目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

症状名=リンパ浮腫( Lymphedema )


資料 A


資料名=PDQ('06/ 04)


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ

原資料更新時期=Sept.29, 2005

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

イントロダクション


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

リンパ浮腫とは※である【・※←リンパ液の¨蓄積 (※の中への)¨【:※←皮膚のすぐ下の脂肪組織:】・】。   リンパ液の蓄積は引き起こす【・*を |*←身体の特定の個所(通常腕や脚)の¨腫れ ※ ¨【:※←異常に多量の組織蛋白質を伴う:】、慢性的な炎症、¨肥厚や瘢痕化 (※の)¨【:※←皮膚の下の組織:】・】。   リンパ浮腫は※である【・※←よくみられる¨合併症 (※の)¨【:※←がんやがんの治療:】・】、そして、引き起こすことがある【・*を |*←患者さんにとっての身体的、精神的、社会的な問題・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

リンパ系は※から成る【・※←¨ネットワーク (※の)¨【:※←身体中の¨リンパ管、及び、さまざまな組織・器官 ※ ¨【∵※←¨リンパ球やその他の細胞 ※ ¨を含む【::※←身体が感染症やその他の病気と戦うのを助ける::】∵】:】・】。   リンパ管は※である【・※←静脈に似ているが、壁が薄い・】。   リンパ管は分布している【・*に |*←皮膚に非常に近く、静脈の近く| -OR- |皮膚のすぐ下や、より深く、脂肪組織の中で筋肉の近く|-OR-|動脈の近く・】

¨筋肉、及び、弁 (※の中の)¨【・※←¨リンパ管 ※ ¨の壁【:※←皮膚表面に近い:】・】は¨※¨ことを助ける【・※←身体中の組織から水分、及び、蛋白質を汲み上げる| -AND- |リンパ液を一方向へ動かす(心臓へ)・】。   リンパ液はゆっくりと動く【・*を通って |*←次々と、より太いリンパ管・】、そして、通過する【・*を |*←リンパ節(豆の形をした構造物)・】。   リンパ節は濾過する【・*を |*←¨物質 ※ ¨【:※←身体に有害の可能性のある:】・】、そして、含む【・*を |*←¨リンパ球や、その他の細胞 ※ ¨【:※←免疫システムを活性化して病気と戦わせる:】・】。   究極的には、リンパ液は流入する【・*に |*←頸部にある 2 つの太い管のいずれか・】。   右側の太い管は集める【・*を |*←¨リンパ液 (※からの)¨【:※←右腕、頭、及び、胸部の右側:】・】、そして、注ぎ込む【・*を |*←集めたリンパ液・】【・*へ |*←右鎖骨の下の大静脈・】。   左側の太い管(胸管と呼ばれる)は集める【・*を |*←¨リンパ液 (※からの)¨【:※←両方の脚、左腕、頭、及び、胸部の左側:】・】、そして、注ぎ込む【・*を |*←集めたリンパ液・】【・*へ |*←左鎖骨の下の大静脈・】。
リンパ系は集める【・*を |*←過剰な水分や蛋白質・】【・*から |*←身体の組織・】、そして、それらを戻す【・*へ |*←血液循環・】。   蛋白質や、その他の物質で、大きすぎて静脈壁を通過できないものも汲み上げられる【・*により |*←リンパ管・】【・*の理由で…|*←リンパ管は持つ【:*を |*←より薄い壁:】・】。

浮腫は起きることがある【・*の場合… |*←※が存在する【:※←¨増加 (※の)¨【∵※←水分、蛋白質、その他の物質∵】【∵*に於いて |*←身体の組織∵】:】【:*の理由から |*←¨問題 (※に於ける)¨【∵※←毛細血管、静脈∵】| -OR- |リンパ系の閉塞:】・】。

リンパ浮腫は¨※¨ことがある【・※←一次性であるか、又は、二次性である・】。   一次性のリンパ浮腫は※である【・※←稀な遺伝性の¨状態 ※ ¨【:※←リンパ節やリンパ管が欠如したり異常である:】・】。   二次性のリンパ浮腫は起きることがある【・*により |*←リンパ系の閉塞や切断(通常、¨リンパ節 (※に於ける)¨【:※←そけい部や腋の下:】)・】。   閉塞は起きることがある【・*により |*←感染、がん、¨瘢痕組織 (※からの)¨【:※←放射線療法や、リンパ節の外科的切除:】・】。   このサマリーではディスカスする【・*を |*←二次的なリンパ浮腫・】。

