目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料名


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【概観】


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

がんの痛みは、大部分のケースで、効果的にコントロール可能である。常に完全に痛みを解消することが可能というわけではないが、大部分のケースで痛みを軽減可能である。痛みをコントロールすれば、患者の生活の質を改善できる。

がんの痛みのコントロールに於いて、柔軟性が必要である。患者の状況はさまざまに異なる(診断、ステージ、痛みや治療への反応、個人的な好み、など)から、痛みのコントロール方法は個々のケースで最適化する必要がある。患者の痛みに対応するためには、患者、家族、医療従事者が密接に協働する必要がある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【痛みの評価】


【医薬品による治療】


『痛みのコントロールに関する原則』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

WHO(世界保健機構)は、痛みの程度に基づく、痛みコントロールのための3段階からなるアプローチを制定した。

◇軽度から中等度の痛みに対しては、ステップ1の鎮痛剤(アスピリン、アセトアミノフェン、非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)、など)を処方することがある。副作用の発生についてモニターが必要である(とくに、NSAIDs に伴う副作用{腎臓、心臓、血管系、胃腸、などへの副作用})。

◇痛みが続くか、あるいは強まる場合、処方をステップ2、又は、ステップ3の鎮痛剤に切り換えることがある。がんに関係した痛みの場合は、大部分の場合でステップ2、又は、ステップ3の鎮痛剤が必要となろう。初めから中程度や激しい痛みがある場合、ステップ1鎮痛剤をとばすことがある。
◇それぞれのステップにおいて、上記の鎮痛剤に薬や治療(例えば、放射線療法)を追加することがある。

◇鎮痛剤の服用は規則的に行うこと。これは、身体内の鎮痛剤レベルを一定に維持するためであり、それにより、痛みの再発を予防できる。服用が不可能な場合には、注射や点滴で投与可能である。

◇決められた服用時間の中間で起きる痛みに対処するため、必要に応じて鎮痛剤を追加処方することがある。

◇鎮痛剤の用量は、個々の患者の状況、身体的状態に合わせて、調整する。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『アセトアミノフェン、非ステロイド性抗炎症剤( NSAIDs )』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

NSAIDs は、軽度の痛みを除去するために効果的である。また、中程度から激しい痛みの除去のため、オピオイドと併用することもある。アセトアミノフェンにも痛みを緩和する作用がある(ただ、アスピリンや NSAIDsのような抗炎症作用はない)アセトアミノフェンや NSAIDs を服用している患者さん(とくに高齢の患者さん)については、副作用の発生について慎重にモニターする必要がある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『オピオイド』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

オピオイドは、中等度から激しい痛みの除去のために非常に効果的である。過少治療の原因となるのが、これらの薬による麻薬中毒(精神的依存)への懸念と、耐性や身体的依存とが混同されることである。(つまり、鎮痛剤として使用する程度で耽溺が生じることはない) がんに伴う痛みを有する患者さんの多くは、長期間の治療の間に、オピオイドに対して耐性になるものである。従って、痛みを除去し続けるためには、(副作用のリスクがあっても)、用量を増やす必要がある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ
「オピオイドの種類」

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

オピオイドには、いくつかの薬がある。morphine(モルフィン)は、がんに伴う痛みの除去のため、最も普通に使われているオピオイドである。その他の普通に使われているオピオイドとして、hydromorphone(ヒドロモルフォン)、oxycodone(オキシコドン)、methadone(メタドン)、fentanyl(フェンタニール)、などがある。いくつかのオピオイドがあることで、個々の患者さんの必要に応じた処方が可能になる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ
「オピオイド投与のガイドライン」

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

がんに伴う痛みを有する患者さんの大部分では、痛みのコントロールと悪化の予防のため、鎮痛剤の投与を固定されたスケジュールで受ける必要がある。決められた服用時間の中間で起きる痛みに対処するため、必要に応じて鎮痛剤を追加処方することがある。投与間隔は、どのオピオイドを使用するかによって異なる。正しい用量というのは、痛みを除去し、かつ、副作用がより少ない用量のことである。用量を次第に調節していくことで、痛みの除去と副作用との良好なバランスをうち立てることが目標となる。オピオイドに対する耐性が生じた場合は、用量を増やすか、(とくに、より高用量が必要となる場合)他のオピオイドに変更する。

