目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料名


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

始めに


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症は、血液中のカルシウムの濃度が過度に高くなる病気であり、がんに伴う最も一般的な、生命に関わりかねない病気である。このファイルでは、高カルシウム血症の原因と治療について記述する。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症は、がんの患者さんの 10〜20%で起きる(小児での発生頻度はずっと低い)。高カルシウム血症が最も高頻度に起きることがあるがんは、乳がん、肺がん、特定の種類の血液のがん、とくに多発性骨髄腫、である。早期に診断し、治療(カルシウムレベルを下げるための輸液や薬)すれば、数日で症状を改善できる。しかし、診断が難しいことがある。高カルシウム血症の症状はゆっくりと現われることがあり、また、多くのがんや、その他の病気の症状と似ていることがある。

早期に診断し、治療すれば、短期的な意味では救命になるだけでなく、その患者さんが治療を完了できたり、生活の質を改善できることにつながる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『正常なカルシウム調節システム』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

正常な状態では、身体が排出する(尿、便、汗、から)のとほぼ同量のカルシウムを食事から吸収する。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『腎臓の機能』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

正常の状態の腎臓は、血液から多量ののカルシウムを濾過する能力をもち、身体が必要とする以上のカルシウムを排出し、身体が実際に必要なだけのカルシウムを維持することができる。

しかし、高カルシウム血症の場合には、身体中に過剰のカルシウムが存在するため、腎臓が過度に働くことになり、過剰量を排出できなくなることがある。また、若干のタイプのがんでは、腎臓が非常に少量のカルシウムしか排出できないようにさせる物質が産生される。これにより、多量の尿が産生されることになり、さらにその結果として、脱水症状が起きる。脱水症により食欲不振、吐き気・嘔吐が起きて、これが脱水症をさらに悪化させることがある。脱力感や疲労感のために活動量が低下すると、骨から血液に移行するカルシウム量が増えることがある。腎臓にカルシウムが沈積して、腎臓の恒久的な障害が起きることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

高カルシウム血症の原因


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

がんに伴う高カルシウム血症の主な原因は、骨から血液に移行するカルシウム量が増加することと、腎臓が過剰のカルシウムを排出できなくなることである。特定のがんでは、カルシウムを骨から血液へ移行させる物質が産生される。動かないこと、脱水、食欲不振、吐き気・嘔吐、もカルシウムレベルを上昇させることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

発生頻度


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症が最も高頻度で起きるのは、肺がんの患者さんと乳がんの患者さんである。その他、多発性骨髄腫、頭頸部がん、原発不明のがん、リンパ腫、白血病、腎臓がん、消化管のがん、でも起きることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

症状


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症の症状は、血液中のカルシウムのレベルとあまり関係がない。高カルシウム血症の症状は、他の病気の症状に似ており、その結果、早期の診断が困難になっている。症状の重症度は、他の要因により強く影響されることがある(がんに対する以前の治療、薬への反応、併発症、など)。

大部分の患者さんは、高カルシウム血症のすべての症状は経験しないし、中には全く症状が現れない患者さんもいる。

症状が現れるとしたら、最も一般的なものは、疲労感、頭のぼんやり感、食欲不振、痛み、頻尿、のどの渇き、便秘、吐き気と嘔吐、である。

高カルシウム血症の症状を、影響を受けた身体の個所ごとに記述すれば以下のようになる:


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『神経系』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

カルシウムは、中枢神経系(脳、脊髄)の正常な機能に於いて、大きな役割を演じている。 高カルシウム血症の症としては、脱力感、筋肉の反射の欠如、スタミナの低下、などがある。中枢神経系に症状がある場合に起きることがあることとして、人格の変化、頭のぼんやり感、明確に話すことが困難、方向感覚の欠如、幻覚、などがある。究極的に昏睡が起きることがある。頭痛も起きることがあり、嘔吐や脱水症で悪化することがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『心臓』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症は、心拍に影響を与えたり、特定の心臓薬(ジゴキシンなど)に対する感受性を増大させる(効きすぎるようになる)ことがある。カルシウムレベルが高くなると、不整脈が起きることがあり、心臓発作が起きることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『消化関係』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

