目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

化学療法剤の併用メニュー(レジメン)トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

レジメンの名称=CAF


資料 A


資料名=CancerBACUP('06/ 4 )


CancerBACUP のホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
CancerBACUP のホームページ

Sept.5, 2005

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。CancerBACUP は、英国の有名な組織で、がんの治療やサポートのための広範囲な情報を提供しています。

********************
当ファイルの目次ページへ

治療対象の病気、レジメンの内容


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
CancerBACUP のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

治療対象の病気

◇乳がん

レジメンを構成する化学療法剤

CAF は、命名された【・*により |*←以下の¨薬 ※ ¨のイニシャル【:※←このレジメンに使用されている:】・】:
◇cyclophosphamide
◇doxorubicin ( Adriamycin )
◇5-fluorouracil ( 5FU )


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。CancerBACUP は、英国の有名な組織で、がんの治療やサポートのための広範囲な情報を提供しています。

********************
当ファイルの目次ページへ

投与方法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
CancerBACUP のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

CAF による化学療法は投与可能である【・*として |*←外来の治療・】。    【・*の前に…|*←治療を開始する・】、患者さんは血液検査を受ける必要があるであろう(当日、又は、数日前)し、医者の診察を受けるであろう。 【・もし*なら…|*←血液検査の結果が正常である・】、薬局は当該レジメンの調製を行う。 これら全てに、二、三時間必要である。

(点滴ラインのセットについては概略ご紹介を省略します)

患者さんは投与される【・*を |*←制吐剤(錠剤、又は、点滴ラインを使っての注射)・】。

化学療法剤は、その後、別々に投与される:

◇doxorubicin 注射(赤色の液体)が投与される【・*と共に |*←生理食塩水の点滴・】。
◇cyclophosphamide (無色透明の液体)が投与される【・*として |*←注射、又は、点滴・】【・*と共に |*←生理食塩水の点滴・】。   (【・*でない限り…|*←錠剤の形で 2 週間をかけて投与される・】)
◇それに続いて、5-fluorouracil (無色透明の液体)が投与される【・*として |*←点滴ラインへの注射・】。

患者さんが外来で治療を受けている場合、これで帰宅できる。 患者さんには、※が提供されるであろう〔 ※=持ち帰るための制吐剤 〕。   この制吐剤は、医者や看護婦が言う通りに服用する必要がある、¨(〔※〕であっても )¨〔 ※=患者さんが気分が悪くない 〕。   何故なら、一定の制吐剤は、吐き気の予防のほうが得意だからである¨(〔※〕よりも )¨〔 ※=吐き気が始まってからそれを止める 〕。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。CancerBACUP は、英国の有名な組織で、がんの治療やサポートのための広範囲な情報を提供しています。

********************
当ファイルの目次ページへ

投与の頻度


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
CancerBACUP のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

2 つの異なる投与スケジュールがある【・*のために |*← CAF の投与・】。   患者さんは確認することができる【・*に |*←医者、又は、看護婦・】【・*を |*←いずれの投与スケジュールがとられているのか・】。

スケジュール A

治療の最初の日に、3 つの化学療法剤(cyclophosphamide、 doxorubicin、5-fluorouracil )全てを投与する【・*により |*←注射、又は、点滴・】。   その後、患者さんは持つ【・*を |*←休薬期間(化学療法が行われない)として 3 週間・】。   これが区切りとなる【・*の |*←治療の 1 サイクル・】。

【・*に続き… |*←上記の休薬期間・】(つまり、治療開始後 3 週間で)、同じ薬( 複数 )が投与される、【・これは*を意味する|*←次の治療サイクルの開始・】。   通常、4〜 6 サイクルの治療が実施される【・*にわたり |*← 3〜 4 週間・】。   これが構成する【・*を |*←治療の 1 コース・】。

スケジュール B

治療の最初の日に、服用を開始する【・*を |*← cyclophosphamide の錠剤・】(以降、この服用を 2 週間続ける)。 同じ日(治療の最初の日)に、投与される【・*を |*←¨注射 (※の)¨【:※← doxorubicin、及び、5-fluorouracil :】・】。   1 週間後、再び投与される【・*を |*←¨注射 (※の)¨【:※← doxorubicin、及び、5-fluorouracil :】・】。   【・*の時に…|*← cyclophosphamide の服用を終了した・】(つまり、上記の注射後 1 週間)、持つ【・*を |*←休みの¨期間 (※なしの)¨【:※←化学療法:】・】【・*の間 |*←引き続く 2 週間・】。   これで終了する【・*を |*←化学療法の 1 サイクル・】。