急性のリンパ浮腫と、次第に起きるリンパ浮腫

急性のリンパ浮腫には 4 つのタイプがある。

最初の¨タイプ (※の)¨【・※←急性のリンパ浮腫・】は軽度であり、続く【・*の間 |*←短期間だけ・】。   このタイプは起きる【・*の数日後に |*←¨外科手術 (※のための)¨【:※←リンパ節の切除:】| -OR- |¨外傷 (※への)¨【:※←鎖骨のすぐ下のリンパ管や静脈:】・】。   影響された手足は¨※¨ことがある【・※←温かく、わずかに赤い・】が、通常は痛くなく、良くなる【・*以内に |*← 1 週間・】【・*により |*←影響された腕や脚を高くしておき、その腕や脚の筋肉を収縮させること(例えば、こぶしを作ったり、開いたりする)・】

2 番目の¨タイプ (※の)¨【・※←急性のリンパ浮腫・】は起きる【・(時期)|外科手術後 6〜 8 週間で、又は、放射線療法の実施中に・】。   このタイプは※が原因となることがある【・※←¨炎症 (※の)¨【:※←リンパ管、又は、静脈:】・】。   影響された手足は※となる【・※←圧痛がある、温かいか熱い、・】、そして、治療される【・*により |*←その腕や脚を高い位置に保持し、抗炎症剤を服用すること・】。

3 番目の¨タイプ (※の)¨【・※←急性のリンパ浮腫・】は起きる【・*の後に |*←虫さされ、小さな外傷、¨火傷 ※ ¨【:※←皮膚や皮膚近くのリンパ管の感染症の原因となるような:】・】。   これは起きることがある【・*に |*←¨腕や脚 ※ ¨【:※←慢性的に腫れている:】・】。   影響された領域は※となる【・※←赤い、非常に圧痛がある、熱い・】、そして、治療される【・*により |*←その腕や脚を高い位置に保持し、抗生物質を服用する・】。   圧迫ポンプを使用してはならない、そして、影響された領域は弾性の包帯をしてはならない【・*の間 |*←感染の初期ステージ・】。   軽度の発赤が続くことがある【・*の後に |*←感染症・】。

4 番目の、そして最も高頻度の¨タイプ (※の)¨【・※←急性のリンパ浮腫・】は非常にゆっくりと起きる、そして、目立つようになる【・(時期)|外科手術の 18〜 24 ヶ月後、又は、がんの治療後多年が経過してから・】。   患者さんは経験することがある【・*を |*←皮膚の不快感、¨頸の痛み、肩の痛み、背骨の痛み、腰の痛み (※による)¨【・※←軟組織を伸ばすことや筋肉の使いすぎ・】、姿勢の¨変化 (※による)¨【:※←腕や脚が重くなること:】・】。

一時的なリンパ浮腫と、慢性のリンパ浮腫

一時的なリンパ浮腫とは※である【・※← 6 ヶ月間以下の間継続するもの・】。   皮膚は凹む【・*すると|*←押される・】、そして、凹んだままである。 しかし、※はない【・※←皮膚が硬くなること・】。   患者さんは、リンパ浮腫を起こしやすい【・もし*なら…|*←患者さんが持つ【:*を |*←以下のどれかの条件:】・】:
◇外科的な¨排液 ※ ¨【・※←漏れ出させる【:*を |*←蛋白質:】【:*へ |*←外科手術の個所:】・】。
◇炎症
◇手足を動かせない。
◇一時的な¨欠損 (※の)¨【・※←リンパ機能・】
◇静脈の¨閉塞 (※による)¨【・※←血栓、又は、炎症・】

慢性的(長期的)なリンパ浮腫は※である【・※←最も治療が難しい【:*の中で |*←全てのタイプの浮腫:】・】。   ダメージを受けた¨リンパシステム (※の)¨【・※←影響を受けている領域・】は¨※¨ことができない【・※←ついていく【:*に |*←増加した¨必要性 ※ ¨【∵※←身体の組織から水分を排出するという∵】:】・】。   これは引き起こされる【・*により |*←以下のいずれかの原因・】:
◇¨再発、又は、拡大 (※の)(☆への)¨【・※←がん・】【・☆←リンパ節・】
◇¨感染、又は、外傷 (※への)¨【・※←リンパ管・】
◇¨期間 ※ ¨があった【・※←手足を動かせない・】。
◇放射線療法、又は、外科手術
◇※ができなかった【・※←リンパ節の早期の徴候を抑えること・】。
◇静脈の¨閉塞 (※による)¨【・※←血栓・】

