目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(消化管系)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 胃がん=Stomach Cancer、又は、Gastric Cancer


資料 D=_ステージ IV_の_胃がん_の_治療(資料ご紹介の作成年月=09/5)


資料名=CancerConsultants


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=9/19/2007 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_】━━_は 持つ--【・*を |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_浸潤している--【・*に |*←隣接の構造《複数》 、及び、 _リンパ節_《複数》】|-又は-|■_拡大して在る--【・*へ |*←遠隔 箇所《複数》 】┏┓。

…(中略: がん _治療_の目的に関する一般的説明)…

以下の記述_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_一般的な_概観{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_ 】┏┓。    環境《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §←ユニーク_(・*に於いて |*←_患者さん_の状況 】━━ 、及び、 ¨¨_予後`因子_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_患者さん_の がん 】━━ が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=究極的に影響する--【・*に |*←『どのようにして、これらの_一般的な__治療_原則《複数》 が 適用されるのか 』 】┏┓。    情報{☆の}¨ ⌒〔 ☆←このサイト(*)】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=助ける--【 ∬ (する)ことを | ∬=■_教育する--【・*を |*←_患者さん《複数》_--【・*について |*←_治療__選択肢_《複数》】|-そして-|■_容易にする--【・*を |*←〈一つの〉¨¨相互の 、又は、 共有された 意思決定プロセス {☆との}¨ ⌒〔 ☆←主治医】┏┓。

(*)言うまでもなく、CancerConsultants のサイトのことです。

大部分の新しい_治療_《複数》 は 開発される--【・*に於いて |*←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    _臨床試験《複数》__は ¨※¨である 【・※←_研究_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==評価する--【・*を |*←_有効性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_薬_《複数》 、又は、 _治療__戦略_《複数》 】┏┓。    開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆← より_効果的_な がん _治療_《複数》】━━ は 必要とする【・『 』ということを… |『新しい、そして、革新的な_治療_《複数》 が 評価される--【・*により |*← がん _患者さん《複数》_ 』 】┏┓。    参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_臨床試験_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_提供する--【・*を |*←アクセス{☆への}¨ ⌒〔 ☆← より良好な_治療_】|-そして-|■_進歩させる--【・*を |*←〈その〉既存の知識{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん 】┏┓。    _臨床試験《複数》__は ¨※¨である 【・※←存在している--【・*のために |*←大部分の_ステージ_《複数》の がん 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==興味がある--【 ∬ (する)ことに | ∬=参加する--【・*に |*←〈一件の〉_臨床試験_ 】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=ディスカスする--【・*を |*←¨¨リスク《複数》 、及び、 _利益_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験《複数》_--【・*と |*←彼らの主治医 】┏┓。    --【・*のためには… |*←確実にする【・『 』ということを… |『_患者さん_《複数》 が 受けている--【・*を |*←〈その〉最適な_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←当該_患者さん《複数》_の がん 』】━━、それ《 ∬ すること(右記)》━━ が 重要である……∬=■_¨※¨の状態にある【・※←十分な情報を得ている】|-そして-|■_フォローする--【・*を |*←〈その〉 がん の ニュース--【 ∬ (する)ことのために | ∬=学ぶ--【・*について |*←新しい_治療_《複数》、や、_臨床試験《複数》_の_結果《複数》_ 】┏┓。

最適な¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_】━━ は しばしば必要とする--【・*を |*← 1 種類よりも多い_治療_アプローチ《複数》 】┏┓。    そのようなわけで、それ《 §(右記)》━━は重要である 【・§←『_患者さん《複数》_ が _治療_される--【・*に於いて |*←〈一つの〉医療センター{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=提供する--【・*を |*←_集学的__治療_{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=巻き込む--【・*を |*←_内科`_腫瘍_医《複数》、 _放射線__腫瘍_医《複数》、 外科医《複数》、 胃腸科医《複数》 、及び、 管理栄養士《複数》 】 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Overview

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_外科手術_だけによる__第一次的_治療_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

_一般的に、 _外科手術_単独 は 通常 推奨されない--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_--【・*以外は |*←_緩和_治療_の目的 】┏┓。    大部分の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_】━━ は _治療_される--【・*により |*←〈一つの〉_併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_、_化学療法_、_放射線`療法_ 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_】━━ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=考慮する_【・*を |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉医療センター{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_外科チーム{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_持つ_【・*を |*← 熟練】|-そして-|■_治療する_【・*を |*←多数の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_--【・毎年】┏┓。

…(中略)…

--【 ∬ (する)ことのためには… | ∬=学ぶ_【・*を |*← より多くのこと{☆に関する}¨ ⌒〔 ☆←_外科的__治療_ 】━━、参照されたい_【・*を |*←「_外科手術_、と、_胃がん_」の項目(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Surgery Alone as Primary Treatment

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

補助療法_《手術後 の _治療_》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
*****blg↓********************

それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である……∬=理解しておく_【・『 』ということを… |『いくらかの_患者さん《複数》_{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_】━━_は 既に 持つ_【・*を |*←少量の がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==■_拡大して在る--【・*の中へ |*←〈その〉_リンパ節_《複数》】|-そして-|■_¨ ∬ ¨(する)ことができない 【 ∬=検出される(の否定)--【・*により |*←如何なる、現在 存在している検査法《複数》 】 』 】┏┓。    _非−検出可能的な領域{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん 】━━ は ¨※¨と呼ばれる【・※←微小_転移_《複数》 】┏┓。    それ《=『 』ところのこと(右記)》━━は ¨※¨である 【・※←存在{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`転移_《複数》】……【・=『引き起こす--【・*を |*← がん の_再発_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_だけ 』 】┏┓。    〈一つの〉_効果的__治療__が 必要となる--【 ∬ (する)ことのために | ∬=除去する_【・*を |*←_微小`転移_《複数》--【・*から |*←〈その〉身体 】--【 ∬ (する)ことのために | ∬=改善する_【・*を |*←_患者さん_の_生存期間_ 、及び、 治癒の可能性 】┏┓。     がん の_治療_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_局所__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_】━━ は ¨※¨と呼ばれる【・※←_補助療法_】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=含む_【・*を |*←_化学療法_、_放射線`療法_、_生物学`的__治療_ 】┏┓。

数件の_臨床試験《複数》_ が 示唆して在る【・『 』ということを… |『_化学療法_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*の後に |*←_外科手術_】━━ が ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_予防_する_【・*を |*←いくらかの がん _再発_《複数》 』__ : __、しかし、¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_その他の__臨床試験《複数》_】━━ は 示して在らない_【・*を |*←この_効果_ 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことをすべく | ∬=決める_【・*を |*←_有効性_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_⌒〔 ★←_再発__予防_ 】━━、¨¨医者《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←カナダ】━━ が 分析した_【・*を |*←¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← 13 件の大規模な_臨床試験《複数》_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==比較した_【・*を |*←_補助`化学療法_による_治療_--【・*と |*←追加_治療_無しの場合 】--【・*の後に |*←_外科手術_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 】┏┓。    彼ら は 見出した_【・*を |*←〈一つの〉若干の_利益_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_補助`化学療法_ 】┏┓。    〈その〉_結果《複数》_ は 示した_【・『 』ということを… |『 65%の¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_外科手術_だけ 】━━ は 経験した_【・*を |*←〈一つの〉_再発_--【・*と比較して |*←約 61%の¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた--【・*を |*←_補助`化学療法_ 】 』┏┓。    〈その〉最大の_利益_ は ¨ ∬ ¨(する)ようであった 【 ∬=存在する--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← より最新の_化学療法剤_《複数》 】┏┓。    --【・*にわたり… |*←〈その〉過去 数年間】━━、いくつかの¨¨_化学療法剤_《複数》{ ¶ ところの}¨━━ が 開発されて在る⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)ようである 【 ∬=持つ_【・*を |*← より多くの_抗_− がん _活性_ 】━━、そして、それらの_薬_《複数》 は 評価されつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。

