腫 治療薬 pralatrexate を米国 FDA 委員会 が 審議予定 09.08.13nc 
『論文類』 治療−抵抗性_攻撃的_非ホジキンリンパ腫_の重度に先行治療`経験`有り ケースでの vincristine 硫酸リポソーム_注射 09.07.22th 

『論文類』 新たに_診断_された_原発__中枢神経系__リンパ腫_ での _血液`脳`関門`開放 + 動脈内 methotrexate −ベース_治療 09.07.17tf 
(↑2009年 8月)
『論文類』 _治療−抵抗性_/_再発性__非ホジキンリンパ腫_ での _ヒト化 _抗_− CD20 抗体_veltuzumab による_治療_ 09.07.10td 
『総説』_年配__患者さん_ での _非ホジキンリンパ腫_への_治療_アプローチ 09.07.01tc 
(総紹)_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_ での rituximab + _化学療法_(総説紹介文)09.06.17ta 
小児_患者さん_ での _バーキットリンパ腫_ : イスラエル での 経験(論文・報告)09.06.15tc 

『 FDA 安全性変更』 bendamustine HCl 《 Treanda 》が_潜在的_に_重症の_皮膚_反応を伴う可能性 09.07.02na 
(↑2009年 7月)
『総』 _セザリー症候群_ : _皮膚` T −細胞`リンパ腫_の 症例_研究_(総説)09.06.11ta 
(ニュース冒頭)_非ホジキンリンパ腫_治療薬 pixantrone の米国 FDA _認可_申請を完了 09.06.26nb 
(ニュース冒頭)_ASCO 2009 : _濾胞性`リンパ腫_ での _寛解_を rituximab 延長_治療_ が 伸長 09.06.17nb 
(ニュース冒頭) EHA 2009 より : everolimus が _非ホジキンリンパ腫_ 、及び、 _ホジキン`リンパ腫_に_活性的_ 09.06.17na 

『総』 _免疫能`正常な__患者さん_ での _原発__中枢神経系__リンパ腫_(総説)09.05.26ta 
『総』 _モノクロナル抗体_を超えて : _非ホジキンリンパ腫_ での 新しい治療薬《複数》(総説)09.05.25te 
_限局性_胃 _辺縁帯` B 細胞`リンパ腫《MALTタイプ》での H pylori 根絶の_長期的__結果状況(論文・報告)09.05.24ti 
(未達) _肝脾` ガンマ−デルタ T 細胞性`リンパ腫_ : _臨床病理的 特徴、及び、治療(論文・報告)09.05.24th 
( N 冒頭)びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_で epratuzumab+Rituxan の追加が効果的 09.06.02nh 

(ニュース冒頭)濾胞性`リンパ腫_ での 最初の_完全寛解__持続`期間_を BiovaxID が 伸長 09.06.02ng 
(↑2009年 6月)
小児_患者さん_での ALK−1_陰性_の_未分化`大細胞型`リンパ腫_での _原発_精巣 _病気現出(論文・報告)09.05.07td 
_非ホジキンリンパ腫_ での etoposide + methylprednisolone + _高用量_cytarabine + …(論文・報告)09.05.06tb 
(ニュース冒頭)_濾胞性`リンパ腫_ での _全体的`生存_を rituximab_維持療法_ が 改善 09.05.22na 
_HIV −関連`リンパ腫_ での 自家_幹細胞_移植(論文・報告)09.05.02tc 

進行期_濾胞性`リンパ腫での アントラサイクリン/fludarabine_レジメン_への rituximab追加(論文・報告)09.04.22tc 
_リンパ腫_で 中枢神経系_巻き込み が あるケース での リポゾーム_cytarabine の_有効性(論文・報告)09.04.22ta 
(↑2009年 5月)
(ニュース冒頭)_マントル細胞`リンパ腫_治療薬として lenalidomide が _活性的 09.04.24nd 
『総』 _非ホジキンリンパ腫_ での _血管新生_ 、及び、 _抗__血管新生__治療_(総説)09.04.03ta 
_B 細胞`非ホジキンリンパ腫_で Y-90 ibritumomab tiuxetan と BEAM、自家幹細胞移植の併用(論文・報告)09.04.01tc 

_進行期_緩徐`進行性_リンパ腫で CVPレジメン後の rituximab_維持療法が進行無し`生存_改善(論文・報告)09.03.31td 
_早期__節外性`_緩徐`進行性__眼付属器リンパ腫_ での Zevalin による_放射線__免疫`療法_(論文・報告)09.03.27ti 
(↑2009年 4月)
_マントル細胞`リンパ腫_ での _遅延`開始_の _初回`治療_ での _結果状況_(論文・報告)09.03.09tb 
( N 冒頭)米国 FDA  が _皮膚` T −細胞`リンパ腫_治療用に_フォトフェレーシスを_認可 09.03.25nb 
_先行治療`経験`有り の__リンパ腫_ での 9-aminocamptothecin による_治療_(論文・報告)09.03.02tg 

_再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_の_マントル細胞`リンパ腫_ での bortezomib_治療_(論文・報告)09.02.28te 
_抗生物質、化学療法_に_耐性の 早期_胃_辺縁帯`リンパ腫_での_放射線`療法_ での _完全奏効_(論文・報告)09.02.27tf 
_未分化`大細胞型`リンパ腫での methotrexate_投与_量の_髄腔内`治療_必要性へのインパクト(論文・報告)09.02.20td 
_濾胞性`リンパ腫_ での rituximab による_維持療法_ : 系統的な_レビュー_、メタ分析(論文・報告)09.02.18tb 
_原発−_皮膚`B 細胞`リンパ腫_ での rituximab_単剤`治療_ : _奏効_とフォローアップ(論文・報告)09.02.16te 

年配_患者さん_での_中枢神経系_リンパ腫_での 高用量_methotrexate + procarbazine + …(論文・報告)09.02.16td 
症例:治療−抵抗性_未分化`大細胞型`リンパ腫での vinblastineによる長期的 コントロール(症例報告)09.02.13tc 
症例:免疫能`正常_患者さんでの_原発−中枢神経系_未分化`大細胞型`リンパ腫_で有利的_結果(症例報告)09.02.13ta 
(↑2009年 3月)
_リンパ腫__治療_後 の 男性_患者さん_ での _性腺`機能_《 _化学療法_に主眼を置いて 》(論文・報告)09.02.10te 
『総』 _攻撃的__非ホジキンリンパ腫_の_治療_の_進歩 : 第 50 回 ASH 年次会議(総説)09.02.07ta 

『副』_高用量_methotrexate_治療_の間、及び、その後 での _腎臓_機能`不全_( 副作用 )09.02.03tk 
『総』 2008 年度の ASCO 年次会議 : _リンパ腫_、及び、_慢性`リンパ球性`白血病__の治療(総説)09.02.03tf 
_進行期__マントル細胞`リンパ腫_ での _全体的`生存_の改善状況(論文・報告)09.01.30td 
(ニュース冒頭)_末梢 T-細胞リンパ腫の_治療_ で pralatrexate による_利益_が継続 09.02.11na 
_節外性 の _NK / T-細胞`リンパ腫_に対する効果的な_第二線−化学療法_《 etoposide + …》(論文・報告)09.01.26tg 

_節外性の NK / T −細胞`リンパ腫、及び、白血病 での L-asparaginase −ベースの治療(論文・報告)09.01.26te 
『総』 低`グレード__非ホジキンリンパ腫_の_治療_に於ける _進歩 : 第 50 回 ASH 年次会議(総説)09.02.06tc 
(総紹)成人 T −細胞_白血病−リンパ腫の定義、予後因子、治療、及び、奏効基準 : 提案(総説紹介文)09.01.18tc 
多重再発`攻撃的`非ホジキンリンパ腫 での 強度軽減`他家`幹細胞移植_での 有利的な長期生存(論文・報告)09.01.18tb 
(↑2009年 2月)
(ニュース冒頭)非ホジキンリンパ腫治療用の 新しい、及び、新規な薬 : ASH 会議からの報告 09.01.27na 

末梢 T-細胞リンパ腫 での 第一線治療としての_自家‐幹細胞‐移植 : 前向き方式での研究(論文・報告)08.12.31tb 
『 FDA 安全性変更』 FDA が diftitox に関連した深刻な点滴反応 等に関し ラベル変更を承認 09.01.09nc 
『 FDA 安全性変更』米国 FDA が bendamustine 《 Treanda 》の安全性ラベル変更を承認 09.01.09nb 
リンパ腫で他家幹細胞移植 後に移植片対宿主病予防に sirolimus を受けた患者さんで生存改善(論文・報告)08.12.12td 
(↑2009年 1 月)
非ホジキンリンパ腫の患者さん での 低用量‐局所‐放射線療法への反応(論文・報告)08.11.27te 

(ニュース冒頭)治療抵抗性の皮膚 T 細胞リンパ腫の治療に romidepsin が 活性的 08.12.18ne 
( N 冒頭)びまん性 B 細胞性リンパ腫、慢性リンパ球性白血病で fostamatinib が 有用 08.12.18nd 
(ニュース冒頭)米国 FDA が plerixafor を自家幹細胞移植 での 幹細胞動員‐改善用に認可 08.12.18na 
(総紹)原発の胃の節外性リンパ腫 : 臨床的‐症状現出、診断、管理(総説紹介文)08.11.27ta 
再発性・治療抵抗性のリンパ腫に対するリスク‐調節の化学療法《 vinorelbine、… 》(論文・報告)08.11.25td 

(ニュース冒頭)再発性、又は、治療抵抗性の非ホジキンリンパ腫に Revlimid が 効果的 08.12.17nd 
(ニュース冒頭)緩徐進行性の B 細胞‐リンパ腫で新レジメンが骨髄毒性 低下 08.12.14nc 
(ニュース冒頭)マントル細胞リンパ腫 で 集中的‐化学療法 が 寛解期間を伸長との報告 08.12.13ne 
(ニュース冒頭) pralatrexate が 末梢 T-細胞リンパ腫の治療用として有望的 08.12.12ne 
(ニュース冒頭)非ホジキンリンパ腫の治療用に、Treanda が CHOP 化学療法 よりも低毒性 08.12.12nd 

(ニュース冒頭) ASH 2008 より : 新規な治療薬 が B 細胞‐非ホジキンリンパ腫で有望的 08.12.09nb 
(N 冒頭)FDAが bendamustineを治療抵抗性 緩徐進行性 B細胞性‐非ホジキンリンパ腫で認可 08.12.05nc 
(↑2008年 12 月)
再発性/治療抵抗性の攻撃的なマントル細胞リンパ腫 での rituximab + hyper − CVAD →…(論文・報告)08.11.10te 
非ホジキンリンパ腫 での epratuzumab + rituximab による持続的な完全奏効(論文・報告)08.11.10td 
非ホジキンリンパ腫 での 高用量の Y-90 ibritumomab tiuxetan + 縦連結の幹細胞~再注入(論文・報告)08.11.07tc 

進行期の濾胞性リンパ腫 での yttrium-90 ibritumomab tiuxetan 強化治療と無治療の比較(論文・報告)08.11.07ta 
(総紹)びまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 の 年配の患者さん での R-CHOP 治療の進歩(総説紹介文)08.10.22td 
( N 冒頭)劣ったリスクの濾胞性リンパ腫で CHOP − R、Zevalin、Rituxan 維持療法が効果的 08.11.12nb 
再発性、又は、治療抵抗性の攻撃的な非ホジキンリンパ腫 での lenalidomide 単剤治療(論文・報告)08.10.19td 
(ニュース) Treanda 《 Cephalon 社製 》 が リンパ腫で 米国 での 認可を取得 08.11.04nd 
(↑2008年 11 月)

( N 冒頭) FDA が denileukin diftitox 《 Ontak 》を皮膚 T 細胞リンパ腫治療用に認可 08.10.31na 
先行治療 未経験の進行期 濾胞性リンパ腫 での R-CVP レジメン対 CVP レジメンの比較(論文・報告)08.10.03ta 
再発性の緩徐進行性の B −細胞・マントル細胞リンパ腫 での bendamustine + rituximab 治療(論文・報告)08.09.21tb 
『コ冒頭』小児患者さん での 血液がん の治癒的な治療に於ける進歩(コメント記事冒頭)08.09.19tf 
『総』 肝臓のびまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫の Y90 微小球塞栓による治療(総説)08.09.19tb 

(ニュース冒頭)濾胞性リンパ腫の第一線 強化治療用に Zevalin の追補 生物製剤 申請 提出 08.10.04na 
(↑2008年 10 月)
症例: マントル細胞リンパ腫による軟膜リンパ腫症 での 髄腔内 rituximab で迅速 完全奏効(症例報告)08.09.03tc 
『総』 血液学的がん に対する最近の治療進歩 : リンパ腫に於ける分子標的治療薬の役割(総説)08.08.30tb 
再発性の緩徐進行性の B 細胞 非ホジキンリンパ腫 での 繰り返し I 131 rituximab(論文・報告)08.08.25ta 
(ニュース冒頭)再発性の非ホジキンリンパ腫に Genasense + Rituxan が 効果的 08.09.11nd 

原発の中枢神経系 リンパ腫 : 高用量化学療法 での 完全奏効後の強化治療の必要性について(論文・報告)08.08.21tf 
(ニュース冒頭)リンパ腫の再発後、2 度目の自家幹細胞移植が実施可能 08.09.05nc 
症例: 呼吸不全を引き起こしている原発の気管 リンパ腫(症例報告)08.08.18tc 
(↑2008年 9月)
(ニュース冒頭)マントル細胞リンパ腫に対し、自家幹細胞移植 は 治癒的か? 08.08.28ne 
( N 冒頭) Rituxan による維持療法 が 濾胞性リンパ腫 治療用として費用効果的との報告 08.08.27nd 

[紹存] B 細胞 非ホジキンリンパ腫 での モノクロナル抗体による治療(総紹存在)08.08.08td 
(ニュース冒頭)濾胞性リンパ腫 での 自家幹細胞移植 後に Zevalin が 効果的との報告 08.08.26nb 
(ニュース冒頭)皮膚 B 細胞リンパ腫の治療用として Zevalin が 効果的との報告 08.08.26nc 
新資料:皮膚リンパ腫の治療 基本的な資料 08.08.22ca 
《 連載 #13=完 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.19cb 

(ニュース冒頭)再発性の非ホジキンリンパ腫 で blinatumomab により腫瘍が縮小 08.08.23nb 
《 連載 #12 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.19ca 
《 連載 #11 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.18ca 
小児患者さん での 進行期 大細胞 非ホジキンリンパ腫 での dexamethasone + …(論文・報告)08.08.04tc 
《 連載 #10 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15cd 

《 連載 #9 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15cc 
《 連載 #8 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15cb 
《 連載 #7 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.15ca 
《 連載 #6 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.11ca 
『 FDA 安全性変更』 ibritumomab tiuxetan レジメン成分の rituximab に伴う点滴反応 08.08.14na 

《 連載 #5 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.10cb 
《 連載 #4 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.09ca 
《 連載 #3 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.08.08ca 
《 連載 #2 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.07.29ca 
症例: 血球貪食現象を伴う皮下脂肪織炎様 T細胞リンパ腫 : BFM-90 プロトコル で完全寛解(症例報告)08.07.21te 

再発性のマントル細胞リンパ腫 での 低用量、単剤の temsirolimus による治療(論文・報告)08.07.20tf 
濾胞性リンパ腫 での 再発時の rituximab や高用量治療《 + 自家幹細胞移植》のインパクト(論文・報告)08.07.20tc 
(↑2008年 8月)
未治療の低グレード B 細胞 非ホジキンリンパ腫 での cladribine 単独と併用レジメン比較(論文・報告)08.07.13td 
《 連載 #1 》 皮膚リンパ腫 の 治療 08.07.24ca 
『総』 非限局性のびまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 での 第一線治療(総説)08.07.12tb 

(ニュース冒頭)治療抵抗性の濾胞性リンパ腫 で ofatumumab が有望的との報告 08.07.25nb 
(総紹) MALT タイプの眼付属器リンパ腫の治療(総説紹介文)08.07.06ta 
(ニュース冒頭)治療抵抗性の濾胞性リンパ腫 で ofatumumab が有望的との報告 08.07.23nb 
『総』 濾胞性リンパ腫 での 放射性ラベル化・天然抗体、及び、治癒の見込みについて(総説)08.07.05tb 
(ニュース冒頭) BiovaxID ワクチン が 非ホジキンリンパ腫 での 病気無し生存を伸長 08.07.22nb 

血管内大細胞型 B 細胞リンパ腫の rituximab 含有化学療法による治療 の 後ろ向き方式研究(論文・報告)08.07.03ta 
びまん性 B 細胞性 非ホジキンリンパ腫の年配患者さん での doxorubicin、心臓毒性(論文・報告)08.07.01te 
進行期の濾胞性リンパ腫 での 免疫化学療法 + 生体内腫瘍細胞 除去 + 自家幹細胞移植(論文・報告)08.06.28tc 
マントル細胞リンパ腫 の 集中的な治療戦略 が より優れた結果をもたらすとは限らずとの報告(論文・報告)08.06.28tb 
成人 バーキットリンパ腫 での 高用量 化学療法、及び、免疫療法《 HIV 感染患者さんの場合》(論文・報告)08.06.23tf 

マントル細胞リンパ腫 での cladribine 単独と rituximab 併用 での 長期的な結果比較(論文・報告)08.06.23te 
未治療の年配患者さん での びまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 での CHOP + Zevalin 治療(論文・報告)08.06.20td 
(ニュース冒頭)難治性の皮膚 T 細胞リンパ腫 で ペギル化リポソーム doxorubicin が有効 08.07.05na 
(ニュース冒頭) GM-CSF が 濾胞性リンパ腫 での rituximab の効果増強との報告 08.07.04na 
(ニュース冒頭)濾胞性リンパ腫の維持療法用として Rituxan が 安全的 08.07.04nd 

( N 冒頭)再発性の濾胞性リンパ腫 で 強度軽減 他家幹細胞移植は治癒的な潜在力を持つか? 08.07.01nc 
(↑2008年 7月)
(ニュース冒頭)再発性の非ホジキンリンパ腫 で gemcitabine + rituximab + …が活性的 08.06.28na 
『総』 EBV ウィルスに伴うリンパ増殖性疾患 : 分類、及び、治療(総説)08.06.03td 
65 歳超の患者さん での 非ホジキンリンパ腫 での 高用量化学療法 + 幹細胞移植による治療(論文・報告)08.06.02te 
再発性の濾胞性リンパ腫 で GM-CSF が rituximab の効果を増強(論文・報告)08.05.30tg 

