目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(甲状腺)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =甲状腺がん ( Thyroid cancer )


資料 A=基本的な資料


資料名=ACS('07/11)


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)

原資料更新時期=October 3rd, 2007

********************
当ファイルの目次ページへ

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療の概観


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

[この資料の性格]
《この項目は旧バージョンの記号で記述しておりますが、ご了承ください。》

この情報は代表する【・*を |*←¨見解 (※の)¨【:※←¨医者や看護婦 {※ところの}¨【∵※←奉仕している【::*に |*← American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board::】∵】:】・】。   これらの見解は基礎としている【・*を |*←彼らの¨解釈 (※に関する)¨【:※←¨研究( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←医学雑誌に発表された∵】:】| -AND- |彼ら自身の専門家としての経験・】。

¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は※ではない【・※←公式の¨ポリシー (※の)¨【:※← American Cancer Society:】・】そして、☆を意図していない【・☆←医学的な¨アドバイス {※ところの}¨【:※←置き換える【∵*を |*←¨専門的な技術や判断 (※の)¨【::※←個々の患者さんの治療チーム::】∵】:】・】。   ¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は意図している【・*を |*←助ける【:☆が¨§¨するように|☆←患者さんや家族さん|§←情報を持った上での決定をする【∵*と共に |*←治療チーム∵】:】・】。

個々の患者さんの医者は¨※¨かも知れない【・※←持っている【:*を |*←¨理由 (※の)¨【∵※←¨提案すること {※ところの}¨【::※←ここに記述した一般的な治療選択肢と異なる::】∵】:】・】。   遠慮しないでほしい【・*を |*←質問する【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←具体的な治療選択肢:】・】 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 医者に治療に関する決定を任せるべきではありません。

[その]最初の¨パート{☆の}¨ ~【 ☆←このセクション】━━ は 記述する--【・*を |*←[その]さまざまなタイプの¨治療《複数》{ ∬ (される)}¨ ~【 ∬=使用される--【・*のために |*←甲状腺がん 】┃。    これ は 後続される--【・*により |*←[一つの]¨記述{☆の}¨ ~【 ☆←[その]最も一般的な¨アプローチ《複数》{ ∬ (される)}¨ ~【 ∬=使用される--【・*のために |*←これらのがん 《複数》--【・*に基づき |*←当該のがん のタイプ、及び、ステージ 】┃。

〔 治療に関する決定作業について 〕

--【・『 』の後に…|『甲状腺がん が 発見される 』】━━、医者 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=ディスカスする--【・*を |*←治療選択肢《複数》--【・*と |*←患者さん 】┃。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である【 ∬=時間を十分にとる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=考慮する--【・*を |*←それぞれの治療選択肢 】┃。    --【 ∬ (する)ことに於いて …| ∬=選択する--【・*を |*←[一つの]治療計画 】━━、考慮すべき要素《複数》 は 含む--【・*を |*←当該がん のタイプ、及び、ステージ、及び、患者さん の 一般的健康状態 】┃。

¨方法《複数》{☆の}{★のための}¨ ~【 ☆←治療~【 ★←甲状腺がん】━━ は 含む--【・*を |*←外科手術、放射性ヨウ素治療、甲状腺ホルモン療法、外部線源放射線療法、及び、化学療法 】┃。    [その]最良のアプローチ は しばしば使用する--【・*を |*←左記の方法《複数》の 2 種 類以上】━━、そして、大部分の患者さん《複数》 は この方法で 治癒される┃。

--【・もし『 』なら…|『[一つの]治癒_が ¨※¨ではない 【・※←可能的 』】━━、[その]目標 は ¨ ∬ ¨(する)ことであることがある 【 ∬=@除去する、又は、破壊する--【・*を |*←可能な限り多くのがん 】|-そして-|A予防する--【・*を |*←腫瘍の成長、又は、再発--【・(期間)|出来るだけ長期間 】┃。    時として、治療は 目標とする--【・*を |*←症状《 痛みや食事・飲み込み の 困難 など 》の緩和 】┃。

セカンドオピニオンについて

--【・もし『 』なら…|『患者さん が 持つ--【・*を |*←何らかの¨懸念{☆に関する}¨ ~【 ☆←治療計画 』】━━、¨※¨はしばしば良い考えである【・※←求める【:*を |*←セカンドオピニオン:】・】。   セカンドオピニオンは¨※¨ことができる【・※←提供する【:*を |*←より多くの情報:】| -AND- |助ける【:▽が¨§¨するように|▽←患者さん|§←自分で選んだ治療計画に自信を持つ:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 3, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射性ヨウ素《RAI》による治療


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

甲状腺 は 吸収する--【・*を |*←ほとんど全ての 血中ヨウ素 】┃。    --【・『 』の場合…|『放射性ヨウ素《RAI》《 I-131 》__ が 取り込まれる--【・*に |*←体内 』】━━、それ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=破壊する--【・*を |*←[その]¨甲状腺、及び、その他の甲状腺細胞《複数》《 がん 細胞《複数》を含む 》¶ ところの}¨ ~【 ¶==取り込んだ--【・*を |*←ヨウ素 】--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=影響する--【・*に |*←身体の他の部分 】┃。    [その]放射性ヨウ素《RAI》 は 通常 投与される--【・*として |*←[一つの]カプセル、又は、液体 】┃。
この治療法 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=@破壊する《 焼灼する 》--【・*を |*←全ての¨甲状腺組織{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==外科手術で除去されなかった 】|-又は-|A治療する--【・*を |*←¨甲状腺がん{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==拡大している--【・*に |*←リンパ節《複数》、や、その他の臓器《複数》 】┃。

放射性ヨウ素治療 は 示されてきて在る--【 ∬ (する)ことが | ∬=改善する--【・*を |*←¨生存率{☆の}¨ ~【 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~【 ☆←¨甲状腺乳頭様がん、又は、甲状腺濾胞がん《 分化型甲状腺がん 》¶ ところの}¨ ~【 ¶==拡大している--【・*に |*←頸部、や、その他の臓器《複数》 】━━、そして、この治療法_は 今や¨※¨である 【・※←標準的な治療手順--【・*に於いて |*←そのようなケース《複数》 】┃。    しかし、¨利益{☆の}¨ ~【 ☆←放射性ヨウ素《 RAI 》治療】━━_は ¨※¨である 【・※←それほど明確ではない--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~【 ☆←小さな¨がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==拡大していない 】┃。    放射性ヨウ素《 RAI 》治療 は 使用されない--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←未分化型の甲状腺がん、及び、甲状腺髄様がん 】--【・『 』の理由で…|『これらのタイプの がん 《複数》 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=取り込む--【・*を |*←ヨウ素 (の否定)】┃。

