目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る



お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

化学療法剤トップページへ




********************

薬の名称=everolimus


資料 A


資料名=Chemocare.com('09/10)


Chemocare.com のホームページ
(本コーナーの各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)



********************

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
to 本家サイト 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

名称、分類


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 名称 〕



(mougitaro注:一般名とは、化合物としての名称{複数の会社から別のブランド名で売られていても、成分が同じなら一般名は同じ} 一般名は全部小文字で書くことが多い)

〔 医薬品分類 〕


everolimus_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_分子標的`治療`薬_】━━、そして、それ は 分類される--【・*として |*←〈一つの〉_mTOR 抑制薬_ 】┏┓。

《より詳細については、参照してもらいたい -- 【・*を |*←下述の ”薬効の原理(作用メカニズム)”の項目 】┃。》


*****blg↑********************
(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

対象疾患、投与方法


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 使用する目的 〕


everolimus は 使用される--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`腎細胞がん_--【・*の後に |*← sunitinib 、及び、 sorafenib での _治療`挫折_ 】┏┓。

注 : -- 【・もし『 』なら…|『[一つの]薬が 認可されて在る -- 【・*のために |*←何らかの使用』】__、医者《複数》は ¨*¨ことができる 【・*…選択する -- 【・*ことを |*…使用する -- 【・*を |*←その薬 -- 【・*のために |*←その他の問題《複数》】__ -- 【・もし『 』なら…|『〔その〕医者《複数》が考える【・『 』と… |『〔その〕薬が ¨*¨であろう 【・*…助けになる』』】┃。

〔 投与方法 〕


以下のように投与される :



(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

副作用


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 この薬の副作用に関するメモ 〕



〔 高頻度の副作用 〕


以下の副作用は患者さんの 30% 以上でみられる:


〔 若干低頻度の副作用 〕


10〜29% の患者さんでみられる副作用:


〔 副作用に関する一般的注意 〕


このリスト は 含む--【・*を |*←一般的、及び、 より一般性の低い副作用《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=使用する--【・*を |*←この薬 】┃。    この薬による¨副作用《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←非常に稀《 10%未満の患者さん で 発症する 》 】━━ は ここにはリストされていない┃。    常に連絡すること--【・*に |*←医療チーム--【・もし『 』なら…|『患者さん が 経験する--【・*を |*←如何なる非通常的な症状《複数》 』】┃。


*****blg↑********************
(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

医者への連絡が必要な状況


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 医者への連絡必要性: 緊急時 〕


以下の症状のいずれかが起きた場合、直ちに(昼夜に関わらず)医療従事者に連絡すること:


〔 医者への連絡必要性: 24時間以内 〕


以下の症状は、対応を必要とするが、それほど緊急ではない。医療従事者に 24 時間以内に連絡すること:


〔 一般的注意 〕


どのような症状でも、非通常的な症状を感じた場合には、常に、医療チームに連絡すること。

*****blg↑********************
(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

使用上の注意


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 使用上の注意 〕


この薬を使用する場合には以下の注意が必要である :



(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

*****blg↑********************

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

自己ケアのための注意事項


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 自己ケアのための注意事項 〕


患者さん自身でも、以下のようなことに注意をしておくこと :



*****blg↑********************
(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

投与期間中のモニタリング、検査


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。


〔 投与期間中のモニタリング、検査 〕


患者さん は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=チェックされる--【・定期的に--【・*により |*←主治医--【 ∬ (している)間は∬=使用している--【・*を |*←この薬 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=@モニターする--【・*を |*←副作用《複数》】|-そして-|Aチェックする--【・*を |*←治療の奏効状況 】┃。    定期的な血液検査 が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=行われる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=モニターする--【・*を |*←患者さん の 全血球数《 CBC 》、及び、その他の臓器の機能《 腎臓や肝臓など 》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

薬効の原理(作用メカニズム)


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。


〔 薬効の原理 〕


- 分子標的治療薬について- :

分子標的治療薬は ¨※¨である 【・※←¨結果{☆の}¨ ~ 【・☆←約 100 年間の¨研究{ *(された)}¨ ~ 【・*…ささげられた -- 【・*ことのために |*…理解する -- 【・*を |*←¨差異《複数》{☆の間の}¨ ~ 【・☆←がん の細胞《複数》と正常細胞《複数》 】┃。    従来、がん の治療は 焦点を当ててきた -- 【・主として*ことに |*…殺す -- 【・*を |*←急速に分裂している細胞《複数》 -- 【・『 』の理由で…|『一つの¨特徴{☆の}¨ ~ 【・☆←がん細胞《複数》】__は ¨※¨ということである 【・※…『急速に分裂する』』】┃。    残念ながら、¨いくつか{☆の}¨ ~ 【・☆←我々の正常細胞《複数》】__も 急速に分裂する、、《 その結果、引き起こす -- 【・*を |*←多くの副作用《複数》 》┃。