(ニュース冒頭) Genzyme 社 が Mozobil 《幹細胞採取用薬》の認可を欧米で申請 08.06.18nd 
(ニュース冒頭)マントル細胞リンパ腫 で temsirolimus が 活性との報告 08.06.17nc 
(ニュース冒頭) 80 歳以上の非ホジキンリンパ腫 患者さん での 治療結果につき ASCO で報告 08.06.13nd 
治療抵抗性・再発性の原発の中枢神経系・眼内リンパ腫 での 集中化学療法 + 幹細胞移植(論文・報告)08.05.19tb 
(↑2008年 6月)
RCHOP での 治療経験のあるびまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 での ICD レジメンによる治療(論文・報告)08.05.15ti 

成人 での 攻撃的な T-細胞リンパ腫 での 移植片 対 リンパ腫細胞 効果(論文・報告)08.05.10tc 
限局性の攻撃的な B 細胞性リンパ腫 での rituximab + CHOP + 病変部位への区域照射(論文・報告)08.05.10tb 
(未達) 再発性のびまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 での 経口の vorinostat(論文・報告)08.05.06td 
治療経験無しの末梢 T-細胞リンパ腫 での 集中的化学療法、と、後続の自家幹細胞移植(論文・報告)08.05.06tc 
再発性・治療抵抗性のリンパ腫 での PEP-C 経口レジメン《低用量 メトロノーム治療》(論文・報告)08.05.04tc 

『総』 末梢 T-細胞リンパ腫の治療 での ガイドラインを超えて : 新薬の開発(総説)08.05.01ta 
(総紹)緩徐進行性の非ホジキンリンパ腫 での cladribine(総説紹介文)08.04.25tf 
(ニュース冒頭) FDA が Rituxan に伴う点滴反応につきラベリング変更を承認 08.05.08na 
小児 T-細胞リンパ芽球性リンパ腫 での 急性リンパ性白血病戦略《放射線療法なし》での治療(論文・報告)08.04.20tj 
( N 冒頭) Treanda が 慢性リンパ球性白血病、非ホジキンリンパ腫 NCCN ガイドライン収載 08.05.06na 

斜台を巻き込んだバーキットリンパ腫の症例 : 臨床的、及び、検査的観察(論文・報告)08.04.15tb 
(↑2008年 5月)
非ホジキンリンパ腫 での 放射線療法・化学療法後の インターロイキン-2 投与の効果(論文・報告)08.04.13ta 
びまん性大細胞型リンパ腫 での 病変部位区域照射 + 高用量治療・自家幹細胞移植救助 治療(論文・報告)08.04.12tb 
症例: 大細胞 転換した菌状息肉症の間欠的 低用量の gemcitabine による治療(症例報告)08.04.11tg 
濾胞性リンパ腫 での fludarabine + mitoxantrone、と、後続の Y-90 ibritumomab tiuxetan(論文・報告)08.04.07td 

『総』 濾胞性リンパ腫の治療用としての rituximab(総説)08.04.07tc 
『コ標題』濾胞性リンパ腫の初回治療の最適化について(コメント記事標題)08.04.07tb 
原発の中枢神経系 リンパ腫 での単一センター での 長期的 治療結果分析(論文・報告)08.04.06td 
年配のびまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 患者さん での CHOP レジメン → Zevalin 治療(論文・報告)08.04.01tc 
原発の皮膚 CD30 陽性 未分化大細胞型リンパ腫の放射線療法による治療(論文・報告)08.03.31ta 
(↑2008年 4月)

慢性リンパ球性白血病、又は、小リンパ球リンパ腫 での fludarabine + rituximab →……(論文・報告)08.03.16tc 
『総標』マントル細胞リンパ腫に対する現行、及び、新規な治療(総説標題)08.03.12te 
症例: ステージ I E の子宮頸非ホジキンリンパ腫 で 温存手術を受け 妊娠に成功した例(症例報告)08.03.10th 
(ニュース)欧州医薬品当局が Zevalin の濾胞性リンパ腫 での 認可を支持 08.03.23na 
『総』 リンパ腫に対する拡大しつつある治療選択肢(総説)08.03.06td 

bcl-2 蛋白質発現のびまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 での 強化治療目的の自家幹細胞移植(論文・報告)08.02.29th 
濾胞性のグレード 3 のリンパ腫 で CHOP レジメンへの rituximab 追加で生存が改善(論文・報告)08.02.29tg 
(ニュース冒頭)非ホジキンリンパ腫の生存 が 過去 10 年間で上昇 08.03.12na 
(↑2008年 3月)
(総紹)非ホジキンリンパ腫 での イットリウム− 90 免疫治療の 早期組込み(総説紹介文)08.02.15tc 
(ニュース冒頭)ゴナドトロピン放出ホルモン作動薬が化学療法−誘発の卵巣障害を低下 08.02.21nb 

再発性、又は、治療抵抗性のマントル細胞リンパ腫 での enzastaurin による治療(論文・報告)08.02.05tc 
眼付属器 節外性辺縁 B-細胞リンパ腫《 EMZBL 》 での 第一線治療としての化学療法の有効性(論文・報告)08.02.05tb 
(ニュース冒頭)皮膚 T 細胞リンパ腫には他家幹細胞移植がベストの模様との報告 08.02.20na 
(ニュース冒頭) FDA が再発緩徐進行性の非ホジキンリンパ腫治療用に Treanda の NDA 受理 08.02.20nb 
『コ冒頭』乳房部のびまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫 : 別個区別的な病気か?(コメント記事冒頭)08.02.04te 

緩徐進行性、非濾胞性非ホジキンリンパ腫 での 化学療法 + 免疫放射線療法(論文・報告)08.02.04tb 
攻撃的な CD20 −陽性 B −細胞リンパ腫 の 年配の患者さん での CHOP-14 サイクル数の比較(論文・報告)08.01.31th 
全身的な非ホジキンリンパ腫の孤発中枢神経系 再発としての脳実質 巻き込み(論文・報告)08.01.31td 
攻撃的 CD20 −陽性非ホジキンリンパ腫 での DHAP-VIM-DHAP への rituximab 追加で結果改善(論文・報告)08.01.21tj 
(ニュース冒頭)中枢神経系リンパ腫 で 高用量 methotrexate が 長期的に奏効との報告 08.02.05nb 
(↑2008年 2 月)

(ニュース冒頭)高用量 methotrexate で 中枢神経系リンパ腫の 最高 20%が治癒との報告 08.01.29nb 
血管免疫芽球性 T 細胞リンパ腫 での 高用量治療 + 自家幹細胞移植(論文・報告)08.01.13td 
再発性などの緩徐進行性の非ホジキンリンパ腫 での 骨髄非破壊的 他家造血細胞移植(論文・報告)08.01.13tb 
rituximab 治療抵抗性の緩徐進行性・形質転換した非ホジキンリンパ腫 での bendamustine(論文・報告)08.01.13ta 
(ニュース標題)再発性の非ホジキンリンパ腫 で Zevalin + 高用量化学療法が生存を改善 08.01.17nb 

非ホジキンリンパ腫 での イットリウム-90 ibritumomab tiuxetan 追加の移植レジメン(論文・報告)07.12.30tf 
再発性、又は、治療抵抗性の原発の中枢神経系リンパ腫 での 救助治療としての topotecan 治療(論文・報告)07.12.30ta 
症例: 早期に診断され、全脳放射線療法で治療された脳リンパ腫症の一症例(症例報告)07.12.29td 
(ニュース冒頭)再発性の緩徐進行性の非ホジキンリンパ腫治療用に Treanda の NDA を申請 08.01.03nd 
(ニュース冒頭)大部分の皮膚 B 細胞リンパ腫《 CBCL 》に対して放射線療法が適切 08.01.03na 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

----- ホジキンリンパ腫(のみ の記事) -----


(↑2017年 10月)
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_pembrolizumab の _有効性_、及び、_安全性__ : __フェーズ_2_研究_ 1706302313 
『 JCO 論文』 早期−ステージ_ホジキン`リンパ腫 に於ける 最新の治療 の 長期的フォローアップ : _German Hodgkin Study Group HD7, HD8, HD10、及び、 HD11_臨床試験_の_アップデート_された_解析 1706211634 
(↑2017年 7月)

『 JCO 論文』 _ステージ_1_、及び、2_ホジキン`リンパ腫_ に於ける _早期_PET_反応_−適合_治療__ : __ランダム化_EORTC/LYSA/FIL H10_臨床試験_ の _最終的`結果 1705272321 
(↑2017年 6月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_idelalisib ( PI3K δ の _選択的な__阻害薬_ )_ : __フェーズ_2_研究_ 1705022300 
『 ASCO abstract 』 _自家`幹細胞`移植_を受ける_再発した、又は、治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__患者さん_ に於ける 移植`周辺_放射線`療法__ : __多施設__解析_ 1704161650 
『論文類(詳細原文)』 brentuximab vedotin_治療`挫折_後 の _古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_pembrolizumab による_プログラム`死 1_ブロック 1704141622 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _成人_、及び、_小児`患者さん での _古典型`ホジキン`リンパ腫__治療用_として Keytruda を_認可_ 1703291633 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Keytruda ( pembrolizumab )を_古典型`ホジキンリンパ腫__治療用_として_認可_ 1703152231 
(↑2017年 3月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__に対する_近年の_骨髄`破壊的_ 対 _強度軽減`他家`幹細胞移植__ : _〜(続く) 1612261658 
(↑2017年 1月)
『 JCO 論文』 _古典型`ホジキン`リンパ腫__患者さん_ に於ける brentuximab vedotin_治療`挫折_後 の pembrolizumab による PD-1 ブロック 1610272222 
(↑2016年 11月)
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性_の_ホジキン`リンパ腫__に対する__自家`幹細胞`移植_前の_導入`化学療法_として bendamustine / gemcitabine / vinorelbine が_ : _〜(続く) 1609181601 
『論文類』 _自家`幹細胞`移植_、及び、brentuximab vedotin の_両方が _治療`挫折_した後 の _古典型`ホジキン`リンパ腫__に対する_nivolumab_ : _〜(続く) 1609052241 

(ニュース冒頭) _長期的__疲労`消耗`感_ が _ホジキン`リンパ腫_の_克服者さん_を 悩ませる との研究結果 1609302238 
(↑2016年 10月)
(ニュース冒頭) ホジキンリンパ腫の_克服者さん_ は _心臓`血管`系_の 問題 への _リスク_が 高い との研究結果 1608301719 
『 JCO 論文』 _低リスク__小児__リンパ球`優位型`ホジキン`リンパ腫_の _最小限__治療_ : Children's Oncology Group からの_レポート_ 1607111511 
(↑2016年 8月)
『 JCO 論文』 ステージ_3〜4、_国際的`予後`スコア 3以上、_高リスク の ホジキン`リンパ腫_に対する_8 サイクルの ABVD 対 4 サイクル BEACOPP ( 引き上げ ) + 〜(続く) 1606032217 
『 JCO 論文』 _ステージ_3〜4の_ホジキン`リンパ腫__に対する__早期__中間_FDG-PET_使用_の_反応−適応_治療_ :Southwest Oncology Group S0816 ( US Intergroup Trial ) 1606031716 
(↑2016年 7月)

(ニュース冒頭)_ホジキン`リンパ腫_に於いて、陰性の PET スキャンが得られた後、bleomycin を省略可能であるとする_研究`結果_ 1606231639 
(↑2016年 6月)
『総説』 PD-1 阻害薬_は、_悪性__リンパ腫_の_管理_の 何処 に フィットするのか? 1604281646 
(ニュース冒頭) _低リスク__リンパ球`優位型`ホジキン`リンパ腫__に対しては、最小限_治療_で OK との研究結果 1605211704 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _ホジキン`リンパ腫__治療用_として Opdivo ( nivolumab )を_認可_ 1605191628 
『 JCO 論文』 _進行期__ホジキン`リンパ腫 を有する_未治療の__患者さん_ に於ける ABVD 、BEACOPP 、及び、COPP-EBV-CAD を_比較_した HD2000_臨床試験_ の _長期的`結果 1604051719 
(↑2016年 5月)

『 JCO 論文』 _ホジキン`リンパ腫_と_診断_された_患者さん_ に於ける _妊娠_と_再発__リスク_の 関連性 の 有無について 1602151706 
『 JCO 論文』 _ホジキン`リンパ腫__克服者さん_ での _冠動脈`疾患__リスク_ に於ける _放射線_用量_−_反応_関連性 1602141739 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) _妊娠により_ホジキン`リンパ腫__ の _再発_リスク_ が 高まることは 無い との研究結果 1512180013 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) brentuximab vedotin : _年配`患者さん での _ホジキン`リンパ腫__に対する__第一線__選択肢_ 1510061739 
(↑2015年 10月)
『 JCO 論文』 BEACOPP レジメン_で_治療_される_進行期_ホジキンリンパ腫__患者さん_ に於ける bleomycin、及び、vincristine の_用量`引き下げ_の_インパクト_ : 〜(続く) 1508032357 
(↑2015年 8月)

『論文類』 doxorubicin / bleomycin / vinblastine / dacarbazine_併用_ + _放射線`療法_で_治療_された_早期−ステージ__古典型`ホジキン`リンパ腫_では_監視`画像`検査_ の 必要は非常に_低_い 1506221739 
『 JCO 論文』 ステージ_1、又は、2の_局所`広範`性、かさ高の_縦隔ホジキン`リンパ腫に対する_ABVD / 放射線`療法_ 対 Stanford V_レジメンの比較 : _ランダム化_フェーズ_3__臨床試験〜(続く) 1506151735 
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫_の_治療_に於いて、bleomycin、や、vincristine を 中止しても_結果状況_に _影響_無し_との報告 1507041710 
(↑2015年 7月)
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫_の _治療_を 受けた 女性 での _妊娠可能性は 良好 との研究結果 1505282342 
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫__に対する__幹細胞`移植_後 の Adcetris による治療により_生存_ が _改善_ 1505092327 
(↑2015年 5月)

(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫_の_克服者さん_ に於ける 、_より高い__心臓`血管`系`疾患__リスク_ の _報告_ 1504282358 
『論文類』 _再発した、及び、_治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__に対する_順次`実施__PET −適合_救助《サルベージ》治療_( brentuximab vedotin →強化 ifosfamide / carboplatin / etoposide )〜 1503151742 
(↑2015年 4月)
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫__に対する__幹細胞`移植_後、_早期_の brentuximab vedotin により_進行無し`生存_ が _改善_ との研究結果 1503201724 
(ニュース冒頭) _リンパ腫_の_管理_に於ける _新_情報_ 1503031719 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) brentuximab vedotin は _ホジキン`リンパ腫_に於ける _最初の__救助《サルベージ》治療_となる 可能性あり との研究結果 1502201734 
(↑2015年 2月)

(ニュース冒頭) _早期−ステージ__ホジキン`リンパ腫_の_患者さん は_最適`未満の__治療_を 受けている_との報告《米国》 1501162216 
(ニュース冒頭) _早期__ホジキン`リンパ腫__に対しては、ABVD 化学療法_ が 引き続き_標準的`ケア_であるべきである との研究結果 1501012348 
(↑2015年 1月)
(ニュース冒頭) PD-1 _免疫`療法_ が _ホジキン`リンパ腫__に対し_有望的との _研究`報告_ 1412221710 
(ニュース冒頭) _移植後 Adcetris により、_ホジキン`リンパ腫__治療_が_改善_し、_新しい__標準的`ケア_となる可能性あり 1412162339 
(ニュース冒頭) Opdivo ( nivolumab ) が _再発した、又は、治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫_の_治療用_として_87% の 高_奏効率_ 1412111659 

(ニュース冒頭) _移植_後 の brentuximab vedotin による_維持`療法_により、_ホジキン`リンパ腫_の_高リスク__患者さん_での _進行無し`生存_ が _改善_ 1412081705 
(ニュース冒頭) PD-1 遮断_ が _血液`がん_の_領域_で 初期的な 好結果 1412072220 
『論文類』 再発 / 治療−抵抗性_ホジキン`リンパ腫で、_化学療法`耐性_は_高用量`化学療法 / _自家`幹細胞`移植_で 克服可能 1410272342 
(↑2014年 12月)
(ニュース冒頭) _早期__ホジキン`リンパ腫_の_患者さん_ での 10 年後_生存率_を_放射線`療法_ が _改善_ との研究結果 1410311743 
『論文類』 _ホジキン`リンパ腫_の_治療_後 の _膵臓がん__発生_リスク_ 1410052104 

(ニュース冒頭) _初期`反応_ が _ホジキン`リンパ腫__治療_の _最適化 の 助けになる との研究結果 1410221630 
『総説紹介文』 _混合`リンパ腫_の_病因_、_診断_、及び、_治療_ 1409151744 
『論文類』 ホジキン`リンパ腫_治療用としての ABVD ( 8 サイクル )対 BEACOPP ( 増量 4 サイクル≧ベースライン4 サイクル) 1409131759 
(↑2014年 10月)
(ニュース冒頭) 早期ホジキンリンパ腫での _最近の_研究_に於ける 生存`利益_により、、放射線`療法_の_必要性 議論 が 再燃 1409261725 
『論文類』 未分化`大細胞型`リンパ腫 / ホジキン`リンパ腫_に対する_brentuximab vedotin_治療_に伴う_進行性`多巣性`白質脳症 1408182315 
(↑2014年 9月)

『 JCO 論文』 早期_PET−陰性_ステージ1 / 2_ホジキン`リンパ腫_ での _放射線`療法_省略 は _早期_再発_リスク増_を 伴う 1404192344 
(↑2014年 5月)
『論文類』 _結節性`リンパ球優位性`ホジキンリンパ腫_に対する_rituximab_治療_ : _フェーズ_2_研究_の_成熟に達した__結果 14.03.17tc 
『 JCO 論文』 EBV LMP_標的__自家_細胞`毒性`的_T_リンパ球を受けた_リンパ腫__患者さん_ での _持続的__完全`寛解_ 14.03.10tb 
(↑2014年 4月)
(ニュース冒頭) Rituxan ( rituximab ) が _結節性`リンパ球優位性`ホジキンリンパ腫_に対し_活性的_ 14.02.27nc 
(↑2014年 2月)
(ニュース冒頭) Adcetris + PET −適合_救助《サルベージ》治療_ が 再発した / 治療−抵抗性_ホジキン`リンパ腫_で_効果的 14.01.07nb 

