目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料名=PDQ('06/02)


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

イントロダクション


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

疲労感は、¨人々 ※ ¨の最も一般的な不調の一つである〔 ※=がんであると診断された人や、がんを乗り越えた人たち 〕。   この短いサマリーで、疲労感の原因、及び、治療について説明する。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

全体像


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

疲労感は、がんの患者さんの 14% から 96% で起きる(とくに、¨患者さん ※ ¨でそうである〔 ※←がんに対する治療を受けている 〕)。   がんは複雑であり、¨いろいろな原因 ※ ¨で起きる〔 ※=生物学的、心理的、行動的 〕。   疲労感は表現が難しく、がんの患者さんは疲労感を¨さまざまな言い方 (※のような)¨で表現する【 ※=例えば☆のように言う〔 ☆=私は § のように感じる〈§←疲れた、脱力感がある、消耗した、だるい、疲れ果てた、重い、遅い〉 〕 】。

疲労感は¨状態 ※ ¨として定義される〔 ※←活力の欠如により、苦痛や活動能力の低下の原因となる 〕。   特異的な症状としては、※のものがある〔 ※=身体的、心理的、感情的 〕。   効果的に治療を受けるためには、¨疲労感 ※ ¨は他の種類の疲労感から区別する必要がある〔 ※←がん、及び、がんの治療が原因である(疲労感) 〕。

疲労感は、急性のものと慢性のものとがある。 急性の疲労感は¨通常の疲れ ※ ¨である【 ※←ときどき¨症状 ☆ ¨がある〔 ☆←急速に始まり、短期間持続する 〕 】。   休息が、疲労感を軽減し、※を可能にさせるであろう〔 ※←正常レベルの活動に戻ること 〕¨(〔☆〕に於いて )¨〔 ☆=健康な人 〕。   しかし、この能力は患者さんでは減退している。 慢性の疲労感は、長期に持続する。 慢性疲労症候群とは、持続性で衰弱性の¨疲労感 ※ ¨である〔 ※←しつこく続いたり、再発することがある 〕。   この病気はときどき¨人 ※ ¨で診断される〔 ※←がんをもっていない 〕。   ¨(〔※〕であるが )¨〔 ※=多くの治療や病気に伴う要因が疲労の原因となる 〕、正確な¨プロセス (※の)¨は知られていない〔 ※=がんを持っている人での疲労感 〕。

疲労感は、非常に重要な事項となることがある¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=がんの患者さんの生活(精神的、社会的、経済的、などの面で 〕。   疲労感、及び、その原因について理解することは、重要である¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=効果的な治療法の決定や、疲労感と戦っているがんの患者さんに助力すること 〕。   ¨検査法 ※ ¨が開発されている〔 ※←疲労感のレベルを測定するための 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

疲労感の原因


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

がんの患者さんでの疲労感の原因は明らかになっていない。疲労感は、しばしば、病気の進行の指標であり、また、がんの最初の症状の一つである¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=小児の患者さんでも成人の患者さんでも 〕。   例えば、¨小児の患者さん ※ ¨〔 ※←急性リンパ性白血病や非ホジキンリンパ腫と診断された 〕の両親は、受診することがしばしばある¨(〔☆〕の理由から)¨〔 ☆=その子供さんの極度の疲労感 〕。   がんは、疲労感の原因となる¨(〔※〕や〔☆〕によって )¨〔 ※=骨髄に拡大して、貧血の原因になること 〕〔 ☆=毒性物質を産生し、それが、正常細胞の機能を障害すること 〕。   ¨患者さん ※ ¨も、疲労感を経験することがある〔 ※←呼吸に問題がある(一定のがんでのもう一つの症状) 〕。

疲労感は、多くの理由によって起こり得る。 患者さんが長期にわたって感じるストレスも理由となることがある。 しかし、他にも理由はあり得る。 中枢神経系(脳と脊髄)が影響されることがあり¨(〔※〕によって)¨〔 ※=がん、又は、がんに対する治療(とくに生物学的治療薬) 〕、それが疲労の原因となることがある。 ¨医薬品 ※ ¨が疲労感の理由となることもある〔 ※←痛み、うつ状態、嘔吐、痙攣、その他、のがんに関連した問題の治療のための 〕。   腫瘍壊死因子( TNF )は、¨物質 ※ ¨である〔 ※←がんが産生したり、一定のがんの治療のために投与されたりする 〕が、この物質は、筋肉中の蛋白質量を低下させ、その結果、身体は過度に働かざるを得なくなり、疲労感の原因となることがある。 多くの化学的、物理的、行動学的な疲労感の理由があると考えられている。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

