目次

index


→トップページへ戻る



お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

化学療法剤トップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

薬の名称=anastrozole


資料 A


資料名=Chemocare.com('06/11)


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)



********************
当ファイルの目次ページへ

名称、分類


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『名称』

一般名: anastrozole(アナストロゾール)
ブランド名: Arimidex
(mougitaro注:一般名とは、化合物としての名称{複数の会社から別のブランド名で売られていても、成分が同じなら一般名は同じ} 一般名は全部小文字で書くことが多い)

『医薬品分類』

anastrozole は、ホルモン療法剤であり、「アロマターゼ阻害剤」に分類される。(詳細については、下記の『薬効の原理(作用メカニズム)』を参照のこと)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

対象疾患、投与方法


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『使用する目的』

以下の疾患の治療のために使用する:

◇閉経後の患者さんでの乳がんの治療

注 : 【・もし※なら…|※←一つの薬が認可された【:*のために |*←一つの適応:】・】、医者《複数》は¨※¨ことができる【・※←使用する【:*を |*←〔その〕薬:】【:*のために |*←他の疾患《複数》:】・】【・もし※なら…|※←〔それらの〕医者《複数》が考える¨何を?→『 』¨『 〔その〕薬が¨※¨である【・※←有用・】 』・】。

『投与方法』

◇経口錠剤(1日1回服用)


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

副作用


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『副作用に関するメモ』

◇大多数の患者さんは、ここに記載した副作用のすべてを経験するわけではない。
◇副作用の発症時期及び持続期間は予測可能であることが多い。
◇副作用はほとんど常に回復可能で、治療完了後、消失する。
◇副作用を最小にしたり予防したりする方法が多数存在する。
◇副作用の存否や重さと、薬物療法の有効性との間に関係はない。

『副作用のうち高頻度なもの』

本剤には、高頻度の副作用はない。

『副作用のうち若干低頻度なもの』

10〜29% の患者さんでみられる副作用:

◇ほてり
◇吐き気(軽度)
◇脱力感
◇骨の痛み
◇咳

全ての副作用《複数》が上記にリストされているわけではない。   ¨副作用《複数》{★ところの}¨【・★←非常に稀である《10% 以下の患者さん《複数》で起きる》・】はここにはリストされていない。   しかし、患者さんは常に知らせること【・*に |*←医療提供者・】【・もし※なら…|※←患者さんが経験する【:*を |*←(何であっても)普通でない症状《複数》:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

医者への連絡が必要な状況


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『医者への連絡必要性: 24時間以内』

以下の症状は、対応を必要とするが、それほど緊急ではない。医療従事者に 24 時間以内に連絡すること:

◇吐き気(食事に影響する場合)
◇疲労感(身の回りのことをできないほどの)

どのような症状でも、異常な症状を感じた場合には、常に、医療従事者に連絡すること。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

使用上の注意


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『使用上の注意』

◇本剤による治療を始める前に、どのような薬でも、服用している薬を医者に告げること。
◇妊娠している可能性がある場合は、医者に告げること。本剤の妊娠カテゴリーは D である(本剤は胎児に危険なことがある。妊娠しているかこれから妊娠する女性に対しては胎児への危険の可能性を知らせねばならない)
◇男女両性ともに、本剤投与の間、妊娠しない(させない)こと。
◇本剤投与中の授乳は不可。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

自己ケアのための注意事項


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

◇【・※の場合…|※←患者さんが経験する【:*を |*←ほてり:】・】、¨※¨すること【・※←@着用する【:*を |*←軽い衣服:】| -AND- |Aとどまる【:*に |*←涼しい環境:】| -AND- |B頭にかぶせる【:*を |*←冷たい布:】・】は¨※¨ことがある【・※←軽減する【:*を |*←症状《複数》:】・】。   相談すること【・*に |*←医療提供者・】、【・もし※なら…|※←上記の症状《複数》が悪化したり、耐えられなくなった・】。
◇アセトアミノフェンやイブプロフェンは¨※¨ことがある【・※←助ける【:*ことを |*←軽減する【∵*を |*←¨不快{☆からの}¨【::☆←発熱、頭痛、全身的な痛み::】∵】:】・】。   しかし、必ず話すこと【・*に |*←担当医・】【・*の前に |*←服用する【:*を |*←それらの薬《複数》:】・】。
◇この薬は¨※¨ことがある【・※←起こす【:*を |*←若干の吐き気:】・】。   しかし、【・*のために… |*←軽減する【:*を |*←吐き気:】・】、服用する【・*を |*←制吐剤《複数》・】【・※の通りに…|※←医者が処方した・】、そして、食事する【・*を |*←一度に少量の食事を頻回に・】。
◇十分な休養を取ること。
◇十分な栄養を取ること。
◇【・※の場合…|※←患者さんが経験する【:*を |*←症状《複数》、又は、副作用《複数》:】・】、必ずディスカスすること【・*と |*←医療提供チーム・】。   彼らは¨※¨ことができる【・※←@処方する【:*を |*←薬《複数》:】| -AND- |A提供する【:*を |*←その他の¨提案{★ところの}¨【∵★←効果的である【::*のために |*←管理する【∵:*を |*←そのような問題《複数》∵:】::】∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

投与期間中のモニタリング、検査


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

患者さんは¨※¨であろう【・※←モニターされる【:*により |*←担当医:】・】【・※の間…|※←患者さんが服用する【:*を |*←この薬:】・】、しかし、〔何も無い(no)* |*←特別な検査《複数》 〕は必要とされる(の否定)。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

薬効の原理(作用メカニズム)


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

『薬効の原理(作用メカニズム)』

ホルモンというのは、身体の腺によって産生される化学物質であり、血液で運ばれて、他の組織に働く。

がんの治療にホルモン療法が使用されるのは、細胞の成長に必要なホルモンに対するレセプタが、ある種のがんの表面に存在する事実があるからである。ホルモン療法の具体的なやり方には下記のようにいくつかある:
◇目的のホルモンの産生を止める。
◇ホルモンに対するレセプタをふさぐ。
◇ホルモンによく似ている(が、ホルモンとして働かない)物質でホルモンを置き換える。

従って、ホルモン療法剤のカテゴリー分けを、それぞれの薬の機能や、目的とするホルモンの差をもとにして行うことができる。

anastrozoleは、アロマターゼ阻害剤である。つまり、本剤は、アロマターゼという酵素を阻害する。アロマターゼは、筋肉、皮膚、乳房部、脂肪組織、に存在して、アンドロゲン(副腎が産生するホルモン)をエストロゲンに変える役割を持っている。従って、本剤により身体中にエストロゲンが存在しなくなる。エストロゲンが存在しないと、成長のためにエストロゲンを必要とするタイプのがんが縮小することになる。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

注意事項《Chemocare.com による》


Chemocare.com のホームページ
Chemocare.com のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

我々は強く勧める【・▽が¨§¨するのを|▽←患者さん|§←話し合う【:*と |*←担当の医療ケア専門家:】【:*について |*←〔その〕個々の患者さんの医療状況、及び、治療《複数》:】・】。   ¨情報{★ところの}¨【・★←含まれている【:*に |*←このWebサイト:】・】は目的としている【・*ことを |*←助けになり、教育的である・】、しかし、このWebサイトの情報は¨※¨ ではない 【・※←¨代替となるもの{☆への}¨【:☆←メディカルなアドバイス:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、Chemocare.com のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: Chemocare.com )(issue= November, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