目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

症状名=口腔合併症(化学療法、及び、頭頸部への放射線照射による)


資料 A=全体像(資料ご紹介の作成年月=06/6)


資料名=PDQ


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Sept.20, 2005 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

導入、及び、概観


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

導入

口腔合併症は※である【・※←一般的【:*に於いて |*←がんの患者さん《特に頭頸部がんの患者さん》:】・】。   このサマリーは記述する【・*を |*←@¨口腔合併症{☆による}¨【:☆←化学療法、及び、放射線療法:】| -AND- |Aさまざまな¨方法( 複数 ){☆の}¨【:☆←予防、及び、治療:】・】

概観

口腔合併症は※である【・※←一般的・】【・*に於いて |*←¨患者さん{※ところの}¨【:※←受けている【∵*を |*←化学療法、又は、頭頸部への放射線療法∵】:】・】

口腔は※である【・※←リスクが高い【:*の |*←¨副作用{☆からの}¨【∵☆←化学療法、及び、放射線療法∵】:】・】【・*により |*←多くの理由・】:

◇化学療法、及び、放射線療法は停止させる【・*を |*←¨成長{☆の}¨【:☆←急速に分裂している¨細胞(:複数){☆のような}¨【∵☆←がん細胞(:複数)∵】:】・】。   【・*であるから…|*←¨正常細胞{☆に於ける}¨【:☆←口の粘膜:】も急速に分裂する・】、抗がん治療は¨※¨ことがある【・※←妨害する【:▽が¨§¨することを|▽←口腔の細胞《複数》|§←増殖する:】・】、【・¨*¨しつつ|*←させる【:▽が¨§¨であるように|▽←口腔の組織の修復|§←困難である:】・】。

◇口腔は含む【・*を |*←何百もの異なる細菌《複数》《これらのいくつかは有益であり、いくつかは有害》・】。   化学療法、及び、放射線療法は¨※¨ことがある【・※←@引き起こす【:*を |*←¨変化{☆の}¨【∵☆←口腔の粘膜や唾液の産生∵】:】| -AND SO- |A¨混乱{☆の}¨【:☆←健常な細菌のバランス:】・】。   このような変化は¨※¨ことがある【・※←もたらす【:*を |*←口内炎、感染、歯の腐食:】・】。

◇消耗が起きる【・*から |*←正常な¨使用{☆の}¨【:☆←口、歯、あご:】・】【・¨*¨しつつ|*←させる【:▽が¨§¨であるように|▽←回復|§←より困難:】・】。

予防策《複数》が¨※¨ことがある【・※←軽減する【:*を |*←¨重症度{☆の}¨【∵☆←口腔合併症∵】:】・】

口腔合併症は¨※¨ことがある【・※←困難にさせる【:▽が¨§¨することを|▽←患者さん|§←受ける【∵*を |*←がんの治療の全て∵】:】・】。   時には、治療が¨※¨ねばならない【・※←中止される・】。   ¨※¨すること【・※←予防したりコントロールする【:*を |*←口腔合併症《複数》:】・】は¨※¨であろう【・※←改善する【:*を |*←患者さんの生活の質| -AND- |がんの治療の有効性:】・】。

【・¨*¨すること…|*←予防したりコントロールする【:*を |*←¨口腔合併症{☆に伴う}¨【∵☆←がんの治療∵】:】・】は含む【・*を |*←@発見する【:*を |*←リスクの高い患者さん:】| -AND- |A開始する【:*を |*←予防策《複数》:】【:*の前に…|*←がんの治療が開始される:】| -AND- |B治療する【:*を |*←合併症《複数》:】【:*するとすぐに…|*←当該合併症が現れる:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、PDQ Supportive Care Summaries のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

記述、及び、原因


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

《一部、旧バージョンの記号を使用しています》

放射線療法、及び、化学療法は¨※¨ことがある【・※←原因となる【・*の |*←¨いくつか{☆の}¨【:☆←同一の口腔副作用《複数》:】・】・】《【・*を含めて |*←以下の副作用《複数》・】》

◇粘膜炎《¨炎症{☆の}¨【・☆←口内の粘膜・】》
◇¨感染症{☆に於ける}¨【・☆←口腔・】、又は、¨感染症{※ところの}¨【・※←移動する【:*を通って |*←血液循環:】、そして、到達し、影響する【:*に |*←身体中の細胞《複数》:】・】。
◇味覚の変化
◇口内乾燥症
◇痛み
◇¨変化《複数》{☆に於ける}¨【・☆←¨歯の成長・発達{☆に於ける}¨【:☆←小児の患者さん:】・】
◇栄養不良《しばしば引き起こされる【・*により |*←食事の困難・】
◇脱水症《しばしば引き起こされる【・*により |*←水を飲むことの困難・】
◇歯の腐食、歯肉の疾患


合併症は¨※¨ことがある【・※←直接、又は、間接に起きる【:*により |*←抗がん治療:】・】

¨口腔合併症《複数》{☆に伴う}¨【・☆←化学療法、及び、放射線療法・】は¨※¨ことがある【・※←@直接引き起こされる【:*により |*←当該治療:】| -OR- |A間接的に引き起こされる【:*により |*←治療の副作用《複数》:】・】。   放射線療法は¨※¨ことがある【・※←直接にダメージを与える【:*に |*←口腔の組織、唾液腺、骨:】・】。   ¨領域{※ところの}¨【・※←治療された・】は¨※¨ことがある【・※←瘢痕化したり消耗する・】。

治癒の遅れ、及び、感染症は¨※¨である【・※←間接的な¨合併症《複数》{☆の}¨【:☆←がん の治療:】・】。   化学療法も放射線療法も¨※¨ことがある【・※←影響する【:*に |*←細胞の¨能力{☆のための}¨【∵☆←増殖する∵】:】・】、このことは遅らせる【・*を |*←治癒の¨プロセス{☆に於ける}¨【:☆←口腔:】・】。   化学療法は¨※¨ことがある【・※←@減少させる【:*を |*←白血球数:】| -AND SO- |A弱くする【:*を |*←免疫システム:】・】、このことは、させる【・▽が¨§¨するように|▽←患者さん|§←持つ【:*を |*←感染症:】・】。

合併症は¨※¨ことがある【・※←急性であったり慢性であったりする・】

急性の合併症《複数》とは ¨※¨のことである【・※←¨合併症《複数》{※ところの}¨【:※←起きる【∵*の間に |*←治療∵】:】・】。   化学療法は通常起こす【・*を |*←急性の¨合併症《複数》{※ところの}¨【:※←治癒する【∵*の後に |*←治療の終了∵】:】・】。

慢性の合併症《複数》は¨※¨のことである【・※←¨合併症《複数》{※ところの}¨【:※←発症を続ける【∵*の後にも |*←治療終了の数ヶ月〜数年∵】:】・】。    放射線療法は ¨*¨ことがある 【・*…引き起こす--【・*を |*←急性の合併症】__、しかし、それは 、また、¨*¨ことがある 【・*…引き起こす--【・*を |*←恒久的な組織¨ダメージ{▼ところの}¨ ~【・▼…もたらす--【・*に |*←〔その〕患者さん--【・*を |*←一生続く¨リスク{☆の}¨ ~【・☆←口腔合併症《複数》 】┃。    以下の慢性合併症《複数》は 高頻度に続く--【・『 』の後に…|『¨放射線療法{☆への}¨ ~【・☆←頭頸部】__が 終了してきて在る』】┃。 :

