欧米での がん 治療情報



080627tc 『コ冒頭』閉経前の内分泌治療 応答性の乳がん での 補助療法 有無に関する困難な決定過程

(コメント記事冒頭)08.06.27tc 
関連部位=乳がん 
関連範囲=補助療法 
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

標記テーマにつき、コメントされています。
『原題』=  

[ 記事冒頭ご紹介 ]: 

存在している¨補助療法{☆のための}¨ ~~〔 ☆←閉経前の内分泌治療−応答性の乳がん の 患者さん《複数》】━━ は 含む--【・*を |*←化学療法、tamoxifen、及び、性腺刺激ホルモン放出ホルモン《 LHRH 》作動薬《複数》 】┃。

--【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §← 50 歳未満でエストロゲンレセプタ−陽性の腫瘍《複数》を有する 】】━━、補助療法としての多剤化学療法 は 伴う--【・*を |*←〈一つの〉年間死亡率低下 31% 】┃。    --【・*に於いて… |*←このサブグループの患者さん《複数》】━━、tamoxifen_は ¨※¨である 【・※←非常に効果的--【・*を伴って |*←〈一つの〉年間死亡率低下 39%《 40 歳未満の患者さん《複数》 》、及び、24%《 40 〜 49 歳の患者さん《複数》 》 】┃。    〈一件の〉最近のメタ分析 が 示した【・『 』ということを… |『 LHRH 作動薬《複数》 は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=有意に低下させる (の否定)--【・*を |*←再発後の死亡率※の いずれでも |※←@使用された場合--【・*として |*←〈その〉唯一の全身的治療《 17. 8%の相対的低下 》 】|-又は-|A追加された場合--【・*に |*← tamoxifen《 15. 9% 》(の否定) ……《これ以降の内容については、原記事の購読が必要です》

《原文はコメント記事の冒頭で、当該記事自体を読むためには、購読が必要です)》

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の在処の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Annals of Oncology )
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です) (issue= July, 2008 p.1213 )
「英文原題」=The difficult decision-making process for using or not using adjuvant chemotherapy in premenopausal endocrine-responsive breast cancer patients
*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

*************************
検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Last Updated : 2008-7-16