目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =ワルデンストレーム 大グロブリン血症( Waldenstrom Macroglobulinemia )


資料 A=治療の全体像


資料名=ACS('08/2)


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介している原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=January 2nd, 2008 

********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療の概観


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

[この資料の性格]
《この項目は旧バージョンの記号で記述しておりますが、ご了承ください。》

この情報は代表する【・*を |*←¨見解 (※の)¨【:※←¨医者や看護婦 {※ところの}¨【∵※←奉仕している【::*に |*← American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board::】∵】:】・】。   これらの見解は基礎としている【・*を |*←彼らの¨解釈 (※に関する)¨【:※←¨研究( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←医学雑誌に発表された∵】:】| -AND- |彼ら自身の専門家としての経験・】。

¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は※ではない【・※←公式の¨ポリシー (※の)¨【:※← American Cancer Society:】・】そして、☆を意図していない【・☆←医学的な¨アドバイス {※ところの}¨【:※←置き換える【∵*を |*←¨専門的な技術や判断 (※の)¨【::※←個々の患者さんの治療チーム::】∵】:】・】。   ¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は意図している【・*を |*←助ける【:☆が¨§¨するように|☆←患者さんや家族さん|§←情報を持った上での決定をする【∵*と共に |*←治療チーム∵】:】・】。

個々の患者さんの医者は¨※¨かも知れない【・※←持っている【:*を |*←¨理由 (※の)¨【∵※←¨提案すること {※ところの}¨【::※←ここに記述した一般的な治療選択肢と異なる::】∵】:】・】。   遠慮しないでほしい【・*を |*←質問する【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←具体的な治療選択肢:】・】 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 医者に治療に関する決定を任せるべきではありません。

〔 治療の概観 〕

最近数年間に、いくつかの進歩 が 為されて在る--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=治療する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。    研究《複数》 は 見出して在る--【・*を |*←いくつかの¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==効果を現す--【・*に対して |*←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】━━、しかし、ほんのわずかの[ ][研究《複数》]が 比較しただけである--【・*を |*←さまざまな¨治療《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=調べる--【・*を |*←[『 』であるか否か… |『いずれかの治療 が ¨※¨である 【・※← より優れる--【・*よりも |*←その他の治療 』(か否か)】┃。    このこと_が ¨※¨である 【・※←¨理由{=『 』ということの(右記)}¨=『¨※¨は 存在しない 【・※←単一の標準的な¨治療(否定)¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==使用される--【・*のために |*←全ての患者さん《複数》 】 』┃。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である∬=理解する--【・*を |*←全ての治療選択肢《複数》 】【・『 』であるために… |『患者さん、及び、医者 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=決める--【・*を |*←『何が¨※¨であるのか 【・※←ベスト--【・*のために |*←患者さん 』 】┃。

セカンドオピニオンについて
¨※¨はしばしば良い考えである【・※←求める【:*を |*←セカンドオピニオン:】・】。   セカンドオピニオンは¨※¨ことができる【・※←提供する【:*を |*←より多くの情報:】| -AND- |助ける【:▽が¨§¨するように|▽←患者さん|§←自分で選んだ治療計画に自信を持つ:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  How Is Waldenstrom Macroglobulinemia Treated?

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 化学療法とは 〕

化学療法 は 使用する--【・*を |*←¨抗がん 治療薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==@注射される--【・*の中に |*←静脈、又は、筋肉 】|-又は-|A経口服用される】┃。    これらの薬《複数》 は 入る--【・*に |*←〈その〉血液循環】━━、そして、達する--【・*に |*←全ての¨領域{☆の}¨ ~~〔 ☆←身体】《 これは 呼ばれる--【・*と |*←「全身性」 》 】┃。

〔一般的な参考:化学療法による副作用の全般〕(by American Cancer Society)
《この項目は、ACS による当該のがんに関する原文の記述にはありません。がんの副作用についての ACS によるより詳細な記述概略をご紹介しています》(原文・詳細は下記のリンクからジャンプして、 ACS のホームページでご覧ください)

¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←がん の化学療法に使用される】__は 特異的に攻撃する【・*を |*←¨細胞《複数》{★ところの}¨【・★←分裂している 】┃。    しかし、¨細胞《複数》{☆の}¨【・☆←一部の¨組織{☆のような}¨【・←骨髄、口内の粘膜、腸の粘膜、毛根、など】__は ¨※¨の必要がある【・※←分裂する【・*のために |*←置き換える【・*を |*←すり減った細胞《複数》】 ┃。    従って、これらの細胞《複数》は¨※¨である【・※←最も影響を受けやすい【・*により |*←化学療法】__、そして、それが¨※¨ことがある【・※←引き起こす【・*を |*←副作用《複数》 】┃。

¨副作用《複数》{☆の}¨【・☆←化学療法】__は依存する【・*に |*←投与する薬のタイプや投与量、投与する期間の長さ 】┃。    副作用は ¨※¨ことがある【・※←含む【・*を |*←以下の症状《複数》】 :
◇脱毛
◇口内炎
◇感染症に対する抵抗の減退(白血球数低下による)
◇簡単にあざができたり、出血する(血小板数の低下による)
◇疲労感(赤血球数の低下による)
◇食欲減退、吐き気・嘔吐《これらの副作用《複数》は部分的には¨※¨である【・※←¨結果{☆の}¨【・☆←腸管の細胞への¨ダメージ{☆による}¨【∵☆←化学療法剤《複数》】__、が、¨影響{☆の}{ § への}¨【・☆←いくらかの薬《複数》・】【・§←脳の一部の¨領域《複数》{★ところの}¨【・★←コントロールしている【・*を |*←食欲や嘔吐】__も¨※¨ことがある【・※←原因となる・】。》

