病名・治療法
【 各種の新しい治療法 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

術前補助療法

術前補助療法は、さまざまなタイプのがんに対して、臨床試験で評価中である。術前補助療法の目的は、手術の前にがんを縮小させ、がんの完全な外科的切除を可能にすることである。また、術前補助療法によって、身体中に存在するかも知れないがん細胞を、直ちに殺す。(術前補助療法を実施しない場合は、患者さんが外科手術から回復しないと、次の治療を実施できず、この治癒期間の間に、がん細胞が成長する可能性があることになる)

光力学的治療

切除不可能な胆管がんに対する新しい治療法として開発されつつあるのが、光力学的治療である。光力学的治療では、まず、光増感化合物(細胞を光に感受性にする化合物)を患者さんに投与して、がん細胞に集中させた後、特定の波長の光線を当てて、がん細胞を破壊する。

温熱療法

温熱療法とは、身体の全部、又は、一部を高温にするもので、通常、他の治療法(化学療法、放射線療法、など)と併用する。若干の研究に於いて、温熱療法を実施すると、がんによる化学療法剤( Doxil など)の取り込みが増加するのではないかと推測されている。化学療法剤の取り込みが増加すれば、その薬の有効性が向上する可能性がある。

放射性免疫治療剤

化学療法や放射線療法には副作用が伴うため、新規の治療戦略を求めて研究が続けられており、その一つが、放射性免疫治療剤である。放射性免疫治療剤は、放射性物質と抗体とが結合した化合物であり、抗体部分でがん細胞に結合し、放射性物質からの放射線ががん細胞を攻撃する。放射線が直接がん細胞にあてられるので、正常細胞に放射線があたることが少なく、副作用が少なくなる。

ワクチン治療

ワクチンが実際の治療に使用されることが始まっている。一つのタイプのワクチンでは、外科手術で切除したがん細胞の特定の成分を、患者さんの身体から採取した特定の免疫細胞と混ぜる。この方法の目的は、このような(がん細胞の成分と混ぜ合わせた)免疫細胞が身体の免疫システムに働いて、身体の中のがん細胞を認識するようにさせることである。

ビスフォスフォネート治療

進行性の乳がんのケースでは、骨への転移が起きることがあり、生活の質の低下、骨の痛み、骨折、脊髄圧迫、血液中のカルシウムレベルの異常、といったこことが起きる。

ビスフォスフォネートは、がんに伴う高カルシウム血症や骨転移を治療するために使用される、一連の薬である。これらの薬は、骨転移のケースでの骨の破壊を軽減し、臨床試験の結果によれば、骨転移によって起きる骨の痛みや骨折の回数を顕著に低下させる。現在、ビスフォスフォネートを使用する最適なタイミングは何時かについて、研究が進展中である。

ラジオ波焼灼法

ラジオ波焼灼法は、最小限に侵襲性の技術であり、がん細胞の破壊のために使用される。ラジオ波焼灼法では、電極を、CT スキャン、超音波、腹腔鏡、などでガイドして、直接に腫瘍に刺し、電極から高周波のラジオ波を発射し、発生する熱でがん細胞を破壊する。ラジオ波焼灼法は、さまざまながん(肺、腎臓、肝臓、など)の治療法として研究されている。これまでの研究では、ラジオ波焼灼法を、手術に耐えられない患者さんのケースや、手術不可能と考えられるケースに焦点をあてることが多かった。

中心静脈カテーテル法

がんの患者さんで、中心静脈カテーテル(大静脈に設置したままにしておくチューブ)を通じて化学療法剤の投与を受けている人は多い。中心静脈カテーテルの大きなリスクは、細菌感染・集落形成の可能性である。集落を形成した細菌により、局所感染や全身的感染が起きる(化学療法を受けている人は、免疫が弱まっていることが多いので、なおさらリスクが高くなる)

中心静脈カテーテル法に於ける細菌感染を減少させるべく、多くの方法が試みられている。テフロン製のカフの使用、抗生物質溶液でカテーテルを洗浄する、全身性抗生物質を予防的に投与する、などの方法である。しかし、これらの方法によっても、細菌感染の問題は依然として残っている。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 幹細胞移植 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

ミニ幹細胞移植

急性骨髄性白血病の治療順序は通常、まず導入治療(完全寛解を導くための治療)、次に、強化治療(再発のリスクを低下させるための治療)を実施する。強化治療の選択肢の一つは、他家幹細胞移植である。この治療法によれば、多くの白血病細胞を殺すことができるが、治療に伴う死亡や重症の副作用が高率に起きることがある。従って、幹細胞を移植する前に実施される治療の集中度を、予想される再発リスクの高低によって、変える方法の研究が進展中である。

ミニ幹細胞移植というのは、幹細胞を移植する前に実施する治療(化学療法など)を低集中度で実施する方法である。この方法によれば、移植に伴う死亡率は低下するが、有効性については、今も評価中である。

幹細胞移植概観

幹細胞移植は、一定の攻撃的な白血病に対する、唯一の治癒可能な治療法である。幹細胞移植では、化学療法や放射線療法を高用量で実施する。これにより、より多くのがん細胞が殺せる可能性があるが、骨髄がダメージを受けることがある。このため、高用量化学療法や高用量放射線療法の後に、造血幹細胞の移植を実施する必要がある。他家幹細胞移植とは、適合ドナーからの造血幹細胞を使う方法である。この場合の問題は、適合ドナーを見つけるのが困難な場合があることと、ドナーが見つかっても、ドナーからの幹細胞が、患者さんの正常な組織を攻撃することがある(移植片対宿主病)ことである。(但し、他家幹細胞移植によれば、ドナーからの細胞が、がん細胞を攻撃する可能性があるという利点がある)

幹細胞移植概観#2

幹細胞移植では、がん細胞をより多く殺す目的で、通常の治療法よりも高用量の治療を実施する。高用量治療の結果として、造血幹細胞が破壊されることになり、その結果、赤血球、白血球、血小板が減少し、生命に関わる可能性があるので、高用量治療に続いて、造血幹細胞を患者さんに点滴する。

幹細胞移植には、自家幹細胞移植( 患者さん自身の幹細胞を事前に採取しておき、高用量治療後に点滴 )と、他家幹細胞移植( ドナーからの幹細胞を点滴 )、という 2 種類がある。

他家幹細胞移植

他家幹細胞移植では、幹細胞移植の一つとして、より多くのがん細胞を殺す目的で、高用量の治療が実施される。しかし、高用量治療により、重要な造血幹細胞が破壊される傾向がある。幹細胞数が低下すると生命に関わるような状況になり得るため、高用量治療の後に、ドナーからの幹細胞を患者さんへ点滴する。造血幹細胞を採取する方法としては、臍帯血、末梢血、骨髄、それぞれから採取する方法がある。

他家幹細胞移植には、患者さんの幹細胞を回復させる効果に加えて、ドナーからの幹細胞が患者さんのがん細胞を攻撃するという効果もある。しかし、ドナーからの幹細胞は、患者さんの正常な組織も攻撃することがある( 移植片対宿主病 )。現在、他家幹細胞移植の効果を保ちつつ、移植片対宿主病のリスクを低下させる方法についての研究が進展中である。

ミニ他家幹細胞移植

他家幹細胞移植の場合、ドナーからの幹細胞が患者さんのがん細胞を攻撃してくれるという効果がある。ミニ( 軽減用量 )他家幹細胞移植とは、通常の幹細胞のような高用量な治療を行わない方法であるが、この方法でも、ドナーからの幹細胞が、患者さんのがん細胞を攻撃する。

他家幹細胞移植に於ける問題は、移植片対宿主病( ドナーからの幹細胞が、患者さんの正常組織を攻撃してしまう )の問題である。従って、他家幹細胞移植の有効性をそのままにして、しかも、移植片対宿主病のリスクを低下させるべく、研究が進展中である。

ミニ他家幹細胞移植は、さまざまながんに対する治療法として評価されており、治療に伴う死亡率を低下させつつ、有用な抗がん活性を得ることのできる方法である可能性がある。

臍帯血幹細胞移植

幹細胞は、骨髄から採取できる以外に、臍帯血からの採取が可能である。従って、臍帯血からの幹細胞を他家幹細胞移植に使用する可能性について研究が進展中である。その大きな目標は、ドナーを見つけられない患者さんのために、造血幹細胞を提供することである。これまでの研究により、臍帯血からの幹細胞が、移植に有効であり、移植片対宿主病を軽減可能であることが示されてきている。

移植片対宿主病( GVHD )

移植片対宿主病は※である【・※←¨状況 ※ ¨【:※←他家幹細胞移植の後にみられる:】・】。   ドナーの¨幹細胞 ※ ¨【・※←他家幹細胞移植に使用された・】は認識することがある【・*を |*←患者さんの正常な組織・】【・*として |*←外来のもの・】、そして、正常な組織への攻撃をすることがある。 これがもたらす【・*を |*←移植片対宿主病・】。   移植片対宿主病には 2 つのタイプがある:急性の移植片対宿主病と慢性の移植片対宿主病である。 移植片対宿主病は¨※¨ことがある【・※←生命に関わる・】、そして、¨※¨ことがある【・※←大きく低下させる【:*を |*←幹細胞移植を受けた人の生活の質:】・】。

¨治療 (※の)¨【・※←移植片対宿主病・】は典型的に含む【・*を |*←ステロイド・】。   しかし、【・*の場合…|*←ステロイドが奏効しなくなった(ステロイド不応性)・】、有効な治療選択肢は限定される。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 投与集中・高用量化学療法 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高用量化学療法

高用量化学療法によれば、通常の用量の場合に比較して、より多くのがん細胞を殺すことができるが、副作用がよりきつい(とくに、造血幹細胞への副作用)。造血幹細胞とは、骨髄で産生される未熟の血液細胞であり、これらの細胞が成熟して、赤血球、白血球、血小板、となる。高用量化学療法によって破壊された幹細胞移植を回復させる方法として、骨髄移植や末梢血幹細胞移植( PBSCT )がある。( PBSCT では、末梢の血液から幹細胞を採取し、これを高用量化学療法の後に患者さんに点滴する)

