表紙・検索 新記事 ご連絡・新資料 化学療法剤 併用メニュー 支援治療 用語集 リンク・参考 アドバイス 部位別治療 化学療法(部位別) 放射線療法
情報データベース=> 全般 血液・リンパ・骨髄 脳・脊髄 乳がん 肝臓 消化管 生殖系 頭頸部  肺  膵臓 前立腺 メラノーマ 甲状腺 腎臓・尿路 その他
血液・リンパ系、骨髄 情報データベース

*****目次*****

*****以下本文*****

【現行の治療法関連】

病気別に資料をまとめてあります(病気の分類は必ずしも系統的な枝分かれになっていませんが、資料の内容によりますので、ご了解ください)

***** 急性骨髄性白血病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : 急性骨髄性白血病の治療《eMedicine》
 ‥資料 A : 治療の全体像( ACS )

急性骨髄性及び骨髄単球性白血病の化学療法 

急性骨髄性白血病の放射線療法 

***** 急性骨髄単球性白血病 *****

急性骨髄性及び骨髄単球性白血病の化学療法 

***** 急性リンパ性白血病 *****


成人 での 急性`リンパ性`白血病(ALL)の治療《 ACS 資料のご紹介》(作成開始:'17/2)

基本的な資料 
 ‥資料 B : _急性`リンパ性`白血病_の_治療_《eMedicine》
 ‥資料 A. : 治療の全体像( ACS )

急性リンパ球性白血病の化学療法 

急性リンパ性白血病の放射線療法 

***** 慢性骨髄性白血病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : 慢性`骨髄性`白血病_の_治療_と_治療薬_《eMedicine》
 ‥資料 A : 治療の全体像《ACS》

慢性骨髄性白血病の化学療法

***** 慢性リンパ球性白血病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : 慢性`リンパ球性`白血病の 治療・治療薬《eMedicine》
 ‥資料 A : 治療の全体像

慢性リンパ球性白血病の化学療法

***** 小児患者さんでの白血病 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** 骨髄異形成症候群 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** ホジキン病 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : ホジキン`リンパ腫_の_治療_《eMedicine 資料のご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

ホジキン病の化学療法 

ホジキン病の放射線療法 

***** 非ホジキンリンパ腫 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

非ホジキンリンパ腫の化学療法

非ホジキンリンパ腫の放射線療法 

***** 小児患者さんでの非ホジキンリンパ腫 *****

基本的な資料 
 ‥資料 A2 : _治療_の全体像《ACS資料のご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

***** B−細胞`性`リンパ腫_ *****

基本的な資料 
  ‥資料 A : B−細胞`性`リンパ腫_の_治療《eMedicine資料 ご紹介》

***** 多発性骨髄腫 *****

基本的な資料 
 ‥資料 B : _多発性`骨髄腫_の_治療_・薬物療法《eMedicine資料ご紹介》
 ‥資料 A : 治療の全体像

多発性骨髄腫の化学療法

多発性骨髄腫の放射線療法 



Topics集《index_001》
‥資料 A : 多発性`骨髄腫_で新しい_併用レジメン_が_有望的

***** 有毛細胞白血病(ヘアリーセル白血病) *****

基本的な資料 
 資料 001-A : 有毛細胞白血病の_治療_《eMedicine 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='10/7)

有毛細胞白血病(ヘアリーセル白血病)の化学療法

***** 皮膚浸潤性 T 細胞リンパ腫(菌状息肉腫) *****

皮膚浸潤性T細胞リンパ腫(菌状息肉腫)の化学療法

***** ワルデンシュトレームマクログロブリン血症 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

ワルデンシュトレームマクログロブリン血症の化学療法

***** 真性多血症、本態性血小板増加症 *****

真性多血症、本態性血小板増加症の化学療法

***** 皮膚リンパ腫 *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** _びまん性`大細胞型`リンパ腫_ *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** _濾胞性`リンパ腫_ *****

基本的な資料 
 ‥治療の全体像

***** __リンパ芽球`性`リンパ腫__ *****

基本的な資料 
 ‥資料 001-A : 治療の全体像

***** _マントル細胞`リンパ腫_*****

基本的な資料 
 ‥資料 001-A : _マントル細胞`リンパ腫_の_治療_《Medscape Reference資料の ご紹介 '12/5》

***** ___皮膚` T −細胞`リンパ腫___ *****

◎「その他情報データベース」のページをご覧ください。

作成中の資料について

現行の治療に関する新情報や、トピック情報のご紹介を目的とした資料を作成中の場合があります。これら作成中の資料も、ご参考のため原則として本サイトに収載しております。どのような資料を作成中であるのかをご確認のためには 新資料・ご連絡のページ をご覧ください。

◎分類に関する ご注意!


急性骨髄性白血病、etc. といった名称に明確に分類されない記事は、----- その他の白血病・白血病一般 -----に分類してありますので、ご参照ください(例えば、NK細胞白血病も ここに分類していきます)。

【治療ニュース、論文、総説】

各記事内のがん治療薬の日本での名称については、名称対照表をご参考にしてください。


***** 白血病 *****

----- 急性骨髄性白血病、急性前骨髄球性白血病 -----


(↑2018年 6月)

(ニュース冒頭) quizartinib が _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病_を有する_選択された_患者さん_ での _生存 を 改善_ 1805221718 
(↑2018年 5月)
『論文類』 _先行治療`経験`無し の__急性`骨髄性`白血病_を有する_年配`患者さん に於ける venetoclax + decitabine、又は、azacitidine の _安全性_、及び、_予備的な__有効性__ : _〜(続く) 1802111710 
(↑2018年 3月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病__に対する_guadecitabine の _用量_、_投与スケジュール、_安全性_、及び、_有効性_ 1801230039 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _急性`前骨髄球性`白血病_ の _第一線`治療_として Trisenox_注射用 を_認可_ 1802010047 
(ニュース冒頭) enasidenib が _いくらかの__白血病__患者さん_で _深刻な__症状_を 引き起こすことあり との研究結果 1801312350 
(↑2018年 2月)

(ニュース冒頭) _より年配_の_急性`骨髄性`白血病__患者さん_の ために venetoclax ?_ : _「_顕著な_」_反応_ 1801191715 
(↑2018年 1月)
『論文類』 新たに_診断された_急性`骨髄性`白血病_を有する_患者さん に於ける idarubicin / cytarabine  +  clofarabine( CIA )、又は、fludarabine( FIA ) : _ランダム化_フェーズ_2_研究_ 1711040013 
(↑2017年 12月)
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病_を有する_治療−未経験__患者さん_の_治療_ に於ける guadecitabine(SGI-110)_ : __多施設_、_ランダム化__フェーズ_1 / 2_臨床試験_からの_フェーズ_2__結果_ 1710082346 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が gilteritinib の _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病_の_治療_ に於ける _開発__に対し_ファースト・トラック《急行`車線》`認定_を_賦与_ 1711022350 
(↑2017年 11月)
『 JCO 論文』 _急性`前骨髄球性`白血病_を有する_小児`患者さん に於いて、arsenic trioxide_強化`治療_ が _アントラサイクリン系`化学療法剤__用量_引き下げを 可能にさせる_ : _〜(続く) 1709082341 
(↑2017年 10月)