¨患者さん ※ ¨【・※←リンパ浮腫の早期にある・】は持つであろう【・*を |*←¨腫れ ※ ¨【:※←押されると凹み、凹んだままになるが、柔らかい:】・】。   腫れは容易に改善することがある【・*により|*←当該手足を高い位置に保つ| -OR- |軽い運動をする| -OR- |弾性の支持衣服をつける・】。   継続される¨問題 (※の)¨【・※←リンパシステム・】は引き起こす【・*を |*←リンパ管の拡張・】【・そ|の結果*になる|*←リンパ液が身体組織に再流入し、リンパ浮腫が悪化する・】。   痛み、発熱、発赤、腫れ、は起きる【・*につれて |*←身体が排出しようとする【:*を |*←過剰の水分:】・】。   |皮膚は固くなり、もはや改善しない【・*により |*←手足の持ち上げ、軽い運動、弾性の支持衣服・】

¨患者さん ※ ¨【・※←慢性のリンパ浮腫を有する・】は、持つ【・*を |*←感染のリスクの上昇・】。   【・¨※¨のための*は未だ 無い …|*←有効な治療法・】『 ※←¨患者さん ※ ¨【・※←慢性のリンパ浮腫が進行した段階にある・】』。   【・いったん*すると…|*←身体組織が繰り返し伸ばされる・】、リンパ浮腫は¨※¨ことがある【・※←容易に再発する・】。

リスク要因

¨要因 (※ところの) ¨【・※←もたらすことがある【:*を |*←リンパ浮腫の発生:】・】は含む【・*を |*←¨放射線療法 (※への)¨【:※←リンパ節が外科的に切除された領域:】| -OR- |手術後の¨諸問題 (※ところの) ¨【:※←手足の炎症の原因となる:】| -OR- |より多数のリンパ節の切除| -OR- |患者さんの年齢がより高い・】。

¨リスク要因 (※のための)¨【・※←リンパ浮腫・】は以下のものを含む:

◇乳がん(【・*の場合…|*←患者さんが受けた【:*を |*←放射線療法、又は、リンパ節の切除:】・】)。   ¨放射線療法 (※への)(☆の後の)¨【・※←腋の下の領域・】【・☆←外科的なリンパ節の切除・】、及び、より多数のリンパ節の切除は、増加させる【・*を |*←リンパ節のリスク・】。
◇外科的な¨切除 (※の)¨【・※←¨リンパ節 (※の)¨【:※←腋の下、そけい部、骨盤部:】・】
◇¨放射線療法 (※への)¨【・※←腋の下、そけい部、骨盤部、頸部・】
◇¨瘢痕組織 (※に於ける)(☆が原因の)¨の存在【・※←リンパ管、又は、鎖骨の下の静脈・】【・☆←外科手術、又は、放射線療法・】
◇がんの¨拡大 (※への)¨【・※←¨リンパ節 (※の)¨【:※←頸部、胸部、腋の下、骨盤部、腹部:】・】
◇¨がんの成長 (※に於ける)☆¨【・※←骨盤部、腹部・】【・☆←巻き込むか圧迫する【・*を |*←リンパ管や胸部の大きなリンパ管・】、そして、リンパ液の排出を妨げる・】
◇栄養摂取の不足、又は、肥満。 これらの条件は¨※¨ことがある【・※←遅らせる【・*を |*←回復・】| -AND- |増加させる【:*を |*←リンパ浮腫のリスク:】・】。

診断

特定の¨基準 (※のための)¨【・※←リンパ浮腫の診断・】は、未だ存在しない。 約半数の¨患者さん {※ところの}¨【・※←軽度のリンパ浮腫を有する・】は表現する¨何を?→『 』¨『 影響されているほうの腕や脚がいつもより重く感じる、又は、張っている感じがする 』。   【・*のためには… |*←評価する【・*を |*←患者さん・】【:*のために |*←リンパ浮腫の診断:】・】、¨診療歴や身体検査 (※の)¨【・※←患者さん・】を実施すべきである。 当該診療歴は含む必要がある【・*の記録を |*←過去の手術、手術後の問題、手術から浮腫発生までの経過時間・】。   全ての¨変化 (※の)¨【・※←浮腫・】や外傷や感染の履歴は明らかにすべきである。 ※を知ることも診断のために重要である【・※←患者さんがどんな薬を服用しているか・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