胃酸分泌が増加することがしばしばあり、食欲不振、吐き気、嘔吐を悪化させることがある。高カルシウム血症に伴う脱水症で、便秘が起きることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『腎臓』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症により、腎臓が正常に機能せず、多量の尿が産生されることがある。多量の尿が産生される一方で、水分の摂取が少なくなると、脱水症(のどの渇き、口内乾燥、汗の減少、尿の濃縮化)が起きる。骨髄腫の患者さんの場合、高カルシウム血症による腎臓障害がしばしば起きる。高カルシウム血症が長く続くと、腎臓結石ができることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『骨』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

がんに伴う高カルシウム血症は、骨転移や骨損失の結果として起きることがあり、骨折、骨の変形、痛みをもたらすことがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

診断・評価


『検査』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

血液検査で、カルシウムレベルをチェックし、また、腎機能をチェックする。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

『臨床的な評価』


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

カルシウムレベルが高い患者さんについて、以下のことを調べる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ
「症状」

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

◇神経、筋肉(筋肉の強さ、筋肉の緊張度、反射、疲労感、無気力、抑うつ、混乱、落ち着きのなさ)
◇心臓(高血圧、心臓の変化、心拍異常、ジギタリス中毒)
◇腎臓(過剰量の尿、夜間の排尿、尿への糖の排出、過度ののどの渇き)
◇消化管系(食欲不振、吐き気、腹痛、便秘、腹部の膨満)
◇その他(筋肉痛、骨の痛み、かゆみ)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ
「病歴」

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

◇症状はいつから見られるか
◇レントゲンで見て、骨に原発又は転移性のがんがあるか
◇今までにタモキシフェン、エストロゲン、アンドロゲン、を使用したことがあるか
◇ジゴキシンを使用しているか
◇カルシウムが含まれた輸液を受けているか
◇チアジド利尿薬、ビタミンAあるいはD、リチウム、の投与を受けているか
◇脱水症や運動の欠如の原因となるような、他の病気があるか
◇がんに対する治療は効果的か


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療


予防


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症の症状(疲労感のような)に最初に気づくのは、患者さん自身であることがある。高カルシウム血症を予防する方法としては、十分な水分をとること、吐き気や嘔吐をコントロールすること、歩くこと、活動的であること、薬の中で、高カルシウム血症が進む原因となったり、高カルシウム血症の治療の妨げになるような薬を避けること、などである。

しかし、食事中のカルシウムを減らしてはならない。何故なら、高カルシウム血症の場合には、身体によるカルシウム吸収が低下しているからである。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

高カルシウム血症の管理


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

脱水症への対処のため、水分を補給する。骨量の低下を止めるため、薬を使用する。高カルシウム血症の原因となるがんを効果的に治療する。

高カルシウム血症の重症度によって治療の量は変わってくる。重症の高カルシウム血症の場合には、治療を直ちに、攻撃的に実施する。それほど重症でない場合は、症状に応じて治療を行う。治療が奏功すれば、症状が消失し、血液中のカルシウムレベルが低下する。

軽度の高カルシウム血症は通常、攻撃的に治療する必要はない。但し、軽度の高カルシウム血症の患者さんに中枢神経系の症状がある場合には、治療はより困難である。より若い患者さんの場合、とくに治療が難しい。何故なら、これらの患者さんは、高カルシウム血症を耐えやすいからである(*)。中枢神経系の症状がある場合、高カルシウム血症によるものかどうか確認する必要がある。

(*)mougitaro注:多分、症状が出にくいからという意味であると思われます。

治療により、高カルシウム血症の症状を改善することができる。より治療が容易な症状は、頻尿、渇き、中枢神経系症状、吐き気、嘔吐、便秘症、などである。より治療しにくい症状は、食欲不振、疲労感、などである。痛みは、カルシウムレベルが正常になったほうが、コントロールしやすいことがある。カルシウムレベルを効果的に下げることができれば、容易に症状が改善され、生活の質が改善し、退院が可能なことがある。

カルシウムレベルが正常になった後も、尿や血液のチェックを続けて、治療が奏功していることを確認する必要がある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