これらの副作用《複数》は¨※¨である【・※←通常は一時的・】、そして、解消する【・*の後に…|*←治療が完了した・】。

必ず、話してほしい【・*と |*←がん治療チーム・】【・どのような*についても |*←¨副作用{★ところの}¨【・★←患者さんが経験している】__、【・何故なら*であるから…|*←¨方法{☆のための}¨【・☆←副作用の軽減】__が しばしば存在している 】┃。    例えば、¨※¨ことができる【・※←投与する【・*を |*←薬《複数》【・*と併行して |*←化学療法剤《複数》【・*のために |*←予防したり軽減する【・*を |*←吐き気や嘔吐 】┃。    ¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←知られている【・*として |*←成長因子《G-CSF、GM-CSF など》】__が¨※¨ことがある【・※←投与される【・*のために |*←@回復させる【・*を |*←化学療法後の白血球数減少】| -AND SO- |A低下させる【・*を |*←感染症リスク 】┃。

【・*の場合… |*←白血球が非常に低下した【・*の間に |*←治療】__、患者さんは¨※¨ことができる【・※←軽減する【・*を |*←感染のリスク【・*により |*←慎重に避ける【・*を |*←細菌との接触 】┃。    注意してほしい【・*に |*←以下の事項《複数》【・*の間 |*←この期間・】 :
◇頻繁に手を洗う。
◇避ける【・*を |*←生の果物や、その他の¨食物{★ところの}¨【・★←¨※¨ことの可能性がある【・※←持つ【・*を |*←細菌《複数》 】┃。
◇させる【・▽が¨§¨するように|▽←他の人たち|§←確実に手を洗う【・*の場合 |*←訪問する【・*を |*←患者さん 】┃。
◇避ける【・*を |*←人混みや病気の人・】。   マスクの着用は¨※¨ことがある【・※←提供する【・*を |*←一定の¨予防{☆に於ける}¨【・☆←左記のような状況《人混みや病気の人との近接》 】┃。

もう一つの重要な¨方法{☆のための}¨【・☆←守る【・*を |*←¨患者さん{★ところの}¨【・★←白血球が低下している【・*から |*←感染症】__は¨※¨である【・※←¨治療{☆による}¨【・☆←強力な抗生物質《複数》 】┃。    抗生物質《複数》は¨※¨ことがある【・※←投与される【・@*よりも前に…|*←感染の徴候がみられる|| -OR- ||A*のときに直ちに…|*←最初の¨徴候{『 』という}¨『感染症があるかも知れない』__が見られた 】┃。

【・*の場合… |*←血小板数が低い・】、¨※¨ことがある【・※←実施する【・*を |*←血小板輸血【・*のために |*←予防する【・*を |*←出血 】┃。    同様に、¨息切れや過度の疲労感{★ところの}¨【・★←起きる【・*により |*←赤血球数低下】__は 治療可能である【・*により |*←治療薬や赤血球輸血 】┃。

【・*の理由で…|*←多くの¨副作用《複数》{☆の}¨【・☆←化学療法】__は起きる【・*により |*←白血球数の低下】__、いくらかの患者さんでは、¨※¨は☆である【・※←フォローする【・*を |*←自分自身の赤血球数【・☆←有用 】┃。    【・*の場合… |*←患者さんが興味がある【・*に |*←この情報】__、遠慮しないで要求してほしい【・▽が¨§¨するように|▽←医者や看護婦|§←患者さんに報告する【・*を |*←患者さんご自身の赤血球数、その他の血液検査の結果、そのような検査結果の意味 】┃。

〔 ワルデンストレーム 大グロブリン血症 での 化学療法のその他の副作用 〕

その他の副作用《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=見られる--【・*により |*←¨化学療法剤《複数》{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=使用される --【・*のために |*←ワルデンストレーム 大グロブリン血症】┃。    例えば、bortezomib は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←神経《複数》】、《 引き起こして--【・*を |*←痛み--【・*に於いて |*←足《複数》、及び、脚《複数》 》 】┃。    〈その〉神経のダメージ は 通常 回復する--【・『 』の後に…|『〈その〉薬 が 中止される 』】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=完全には消失しない 】┃。    fludarabine は 抑制する--【・*を |*←〈その〉免疫システム】、《 させて--【・*を § に ||*←患者さん《複数》| § ←一定の深刻な感染症に罹患しやすい 》 】┃。
〔 ワルデンストレーム 大グロブリン血症に対する化学療法 〕

¨※¨が 存在する 【・※←多くのタイプの¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←有用--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。

- アルキル化薬《複数》 - :このクラスの化学療法剤《複数》 は 含む--【・*を |*← chlorambucil、及び、cyclophosphamide 】┃。    chlorambucil_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉錠剤】━━、そして、それ は 通常 投与される--【・*と共に |*←〈一つの〉¨薬{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=呼ばれる--【・*と |*← prednisone《 コルチコステロイドの一つ 》 】┃。    cyclophosphamide は 投与される--【・*の中に |*←〈一つの〉静脈ライン 】┃。    それ は ¨※¨である 【・※←¨一部{☆の}¨ ~~〔 ☆←いくつかの¨化学療法レジメン《複数》{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←リンパ腫 】┃。    〈その〉¨併用{☆の}¨ ~~〔 ☆← cyclophosphamide、Adriamycin、vincristine、及び、prednisone《 CHOP レジメン 》】━━ は しばしば使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←非ホジキンリンパ腫 】┃。    cyclophosphamide は 稀に使用される--【・単独で】__ : __それ は 通常 投与される--【・*と共に |*←その他の薬《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←非ホジキンリンパ腫、及び、ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。