¨結果《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一件の〉_大規模__多施設__臨床研究_】━━ が 、また、示す_【・『 』ということを… |『_補助療法_ は _有意_に改善する_【・*を |*←_生存_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_】━━、そして、それ は ¨ ∬ ¨(する)べきである 【 ∬=¨※¨になる【・※←〈その〉_標準的_ケア{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←この_病気_ 』 】┏┓。    〈その〉_臨床試験_ は 含んだ_【・*を |*← 500 名以上の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_⌒〔 ¶==受けた_【・*を |*←_外科手術_だけ 、又は、 _外科手術_ + _化学`放射線`療法_ 】┏┓。    全ての_患者さん《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_研究_】━━ は 受けた_【・*を |*←_外科手術_{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_切除_する_【・*を |*← がん 】━━、そして、持った_【・*を |*←〔何も無い( no )証拠 〕{☆の}¨ ⌒〔 ☆←残存 がん --【・*の後に |*←_外科手術_ 】┏┓。    半数の_患者さん《複数》_ は その後 受けた_【・*を |*←_補助`化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 5-fluorouracil + leucovorin + _放射線`療法_ 】┏┓。    _外科手術_の 3 年後_、 50%の_患者さん《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_治療_された --【・*により |*←_外科手術_ 、と、 それに続いての_化学`放射線`療法_】━━ が _生存_していた、--【・*と比較して |*←わずかに 41%の¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_外科手術_だけ 】┏┓。    _治療_の 3 年後_、 48%の¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_補助療法_ 】━━ が _生存_していた--【・*無しに |*← がん の_再発_--【・*と比較して |*←わずかに 31%の¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*←_外科手術_だけ 】┏┓。    〈その〉平均 _生存期間_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 27 ヶ月間】、--【・*と比較して |*← 36 ヶ月間{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*←_外科手術_ + _補助療法_ 】┏┓。

もう一つの_臨床試験_ は 評価した_【・*を |*←_補助`化学療法_《 _放射線`療法_無しの 》--【・*に於いて |*←_胃がん__患者さん《複数》_ 】┏┓。    全ての_患者さん《複数》_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←この_臨床試験_】━━_は 持った_【・*を |*← がん { ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==拡大して在る--【・*に |*←近くの_リンパ節_《複数》 】━━、そして、¨※¨であった 【・※←_有資格_(・*のために |*←_治癒的__外科手術_ 】┏┓。    半数の_患者さん《複数》_ は 受けた_【・*を |*←_併用__化学療法_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← epidoxorubicin + leucovorin + 5-fluorouracil--【・*にわたり |*←_外科手術_後の 7 ヶ月間】━━、一方、 半数の_患者さん《複数》_ は 受けた_【・*を |*←〔何も無い( no )_補助療法_ 〕《 コントロール_グループ_ 》 】┏┓。    _治療_から 5 年後_、 30%の¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*←_補助`化学療法_ 】━━_は ¨※¨であった 【・※←_生存_していた】、--【・*と比較して |*←わずかに 13%{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←コントロール_グループ_ 】┏┓。    〈その〉平均_生存期間_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 31 ヶ月間--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=受けた_【・*を |*←_補助`化学療法_ 】--【・*と比較して |*←わずかに 18 ヶ月間{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←コントロール_グループ_ 】┏┓。

¨結果《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←これらの_臨床試験《複数》_】━━_は ¨※¨である 【・※←首尾一貫的_(・*と |*←_先行__研究_《複数》_【 ∬ して | ∬=示して_【・『 』ということを… |『_補助療法_ は 改善する_【・*を |*←_結果状況_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 』 】┏┓。    〈その〉研究者《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの_研究_《複数》】━━ は 結論して在る【・『 』と… |『_外科手術_{☆の後の}{★のための}¨ ⌒〔 ☆←_補助療法_⌒〔 ★←_ステージ I_〜 IV の_胃がん_】━━ は 低下させる_【・*を |*← がん _再発_《複数》】━━、そして、改善する_【・*を |*←_全体的`生存_--【・*と比較して |*←_外科手術_だけ 』 】┏┓。    _補助療法_ は 見なされている【・※であると|※←〈その〉_標準的__治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_⌒〔 ¶==全ての検出可能な がん  が ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=最初に_切除_される--【・*により |*←_外科手術_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Adjuvant Therapy (Treatment after Surgery)

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

術前`補助`療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

実地{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=実施する_【・*を |*←_化学療法_や_放射線`療法_--【・*の前に |*←_外科手術_ 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*←_術前`補助`療法_ 】┏┓。    理論的に、 _術前`補助`療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=減少させる_【・*を |*←サイズ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 がん 、《 それによって より容易にさせて_【 ∬ (する)ことを | ∬=除去する_【・*を |*← がん --【・*により |*←_外科手術_ 】 》 】┏┓。    〈その〉大きな問題《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←このアプローチ】━━_は ¨※¨である 【・※←■_〈その〉 より高い_死亡率_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==起きる--【・『 』の場合…|『_放射線`療法_、や、_化学療法_ が 実施される--【・*の前に |*←_外科手術_ 』】|-そして-|■_遅れ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_ 】】 --【・*のために |*←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==_反応_しない_【・*に |*←_治療_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←大部分の《 全部ではないが 》_臨床研究_《複数》】━━、¨¨_化学療法_、_放射線`療法_ 、又は、 その両方{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*の前に |*←_外科手術_】━━ は 改善して在らない#←_【・*を |*←_生存_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_外科手術_--←#【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_ 】┏┓。    このこと は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=関連している_【・*に |*←〈その〉_非−_有効性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉テストされた_併用__レジメン_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==含む_【・*を |*←さまざまな_併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 5-fluorouracil、doxorubicin 、及び、 methotrexate 】┏┓。    多くの_現行の__臨床試験《複数》_ は 向けられている--【 ∬ (する)ことに | ∬=改善する_【・*を |*←_結果状況_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_--【 ∬ (する)ことにより | ∬=_投与_する_【・*を |*← より新しい_術前`補助`療法__レジメン_《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=含む_【・*を |*←タキサン系化学療法剤 、又は、 _その他の_ より新しい_化学療法剤_《複数》、や、_放射線`療法_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Neoadjuvant Therapy (Treatment before Surgery)

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

第一次的__治療_としての_併用__治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_化学療法_{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=実施される 《 _放射線`療法_と_併用_する場合もある 》】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉主要な_治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV_の_胃がん_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==¨ ∬ ¨(される)ことができない 【 ∬=_完全_に_切除_される(の否定)--【・*により |*←_外科手術_ 】┏┓。    _単剤_ での _化学療法剤_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← cisplatin、5-fluorouracil、Mutamycin® 、及び、 Ellence®】━━ が 使用されて在る--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_--【・*にわたり |*←数年間 】┏┓。    しかし、これらの_薬_《複数》 は もたらす_【・*を |*←_臨床的__奏効《複数》--【・*に於いて |*←半数に満たない¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ステージ IV__胃がん_】━━、そして、〔実質的に 何も無い( no )_完全奏効_《複数》 〕__ が 見られる(の否定)--【・*により |*←_単剤_ での _化学療法_ 】┏┓。    _生存期間_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=治療された--【・*により |*← 5-fluorouracil −ベース の _併用_化学療法_《複数》 】━━_は ¨※¨である 【・※←_診断_時点から 1 年間未満 】┏┓。    _最近_の_臨床試験《複数》_ は 示す_【・『 』ということを… |『 より新しい_化学療法剤_《複数》{☆のような}¨ ⌒〔 ☆← Camptosar®、Genasense®、Taxotere® 、及び、 paclitaxel 】━━ が ¨ ∬ ¨(である)ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈その〉最も_活性的_な_単剤_治療薬《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 』 】┏┓。    _現行の__臨床試験《複数》_ が 評価しつつある_【・*を |*←さまざまな _併用__レジメン_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←これらの より新しい_薬_《複数》《 しばしば、Platinol® 、及び、 5-fluorouracil との_併用_ 》 】┏┓。

2 件の別個の_臨床試験《複数》_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=実施された --【・*に於いて |*←欧州】━━ が 評価した_【・*を |*←_併用_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Taxotere® + Platinol®--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_ 、及び、 _転移性_の_胃がん_ 】┏┓。    _全体的__抗_ がん _奏効率_《複数》 は 範囲を持った--【・*から |*← 37%--【・*まで |*← 56%】━━、そして、〈その〉平均_生存期間__は ¨※¨であった 【・※←約 9 〜 10 ヶ月間 】┏┓。     より_高用量_の Taxotere® が もたらした_【・*を |*←改善された_治療__結果状況_《複数》 】┏┓。

研究者《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←イタリア】━━ が 実施した_【・*を |*←もう一つの_臨床試験_{ ∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=評価した_【・*を |*←_単剤_ での Taxotere®--【・*に引き続いて |*←_併用__化学療法_{☆から成る}¨ ⌒〔 ☆← Platinol®、Ellence®、5-fluorouracil 、及び、 leucovorin《 PELF_レジメン_ 》 】--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_局所`進行期_ 、及び、 _転移性`胃がん_ 】┏┓。    〈その〉_全体的__抗_− がん _奏効率_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆← PELF_レジメン_】━━_は ¨※¨であった 【・※← 40%】━━、そして、この率 は 改善された--【・*まで |*←ほぼ 58%--【・*の後に |*← Taxotere®_投与_ 】┏┓。    これ_は ¨※¨である 【・※← 50%近くの増加{☆に於ける}{★による}¨ ⌒〔 ☆←_抗_− がん _奏効_《複数》⌒〔 ★←¨追加{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_単剤_Taxotere® 】┏┓。

