目次

【index】


§ このファイルを作成する上での原則、アドバイス §



【ファイル作成上の原則】

複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=卵巣ガン(Ovarian Cancer) §

卵巣ガン(Ovarian Cancer)


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


【動向】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

過去に於いては、放射線療法はしばしば使用されたが、現在では、卵巣ガンの治療用としては、放射線療法は稀にしか使用されない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【外部線源放射線療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法の場合、線形加速装置と呼ばれるマシンから放射線をガンにぶつける。照射は、1 週間に 5 回で、これを数週間続ける。1 回の照射にかかる時間は、ほんの数分間であり、診断用の X 線撮影を受けているのと似ている。このように、実際の照射に必要な時間は非常に短かく、ほとんどの時間が費やされるのは、ガンに正確に放射線をあてるための位置決めのためである。

外部線源放射線療法を実施している間、皮膚が日焼けのように見えたり、そのような感じがしたりすることがある。これは次第に褪せていき、6〜12ヶ月で正常な外観に戻る。腹部や骨盤部は放射線に敏感であるため、多くの患者さんで、疲労感、吐き気、下痢、が副作用として起きる。

副作用が起きた場合には、治療チームと討議すること。症状を軽減する方法があることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【近接照射療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

近接照射療法とは、放射性物質を体内(の卵巣の近く)に埋め込み、そこからの放射線で治療をする方法である。卵巣ガンの場合、この方法は稀に実施される。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【放射性のリン】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法では、放射性のリンの溶液を、腹部に点滴する。放射性のリンは、腹部表面粘膜のガン細胞に入り込み、これを殺す。直後の副作用というものはないが、腸の瘢痕化を起こすことがあり、消化管のトラブルにつながることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §(未記入)



§資料 C §(未記入)



§資料 D §(未記入)