--【・※が∬(する)ためには… ||※← RAI 治療 |∬=¨※¨である 【・※←最も効果的 】━━、¨患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=持つ--【・*を |*←高レベルの甲状腺刺激ホルモン《 TSH 》--【・*の中に |*←血液 】┃。    このホルモン は 刺激する--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←甲状腺組織| ∬=取り込む--【・*を |*←放射性のヨウ素 】┃。    --【・*の後に… |*←外科手術】━━、TSH のレベル《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=上昇される--【 ∬ (する)ことにより | ∬=停止する--【・*を |*←甲状腺ホルモン剤《複数》--【・*にわたり |*←数週間 】┃。    このこと は 引き起こす--【・*を |*←非常に低い甲状腺ホルモン レベル《複数》《 甲状腺機能低下症と呼ばれている状態 》】━━、そして、そのことは 引き起こす--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←下垂体| ∬=放出する--【・*を |*← より多くの TSH 】┃。    --【・『 』であるが…|『この意図的な甲状腺機能低下症_は ¨※¨である 【・※←一時的なもの 』】━━、それ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←¨症状《複数》{☆のような}¨ ~【 ☆←疲労感、うつ状態、体重増加、眠気、便秘、筋肉痛、及び、注意力の低下 】┃。    [一つの]注射タイプの TSH 剤】━━ が 今や存在しており、それ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=増加させる--【・*を |*←患者さん の TSH 】┃。    それ は 時として使用される--【・*の前に |*←甲状腺スキャン 】━━、しかし、それ《=『 』かどうか(右記)》━━は 明らかでない【・=『それ が ¨※¨である 【・※←同等に効果的--【・*と比較して |*←¨停止{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺ホルモン《複数》--【・*のために |*← RAI 治療 』 】┃。

〔 リスク、及び、副作用 〕

--【・*により… |*←@¨用量{☆の}¨ ~【 ☆←使用された放射性のヨウ素】|-そして-|A治療されている場所】━━、患者さん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とする--【・*を |*←入院《 最高 数日間 》--【・*の後に |*←治療】、《 滞在して--【・*に |*←[一つの]特別な隔離室--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予防する--【・*を |*←他の人々の放射線被曝 】 》┃。    いくらかの患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要としない--【 ∬ (する)ことを | ∬=入院する 】┃。    そのような場合、患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=教えられる--【・*を |*←いかにして 予防するか--【・*を |*←他の人々の放射線被曝 】┃。

短期的な¨副作用《複数》{☆の}¨ ~【 ☆← RAI 治療】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下の副作用《複数》】 :
◇頸部の圧痛
◇吐き気、及び、胃の不快感
◇唾液腺の腫れ・圧痛
◇口内乾燥
◇味覚の変化《複数》
◇痛み《 これは稀 》

∬ すること | ∬=@噛む--【・*を |*←ガム】|-そして-|Aしゃぶる--【・*を |*←固いキャンディ __ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=緩和する--【・*を |*←唾液腺に関する問題《複数》 】┃。    放射性ヨウ素による治療 は 、また、低下させる--【・*を |*←涙の生成--【・*に於いて |*←いくらかの患者さん《複数》】、《 導いて--【・*へ |*←目の乾き 》 】┃。

男性の¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==受ける--【・*を |*←大きな総用量--【・*の理由から |*← RAI 治療による多数回の治療《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=@持つ--【・*を |*← より低い精子数】|-又は-|A稀には 不妊になる 】┃。    放射性 の ヨウ素 は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=影響する--【・*に |*←女性患者さん《複数》の卵巣《複数》】━━、そして、いくらかの女性患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←不規則な月経周期--【・*にわたり |*←最高 1 年間--【・*の後に |*←治療 】┃。    多くの医者《複数》 は 推奨する【・『 』ということを… |『女性患者さん《複数》 は 避ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=妊娠する--【・*の間 |*←治療後 6 ヶ月から 1 年間 】 』 】┃。

※の両方 |※←¨男性患者さん《複数》、及び、女性患者さん《複数》 ¶ ところの}¨ ~【 ¶==受けたことがある--【・*を |*← RAI 治療 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←[一つの]わずかに増加した¨リスク{ ∬ (する)ことの}¨ ~【 ∬=将来 発症する--【・*を |*←白血病 】┃。    医者《複数》 は 合意していない--【・*について |*←『どの程度 このリスクが大きくなるか 』━━、しかし、¨大部分{☆の}¨ ~【 ☆←[その]最大の研究《複数》】━━ は 見出してきて在る【・『 』ということを… |『これ は ¨※¨である 【・※←[一つの]極度に稀な合併症 』┃。    いくつかの研究 は 示唆しさえしている【・『 』ということを… |『白血病のリスク は ¨ ∬ ¨とは考えられない 【 ∬=有意に増加する 』 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 3, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

甲状腺ホルモン療法


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

甲状腺ホルモン療法 は 含む--【 ∬ (する)ことを | ∬=毎日 服用する--【・*を |*←甲状腺ホルモン錠《複数》 】┃。    そのこと は 役立つ--【・*に |*←以下の 2 つの目的】 :

◇助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=維持する--【・*を |*←身体の正常な代謝《 欠乏している甲状腺ホルモンの補給による 》
◇助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=ストップする--【・*を |*←がん 細胞《複数》の成長--【 ∬ (する)ことにより | ∬=低下させる--【・*を |*← TSH のレベル

--【・*の後に… |*←甲状腺切除術】━━、[その]身体 は もはや¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=産生する--【・*を |*←[その]¨甲状腺ホルモン{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==身体 が 必要とする 】━━、従って、患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=服用する--【・*を |*←甲状腺ホルモン錠《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=補う--【・*を |*←[その]ホルモン 】┃。