『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__急性`骨髄性`白血病__に対する__導入治療_ に於ける idarubicin、と、_高用量_daunorubicin の _前向き方式__ランダム化__比較_ 1708190020 
(ニュース冒頭) _HLA-不適合__ミクロ`移植_が、_より年配__急性`骨髄性`白血病__患者さん_に於いて_利益的_ との研究結果 1709221711 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病_ に於ける gilteritinib による FLT3_選択的 阻害_ : __多施設_、_ヒトで最初、_ラベル`明示_、_フェーズ1〜2_研究_ 1707311719 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _急性`骨髄性`白血病__治療用_として Mylotarg ( gemtuzumab ozogamicin )を_認可_ 1709022259 
(↑2017年 9月)
『論文類』 FLT3 −変異__急性`骨髄性`白血病__に対する__他家`造血`幹細胞`移植_後 の 維持_薬_としての sorafenib の _有効性_、及び、_実施`可能性_ 1707222335 

(ニュース冒頭) arsenic trioxide による_強化`療法_ が _若年__白血病__患者さん_ に於ける _アントラサイクリン系`化学療法剤__用量_低減 を 可能にさせる との研究結果 1708200015 
『論文類』 _急性`骨髄性`白血病__に対する_treosulfan −ベース_移植前`処置`レジメン_後 の _長期的_結果状況__ : _European Society for Blood and Marrow Transplantation 〜(続く) 1707101646 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 特定のタイプ の _劣った`予後_ の _急性`骨髄性`白血病__治療用_として Vyxeos ( daunorubicin / cytarabine )_注射用_リポゾーム剤 を_認可_ 1708042350 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が IDH2_遺伝子`変異_を 伴う _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病__治療用_として Idhifa ( enasidenib )を_認可_ 1708021640 
(↑2017年 8月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA _がん治療薬`諮問`委員会_ が gemtuzumab の _急性`骨髄性`白血病__治療用_としての_使用_再開 を 勧告 1707142338 
(↑2017年 7月)

(ニュース冒頭) Seattle Genetics 社 が vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ ) の _晩期_ステージ__研究_を 停止 1706282318 
(ニュース冒頭) _精密_治療薬_enasidenib が _急性`骨髄性`白血病__治療_に於いて_効果的_ 1706202329 
『 JCO 論文』 _成人__急性`骨髄性`白血病__に対する__強化`療法_の 間での idarubicin_用量`引き上げ_ 1705211725 
(↑2017年 6月)
『 JCO 論文』 _第一`寛解`期_にある_急性`骨髄性`白血病_を有する_より若年__成人`患者さん_のための clofarabine −ベース_強化`治療__ : __ランダム化__フェーズ_2_研究_ 1704122337 
『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_、及び、_骨髄`異形成`症候群__に対する__骨髄`破壊_的 対 _強度`軽減__造血`細胞`移植_ の _比較_ 1704112254 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rydapt ( midostaurin )を FLT3 −変異__急性`骨髄性`白血病_、及び、_全身性`肥満細胞`症__治療用_として_認可_ 1704301648 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) Jazz Pharmaceuticals 社 が Vyxeos (CPX-351)( _急性`骨髄性`白血病__治療用_として_開発_中 )のための_新薬`申請( NDA )_ローリング提出を 完了 1704042311 
(↑2017年 4月)
『 JCO 論文』 _非−_高リスク__急性`前骨髄球性`白血病__に対する_retinoic acid + arsenic trioxide の、 retinoic acid + _化学療法_に_比較_しての_改善された__結果状況_ 1702191637 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が IDH2_遺伝子`変異_を 伴う__再発した、又は、治療−抵抗性__急性`骨髄性`白血病_の_治療用_として、enasidenib の_新薬`申請( NDA )_を受理し、_優先`審査_を_賦与_ 1703111759 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _治験`中止_命令を 解除したことにより、Seattle Genetics 社 が vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )の_臨床試験_を 再開 1703081726 
(↑2017年 3月)

『 JCO 論文』 アンドロゲンの追加により_急性`骨髄性`白血病_を有する_年配`患者さん での _生存_ が _改善__ : _GOELAMS_研究_ 1701281654 
(ニュース冒頭) _骨髄`破壊的``移植前`治療_の 後のほうが、_より良好_な_急性`骨髄性`白血病_ での _結果状況_ との研究結果 1702221718 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) _急性`骨髄性`白血病_を有する_年配`患者さん に於いて Venclexta + _低用量_cytarabine が _効果的_ 1701261722 
(↑2017年 1月)


(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

----- 慢性骨髄性白血病 -----

『 JCO 論文』 _慢性期``慢性`骨髄性`白血病_を有する_小児`患者さん に於ける dasatinib_治療__ : __フェーズ_2_臨床`試験_からの_結果_ 1805080124 
(↑2018年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 稀なタイプ の _白血病_を有する_小児`患者さん の _治療用_として Tasigna ( nilotinib : Novartis 社製_ )を_認可_ 1803291651 
『論文類』 _先行`治療_に_耐性_、又は、_非−忍容`可能的な__フィラデルフィア染色体`陽性__慢性`骨髄性`白血病__患者さん_ に於ける bosutinibの _ラベル`明示__安全性_ / _有効性__研究_〜(続く) 1801290008 
(↑2018年 3月)

『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__慢性`骨髄性`白血病__に対する_bosutinib 対 imatinib_ : __ランダム化_BFORE_臨床試験_からの_結果_ 1801212356 
(↑2018年 2月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _新たに_診断_された__慢性`骨髄性`白血病__治療用_として Bosulif に_加速`認可_を_賦与_ 1801162357 
(↑2018年 1月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性期_の_フィラデルフィア染色体`陽性__慢性`骨髄性`白血病_を有する_小児`患者さん_治療用_に Sprycel ( dasatinib )の_認可_を 拡大 1711161658 
(↑2017年 11月)
(ニュース冒頭) _慢性`骨髄性`白血病_を有し_妊娠する_患者さん__にとっては imatinib は 両刃の剣 1709201645 
(↑2017年 9月)
『論文類』 T315I_遺伝子`変異_を 伴う__フィラデルフィア染色体`陽性__白血病_ に於ける ponatinib 対 _他家`幹細胞`移植_ の _全体的`生存__比較_ 1707231631 
(↑2017年 8月)

