欧米での がん 治療情報



07-1720t 『 ASCO abstract 』 隣接臓器への浸潤、又は、大動脈傍リンパ節への転移を伴う当初非−切除可能的 胃がんに対する_docetaxel / capecitabine / cisplatin / bevacizumab_術前`補助`化学療法〜(続く)

 1603071720 
関連部位=_胃_ 
関連範囲=_転移性_ 
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

本コーナーでは、記事の存在を ご紹介しています。内容自体は、正確を期すためにも、下記の原文(リンク先)をお読みください。
記事の内容イメージ: 該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは以下のようなものです。

『標題(続き)』= 〜 : _フェーズ_2_研究_ 

( 原文は ASCO 2015 アブストラクトです )

〔アブストラクト〕

- 背景・目的 - :_以前に_、我々は _示した_【・『 』ということを… |『 _術前`補助`化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← docetaxel / capecitabine / cisplatin《 DXP_レジメン_ 》 は 提供する_【・*を |*←〈一つの〉_妥当的な_チャンス{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_治癒的__手術___【・*に於いて |*←_当初_非−切除可能的_ の _胃がん{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←隣接臓器への浸潤、又は、大動脈傍リンパ節への_転移__』】__。凵@. . . . ¨目的{☆の}¨ 〔 ☆←この研究】〓〓は ∬ (する)ことであった 【 ∬=_評価する_【・*を |*←¨有効性、及び、安全性{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_集中的_な_術前`補助_DXP + bevacizumab__【・*に於いて |*←_これらの患者さん《複数》_ 】】__。

《方法、結果については、原文をお読みください》

- 結論 - :_術前`補助_DXP + bevacizumab_は ¨※¨であった 【・※←_活性的___【・*を伴って |*←〈一つの〉_有望的な_R0_切除率_、pCR 率(*)、及び、_管理`可能的_な_毒性`プロフィール___【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_非−切除可能的__局所`進行期_、又は、大動脈傍リンパ節_転移性__胃がん_】__。

(*)原文には説明が無いようですが、おそらく_病理学的`完全`奏効_率 の 略号であろうと思われます。

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:2015 ASCO Annual Meeting Abstract # e15060 )
「英文原題」=Phase II study of neoadjuvant chemotherapy with docetaxel, capecitabine, cisplatin and bevacizumab for initially unresectable gastric cancer with invasion of adjacent organs or paraaortic lymph node metastasis.
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


Last Updated : 2016-4-3