目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料名


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

がんに罹患した患者さんにとって、吐き気や嘔吐を予防したり治療したりすることは非常に重要である。何故なら、吐き気や嘔吐は、患者さんががんの治療を受ける能力を低下させるからである(身体を化学的に変化させてしまったり(*)、食欲を低下させたり、身体的や精神的に困難にさせたり、食道を傷つけたり、骨折させたり、外科手術の傷を開いてしまったり、などのことによって)

(*)mougitaro注: 例えば、嘔吐をすれば、食物が出てしまうし、また、吐き気がすること自体が、身体が化学的に変化していることである、といった意味のことを言っているのだと思います。

がんの治療が原因で生じる吐き気や嘔吐は、以下のように分類される:

◇予期的なもの: 患者さんが、以前の 3〜4回の化学療法の後に吐き気や嘔吐を経験したことがある場合、患者さんは、この「予期的な吐き気や嘔吐」を経験することがある。治療室の臭い、景色、音、といったものが前回の吐き気や嘔吐を思い出させ、そのことが、実際の化学療法や放射線療法が始まっていないのに、新たに吐き気や嘔吐を引き起こすことがある。
◇急性のもの: 化学療法開始後、通常 24時間以内に起きる。
◇遅延性のもの: 化学療法の 24時間以上後に起きる。
◇慢性のもの: 進行性のがんの患者さんで起きることがある。あまりよく解明されていない。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

吐き気や嘔吐の原因


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

身体内で吐き気をコントロールしているのは、中枢神経系のうち、不随意な身体機能をコントロールしている部分の一部である。嘔吐は反射の一種であり、脳の嘔吐中枢がコントロールしている。嘔吐は、いくつかの引き金によって刺激される(臭い、味、不安、痛み、身体の動き、血流低下、刺激、、炎症による身体の変化、など)。

吐き気と嘔吐の最も一般的な原因としては以下のものがある:
◇化学療法剤
◇放射線療法が消化管、肝臓、脳に対して実施された場合

吐き気と嘔吐は、以下のような患者さんでより起こりやすい:
◇過去に化学療法が原因で重症の吐き気や嘔吐を経験したことがある人
◇女性
◇50歳未満
◇体液や電解質平衡異常(高カルシウム血症、脱水症、浮腫)がある人
◇消化管、肝臓、脳、に腫瘍がある人
◇便秘の人
◇特定の薬を使用している人
◇感染症、毒血症に罹患している人
◇腎臓病がある人
◇不安がある人


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

予期的な吐き気・嘔吐


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

予期的な吐き気・嘔吐は、がんの治療をいくつか受けた患者さんで起きる。何らかの引き金(治療室の臭い、など)によって起きる。例えば、化学療法を始めた人が、その時にアルコールのにおいをかいだ場合、後になって、アルコールのにおいだけで吐き気・嘔吐を起こすことがある。患者さんは通常、化学療法の前や、化学療法中には、(何コースかの治療を受けた後でないと)、吐き気や嘔吐を起こさないものである。

以下の要因がある患者さんが、予期的な吐き気・嘔吐を経験することがより多いようである:
◇50歳未満
◇女性
◇最近の化学療法実施後に重症の吐き気・嘔吐を経験した。
◇最近の化学療法実施後に、暖かいとか暑いといった感じがした。
◇乗り物酔いをしたことがある。
◇化学療法の後にめまいがしたり、頭がふらつく。
◇最近の化学療法実施後に汗をかいた。
◇最近の化学療法実施後に、脱力感がある。
◇強い不安がある。
◇特定の化学療法(吐き気や嘔吐を起こしやすい化学療法がある)
◇妊娠のときにつわりがあった。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

急性の吐き気・嘔吐


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

化学療法は、治療に伴う吐き気や嘔吐の原因として、最も一般的なものである。吐き気の頻度や重症度は、薬の種類、用量、投与スケジュール、投与ルート(内服か、静脈注射か、など)、患者さんに特有な要因、などの全てによって異なってくる。通常、このような症状は予防や治療が可能である。
急性の吐き気・嘔吐は、以下のような患者さんで起きやすい:
◇前回の化学療法の後に、吐き気や嘔吐を経験した。
◇女性
◇アルコールをほとんど飲まない。
◇若い


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

遅延性の吐き気・嘔吐


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

遅延性の吐き気・嘔吐は、化学療法実施の 24時間以上後に起きる。以下のような患者さんで起きやすい:
◇高用量化学療法を受けている。
◇化学療法による急性の吐き気・嘔吐の経験がある。
◇女性
◇ほとんどアルコールを飲まない。
◇若い

吐き気や嘔吐を予防する薬は、化学療法を受けている患者さんに対し、単独で投与されることも、併用で投与されることもある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

進行性がんに伴う吐き気・嘔吐


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

進行性のがんの患者さんは、慢性の吐き気や嘔吐を経験しやすく、このことは、生活の質を顕著に低下させる。進行性のがんが吐き気や嘔吐を引き起こすのは以下のような原因による:

