欧米での がん 治療情報



080720tb 骨髄異形成症候群 での erythropoietin、及び、G−CSF 治療に伴う生存改善

(論文・報告)08.07.20tb 
関連部位=骨髄異形成症候群 
関連範囲=支援治療 
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

『原題』=  

〔アブストラクト〕

- 背景・目的 - :¨目的{☆の}¨ 【 ☆←この研究】━━は ∬ (する)ことであった 【 ∬=評価する--【・*を |*←¨効果{☆の}{★に対する}¨ ~~〔 ☆← erythropoietin《EPO》 + granulocyte-colony stimulating factor 《G-CSF》による治療~~〔 ★←¨生存、及び、白血病転換--【・*に於いて |*←骨髄異形成症候群 】┃。

- 方法 - :(若干のポイントを記します。詳細は原文をお読みください)
◇骨髄異形成症候群の患者さん《複数》について、erythropoietin + granulocyte-colony stimulating factor (G-CSF)による治療を受けたグループと、受けなかったグループとで長期的な結果状況を比較した。

- 結果 - :〈その〉¨赤血球奏効率{☆による}¨ ~~〔 ☆← EPO + G-CSF 】━━_は ¨※¨であった 【・※← 39%】━━、そして、〈その〉中央値での奏効持続期間_は ¨※¨であった 【・※← 23 ヶ月間 】┃。    --【・*に於いて… |*←〈その〉多変量解析】━━、治療 は 伴った--【・*を |*←改善された全体的生存《 危険率 0. 61 》 】┃。    興味深いことには、このプラスの関連性 は 主として観察された--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=必要とする--【・*を |*← 1 ヶ月間に 2 ユニット未満の赤血球輸血 】┃。    治療 は 関連しなかった--【・*と |*←¨率{☆の}¨ ~~〔 ☆←急性骨髄性白血病--【・*に於いて |*←いかなる定義サブグループ《 --【・*を含めて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←増加した骨髄芽球細胞《複数》、や、不利的な核型 》 】┃。

- 結論 - :〈その〉¨固有リスク{☆の}{ ★ に於ける}¨ ~~〔 ☆←白血病 転換~~〔 ★←骨髄異形成症候群】━━ は させる--【・*を § に ||*←今回の研究| § ←高度に意味あるもの】、--【・*を考慮すると |*←〈その〉最近の¨レポート《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←潜在的なマイナスの¨影響《複数》{☆の}{★への}¨ ~~〔 ☆← EPO 治療~~〔 ★←¨結果状況{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←がん 】┃。    我々は 結論する【・『 』と… |『¨治療{☆の}{★による}¨ ~~〔 ☆←骨髄異形成症候群 での 貧血~~〔 ★← EPO + G-CSF 】━━ は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=持つ--【・*を |*←〈一つの〉プラスの¨インパクト{☆への}¨ ~~〔 ☆←¨結果状況{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←輸血の低い必要性、又は、必要無し】、--【 ∬ (する)一方で∬=影響しない--【・*に |*←¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←白血病 転換 】 』┃。

対象の記事は、最近の専門誌(オンライン版)や学会のアブストラクトから当サイト管理者がピックアップしたものです。
原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Journal of Clinical Oncology )(issue= July 20, 2008 p.3607 )
「英文原題」=Erythropoietin and Granulocyte-Colony Stimulating Factor Treatment Associated With Improved Survival in Myelodysplastic Syndrome
*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Last Updated : 2008-8-5