(ニュース冒頭) imatinib により_治療_された_慢性`骨髄性`白血病_ に於ける _生存_ は _反応`時期 とは 関係無い との研究結果 1707071653 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) _小児`患者さん に於ける _慢性期``慢性`骨髄性`白血病__に対する_dasatinib_ : _imatinib からの_効果的__代替_ 1706301646 
(ASCO ニュース冒頭) Sprycel が _小児__慢性`骨髄性`白血病_の_治療_に_効果的_ との研究結果 1706151639 
『論文類』 _慢性`骨髄性`白血病_ に於ける pioglitazone + imatinib_ : __概念`実証_研究_ 1705071702 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) _専門家_に 聞こう_ : __慢性`骨髄性`白血病_ 1705262350 
(↑2017年 5月)

(ニュース冒頭) 「 imatinib は 全てを 変えた」_ : _未来 は _今や_ より 希望に満ちている。(原題通りの表現です) 1703101719 
(↑2017年 3月)
『 JCO 論文』 _慢性`骨髄性`白血病_を有する_患者さん_ に於ける フランス での Stop Imatinib (STIM1)_研究_ の _長期間__フォローアップ_ 1701192254 
(↑2017年 2月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

----- 急性リンパ性白血病、急性リンパ芽球性白血病 -----


(↑2018年 6月)
(ニュース冒頭) _若年_ の _T 細胞_白血病__患者さん_ に於ける 「これまでに 最良の_生存`データ_」(原題通りの表現です) 1805240002 
(↑2018年 5月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Blincyto ( blinatumomab )の_認可_を _微小`残存`病変_−陽性 _B 細胞`前駆_急性`リンパ性`白血病__治療用_に 拡大 1804021701 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Blincyto ( Amgen 社 の _白血病__治療薬_ )の_使用_を _再発__リスク_を有する _患者さん_に 拡大 1804010046 
(↑2018年 4月)

『論文類』 フィラデルフィア染色体`陰性_急性`リンパ芽球性`白血病を有する_より年配_患者さん_のための inotuzumab ozogamicin + 低−強度_化学療法_ : _単一`治療`グループ_、_フェーズ_2_研究 1803120004 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会_ が _急性`リンパ芽球性`白血病_ に於ける Blincyto ( blinatumomab ) の _新しい__使用_について_認可_を 勧告 1803091659 
(↑2018年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_として Kymriah ( tisagenlecleucel )( CAR T-細胞__治療_ )を_認可_ 1709011720 
(↑2017年 9月)
『論文類』 T315I_遺伝子`変異_を 伴う__フィラデルフィア染色体`陽性__白血病_ に於ける ponatinib 対 _他家`幹細胞`移植_ の _全体的`生存__比較_ 1707231631 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した、又は、治療−抵抗性__急性`リンパ性`白血病__に対する__治療用_として Besponsa ( inotuzumab ozogamicin )を_認可_ 1708181719 
(↑2017年 8月)

『総説紹介文』 _青年、及び、_若年`成人 に於ける _急性`リンパ芽球性`白血病_ 1706252255 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _諮問`委員会 が CAR T-細胞_治療薬_CTL019 の 小児、若年`成人 での 再発した、又は、治療−抵抗性_B-細胞性`急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_としての_認可_を 勧告 1707152325 
(ニュース冒頭) 米国 FDA _がん治療薬`諮問`委員会_ が _最初の_CAR T-細胞__薬_( tisagenlecleucel-T ) の _急性`リンパ性`白血病__治療用_として の _認可_を 勧告 1707142353 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 成人、及び、小児`患者さん に於ける 再発、又は、治療−抵抗性_B 細胞`前駆_急性`リンパ芽球性`白血病_治療用として Blincyto ( blinatumomab )に 全面的`認可を 賦与 1707122319 
(↑2017年 7月)
新資料(現行治療):成人 での 急性`リンパ性`白血病(ALL)の治療《 ACS 資料のご紹介》(作成開始:'17/2) 1706250010 

『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__フィラデルフィア染色体`陽性__B −前駆`細胞`性_急性`リンパ性`白血病_を有する_成人`患者さん_ に於ける 、blinatumomab_治療_〜(続く) 1705281700 
『論文紹介文』 _原発_治療−抵抗性__急性`リンパ性`白血病__に対する__他家`造血`細胞`移植__ : _Acute Leukemia Working Party of the EBMT からの_報告_ 1705241650 
(↑2017年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _小児`患者さん に於ける _急性`リンパ芽球性`白血病_、etc. の _治療用_として Xatmep ( methotrexate_経口`液剤_)を _認可_  1704282352 
(↑2017年 4月)
(ニュース冒頭) Juno Therapeutics 社 が _急性`リンパ芽球性`白血病_ での CAR T-細胞_研究_を 取り止め 1703041447 
(ニュース冒頭) blinatumomab が _B 細胞__急性`リンパ芽球性`白血病_ での _生存_を ぼぼ 倍増 1703021622 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が inotuzumab ozogamicin ( _急性`リンパ芽球性`白血病__治療用_ )の 認可`申請 を 受理 1702282242 
(↑2017年 3月)
『 JCO 論文』 成人 に於ける _フィラデルフィア染色体−様_急性`リンパ性`白血病_の _高い_頻度、及び、_劣った`予後_ 1701281717 
(↑2017年 2月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

----- 慢性リンパ性白血病 -----

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`有り の__慢性`リンパ球性`白血病__に対する__治療用_として Venclexta + Rituxan を_認可_ 1806121409 
(↑2018年 6月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_リンパ腫_ に於ける umbralisib _ : __ラベル`明示_、_フェーズ_1_、_用量`漸増_、_ヒトで最初の__研究_ 1804151711 
(↑2018年 5月)
(ニュース冒頭) Venclexta ( venetoclax ) が _慢性`リンパ球性`白血病_ での _がん`進行_を_有意に__低下_ 1803250021 
(ニュース冒頭) Verastem社 が 再発した、又は、治療−抵抗性 の _慢性`リンパ球性`白血病 / _小`リンパ球`性`リンパ腫 / _濾胞性`リンパ腫_治療用_としてduvelisib の _新薬`申請( NDA )を_申請_ 1803071720 
(ニュース冒頭) _慢性`リンパ球性`白血病_の_治療_に於いて、ibrutinib での _治療_開始 が _完全`奏効_達成 の 助けになる との研究結果 1803031728 
(↑2018年 3月)