対処のいろいろ


予防


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

¨患者さん {※ところの}¨【・※←リンパ浮腫発症のリスクがある・】は、¨※¨されるべきである【・※←早期に見出す、モニターする、自己ケアを教える・】。   患者さんは※の場合にリンパ浮腫を発症しやすい【・※←食事摂取が不十分、体重過剰、運動不足、その他の医療的問題を持つ・】。   【・*のために… |*←早期に状況を発見する・】、以下を調べる必要がある:

◇¨比較 (※の間の)¨【・※←現実の体重と理想体重・】
◇腕や脚の測定
◇血液中の蛋白質レベル
◇¨能力 (※のための)¨【・※←日常活動を実施する・】
◇浮腫の履歴、以前の放射線療法や外科手術
◇その他の¨内科疾患 (※のような)¨【・※←糖尿病、高血圧、腎臓病、心臓病、静脈炎・】

※が重要である【・※←患者さんが知る【:*について |*←自分自身の病気と¨リスク (※の)¨【∵※←リンパ浮腫の発症∵】:】・】。   リンパ系の¨灌流不足 (※による)¨【・※←リンパ節の外科的切除、放射線療法・】は、¨※¨ことがある【・※←させる【:☆が¨§¨するように|☆←影響を受けている腕や脚|§←重症の感染症によりかかりやすくする:】・】。   小規模の感染症でも、もたらすことがある【・*を |*←重症のリンパ浮腫・】。   患者さんは教育を受けるべきである【・*について |*←腕、脚、皮膚のケア・】【・*の後に |*←外科手術や放射線療法(下記の項目参照のこと)・】。   ※は重要である【・※←患者さんは注意する【:*のために |*←予防する【∵*を |*←¨外傷や感染症 (※に於ける)¨【::※←影響を受けている腕や脚::】∵】:】・】【・*の理由で…|*←リンパ浮腫は起きることがある【:*の後に |*←手術の 30 年以上:】・】。   乳がんの¨患者さん {※ところの}¨【・※←順守する【:*を |*←¨指示 (※に関する)¨【∵※←¨スキンケアや適切な運動 (※の後の)¨【::※←乳房部切除術::】∵】:】・】は、¨※¨ことが少ない【・※←経験する【:*を |*←リンパ浮腫:】・】。

リンパ液の灌流は改善される【・*の間に |*←運動・】。   従って、運動は重要である【・*に於いて |*←予防する【:*を |*←リンパ浮腫:】・】。   乳がんの患者さんは、¨※¨すべきである【・※←実行する【:*を |*←手や腕の運動:】【:*とおりに |*←教えられた【∵*の後に |*←乳房部切除術∵】:】・】。   医者は判断する¨何を?→『 』¨『 患者さんは手術後、いつから開始すべきか【・*を|*←運動・】 』。   リハビリ担当の医者や理学療法士は作成する【・*を |*←患者さん個別の運動プログラム・】。

より良い回復は起きる【・*の場合…|*←リンパ浮腫が早期に発見された・】。   従って、患者さんは¨※¨すべきである【・※←教えられる【:*を |*←認識する【∵*を |*←浮腫の早期の徴候∵】|-AND-|医者に言う【∵*について |*←以下のような症状∵】:】・】:

◇張ったような感じ【・*に於いて |*←腕や脚・】
◇腕輪や靴がきつい。
◇腕や脚の無力感
◇痛みや重さ【・*に於いて |*←腕や脚・】
◇発赤、腫れ、感染症の徴候

リンパ浮腫の予防やコントロールに関し、患者さんに教育すべき事項

1. 保つ【・*を |*←腕や脚・】【・*に |*←心臓よりも高い位置・】【・*の場合 |*←可能である・】。   避けること【・*を |*←作る【:*を |*←急速な円:】【:*により |*←腕や脚:】【:*ことがないために |*←腕や脚のより下方の部分から血液が戻るのを妨げる:】・】。

