化学療法全般
【 化学療法による副作用の全般 】
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

化学療法の副作用( by American Cancer Society 資料)

¨薬 ※ ¨〔 ※←がんの化学療法に使用される 〕は、特異的に¨細胞 ☆ ¨を攻撃する〔 ☆←分裂している 〕。   しかし、¨一部の正常な細胞 ※ ¨は、¨細胞 ☆ ¨を置き換えるために分裂する必要がある〔 ※=骨髄、口内の粘膜、腸の粘膜、毛根、など 〕〔 ☆←すり減った(細胞) 〕。   従って、これらの細胞は最も化学療法で影響を受けやすく、それが副作用につながる。

化学療法の副作用は、※によってかわってくる〔 ※=投与する薬のタイプや投与量、投与する期間の長さ 〕。   副作用は以下を含むことがある:
◇脱毛
◇口内炎
◇感染症に対する抵抗の減退(白血球数低下による)
◇簡単にあざができたり、出血する(血小板数の低下による)
◇疲労感(赤血球数の低下による)
◇食欲減退、吐き気・嘔吐(これらは部分的には※の結果である【 ※=腸管の細胞へのダメージ 】が、一定の薬の☆への影響も原因となることがある【 ☆=脳の一部の¨領域 § ¨〔 §←食欲や嘔吐をコントロールしている 〕 】)


これらの副作用は、通常は一時的なものであり、解消する¨(〔※〕の後に )¨〔 ※=治療が完了した 〕。

必ずがん治療チームと※について話すこと〔 ※=患者さんが経験しているどのような副作用でも 〕。   何故なら、副作用軽減の方法がしばしば存在するからである。 例えば、薬を化学療法と平行して投与可能である¨(〔※〕を目的として )¨〔 ※=吐き気や嘔吐の軽減や予防 〕。   ¨医薬品( 複数 ) ※ ¨〔 ※←成長因子 (G-CSF、GM-CSF など)として知られている 〕は投与されることがある¨(〔☆〕を目的として )¨〔 ☆=化学療法後の白血球数減少を回復させ、それによって感染症のリスクを低下させること 〕。

治療の間に白血球数が非常に低くなった場合、患者さんは※を軽減可能である¨(〔☆〕によって )¨〔 ※=感染のリスク 〕〔 ☆=注意深く、細菌との接触を避けること 〕。   この期間には、以下のことに注意すること:
◇頻繁に手を洗う。
◇生の果物や野菜その他の¨食物 ※ ¨を避けること〔 ※←細菌を持っている可能性がある 〕。
◇他の人に確実に※するようにさせること〔 ※=患者さんのところへ来る場合には手を洗う 〕。
◇※を避けること〔 ※=人混みや、病気の人 〕。   マスクを着けることは、※を提供することがある〔 ※=左記のような状況下での一定の予防 〕。

もう一つ重要な¨方法 ※ ¨は、強力な抗生物質による治療である〔 ※←白血球数が低下している患者さんを感染症から守るための 〕。   抗生物質は投与されることがある¨何時(いつ)? ※ ¨〔 ※←感染の徴候がみられるよりも前、又は、感染症があるかも知れないという最初の徴候が見られ次第 〕。

¨(もし〔※〕ならば )¨〔 ※=血小板数が低い 〕、血小板輸血を実施することがある¨(〔☆〕を目的として )¨〔 ☆=出血を予防すること 〕。   同様に、¨息切れや過度の疲労感 ※ ¨〔 ※←赤血球数低下が原因となって起きる 〕は、☆で治療可能である〔 ☆=治療薬や赤血球輸血 〕。

¨(〔※〕であるから )¨〔 ※=化学療法の多くの副作用は、白血球数低下が原因である 〕、患者さんによっては、☆を追跡するのが有用な場合がある〔 ☆=自分自身の白血球数 〕。   患者さんがこの情報に興味がある場合は、遠慮しないで※をすること〔 ※=医者や看護婦に、ご自分の赤血球数やその他の血液テストの結果、及び、その意味、について報告させること 〕。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 化学療法の効果 】
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

どのような場合に有用か(by ACS)

