080401tg 『総』 肝細胞がん に対する有望的な 新しい治療アプローチ《複数》
(総説)08.04.01tg 
関連部位=肝細胞がん 
関連範囲=全般 
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

標記テーマにつき、系統的に論じられています。詳細・内容は原文をお読みください
《以下に、内容の一部のみ概略をご紹介します》

『原題』=  

〔概略(主として冒頭部分)〕

…(前略:肝細胞がん の 米国、及び、世界での状況)…

…(中略:従来の細胞毒性的な薬やホルモン系の薬 での あまり優れていると言えない結果)…

最近、分子標的治療薬 が 示して在る--【・*を |*←勇気づける的な¨有効性--【・*に於いて |*←臨床試験《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←進行期の肝細胞がん 】┃。    研究中の薬《複数》 は 標的する--【・*を |*←¨分子的なメカニズム《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=基礎付ける--【・*を |*←¨病理学{☆の}¨ ~~〔 ☆←肝細胞がん 】━━、そして、含む--【・*を |*←¨抑制薬《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←血管新生、上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》−仲介のシグナル伝達、Ras 経路、etc. 】┃。    2007 年 11 月に、sorafenib《 〈一つの〉経口投与による多重 ¨キナーゼ抑制薬{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=標的する--【・*を |*←いくつかの serine/threonine、及び、レセプタ チロシンキナーゼ《複数》 】 》━━ が なった--【・*に |*←〈その〉最初の¨分子標的治療薬{ ∬ (を)した}¨ ~~〔 ∬=示した--【・*を |*←〈一つの〉生存利益 】━━、そして、認可された--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←切除不可能な肝細胞がん 】┃。    ¨認可{☆の}¨ ~~〔 ☆← sorafenib 】━━ は 起きた--【・*の後に |*←数十年の、良くても、或る程度のレベルの¨結果《複数》{☆からの}¨ ~~〔 ☆←多くの¨臨床試験《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←さまざまな治療アプローチ《複数》 】┃。

このレビュー は 取り扱う--【・*を |*←最近の臨床的に有意義な進歩《複数》、追加研究が必要な分野《複数》、及び、肝細胞がん治療の将来の方向 】┃。

…上記項目等の内容自体については、原文をご覧ください…

原文へのリンク:本コーナーの目的は、総説の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Medscape Radiology
( 原文をお読みになるためには、事前ユーザー登録(無料)が必要です))(issue= March 31, 2008 )
「英文原題」=Promising New Treatment Approaches for Hepatocellular Carcinoma
*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

*************************
検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他