(ニュース冒頭) Adcetris が _ホジキン`リンパ腫_ での ABVD_レジメン_による_奏効率_を_改善_ 14.01.04na 
(↑2014年 1月)
『論文類』 限局`期_ホジキン`リンパ腫に対する_方式`併用`治療 対 ABVD_単独_治療_の_比較 : 個別_患者さん_データ_比較_ 13.12.05tb 
(ニュース冒頭) 新たに_診断_された_ホジキン`リンパ腫に対し、brentuximab vedotin + AVD_レジメン_ が _高度に__活性的 13.12.20na 
(↑2013年 12月)
(ニュース冒頭) ホジキン`リンパ腫に対し、BEACOPP レジメンのほうが ADVD レジメンよりも生存`利益ありとの研究結果 13.08.22na 
『 JCO 論文』 進行期−ステージ_ホジキン`リンパ腫の_患者さんに於ける 治療`関連_死亡: German Hodgkin Study Group の_分析 13.07.31ta 
(↑2013年 8 月)

『 ASCO abstract 』 縦隔`巨大`腫瘤`病変を伴う_進行期_ホジキン`リンパ腫に対する_用量 / 時間−_強化 ABVD_レジメン 13.05.26tb 
『 ASCO abstract 』 _再発した / 治療−抵抗性__古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_everolimus による治療 13.05.23tc 
(↑2013年 6 月)
『 JCO 論文』 _化学療法_後_完全`寛解_にある_ホジキン`リンパ腫_の_小児、及び、_青年_の_放射線`療法_無し での _治療_ 13.04.20tb 
(↑2013年 5 月)
『論文類』 _早期−ステージ__ホジキン`リンパ腫__に対する__略式 Stanford V_化学療法_ + _病変`領域`放射線療法_ 13.04.06ta 
(↑2013年 4 月)
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫__に対する__標準的__レジメン_ は _年配`患者さん では 不十分 との研究結果 13.03.21na 

『 JCO 論文』 局所`広範`性、及び、進行期_ホジキン`リンパ腫_に対する_ABVD_レジメン 対 Stanford V_レジメン ± 放射線`療法 13.02.21tb 
(↑2013年 3月)
『 JCO 論文』 _ホジキン`リンパ腫_に於ける _治療`関連_二次的__白血病_のリスク : Stanford 大学の_経験_ 13.02.10te 
『 JCO 論文』 _再発した_、及び、_治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__に対する_bendamustine による治療 : _フェーズ_2_研究 13.02.02td 
(↑2013年 2月)
『 JCO 論文』 HIV −随伴の__ホジキン`リンパ腫__に対する__ステージ−調整_治療_ : _前向き方式_多施設__研究_ 12.11.19ta 
(↑2012年 12月)
『論文類』 _早期−ステージ__ホジキン`リンパ腫__に対する_拡大野−、又は、_病変`領域−放射線療法 の _長期的__比較_ 12.11.04tb 
(↑2012年 11月)

『総説 標題』 _ホジキン`リンパ腫_、又は、_全身的__未分化`大細胞型`リンパ腫__に対する_brentuximab vedotin による治療 12.09.20ta 
『 JCO 論文』 _ホジキン`リンパ腫_ の _小児__患者さん_ での _化学療法_ + _放射線`療法_有り / 無し での _比較_ 12.09.11td 
(↑2012年 10月)
(ニュース冒頭) _欧州`医薬品`当局_ が brentuximab vedotin ( _ホジキン`リンパ腫 等_用 )と decitabine の_認可_を_勧告_ 12.07.24na 
『 JCO 論文』 _自家`幹細胞`移植_後 の _再発した_、又は、_治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__に対する_panobinostat _治療 12.06.18tc 
『 JCO 論文』 再発した、又は、治療−抵抗性_ホジキン`リンパ腫に対する_brentuximab vedotin : 中軸的__フェーズ_2_研究 12.06.18ta 
(↑2012年 7月)

(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫_の__いくらかの__小児__患者さん_では_放射線`療法_の 省略が_可能_ との研究結果 12.06.28nb 
(↑2012年 6月)
『論文類』 _進行期__高リスク_古典的_ホジキン`リンパ腫__に対する__増量 BEACOPP_レジメン_→_標準的_BEACOPP_レジメン_ 12.05.01tc 
(↑2012年 5月)
『 JCO 論文』 _早期__非−有利的な__ホジキン`リンパ腫__に対する__用量__強化_ 12.03.19ta 
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫__に対する_BEACOPP _レジメン_の 微調整( 原文通り ) 12.04.05na 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) _早期__ホジキン`リンパ腫__に対し、_化学療法_単独`治療_ が _効果的__との研究結果_ 12.02.11nb 
(↑2012年 2月)

『論文類』 放射線`療法_無し で 治療_された_小児_ホジキン`リンパ腫_克服者さんでの  低下した 二次_固形`腫瘍__発症_頻度 11.12.05ta 
(ニュース冒頭) _長期的__データ_ は _ホジキン`リンパ腫_ での _化学療法_だけ のほうを サポート 11.12.13nc 
(↑2011年 12月)
『 JCO 論文』 新たに診断された_進行期ホジキンリンパ腫に対する_ABVD 対 Stanford V 対 MOPP/EBV/CAD : _長期フォローアップ 11.11.10ta 
(↑2011年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _治療−抵抗性_の_リンパ腫__に対する__治療薬_として brentuximab を_認可_ 11.08.20na 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫_の 初回_治療_として BEACOPP_レジメン_ が _効果的_ 11.07.21na 

(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が brentuximab の_リンパ腫_2 種への 適応 での _認可_を 支持 11.07.15nb 
(↑2011年 7月)
(ASCO ニュース冒頭) 早期ステージ_ホジキン`リンパ腫_の かなりな割合で、限定的な治療により_治癒可能らしい_との研究結果 11.06.13na 
(↑2011年 6月)
(ニュース冒頭)米国 FDA が ホジキン`リンパ腫_、未分化`大細胞型`リンパ腫__治療用_として bendamustine vedotin 申請を受理 11.05.14na 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫_ での _放射線`療法_ + _化学療法_ の 利点に関する 論争再燃へ 11.02.17na 
(↑2011年 2月)
『専門家インタビュー』 _ホジキン`リンパ腫_ : 新薬 ブレークスルー 10.12.16ta 

新資料:_ホジキン`リンパ腫_の_治療_《eMedicine資料の ご紹介》 11.01.11ma 
《記述追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 再発した、又は、_原発_治療−抵抗性_の_病気 11.01.07mc 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 結節性`リンパ球`優位`型`ホジキン`リンパ腫 11.01.03mb 
(↑2011年 1月)
《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 進行期/_高リスク_ の _病気 10.12.30ma 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 概観 10.12.26ma 

《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 分子標的`治療`薬 10.12.22mc 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療__ ≫ …… ≫ 特定的な__レジメン 10.12.20ma 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ _化学療法_ 10.12.12ma 
(ニュース冒頭) _治療−抵抗性_ の _ホジキン`リンパ腫_に対し、brentuximab が 「驚くべき」 _奏効_ 10.12.09na 
(ニュース冒頭) 早期_ホジキン`リンパ腫_に対し、用量_引き上げ BEACOPP レジメンは ABDV レジメンよりも 優れるとの研究結果 10.12.08na 
(↑2010年 12月)

《記述追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療__ ≫ …… ≫ _化学療法_ 10.11.28md 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ _放射線`療法_ 10.11.21ma 
(ニュース冒頭) _再発した_/_治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__に対し、panobinostat  が _有望的_ 10.11.10nd 
《項目追加》 現行_治療_3 : _ホジキン`リンパ腫_の_治療 ≫ …… ≫ 治療_の 原則 10.11.06mb 
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫__に対しては、_標準的__レジメン_ が 依然として最も_効果的_ 10.11.05na 

(ニュース冒頭) _再発した__ホジキン`リンパ腫_の_治療薬_brentuximab  が 発売 間近 の 段階 10.11.04nd 
『総説』 _早期__ステージ__ホジキン`リンパ腫__に対する_低下`強度_治療_ 10.10.05ta 
(↑2010年 11月)
『 JCO 論文』 _早期__非−_有利的な__ホジキン`リンパ腫__に対する_強化_化学療法_ 、及び、 _用量−引き下げ IFRT_治療_ 10.09.19td 
(ニュース冒頭) _ホジキン`リンパ腫__治療_の_フェーズ_3__臨床試験_で brentuximab vedotin が 好結果 10.10.02nb 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) _早期__ホジキン`リンパ腫__に対し、強度−低下_治療_ が _効果的_である可能性 10.08.28nc 

『 JCO 論文』 小児_ホジキン`リンパ腫_の少年_患者さん_ での procarbazine 無し OEPA-COPDAC と、_標準的_OPPA-COPP の同等性 10.08.08ta 
(ニュース冒頭) _早期__ホジキン`リンパ腫_ での _早期__治療_強度 引き下げへの 試み 10.08.15na 
(ニュース冒頭) _早期_ホジキン`リンパ腫_治療用に、 より少サイクルの_化学療法_と より少量の_放射線`療法_で同様な結果 10.08.12nd 
(↑2010年 8月)
(ニュース冒頭) _進行期__ホジキン`リンパ腫__に対し、_放射線`療法_ が 有用で 有り得るとの__研究結果_ 10.06.23nb 
(ニュース冒頭) _早期__ホジキン`リンパ腫__に対し、_低用量__治療__レジメン_ が 新しい_標準的_ケア 10.06.16nb 

『論文類』 _進行期__ホジキン`リンパ腫_の_患者さん_ での epoetin alfa  10.05.03td 
(↑2010年 6月)
(ニュース冒頭) epoetin alfa が _進行期__ホジキン`リンパ腫_ での 赤血球`輸血を 限定 10.04.10nc 
『論文類』 _局所的`重度_ 、及び、 _進行期_の_ホジキン`リンパ腫__に対する_Stanford V program による治療 10.02.23tf 
『論文類』 _進行期_ホジキンリンパ腫__に対する_ABVD_化学療法_での_結果状況_に 初回_用量_強度は 限定的なインパクト 10.02.23te 
(↑2010年 4月)
『論文類』 _早期__ステージ_、リンパ球`優位性`ホジキン`リンパ腫_ : _長期的_フォローアップ での _患者さん__結果状況_ 10.01.01tb 

『論文類』 _進行期__高リスク__ホジキン`リンパ腫__に対する_2 サイクル_増量 BEACOPP → 4 サイクル ABVD による治療 09.12.20ta 
『論文類』 _ホジキン`リンパ腫_の 青年_患者さん_の 成人用プロトコル での _治療_ 09.12.18ta 
『総説紹介文』 _ホジキン`リンパ腫_ の 治癒について : 量 と 質 09.12.03td 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _早期__ステージ__ホジキン`リンパ腫_ での 新しい 標準ケア を 発表 09.12.23na 
(ニュース冒頭) _リンパ球`優位性`ホジキン`リンパ腫_ が _放射線`療法_単独_治療_に良好に_反応_ 09.12.05na 

『論文類』 _進行期_ホジキンリンパ腫__に対する__治療_としての Stanford V_レジメン_対 ABVD_レジメン_の比較 09.11.08tf 
(↑2009年 12月)
『論文類』 進行期_ホジキンリンパ腫_に対する_増量−用量_BEACOPP レジメン_治療 : GHSG HD9 Study の 10 年間フォローアップ 09.09.25tb 
(↑2009年 10月)
(ニュース冒頭) 小児・青年 での _再発した__ホジキン`リンパ腫__に対し _他家`幹細胞`移植_ が 有用的 09.09.25ni 
(↑2009年 9月)
『論文類:副作用』 _ホジキン`リンパ腫_克服者さん での 心臓弁`機能障害 、及び、 左心室`変化 : _縦軸長期的な__研究_ 09.08.15tc 
(↑2009年 8月)
『総説』 _再発_した_ホジキン`リンパ腫_ での 最適な_治療_ 09.07.15ta 

『論文類』_ホジキン`リンパ腫_の_放射線`療法__後に発症の_乳がん_ での _臨床的__結果状況_ : _症例・対照`_分析__ 09.07.04ta 
(ニュース冒頭) 小児_ホジキン`リンパ腫_ での _長期的__毒性_を新しい_治療_ が 減少 09.07.18na 
(↑2009年 7月)
(ニュース冒頭) EHA 2009 より : everolimus が _非ホジキンリンパ腫_ 、及び、 _ホジキン`リンパ腫_に_活性的_ 09.06.17na 
(ニュース冒頭)_早期__非−有利的な__ホジキン`リンパ腫_で 強化 BEACOPP が より好結果 09.06.10nd 
(↑2009年 6月)
『総』 _ホジキン`リンパ腫_ での _救助《サルベージ》治療_(総説)09.04.27tc 
(↑2009年 5月)

( N 冒頭)米国 FDA  が 新薬 SGN-35 につきホジキンリンパ腫_治療_用に迅速審査を認定 09.04.08nb 
_再発性/治療−抵抗性_の_ホジキン`リンパ腫での_毎週 1 回の_gemcitabine + vinorelbine(論文・報告)09.03.20tc 
(↑2009年 4月)
_進行期_ホジキンリンパ腫_の_初回`治療_として ABVD 対 BEACOPP 対 CEC 各_レジメン_の比較(論文・報告)09.02.08te 
(↑2009年 2月)
_ナイメーヘン染色体‐不安定‐症候群の患者さん での ホジキンリンパ腫の成功的な治療(論文・報告)09.01.06te 
再発性/治療抵抗性のホジキンリンパ腫 での 単回、又は、縦並び実施の自家幹細胞移植(論文・報告)08.12.20tb 
(↑2009年 1 月)

高リスクのホジキンリンパ腫 での 早期の治療強化 対 遅れての治療強化の比較(論文・報告)08.12.06tc 
(↑2008年 12 月)
限局ステージのホジキンリンパ腫 での 併用治療の成分としての局所リンパ節~放射線療法(論文・報告)08.11.07tb 
『総』 ホジキンリンパ腫 : 現行の治療戦略、及び、新規なアプローチ(総説)08.10.24ta 
(↑2008年 11 月)
(−結果) 再発性、又は、治療抵抗性のホジキンリンパ腫 での bortezomib + gemcitabine(論文・報告)08.09.26th 
(ニュース冒頭)化学療法に耐性のホジキンリンパ腫に高用量治療 + 幹細胞移植が有用 08.10.02na 
(↑2008年 10 月)

化学療法に耐性のホジキンリンパ腫 での 高用量治療 + 自家幹細胞移植(論文・報告)08.09.07te 
(↑2008年 9月)
(ニュース冒頭)再発性・治療抵抗性のホジキンリンパ腫に自家幹細胞移植が効果的 08.07.29na 
(↑2008年 7月)
ステージ IA、IIA のホジキンリンパ腫 での ABVD + 放射線療法、と、EVE + 放射線療法比較(論文・報告)08.04.01tb 
ホジキン病の全年齢の患者さんでの改善中の長期的な生存、と、最近の年配患者さんの追付き(論文・報告)08.03.18ta 
(↑2008年 4月)
再発性、又は、治療抵抗性のホジキンリンパ腫 での gemcitabine −含有レジメン での 治療(論文・報告)08.02.10td 

以前に化学療法 + 高用量放射線療法で治療されたホジキンリンパ腫での 20 年後の状況(論文・報告)08.02.04ta 
再発性、又は、治療抵抗性のホジキンリンパ腫 での gemcitabine + rituximab による治療(論文・報告)08.02.03tg 
(ニュース冒頭)一定のタイプの再発性のホジキンリンパ腫に rituximab が有効 08.02.14na 
再発性、又は、治療抵抗性のホジキンリンパ腫 での ミニ移植、と、伝統的幹細胞移植の比較(論文・報告)08.01.19td 
(↑2008年 2 月)
再発性のリンパ球優位性 ホジキンリンパ腫 での rituximab 治療 : 長期的な結果(論文・報告)08.01.01ta 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

*****多発性骨髄腫*****



(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _血液`がん_ に 対する _免疫`療法_の_臨床試験_に於いて _治験`中止_措置を 拡大 1709132348 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫_ での pembrolizumab の_臨床試験_について 警告 1709021715 
(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) _進行期__多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_に於いて、Empliciti + Revlimid による治療 が 4 年間 _フォローアップ_でも_長期的__利益_ 1707152343 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫__に対する_Merck 社 による _併用__治療_ の _臨床試験__に対し、_治験`停止`措置_を 指示 1707072335 
(↑2017年 7月)

(ニュース冒頭) denosumab が _多発性`骨髄腫__骨`疾患__に対し_利益的_ との研究結果 1706281713 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する__治療用_として pomalidomide、及び、dexamethasone との_併用_で Darzalex ( daratumumab )を_認可_ 1706242341 
(ニュース冒頭) Merck 社 が _多発性`骨髄腫_ に於ける Keytruda をテスト中の 2 件の_晩期_ステージ__研究_を 休止へ 1706161702 
『論文類(詳細原文)』 _幹細胞`移植__非−適格_の_新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_ に於ける lenalidomide / _低用量_dexamethasone、又は、〜(続く) 1705171706 
(↑2017年 6月)
『 JCO 論文』 _再発した and / or 治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_ に於ける _治療`結果状況_ の _系統的__文献__レビュー_、及び、_ネットワーク`メタ解析_ 1704212333 
(↑2017年 5月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Revlimid の 適応を _多発性`骨髄腫__に対する__自家`幹細胞`移植_に続いての_維持`療法_に 拡大 1703282241 
『総説』 _多発性`骨髄腫_ に於ける _二次`原発`がん__ : __概観、及び、IMWG コンセンサス 1703051619 
(ニュース冒頭) _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_に於いて、Kyprolis が Velcade に_比較_して_有意に__全体的`生存_を_改善_ 1703221657 
(ニュース冒頭) 3 月は_多発性`骨髄腫_認識 の 月である_ : __最近の__進歩_について 学ぼう。(ほぼ原題通りの表現です) 1703212315 
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_ での _治療_施設`容量( ボリューム )、と、_死亡`率_との_関連性_ 1702182256 

(ニュース冒頭) _再発した、又は、治療−抵抗性___多発性`骨髄腫__に対し、「 DaraLenDex 」_併用`レジメン_ が ベスト との研究結果 1703071652 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _自家`造血`幹細胞`移植_後 の _多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_のための_維持`療法_として Revlimid ( lenalidomide )の適応を 拡大 1702282259 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) _くすぶり型`骨髄腫__に対する__早期_治療_により_長期的_結果状況_ が _改善_ 1702032239 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) Velcade / Revlimid / dexamethasone_ : __新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__に対する__新しい__標準的`ケア_ 1701311717 
『総説紹介文』 _多発性`骨髄腫_の _治療_に、elotuzumab、及び、daratumumab を いかに 組み込むべきか 1612251517 

