欧米での がん 治療情報



080915ta (総紹)甲状腺がん の管理に於ける核医学

(総説紹介文)08.09.15ta 
関連部位=甲状腺 
関連範囲= 
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

原文は総説の紹介文と思われます(総説へのアクセスには購読が必要)。当該紹介文の概略をご紹介します。

『原題』=  

[ 内容の概略 ]

甲状腺疾患の管理 は あまり変化して在らない--【・*にわたり |*←最近の 60 年間】━━、そして、最近の研究 は 示唆する【・『 』ということを… |『〈その〉 より古いアプローチ が 引き続き¨※¨である 【※←〈その〉最も効果的 』 】┃。    ¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←良性の甲状腺 機能 亢進症】━━ は 示して在る【・『 』ということを… |『機能 画像検査 は 本質的に連携している--【・*と |*←治療】━━、そして、¨¨取り込み{☆の}¨ ~~〔 ☆←ヨウ素 131 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=前提される】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=テストされる--【・*により |*←放射性同位体《複数》--【・『 』であることから…|『 10%の患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←適していない--【・*のために |*←ヨウ素 131 の治療】━━、そして、1%の患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ〈一つの〉併存している がん 』】 』 】┃。

分化型甲状腺がん は 引き続き¨※¨である 【※←ユニークなもの【・『 』ということに於いて… |『それ_は ¨※¨である 【・※←ほぼ唯一の¨がん {☆のうちの}¨ ~~〔 ☆←一般的な がん 《複数》【・『 』ということに於いて… |『定型的に治癒される--【・『 』であってさえも…|『それ が ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=全部を切除する--【・*により |*←外科手術 』】 』 】┃。    このこと は 達成される--【・*に於いて |*←大部分の患者さん《複数》--【・*により |*←〈一つの〉¨治療{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=導入された --【・1940 年代に】━━、そして、¨ ∬ ¨しない 【 ∬=含む (の否定)--【・*を |*←¨使用{☆の}¨ ~~〔 ☆←化学療法剤《複数》《 単純で安価なアイソトープ ヨウ素 131 製剤を使用するため 》 】┃。

しかし、--【・*に於いて… |*←いくらかの分化型甲状腺がん《複数》】━━、¨※¨が 存在しない 【・※←ヨウ素 131 の蓄積(否定)】━━、そして、我々は 知っている【・『 』ということを… |『これ は ¨※¨の ためである【・※←¨欠損、又は、発現 低下{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 sodium iodide symporter 遺伝子 』 】┃。    このこと は 導いて在る--【・*へ |*←¨開発{☆の}¨ ~~〔 ☆←いくつかの¨戦略《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=克服する--【・*を |*←この 欠損/発現 低下 《 例えば、リチウムやレチノイド《複数》の使用、又は、遺伝子治療 》 】┃。    しかし、これら全てのアプローチ《複数》 は 未だ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=証明される--【・*に於いて |*←〈一件の〉ランダム化 比較 臨床試験 】┃。

¨進歩《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←画像検査】《 特に 18F-fluorodeoxy-glucose PET を使用したもの 》__ は 可能にして在る--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←甲状腺がん| ∬= より正確に画像検査する 】、、《 もたらして--【・*を |*←〈一つの〉 より大きな¨チャンス{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨治癒{☆を通じての}¨ ~~〔 ☆←外科手術、及び、外部線源放射線療法( 特にヨウ素 131 の取り込みが少ない場合 ) 》 】┃。    もう一つのアプローチ _は ¨※¨であってきて在る 【・※←¨アイデア{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=使用する--【・*を |*←放射性ラベルのソマトスタチン類縁体《複数》】、、《[ これらの]物質《複数》は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=示す--【・*を |*←¨取り込み{☆への}¨ ~~〔 ☆←〈その〉腫瘍》 】━━、そして、 より最近には、β−放出性のアイソトープ《複数》 が 使用されて在る--【・*のために |*←治療--【・『 』の場合…|『その他の選択肢《複数》 が 失敗して在る 』】┃。

従って、--【・『 』である一方で…|『〈その〉¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←分化型甲状腺がん】━━_は ¨※¨である 【・※←(或る程度) 60 歳になる 』】━━、新しい方法《複数》 が 提案されて在る━━、そして、それら が 今やテストされつつある--【・*に於いて |*←この病気 】┃。

対象の記事は、最近の専門誌(オンライン版)や学会のアブストラクトから当サイト管理者がピックアップしたものです。
原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Expert Review of Anticancer Therapy )(issue= September, 2008 p.1425 )
「英文原題」=Nuclear medicine in the management of thyroid disease
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイト→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


Last Updated : 2008-10-4