甲状腺ホルモン は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=防ぐ--【・*を |*←いくらかの甲状腺がん の 再発 】┃。    正常な甲状腺機能 は コントロールされている--【・*により |*←[その]下垂体 】┃。    [その]下垂体 は 産生する--【・*を |*←¨ホルモン{ ∬ (される)}¨ ~【 ∬=呼ばれる--【・*と |*← TSH 】━━、そして、このホルモン は させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←甲状腺| ∬=産生する--【・*を |*←甲状腺ホルモン 】┃。    TSH は 、また、促進する--【・*を |*←¨成長{☆の}¨ ~【 ☆←[その]甲状腺、及び、おそらく、甲状腺がん細胞《複数》 】┃。    ¨レベル{☆の}¨ ~【 ☆← TSH 】━━ は 、今度は、コントロールされている--【・*により |*←血液中の甲状腺ホルモンのレベル 】┃。    --【・もし『 』なら…|『¨レベル{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺ホルモン】━━_が ¨※¨である 【・※←高い 』】━━、それほど多くの TSH は 必要でなくなる━━、従って、[その]下垂体 は 産生する--【・*を |*← より少ない TSH 】┃。

医者《複数》 は 知ってきて在る【・『 』ということを… |『--【 ∬ (する)ことにより | ∬=投与する--【・*を |*←正常レベルよりも多い甲状腺ホルモン 】━━、TSH のレベル《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=非常に低く抑えられる 』 】┃。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=遅くする--【・*を |*←¨成長{☆の}¨ ~【 ☆←がん 細胞《複数》】━━、そして、低くする--【・*を |*←¨可能性{☆の}¨ ~【 ☆←いくらかの《 特に高リスクの 》がん の再発 】┃。

〔 副作用 〕

--【・『 』であるが…|『これらの 正常レベルよりも高レベルの甲状腺ホルモン は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=あまり持たない--【・*を |*←副作用《複数》 』】━━、いくらかの医者《複数》 は 表明してきて在る--【・*を |*←¨懸念《複数》{☆に関する}¨ ~【 ☆←長期的な¨問題《複数》{☆のような}¨ ~【 ☆←可能的な¨影響{☆への}¨ ~【 ☆←骨《複数》、及び、心臓 】┃。    このことから、高用量の甲状腺ホルモン は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=リザーブされる--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ~【 ☆←分化型の甲状腺がん《複数》~【 ¶==再発リスクが高い 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 3, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射線療法


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

外部線源放射線療法 は 使用する--【・*を |*←高エネルギーのビーム《複数》《 、又は、粒子《複数》 》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=@破壊する--【・*を |*←がん 細胞《複数》】|-又は-|A遅くする--【・*を |*←成長速度 】┃。    [一つの]注意深く焦点を定めた放射線ビーム が 照射される--【・*から |*←[一つの]¨マシン{☆の外の}¨ ~【 ☆←身体 】┃。

一般的に、このタイプの放射線療法 は 使用されない--【・*のために |*←¨甲状腺がん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==取り込む--【・*を |*←ヨウ素 《 つまり最も分化したタイプの甲状腺がん《複数》 》】、━━これらのがん 《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬= より効果的に治療される--【・*により |*←放射性ヨウ素《 RAI 》治療 】┃。    外部線源放射線療法 は よりしばしば使用される--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ~【 ☆←¨治療{☆のための}¨ ~【 ☆←甲状腺髄様がん、及び、未分化の甲状腺がん 】┃。

--【・『 』の場合…|『[一つの]¨がん { ¶ ところの}¨ ~【 ¶==取り込まない--【・*を |*←ヨウ素 】━━ が 拡大した--【・*を超えて |*←甲状腺被膜 』】━━、外部線源放射線療法 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=@治療する--【・*を |*←[その]がん 】|-又は-|A低下させる--【・*を |*←外科手術後の再発 】┃。    --【・『 』の場合…|『[一つの]がん が 反応しない--【・*に |*←放射性ヨウ素《 RAI 》治療 』】━━、外部線源放射線療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←局所的な頸部再発《複数》、又は、¨遠隔転移《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==引き起こしている--【・*を |*←痛み、や、その他の症状《複数》 】┃。

外部線源放射線療法 は 通常 実施される--【・(頻度)| 1 週間に 5 日間 で 約 6 週間 】┃。    [その]治療そのもの は ¨※¨である 【・※←痛みはない】━━、そして、¨※¨である 【・※←似ている--【 ∬ (する)ことに | ∬=受ける--【・*を |*←[一つの]定期的なレントゲン検査 】┃。    各回の治療 は 続く--【・*の間 |*←わずかに数分間--【・『 』であるが…|『[その]準備時間《治療開始まで》__ が 通常 要する--【・*を |*← より長時間 』】┃。

〔 起こり得る副作用《複数》 〕

[その]主要な¨欠点{☆の}¨ ~【 ☆←この治療】━━_は ¨※¨ということである 【・※…『[その]放射線 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=破壊する--【・*を |*←近くの健常な組織--【・*と共に |*←[その]がん 細胞《複数》 』 】┃。    いくらかの患者さん《複数》 は 起こす--【・*を |*←皮膚の¨変化《複数》{§(の性質の)}¨ ~【 §←似ている--【・*に |*←日焼け 】━━、しかし、これ は ゆっくりと あせていく┃。    飲み込み困難、しゃがれ声、及び、疲労感_は 、また、¨※¨である 【・※←潜在的な¨副作用《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←外部線源放射線療法 】┃。

--【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=低下させる--【・*を |*←副作用《複数》のリスク 】━━、医者《複数》 は 注意深く計算する--【・*を |*←[その]正確な必要線量】━━、そして、出来るだけ正確に狙う--【・*を |*←[その]放射線--【 ∬ (する)ことのために | ∬=たたく--【・*を |*←[その]標的《 がん 細胞《複数》 》 】┃。

《 原文には、ACS による放射線に関するガイド へのリンクが設定されています 》


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 3, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔化学療法の内容〕

化学療法は使用する【・*を |*←¨抗がん治療薬( 複数 ) {※ところの}¨【・※← @ 注射される【・*へ |*←静脈、又は、筋肉】| -OR- | A 経口服用される【・*ことのために |*…殺す【・*を |*←がん細胞《複数》 】┃。    化学療法_は ¨※¨である 【・※←全身的治療】《 このこと は 意味する【・『 』ということを… |『[その]薬 は 入る--【・*に |*←[その]血液循環】━━、そして、循環する--【・*を |*←身体全体】━━、そして、到達して、破壊する--【・*を |*←[その]がん 細胞《複数》 』┃。

