目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

症状名=抑うつ症( Depression )


資料 A


資料名=PDQ('06/ 4)


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ

原始資料の更新時期=January 20, 2006

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

抑うつ症は※である【・※←能力を低下させる¨状態 {※ところの}¨【:※←影響する【∵*に |*← 15% から 25% のがんの患者さん∵】:】・】。   それは影響する【・*に |*←男性にも女性にも同等に・】。   ¨人たち {※ところの}¨【・※←直面する【:*に |*←がんという診断:】・】は経験するであろう【・*を |*←さまざまなレベルのストレスや心理的な不調・】。   重要な¨事項 {☆に於ける}¨【・☆←がんの患者さんの生活・】は¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←以下のこと:】・】:

◇死の恐怖
◇人生設計の中断
◇¨変化 {☆に於ける}¨【・☆←身体イメージや自己尊敬・】
◇¨変化 {☆に於ける}¨【・☆←社会的な役割やライフスタイル・】
◇金銭的、又は、法的な心配事

¨全ての人 {※ところの}¨【・※←がんであると診断された・】は反応するであろう【・*に |*←これらの事項・】【・*で |*←それぞれの人により異なるやりかた・】、そして、¨※¨ことがある【・※←経験しない【:*を |*←重症の抑うつ症や不安:】・】。

【・*と同様に…|*←患者さんが評価を受ける【:*について |*←抑うつ症:】【:*の間 |*←治療:】・】、家族さんでケアする人についてもそうである。 ケアする人たちは知られている【・*ことが |*←経験する【:*を |*←はるかに多くの不安や抑うつ症:】【:*よりも |*←¨人々 {※ところの}¨【∵※←がんの患者さんのケアをしていない∵】:】・】。

¨※¨が存在している【・※←¨誤解( 複数 ) {☆についての}¨【:☆←がんや人々がどのようにがんと戦うか:】・】。   以下のようなものである:
◇全ての¨人々 {☆を有する}¨【・☆←がん・】は抑うつ症になる。
◇¨抑うつ症 {☆に於ける}¨【・☆←がんの患者さん・】は正常なものである。
◇治療は助けない【・*を |*←抑うつ症・】。
◇全てのがんの患者さんは直面する【・*に |*←苦しみや痛みを伴う死・】。


悲しみは※である【・※←正常な¨反応 {☆に対する}¨【:☆←¨難局( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←がんに関連して直面する∵】:】・】、そして、経験されるであろう【・*により |*←時々、全ての人・】。   【・*であるから…|*←悲しみは一般的なものである・】、¨※¨は重要である【・※←区別する【:*の間で |*←正常なレベル( 複数 )の悲しみや抑うつ症:】・】。   一つの重要な¨部分 {☆の}¨【・☆←がんのケア・】は※である【・※←¨認識 {☆の}¨【:☆←¨抑うつ症 {※ところの}¨【∵※←治療を必要とする∵】:】・】。   いくらかの人々は¨※¨ことがある【・※←持つ【:*を |*←より多くの¨困難 {☆に於ける}¨【∵☆←がんという診断への適応∵】:】・】【・*よりも |*←他の人たち・】。   重大な抑うつ症は¨※¨ ではない 【・※←単なる悲しみや暗い気分(の否定)・】。   重大な抑うつ症は影響する【・*に |*←約 25% の患者さん・】、そして、示す【・*を |*←一般的な¨症状( 複数 ) {※ところの}¨【:※←診断でき、治療できる:】・】。   ¨症状( 複数 ) {☆の}{※ところの}¨【・☆←抑うつ症・】【・※←当該患者さんががんと診断された時点で気づかれる・】は、¨※¨ことがある【・※←¨徴候である {※という}¨【:※←当該患者さんは持っていた【∵*を |*←抑うつ症の問題∵】【∵*の前に |*←がんであるという診断∵】:】・】。