『論文類』 _多発性`骨髄腫__に対する__自家`造血`幹細胞`移植_後 の _維持`療法_lenalidomide の _より長い__持続`期間_による_生存`期間__伸長_ 1612121551 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) _ミエローマ_ に於ける _移植_に関する_最大の__臨床試験__ : _( _標準的`ケア_以上の )追加 は 不要 1612161702 
『 JCO 論文』 スタチン は _多発性`骨髄腫_ に於ける _死亡`率__低下_と 関連 1611122230 
『 JCO 論文』 _再発した__多発性`骨髄腫__に対する_carfilzomib / lenalidomide / dexamethasone 対 lenalidomide / dexamethasone を_比較_した_フェーズ_3_ASPIRE 臨床`試験_からの〜(続く) 1611071634 
(↑2016年 12月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Darzalex ( daratumumab ) の _多発性`骨髄腫_への 追加適応を_認可_ 1611291636 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Darzalex ( daratumumab )を、2 つの_標準的`ケア_レジメンとの_併用で、少なくとも_1 つの_先行`治療_を 受けた_多発性`骨髄腫__患者さん の 治療用として_認可 1611251721 
『論文類』 _再発性_ / _治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する_filanesib + bortezomib + dexamethasone_ : __フェーズ_1__用量`漸増`研究_ 1610231642 
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫__に対する_lenalidomide / _低用量_dexamethasone、又は、melphalan / prednisone / thalidomide による治療の_アップデートされた__結果状況_、及び、〜(続く) 1610151823 
(↑2016年 11月)
『解説』 _幹細胞`移植_ が 引き続き_多発性`骨髄腫__に対する__選好される__治療_であるべきである との研究結果 1609241705 
(ニュース冒頭) HOVON _臨床試験__ : __多発性`骨髄腫_の_治療_として、_新規な__薬_よりも_自家`幹細胞`移植_のほうが _依然として__より優れている との研究結果 1610142232 

(ニュース冒頭) daratumumab + lenalidomide / dexamethasone_ : _「傑出した」_ミエローマ__治療__併用__レジメン_ 1610071644 
(↑2016年 10月)
(ニュース冒頭) Amgen 社 の _多発性`骨髄腫__治療薬_ が _新しい_患者さん_ での _研究_で_失敗_ 1609301657 
(ニュース冒頭) スタチン が _多発性`骨髄腫_に於いて _利益的_である との研究結果 1609231651 
『論文類』 高リスク_くすぶり型`多発性`骨髄腫に対する_lenalidomide / dexamethasone 対 _経過`観察_ : _QuiRedex( ランダム化、コントロール、フェーズ3_臨床`試験_の_長期的_フォローアップ ) 1608122233 
(ニュース冒頭) daratumumab が _多発性`骨髄腫_ での _進行無し`生存_を_改善_ 1609031521 
(↑2016年 9月)

(ニュース冒頭) Darzalex が _重度に_先行治療`経験`有り の__多発性`骨髄腫__に対し_効果的_ 1607081654 
(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_に於いて、lenalidomide_併用_ が より古い_3剤`併用`レジメン_よりも 好結果 との研究結果 1606301717 
(↑2016年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) lenalidomide _維持`療法_が_多発性`骨髄腫__に対する__自家`幹細胞`移植_後 の 「明確な_標準的`ケア_」であるとする_メタ解析__結果_ 1606281635 
(ASCO ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する__新しく_認可_された ixazomib を_使用_した_新しい__3剤`併用`レジメン_ 1606231621 
(ニュース冒頭) _メラノーマ_ に於ける 「新しい時代」を 先触れする _最新の_daratumumab_臨床試験__結果_ 1606141640 

( ASCO ニュース冒頭) daratumumab_併用`治療_ : _多発性`骨髄腫_ に於ける _新しい__標準的`ケア_(原題通りの表現です) 1606071725 
(↑2016年 6月)
(ASCO ニュース冒頭) _ミエローマ__に対しては、_移植_ が _依然として__最良の__まず最初の__治療`選択肢_である との研究結果 1605201652 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する__最初の_全_経口__3剤`併用`レジメン_の 成分としての ixazomib 1605031631 
(↑2016年 5月)
(ニュース冒頭) Aplidin が _多発性`骨髄腫_ に於ける _進行無し`生存_を_改善_ 1604232151 
(ニュース冒頭) NCCN が _多発性`骨髄腫__ガイドライン_に 大きな 変更 1604051655 
(↑2016年 4月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Evomela ( melphalan_注射用 )を_多発性`骨髄腫__治療用_として_認可_ 1603161712 
『論文類』 _多発性`骨髄腫_ での bortezomib 家庭_投与 は コスト_効果的_で、_患者さん_ が _病院_投与_よりも _選好_ : _前向き方式__単一`センター__研究_ の _結果_ 1602182251 
(ニュース冒頭) _重度に_先行治療`経験`有り の__多発性`骨髄腫__に対し、Farydak ( panobinostat ) が _結果状況_を_改善_ 1603111702 
(↑2016年 3月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する_carfilzomib / dexamethasone 対 bortezomib / dexamethasone : ENDEAVOR ( _ランダム化、フェーズ3_、ラベル`明示_〜(続く) 1601031720 
『論文類』 _多発性`骨髄腫__に対する__化学療法_ + lenalidomide 対 _自家`移植_ 、と、 それに続いての lenalidomide / prednisone 対 lenalidomide_維持`療法_ : 〜(続く) 1512021700 

(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫__に対しては、Kyprolis ( carfilzomib )のほうが、Velcade ( bortezomib )よりも より_効果的_である模様 1602101719 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA は _再発性__多発性`骨髄腫__治療用_として Kyrpolis / dexamethasone_併用`治療_を_認可_ 1601311702 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した、又は、治療−抵抗性_の_多発性`骨髄腫__に対する__治療用_として Kyprolis ( carfilzomib )の_新しい__併用__治療_を_認可_ 1601271712 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Amgen 社 の Kyprolis ( carfilzomib )を_多発性`骨髄腫__治療用_として 完全_認可_ 1601261659 
『 JCO 論文』 _ミエローマ__に対する_3 種類の bortezomib −ベース_レジメン_の_比較_ : _米国_ での _コミュニティ_−ベース_フェーズ3 B_臨床試験_ 1511222343 
(↑2016年 1月)

(ニュース冒頭) carfilzomib が _治療−抵抗性_の_多発性`骨髄腫_に於いて _有用的_ 1512251732 
(ニュース冒頭) Revlimid / dexamethasone への Velcade の 追加により、_新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_ での _生存 が 改善_ 1512192357 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫__治療用_として Empliciti ( elotuzumab )を_認可_ 1512100018 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する__最初の__経口__3剤`併用`レジメン_の 成分としての ixazomib 1512091645 
(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__ミエローマ_に於いて、3 剤_併用`治療_ が _今や__標準的`治療_ 1512082358 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫__治療用_として Empliciti ( elotuzumab )を_認可_ 1512011710 
(↑2015年 12月)
『総説』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_を有し、_ベースライン_ での _リスク`因子_を有する_患者さん_ での _carfilzomib、及び、pomalidomide による治療 1511011741 
(ニュース冒頭) _米国 FDA _ が _多発性`骨髄腫__治療用_として Ninlaro を_認可_ 1511241727 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫__治療用_として Ninlaro ( ixazomib )を_認可_ 1511211722 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`有り の__多発性`骨髄腫__に対する__治療用_として Darzalex ( daratumumab )を_認可_ 1511171723 

『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する__救助《サルベージ》治療_目的 の _持続点滴__化学療法`レジメン_ の _比較_ 1510121752 
(↑2015年 11月)
『論文類』 _多発性`骨髄腫_を有する_年配`患者さん に於ける _造血`幹細胞`移植_の _実社会_ に於ける _有効性_ 1509120020 
(ニュース冒頭) _ミエローマ__に対する__自家`幹細胞`移植_のための_移植前`処置_レジメン_として の busulphan / melphalan で_有望的な__結果_ 1510021727 
(ニュース冒頭) 70 歳以上 の _再発した__ミエローマ__患者さん_のための carfilzomib_3剤`併用`レジメン_ 1510021711 
(ニュース冒頭) carfilzomib 含有_4剤`併用`レジメン_ が _ミエローマ__導入治療_として_忍容`可能的 である模

(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_の_治療薬_を 選ぶ場合には、_年齢_だけでなく、_虚弱性 を 考慮すべきであるとする_研究`結果_ 1509292311 
(↑2015年 10月)
(ニュース冒頭) daratumumab が _多発性`骨髄腫_で_効果的_ との研究結果 1509171720 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Takeda 社 の ixazomib_に対し、_再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__治療用_として_優先`審査_を_賦与_ 1509161650 
(ニュース冒頭) _免疫`療法_daratumumab が _薬剤`抵抗性__多発性`骨髄腫_の_患者さん_に _利益的_ 1509052353 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫__治療用_としての Empliciti (elotuzumab) の_生物学的`製剤`承認`申請_を_優先`審査_のために_受け入れ 1509030009 
(↑2015年 9月)

(ニュース冒頭) daratumumab が _治療−抵抗性_ミエローマ__に対し、「_印象的な_」_活性_を 示す_との報告 1508281726 
(↑2015年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Kyprolis ( carfilzomib )を_再発した__多発性`骨髄腫_の_患者さん_のための_併用`治療_用として_認可_ 1507260013 
(ニュース冒頭) _開発`段階 の _T 細胞`レセプター`治療_により、_多発性`骨髄腫_で_勇気づける的_な_臨床的`反応_ 1507230013 
(ニュース冒頭) Takeda 社 が _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する__治療用_として ixazomib の_新薬`申請( NDA )_を _申請_ 1507211753 
(ニュース冒頭) より_高い_年齢_ は _多発性`骨髄腫__に対する__幹細胞`移植_への 障害には ならない との研究結果 1507040017 
(↑2015年 7月)

(ニュース冒頭) _新しい__多発性`骨髄腫__治療__レジメン_( lenalidomide + _低用量_dexamethasone ) が _年配`患者さん でも_効果的_ 1506231711 
(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫__に対する__新しい_「 クラス最良の_薬_ 」( 原文通りの表現 ) : carfilzomib  1506171754 
『解説』 _リンパ腫_、及び、_多発性`骨髄腫__に対する__新しい__治療_への ハイライト 1505121758 
( ASCO ニュース冒頭) lenalidomide で_治療_される_多発性`骨髄腫__患者さん_は _幹細胞`移植_を 必要としない との研究結果 1506111633 
(ニュース冒頭) Janssen 社 が _多発性`骨髄腫_の_治療用_として、daratumumab に関する BLA _申請_ の ローリング提出を 開始 1506091738 

( ASCO ニュース冒頭) _フェーズ_3_研究_により、_多発性`骨髄腫__患者さん_ に於ける lenalidomide_維持`療法_の_利益_を 確認 1506060003 
( ASCO ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_ に於ける _新薬_、daratumumab _への_前例の無い__反応_ 1506031727 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) _骨髄_から 採取した_T 細胞_による_多発性`骨髄腫_の_治療_ 1505290000 
(ニュース冒頭) elotuzumab が _多発性`骨髄腫__に対する_新たな_免疫`療法_アプローチ_を _提供_ 1505161811 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫__に対し、Kyprolis の Velcade_に対する_優越性を 示した_研究`結果_ 1504271752 
(↑2015年 4月)

(ニュース冒頭) Farydak の_認可_により、_多発性`骨髄腫__に対し_もう一つの__治療`選択肢_ 1502262351 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が、 lenalidomide の _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__患者さん_ の _治療用 として の 適応拡大 を_認可_ 1502261739 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Farydak ( panobinostat )を_多発性`骨髄腫__治療用_として_認可_ 1502241710 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Revlimid ( lenalidomide ) / dexamethasone_併用_ の 適応を _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_へ 拡大  1502221716 
『論文類』 先行治療`経験`無し の_多発性`骨髄腫_に対する_ixazomib《 経口プロテアソーム阻害薬 》 + lenalidomide / dexamethasone : _ラベル`明示__フェーズ_1 / 2_研究_ 1501251718 

『総説』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_の_治療`選択肢_としての panobinostat の _潜在性`可能性_ 1501191747 
(ニュース冒頭) アナリストによれば、Genmab 社の_多発性`骨髄腫_治療薬_( daratumumab )_の_新しい データ_により、当該_薬_ の 今年中の _発売_も 可能性あり 1502061731 
(↑2015年 2月)
(ニュース冒頭) _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対し、Pomalyst + dexamethasone が _安全的_で_効果的_であることを 示す_更なる__知見_ 1501271731 
(ニュース冒頭) 2014 年 : _多発性`骨髄腫_に於ける _研究_進歩_ の もう一つの 年 1501082210 
(↑2015年 1月)
(ニュース冒頭) daratumumab ( _抗− CD38_モノクロナル抗体_ ) が _多発性`骨髄腫_の_治療用_として_有望的な 模様 1412171740 

(ニュース冒頭) Imbruvica が _再発した、又は、治療−抵抗性_の_多発性`骨髄腫_で__臨床的`活性_ 1412161654 
(ニュース冒頭) _開発`段階 の SAR 650948 ( _抗− CD38_モノクロナル抗体_ ) が _多発性`骨髄腫_の_治療用_として_有望的な_模様 1412151708 
(ニュース冒頭) Mayo Clinic −主導_研究_で、_開発`段階 の _経口_薬__併用`レジメン_ が _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__に対し、_有望的な__結果_ 1412141744 
(ニュース冒頭) ASH 2014 より : Kyprolis ( carfilzomib )−ベース_治療_により、_多発性`骨髄腫__治療_に於ける _有意な__進歩_ 1412130001 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_を_標的_にする_実験`段階の__抗体_による 初期的 好結果 1412091625 

(ニュース冒頭) lenalidomide / dexamethasone への carfilzomib 追加により、_再発した__多発性`骨髄腫_に於いて「_前例の無い_」好結果 1412072240 
(↑2014年 12月)
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫__に対する__自家`移植 での _高用量_melphalan 後 の CINV の_予防_( aprepitant 追加 ) 1410191734 
(ニュース冒頭)再発した多発性`骨髄腫に於いて、bortezomib / dexamethasone への panobinostat 追加で進行無し`生存 が 改善 1411161742 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ は panobinostat ( _多発性`骨髄腫__治療用_ )の_認可_を 勧告せず 1411141753 
(↑2014年 11月)
『論文類』 再発した、又は、再発した、そして、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_に対する_panobinostat / bortezomib / …… 1410092359 

(ニュース冒頭) panobinostat が _再発した__多発性`骨髄腫_ での _進行無し`生存_を_改善_ 1410181646 
(↑2014年 10月)
(ニュース冒頭) _高用量_melphalan_治療_の 前に_標準的__制吐薬`治療に aprepitant を追加することが_利益的_ との研究結果 1409231751 
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫__に対する__最先発`実施__移植プログラム( lenalidomide / bortezomib / dexamethasone …… ) 1409012324 
(ニュース冒頭)より年配の多発性骨髄腫患者さんで_継続的_lenalidomide / dexamethasone が 進行無し生存 改善 との研究結果 1409061746 
(↑2014年 9月)
『論文類』 _以前の__自家`幹細胞`移植_後 の _再発した__多発性`骨髄腫__に対する__高用量`化学療法 + _自家`幹細胞`移植_ 1408041752 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫_ での Velcade による 再_治療_を _認可_ 1408211738 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_に於ける _臨床試験_で、Kyprolis ( carfilzomib ) が _生存`改善_に _失敗_ 1408151643 
(ニュース冒頭) Kyprolis ( carfilzomib ) が _多発性`骨髄腫_ での 晩期−_ステージ__研究_で 好結果 1408062343 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) _先行治療`経験`無し の_多発性`骨髄腫_に対し、thalidomide / bortezomib_併用_ が 有益的 1407261817 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対し、Revlimid / Velcade / dexamethasone → Revlimid_維持`療法_ が _有望的な 模様 1407232255 

(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫_で 2 度目の_幹細胞`移植_ が _結果状況_を_改善_ 1407011746 
(↑2014年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) panobinostat ( Novartis 社_が_開発中_ ) が _多発性`骨髄腫_で_進行無し`生存を_改善_ 1406052325 
(↑2014年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が elotuzumab 《 _多発性`骨髄腫__治療用 》を_ブレークスルー治療に 認定_ 1405271728 
(↑2014年 5月)
『総説紹介文』 _多発性`骨髄腫__患者さん_ での _骨`疾患_への bortezomib の_効果_ 14.03.04ta 
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫__に対する__初回`治療_としての bortezomib / melphalan / prednisone / thalidomide …… 14.03.01tb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が imetelstat ( 血小板血症、_多発性`骨髄腫_の_治療用 )の 試験中止を命令 14.03.14na 
『総説紹介文』 自家`幹細胞`移植_不適格な_多発性`骨髄腫_の_患者さん_の_管理_、治療、サポート`ケアのコンセンサス…… 14.02.20tc 
(ニュース冒頭) 再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_に対し、Treanda / Velcade / dexamethasoneが_高い_奏効率_ 14.03.11na 
(ニュース冒頭) Revlimid による_メラノーマ_の__治療_が_二次`原発`悪性腫瘍_と 関連 との研究結果 14.03.07nc 
(ニュース冒頭) 新たに_診断された_多発性`骨髄腫_に対し、継続的_Revlimid / _低用量_dexamethasone が _結果状況_を_改善_ 14.03.04nb 
(↑2014年 3月)

(ニュース冒頭) 多発性`骨髄腫に対する_幹細胞`移植_後 の Revlimid_投与により病気`進行は 遅れるが全体的`生存は_改善せず 14.02.25nc 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_の lenalidomide_治療_に伴う_二次がん_リスク に関する 研究結果 14.02.21nb 
(ニュース冒頭) 重度に先行治療`経験`有りの_多発性`骨髄腫に対し、panobinostat / Velcade / dexamethasone が _有望的 14.02.18nc 
(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫_で Kyprolis/Revlimid/Dexamethasone による治療 で _持続的__反応_ 14.02.11nc 
『総説』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__患者さん_に於ける _単剤_carfilzomib の_有害`事象_と その_管理_ 14.01.21ta 
(↑2014年 2月)

『論文類』 _重症 の _腎`機能`障害_を 呈する_多発性`骨髄腫_患者さん での _新規な_薬_登場後 の_有意な__生存`改善_ 13.12.30tc 
『論文類』 _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_の_年配`患者さん のための _新規な_薬の 時代 の _自家`幹細胞`移植_ 13.12.30tb 
(↑2014年 1月)
『論文類』 _移植_適格の__ミエローマ__患者さん_ での bortezomib −含有__導入`レジメン_ 13.11.26tb 
(ニュース冒頭) 幹細胞`移植_後 の Revlimidにより、多発性`骨髄腫での 病気`進行_が 遅れるが、_全体的`生存_の_改善_無し 13.12.13nd 
(ニュース冒頭) 再発した / 治療−抵抗性_多発性`骨髄腫__に対し、bendamustine / bortezomib / dexamethasone が _高_奏効率 13.12.12nd 