--【・*に於いて… |*←もう一つの_臨床試験_】━━、25 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 、又は、 _胃・食道がん_】━━ が _治療_された--【・*により |*←¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel + cisplatin + etoposide 】┏┓。    18 名の患者さん《複数》_は 持った_【・*を |*←_局所`進行期_の がん 】━━、そして、7 名の患者さん《複数》_は 持った_【・*を |*←_肝臓__転移_ 】┏┓。    全ての_患者さん《複数》_ は _反応_した_【・*に |*←_治療_】、--【・*を伴って |*←〈一つの〉 50%以上の がん サイズ減少】━━、そして、3 名の患者さん《複数》 は 経験した_【・*を |*←〈一つの〉_完全_な消失{☆の}¨ ⌒〔 ☆←彼らの がん 】┏┓。    それ《=『 』ということ(右記)》━━が 結論された--【・*から |*←この_臨床試験_】……【・=『¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel + cisplatin + etoposide 】━━_が ¨※¨であった 【・※←非常に_活性的__(・*として |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 、及び、 _胃・食道がん_ 』 】┏┓。

paclitaxel が _投与_されて在る--【・*と_同時`実施で |*←_放射線`療法_--【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉報告された_臨床試験_】━━、27 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_手術`不可能的__胃がん_】━━ が _治療_された--【・*により |*← paclitaxel + _同時`実施の__放射線`療法_ 】┏┓。    〈その〉_全体的__抗_− がん _奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 56%《 _完全奏効_は 11% 》 】┏┓。    --【・*の時点で… |*←_治療_開始から 2 年後_】━━、29%の_患者さん《複数》_ が _生存_していた--【・*無しに |*← がん の_進行_ 】┏┓。    〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← paclitaxel + _放射線`療法_】━━ は 示す_【・*を |*←_実体的な__活性_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_局所_コントロール{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`胃がん_ 】┏┓。    これらの 、及び、 _その他の__臨床試験《複数》_ が 示唆する【・『 』ということを… |『_攻撃的_な_集学的__治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_、_放射線`療法_ 、及び、 _外科手術_】━━ は ¨ ∬ ¨(である)ことができる 【 ∬=¨※¨である 【・※←_利益_的_(・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_手術`不可能的__胃がん_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Combination Therapy as Primary treatment

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_治療_改善への_戦略_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
******************************

_進歩{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==なされて在る--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 】━━ は もたらされて在る--【・*から |*←■_¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_集学的__治療_】|-そして-|■_改善された_患者さん_ 、及び、 医者 の 参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    将来の_進歩{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_成長因子_】━━ は ¨ ∬ ¨(される)であろう 【 ∬=もたらされる--【・*から |*←継続しての参加{☆への}¨ ⌒〔 ☆←適切な_臨床試験《複数》_ 】┏┓。    現在、¨※¨が 存在する 【・※←いくつかの分野《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_活性的_な探索{ ∬ ((を)しての)}¨ ⌒〔 ∬=目指しての_【 ∬ (する)ことを | ∬=改善する_【・*を |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 】┏┓。

〔 サポートケア 〕


サポートケアとは 意味する_【・*を |*←治療する_【・*を |*←{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=デザインされた --【 ∬ (する)ことのために | ∬=_予防_したりコントロールする_【・*を |*←〈その〉_副作用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← がん  、及び、 その_治療_ 】┏┓。    _副作用_《複数》 は #1だけでなく#2でもある || #1←引き起こす_【・*を |*←_患者さん_の不快 |#2←妨げることがある_【・*を |*←〈その〉最適な_治療_実施、計画された_投与_量/スケジュール 】┏┓。    --【 ∬ (する)ことのために …| ∬=■_達成する_【・*を |*←最適な_結果状況_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←_治療_】|-そして-|■_改善する_【・*を |*←_生活の質_ 】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 必須である……【・=『_副作用_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← がん  、及び、 その_治療_】━━ が 適切に_管理_される 』 】┏┓。    --【・*のためには… |*← より多くの情報】━━、参照されたい_【・*を |*←「サポートケア」の項目(*) 】┏┓。

(*)原文には、当該文書へのリンクが設定されています。

〔 新しい_補助療法__レジメン_《複数》 〕


開発{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_多剤__化学療法__治療__レジメン_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==組み込む_【・*を |*←新しい 、又は、 追加の _抗_− がん _治療_《複数》 】━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_活性的_な領域{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_臨床的__研究_{ ∬ (されている)}¨ ⌒〔 ∬=実施されている --【・*に於いて |*←_Phase II__臨床試験《複数》_】┏┓。    _補助療法_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=構成される--【・*から |*←_化学療法_だけ 、又は、 ¨¨_併用_{☆を取り巻く}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`療法_ 、又は、 _生物学`的_治療薬《複数》 】┏┓。

〔 _生物`反応`調整`治療_ 〕


生物`反応`調整`_薬_《複数》_は ¨※¨である 【・※←自然産生 、又は、 合成された 物質《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==指示する、容易にさせる 、又は、 促進する_【・*を |*←〈その〉身体の正常な_免疫_防御機構《複数》 】┏┓。    生物`反応`調整`_薬_《複数》 は 含む_【・*を |*←インターフェロン《複数》、インターロイキン《複数》 、及び、 _モノクロナル抗体_《複数》 】┏┓。    --【 ∬ (する)ための試みとして …| ∬=改善する_【・*を |*←_生存率_《複数》 】━━、これらの 、及び、 _その他の__薬_《複数》 が テストされつつある--【・単独で 、又は、 _化学療法_との_併用_で--【・*に於いて |*←_臨床試験《複数》_ 】┏┓。

〔 _化学療法_と_生物学`的_治療薬 の_併用_ 〕


_臨床試験《複数》_ が 進展中である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=評価する_【・*を |*←〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_化学療法_、と、_生物学`的_治療薬《複数》--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 、及び、 _その他の_ がん 《複数》 】┏┓。    例えば、〈その〉_生物学`的_治療薬インターフェロン が _併用_されて在る--【・*と |*←〈一つの〉_レジメン_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← hydroxyurea + 5-fluorouracil_化学療法_】━━、そして、それ は 評価された--【・*に於いて |*← 30 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_進行期`胃がん_ 】┏┓。    ¨※¨が 存在した 【・※← 2 例《 7% 》の_完全奏効《複数》_ 、及び、 11 例《 37% 》部分奏効《複数》 】┏┓。

〔 _抗_−_血管新生_ 〕


_血管新生_《 〈一つの〉科学用語{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←形成{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_血管_《複数》 》━━_は ¨※¨である 【・※←_必須的__(・*のために |*←進行{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨¨ がん  、及び、 _その他の__病気_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==必要とする_【・*を |*←発達{☆の}¨ ⌒〔 ☆←新しい_血管_《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=_供給_する_【・*に |*←それらの病変《複数》_【・*を |*←必須な栄養《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←成長 】┏┓。

…(中略:_がん細胞《複数》_による_血管新生メカニズム の 説明)…

さまざまな_抗がん`治療薬_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶==妨げる_【・*を |*←_血管新生_ 】━━ が 評価されつつある--【・単独で 、又は、 _その他の__抗がん`治療《複数》との_併用_で--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。

〔 _Phase I__臨床試験_《複数》_ 〕


新しい_化学療法剤_《複数》 が 続けている_【 ∬ (される)ことを | ∬=開発される 、そして、評価される--【・*に於いて |*←_Phase I__臨床試験_《複数》_】┏┓。    目的{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_Phase I__臨床試験_《複数》_】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=評価する_【・*を |*←新しい_薬_《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める■__【・*を |*←〈その〉最良の方法{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_投与_する〈その〉_薬_ 】|-そして-|■__[『 』(→右記)であるか否かを… |『 〈その〉_薬_ が 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_抗_− がん _活性_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_ 』(か否かを)】┏┓。    _Phase I__臨床試験_《複数》_ は 通常 実施される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発性_ 、又は、 _治療−抵抗性_の がん 】┏┓。

〔 _多剤`耐性−抑制薬_《複数》 〕


_胃がん_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=■_¨※¨である 【・※←_薬_耐性--【・*の時点で |*←_治療_開始】|-又は-|■_生じる_【・*を |*←_薬_耐性--【・*の後に |*←_治療_ 】┏┓。    いくつかの_薬_《複数》 が テストされつつある--【 ∬ (する)ことのために | ∬=決める_【・*を |*←[『 』(→右記)であるか否か… |『 それらの_薬_《複数》 が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=克服する 、又は、 _予防_する_【・*を |*←発生{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_多剤`耐性--【・*に於いて |*←_胃がん_ 、及び、 _その他の_ がん 《複数》 』(か否か)】┏┓。