投与集中化学療法#1

(用量集中の化学療法というのは、サイクル間の間隔を短くして化学療法剤を投与する方法である:例えば、通常 3 週間ごとに投与される化学療法剤を 2 週間ごとに投与する)

用量集中化学療法によれば、多くのがん細胞を殺すことができることがある。しかし、この方法の場合、骨髄が回復するための時間が不足して、白血球数が低下し、感染症のリスクが増大することがある。この合併症を予防するため、今回の研究では、全ての患者さんに Neupogen(白血球数産生を刺激する薬)も併用投与した。

投与集中化学療法#2

投与集中化学療法( dose-dense chemotherapy )とは、サイクル間の間隔を短くして化学療法剤を投与する方法である。例えば、通常は 3 週間に 1 回投与する化学療法剤を 2 週間に 1 回投与するといったスケジュールで実施する。投与集中化学療法によって、より多くのがん細胞を殺すことができる可能性があるが、骨髄の回復のための時間が短くなるため、貧血(赤血球数低下)や好中球減少症(白血球数低下)が起きることがある。

貧血によって、重症の疲労感、息切れ、活動レベルの低下、全体的な気分の良さの低下、が起き、その結果、生活の質が低下することがある。化学療法に伴う貧血の治療用として Aranesp という薬がある(骨髄細胞に働いて、有効な赤血球を産生させる)。

好中球減少症が起きると、感染のリスクが高まり、その結果、治療が遅れることになったり、入院が必要となったりすることがある。好中球減少症を予防したり治療するための薬として Neulasta があり、この薬は、免疫細胞の産生を刺激する。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 副作用・支援治療 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

化学療法に伴う吐き気・嘔吐

化学療法がつらいことがある原因の一つが、重症の吐き気・嘔吐である。過去 10 年間に、化学療法に伴う吐き気・嘔吐( CINV )の管理法は顕著に進歩したが、今でも、化学療法を受ける患者さんの半数以上の人が、当該副作用に苦しんでいる。この副作用のために、治療の続行を拒否する患者さんもいる。

化学療法のなかには、重症の吐き気・嘔吐を伴うものもあれば、ほとんど伴わないものもある。

幸いなことに、吐き気・嘔吐予防用の薬( 制吐剤 )を、化学療法の前に投与することができる。制吐剤には _’ 2 つのクラス ※ ’がある [ ※← 5-HT3- レセプタ拮抗剤、及び、NK-1- レセプタ拮抗剤 ]。これらの 2 つのクラスの薬は、相互に補完的に働く( 作用メカニズムが異なる )ため、併用すれば、最良の結果が得られることがある。

最初の 5-HT3- レセプタ拮抗剤である Zofran(ondansetron) は、FDA が、1991 年 1 月に認可し、急性の CINV ( 化学療法後 24 時間以内に起きるもの )に効果がある。NK-1- レセプタ拮抗剤である Emend は、2003 年 3 月に認可され、急性、及び、遅発性、両方の CINV のリスクを低下させる。

食欲不振

食欲不振により、食べることが困難になり、重症の体重減少( カヘキシー )につながることがある。食欲不振は、がんの直接の結果として起きることもあれば、がんに対する治療の結果として起きることもある。食欲不振と、それに続く体重減少のために、がんの治療が不十分となることがあり、予後を劣らせることがある。がんの患者さん全てで食欲不振が起きるわけではないが、がんに伴う食欲不振と体重減少は、高頻度にみられる。

食欲不振に伴う体重減少の結果、¨いくつかの要素から ※ ¨ [ ※←免疫システムの弱まり、脱水症の発症、 ]_ 患者さんの健康状態が損なわれ、不快の原因となる。その結果、がんの治療を弱めたり、遅らせる必要が出てくることがある。従って、食欲不振や体重減少には適切な対応が必要である。

好中球減少症

好中球減少症は、化学療法に伴う最も高頻度の副作用の一つであり、化学療法により、白血球が減少する副作用であって、感染症との戦いが困難になる。化学療法に伴う好中球減少症は、いくつかの理由から、重大な意味を持つ:
◇好中球減少症が起きた場合、治療を遅らせたり、用量を減少させたりする必要が出てくることがある。
◇入院が必要となることがある。
◇簡単な感染症が生命に関わるようになるリスクがある。

抗生物質、又は、G-CSF を予防的に投与することで、発熱性の好中球減少症の発症リスクを低下させることができることが知られている。( G-CSF は、好中球の成長を促進させる薬である)

白金系化学療法剤に伴う難聴

白金系の化学療法剤の場合、副作用の一つとして、恒久的な難聴の発生がある。このタイプの難聴では通常、高音領域の聴力が低下する。難聴の程度は、化学療法の実施期間の長さや、化学療法剤の投与量に関連する。小児の場合に難聴が特に懸念される理由は、会話や言語の発達に影響する、などの可能性があるからである。

放射線療法に伴う線維症

放射線療法に伴う線維症では、高用量の放射線療法により、正常な組織がダメージを受け、線維が多い瘢痕状の組織が形成される。従来、放射線療法に伴う線維症は、回復不可能であると考えられていた。しかし、最近の研究によって、治療法によっては、線維症の程度を軽減可能であることが示唆されている。

そのような治療薬の候補が、pentoxifylline と ビタミン E であり、これらのいずれも、単独で使用した場合には放射線療法に伴う繊維症を確実に改善可能であるとのデータは出ていないが、併用する方法は、有望であるらしい。

貧血について、及び、その薬物治療

貧血は※である【・※←一般的な¨副作用 {☆による}¨【:☆←一部の化学療法レジメン| -OR- |放射線療法:】| -OR- |時としてはがんそのものの影響・】。   一般的な¨症状 {☆の}¨【・☆←貧血・】は※である【・※←重症の疲労感、息切れ、活動レベルの低下、全体的な気分の良さの低下・】。

重症の貧血はしばしば必要とする【・*を |*←輸血・】、そして、これは¨※¨ことがある【・※←伴う【:*を |*←感染のリスク、拒絶反応、医療費の上昇:】・】。   更に、重症の貧血は¨※¨ことがある【・※←原因となる【:*の |*←がんの治療の遅れ:】、そしてその結果、もたらす【:*を |*←治癒や長期生存のチャンスの低下:】・】。

貧血の¨治療 {☆による}¨【・☆←¨治療薬( 複数 ) {※ところの}¨【:※←刺激する【∵*を |*←赤血球の産生∵】:】・】は¨※¨であることが示されている【・※←持つ【:*を |*←いくつかの¨利益{☆のための}{ § のような}¨【∵☆←がんの患者さん∵】【∵§←生活の質の改善、輸血の必要性の低下∵】:】・】。   そのような治療薬は含む【・*を |*← Aranesp (darbepoetin alpha)、Procrit (epoetin alfa) ・】。

化学療法に伴う貧血

貧血は、一般的な¨副作用 ※ ¨である〔 ※←一定の化学療法レジメンに伴う 〕。   貧血の特徴は、血液中の¨赤血球 ※ ¨のレベルの低下である〔 ※←身体中の組織へ酸素を供給する役割を持つ 〕。

貧血の症状として高頻度にみられるものは、重症の疲労感、息切れ、活動レベルの低下、全体的な気分の良さの低下、である。

重症の貧血では、しばしば、¨輸血 ※ ¨による治療が必要となる【 ※←これには☆のリスクが伴う〔 ☆=感染、拒否反応、医療コストの増加〕 】。   さらに、重症の貧血により、がんの治療が遅れることがあり、これにより、最適な治療ができないという結果を生じることがある。

貧血を治療する薬の使用は、※を示した【 ※=がんの患者さんに於けるさまざまな¨利益 (☆を含む)¨〔 ☆=生活の質の向上、輸血の必要の減少 〕 】。   しかし、生存への影響については、不確定であり、研究( 複数 )の結果はポジティブなものもネガティブなものもある。

オピオイド鎮痛剤使用に伴う便秘

進行性のがんの患者さんは、しばしば、オピオイドによる治療を受ける¨(〔※〕のために )¨〔 ※=痛みの管理 〕。   ¨(〔※〕であるが )¨〔 ※=オピオイドにより、重症の痛みも軽減可能である 〕、オピオイドには便秘が伴う。 患者さんは、便秘を※として表明する〔 ※=生活の質の顕著な低下 〕。 研究者たちは、※の評価を続けている〔 ※=オピオイド誘発の便秘を軽減する方法 〕、¨(〔☆〕であるから )¨【 ☆←オピオイドは¨患者さん § ¨で広く使用される〔 §←進行性の内科疾患(の患者さん) 〕 】。

化学療法に伴う口腔粘膜炎

口腔粘膜炎は※である【・※←一般的な¨副作用 (※に於ける)¨【:※←¨患者さん {※ところの}¨【∵※←受けている【::*を |*←高用量のがん治療や幹細胞移植::】∵】:】・】。   口内粘膜炎とは※である【・※←治療による¨ダメージ (※への)¨【:※←口や消化管の粘膜:】・】、そして、範囲がある【・*から |*←刺激感・】【・*へ |*←重症の痛みや潰瘍形成・】。   【・もし*なら…|*←口内粘膜炎が重症になった・】、それは引き起こすことがある【・*を |*←☆に十分な程度の痛み【:☆←患者さんが食事を飲み込めず、静脈からの栄養や水分の補給が必要となる:】・】。   更に、口腔粘膜炎はもたらすことがある【・*を |*←全身的な感染症や¨治療の遅れ {※ところの}¨【:※←究極的にはもたらすことがある【∵*を |*←最適ではない治療結果∵】:】・】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 生物学レベル 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

ras 遺伝子の変異

白血病の 30% のケースでは、ras 遺伝子に変異があると推測されている。ras 遺伝子は、細胞の表面から細胞内部へ成長シグナルを伝達する生物学的経路の一部を構成している。この生物学的経路は、正常の状態では、厳格にコントロールされているが、ras 遺伝子に変異があると、(当該生物学的経路が混乱して)、細胞の無制限の分裂が刺激される。さらに、ras 遺伝子の変異があると、p53 遺伝子(代表的ながん抑制遺伝子)が関与した生物学的経路を抑制するものと推測されている。