(ニュース冒頭) lenalidomide / dexamethasone が _多発性`骨髄腫_の_治療_に於いて_標準的`治療_よりも 好結果 13.12.10nd 
(↑2013年 12月)
(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫_で Kyprolis / Revlimid / dexamethasone が _持続的__奏効_ 13.11.28ne 
(ニュース冒頭) _重度に_先行治療`経験`有り の__多発性`骨髄腫_に panobinostat / bortezomib / dexamethasone が _有望的 13.11.20nc 
(↑2013年 11月)
(ニュース冒頭) _針療法_ が 、_多発性`骨髄腫_の bortezomib による_治療_に伴う_ニューロパシー_を 緩和する との研究結果 13.10.22nb 
(ニュース冒頭) 工場閉鎖により、Doxil が 市場から 消える可能性ありとの 報道 13.10.16na 
(↑2013年 10月)

『 JCO 論文』 先行治療`経験`無しの_多発性`骨髄腫に対する_、自家`幹細胞`移植_前の bortezomib −ベース_導入治療_ 対 …… 13.09.12ta 
(ニュース冒頭) Pomalyst + _低用量_dexamethasone が _再発した_ / _治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_ での _生存_を_改善_ 13.09.28na 
(↑2013年 9月)
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_の_早期`治療_により、_病気`進行_を 遅らせることができる との研究結果 13.08.30nb 
(ニュース冒頭) _高リスク__くすぶり型`骨髄腫__に対し、_早期_治療_ が _利益的_ 13.08.02na 
(↑2013年 8 月)
『総説』 pomalidomide、及び、その、_再発した、又は、治療−抵抗性_の_多発性`骨髄腫__に対する__臨床的__潜在性`可能性_ 13.06.27ta 

『総説紹介文の存在』 _多発性`骨髄腫_−関連__骨`疾患_の_治療_のための International Myeloma Working Group の _推奨_ 13.06.21ta 
(↑2013年 7 月)
『 JCO 論文』 多発性`骨髄腫_に対する_治療_の変化 : 米国_に於ける_初回_管理__アプローチ_の変化の_人口集団−ベース_研究 13.06.07tb 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対し、pomalidomide により _高い__全体的`生存_ 13.06.18na 
『 ASCO abstract』 再発、及び、bortezomib_治療−抵抗性_多発性`骨髄腫に対する_panobinostat / bortezomib / dexamethasone 13.05.28tb 
(↑2013年 6 月)
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_−関連__骨`疾患_に関する 新しい_ガイドライン_ が 発表 13.05.31nb 
(↑2013年 5 月)

『総説』 _多発性`骨髄腫_に於ける _免疫`調整薬 13.04.13ta 
(↑2013年 4月)
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__多発性`骨髄腫__に対する_bortezomib / melphalan / prednisone の_全体的`生存__利益_ 13.02.02tc 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__多発性`骨髄腫__治療用_として Pomalyst ( pomalidomide )を_認可_ 13.02.09nb 
(↑2013年 2月)
『総説 標題』 _多発性`骨髄腫__に対する__順次`実施_、又は、_併用`治療_ 13.01.12ta 
『 JCO 論文』 先行治療`経験`無し多発性`骨髄腫での_導入治療_bortezomib / thalidomide / dexamethasone ± cyclophosphamide 13.01.08tb 

(ニュース冒頭) pomalidomide が _治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_ での _生存_を_改善_ 13.01.10nd 
(ニュース冒頭) MLN9708 ( 「_経口_Velcade 」 ) が _多発性`骨髄腫_で_有望的_ 13.01.04nd 
(↑2013年 1月)
(ニュース冒頭) pomalidomide ( Celgene 社の_多発性`骨髄腫__治療薬_ ) が _フェーズ_3_研究_ での _目標_達成との_発表_ 12.10.24nb 
(↑2012年 10月)
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__に対する_bortezomib_導入、及び、_維持`療法_ 12.08.19ta 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する__導入治療_、及び、_維持`療法_で、Velcade が _効果的_ 12.09.07nb 
(↑2012年 9月)

『 JCO 論文』 _自家`移植_後に_進行_、又は、_再発した__多発性`骨髄腫__に対する_bortezomib / thalidomide / dexamethasone 12.07.08tc 
(ニュース冒頭) bortezomib が _多発性`骨髄腫_ での _生存_を_改善_ 12.07.26na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _進行期__多発性`骨髄腫__治療用_として Kyprolis を_認可_ 12.07.21nc 
『総説 標題』 _多発性`骨髄腫_の_年配__患者さん_ での bortezomib −ベース_レジメン_による _引き下げ−強度__導入治療_ 12.06.21ta 
『論文類』 _原発性`形質`細胞`白血病《 PPCL 》__に対しbortezomib−含有_併用_第一線_化学療法_ が _奏効率 / _生存_を_改善 12.06.06ta 
(↑2012年 7月)

(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対し、_3剤`併用`レジメン_ が _より良好 な _結果_ 12.06.27nb 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__治療用_として_経口_MLN 9708 が _有望的_で 随伴_ニューロパシー__最小限_的 12.06.23nd 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会 が _再発 / 治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__治療用_としてcarfilzomib_認可_を _勧告_ 12.06.23na 
(ニュース冒頭) carfilzomib_併用`治療 が _多発性`骨髄腫_で_高い__奏効_を 達成 12.06.21na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA 担当官 が carfilzomib ( Onyx 社 の _多発性`骨髄腫__治療薬_ )の_副作用_に 注目 12.06.19nc 
(↑2012年 6月)

(ニュース冒頭) Revlimid が _多発性`骨髄腫_で_利益_、及び、リスクを もたらすとの 3 件の_研究_ 12.05.21ng 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__治療_に於ける _ビスフォスフォネート薬_《複数》相互に 優劣無し との研究結果 12.05.21nc 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__治療_時、Revlimid に _いくつかの_新しい がん _発生_ の リスク 12.05.15nb 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_の_維持`療法_に於いて、lenalidomide が _利益的_ 12.05.11na 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__治療用_として、pomalidomide の NDA を_申請_ 12.05.01nb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA 諮問`委員会 が _再発 / _治療−抵抗性_多発性`骨髄腫__治療用_として、carfilzomib を 審議の予定 12.05.01na 
(↑2012年 5月)
(ニュース冒頭) Keryx / Aeternaの perifosine (結腸`直腸`がん、多発性`骨髄腫_治療用に_開発)の 今後に、不確実性 発生 12.04.06nb 
(↑2012年 4月)
(ニュース冒頭) carfilzomib ( _開発`段階 の _薬_ ) が _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_で_有望的_ 12.03.13nb 
(↑2012年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _認可_済みの 全適応で、Velcade の _皮下__投与__剤_を_認可_ 12.01.27nd 
(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫_の 二度目の_幹細胞`移植_ は _安全的_な 模様 12.01.04nd 
(↑2012年 1月)

(ニュース冒頭) vorinostat が _多発性`骨髄腫__に対し、_救助《サルベージ》治療_として_活性_ 11.12.15na 
(ニュース冒頭) 大部分の_多発性`骨髄腫__患者さん_ が carfilzomib に 応答 : _フェーズ_2__臨床試験_ 11.12.14nf 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する_最初からの bortezomib 使用_に伴う_生存`利益_を確認 11.12.14nd 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が carfilzomib ( _再発した、及び、_治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__治療用_ )の NDA 申請を受理 11.11.30nd 
(↑2011年 12月)
『 JCO 論文』 以前に bortezomib で_治療された_多発性`骨髄腫_に対する_perifosine / bortezomib / dexamethasone による治療 11.11.11ta 

(ニュース冒頭) より_年配_の_多発性`骨髄腫__患者さん_で、ミニ移植 は 引き続き_有望的_ 11.11.16nb 
(↑2011年 11月)
『総説紹介文の存在』 _多発性`骨髄腫_に於ける _軟`組織_形質細胞`腫_ : _発症`頻度_、骨髄外`拡大のメカニズム、_治療_ 11.10.02tc 
(ニュース冒頭) Onyx 社 が _再発した、及び、治療−抵抗性_ の _多発性`骨髄腫__治療薬_として carfilzomib の NDA を申請 11.10.13nd 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) 欧州医薬品当局 が lenalidomide の _利益_ / リスク 比率 は 依然としてプラスとの 結論 11.09.24na 
(↑2011年 9月)
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫__に対する__縦並び実施の__自家→他家_幹細胞`移植_対 自家幹細胞移植のみ の比較  11.07.31ta 

(ニュース冒頭) lenalidomide が _P 糖タンパク質_と 相互作用する可能性あり《 その結果_副作用_増強 》_との研究結果_ 11.08.12nb 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する__縦並び実施の_自家−他家_幹細胞`移植_ が _生存_を_改善_ 11.07.09na 
(↑2011年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) 多発性`骨髄腫_治療用_としての Revlimid 使用後、二次的_ がん の 発症は比較的に少ない_との研究結果 11.06.28nc 
( ASCO ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫__に対し、elotuzumab が _有望的_ 11.06.19na 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対しては、_高用量_melphalan が より優先的 11.06.14nb 
(↑2011年 6月)

『総説 標題』 _多発性`骨髄腫_の_骨_疾患_の 画像技術、及び、_管理_に於ける _進歩 11.05.09tg 
『総説 標題』 _新規な__治療_の 時代に於ける_多発性`骨髄腫__に対する__自家`幹細胞`移植_の 現在の 動向 11.05.09tf 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_に対する__幹細胞`移植_後 の lenalidomide_維持療法_により、_全体的`生存_が_改善_ 11.05.25na 
(↑2011年 5月)
(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫__に対し、_皮下_bortezomib が 大いに_効果的_か 11.04.21na 
『JCO 論文』 thalidomide_治療_を受ける_多発性`骨髄腫__患者さん_での 血栓`予防 比較( アスピリン、warfarin、enoxaparin ) 11.03.09tc 
(↑2011年 4月)

(ニュース冒頭) NCCN が 2011 年_多発性`骨髄腫__ガイドライン_で 微調整 11.03.18nb 
(↑2011年 3月)
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫__に対する_初回_治療_としての VMPT-VT_レジメン_、と、VMP_レジメン_との比較 10.11.30te 
(↑2011年 1月)
(ニュース冒頭) 継続的な Revlimid_投与_ が _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_ での _結果状況_を_改善__との研究結果_ 10.12.15nc 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_ での _生存_を Zometa が _改善__との研究結果_ 10.12.14ng 
(ニュース冒頭) _幹細胞`移植_後 の _多発性`骨髄腫_の_病気`進行_を Revlimid の_維持療法_ が 遅らせる_との研究結果_ 10.12.14nf 

(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する_標準_治療_ + bortezomib が  より良好な _第一線`治療_である可能性あり 10.12.11nf 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_で、_他家`幹細胞`移植_のリスク は _利益_を上回る_との研究結果_ 10.12.08na 
(↑2010年 12月)
『JCO 論文』 多発性`骨髄腫に於ける 軽鎖−誘発`急性`腎不全の bortezomib/dexamethasone/doxorubicinによる逆転:フェーズ2 10.10.22tc 
『 JCO 論文』 bortezomib / dexamethasone_導入`治療_ は t(4;14)_多発性`骨髄腫_ での _結果状況_を_改善_するが…… 10.10.22tb 
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__に対する_幹細胞`移植_前の_導入`治療_としての bortezomib/dexamethasone 10.10.22ta 

(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_ での _腎臓_障害を_治療_により 逆転可能との_研究結果_ 10.11.02nb 
(↑2010年 11月)
(ニュース冒頭) _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__に対し、Velcade + Revlimid が _有望的_ 10.10.29nd 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__治療__レジメン_への thalidomide 追加により、_結果状況_ が _改善_ 10.10.21nb 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_ での 腎不全を bortezomib が 逆転 10.10.02na 
(↑2010年 10月)
『総説』 thalidomide_併用__レジメン_は_多発性`骨髄腫__に対する_新しい_治療__選択肢_であるか? 10.08.25ta 
(↑2010年 9月)

『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_の_年配__患者さん_ での melphalan/prednisone 治療への thalidomide 追加 10.07.02ta 
(↑2010年 7月)
( ASCO ニュース冒頭) _骨関連`事象_治療用 の zoledronic acid が _多発性`骨髄腫_ での _生存_も_改善_ 10.06.17na 
( ASCO ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_に於ける lenalidomide_維持療法_ : 新しい標準ケア? 10.06.16na 
『総説紹介文の存在』 _多発性`骨髄腫_に於ける _完全奏効_達成の重要性 、及び、 _新規な__薬_ の インパクト 10.05.19te 
『論文類』 _先行治療`経験`無し の__多発性`骨髄腫__に対する_bortezomib/melphalan/prednisone 対 melphalan/prednisone 比較 10.05.03te 
(↑2010年 6月)

(ニュース冒頭) lenalidomide_維持療法_により、_多発性`骨髄腫_ での _再発_が 半減 10.05.27ng 
(↑2010年 5月)
『論文類』 年配_再発/治療−抵抗性_多発性`骨髄腫_患者さんで_毎週 1 回の_bortezomib/ペギル化リポソーム doxorubicin + … 10.04.02tc 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する__第一線`治療_への bortezomib 追加により_生存__改善_ 10.04.15na 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) palifermin が 高用量治療 + _自家`幹細胞`移植_の _毒性_( 口腔`粘膜炎 )を_緩和 10.03.24ne 
(ニュース冒頭) _椎体`形成術_ が _多発性`骨髄腫__患者さん_ での _脊椎`圧迫`骨折_の_治療_に 有用 10.03.17nd 

トピック新資料:多発性`骨髄腫_で新しい_併用レジメン_が_有望的 10.03.16ma 
(ニュース冒頭) NCCN の_多発性`骨髄腫__ガイドライン_アップデート : 新薬 、及び、 新 _併用__レジメン_へのハイライト 10.03.17nb 
『論文類』 未_治療_ の _多発性`骨髄腫__に対する__自家`幹細胞`移植_前 の bortezomib と lenalidomide 強化−維持療法 10.02.09tc 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__患者さん_ での _生存_への Velcade による_利益_ が 処方情報に 追加 10.03.06nc 
《 作成中ファイルの更新 》 Topic 1 : _多発性`骨髄腫_で新しい_併用__レジメン_が_有望的_ 10.03.03ma 
(↑2010年 3月)

《 作成中ファイルの更新 》 Topic 1 : _多発性`骨髄腫_で新しい_併用__レジメン_が_有望的_ 10.02.18ma 
『論文類』 _多発性`骨髄腫__に対する__自家`幹細胞`移植_の_長期的__結果状況_ : 移植後_再発_ での _新規_薬_の__生存`利益 10.01.23tb 
《 作成中ファイルの更新 》 Topic 1 : _多発性`骨髄腫_で新しい_併用__レジメン_が_有望的_ 10.02.14md 
(↑2010年 2月)
『 FDA 安全性変更』 _肝臓_障害のある_多発性`骨髄腫__患者さん_ での bortezomib 開始`_用量_を 引き下げ 10.01.28nd 
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が Velcade の 追補ラベリング を_認可_ 10.01.15nf 

『論文類』 _中等度_の__腎`機能_障害を伴う_多発性`骨髄腫__に対する_VMP_レジメン_ が _活性的 で _忍容性`良好_ 09.12.18tb 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _くすぶり型`多発性`骨髄腫_には _早期__治療_ が _利益_あり との_研究結果_ 09.12.31nc 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__治療用_として 新しい _併用__レジメン_《複数》 が _有望的_との 報告 09.12.23nf 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_ での _高用量_melphalan + _自家`幹細胞`移植_後 の Velcade_投与_ が _奏効率_を_改善 09.12.23nc 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_の_治療_で lenalidomide が _病気無し`生存_期間を_有意_に 伸長 09.12.19ne 

新資料:多発性`骨髄腫_の_治療_・薬物療法《eMedicine資料ご紹介》 09.12.15mc 
《 作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _多発性`骨髄腫_の_治療_《eMedicine》 09.12.13mb 
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫_ の _治療薬_として carfilzomib  が _有望的_ 09.12.09nf 
『総説紹介文』 _多発性`骨髄腫_に於ける lenalidomide による治療 09.11.10tb 
作成中ファイルの更新 》 現行_治療_3 : _多発性`骨髄腫_の_治療_《eMedicine》  09.12.07ma 

(ニュース冒頭) 研究者 は _多発性`骨髄腫_ での _幹細胞`移植_の 最良な使用法について 論争中 09.12.03ne 
(↑2009年 12月)
(ニュース冒頭) _多発性`骨髄腫__に対する_新しい Velcade − melphalan 移植_レジメン_の報告 09.11.22ne 
【ご連絡】 作成中のファイルへの項目追加 : 現行治療3  09.11.17ma 
【ご連絡】 作成中のファイルへの項目追加 : 現行治療3  09.11.12ma 
『論文類』 新たに_診断_された_多発性`骨髄腫_に対する_bortezomib /ペギル化リポソーム doxorubicin / dexamethasone 治療 09.10.18te 

『論文類』 _再発した__多発性`骨髄腫__に対する__治療_として の pomalidomide /_低用量_dexamethasone 09.10.18td 
(↑2009年 11月)
『総説』 _多発性`骨髄腫_ での _骨_疾患 の _病因論_ 、及び、 _管理_ 09.09.23td 
(↑2009年 10月)
(ニュース冒頭) _ビスフォスフォネート薬_は_多発性`骨髄腫__治療_の 必須成分 : 専門家パネルが語る。 09.09.02na 
(↑2009年 9月)
『論文類』 _多発性`骨髄腫_ での _ビスフォスフォネート薬_の使用 : European Myeloma Network を代表した専門家パネルの推奨 09.08.14ta 
『論文類』 新たに_診断_の_多発性`骨髄腫_の 75 歳超の_患者さん_ での melphalan / prednisone / thalidomide の_有効性_ 09.08.02te 

『論文類』 先行治療`経験`無しの_多発性`骨髄腫_での _単剤 bortezomib_治療_ : _有効性_、_末梢`ニューロパシー_、マーカー 09.07.18tc 
『論文類』 _未治療の__多発性`骨髄腫_ での thalidomide + dexamethasone_導入治療_→_縦並び実施 melphalan −ベース + … 09.07.18tb 
(↑2009年 8月)
『総説紹介文』 多発性`骨髄腫 での 自家`幹細胞`移植_に先行するdoxorubicin/ペギル化リポソーム doxorubicin使用の_レジメン 09.07.10ti 
『総説』 _ASCO 2009 : _多発性`骨髄腫_に関する 専門家ビデオ展望 09.07.01tb 
(ニュース冒頭)_再発した__多発性`骨髄腫_の治療薬としての lenalidomide に関する英国 NICE のガイダンス 09.07.03na 
(↑2009年 7月)