◇口内乾燥症
◇歯の崩壊
◇感染症《複数》
◇味覚の変化《複数》
◇¨問題《複数》{☆ことに於いての}{★による}¨ ~【・☆…使用する--【・*を |*←口や顎~【・★←組織、及び、骨の欠損】__、及び、¨成長{☆の}¨ ~【・☆←良性腫瘍《複数》 】┃。


侵襲的な歯科処置は ¨*¨ことがある 【・*…引き起こす--【・*を |*←追加の問題《複数》 】┃。    ¨歯科ケア{☆のための}¨ ~【・☆←¨患者さん《複数》{▼ところの}¨ ~【・▼…受けた--【・*を |*←放射線療法】__は 、従って、¨*¨であろう 【・*…¨※¨の必要がある 【・※…適合させる--【・*に |*←〔その〕患者さんの現在の合併症《複数》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、PDQ Supportive Care Summaries のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries )(issue= April, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法や放射線療法の開始前の予防、及び、治療


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

[¨*¨すること |*…見つける、そして、治療する--【・*を |*←口腔の問題《複数》]--【・『 』の前に…|『抗がん治療が開始される』】__、は ¨*¨ことができる 【・*…予防する、又は、緩和する--【・*を |*←¨重症度{☆の}¨ ~【・☆←口腔合併症《複数》 】┃。

¨口腔合併症《複数》{☆に於ける}¨ ~【・☆←¨患者さん《複数》{ *((を)する)}¨ ~【・*…受ける--【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ~【・☆←頭頸部がん】__は ¨*¨ことがある 【・*…軽減させられる--【・*により |*←攻撃的な¨予防策《複数》{ *(される)}¨ ~【・*…実施される--【・『 』の前に…|『治療が 開始される』】┃。    このことは ¨*¨であろう 【・*…させる--【・*を § に ||*←口や歯《複数》| § ←可能な限り最良の状態--【・*ことのために |*…耐える--【・*に |*←治療 】┃。

予防策《複数》は 含む--【・*を |*←以下の事柄《複数》】 :

◇[¨*¨すること |*…食べる--【・*を |*←[一つの]バランスの良くとれた食事]┃。    適切な栄養は ¨*¨ことができる 【・*…@助ける--【・▽が¨§¨するのを||▽←身体|§…忍容する--【・*を |*←¨ストレス{☆の}¨ ~【・☆←がん の治療】|-そして-|A維持する--【・*を |*←体力】|-そして-|B戦う--【・*と |*←感染症】|-そして-|C再構築する--【・*を |*←組織 】┃。
◇[¨*¨すること |*…学ぶ--【・*を |*←『どのようにケアすべきか?--【・*を |*←口や歯《複数》--【・*の間、及び、後 |*←抗がん治療]┃。    良好な口腔衛生は 助ける--【・*ことを |*…予防する--【・*を |*←虫歯《複数》、口内炎、感染症《複数》 】┃。
◇[¨*¨すること |*…受ける--【・*を |*←完全な¨口腔衛生検査]{☆による}¨ ~【・☆←¨歯科医{☆(の性質の)}¨ ~【・☆←熟知している--【・*について |*←¨口腔副作用《複数》{☆の}¨ ~【・☆←抗がん治療《複数》 】┃。

〔その〕がん治療チームは ¨*¨べきである 【・*…含む--【・*を |*←〔その〕患者さんの歯科医 】┃。    それ《 *すること(右記 #)》__は 重要である #【・*…選択する--【・*を |*←[一人の]¨歯科医{☆(の性質の)}¨ ~【・☆←熟知している--【・*について |*←¨口腔副作用《複数》{☆の}¨ ~【・☆←化学療法や放射線療法 】┃。    [一つの]¨評価{☆の}{★前の時点での}¨ ~【・☆←〔その〕患者さんの口腔衛生~【・★←少なくとも治療開始 1 ヶ月間】__は 通常 提供する--【・*を |*←十分な¨時間{☆ことのための}¨ ~【・☆…口腔が回復する--【・*の後に |*←歯科的な処置 】┃。    〔その〕歯科医は ¨*¨であろう 【・*…見つける、そして、治療する--【・*を |*←¨歯《複数》{☆を有する}¨ ~【・☆←¨リスク{☆の}¨ ~【・☆←感染症や虫歯】__、【・『 』のために… |『〔その〕患者さんが ¨*¨ことができる 【・*…避ける--【・*ことを |*…受ける--【・*を |*←侵襲的な歯の治療--【・*の間に |*←抗がん治療 】』┃。    〔その〕歯科医は 、また、¨*¨ことができる 【・*…提供する--【・*を |*←適切な¨予防ケア{☆ことのための}¨ ~【・☆…緩和する--【・*を |*←¨重症度{☆の}¨ ~【・☆←口内乾燥症《[一つの]一般的な¨合併症{☆の}¨ ~【・☆←¨放射線療法{☆への}¨ ~【・☆←頭頸部 】》┃。

[一つの]予防的な口腔健康検査は ¨*¨であろう 【・*…チェックする--【・*を |*←以下の事項】 :

◇口内炎、又は、感染症
◇歯の崩壊
◇歯肉疾患
◇¨義歯《複数》{▼ところの}¨ ~【・▼…うまくフィットしていない 】┃。
◇顎を動かす場合の問題《複数》
◇唾液腺《複数》に関する問題《複数》


¨患者さん《複数》{ *((を)する)}¨ ~【・*…受ける--【・*を |*←高用量化学療法、幹細胞移植、放射線療法】__は 必要とする--【・*を |*←[一つの]口腔ケア計画の策定--【・*の前に |*←治療の開始 】┃。

¨目標{☆の}¨ ~【・☆←口腔ケア計画】__は ¨*¨(する)ことである 【・*…@ 見つける、そして、治療する--【・*を |*←¨口腔疾患{▼ところの}¨ ~【・▼… ¨*¨ことの可能性がある 【・*…生じる--【・*を |*←合併症《複数》--【・*の間に |*←治療】|-そして-|A続ける--【・*を |*←口腔ケア--【・*にわたり |*←治療、及び、回復期間の全体 】┃。    異なる口腔合併症《複数》が ¨*¨ことがある 【・*…起きる--【・*の間に |*←異なる¨段階《複数》{☆の}¨ ~【・☆←移植 】┃。    方策《複数》が 前もって¨*¨ことができる 【・*…取られる--【・*ことのために |*…予防する、又は、軽減する--【・*を |*←¨重症度{☆の}¨ ~【・☆←これらの副作用《複数》 】┃。

継続的な¨口腔ケア{☆の間の}¨ ~【・☆←放射線療法】__は ¨*¨であろう 【・*…依存する--【・*に |*←//〔その〕特定的な¨ニーズ{☆の}¨ ~【・☆←〔その〕患者さん《複数》】//¨用量、位置、持続期間{☆の}¨ ~【・☆←〔その〕放射線療法】//特定的な¨合併症《複数》{▼ところの}¨ ~【・▼…起きてくる 】┃。

それ《=『 』ということ(右記 #)》__は 重要である #【・=『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~【・☆←頭頸部がん】__が やめる--【・*を |*←喫煙』 】┃。

喫煙の継続は 遅くする--【・*を |*←回復】__、そして、増加させる--【・*を |*←¨リスク{▼ところの}¨ ~【・▼…頭頸部がんが 再発したり、二次的な がん が発症する 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、PDQ Supportive Care Summaries のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries )(issue= April, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法や放射線療法の間やそれらの後での口腔合併症の管理