【・*に続き… |*←休みの期間・】(つまり、最初の注射の 4 週間後)、開始する【・*を |*←次のサイクル・】。   通常 4 サイクルの治療が実施される【・*にわたり |*← 4 ヶ月間・】。   これが構成する【・*を |*←治療の 1 コース・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。CancerBACUP は、英国の有名な組織で、がんの治療やサポートのための広範囲な情報を提供しています。

********************
当ファイルの目次ページへ

起こる可能性のある副作用


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
CancerBACUP のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)

- 前書き- :

化学療法への反応は、個々の患者さんによって異なる。 一定の人は非常に少ない副作用しか持たないのに、その他の人はより多くを経験するかも知れない。 ¨副作用 ※ ¨〔 ※←以下の情報で記述されている 〕は、¨全ての人 ☆ ¨〔 ☆←この併用レジメンを投与されている 〕で起きるとは限らない。

我々は、最も一般的な副作用の概要を記述した¨(〔※〕するように )¨〔 ※=それらの副作用が起きた場合に気づくことができる 〕。   しかし、我々は※は含めなかった〔 ※=副作用の中でも稀で、患者さんに影響する可能性が低いもの 〕。   ¨(もし〔※〕なら→≫ )¨【 ※=患者さんがどのような¨影響 ☆ ¨〔 ☆←投与されている薬が原因と考えられるが、この情報に記載されていない 〕であっても経験する 】、≫医者や看護婦に連絡してもらいたい。

- 感染症への抵抗力の低下- :

この併用レジメンは、※を低下させ、患者さんが感染症にかかるリスクを増加させることがある〔 ※=骨髄による白血球の産生 〕。   この影響は、始まる¨(〔※〕の 7 日間後に )¨〔 ※=治療が実施されてから 〕、そして、最低ポイントに達する(〔※〕の 10〜 14 日間後に )¨〔 ※=治療が実施されてから 〕。   血球数は、その後、着実に増加し、通常は正常に戻るであろう¨(〔※〕の前に )¨〔 ※=次回の化学療法が実施されることになっている日 〕。

以下の場合には、医者に直ちに連絡すること:

◇体温が 38 度以上になった。
◇急に体調が悪くなった(体温が正常であっても)

患者さんは、血液検査を受けるであろう¨(〔※〕の前に )¨〔 ※=さらなる化学療法を受ける 〕。   これは、※を確認するためである〔 ※=血液細胞が回復していること 〕。   時によっては、※が必要となることがある¨〔 ※=治療を遅らせる 〕¨(〔☆〕の場合には )¨〔 ☆=血球数が未だ低い 〕。

あざや出血- :

この併用レジメンにより、血小板(血液が凝固するのを助ける)の産生が低下することがある。 医者に連絡すること¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=原因不明のあざや出血が起きた 〕。

- 貧血(赤血球数の低下)- :

この併用レジメンを受けている間、貧血になることがある。 それによって、疲労感や息苦しさを感じることがある。

- 吐き気・嘔吐- :

現在では、非常に有効な¨制吐剤 ※ ¨がある〔 ※←吐き気や嘔吐を予防したり治療するための 〕。   ※は重要である【・※←指示通りに服用する【:*を |*←これらの薬:】・】、【・*であっても…|*←吐き気を感じない・】。   これは※だからである【・※←一部の制吐剤は※である【:※←はるかに得意とする【∵*を |*←吐き気を予防すること∵】【∵*よりも |*←一旦吐き気が起きてからそれを止めること∵】
:】・】。

¨(もし〔※〕なら→≫ )¨〔 ※=吐き気が治まらない 〕、≫医者に連絡すること。 医者は他の¨制吐剤 ※¨を処方してくれる〔 ※←より効果的であると考えられる 〕。   一部の制吐剤は便秘の原因となる。 この問題が起きたら、医者や看護婦に連絡すること。

- 疲労感- :

