080215ta (総紹)乳がん での epothilone 類縁体に関する現在の展望
(総説紹介文)08.02.15ta 
関連部位=乳がん 
関連範囲=新薬 
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

原文は総説の紹介文と思われます(総説へのアクセスには購読が必要)。当該紹介文の概略をご紹介します。

『原題』=  

[ 内容の概略 ]

タキサン系化学療法剤 は 広く使用されて在る--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←乳がん 】┃。    しかし、大部分の当初 反応性の乳がん の 患者さん《複数》 は 究極的に 起こす--【・*を |*←¨耐性{☆への}¨ ~~〔 ☆←タキサン系化学療法剤《 獲得耐性 》】━━、そして、〈一つの〉非−無視可能的な比率の患者さん《複数》 は¨※¨である 【・※←一次的に耐性--【・*に |*←これらの治療薬《複数》 】┃。    加えるに、タキサン系化学療法剤 は 必要とする--【・*を |*←前薬処置】━━、そして、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←重大な¨副作用《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←発熱性 好中球減少症、や、ニューロパシー 】┃。    従って、新しい¨薬《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆← より良好な有効性、より良好な毒性プロフィール、投与の容易性】━━ が ¨ ∬ ¨の必要がある 【 ∬=開発される 】┃。    epothilone 類縁体《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨新規なクラスの微小管−標的 薬《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=@共有する--【・*を |*←〈一つの〉同様な作用メカニズム--【・*と |*←〈その〉タキサン系化学療法剤《複数》】|-そして-|A持つ--【・*を |*←〈一つの〉 より強力な抗増殖活性--【・*に於いて |*←さまざまな腫瘍細胞ライン《複数》】《 特にタキサン系化学療法剤に耐性な乳がん の ケースで 》 】┃。    このレビュー は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=焦点を当てる--【・*に |*←@¨臨床開発{☆の}{ ★ に於ける}¨ ~~〔 ☆← epothilone 類縁体《複数》~~〔 ★←乳がん】《 特に ¨ixabepilone { ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←開発の後期ステージ《複数》 】 》】|-そして-|Aそれらの潜在的な¨インパクト{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←臨床実地】|-そして-|Bそれらの利点《複数》、及び、限界《複数》 】┃。

対象の記事は、最近の専門誌(オンライン版)や学会のアブストラクトから当サイト管理者がピックアップしたものです。
原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:European Journal of Cancer )(issue= February, 2008 p.341 )
「英文原題」=Current perspectives of epothilones in breast cancer
*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

*************************
検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイト→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他