日常的な口腔ケア


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

継続的な 良好な¨歯科衛生{☆の間の、及び、後の}¨ ~【・☆←がん の治療】__は ¨*¨ことができる 【・*…低下させる--【・*を |*←¨合併症《複数》{☆のような}¨ ~【・☆←虫歯《複数》、口内炎、感染症《複数》 】┃。    それ《 *すること(右記 #)》__は 重要である #【・*…清潔にする--【・*を |*←口腔--【・*の後に |*←食事 】┃。    以下は ¨※¨である 【・※←¨ガイドライン《複数》{☆のための}¨ ~【・☆←¨毎日の口腔ケア{☆の間の}¨ ~【・☆←化学療法、及び、放射線療法 】┃。

〔歯磨き〕

◇ブラシすること--【・*を |*←歯《複数》、及び、歯肉《複数》--【・*により |*←[一つの]柔らかい剛毛のブラシ--【・(頻度)|毎日 2 〜 3 回《それぞれ 2 〜 3 分間》 】┃。

◇漬けること--【・*を |*←〔その〕歯ブラシ--【・*に |*←熱湯--【・*の間 |*← 15 〜 30 秒間--【・*ことのために |*…柔らかくする--【・*を |*←〔その〕剛毛《複数》】《必要な場合》┃。

◇風乾すること--【・*を |*←〔その〕歯ブラシ--【・*の間に |*←歯磨き《複数》 】┃。

◇注意深く選択すること--【・*を |*←歯磨き粉】 :

‥‥使用すること--【・*を |*←[一つの]マイルドな味の歯磨き粉 】┃。    香味料は ¨*¨ことがある 【・*…刺激する--【・*を |*←口腔 】┃。
‥‥--【・もし『 』なら…|『歯磨き粉が 刺激する--【・*を |*←口腔』】__、ブラシすること--【・*により |*←¨溶液{☆の}¨ ~【・☆←茶さじ 1杯の食塩 + 4 カップの水 】┃。
‥‥使用すること--【・*を |*←フッ素歯磨き粉 】┃。


〔口すすぎ〕

◇ブラシする間にすすぐこと--【・*を |*←口腔--【・(頻度)|3 〜 4 回 】┃。
◇避けること--【・*を |*←¨リンス液《複数》{ *((を)する)}¨ ~【・*…含む--【・*を |*←アルコール 】┃。
◇¨一つ{☆のうちの}¨ ~【 ☆←以下の¨リンス液《複数》{ ∬ (された)}¨ ~【 ∬=作成された--【・*により |*←食塩、又は、重曹 】━━ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される】 :
‥‥¨茶さじ 1杯の食塩{☆の中の}¨ ~【 ☆← 4 カップ《複数》の水】
‥‥¨茶さじ 1杯の重曹{☆の中の}¨ ~【 ☆← 1 カップの水】
‥‥¨茶さじ半分の食塩 + テーブルスプーン 2杯の重曹{☆の中の}¨ ~【 ☆← 4 カップ《複数》の水】
◇[一つの]抗菌リンス液 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【・(頻度)| 1 日に 2 〜 4 回--【・*のために |*←歯肉の疾患 】┃。    すすぐこと--【・*の間 |*← 1 〜 2 分間 】┃。
◇--【・もし『 』なら…|『口内乾燥 が 起きる 』】━━、すすぎ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨ではない 【・※←充分(の否定)--【 ∬ (する)ことのために | ∬=清潔にする--【・*を |*←[その]歯《複数》--【・*の後に |*←食事 】┃。    歯磨き、及び、フロシング が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要となる 】┃。

〔 フロシング 〕

◇ゆるくフロシングすること--【・(頻度)|毎日 1 回 】┃。

〔 リップケア 〕

◇使用すること--【・*を |*←リップケア製品《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予防する--【・*を |*←乾燥、及び、ひびわれ 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )(as of November 17, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

口腔粘膜炎


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 口腔粘膜炎 は ¨※¨である 【・※←[一つの]口の中の粘膜の炎症 】 〕

用語《複数》「口腔粘膜炎」、及び、「口内炎」 は しばしば相互に混用される━━、しかし、それらの意味《複数》_は ¨※¨である 【・※←異なる 】┃。

◇口腔粘膜炎_は ¨※¨である 【・※←[一つの]¨炎症{☆の}¨ ~【 ☆←¨粘膜《複数》{☆の中の}¨ ~【 ☆←口 】┃。    それ は 通常現れる--【・*として |*←赤い、やけど状の傷、又は、潰瘍状の傷--【・*の全体に |*←口 】┃。
◇口内炎_は ¨※¨である 【・※←[一つの]¨炎症{☆の}¨ ~【 ☆←¨組織《複数》{☆の中の}¨ ~【 ☆←口】《 歯肉、舌、口の天井、及び、床の部分、唇や頬の内側の組織《複数》 》 】┃。    それ は 含む--【・*を |*←¨感染症《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←粘膜《複数》 】┃。

粘膜炎 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こされる--【・*により |*←放射線療法、又は、化学療法 】┃。    --【・*に於いては… |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=受けている--【・*を |*←化学療法 】】━━、粘膜炎 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=自然に治癒する--【・*で |*←通常 2 〜 4 週間--【・『 』の場合…|『¨※¨が 存在しない 【・※←感染症(否定) 』】┃。    ¨粘膜炎{ ∬ (された)}¨ ~【 ∬=引き起こされた--【・*により |*←放射線療法 】━━ は 通常 続く--【・*の間 |*← 6 〜 8 週間】、--【・*により |*←治療期間の長さ 】┃。

以下の問題 が 起きることがある :

◇痛み
◇感染症
◇出血《 化学療法を受けている患者さん《複数》 》    ¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=受けている--【・*を |*←放射線療法 】━━ は 通常¨ ∬ ¨しない 【 ∬=持つ (の否定)--【・*を |*←[一つの]出血のリスク 】┃。
◇呼吸や食事の困難

∬ すること | ∬=しゃぶる--【・*を |*←氷の塊--【・*にわたり |*← 30 分間 ━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=予防する--【・*を |*←粘膜炎の発症--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==投与される--【・*を |*← 5-fluorouracil 】┃。    薬物治療 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=@予防する--【・*を |*←粘膜炎】|-又は-|A長く続くのを防ぐ 】--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==受ける--【・*を |*←高用量化学療法 + 骨髄移植 】┃。

〔 化学療法、及び、放射線療法中の粘膜炎のケア は 口を清潔にすること、と、症状の解消に焦点がある 〕

¨治療{☆の}¨ ~【 ☆←¨粘膜炎{ ∬ (された)}¨ ~【 ∬=引き起こされた--【・*により |*←※の いずれか |※←放射線療法、又は、化学療法 】━━_は ¨※¨である 【・※←一般的に同一 】┃。    --【・*の後では… |*←粘膜炎の発症】━━、適切な治療 は 依存する--【・*に |*←その重症度、及び、[その]患者さんの白血球数 】┃。

以下に記述されているのは、¨※¨である 【・※←¨ガイドライン《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~【 ∬=治療する--【・*を |*←粘膜炎--【・*の間に |*←化学療法、幹細胞移植、及び、放射線療法 】┃。