多くの患者さんは、非常な疲労感を感じることがある¨(〔※〕に於いて )¨〔 ※=化学療法の間、とくに治療の終了近く 〕。   これは非常に高頻度の副作用であり、※することが重要である〔 ※=必要と考えるだけの休息をとるようにする 〕。

- 眼に砂が入ったような感じ、眼のかすみ- :

【・もし*なら…|*←この副作用が起きた・】、¨そのこと→『 』¨は※である【・※←重要・】『医者に連絡する』。   医者は¨※¨ことができる【・※←処方する【:*を |*←当該副作用をやわらげるための点眼剤:】・】。

- 脱毛- :

脱毛はしばしば※である【・※←全体的・】【・*の場合 |*← CAF による化学療法・】、そして、脱毛は通常始まる【・*に |*←化学療法の最初の日の 10〜 14 日後・】。   ※も薄くなったり失われたりする〔 ※=まつげ、眉毛、その他の体毛 〕。   脱毛は常に一時的なものであり、毛の成長は再開する¨(〔※〕しさえすれば )¨〔 ※=治療が終了する 〕。

頭皮冷却法は、脱毛を軽減させるための方法であり、一定の患者さんには有効であるかも知れない。 医者や看護婦に聞いてみること¨何を? ※ ¨〔 ※←治療を受けている病院でこの方法が実施可能かどうか 〕。

- 口内炎、及び、味覚の変化- :

口の中がひりひりしたり、乾燥したり、小さな潰瘍ができたりすることがある¨(〔※〕の間に )¨〔 ※=このレジメンによる治療 〕。 ※や☆によって、このことが起きるリスクを低下させることができる〔 ※=多くの水分を飲むこと 〕〔 ☆=歯磨きを、定期的に、柔らかな歯ブラシを使って行うこと 〕。   医者に言うこと¨(もし〔※〕なら )¨〔 ※=これらの問題のどれかが起きた 〕。   医者は、※を処方してくれる〔※=口内をきれいにし、感染症を防ぐための特別な口内洗浄液や薬 〕。

食物の味が異なることに気づくことがある。 しかし、正常な味覚は戻ってくる¨(〔※〕の後に )¨〔 ※=治療の終了 〕。

- 下痢- :

〔 *であっても…|* = 下痢が起きる 〕、 下痢は通常容易にコントロール可能である〔 *により |* = 薬 〕。   医者に連絡すること〔 もし*なら…|* = 下痢が重症であったり、続く 〕。   飲むように試みること〔 *を |* =1 日に 2〜 3 リットルの水分 〕〔 *のために |* = 失った分の水分を補う 〕。

- 膀胱への刺激- :

cyclophosphamide は、膀胱を刺激することがある。 ¨そのこと→『 』¨は※である【・※←重要・】『飲む【・*を |*←出来るだけ多くの水(最高 2 リットル)・】【・*に |*← cyclophosphamide の投与を受けた当日・】【・*のために |*←予防する【:*を |*←膀胱への刺激:】・】』。   医者に話してほしい【・もし*なら…|*←患者さんが持つ【:*を |*←不快感(どのようなものでも):】【:*の時に |*←排尿:】・】。

doxorubicin は赤色をしており、そのため、尿が※となることがある〔 ※=ピンクや赤色 〕。   このことは続くことがある〔 *の間 |* = 治療後、最高 24 時間 〕が、完全に正常である。

- 皮膚の変化- :

患者さんは ¨※¨ことがある 【・※…起こす -- 【・*を |*←痒みのある発疹 】┃。    担当医は ¨※¨ことができる 【・※…処方する -- 【・*を |*←薬 -- 【・*ことのために |*…助ける -- 【・*を |*←このような場合 】┃。    稀に、皮膚は ¨※¨ことがある 【・※…黒ずむ 】┃。    -- 【・もし『 』でも…|『そのようなことが起きる』】__、それは 通常元に戻る -- 【・*へ |*←正常状態-- 【・*の後に |*←治療終了後 数ヶ月間 】┃。    -- 【・*の間…|*←治療|| -AND- ||*の間…|*←治療後 数ヶ月間】__、患者さんは ¨※¨であろう 【・※…より敏感 -- 【・*に |*←日光】__、そして、皮膚は ¨※¨ことがある 【・※…より容易に日焼けする 】┃。    患者さんは それでも¨※¨ことができる 【・※…日中外出する】__、しかし、常に 付けること -- 【・*を |*←高い保護指数の日焼け止めクリーム】__、そして、カバーすること -- 【・*により |*←着衣《複数》 】┃。

