目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

支援治療トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料名=PDQ('06/ 03)


PDQ Supportive Care Summaries のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ

原資料更新時期=October 6, 2005

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

イントロダクション


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

不安は、※である【 ※=¨正常な反応 (☆に対する)¨〔 ☆=がん 〕 】が、それは¨ § ¨ことがある【 § =影響を与える〔 *に |* = 患者さんの生活の質、及び、¨能力 ★ ¨〈 ★ ←がんの治療を受け続けていくための 〉 〕 】。   この短いサマリーは記述する【 *を |* = ¨原因、及び、治療法 (※の)¨〔 ※=がんの患者さんが経験する不安 〕 】。   ¨不安 ※ ¨【 ※←起きることがある〔 *の後に |* = がんの治療が完了した 〕 】についても記述している。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

不安は※である〔 ※=がんに対する正常な反応 〕。   人は¨※¨ことがある【 ※=不安を経験する〔 *の間に |* = がん検診を受けている| -OR- |検査結果を待っている| -OR- |がんであるとの診断を受けている| -OR- |がんの治療を受けている| -OR- |がんの再発を想像している 〕 】。   ¨不安 ※ ¨〔 ※←がんに伴う 〕は¨※¨ことがある〔 ※=痛みの感じを強くする| -OR- |睡眠する能力に影響する| -OR-|吐き気や嘔吐を起こす| -OR- |患者さんや家族さんの生活の質に影響する 〕。   〔 もし*なら…|* = 不安が治療されないままにされる 〕、重症の不安は¨※¨ことさえある〔 ※=患者さんの生存期間を短くする 〕。

がんの患者さんは見出すであろう¨何を? ※ ¨【 ※←自分の不安に対する感じが増減する〔 *により |* = 異なる時間 〕 】。   患者さん¨※¨ことがある〔 ※=より不安になる 〕〔 *に伴い…|* = がんが拡大したり、治療がよりきつくなる 〕。   不安のレベルは人により異なる。 大部分の患者さんは¨※¨ことができる【 ※=軽減する〔 *を |* = 彼らの不安 〕〔 *により |* = 自分自身の病気や予想される治療法について、より多く知ること 〕 】。   【・*の場合…|*←一部の¨患者さん ※ ¨【:※←とくに¨患者さん ※ ¨【∵※←強度の不安を感じたことがある【::*の前に |*←がんの診断::】∵】:】・】、不安の感情は¨※¨ことがある【・※←圧倒的になり、がんの治療に悪影響がある・】。   大部分の¨患者さん ※ ¨【・※←持たなかった【:*を |*←不安の状況:】【:*の前に |*←がんの診断:】・】は※しないであろう【・※←起こす【:*を |*←がんに伴う不安障害:】・】。

強度の¨不安 ※ ¨【・※←がんの治療に伴う・】は、より起きやすい【・*に於いて |*←¨患者さん ※ ¨【:※←不安障害の歴史をもつ:】や¨患者さん ※ ¨【:※←診断時に不安を経験している:】・】。   不安は、また、¨患者さん ※ ¨が経験することがある【・※←重症の痛みがある| -OR- |能力が低下している| -OR- |世話をしてくれる友人や家族メンバーが少ない| -OR- |治療があまり奏効していない| -OR- |重症の身体的、又は、精神的なトラウマの歴史がある・】。   中枢神経系への転移や肺がんは、作り出すことがある【・*を |*←身体的な¨問題 ※ ¨【:※←不安の原因となるような:】・】。   一部のがんに対する薬物療法や治療は¨※¨ことがある【・※←不安の感情を悪化させる・】。

【・*と反対に…|*←普通に考える・】、¨患者さん (※の)¨【・※←進行性のがん・】は経験する【・*を |*←不安・】【・*からではなく |*←死へのおそれ・】【・*から |*←よりしばしば、コントロールされない痛み、孤独感、他の人への依存を余儀なくされること・】。   しかし、これらの多くは軽減可能である【・*により |*←治療・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

記述、及び、原因


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

全般論

一部の人たちは¨※¨ことがある【・※←既に経験している【:*を |*←強度の不安:】【:*に於いて |*←彼らの人生:】【:*の理由から |*←がんとは無関係な原因:】・】。   これらの不安状況は、¨※¨ことがある【・※←再燃したり、悪化したりする・】【・*により |*←がんと診断されたこと・】。   患者さんは¨※¨ことがある【・※←経験する【:*を |*←極度の恐怖:】|| -OR- ||※←医療関係者からの情報を吸収できない|| -OR- ||※←治療を完了できない・】。   【・*の目的で |*←計画する【:*を |*←患者さんの不安の治療:】・】、医者は質問することがある【・*を |*←以下の¨質問 (※に関する)¨【:※←患者さんの不安に関連した症状:】・】:

◇¨※¨ことがあるか【・※←経験した【:*を |*←以下の症状:】【:*以来 |*←がんの診断、又は、治療:】・】?   いつそのような症状は起きたか? つまり、何日前?【・*の |*←治療の開始・】、夜?、特定の時間? そして、どの程度の時間続いたか?
◇※と感じたか【・※←ふるえる、神経質、緊張した、恐ろしい、懸念する・】?
◇¨※¨ねばならなかったか【・※←避ける【:*を |*←特定の場所や活動:】・】【・*の理由から |*←恐怖・】?
◇感じたか【・*を |*←心臓がどきどきしたり、速くなること・】?
◇息を整えるのが困難なことがあったか【・*の時に |*←緊張している・】?
◇経験したことがあるか【・*を |*←原因不明の発熱や震え・】?
◇経験したことがあるか【・*を |*←胃がしめつけられる感じ・】?
◇経験したことがあるか【・*を |*←喉になにか固まりがある感じ・】?
◇自分自身を見出すことがあるか【・*として |*←いらだったり、不安を感じている・】
◇恐れることがあるか【・*を |*←就寝時に目を閉じること・】【・*のために |*←¨恐れ ※ ¨【:※←睡眠中に死ぬのではないかという:】・】?
◇心配しているか【・*を |*←次回の診断、又は、その結果・】【・(時期)|何週間も前に・】?
◇突然感じたことがあるか【・*を |*←自制を失うのではないか、又は、気が狂うのではないか、という恐れ・】?
◇突然感じたことがあるか【・*を |*←死ぬのではないかという恐れ・】?
◇しばしば心配するか【・*を |*←何時痛みが戻ってくるのか、又は、痛みがどれだけ悪化するのか・】?
◇心配するか【・*を |*←次の鎮痛薬を時間通りに受けられるかどうか・】?
◇必要以上にベッドの中に留まることはあるか【・*のために |*←¨恐れ ※ ¨【:※←起きあがったり、動き回ることで、痛みが増すのではないかという:】・】。
◇混乱したり、方向感覚を失ったことがあるか【・(時期)|最近・】?


各論

不安障害には、以下のような、いくつかのタイプがある。

適応障害

適応障害は含む【・*を |*←¨行動、又は、気分 ※ ¨【:※←もっと極端な:】【:*よりも |*←がんの診断で予想される:】・】。   症状は含む【・*を |*←緊張、懸念、いらだち、仕事に行けない、学校へ行けない、他の人と一緒に居られない・】。   適応障害は※である【・※←より起きやすい【:*に於いて |*←病気の重要な時点にある患者さん:】・】。   このような時点は含む【・*を |*←病気の検査を受けている、診断を知る、病気が再発している・】。   多くの患者さんは、達成できる【・*を |*←適応障害の解決・】【・*により |*←ケアをする人が安心させる、リラクゼーション技術の実行、薬の使用、サポートや教育プログラムへの参加、など・】。

パニック障害

¨患者さん (※の)¨【・※←パニック障害・】は、経験する【・*を |*←強度の不安・】。   患者さんは経験することがある【・*を |*←息切れ、めまい、心悸亢進、震え、多量の発汗、チクチクする感じ、気が狂うのではないかという恐怖・】。   発作は続くことがあり【・*の間 |*←数分間とか数時間・】、薬で治療される。   ¨症状 (※の)¨【・※←パニック障害・】は、¨※¨ことがある【・※←非常に似ている【:*に |*←他の医療的な状態:】・】。

恐怖症

恐怖症は※である【・※←持続的な¨恐怖 (※に関する)¨【:※←一定の状況や対象物:】・】。   ¨患者さん (※の)¨【・※←恐怖症・】は通常経験し【・*を |*←不安・】、避ける【・*を |*←¨状況※ ¨【:※←彼らを恐れさせるような:】・】。   がんの患者さんは¨※¨ことがある【・※←恐れる【:*を |*←針:】・】。   彼らは¨※¨ことがある【・※←恐れる【:*を |*←狭い場所:】||-AND-||避ける【:*を |*←狭い場所での検査( MRIのような):】・】

強迫障害

¨患者さん (※の)¨【・※←強迫障害・】は持つ【・*を |*←¨執拗な考え、アイデア、イメージ ※ ¨【:※←伴う【∵*を |*←繰り返す行動∵】:】・】。   この障害がある患者さんは、¨※¨ことがある【・※←困難である【:*が |*←がんの治療をフォローすること:】・】【・*の理由で…|*←そのような患者さんは能力が低下している【:*により |*←¨考えや行動 ※ ¨【∵※←正常に機能するための能力に干渉する∵】:】・】。   強迫障害は治療される【・*により |*←薬物治療や心理療法・】。   強迫障害は※である【・※←稀【:*に於いては |*←¨患者さん ※ ¨【∵※←当該障害を経験したことがない【::*の前に |*←がんであると診断された::】∵】:】・】。

心的外傷後ストレス障害

¨診断 (※の)¨【・※←がん・】は¨※¨ことがある【・※←¨患者さん ☆ ¨【:☆←以前に、生命に関わるようなイベントを経験したことがある:】に § させる【:§←そのようなイベントに伴っていたトラウマを再度経験する:】・】。   ¨患者さん ※ ¨【・※←心的外傷後ストレス障害を有する・】は、¨※¨ことがある【・※←経験する【:*を |*←極度の不安:】【:*の前に |*←外科手術、化学療法、痛みを伴う医療行為、包帯の交換:】・】。   心的外傷後ストレス障害は治療される【・*により |*←心理療法・】。