∬ すること | ∬=清潔にする--【・*を |*←口腔】

◇清掃すること--【・*を |*←[その]歯《複数》、及び、口--【・(頻度)| 4 時間に 1 回、及び、就寝時《 より頻繁に--【・もし『 』なら…|『[その]粘膜炎 が 悪化する 』】━━、 》┃。
◇使用すること--【・*を |*←[一つの]柔らかい剛毛の歯ブラシ 】┃。
◇頻繁に交換すること--【・*を |*←歯ブラシ 】┃。
◇使用すること--【・*を |*←水溶性の潤滑ジェリー--【 ∬ (する)ことのために | ∬=湿らせる--【・*を |*←[その]口 】┃。
◇使用すること--【・*を |*←マイルドな すすぎ液、又は、単純な無菌水 】┃。    頻繁な すすぎ は 除去する--【・*を |*←粒子《複数》、及び、細菌《複数》--【・*から |*←[その]口】━━、予防する--【・*を |*←傷の外皮硬化】━━、そして、湿らせ、緩和する--【・*を |*←痛みのある歯肉、や、口の粘膜┃。    下記のすすぎ液 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=@中和する--【・*を |*←酸】|-そして-|A溶解する--【・*を |*←濃い唾液 】┃ :
‥‥茶さじ半分の食塩とテーブルスプーン 2杯の重曹を 4 カップの水に溶解したもの。
◇--【・もし『 』なら…|『傷の外皮の硬化 が 起きる 』】━━、[その]下記のすすぎ液 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される 】┃ :
‥‥等分の過酸化水素水 + 水 、又は、食塩水《 茶さじ 1杯の食塩を 4 カップの水に溶解 》    但し、これ は ¨ ∬ ¨べきでない 【 ∬=使用される(の否定)--【・*にわたり |*← 2 日間超--【・『 』の理由で…|『それ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=妨げる--【・*を |*←粘膜炎の治癒 』】┃。

〔 痛みの緩和 〕

◇試みてみること--【・*を |*←局所的な¨治療薬{☆のための}¨ ~【 ☆←痛み 】┃。    すすぐこと--【・*を |*←[その]口--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=塗布する--【・*を |*←[その]治療薬--【・*へ |*←[その]歯肉、や、口腔粘膜 】┃。    拭くこと--【・*を |*←口、や、歯《複数》--【・やさしく--【・*により |*←湿った¨ガーゼ{ ∬ ((を)した)}¨ ~【 ∬=浸した--【・*に |*←食塩水 】--∬ (する)ことのために | ∬=除去する--【・*を |*←粒子《複数》 】┃。

◇鎮痛薬《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=提供する--【・*を |*←痛みの緩和--【・『 』の場合…|『局所治療薬《複数》 が 提供しない 』】┃。    非ステロイド抗炎症薬《複数》 は ¨ ∬ ¨べきでない 【 ∬=使用される(の否定)--【・*により |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=受けている--【・*を |*←化学療法 】--【・『 』の理由で…|『これらの患者さん《複数》_は 持つ--【・*を |*←[一つの]出血のリスク 』】┃。

◇カプサイシン《 [その]¨活性成分{ ∬ (される)}¨ ~【 ∬=含まれる--【・*に |*←カラシ《複数》 】 》━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=増強する--【・*を |*←[その]患者さん の ¨能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ~【 ∬=忍容する--【・*を |*←痛み 】┃。    --【・『 』の場合…|『カプサイシン が 置かれる--【・*の上に |*←口内の炎症組織 』】━━、粘膜炎の痛み が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=減少する--【・『 』につれて…|『[その]焼けるような¨感覚{☆からの}¨ ~【 ☆←[その]カプサイシン】━━ が 減少する 』】┃。    但し、¨副作用《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←カプサイシン】━━ は ¨※¨である 【・※←未知 】┃。

◇¨亜鉛のサプリメント《複数》{ ∬ (された)}¨ ~【 ∬=摂取された--【・*の間に |*←放射線療法 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=治療する--【・*を |*←粘膜炎、や、皮膚炎 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )(issue= June 5, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

感染症


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 ¨ダメージ{☆への}¨ ~【 ☆←口腔粘膜】━━、及び、弱まった免疫システム__ が させる--【・*を § に ||*←感染症の発症| § ← より容易】 〕

口腔粘膜炎 は ダメージを与える--【・*に |*←¨粘膜{☆の}¨ ~【 ☆←[その]口】━━、《 可能にさせて--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←細菌《複数》やウィルス《複数》| ∬=入る--【・*に |*←血液循環 】 》 】┃。    --【・『 』の場合…|『[その]免疫システム が 弱められた--【・*により |*←化学療法 』】━━、¨善い細菌《複数》{☆に於ける}¨ ~【 ☆←[その]口】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←感染症《複数》】━━--【・『 』と同様に…|『¨病原微生物《複数》{ ∬ (された)}¨ ~【 ∬=「拾われ」た--【・*から |*←[その]病院《複数》その他 】━━ が 引き起こす 』】┃。    --【・『 』に従い…|『[その]白血球の数 が より少なくなる 』】━━、感染症 が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=@発症する--【・(頻度)| より高頻度に】|-そして-|A¨※¨となる~【 ※← より重症 】┃。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==持つ--【・*を |*←低い白血球数--【・*にわたり |*←長期間 】━━ は 持つ--【・*を |*← より高い¨リスク{ ∬ (する)ことの}¨ ~【 ∬=発症する--【・*を |*←重症の感染症《複数》 】┃。    口内乾燥症《 頭頸部がん への放射線療法 で 高頻度に発症 》__ は 、また、上昇させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ~【 ☆←¨感染症《複数》{☆に於ける}¨ ~【 ☆←[その]口 】┃。    予防的な¨歯科ケア{☆の間の}¨ ~【 ☆←化学療法、及び、放射線療法】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=低下させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ~【 ☆←口、や、歯、や、歯肉 の 感染症《複数》 】┃。

〔 以下のタイプの感染症 が 起きることがある : 〕

〔 細菌感染症《複数》 〕

¨治療{☆の}{ ★ に於ける}¨ ~【 ☆←細菌感染症《複数》~【 ★←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==@持つ--【・*を |*←歯肉疾患】|-そして-|A受ける--【・*を |*←高用量化学療法 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下の こと】 :

◇薬剤、及び、過酸化物 の 口腔リンス
◇歯磨き、及び、フロシング
◇出来るだけ 少ない義歯装着

¨細菌感染症《複数》{☆に於ける}¨ ~【 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=受けている--【・*を |*←放射線療法 】━━ は 通常 治療される--【・*により |*←抗生物質《複数》 】┃。

〔 真菌感染症《複数》 〕

[その]口腔 は 普通に含む--【・*を |*←¨真菌《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=存在する--【・*に |*←身体の表面、又は、内部--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=引き起こす--【・*を |*←何らの問題《複数》も 】┃。    [一つの]¨過剰成長{☆の}¨ ~【 ☆←真菌《複数》】━━ は 、しかし、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←深刻】━━、そして、それ は 必要とする--【・*を |*←治療 】┃。

抗生物質《複数》、及び、ステロイド《複数》 は しばしば使用される--【・『 』の場合…|『[一人の]¨患者さん{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=受けている--【・*を |*←化学療法 】━━ が 持つ--【・*を |*←[一つの]低い白血球数 』】┃。    これらの薬《複数》 は 変化させる--【・*を |*←¨バランス{☆の}¨ ~【 ☆←¨細菌《複数》{☆に於ける}¨ ~【 ☆←[その]口腔】、《 容易にさせて--【・*を |*←真菌の過剰成長 》 】┃。    真菌感染症《複数》_は ¨※¨である 【・※←一般的--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (される)}¨ ~【 ∬=治療される--【・*により |*←放射線療法 】┃。