血液-脳関門

脳腫瘍の治療に於ける障害の一つは、大部分の化学療法剤が血液-脳関門(血液と脳細胞との間にあるバリアで、非常に限定された分子しか、このバリアを通過することができない)を通過できないことである。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 グリオーマ 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

グリオーマというのは、成人の悪性脳腫瘍の中で最も高頻度なものであり、神経系で最も豊富な細胞であるグリア細胞から発生する。グリオーマという名称は、実際には、いくつかのタイプの脳腫瘍の総称である。グリオーマの標準的な治療は通常、外科手術、化学療法、放射線療法、生物学的治療、である。

外科手術を受けても、グリオーマが再発する率は依然として高い。何故なら、現在の技術では検出不可能なほどの微量ながん細胞が、外科手術後にも、残存していることがあるからである。従って、外科手術後に残存している可能性があるがん細胞を全て破壊するための治療法を求めて、研究が進展中である。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 多形グリア芽腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

多形グリア芽腫とは、神経系の細胞であるグリア細胞から発生する、攻撃的な脳腫瘍である。このタイプの脳腫瘍に対する標準的な治療法は、外科手術後の放射線療法である。化学療法は、治療結果にあまり影響しないとされてきた。

多形グリア芽腫 #2

多形グリア芽腫とは、神経系の細胞であるグリア細胞から発生する、攻撃的な脳腫瘍である。このタイプの脳腫瘍に対する標準的な治療法は、外科手術によるがんの切除(可能な場合)、放射線療法、化学療法、である。しかし、最も攻撃的な治療を実施しても、生存期間としては、診断後 1 年間以下になるケースが多い。そのため、生存期間を伸ばすべく、研究が進展中である。

多形グリア芽腫#3

多形グリア芽腫は、原発性の脳腫瘍の中で、最も高頻度なタイプの一つである。多形グリア芽腫では、グリア細胞が悪性化している。(グリア細胞は、神経系の中で最も多数存在する細胞であり、ニューロンに対して、多くのサポートを提供している)


********************
当ファイルの目次ページへ


【 急性骨髄性白血病 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

急性骨髄性白血病とは、未熟な白血球(骨髄球)の過剰な増殖を特徴とする骨髄、及び、血液のがんであり、小児よりも成人での発症が多い(診断時の平均年齢は 65 歳超)。

急性骨髄性白血病#2

急性骨髄性白血病は、骨髄、及び、血液のがんであり、その特徴は、※の急速で過剰な成長である〔 ※=未熟の白血球(骨髄球と呼ばれる) 〕。 この病気は、小児よりも成人で多く、診断時の平均年齢は 65 歳以上である。

急性骨髄性白血病の治療としてはしばしば、まず¨導入治療 ※ ¨から開始する〔 ※←完全寛解 (*) を実現すべく、化学療法などを実施する 〕。 導入治療に続き、一般的に¨追加の治療(強化治療) ☆ ¨を実施する〔☆←白血病の再発リスクを低下させるため(の治療) 〕。

(*) 完全寛解=骨髄中の白血病細胞の消失、及び、※の正常化〔 ※=白血球、赤血球、血小板 〕

急性骨髄性白血病の若年の患者さんの場合には、過去 20 年間の間に、※が理由となって、比較的に大きな進歩があった〔 ※=投与集中治療( 幹細胞移植を含む )の実施の増加 〕。 しかし、高齢の患者さんはしばしば、攻撃的な治療に忍容できず、高齢の急性骨髄性白血病の患者さんのケースに対する治療は、あまり進歩していない。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 急性リンパ性白血病 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

急性リンパ性白血病は、骨髄、及び、リンパ系のがんである。急性リンパ性白血病では、未成熟のリンパ球(B- 細胞と T- 細胞とがある)が過剰に産生され、これらのリンパ球は成熟することがないため、本来の機能( 感染症との戦い )を果たすことができず、また、これらの未熟なリンパ球が多量に存在することにより、他の種類の血球の産生が抑えられることになる。

急性リンパ性白血病の治療は通常、攻撃的なものであり、高用量化学療法、及び、幹細胞移植もその一つである。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 慢性骨髄性白血病( CML ) 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

慢性骨髄性白血病( CML )(慢性顆粒球性白血病ともいう)の場合、多数の顆粒球(白血球の一種)が成熟せず、これらの細胞が過剰に蓄積する。これらの細胞は、骨髄や血球中に過剰に存在するようになり、他の血球の産生や機能を妨害するようになる。また、白血病の細胞は、本来の機能を果たせず、感染のリスクが増大する。

慢性骨髄性白血病( CML )は、慢性段階から始まり、この段階では臨床的な問題は少ないが、これを放置すると、急性段階(増殖が速く、攻撃的ながん)へ移行することがある。急性段階になると、予後は劣る。

他家幹細胞移植は、慢性骨髄性白血病( CML )に対する、治癒が期待可能な治療法である。しかし、慢性段階の慢性骨髄性白血病( CML )に対して他家幹細胞移植を受けた患者さんの 約 5〜20% で再発が起きる。再発性の慢性骨髄性白血病( CML )に対する治療法としては、ドナーリンパ球の注入があるが、この方法には、移植片対宿主反応といったリスクがある。従って、代わりとなり得る治療法を求めて研究が進展中である。


慢性骨髄性白血病( CML )#2

慢性骨髄性白血病( CML )(慢性顆粒球性白血病ともいう)の場合、多数の顆粒球(白血球の一種)が成熟せず、これらの細胞が過剰に蓄積する。これらの細胞は、骨髄や血球中に過剰に存在するようになり、他の血球の産生や機能を妨害するようになる。また、白血病の細胞は、本来の機能を果たせず、感染のリスクが増大する。

従来、慢性骨髄性白血病に対する唯一の治癒可能な治療法は、他家幹細胞移植であるが、この治療法には強い副作用が伴うため、より忍容性良好な治療法を求めて研究が進展中である。

フィラデルフィア染色体陽性の慢性骨髄性白血病というのは、フィラデルフィア染色体(遺伝子的な異常がある染色体)が存在し、がん細胞が恒常的に成長するようになっている慢性骨髄性白血病である。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 慢性リンパ球性白血病 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

慢性リンパ球性白血病は、成長が遅い(低グレードの)がんであるとみなされている。患者さんはしばしば、経過観察を受ける(症状が現れたり、病気が一定の段階になるまで治療を行わない)ことがある。治療が行われる場合、化学療法(しばしば Fludara による)、放射線療法、生物学的治療、幹細胞移植、などが行われる。


慢性リンパ球性白血病#2

慢性リンパ球性白血病では特徴的に、異型リンパ球が産生される。リンパ球というのは、免疫細胞の一種であり、B- 細胞、又は、T- 細胞として存在している。これらの細胞は、骨髄で産生され、それぞれが、感染症との戦いに於いて、特定の役割を果たしている。

慢性リンパ球性白血病のケースの大部分では、成熟した(異常な) B- 細胞が関与しており、これらの細胞は、正常の細胞に比較して、ずっと長期間生き続け、体内に蓄積する( 血液、骨髄、リンパ節、脾臓、などに )。このことにより、それらの個所( 異常な B- 細胞が蓄積した個所 )での免疫細胞や血液細胞の産生が妨害される。また、異常なリンパ球は、自分自身が正常に機能せず、身体が免疫と戦う機能を減退させる。

慢性リンパ球性白血病は典型的には、成長が遅い( 低グレードの )がんであるとみなされている。慢性リンパ球性白血病の治療としてはしばしば、Rituxan ( 分子標的治療薬で、モノクロナル抗体 )が使用される。この薬は、CD20 抗原( B- 細胞上に存在する抗原 )を標的とする。この薬が CD20 抗原に結合すると、( その CD-20 抗原が存在する )その細胞に対する免疫システムの攻撃が始まり、その細胞を殺す。また、Rituxan は、がん細胞の死滅に関する経路にも関与している。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 ホジキンリンパ腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

リンパ腫とは、リンパ系の細胞ががん化する病気である。リンパ腫は 2 つのタイプに分類される。つまり、非ホジキンリンパ腫とホジキンリンパ腫である。ホジキンリンパ腫の特徴は、Reed-Stemberg 細胞の存在である。ホジキンリンパ腫に対する現在の治療選択肢は、外科手術、化学療法、放射線療法、などである。

早期のホジキンリンパ腫とは、進行していない("カサ高の"個所を形成しておらず、重要臓器も浸潤していない)段階のものである。早期ホジキンリンパ腫の治癒率は、標準的な治療でも、高い。現在の研究の焦点は、このような高い治癒率は保ったまま、副作用(とくに長期的な副作用)を低下させる治療法の開発である。

化学療法と放射線療法との併用が、早期のホジキンリンパ腫に対する標準的な治療法となっているが、化学療法か放射線療法のどちらか単独でホジキンリンパ腫が治癒可能かどうか研究が進展中である。また、放射線療法の線量を変えたり、化学療法剤の併用方法を変えたりして、副作用を低下させようとする研究も進展中である。


ホジキンリンパ腫 #2

ホジキンリンパ腫の特徴は、Reed-Stemberg 細胞の存在である(顕微鏡下の観察でみとめられる)。ホジキンリンパ腫は、身体の一定の個所で発生し、リンパ系を通じて、予想可能なやりかたで身体の他の個所へ拡大する。リンパ系の外へ拡大することもある(肺、肝臓、骨、骨髄、など)。

再発性、又は、難治性のホジキンリンパ腫に対する治癒の可能性がある治療法として、高用量治療 + 自家幹細胞移植という方法がある。高用量治療によって、より多くのがん細胞を破壊できる可能性があるが、造血幹細胞もダメージを受けることがあり、より多くの副作用が起きることがある。ダメージを受けた造血幹細胞を回復させる目的で、幹細胞移植が実施される。