『論文類』 ibrutinib_治療_後 に_病気`進行_している_慢性`リンパ球性`白血病__に対する_venetoclax による治療_ : __多施設_、_ラベル`明示__フェーズ_2_臨床`試験_ の _中間__解析_ 1801020032 
(↑2018年 2月)
(ニュース冒頭) rituximab_維持`療法_ は _年配_ の _慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_ に於ける 「妥当な」_選択肢_である との研究結果 1801060015 
(↑2018年 1月)
(ニュース冒頭) _三重__精密`医療_薬__併用_ が _慢性`リンパ球性`白血病__に対し_非常に__有望的である との研究結果 1712240010 
(ニュース冒頭) venetoclax、と、rituximab の _併用_ が _慢性`リンパ球性`白血病__に対する__新しい__標準的`ケア_になるかも知れない との 見方 1712141703 
(ニュース冒頭) ibrutinib + venetoclax_ : __再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する__潜在的`可能的な__併用`治療_ 1712121712 
(↑2017年 12月)

『 JCO 論文』 ibrutinib__治療`挫折_後 の CD19 −_特定的 _キメラ`抗原`受容体−改変` T 細胞_で_治療_された_慢性`リンパ球性`白血病_ に於ける _持続的__分子`生物学`的`寛解_ 1709082306 
(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _血液`がん_ に 対する _免疫`療法_の_臨床試験_に於いて _治験`中止_措置を 拡大 1709132348 
(ニュース冒頭) duvelisib ( Verastem 社 が _開発_中 ) が _慢性`リンパ球性`白血病_、_小`リンパ球`性`リンパ腫_ での _晩期_ステージ__臨床試験_で 成功的な_結果_ 1709081708 
(↑2017年 9月)
(ASCO ニュース冒頭) ibrutinib により_治療_された_再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病_ / _小`リンパ球`性`リンパ腫__患者さん_ での _首尾一貫的な__進行無し`生存__利益_ 1706292316 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rituxan の より_従来的な__投与__剤型_として_皮下_注射_用 を_認可_ 1706261626 

( ASCO ニュース冒頭) 個別化 細胞_治療_、と、Imbruvica の _併用_により、_高い_比率の_慢性`リンパ球性`白血病__患者さん_に於いて_完全`寛解_を 達成 1706081708 
(↑2017年 6月)
『 論文類』 _慢性`リンパ球性`白血病__に対する_ibrutinib、idelalisib、及び、venetoclax の_最適な_投与_順次`実施__ : _683 名の患者さん での _多施設`研究_からの_結果_ 1705021704 
『 JCO 論文』 _慢性`リンパ球性`白血病_ に於ける ibrutinib_に対する_ BTKC481S −媒介_耐性_ 1705012309 
(↑2017年 5月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する bendamustine / rituximab との_併用_ の _idelalisib、又は、_プラセボ__ : _〜(続く) 1703172301 
(↑2017年 4月)
『総説』 _年配`患者さん に於ける _慢性`リンパ球性`白血病_ の _管理__ : __国際 Society of Geriatric Oncology (SIOG) タスクフォースからの ポジション・ペーパー_ 1703051557 

『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病__に対する_venetoclax + rituximab による治療_ : __フェーズ1b_研究_ 1702051630 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) venetoclax + rituximab により_慢性`リンパ球性`白血病_に於いて「_前例の無い_」_有効性_ が 得られた との研究結果 1701251654 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

----- その他 / 細分類 の白血病、白血病一般 -----


(↑2018年 6月)

『論文類(詳細原文)』 _白血病`性、及び、_リンパ腫`性 髄膜炎の_診断_、及び、_管理_ 1801161737 
(↑2018年 2月)
『論文類』 _米国_ に於ける _慢性`骨髄`単球性`白血病_を有する_より年配__患者さん_ に於ける _メチル化`阻害薬_ の _使用_と_生存__ : __大規模__人口集団−ベース__研究_ 1709242358 
(↑2017年 10月)
『 JCO 論文』 _より高い__リスク_ の _骨髄`異形成`症候群_、及び、_慢性`骨髄`単球性`白血病_ に於ける azacitidine_単独_、又は、lenalidomide、又は、vorinostat との_併用__ : _〜(続く) 1708182356 
(ニュース冒頭) duvelisib ( Verastem 社 が _開発_中 ) が _慢性`リンパ球性`白血病_、_小`リンパ球`性`リンパ腫_ での _晩期_ステージ__臨床試験_で 成功的な_結果_ 1709081708 
(↑2017年 9月)
(ASCO ニュース冒頭) ibrutinib により_治療_された_再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病_ / _小`リンパ球`性`リンパ腫__患者さん_ での _首尾一貫的な__進行無し`生存__利益_ 1706292316 
(↑2017年 6月)

(ニュース冒頭) _市場_に 向けての CAR T-細胞_製品 の レース 1704051558 
(↑2017年 4月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

*****リンパ腫(非ホジキンリンパ腫、ホジキンリンパ腫)*****

----- 非ホジキンリンパ腫、未分類、リンパ腫一般 -----

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _マントル細胞`リンパ腫__治療用_として Calquence を_認可_ 1806030102 
(↑2018年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した__濾胞性`リンパ腫__治療用_として Aliqopa を_認可_ 1805240054 
(ニュース冒頭) 忍耐 が 必要_ : __ワルデンストレーム`大グロブリン血症_ は _非−治癒`可能的_、しかし、_生存`期間_ は 長い(原題通りの表現です) 1805240019 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__慢性`リンパ球性`白血病_、及び、_リンパ腫_ に於ける umbralisib _ : __ラベル`明示_、_フェーズ_1_、_用量`漸増_、_ヒトで最初の__研究_ 1804151711 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が 大細胞型 B-細胞リンパ腫を有する 適切な_患者さん_の_治療用_として Kymriah ( tisagenlecleucel )に 第二の_認可_を _賦与_ 1805090019 
(↑2018年 5月)
『 JCO 論文』 _先行治療`経験`無し の__濾胞性`リンパ腫__患者さん_ での CHOP + rituximab、又は、CHOP + 131I − tositumomab による_治療_後 の 継続した 優れた_結果状況__ : _〜(続く) 1803030039 
(ニュース冒頭) Verastem社 が 再発した、又は、治療−抵抗性 の _慢性`リンパ球性`白血病 / _小`リンパ球`性`リンパ腫 / _濾胞性`リンパ腫_治療用_としてduvelisib の _新薬`申請( NDA )を_申請_ 1803071720 
『論文類』 _ステージ_1 / 2 _ナチュラル`キラー( NK ) / T_細胞``リンパ腫__に対する__順次`実施__化学療法_ / _放射線`療法_ は _同時`実施__化学`放射線`療法_と_比肩`可能的_ 1801270039 
(↑2018年 3月)
『論文類(詳細原文)』 _白血病`性、及び、_リンパ腫`性 髄膜炎の_診断_、及び、_管理_ 1801161737 
(↑2018年 2月)

