目次

index


→トップページへ戻る



お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

化学療法剤トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

薬の名称=lapatinib


資料 A


資料名=Chemocare.com('07/8)


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)



********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

名称、分類


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『名称』

◇一般名= lapatinib
◇ブランド名= Tykerb

(mougitaro注:一般名とは、化合物としての名称{複数の会社から別のブランド名で売られていても、成分が同じなら一般名は同じ} 一般名は全部小文字で書くことが多い)

『医薬品分類』

lapatinib は ¨※¨である 【・※←[一つの]分子標的治療薬 】┃。    lapatinib は 分類される--【・*として |*←[一つの]シグナル伝達抑制薬−チロシンキナーゼ抑制薬、¨抑制薬{☆の}¨ ~【・☆←上皮成長因子レセプタ《 EGFR 》、及び、HER-2 】┃。

《より詳細については、参照してもらいたい -- 【・*を |*←下述の ”薬効の原理(作用メカニズム)”の項目 】┃。》


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

対象疾患、投与方法


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『使用する目的』

以下の目的のために使用する:

◇¨治療{☆の}¨ ~【・☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~【・☆←進行期、又は、転移性の¨乳がん{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==@¨※¨である 【・※← HER-2 陽性】|-且つ-|A既に受けたことがある--【・*を |*←他の 乳がん治療《複数》 】┃。    《それは 認可されている--【・*のために |*←この使用--【・*との併用で |*←[その]化学療法剤 capecitabine 》

注 : -- 【・もし『 』なら…|『[一つの]薬が 認可されてきて在る -- 【・*のために |*←何らかの使用』】__、医者《複数》は ¨*¨ことができる 【・*…選択する -- 【・*ことを |*…使用する -- 【・*を |*←その薬 -- 【・*のために |*←その他の問題《複数》】__ -- 【・もし『 』なら…|『〔その〕医者《複数》が考える【・『 』と… |『〔その〕薬が ¨*¨であろう 【・*…助けになる』』】┃。

『投与方法』

◇ lapatinib は ¨※¨である 【・※←[一つの]¨錠剤{ ∬ (する)ことのための}¨ ~【 ∬=経口服用する 】┃。
◇錠剤は ¨※¨である 【・※← 1 回の投与サイズ 250mg 】┃。
◇服用すること--【・*を |*← lapatinib--【・*のとおりに |*←医者の指示 】┃。
◇ lapatinib は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=服用される--【・(タイミング)|食事の少なくとも 1 時間前、又は、食事の少なくとも 1 時間後 】┃。    服用すること--【・*を |*←全ての投与量--【・*に |*←毎日 1 回 同じ時刻】《分割服用は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=推奨される(の否定)》┃。
◇食べたり飲んだりしないこと--【・*を |*←グレープフルーツの製品--【 ∬ (している)間は | ∬=服用している--【・*を |*← lapatinib 】┃。
◇--【・『 』の場合…|『患者さん が 忘れた--【・*を |*←[一つの]¨服用{☆の}¨ ~【・☆← lapatinib 』】━━、その日に 服用すること--【・*を |*←それ--【・『 』するとすぐに…|『患者さん が 思い出した』】┃。    --【・『 』の場合…|『患者さん が 服用を忘れた』】━━、2 倍にしてはいけない--【・*を |*←次の日の服用量 】《単純に省略すること--【・*を |*←忘れていた分の服用量》┃。    連絡してほしい--【・*に |*←医療従事者--【・もし『 』なら…|『患者さんが 確信がない--【・*について |*←どうすべきか』】┃。
◇医者¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=調節する--【・*を |*←個々の患者さん の服用量--【・『 』に従い…|『患者さん が どの程度忍容できるか--【・*を |*←[その]治療』】┃。
◇保管すること--【・*を |*← lapatinib--【・*で |*←室温《摂氏 15 度から摂氏 30 度の間》┃。    固く閉めておくこと--【・*を |*←[その]容器】━━、そして、置くこと--【・*に |*←子供の手が届かないところ 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