2. 毎日清潔にする【・*を |*←腕や脚の皮膚・】、そして、湿らせる【・*により |*←ローション・】。

3. 避ける【・*を |*←¨外傷や感染症 (※の)¨【:※←腕や脚:】・】:

◇腕:
‥‥シェービングのためには電気カミソリを使用する。
‥‥着用すること【・*を |*←園芸用や料理用の手袋・】
‥‥裁縫時には指ぬきを使用する。
‥‥爪に気を付けること: 例えば、切らないこと【・*を |*←爪の付け根の皮膚・】
◇脚:
‥‥戸外では足を常にカバーしておく。
‥‥足を清潔・乾燥に保つ。 木綿の靴下をはく。
‥‥足指の爪をきちんと切ること。 必要に応じて足治療医を受診すること【・*のために |*←予防する【:*を |*←爪の内側への成長や感染:】・】。
◇腕、脚の両方:
‥‥日焼けはゆっくりすること: 日焼け止めを使用する。
‥‥切り傷は石鹸と水できれいにし、その後、抗菌軟膏を使う。
‥‥使用する【・*を |*←テープではなくガーゼの包帯・】。   包帯をあまりきつくしないこと(循環を妨げないため)
‥‥医者に話すこと【・*について |*←どのような発疹でも・】
‥‥避けること【・*を |*←針刺し(どのようなタイプでも)・】【・*に於いて |*←影響を受けている腕や脚・】
‥‥避けること【・*を |*←極端に熱かったり冷たかったりするもの(アイスパックや加熱パッドなど)・】
‥‥使いすぎないこと【・*を |*←影響を受けている腕や脚・】


4. 過度に圧迫しないこと【・*を |*←腕や脚・】

◇着席している時、脚を組まない。
◇着用すること【・*を |*←緩い装飾品や、きついバンドのない衣服・】
◇持つこと【・*を |*←ハンドバック・】【・*で |*←影響を受けていないほうの腕・】
◇使用しないこと【・*を |*←血圧計の止血装置・】【・*で |*←影響を受けているほうの腕・】
◇使用しないこと【・*を |*←弾性の包帯やきついバンドのあるストッキング・】
◇1つの姿勢で 30 分間以上座らない。


5. 注意すること【・*を |*←¨感染の徴候 (※のような)¨【:※←発赤、痛み、腫れ、発熱:】・】。   直ちに連絡すること【・*に |*←医者・】【・もし*なら…|*←左記のどれかの徴候が現れた・】。

6. 実行すること【・*を |*←指示された運動・】【・(やりかた)|規則的に、医者や理学療法士に教えられた通りに・】

7. 確実に受けていくこと【・*を |*←フォローアップのための診察・】

8. 毎日チェックすること【・*を |*←腕や脚の全ての領域・】【・*について |*←何か問題の徴候はないか・】

◇測定する【・*を |*←腕や脚の周囲長・】【・(時期)|医者や理学療法士に指示された通りの定期的な間隔で・】
◇上記の測定は、同じ個所について 2 回実施する。
◇連絡する【・*に |*←医者・】【・もし*なら…|*←腕や脚が突然大きくなった・】


9. ¨能力 (※のための)(☆の)¨【・※←感じる【:*を |*←感覚(触覚、温度、痛み):】・】【・☆←影響を受けているほうの腕や脚・】は低下していることがある。 使用すること【・*を |*←影響を受けていないほうの腕や脚・】【・*のために |*←風呂や料理の温度をみる・】

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

リンパ浮腫は治療される【・*により |*←理学的な方法、及び、薬物治療・】。   理学的な方法は含む【・*を |*←腕や脚を高い位置に保つ、手動のリンパ灌流(特殊なタイプの非常に軽い¨マッサージ {※ところの}¨【:※←リンパ液を腕や脚から身体の中央部のほうへ動かす:】、着用する【:*を |*←各人にフィットする¨衣服 {※ところの}¨【∵※←コントロールされた圧力をかける【::*に |*←影響された腕や脚::】∵】:】、皮膚を注意深く清潔にする(感染症の予防のため)・】。   リンパ浮腫は治療されることがある【・*により |*←いくつかの治療法の併用・】。   これは呼ばれる【・*と |*←複合的理学療法・】、そして、構成される【・*から |*←手動のリンパ浮腫治療、圧力ラッピング、個別運動、スキンケア、それらに続く維持プログラム・】。   複合的理学療法は実施されるべきである【・*により |*←専門の訓練を受けた者・】。