(ニュース冒頭)_ASCO 2009 : 骨髄腫 の _年配__患者さん_ での _投与_スケジュールを変更すべしとの報告 09.06.19na 
(↑2009年 6月)
(未達)多発性`骨髄腫 の VBMCP、と、高用量_cyclophosphamide + IFN との交替による_治療(論文・報告)09.04.29tf 
《 連載(現3) #8 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.05.11fa 
《 連載(現3) #7 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.05.10fa 
《 連載(現3) #6 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.04.28fc 

(ニュース冒頭) Mozobil が _多発性`骨髄腫_ での _自家`末梢血`_幹細胞_ 採取を改善 09.05.08nc 
(↑2009年 5月)
《 連載(現3) #5 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.04.28fb 
《 連載(現3) #4 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.04.28fa 
《 連載(現3) #3 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.04.16fb 
_多発性`骨髄腫_での 自家`幹細胞`移植_後の_低用量_thalidomide + prednisolone 強化`治療(論文・報告)09.04.10tc 

《 連載(現3) #2 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.04.16fa 
『 FDA 安全性変更』 lenalidomide は 腎障害の ある_患者さん_では_用量_調節が必要 09.04.16na 
《 連載(現3) #1 》 _多発性`骨髄腫_ の _治療_《 eMedicine 資料の ご紹介 》 09.04.15fa 
『総』 _多発性`骨髄腫_ での 骨疾患 : _最近_の_生物学、_診断_、_治療_の_進歩(総説)09.03.29tb 
(ニュース冒頭)_多発性`骨髄腫__患者さん_ での 腎機能の回復に新規な透析法 が 有効 09.04.03nb 
(↑2009年 4月)

(未達) _多発性`骨髄腫_の_治療_ での _縦並び実施 対 単回の_自家`幹細胞`移植_の比較(論文・報告)09.03.06ta 
( N 冒頭)再発した_骨髄腫に Revlimid −ベース_レジメン_+ Neulasta サポートが_効果的 09.03.19nb 
(ニュース冒頭)緑茶 が Velcade 《 bortezomib 》の効果をうち消す可能性 09.03.12ng 
『総』 新たに_診断_された_多発性`骨髄腫_ での Revlimid 併用_レジメン_ : ASH より(総説)09.02.19tb 
( N 冒頭)再発した_骨髄腫に Revlimid + melphalan + prednisone + Thalomid が効果的 09.03.04nb 
(↑2009年 3月)

『副』_多発性`骨髄腫_で zoledronic acid での 治療 での 顎_骨壊死_の予防措置による減少( 副作用 )09.01.26tf 
_多発性`骨髄腫_の治療としての_縦並び実施 対 単回の_自家‐幹細胞‐移植 : メタ分析(論文・報告)09.01.25ta 
(↑2009年 2月)
( N 冒頭)_多発性`骨髄腫_への Revlimid 使用が メーカーとの合意下、英国 NHS 下に可能に 09.01.31na 
『副』多発性骨髄腫 で bortezomib を受けている患者さん での _帯状疱疹予防用 acyclovir( 副作用 )09.01.03tg 
(ニュース冒頭)第 50 回 ASH 年次会議で発表された_多発性`骨髄腫_への新治療薬 09.01.24nb 

( N 冒頭) bortezomib 治療中の帯状ヘルペス発症を acyclovir 予防投与が抑制 09.01.24na 
( N 冒頭)新たに診断の_多発性`骨髄腫_での Velcade 含有レジメン《複数》 : ASH 2008 09.01.23nc 
( N 冒頭)再発性、又は、_治療‐抵抗性 の多発性骨髄腫に Velcade + perifosine が有望的 09.01.17na 
(↑2009年 1 月)
(総紹)多発性骨髄腫 での 新しい治療薬《複数》 : 作用メカニズムと初期臨床試験 知見(総説紹介文)08.11.28td 
(ニュース冒頭)米国 FDA が plerixafor を自家幹細胞移植 での 幹細胞動員‐改善用に認可 08.12.18na 
(↑2008年 12 月)

『総:FDA 』 1種類の先行治療後の多発性骨髄腫治療用の lenalidomide + dexamethasone(総説:FDA事項)08.10.30tc 
『総』 多発性骨髄腫の一つの先行治療後の治療としての lenalidomide + dexamethasone(総説)08.10.24th 
(総紹)先行治療の経験の無い多発性骨髄腫 の患者さん での thalidomide の役割(総説紹介文)08.10.21td 
(↑2008年 11 月)
再発性/治療抵抗性の多発性骨髄腫 での bortezomib + 経口 cyclophosphamide + …(論文・報告)08.10.11tb 
多発性骨髄腫 での bortezomib による再治療に関する観察的、後ろ向き方式での分析(論文・報告)08.10.10tb 

(ニュース冒頭)多発性骨髄腫 で 外来 での 幹細胞移植 が 実施可能的 08.10.16na 
(ニュース冒頭)多発性骨髄腫の管理についての雑誌レビュー 08.10.14na 
無症状性の骨髄腫の患者さん での zoledronic acid 対 経過観察 の 比較(論文・報告)08.09.18tb 
(↑2008年 10 月)
多発性骨髄腫の初回治療用としての bortezomib + melphalan + prednisone(論文・報告)08.08.30td 
(ニュース冒頭)欧州で Velcade を多発性骨髄腫の全ステージ治療薬として認可 08.09.11nb 
(↑2008年 9月)

(ニュース冒頭)骨髄腫の初回治療 で bortezomib が 結果状況を改善 08.08.29nb 
再発性、又は、治療抵抗性の多発性骨髄腫 での 毎週 1 回の bortezomib による治療(論文・報告)08.08.04tb 
(総紹)多発性骨髄腫 での 第一線治療に於ける bortezomib(総説紹介文)08.07.21th 
以前に未治療の多発性骨髄腫 での thalidomide 治療に関するメタ分析と系統的レビュー(論文・報告)08.07.16ta 
(↑2008年 8月)
(ニュース冒頭)多発性骨髄腫の治療としての thalidomide の長期効果につき報告 08.07.31ne 

(ニュース)欧州医薬品当局 が 多発性骨髄腫への Velcade の拡大使用の認可を推奨 08.07.26na 
(ニュース冒頭)米国 FDA が 多発性骨髄腫の第一線治療用に bortezomib を認可 08.07.11nb 
(総紹)多発性骨髄腫の管理に於ける lenalidomide、及び、その役割(総説紹介文)08.06.16te 
(↑2008年 7月)
多発性骨髄腫に対するトータルセラピー での 前維持フェーズ完了が臨床結果状況を改善(論文・報告)08.06.08tb 
(ニュース)米国 FDA が多発性骨髄腫の初回治療用として Velcade を認可 08.06.25na 

進行期の多発性骨髄腫 での bortezomib + doxorubicin + dexamethasone による治療(論文・報告)08.06.02td 
(ニュース冒頭) Genzyme 社 が Mozobil 《幹細胞採取用薬》の認可を欧米で申請 08.06.18nd 
『総』 多発性骨髄腫 : 予後の決定、及び、治療の選択(総説)08.05.21ta 
(↑2008年 6月)
(総紹) lenalidomide : 多発性骨髄腫に対する新しい治療薬(総説紹介文)08.05.16tc 
新たに診断された多発性骨髄腫 での thalidomide + dexamethasone による治療(論文・報告)08.05.02tc 

(ニュース冒頭)多発性骨髄腫 での zoledronic acid + thalidomide は腎臓リスクを非増大 08.05.02nf 
(↑2008年 5月)
『総』 多発性骨髄腫の治療のための thalidomide : 10 年後(総説)08.04.12te 
(ニュース冒頭)多発性骨髄腫 での 幹細胞移植の結果状況に 初回化学療法の種類は影響無し 08.04.19nb 
『総標』 ASH の第 49 回年次会議からのハイライト : 多発性骨髄腫に関するアップデート(総説標題)08.04.03tb 
再発性・治療抵抗性の多発性骨髄腫 での ペギル化リポソーム doxorubicin + bortezomib(論文・報告)08.03.25te 

『副』多発性骨髄腫 での lenalidomide−ベースの 治療に伴う血栓塞栓症イベント( 副作用 )08.03.25tc 
(↑2008年 4月)
『総』 ASH 第 50 周年レビュー : 多発性骨髄腫(総説)08.03.17tf 
(ニュース)欧州医薬品当局が Velcade の一定の患者さん での 使用に対し警告 08.03.22nc 
多発性骨髄腫の より若年の患者さん での 長期的な生存 での 最近の大きな改善について(論文・報告)08.02.27tc 
多発性骨髄腫 での 改善されつつある生存、及び、新規な治療のインパクト(論文・報告)08.02.27tb 
(↑2008年 3月)

多発性骨髄腫 で 単一の自家幹細胞移植 + thalidomide が 2 回の自家幹細胞移植 より好結果(論文・報告)08.02.12te 
未治療で症状性の多発性骨髄腫 での BiRD レジメンによる有利的な結果(論文・報告)08.01.31tf 
(紹存)新規な治療薬が存在する時代 での 多発性骨髄腫 での 幹細胞移植(総紹存在)08.01.20ta 
(↑2008年 2 月)
(ニュース冒頭)多発性骨髄腫 での thalidomide + dexamethasone に bortezomib が効果追加 08.01.15na 
(ニュース冒頭)多発性骨髄腫 で dexamethasone への lenalidomide 追加で奏効改善 08.01.19nb 

(ニュース冒頭)移植の候補でない多発性骨髄腫の患者さんで Velcade 含有レジメンが生存改善 08.01.17na 
(ニュース冒頭)多発性骨髄腫 での 幹細胞移植の導入治療用 bortezomib が 結果状況を改善 08.01.16nb 
(ニュース標題)国際骨髄腫基金 によれば 多発性骨髄腫で Revlimid により 90%の全体的奏効 08.01.06nc 
多発性骨髄腫の自家幹細胞移植前の効果的な初回治療としての cyclophosphamide + …(論文・報告)07.12.20ta 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

*****骨髄異形成症候群*****



(↑2017年 10月)
『 JCO 論文』 _より高い__リスク_ の _骨髄`異形成`症候群_、及び、_慢性`骨髄`単球性`白血病_ に於ける azacitidine_単独_、又は、lenalidomide、又は、vorinostat との_併用__ : _〜(続く) 1708182356 
(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) azacitidine が _依然として__骨髄`異形成`症候群__に対する__標準的`ケア_である との研究結果 1708231713 
(↑2017年 8月)
『 JCO 論文』 _骨髄`異形成`症候群_を有する_患者さん_のための_用量`引き下げ_ 対 _標準的__移植前`処置_ 、と、 それに続いての_他家`幹細胞`移植__ : _〜(続く) 1706302348 
(↑2017年 7月)
『総説紹介文』 _骨髄`異形成`症候群_ に於ける lenalidomide_使用__ : __生物学的メカニズム、及び、_臨床的_応用への 洞察 1705062315 

『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_、及び、_骨髄`異形成`症候群__に対する__骨髄`破壊_的 対 _強度`軽減__造血`細胞`移植_ の _比較_ 1704112254 
(↑2017年 5月)
『論文類』 より_高リスク_の_骨髄`異形成`症候群_を有し_再発_した、又は、_メチル化`阻害薬_治療−抵抗性_ の _患者さん_のための_低用量_clofarabine / cytarabine による治療_ : _〜(続く) 1702132246 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _治験`中止_命令を 解除したことにより、Seattle Genetics 社 が vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )の_臨床試験_を 再開 1703081726 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) _骨髄`破壊的``移植前`治療_の 後のほうが、_より良好_な_急性`骨髄性`白血病_ での _結果状況_ との研究結果 1702221718 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) Seattle Genetics 社が_開発_中の vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )に_治験`停止`措置_ 1612291630 
(↑2016年 12月)

(ニュース冒頭) PR1_ペプチド__ワクチン_ が _白血病__寛解_を 助ける可能性あり との研究結果 1611101647 
(↑2016年 11月)
(ニュース冒頭) Revlimid により、一定の_骨髄`異形成`症候群__患者さん_に於いて_輸血_の 必要性 が 減少 1609021633 
(↑2016年 9月)
(ニュース冒頭) より_低リスク_の_骨髄`異形成`症候群_の 一定の_患者さん_で、lenalidomide が 助けになる との研究結果 1607091631 
(↑2016年 7月)
(ニュース冒頭) _臨床試験_の サプライズ : rigosertib が 一部の_骨髄`異形成`症候群__患者さん_の _利益_になる 可能性あり( 原文通りの表現 ) 1603172250 
(↑2016年 3月)
『総説』 _より低い__リスク_ の del(5q)_骨髄`異形成`症候群_の_患者さん_ に於ける lenalidomide_治療_ の _短期的_、及び、_長期的__利益_ 1512261757 
(↑2016年 2月)

(ニュース冒頭) _幹細胞`移植_を 受ける_急性`骨髄性`白血病_や_骨髄`異形成`症候群__患者さん_のためには、_骨髄`破壊的_治療`レジメン_ が _強度軽減`_治療_よりも 優れている との研究結果 1601021809 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) _骨髄`異形成`症候群_で_造血`細胞`移植_を 受ける_患者さん_に於いて、_年齢_ は _生存`結果状況_に _影響_しない との研究結果 : _前向き方式`研究_ 1512141652 
(↑2015年 12月)
(ニュース冒頭) Agios 社 の _白血病_治療薬_ が _印象的な__奏効率_を 示した との研究結果( _急性`骨髄性`白血病_、_骨髄`異形成`症候群_ ) 1506161737 
(↑2015年 6月)
(ニュース冒頭) azacitidine は _骨髄`異形成`症候群_ での _長期的__生存_を_改善_しない可能性あり との研究結果 1505170010 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) _新規な__薬_ が _骨髄`異形成`症候群__患者さん_ での _輸血_の 必要性 を 緩和 1412122316 
(↑2014年 12月)

『総説紹介文』 _より年配__成人`患者さん_ での _急性`骨髄性`白血病_、及び、_骨髄`異形成`症候群_ 1408282306 
(↑2014年 9月)
(ニュース冒頭) 英国_費用`効果`判定`当局 が Revlimid( 骨髄`異形成`症候群_治療用 )の国営医療制度 での _使用_を支持 1408221728 
(ニュース冒頭) _いくらかの__炎症性`腸`疾患__治療薬_への_曝露_により、_白血病__発症_ の _リスク_ が 上昇の可能性 1408081741 
(↑2014年 8月)
『 JCO 論文』 骨髄`異形成`症候群 /脊髄異形成関連変化を伴う急性`骨髄性`白血病に対する_azacitidine ± entinostat 長期投与 1404201720 
(↑2014年 5月)
『総説』 _より高いリスクの_骨髄`異形成`症候群_の_年配`患者さん は _他家`造血`幹細胞`移植_を 受けるべきか? 13.11.22ta 
(↑2013年 12月)

『 JCO 論文』 _新たな__骨髄`異形成`症候群_の_より年配__患者さん での _強度`軽減`前処置__他家`造血`幹細胞`移植_の_役割_ 13.07.19ta 
(↑2013年 8 月)
『 JCO 論文』 _低_、又は、_中等度_リスク_骨髄`異形成`症候群__に対する_decitabine による治療  13.07.09tb 
(↑2013年 7 月)
『総説』 骨髄`異形成`症候群、及び、再生不良性貧血の_輸血−依存_患者さん_の_管理_に於ける deferasirox の_安全性と有効性 13.05.28ta 
『 ASCO abstract 』 チロシンキナーゼ`阻害薬に耐性 / 非−忍容`可能的な_慢性期``慢性`骨髄性`白血病に対する_omacetaxine  13.05.19ta 
『 ASCO abstract』 治療−抵抗性 / 再発した_急性`骨髄性`白血病_、骨髄`異形成`症候群に対する_PKC412 / 5-azacitidine_治療 13.05.18tc 
(↑2013年 6 月)

『 JCO 論文』 白血病 / 骨髄`異形成`症候群_に対する_骨髄`破壊的`移植前`処置`レジメン : busulphan / cyclophosphamide…… 13.02.21tc 
(ニュース冒頭) _骨髄`異形成`症候群_の_治療_状況の 劇的な変化 13.03.07na 
(↑2013年 3月)
『 JCO 論文』 _骨髄`異形成`症候群__に対する__他家`幹細胞`移植_の前の azacitidine の _インパクト_ 12.12.18td 
(↑2012年 12月)
『 JCO 論文』 新たに診断された急性`骨髄性`白血病、又は、骨髄`異形成`症候群に対する_vorinostat / idarubicin / cytarabine 12.06.18td 
『 JCO 論文』 赤血球`輸血−依存 骨髄`異形成`症候群_患者さんでの 血清`フェリチン、不安定性`血清`鉄を deferasirox が 低下 12.06.11tc 

(↑2012年 7月)
(ニュース冒頭) _骨髄`異形成`症候群_ での 鉄_過`負荷_の マーカーを deferasirox が _低下_ 12.05.13na 
(↑2012年 5月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_や_骨髄`異形成`症候群_ は 家族に 集中することはない_との研究結果_ 12.01.07nb 
(↑2012年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 鉄過剰_治療薬_として deferiprone を_認可_ 11.10.15nb 
(↑2011年 10月)
(ニュース冒頭) _骨髄`異形成`症候群_に於いて、ezatiostat が _有望的_ 11.09.21na 
(↑2011年 9月)

『JCO 論文』 中等度、又は、高リスク_骨髄`異形成`症候群_の_年配_患者さん での 低用量_decitabine対_最良`サポートケア_比較 11.05.20ta 
(↑2011年 6月)
『総説紹介文の存在』 _骨髄`異形成`症候群__治療_ での _メチル化`阻害薬_ 、及び、 _その他の__新規な__戦略_ 11.02.09td 
(↑2011年 3月)
『 JCO 論文』 _骨髄`異形成`症候群__に対する_免疫_抑制_治療_( _抗`胸腺`細胞`グロブリン_ + cyclosporine ) 11.01.22td 
(↑2011年 2月)
『 JCO 論文』 _中等度-1 _骨髄`異形成_患者さん_の alemtuzumab_治療_により、血球数_改善_ 、及び、 _細胞`遺伝学`的__寛解_ 10.12.10tc 
(↑2011年 1月)
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_ 、及び、 _高リスク__骨髄`異形成`症候群__に対する_経口__midostaurin による治療 10.10.02tb 