薬《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予防する--【・*を |*←真菌感染症の発症 】┃。    ¨治療{☆の}¨ ~【 ☆←¨表面の真菌感染症{☆に於ける}だけ¨ ~【 ☆←[その]口腔】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←¨口腔洗浄剤《複数》、及び、薬用ドロップ《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==含有する--【・*を |*←抗真菌薬《複数》 】┃。    これら は 使用される--【 ∬ (する)ことの後に | ∬=外す--【・*を |*←義歯《複数》】、歯を磨く、そして、口腔を清浄にする 】┃。    [一つの]抗細菌リンス が ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=使用される--【・*に対して |*←義歯《複数》、及び、歯科器具《複数》、及び、口腔のリンス 】┃。

より深部の真菌感染症《複数》《 食道や腸 での 真菌感染症のような 》━━ は 治療される--【・*により |*←¨薬《複数》{ ∬ (される)}¨ ~【 ∬=投与される--【・*により |*←口からの服用、又は、注射 】┃。

〔 ウィルス感染症《複数》 〕

¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=受けている--【・*を |*←化学療法《 特に免疫システムが弱まっている場合 》 】━━_は ¨※¨である 【・※←リスクがある--【・*の |*←軽度〜重症のウィルス感染《複数》 】┃。     ∬ すること | ∬=早期に発見する、そして、治療する--【・*を |*←[その]感染症《複数》 】━━_は ¨※¨である 【・※←重要 】┃。    薬《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予防する、又は、治療する--【・*を |*←ウィルス感染症《複数》 】┃。

ヘルペス ウィルスによる感染症《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=再発する--【・*を |*←放射線療法を受けている¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==持つ--【・*を |*←これらの感染症《複数》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )(issue= June 5, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

出血


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 出血 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*の間に |*←化学療法--【・『 』の場合…|『抗がん 治療薬 が 影響する--【・*に |*←¨能力{☆の}¨ ~【 ☆←血液の凝固 』】 〕

歯肉疾患の領域 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=出血する--【・(やりかた)|それ自体で、又は、--【・『 』の場合…|『刺激された--【・*により |*←食事、歯磨き、又は、フロシング 』】┃。    出血 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←@軽度《 小さな赤い¨斑点《複数》{☆の上の}¨ ~【 ☆←唇、軟口蓋、又は、口腔の底 》】|-又は-|A重症--【・特に*に於いて |*←歯肉縁、及び、口腔内潰瘍《複数》 】┃。    --【・『 』の場合…|『血球数《複数》 が 低下する--【・*よりも下に |*←一定のレベル《複数》 』】━━、血液 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=しみ出る--【・*から |*←歯肉《複数》 】┃。

〔 注意深く監視すれば、大部分の患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=安全に歯磨きし、フロシングする--【・*にわたり |*←血球数が低下している全期間 】 〕

∬ すること | ∬=続ける--【・*を |*←規則的な口腔ケア ━━¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=予防する--【・*を |*←¨感染症《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=更に やっかいにさせる--【・*を |*←出血の問題《複数》 】┃。    [その]歯科医、又は、医者 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=提供する--【・*を |*←¨ガイダンス{☆に関する}¨ ~【 ☆←『どのようにして治療するか--【・*を |*←出血】━━、そして、安全的に口腔を清潔に保つか--【・『 』の場合…|『血球数 が 低い 』】 』 】┃。

¨治療{☆のための}¨ ~【 ☆←¨出血{☆の間の}¨ ~【 ☆←化学療法】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下の方法《複数》】 :

◇¨薬物療法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~【 ∬=低下させる--【・*を |*←出血】━━、そして、助ける--【・*を |*←血液の凝固 】┃。
◇局所的な¨製品《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==カバーし、ふさぐ--【・*を |*←出血している箇所《複数》 】┃。
∬ すること | ∬=すすぐ--【・*により |*←[一つの]溶液《 3%の過酸化水素水を 1 + 食塩水(茶さじ 1杯の食塩を 3 〜 4 カップの水に溶解) 2 〜 3 》 --【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・*を |*←口腔内のキズの清浄化 】┃。    すすぎ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=行われる--【・注意深く--【・『 』のために…|『凝固血 が 乱されない 』】┃。



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )(issue= June 5, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

口腔乾燥症


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 口腔乾燥症 は 起きる--【・『 』の場合…|『[その]唾液腺《複数》 が 産生する--【・*を |*←余りにも少ない唾液 』】 〕


唾液 は 必要である--【・*のために |*←味覚、飲み込み、会話 】┃。    唾液 は 防ぐ--【・*を |*←感染症、及び、虫歯--【 ∬ (する)ことにより | ∬=@中和する--【・*を |*←酸】|-そして-|A清潔にする--【・*を |*←歯《複数》、及び、歯肉《複数》 】 】┃。    放射線療法 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←唾液腺《複数》】、《 そして、させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←唾液腺《複数》| ∬=産生する--【・*を |*←余りにも少ない唾液 】 》 】┃。    [その]口 は より し難くなる--【 ∬ (する)ことを | ∬=清潔にする--【・*を |*←口自体 】┃。    ¨酸{☆に於ける}¨ ~{ ☆←口】━━ は 中和されなくなる━━、そして、ミネラル《複数》 が 失われる--【・*から |*←歯《複数》 】┃。    虫歯、及び、歯肉疾患 は より起きやすくなる┃。    加えるに、¨※¨が 存在する 【・※←いくらかの¨証拠{=『 』という(右記)}¨=『唾液腺《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを受ける--【・*により |*←一定のタイプの化学療法剤《複数》《 単剤で、又は、併用で投与された 》 】┃。    ¨症状《複数》{☆の}¨ ~{ ☆←口腔乾燥症】━━ は 含む--【・*を |*←[その]以下の症状《複数》】 :

◇濃くてネバネバする唾液
◇のどの渇きの増加
◇¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←味覚、飲み込み、会話】
◇痛み、又は、焼けるような感覚《 特に舌の 》
◇¨切り傷、又は、ひび割れ{☆の}¨ ~~〔 ☆←唇、又は、口の角《複数》 】
◇¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←舌の表面】
◇義歯《複数》装着の困難


〔 唾液腺 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=完全には回復しない--【・*の後に |*←放射線療法の終了】 〕


唾液の産生 は 低下する--【・*以内に |*←頭頸部への放射線療法の開始後 1 週間】━━、そして、続ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=低下する 】--【・『 』に従い…|『治療 が 続けられる 』】┃。    ¨重症度{☆の}¨ ~~〔 ☆←口腔乾燥症】━━ は 依存する--【・*に |*←@¨用量{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉放射線療法】|-そして-|A¨数{☆の}¨ ~~〔 ☆←照射された唾液腺《複数》 】┃。    〈その〉¨唾液腺{☆の}¨ ~~〔 ☆←頬の上部《 耳の近く 》】━━ は より強く 影響される--【・*よりも |*←その他の唾液腺《複数》 】┃。

部分的な¨回復{☆の}¨ ~~〔 ☆←唾液腺《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*に |*←放射線療法後の 1 年間以内】━━、しかし、回復_は ¨※¨である 【・※←通常 不完全】、--【・特にもし『 』なら…|『〈その〉唾液腺《複数》 が 直接に 照射された 』】┃。    ¨唾液腺《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==照射されなかった 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨になる 【・※← より活発--【 ∬ (する)ことのために | ∬=補償する--【・*を |*←¨損失{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨唾液{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈その〉障害された唾液腺《複数》 】┃。