化学療法 は あまり有用ではない--【・*のために |*←大部分のタイプの甲状腺がん 】┃。    化学療法 は 併用される--【・*と |*←外部線源放射線療法--【・*のために |*←未分化の甲状腺がん】━━、そして、時として使用される--【・*のために |*←その他の¨進行期のがん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==もはや反応しない--【・*に |*←その他の治療《複数》 】┃。

〔一般的な参考:化学療法による副作用の全般〕(by American Cancer Society)
《この項目は、ACS による当該のがんに関する原文の記述にはありません。がんの副作用についての ACS によるより詳細な記述概略をご紹介しています》(原文・詳細は下記のリンクからジャンプして、 ACS のホームページでご覧ください)

¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←がん の化学療法に使用される】__は 特異的に攻撃する【・*を |*←¨細胞《複数》{★ところの}¨【・★←分裂している 】┃。    しかし、¨細胞《複数》{☆の}¨【・☆←一部の¨組織{☆のような}¨【・←骨髄、口内の粘膜、腸の粘膜、毛根、など】__は ¨※¨の必要がある【・※←分裂する【・*のために |*←置き換える【・*を |*←すり減った細胞《複数》】 ┃。    従って、これらの細胞《複数》は¨※¨である【・※←最も影響を受けやすい【・*により |*←化学療法】__、そして、それが¨※¨ことがある【・※←引き起こす【・*を |*←副作用《複数》 】┃。

¨副作用《複数》{☆の}¨【・☆←化学療法】__は依存する【・*に |*←投与する薬のタイプや投与量、投与する期間の長さ 】┃。    副作用は ¨※¨ことがある【・※←含む【・*を |*←以下の症状《複数》】 :
◇脱毛
◇口内炎
◇感染症に対する抵抗の減退(白血球数低下による)
◇簡単にあざができたり、出血する(血小板数の低下による)
◇疲労感(赤血球数の低下による)
◇食欲減退、吐き気・嘔吐《これらの副作用《複数》は部分的には¨※¨である【・※←¨結果{☆の}¨【・☆←腸管の細胞への¨ダメージ{☆による}¨【∵☆←化学療法剤《複数》】__、が、¨影響{☆の}{ § への}¨【・☆←いくらかの薬《複数》・】【・§←脳の一部の¨領域《複数》{★ところの}¨【・★←コントロールしている【・*を |*←食欲や嘔吐】__も¨※¨ことがある【・※←原因となる・】。》

これらの副作用《複数》は¨※¨である【・※←通常は一時的・】、そして、解消する【・*の後に…|*←治療が完了した・】。

必ず、話してほしい【・*と |*←がん治療チーム・】【・どのような*についても |*←¨副作用{★ところの}¨【・★←患者さんが経験している】__、【・何故なら*であるから…|*←¨方法{☆のための}¨【・☆←副作用の軽減】__が しばしば存在している 】┃。    例えば、¨※¨ことができる【・※←投与する【・*を |*←薬《複数》【・*と併行して |*←化学療法剤《複数》【・*のために |*←予防したり軽減する【・*を |*←吐き気や嘔吐 】┃。    ¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←知られている【・*として |*←成長因子《G-CSF、GM-CSF など》】__が¨※¨ことがある【・※←投与される【・*のために |*←@回復させる【・*を |*←化学療法後の白血球数減少】| -AND SO- |A低下させる【・*を |*←感染症リスク 】┃。

【・*の場合… |*←白血球が非常に低下した【・*の間に |*←治療】__、患者さんは¨※¨ことができる【・※←軽減する【・*を |*←感染のリスク【・*により |*←慎重に避ける【・*を |*←細菌との接触 】┃。    注意してほしい【・*に |*←以下の事項《複数》【・*の間 |*←この期間・】 :
◇頻繁に手を洗う。
◇避ける【・*を |*←生の果物や、その他の¨食物{★ところの}¨【・★←¨※¨ことの可能性がある【・※←持つ【・*を |*←細菌《複数》 】┃。
◇させる【・▽が¨§¨するように|▽←他の人たち|§←確実に手を洗う【・*の場合 |*←訪問する【・*を |*←患者さん 】┃。
◇避ける【・*を |*←人混みや病気の人・】。   マスクの着用は¨※¨ことがある【・※←提供する【・*を |*←一定の¨予防{☆に於ける}¨【・☆←左記のような状況《人混みや病気の人との近接》 】┃。

もう一つの重要な¨方法{☆のための}¨【・☆←守る【・*を |*←¨患者さん{★ところの}¨【・★←白血球が低下している【・*から |*←感染症】__は¨※¨である【・※←¨治療{☆による}¨【・☆←強力な抗生物質《複数》 】┃。    抗生物質《複数》は¨※¨ことがある【・※←投与される【・@*よりも前に…|*←感染の徴候がみられる|| -OR- ||A*のときに直ちに…|*←最初の¨徴候{『 』という}¨『感染症があるかも知れない』__が見られた 】┃。

【・*の場合… |*←血小板数が低い・】、¨※¨ことがある【・※←実施する【・*を |*←血小板輸血【・*のために |*←予防する【・*を |*←出血 】┃。    同様に、¨息切れや過度の疲労感{★ところの}¨【・★←起きる【・*により |*←赤血球数低下】__は 治療可能である【・*により |*←治療薬や赤血球輸血 】┃。

【・*の理由で…|*←多くの¨副作用《複数》{☆の}¨【・☆←化学療法】__は起きる【・*により |*←白血球数の低下】__、いくらかの患者さんでは、¨※¨は☆である【・※←フォローする【・*を |*←自分自身の赤血球数【・☆←有用 】┃。    【・*の場合… |*←患者さんが興味がある【・*に |*←この情報】__、遠慮しないで要求してほしい【・▽が¨§¨するように|▽←医者や看護婦|§←患者さんに報告する【・*を |*←患者さんご自身の赤血球数、その他の血液検査の結果、そのような検査結果の意味 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 3, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

その他の治療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

◇外科手術(概略ご紹介を省略します。原文をお読みください)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介がなかなか間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