- ヌクレオシド類縁体 - :このカテゴリー は 含む--【・*を |*← fludarabine、及び、cladribine 】┃。    これらの薬《複数》 は 投与される--【・静脈から、1 回あたり数日間にわたり 】┃。

- コルチコステロイド《複数》 - :これ は 含む--【・*を |*← dexamethasone、prednisone、solumedrol、hydrocortisone、その他多くの薬《複数》 】┃。    コルチコステロイド《複数》_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な¨一部{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫】━━、そして、示されて在る【・※であると|※←有用--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。    コルチコステロイド《複数》 は 実際、助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=緩和する--【・*を |*←¨吐き気・嘔吐{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==その他の化学療法剤が引き起こす 】┃。    これらの薬《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←その他の¨副作用《複数》{☆を含む}¨ ~~〔 ☆←睡眠障害、や、食欲増強 】┃。    これらの症状《複数》 は 消失する--【・『 』の後に…|『〈その〉薬 が 中止される 』】┃。

- その他の治療薬《複数》 - :bortezomib_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨薬{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==もともと使用された--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←多発性骨髄腫 】┃。    それ は ¨※¨であってきて在る 【・※←有用--【・*に於いて |*←いくらかの¨ケース《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。

- 免疫療法 - :《別項目として説明》

〔 化学療法の長期的な副作用《複数》 〕

いくつかの化学療法剤 は 引き起こす--【・*を |*←長期的な細胞ダメージ--【・直接に 】┃。    これ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=影響する--【・*に |*←ほとんど全ての身体領域 】┃。    ¨一つ{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉最も深刻な遅発性の¨合併症《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←成功的な化学療法】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨可能性{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=発症する--【・*を |*←白血病 】┃。    これ は 影響する--【・*に |*←〈一つの〉非常に低比率の患者さん《複数》 】┃。

(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  Chemotherapy

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

生物学療法《免疫療法》


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

生物学療法《複数》 は 使用する--【・*を |*←自然的に存在する¨物質《複数》{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=産生される--【・*により |*←〈その〉身体の免疫システム 】┃。    これらの物質《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=@殺す--【・*を |*←リンパ腫の細胞《複数》】|-又は-|A遅くする--【・*を |*←リンパ腫の成長】|-又は-|B活性化する--【・*を |*←〈その〉患者さんの免疫システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬= より効果的に戦う--【・*と |*←リンパ腫 】┃。

〔 モノクロナル抗体による免疫療法 〕

抗体《複数》 は 正常的に産生される--【・*により |*←〈その〉免疫システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=戦う--【・*と |*←感染症《複数》 】┃。    ¨モノクロナル抗体《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==デザインされて在る--【 ∬ (する)ことのために | ∬=攻撃する--【・*を |*←リンパ腫細胞《複数》 】━━ は 作成される--【・*に於いて |*←〈その〉製造施設 】┃。

rituximab《 Rituxan® 》___は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も広く使用されている¨モノクロナル抗体{☆のための}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫 】┃。    rituximab は 選択的に認識し、結合する--【・*に |*←〈一つの〉¨蛋白質{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==存在している--【・*の上に |*←¨表面{☆の}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫細胞《複数》 《 CD20 と呼ばれる蛋白質 》】┃。    この結合 は 指示する--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉リンパ腫細胞| ∬=死滅する 】┃。    患者さん《複数》 は 受ける--【・*を |*← rituximab--【・*により |*←¨点滴{☆への}¨ ~~〔 ☆←静脈--【・*に於いて |*←〈その〉腫瘍医のオフィス、又は、クリニック 】┃。    副作用《複数》_は ¨※¨である 【・※←最も高頻度--【・*の間に |*←〈その〉点滴】━━、そして、含む--【・*を |*←悪寒、発熱、吐き気、発疹、疲労感、及び、頭痛 】┃。    --【・*と異なり… |*←通常の化学療法】━━、rituximab は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=引き起こす (の否定)--【・*を |*←血球数低下、や、脱毛 】┃。    この治療_は ¨※¨である 【・※←¨一つ{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉標準的な¨治療《複数》{☆のための}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫、及び、ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。    rituximab は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=投与される--【・単独で、又は、通常の化学療法との併用で 】┃。

もう一つのモノクロナル抗体 alemtuzumab《 Campath® 》__ は 結合する--【・*に |*←〈一つの〉異なる¨蛋白質{☆の上の}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫細胞《複数》】《 CD52 という蛋白質 》┃。    この薬 は より一般的には 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←慢性リンパ球性白血病 】━━、しかし、それ は 、また、助けた--【・*を |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。    〈一つの〉深刻な¨副作用{☆の}¨ ~~〔 ☆← alemtuzumab 】━━ は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉大きな¨低下{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←〈その〉血球数】《 数週間続くことあり 》┃。    ¨患者さん《複数》{☆の投与を受けている}¨ ~~〔 ☆←この薬】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=発症する--【・*を |*←生命を脅かすような¨感染症《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←治療困難--【・『 』の間…|『彼らの白血球数_が ¨※¨である 【・※←低い 』】┃。