¨外科手術 (※のための)¨【・※←リンパ浮腫の治療・】は通常引き起こす【・*を |*←合併症・】、そして、めったに勧められない。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

圧力衣類(Compression garments)


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

【・*の時には…|*←圧力衣類を使用する・】、それらの衣類は¨※¨べきである【・※←カバーする【:*を |*←浮腫の領域すべて:】・】。   例えば、¨ストッキング {※ところの}¨【・※←ひざまでしか届かない・】は¨※¨の傾向がある【・※←きつくなり、リンパ管や静脈をブロックする【:*の場合…|*←浮腫が大腿部にある:】・】。   ¨ポンプ {※ところの}¨【・※←袖口に装着し、包む【・*を |*←腕や脚・】|| -AND- ||圧力をかけたりかけなかったりする・】は¨※¨ことがある【・※←有用である・】。   しかし、いくらかの医者や理学療法士は感じる¨何を?→『 』¨『 これらのポンプは有効でなく、浮腫を悪化させることがある 』。   袖口はふくらまされたり、へこまされたりする【・(やりかた)|コントロールされた時間サイクルに従って・】。   このポンプ作用は¨※¨と信じられている【・※←増加させる【・*を |*←静脈やリンパ管の中の液体の動き・】|| -AND- ||妨げる【:*を |*←液体が腕や脚に蓄積すること:】・】。   圧力ポンプは¨※¨べきである【・※←使用する【:*の下でのみ |*←訓練を受けた医療専門家の監督:】・】、【・何故なら*であるから…|*←外部からの高圧はダメージを与えることがある【:*に |*←¨リンパ管 (※の近くの)¨【∵※←皮膚の表面∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

薬による治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

抗生物質は¨※¨ことがある【・※←使用される・】【・*のために |*←治療し予防する【:*を |*←感染症:】・】。   その他のタイプの薬(利尿剤や血液凝固阻止剤)は通常¨※¨ でない 【・※←有用(の否定)・】、そして、¨※¨ことがある【・※←問題を悪化させる・】。

見つけること【・*を |*←正確な¨原因 (※の)¨【:※←腫れ:】・】そしてそれを正しく治療することは重要である。 浮腫はしばしばもたらす【・*を |*←感染症・】、そして、感染症が増やす【・*を |*←¨液体や蛋白質量 (※の中の)¨【:※←組織:】・】。   【・もし*なら…|*←感染症が診断された・】、適切な抗生物質が¨※¨べきである【・※←使用される・】。   血栓の可能性は¨※¨べきである【・※←厳密に区別する・】、【・何故なら*であるから…|*←マッサージなどの¨治療技術 {※ところの}¨【・※←リンパ液の流れを促進する・】・】は¨※¨ことがある【・※←させる【:☆が¨§¨するように|☆← 血栓|§←血液循環中を動く:】|| -AND- ||引き起こす【:*を |*←より深刻な、心臓や肺の塞栓の問題:】・】。   【・*の場合…|*←血栓が見つかった・】、血栓は¨※¨べきである【・※←治療する【:*により |*←血栓溶解剤:】・】。

クマリンは※である【・※←¨食事サプリメント {※ところの}¨【:※←リンパ浮腫の治療用として研究されてきた:】・】。   【・*に於いては… |*←米国・】、食事サプリメントは規制される【・*として |*←食品(医薬品としてでなく)・】。   サプリメントは¨※¨は必要とされない【・※←承認される【:*により |*← FDA:】・】【・*の前に… |*←市場に販売する・】。   【・*のために…|*←製造の首尾一貫性、用量、純度、に関する標準がない・】、一つの製造¨ロット (※の)¨【・※←食事サプリメント・】は¨※¨ことがある【・※←かなり異なる・】【・*から |*←次のロット・】。

クマリンは一時使用された【・*の中に |*←いくつかの食品や薬・】【・*に於いて |*←米国・】。   クマリンは¨※¨であることがわかった【・※←引き起こす【:*を |*←肝臓ダメージ:】・】、そして、その¨使用 (※の中での)¨【・※←食品や薬・】は禁止された【・*に |*← 1950 年代・】【・*に於いて |*←米国・】。   クマリンは入手可能である【・*に於いて |*←いくつかの国( 複数 )・】が、認可されていない【・*に於いて |*←米国やカナダ・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