軽度の高カルシウム血症


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症が軽度で、かつ、もともとのがんの種類が、がんの治療が良く奏功するもの(リンパ腫、乳がん、卵巣がん、頭頸部がん、多発性骨髄腫、など)である場合の治療法として受け入れられているのは、静脈からの液体補給と患者さんの注意深い観察である。

高カルシウム血症の症状があったり、がんへの治療が奏功するのが遅い場合は、高カルシウム血症に対する薬による治療を開始する必要がある。

治療として他にすべきことは、吐き気、嘔吐、発熱、のコントロール、活動することを続けるように勧めること、眠気の原因となるような薬の使用を少なくすること、である。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

中等度から重症の高カルシウム血症


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

中等度から重症の高カルシウム血症の場合も、液体の補給は、最初に実施すべき、最も重要なステップである。液体を補給することで、必ずしも全ての患者さんでのカルシウムレベルを正常にすることはできないが、それでも、最初に液体補給をすることが重要である。これにより、患者さんの精神状態は改善され、吐き気や嘔吐は 24 時間以内に軽減する。但し、この改善は一時的なものである。がんの治療(外科手術、放射線療法、化学療法)をすぐに開始できない場合には、カルシウムレベルを下げる薬を使うことが必要である。

骨の分解を停止させるのに有効な薬としては、カルシトニン、プリカマイシン( plicamycin =ミトラマイシン)、ビスフォスフォネート(エチドロン酸、パミドロン酸、clodronate)、ガリウム硝酸塩、などがある。ステロイドやリン酸塩が使われることもある。腎不全の患者さんでの高カルシウム血症の治療としては、透析が実施される。薬の併用が行われることもある。

高カルシウム血症に対する新しい薬が現在研究中である。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

患者さん、家族さんの教育


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症は、生活の質に影響を及ぼし、治療しなければ生命に関わることがある。従って、患者さんやケアをする人たちは、症状に注意すべきである。また、※についても学ぶべきである〔 ※=高カルシウム血症の予防法、何が高カルシウム血症を悪化させるのか、医者を受診するのはどのような場合か 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

支援治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

高カルシウム血症に対する治療は進歩しているとはいえ、多くの患者さんは、この合併症を乗り越えることができない。唯一、効果的な抗がん治療が、患者さんの長期的な生存のチャンスを改善する。

支援治療には※が含まれる〔 ※=患者さんがケガをしないようにすること、骨折の予防、症状の治療 〕。

症状の治療は重要である。とくに、ケガの予防が重要である¨(もし〔※〕ならば )¨〔 ※=患者さんが混乱している 〕。 吐き気、嘔吐、便秘、もコントロールが必要である¨(〔※〕までは )¨〔 ※=カルシウムレベルが低下する 〕。 骨折は、脱力の結果として起きることがあるので、患者さんの移動はゆっくりと行い、転倒は予防すべきである。活動や、加重のかかる運動は、勧められるべきである。新たに骨痛がある場合には、医者に表明すべきである¨(〔※〕するように )¨〔 ※=その痛みが骨折に関連しないかどうか評価できる 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

心理・社会的管理


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

通常、高カルシウム血症の治療により、※は除去できる〔 ※=せん妄、興奮、精神の変化 〕が、一部の患者さんは☆を必要とする〔 ☆=これらの症状を治療する薬 (*) 〕。 精神の変化が改善するためには、一定の時間が必要であることがある¨(〔※〕でさえも )¨〔 ※=カルシウムレベルが正常値に戻ったあと 〕。

(*)mougitaro 注:この項目についても、概略をまとめる予定にしていますが、お急ぎのかたは、以下の原文をお読み下さい:

原記事へのリンク

無気力(精神的、及び、身体的に不活発な状態)は、しばしば、高カルシウム血症の症状である。家族さん(場合によっては、医療スタッフも)は考えることがある¨何と? ※ ¨〔 ※←患者さんはうつ状態である 〕¨(〔☆〕までは )¨〔 ☆=実際の原因が判明する 〕。 大部分の患者さんは、うつの症状を示すことはなく、むしろ無関心のようにみえるであろう。

患者さんや家族さんは、※について医者に表明すべきである〔 ※=高カルシウム血症の症状(無気力、疲労感、混乱、食欲不振、吐き気・嘔吐、便秘、過度の渇き 〕


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