◇特定の種類の薬の使用(オピオイド、抗うつ薬、その他の鎮痛剤)
◇便秘(オピオイドを使用した場合に一般的な副作用)
◇脳や大腸の腫瘍
◇特定の物質の血中レベルが異常に上昇することがある。
◇脱水症
◇胃かいよう。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法と吐き気・嘔吐


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

放射線療法も吐き気や嘔吐の原因になることがある。とくに、放射線を照射する個所が、消化管(とくに小腸と胃)、脳、の場合である。吐き気や嘔吐が起きるリスクは、放射線の線量や、放射線をあてる個所の広さと平行する。放射線療法に伴う吐き気や嘔吐が起きるのは通常、治療の 30分から数時間後である。症状は、放射線療法のない日に改善する。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療


予期的な吐き気・嘔吐の治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

予期的な吐き気・嘔吐の治療が成功しやすい場合というのは、そのような症状があることに気づき、治療を早期に開始した場合である。制吐薬はあまり効果的ではないようであるが、以下のものが、症状を軽減することがある:
◇イメージ誘導(心理学的な手法の一種)
◇催眠
◇リラクゼーション
◇行動変容技術
◇気をそらす(ビデオゲームをやるなどして)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

急性及び遅延性の吐き気・嘔吐の治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

急性、及び、遅延性の吐き気・嘔吐は、最も一般的には、制吐薬で治療する。制吐薬の中には、短時間しか効かないものも、長時間効くものもある。吐き気や嘔吐を最も効果的に抑えるためには、使用する薬の血液中の濃度を一定に維持する必要がある。

以下の薬が、吐き気・嘔吐の治療の目的で、単独又は併用で使われる:

◇prochloroperazine (プロクロペラジン)
◇droperidol(ドロペリドール)、haloperidol(ハロペリドール)
◇metoclopramide(メトクロプラミド)
◇ondansetron(オンダンセトロン)、granisetron(グラニセトロン)、dolasetron(ドラセトロン)、palonosetron(パロノセトロン)
◇aprepitant(アプレピタント)
◇dexamethasone(デキサメタゾン)、methylprednisolone(メチルプレドニゾロン)
◇dronabinol(ドロナビノール)
◇lorazepam(ロラゼパム)、midazolam(ミダゾラム)、alprazolam(アルプラゾラム)
◇olanzapine(オランザピン)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

進行性のがんに伴う便秘や腸閉塞による吐き気・嘔吐の治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

進行性のがんの患者さんの場合、便秘は、吐き気の最も一般的な原因の一つである。便秘を予防し、吐き気や嘔吐のリスクを減少させるためには、患者さんが通常の食事をしていない場合でも、腸の日常的な活動を維持することが必要である。

しかし、繊維質の多い食事とか、オオバコやセルロースを含む緩下剤は、多量の液体摂取を必要とするし、進行性のがんの患者さんにとっては忍容できない(使用するのがたいへんであるという意味)。

便を柔らかくしたり、腸を刺激する緩下剤は、便秘の予防のために使用されることがある。とくに、鎮痛剤としてオピオイドを使用している場合によく使われる。

浣腸や坐剤の使用は、短期間の、重症の便秘の治療用に限定される。神経の障害(腫瘍が脊髄を圧迫している場合のような)により、腸機能が失われている患者さんの場合、定常的な排便のために、座剤が必要なことがある。

浣腸や坐剤を、腸の壁にダメージを受けている患者さんに使用してはならない。

重症の便秘により、腸閉塞が起きることがある。

(mougitaro注: 便秘については、本ページにまとめる予定の、当該項目を参照して下さい)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

悪性の腸閉塞


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

進行性のがんの患者さんの場合、外科手術で除去できないような腸閉塞が起きることがある。部分的な閉塞を一時的にでも軽減するため、チューブを鼻から食道を経由して胃に挿入することがある。

腸が完全に閉塞している場合は、「胃瘻造設」用のチューブを腹壁から直接胃に挿入して、液体や気体の蓄積を解消することがある。また、このチューブを用いて、薬や液体を直接胃に送り込むこともある。

場合によっては、「回腸造瘻術」や「結腸造瘻術」を行って、回腸や結腸への腹壁からの入り口を作ることもある。また、ステントと呼ばれる金属チューブを閉塞している部分に設置して、その部分を開いているようにすることもある。

注射や点滴で薬を投与し、痛みや吐き気・嘔吐を除去することがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

吐き気や嘔吐に対する代替治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

吐き気や嘔吐は、薬を使わずに抑えられることもある。以下のものは、症状の除去、とくに予期的な吐き気・嘔吐の除去に役立つことがあるし、制吐薬の効果を強めることもある。

◇栄養改善
◇催眠状態
◇鍼(はり)
◇指圧療法
◇イメージ誘導(心理学的な手法の一種)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