目次

【index】


§ このファイルを作成する上での原則、アドバイス §



【ファイル作成上の原則】

複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=胃ガン( Stomach cancer ) §

胃ガン( Stomach cancer )


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


【放射線療法の内容】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法では、高エネルギーの放射線や微粒子を使って、特定の個所にあるガン細胞を殺す。外部線源放射線照射では、身体の外部からの放射線をガンにぶつける。このタイプの放射線療法は、しばしば胃ガンを治療するために使われる。

外科手術の後に、放射線療法を、非常に少量の残存したガン(手術時には見つけられず、除去できなかったもの)を殺すために使用することがある。
いくつかの研究で、放射線療法により(とくに、5-FU のような化学療法剤との併用で)外科手術後のガンの再発を遅らせたり予防したりでき、患者の生存を伸ばすことができることが示されている。
放射線療法は、胃ガンの症状(痛み、出血、食事の困難、など)の軽減のために使われることがある。

放射線療法の副作用としては、軽度の皮膚障害、吐き気、嘔吐、下痢、疲労感、などが起きることがある。これらの副作用は通常、治療終了後、2〜3週間で消失する。放射線療法により、化学療法の副作用が増強されることがある。このような副作用が起きた場合は、必ず医者と相談すること(副作用を軽減するための方法がある)。

又、放射線療法を受けるセンターとしては、胃ガンの治療経験が豊富なセンターを選ぶことが、非常に重要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §



§資料 C §



§資料 D §