〔 注意深い口腔衛生 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=予防する--【・*を |*←¨口内潰瘍《複数》、歯肉疾患《複数》、及び、虫歯{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=引き起こされた--【・*により |*←口腔乾燥症 】 〕


以下のこと は ¨※¨である 【・※←¨ガイドライン《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=管理する--【・*を |*←口腔乾燥症 】 :

◇清掃すること--【・*を |*←〈その〉口、及び、歯《複数》--【・少なくとも 1 日に 4 回】
◇ 1 日 1 回はフロシングすること。
◇使用すること--【・*を |*←〈一つの〉フッ素歯磨きペースト--【・*のために |*←歯磨き 】┃。
◇塗布すること--【・*を |*←フッ素ゲル--【・1 日 1 回--【 ∬ (する)ことの後に | ∬=清掃する--【・*を |*←歯《複数》
◇すすぐこと--【・1 日に 4 〜 6 回--【・*により |*←〈一つの〉¨溶液{☆の}¨ ~~〔 ☆←食塩 + 重曹《 混合する--【・*を |*←ティースプーン半杯の食塩 + 同量の重曹--【・*に |*← 1 カップの温水 》 】┃。    避けること--【・*を |*←¨食物《複数》や飲料《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==含む--【・*を |*←多量の砂糖 】┃。    少しずつ飲むこと--【・*を |*←水--【 ∬ (する)ことのために | ∬=緩和する--【・*を |*←口腔の乾燥 】┃。


〈一人の〉歯科医 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=提供する--【・*を |*←〈その〉以下の治療《複数》】 :



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )(issue= November 6, 2008 )
「英文原題」=Dry Mouth

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

虫歯


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

口腔乾燥症、及び、¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉口の中のバクテリアバランス】━━ は 増加させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←虫歯 】┏┓。    慎重な口腔衛生、及び、定期的な¨ケア{☆による}¨ ⌒〔 ☆←歯科医】━━ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=予防する--【・*を |*←虫歯《複数》 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )(issue= November 6, 2008 )
「英文原題」=Tooth Decay

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

味覚の変化


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 味覚の変化_は ¨※¨である 【・※←一般的--【・*の間に |*←化学療法、及び、放射線療法】 〕


¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←味覚】━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉一般的な¨副作用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←※の両方 |※←化学療法、及び、頭頸部の放射線療法 】┏┓。    食物《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←〔何も無い( no )味 〕】━━、又は、それ が ¨ ∬ ¨でないことがある 【 ∬=味がする(の否定)--【・『 』のように…|『それらの食物《複数》 が 以前に していた--【・*の前に |*←治療 』】┏┓。    これらの味覚変化《複数》 は 引き起こされる--【・*により |*←味蕾へのダメージ口腔乾燥症感染症歯科的な問題《複数》 】┏┓。    化学療法を受けている患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=経験する--【・*を |*←不快な¨味{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=関連した--【・*に |*←¨拡大{☆の}{★の中での}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉薬 ⌒〔 ★←〈その〉口】┏┓。

--【・*に於いて… |*←■_大部分の¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←化学療法 】|-そして-|■_いくらかの¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←放射線療法 】】━━、味覚 は 戻る--【・*に |*←正常--【・『 』の数ヶ月後に…|『治療 が 終了する 』】┏┓。    しかし、多くの放射線療法を受けた患者さん《複数》では、〈その〉ダメージ_は ¨※¨である 【・※←恒久的 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←その他の患者さん《複数》】━━、〈その〉味蕾《複数》 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=回復する--【・6 〜 8 週間以降に--【・『 』の後に…|『放射線療法 が 終了する 』】┏┓。    硫酸亜鉛サプリメント《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=助ける--【・*を |*←〈その〉回復--【・*に於いて |*←いくらかの患者さん《複数》 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Taste Changes

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

疲労感


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

がん の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けている--【・*を |*←高用量‐化学療法、や、放射線療法 】━━ は しばしば経験する--【・*を |*←疲労感】━━、そして、それ は 関連している--【・*に |*←※の いずれか |※←〈その〉がん 、又は、その治療 】┏┓。    いくらかの患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←睡眠困難 】┏┓。    〈その〉患者さん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=感じる【・※であると|※←余りにも疲れている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=実施する--【・*を |*←日常の口腔ケア 】━━、そして、そのこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=更に増加させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←口の潰瘍《複数》、感染症、及び、痛み 】┏┓。    《参照されたい--【・*を |*← PDQ の¨サマリー{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←疲労感--【・*のために |*← より多くの情報】(*)

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Fatigue

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

栄養不良、及び、栄養サポート


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 食欲不振 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←栄養不良】 〕


¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=受けている--【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←頭頸部がん《複数》 】━━ は ¨※¨である 【・※←高リスク--【・*について |*←栄養不良 】┏┓。    〈その〉がん 自体、診断前の劣った食事内容、外科手術/放射線療法/化学療法の合併症《複数》__ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←栄養不足《複数》 】┏┓。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=失う--【・*を |*←食欲--【・*の理由から |*←吐き気、嘔吐、飲み込み困難、口内の痛み《複数》、口腔乾燥症 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『食べること が 引き起こす--【・*を |*←不快、又は、痛み 』】━━、患者さんの生活の質、及び、栄養的な良好性 は 低下する┏┓。    〈その〉以下の提案《複数》 が ¨ ∬ ¨かも知れない 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←がん の患者さん《複数》| ∬=満たす--【・*を |*←栄養面の必要《複数》 】 :

栄養相談 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用--【・*の間、及び、後に |*←治療 】┏┓。

〔 栄養サポート は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←流動食、及び、経腸栄養】 〕


多くの¨患者さん《複数》{ ∬ (される)}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ∬=治療される --【・*により |*←頭頸部がん】⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*←放射線療法だけ 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=食べる--【・*を |*←柔らかい食物《複数》 】┏┓。    --【・『 』に従い…|『治療 が 進展する 』】━━、大部分の患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=含める、又は、スイッチする--【・*に |*←¨流動食《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=使用する--【・*を |*←高カロリー、高タンパクの栄養ドリンク《複数》 】┏┓。    いくらかの患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とする--【・*を |*←_経腸‐チューブ‐栄養--【 ∬ (する)ことのために | ∬=満たす--【・*を |*←彼らの栄養ニーズ 】┏┓。    ほとんど全ての¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受ける--【・*を |*←化学療法、及び、頭頸部への放射線療法--【・同時に 】━━ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=必要とする--【・*を |*←_経腸‐栄養‐サポート--【・*以内に |*← 3 〜 4 週間 】┏┓。    研究《複数》 は 示す【・『 』ということを… |『患者さん《複数》 は 利益を得る--【・『 』の場合…|『彼ら が 始める--【・*を |*←_経腸‐栄養--【・*の時点で |*←治療の開始《 体重減少が始まらないうちに 》】 』 】┏┓。