ホジキンリンパ腫のケースでは、通常の治療後に、二次がんの発生リスクが増加することが知られている。しかし、通常の治療と、高用量治療 + 自家幹細胞移植の両方を受けた場合に、二次がん発生のリスクが更に増加するかどうかについては、明らかになっていない。


ホジキンリンパ腫#3

ホジキンリンパ腫は、リンパ系のがんである。ホジキンリンパ腫の診断は、特徴的な細胞( Reed-Sternberg 細胞 )の顕微鏡下での確認による。ホジキンリンパ腫は典型的には、身体の 1 つの領域で始まり、リンパ系を通じて、予測が可能なような形式で拡大する。リンパ系外に拡大することもある( 肺、肝臓、骨、骨髄、など )。

ホジキンリンパ腫は非常に治癒しやすいがんであるため、研究は※や☆に焦点が当てられている〔 ※=病気を乗り越えた人たちの生活の質の改善 〕〔 ☆=病気を乗り越えた人たちが直面する可能性がある医療上の問題の軽減 〕。 これまでの研究( 複数 )で、示されている¨何が? ※ ¨〔 ※←ホジキンリンパ腫を乗り越えた人たちの場合、急性骨髄性白血病を発症するリスクが増加している 〕


********************
当ファイルの目次ページへ


【 非ホジキンリンパ腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

非ホジキンリンパ腫は、リンパ系の細胞が悪性化して生じるがんである。リンパ系の主要な細胞はリンパ球であり、B-細胞と T-細胞があって、これらはそれぞれ、身体が感染と戦う上で特異的な機能を果たしている。非ホジキンリンパ腫の最も高頻度なタイプは、B-細胞非ホジキンリンパ腫である。

非ホジキンリンパ腫は、細胞のタイプに加えて、がんが成長する速度によっても分類され、顕微鏡で観察される細胞の概観によって成長速度が示される。高グレード、又は、急速進行性の非ホジキンリンパ腫は急速に成長する型であり、低グレード、又は、緩徐進行性の非ホジキンリンパ腫はゆっくりと成長する型である。


非ホジキンリンパ腫#2 + びまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫

非ホジキンリンパ腫は、リンパ系の細胞が悪性化して生じるがんである。リンパ系の主要な細胞はリンパ球であり、B-細胞と T-細胞があって、これらはそれぞれ、身体が感染と戦う上で特異的な機能を果たしている。

非ホジキンリンパ腫の分類は、巻き込まれたリンパ球のタイプ、及び、がんの成長速度(これらはいずれも、顕微鏡で細胞を観察して判断する)によって行われる。

中等度の非ホジキンリンパ腫は、全てのリンパ腫のうちで最も高頻度のもので、攻撃的なタイプと見なされる。なかでも最も高頻度なものが、びまん性大細胞型 B 細胞性リンパ腫である(全てのリンパ腫のうち 30%(*))。

(*)mougitaro 注:原文には明記されていませんが、米国での統計値であると考えられます。


非ホジキンリンパ腫と幹細胞移植

非ホジキンリンパ腫は、免疫システム関連の細胞が悪性化するがんである。非ホジキンリンパ腫には、¨いくつかの要素 ※ ¨により [ ※←がん化している細胞のタイプ、成長のパターン、遺伝子的な以上のタイプ ] さまざまな種類がある。異なるタイプの非ホジキンリンパ腫に対する治療法は大幅に異なる¨何故? ※ ¨ [ ※←或る非ホジキンリンパ腫は成長が非常に遅く、また、他の非ホジキンリンパ腫は成長が非常に速い ]_ 濾胞性リンパ腫やマントル細胞リンパ腫は、より成長が遅い傾向がある。

非ホジキンリンパ腫の治療法の一つが、自家幹細胞移植である。この治療法では、通常よりも高用量の治療を行うことで、より多くのがん細胞を殺そうとするが、高用量治療の結果として、正常細胞( 含血液の細胞 )も殺してしまう。これに対応するために、自家幹細胞移植では、患者さん自身から治療前に造血幹細胞を採取しておき、治療後に再注入する。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 濾胞性リンパ腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

濾胞性リンパ腫は、低グレード( 非ホジキンリンパ腫の中で、成長が遅いグループ )のものと見なされるリンパ腫である。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 T-細胞リンパ腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

T 細胞リンパ腫とは、¨リンパ腫 ※ ¨である〔 ※← T 細胞と呼ばれる免疫細胞から発生する(リンパ腫) 〕。 皮膚 T 細胞リンパ腫は、皮膚に影響するもので、これにはいくつかのサブタイプがある。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 多発性骨髄腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

多発性骨髄腫は、血液のがんであり、形質細胞が悪性化している。形質細胞は、免疫システムの重要なメンバーであり、感染症や病気と戦うための抗体を産生する。多発性骨髄腫の症状は、細菌感染のリスク増大、免疫応答の障害、などである。その他の影響としては、腎臓へのダメージ、骨粗鬆症、貧血、血中カルシウムレベルの上昇、などがある。

多発性骨髄腫の場合、患者さんによって、予後が大幅に異なることから、特定のタイプの治療効果を予測できるような、患者さんや病気の特徴を明らかにしようとする研究が多く行われている。究極的な目的は、そのような特徴を知ることで、個々の患者さんに対する治療を個別化することである。


多発性骨髄腫#2

多発性骨髄腫は、血液のがんであり、形質細胞が悪性化している。形質細胞は、免疫システムの重要なメンバーであり、感染症や病気と戦うための抗体を産生する。多発性骨髄腫の場合、悪性の形質細胞が¨異常な抗体 ※ ¨ [ ※←感染症に対して、適切に戦うための能力を持っていないもの ] を過剰に産生する。さらに、悪性の形質細胞は、骨髄に蓄積して、¨他のいろいろな細胞 ※ ¨ [ ※←血球や免疫関連細胞の正常な産生に必要な細胞 ] の正常な機能や産生を妨げる。骨髄に悪性の細胞が蓄積すると、究極的には骨に腫瘍が形成され、骨が破壊されることがある。

多発性骨髄腫に対する標準的な治療法は、がんのステージ(拡大の程度)によって異なる。新たに多発性骨髄腫と診断されたケースに対する治療法としては、dexamethasone ( ステロイドの一種 )、化学療法剤、ステロイドと化学療法剤との併用、病気のモニター、幹細胞移植、などがある。

thalidomide は、血管新生阻害作用を示すことで知られている物質であり、また、免疫システムに影響して、がんと戦わせるようにする効果をもつことも知られている。血管新生阻害作用により、がんの成長に必要な血液の供給を阻害する。

これまでの臨床試験により、示されている¨何が? ※ ¨ [ ※← thalidomide により再発性の多発性骨髄腫の患者さんで、顕著な抗がん奏効が示される ] 。臨床試験が¨ ☆ ¨を目的として進展中である [ ☆← thalidomide の、多発性骨髄腫治療に於ける真の臨床的な役割の決定、及び、がんと戦う上で thalidomide が免疫システムに与える効果の確認 ] 。


多発性骨髄腫#3(情報追加)

最近の研究は示唆している¨何を? ※ ¨〔 ※←幹細胞移植により、一定の患者さんは寛解を得ることができる 〕。移植された幹細胞は、骨髄での正常細胞産生を助けるが、その前に、がん細胞が※によって殺されていることが必要である〔 ※=導入化学療法 〕。   幹細胞移植前の標準的な化学療法は、※となっている〔 ※=VAD という 3 剤併用レジメン( vincristine + doxorubicin + dexamethasone ) 〕。

数件の臨床試験によって示されている¨何が? ※ ¨【 ※← thalidomide が¨患者さん ☆ ¨の助けとなる〔 ☆←以前に多発性骨髄腫の治療を受けたが、再発したケース(の患者さん) 〕】。   thalidomide 単独で、又は、他の化学療法剤 dexamethasone との併用で投与された場合、thalidomide は¨患者さん ※ ¨での奏効率を改善した〔 ※←多発性骨髄腫が再発し、他の治療が奏効しないケース(の患者さん) 〕。

3 件の非ランダム化 Phase II 臨床試験の結果では、¨患者さん ※ ¨では、thalidomide + dexamethasone という併用レジメンが良好に奏効した〔 ※←多発性骨髄腫と新たに診断された(患者さん) 〕。(2006年02月17日)


********************
当ファイルの目次ページへ


【 骨髄異形成症候群 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

MDS では、赤血球、白血球、血小板の産生が不十分となる。従って、最初の治療としてはしばしば、これらの血球細胞の数を正常に回復することを目指す。MDS は、骨髄障害や急性白血病に至ることがあるが、一方では、最少の治療介入により、長期の生存を達成するケースもある。

MDS は、高齢の患者さんで起きる傾向があり、そのような患者さんでは、他の健康上の問題があって、攻撃的な治療ができないことがある。MDS に対する現在の治療法は、一般的には支援治療のカテゴリーに入るもので、とくに、赤血球や白血球の数を回復するための薬を使用する治療である。より進行した病気の場合には、化学療法剤による治療を実施することもある。

現在のような治療の選択肢が出てきている原因の一つは、高齢の患者さんでの骨髄テストが多くなされるようになっていることで、そのことが、MDS の早期発見や早期の治療介入につながっている面がある。

MDS の分類法のなかで、最も一般的に使用されているのは、国際予後スコアシステム( IPSS )である。このシステムでは、MDS のケースを低リスク、中等度のリスク、高リスク、に分ける。このシステムが基礎としているのは、骨髄芽細胞(骨髄中の白血病細胞)の比率、核型(骨髄細胞の、細胞遺伝学的な異常)、血球数減少の程度、である。

骨髄異形成症候群#2

骨髄異形成症候群は、リスクのレベルによって分類されることがあり、低リスクから高リスクに分類される。低リスクのケースではしばしば、病気の攻撃性は低く、輸血によって管理されたり(輸血依存性と言われる)赤血球の産生を刺激する薬( Aranesp など )によって管理されることがある。高リスクのケースでは、より攻撃的な治療が必要となることがある。