副作用


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『副作用に関するメモ』

◇大多数の患者さんは、ここに記載した副作用のすべてを経験するわけではない。
◇副作用の発症時期、持続期間、及び、重症度 は 予測可能であることが多い。
◇副作用はほとんど常に回復可能で、治療完了後、消失する。
◇副作用《複数》は ¨※¨である 【・※←管理可能 】┃。    副作用を最小にしたり予防したりする方法が多数存在する。

『高頻度の副作用』

以下の副作用は患者さんの 30% 以上でみられる:

◇下痢
◇手足症候群《 Palmar - plantar 紅斑症《 PPE 》》 : ¨皮膚の発疹、腫れ、発赤、痛み、むけること{☆の}¨ ~【・☆←¨皮膚{☆の}¨ ~【・☆←手のひら、又は、足の裏 】┃。    通常は軽度で、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=発症する--【・*の後に |*←治療開始後 2 週間という早期 】┃。    多くのケース は 必要とする--【・*を |*←投与量の引き下げ 】┃。
◇赤血球数の低下《貧血》
◇吐き気、及び、嘔吐
◇肝臓酵素値の上昇《上昇した AST, ALT,ビリルビン 値》

『若干低頻度の副作用』

10〜29% の患者さんでみられる副作用:

◇発疹
◇血球数の低下。    白血球数、及び、血小板数 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=一時的に低下する 】┃。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=もたらす--【・*を |*←感染症リスクの増大-AND / OR-出血 】┃。
◇疲労感
◇腹痛
◇口内炎

◇むねやけ
◇¨痛み{☆に於ける}¨ ~【・☆←腕《複数》、脚《複数》、背中】
◇息切れ
◇睡眠困難
◇皮膚乾燥

『稀であるが深刻な副作用』

◇心臓の¨問題《複数》{☆を含む}¨ ~【・☆←減少した拍出力】━━、又は、異常な拍動 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=稀に起きる┃。
◇重症の¨下痢{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←脱水症状 】┃。


全ての副作用《複数》が上記にリストされているわけではない┃。    ¨副作用《複数》{★ところの}¨【・★←非常に稀である《10% 未満の患者さん《複数》で発症》】__は ここにはリストされていない┃。    しかし、患者さんは 常に知らせること【・*に |*←医療提供者--【・もし『 』なら…|『患者さんが経験する【:*を |*←(何であっても)普通でない症状《複数》』 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

医者への連絡が必要な状況


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『医者への連絡必要性: 緊急時』

以下の症状のいずれかが起きた場合、直ちに(昼夜に関わらず)医療従事者に連絡すること:

◇摂氏 38 度以上の発熱、悪寒《感染症の可能性あり》
◇動悸、又は、息切れ

『医者への連絡必要性: 24時間以内』

以下の症状は、対応を必要とするが、それほど緊急ではない。医療従事者に 24 時間以内に連絡すること:

◇¨下痢{▼ところの}¨ ~【・▼…起こる【・(頻度)| 24 時間に 4〜 6 回以上 】┃。
◇¨吐き気{▼ところの}¨ ~【・▼…@邪魔になる【・*のために |*←食事する】| -AND- |A除去されない【・*により |*←処方された薬 】┃。
◇¨嘔吐{▼ところの}¨ ~【・▼…起こる【・(頻度)| 24 時間に 4〜 5 回以上 】┃。
◇¨チクチク感、又は、焼けるような感じ、発赤、腫れ{☆の}¨ ~【 ☆←手のひら、又は、足の裏 】┃。
◇通常でない出血やあざ
◇黒、又は、タール状の便、又は、血便
◇血尿
◇極度の¨疲労感{☆ほどの}¨【・☆←身の回りのことをできない 】┃。
◇口内炎
◇食べたり飲んだり できない--【・*にわたり |*← 24 時間】━━、又は、脱水症状の徴候、《 疲労感、渇き、口内乾燥、黒色、又は、減量した尿、めまい 》