全ての患者さんは周期的に経験するであろう【・*を |*←悲しみの反応・】【・*の間中 |*←診断、治療、がんの克服・】。   【・*の時に…|*←人々が見つける¨何を? ※ ¨【:※←彼らががんを有していること:】・】、彼らはしばしば持つ【・*を |*←¨感情 {☆の}¨【:☆←信じられない、否定、絶望:】・】。   彼らはまた、¨※¨ことがある【・※←経験する【:*を |*←睡眠困難、食欲喪失、不安、将来に関する危惧の先入観:】・】。   これらの症状( 複数 )や恐怖( 複数 )は通常、減少していく【・*に従い…|*←当該患者さんが診断に適応していく・】。   ¨徴候 {※という}¨【・※←患者さんが適応した【:*に |*←がんであるとの診断:】・】は含む【・*を |*←¨能力 {☆のための}¨【:☆←維持する【∵*を |*←日常生活の活動への積極的な参加∵】:】| -AND- |¨能力 {☆のための}¨【:☆←続けていく【∵*を |*←機能を果たすこと【::*として |*←配偶者、親、従業員、など::】【::*により |*←治療を自分自身のスケジュールに組込むこと::】∵】:】・】。

【・もし*なら…|*←家族メンバー、又は、患者さん自身が¨※¨ことができる【:※←自由に表現する【∵*を |*←感情∵】| -AND- |効果的に問題を解決できる:】・】、患者さん自身も家族メンバーも持つ【・*を |*←より少ない抗うつ症・】。   家族内の良好なコミュニケーションは軽減する【・*を |*←不安・】。   ¨患者さん {※ところの}¨【・※←診断に適応できない【:*の後に |*←長期間:】| -AND- |通常の活動への興味を失う・】は¨※¨ことがある【・※←抑うつ症になる・】。

軽度の¨症状 {☆の}¨【・☆←抑うつ症・】も¨※¨ことがある【・※←やっかいである・】、そして、¨※¨ことがある【・※←助けになる【:*が |*←カウンセリング:】・】。   ¨患者さん {☆がない}¨【・☆←抑うつ症の明瞭な症状・】でも¨※¨ことがある【・※←助けられる【:*により |*←カウンセリング:】・】。   しかし、【・*の場合…|*←症状が強く、長期にわたる、又は、繰り返して起きる・】、
より強い治療が重要である。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

診断


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

¨症状( 複数 ) {☆の}¨【・☆←重症の抑うつ症・】は以下を含む:
◇持つこと【・*を |*←抑うつされた気分・】【・(程度)| 1 日のほとんどの時間、及び、ほとんどの日に・】
◇¨喪失 {☆の}¨【・☆←¨楽しみや興味 {☆に於ける}¨【:☆←ほとんどの活動( 複数 ):】・】
◇¨変化 {☆に於ける}¨【・☆←食事や睡眠の習慣・】
◇神経質、又は、不活発
◇疲労感
◇¨感情 {☆という}¨【・☆←自分は無価値である・】や不適当な罪悪感
◇集中力低下
◇恒常的な¨考え {☆の}¨【・☆←死亡や自殺・】


【・*のためには… |*←抑うつ症であると診断する・】、上記のような症状( 複数 )が¨※¨べきである【・※←少なくとも 2 週間以上続く・】。   抑うつ症であるとの診断は¨※¨ことがある【・※←難しい【:*に於いて |*←がんの患者さん:】・】【・*のために |*←¨困難性 {☆の}¨【:☆←区別すること【∵*を |*←抑うつ症の症状と薬物治療の副作用やがん自体の症状∵】:】・】。   このことは特にそうである【・*に於いて |*←¨患者さん {※ところの}¨【:※←がんの治療を現実に受けている| -OR- |進行性の病気を有している:】・】。   ¨症状 {☆のような}¨【・☆←罪悪感、無価値の感情、自殺思考、楽しみの喪失・】は※である【・※←最も有用【:*に於いて |*←診断する【∵*を |*←がんの患者さんでの抑うつ症∵】:】・】。