〔 _遺伝子__治療_ 〕


現在のところ、¨※¨は 存在しない 【・※←_遺伝子__治療_《複数》(否定)∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=_認可_された --【・*のために |*←¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_胃がん_】┏┓。    _遺伝子__治療_ は 定義される--【・*として |*←移行{☆の}{★の中への}{▼のための}¨ ⌒〔 ☆←新しい遺伝物質⌒〔 ★←〈一つの〉_細胞_⌒〔 ▼←_治療__利益_ 】┏┓。

…(中略:_遺伝子__治療_の 原理 概観)…

いくつかの_遺伝子__治療__研究_《複数》 が 実施されつつある--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_治療−抵抗性__胃がん_ 】┏┓。    --【もし『 』なら…|『それらの_治療__が ¨※¨である 【・※←成功的 』】━━、それらの_治療_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことの可能性がある 【 ∬=応用される--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆← より_早期_の__病気__ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: CancerConsultants Patients)(タイプ別)
「英文原題」=Strategies to Improve Treatment

******************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 C : 胃がん の 治療《eMedicine》


資料名=eMedicine('08/9)


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介している原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Jul 21, 2008 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科的なケア


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 手術のタイプ 〕


一般的に、大部分の 米国の医者《複数》 は 実施する--【・*を |*←//〈一つの〉胃 全摘術《 --【・『 』の場合…|『必要とされる--【・*のために |*←陰性の手術マージン《複数》の確保 』】━━、 》//〈一つの〉食道 胃 切除術--【・*のために |*←¨腫瘍《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉噴門、及び、胃食道接合部】//〈一つの〉胃 部分切除術--【・*のために |*←¨腫瘍《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉遠位の胃 】┃。

〈一件の〉ランダム化¨臨床試験{ ∬ ((を)した)}¨ ~~〔 ∬=比較した--【・*を |*←¨胃 部分切除術、と、胃 全摘術 {☆のための}¨ ~~〔 ☆←遠位の胃がん 】━━ は 明らかにした--【・*を |*←同等の病的状態、死亡率、及び、5 年後の生存率《複数》 】┃。

--【・*の理由から… |*←@〈その〉広範な¨リンパ網{☆の周囲の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉胃】|-そして-|A¨傾向{=『 』という(右記)}¨=『この腫瘍 が 拡大しやすい--【・顕微鏡的に 』】━━、伝統的な教え_は ∬ (する)ことである 【 ∬=試みる--【・*を |*←維持する--【・*を |*←〈一つの〉 5cm の外科手術マージン《 原発病変から 近位、及び、遠位に 》 】┃。

〔 リンパ節 摘出術 〕


¨程度{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉リンパ節 摘出術】━━_は ¨※¨である 【・※←いくらか論争的 】┃。

多くの研究《複数》 が 示す--【・『 』ということを… |『リンパ節への拡大 は 示す--【・*を |*←〈一つの〉劣った予後 』━━、そして、 より攻撃的な¨外科的アプローチ《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=試みる--【・*を |*←除去する--【・*を |*←巻き込まれたリンパ節《複数》 】━━ が 得つつある--【・*を |*←人気 】┃。

2 件のランダム化 臨床試験《複数》 が 比較した--【・*を |*← D1《 胃周囲 リンパ節《複数》 》、と、D2《 肝臓、左胃、腹腔 動脈、脾動脈、脾門 》リンパ節切除術--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==治療された--【・治癒的な意図で 】┃。    --【・*に於いて… |*←〈その〉¨最大のもの{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらの臨床試験《複数》】━━、手術後の病的状態《 43%25% 》、及び、死亡率《 10%4% 》_は ¨※¨であった 【・※← より高い--【・*に於いて |*←〈その〉 D2 のグループ 】┃。

大部分の批評家《複数》 は 主張している【・『 』ということを… |『これらの研究《複数》_は ¨※¨であった 【・※←パワー不足】━━、そして、過剰評価していた--【・*を |*←利益 』 】┃。    --【・*にもかかわらず… |*←不利な¨結果《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←ランダム化 臨床試験《複数》】━━、D2 リンパ節切除術 は 続けている--【 ∬ (する)ことを | ∬=実施される 】━━、そして、それ は 推奨されている--【・*により |*←〈その〉 National Comprehensive Cancer Network--【・*よりも |*← D1 リンパ節切除術 】┃。    〈一つの〉膵臓、及び、脾臓−温存的な D2 リンパ節切除術 が 提案される--【・『 』であることから…|『それ は @提供する--【・*を |*← より大きなステージ決め情報】|-そして-|A¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=提供する--【・*を |*←〈一つの〉生存利益--【 ∬ (する)一方で∬=避ける--【・*を |*←その過剰な病的状態--【・可能な場合は 】 』】┃。

〔 結果状況 〕


〈その〉¨5 年後の生存率{☆のための}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉治癒的な外科的 切除】━━ は 範囲を持つ--【・*の |*← 60 〜 90%《 ステージ I の患者さん《複数》 》、30 〜 50%《 ステージ II の患者さん《複数》 》、10 〜 25%《 ステージ III の患者さん《複数》 》 】┃。

--【・『 』の理由で…|『これらの患者さん《複数》_は 持つ--【・*を |*←〈一つの〉高い¨リスク{☆の}¨ ~~〔 ☆←局所的、及び、全身的な再発 』】━━、いくらかの医者《複数》 は 提供する--【・*を |*←補助療法 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Surgical Care

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

フォローアップ


合併症


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

直接の¨死亡率{☆以内の}¨ ~~〔 ☆←¨30 日間{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉¨外科的 治療手順{☆のための}¨ ~~〔 ☆←胃がん】━━ は 低下して在る--【・実体的に--【・*にわたり |*←最近 40 年間 】┃。    最も大きな治療センター《複数》 は 報告する--【・*を |*←〈一つの〉直接死亡率 1 〜 2% 】┃。

早期の術後の合併症《複数》 は 含む--【・*を |*←吻合不全、出血、腸閉塞、……《 詳細は原文を ご覧ください 》 】┃。

遅発性の機械的生理的 合併症《複数》 は 含む--【・*を |*←ダンピング症候群、ビタミン B-12 不足、逆流性食道炎、及び、骨疾患《 特に骨粗鬆症 》 】┃。

胃切除術を受けた患者さん《複数》 は しばしば¨※¨である 【・※←免疫不全--【 ∬ (された)場合に∬=測定された--【・*により |*←幼若化応答、及び、遅延型 皮膚 過敏症 反応 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Complications

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

予後


予後

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

残念ながら、わずかに少数の¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←胃がん~~〔 ¶==受ける--【・*を |*←〈一つの〉外科的な切除 】━━ が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=治癒される--【・*から |*←彼らの病気 】┃。    多くの患者さん《複数》_は 持つ--【・*を |*←再発 】┃。

〔 治療挫折のパターン《複数》 〕


数件の研究《複数》 が 調べて在る--【・*を |*←治療挫折のパターン《複数》--【・*の後に |*←外科的な切除だけ 】┃。    ¨研究《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==依存する--【・*だけに |*←身体検査、検査室研究《複数》、及び、画像検査《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=@過剰評価する--【・*を |*←¨比率{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←遠隔 治療挫折】|-そして-|A過少評価する--【・*を |*←¨頻度{☆の}¨ ~~〔 ☆←局所 治療挫折、《[ この]治療挫折は ¨※¨である 【・※← より困難--【 ∬ (する)ことが | ∬=検出する 】》 】┃。

