欧米での がん 治療情報



090216cb 《 連載 #19 》 急性リンパ性白血病 の 治療《 eMedicine 資料の ご紹介》

 09.02.16cb 
『副題』= _成長因子_によるサポートケア、allopurinol (p.1/2)
関連部位=_急性`リンパ性`白血病_ 
関連範囲=全般 
◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

本コーナーでは、長い記事の存在をご紹介しています。詳細・内容は、下記の原文(リンク先)をお読みになって、ご確認ください。
記事の内容イメージ: 該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは以下のようなものです。

¨使用{☆の}{★の間の}¨ ⌒〔 ☆←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_⌒〔 ★←_導入__化学療法_】━━ は サポートされている--【・*により |*←いくつかの_研究_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_ランダム化_Phase III ¨_臨床試験_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*により |*← Ottoman】】━━、76 名の患者さん《複数》 が 受けた--【・*を |*←※の いずれか |※←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_、又は、〔何も無い( no )_成長因子_ 〕 --【・*と一緒に |*←〈その〉_導入__化学療法_《 cyclophosphamide、AraC 《 cytarabine 》、6 − mercaptopurine、_髄腔内_methotrexate、及び、頭蓋照射 》 】┏┓。    〈その〉_中央値での_¨_持続`期間_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_好中球`減少症_】━━_は ¨※¨であった 【・※←■_8 日間--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_ 】|-そして-|■_12 日間--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←〔何も無い( no )_成長因子_ 〕 】━━、そして、¨発症頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←非ウィルス性 _感染症_《複数》】━━ は 減少した--【・*だけ |*← 50%--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_ 】┏┓。    〔何も無い( no )¨差異 〕{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_病気無し`生存_】━━ が 観察された(の否定)--【・*の間で |*←〈その〉 2 つの_グループ_《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈一件の〉_ランダム化_Phase III _研究_《 Geissler et al 報告 》】━━、53 名の患者さん《複数》 が 受けた--【・*を |*←※の いずれか |※←■__顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》--【・*から |*←¨2 日目{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_導入__化学療法_《 daunorubicin、vincristine、L − asparaginase、及び、prednisone 》】|-又は-|■_¨_化学療法_{☆無しの}¨ ⌒〔 ☆←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_ 】┏┓。    _顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_ は 顕著に減少させた--【・*を |*←¨比率{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨日数{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_好中球`減少症_《 1,000 /μ L 未満 》《 _顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》__グループ_で 29%コントロール_グループ_で 84% 》】━━、そして、低下させた--【・*を |*←¨発症頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_発熱性`好中球`減少`症_《 12%42% 》】━━、そして、減少させた--【・*を |*←¨発症頻度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←立証ずみ_感染症_《複数》《 40%77% 》 】┏┓。    〔何も無い( no )差異 〕__ が 観察された(の否定)--【・*に於いて |*←_奏効_、寛解`_持続`期間_、又は、_生存_--【・*の間で |*←〈その〉 2_グループ_《複数》 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←〈その〉 CALGB 9111 study 】━━、198 名の患者さん《複数》 が _ランダムに振り分けられた--【・*に |*←※の いずれか |※←■__プラセボ__グループ_|-又は-|■__顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》__グループ_《 _導入__化学療法_の 4 日目から_投与_ 》 】┏┓。    ここでも、¨患者さん《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》__グループ_】━━_は 持った--【・*を |*←_有意_に より短期間の_好中球`減少症__持続`期間_、及び、_有意_に より少ない 入院日数 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この研究】━━、¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_ 】━━ は 、また、持った--【・*を |*← より高い_完全寛解_率--【・『 』の理由で…|『 より少ない死亡《複数》しか起こらなかった--【・*の間に |*←寛解`_導入_期 』】┏┓。    ここでもまた、〔何も無い( no )_有意_な¨影響 〕{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_病気無し`生存_、又は、_全体的`生存_】━━ が 観察された(の否定) ┏┓。

¨重要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_早期_使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_】━━ は 示されている--【・*により |*←_研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Bassan et al《 この研究では、_患者さん《複数》_ は 受けた--【・*を |*←_導入__化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← idarubicin + vincristine + L − asparaginase + prednisone 》 】┏┓。    28 名の患者さん《複数》 が 受けた--【・*を |*←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_《 第 15 日目に開始 》】━━、そして、37 名の患者さん《複数》 は 受けた--【・*を |*←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_《 第 4 日目に開始 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_--【・*から |*←第 4 日目 】━━ は 回復した--【・_有意_に より_早く--【・*から |*←_好中球`減少症_】━━、そして、持った--【・*を |*← より少ない_感染症_性の_合併症_《複数》】━━、そして、必要とした--【・*を |*← より少ない_抗生物質_--【・*よりも |*←_患者さん《複数》_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=開始した--【・*を |*←_顆粒球`コロニー`刺激`因子《 G-CSF 》_--【・*に |*←第 15 日目 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)
《次ページ(同一項目)へ続きます》

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Supportive care with growth factors

(連載は続きます)
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


Last Updated : 2009-2-19