いくらかの¨人たち {☆を有する}¨【・☆←がん・】は¨※¨ことがある【・※←持つ【:*を |*←より高い¨リスク {☆の}¨【∵☆←抑うつ症を発症する∵】:】・】。   ¨原因 {☆の}¨【・☆←抑うつ症・】は不明である、しかし、¨リスク要因 {☆の}¨【・☆←抑うつ症を発症すること・】は知られている。   リスク要因( 複数 )は¨※¨ことがある【・※←がんに関連していることも関連していないことも・】。

◇がんに関連したリスク要因:
‥¨抑うつ症 {☆の時点での}¨【・☆←がんの診断・】
‥コントロール不足の痛み
‥進行性の¨ステージ {☆の}¨【・☆←がん・】
‥その他の人生の¨イベント {※ところの}¨【・※←ストレスの原因となる・】
‥増加しつつある身体的障害や痛み
‥膵臓がん
‥結婚しておらず、持っている【・*を |*←頭頸部がん・】
‥¨治療 {☆による}¨【・☆←一部の化学療法剤( 複数 )・】


◇がんに関連していないリスク要因
‥以前の抑うつ症
‥家族サポートの欠如
‥家族の¨履歴 {☆の}¨【・☆←抑うつ症・】
‥以前の自殺の試み
‥アルコール中毒や薬物中毒の前歴
‥持っていること【・*を |*←同時に多くの¨病気 {※ところの}¨【:※←抑うつの症状を起こさせる:】(心臓発作など)・】


¨評価 {☆の}¨【・☆←¨抑うつ症 {☆に於ける}¨【:☆←がんの患者さん:】・】は含むべきである【・*を |*←当該患者さんの病気に関する考えかた| -AND- |病歴| -AND- |当該患者さん、又は、家族の抑うつ症の前歴| -AND- |現在の精神状況| -AND- |身体的状況| -AND- |治療や病気の合併症| -AND- |患者さんの人生に於けるその他のストレス| -AND- |患者さんが得ることのできるサポート・】。

自殺思考は、実際に起きた場合、※である【・※←恐ろしいもの【:*にとって |*←患者さん、医療従事者、家族:】・】。

(以下、自殺思考に関する説明がされていますが、概略ご紹介を省略します。 原文をお読みください)

調べること【・*を |*←自殺思考の真剣性・】は重要である。 それが真剣であると考えられる場合、患者さんは¨※¨べきである【・※←照会される【:*に |*←精神科医、又は、精神分析医:】・】、そして、患者さんの安全が¨※¨べきである【・※←確保される・】。

最も一般的なタイプの¨抑うつ症 {☆に於ける}¨【・☆←がんの患者さん・】は※と呼ばれるタイプである【・※←反応性の抑うつ症・】。   これは現れる【・*として |*←ふさぎこみ、そして、通常の活動ができないこと・】。   当該症状は続く【・(程度)|より長く、より顕著に【:*よりも |*←正常で予期される反応:】・】、しかし、合致しない【・*には |*←重症の抑うつ症の基準・】。   【・*の場合…|*←これらの症状が大きく妨害する【:*を |*←患者さんの日常活動(仕事、学業、買い物、家事、など):】・】、これらは¨※¨べきである【・※←治療される【・*と同じ方法で |*←重症の抑うつ症が治療される・】(危機介入、カウンセリング、¨薬物治療 {特に☆による}¨【・☆←¨治療薬( 複数 ) {※ところの}¨【:※←迅速にやっかいな症状を解消できる∵】:】)・】。   診断を基づかせること【・*のみに |*←これらの症状( 複数 )・】は¨※¨ことがある【・※←問題的・】【・*に於いて |*←¨患者さん {☆を有する}¨【:☆←進行性のがん:】・】、【・*であるから…|*←当該病気が¨※¨ことがある【:※←引き起こしている【∵*を |*←機能低下∵】:】・】。   ¨※¨は重要である【・※←認識する【:*を |*←¨差 {☆の間の}¨【∵☆←疲労感と抑うつ症∵】:】・】、【・*であるから…|*←左記の 2 つは、別々に評価され、治療されることができる・】。   【・*に於いては… |*←より進行した抑うつ症・】、¨集中してしまうこと {☆へ}¨【・☆←絶望、罪悪感・】、全的な¨喪失 {☆の}¨【・☆←生活の楽しみ・】は、有用である【・*に於いて |*←抑うつ症の診断・】。