〈一つの〉¨再手術シリーズ{☆による}¨ ~~〔 ☆←〈その〉ミネソタ大学】━━ が ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=提供する--【・*を |*←〈一つの〉 より正確な¨理解{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨生物学{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉病気 】┃。    --【・*に於いて… |*←このシリーズの患者さん《複数》】━━、研究者《複数》 は 外科的に再探索した--【・*を |*←患者さん《複数》--【・*の後に |*←初回の手術から 6 ヶ月間】━━、そして、非常に注意深く 記録した--【・*を |*←¨パターン《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←病気の拡大 】┃。    〈その〉トータル での 局所領域的な治療挫折率 は 近づいた--【・*に |*← 67% 】┃。    〈その〉「胃の基部《 gastric bed 》_が ¨※¨であった 【・※←〈その〉治療挫折部位--【・*に於いて |*←¨54%{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらのケース《複数》】━━、そして、〈その〉領域リンパ節《複数》_が ¨※¨であった 【・※←治療挫折部位--【・*に於いて |*← 42% 】┃。    約 22%の患者さん《複数》_は 持った--【・*を |*←¨証拠{☆の}¨ ~~〔 ☆←遠隔 治療挫折 】┃。    ¨パターン《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←治療挫折】━━ は 含んだ--【・*を |*←局所的な腫瘍 再成長、腫瘍 床 再発《複数》、領域 リンパ節 治療挫折《複数》、及び、遠隔 治療挫折《複数》《 つまり、血行性の治療挫折《複数》、及び、腹膜 拡大 》 】┃。    ¨原発腫瘍《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=巻き込んでいる--【・*を |*←〈その〉胃食道接合部 】━━ は 傾向が あった--【 ∬ (する)ことの | ∬=治療挫折する--【・*に於いて |*←〈その〉肝臓、及び、〈その〉肺《複数》 】┃。    ¨病変《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=巻き込んでいる--【・*を |*←〈その〉食道 】━━ は 治療挫折した--【・*に於いて |*←〈その〉肝臓 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Prognosis

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

補助療法

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〈その〉¨パターン{☆の}¨ ~~〔 ☆←治療挫折】━━ は 促した--【・*を |*←一連の¨研究《複数》{☆への}¨ ~~〔 ☆←補助療法 】┃。    〈その〉¨理論的根拠{☆の背景にある}¨ ~~〔 ☆←放射線療法】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=提供する--【・*を |*←追加的な局所領域的 腫瘍コントロール 】┃。    補助化学療法 は 使用される--【・*として |*←※の いずれか |※←@〈一つの〉放射線 感受性 増強薬】|-又は-|A根治的な¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←仮定された全身的転移《複数》 】┃。

- 補助放射線療法 -


Moertel と その同僚 は ランダムに振り分けた--【・*を |*←手術後の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←進行期の胃がん--【・*に |*←@40 Gy の放射線療法だけを受けるグループ|-そして-|A40 Gy の放射線療法 + 5-fluorouracil《 放射線 感受性 増強剤として 》を受けるグループ】━━、そして、示した--【・*を |*←改善された生存--【・*に於いて |*←〈その〉併用学的な治療《 つまり、5-fluorouracil 併用 》を受けた方のグループ 】┃。

〈その〉 British Stomach Cancer Group は 報告した--【・*を |*← より低い率の局所再発--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←手術後の放射線療法 】--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←外科手術だけ 】┃。

¨アップデート{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉当初の Gastrointestinal Tumor Study Group シリーズ】━━ は 明らかにした--【・*を |*← より高い 4 年後生存率《複数》--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←非−切除可能的 な 胃がん~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←併用学的な治療 】--【・*よりも |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←化学療法だけ 《 18%6% 》 】┃。

〈一つの〉¨シリーズ{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 Mayo Clinic 】━━ は ランダムに振り分けた--【・*を |*←患者さん《複数》--【・*に |*←@術後の放射線療法 + 5-fluorouracil を受けるグループ|-、又は、-|A外科手術だけを受けるグループ】━━、そして、示した--【・*を |*←改善された生存--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ~~〔 ∬=受けた--【・*を |*←補助療法 《 23%4% 》 】┃。

- 術中 放射線療法 -


いくらかの研究者《複数》 は 示唆する【・『 』ということを… |『術中の放射線療法《 IORT 》__ は 示す--【・*を |*←有望的な結果《複数》 』 】┃。

この代替的な¨方法{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=患部送達する--【・*を |*←放射線 】━━ は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈一つの〉高用量の放射線| ∬=照射される--【・*で |*←〈一つの〉単一の分割 --【・*に いる間に |*←手術室】--【・『 』であるように…|『その他の重要な構造 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=避ける--【・*を |*←放射線への曝露 』】┃。

〈その〉 National Cancer Institute は ランダムに振り分けた--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←肉眼的に切除されたステージ III / IV の胃がん--【・*へ |*←@20 Gy の IORT を受けるグループ|-、又は、-|A50 Gy の術後の外部線源放射線療法を受けるグループ 】┃。    局所 治療挫折 は 遅くなった--【・*に於いて |*←〈その〉¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=治療された--【・*により |*← IORT 《 21 ヶ月間8 ヶ月間 》 】┃。    --【・『 』であるが…|『〈その〉中央値での生存期間も、また、¨※¨であった 【・※← より長い《 21 ヶ月間10 ヶ月間 》】━━、この数値 は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=達する (の否定)--【・*に |*←統計的 有意差 】┃。

- 補助化学療法 -


いくつかのランダム化 ¨臨床試験《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ~~〔 ∬=比較した--【・*を |*←術後の併用化学療法、と、外科手術だけ 】━━ は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=示す (の否定)--【・*を |*←〈一つの〉首尾一貫的な生存利益 】┃。

最近のメタ分析《複数》 は 示して在る--【・*を |*←〈一つの〉¨徴候{☆の}¨ ~~〔 ☆←統計的な利益 】┃。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉¨メタ分析{☆の}¨ ~~〔 ☆← 13 件のランダム化 臨床試験《複数》】━━、補助 全身 化学療法 は 伴った--【・*を |*←〈一つの〉有意な生存利益《 死亡に関するオッズ比 0. 80 》 】┃。    --【・*に於いて… |*←サブグループ分析】━━、¨※¨が 存在した 【・※←〈一つの〉¨傾向{☆への}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉 より大きな¨効果{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←¨臨床試験《複数》{ その中で¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==少なくとも 3 分の 2 の患者さん《複数》_が 持った--【・*を |*←リンパ節陽性の病気 】┃。

〈一件の〉術後 化学放射線療法 研究 が 促された--【・一部は*により |*←治療挫折パターンの¨研究《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ~~〔 ∬=示した--【・*を |*←¨局所 治療挫折{☆に先行する}¨ ~~〔 ☆←全身的 拡大 】┃。

- 補助 化学放射線療法 -


〈一件の〉ランダム化 Phase III ¨研究{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=実施された --【・*に於いて |*←〈その〉米国《 Intergroup 0116 として知られている研究 》━━ が 示した--【・*を |*←〈一つの〉¨生存利益{☆に伴う}¨ ~~〔 ☆←術後の 化学放射線療法--【・*と比較して |*←外科手術だけの場合 】┃。

上記の研究に於いて、患者さん《複数》 は 受けた--【・*を |*←〈一つの〉一塊 切除 】┃。

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆← T3、や、N +の¨腺がん{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉胃、又は、胃食道 接合部】━━ が ランダムに振り分けられた--【 ∬ (する)ことのために | ∬=受ける--【・*を |*←ボーラスの 5-fluorouracil + leucovorin + 放射線療法、又は、経過観察 】┃。

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受けた--【・*を |*←〈その〉補助 化学放射線療法 】━━ は 示した--【・*を |*←@改善された病気無し生存率《 32%から 49%への 》】|-及び-|A改善された全体的生存率《 41%から 52%への 》--【・*と比較して |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==単に 経過観察された 】┃。

このレジメン は 見なされている【・※であると|※←標準的なケア--【・*に於いて |*←〈その〉米国 】┃。

- 術前補助化学療法 -


術前補助化学療法 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=//可能にさせる--【・*を |*←病気のステージ引き下げ--【 ∬ (する)ことのために | ∬=増加させる--【・*を |*←切除可能性 //減少させる--【・*を |*←微小 転移 病巣 負荷--【・*の前に |*←外科手術】//可能にさせる--【・*を |*←患者さんの忍容性--【・*の前に |*←外科手術】//決める--【・*を |*←化学療法に対する感受性】//低下させる--【・*を |*←¨率{☆の}¨ ~~〔 ☆←局所、及び、遠隔 再発《複数》】//究極的に改善する--【・*を |*←生存 】┃。

〈一件の〉欧州 での ランダム化 臨床試験 が 、また、示した--【・*を |*←生存利益--【・『 』の場合…|『患者さん《複数》 が 治療された--【・*により |*← 3 サイクルの術前化学療法《 epirubicin、cisplatin、5-fluorouracil 》、と、それに続いての外科手術、及び、その後、3 サイクルの術後化学療法 』】--【・*と比較して |*←外科手術だけの場合 】┃。    〈その〉利益_は ¨※¨であった 【・※←比肩可能的--【・*に |*←¨利益{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=得られた--【・*により |*←術後の化学放射線療法--【・*に於いて |*←〈その〉米国 での 臨床試験 】┃。    しかし、〈その〉 Gastric Chemotherapy Group for Japan は ¨ ∬ ¨しなかった 【 ∬=示す (の否定)--【・*を |*←〈一つの〉有意な¨利益{☆による}¨ ~~〔 ☆←術前補助化学療法 】┃。