〔 免疫調整薬 〕

〈その〉薬 thalidomide は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←多発性骨髄腫 】━━、そして、それ は 投与されて在る--【・*に |*←ワルデンストレーム 大グロブリン血症の患者さん《複数》--【・*に於いて |*←数件の小規模な臨床試験《複数》--【・*を伴って |*←いくらかの改善 】┃。    多くの患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができなかった 【 ∬=忍容する--【・*を |*←〈その〉 ¨より高い用量の thalidomide { ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==必要とされる《 単独使用の場合 》 】┃。    〈その〉ベストな¨結果《複数》{☆による}{ ★ に於ける}¨ ~~〔 ☆← thalidomide~~〔 ★←ワルデンストレーム 大グロブリン血症】━━ は 得られて在る--【・『 』の場合…|『それ が 投与された--【・〈一つの〉低用量で--【・*と共に |*←〈その〉抗生物質 clarithromycin 、及び、〈その〉コルチコステロイド dexamethasone 』】┃。    ¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆← thalidomide 】━━ は 含む--【・*を |*←眠気、疲労感、重症の便秘、及び、ニューロパシー《 痛みを伴う 神経ダメージ 》 】┃。    〈その〉ニューロパシー は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←重症】━━、そして、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=消失しない--【・『 』の後に…|『〈その〉薬 が 中止される 』】┃。    ¨※¨が 、また、存在する 【・※←増加した¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←深刻な血栓《複数》《 脚部で発生し、肺まで移動することあり 》 】┃。    --【・『 』の理由で…|『 thalidomide は 引き起こす--【・*を |*←重症の先天性異常《複数》--【・『 』の場合…|『妊娠中に服用された 』】━━、 』】━━、この薬 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=入手する--【・*を通じてだけ |*←〈一つの〉特別¨プログラム{ ∬ (されている)}¨ ~~〔 ∬=運営されている--【・*により |*←当該薬のメーカー 】┃。

lenalidomide_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉 より新しい¨薬{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←類似している--【・*に |*← thalidomide 】┃。    それ は 良好に作用する--【・*に於いて |*←多発性骨髄腫】━━、しかし、未だ研究されて在らない--【・*に於いて |*←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。    〈その〉最も一般的な¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆← lenalidomide 】━━_は ¨※¨である 【・※←血小板減少症、及び、白血球数減少 】┃。    ¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←血栓形成】━━_は ¨※¨ではない 【・※← thalidomide ほどには高くない】━━、しかし、それ は 依然として高い┃。    --【・*と同様に… |*← thalidomide の場合】━━、¨入手{☆の}¨ ~~〔 ☆← lenalidomide 】━━ も、また、厳しくコントロールされている--【・*の理由から |*←可能的な深刻な先天性異常の懸念 】┃。

インターフェロン_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉ホルモン類似の¨蛋白質{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=自然的に産生される--【・*により |*←白血球《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉免疫システム| ∬=戦う--【・*と |*←感染症《複数》 】┃。    いくつかの研究《複数》 が 示唆して在る【・『 』ということを… |『インターフェロン が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←¨腫瘍《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←いくらかのリンパ腫《複数》| ∬=縮小する 】 』 】┃。    ¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←この治療】━━ は 含む--【・*を |*←中等度〜重症の疲労感、発熱、悪寒《複数》、頭痛《複数》、筋肉/関節の痛み《複数》、及び、気分の変化《複数》 】┃。    それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 依然として明らかでない【・=『インターフェロン_が ¨※¨である 【・※←〈その〉ベストな¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==持つ--【・*を |*←非ホジキンリンパ腫、又は、ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】 』(かどうか) 】┃。    それ は 通常 使用される--【・*に於いてだけ |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==病気が悪化し続ける--【・*の後に |*←¨治療{☆による}¨ ~~〔 ☆←標準的な化学療法剤《複数》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  Biological Therapy or Immunotherapy

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

血漿交換法


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

--【・『 』の場合…|『¨レベル{☆の}¨ ~~〔 ☆←免疫グロブリン M 】━━ が ¨※¨になる【・※←非常に高い 』】━━、〈その〉血液 は ¨※¨になる【・※←非常に濃い《高粘性》 】┃。    この高い粘性 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←脳ダメージ《 卒中のような 》、や、出血の問題《複数》 】┃。    --【・『 』の場合…|『そのこと が 起きる 』】━━、¨レベル《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉異常な免疫グロブリン M 蛋白質】━━ は ¨ ∬ ¨の必要がある 【 ∬=直ちに低下させる 】┃。    血漿交換法 は 低下させる--【・*を |*←¨粘性{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉血液--【 ∬ (する)ことにより | ∬=使用する--【・*を |*←〈一つの〉¨装置{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==分離する--【・*を |*←〈その〉血漿《 血液の液体部分 》--【・*から |*←血液細胞《複数》 】┃。    〈その〉血液の液体成分 が 含む--【・*を |*←〈その〉異常蛋白質 】┃。    〈その〉血液細胞《複数》 は 混合される--【・*と |*←生理食塩水】━━、そして、新しい血漿が戻される--【・*へ |*←〈その〉患者さん 】┃。    〈その〉¨血漿{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=含む--【・*を |*←〈その〉異常蛋白質 】━━ は 捨てられる┃。    1 回の血漿交換法 治療 は 必要とする--【・*を |*←数時間 】┃。

〈一人の〉¨患者さん{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=受ける--【・*を |*←血漿交換法 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=@ベッドに横になっている|-又は-|Aリクライニング椅子に座っている】┃。    2 つの静脈ライン《複数》 が 必要である__ : __〈その〉血液 は 採取される--【・*を通じて |*←一方の静注ライン】━━、そして、それ は 戻される--【・*へ |*←身体--【・*を通じて |*←もう一本の静注ライン 】┃。    時として、〈一つの〉 より大きなカテーテル が 設置される--【・*に |*←頸部、又は、鎖骨下--【・*のために |*←〈その〉血漿交換法《 腕への設置の代わりに 》 】┃。    このタイプのカテーテル は 呼ばれる--【・*と |*←〈一つの〉「中央ライン」】━━、そして、両方のラインは 埋め込みされる┃。    血漿交換法_は ¨※¨ではない 【・※←痛い(の否定)】━━、しかし、それ《 ∬ すること(右記)》━━は たいへんであることがある∬= 座ったり横たわったりし続ける--【・*に |*←同じ場所--【・*にわたり |*← 2 〜 3 時間】┃。