食事の管理


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

栄養的な¨状態 (※の)¨【・※←患者さん・】は評価されるべきであり、そして、適切な食事勧告が為されるべきである。 血液中の蛋白質レベル、及び、体重は¨※¨ねばならない【・※←定期的にモニターする・】、そして、患者さんは勧められるべきである【・*を |*←食べること【:*を |*←蛋白質が豊富な食物:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

痛みの管理


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

¨患者さん (※を有する)¨【・※←リンパ浮腫・】は¨※¨ことがある【・※←経験する【:*を |*←¨痛み (※による)¨【∵※←腫れと神経への圧迫| -OR- |筋肉組織、及び、機能の減少| -OR- |瘢痕組織の形成による筋肉の短縮、及び、関節の動きの低下∵】:】・】。   痛みは¨※¨ことができる【・※←治療する【:*により |*←薬物治療| -OR- |リラキゼーション技術| -OR- |経皮的神経電気刺激療法( TENS):】・】。   しかし、最も成功的な治療は※である【・※←リンパ腫を縮小させること・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

合併症


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

リンパ浮腫は¨※¨ことがある【・※←させる【:☆が¨§¨するように|☆←組織|§←栄養を取り入れ難く| -AND- |よりダメージを受けやすく【∵もし*なら…|*←影響を受けた手足が長期間動かされない∵】:】・】。   従って、¨患者さん (※を有する)¨【・※←リンパ浮腫・】は¨※¨べきである【・※←モニターされる【:*について |*←皮膚の異常(とくに¨領域 {※ところの}¨【∵※←皮膚と骨との間に非常に少量の組織しかない∵】(つまり、股関節部、膝、肘:】・】。

膀胱からの排出困難が¨※¨ことがある【・※←起きる【:*から |*←¨リンパ浮腫 (※に於ける)¨【∵※←骨盤、又は、そけい部∵】:】・】。   ¨患者さん {※ところの}¨【・※←リンパ浮腫を有し、同時に使用している【:*を |*←オピオイド系鎮痛剤:】・】は¨※¨ことがある【・※←起こす【:*を |*←腸の問題:】・】。   腸や膀胱の状態は¨※¨べきである【・※←定期的にモニターする【:*について|*←あらゆる¨徴候 (※の)¨【∵※←尿の貯留や便秘∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

心理面の考慮


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

【・*であるから…|*←リンパ浮腫は※である【:※←変形をもたらすことがあり、時々痛みを伴い、能力を低下させる:】・】、リンパ浮腫は¨※¨ことがある【・※←もたらす【:*を |*←精神的、身体的、性的、な問題:】・】。   いくつかの研究は示した¨何を?→『 』¨『 ¨患者さん {※ところの}¨【・※←乳がんの治療後にリンパ浮腫が起きた・】は持つ【・*を |*←より多くの精神的、身体的、性的、な困難・】【・*よりも|*←¨患者さん {※ところの}¨【・※←リンパ浮腫が起きなかった・】・】 』。   追加された¨ストレス (※に伴う)¨【・※←リンパ浮腫・】は¨※¨ことがある【・※←干渉する【:*に |*←¨治療 {※ところの}¨【∵※←しばしば※である【::※←痛い、困難、時間がかかる::】∵】:】・】。

¨※¨すること【・※←戦う【:*と |*←腕の¨リンパ浮腫 (※の後の)¨【∵※←乳がんの治療∵】:】・】は※である【・※←とくに難しい【:*にとって |*←¨患者さん {※ところの}¨【∵※←社会的なサポートがあまり得られない∵】:】・】。   いくらかの患者さんは¨※¨ことがある【・※←反応する【:*に |*←この問題:】・】【・*により |*←自己に閉じこもる・】。   戦うことは困難である【・*にとっても |*←¨患者さん (※を有する)¨【:※←痛みを伴うリンパ浮腫:】・】。   ¨患者さん (※を有する)¨【・※←リンパ浮腫・】は¨※¨ことがある【・※←助けられる【:*により |*←グループ、又は、個人的な¨カウンセリング {※ところの}¨【∵※←提供する【::*を |*←¨情報 (※に関する)¨【∵:※←リンパ浮腫の予防方法| -AND- |食事や運動の役割|∵:】 -AND- |快適な衣服選択のアドバイス| -AND- |精神的なサポート::】∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