- 爪の変化- :

爪《複数》は ¨※¨ことがある 【・※…¨*¨になる 【・*←もろい、欠けやすい、シワがつく 】┃。    これらの変化《複数》は ゆっくりと消失する -- 【・*にわたり |*←数ヶ月間 -- 【・『 』すれば…|『治療が終了する』】┃。

- 手のひらや足の裏の痛み・発赤- :
《時として 呼ばれる -- 【・*と |*←「手足症候群」】》

これは ¨※¨である 【・※←一時的なもの】__、そして、改善する -- 【・『 』すれば…|『治療が終了する』】 】┃。    患者さんは ¨※¨ことがある 【・※…処方される -- 【・*を |*←ビタミン B6 】__、そして、それは ¨※¨ことができる 【・※…助ける -- 【・*ことを |*…低下させる -- 【・*を |*←この副作用 】┃。

- 心臓機能の変化- :

これは ¨※¨である 【・※←非常に稀 -- 【・*の場合 |*←通常の¨用量{☆の}¨ ~ 【・☆←この化学療法レジメン】__、しかし、時として ¨※¨ことがある 【・※…起きる -- 【・『 』の場合…|『高用量が使用された』】┃。    患者さんは ¨※¨ことがある 【・※…受ける #-- 【・*を |*←検査《複数》 -- 【・*ことのために |*…調べる -- 【・*を |*…『どの程度良好に心臓が機能しているか』 -- # 【・『 』の前に…|『患者さんが 開始する -- 【・*を |*←治療】』】┃。

- 一般的な注意- :

常に 知らせること -- 【・*に |*←医者、又は、看護婦 -- 【・*について |*←(どんなものでも)¨副作用《複数》{▼ところの}¨ ~ 【・▼…患者さんが 経験している 】┃。    通常¨※¨が存在する 【・※←¨方法《複数》{▼ところの}¨ ~ 【・▼…それらの副作用《複数》をコントロールしたり改善したりできる 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。CancerBACUP は、英国の有名な組織で、ガンの治療やサポートのための広範囲な情報を提供しています。

********************
当ファイルの目次ページへ

その他の注意事項


CancerBACUP のホームページ
CancerBACUP のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

- 他の薬との併用に関する注意- :

いくつかの 他の薬《複数》は ¨※¨ことがある 【・※…服用すると有害である -- 【・『 』の時に…|『患者さんが 受けている -- 【・*を |*←化学療法』】┃。    知らせること -- 【・*に |*←医者 --【・*について |*←(どんなものでも)¨薬《複数》{▼ところの}¨ ~ 【・▼…患者さんが 服用している -- 【・*を含めて |*←¨非処方せん薬《複数》{☆のような}¨ ~ 【・☆←補充治療薬《複数》や漢方薬《複数》 】┃。

- 投与する静脈周囲の組織への漏れ- :

-- 【・もし『 』なら…|『このことが 起きる -- 【・『 』の間に…|『doxorubicin が 投与されている』】__、¨組織{☆に於ける}¨ ~ 【・☆←〔その〕領域】__は ¨※¨ことがある 【・※…ダメージを与えられる 】┃。    -- 【・もし『 』なら…|『患者さんが 感じる -- 【・*を |*←(どんなものでも)チクチク感や焼けるような感じ -- 【・*に於いて |*←〔その〕静脈の周囲 -- 【・『 』の間に…|『〔その〕薬が 投与されている』】__、直ちに話してもらいたい -- 【・*に |*←担当医、又は、看護婦 】┃。

- 子供をもうける能力- :

患者さんの¨能力{☆ことのための}¨ ~ 【・☆…妊娠する】__は ¨※¨ことがある 【・※…影響される -- 【・*により |*←この治療 】┃。    それ《『 』ということ(右記)》__は ※である 【・※←重要 【・=『ディスカスする -- 【・*について |*←子供をもうける能力 -- 【・*と |*←担当医 -- 【・*ことの前に |*…開始する -- 【・*を |*←治療』 】┃。

- 避妊について- :