疲労感に関連する要因


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

全般論

※は常に可能であるとは限らない【 ※=¨要因 ☆ ¨を決めること〔 ☆←がんの患者さんでの疲労感の原因となる 〕 】。   考えられる要因は以下のものを含む:

◇がんの治療
◇貧血
◇投与される医薬品
◇体重減少、及び、食欲低下
◇代謝の変化
◇ホルモン分泌の低下
◇感情的な苦痛
◇睡眠困難
◇不活動
◇呼吸困難
◇強度や筋肉協調の低下
◇痛み
◇感染症
◇がん以外の疾患

がんの治療

疲労感は、一般的な症状である¨(〔※〕の後の )¨〔 ※=放射線療法や化学療法 〕。   それは※が原因となることがある〔 ※=貧血や、細胞が産生する毒性物質の蓄積 〕。   放射線療法の場合、それは、※が原因となることがある〔 ※=放射線療法によりダメージを受けた皮膚組織の回復に、より大きなエネルギーが必要となること 〕。

いくつかの要因が、※と関連づけられている〔 ※=化学療法に伴う疲労感 〕。   一定の人たちは※することがある【 ※=がんの診断や治療に、☆で反応する〔 ☆=気分の変化や、睡眠パターンの変化 〕 】。   吐き気、嘔吐、慢性の痛み、体重減少、も疲労感の原因となり得る。

疲労感は、長い間、放射線療法に伴ってきた、¨(〔※〕だが )¨〔 ※=疲労感と放射線療法との間の関係は、あまり良く分かっていない 〕。   疲労感は通常軽減する¨(〔※〕の後に )¨〔 ※=放射線療法が終了した 〕。   しかし、全ての患者さんが回復するわけではない¨(〔※〕まで )¨〔 ※=彼らの正常な活力のレベル 〕。   ¨患者さん ※ ¨は、長期疲労感を生じるリスクがより高い〔 ※←より高齢である、進行性の病気をもつ、併用療法を受けている(例えば、化学療法 + 放射線療法) 〕。

生物学的治療は高頻度で疲労感の原因となる。 この場合、疲労感は、一連の¨副作用グループ ※ ¨の一つである〔 ※←インフルエンザ様症候群と呼ばれる 〕。   この症候群は、※も含む〔 ※=発熱、悪寒、筋肉痛、頭痛、一般的に気分が良くないこと〕。   一定の患者さんは、※を経験することがある〔 ※=明瞭に考える能力上の問題 〕。   使用された生物学的治療のタイプが、※を決めると考えられる〔 ※=経験する疲労感のタイプ、及び、パターン 〕

がんの患者さんの多くは、手術を受ける¨(〔※〕のために )¨〔 ※=診断や治療 〕。   疲労感は、手術後の問題の一つである。 しかし手術による疲労感は、時間と共に改善する。 しかし、この疲労感は悪化することがある¨(〔※〕の場合 )¨〔 ※=がんの他の治療法による疲労感と重なった 〕。

貧血

貧血は、※や☆の大きな要因であることがある〔 ※=がんに関連した疲労感 〕〔 ☆=がんの患者さんの生活の質 〕。   貧血は※が原因であることも、☆と関連することもある〔 ※=がん、及び、がんの治療 〕〔 ☆=他の医療的な原因 〕。

栄養面の要因

疲労感は、しばしば起きる¨(〔※〕の場合 )¨【 ※=身体が☆よりも多くのエネルギーを必要とする〔 ☆=食事から供給されるエネルギーの量 〕 】。   がんの患者さんの場合、¨ 3 つの大きな要因 ※ ¨が関連している【 ※=身体が食物を消化する能力の変化、☆により、身体のエネルギー必要量が増加、 § により、食べる量が減少〔 ☆=がんの成長、感染、発熱、呼吸障害 〕〔 §=食欲低下、吐き気、嘔吐、下痢、腸閉塞 〕 】。