時によっては、用量を減少したり、投与を中止する必要があることがある。例えば、神経ブロックや放射線療法によって、痛みが無くなった場合である。また、痛みの除去は良好であるが、患者さんがオピオイド使用に伴う鎮静状態を経験する場合も、用量を減少することがある。

投与ルートはいくつかある。好まれる方法は、経口服用である(投与に便利で、低コストであるため)。経口服用が困難な場合は、他の、比較的に低侵襲性の方法がとられる(座剤、皮膚に貼るパッチ、など)。これらの低侵襲性の方法が困難な場合に、静脈注射で投与することになる。最初に”患者さんがコントロールする鎮痛剤ポンプ(PCA)”を使用して、オピオイドの用量を決めることがある。PCAを使用して痛みがコントロールされた時点で、用量が決まるので、以降は、医者が定期的な用量を処方していく。痛みを除去できない場合、オピオイドの脊髄内投与と局所麻酔とを併用することが有用なことがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ
「オピオイドの副作用」

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

オピオイドの最も普通の副作用は、吐き気、眠気、便秘、などである。患者さんと医者は、オピオイド治療を始める前に、副作用について討議する必要がある。眠気や吐き気は、オピオイド治療の開始時に通常感じられるが、数日のうちに解消する傾向がある。他の副作用として、嘔吐、明瞭に考えることの困難、呼吸上の問題、次第に過剰用量になること、性機能関連の問題、などがある。

オピオイドは、胃腸の筋肉の収縮や運動を遅くさせるため、便が固くなる。これを予防するためのキーポイントは、多くの水分をとることである。また、オピオイド治療の始めに、普通の便通柔軟剤を処方する必要がある。便通柔軟剤が奏功しない場合は、緩下剤の処方が必要になることがある。

副作用があまりにも不快な場合、患者さんは医者にその旨話すべきである。オピオイドによる副作用は、患者さんごとに異なるからである。副作用を軽減すべく、さまざまな方法がとられることになる(オピオイドの用量の減量、他のオピオイドへの変更、投与法の変更{経口服用をやめて静脈注射にする、など})


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『鎮痛剤と併用される医薬品』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

鎮痛剤と一緒に、他の薬を投与することがある。目的は、鎮痛剤の有効性の増強、症状の治療、特定のタイプの痛みの軽減、である。

そのような薬として、抗うつ薬、抗けいれん薬、局部麻酔薬、コルチコステロイド、bisphosphonates(ビスフォスフォネート:高カルシウム血症のところで詳説)、などである。

副作用は一般的に生じるので、医者に連絡する必要がある。例えば、ビスフォスフォネートは骨の痛みに対して処方され、効果的であるが、特定の薬では、歯の治療の後に骨の損失を生じるリスクがあると報告されている。従って、ビスフォスフォネートの投与を受けている患者さんは、歯の治療をする場合には、事前に医者に確認する必要がある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

身体的・心理社会的な治療


がん自体への対応


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

放射線療法、ラジオ波焼灼法、外科手術は、原発がんに対する治療としてではなく、鎮痛のために使われることがある。特定の化学療法薬も、がんに伴う痛みのコントロールのために使用されることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【放射線療法】


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

局所的、又は、全身的放射線療法により、鎮痛剤やその他の非侵襲的な治療法の効果が増大することがある。痛みの原因に直接影響することによってである(例えば、腫瘍の縮小)。放射性医薬品を 1 回注射することで、がんが骨に広範囲に拡大している場合の痛みを除去できることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【ラジオ波焼灼法】