ステージごとの治療


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨治療のタイプ{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==医者 が 推奨する 】━━ は 依存する--【・*に |*←@¨タイプ、及び、ステージ{☆の}¨ ~【 ☆←[その]がん】|-そして-|A患者さん の 全体的な健康状態 】┃。    このセクション は サマリーする--【・*を |*←¨治療選択肢《複数》{ ∬ (される)}¨ ~【 ∬=通常 考慮される--【・*のために |*←それぞれの¨タイプ、及び、ステージ{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺がん 】┃。

〔 甲状腺乳頭様がん、及び、その変種《複数》 〕

- ステージ I - :葉切除術《 ¨切除{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺の罹患した側だけ 》━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←[一つの]選択肢--【・もし『 』なら…|@[その]患者さん_が ¨※¨である 【・※←かなり若年】|-そして-|A[その]腫瘍_が ¨※¨である 【・※←小さい《 直径 1cm 程度未満 》】|-そして-|B¨※¨が 存在しない 【・※←がん の徴候--【・*に於いて |*←[その]リンパ節《複数》、又は、もう一方の甲状腺 葉(否定) 』】┃。    甲状腺切除術_が、また、 ¨※¨である 【・※←[一つの]¨選択肢{ ∬ (する)ことのための}¨ ~【 ∬=治療する--【・*を |*←これらの がん 《複数》 】┃。    放射性ヨウ素《 RAI 》治療 が 時として使用される--【・*の後に |*←甲状腺切除術】━━、しかし、[その]¨治癒率{☆による}¨ ~【 ☆←外科手術だけ】━━_は ¨※¨である 【・※←優れている 】┃。    --【・*の場合… |*←あまり ありそうにない再発のイベント】━━、放射性ヨウ素《 RAI 》治療 が 依然として¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=提供される 】┃。

--【・もし『 』なら…|@患者さん_が ¨※¨である 【・※←約 15 歳未満、又は、約 45 歳超】|-又は-|A腫瘍 が 成長している--【・*へ |*←甲状腺をカバーしている被膜の外側】|-又は-|B¨※¨が 存在する 【・※←明確な¨拡大{☆への}¨ ~【 ☆←リンパ節《複数》 』】━━、医者《複数》 は 優先する--【・*を |*←甲状腺切除術--【・*を含めて |*←¨切除、及び、顕微鏡 での 検査{☆の}¨ ~【 ☆←[その]リンパ節《複数》 】┃。    放射性ヨウ素《 RAI 》治療 が、また、しばしば使用される--【・特に もし『 』なら…|『¨※¨が 存在する 【・※←何らかの¨徴候《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←残存病変 』】┃。

--【・*に かかわらず… |*←がん のサイズ、及び、手術のタイプ《 葉切除術、又は、いくらかのタイプの甲状腺切除術 》】━━、甲状腺ホルモン が 投与される--【・*の後に |*←手術 】┃。    --【・『 』の場合…|『放射性ヨウ素《 RAI 》治療 が 予定されている 』】━━、¨開始{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺ホルモン治療】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=遅らせる--【・『 』まで…|『[その]治療 が 終了する《 通常 手術後 約 6 週間 》】┃。

いくらかの医者《複数》 は 推奨する--【・*を |*←中心区画リンパ節切除《 ¨外科的 切除{☆の}¨ ~【 ☆←¨リンパ節《複数》{§(の性質の)}¨ ~【 §←甲状腺に隣接している 】 》 】┃。    --【・『 』であるが…|『この手術 は 示されてきて在らない--【 ∬ (する)ことが | ∬=改善する--【・*を |*←生存 】 』】━━、それ は 低下させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ~【 ☆←頸部 での 再発 】┃。    それ は 、また、させる--【・*を § に ||*←正確なステージ決め| § ← より容易 】┃。

- ステージ II 〜 IV - :大部分の患者さん《複数》 は 受ける--【・*を |*←[一つの]全的に近い甲状腺切除術、又は、全的 甲状腺切除術--【・*と共に |*←¨切除、及び、顕微鏡的な検査{☆の}¨ ~【 ☆←近くのリンパ節《複数》 】┃。    センチネルリンパ節 生検 が 時として実施される━━、しかし、これ は 未だ¨※¨ではない 【・※←標準的 】┃。    いくらかの医者《複数》 は 推奨する--【・*を |*←中心区画リンパ節切除《 ¨外科的 切除{☆の}¨ ~【 ☆←¨リンパ節《複数》{§(の性質の)}¨ ~【 §←甲状腺に隣接している 】 》 】┃。    --【・『 』であるが…|『これ は 示されてきて在らない--【 ∬ (する)ことが | ∬=改善する--【・*を |*←生存 】 』】━━、それ は 低下させる--【・*を |*←局所再発のリスク 】┃。    それ は 、また、させる--【・*を § に ||*←正確なステージ決め| § ← より容易 】┃。    --【・『 』の場合…|『がん が 拡大してきて在る--【・*へ |*←その他の頸部リンパ節《複数》 』】━━、[一つの]修正 根治的 頸部リンパ節切除術《 [一つの] より広範な外科的な¨除去{☆の}¨ ~【 ☆←頸部のリンパ節《複数》 》】━━ が しばしば実施される┃。

放射性ヨウ素《 RAI 》治療 が しばしば使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=@破壊する--【・*を |*←外科手術後に残存している がん 細胞《複数》 】|-そして-|A治療する--【・*を |*←いかなる未検出の¨がん { ¶ ところの}¨ ~【 ¶==頸部、や、その他の身体の部分に残存していて、ヨウ素を取り込む 】┃。    外部線源放射線療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される--【・*のために |*←¨がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==取り込まない--【・*を |*←ヨウ素 】┃。    甲状腺ホルモン療法も、また、使用される┃。