心理的な要因

患者さんの気分、信念、姿勢、ストレスへの反応、などが、疲労感の発生に貢献することがある。 約 40%〜 50% の疲労感の¨ケース (※に於ける)¨〔 ※=全ての患者さん(がん以外の病気も含めて) 〕の原因は、☆ではない〔 ☆=患者さんがかかっている病気や、その他の身体的な理由 〕。   不安、及び、うつ状態が、最も高頻度の心理的な¨不調 ※ ¨である〔 ※←疲労感の原因となる 〕。

うつ状態は、※となることがある【 ※=能力を低下させる¨病気 ☆ ¨〔 ☆←がんの患者さんの約 15%〜 25% に影響する 〕 】。   ¨(〔※〕の時は→≫ )¨〔 ※=患者さんがうつ状態(興味の喪失、集中の困難、精神的・身体的な疲れ、希望喪失の感情)を経験する〕、≫身体的な原因からくる疲労感は悪化し、通常よりも長く続くことがある、¨(〔☆〕でさえも )¨〔 ☆=身体的な原因が消失した後 〕。   ¨不安や恐れ ※¨〔 ※←がんの診断に伴う 〕、その☆への影響、は心理的なストレスの原因となる〔 ☆=身体的、精神的、社会的、経済的、などの事情 〕。   ¨苦悩 ※ ¨〔 ※←がんであると診断されたことからくる 〕は¨全て ☆ ¨であることがある〔 ☆←疲労感発生の引き金をひくのに必要である 〕。

精神的な能力要因

注意力スパンの減少、理解や考察の困難は、しばしば、疲労感に伴う。 注意力の問題は、一般的である¨(〔※〕の間や後に )¨〔 ※=がんの治療 〕。   注意力は、回復可能なことがある¨(〔※〕により )¨〔※=休息を促進するような活動 〕。   睡眠も、※のために必要であるが、それで常に充分であるとは限らない〔 ※=注意力の問題を解決する 〕。

睡眠障害と不活性

妨害された睡眠、夜間の睡眠不足、昼間の過度の睡眠、昼間の不活動は※に貢献することがある〔 ※=がんに関連する疲労感 〕。   ¨患者さん ※ ¨は、より高いレベルのがんに関連する疲労感を表明する〔 ※←昼間に、より不活性であったり、夜間に頻繁に目が覚める 〕。

薬の影響

¨薬 ※ ¨〔 ※←化学療法に使用されているのではない 〕も疲労感に貢献することがある。 ¨オピオイド ※ ¨〔 ※←がんに関連する痛みの治療に使用される 〕は、しばしば眠気の原因となる(その程度は、個人差がある)。 その他のタイプの¨薬 ※ ¨〔 ※←三環系の抗うつ剤や抗ヒスタミン剤、など 〕も眠気の副作用をもつ。 いくつかの薬を服用することで、疲労感症状が悪化することがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

疲労感の評価


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

全般論

※を決定するためには、患者さんの疲労感のパターンを決め、全ての¨要因 ☆ ¨を同定する必要がある〔 ※=疲労感の原因、及び、最良の治療法 〕〔 ☆←疲労感の原因となっている 〕。   以下の要因が検討されるべきである。

◇疲労感の¨パターン ※ ¨【 ※=いつどのように始まったか、どのくらい続いているか、重症度、その他のあらゆる¨要因 ☆ ¨〔 ☆←疲労感を悪化させたり、改善させる 〕 】。
◇※、及び、☆のタイプ、及び、程度〔 ※=病気そのもの 〕〔 ☆=治療に関連する症状( 複数 )や副作用 〕。
◇治療を受けた経歴
◇現在投与を受けている薬
◇睡眠や休息のパターン、及び、リラックスの習慣
◇食事の習慣、食欲、体重変化
◇疲労感が※に与えている影響〔 ※=毎日の生活での活動、ライフスタイル 〕
◇心理的なプロフィール(うつ状態に関する評価など)
◇完璧な¨身体検査 ※ ¨【 ※←☆の評価を含む〔 ☆=歩行パターン、姿勢、関節の動き 〕 】
◇患者さんが勧められた治療を実際にどの程度実施可能か。
◇仕事のパフォーマンス
◇経済的な資源
◇その他の要因(例えば、貧血、呼吸の問題、筋力の低下)

