欧米での がん 治療情報



080923ce 《 連載 #10 》 結腸直腸がん の 治療

 08.09.23ce 
『副題』= 化学療法・分子標的治療薬 その 5 
関連部位=結腸直腸がん 
関連範囲=全般 
◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

本コーナーでは、長い記事の概略を連載でご紹介しています。詳細・内容は、下記の原文(リンク先)をお読みになって、ご確認ください。
記事のおおまかな内容: 該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。

〔 分子標的治療薬《複数》 〕


--【・『 』につれて…|『研究者《複数》 が 学んで在る--【・*を |*←¨ より多くのこと{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←¨遺伝子、及び、蛋白質の変化《複数》{☆に於ける}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←細胞《複数》~~〔 ¶==引き起こす--【・*を |*←がん 】 』】━━、彼ら は 可能になってきて在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=開発する--【・*を |*← より新しい¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==特定的に標的する--【・*に |*←これらの変化《複数》 】┃。    これらの分子標的治療薬《複数》 は 効果を表す--【・異なる やり方で--【・*と比較して |*←標準的な化学療法剤《複数》 】┃。    それらの薬《複数》_は しばしば持つ--【・*を |*←異なる《 そして、 より低重症度の 》副作用《複数》 】┃。    現時点では、それらの薬《複数》 は 最も しばしば使用される※の いずれか |※←化学療法剤との併用、又は、単独で《 化学療法 が 働かなくなった場合 》 】┃。

- bevacizumab《 Avastin® 》 -


bevacizumab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉人工バージョンの免疫システム蛋白質《 モノクロナル抗体と呼ばれる 》 】┃。    この抗体 は 標的する--【・*に |*←血管内皮成長因子《 VEGF 》《 〈一つの〉¨蛋白質{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←腫瘍《複数》| ∬=形成する--【・*を |*←新しい血管《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=得る--【・*を |*←栄養《複数》《 血管新生と呼ばれるプロセス 》 】》┃。    bevacizumab は 最もしばしば使用される--【・*と一緒に |*←化学療法剤《複数》--【・*として |*←〈一つの〉第一線、又は、第二線の¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←転移性の結腸直腸がん 】┃。

bevacizumab は 投与される--【・*により |*←静注点滴--【・通常、2 〜 3 週間ごとに 1 回 】┃。    --【・『 』の一方で…|『それ は 示されて在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=改善する--【・*を |*←生存--【 ∬ (された)場合に∬=追加された--【・*に |*←化学療法 】 』】━━、それ は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=追加する--【・*を |*←副作用《複数》 】┃。    稀であるが、可能的に深刻な副作用《複数》 は 含む--【・*を |*←血栓形成、腸の穿孔《 外科手術 での 治療が必要となる 》、心臓障害《複数》、及び、外傷治癒の遅れ 】┃。     より一般的な副作用《複数》 は 含む--【・*を |*←高血圧、疲労感、出血、白血球数の低下、頭痛、口内炎、食欲低下、及び、下痢 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= March 5, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Colon and Rectum Cancer  Chemotherapy

(連載は続きます)
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他


Last Updated : 2008-9-29