欧米での がん 治療情報



090122td 『合』閉経`エストロゲン治療に伴う_卵巣がん_リスク上昇をプロゲスチン追加が低下

( 合併症 )09.01.22td 
関連部位=_卵巣がん_ 
関連範囲=予防 
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

『原題』=  

〔アブストラクト〕

- 背景・目的 - :それ《=『 』ということ(右記)》━━は 次第に明らかになりつつある……【・=『¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←閉経`ホルモン療法《 HT 》__ は 伴う--【・*を |*←〈一つの〉上昇した¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_ 』】━━、しかし、¨影響《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←調合のタイプ、及び、使用期間】━━_は ¨※¨である 【・※← より明確度が低い 】┏┓。    〈一件の〉系統的な¨レビュー{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 HT、及び、_卵巣がん_文献】━━ が 実施された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=見出す--【・*を |*←人口集団−ベースのケースコントロール研究《複数》、治療グループ研究《複数》、及び、¨ランダム化 _臨床試験《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==調べた--【・*を |*←¨影響《複数》{☆による}¨ ⌒〔 ☆←¨調合{☆の}¨ ⌒〔 ☆← HT《 エストロゲンだけ、及び、エストロゲン + プロゲスチン 》、及び、使用期間 】┏┓。

《方法、結果については、原文をお読みください》

- 結論 - :エストロゲン使用 は 増加させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_卵巣がん_--【・*で |*←〈一つの〉使用期間−依存性の やり方】━━、そして、それ《=『 』ということ(右記)》━━ということのようである……【・=『¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←プロゲスチン】━━ が ブロックする--【・*を |*←この影響--【・少なくとも或る程度は 』 】┏┓。    [『 』(→右記)であるか否か… |『 ¨影響{☆の}¨ ⌒〔 ☆←エストロゲン《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=完全にブロックされる--【・もし『 』なら…|『プロゲスチン が 投与される--【・毎日 』】━━、 』(か否か)]】━━_は ¨※¨である 【・※←不明確 】┏┓。

対象の記事は、最近の専門誌(オンライン版)や学会のアブストラクトから当サイト管理者がピックアップしたものです。
原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Cancer )(issue= February 1st, 2009 p.531 )
「英文原題」=Increased ovarian cancer risk associated with menopausal estrogen therapy is reduced by adding a progestin
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


Last Updated : 2009-2-5