目次

index


→トップページへ戻る



お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

化学療法剤トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料名


MedicineNet.com ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
MedicineNet.com のホームページ


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。MedicineNet.com のサイトには、医薬品に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ

資料の内容


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
MedicineNet.com のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

『名称』
一般名: megestrol
ブランド名: Megace
(mougitaro注:一般名とは、化合物としての名称{複数の会社から別のブランド名で売られていても、成分が同じなら一般名は同じ} 一般名は全部小文字で書くことが多い)

『分類と作用機序』
metestrolは、がんの治療に使用される薬で、合成の女性ホルモンであり、黄体ホルモンの一種である。(黄体ホルモンは、正常状態では、女性の生理をコントロールするホルモンである)

『医者による処方せんの必要性』
必要である。

『ジェネリック製品の入手可能性』
なし

『製剤』
20mg錠、40mg錠、経口サスペンジョン剤(濃度 40mg/ml)

『保存』
錠剤は室温保存。経口サスペンジョン剤は、密閉容器に入れて冷蔵庫に保存。

『処方されるケース』
乳がん及び子宮内膜がんの治療用に使用する。通常単独療法としては使用されず、他の治療剤との併用で使用される。

megestrolは、エイズ患者での体重維持の目的で使用する。食欲刺激剤としての使用であり、今までのところ、女性専用に使用されている。

『投与量』
がん治療目的には、数ヶ月間継続して投与。体重減少に対しては、日量 800mgまでを使用。

食物と一緒に服用可能。ただし、食物なしで服用すれば、吸収が良くなり、血中濃度も高くなる。経口サスペンジョン剤の場合、服用前によく振ること(かき混ぜてはいけない)

『他の薬との相互作用』
megestrolは、食欲を刺激し、体重増加が普通に起こる。(水分貯留によるものではなく、食物を多く食べる結果の体重増加)

(mougitaro注: 相互作用とは、複数の薬を同時に投与した場合、お互いに他方の薬の効果を強めたり弱めたり場合があることを言う)

『妊娠』
妊娠時に服用すると、先天性異常のリスクがある。 正常なホルモンと相互作用をもつことがあり授乳中は服用不可である。妊娠の可能性がある場合は、使用禁忌である。

『授乳中の母親』
授乳中は服用不可。

『副作用』
最も高頻度の副作用は、吐き気、発疹、不能症、高血圧、過剰なガス(腹の張り)である。それほど高頻度でない副作用として、不眠症と頭痛がある。 服用量を増加すると、副作用が強まる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。MedicineNet.com のサイトには、医薬品に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