骨髄異形成症候群に伴う遺伝子的な異常には数種類あり、その中の 1 つが、かなり高頻度のもので、5q 欠損と呼ばれるものである。骨髄異形成症候群の 20〜 30% のケースで、この異常がみられる。

高齢の患者さんに於ける治療

骨髄異形成症候群の患者さんは、しばしば、高齢であり、その他の¨基礎疾患 ※ ¨を有することも多い【 ※←これらの患者さんが☆を忍容することを困難にする〔 ☆=集中的な¨化学療法レジメン ( § による)¨〈§=標準的なアントラサイクリン系化学療法剤をベースとした化学療法剤〉 〕 】。   研究者たちは、※を続けている【 ※=さまざまな¨治療選択肢 ☆ ¨の評価〔 ☆←有効性を維持しつつ、このような患者さんでも忍容可能な 〕 】。

********************
当ファイルの目次ページへ


【 頭頸部がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

頭頸部がんの発生個所は、のど、喉頭、咽頭、唾液腺、口腔(唇、口、舌)、である。大部分の頭頸部がんは、扁平上皮細胞(口、のど、などの粘膜を形成している)が悪性化したケースである。

頭頸部がん(局所進行性)

頭頸部がんの発生個所は、鼻腔、副鼻腔、鼻咽頭、中咽頭、その他の、頭部や頸部のさまざまな個所である。局所進行性の頭頸部がんとは、発生個所から拡大しているが、身体の遠くの個所へは拡大していないがんのことである。

一旦頭頸部がんが原発個所から拡大すると、長期的な治療結果は一般的に、より劣る。また、頭頸部がんの治療により、しばしば、生活の質が低下する。長期的な治療結果や生活の質を改善すべく、研究や新規治療アプローチの開発が進展中である。上皮成長因子レセプタ( EGFR )経路に関する研究がそのような研究の焦点の一つである。

ステージ IV の頭頸部がん

ステージ IV の頭頸部がんとは、最も進行したステージのがんのことであり、このステージでは、がんが原発個所から広範囲に拡大している。進行性の頭頸部がんに対する標準的な治療法としては、典型的に、化学療法や放射線療法、がある。これは、とくに手術が適応でない患者さんの場合にそうである。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 鼻咽頭がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

鼻咽頭がんは、頭頸部がんの一種で、喉の上部で鼻の背部に発生する。Epstein-Barr ウィルスへの感染がこのがんの発生に関連していると考えられている(但し、当該ウィルスに感染した人の非常に少数でがんが発生するだけである)。アジア系の人(とくに中国系)は発生のリスクが高いとされている。

外部線源放射線療法の後にも持続しているケースでは、他の追加治療を受けない限り、がんの進行の可能性が強い。

鼻咽頭がん(ステージ III )

鼻咽頭がんは、頭頸部がんの一種で、喉の上部で鼻の背部に発生する。局所進行性(ステージ III )の鼻咽頭がんとは、大きながんが近くのリンパ節に拡大しているが、身体の他の個所へは拡大していない段階のがんである。ステージ III の鼻咽頭がんに対する標準的な治療としては、外科手術による可能な限りのがんの除去、放射線療法、化学療法、などがある。

頭頸部がんの治療は、顕著な副作用を伴う傾向があり、大幅に生活の質を低下させることがある。従って、有効で、しかも生活の質を低下させない治療法を求めて、放射線療法の工夫、化学療法剤の評価といった研究が進展中である。


局所進行性の鼻咽頭がん

鼻咽頭とは¨領域 ※ ¨である〔 ※←軟口蓋(口腔の基部)の上で、鼻の後ろにある 〕。 鼻咽頭は、頭頸部がんの一種であるとみなされる。

局所進行性の鼻咽頭がんとは、¨鼻咽頭がん ※ ¨である〔 ※←原発個所から拡大しているが、身体の遠くの個所へは拡大していない 〕。 局所進行性の鼻咽頭がんに対する標準的な治療法は放射線療法であるが、化学療法も実施することがある。しかし、生存利益の面では、化学療法を追加することが有意義かどうかは未確定である。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 喉頭がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

喉頭がんは、頭頸部がんの一種であると見なされる。喉頭とは¨領域 ※ ¨である〔 ※←喉の一部で、声帯を含んでいる(領域) 〕。 喉頭は※に役割を持っている〔 ※=会話、飲み込み、呼吸 〕。


ステージ III 、IVの喉頭がん

ステージ III の喉頭がんの患者さんの大部分と、ステージ IV の患者さんの一定の患者さんでは、外科的ながんの切除が可能である。しかし、喉頭を切除すると、声を失って患者さんの生活の質が顕著に低下する。研究者たちは、従って、進行性の喉頭がんに対する非外科的な治療法を探求している。

********************
当ファイルの目次ページへ


【 乳がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

乳がんの治療は、再発リスクの大小によって治療法を調節するようになりつつある。これまでの研究によれば、骨髄中にがん細胞が存在するケースでは、生存率が低下するとの報告がされている。また、腋の下のリンパ節に広範囲にがんが拡大しているケースでも、治療結果が低下するとされている。研究者たちは、乳がんのケースでのリスク要因の評価や、個別の患者さんのための最良の治療選択肢について研究を続けている。

難治性の乳がん

がんに標準的な治療法が奏効しなくなるか、又は、治療後 6 ヶ月間以内に進行した場合、難治性の乳がんと呼ばれる。難治性の乳がんのケースに対する治療法は限定されており、とくに、以前に広範囲の治療を受けている場合にそうである。


乳がんのホルモン療法

乳がんは、ホルモン陽性であるケースのほうが多い。ホルモン陽性の乳がんは、循環血液中のエストロゲンやプロゲステロンといったホルモンによって刺激されて成長する。ホルモン療法は、ホルモン陽性の乳がんの治療用としてしばしば実施される治療法であり、エストロゲンを減らしたり、エストロゲンががん細胞の成長を刺激するのを抑えたりする薬を使用する方法である。

tamoxifen は、ホルモン療法剤の一つで、5 年間の治療期間に於ける抗がん活性が示されている。しかし、5 年間よりも時間が経過すると、有効性は減少する。


乳がんのホルモン療法(アロマターゼ阻害剤)

ホルモン陽性の乳がんのケースでは、しばしばホルモン療法(乳がんの成長を刺激するホルモンを抑える方法)が実施される。ホルモン療法としては、従来、tamoxifen が標準的な薬として使用され、典型的には 5 年間投与を続ける。しかし、最近になって、アロマターゼ阻害剤と呼ばれるグループに属する新しい薬を使用すると、進行性の乳がんのケースで、tamoxifen よりも優れた治療結果を得られることが示されてきた。

アロマターゼ阻害剤は、アロマターゼ(身体中で、エストロゲン{乳がんの成長を刺激するホルモン}の産生に関与している酵素)を抑える薬である。


乳がんのホルモン療法( Faslodex )

乳がんの治療アプローチとして重要なものの一つが、ホルモン療法であり、この療法では、体内のエストロゲンのレベルを低下させる。エストロゲンとは、重要な女性ホルモンであるが、一定のがん(乳がん、子宮がん、など)の成長に関与している。つまり、乳房部や子宮などの細胞にはエストロゲンレセプタが存在し、これらの細胞ががん化すると、エストロゲンがレセプタに結合することで、がんの成長が促進される。がん細胞の表面にエストロゲンレセプタが存在する場合、エストロゲンレセプタ陽性( ER-陽性)のがんという。(がんの中には、エストロゲンレセプタが過剰発現していないものもある)

ホルモン療法薬にはいくつかのタイプがあり、tamoxifen は、細胞表面のエストロゲンレセプタを抑制することで効果を表し、アロマターゼ阻害剤は、体内でのエストロゲンの産生を阻止することで効果を表す。Faslodex は新しいタイプのホルモン療法薬の一つであるが、この薬は、エストロゲンレセプタを分解することで効果を表す。従って、tamoxifen が奏効しないケースでも、Faslodex が有効であると考えられている。


早期の乳がんに対する放射線療法

リンパ節陰性の乳がんは、最も早期の乳がんであり、標準的な治療法としては、外科的ながん、及び、周囲の組織の切除に続く放射線療法の実施が含まれる。

放射線療法を追加することによって、※ということが示されている〔 ※=早期の乳がんの患者さんでの、がんの再発リスクが低下する 〕。 しかし、放射線療法には、いくつかの欠点がある。例えば、放射線療法を実施する施設への往復は、患者さんや家族さんにとって、しばしば不便である。また、患者さんの中には、稀ではあるが、手術後の合併症を経験する人もおり、放射線療法を、傷の治癒まで遅らせる必要があることがある。


乳房部温存手術

早期乳がん(がんが、乳房部、又は、いくつかの腋の下のリンパ節から外へ拡大していない)はしばしば、乳房部温存手術によって治療する。乳房部温存手術を実施した場合の治療結果は、乳房部切除術を実施した場合の治療結果と同様である。

乳房部温存手術では、がんとその周辺の若干の組織を切除する。腋の下のリンパ節も検査し、切除することがある。手術に続き、放射線療法、化学療法、ホルモン療法、などを※の目的で実施する〔 ※=手術のみの場合に比べて、再発のリスクをより低下させる 〕 乳房部切除術では、乳房部全体を切除する。

より多くの患者さんが早期に診断されるようになっており、研究者たちは、治療結果に関する情報の収集を続けている。これらの情報は、※に関する理解を深めるはずである〔 ※=これらの患者さんの長期的な治療結果 〕。

HER2陽性の乳がん

相当な比率の¨患者さん {※ところの}¨【・※←乳がんと診断された・】は持つ【・*を |*← HER2 陽性と呼ばれる乳がん・】。   ¨患者さん {☆を有する}¨【・☆← HER2 陽性の乳がん・】は持つ【・*を |*←¨がん {※ところの}¨【:※←持つ【∵*を |*←¨遺伝子変異 {☆に於ける}¨【::☆←ヒト上皮成長因子レセプタ -2 (HER2)経路::】∵】:】・】。