『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__緩慢`性__リンパ腫_ に於ける copanlisib による phosphatidylinositol 3-kinase (PI3K) _阻害 1712180000 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`無し の__濾胞性`リンパ腫__治療用_として Gazyva を_認可_ 1801150004 
『 JCO 論文』 _非ホジキンリンパ腫__克服者さん_ に於ける _既存の__心臓`血管`系__リスク_、及び、その後の_心不全_ 1711301709 
(↑2018年 1月)
『論文類』 _先行治療`経験`無し の__濾胞性_非ホジキンリンパ腫__に対する_lenalidomide + rituximab の _フェーズ_2_臨床`試験__ : _CALGB 50803 (Alliance) 1711140018 
(ニュース冒頭) 身体的 活動 が _リンパ腫__患者さん_ での より長い_生存_を 助ける との研究結果 1712221721 

『総説』 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対する__導入__化学`免疫`療法_に続いての_維持`療法_ 1711122351 
(ニュース冒頭) mogamulizumab_ : _皮膚_リンパ腫__に対する__有`価値の__新しい__選択肢_ 1712121700 
(↑2017年 12月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`無し の__進行期__濾胞性`リンパ腫__治療用_として Gazyva を_認可_ 1711240009 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _原発_皮膚_未分化`大細胞型`リンパ腫_、及び、 CD30 −発現_菌状息肉症__に対する__治療用_として ADCETRIS ( brentuximab vedotin )を_認可_ 1711152355 
『論文類』 rituximab 時代 に於ける _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_の_中枢神経系__再発__ : _UK NCRI R-CHOP-14 versus 21 の _結果_ 1710022357 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _マントル細胞`リンパ腫__治療用_として Calquence を_認可_ 1711080009 
『論文類』 _マントル細胞`リンパ腫_の 一定の_患者さん_に於いての_初回__管理_としての_経過`観察_ 1710021650 
『 JCO 論文』 _小児__未分化`大細胞型`リンパ腫_、及び、_炎症性`筋線維`芽細胞`性`腫瘍_ に於ける crizotinib による ALK _標的化_ : _Children ’ s Oncology Group による_研究_ 1709300015 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _マントル細胞`リンパ腫_を有する_成人`患者さん__治療用_として Calquence ( acalabrutinib )を_認可_ 1711011718 
(↑2017年 11月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 2 番目の CAR T-細胞__治療_を _認可_( _再発した、又は、治療−抵抗性_ の _攻撃的__B 細胞__非ホジキンリンパ腫__治療用_として ) 1710242341 

『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性_、_緩慢`性_、又は、_攻撃的__リンパ腫__に対する_copanlisib ( PI3K_阻害薬_ )による治療_ : __フェーズ_2_研究_ 1709110027 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が 特定のタイプ の 大細胞型 B-細胞リンパ腫を有する_成人`患者さん_の_治療用_として Yescarta ( axicabtagene ciloleucel ) CAR T-細胞__治療_を_認可_ 1710192350 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した__濾胞性`リンパ腫__治療用_として Aliqopa を_認可_ 1710070016 
(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫_ に於ける obinutuzumab 対 rituximab_ : _勝敗 の 予測 不可能な 接戦 1710061705 
(↑2017年 10月)
『論文類』 _米国_ に於ける 、_節外性`ナチュラル・キラー T 細胞リンパ腫、鼻型_ での _放射線`療法_の 省略、又は、不十分な_用量_ の _インパクト_ 1708091706 

『論文類』 _最初の__完全`寛解_にある_原発``中枢神経系`リンパ腫_を有する_患者さん_のための thiotepa / busulfan / cyclophosphamide による_高用量`化学療法_ + _自家`幹細胞`移植_ 1708090009 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Aliqopa ( copanlisib )を_成人_ での _再発__濾胞性`リンパ腫__治療用_として_認可_ 1709160000 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _血液`がん_ に 対する _免疫`療法_の_臨床試験_に於いて _治験`中止_措置を 拡大 1709132348 
(↑2017年 9月)
『 JCO 論文』 びまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫に対する第一線_rituximab / cyclophosphamide / doxorubicin / vincristine / prednisone が奏効している年配`患者さんでの lenalidomide〜(続く) 1707281725 
『総説』 _原発__中枢神経系`リンパ腫_ 1707212349 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が acalabrutinib ( _マントル細胞`リンパ腫__治療用_ )についての_新薬`申請( NDA )_を 受理し、_優先`審査_を_賦与_ 1708081719 
(↑2017年 8月)
『論文類』 R-CHOP _レジメン_で_治療_された_びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_を有する_年配`患者さん の _結果状況__ : _英国 NCRI R-CHOP14v21_臨床試験_と DSHNHL RICOVER-60 〜(続く) 1707031647 
(ニュース冒頭) rituximab_バイオ`後続品(バイオシミラー)_ が _安全的_で_効果的_である_との報告 1707291736 
『 JCO 論文』 粘膜関連リンパ組織リンパ腫 の IELSG-19_ランダム化`臨床`試験_ の _最終的`結果_ : _chlorambucil、又は、rituximab_単剤`治療__に対し rituximab / chlorambucil 〜(続く) 1706092327 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対し、CAR T-細胞__治療_が_勇気づける的_な_結果_との_報告_ 1706291703 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rituxan の より_従来的な__投与__剤型_として_皮下_注射_用 を_認可_ 1706261626 
(ニュース冒頭) _リンパ腫_に於いて、rituximab との_併用_相手 は _依然として_未確定( ASCO で 議論 ) 1706161719 
(↑2017年 6月)
『論文類』 _早期−ステージ__節外__辺縁帯`リンパ腫_を有する 487 名の患者さん の_長期的__結果状況_ 1705022327 
(ニュース冒頭) _濾胞性`リンパ腫__に対し、_皮下_rituximab が _安全的_、で、_効果的_ との研究結果 1705191708 
『論文類(詳細原文)』 _救助《サルベージ》化学療法_、及び、_自家`幹細胞`移植_を 受ける_再発した、又は、治療−抵抗性__攻撃的__リンパ腫_を有する_より年配の患者さん での 〜(続く) 1704211637 
(↑2017年 5月)

『論文類』 _未治療の_CD20 −陽性 _びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_、又は、_濾胞性`リンパ腫__患者さん_ に於ける rituximab_投与 での _皮下_ 対 _静注__投与_ の _選好__ : _〜(続く) 1704031625 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Novartis 社製_の CAR T-細胞_治療_CTL019 に、_再発した、又は、治療−抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫_を有する_成人`患者さん_〜(続く) 1704181646 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__攻撃的__リンパ腫_を有し、_救助《サルベージ》化学療法_、及び、_自家`幹細胞`移植_を 受ける_より年配__患者さん_ での _治療__結果状況_ は 〜(続く) 1703231627 
(ニュース冒頭) _市場_に 向けての CAR T-細胞_製品 の レース 1704051558 
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__非ホジキンリンパ腫_の_患者さん_ に於ける _フェーズ_1__ヒトで最初の__研究_ 1703132313 
(↑2017年 4月)
『 JCO 論文』 _第一線__濾胞性`リンパ腫__治療_ に於ける 代替`評価`項目_としての 30 ヶ月後_完全`奏効_ : __多重_の_ランダム化`臨床`試験_の個別_患者さん__レベル__解析_ 1702111618 