どのような症状でも、異常な症状を感じた場合には、常に、医療従事者に連絡すること。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

使用上の注意


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『使用上の注意』

◇--【・*ことの前に |*…開始する【・*を |*←この薬による治療】__、必ず話すこと【・*に |*←担当の医者【・*について |*←(どんなものでも)その他の¨薬《複数》{▼ところの}{ § を含む}¨~【・▼…患者さんが使用している【・§←処方薬、OTC 薬、ビタミン、漢方薬、など 】┃。
◇服用しないこと【・*を |*←アスピリン、アスピリン含有製品《複数》--【・『 』でない限り…|『担当医が明確に認める【・*を |*←〔その〕使用』┃。
◇この薬 は 相互作用する--【・*と |*←多くの一般的な治療薬《複数》 】┃。    必ず知らせること--【・*に |*←担当医--【 ∬ (する)ことの前に | ∬=開始する--【・*を |*←新しい治療薬の使用、《 どのようなもの であっても 》 】┃。
◇受けないこと【・*を |*←(どんなものでも)免疫接種やワクチン【・*無しには |*←担当医の許可--【・『 』の間…|『患者さんが受けている【・*を |*←この薬』】┃。
◇知らせること【・*に |*←医療提供者--【・『 』の前に…|『開始する【・*を |*←この薬による治療】』】__、--【・もし『 』なら…|『患者さんが妊娠している、又は、妊娠の可能性がある』】┃。    この薬の妊娠カテゴリーは¨※¨である【・※← D ・】《この薬は¨※¨ことがある【・※←胎児にとって危険的 】┃。    ¨患者さん《複数》{▼ところの}¨ ~【・▼…妊娠している、又は、妊娠する】__は、¨※¨べきである【・※…知らされる【・*について |*←胎児への潜在的な危険性】》 】┃。
◇男性患者さん《複数》も女性患者さん《複数》も、子供をもうけないこと--【・『 』の間に…|『使用している【:*を |*←この薬』】┃。    バリアー避妊法が推奨される┃。
◇授乳しないこと【・※の間に|※…使用している【・*を |*←この薬 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