HER2 の遺伝子変異はもたらす【・*を |*←¨過剰産生 {☆の}¨【:☆←¨ HER2 レセプタ {追加情報 => 《 》}¨《 がん細胞の外側に見出される 》:】・】。   ¨患者さん {※ところの}¨【・※←持つ【:*を |*←過剰量のこれらのレセプタ:】・】は呼ばれる【・*と |*← HER2 陽性・】。

全ての¨患者さん {☆を有する}¨【・☆←乳がん・】は¨※¨べきである【・※←検査を受ける【:*のために |*←決める【∵*で あるか否か を |*←当該患者さんのがんが HER2 陽性である(であるか否か)∵】:】・】。

Herceptin は、HER2陽性の乳がんの治療用として使用される。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 非小細胞肺がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

非小細胞肺がんとは、肺に発生したがん細胞のタイプによって、その名前が付いているものであり、肺がん全体の 75〜80% を占める。


非小細胞肺がん(ステージ III)

ステージ III の非小細胞肺がんは以下のように分類される:
◇ステージ IIIA:腫瘍の数は 1 個であり、隣接の臓器には拡大しておらず、原発がんから離れたリンパ節( 1 個、又は、それ以上)には拡大している。ステージ III の非小細胞肺がんは N1 と N2 とに細分される( N1 では、がんが拡大しているリンパ節が縦隔から離れており、外科手術によって切除が容易である。N2 では、縦隔内のリンパ節に拡大していて、外科的な切除が困難なことがある)。
◇ステージ IIIB:腫瘍の数は胸部の複数の個所に拡大している。しかし、胸腔外には、現在の検出技術では、拡大は見つからない。(但し、現実には、胸部の外に、検出不可能ながんが存在していることが多く、再発の原因となる)


非小細胞肺がんに対する白金系化学療法剤

進行性の非小細胞肺がんに対する初回の治療法はしばしば、白金系の化学療法剤による治療である。(白金系の化学療法剤は副作用がきついため)毒性がより低く、有効性は同等以上の、白金系ではない化学療法レジメンを見出すべく、研究が進展中である。


細気管支-肺胞がん

非小細胞肺がんは、肺がんの中で最も高頻度なタイプであり、肺がん全体の 75〜80% を占める。細気管支-肺胞がん( BAC )は、非小細胞肺がんのサブタイプであり、頻度が高くなりつつある(とくに、若年層の非喫煙者に於いて)。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 小細胞肺がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

小細胞肺がんは、全ての肺がんのうちの 20〜 25% を占め、主として※の中から診断される〔 ※=喫煙者、又は、以前の喫煙者 〕。 このタイプのがんは、他の肺がんとは異なる¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=このタイプのがんは、血液系やリンパ系を通じて、身体に拡大されやすいこと 〕。

小細胞肺がんは、2 つのステージに分類される:
◇限局型小細胞肺がん(がんが胸部の 1 個所だけに限局されていて、肺の外には検出されない)
◇進展型小細胞肺がん(がんが両方の肺に拡大しているか、肺の外で検出される)

化学療法と放射線療法との併用により、¨患者さん ※ ¨〔 ※←限局型の小細胞肺がんの 〕の生存は改善されたが、長期的な生存は今のところ劣っている。 研究者たちは、※を続けている〔 ※=治療の最適アプローチを探求すること 〕。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 肺への転移 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

肺への転移の切除の意味

肺は多くのタイプのがんで、高頻度に転移がおきる個所である。より多くの証拠により示されつつある¨何が? ※ ¨〔 ※←肺への転移を切除すると、手術が適応の患者さんでは、生存が改善されることがある 〕。 研究者たちは、※の研究を続けている〔 ※=どのような患者さんが、このようなタイプの手術で利益を得るか 〕。


********************
当ファイルの目次ページへ



【 食道がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

食道がんについて #1

食道がんの最も高頻度なタイプは、扁平上皮がんと、腺がんである(これらの区別は、がんが最初に発生した細胞の種類によるもの)。食道がんの発症がより多いのは、男性、喫煙者、多量飲酒者、バレット食道の患者さん、である。現在のところ、食道がんに対する、治癒の可能性のある治療法は、手術だけである。

食道がんについて #2

食道は※である【・※←多層の中空の¨チューブ {※ところの}¨【:※←喉と胃とをつないでいる:】・】。   大部分の¨がん (※に於ける)¨【・※←食道の上 3 分の 2 ・】は扁平上皮細胞から発生し、扁平上皮がん、又は、類表皮がんと呼ばれる。 ¨がん (※に於ける)¨【・※←より低い位置の食道・】は、最も一般的には、生じる【・*から |*←円柱上皮・】、そして、腺がんと呼ばれる。

【・*に於いては… |*←最近の過去・】、扁平上皮がんは占めた【・*を |*←食道がんの 80% 以上・】。   【・*の間に… |*←過去 20 年間・】、腺がんが劇的に増加している。 大部分の¨腺がん (※の)¨【・※←より低い位置の食道・】は¨※¨と考えられる【・※←バレット食道の状況から発生する・】。

現在の¨治療法 (※のための)¨【・※←食道がん・】は含む【・*を |*←外科手術、放射線療法、化学療法、又は、これらの組み合わせ・】。

局所進行性の食道がん

局所進行性の食道がんに対する標準的な治療法は、外科手術(可能な場合)、化学療法、放射線療法、などである。局所進行性の食道がんのケースでの長期生存率は、過去 10 年間で若干しか改善していない。治療結果改善のための研究が続いている。


食道がんに伴う飲み込み困難

進行性の食道がんのケースでの、一般的な症状の一つは、飲み込み困難である。この症状の治療法としては、放射線療法やレーザー療法がある。飲み込み困難に対する放射線療法の一つのタイプとして、近接照射療法があり、この方法では、放射性物質の小さな「種」を外科的にがんの内部や近くに埋め込む。

飲み込み困難に対するその他の治療法としては、外科的なステント(狭くなったところを押し広げるために使用するパイプ状の器具)の設置を行う方法がある。

食道がんのケースでの飲み込み困難に対する治療法として、近接照射療法とステント設置のいずれが優れているのかについて、明確な比較が行われたことはない。

食道がんに対する術前補助療法

局所進行性の食道がんに対する標準的な治療は、※を含む〔 ※←外科手術(可能な場合)、化学療法、放射線療法 〕。   ¨術前補助療法(手術前の治療) ※ ¨〔 ※←化学療法や放射線療法を含む 〕は、しばしば、☆を目的として実施される〔 ☆=がんのサイズを手術の前に縮小すること 〕。   このことにより、※が可能になることがある〔 ※=がんの、より完全な除去 〕。   さらに、術前補助療法は、※と考えられている【 ※=¨がん細胞 ☆ ¨を(一連の治療開始後)直ちに殺す〔 ☆←身体の中に存在している可能性がある 〕 】。   ¨(〔※〕であるから )¨【 ※=これまでの臨床試験の結果は☆の点で一貫していない〔 ☆=食道がんに対する術前補助療法を実施した場合、生存(の点で) 〕 】、研究が続いている¨(〔 § 〕を目的として )¨【 §=さまざまな治療アプローチによる長期的な生存の評価 】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 GIST 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

GIST は、稀なタイプのがんであり、消化管の壁から発生する。American Cancer Society の推定によれば、米国で 1 年間に GIST と診断される患者さんは、約 5,000 名である。GIST が発生する細胞は、消化管系の¨「 ペースメーカー 」細胞 ※ ¨である〔 ※←消化管の中での食物の移動を指示する役割を持つ 〕。

GIST に対する標準的な治療は、出来るだけがんを手術で除去し、分子標的治療薬 Gleevec で治療する方法である。GIST は、依然として、標準的な化学療法や放射線療法が奏効しないため、有効な治療法は限定されている。従って、GIST の患者さんの多くは、長期の生存率があまり良くない( とくに、Gleevec が奏効しない患者さんや、Gleevec が奏効しなくなった患者さん )。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 結腸直腸がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

転移性の結腸直腸がんに対する標準的な治療法は通常、化学療法を含んでいる。使用される化学療法剤は、Camptosar (irinotecan)、Eloxatin (oxaliplatin)、5-FU ( 5-fluorouracil)、などである。化学療法レジメン(メニュー)である IFL は、irinotecan と 5-fluorouracilとの併用であり、同じく FOLFOX は、oxaliplatin と 5-fluorouracil との併用である。


結腸がん(ステージ III )

ステージ III の結腸がんというのは、がんが結腸から外へ拡大しているが、拡大している個所は腹部のリンパ節だけであるステージのものである。このステージの結腸がんでは、外科的な切除をしても、50〜60% のケースで再発すると言われている。再発のリスクを低下させる(外科手術の後に体内に残っている可能性があるがん細胞を根絶する)ために、補助療法(通常は化学療法)が実施される。


局所進行性の直腸がん

局所進行性の直腸がんというのは、直腸から近くのリンパ節や組織へ拡大したがんのことである。このステージのがんの多くは、切除不可能(外科手術によっては全てを除去することができない)であるとみなされる。しかし、手術前に化学療法や放射線療法を実施してがんのサイズを縮小し、手術の実施を可能にするための研究が進展してきている。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 胆管がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

胆管とは、肝臓や胆嚢を小腸につないでいる管である。胆管がんのケースの約 2/3 で、外科的な切除が不可能である。この場合、胆管の閉塞がしばしば起きるため、治療として、ステント(*)の設置などの方法により、胆管内の流量改善が行われる。

(*)mougitaro注:体内のいろいろな管状の構造(血管、食道、胆管、など)のつまりを防止するため、その管の内側に挿入して管を拡げたままにしておくための医療器具で、形としては、ネット状のパイプです。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 B型肝炎 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

B 型肝炎は、肝臓の炎症を起こすウィルスが原因である。感染した場合、急性感染症を起こしてから回復するケースと、慢性となるケースがある。慢性となる可能性は、より若い年齢で感染したケースでより高い。慢性 B 型肝炎では、¨リスク ※ ¨が顕著に増大する【 ※←重症の肝臓障害☆を引き起こす(リスク)〔 ☆=肝硬変や肝細胞がん 〕 】。

