放射線療法全般
【 近接放射線療法 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

もう一つの¨方法 (※のための)¨〔 ※=放射線をあてる 〕は、☆である〔 ☆=小さな粒(放射性の物質を含む)を腫瘍の中、又は、近くに設置する 〕。   当該の放射性の小粒(「種」)は放出する〔 *を |* = 放射線 〕〔 *の間に |* = 一定の期間 〕。   【 *であるが…|* = しばらくすると小粒は停止する〔 *を |* = 放射線を放出すること 〕 】、小粒はそのままにされる。 この方法は便利なことがある、【*だから…|* = 患者さんは必要としない〔 **を |** = 医者のところまで何度も旅行をすること 〕 】。   時々、¨両方 (※の)¨〔 ※=近接放射線療法と外部線源放射線療法 〕が併用される。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 放射線療法の副作用 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

¨副作用 (※の)¨【・※←放射線療法・】は含むことがある【・*を |*←軽度の皮膚障害や疲労感・】。   これらはしばしば消失する【・*の後に |*←短期間・】。   放射線療法は¨※¨ことがある【・※←悪化させる【:*を |*←化学療法の副作用:】・】。   腹部への放射線療法は¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←吐き気や下痢:】・】。   胸部への放射線療法は¨※¨ことがある【・※←引き起こし【・*を |*←肺へのダメージ・】、もたらす【:*を |*←呼吸困難や息苦しさ:】・】。   放射線¨照射 ※ ¨【・※←腕や脚の広い範囲に対する・】は、引き起こすことがある【・*を |*←腫れ、痛み、脱力感・】。   近代的な装置は※を可能にさせる【・※←最小限にしたり避けること【:*を |*←これらの合併症:】・】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 放射線療法全般 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

放射線療法は使用する【・*を |*←高エネルギーの放射線、又は、粒子線・】【・*のために |*←破壊する【:*を |*←がん細胞:】| -OR- |遅くさせる【:*を |*←がんの成長速度:】・】。   放射線療法は使用される【・*の目的で |*←治療する【:*を |*←一定の¨がん ※ ¨【∵※←原発個所からあまり遠くに拡大していない∵】:】・】。

【・*であっても…|*←がんが拡大している【:(程度)|放射線療法で治癒するのは困難なほど遠くへ:】・】、放射線療法は使用可能である【・*の目的で |*←軽減する【:*を |*←¨症状 (※のような)¨【∵※←痛み、出血、飲み込み困難、腸閉塞、腫瘍による血管や神経の圧迫、骨への転移による諸問題∵】:】・】。

最も高頻度の¨方法 (※のための)¨【・※←放射線をがんにあてる・】は※である【・※←注意深く焦点をあてる【:*を |*←¨放射線ビーム (※からの)¨【∵※←身体の外部の装置∵】:】・】。   これは呼ばれる【・*と |*←外部線源放射線療法・】。   【・*のために… |*←低下させる【:*を |*←副作用のリスク:】・】、医者は注意深く計算する【・*を |*←正確な線量・】、そして、放射線ビームをあてる【・(やりかた)|可能な限り正確に標的にあたるように・】。   外部線源放射線療法は通常必要とする【・*を |*←多数回の¨治療 (※にわたる)¨【:※←数日〜数週間:】・】。

もう一つの¨方法 (※のための)¨〔 ※=放射線をあてる 〕は、☆である〔 ☆=小さな粒(放射性の物質を含む)を腫瘍の中、又は、近くに設置する 〕。   この方法は呼ばれる【・*と |*←内部放射線療法、組織内放射線療法、又は、近接照射療法・】。   時々、¨両方 (※の)¨〔 ※=近接放射線療法と外部線源放射線療法 〕が併用される。

以下の副作用が起きることがある【・*に於いて |*←¨患者さん ※ ¨【:※(は)←受けている【∵*を |*←放射線療法∵】:】・】:

◇外部線源放射線療法は引き起こすことがある【・*を |*←皮膚の¨変化 ※ ¨【:※(は)←日焼けに類似している:】・】。   これはゆっくり消失する。
◇外部線源放射線療法はダメージを与えることがある【・*に |*←甲状腺・】【・*の場合…|*←頸部が治療された・】、そして、¨錠剤 (※のための)¨【・※←甲状腺ホルモンを補充する・】が必要となることがある。
◇¨外部線源放射線療法、又は、近接照射療法 (※への)¨【・※←頭部や頸部・】はしばしば引き起こす【・*を |*←唾液腺へのダメージ(その結果、口渇が起きる)、のどの痛み、かすれ声、飲み込み困難、味覚の減退、一時的な疲労・】。
◇腹部への放射線療法は引き起こすことがある【・*を |*←吐き気、下痢、嘔吐、腸へのダメージ・】。
◇胸部への放射線療法は引き起こすことがある【・*を |*←肺への¨瘢痕形成 ※ ¨【:※(は)←その結果として息切れを起こすことがある:】・】。

化学療法は¨※¨ことがある【・※←悪化させる【:*を |*←放射線療法による副作用の一部:】・】。   ※が存在する【・※←¨方法 ※ ¨【:※←これらの副作用の多くを解消する:】・】。   従って、※は重要である【・※←ディスカスする【:*を |*←これらの症状:】【:*と共に |*←医療チーム:】・】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 外部線源放射線療法 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

この治療法は含む【・*を |*←正確に放射線をあてる【:*に |*←がん:】【:*から |*←身体の外のマシン:】・】。   このタイプの放射線療法は似ている【・*と |*←診断用の X 線検査を受けること・】【・*以外は… |*←治療は診断の場合よりも長期間続く・】。   患者さんは通常受ける【・*を |*← 1 週間に 5 回の治療・】【・*にわたり |*←数週間という期間・】。


********************
当ファイルの目次ページへ