それ《 §すること(右記)》__は 勧められない 【・§…妊娠する -- 【・*ことの間に |*…受ける -- 【・*を |*←この治療】__、-- 【・『 』であることから…|『胎児が影響を受けることがある』】。    それ《 §すること(右記)》__は 重要である 【・§…使用する -- 【・*を |*←効果的な避妊法 -- 【・ @ *ことの間 |*…受ける -- 【・*を |*←これらの薬《複数》】| -AND- | A *の間|*←治療終了後数ヶ月間 】┃。    ディスカスすること -- 【・*を |*←このこと -- 【・*と |*←担当医、又は、看護婦 】┃。

- 月経の不調- :

-- 【・*の理由から… |*←¨影響{☆の}{★への}¨ ~ 【・☆←化学療法 ~ 【・★←卵巣】__、月経が ¨※¨ことがある 【・※…不規則になる】__、そして、究極的には ¨※¨ことがある 【・※…停止する】┃。    -- 【・*に於いて… |*←より若年の女性《複数》】__、このことは ¨※¨ことがある 【・※…一時的】__、しかし、-- 【・もし『 』なら…|『患者さんが¨※¨である 【・※←より近い -- 【・*に |*←閉経』】__、このことは ¨※¨であることがある 【・※…恒久的 】┃。    このことは ¨※¨であろう 【・※…もたらす -- 【・*を |*←¨更年期症状《複数》{☆のような}¨ ~ 【・☆←ほてり、多汗、膣乾燥 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、CancerBACUP のホームページ へジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。CancerBACUP は、英国の有名な組織で、ガンの治療やサポートのための豊富な情報を提供しています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: CancerBACUP )(Content last reviewed = April 1st, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

cyclophosphamideの錠剤に関する注意事項


CancerBACUP のホームページ
CancerBACUP のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

◇それ《 §すること(右記)》__は 重要である 【・§…服用する -- 【・*を |*←当該錠剤《複数》 -- 【・(時)|正しい時間 】┃。    患者さんは ¨※¨ねばならない 【・※…服用する -- 【・*を |*←錠剤《複数》 -- 【・『 』の通り…|『指示された -- 【・*により |*←担当医』】 】┃。

◇-- 【・*と同様に… |*←その他の錠剤《複数》の場合】__、それ《 §すること(右記)》__は 重要である 【・§…保存する -- 【・*を |*← cyclophosphamide の錠剤《複数》 -- 【・*に |*←安全な¨場所{そこで▼ところの}¨ ~ 【・▼…子供《複数》が届かない --】__、【・『 』であることから…|『cyclophosphamide は ¨※¨ことがある 【・※…害を与える -- 【・*に |*←子供《複数》』】。

◇-- 【・もし『 』なら…|『担当医が 決めた -- 【・*ことを |*…中止する -- 【・*を |*←〔その〕治療』】__、返却すること -- 【・*を |*←全ての残った錠剤《複数》 -- 【・*へ |*←薬剤師 】┃。     @ 流さないこと -- 【・*を |*←それら -- 【・*へ |*←トイレ】| -AND- | A 捨てないこと -- 【・*を |*←それら 】┃。

◇-- 【・もし『 』なら…|『患者さんが 気分が悪くなった -- 【・*ことの直後に |*…服用した -- 【・*を |*←〔その〕錠剤』】__、話すこと -- 【・*に |*←担当医】__、-- 【・『 』であることから…|『患者さんは ¨※¨ことがある 【・※…必要とする -- 【・*ことを |*…服用する -- 【・*を |*←もう一つの用量』】。    服用しないこと -- 【・*を |*←もう一つの錠剤 -- 【・*こと無しに |*…まず話す -- 【・*に |*←担当医 】┃。

◇-- 【・『 』の場合…|『患者さんが忘れた -- 【・*ことを |*…服用する -- 【・*を |*←錠剤』】__、服用してはいけない -- 【・*を |*←二重の用量 】┃。    知らせてもらいたい -- 【・*に |*←担当医】__、そして、維持する -- 【・*を |*←規定の投与スケジュール 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、CancerBACUP のホームページ へジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。CancerBACUP は、英国の有名な組織で、ガンの治療やサポートのための豊富な情報を提供しています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: CancerBACUP )(Content last reviewed = (issue= April 1st, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