血漿交換法 は 働く--【・迅速に--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる--【・*を |*←〈その〉免疫グロブリン M レベル--【・*まで |*←〈一つの〉安全なレベル 】┃。    しかし、--【・*無しでは |*←更なる¨治療{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=殺す--【・*を |*←〈その〉がん 細胞《複数》 《 化学療法のような 》】━━、〈その〉蛋白質レベル は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=再び上昇する 】┃。    血漿交換法 は 通常 実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・*を |*←〈その〉患者さん--【・『 』まで…|『化学療法 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=効果を表す 』】┃。    時として 血漿交換法 は 使用される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==ワルデンストレーム 大グロブリン血症 が コントロールされない--【・*により |*←化学療法、生物学療法、又は、その他の治療《複数》 】┃。    --【・『 』の場合…|『患者さん《複数》 が 持つ--【・*を |*←¨症状《複数》{☆からの}¨ ~~〔 ☆←上昇した免疫グロブリン M 』】━━、彼らは ¨ ∬ ¨の必要がある 【 ∬=受ける--【・*を |*←血漿交換法--【・直ちに--【 ∬ (する)ことのために | ∬=防ぐ--【・*を |*←合併症《複数》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  Plasmapheresis

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

幹細胞移植


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨※¨が 存在する 【・※← 2 種類の主要なタイプの幹細胞移植 : 他家幹細胞移植、及び、自家幹細胞移植 】┃。

〔 自家幹細胞移植 〕

これ_が ¨※¨である 【・※←〈その〉¨タイプ{☆の}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←移植~~〔 ¶==使用される--【・最もしばしば--【・*に於いて |*←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。    --【・*に於いては… |*←〈一つの〉自家幹細胞移植】━━、〈一人の〉患者さん自身の血液形成 幹細胞《複数》 が 採取される--【・*から |*←血液循環】━━、そして、それら は 保存される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=後で使用する 】┃。    その後、高用量の化学療法 が 実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す--【・*を |*←〈その〉ワルデンストレーム 大グロブリン血症の細胞《複数》 】┃。    〈その〉高用量化学療法 は 殺す--【・*をも |*←〈その〉正常な骨髄細胞《複数》--【・*と同様に |*←〈その〉がん 細胞《複数》 】┃。    --【・*の後に… |*←〈その〉化学療法】━━、〈その〉凍結してあった幹細胞《複数》が融解される━━、そして、戻される--【・*へ |*←〈その〉身体《 輸血と同様にして 》 】┃。    自家幹細胞移植 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=助ける--【・*を |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症】━━、しかし、医者《複数》 は 依然として試みつつある--【 ∬ (する)ことを | ∬=明らかにする『どのような患者さん《複数》 が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=利益を得る--【・最も 』 】┃。

〔 他家幹細胞移植 〕

これ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨治療{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==依然として研究されつつある--【・*のために |*←ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】━━、そして、専門家《複数》 は 推奨する【・『 』ということを… |『それ は実施される--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈一件の〉臨床試験 』 】┃。    --【・*に於いては… |*←〈一つの〉他家幹細胞移植】━━、〈その〉¨幹細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==〈その〉患者さん が 受ける--【・*の後に |*←化学療法 】━━ は ¨※¨からのものである【・※←他の人《 ドナー 》 】┃。    --【・『 』の理由で…|『〈その〉ドナー は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=マッチする--【・*と |*←〈その〉患者さん--【・*に於いて |*←一定の基礎的な¨細胞特徴《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==遺伝される 】 』】━━、〈その〉ドナー_は ¨※¨である 【・※←通常 〈一人の〉血縁者《 しばしば、兄弟、又は、姉妹 》 】┃。    --【・もし『 』なら…|『¨※¨が 存在しない 【・※←¨兄弟姉妹(否定)¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==マッチできる 】 』】━━、〈一人の〉非血縁のドナー が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=マッチされる 】┃。    〈その〉血液形成 幹細胞《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=採取される--【・*から |*←数回分の骨髄吸引液《複数》】━━、又は、それら は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=分離される--【・*から |*←〈その〉末梢血液--【・*により |*←¨方法{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=知られる--【・*として |*←アフェレシス《成分献血》 】┃。    他家幹細胞移植_は 持つ--【・*を |*← より多くのリスク《複数》、及び、副作用《複数》--【・*よりも |*←自家幹細胞移植の場合 】┃。    また、それ《 ∬ すること(右記)》━━は 時として困難でもある∬=見つける--【・*を |*←〈一人の〉マッチしたドナー 】┃。

〈一つの〉 より新しい¨アプローチ{☆への}¨ ~~〔 ☆←他家幹細胞移植】━━ は 呼ばれる【・※と|※←非骨髄破壊的 移植 】┃。    --【・*に於いては… |*←このタイプの移植】━━、 より低い用量の化学療法、又は、放射線療法 が 使用される--【・*よりも |*←伝統的な他家幹細胞移植の場合 】┃。    患者さん《複数》 は 投与される--【・*を |*←¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==抑制する--【・*を |*←彼らの免疫反応 】┃。    このこと は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←ドナーからの細胞《複数》| ∬=成長し、部分的に置き換える--【・*を |*←〈その〉患者さんの免疫システム 】┃。    〈その〉ドナーからの細胞《複数》 は その後、開始する--【 ∬ (する)ことを | ∬=@反応する--【・*に対して |*←〈その〉リンパ腫細胞《複数》】|-そして-|A殺す--【・*を |*←リンパ腫細胞《複数》 】┃。    いくつかの可能的な治癒《複数》 が 最近 報告されて在る--【・*により |*←この治療 】┃。    〈その〉問題_は ¨※¨ということである 【・※…『〈その〉ドナーからの細胞《複数》 が 、また、反応する--【・*に対して |*←〈その〉患者さんの正常細胞《複数》 』 】┃。    これ は 導く--【・*へ |*←移植片 対 宿主 病《 GVHD 》】━━、そして、このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=させる--【・*を § に ||*←患者さん《複数》| § ←非常に病的な状態 】┃。    医者《複数》 は 試みつつある--【 ∬ (する)ことを | ∬=洗練する--【・*を |*←この治療 】【・『 』であるように… |『〈その〉¨反応{☆に対する}¨ ~~〔 ☆←〈その〉リンパ腫細胞《複数》】━━ が 起きる--【・*無しに |*←¨反応{☆に対する}¨ ~~〔 ☆←正常細胞《複数》 』 】┃。