『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__びまん性`大細胞型` B 細胞性`リンパ腫__に対する_ofatumumab 対 rituximab_救助《サルベージ》_化学`免疫`療法__ : _ORCHARRD_研究_ 1702102250 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _辺縁帯`リンパ腫__に対する__治療用_として Imbruvica を_認可_ 1702091655 
(↑2017年 2月)
『 JCO 論文』 2000 年〜 2013 年に_診断_された_節外性 NK/T 細胞`リンパ腫 を有する_患者さん_の_治療_、及び、_結果状況__ : _日本 での 共同_研究_ 1612312251 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Imbruvica ( ibrutinib )を_再発した、又は、治療−抵抗性__辺縁帯`リンパ腫__に対する_ _特定的な適応での_最初の__治療_として_認可_ 1701241641 
(ニュース冒頭) _進行期__濾胞性`リンパ腫__に対する__初回`治療_としての Gazyva が がん の _進行_を 遅延化 1701062246 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

----- ホジキンリンパ腫(のみ の記事) -----

『 JCO 論文』 _自家`造血`細胞`移植_ での _治療`挫折_後 の _再発した、又は、治療−抵抗性__古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_nivolumab_ : __多重_コホート__単一`治療`グループ_〜(続く) 1805140054 
(↑2018年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Adcetris ( brentuximab vedotin ) の _認可_を__化学療法_との_併用_で ステージ_3_、又は、4 の _古典型`ホジキンリンパ腫_の_第一線`治療_に 拡大 1803211607 
(↑2018年 4月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _先行治療`経験`無し の__ステージ_3_、又は、4 の _古典型`ホジキンリンパ腫__に対する__治療用_として Adcetris + _化学療法_を_認可_ 1803250043 

『 JCO 論文』 2 サイクル の ABVD_レジメン_後 に_陽性_ の _中間_PET / CT スキャンを示した_進行期−ステージ__ホジキン`リンパ腫_を有する_患者さん_ での 強化 BEACOPP_レジメン_〜(続く) 1802222344 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性_ホジキン`リンパ腫_に対する_brentuximab vedotin + bendamustineによる治療_ : __国際的_、_多施設_、_単一`治療`グループ_、_フェーズ1〜2_臨床試験 1802121725 
(ニュース冒頭) _精密 がん_治療薬_Adcetris の 追加により、_進行期_ホジキンリンパ腫_ に於ける _治療`挫折__リスク_ が _低下_ 1803020014 
(↑2018年 3月)
『論文類』 _進行期__古典型`ホジキンリンパ腫_ の _第一線`治療_への brentuximab vedotin の 組み込み_ : _German Hodgkin Study Group による_フェーズ_2__ランダム化`臨床`試験_ の _最終_解析_ 1712032352 
(↑2018年 1月)
(ニュース冒頭) 20 年間 で 初めて_ : __ホジキン`リンパ腫_ に於ける _改善された__第一線`治療_(ほぼ原題通りの表現です) 1712132338 
(↑2017年 12月)

『 JCO 論文』 _ホジキン`リンパ腫__に対する_適合_兄弟ドナー_、又は、_非`血縁`ドナー_移植 の _代替_としての 移植後 cyclophosphamide −ベース_HLA −半`合致_移植_ : _〜(続く) 1710212348 
『論文類』 _再発した_、又は、_治療−抵抗性_ の _ホジキン`リンパ腫__に対する_nivolumab による治療_ : __現実`生活_ での _経験_ 1710021715 
(↑2017年 11月)
『論文類』 _ホジキン`リンパ腫__患者さん_のための_化学療法_後 の _強化`治療__陽子線`治療_ 1709112356 
(↑2017年 10月)
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_pembrolizumab の _有効性_、及び、_安全性__ : __フェーズ_2_研究_ 1706302313 
『 JCO 論文』 早期−ステージ_ホジキン`リンパ腫 に於ける 最新の治療 の 長期的フォローアップ : _German Hodgkin Study Group HD7, HD8, HD10、及び、 HD11_臨床試験_の_アップデート_された_解析 1706211634 
(↑2017年 7月)

『 JCO 論文』 _ステージ_1_、及び、2_ホジキン`リンパ腫_ に於ける _早期_PET_反応_−適合_治療__ : __ランダム化_EORTC/LYSA/FIL H10_臨床試験_ の _最終的`結果 1705272321 
(↑2017年 6月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_idelalisib ( PI3K δ の _選択的な__阻害薬_ )_ : __フェーズ_2_研究_ 1705022300 
『 ASCO abstract 』 _自家`幹細胞`移植_を受ける_再発した、又は、治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__患者さん_ に於ける 移植`周辺_放射線`療法__ : __多施設__解析_ 1704161650 
『論文類(詳細原文)』 brentuximab vedotin_治療`挫折_後 の _古典型`ホジキンリンパ腫__に対する_pembrolizumab による_プログラム`死 1_ブロック 1704141622 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _成人_、及び、_小児`患者さん での _古典型`ホジキン`リンパ腫__治療用_として Keytruda を_認可_ 1703291633 

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Keytruda ( pembrolizumab )を_古典型`ホジキンリンパ腫__治療用_として_認可_ 1703152231 
(↑2017年 3月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__ホジキン`リンパ腫__に対する_近年の_骨髄`破壊的_ 対 _強度軽減`他家`幹細胞移植__ : _〜(続く) 1612261658 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

*****多発性骨髄腫*****


(ニュース冒頭) _骨髄腫_ に於ける _移植_ は _生存_を_改善_する、しかし、それは 過少_使用_の 状況である。 1806160001 
(↑2018年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_を有し、_移植_に 不適格な_患者さん_治療用として Darzalex ( daratumumab )を_認可_ 1805120056 

『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_の_治療_のための _経口_selinexor による 核外`輸送 の _選択的な_阻害 1804040034 
『総説紹介文』 _多発性`骨髄腫_ に於ける _骨`調整`薬_ の _役割__ : _American Society of Clinical Oncology_臨床`実地__ガイドライン__アップデート_ 1803270057 
(↑2018年 5月)
『 JCO 論文』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_ に於ける carfilzomib / lenalidomide / dexamethasone による_全体的`生存__改善_ 1803230044 
『論文類』 _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_の_骨`疾患_ の _治療_ に於ける denosumab 対 zoledronic acid_ : __国際的_、_ダブル`ブラインド_、ダブル−ダミー、_ランダム化_、〜(続く) 1803100008 
(↑2018年 4月)
(ニュース冒頭) Kyprolis が _再発性__多発性`骨髄腫_ での _生存 を 改善_ 1802090045 
(↑2018年 2月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫__治療用_として Xgeva を_認可_ 1801190016 
(ニュース冒頭) _まず最初`実施 の__幹細胞`移植_ が、引き続き、 _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__に対する__標準的`ケア_であるとの_研究`結果_ 1801130027 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_ に於ける _骨関連`事象 の _予防用として Xgeva ( denosumab )を_認可_ 1801110019 
(↑2018年 1月)
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する_Filanesib _単独_、又は、_低用量_dexamethasone との_併用__ : __フェーズ_1_、及び、2_研究_ 1711200016 
(ニュース冒頭) Darzalex ( daratumumab )の追加により_新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_ での _結果状況_ が _改善_ 1712171658 

