目次

index


→トップページへ戻る



お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

化学療法剤トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料名


Chemocare.com ホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
Chemocare.com のホームページ


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。Chemocare.com のサイトには、化学療法剤だけでなく、化学療法全般に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ

名称、分類


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
Chemocare.com のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

『名称』
一般名: gemtuzumab ozogamicin(ゲムツズマブ オゾガマイシン)
ブランド名: Mylotarg
(mougitaro注:一般名とは、化合物としての名称{複数の会社から別のブランド名で売られていても、成分が同じなら一般名は同じ} 一般名は全部小文字で書くことが多い)

『医薬品分類』
gemtuzumab ozogamicinは、モノクロナル抗体である。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。Chemocare.com のサイトには、化学療法剤だけでなく、化学療法全般に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ

対象疾患、投与方法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
Chemocare.com のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

『使用する目的』
以下の疾患の治療のために使用する:
◇急性骨髄性白血病( CD33陽性の疾患で最初の再発であり、患者の年齢が 60歳以上であり、かつ、他の化学療法が推奨されない場合に使用する)

『投与方法』
◇静脈注射
◇アレルギー反応を軽減させるため、前薬を投与することがある。
◇本剤の投与量は、多くの要素(患者の身長、体重、一般的健康状態、治療するがんの種類や状況)によって変わる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。Chemocare.com のサイトには、化学療法剤だけでなく、化学療法全般に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ

副作用


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
Chemocare.com のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

『点滴に関連した副作用』
(点滴をすることによって起きることがある副作用)
◇点滴に関連した反応: 点滴後、24時間以内に起き、最も一般的には、治療の最初の 1 週間の間に起きる。症状としては、発熱、悪寒、低血圧、息切れである。
◇点滴に関連した反応を軽減する目的で、前薬を投与することがある。
◇点滴関連の反応が時によっては重症になることがあり、症状としては、息切れ、喘鳴、困難呼吸、のどのつまり、顔の腫れ、じんま疹がある。このタイプのアレルギー反応(アナフィラキシス)について、注意深いモニターが必要である。

『副作用に関するメモ』
◇大多数の患者は、ここに記載した副作用のすべてを経験するわけではない。
◇副作用の発症時期及び持続期間は予測可能であることが多い。
◇副作用はほとんど常に回復可能で、治療完了後、消失する。
◇副作用を最小にしたり予防したりする方法が多数存在する。
◇副作用の存否や重さと、薬物療法の有効性との間に関係はない。

『副作用のうち高頻度なもの』
以下の副作用は患者の 30% 以上でみられる:
◇血球数の低下。白血球、赤血球、血小板が一時的に減少することがある。これにより、感染症、貧血、出血のリスクが増大することがある。
◇吐き気、嘔吐
◇下痢
◇発熱
◇悪寒
◇食欲不振
◇脱力感
◇息切れ
◇血液検査の異常(カリウム低下)

『副作用のうち若干低頻度なもの』
10〜29% の患者でみられる副作用:
◇腫れ(顔、手足)
◇頭痛
◇痛み
◇発疹、点状出血、あざの発生
◇腹痛
◇口内炎
◇便秘
◇高血圧、低血圧
◇背中の痛み
◇血液検査値の上昇(肝機能関係(ビリルビン、乳酸脱水素酵素、トランスアミナーゼ))(治療を中止すれば正常に回復する)
◇心拍数の上昇
◇うつ状態
◇関節の痛み
◇鼻や喉の炎症

◇腫瘍崩壊症候群が、白血病治療の結果として起きることがある。この症候群は、多数のがん細胞が治療によって急速に破壊される時に起きる。つまり、これらのがん細胞から尿酸、カリウム、リンが血中に放出される。これにより、腎不全が起きることがある。この症候群は、通常、治療の 24〜48時間以内に発生する。この症候群が起きないよう注意が必要である。そのため、体内の水分量を十分にする目的で、多量の液体が処方されることがある。尿酸産生を阻止するため、allopurinolという薬を処方することがある。また、治療の前に白血球数を少なくするための方策をとることもある。尿を出すことが困難な場合は、すぐに医療従事者に告げること。医療従事者は治療中、患者の状態を注意深くモニターする必要がある。

『副作用のうち稀だが重要なもの』
本剤の稀であるが重要な副作用として、肝静脈閉塞症( VOD )がある。VOD がよく起きるのは、高用量化学療法に続いて骨髄移植や幹細胞移植を実施した場合である。VODの特徴は、肝臓の痛みを伴う腫れ、体液貯留による急激な体重増加、ビリルビンの上昇である。治療後の時点で、以上 3 つのうちの 2 つの症状が存在する場合は、VOD 診断を行うべきである。検査を実施することにより、肝酵素(アルカリフォスファターゼ、GGT)の上昇や、肝静脈内の血液の逆流(超音波で判明)がみられる。一旦 VOD が起こると、他の臓器の障害発生リスクが急激に高まり、致死的な可能性のある多臓器障害が起きるリスクが高まる。
◇子供をもうける機能に障害が起きることがある。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。Chemocare.com のサイトには、化学療法剤だけでなく、化学療法全般に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ

医者への連絡が必要な場合とは


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
Chemocare.com のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)




(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。Chemocare.com のサイトには、化学療法剤だけでなく、化学療法全般に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ

使用上の注意


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
Chemocare.com のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)

『使用上の注意』
◇本剤による治療を始める前に、どのような薬でも、服用している薬を医者に告げること。アスピリンを含む薬は、医者が許可しない限り服用してはいけない。
◇本剤での治療中は、医者が認めない限り、いかなる予防接種あるいはワクチン接種も受けないこと。
◇妊娠している可能性がある場合は、医者に告げること。本剤の妊娠カテゴリーは D である(本剤は胎児に危険なことがある。妊娠しているかこれから妊娠する女性に対しては胎児への危険の可能性を知らせねばならない)
◇男女両性ともに、本剤投与の間、妊娠しない(させない)こと。
◇本剤投与中の授乳は不可。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。Chemocare.com のサイトには、化学療法剤だけでなく、化学療法全般に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ

薬効の原理(作用メカニズム)


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
Chemocare.com のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分を後ろの[ ]で説明しています)




(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください。Chemocare.com のサイトには、化学療法剤だけでなく、化学療法全般に関する豊富な情報が提供されています。

********************
当ファイルの目次ページへ