全般性不安障害

¨患者さん (※の)¨【・※←全般性不安障害・】は¨※¨ことがある【・※←経験する【:*を |*←極度の恒常的な不安や非現実的な懸念:】・】。   例えば、¨患者さん ※ ¨【・※←サポートしてくれる家族や友人がある・】が¨※¨ことがある【・※←恐れる【:*を |*←誰もケアしてくれる人がいなくなる:】・】。   患者さんは¨※¨ことがある【・※←懸念する【:*を |*←彼らが治療代を支払えないのではないかということ:】・】【・*であるのに…|*←彼らが有する【:*を |*←十分な財政的なリソースや保険:】・】。   全般性不安障害は起きることがある【・*の後に |*←患者さんが非常にうつ状態にあった・】。   ¨人 ※ ¨【・※←全般性不安障害を有する・】は¨※¨ことがある【・※←過敏になる、落ち着かない、筋肉が固くなる、息切れ、心悸亢進、発汗、めまい、疲れやすい・】。

その他の一般的な医療条件による不安障害

がんの患者さんは¨※¨ことがある【・※←経験する【:*を |*←¨不安 ※ ¨【∵※←その他の医療条件が原因となる∵】:】・】。   ¨患者さん ※ ¨【・※←経験している【:*を |*←重症の痛み:】・】感じる【・*を |*←不安・】し、不安は¨※¨ことがある【・※←痛みを増す・】。   突然の¨出現 (※の)¨【・※←極度の不安・】は※であることがある【・※←¨症状 (※の)¨【:※←感染症、肺炎、代謝のアンバランス:】・】。   それは起こることもあり【・*の前に |*←心臓発作や肺塞栓・】、伴う【・*を |*←胸痛、又は、息苦しさ・】。

不安は※である【・※←直接、又は、間接の¨副作用 (※の)¨【:※←いくつかの薬物療法:】・】。   いくつかの薬物療法は起こすことがある【・*を |*←不安・】し、また、起こすこともある【・*を |*←落ち着かないこと、動揺、うつ状態、自殺思考、過敏、震え・】。

特定のがんは¨※¨ことがある【・※←起こす【:*を |*←不安:】| -OR- |生じる【:*を |*←不安やパニックに似た症状:】・】【・*により |*←代謝のアンバランスや息苦しさを起こすこと・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

※は難しいことがある【・※←区別する【:*の間で |*←がんに伴う正常の恐れと異常に¨重症の恐れ ※ ¨【∵※←不安障害に分類される∵】:】・】。   治療は依存する【・*に |*←不安が患者さんの日常生活にどのような影響を与えているか・】。   ¨不安 ※ ¨【・※←☆が原因となっている【:☆←痛みやその他の医療上の状況、特定のタイプのがん、薬物治療の副作用:】・】は通常コントロールされる【・*により |*←基礎にある原因を治療すること・】。

¨治療 (※の)¨【・※←不安・】は始まる【・*により |*←患者さんに十分な情報とサポートを提供すること・】。   戦う戦略を進展させること【・*のような |*←患者さんが問題解決の観点から自分のがんを見るようにする、十分な情報を得て、病気や治療選択肢を完全に理解するようにする、入手可能なリソースやサポートシステムを活用するようにする・】は、¨※¨ことの助けとなる【・※←不安を解消する・】。   患者さんは利益を得ることがある【・*から |*←その他の¨治療選択肢 (※のための)¨【:※←不安:】【:*のような |*←心理療法、グループ療法、家族療法、自己援助グループへの参加、催眠療法、リラクゼーション技術、バイオフィードバック:】・】。   薬物治療が使用されることがある【・(やりかた)|薬物治療単独で、又は、左記のような治療法との併用で・】。   患者さんは避けてはならない【・*を |*←不安解消のための薬物治療・】【・*を理由として |*←習慣性になる恐れ・】。   医者は処方するであろう【・*を |*←症状を緩和するに十分なだけの量・】、そして、減少させるであろう【・*を |*←薬の量・】【・*に応じて…|*←症状が軽減する・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

治療後の注意事項


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
PDQ Supportive Care Summaries のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

【・*の後に…|*←がんの治療が終了した・】、がんを乗り越えた人は直面することがある【・*に |*←新しい不安・】。   彼らは経験することがある【・*を |*←不安・】【・*の時に…|*←仕事に戻り、聞かれる【:*について |*←がんの経験|-OR-|直面した【∵*に |*←保険に関連した問題∵】:】・】。   彼らは恐れることがある【・*を |*←フォローアップの検査や診断テスト| -OR- |がんの再発・】。   彼らは経験することがある【・*を |*←不安・】【・*の理由から |*←身体イメージの変化、性的な不調、心的外傷後ストレス、など・】。

乗り越えプログラム、サポートグループ、カウンセリング、その他のリソースが活用可能である【・*のために |*←助ける【:*を |*←がんを乗り越えた人が生活に適応すること【∵*の後に |*←がんの経験∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