080515tb 顆粒として投与された gefitinib の相対的 生体利用性《バイオアベイラビリティ》
(論文・報告)08.05.15tb 
関連部位=全般、頭頸部 
関連範囲= 
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

『原題』=  

〔アブストラクト〕

- 背景・目的 - :gefitinib は 通常は投与される--【・*として |*←〈一つの〉 1 日 1 回の経口錠剤 】┃。    しかし、多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←頭頸部がん】━━ は 持つ--【・*を |*←¨困難{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=飲み込む--【・*を |*←錠剤の形の薬 】┃。    〈一つの〉顆粒剤 が 最近 開発されて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=容易にする--【・*を |*←¨投与{☆の}{★への}¨ ~~〔 ☆← gefitinib ~~〔 ★←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==飲み込めない--【・*を |*←錠剤《複数》 】┃。    ¨目的{☆の}¨ 【 ☆←この研究】━━は ∬ (する)ことであった 【 ∬=@決める--【・*を |*←¨相対 生体利用性《バイオアベイラビリティ》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉単回投与の gefitinib--【 ∬ (された)場合に∬=投与された--【・*として |*← 250mg の新しい顆粒剤 】--【・*と比較して |*←〈その〉標準的な 250mg の錠剤 】|-そして-|A評価する--【・*を |*←¨対象者間の¨バラツキ{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉顆粒剤】--【・*に於いて |*←健常人《複数》 】┃。

《方法、結果については、原文をお読みください》

- 結論 - :¨※¨は ほとんど存在しなかった 【・※←¨差異{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←¨曝露{☆への}¨ ~~〔 ☆← gefitinib《 顆粒剤としての投与と錠剤としての投与の間で 》┃。    〈その〉¨顆粒剤{☆の}¨ ~~〔 ☆← gefitinib 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができた 【 ∬=提供する--【・*を |*←〈一つの〉代替可能的な¨治療レジメン{☆のための}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←不可能、又は、したくない--【 ∬ (する)ことを | ∬=飲み込む--【・*を |*←〈その〉標準的な錠剤 】--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=低下させる--【・*を |*←¨曝露{☆への}¨ ~~〔 ☆← gefitinib 】┃。

対象の記事は、最近の専門誌(オンライン版)や学会のアブストラクトから当サイト管理者がピックアップしたものです。
原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Cancer Chemotherapy and Pharmacology )(issue= July, 2008 p.203 )
「英文原題」= The relative bioavailability of gefitinib administered by granular formulation
*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

*************************
検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他