¨選択{☆の}¨ ~~〔 ☆←術前、及び、術後の化学療法術後の化学療法 + 放射線療法】━━ は 引き続き¨※¨である 【※←論争的】━━、そして、〈一件の〉進展中の米国 での グループ間研究 CALGB 80101__ が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=調べる--【・*を |*←その問題--【・ より深く 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Adjuvant therapy

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

補助療法

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 進行期の非−切除可能的 な 病気 〕


多くの患者さん《複数》 が 初診時に呈する--【・*を |*←遠隔 転移《複数》、がん腫症、非−切除可能的な肝臓転移《複数》、肺 転移《複数》、又は、直接の¨浸潤{☆への}¨ ~~〔 ☆←¨臓器《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==完全には切除できない 】┃。

--【・*に於いて… |*←緩和治療の状況設定】━━、放射線療法 は 提供する--【・*を |*←¨解消{☆の}¨ ~~〔 ☆←出血、閉塞、及び、痛み--【・*に於いて |*← 50 〜 75%の患者さん《複数》 】┃。    〈その〉中央値での緩和持続期間_は ¨※¨である 【・※← 4 〜 18 ヶ月間 】┃。

¨外科的な手法《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←広汎部分切除術、胃 部分 切除術、胃 全摘術、単純 開腹術、胃腸 吻合術、及び、バイパス術】━━ が 、また、実施される--【・*で |*←緩和的な意図】、--【 ∬ (する)ことの目的で | ∬=@可能にさせる--【・*を |*←経口 での 食物摂取】|-そして-|A緩和する--【・*を |*←痛み 】┃。

〈一つの〉標準的な管理技術_は ¨※¨であってきて在る 【・※← cisplatin −ベースの化学療法】━━、しかし、結果《複数》_は ¨※¨であってきて在る 【・※←ほとんど 非 勇気づける的--【・*を伴って |*←中央値での進行までの期間 3 〜 4 ヶ月間、全体的生存期間 約 6 〜 9 ヶ月間--【・*にもかかわらず |*←報告されている奏効率《複数》最高 45% 】┃。    初期的な¨結果《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=報告された --【・*に |*← 2007 年--【・*により |*←日本の医者《複数》】━━ は 示唆する--【・*を |*←一定の¨改善{☆に於ける}{★による}¨ ~~〔 ☆←※の両方 |※←奏効率《複数》、及び、生存 ~~〔 ★←〈その〉経口のフルオロピリミジンである S-1《 単独 での 使用、又は、cisplatin との併用 》 】┃。    《…(中略)…( S-1 に関する一般的説明 : 原文をお読みください)》    これらの結果《複数》 は 引き続き¨ ∬ ¨の予定である 【 ∬=確認される--【・*により |*←進展中の¨研究《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←欧州、及び、北米 】┃。

白金系化学療法剤−ベースの ¨併用 化学療法《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆← epirubicin + cisplatin + 5-fluorouracil、又は、docetaxel + cisplatin + 5-fluorouracil 】━━ が 代表する--【・*を |*←〈その〉現行の第一線化学療法《複数》 】┃。    その他の活性的なレジメン《複数》 は 含む--【・*を |*← irinotecan + cisplatin、及び、その他の¨併用レジメン《複数》{☆による}¨ ~~〔 ☆← oxaliplatin、及び、irinotecan 】┃。

bevacizumab《 〈一つの〉¨モノクロナル抗体{☆に対する}¨ ~~〔 ☆←血管内皮成長因子《 VEGF 》 》__ が 現在 評価されつつある--【・*のために |*←¨使用{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←進行期の胃がん 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Advanced unresectable disease

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

資料 B :再発性の胃がんの治療



資料名=CancerConsultants '06/2


CancerConsultantsのホームページ
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
CancerConsultantsのホームページ


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A :胃がんの治療全体像



資料名=ACS '05


American Cancer Society ホームページ
原文へのリンク: 本コーナーでは、記事概要の迅速なご紹介を目的としています。詳細・内容は、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解をお願いします)


American Cancer Society のホームページ




当ファイルの目次ページへ


A0+ ステージ決め



【胃がんのステージ決めについて】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ決めとは、がんがどの程度拡大しているかを記述するプロセスのことである。胃がんの拡大の程度は、2つの点で最も重要な要因である: つまり、一つ目は、治療選択肢を決める上で、もう一つは、病気や回復の今後を推測する上で、重要である。
ステージを決めるための情報は、外科手術前(臨床的なステージ)、外科手術、及び、切除組織の病理学的な検査の結果(病理学的ステージ)、から得られる。以下で説明するステージは、(外科手術の結果から決定された)、病理学的ステージである。

胃がんのステージを表現するための基礎として最もよく使われるのは、American Joint Commission on Cancer ( AJCC )による TNM システムである。これは T、N、M という3つの指標のそれぞれについて番号で拡大の程度を示す仕組みである:

◇T の意味: T というのは、腫瘍(Tumor)の T であり、腫瘍の姿(胃の内部や近接の臓器の中へどの程度拡大していっているか)を表す。
◇N の意味: N は、リンパ節への拡大の程度を表す。
◇M の意味: M というのは、転移(Metastasis)の M であり、転移(遠く離れた臓器への拡大)の有無を表す。

ここで、胃は 5層からなっていることを思い出しておこう。内側から、以下の 5層である:
◇粘膜:最も内側の層で、胃酸や消化酵素が作られる。
◇粘膜下組織:粘膜の支持をする層
◇筋層:筋肉の層で、胃を動かしたり、食物を攪拌したりする。
◇漿膜下組織:漿膜と一緒に、胃の最も外側で胃を包んでいる層
◇漿膜:(上記)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【Tの各段階】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇Tis (上皮内がん):がんは、粘膜だけに限定されている。
◇T1 :がんが粘膜下組織の中まで侵入している。
◇T2 :がんが筋層まで侵入している(T2a)、又は、がんが漿膜下組織まで侵入している(T2b)
◇T3 :がんが漿膜に穴をあけている、しかし隣接した臓器には侵入していない。
◇T4 :がんが漿膜に穴をあけ、さらに、隣接した臓器又は他の構造物(大血管のような)に侵入している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【Nの各段階】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

◇N0 :がんは、近くの(所属の)リンパ節へ拡大していない。
◇N1 :がんは、近くのリンパ節 1〜6個へ拡大している。
◇N2 :がんは、近くのリンパ節 7〜15個に拡大している。
◇N3 :がんは、近くのリンパ節 15個以上に拡大している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【Mの各段階】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

M0 :遠くへの転移なし
M1 :遠くへの転移(胃から遠く離れた組織・臓器へのがんの拡大)あり

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージのグループ化】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

上記のようにして T、N、Mの各段階が決められたら、それらを統合してグループ化し、ローマ数字の I〜IV(普通の数字で言えば、1〜4)でステージを表現する。

◇ステージ0 = Tis 、 N0 、 M0 :これは最も初期のステージのがんであり、胃の内側を覆う細胞(上皮)の層を越えては成長していない。このステージは、「上皮内がん」(がんが最も内側の層、つまり、がんが発生した層、に留まっているという意味)とも呼ばれる。

◇ステージ IA = T1 、 N0 、 M0 :がんが上皮の下、粘膜下組織まで拡大している。しかし、主要な筋肉層であるところの筋層まで達していない。リンパ節にも、他のどのような個所へも拡大していない。

◇ステージ IB = T1 、 N1 、 M0 又は T2a/b、 N0 、 M0 :
‥‥がんが粘膜下組織まで拡大し、筋層までは達していない(ここまでは IAと同じ)。しかし、6個までの近接リンパ節へ拡大している。他の組織や臓器には拡大していない。
又は
‥‥がんは、筋層乃至は漿膜下組織に拡大している。しかし、他のいかなる組織・臓器にも、リンパ節にも拡大していない。

◇ステージ II = T1 、 N2 、 M0 又は T2a/b、 N1 、 M0 又は T3 、 N0 、 M0 :
‥‥がんは粘膜下組織へ拡大しているが、筋層には達していない。しかし、胃の近くのリンパ節 7〜15個へ拡大している。
又は
‥‥がんは筋層乃至は漿膜下組織まで拡大しているが、近くの組織・臓器には拡大していない。しかし、リンパ節 1〜6個に拡大している。
又は
‥‥がんは胃の全ての層を貫通しているが、近くの組織・臓器には拡大していないし、リンパ節にも拡大していない。