医療要因が¨※¨ことがある【・※←原因となる【:*の |*←がんの患者さんでの抑うつ症:】・】。   薬物治療は通常、助ける【・*を |*←このタイプの抑うつ症・】【・(程度)|カウンセリングよりも効果的に・】、【・特にもし*なら…|*←医療要因を変えることができない(例えば、¨投与量 {☆の}¨【:☆←¨薬物治療 {※ところの}¨【∵※←抑うつ症の原因となっている∵】:】は変えたり中止できない)・】。

いくつかのメディカルな¨原因( 複数 ) {☆の}¨【・☆←¨抑うつ症 {☆に於ける}¨【:☆←がんの患者さん:】・】は含む【・*を |*←コントロールされていない痛み|-OR-|異常なレベルの血液中のカルシウム、ナトリウム、カリウム| -OR- |貧血| -OR- |ビタミン B12 や葉酸の欠乏| -OR- |発熱| -OR- |異常なレベルの血液中の甲状腺ホルモンやステロイド・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

薬による治療

重症の抑うつ症は¨※¨ことがある【・※←治療される【:*により |*←¨併用 {☆の}¨【∵☆←カウンセリングと治療薬(抗うつ剤( 複数 ))∵】:】・】。   プライマリケアの医者は¨※¨ことがある【・※←処方する【:*を |*←抑うつ症に対する治療薬:】、そして、照会する【:*を |*←当該患者さん:】【:*へ |*←精神科医:】【:*の理由から |*←以下のいずれか:】・】:

◇医者、又は、腫瘍専門医は満足して¨※¨ことができない【・※←治療する【:*を |*←抑うつ症:】(例えば、患者さんが持つ【:*を |*←自殺思考:】)・】。
◇抑うつ症の症状が改善しない【・*の後に |*←治療の 2 から 4 週間・】。
◇症状が悪化している。
◇当該治療薬の副作用のため、患者さんが受けることができない【・*を |*←抑うつ症をコントロールするのに必要な投与量・】。
◇症状が妨害している【・*を |*←患者さんの¨能力 {☆のための}¨【:☆←治療を続ける:】・】。

抗うつ剤は通常有効である【・*に於いて |*←¨治療 {☆の}¨【:☆←抑うつ症、及び、その症状( 複数 ):】・】。   しかし実際には、抗うつ剤は¨※¨ しない 【・※←しばしば処方される【:*のために |*←がんの患者さん:】(の否定)・】。   約 25% のがんの患者さんは抑うつ状態にあるのに対し、わずかに 16% の患者さんが受ける【・*を |*←抑うつ症に対する治療薬・】。

¨選択 {☆の}¨【・☆←抗うつ剤・】は依存する【・*に |*←患者さんの症状、抗うつ剤の潜在的な副作用、患者さんの個別のメディカルな問題点、及び、以前の¨反応 {☆に対する}¨【:☆←抗うつ剤:】・】。

