目次

【index】


§ このファイルを作成する上での原則、アドバイス §



【ファイル作成上の原則】

複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=乳ガン(Breast cancer) §

乳ガン(Breast cancer)


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


更新日付

最初のまとめ:2005年 9月 15日


当ファイルの目次ページへ


放射線療法の内容



【概論】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法というのは、高エネルギーの放射線か粒子を用いてガン細胞を殺す治療法である。放射線療法は、手術後に、乳房部、胸壁、腋の下、に残っているかも知れないガン細胞を破壊するために使用されることがある。

場合によって放射線療法により治療されることがある領域として、鎖骨上リンパ節(鎖骨の上にあるリンパ節)や、内胸リンパ節(胸骨{胸部の中央にある骨}の下にあるリンパ節)、がある。

放射線療法を外科手術の後に実施する場合は、手術の傷が回復するまで約 1 ヶ月間は待つ。また通常、化学療法が完了するまで放射線療法は実施しない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【外部線源放射線療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これは、普通のタイプの放射線療法である。外部のマシンから出る放射線を、ガンのある部分にあてる。あてる領域としては通常、乳房部全体であるが、ガンのサイズや位置によっては、胸壁や腋の下にもあてることがある。放射線療法自体は痛くない。

治療を開始する前に、放射線療法チームは、放射線をあてる角度やあてる量を正確に計画する。その後、患者さんの皮膚にインクで印を付ける。これは、放射線を正確にあてるためのガイドとなる。

照射のペースは通常、1 週間に 5 日間で 6 週間程度である。各回の治療は外来で実施し、1 回の治療に要する時間は数分間である。(カナダでの研究によれば、ガンのサイズが小さい場合には、より集中的で短期間の治療が効果的であった)

デオドラントや汗どめの薬は、外部線源放射線療法の障害になることがあるので、治療が完了するまでこれらの使用は避けること。

外部線源放射線療法の主な副作用は、乳房部の腫れや重量感、治療領域の皮膚の日焼け状の変化、疲労感、である。治療領域の皮膚を日光にさらしてはいけない。何故なら、皮膚の変化が悪化することがあるからである。これらの乳房部や皮膚の変化は通常、6〜12 ヶ月で解消する。

患者さんのなかには、放射線療法の後に乳房部が小さくなったり固くなったりする人もいる。また、リンパ節領域に放射線が照射されると、リンパ浮腫の原因となることがある。

妊娠中の患者さんには放射線療法を行わない。何故なら、胎児に障害が及ぶことがあるからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【近接照射療法】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これはもう一つの放射線療法である。外部から放射線をあてるのではなく、放射性の「種」やペレットを直接、乳房部の内部でガンの近くに埋め込む。この方法はしばしば、ガンの部分に放射線があたる量を増強する目的で実施するが、臨床試験では、この方法だけで放射線療法を行う方法が評価されている。当該臨床試験の結果はこれまでのところ有望であるが、その方法が標準的な勧められるためには、より多くの経験が必要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §(未記入です)



更新日付



§資料 C §(未記入です)



更新日付



§資料 D §(未記入です)



更新日付