基底にある¨要因 ※ ¨〔 ※←疲労感に貢献する 〕は評価し、可能であれば治療する。 疲労感に貢献する要因としては※などがある【 ※=貧血、うつ状態、不安、痛み、脱水症状、栄養障害、鎮静剤、¨治療剤 ☆ ¨〔 ☆←あまり忍容できない副作用を持つ 〕 】。   患者さんは、医者に話すこと¨(〔※〕の時に )¨〔 ※=疲労感を経験する 〕。   また、¨情報 (※に関する)¨を求めること〔 ※=基底にある原因に関連する疲労感や治療の副作用 〕。

貧血の評価

貧血には、さまざまな種類がある。 病歴、身体検査、血液検査、などが、※のために使われることがある【 ※=☆を決める〔 ☆=貧血の種類や程度 〕 】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

治療の全般論

¨治療 ※ ¨〔 ※←がんの患者さんに於ける疲労感に対する 〕の大部分は、☆や § である〔 ☆=症状の治療 〕〔 §=感情面でのサポート 〕。   何故なら、※だからである【 ※=疲労感の¨原因 ☆ ¨は、未解明である〔 ☆←がんに特異的に関連している 〕 】。

上記のような、症状に対する治療としては、以下のようなことを含むことがある:
◇鎮痛剤の投与量の調整
◇赤血球や血液細胞成長因子の輸血
◇鉄分やビタミンを食事サプリメントとして使用
◇抗うつ剤、精神刺激剤の投与

精神刺激剤の投与

¨(〔※〕だが→≫ )¨〔 ※=疲労感はがんに於ける最も高頻度の症状の一つである 〕、≫疲労感に対して有効な薬は少ない。 ※が少量で処方されることがある【 ※=¨患者さん ☆ ¨の助けとなるような薬〔 ☆←うつ状態、鈍感となっている、疲れている、混乱している、弱くなっている 〕 】。   これらの薬(精神刺激剤)は、※を与えることがある〔 ※=気分の良さ、疲労感の軽減、食欲の増加 〕。   このような薬は、※にも役に立つし、速効性がある〔 ※=モルヒネの鎮静効果をうち消す 〕。

しかし、これらの薬も、※の原因となることがある〔 ※=眠気、多幸感、気分の変化 〕。   また、高用量や長期間の使用によって、※が起きることがある〔 ※=食欲低下、悪夢、不眠、多幸感、偏執狂的な行動、心臓障害のリスク 〕。

貧血の治療

¨疲労感 ※ ¨〔 ※←貧血に関連する 〕の治療には、赤血球輸血が含まれることがある。 輸血は貧血の効果的な治療法であるが、輸血に伴うリスクがある副作用としては※がある〔 ※=感染、直後の輸血反応、移植片対宿主病 (*)、免疫の変化 〕。   ¨患者さん ※ ¨〔 ※←化学療法を受けている 〕に於ける、貧血に伴う疲労感の治療法には、¨治療薬 ☆ ¨も含まれることがある〔 ☆←血液細胞の産生を刺激するもの( epoetin alfaなど) 〕。

(*)mougitaro 注:輸血されて患者さんの体内に入った細胞が、患者さんの正常組織を攻撃することです。

運動

運動(軽度〜中等度のウォーキングプログラムなど)は、多くのがんの患者さんに助けとなる。 がんの患者さんが運動をすることで、※が改善することがある〔 ※=身体的な活力、食欲、機能能力、生活の質、展望感、気分の良さ、やる気、がんやがんの治療というチャレンジに向かう能力 〕。

運動は、進行性のがんのケースでも助けになることがある。 より多くの利益が得られることがある、¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=家族メンバーが患者さんと共に運動療法に参加する 〕。