抗うつ剤の使用に関する FDA の警告
FDA は発行した【・*を |*←¨警告 {※という}¨【:※←¨患者さん {※ところの}¨【∵※←服用している【::*を |*←¨抗うつ剤 {☆のような}¨【∵:☆← fluoxetine (Prozac), sertraline (Zoloft),paroxetine (Paxil), fluvoxamine (Luvox), citalopram (Celexa), escitalopram (Lexapro), bupropion (Wellbutrin), venlafaxine (Effexor), nefazodone (Serzone), mirtazapine (Remeron) ∵:】::】∵】は注意深くモニターされる必要がある【∵*について |*←抑うつ症や自殺思考の悪化の徴候∵】:】・】。   FDA はまた、指示した【・*に |*←抗うつ剤の全てのメーカー・】【・*ことを |*←各社の製品のラベルを変更して、含める【:*を |*←¨枠入りの警告、及び、より詳細な警告声明 {☆に関する}¨【∵☆←¨増加 {☆の}¨【::☆←¨リスク {☆の}¨【∵:☆←抗うつ剤での治療を受けている小児や青年での自殺思考や行動∵:】::】∵】:】・】。   患者さん投薬ガイドも¨※¨べきである【・※←与えられる【:*に |*←¨患者さん {※ところの}¨【∵※←抗うつ剤の投与を受けている∵】:】・】【・*のために |*←警告する【:*について |*←左記のようなリスク:】|-AND-|提案する【:*を |*←可能な事前注意:】・】

セント・ジョーンズ・ワート(St John's Wort:セイヨウオトギリソウ)
これは使用されてきた【・*として |*← OTC での¨サプリメント {☆のための}¨【:☆←気分の亢進:】・】。   米国では、食事サプリメントは規制される【・*として |*←食物・】【・*としてではなく |*←薬・】。   FDA は求めない【・*を |*←サプリメントの発売前の認可取得・】。   【・*であるから…|*←¨※¨が存在 しない 【:※←¨基準 {☆のための}¨【∵☆←製品製造の一貫性、用量、純度∵】(否定):】・】、セント・ジョーンズ・ワートの安全性は未知である。

FDA は発行した【・*を |*←¨警告 {※という}¨【:※←顕著な薬品相互作用が起きる【∵*の間に |*←セント・ジョーンズ・ワートとindinavir (HIV 感染の治療薬)∵】:】・】。   【・*の場合…|*←セント・ジョーンズ・ワートと indinavir とが同時に服用された・】、indinavir の有効性は低下する。

¨患者さん {☆を有する}¨【・☆←抑うつ症の症状・】は¨※¨べきである【・※←評価を受ける【:*により |*←医療専門家:】・】、そして、¨※¨べきで ない 【・※←自己治療する【:*により |*←セント・ジョーンズ・ワート:】・】。   セント・ジョーンズ・ワートは勧められない【・*のために |*←重症の¨抑うつ症 {☆に於ける}¨【:☆←がんの患者さん:】・】。

大部分の抗うつ剤は必要とする【・*を |*← 3〜 6 週間・】【・*までに |*←効果が現れる・】。   個々の薬の副作用が¨※¨べきである【・※←考慮される・】【・*の場合 |*←決定する【:*を |*←どの薬を使用するか:】・】。   例えば、¨薬 {※ところの}¨【・※←引き起こす【:*を |*←眠気:】・】は、¨※¨ことがある【・※←助けになる【:*に |*←不安があり睡眠障害がある患者さん:】・】【・*であるから…|*←当該薬は静穏効果や鎮静効果がある・】。   ¨患者さん {※ところの}¨【・※←錠剤を飲み込めない・】は¨※¨ことがある【・※←使用できる【:*を |*←液体や注射の薬:】・】。   【・もし*なら…|*←抗うつ剤が軽減する【:*を |*←症状:】・】、当該薬による治療は続けるべきである【・(期間)|少なくとも 6 ヶ月間・】。   電気けいれん療法(ECT)は※である【・※←有用で安全な治療法・】【・*の場合 |*←他の治療法が非成功的であった【:*に於いて |*←重症の抑うつ症の軽減:】・】。