(ニュース冒頭) daratumumabの_多発性`骨髄腫__最先発`実施_治療_への 移行 準備 OK(ほぼ 原題通りの表現です) 1712142316 
『論文類』 _再発した、又は、治療−抵抗性_ の _多発性`骨髄腫__に対する_KW-2478 ( Hsp90_阻害薬_ ) + bortezomib による治療_ : __フェーズ_1 / 2_研究_ 1710291716 
(↑2017年 12月)
『 JCO 論文』 _新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_ に於ける _自家`幹細胞`移植_後 の lenalidomide_維持`療法__ : __メタ解析_ 1710160000 
『論文類』 再発した、又は、治療−抵抗性_多発性`骨髄腫_に対する_carfilzomib、又は、bortezomib_ : _ENDEAVOR(_ラベル`明示、_ランダム化_フェーズ3_臨床`試験の _中間_全体的`生存__解析_ ) 1710090012 
(ニュース冒頭) _再発した__多発性`骨髄腫__に対し Kyprolis が Velcade よりも_長期的に_より優れる ことを 示す_研究`結果_ 1711012355 
(↑2017年 11月)

『論文類』 _治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する__自家_造血`幹細胞`移植_ の _結果状況_ 1709200018 
(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _血液`がん_ に 対する _免疫`療法_の_臨床試験_に於いて _治験`中止_措置を 拡大 1709132348 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫_ での pembrolizumab の_臨床試験_について 警告 1709021715 
(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) _進行期__多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_に於いて、Empliciti + Revlimid による治療 が 4 年間 _フォローアップ_でも_長期的__利益_ 1707152343 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _多発性`骨髄腫__に対する_Merck 社 による _併用__治療_ の _臨床試験__に対し、_治験`停止`措置_を 指示 1707072335 
(↑2017年 7月)

(ニュース冒頭) denosumab が _多発性`骨髄腫__骨`疾患__に対し_利益的_ との研究結果 1706281713 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫__に対する__治療用_として pomalidomide、及び、dexamethasone との_併用_で Darzalex ( daratumumab )を_認可_ 1706242341 
(ニュース冒頭) Merck 社 が _多発性`骨髄腫_ に於ける Keytruda をテスト中の 2 件の_晩期_ステージ__研究_を 休止へ 1706161702 
『論文類(詳細原文)』 _幹細胞`移植__非−適格_の_新たに_診断_された__多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_ に於ける lenalidomide / _低用量_dexamethasone、又は、〜(続く) 1705171706 
(↑2017年 6月)
『 JCO 論文』 _再発した and / or 治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_ に於ける _治療`結果状況_ の _系統的__文献__レビュー_、及び、_ネットワーク`メタ解析_ 1704212333 
(↑2017年 5月)

(ニュース冒頭) 米国 FDA が Revlimid の 適応を _多発性`骨髄腫__に対する__自家`幹細胞`移植_に続いての_維持`療法_に 拡大 1703282241 
『総説』 _多発性`骨髄腫_ に於ける _二次`原発`がん__ : __概観、及び、IMWG コンセンサス 1703051619 
(ニュース冒頭) _再発した、又は、治療−抵抗性__多発性`骨髄腫_に於いて、Kyprolis が Velcade に_比較_して_有意に__全体的`生存_を_改善_ 1703221657 
(ニュース冒頭) 3 月は_多発性`骨髄腫_認識 の 月である_ : __最近の__進歩_について 学ぼう。(ほぼ原題通りの表現です) 1703212315 
『 JCO 論文』 _多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_ での _治療_施設`容量( ボリューム )、と、_死亡`率_との_関連性_ 1702182256 

(ニュース冒頭) _再発した、又は、治療−抵抗性___多発性`骨髄腫__に対し、「 DaraLenDex 」_併用`レジメン_ が ベスト との研究結果 1703071652 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _自家`造血`幹細胞`移植_後 の _多発性`骨髄腫_を有する_患者さん_のための_維持`療法_として Revlimid ( lenalidomide )の適応を 拡大 1702282259 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) _くすぶり型`骨髄腫__に対する__早期_治療_により_長期的_結果状況_ が _改善_ 1702032239 
(↑2017年 2月)
(ニュース冒頭) Velcade / Revlimid / dexamethasone_ : __新たに_診断_された__多発性`骨髄腫__に対する__新しい__標準的`ケア_ 1701311717 
『総説紹介文』 _多発性`骨髄腫_の _治療_に、elotuzumab、及び、daratumumab を いかに 組み込むべきか 1612251517 

『論文類』 _多発性`骨髄腫__に対する__自家`造血`幹細胞`移植_後 の _維持`療法_lenalidomide の _より長い__持続`期間_による_生存`期間__伸長_ 1612121551 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

*****骨髄異形成症候群*****



(↑2018年 6月)

『論文類』 _より低い__リスク_ の _骨髄`異形成`症候群_を有する_患者さん_ での _貧血__治療_のための luspatercept _ : _PACE-MDS ( _多施設_、_ラベル`明示_フェーズ2_投与量`決定_〜(続く) 1710092353 
(↑2017年 11月)
『 JCO 論文』 _より高い__リスク_ の _骨髄`異形成`症候群_、及び、_慢性`骨髄`単球性`白血病_ に於ける azacitidine_単独_、又は、lenalidomide、又は、vorinostat との_併用__ : _〜(続く) 1708182356 
(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) azacitidine が _依然として__骨髄`異形成`症候群__に対する__標準的`ケア_である との研究結果 1708231713 
(↑2017年 8月)
『 JCO 論文』 _骨髄`異形成`症候群_を有する_患者さん_のための_用量`引き下げ_ 対 _標準的__移植前`処置_ 、と、 それに続いての_他家`幹細胞`移植__ : _〜(続く) 1706302348 
(↑2017年 7月)
『総説紹介文』 _骨髄`異形成`症候群_ に於ける lenalidomide_使用__ : __生物学的メカニズム、及び、_臨床的_応用への 洞察 1705062315 