『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_ 、及び、 _骨髄`異形成`症候群__に対する_tosedostat による治療 10.10.02ta 
(↑2010年 10月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_、_骨髄`異形成`症候群__に対し、tosedostat が_忍容性`良好_で_活性的_な 模様 10.08.28na 
(↑2010年 8月)
『論文類』 _高リスク__骨髄`異形成`症候群_の_治療_に於ける _経口_clofarabine 10.05.28te 
(ニュース冒頭) _経口_clofarabine が _骨髄`異形成`症候群の_患者さん_に_利益_をもたらす可能性 10.06.04nc 
(↑2010年 6月)
『論文類』 急性`骨髄性`白血病_の最初の_完全寛解期、又は、骨髄`異形成`症候群_に対する_強度軽減`造血細胞移植への年齢の影響 10.04.10ta 

(ニュース冒頭) _骨髄`異形成`症候群_ は 従来考えられていた以上に 多いとの_研究結果_ 10.05.01na 
(↑2010年 5月)
(ニュース冒頭) _骨髄`異形成`症候群__治療_のためには、azacitidine 、及び、 decitabine は 重要 10.04.22nb 
(↑2010年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA  が _骨髄`異形成`症候群__治療用_として decitabine の 5 日間_投与__レジメン_を_認可_ 10.03.16nb 
(↑2010年 3月)
『論文類』 より_低_リスク_骨髄`異形成`症候群_と_血小板`減少症_を有する_患者さん_ での romiplostim の_安全性_と_有効性_  10.01.17tc 
『論文類』 _骨髄`異形成`症候群_、又は、_二次的__急性`骨髄性`白血病_の 50 歳以上の_患者さん_ での _他家`造血`幹細胞`移植 10.01.16te 

(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_の_治療_で、_幹細胞`移植_による 追加 に _利益_なしとの報告 10.02.02na 
(↑2010年 2月)
『論文類:副作用』 急性`骨髄性`白血病_や_高リスク_骨髄`異形成`症候群_での _寛解__導入__化学療法_実施中の_急性`呼吸`不全 10.01.13ta 
『論文類』 染色体異常随伴_急性`骨髄性`白血病、高リスク_骨髄`異形成`症候群 での_メチル化`阻害薬による より優れた結果状況 09.12.04ta 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) _進行期__急性`骨髄性`白血病_ 、又は、 _骨髄`異形成`症候群_への_効果的_な移植_レジメン_ 09.11.24na 
(↑2009年 11月)
『 FDA 安全性情報』 米国 FDA  が _骨髄`異形成`症候群_ での deferasirox 使用につき _早期`連絡_を発行 09.09.29na 
(↑2009年 9月)

『論文類』 成人_骨髄`異形成`症候群__患者さん_ での decitabine_毎日_投与_5 日間《 4 週間ごと 》 : 外来_治療__臨床試験_ 09.08.10td 
(↑2009年 8月)
『総説紹介文』 _骨髄`異形成`症候群_治療薬としての azacitidine 09.07.10th 
『総説』 _骨髄`異形成`症候群_ での lenalidomide による_治療_による_持続的 _長期的__奏効_ 09.07.10tc 
(↑2009年 7月)
『総』 _骨髄`異形成`症候群_の_患者さん_ での _鉄`過剰症_の_経口_deferasirox による_管理(総説)09.05.25tc 
(↑2009年 6月)
(ニュース冒頭)_骨髄`異形成`症候群_ での 鉄キレート_治療_ は 証拠薄弱との 主張 09.05.21na 
(↑2009年 5月)

_骨髄`異形成`症候群_での azacitidineの 3 種の代替_投与_スケジュール での 血液学的_奏効(論文・報告)09.04.11td 
『 FDA 安全性変更』 lenalidomide は 腎障害の ある_患者さん_では_用量_調節が必要 09.04.16na 
(↑2009年 4月)
高リスク_骨髄`異形成`症候群_ での azacitidine、と、伝統的なケアとの比較(論文・報告)09.03.04tb 
(総紹)_骨髄`異形成`症候群_ での _生存_改善の状況(総説紹介文)09.03.04ta 
( N 冒頭)骨髄`異形成`症候群_での体重ベース Aranesp_用量_引き上げ で _奏効_改善 09.03.14nb 

(ニュース冒頭)_骨髄`異形成`症候群_ で azacitidine が 顕著に_生存_を改善 09.03.13na 
(↑2009年 3月)
_骨髄‐異形成‐症候群 での epoetin alfa_単剤_、又は、併用 での _赤血球`奏効 の 比較(論文・報告)09.02.09tc 
(↑2009年 2月)
(未達) 骨髄異形成症候群 の 経口 topotecan の 2 スケジュール/用量 での 治療(論文・報告)09.01.03tc 
( N 冒頭)_骨髄‐異形成‐症候群の 患者さん での _鉄‐過剰症_に経口キレート剤が効果的 09.01.10nb 
(↑2009年 1 月)
(ニュース冒頭) ASH 2008 : より高い年齢 は 他家幹細胞移植 後の生存に影響せず 08.12.12nb 
(↑2008年 12 月)

『総標』骨髄異形成症候群の患者さん での 輸血に関連した過剰鉄負荷への最適なキレート技術(総説標題)08.10.14ta 
(↑2008年 11 月)
『総』骨髄異形成症候群の治療に於けるキレート療法の役割(総説)08.09.25ta 
骨髄異形成症候群、及び、急性骨髄性白血病の 5 − azacitidine + thalidomide での 治療(論文・報告)08.09.18tc 
(↑2008年 10 月)
(ニュース)米国 FDA が Vidaza による骨髄異形成症候群 での 生存改善 効果の拡宣を認可 08.08.23na 
骨髄異形成症候群 での erythropoietin、及び、G−CSF 治療に伴う生存改善(論文・報告)08.07.20tb 
(↑2008年 8月)

『総』 骨髄異形成症候群 の 現行の 治療(総説)08.06.27ta 
(↑2008年 7月)
(ニュース冒頭)骨髄異形成症候群 での azacitidine : 完全奏効なしでも生存を改善 08.06.13na 
(総紹) decitabine 開発の進展(総説紹介文)08.05.20tb 
脊髄異形成の免疫抑制治療 での 奏効、及び、生存に影響する因子(論文・報告)08.05.19ta 
(↑2008年 6月)
『総標』骨髄異形成症候群 : 生物学の理解、新しい治療の追究(総説標題)08.04.03ta 

『総標』骨髄異形成症候群__ : __ASCO 2007 からのアップデート(総説標題)08.04.02tb 
『専』移植でないとすれば何? : 骨髄異形成症候群への新しい治療 :専門家インタビュー(総説)08.03.28td 
(↑2008年 4月)
骨髄異形成症候群の治療 での 赤血球輸血、と、鉄過剰症について(論文・報告)08.02.25td 
(↑2008年 3月)
高リスクの急性骨髄性白血病・骨髄異形成症候群 での 強度軽減 前処置後の持続的な寛解(論文・報告)08.02.01ti 
(↑2008年 2 月)
低〜中等度リスクの骨髄異形成症候群 の特定核型の骨髄異形成症候群 での lenalidomide 治療(論文・報告)07.12.31te 
(↑2008年 1月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

*****血液・リンパ系・骨髄 その他(含 骨髄線維症、真正赤血球増加症_)、全般*****



(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) CAR T-細胞_ の _急性`毒性_の_管理_のための_新しい__ガイドライン_発表 1709222336 
『論文類』 _非`血縁`ドナー_からの 移植を 受ける_血液`悪性`腫瘍_を有する 小児`患者さん に於ける_移植片`対`宿主`病_予防_のための ウサギ_抗− T −_リンパ球_グロブリン の 〜(続く) 1708022317 

(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症__治療用_としての pacritinib_臨床試験_ が _患者さん_を_組み込み_中 1709022348 
(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`移植片`対`宿主`病__治療用_として Imbruvica( ibrutinib )を_認可_ 1708042326 
(↑2017年 8月)
(ニュース冒頭) 「信じられないほどに エキサイティング」_ : _「生きた_薬_」としての CAR T-細胞_(原題通りの表現です) 1707181617 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rydapt ( midostaurin )を FLT3 −変異__急性`骨髄性`白血病_、及び、_全身性`肥満細胞`症__治療用_として_認可_ 1704301648 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症_に於いて、pacritinib が _忍容性`良好_で _有用的_ 1704121651 
(↑2017年 4月)

『論文類』 rituximab_治療−抵抗性__ワルデンストレーム`大グロブリン血症_を有する_患者さん_のための ibrutinib_ : _iNNOVATE ( _国際的_、_多施設_、_フェーズ_3_臨床`試験_ の 〜(続く)) 1702051651 
(↑2017年 3月)
『論文類』 _脾`腫大_を 伴わない _コントロール_不十分な_真正`赤血球`増加`症_の_治療_のための ruxolitinib_ : __ランダム化_、_ラベル`明示_、_フェーズ_3b_研究_( RESPONSE-2 ) 1701021702 
(ニュース冒頭) CTI BioPharma 社 が pacritinib ( _骨髄`線維`症__治療用_として_開発_中 )_に対する_完全_治験`停止`措置_の 撤廃を 発表 1701071450 
(↑2017年 1月)
(ニュース冒頭) ibrutinib は _ワルデンストレーム`大グロブリン血症_に於いて「顕著である」とする_研究`結果_ 1612302230 
(ニュース冒頭) Jakafi の _早期_の_使用_により、_骨髄`線維`症_ での 5 年後__生存率_ が _改善_ 1612241737 

(ニュース冒頭) _真正`赤血球`増加`症_、及び、_本態性`血小板`増多`症_に於いて、インターフェロンは hydroxyurea よりも優れておらず、_より悪い__副作用_を 伴う との研究結果 1612171751 
(↑2016年 12月)
『論文類』 _HLA −半`合致_、及び、_不適合__非`血縁`ドナー__造血`幹細胞`移植_ に於ける _移植片`対`宿主`病__予防_のための_移植−後 cyclophosphamide_投与__ : _〜(続く) 1610231612 
(↑2016年 11月)
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__血液`悪性`腫瘍_に対する_nivolumab _ : __フェーズ_1b_研究_ の _予備的な__結果_ 1608132243 
(ニュース冒頭) _造血`幹細胞`移植_で _幹細胞_を_骨髄_から得たほうが _末梢血_から よりも_結果状況_ が _より良好_ との研究結果 1609091653 
(↑2016年 9月)
(ニュース冒頭) _血液`悪性`腫瘍__に対する__造血`幹細胞`移植_の_治療`挫折_後に、ipilimumab が _印象的な__活性_ 1607141515 
(↑2016年 7月)

(ニュース冒頭) _真正`赤血球`増加`症__に対し、Jakafi が _標準的`治療_よりも 優れた_結果_ 1606211652 
( ASCO ニュース冒頭) Jakafi が _骨髄`線維`症_ での _長期的_結果状況_を_有意に__改善_ 1606121524 
(↑2016年 6月)
『 JCO 論文』 _抗− CD19_キメラ`抗原`受容体を_発現_する_他家_T 細胞_ が _他家`造血`幹細胞`移植_後に_病気`進行_する B-細胞性`悪性`腫瘍_の_寛解_を _移植片`対`宿主`病_を 引き起こさずに 誘導 1603271659 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が pacritinib の_骨髄`線維`症__治療_用としての_開発_に _治験`停止`措置_ 1604271628 
(ニュース冒頭) _血液`がん__治療_ に於ける _進歩_ 1604241456 
(↑2016年 4月)

『論文類』 _非`血縁`ドナー_からの_造血`細胞`移植_を 受ける_血液`悪性`腫瘍__患者さん_ に於ける _抗`胸腺`細胞`グロブリン_による 前_治療_ : _ランダム化_、_コントロール_、〜(続く) 1602192253 
『総説紹介文』 _妊娠`期間_ に於ける _血液がん_ : _国際的_コンセンサス会議からの_ガイドライン_ 1602162239 
(↑2016年 3月)
(ニュース冒頭) 2015 年の_レビュー_ : _骨髄`増殖性`腫瘍_ 1602132334 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _骨髄`線維`症__治療用_としての pacritinib に_治験`停止`措置_の 指示 1602112253 
(↑2016年 2月)
(ニュース冒頭) _血液`がん_ に於ける _幹細胞`移植_ での ATG の_使用_ 1601201633 

(ニュース冒頭) CTI BioPharma 社、と、Baxalta 社 が _骨髄`線維`症_ に於ける _満たされていないニーズ__治療_のため、pacritinib の_新薬`申請( NDA )を_申請_ 1601131720 
『論説』 _二次的__中枢神経系__リンパ腫_の_治療_ に於ける _進歩_ 1511212257 
(↑2016年 1月)
(ニュース冒頭) _全ての__真正`赤血球`増加`症__患者さん_は JAK2 _阻害薬_の_治療_から_利益_を 得る 可能性あり。 1512292233 
(ニュース冒頭) ASH 2015 で 注目 される 発表は 何か? 2 件の_臨床`実地``変更的_な_臨床試験_ 1512031740 
(↑2015年 12月)
『 JCO 論文』 _より年配_の_血液`悪性`腫瘍_の_成人`患者さん_ に於ける _骨髄`非`破壊的__HLA −半`合致__血液、又は、_骨髄__移植_、及び、_高用量_移植後 cyclophosphamide の _結果状況 1510111735 
(↑2015年 11月)

(ニュース冒頭) CTI BioPharma 社 が _単一__中軸的_Persist-1_臨床試験_の_データ_に基づき _骨髄`線維`症__治療用_としてに pacritinib の_新薬`申請( NDA )_を、第4四半期 に _申請_の 意向 1509241731 
『 JCO 論文』 dexrazoxane _治療_後 の _遅発_死亡_について : Children's Oncology Group からの_レポート_ 1508201739 
(ニュース冒頭) imetelstat ( _開発`段階 の _テロメラーゼ`阻害薬_ ) が _骨髄`線維症 を 逆転させる_との報告 1509041752 
(↑2015年 9月)
(ニュース冒頭) Jakafi が _真正`赤血球`増加`症_の_長期的_病気`コントロール_に於いて_安全的_で_効果的_である 模様 との研究結果 1507082256 
(↑2015年 7月)
『論文類』 _血液`悪性`腫瘍__に対する__非`血縁_臍帯血_ 対 _HLA −半`合致_移植__の_比較_ 1505232226 

(ニュース冒頭) _小児_の_血液`がん_克服者さん に於いて、_心臓`血管`系_保護薬 dexrazoxane の_使用_による_遅発性_死亡_ は 無い との研究結果 1506051721 
(↑2015年 6月)
( ASCO ニュース冒頭) pacritinib ( _新しい__骨髄`線維`症_治療薬_ ) は _血小板`減少症_を有する_患者さん_でも_効果的_ との研究結果 1505311742 
(ニュース冒頭) いわゆる「 自殺 」安全スイッチ が _T 細胞`療法 での _結果状況_を _改善_する可能性あり との研究結果 1505281724 
『 JCO 論文』 _造血`幹細胞`移植_の_レシピエント_ に於ける _骨折`頻度 の _増加_ 1504192324 
(↑2015年 5月)
(ニュース冒頭) かゆみ、と、_骨髄`増殖性`腫瘍_について 知っておく必要がある ことについて 1504271712 

(ニュース冒頭) _造血`幹細胞`移植_後 に_QT 時間_ が 延長する との研究結果 1504151735 
(ニュース冒頭) Jakafi により、_真正`赤血球`増加`症_の_患者さん_で_有価値な__症状_緩和 1504121729 
(ニュース冒頭) _造血`幹細胞`移植_前の インフルエンザ _ワクチン_接種 を サポートする研究結果 1504111755 
(ニュース冒頭) _稀な__リンパ腫_( _ワルデンストレーム`大グロブリン血症_ )の_治療_に於ける 「_新しい_時代」 1504101739 
(↑2015年 4月)
『 JCO 論文』 _化学療法`抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_、及び、_緩慢`性_B-細胞性`悪性`腫瘍_ は _抗− CD19_キメラ`抗原`受容体 を _発現している_自家_T 細胞_で_効果的_治療_可能 1502231749 

(ニュース冒頭) pacritinib が _骨髄`抑制_の_リスク_無し で _骨髄`線維`症__に対し_効果的_である可能性あり との研究結果 1503262340 
『 JCO 論文』 BRAFV600E −変異__エルドハイム・チェスター病_の_患者さん_ での vemurafenib による_分子標的`治療_の 再現可能、で、_持続的_な_有効性_ 1502142334 
『 JCO 論文』 _強度`軽減`前処置__非`血縁`ドナー__移植_のための _骨髄_ 対 _末梢血_ 1502022329 
(↑2015年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が ibrutinib の_ワルデンストレーム`大グロブリン血症__治療用_としての_新適応を_認可_ 1502241751 
(ニュース冒頭) _真正`赤血球`増加`症__に対し、Jakafi が _標準的`治療_よりも_優れている ことを 示した_フェーズ_3_臨床`試験__結果_ 1502221734 
(↑2015年 2月)

(ニュース冒頭) _真正`赤血球`増加`症_ : _新薬_による_稀な__血液_疾患_の_治療_ 1501311743 
(ニュース冒頭) _骨髄`増殖性`腫瘍_ : _真正`赤血球`増加`症_、及び、_骨髄`線維`症_に於ける _進歩_ 1501232245 
(ニュース冒頭) INCB039110 ( _蛋白質_阻害薬_ ) が_骨髄`線維`症_に於いて_活性的_な 模様 1501061659 
(ニュース冒頭) Jakafi が _真正`赤血球`増加`症_ での _症状_、及び、_生活の質_ を _改善_ 1501031715 
(↑2015年 1月)
『 JCO 論文』 骨髄`破壊的_busulphan / fludarabine_移植前`処置 + 他家_骨髄`移植_後 の cyclophosphamideによる GVHD_予防 1411021708 

(ニュース冒頭) Jakafi が _真正`赤血球`増加`症_に於いて、_血液`細胞__レベル_の 維持 を 助ける との研究結果 1412211709 
(ニュース冒頭) Jakafi が _本態性`血小板`増多`症_の_治療_に於いて_効果的_な 模様 1412161716 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _真正`赤血球`増加`症_の_治療用_として Jakafi ( ruxolitinib )を_認可_ 1412071702 
(↑2014年 12月)
『 JCO 論文』 _進行期__全身性`肥満細胞`症__に対する__造血`幹細胞`移植_ 1410132236 
(↑2014年 11月)
『総説』 _ブルトン型`チロシン`キナーゼ``阻害薬_と _それらの_B-細胞性`悪性`腫瘍 に於ける 臨床的_潜在性`可能性_ 1409191749 