心理療法による治療

いくつかの心理学的な治療法は示されている【・*であると |*←助けになる【:*に於いて |*←¨治療 {☆の}¨【∵☆←¨抑うつ症 {☆に関連した}¨【::☆←がん::】∵】:】・】。   大部分の¨治療プログラム {☆のための}¨【・☆←抑うつ症・】は実施される【・*の間 |*← 4 から 30 時間・】、そして、提供される【・*に於いて |*←個人、及び、グループの環境・】。   それらは¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←¨セッション {☆についての}¨【∵☆←がんに関する教育、及び、リラクゼーション法∵】:】・】。   これらの治療法はしばしば使用される【・(やりかた)|併用して・】、そして、含む【・*を |*←危機介入、心理療法、思考 / 行動技術・】。   患者さんは探求する【・*を |*←¨方法( 複数 ) {☆のための}¨【:☆←悩みを軽減する| -AND- |対応し問題を解決するスキルを改善する| -AND-|サポートを求める| -AND- |ネガティブな思考から形成し直す| -AND- |協力的な医療ケア提供者との密接な個人的連携を確立する:】・】。   ¨※¨すること【・※←宗教メンバーと話す・】は¨※¨ことがある【・※←助けになる【:*のために |*←いくらかの患者さんたち:】・】。

具体的な¨目的 {☆の}¨【・☆←これらの治療法・】は含む【・*を |*←以下・】:

◇助力する【・*を |*←¨患者さん {※ところの}¨【:※←がんであると診断された:】| -AND- |彼らの家族メンバー・】【・*により |*←答える【:*に |*←¨質問( 複数 ) {☆に関する}¨【∵☆←病気、及び、治療∵】:】・】【・¨*¨しつつ|*←説明する【:*を |*←情報:】| -OR- |訂正する【:*を |*←誤解:】| -OR- |状況について安心してもらう| -OR- |探求する【:*と共に |*←患者さん:】【:*を |*←当該診断が関連する【∵*に |*←以前のがんに関する経験∵】:】・】。
◇助力する【・*に |*←問題解決・】、改善する【・*を |*←患者さんの対応スキル・】、助ける【・▽が¨§¨するように|▽←患者さんや家族メンバー|§←開発する【:*を |*←更なる対応スキル:】・】。   探求する【・*を |*←その他のストレスの領域(家族メンバーの役割やライフスタイルの変化など)・】、勇気づける【・▽が¨§¨するように|▽←家族メンバーたち|§←互いにサポートし、関心事を共有する・】。
◇確実にする¨何を?→『 』¨『 患者さん、及び、家族メンバーが理解する¨何を? ※ ¨【・※←サポートは続く【:*の時に…|*←治療の焦点が変化する【∵*から |*←がんの治癒∵】【∵*へ |*←症状の緩和∵】:】・】 』。   治療チームは¨※¨であろう【・※←治療する【:*を |*←症状( 複数 ):】【:*のために |*←助ける【∵▽が¨§¨するように|▽←患者さん|§←痛みをコントロールし、快適にとどまる∵】:】・】 -AND- 【・※←助ける【:▽が¨§¨するように|▽←患者さんや家族メンバー|§←保持する【∵*を |*←尊厳∵】:】・】。

がん支援グループも¨※¨ことがある【・※←助けになる【:*に於いて |*←治療する【∵*を |*←がんの患者さん(とくに青年)での抑うつ症∵】:】・】。   支援グループは示されている【・*と |*←改善する【:*を |*←気分:】| -AND- |勇気づける【:*を |*←対抗スキルの開発:】| -AND- |生活の質の改善| -AND- |改善する【:*を |*←免疫応答:】・】。

最近の¨研究 {☆に関する}¨【・☆←¨心理療法 {☆に於ける}{ § を含む}¨【:☆←がんの患者さん:】【:§←問題解決の訓練:】・】は示している¨何を?→『 』¨『 心理療法は助けになる【・*に |*←抑うつの感情の軽減・】 』。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

以下の項目は概略ご紹介を省略


(PDQには以下に数項目の記述がありますが、それらの項目のご紹介は省略します。 必要なかたは、PDQ のホームページから原文をご参照ください)

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ

********************
当ファイルの目次ページへ