骨髄、又は、末梢血 幹細胞移植_は ¨※¨である 【・※←依然として〈一つの〉複雑な治療 】┃。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉医者《複数》 が 考える【・『 』と… |『〈その〉患者さん が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=利益を得る--【・*から |*←移植 』】━━、〈その〉最良の¨場所{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=実施してもらう--【・*を |*←移植 】━━_は ¨※¨である 【・※←¨がん センター{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==〈その〉スタッフ が 持つ--【・*を |*←¨経験{☆の}¨ ~~〔 ☆←当該 治療手順、及び、回復期間の管理 】┃。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきでない 【 ∬=ちゅうちょする(の否定)--【 ∬ (する)ことを | ∬=尋ねる--【・*に |*←〈その〉医者--【・*について |*←@¨実施回数{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==〈その〉医者 が 実施した--【・*を |*←この治療手順 】|-そして-|Aどのように、患者さん《複数》 が 反応したのか?--【・*に |*←〈その〉治療】┃。    経験、及び、知識 が ¨※¨である 【・※←¨キーとなるファクター《複数》{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ~~〔 ∬=提供する--【・*を |*←〈その〉ベストなケア 】┃。

--【・*については… |*← より多くの¨情報{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←幹細胞移植】━━、参照してもらいたい--【・*を |*←〈その〉 American Cancer Society による資料『 Bone Marrow and Peripheral Blood Stem Cell Transplants (骨髄、及び、末梢血 幹細胞移植)』 】┃。(*)

(*)mougitaro 注:当該資料へは、下記にリンクしている原文のページからリンクが設定されています。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  Stem Cell Transplantation (SCT)

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療の実際


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

大部分の専門家《複数》 は 推奨する【・『 』ということを… |『¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症】━━ は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=待つ--【・『 』まで…|『〈その〉病気 が 引き起こす--【・*を |*←問題《複数》 』】 』 】┃。    このことは させる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん《複数》| ∬= 避ける--【・*を |*←¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←化学療法--【・『 』までは…|『彼ら が 実際に 必要とする--【・*を |*←これらの薬《複数》 』】┃。    実際のところ、研究《複数》 は 示唆する【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==開始する--【・*を |*←化学療法--【・『 』するとすぐに…|『彼らが 診断される 』】━━ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬= より長期間生存する (の否定)--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==遅らせる--【・*を |*←治療--【・『 』まで…|『彼らのワルデンストレーム 大グロブリン血症 が 引き起こす--【・*を |*←問題《複数》 』】 』 】┃。    医者《複数》 は 賛成する【・『 』ということを… |『粘度亢進症候群_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨理由{☆のための}¨ ~~〔 ☆←直ちの治療 』━━、--【・『 』であることから…|『それ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←致命的 』】┃。    その他の¨理由《複数》{☆のための}¨ ~~〔 ☆←治療開始】━━ は 含む--【・*を |*←@¨問題《複数》{☆からの}¨ ~~〔 ☆←アミロイド沈着症】|-そして-|A¨症状《複数》{☆からの}¨ ~~〔 ☆←低温型グロブリン血症】|-そして-|B貧血、腎臓障害《複数》、心臓障害《複数》、神経ダメージ、いかなる重症の¨症状{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈その〉ワルデンストレーム 大グロブリン血症 】┃。

--【・いったん『 』したら…|『〈一つの〉決定が なされる--【 ∬ (する)ことの | ∬=開始する--【・*を |*←化学療法 】 』】━━、¨※¨が 存在する 【・※←いくつかの選択肢《複数》 】┃。    現行のガイドライン《複数》 は 提案する--【 ∬ (する)ことを | ∬=開始する--【・*を |*←治療--【・*により |*←以下の うちの 一つ 】 :

◇〈一つの〉アルキル化薬《 chlorambucil、又は、cyclophosphamide のような 》
◇〈一つの〉ヌクレオシド類縁体《 fludarabine、又は、cladribine のような 》
◇〈その〉モノクロナル抗体 rituximab


〈一つの〉コルチコステロイド《 dexamethasone、又は、prednisone のような 》 は しばしば使用される--【・*と一緒に |*←上記の薬《複数》の一つ 】┃。    これらの薬《複数》 は 使用される--【・*で |*←さまざまな併用レジメン《複数》、及び、投与スケジュール《複数》--【・*により |*←〈その〉個々の状況 】┃。    いくらかの医者《複数》 は 好む--【 ∬ (する)ことを | ∬=使用する--【・*を |*←〈一つの〉併用レジメン--【・*の時点で |*←治療の最初 】┃。    一般的に、rituximab は 通常は それ単独では使用されない--【・『 』の場合…|『〈その〉免疫グロブリン M レベル_が ¨※¨である 【・※←非常に高い 』】━━、--【・『 』の理由で…|『 rituximab が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉免疫グロブリン M レベル| ∬=一時的に、更に上昇する 】 』】┃。    また、多くの専門家《複数》 は 推奨する--【 ∬ (する)ことを | ∬=避ける--【・*を |*←〈その〉ヌクレオシド類縁体《複数》 】--【・もし『 』なら…|『〈一つの〉幹細胞移植 が 計画されている--【・将来 』】┃。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=尋ねる--【・*に |*←彼らの医者《複数》--【・*について |*←¨スケジュール《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←効果的で便利--【・*のために |*←患者さん《複数》 】┃。