(ニュース冒頭) 血液`悪性`腫瘍に対する_造血`幹細胞`移植 での 移植片`対`宿主`病_の cyclophosphamide_単剤_による_予防_ 1410101753 
(↑2014年 10月)
『論文類』 多発型`キャッスルマン病に対する_siltuximabによる治療 : ランダム化_ダブル`ブラインド_プラセボ−比較_臨床試験 1408241740 
(↑2014年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 真正`赤血球`増加`症_治療用_として、Jakafiの_承認事項`変更`申請を受理し、優先`審査_を 賦与 1408071554 
(↑2014年 8月)
(ニュース冒頭) _米国_で_骨髄`移植_を必要とする_患者さん_の _大部分 は ドナーを 見つけられるであろう との研究結果 1407261807 

(ニュース冒頭) _欧州_で、_血液`がん_ での _生存率_ が 向上中 との研究結果 1407181721 
(↑2014年 7月)
(ニュース冒頭) ruxolitinib は _真正`赤血球`増加`症_の_治療_に於ける _新しい__標準_ 1406192341 
『 JCO 論文』 _発熱性`好中球`減少症の_高リスク_血液学的_がん`患者さん での piperacillin/tazobactam / tigecycline  1405152245 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Geron Corp 社 の _骨髄`線維`症_治療薬_に関する _治験`停止`措置_を 解除 1406141744 
(ニュース冒頭) Jakafi が _真正`赤血球`増加`症_に於いて、_ヘマトクリット値_を_改善_、_脾臓_体積_を_低下_ 1406081737 
(↑2014年 6月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発型`キャッスルマン病__に対する__最初の__治療薬_として siltuximab を_認可_ 1404251733 
(ニュース冒頭) Jakafi が _原発_骨髄`線維`症_ での _生存`期間_を_伸長_ 1404191828 
(ニュース冒頭) _進行期__血液`がん__に対し、_クラス`最初の__薬_ が _活性_ 1404092245 
(↑2014年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _幼児`血管腫__治療用_として Hemangeol ( propranolol hydrochloride )を_認可_ 14.03.22nd 
(ニュース冒頭) Jakafi が _真正`赤血球`増加`症__に対し_安全的_で_効果的_ との研究結果 14.03.14nb 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が imetelstat ( 血小板血症、_多発性`骨髄腫_の_治療用 )の 試験中止を命令 14.03.14na 
『論文類』 hydroxyurea に治療−抵抗性 / 非−忍容`可能的_進行期_真正`赤血球`増加`症ケースに対する_ruxolitinib による治療 14.02.10ta 
(↑2014年 3月)
『 JCO 論文』 兄弟ドナー、及び、レシピエントでの _急性_移植片`対`宿主`病_予防_のための atorvastatin による _免疫`変調 13.12.09tb 
(ニュース冒頭) Jakafi ( ruxolitinib ) が _骨髄`線維`症_の_患者さん_に 引き続き_利益_ 13.12.24nb 
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症__に対し、_開発`段階 の _薬_imetelstat が _疾患−変更的_の 可能性あり_との報告 13.12.18nb 

(ニュース冒頭) _造血`幹細胞`移植_後 の _移植片`対`宿主`病_の_予防用として、bortezomib、及び、vorinostat が _有望的 13.12.18na 
(ニュース冒頭) _造血`幹細胞`移植_後 の _認知`障害_は、_移植前`処置_レジメン_により 異なる との研究結果 13.12.10nb 
(ニュース冒頭) _年齢_ は _造血`幹細胞`移植_の 障害ではない、従って_より年配_患者さん_も 照会すべきであるとの 主張 13.12.10na 
(↑2013年 12月)
(ニュース冒頭) Jakafi ( ruxolitinib ) が _骨髄`線維`症_ での _生存_を_改善_ 13.11.21nc 
(ニュース冒頭) fedratinib ( SAR302503 : Sanofi 社が_骨髄`線維`症__治療用_として_開発_していた ) が _開発_中止 13.11.20nb 

(ニュース冒頭) PD-1 遮断_薬_ が _血液`悪性`腫瘍_に_有望的 13.11.01na 
(↑2013年 11月)
(ニュース冒頭) _抗`真菌`薬_により、_好中球`減少症_の_患者さん_ での _侵襲的__感染症_の リスクが 低下 13.09.10na 
(↑2013年 9月)
『 JCO 論文』 有意に増加した 使用、より年配レシピエント、非`血縁`ドナーの 期間 での_他家`造血`細胞`移植による生存`改善 13.06.30td 
(↑2013年 7 月)
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症__に対する_2 番目の JAK2 阻害薬_で 強固な_データ_ 13.06.18nb 
(ニュース冒頭) ruxolitinib 《_骨髄`線維`症__治療薬_》の__用量`設定_、及び、_安全性_新 ガイダンス_ 13.06.15nb 

『 ASCO abstract 』 _再発した、又は、治療−抵抗性__進行期 B −細胞`性`悪性腫瘍__に対する_MEDI-551 《 モノクロナル抗体 》 13.05.26ta 
(ニュース冒頭) _血液`がん__に対する__骨髄`移植_の サクセス・ストーリー 13.06.05na 
(↑2013年 6 月)
『 JCO 論文』 _血液`がん__に対する__他家`造血`細胞`移植_後 の _移植片`対`宿主`病_、及び、_移植片`対`腫瘍`効果_ 13.04.20ta 
(↑2013年 5 月)
『 JCO 論文』 _血液`がん__に対する_移植後 cyclophosphamide 使用__T-細胞`非`除去_HLA-半`合致_造血`細胞`移植_ 13.03.31ta 
『 JCO 論文』 _骨髄`線維`症_−関連__症状_、及び、_その他の__患者さん`表明による`結果状況_への ruxolitinib _治療_の_影響 13.03.30tb 
(↑2013年 4 月)

『総説』 _骨髄`増殖性`腫瘍《複数》_に於ける JAK 阻害薬_の_包括的__レビュー_ 13.02.28ta 
(↑2013年 3月)
『 JCO 論文』 未治療ワルデンストレーム大グロブリン血症、辺縁帯リンパ腫、リンパ形質細胞`性リンパ腫に対する_fludarabine… 13.01.20ta 
(↑2013年 2月)
『 JCO 論文』 _再発した_ / _治療−抵抗性__B 細胞_ がん _に対し、 Bruton チロシン`キナーゼ__阻害薬_PCI-32765 が _活性的_ 12.12.30te 
(↑2013年 1月)
『総説 標題』 ruxolitinib : _骨髄`線維`症_に於ける _強力で_選択的な_ヤヌスキナーゼ1、及び、2_阻害薬_ 12.11.30ta 
(ニュース冒頭) _小児`患者さん での _血液`がん__に対し、_二重__臍帯血_移植_に _利点_無し との研究結果 12.12.15na 
(↑2012年 12月)

(ニュース冒頭) _ワルデンストレーム`大グロブリン血症_の_治療_を 漢方薬が 促進 12.10.19na 
(ニュース冒頭) _血液`がん__に対する__移植__治療_の_臨床`実地−変更的な _研究_? 12.10.18na 
(↑2012年 10月)
『 JCO 論文』 _原発__骨髄`線維`症_ での _改善_しつつある_生存_傾向 : _国際的__研究_ 12.08.19tc 
(↑2012年 9月)
(ニュース冒頭) _欧州`連合《 EU 》_で ruxolitinib を_骨髄`線維`症__治療薬_として_認可_ 12.08.30na 
(ニュース冒頭)_骨髄`線維`症__治療薬_として Jakavi ( _Novartis 社_ ) が _欧州_ での _認可_を 取得 12.08.28nc 
(↑2012年 8月)

(ニュース冒頭) Infinity 社 が _骨がん 、及び、_骨髄`線維`症__に対する__治療薬_ の _臨床試験_を 中止 12.06.19nb 
(↑2012年 6月)
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症_ での _生存_、及び、_生活の質_を Jakafi ( ruxolitinib ) が _改善_ 12.03.07na 
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症_に於ける ruxolitinib : _使用_されるのは、一部の_患者さん_だけ 12.03.01na 
(↑2012年 3月)
(ニュース冒頭) _妊娠_中 の _血液`がん_ は _実体的な_リスクを 伴う__との研究結果_ 12.02.15na 
(↑2012年 2月)
(ニュース冒頭) _血液 がん _に対する__造血_細胞_移植_後 の _長期的_問題に関する最初の_研究_ 11.12.13na 
(↑2011年 12月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _骨髄`線維`症__治療用_として Jakafi (ruxolitinib) を_認可_ 11.11.19na 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _幹細胞`移植_用 の _臍帯`血液_製品 を 初めて_認可_ 11.11.11nb 
(ニュース冒頭) T-細胞性_白血病_ / _リンパ腫_ での _生存_を zidovudine / インターフェロンα が _改善_ 11.11.04ne 
『総説』 _リンパ`増殖性`疾患__治療_としての_新規な_抗体、及び、_免疫`接合体_に関する アップデート 11.10.14te 
(ニュース冒頭) より_年配_ の _血液 がん _患者さん_ での _骨髄`非破壊的__他家`幹細胞`移植_ 11.11.02nb 
(↑2011年 11月)

(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症_の_治療薬_として、米国 FDA が ruxolitinib の NDA 申請を受理 11.08.05nb 
(↑2011年 8月)
(ニュース冒頭) _ワルデンストレーム`大グロブリン血症__に対して 有益的な_化学療法__レジメン_ 11.07.18na 
『 JCO 論文』 _他家`造血`細胞`移植_の 後の _長期的__生存_、及び、_死亡 の 遅れ 11.06.03tb 
(↑2011年 7月)
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症_の_治療用_として ruxolitinib を_認可_申請 11.06.11nb 
( ASCO ニュース冒頭) 骨髄`線維`症_に対する_最初の_薬_ が _症状_解消を 提供 11.06.08nc 
(↑2011年 6月)

(ニュース冒頭) _白血病__患者さん_ での _抗−真菌剤_併用__治療_ は _安全的_で_効果的_ 11.05.18nb 
(↑2011年 5月)
『総説』 腎不全 に罹患している_患者さん_ での 血液_ がん _ の _管理_ 11.03.29ta 
(↑2011年 4月)
『総説』 _血液`がん_に於ける 痛みの問題 11.03.04td 
『 JCO 論文』 _骨髄`線維`症__に対する_TG101348 ( _選択_的 JAK2_抑制薬_ )による治療 11.02.26tb 
『総説紹介文の存在』 _骨髄`増殖性`腫瘍_ : _分子的_病理生理学、重要な_臨床的_理解、_治療__戦略_ 11.02.09ti 
(↑2011年 3月)

(ニュース冒頭) _血液_ がん での _幹細胞`移植_の_結果状況_を 新しい_戦略_ が _改善__との研究結果_ 11.02.10na 
(↑2011年 2月)
『総説』 成人 T-細胞_白血病_−リンパ腫 : 現在の_治療__戦略_ 、及び、 _新規な__免疫_学的 アプローチ 10.12.28tb 
『専門家インタビュー』 ASH まとめ : _リンパ腫_と_白血病_ : 持ち帰りメッセージ 10.12.17ta 
(↑2011年 1月)
『 JCO 論文』 _ワルデンストレーム`大グロブリン血症__に対する__他家`幹細胞`移植_ 10.11.20te 
(ニュース冒頭) ASH 2010 年次会議では、新しい_薬_や_研究_についての_ディスカッション_が ある見込み 10.12.02nb 
(↑2010年 12月)

『総説』 いわゆる特発性`毛包性ムチン沈着症の hydroxychloroquine による治療 10.09.30ta 
『総説』 _ワルデンストレーム`大グロブリン血症__に対する__新規な__治療__レジメン_《複数》 10.09.28tb 
『JCO 論文』 _成人`T細胞`白血病・リンパ腫_に対する_zidovudine/インターフェロンαによる治療 : 白血病_サブタイプで_利益 10.09.19tc 
『総説』 _移植片`対`腫瘍 効果_を_最適化するための 他家_免疫`療法_ : その概念と 論争 10.09.14ta 
(↑2010年 10月)
『 JCO 論文』 カストルマン病_治療薬_としての siltuximab 《 _新規な__抗− IL-6_モノクロナル抗体_ 》 10.08.09ta 
(↑2010年 8月)

『論文類』 _ワルデンストレーム`大グロブリン血症__に対する_rituximab + _皮下_2-chloro-2'-deoxyadenosine (2-CdA)_治療_ 10.05.03tc 
(↑2010年 6月)
『論文類』 _ワルデンストレーム`大グロブリン血症__に対する_高用量治療 + _自家`幹細胞`移植_による治療 10.05.03tb 
(↑2010年 5月)
『論文類』 _再発/治療−抵抗性_ワルデンストレーム`大グロブリン血症_に対する__毎週 1 回の_bortezomib/rituximab_併用_治療 10.03.09tg 
『論文類』 _再発した_、又は、_治療−抵抗性_ の _ワルデンストレーム`大グロブリン血症__に対する_everolimus による治療 10.03.09tf 
(↑2010年 4月)
『論文類』 _原発__中枢神経系_移植−後 _リンパ`増殖性`疾患_ 10.02.05tg 
(↑2010年 3月)

『論文類』 _マントル細胞`リンパ腫_、_緩徐`進行性_B 細胞性_リンパ`増殖性`疾患_ での flavopiridol/fludarabine/rituximab 10.01.17ta 
(↑2010年 2月)
(ニュース冒頭) _血液 がん  の _患者さん_ での _真菌__感染症_ : 最良の_予防_・_治療__戦略_ 10.01.29na 
(↑2010年 1月)
(ニュース冒頭) 成人 、及び、 小児_患者さん_ での _腫瘍`崩壊`症候群_を Elitek が _予防_ 09.12.31nd 
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症__に対する_初の 薬物_治療_に関し _研究_ が 進展中 09.12.09ne 
『論文類』 T-細胞性__リンパ腫_ 、及び、 _白血病__に対する_alemtuzumab / pentostatin_併用__治療_ 09.11.09tb 

『論文類』 _血小板`血`症_ 、及び、 _真正`赤血球`増加`症__に対する_ペギル化インターフェロンα− 2a による高率な_奏効_ 09.11.09ta 
(↑2009年 12月)
『総説紹介文』 アジアに於ける T-細胞、及び、ナチュラルキラー細胞_新生物_の_管理_ : Asian Oncology Summit 2009 声明 09.11.03te 
(ニュース冒頭) 本態性 _血小板`血`症_の_患者さん_ での 妊娠_結果状況_をインターフェロン が _改善_ 09.11.14na 
(↑2009年 11月)
『論文類』 骨髄`線維`症_に対する_lenalidomide/prednisone_治療による_持続的な_臨床的、組織`病理学`的、分子生物学的`奏効 09.10.02te 
(↑2009年 10月)
『総説紹介文』 HDAC 抑制薬−ベースの_治療_、と、_血液 がん  09.08.12tc 

『論文類』 _ワルデンストレーム`大グロブリン血症_の bortezomib、dexamethasone 、及び、 rituximab による_一次_治療_ 09.08.10tb 
(↑2009年 8月)
(ニュース冒頭) _血液 がん での cyclophosphamide 個別_用量_設定 が _合併症_を 減少 09.07.24na 
(↑2009年 7月)
(ニュース冒頭)_血液 がん での _増強`臍帯血_( StemEx )による_治療_の_Phase III__臨床試験_開始へ 09.06.17nc 
(総紹)_骨髄`増殖性`疾患_での JAK2 抑制薬__治療_ の 見込み(総説紹介文)09.05.17th 
(↑2009年 6月)
(ニュース冒頭)成人_T-細胞性 _白血病_/_リンパ腫_ での arsenic trioxide + … 09.05.09nc 

(ニュース冒頭)血小板`血`症_に対し、_腫瘍細胞`減少_治療_ は _一般的に_安全的_ 09.05.01na 
(↑2009年 5月)
( N 冒頭)_リンパ球系`悪性腫瘍_に対し、arsenic trioxide + アスコルビン酸は限定効果 09.03.27na 
(↑2009年 3月)
(ニュース冒頭)部分適合 臍帯血 は 小児_患者さん_ での移植 での 好適な_選択肢_ 09.02.19na 
『総』 2008 年度の ASCO 年次会議 : _血液 がん の治療 ハイライト(総説)09.01.31ta 
(総紹) bendamustine : 古い薬への新しい見方(総説紹介文)09.01.22tb 

(総紹)成人 T −細胞_白血病−リンパ腫の定義、予後因子、治療、及び、奏効基準 : 提案(総説紹介文)09.01.18tc 
(↑2009年 2月)
( N 冒頭)進行期の_骨髄`悪性`新生物_での_他家`幹細胞`移植_後に GVAX が有用の可能性 09.01.15na 
(↑2009年 1 月)
骨髄様 肉腫 での 他家 造血幹細胞移植 : SFGM-TC からの後ろ向き方式での研究(論文・報告)08.10.19tc 
(↑2008年 11 月)
化学療法−誘発の好中球減少症にある血液がん の小児患者さん での 急性虫垂炎の温存的管理(論文・報告)08.06.16ta 
(↑2008年 7月)
(ニュース冒頭)ワルデンストレーム 大グロブリン血症 で 併用治療が奏効率を改善 08.06.14na 
(↑2008年 6月)

(総紹) B 細胞性 悪性腫瘍の治療用としての lenalidomide(総説紹介文)08.03.22ta 
(↑2008年 4月)
新資料:ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 基本的な資料 08.03.17ca 
《 連載 #10=完 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.03.16cb 
『総』 血液がん の治療に使用される免疫調整的モノクロナル抗体に伴う感染性の合併症(総説)08.03.04ta 
《 連載 #9 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.03.16ca 

《 連載 #8 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.03.12ca 
『総標』血液学的ながん での 中心静脈カテーテルによる血栓性、及び、感染性の合併症(総説標題)08.02.29tb 
《 連載 #7 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.03.01ca 
《 連載 #6 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.02.29cb 
《 連載 #5 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.02.29ca 
(↑2008年 3月)

《 連載 #4 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.02.26ca 
《 連載 #3 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.02.25cb 
《 連載 #2 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.02.25ca 
《 連載 #1 》 ワルデンストレーム 大グロブリン血症の治療 08.02.20ca 
他家幹細胞移植後の移植片拒絶・脱落後の免疫抑制的な全リンパ節照射 での 再前処置で生着例(論文・報告)08.01.23ta 
(↑2008年 2 月)

(これよりも古い記事は、旧記事保管サイトで ご覧ください)

【諸情報(患者さん団体など)】

グループ・ネクサス(悪性リンパ腫の患者さん団体) 

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告