¨患者さん ※ ¨はしばしば、B 型肝炎ウィルスの再活性化を経験する〔 ※←慢性の B 型肝炎で、肝臓がんの治療(化学療法など)を受けている(患者さん) 〕。 ウィルスが再活性化すると、¨臨床的な症状 ※ ¨が現れることがある〔 ※←肝臓の炎症や、場合としては死亡のような 〕。 そのような症状が現れた場合、がんの治療を中止したり、遅らせなければならないことがある。従って、B 型肝炎の発症を Epivir のような抗ウィルス剤で予防する方法が考えられる。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 肝細胞がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

最も高頻度の肝臓がんである肝細胞がんは、肝臓の細胞から発生したがんである。

小サイズの肝細胞がんの治療法

肝細胞がんのサイズが小さい場合( とくに、直径が 3cm 未満の場合 )、潜在的な治療法はいくつかある。どの治療法を選択するかは、※で判断する〔 ※=がんの拡大の程度(がんが肝臓内に限局していても)、がんのサイズ、がんの位置(肝臓のがんは、重要な血管にしばしば近接している) 〕。 研究者たちは※や☆を続けている〔 ※=異なる治療法の比較 〕〔 ☆=異なる治療法で治療された肝細胞がんの患者さんでの長期データの収集 〕。 このような情報により、※が可能になると考えられる〔 ※=患者さん、及び、病気の特徴により、治療を個別化すること 〕。

経皮エタノール注入は、¨治療法 ※ ¨である〔 ※←エタノールをがんに直接注入する 〕。 注入されたエタノールは、がん細胞を殺す(壊死させる)。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 肝臓がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

小児の肝臓がん

小児の肝臓がんの 2 つの主要なタイプは、肝芽細胞腫、及び、肝細胞がん、である。肝芽細胞腫は、一般的に※の患者さんで発症し、肝臓外に拡大することは稀である〔 ※=3 歳未満の小児 〕。肝細胞がんは、どの年齢でも発症して、しばしば、身体の他の部分へ拡大する。これらのがんに対する治療法としては、外科手術、化学療法、放射線療法、などがある。がんを外科的に切除できない場合、治療法としては肝臓移植が含まれる。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 膵臓がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

膵臓は、胃、小腸、胆管、胆嚢、肝臓、脾臓、によって囲まれている臓器であり、食物の消化に関与したり、ホルモン(インシュリンなど)の分泌を行っている。進行性の膵臓がんは、膵臓から外へ拡大して、身体の遠い個所や、複数の個所へ拡大している段階のがんである。進行性の膵臓がんに対する標準的な治療選択肢は、引き続き、Gemzar である。


膵臓がん#2

膵臓がんの一部のケースでは、外科手術によってがんを切除することが可能である。しかし、外科的な切除をしても、体内に検出不可能ながんが残存しているために、再発率は高い。手術可能な膵臓がんのケースでの、1 年後、及び、2 年後の生存率はそれぞれ、約 60%、及び、40% 程度であると言われている。現在、再発を少なくし、生存を改善すべく、研究が進展中である。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 卵巣がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

卵巣がんは、卵巣の中のさまざまな細胞から発生するがんである。大部分の卵巣がんのケースでは、発見されるときには上腹部やその他の個所へ拡大していることが多い。卵巣がんの標準的な治療法としては、外科手術、化学療法、場合によっては放射線療法、がある。

卵巣がんのステージに無関係に、がんを可能な限り切除することにより、生存が改善される。とくに、¨患者さん ※ ¨は、¨患者さん ☆ ¨よりも、生存が優れている傾向がある〔 ※←手術後に残存している腫瘤が直径 1cm 以下である (*) (患者さん) 〕〔 ☆←左記のサイズよりも大きい腫瘤がある(患者さん) 〕。

(*) 最適腫瘍縮小と呼ばれる。

最近の研究で示された¨何が? ※ ¨〔 ※←外科医の傾向や、より攻撃的な手術を適応となる患者さんで実施した場合、生存が改善される 〕 and 〔 ※←婦人科がん治療医が手術を実施した場合のほうが、それ以外の医者が実施した場合よりも生存が優れている 〕

卵巣がんのホルモン療法

ホルモン療法は、化学療法に耐性な卵巣がんに対する治療法として研究が行われている治療法である。ホルモン療法に使用される薬は、抗エストロゲン剤、エストロゲン、プロゲストゲン(黄体ホルモン作用薬)、アロマターゼ阻害剤、LHRH 作用薬、などである。


卵巣がんの腹膜内化学療法

腹膜内化学療法では、化学療法剤を腹腔内へ直接投与する。専門家の間では、この治療法についての議論が続いている。しかし、研究によって、他の治療の後に腹膜内化学療法を実施すると、卵巣がんの患者さんの一定の人たちに利益があることが示されてきている。何故なら、卵巣がんは、腹腔内に拡大することが多いからである。現在、腹腔内化学療法の最適な実施方法についての研究が進展中である。


Paraplatin と Platinolの比較

化学療法剤 Paraplatin、及び、Platinol は、いずれも卵巣がんの治療用に使用されてきており、生存利益の面からは同等であると考えられる。しかし、Platinol には、より多くの¨副作用 ※ ¨が伴う〔 ※=脱毛、発熱、神経機能の変化、など 〕。 米国では、※のほうが☆よりも、より一般的に、進行性の卵巣がんの治療用として使用されている〔 ※=Paraplatin + Taxol という併用レジメン 〕〔 ☆=Platinol + Taxol という併用レジメン 〕。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 胚細胞腫瘍 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

胚細胞腫瘍は、精子や卵子のもとになる細胞から発生する腫瘍である。男性でも女性でも、これらの腫瘍が最も一般的に発症するのは、青年期、又は、若年の成人期である。

精巣がんの場合には、胚細胞腫瘍がほとんどすべてであるが、卵巣がんの場合には、胚細胞腫瘍が占める比率は小さい。精巣の胚細胞腫瘍は、精上皮腫、又は、非精上皮腫に分類される。精上皮腫のほうは、放射線に感受性が強く、一般的に、より治癒しやすい。非精上皮腫細胞のタイプとして、胎生期がん、奇形腫、卵黄包がん、絨毛膜がん、これらの細胞タイプのさまざまな混合タイプ、がある。卵巣の胚細胞腫瘍で最も一般的なタイプは、未分化胚細胞腫である。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 前立腺がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

局所進行性の前立腺がんとは、がんが前立腺の外へ拡大していない前立腺がんのことである。局所進行性の前立腺がんに対する治療法としては、外科手術(前立腺と、その周囲の組織を切除する)、放射線療法、経過観察、の 3 つの方法がある。これら 3 つの種類のどれが生存期間の面で最も優れているのか未確定であるため、患者さんは、副作用の面から 3 つの方法のどれかを選択している状況である。これら以外の方法として、ホルモン療法があり、局所進行性の患者さんの一部は、ホルモン療法を受けるが、大部分の患者さんの場合は、がんが再発したか、進行したかの徴候が見られた場合に、ホルモン療法を開始する。但し、ホルモン療法は究極的には奏功しなくなる。


前立腺がん(ホルモン療法)

前立腺がんは、男性ホルモン(とくにテストステロン)によって刺激されて成長する。従って、前立腺がんへの男性ホルモン供給を減少させる治療法である、ホルモン療法が存在する。しかし、或る程度の期間ホルモン療法を続けていると、ホルモン療法が奏功しなくなる。このような段階の前立腺がんを、ホルモン抵抗性、又は、アンドロゲン非依存性の前立腺がんという。ホルモン抵抗性の前立腺がんに対する治療法は限定され、ホルモン抵抗性の前立腺がんに対して、生存を改善することが示された化学療法剤は、今のところ Taxotere (化学療法剤のページ)だけである。


前立腺がん(放射線療法)

早期の前立腺がんに対する通常の治療法の一つは、前立腺の外科的な切除である。しかし、前立腺の近くの組織に検出不可能ながん細胞が残ることがあり、これが、がんの再発の原因となることがある。このような再発リスクを低下させる目的で、検出不可能ながん細胞を殺すために前立腺の領域に放射線を照射する方法が研究されている。


アンドロゲン除去療法

アンドロゲン除去療法の目的は、テストステロンの働き(ホルモン依存性の前立腺がんの成長を刺激する)を抑えることである。持続的にアンドロゲンを除去すると、副作用(骨粗鬆症、ほてり、性欲減退、など)が起きることがある。また、多くの前立腺がんは、究極的にはホルモン療法に耐性となる。従って、(持続的なアンドロゲン除去療法の)代替法の研究が進展中である。

間歇的なアンドロゲン除去療法は、そのような代替法の一つである。この方法では、ホルモン療法を実施するのは、十分な奏効が得られるまでとする。投与期間に続いて、無治療の期間をおく。このサイクルを必要なだけ繰り返す。この方法により、副作用を軽減し、ホルモン療法耐性を遅らせることができる可能性がある。

ホルモン療法、及び、leuprolide

テストステロンは、¨男性ホルモン ※ ¨である〔 ※←主として精巣で産生される 〕。   身体中の多くの臓器には、¨細胞 ※ ¨がある〔 ※←テストステロンへの曝露に反応したり、制御されたりする 〕。   前立腺中の細胞はテストステロンレセプタを有し、テストステロンに曝露すると、成長が刺激される。 ¨細胞 ※ ¨が悪性化すると、これらのがん細胞の成長がテストステロンへの曝露によって増強される〔 ※←テストステロンレセプタを持っている(細胞) 〕。   ※の目的は、がん細胞がテストステロンに曝露するのを防ぐことである〔 ※=前立腺がんに対するホルモン療法 〕。

LHRH (ホルモンの一種)の類縁体というグループの薬は※によって、テストステロンレベルを抑える〔 ※=精巣によるテストステロン産生のスイッチをオフにすること 〕。   leuprolide は、LHRH 類縁体の一種であり、一般的に使用されている剤型は、毎月 1 回、又は、3 ヶ月に 1 回の剤型である。

