目次

【index】


§ このファイルを作成する上での原則、アドバイス §



【ファイル作成上の原則】

複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。


当ファイルの目次ページへ


【アドバイス】

治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


当ファイルの目次ページへ


§ 疾患名=多発性骨髄腫( Multiple myeloma ) §

多発性骨髄腫( Multiple myeloma )


当ファイルの目次ページへ


§資料 A §



資料 Source

American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


当ファイルの目次ページへ


更新日付

第 1 回のまとめ: 2005 年 12 月 9 日

放射線療法の内容

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線を、化学療法が奏効せず、痛みの原因となっているダメージを受けている骨の領域に対して、実施することがある。

多発性骨髄腫の患者さんの場合、感覚の変化、脚の筋肉の無力化、排尿問題、腸の動き、といったことが突然に起きることがある。このようなことは、骨髄腫のために背骨が弱まり、脊髄に圧力が加わることにより起きることがある。これは緊急の手当を必要とする状況であるから、直ちに医者への連絡が必要である。治療としては、放射線療法や外科手術が実施されることがある。

放射線は、弧発性の形質細胞腫に対する最も一般的な治療法でもある。

多発性骨髄腫や弧発性の形質細胞腫の治療に使用される放射線療法は、外部線源放射線療法である(身体の外からガンの部分へ放射線をあてる)。放射線療法を受けるのは、診断用の X-線写真撮影を受けるのと同様であるが、治療にはより時間がかかり、通常、数週間にわたり、1 週間に数回の照射が繰りかえされる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


§資料 B §(未記入です)



更新日付



§資料 C §(未記入です)



更新日付



§資料 D §(未記入です)



更新日付