活動、及び、休息

どのような¨変化 (※に於ける)¨〔 ※=日常のきまった作業 〕も、余分なエネルギーを必要とする。 がんの患者さんは、優先順位をつけて、合理的なスケジュールを維持する必要がある。 医療専門家は、患者さんの助けになることができる¨(〔※〕により )¨【 ※=¨情報 ☆ ¨〔 ☆←日常の活動や仕事を援助するサポートサービスに関する 〕を提供すること 】。   活動、及び、休息のプログラムを、医療専門家と共に作成することができる¨(〔※〕を目的として )¨〔 ※=患者さんのエネルギーを最大限に活用すること 〕。   ¨睡眠習慣 ※ ¨を練習することで、睡眠を改善し、昼間により多くの活動が可能になることがある〔 ※=睡眠時以外には横にならない、1 時間以内の短い昼寝をする、睡眠中の気をそらす音(テレビ、ラジオ)を制限する、など 〕。

患者さんの教育

がんの患者さんでの疲労感の治療とは、その状況を受け入れることと、それと戦う方法を知ることである。 患者さんのなかには、疲労感が慢性の能力低下となるケースもある。 ¨(〔※〕だが→≫ )¨〔 ※=疲労感はしばしば、予想されるもので、治療の一時的な副作用である 〕、≫患者さんは、☆を習うべきである〔 ☆=疲労感を管理する方法 〕。   患者さんは、以下のことを教えられるべきである:
◇疲労感とうつ状態の違い
◇疲労感の原因となる可能性があるもの(水分の不足、電解質のアンバランス、呼吸の問題、貧血)
◇患者さんの休息、及び、活動パターンを観察する。
◇注意力を回復する活動を行う(ウォーキング、園芸、バードウォッチング)
◇¨疲労感 ※ ¨〔 ※←特定の治療の副作用としての 〕を認識する。
◇実際的な運動プログラムに参加する。
◇¨活動 ※ ¨〔 ※←疲労感の原因となる 〕をはっきりさせ、¨方法 ☆ ¨を工夫する〔 ☆←このような活動を避けたり修正したりするための 〕。◇環境的、又は、活動上の¨変化 ※ ¨を見つける〔 ※←疲労感を軽減するために役立つような 〕。
◇十分に食事したり、十分な水分をとることの重要性
◇理学療法が、神経や筋肉の弱まりに対する助けになることがある。
◇呼吸療法が、呼吸問題に対する助けになることがある。
◇重要な日常活動を、疲労感がより少ない時間にするようスケジュールすること、及び、重要でなく、ストレスの原因となるような活動をキャンセルする。
◇ストレスの原因となるような状況を避けたり、変える。
◇※を観察する〔 ※=疲労感軽減のための治療が効果を示しているかどうか 〕。



(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療完了後の疲労感について


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

このセクションは、¨患者さん ※ ¨〔 ※←がんの治療を少なくとも 6 ヶ月間受けていない 〕のためである。 疲労感の原因は異なる¨(〔※〕の間で )¨【 ※=¨患者さん ☆ ¨と¨患者さん § ¨〔 ☆←現在治療を受けている 〕〔 §←治療を完了した 〕 】。   同様に、疲労感に対する治療法も¨患者さん ※ ¨の場合には異なることがある〔 ※←がんの治療をもはや受けていない 〕。

¨人々 ※ ¨での疲労感は、¨患者さん ☆ ¨での疲労感とは異なる状況である〔 ※←がんの治療を完了し、がんなしであると見なされる 〕〔 ☆←治療を受けている 〕。   疲労感は、顕著に¨生活の質 (※の)¨〔※=がんを乗り越えた人たち 〕に影響することがある。 研究は示す¨何を? ※ ¨【 ※←一部の患者さんでは☆ことがある〔 ☆=骨髄移植の後、最高 18 年間の間、中等度から重症の疲労感を持ち続ける 〕 】。   tamoxifen のような長期治療も、疲労感の原因となることがある。 疲労感は、何年も後に学業成績の低下の原因となることがある¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=脳腫瘍の治療を受け、治癒した小児の患者さん 〕。   長期のフォローアップケアが重要である¨(〔※〕のために )¨〔 ※=がんの治療を受けた後の患者さん 〕。   身体的な原因を除外すべきである¨(〔※〕の時には )¨〔 ※=がんを乗り越えた人たちに於ける疲労感の原因を見つけようとする 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

原資料更新時期


2006年1月12日