多くの異なる化学療法レジメン《複数》 が 使用されて在る--【・*に於いて |*←ワルデンストレーム 大グロブリン血症--【・*を含めて |*←下記のもの】 :

◇ chlorambucil + prednisone
◇ cyclophosphamide + Adriamycin + vincristine + prednisone + rituximab《 CHOP-R レジメンと呼ばれる 》
◇ cyclophosphamide + dexamethasone + rituximab
◇ cyclophosphamide + rituximab
◇ fludarabine + cyclophosphamide
◇ fludarabine + cyclophosphamide + rituximab


--【・もし『 』なら…|@〈一人の〉患者さん が 持つ--【・*を |*←粘度亢進症候群 】||-又は-||A¨レベル《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←異常な免疫グロブリン M 】━━ が ¨※¨である 【・※←非常に高い』】━━、〈その〉医者 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=推奨する--【 ∬ (する)ことを | ∬=開始する--【・*を |*←血漿交換法--【・*の前に |*←化学療法 】┃。    この手順 は 除去する--【・*を |*←或る程度の異常免疫グロブリン M--【・*から |*←血液循環】━━、そして、¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=低下させる--【・*を |*←免疫グロブリン M レベル《複数》--【・一時的に 】┃。    血漿交換法 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=影響する (の否定)--【・*に |*←¨リンパ腫細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==産生する--【・*を |*←〈その〉蛋白質 】】━━、そして、--【・*無しであると… |*←もう一つの治療《 化学療法、又は、免疫療法 》】━━、〈その〉免疫グロブリン M 蛋白質 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=再度上昇する 】┃。    血漿交換法 は 通常は 実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・*を |*←〈その〉患者さん--【・『 』まで…|『〈その〉化学療法 が 効果を表す 』】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  Treating People with Waldenstrom Macroglobulinemia

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療の非奏効や再発の場合への対応


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨※¨は 存在しない 【・※←単一の¨治療(否定)¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==奏効する--【・*に |*←全ての患者さん《複数》 】┃。    --【・もし『 』なら…|『〈その〉最初の化学療法 が 奏効しない 』】━━、¨治療{☆による}¨ ~~〔 ☆←異なる化学療法レジメン《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有効 】┃。    しばしば、〈一つの〉特定の化学療法レジメン が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=奏効する--【・最初は】━━、しかし、その後、それ は ¨ ∬ ¨と思われることがある 【 ∬=停止する--【・*を |*←奏効 】┃。    多くの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症】━━ は 必要とする--【・*を |*←複数の化学療法レジメン《複数》--【・時間経過と共に 】┃。    ¨高用量化学療法{☆を伴う}¨ ~~〔 ☆←幹細胞移植】━━_は 、また、¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨選択肢{☆のための}¨ ~~〔 ☆←いくらかの患者さん《複数》 】┃。    その他の選択肢《複数》 は 含む--【・*を |*← thalidomide、bortezomib《 Velcade® 》、alemtuzumab《 Campath® 》 】┃。    生物学的な¨治療薬{☆のような}¨ ~~〔 ☆←インターフェロン】━━ が 、また、¨※¨である 【・※←〈一つの〉選択肢 】┃。

--【・『 』であっても…|『全ての妥当的な¨努力《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=遅らせる--【・*を |*←¨成長{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉リンパ腫 】━━ が 挫折して在る 』】━━、いくらかの患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=依然として得る--【・*を |*←¨緩和{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨症状《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←ワルデンストレーム 大グロブリン血症--∬ (する)ことにより | ∬=実施する--【・*を |*←血漿交換法--【・定期的に--【 ∬ (する)ことのために | ∬=低下させる--【・*を |*←血中¨レベル《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉異常な免疫グロブリン M 蛋白質 】┃。

時として、ワルデンストレーム 大グロブリン血症 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=変化する--【・*へ |*←〈一つの〉攻撃的なリンパ腫 】┃。    --【・『 』の場合…|『そのような変化 が 起きた 』】━━、〈その〉がん は 成長する--【・はるかに急速に】━━、そして、引き起こす--【・*を |*←¨症状《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==短時間で¨※¨となる【・※←生命を脅かすような 】┃。    --【・いったん『 』したら…|『攻撃的なリンパ腫 が 存在する 』】━━、¨治療{☆による}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉¨併用{☆の}¨ ~~〔 ☆←いくつかの化学療法剤《複数》】━━ が 通常 推奨される┃。    これら は ¨※¨である 【・※←〈その〉同一の¨併用レジメン{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=使用される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{ その患者さんでは¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==がん が 最初から¨※¨である【・※←攻撃的な非ホジキンリンパ腫 《 ACS 文書の非ホジキンリンパ腫の項目を参照のこと(*) 》 】┃。    --【・もし『 』なら…|『併用化学療法 が ¨※¨ではない 【・※←効果的 』】━━、¨高用量化学療法{☆を伴う}¨ ~~〔 ☆←幹細胞移植】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉選択肢 】┃。

(*)mougitaro 注:当サイトの「血液・リンパ系、骨髄 データベース」で当該文書の概要についてご紹介しています。

(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  What if Waldenstrom Macroglobulinemia Doesn't Respond or if It Comes Back After Treatment?