『 JCO 論文』 _急性`骨髄性`白血病_、及び、_骨髄`異形成`症候群__に対する__骨髄`破壊_的 対 _強度`軽減__造血`細胞`移植_ の _比較_ 1704112254 
(↑2017年 5月)
『論文類』 より_高リスク_の_骨髄`異形成`症候群_を有し_再発_した、又は、_メチル化`阻害薬_治療−抵抗性_ の _患者さん_のための_低用量_clofarabine / cytarabine による治療_ : _〜(続く) 1702132246 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _治験`中止_命令を 解除したことにより、Seattle Genetics 社 が vadastuximab talirine ( _急性`骨髄性`白血病__治療用_ )の_臨床試験_を 再開 1703081726 
(↑2017年 3月)
(ニュース冒頭) _骨髄`破壊的``移植前`治療_の 後のほうが、_より良好_な_急性`骨髄性`白血病_ での _結果状況_ との研究結果 1702221718 
(↑2017年 2月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

*****血液・リンパ系・骨髄 その他(含 骨髄線維症、真正赤血球増加症_)、全般*****


( ASCO ニュース冒頭) _併用_ibrutinib / rituximab が _ワルデンストレーム`大グロブリン血症_ での _結果状況_を_改善_ 1806090017 
『 JCO 論文』 軽鎖アミロイドーシス_に対する__幹細胞`移植__ : __時間`経過と 共の 早期_死亡`率_ の _低下_ 1805071721 
(↑2018年 6月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が duvelisib ( _慢性`リンパ球性`白血病_、_濾胞性`リンパ腫_、_末梢 T-細胞リンパ腫、_非ホジキンリンパ腫__治療用_ ) の NDA_申請_を 受理し、_優先`審査_を_賦与_ 1804250056 
(ニュース冒頭) _幹細胞`移植_後 の _移植片`対`宿主`病__治療_への_新しい__アプローチ_ 1803160034 

(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症__治療_のための pacritinib_開発_ の 状況 1804072342 
(↑2018年 4月)
『 JCO 論文』 _血液`悪性`腫瘍__に対する__造血`細胞`移植_後 の 認知`機能_ : __前向き方式__縦軸長期的な__研究_ 1802230018 
(ニュース冒頭) pacritinib が _骨髄`線維`症_ での _満たされていないニーズ_を 満たすことができる との研究結果 1803141649 
『論文類』 _移植片`対`宿主`病__予防_のための cyclosporine / methotrexate ± methylprednisolone の _ランダム化`研究__ : __三重_予防_による_改善された__長期`生存_ 1802100035 
(↑2018年 3月)
(ニュース冒頭) Kymriah ( Novartis 社 の CAR T 治療_ ) が 欧米で 迅速`審査へ 1801200033 

『論文類』 _進行期__血液`悪性`腫瘍_を有する_患者さん_ に於ける pracinostat_単独_、又は、azacitidine との_併用__ : __フェーズ_1__用量`漸増__多施設`臨床試験_ 1712052357 
『 JCO 論文』 _骨髄`線維`症_を有する ヤヌスキナーゼ_阻害薬_−未経験__患者さん_ に於ける momelotinib 対 ruxolitinib の _比較__ : _SIMPLIFY-1 ( _フェーズ_3__ランダム化`臨床`試験_ ) 1712010000 
(↑2018年 1月)
(ニュース冒頭) _長期的__フォローアップ_ が 示した、 _真正`赤血球`増加`症_を有する_患者さん_ での Jakafi_奏効_ の _持続性 1712290027 
(ニュース冒頭) _血液`がん__のために_幹細胞`移植_を 受けた_患者さん_に於いて_チェックポイント`阻害薬_ が _効果的_らしい_との報告 1712241651 
(ニュース冒頭) Jakafi −耐性__骨髄`線維`症__に対し、fedratinib が _新しい__選択肢_となる 可能性がある との研究結果 1712080042 
(↑2017年 12月)

(ニュース冒頭) Incyte 社 が _本態性`血小板`増多`症__に対する__治療用_として Jakafi を_評価_する_臨床試験_を 開始した旨 発表 1711221711 
(ニュース冒頭) 米国 FDA が BRAF V600_遺伝子`変異_を 伴う_エルドハイム・チェスター病_治療用_として Zelboraf ( vemurafenib )を_認可_ 1711072357 
(↑2017年 11月)
『 JCO 論文』 _骨髄性`悪性`腫瘍_のために 他家移植を 受けた_患者さん_に於いて、 移植前 ビタミン D 欠乏 は _より高い__再発率_を 伴う 1709241719 
(↑2017年 10月)
(ニュース冒頭) CAR T-細胞_ の _急性`毒性_の_管理_のための_新しい__ガイドライン_発表 1709222336 
『論文類』 _非`血縁`ドナー_からの 移植を 受ける_血液`悪性`腫瘍_を有する 小児`患者さん に於ける_移植片`対`宿主`病_予防_のための ウサギ_抗− T −_リンパ球_グロブリン の 〜(続く) 1708022317 

(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症__治療用_としての pacritinib_臨床試験_ が _患者さん_を_組み込み_中 1709022348 
(↑2017年 9月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が _慢性`移植片`対`宿主`病__治療用_として Imbruvica( ibrutinib )を_認可_ 1708042326 
(↑2017年 8月)
(ニュース冒頭) 「信じられないほどに エキサイティング」_ : _「生きた_薬_」としての CAR T-細胞_(原題通りの表現です) 1707181617 
(↑2017年 7月)
(ニュース冒頭) 米国 FDA が Rydapt ( midostaurin )を FLT3 −変異__急性`骨髄性`白血病_、及び、_全身性`肥満細胞`症__治療用_として_認可_ 1704301648 
(↑2017年 5月)
(ニュース冒頭) _骨髄`線維`症_に於いて、pacritinib が _忍容性`良好_で _有用的_ 1704121651 
(↑2017年 4月)

『論文類』 rituximab_治療−抵抗性__ワルデンストレーム`大グロブリン血症_を有する_患者さん_のための ibrutinib_ : _iNNOVATE ( _国際的_、_多施設_、_フェーズ_3_臨床`試験_ の 〜(続く)) 1702051651 
(↑2017年 3月)
『論文類』 _脾`腫大_を 伴わない _コントロール_不十分な_真正`赤血球`増加`症_の_治療_のための ruxolitinib_ : __ランダム化_、_ラベル`明示_、_フェーズ_3b_研究_( RESPONSE-2 ) 1701021702 
(ニュース冒頭) CTI BioPharma 社 が pacritinib ( _骨髄`線維`症__治療用_として_開発_中 )_に対する_完全_治験`停止`措置_の 撤廃を 発表 1701071450 
(↑2017年 1月)

(これよりも古い記事は、こちらのページで ご覧ください)

【諸情報(患者さん団体など)】

グループ・ネクサス(悪性リンパ腫の患者さん団体) 

key words:がん、ガン、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、海外、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳ガン、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

広告