通常の 口からの食事 は 始まる--【・再び--【・『 』の時に…|『治療 が 完了した━━、そして、〈その〉¨箇所{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*←放射線療法 】━━ が 治癒した 』】┏┓。    〈その〉¨回復{☆への}¨ ⌒〔 ☆←通常の食事】━━ は しばしば 必要とする--【・*を |*←〈一つの〉チームアプローチ--【・*を含めて |*←〈一人の〉会話・飲み込みセラピスト--【 ∬ (する)ことのために | ∬=容易にする--【・*を |*←¨適合{☆への}¨ ⌒〔 ☆←固形食物《複数》 】┏┓。    チューブ栄養 は 減少される--【・*に従って |*←〈一人の〉患者さん の 口からの摂食 が 増加する】━━、そして、それ は 中止される--【・『 』の時に…|『〈その〉患者さん が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=得る--【・*を |*←十分な栄養《複数》--【・*により |*←口 』】┏┓。    --【・『 』であるが…|『大部分の患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=再び得る--【・*を |*←¨能力{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=食べる--【・*を |*←固形食物《複数》 】 』】━━、多くの患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=持つ--【・*を |*←持続的な¨合併症《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←味覚変化《複数》、_口腔‐乾燥症、及び、飲み込み障害 】┏┓。    これらの合併症《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=干渉する--【・*に |*←栄養ニーズの満足、及び、生活の質 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Malnutrition and Nutritional Support

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

痛み


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 一部の 抗 がん 治療薬《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←神経の¨ダメージ{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=もたらす--【・*を |*←口腔の痛み 】 〕


--【・もし『 』なら…|『〈一つの〉抗 がん 治療薬 が 引き起こしている--【・*を |*←〈その〉痛み 』】━━、 ∬ すること | ∬=中止する--【・*を |*←〈その〉治療薬 】━━ が 止める--【・*を |*←〈その〉痛み 】┏┓。    --【・『 』の理由で…|『¨※¨が 存在する可能性がある 【・※←多くの¨原因{☆の}¨ ⌒〔 ☆←口腔の痛み--【・*の間に |*← がん の治療 』】━━、〈一つの〉注意深い診断_が ¨※¨である 【・※←重要 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*← ∬ すること | ∬=得る--【・*を |*←〈一つの〉病歴 】実施する--【・*を |*←身体検査、歯科検査】撮る--【・*を |*←歯のX線写真 】┏┓。

_知覚‐過敏(歯がしみる) が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*に於いて |*←いくらかの患者さん《複数》--【・*の数週間、又は、数ヶ月後に |*←化学療法の終了 】┏┓。    フッ素治療、や、¨練り歯磨き{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_知覚‐過敏】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=解消する--【・*を |*←〈その〉不快 】┏┓。

〔 ¨痛み{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←歯、又は、顎の筋肉】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*により |*←歯ぎしり、又は、ストレス】 〕


¨痛み{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←歯《複数》、又は、顎の筋肉《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==歯ぎしりしたり、くいしばる 】--【・しばしば*の理由から |*←ストレス、又は、不眠 】┏┓。    治療 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下のもの】 :



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Pain

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

顎の硬直化


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〈一つの〉長期的な¨合併症{☆の}¨ ⌒〔 ☆←放射線療法】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨成長{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←良性腫瘍《複数》⌒〔 ★←〈その〉皮膚、及び、筋肉《複数》 】┏┓。    これらの腫瘍《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを※に||▽←〈その〉患者さん| ∬=動かす--【・*を |*←〈その〉口、や、顎--【・正常に |※←困難】┏┓。    口腔の手術 が 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=影響する--【・*に |*←顎の可動性 】┏┓。    ¨管理{☆の}¨ ⌒〔 ☆←顎の硬直化】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下のこと】 :



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Jaw Stiffness

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

組織・骨の損失


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

放射線療法 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←治療`領域の組織、及び、骨| ∬=消耗する 】┏┓。    --【・『 』の場合…|『組織死 が 起きる 』】━━、潰瘍《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=■_発生する--【・*に |*←¨軟組織《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉口】】|-それから-|■_大きくなる-それから-■_引き起こす--【・*を |*←痛み、又は、無感覚 】┏┓。    感染症 が ¨※¨となる【・※←〈一つの〉リスク 】┏┓。    --【・『 』に従い…|『骨組織 が 失われる 』】━━、骨折 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる 】┏┓。    予防ケア が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=緩和する--【・*を |*←¨重症度{☆の}¨ ⌒〔 ☆←組織・骨 損失 】┏┓。

¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←組織・骨 損失】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下のこと】 :



(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Tissue and Bone Loss

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

高用量化学療法、や、幹細胞移植 での 口腔合併症の管理


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*←移植《複数》 】━━_は ¨※¨である 【・※←高リスク--【・*について |*←_移植片`対`宿主 病《GVHD》_ 〕


_移植片`対`宿主 病《 GVHD 》__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨反応{☆の}{★に対する}¨ ⌒〔 ☆←移植された骨髄、又は、幹細胞《複数》⌒〔 ★←〈その〉患者さん の 組織 】┏┓。    ¨症状《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←口腔の_移植片`対`宿主 病《 GVHD 》_】━━ は 含む--【・*を |*←以下のもの】 :

¨生検サンプル《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=採取された --【・*から |*←口の内面粘膜、及び、唾液腺《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要となる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=診断する--【・*を |*←口腔の_移植片`対`宿主 病《 GVHD 》_ 】┏┓。    ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←口腔_移植片`対`宿主 病《 GVHD 》_】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下のもの】 :


〔 _義歯_《複数》、_固定具《複数》_、及び、_口腔内`装具_《複数》 は 必要とする--【・*を |*←特別なケア--【・*の間 |*←_高用量`化学療法_、及び、_幹細胞`移植_】 〕


以下_は ¨※¨である 【・※←¨ガイドライン《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨ケア、及び、使用{☆の}{★の間の}¨ ⌒〔 ☆←_義歯_《複数》、_固定具《複数》_、及び、_口腔内`装具_《複数》⌒〔 ★←_高用量`化学療法_、又は、_幹細胞`移植_ 】┏┓。 :


〔 歯科の治療《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=再開される--【・『 』の時に…|『〈その〉移植を受けた患者さん の 免疫システム が 戻る--【・*に |*←正常 』】 〕


日常的な歯科治療《複数》 、--【・*を含めて |*←歯石除去、及び、ポリッシュ】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=遅らせる--【・『 』まで…|『〈その〉移植を受けた患者さん の 免疫システム が 戻る--【・*に |*←正常 』】┏┓。    注意 が 勧められる--【・*の間 |*←少なくとも移植後 1 年間 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Management of Oral Complications of High-Dose Chemotherapy and/or Stem Cell Transplant

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

再発、及び、二次的な がん


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

がん の¨克服者さん《複数》--【 ¶ ところでは…| ¶==受けた--【・*を |*←化学療法、又は、移植、又は、放射線療法 】━━_は ¨※¨である 【・※←リスクがある--【 ∬ (する)ことの | ∬=発症する--【・*を |*←〈一つの〉二次的な がん --【・後になって 】┏┓。    口腔の扁平上皮がん_は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も一般的な ¨二次的な がん { ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=起きる--【・*に於いて |*←移植を受けた患者さん《複数》 】┏┓。    〈その〉唇、及び、舌_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨部位《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=最もしばしば罹患される 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Relapse and Second Cancers

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法・放射線療法とは無関係の口腔合併症


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 ビスフォスフォネート薬《複数》_は ¨※¨である 【・※←¨薬{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用される--【・*により |*←いくらかの がん患者さん《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←骨に関連した副作用《複数》 】 〕