- 再発性のがん - :¨治療{☆の}¨ ~【 ☆←¨がん { ¶ ところの}¨ ~【 ¶==再発する--【・*の後に |*←初回の治療 】━━ は 主として依存する--【・*に |*←[その]がん の位置】━━--【・『 』であるが…|『その他の要因《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=同様に重要 』】┃。    --【・もし『 』なら…|『[その]がん の位置 が 突き止められる、そして、切除可能であると思われる 』】━━、外科手術 が しばしば使用される┃。    --【・もし『 』なら…|『[その]がん が 現れる--【・*の上に |*←放射性ヨウ素スキャン《 つまり、[その]細胞《複数》 が 取り込んでいる--【・*を |*←ヨウ素 》】━━、放射性ヨウ素《 RAI 》治療 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される】《※の いずれかで |※←単独、又は、外科手術との併用 》 】┃。    --【・もし『 』なら…|『[その]がん が 現れない--【・*の上に |*←[その]スキャン】━━、しかし、見出される--【・*により |*←その他の画像検査《複数》《 MRI のような 》】━━、外部線源放射線療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される 】┃。    化学療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=試みられる--【・もし『 』なら…|『[その]がん が 拡大してきて在る--【・*へ |*←いくつかの箇所《複数》《 そして、放射線療法 が 有効でない場合 》】━━、--【・『 』であるが…|『医者《複数》 は 依然として試みつつある--【 ∬ (する)ことを | ∬=見つける--【・*を |*←効果的な¨薬《複数》{☆のための}¨ ~【 ☆←この病気 】 』】┃。    もう一つの選択肢_は ∬ (する)ことである 【 ∬=参加する--【・*に |*←[一件の]¨臨床試験{☆の}¨ ~【 ☆←新しい治療法《複数》 】┃。

〔 甲状腺濾胞がん、及び、ヒュルツル細胞がん 〕

- ステージ I 〜 IV - :大部分の医者《複数》 は 推奨する--【・*を |*←全的に近い、又は、全的な甲状腺切除術--【・*のために |*←これらのタイプの甲状腺がん 】┃。    この手術 は 後で、させる--【・*を § に ||*←放射性ヨウ素《 RAI 》治療| § ← より効果的 】┃。    --【・*に於いて… |*←稀なケース《複数》】━━、[一つの]¨葉切除術{☆の}¨ ~【 ☆←[その]甲状腺の罹患した側】━━ が 代わりに¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=実施される--【・*のために |*←小サイズのがん 《複数》 】┃。    --【・*と同様に… |*←甲状腺乳頭様がんの場合】━━、いくつかのリンパ節《複数》 が 切除され、検査される┃。    --【・もし『 』なら…|『がん が 拡大してきて在る--【・*へ |*←リンパ節《複数》 』】━━、[一つの]中心区画リンパ節切除、又は、修正根治的 頸部切除術《 頸部リンパ節《複数》の外科的切除 》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=実施される 】┃。    --【・『 』の理由で…|『[その]甲状腺 が 切除される 』】━━、患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=必要とする--【・*をも |*←甲状腺ホルモン療法 】┃。

放射性ヨウ素スキャン が 通常 実施される--【・*の後に |*←外科手術--【 ∬ (する)ことのために | ∬=探す--【・*を |*←¨領域《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=依然として取り込んでいる--【・*を |*←ヨウ素 】 】┃。    ¨拡大{☆への}¨ ~【 ☆←近くのリンパ節《複数》、や、遠くの個所《複数》】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=治療される--【・*により |*←放射性ヨウ素 】┃。    --【・*の場合… |*←¨がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==取り込まない--【・*を |*←ヨウ素 】】━━、外部線源放射線療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=@治療する--【・*を |*←[その]腫瘍】|-又は-|A防ぐ--【・*を |*←頸部 での 再発 】┃。

遠隔の転移《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要とする--【 ∬ (される)ことを | ∬=治療される--【・*により |*←外部線源放射線療法、又は、化学療法 】--【・もし『 』なら…|『それら が 反応しない--【・*に |*←放射性ヨウ素 』】┃。

- 再発性のがん - :¨選択肢《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~【 ∬=治療する--【・*を |*←¨がん { ¶ ところの}¨ ~【 ¶==再発した--【・*の後に |*←初回の治療 】━━ は 基本的に¨※¨である 【・※←同一--【・*と |*←再発性の甲状腺乳頭様がん《 上記を参照 》 】┃。

〔 甲状腺髄様がん 〕

大部分の医者《複数》 は アドバイスする【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ~【 ∬=診断された【・※であると|※←甲状腺髄様がん 】━━ は 検査を受ける--【・*について |*←その他の¨腫瘍《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==¨※¨である 【・※←典型的に見られる--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~【 ☆←多発性内分泌腫瘍症 2 型 症候群《複数》 《 クロム親和性細胞腫、及び、副甲状腺 腺腫のような 》┃。    ¨検査{☆のための}¨ ~【 ☆←クロム親和性細胞腫】━━_は ¨※¨である 【・※←特に重要--【・『 』であることから…|『[その]¨知られずに存在していること{☆の}¨ ~【 ☆←この腫瘍】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=させる--【・*を § に ||*←麻酔、及び、外科手術| § ←極度に危険 』】┃。    --【・もし『 』なら…|『それらの腫瘍について事前に警告される 』】━━、外科医《複数》、及び、麻酔医《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=内科的に事前治療する--【・*を |*←当該患者さん--【 ∬ (する)ことのために | ∬=させる--【・*を § に ||*←外科手術| § ←安全的 】┃。

- ステージ I、及び、II - :甲状腺 全切除術_が ¨※¨である 【・※←[その]主要な¨治療{☆のための}¨ ~【 ☆←甲状腺髄様がん】━━、そして、しばしば治癒する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~【 ☆←ステージ I、又は、II の甲状腺髄様がん 】┃。    領域のリンパ節《複数》も、また、通常切除される《 中心区画リンパ節切除、又は、修正根治的 頸部切除術 》┃。    甲状腺ホルモン療法 は 常に実施される--【・『 』であることから…|『甲状腺全切除術 後には、[その]患者さん は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=産生することができない--【・*を |*←¨甲状腺ホルモン療法{ ∬ (する)ことのための}¨ ~【 ∬=健康でいる 】 』】┃。    --【・『 』であるが…|『甲状腺ホルモン療法 は 低下させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺乳頭様がん、及び、甲状腺濾胞がん の 再発』】━━、それ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=低下させる (の否定)--【・*を |*←¨可能性{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺髄様がん の 再発 】┃。