全身的な化学療法では¨化学療法剤 ※ ¨を使用する〔 ※←静脈に注射したり口から投与したり(経口投与)する 〕。   これらの薬は、血液循環に入り、身体中に到達する【これは*を意味する|* = 化学療法は¨がん ※ ¨に対して有用である〔 ※←原発個所から拡大している(転移性の) 〕 】。

有用性 その 2

化学療法剤は到達できる〔 *に |* = 身体中のほとんど全ての個所 〕。   化学療法剤は※である【 ※=有効な¨方法 (☆のための)¨〔 ☆=がん¨細胞 § ¨を破壊する〈 §←原発の腫瘍から分離して、血液循環中を動いている 〉 〕】。   しばしば、医者は処方する〔 *を |* = 化学療法剤 〕〔 *の後に |* = 外科手術 〕〔 *として |* = 用心 〕【 *の目的で |* = 確実にする〔 **を |** = 化学療法剤が破壊する〈 ***を |*** = 検出されずに残っている可能性のあるがん細胞全て 〉 〕 】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 化学療法に伴う貧血 】
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

貧血は※である【・※←一般的な¨副作用 (※の)¨【:※←いくつかの化学療法レジメン:】・】。   貧血は特徴づけられる【・*により |*←循環血液中の赤血球数の低下・】(これにより、身体中の組織への酸素供給が低下する)。

一般的な¨症状 (※の)¨【・※←貧血・】は※である【・※←重症の疲労感、息切れ、活動レベルの低下、全体的な気分の良さの低下・】。

重症の貧血はしばしば必要とする【・*を |*←輸血による治療・】が、輸血は伴う【・*を |*←感染、拒絶反応、医療費の上昇・】。   更に、重症の貧血は¨※¨ことがあり【・※←引き起こす【:*を |*←がんの治療の遅れ:】・】、結果としてもたらす【・*を |*←治癒や最適な長期生存の、より有利でないチャンス・】。

¨使用 (※の)¨【・※←貧血治療のための薬物治療・】は※であると示されている【・※←有する【:*を |*←がんの患者さんのためのいくつかの利益(生活の質の向上、輸血の必要性の低下、など):】・】。   ¨効果 (※に対する)¨【・※←生存・】は、しかし、※であった【・※←明確でない・】。   研究( 複数 )は報告している【・*を |*←ポジティブな所見もネガティブな所見も・】。

( CancerConsultants.comより)

********************
当ファイルの目次ページへ


【 化学療法に伴う好中球減少症 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

好中球減少症は※である【・※←¨副作用{☆の}{ § ところの}¨【:☆←がん、又は、がんの治療:】【:§←増加させる【∵*を |*←感染症へのかかりやすさ∵】:】・】、そして、¨※¨となることがある【・※←深刻な状況・】【・*の理由から |*←いくつかの(以下のような)こと・】。   多くの¨患者さん{※ところの}¨【・※←好中球減少症が起きた・】は¨※¨であろう【・※←必要とする【:*を |*←治療の遅れや用量の減少《(左記への追加情報)| これらのことにより、¨※¨ことがある【・※←妨げる【:▽が¨§¨することを|▽←患者さん|§←受ける【∵*を |*←治療の十分な利益∵】:】・】 》:】・】。   また、¨患者さん{※ところの}¨【・※←好中球減少症が起きた・】は¨※¨ことがある【・※←必要とする【:*を |*←入院:】・】。   また、小規模の感染でも¨※¨ことがある【・※←生命に関わる・】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 腫瘍崩壊症候群 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

腫瘍崩壊症候群は※である【・※←化学療法の¨副作用 {※ところの}¨【:※←がん細胞の急激な崩壊により起きる:】・】。   【・*の時に…|*←がん細胞が破壊される・】、これらの細胞は開き、放出する【・*を |*←内容物・】【・*へ |*←血液循環・】。   このことは、影響することがある【・*に |*←腎臓、心臓、神経システム・】。   この副作用は¨※¨ことができる【・※←予防する・】【・*により |*←確実に、させる【:☆が¨§¨するように|☆←患者さん|§←十分な水分をとる:】| -AND- |使用する【:*を |*←特定の薬(重炭酸塩、allopurinol、rasburicase、など):】(これらのことは助ける【:☆が¨§¨するように|☆←身体|§←がん細胞から放出された物質を体外へ排出する:】)・】。


********************
当ファイルの目次ページへ