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

研究・治療の新動向


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 遺伝子学 〕

科学者《複数》 は 実現しつつある--【・*を |*←大きな¨進歩{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ~~〔 ∬=理解する--【・*を |*←『どのようにして、¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆← DNA 】━━ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=原因となる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←正常なリンパ球《複数》| ∬=変化する--【・*へ |*←リンパ腫 】 』 】┃。     より高度な¨理解{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨遺伝子《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=関与する--【・*に |*←一定の¨転座《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==しばしば起きる--【・*に於いて |*←リンパ腫 】━━ が 提供しつつある--【・*を |*←¨洞察{☆への}¨ ~~〔 ☆←『何故、これらの細胞《複数》 が 成長するのか?--【・余りにも急速に】━━、生きるのか?--【・余りにも長期間】━━、進歩しないのか?--【・*へ |*←¨成熟細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==関与する--【・*に |*←正常な免疫反応《複数》 】』 】┃。    科学者《複数》 は 今や 調べつつある--【・*を |*←『どのようにして、これらの異常な染色体《複数》 が 導くのか?--【・*へ |*←リンパ腫の発症 』 】┃。    --【・いったん『 』すれば…|『これ が 理解される 』】━━、治療薬《複数》 が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=開発される《 このプロセスをブロックするような治療薬《複数》 》 】┃。

〔 化学療法 〕

臨床試験《複数》 は 研究しつつある--【・*を |*←新しい化学療法剤《複数》 】┃。    その他の臨床試験《複数》 は 研究しつつある--【・*を |*←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=使用する--【・*を |*←既にリンパ腫の治療に使われている薬《複数》 】--∬ (する)ことにより | ∬=使用する--【・*を |*←異なる用量《複数》、又は、異なる投与順序 】┃。    例えば、新しい¨薬《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←@類似している--【・*に |*← thalidomide |-しかし-|Athalidomide の副作用を持たない】━━ が 開発されて在る┃。

〔 生物学的治療 〕

もう一つの新しい¨アプローチ{☆への}¨ ~~〔 ☆←非ホジキンリンパ腫の治療】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉¨使用{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨生物反応調整薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==刺激する--【・*を |*←〈その〉患者さん自身の免疫システム 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=攻撃し、破壊する--【・*を |*←〈その〉リンパ腫細胞《複数》 】┃。    ¨いくつか{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨物質《複数》{ ∬ (されている)}¨ ~~〔 ∬=現在テストされている 】━━ は 含む--【・*を |*←インターフェロン《複数》、及び、インターロイキン《複数》 】┃。

それ《=『 』ということ(右記)》━━が 最近発見された【・=『〈その〉骨髄支持組織《 間質細胞《複数》 》━━ が 産生する--【・*を |*←〈一つの〉¨物質{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=呼ばれる--【・*と |*←インターロイキン 6《 IL-6 》 】 』 】┃。    IL-6_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉強力な¨成長因子{☆のための}¨ ~~〔 ☆←多発性骨髄腫 細胞《複数》 】┃。    IL-6 は 、また、助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=引き起こす--【・*を |*←〈その〉¨骨破壊{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉多発性骨髄腫 細胞《複数》 】┃。    いくらかの現行の研究努力《複数》 は 焦点を当てている--【 ∬ (する)ことに | ∬=試みる--【 ∬ (する)ことを | ∬=開発する--【・*を |*←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=ブロックする--【・*を |*←これらの¨機能《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆← IL-6 】┃。(*)

(*)mougitaro 注:この一節も原文の ご紹介です。

〔 骨髄、及び、末梢血 幹細胞移植 〕

研究者《複数》 が 継続的に 改善しつつある--【・*を |*←骨髄・末梢血 幹細胞移植 】┃。

〔 ワクチン 〕

医者《複数》 は 既に知って在る【・『 』ということを… |『それ《=『 』ということ(右記)》━━は 可能である【・=『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←がん 】━━ が 産生する--【・*を |*←¨抗体《複数》{☆への}¨ ~~〔 ☆←彼らの がん 』 】┃。    --【・*に於いて… |*←稀な例《複数》】━━、これらの人たちの免疫システム は 拒絶して在る--【・*を |*←彼らの がん 《複数》】━━、そして、彼ら は 治癒されて在る┃。    現在、科学者《複数》 は 開発して在る--【・*を |*←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=促す--【・*を |*←この免疫反応--【・*により |*←¨使用{☆の}¨ ~~〔 ☆←ワクチン《複数》 】┃。    〈その〉¨差異{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈その〉通常の 小児 での ワクチン使用】━━_は ¨※¨ということである 【・※…『--【・*に於いては… |*←小児のワクチン接種《複数》】━━、〈その〉目的_は ∬ (する)ことである 【 ∬=予防する--【・*を |*←〈一つの〉最初からの感染症の定着 】 』┃。    --【・*の場合… |*←がん のワクチン《複数》】━━、〈その〉目標_は ∬ (する)ことである 【 ∬=作り出す--【・*を |*←〈一つの〉免疫反応--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==@持つ--【・*を |*←非常に早期の病気 】|-、又は、-|A病気が 寛解している】┃。    現在までのところ、¨※¨が 存在してきている 【・※←いくつかの¨成功例《複数》{☆による}¨ ~~〔 ☆←このアプローチ 】┃。    それ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉主要な¨領域{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫の治療 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= January 2, 2008 )
「英文原題」=Detailed Guide: Waldenstrom Macroglobulinemia  What's New in Waldenstrom's Macroglobulinemia Research and Treatment?

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他