--【・『 』の理由で…|『甲状腺髄様がん の 細胞《複数》 は 取り込まない--【・*を |*←放射性ヨウ素 』】━━、¨※¨は 存在しない 【・※←¨役割(否定){☆の}¨ ~【 ☆←放射性ヨウ素《 RAI 》治療--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ~【 ☆←甲状腺髄様がん 】┃。    それでも、いくらかの医者《複数》 は アドバイスする--【 ∬ (する)ことを | ∬=投与する--【・*を |*←[一つの]用量の放射性ヨウ素《 RAI 》 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=破壊する--【・*を |*←いかなる残存している正常甲状腺の組織 】┃。    --【・もし『 』なら…|『甲状腺髄様がん の 細胞《複数》 が 存在している--【・*に |*←甲状腺の内部、又は、近く 』】━━、これ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=影響する--【・*にも |*←それら 】┃。

- ステージ III 、及び、IV - :外科手術_は ¨※¨である 【・※←同一--【・*と |*←ステージ I/II の場合】《 通常 --【・*の後に |*←¨検査{☆のための}¨ ~【 ☆←多発性内分泌腫瘍症 2 型 症候群、及び、クロム親和性細胞腫 》 】┃。    甲状腺ホルモン療法 が その後 実施される┃。    --【・『 』の場合…|『[その]腫瘍_が ¨※¨である 【・※←広範】━━、そして、浸潤する--【・*に |*←多くの近くの組織《複数》】━━、又は、¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=完全に切除される 』】━━、外部線源放射線療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=低下させる--【・*を |*←¨リスク{☆の}¨ ~【 ☆←頸部 での 再発 】┃。

- 再発性のがん - :外科手術、外部線源放射線療法、又は、化学療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=必要となる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←¨再発性の病気{☆に於ける}¨ ~【 ☆←頸部、又は、身体のその他の部分《複数》 】┃。    ¨臨床試験《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←新しい治療法《複数》】━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←もう一つの選択肢--【・もし『 』なら…|『標準的な治療《複数》_が ¨※¨ではない 【・※←効果的 』】┃。

- 甲状腺髄様がん での 遺伝子検査 - :(原文をお読みください)

〔 未分化のがん 〕

- ステージ IV (*) - :

(*)全ての未分化の甲状腺がん は 分類される--【・*として |*←ステージ IV 】┃。

外科手術 は 使用されることも されないこともある--【・『 』の理由で…|『それ は しばしば広範囲拡大している--【・*の時点で |*←診断 』】┃。    --【・もし『 』なら…|『[その]がん が 限局している--【・*に |*←[その]¨局所領域{☆の周囲の}¨ ~【 ☆←[その]甲状腺 』《 これ は 稀であるが 》━━、甲状腺全切除術 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=実施される 】┃。    ¨目標{☆の}¨ ~【 ☆←外科手術】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=除去する--【・*を |*←出来るだけ多くの¨がん {☆に於ける}¨ ~【 ☆←頸部の領域】《 理想的には、残さない--【・*を |*←がん の組織 》 】 】┃。    --【・*の理由から… |*←¨やりかた{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==未分化の甲状腺がん が 拡大する 】】━━、このこと_は ¨※¨である 【・※←しばしば困難、又は、不可能 】┃。    局所的な¨拡大{☆への}¨ ~【 ☆←重要な¨構造《複数》{☆の内部の}¨ ~【 ☆←頸部《 [その]気管、動脈《複数》、etc. 》━━_が ¨※¨である 【・※←原因となる--【・*のための |*←大部分の¨死亡《複数》{☆からの}¨ ~【 ☆←このタイプの甲状腺がん 】┃。

外部線源放射線療法《 単独、又は、化学療法との併用で 》━━ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される 】 :

◇--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←[その]病気--【・*の前に |*←外科手術 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=増加させる--【・*を |*←¨チャンス{☆の}¨ ~【 ☆←完全な がん の除去 】┃。
◇--【・*の後に |*←外科手術--【 ∬ (する)ことのために | ∬=試みる--【 ∬ (する)ことを | ∬=コントロール--【・*を |*←いかなる¨病気{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==残存している--【・*に |*←頸部 】┃。
◇--【・『 』の場合…|『[その]腫瘍_が ¨※¨である 【・※←あまりにも¨#1¨なので¨#2¨である 【・#1←大きい、又は、広範に拡大している 【・#2←外科手術 で 治療できない 』】┃。

--【・もし『 』なら…|『[その]がん が 引き起こしている《 、又は、その可能性がある 》--【・*を |*←呼吸困難 』】━━、[一つの]穴《 気管開口形成術 》__ が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=外科的に設置される--【・*に |*←頸の前部--【 ∬ (する)ことのために | ∬=バイパスさせる--【・*を |*←[その]腫瘍】━━、そして、可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←[その]患者さん| ∬= より快適に呼吸する 】┃。

--【・*のためには… |*←¨がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==拡大してきて在る--【・*へ |*←遠隔の箇所《複数》 】】━━、化学療法 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=使用される】《 時として放射線療法との併用で--【・もし『 』なら…|『[その]がん が あまり広範に拡大していない 』】 》 】┃。    ¨臨床試験《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←新しい治療《複数》】━━ も ¨※¨である 【・※←[一つの]選択肢 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 3, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

研究・治療の新動向


本コーナーでは、最下段に記したサイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

重要な¨研究{☆に関する}¨ ~【 ☆←甲状腺がん】━━ が 現在も進展中である--【・*に於いて |*←多くの大学病院《複数》、医療センター《複数》、及び、その他の施設《複数》--【・*で |*←全米 】┃。    毎年、科学者《複数》 は 見出す--【・*を |*←さらに多く--【・*について |*←//何が引き起こすのか--【・*を |*←[その]病気】//どのように予防すべきか--【・*を |*←[その]病気】//どのように改善すべきか--【・*を |*←治療 】┃。    過去数年間に於いて、例えば、証拠 が 増加してきて在る、《 示して--【・*を |*←¨利益《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~【 ∬=併用する--【・*を |*←外科手術--【・*と |*←放射性ヨウ素《 RAI 》治療、及び、甲状腺ホルモン療法 】 》 】┃。    [その]結果《複数》 は 含む--【・*を |*← より高い治癒率《複数》、 より低い再発率《複数》、及び、 より長期間の生存期間 】┃。

〔 遺伝子学 〕

最近の¨同定{☆の}¨ ~【 ☆←[その]遺伝子的な¨原因《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←家族性の甲状腺髄様がん】━━ は 今や 可能にさせる--【 ∬ (する)ことを | ∬=@明らかにする--【・*を |*←¨家族メンバー《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~【 ∬=持っている--【・*を |*←[その]異常な遺伝子 】|-そして-|A予防する--【・*を |*←がん の発症 】┃。