分子標的治療は ¨*¨(する)ことである 【・*…同定する -- 【・*を |*←その他の¨特徴《複数》{☆の}¨ ~ 【・☆←がん細胞《複数》 】┃。    科学者《複数》は 探す -- 【・*を |*←特定的な¨差異《複数》{☆の間の}¨ ~ 【・☆←がん細胞《複数》と正常細胞《複数》 】┃。    この情報は 使用される -- 【・*ことのために |*…創り出す -- 【・*を |*←¨分子標的治療薬{☆ことのための}¨ ~ 【・☆…攻撃する -- 【・*を |*←がん細胞《複数》 -- 【・*こと無しに |*…ダメージを与える -- 【・*に |*←正常細胞《複数》、《 その結果、導く -- 【・*へ |*←より少ない副作用《複数》 》 】┃。    それぞれのタイプの分子標的治療薬は 効果を現わす -- 【・(やりかた)|それぞれ若干異なる やり方で】__、しかし、全ての分子標的治療薬《複数》は 干渉する -- 【・*に |*←¨能力{☆の}¨ ~ 【・☆←がん細胞《複数》の成長、分裂、修復、その他の細胞《複数》との連絡 】┃。

¨※¨が存在する 【・※←異なるタイプの分子標的治療薬《複数》《大きく分けて 3 種類》 】┃。    いくつかの分子標的治療薬《複数》は 焦点を当てる -- 【・*に |*←がん細胞の内部の構成要素や機能 】┃。    〔その〕分子標的治療《複数》は 使用する -- 【・*を |*←¨小分子《複数》{▼ところの}¨ ~ 【・▼… ¨*¨ことができる 【・*…入り込む -- 【・*に |*←〔その〕がん細胞】__、そして、それは 混乱させる -- 【・*を |*←〔その〕細胞の機能】__、そして、それは 殺す -- 【・*を |*←〔その〕細胞 】┃。

¨※¨が存在する 【・※←いくつかのタイプの¨分子標的治療薬《複数》{▼ところの}¨ ~ 【・▼…焦点を当てる -- 【・*に |*←¨内側の部分{☆の}¨ ~ 【・☆←〔その〕細胞《複数》 】┃。    その他の分子標的治療薬《複数》は標的する -- 【・*を |*←¨レセプタ《複数》{▼ところの}¨ ~ 【・▼…細胞の外側に存在している 】┃。    ¨分子標的治療薬《複数》{▼ところの}¨ ~ 【・▼…標的する -- 【・*を |*←レセプタ《複数》】__は 、また、知られている -- 【・*として |*←モノクロナル抗体《複数》 】┃。    抗血管新生抑制薬《複数》は 標的する -- 【・*を |*←¨血管{▼ところの}¨ ~ 【・▼…供給する -- 【・*を |*←酸素 -- 【・*に |*←〔その〕細胞《複数》】、《 その結果、究極的には飢えさせる -- 【・*を |*←〔その〕細胞《複数》 》┃。

研究者《複数》は 合意している【・『 』ということを… |『分子標的治療薬《複数》は ¨※¨ではない 【・※←[一つの]¨代用{☆の}¨ ~【・☆←伝統的な治療《複数》』 】┃。    分子標的治療薬《複数》は 最良に使用される--【・*との併用で |*←伝統的な治療《複数》 】┃。    より多くの研究が 必要とされる--【・*ことのために |*…@明らかにする--【・*を |*←『どの がん《複数》が最良に治療されるか--【・*により |*←分子標的治療薬《複数》】|-そして-|A明らかにする--【・*を |*←追加の¨標的《複数》{☆のための}¨ ~【・☆←より多くのタイプの がん《複数》 】┃。

- everolimusについて - :

everolimus_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉抑制薬{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)_ 】┏┓。    _哺乳類のラパマイシン標的タンパク質(mTOR)_の_抑制_ は ブロックする_【・*を |*←_翻訳_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_遺伝子_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==制御する_【・*を |*←_がん細胞《複数》_ の 増殖 】┏┓。    それ は 、また、もたらす_【・*を |*←低下した_レベル_ の 一定の _細胞_成長因子《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=関与している--【・*に |*←発達{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_血管_《複数》 《 _血管内皮`成長`因子《 VEGF 》_のような 》 】┏┓。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

注意事項《Chemocare.com による》


Chemocare.com のホームページ
本コーナーでは、上記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。


記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。

〔 注意事項《Chemocare.com による》 〕


我々は 強く勧める--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん| ∬=話す--【・*と |*←治療チーム--【・*について |*←患者さん の 特定的な医学状況、及び、治療 】┃。    〈その〉¨情報{ ∬ (されている)}¨ ~~〔 ∬=含まれている--【・*に |*←このサイト(*) 】━━ は 意図されている【・※であると|※←助けになって教育的】━━、しかし、それ_は ¨※¨ではない 【・※←〈一つの〉¨代替{☆への}¨ ~~〔 ☆←医学的なアドバイス 】┃。

(*)mougitaro 注:言うまでもなく、下記の Chemocare.com の原サイトのことです。当サイトのことでは ありません。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他