◇ステージ IIIA = T2a/b、 N2 、 M0 又は T3 、 N1 、 M0 又は T4 、 N0 、 M0
‥‥がんは筋層乃至は漿膜下組織まで拡大しているが、近くの組織・臓器には拡大していない。しかし、それは、胃の近くのリンパ節 7〜15個に拡大している。
又は
‥‥がんは胃の外部にまで成長しているが、近くの組織・臓器には拡大していない。しかし、胃の近くのリンパ節 1〜6個に拡大している。
又は
‥‥がんは近くの臓器(脾臓、肝臓、腸、腎臓、膵臓、など)に拡大しているが、リンパ節には拡大していない。

◇ステージ IIIB = T3 、 N2 、M0: がんは筋層と漿膜下組織を完全に貫通しているが、近くの組織・臓器には拡大していない。しかし、胃の近くのリンパ節 7〜15個に拡大している。

◇ステージ IV = T4 、 N1-3 、 M0 、又は T1-3、 N3 、 M0 、又は M1( T や N には無関係に):
‥‥がんは、近くの臓器(脾臓、肝臓、腸、腎臓、膵臓、など)に拡大している。
又は
‥‥がんはリンパ節 15個以上に拡大している。
又は
‥‥がんは他の臓器(肝臓、肺、脳、骨、など)に拡大している。

胃がんのステージは、治療選択肢を決めたり、予後を推測したりする上で高度に重要な要因であるが、唯一の要因ではないことを覚えておいていただきたい。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A1+ 胃がんの治療概観

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージが何であったとしても、治療法は存在する。実際の治療の選択には多くの要因が関係する。治療計画を作成する上で、がんの場所とステージ(がんの拡大の程度)の情報は非常に重要であるが、これらに加えて、患者の、年齢、一般的な健康状態、個人的な好み、などが考慮に入れられる。

胃がんに対する主な治療法は外科手術、化学療法、放射線療法、である。

しばしば最も良いアプローチというのは、これらの治療法の併用によるものである。治癒が困難な場合は、治療の目標は、症状(食事の困難、痛み、出血、など)の解消ということになる。治療開始の前に、治療の目標が何であるのか(治癒なのか、症状の解消なのか)を理解することは重要である。治療の目標が治癒である場合も、症状の解消や副作用の軽減のための治療を受けることになる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A2+ 外科手術

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

現在、外科手術は胃がんを治癒するための唯一の方法である。がんのステージが O、I、II、III、の場合で、患者の健康状態に問題がない場合、がんの全部を除去することが試みられる。仮にがんを完全に除去できない場合であっても、外科手術はほとんどの患者にとって有用である(手術によって、出血を予防したり、胃がふさがれるのを予防できるため)。このようなタイプの手術を緩和手術と呼ぶ。

実際に実施される手術の種類は通常、がんの位置と、どの程度周囲の組織へ拡大しているか、によって変わってくる。
手術には、以下の 3 種類がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【内視鏡的粘膜切除術】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

内視鏡を使ってがんを切除する。この方法が使用されるのは、早期のがん(リンパ節への拡大の可能性が非常に低い)の場合だけである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【胃亜全切除術】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法が推奨されるのは、がんが胃の下部(腸に近い部分)にある場合である。胃の一部だけ(ときによっては、小腸の最初の部分(十二指腸)も)を切除する。切除するのは胃の一部だけであるので、食事は、胃の全切除に比較してずっと容易である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【胃全切除術】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法では、胃を全部切除する。この方法が推奨されるのは、がんが胃の中央部、又は、上部に存在する場合である。胃全切除術を実施する場合、新しい「胃」を、小腸の組織を使って作り出すことが試みられる。これにより、食物が腸へ向かっていく前に、貯蔵されるスペースができることになり、満腹になる前に若干の食物を摂れるようになる。とはいっても、胃全切除術を受けた人が一度に食べられる量は少なくなる。従って、より頻繁に食事することが必要になる。

胃全切除術でがんを治癒しようとする場合は通常、近くのリンパ節や網の一部も切除する。(網というのは、胃や腸の近くに存在している主に脂肪からなる組織である)

胃がんは、しばしばリンパ節へ拡大するため、切除の必要性が出てくる。リンパ節の切除は、手術の非常に重要な部分である。手術の成功は、リンパ節をいくつ切除できるかによる、と考える外科医が多い。

脾臓というのは、免疫細胞・組織の集まりであり、古くなった血球を除去する役目がある。脾臓は、胃の近くに存在し、もしも胃がんが脾臓まで達している場合、脾臓も通常、リンパ節や網と一緒に切除する。

上記のように、胃の近くのリンパ節を全て切除できれば、治癒の可能性が高まると考える医者が多い。日本の医者は、がんに近いリンパ節を全て取り去ることで非常に高い成功率をあげている。欧米の医者は、日本の医者にこの面では対抗できていない。このことが、日本の医者が、このような手術に慣れている(胃がんが日本で高頻度であるため)からであるのか、日本の患者の胃がんが早期で、患者がより健康であるからであるのか、明らかではない。
いずれにせよ、全てのリンパ節の切除に成功するためには、熟練した外科医である必要がある。いくつかの研究で、胃がんの治療に広汎な経験がある医者や病院のほうが、治療成績が優れているということが示されている。

胃がんの手術の難度は高く、合併症(手術による出血、血栓形成、近くの臓器(胆嚢や膵臓など)へのダメージ、など)が発生することがある。稀にではあるが、胃の終端と食道や小腸との接続がうまくいかず、漏れの起きることがある。1950年代には、この手術の合併症で 10%近くの患者が手術後に死亡していた。技術が改善したため、現在では手術後の死亡率は、1〜2%になっている。この数字は、手術が大規模(全てのリンパ節を切除する場合など)な場合には、より高くなる。外科医のいくつかのグループによる報告では、リンパ節を全て切除しようとした場合の患者の死亡率は、5〜15%である。この数字は、高度に熟練した外科医の場合には、もっと低くなる。

外科手術から回復した後、他の種類の副作用が起きることがある。例えば、頻繁な胸やけ、腹痛(特に食後)、ビタミン不足、である。胃は、ビタミン吸収に重要な役割を果たしている。従って、胃の特定の部分を切除した場合、ビタミンサプリメントが定期的に処方される(その中には注射が必要なものもある)。胃の部分切除や全切除をした場合、食事の変更が必要になる。最も重要な変更は、一度ずつは少量で、より高頻度に食事する必要が出てくることである。

上記のような問題があるため、手術にあたっては、出来るだけ胃を残すように試みられるが、引き換えの問題は、がんの再発の可能性である。外科手術の内容について、患者と医者との間で十分な論議が必要である。外科医が高度に熟練し、最も最新の手術が可能な者であることは、いくら強調しても強調しすぎることはない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A3+ 放射線療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法では、高エネルギーの放射線や微粒子を使って、特定の個所にあるがん細胞を殺す。外部線源放射線照射では、身体の外部からの放射線をがんにぶつける。このタイプの放射線療法は、しばしば胃がんを治療するために使われる。

外科手術の後に、放射線療法を、非常に少量の残存したがん(手術時には見つけられず、除去できなかったもの)を殺すために使用することがある。
いくつかの研究で、放射線療法により(とくに、5-FU のような化学療法剤との併用で)外科手術後のがんの再発を遅らせたり予防したりでき、患者の生存を伸ばすことができることが示されている。
放射線療法は、胃がんの症状(痛み、出血、食事の困難、など)の軽減のために使われることがある。

放射線療法の副作用としては、軽度の皮膚障害、吐き気、嘔吐、下痢、疲労感、などが起きることがある。これらの副作用は通常、治療終了後、2〜3週間で消失する。放射線療法により、化学療法の副作用が増強されることがある。このような副作用が起きた場合は、必ず医者と相談すること(副作用を軽減するための方法がある)。

又、放射線療法を受けるセンターとしては、胃がんの治療経験が豊富なセンターを選ぶことが、非常に重要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A4+ 化学療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法では、抗がん剤を服用したり、静脈注射したりするのが普通で、その場合、薬は血液中に入って全身に到達する。従って、化学療法は、がんが胃の外へ拡大したケースで有用である。がんが遠くの臓器へ拡大したケースでは、化学療法が主要な治療となることがある。また、化学療法は、補助療法(外科手術に追加して実施される治療)や、術前補助療法(外科手術の前に実施される治療)としても研究されている。

これまでに行われた研究で、化学療法によって、症状を緩和できることがあることが示されている(とくに、がんが転移しているケースで)。また、化学療法と放射線療法との併用で、進行の程度が低いケースでは、がんの再発を遅らせたり、生存期間を伸ばせることがあることが分かっている(とくに、がんを外科的には完全に切除できなかったケース)。