研究者《複数》_は ¨※¨である 【・※←楽観的【・『 』ということについて… |『¨進歩{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ~【 ∬=理解する--【・*を |*←[その]異常な¨遺伝子{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==引き起こす--【・*を |*←家族性でない甲状腺がん《 特に 甲状腺乳頭様がん》 】━━ は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=最終的に導く--【・*へ |*← より良好な治療 』┃。

〔 治療 〕

新しい¨治療《複数》{☆のための}¨ ~【 ☆←甲状腺がん】━━ が テストされつつある--【・*に於いて |*←いくつかのタイプの臨床試験《複数》 】┃。

- 化学療法 - :いくつかの研究《複数》 は テストしつつある--【・*を |*←¨価値{☆の}{ ★ に於ける}¨ ~【 ☆← @より新しい¨化学療法剤《複数》{☆のような}¨ ~【 ☆← paclitaxel、及び、その他の薬《複数》】|-そして-|A併用化学療法、や、放射線療法~【 ★←¨治療{☆の}¨ ~【 ☆←未分化の甲状腺がん 】┃。

- 分子標的治療薬 - :一般的に、甲状腺がん は 見られていない--【 ∬ (する)と | ∬=良好に反応する--【・*に |*←化学療法 】┃。    しかし、エキサイティングなデータ が 現れつつある--【・*について |*←いくつかの より新しい分子標的治療薬《複数》 】┃。    --【・*と異なり… |*←標準的な化学療法剤《複数》、《[ これらの]薬《複数》は 効果を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=攻撃する--【・*を |*←高速に成長している細胞《複数》全般《がん 細胞《複数》を含めて》 】》】━━、分子標的治療薬《複数》 は 攻撃する--【・*を |*←¨特定的な標的《複数》{☆の上の}¨ ~【 ☆←がん 細胞《複数》 】┃。

チロシンキナーゼ抑制薬《複数》 : [一つの]クラスの分子標的治療薬《複数》であるチロシンキナーゼ抑制薬《複数》 は 既に成功的に使用されてきて在る--【・*に於いて |*←いくつかのその他のタイプのがん 】┃。    これらの薬《複数》 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=逆転させる--【・*を |*←[その]異常な¨成長{☆の}{ ¶ ところの}¨ ~【 ☆←甲状腺がん の 細胞《複数》~【 ¶==結果として起きる--【・*から |*←いくつかの遺伝子《複数》の変異《複数》《 BRAF や RET/PTC といった遺伝子 》 】┃。    ¨いくつか{☆の}¨ ~【 ☆←¨チロシンキナーゼ抑制薬《複数》{ ∬ (されている)}¨ ~【 ∬=現在臨床試験でテストされている--【・*に対して |*←甲状腺がん 】━━ は 含む--【・*を |*← sorafenib、sunitinib、motesanib 、及び、axitinib 】┃。    初期的な、小規模な研究《複数》 は 示してきて在る--【・*を |*←いくつかの有望的な結果《複数》】━━、しかし、 より多くの研究 が 必要である--【・『 』の前に…|『これらの薬《複数》 が 定型的に使用される--【・*のために |*←甲状腺がん 』】┃。

抗−血管新生薬《複数》 : --【・『 』に従い…|『腫瘍《複数》 が 成長する 』】━━、それら は 必要とする--【・*を |*←[一つの] より多量の血液供給--【 ∬ (する)ことのために | ∬=得る--【・*を |*←十分な栄養《複数》 】┃。    腫瘍《複数》 は 実現する--【・*を |*←このこと--【 ∬ (する)ことにより | ∬=引き起こす--【・*を |*←新しい血管の形成 】 】┃。    抗−血管新生薬《複数》 は 効果を表す--【 ∬ (する)ことにより | ∬=混乱させる--【・*を |*←これらの新しい血管《複数》 】 】┃。    いくつかの¨チロシンキナーゼ抑制薬《複数》{ ∬ (された)}¨ ~【 ∬=上記にリストされた 】━━ は 持つ--【・*を |*←抗−血管新生の特性《複数》 】┃。    もう一つの¨薬{☆を有する}¨ ~【 ☆←これらの特性《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※← combretastatin A-4 phosphate (CA4P)】━━、そして、この薬 は 示してきて在る--【・*を |*←いくつかの有望的な早期結果《複数》】━━、そして、現在、テストされつつある--【・*に於いて |*← より大規模な研究《複数》 】┃。

モノクロナル抗体《複数》 : モノクロナル抗体《複数》_は ¨※¨である 【・※←¨人工バージョン《複数》{☆の}{ ¶ ところの}¨ ~【 ☆←免疫系の蛋白質《複数》~【 ¶==デザインされた--【 ∬ (する)ことのために | ∬=攻撃する--【・*を |*←[一つの]非常に特異的な標的 】┃。    研究《複数》 は テストしつつある--【・*を |*←放射性ラベルをしたモノクロナル抗体《複数》《 モノクロナル抗体に放射性物質を結合したもの 》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←甲状腺髄様がん 】┃。    がん胎児性抗原《 CEA 》_は ¨※¨である 【・※←[一つの]¨蛋白質{ ¶ ところの}¨ ~【 ¶==通常は存在しない--【・*に |*←成人の組織《複数》 】┃。    しかし、多くの甲状腺髄様がん《複数》 は 産生する--【・*を |*← CEA 】┃。    --【・『 』であることから…|『放射性ヨウ素《 RAI 》治療_は ¨※¨ではない 【・※←有用的--【・*に於いて |*←甲状腺髄様がん】━━--【・『 』の理由で…|『甲状腺髄様がん は 取り込まない--【・*を |*←ヨウ素 』】 』】━━、¨能力{ ∬ (する)ことの}¨ ~【 ∬=与える--【・*を |*←放射線--【・*に |*←甲状腺髄様がん--∬ (する)ことにより | ∬=結合する--【・*を |*←放射性物質--【・*と |*←抗− CEA 抗体《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=¨※¨である 【・※←有望的 】┃。    ¨研究《複数》{☆の}¨ ~【 ☆←この技術】━━ は 現在進展中である┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 3, 2007 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

*************************
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他