欧米での がん 治療情報



080915tc (総紹)最小限 侵襲的な食道切除術 は がん に適応があるか?

(総説紹介文)08.09.15tc 
関連部位=食道 
関連範囲= 
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

原文は総説の紹介文と思われます(総説へのアクセスには購読が必要)。当該紹介文の概略をご紹介します。

『原題』=  

[ 内容の概略 ]

…(前略:食道切除術に関する一般的説明)…

しかし、食道切除術_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉複雑な手術--【・*を伴って |*←¨高い病的状態率《 40 〜 60% 》、及び、5 〜 20%の死亡率{ ∬ (されている)}¨ ~~〔 ∬=報告されている--【・*により |*←多くの治療センター《複数》 】┃。

最小限 侵襲的な¨アプローチ《複数》{☆への}¨ ~~〔 ☆←食道切除術】━━ が 開発されて在る--【・*にわたり |*←過去 10 年間】__ : __潜在的な¨利点《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←最小限 侵襲的な食道切除術《 MIE 》】━━ は 含む--【・*を |*←〈一つの〉低下した¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←手術周辺 病的状態、及び、死亡率--【・*を伴って |*←同等な腫瘍学的な結果状況《複数》】--【・*を含めて |*←¨程度{☆の}¨ ~~〔 ☆←リンパ節切除、及び、生存 】┃。

しかし、顕著な論争 が 依然として存在している--【・*に関して |*←¨役割{☆の}{ ★ に於ける}¨ ~~〔 ☆← MIE~~〔 ★←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←食道がん】、--【・特に*を考慮して |*←¨限定《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←〈その〉広範な¨実施{☆の}¨ ~~〔 ☆←この技術的に挑戦的な手術 】┃。

このレビュー は サマリーする--【・*を |*←〈その〉¨現行の状況{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨使用{☆の}{ ∬ (する)ことに於いての ¨ ~~〔 ☆←最小限に侵襲的な手術_~~∬=治療する--【・*を |*←食道がん 】_━━、そして、試みる--【 ∬ (する)ことを | ∬=答える--【・*に |*←¨質問{=『 』という(右記)}¨=『 MIE は 適応があるのか--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←食道がん 』 】┃。

対象の記事は、最近の専門誌(オンライン版)や学会のアブストラクトから当サイト管理者がピックアップしたものです。
原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Expert Review of Anticancer Therapy )(issue= September, 2008 p.1449 )
「英文原題」=Is minimally invasive esophagectomy indicated for cancer?
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイト→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


Last Updated : 2008-10-4