アンドロゲン除去療法の実施時期について

¨問題点 (※のような)¨【・※←性的機能・】はよく記述されている【・*に於いて |*←¨患者さん {※ところの}¨【:※←アンドロゲン除去療法で治療された:】・】。   その他の、より特異的でない問題点も報告されており、これらは時々呼ばれる【・*と |*←アンドロゲン除去症候群・】。   これらは含む【・*を |*←抑うつ、不安、疲労感、倦怠、記憶障害・】。

アンドロゲン除去療法の¨使用 (※に於ける)¨【・※←早期の前立腺がん・】は依然として議論されている、【・*もそうである|*←最適な実施時期、及び、スケジュール・】。   いくらかの患者さんは¨※¨ことがある【・※←選択する【:*を |*←直ちにアンドロゲン除去療法を含む治療の実施:】・】し、その他の人たちは¨※¨ことがある【・※←待つ【・*まで…|*←がんが進行した時点・】・】。   研究者たちは続けている【・*を |*←評価する【:*を |*←¨リスクと利益 (※の)¨【∵※←前立腺がんの患者さんでのアンドロゲン除去療法の異なるスケジュール( 複数 )∵】:】・】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 メラノーマ 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

メラノーマは、皮膚のがんであり、ホクロの形から始まることが多い。このがんは、皮膚の深い個所や、身体の他の個所へ拡大していくことがある。転移性のメラノーマの予後は劣っていることが多い。何故なら、このがんは通常、標準的な治療法に反応しにくいことが多いからである。

転移性のメラノーマに対する新規な治療法として研究されているのが、血液中のアルギニンを低下させる方法である。アルギニンは、非必須アミノ酸(つまり、体内で合成可能なアミノ酸)である。ところが、メラノーマの細胞の多くは、このアミノ酸を合成できないため、外部からこのアミノ酸を取り込む必要がある。従って、アルギニンの血液中のレベルを低下させれば、メラノーマの成長を遅らせることができ、しかも、正常な細胞にはほとんど影響がない、と推測できる。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 表在性基底細胞皮膚がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

皮膚の基底細胞がんは、最も高頻度のがんの一つである。表在性基底細胞皮膚がんは、基底細胞がんの一つであり、しばしば皮膚上に鱗片状のパッチ領域(色はピンクから赤褐色)を形成する。表在性基底細胞皮膚がんが起きやすい個所は、顔以外が多く、体幹、腕、脚、背中、胸、などである。表在性基底細胞皮膚がんは、治療が比較的に容易であり(とくに、早期に診断された場合)、治癒率も高い。治療としてはしばしば、皮膚からのがんの外科的な切除が、外来ベースで行われる。

しかし治療しないままで長期間放置すると、広範囲の手術が必要となるため、その結果として、顕著な変形が起きることがある。幸いなことに、基底細胞がんが攻撃的になることは少なく、重要臓器への拡大もしない傾向があるため、外科手術に続く治療は不要なことが多い。基底細胞がんと診断された患者さんは、皮膚科医による定期的なフォローアップを受け続ける必要がある( 2 個所目以降の基底細胞がんが発生する可能性があるため)。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 腎細胞がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

腎細胞がんが最もしばしば特徴づけられるのは、腎臓の濾過細管の内面粘膜に於けるがん細胞の存在である。がんが腎臓の外部の他の臓器へ拡大しているものを、転移性の腎細胞がんという。転移性の腎細胞がんの治療としては、緩和的な手術、放射線療法、免疫刺激薬( Proleukin (interleukin-2)など)、などがある。腎細胞がんの予後は優れていない(中央値での生存期間は、約 10 ヶ月間)ことから、新しい治療戦略を見出すための研究が進展中である。分子標的薬(がん細胞表面に存在する特定の成分を標的とする治療薬)を使用した臨床試験で、有望な結果が得られつつある。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 膀胱がん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

膀胱

膀胱とは、腹部にある中空の臓器であり、その主要な機能は、尿の貯留である。膀胱には筋肉性の壁があり、膀胱が収縮する(尿が貯留したり、排出したりするのにつれて)ことを可能にしている。

表在性膀胱がん

表在性膀胱がんとは、がんが膀胱内面の最も外側の層にだけ限局しており、それ以上深い層には拡大していないケースである。このケースに対する治療としては通常、がんの外科的切除とそれに続く補助療法( 再発や、より浸潤的ながんへの進行を予防するため )が実施される。

補助療法としては、膀胱内治療( 治療薬を膀胱内に直接投与する )が多く行われる。この場合に使用される薬はしばしば、mitomycin C、又は、BCG (*)である。

(*) 結核の起炎菌の弱毒タイプのものから得られた、免疫治療薬

上記の補助療法には利益があるが、再発は少なくない。従って、膀胱内治療の有効性を向上させるための研究が進展中である。

局所進行性の膀胱がん

¨局所進行性の膀胱がん ※ ¨の治療としては、しばしば、根治的な膀胱切除術が実施される〔 ※=がんが膀胱壁の筋肉まで浸潤しているが、身体の他の個所には検出されない膀胱がん 〕。 根治的な膀胱切除術では、膀胱と、膀胱周囲の一部の組織の切除を実施する。

¨患者さん ※ ¨〔 ※←筋肉浸潤性の膀胱がんのケース(の患者さん) 〕の長期的な治療結果は、さまざまであり、¨研究 ☆ ¨が進展中である〔 ☆←どのような要因や、治療の差が治療結果に影響するのかを評価するための 〕。

※は、未だに不確実である〔 ※=補助化学療法(膀胱の切除後に実施される化学療法)が治療結果を改善するかどうか 〕。¨臨床試験( 複数 ) ※ ¨からは、非結論的な結果しか得られていない〔 ※←筋肉浸潤性の膀胱 がんに対する補助化学療法に関する 〕¨(主として〔☆〕であるから )¨〔 ☆=それらの臨床試験のサンプルサイズが小さかった 〕。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 軟組織肉腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

軟組織肉腫の特徴は、身体の軟組織でのがん細胞の成長である。軟組織とは、筋肉、腱、線維組織、脂肪組織、血管やリンパ管、神経、関節周囲の組織、などである。

軟組織肉腫に対する治療法は、がんのタイプ、がんの発生した個所、拡大の程度、によって異なる。具体的な治療法としては、外科的な切除(可能な場合)、化学療法、放射線療法、などがある。

転移性の軟組織肉腫に対する治療は標準的な治療をしても、通常は予後がよくない。従って、このようなケースに対して有効な治療選択肢についての研究が進展中であり、そのような選択肢の一つが、血管新生の抑制に関する研究である。

単一肢灌流法

単一肢灌流は※である【 ※=¨治療技術 ☆ ¨〔 ☆←抗がん化学療法剤を、がんが存在している手足に直接供給する 〕 】。   この方法は※を可能にする〔 ※=より高い濃度の化学療法剤ががんに到達すること 〕〔*の前に |* = 身体の代謝プロセスが化学療法剤を分解する 〕。   単一肢灌流は使用されることがある【 *のために |* = 手足の¨軟組織肉腫 ※ ¨の治療〔 ※←身体の他の個所へ拡大していない 〕 】。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 骨肉腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

骨肉腫は、骨から発生するがんであり、骨肉腫の患者さんは若い人( 最も高頻度なのは、10 歳から 25 歳 )であることが多い。骨肉腫が転移する場合、転移箇所としては、他の骨や肺であることが多い。


骨肉腫#2

骨肉腫は、骨から発生するがんであり、主として若年の成人や、わかものに多い。がんが発生する個所として最も高頻度な個所は、膝の周囲の骨である。現在、骨肉腫は※、又は、☆に分類されている〔 ※=がんが限局しているケース(原発の個所から拡大していない) 〕〔 ☆=転移性のケース(身体の遠くの個所へ拡大している) 〕。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 悪性中皮腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

悪性中皮腫は、胸壁の粘膜からがんが発生する病気である。この病気はしばしば、アスベストへの曝露に伴うもので、曝露から何年もしてから発生することがある。予後は、がんの見つかった時期や、どれだけ攻撃的に治療をしたかに依存している。治療としては、外科手術、化学療法、放射線療法、などがある。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 原発不明のがん 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

原発不明のがんとは、患者さんの身体に検出できるが、病理学的、又は、臨床的な分析によっても、最初に発生した個所が不明であるがんのことである。がんに対する治療選択肢は、がんが発生した個所やがん細胞のタイプによって選択されるため、原発不明のがんに対する初回の治療法としては、常用的に、白金系化学療法剤( Platinol、又は、Paraplatin )とタキサン( Taxol、又は、Taxotere )の併用化学療法を実施することが多い。

現実には、原発不明のがんのケースでは、再発したり、標準的な治療が奏効しなくなることがかなり多い。


********************
当ファイルの目次ページへ


【 ユーイング肉腫 】
記事に紹介されている研究は、以下のような背景を改善すべく実施されています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

ユーイング肉腫類の腫瘍は含む【・*を |*←ユーイング肉腫や未分化神経上皮細胞腫瘍・】。   これらは※である【・※←稀な¨病気 ※ ¨【:※←悪性の細胞が影響する【∵*に |*←骨や軟組織∵】:】・】。   これらの病気は最も高頻度にみられる【・*に於いて |*←ティーンエイジャーや若年の成人・】。   ユーイング肉腫は発生する可能性がある【・*に於いて |*←身体の全ての骨・】【・*であるが…|*←最も高頻度の個所は※である【:※←骨盤、大腿骨、下脚、上腕、肋骨:】・】。   この病気は発生することもある【・*に於いて |*←身体の軟組織・】。

¨予後 (※の)¨【・※←ユーイング肉腫・】は、依存する【・*に |*←治療の選択、腫瘍の位置、腫瘍のサイズ、がんのステージ(がんの拡大の程度)、治療がどの程度奏効するか、患者さんの年齢や全体的な健康状態・】。


********************
当ファイルの目次ページへ