胃がんに対する化学療法では、単一の薬( 5-FU、など)を使用することがあり、それを放射線療法と併用することがある。また、化学療法では、いくつかの抗がん剤を併用することがある。この場合に最も一般的に使用される薬は、5-FU、doxorubicin、methotrexate、etoposide、cisplatin、である。

化学療法剤は、がん細胞を殺すが、若干の正常細胞にもダメージを与え、その結果、副作用が起きることがある。これらの副作用は、薬のタイプ、投与量、投与期間の長さ、によって異なる。化学療法剤使用に伴う一時的な副作用としては以下のようなものがある:
◇吐き気、嘔吐
◇食欲不振
◇脱毛
◇下痢
◇口内炎

化学療法剤は、骨髄にある造血細胞にダメージを与えることがあるため、血球数が少なくなることがある。その結果起きることがあるのは:
◇感染リスクの増大(白血球不足による)
◇軽度の切り傷やケガによる出血やアザ(血小板の不足による)
◇疲労感、息切れ(赤血球の不足による)

大部分の副作用は、治療を止めれば消失する。髪は通常、治療が終了すれば伸びてくる。副作用の問題がある場合は、治療チームに告げること。化学療法の一時的な副作用に対しては、多くの治療法がある。例えば、吐き気や嘔吐に対しては、制吐剤が有効である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A5- 臨床試験

(省略)

A6- 代替治療

(省略)

A7+ ステージ別の治療選択肢



【ステージ O】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ Oの段階ではがんは胃の粘膜に限局しており、もっと下の層には拡大していないため、手術だけで治療される。化学療法や放射線療法は必要ない。非常に早期の段階で小さいがんの場合、内視鏡的粘膜切除で治療できる。この手術では、がんだけを内視鏡によって切除する。また、この手術は日本で多く実施されている(胃検診のため、早期でがんが発見されるのが一因)。米国では、この手術は標準ではなく、胃切除術(胃の一部又は全部の切除)やリンパ節切除術(胃の近くのリンパ節の切除)が通常実施される。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ I】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ I の場合、外科的に切除するのは、胃の一部又は全部、網(腹部の脂肪性の組織)、胃の近くのリンパ節である。ステージ IA のケースでは、追加の治療は通常必要ない。ステージ IB のケースでは、術後の補助療法として、5-FUのような薬と放射線療法との併用の実施が考慮される。これまでの研究で、このような補助療法の実施により、ステージ IB の多くのケースで生存期間を伸ばせることが示されている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ II 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ II のケースでは、胃の一部又は全部の切除と、拡大リンパ節切除(より多くのリンパ節を切除する)を実施する。最近の研究で、補助療法を 5-FUと放射線療法との併用で実施すれば、ステージ II のケースで生存期間を伸ばせることが示されている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ III 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

このステージの場合、手術が困難な条件がない限り、外科手術を実施すべきである。何故なら、最高 15%のケースで、手術により治療が成功するからである。また、外科手術により、症状を緩和できることがある。最近の研究で、補助療法を 5-FUと放射線療法との併用で実施すれば、ステージ III のケースで生存期間を伸ばせることが示されている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【ステージ IV 】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ステージ IV の胃がんは、既に遠くの臓器へ拡大しているため、治癒は通常困難である。進行性の胃がんのケースでは、手術によって胃や腸の閉塞を予防したり、出血を抑えることがしばしば必要になる。ケースによっては、レーザー光線を内視鏡を通じてあてることでがんの大部分を蒸発させて、外科手術なしで閉塞を緩和できることがある。

化学療法や放射線療法により、緩和可能な症状があるが、これらの療法でがんを治癒することは通常できない。しばしば使われる化学療法剤は、 5-FU、ciplatin、epirubicin又は etoposide、である。5-FU の投与法として好まれるのは、持続点滴を、大きな静脈に設置したカテーテルを通じて行なう方法である。患者のなかには、臨床試験で評価中の新しい治療が有効である人もいるかも知れない。また、仮に治療によってがんを破壊したり縮小したりできない場合でも、病気による痛みや症状を緩和する方法が存在する。症状や痛みがある場合には、医療チームに告げるべきである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


A8+ 新しい研究・治療動向



【危険因子】



『食事法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

何年もの研究の結果分かってきたのは、胃がんのリスクが世界中でさまざまに異なっていることを説明しようとした場合に最も重要な因子は、食事の差であるということである。胃がんリスクが低い諸国での研究により、いくつかのリスク因子が明らかになってきている。リスク因子の一つは、赤身の肉が多い食事である。1 週間に 13回以上赤身の肉を食べると、胃がんのリスクが 2 倍になる。このリスクは、肉をバーベキューにしたり、ウェルダンにしたりして食べると、更に増大する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『ヘリコバクターピロリ感染』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

最近の研究で、特定のタイプのヘリコバクターピロリ( H.pylori )だけががんを引き起こすのであるということが分かってきている。また、血液型に関係した特定の遺伝的な性質が、H.pyloriに感染した場合にがんを引き起こすかどうか、に影響しているらしい。実際に医者が、このような情報を使って、どのような人が胃がんを発症しやすいのかのテストをできるようになるまでには、更に研究が必要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【化学予防】

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学予防というのは、自然界の化合物や人工の化合物を用いて、がんが発生するのを予防しようという考えかたである。2つのタイプの化学物質が、胃がんを予防するうえで有用であるかも知れない。抗酸化薬と抗生物質である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『抗酸化薬』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんの原因となる因子の多くは、細胞に特殊な化学変化を起こさせて、”遊離基”(フリーラジカル)という種類の化学物質を発生させる。遊離基は、細胞の重要な部分(遺伝子のような)にダメージを与えることがある。ダメージを与えられた部分やダメージの程度により、細胞は、死んだり、がん化したりする。

抗酸化薬というのは、栄養やその他の化合物から成る一群のグループであり、遊離基を破壊したり、それが形成されるのを阻止する力を持っている。現在進展中の研究において、食事中の微量栄養素で抗酸化作用をもっているものの役割が調べられている。そのような微量栄養素として、ビタミンC、ベータカロチン、ビタミンE(α−トコフェロール)、などがある。これらの微量栄養素が、胃がんを阻止する力を持っているかどうか未だ不明であるが、一部の医者は、これらの微量栄養素によって、胃の異常を予防可能であると報告している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『抗生物質』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

研究が進められているものとして、ヘリコバクターピロリ菌に慢性的に感染している人に抗生物質を投与すれば胃がんを予防できるかどうか、というものがある。最近、或る研究で、この菌による感染症を治療することで、胃の前がん性の異常を予防できた、という報告がなされた。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


【治療】



『化学療法剤の新しい併用法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

臨床試験が、新しい化学療法剤について実施されている。いくつかの臨床試験に於いては、胃がんや他のがんに有効であることが知られている既存の薬の新しい併用方法について、評価が進められている。また、その他の臨床試験では、化学療法と放射線療法や免疫療法とをどのようにしたら最適に組み合わせできるかを評価している。そして、最大の努力が注がれているのは、外科手術の結果を改善すべく、化学療法や放射線療法を外科手術の前後にどのように追加すれば良いのか、という領域であり、このアプローチでの臨床試験が数件進展中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『免疫療法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

実験的な治療法として、患者の免疫反応を強め、胃がんと効果的に戦わせよう、という方法が、臨床試験で評価中である。そのうちのいくつかでは、薬として、免疫全般を強化するもの(インターロイキンなど)、を使用することが行われている。

「積極的な免疫療法」では、ワクチンを投与し、そのワクチンが胃がん細胞中の異常な化合物を認識し、胃がんを殺すことを期待する。

「受動的な免疫療法」では、実験室で調製された抗体を投与し、この抗体が、特殊な蛋白質(HER-2のような)を過剰発現した胃がん細胞を探し出すことを期待する。この抗体に毒素を結合して、がん細胞を殺す化合物や放射線を、がん細胞に特異的にあて、正常細胞は攻撃しないようにする。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『センチネルリンパ節のマッピング』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

胃がん細胞のリンパ節への拡大の状況を把握するための方法として、センチネルリンパ節のマッピングという技術が試みられつつある。この技術は、メラノーマや乳がんの治療において大きな成功をしているものである。この方法では、まずがんの中へ、青い染料と放射性物質を注入する。これらは、リンパ節の中でも、がんが最初に拡大するリンパ節へ流れていくであろう。そこで、これらのリンパ節を切除し、がん細胞の有無を確認する。もしこれらのリンパ節にがん細胞が無いのであれば、リンパ節の大規模な切除は必要ないという考えかたである。もしがん細胞がこれらのリンパ節に存在する場合には、全てのリンパ節を切除することになる。

但し、胃がんの場合には、この技術は臨床試験段階であり、広範な使用ができる段階にはなっていない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