ビスフォスフォネート薬《複数》_は ¨※¨である 【・※←¨薬《複数》{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=投与される --【・*に |*←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶== がん が 拡大して在る--【・*に |*←〈その〉骨《複数》 】┏┓。    それら は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=■_低下させる--【・*を |*←痛み】|-そして-|■_減少させる--【・*を |*←骨折のリスク 】┏┓。    ビスフォスフォネート薬《複数》 は 、また、使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_高カルシウム血症_《 血液中のカルシウムレベルが高過ぎる状態 》 】┏┓。    いくらかの_がん細胞《複数》_ は 分泌する--【・*を |*←¨物質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←カルシウム| ∬=吸収される--【・*の中へ |*←血液循環--【・*から |*←骨《複数》 】┏┓。《 参照されたい--【・*を |*←〈その〉 PDQ の¨サマリー{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_高カルシウム血症_--【・*のために |*← より多くの情報 》

〔 特定のビスフォスフォネート薬《複数》 は 関連している--【・*に |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨損失】 〕


特定のビスフォスフォネート薬《複数》 は 関連している--【・*に |*←¨破壊{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨骨{☆の}¨ ⌒〔 ☆←口《 通常、顎の骨 》 】┏┓。    これ は 呼ばれる--【・*と |*←「ビスフォスフォネート薬に伴う_骨壊死_《 BON 》 】┏┓。    それ は 起きる--【・ よりしばしば--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=使用している--【・*を |*←静注のビスフォスフォネート薬《複数》 】━━、しかし、それ は 時として発症する--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ⌒〔 ∬=使用している--【・*を |*←経口のビスフォスフォネート薬《複数》 】┏┓。    症状《複数》 は 含む--【・*を |*←痛み、及び、¨炎症性の病変《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉口】、{そこで ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨領域《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←ダメージを受けた骨】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=見える 】┏┓。    ¨※¨が 存在する 【・※←多くの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用する--【・*を |*←ビスフォスフォネート薬《複数》 】━━、しかし、¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==発症する--【・*を |*← BON 】━━_は ¨※¨である 【・※←少ない 】┏┓。

〔 BON は 最も一般的に起きる--【・*の後に |*←口腔手術 】 〕


BON は 最も一般的に起きる--【・*の後に |*←〈一つの〉¨歯科治療{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←抜歯 】┏┓。    〈その〉領域 は 失敗する--【 ∬ (する)ことを | ∬=治癒する 】--【・*にわたり |*←歯科`治療手順 後 何週間も 】┏┓。    治療されなければ、〈その〉¨領域{☆の}¨ ⌒〔 ☆←骨損失】━━、及び、〈その〉病変《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨となる【・※←非常に大きく、そして、感染する 】┏┓。    これらの患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=発症する--【・*を |*←¨_知覚異常_《 〈一つの〉異常な¨感じ{☆の上の}¨ ⌒〔 ☆←皮膚《 焼けるような、又は、チクチクする 》¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==起きる--【・*無しに |*←何らの思い当たるような 身体的`原因 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←重症の BON 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とする--【 ∬ (する)ことを | ∬=■_治療される--【・*に於いて |*←〈一つの〉病院】|-又は-|■_切除する--【・*を |*←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←顎の骨 】┏┓。

それ《=『 』ということ(右記)》━━は より低頻度である……【・=『 BON が 起きる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けていない--【・*を |*←歯科`治療《複数》 】 』 】┏┓。

〔 ¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← BON 】━━ は 通常 含む--【・*を |*←感染症の治療、及び、良好な歯科衛生】 〕


¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← BON 】━━ は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=含む--【・*を |*←以下の 項目】 :

--【・*の間…|*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆← BON 】━━、〈その〉患者さん は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=続ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=歯磨き、及び、_フロシング_--【・*の後に |*←食事《複数》 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=保つ--【・*を § に ||*←〈その〉口腔| § ←非常に清潔 】┏┓。     ∬ すること | ∬=避ける--【・*を |*←喫煙 --【・『 』の間…|『 BON が 治癒しつつある 』】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=勧められる 】┏┓。

∬ すること | ∬=停止する--【・*を |*←¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉ビスフォスフォネート薬 ___は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨決定事項{ ∬ (されるべき)}¨ ⌒〔 ∬=なされるべき--【・*により |*←〈その〉患者さん、及び、医者 】、--【・*に基づき |*←〈その〉¨影響{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==そのこと が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=持つ--【・*に対して |*←〈その〉患者さん の 一般的`健康 】┏┓。

新しいタイプのビスフォスフォネート薬《複数》 が 研究されつつある--【・*で |*←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    ¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨_高圧`酸素`治療_《 HBO 》{☆との併用での}¨ ⌒〔 ☆←ビスフォスフォネート薬《複数》の使用停止】━━_は ¨※¨である 【・※←研究中--【・*として |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← BON 】┏┓。    それ《=『 』か否か(右記)》━━は ※である 【・※←知られていない 【・=『喫煙 が 上昇させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ⌒〔 ☆← BON の発症 』(か否か) 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Oral Complications Not Related to Chemotherapy or Radiation Therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

精神的、及び、社会的な 考慮


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〈その〉社会的な¨側面《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←口腔`合併症《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=させる--【・*を § に ||*←それら| § ←〈その〉最も困難な¨問題《複数》--【・*にとって |*← がん の患者さん《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=それと戦う 】┏┓。    口腔`合併症《複数》 は 影響する--【・*に |*←食事、及び、会話】━━、そして、それら は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉患者さん| ∬=¨ ∬ ¨ことができない、又は、その気になれない 【 ∬=■_参加する--【・*に |*←食事時間《複数》】|-又は-|■_外食する 】┏┓。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨となる【・※←挫折感を持つ、引きこもる、又は、うつ状態になる】━━、そして、彼ら は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=避ける--【・*を |*←その他の人々 】┏┓。    いくつかの¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←抑うつ症 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=選択肢とならない--【・『 』の理由で…|『それらの薬《複数》 は 引き起こす--【・*を |*←¨副作用《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==悪化させる--【・*を |*←口腔`合併症《複数》 】 』】┏┓。《 参照してもらいたい--【・*を |*←〈その〉 PDQ の¨サマリー《複数》{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←不安、及び、抑うつ症--【・*のために |*← より多くの情報 》

教育、サポートケア、及び、¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←症状《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←重要--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==持つ--【・*を |*←口腔の¨問題{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==関連している--【・*に |*← がん の治療 】┏┓。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=注意深くモニターされる--【・*について |*←痛み、戦う能力、及び、治療`奏効 】┏┓。    ¨サポートケア{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←医療従事者《複数》、及び、家族】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉患者さん| ∬=戦う--【・*と |*← がん 、及び、その合併症《複数》 】┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Mental and Social Considerations

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

小児_患者さん_への`特別な考慮


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨変化{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←歯の成長、及び、発達】━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉特別な¨合併症{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨ がん 克服者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==受けた--【・*を |*←_高用量__化学療法_、や、_放射線`療法_ --【・*へ |*←頭頸部--【・*のために |*←小児 がん 《複数》】┏┓。    変化《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=起きる--【・*に於いて |*←¨サイズ、及び、形{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉歯《複数》】__ : __¨萌出{☆の}¨ ⌒〔 ☆←歯《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=遅れる】__ : __、そして、¨発達{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉頭部、及び、顔】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=達しない--【・*に |*←十分な成熟 】┏┓。    ¨役割、及び、タイミング{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨矯正治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←変化した 歯`成長、及び、発達】━━ は ¨※¨である 【・※←研究中 】┏┓。    いくらかの治療《複数》¨※¨であってきて在る 【・※←成功的】━━、しかし、標準的なガイドライン《複数》 は 未だ 確立されて在らない┏┓。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: PDQ Supportive Care Summaries for Patients )
「英文原題」=Special Considerations for Children

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他