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

この方法では、針電極を使用して、腫瘍を加熱、破壊する。この最小限に侵襲的な治癒により、骨に拡大したケースでの痛みを、顕著に軽減可能なことがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【外科手術】


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

外科手術により、腫瘍の一部、又は、全部を除去して、痛みを緩和したり、症状(閉塞、圧迫)を改善し、治療成績を向上したり、長期的な生存を伸ばしたりできることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

侵襲的な治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

痛みを除去するためには、まず、侵襲性の少ない方法を試みた後に侵襲性の治療を試みるべきである。しかし、侵襲的な治療が必要な場合もある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【神経ブロック】


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

神経ブロックとは、局部麻酔剤、又は、神経を不活性化する薬を注射して、他の方法ではコントロールできないような痛みをコントロールする方法である。神経ブロックを使って、痛みの源を見つけたり、神経ブロックが奏功するような痛みのある状況を治療したり、長期治療によって痛みがどのように反応するかを予測したり、種々の処置に伴う痛みを予防したりできる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【神経学的な手段】


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

外科手術により、装置を埋め込んで、そこから薬を放出させたり、神経を電気的に刺激することができる。稀なケースであるが、痛みの伝導路にある神経を破壊することがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

【種々の処置に伴う痛みのコントロール】


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

痛みを伴う診断や治療は多い。処置に関係した痛みは、事前に対処できる。局所麻酔薬や短時間作用性オピオイドを(これらの薬が効き始めるために十分な時間がある場合)、処置に伴う痛みのコントロールに使用可能である。抗不安薬と鎮静剤を使用することもある。イメージ治療やリラックスのような方法が、処置に伴う痛みのコントロールに有用であることがある。

また、患者さんは、処置の結果として何が期待できるのかを知っている場合のほうが、痛みに耐えることができる。処置の間、家族や友人が付き添っていると不安を軽減できることがある。

患者さんと家族は、自宅で痛みをコントロールする方法を書いたものをもらっておくべきである。また、痛みのコントロールに関する質問があるとき、誰にコンタクトすべきか情報を得ておくべきである。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

より高齢な患者さんの治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

より高齢な患者さんの場合、痛みの治療が不当に少なくなるリスクがある。何故なら、彼らの痛みへの感受性が過少評価されていたり、痛みに良く耐えるものと誤解されていたり、オピオイドから彼らが得られる利益は少ないと誤解されていたりするからである。より高齢な患者さんの場合のがんに伴う痛みを評価したり、治療するうえで、注意しなければならない要素は以下のようなものである:

◇慢性疾患や痛みの源が複数あること: 年齢という要素と、複雑な薬物療法を受けていることにより、薬同士の間や、薬と慢性疾患の間の相互作用が増えているリスクがある。
◇いろいろな面での障害(視覚、聴覚、運動、思考)があるため、痛みの程度を評価するためのテストを単純にしたり、モニターを頻繁にする必要があることがある。
◇非ステロイド性抗炎症薬(NSAID)に伴う副作用(胃や腎臓への毒性、思考力の問題、便秘症、頭痛、など)が起こりやすい。
◇オピオイドの有効性の違い: より高齢の患者さんの場合、オピオイドの効果(痛みの緩和、中枢神経系への影響)に対して感受性が高まっていることがあり、痛みの緩和が、より長時間続くことがある。
◇患者さん自己コントロールの鎮痛装置の使用は、より高齢の患者さんの場合、慎重に行うべきである。何故なら、鎮痛剤が身体から排出されるまでにより時間がかかり、副作用により感受性が高いからである。
◇その他の投与方法(座剤、など)は、より高齢の患者さんにはあまり有用でないことがある。何故なら、彼らはそのような投与法を実行できないことがあるからである。
◇外科手術の後の痛みのコントロールについて、医療従事者と頻繁にコンタクトして、痛みのコントロールの程度をモニターする必要がある。
◇より高齢の患者さんが移動(例えば、病院から家やナーシングホームへ)する場合は、痛みのコントロール法について再評価し、必要とされる変更を行うべきである。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