自己ケアのための注意事項


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『自己ケアのための注意事項』

◇飲むこと【・*を |*←少なくとも毎日 2〜 3 リットルの水分】__、--【・『 』でない限り…|『そうでないように指示される』】┃。
◇従うこと【・*に |*←¨使用方法{☆の}¨【・☆←抗下痢薬【・*のとおりに |*…処方された【・*により |*←医療チーム 】┃。
◇食べること--【・*を |*←¨食物《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=緩和する--【・*を |*←下痢 】┃。
◇¨予防{☆の}¨ ~【 ☆←手足症候群┃。    ¨修正{☆の}{∬(する)ための ¨ ~【 ☆←正常な日常の生活~【 ∬ =可能な限り少なくする--【・*を |*←¨摩擦、及び、熱への曝露{☆の}¨ ~【 ☆←手足 】--【・*の間ずっと |*← 本剤 による治療 】┃。
◇保つこと【・*を § に |*←手のひらや足の裏|| § ←潤っている【・*ことにより |*…使用する【・*を |*←軟化薬《複数》《 例えば Aveeno, Udder cream, Lubriderm Bag Balm 》 】┃。
◇【・*ことのために |*…軽減する【・*を |*←吐き気】__、服用すること【・*を |*←制吐剤《複数》--【・『 』の通り…|『医者が処方した』】__、そして、食事すること【・*を |*←一度に少量の食事《を頻回に》 】┃。
◇【・*ことのために |*…治療したり予防する【・*を |*←口内炎】__、使用すること【・*を |*←柔らかい歯ブラシ】__、そして、口をすすぐこと【・*により |*←茶さじ 2 分の 1 の食塩 + テーブルスプーン 1 杯のベーキングソーダ + 8オンス《約 240cc》 の水【・(頻度)| 1 日に 3 回 】┃。
◇患者さん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=リスクが高くなる--【・*の |*←感染症 】┃。    直ちに連絡すること--【・*について |*←発熱、又は、その他の¨徴候《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←感染症--【・*に |*←医療従事者 】┃。
◇頻繁に手を洗うこと。
◇使用すること【・*を |*←電気ひげ剃り機、及び、柔らかい歯ブラシ【・*ことのために |*…最小限にする【・*を |*←出血 】┃。
◇避けること【・*を |*←接触スポーツや¨活動《複数》{▼ところの}¨ ~【・▼…原因となる【・*の |*←ケガ 】┃。
◇患者さんは ¨※¨ことがある【・※…リスクがある【*の |*←感染症 】┃。    直ちに連絡すること【・*について |*←発熱や その他どのような感染症の徴候も【・*に |*←医療チーム 】┃。
◇避けること【・*を |*←日光にあたること 】┃。    つけること【・*を |*← SPF 15 以上の日焼け止め、及び、保護衣服 】┃。
◇一般的に、¨飲用{☆の}¨【・☆←アルコール飲料】__は、¨※¨べきである【・※←最小限に抑える、又は、完全に避ける 】┃。    患者さんは ディスカスすること【・*について |*←このこと【・*と |*←担当医 】┃。
◇十分な休養を取ること。
◇十分な栄養を取ること。
◇--【・『 』の場合…|『患者さんが経験する【:*を |*←症状《複数》、又は、副作用《複数》』】__、必ずディスカスすること【・*と |*←医療提供チーム 】┃。    彼らは¨※¨ことができる【・※…@処方する【・*を |*←薬《複数》】| -AND- |A提供する【・*を |*←その他の¨提案{★ところの}¨【・★…効果的である【・*ことのために |*…管理する【・*を |*←そのような問題《複数》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

投与期間中のモニタリング、検査


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『投与期間中のモニタリング、検査』

患者さんは¨※¨であろう【・※…定期的にチェックされる【・*により |*←担当医【・※の間…|※←『患者さんが受けている【・*を |*←この薬』【・*ことのために |*…@モニターする【・*を |*←副作用《複数》】|-そして-|Aチェックする【・*を |*←治療の効き目 】┃。    定期的な血液検査が¨※¨であろう【・※…実施される【・*ことのために |*…モニターする【・*を |*←患者さんの完全血球数《CBC》】__、そして、¨機能検査{☆の}¨【・☆←その他の臓器《複数》《腎臓や肝臓など》】__が、また、¨※¨であろう【・※…指示される【・*により |*←担当医 】┃。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(as of November 16, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

薬効の原理(作用メカニズム)


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔分子標的治療薬について〕

分子標的治療薬は¨※¨である【・※←¨結果{☆の}¨【:☆←約 100 年間の¨研究{★ところの}¨【∵★←ささげられた【::*のために |*←理解する【∵:*を |*←¨差異《複数》{☆の間の}¨【∵∵☆←がん細胞《複数》と正常細胞《複数》∵∵】∵:】::】∵】:】・】。   従来、がんの治療は主として焦点をあててきている【・*に |*←殺すこと【:*を |*←急速に分裂している細胞《複数》:】・】、【・※の理由で…|※←一つの¨特徴{☆の}¨【:☆←がん細胞《複数》:】は¨※¨である【:※←急速な分裂:】・】。   残念ながら、¨いくつか{☆の}¨【・☆←我々の正常細胞《複数》・】も急速に分裂する、【・¨*¨しつつ…|*←引き起こす【:*を |*←さまざまな副作用《複数》:】・】。

