080113td 血管免疫芽球性 T 細胞リンパ腫 での 高用量治療 + 自家幹細胞移植
(論文・報告)08.01.13td 
関連部位=リンパ腫 
関連範囲= 
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

『原題』= ¨高用量治療 + 自家幹細胞移植{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←血管免疫芽球性 T 細胞リンパ腫】 : ¨完全寛解{☆の時点での}¨ ~~〔 ☆←移植】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉高度な¨決定要因{☆の}¨ ~~〔 ☆←結果状況】 : Lymphoma Working Party of the European Group for Blood and Marrow Transplantation 

〔アブストラクト〕

- 背景・目的 - :¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←血管免疫芽球性 T 細胞リンパ腫】━━_は 持つ--【・*を |*←劣った予後--【・*では |*←現行の伝統的な化学療法 】┃。    ¨目的{☆の}¨ 【 ☆←この研究】━━は ∬ (する)ことであった 【 ∬=評価する--【・*を |*←¨効果{☆の}{★への}¨ ~~〔 ☆←高用量治療、と、それに続いての自家幹細胞移植~~〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←血管免疫芽球性 T 細胞リンパ腫 】┃。

- 方法 - :我々は 報告する--【・*を |*←〈一件の〉後ろ向き方式での多施設¨研究{☆の}¨ ~~〔 ☆← 146 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←血管免疫芽球性 T 細胞リンパ腫~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←自家幹細胞移植 】┃。    〈その〉前処置レジメン は ¨※¨であった 【・※←さまざま】━━、そして、74%の患者さん《複数》 は 受けた--【・*を |*← carmustine + 1,3-bis(2-chloroethyl)-1-nitrosourea + etoposide + ara-C + melphalan の化学療法 】┃。

- 結果 - :--【・*の後に… |*←〈一つの〉中央値でのフォローアップ 31 ヶ月間】━━、95 名《 65%》の患者さん《複数》 が 引き続き¨※¨であった 【※←生存している 】┃。
…(中略)…
〈その〉保険数理学的な全体的生存率_は ¨※¨であった 【・※← 67%《 24 ヶ月間 》、及び、59%《 48 ヶ月間 》 】┃。
…(中略)…
¨病気の状況{☆の時点での}¨ ~~〔 ☆←移植】━━_が ¨※¨であった 【・※←〈その〉高度な¨要因{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==インパクトを与えた--【・*に |*←結果状況 】┃。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←〈一つの〉移植--【・*の間に |*←最初の完全寛解 】━━_は 持った--【・*を |*←有意に より優れた進行無し生存、及び、全体的生存 】┃。    〈その〉推定 での ¨進行無し生存率{☆のための}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←彼らの移植《複数》--【・*の間に |*←完全寛解 】━━_は ¨※¨であった 【・※← 70%《 24 ヶ月間 》、及び、56%《 48 ヶ月間 》 】┃。
…(後略:進行無し生存に関する詳細)…

- 結論 - :この研究 は 示す【・『 』ということを… |『高用量治療 + 自家幹細胞移植 は 提供する--【・*を |*←¨可能性{☆の}¨ ~~〔 ☆←長期間の病気無し生存--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←血管免疫芽球性 T 細胞リンパ腫 』 】┃。    早期の移植_が ¨※¨である 【・※←必要--【 ∬ (する)ことのために | ∬=達成する--【・*を |*←最適な結果《複数》 】┃。

対象の記事は、最近の専門誌(オンライン版)や学会のアブストラクトから当サイト管理者がピックアップしたものです。
原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典:Journal of Clinical Oncology )(issue= January 10, 2008 p.218 )
「英文原題」=High-Dose Therapy and Autologous Stem-Cell Transplantation in Angioimmunoblastic Lymphoma: Complete Remission at Transplantation Is the Major Determinant of Outcome?Lymphoma Working Party of the European Group for Blood and Marrow Transplantation
*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

*************************
検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他