分子標的治療は認識しつつある【・*を |*←その他の¨特徴《複数》{☆の}¨【:☆←がん細胞《複数》:】・】。   科学者《複数》は探している【・*を |*←特異的な¨差異《複数》{☆に於ける}¨【:☆←がん細胞《複数》と正常細胞《複数》:】・】。   この情報は使用される【・*のために |*←¨分子標的治療{★ところの}¨【:★←攻撃する【∵*を |*←がん細胞《複数》∵】【∵*こと無しに |*←ダメージを与える【::*に |*←正常細胞《複数》::】∵】:】・】、従って、【・¨*¨しつつ…|*←もたらす【:*を |*←より少ない副作用《複数》:】・】。   それぞれのタイプの分子標的治療薬は効果を現わす【・(やりかた)|それぞれ若干異なったやり方で・】、しかし、全ての分子標的治療薬《複数》は干渉する【・*に |*←¨能力{☆の}{ § のための}¨【:☆←がん細胞:】【:§←成長し、分裂し、修復し、他の細胞とコミュニケーションをとる:】・】。

¨※¨が存在する【・※←異なる¨タイプ《複数》{☆の}¨【:☆←分子標的治療薬《複数》:】・】《大きく分けて 3 つのカテゴリー《複数》に分類》。

いくつかの分子標的治療薬《複数》は焦点をあてる【・*に |*←¨内部の成分や機能{☆の}¨【:☆←がん細胞:】・】。   これらの薬《複数》は使用する【・*を |*←¨小分子《複数》{★ところの}¨【:★←¨※¨ことができる【∵※←@がん細胞に入り込み、混乱させる【::*を |*←¨機能《複数》{☆の}¨【∵:☆←〔その〕がん細胞《複数》∵:】::】| -AND SO- |A〔その〕がん細胞を死滅させる∵】:】・】。

¨※¨が存在する【・※←いくつかの¨タイプ《複数》{☆の}¨【:☆←¨分子標的治療薬《複数》{★ところの}¨【∵★←焦点をあてる【::*に |*←細胞内部の部品《複数》::】∵】:】・】。    その他の分子標的治療薬《複数》 は 標的する--【・*を |*←¨レセプタ《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==存在している--【・*に |*←[その]細胞の外側 】┃。    抗血管新生 抑制薬《複数》 は 標的する--【・*に |*←[その]¨血管《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==供給する--【・*を |*←酸素--【・*に |*←[その]細胞《複数》 】、《 そして、このことは させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←[その]細胞《複数》| ∬=飢える 】 》┃。

研究者たちは合意する¨何を?→『 』¨『 分子標的治療薬《複数》は¨※¨ ではない 【・※←一つの¨代替法{☆の}¨【:☆←従来の治療法《複数》:】・】、そして、最適に使用されるであろう【・*によって |*←併用・】 』。   更なる研究が必要である【・*のために |*←@明らかにする【:*を |*←どのようながん《複数》が¨※¨ことができる【∵※←最も好適に治療される【::*により |*←分子標的治療薬《複数》::】∵】:】| -AND- |A明らかにする【:*を |*←更なる標的《複数》{☆のための}¨【∵☆←より多くのタイプのがん《複数》∵】:】・】。

〔 lapatinib 〕

lapatinib は 属する--【・*に |*←シグナル伝達抑制薬のカテゴリーの分子標的治療薬《複数》 】┃。    それ は 特に干渉する--【・*に |*←[その]蛋白質−チロシンキナーゼ《複数》、上皮成長因子レセプタ《EGFR》、及び、HER-2《 ErbB2 》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(as of November 16, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

注意事項《Chemocare.com による》


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『注意事項《Chemocare.com による》』

我々は強く勧める【・▽が¨§¨するのを|▽←患者さん|§←話し合う【・*と |*←担当の医療ケア専門家】【・*について |*←〔その〕個々の患者さんの医療状況、及び、治療《複数》 】┃。    ¨情報{★ところの}¨【・★←含まれている【・*に |*←このWebサイト】__は目的としている【・*ことを |*…助けになり、教育的である】__、しかし、このWebサイトの情報は¨※¨ ではない 【・※←¨代替となるもの{☆への}¨【・☆←メディカルなアドバイス 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(as of November 16, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他