目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

疾患名 =皮膚リンパ腫( Skin Lymphoma )


資料 A=治療の全体像


資料名=ACS('08/7)


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介している原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=October 2nd, 2006 


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療の概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◇ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◇文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 この資料の性格 〕


この情報 は 代表する--【・*を |*←¨見解《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨医者《複数》や看護婦《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=活動している--【・*で |*←〈その〉 American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board 】┃。    これらの見解《複数》 は 基づいている--【・*に |*←@彼らの¨解釈{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨研究《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=公刊された --【・*に |*←医学雑誌《複数》】|- また、同様に -|A彼ら自身の専門家としての経験 】┃。

〈その〉¨治療情報{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←この文書】━━_は ¨※¨ではない 【・※←¨公式ポリシー{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 ACS 】━━、そして、それ は 意図されていない--【・*として |*←医学的な¨アドバイス{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=代用となる--【・*の |*←¨専門的技術、や、判断{☆の}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療チーム 】┃。    それ は 意図されている--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん、及び、患者さんの家族さん| ∬=行う--【・*を |*←情報を持っての決定--【・*と一緒に |*←主治医 】┃。

患者さん の 主治医 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=持つ--【・*を |*←¨理由《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=提案する--【・*を |*←〈一つの〉¨治療計画{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←異なる--【・*とは |*←ここに記述されている一般的な治療選択肢《複数》 】┃。    ためらわないで尋ねること--【・*に |*←主治医--【・*について |*←¨疑問《複数》{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←患者さん の 治療選択肢《複数》 】┃。 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 治療に関する決定を医者に任せるべきではありません。

〔 非ホジキンリンパ腫、皮膚リンパ腫の治療について 〕


近年、多くの進歩 が なされて在る--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←非ホジキンリンパ腫 】┃。    〈その〉¨治療選択肢《複数》{☆のための}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫】━━ は ¨※¨によって異なってくる【・※←〈その〉リンパ腫の種類、ステージ、その他の予後因子《複数》 】┃。    もちろん、〔誰もいない( no )2 名の患者さん《複数》 〕___は ¨※¨である 【・※←正確に類似している(の否定)】━━、そして、標準的な治療選択肢《複数》 は しばしば個別化される--【・*のために |*←各患者さん の 独自の状況 】┃。

それ《 ∬ すること(右記)》━━は 重要である∬=理解する--【・*を |*←全ての治療選択肢《複数》 】┃。    それ《 ∬ すること(右記)》━━は しばしば 良い考えである∬=求める--【・*を |*←〈一つの〉セカンドオピニオン 】┃。    このこと は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=提供する--【・*を |*←更に多くの情報】━━、そして、助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←患者さん| ∬=自信を感じる--【・*について |*←選択された治療計画 】┃。

いくつかの異なるタイプの治療《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【・*に対して |*←皮膚リンパ腫 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  How Is Lymphoma of the Skin Treated?

*****blg↑********************

参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科手術


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

外科手術 は しばしば 実施される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=得る--【・*を |*←〈一つの〉¨組織検体 { ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=診断し、リンパ腫の分類をする 】┃。    --【・『 』であるが…|『外科手術 は 稀にしか 使用されない--【・*のために |*←大部分の非ホジキンリンパ腫《複数》 』】━━、それ は 時として使用される--【・*のために |*←皮膚リンパ腫《複数》 】┃。    その主要な使用 は ¨※¨に於けるものである【・※←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←孤発性の¨腫瘍《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=外科的に切除される 】┃。    --【・*に於いてさえも… |*←左記のような状況設定】━━、しかし、¨外科的切除{☆の}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫】━━_は 稀にしか¨※¨ではない 【・※←〈その〉実施される唯一の治療】━━、そして、放射線療法、又は、その他のタイプの治療 も 通常 実施される┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  Surgery

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

放射線療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◆文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

放射線療法 は 使用する--【・*を |*←高エネルギーのビーム《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す--【・*を |*←がん 細胞《複数》 】┃。    ¨放射線療法{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=焦点をあてられた--【・*に |*←〈その〉がん --【・*から |*←身体の外の放射線源 】━━ は 呼ばれる【・※と|※←外部線源放射線療法 】┃。    ¨タイプ{☆の}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←放射線~~〔 ¶==使用される--【・最もしばしば--【・*のために |*←皮膚リンパ腫《複数》 】━━ は 呼ばれる【・※と|※←電子線 】┃。    大部分の放射線療法 は 使用する--【・*を |*←高エネルギーの¨放射線{☆のような}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←ガンマ線~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=透過する--【・深く--【・*へ |*←〈その〉身体 】┃。    しかし、皮膚リンパ腫《複数》 は しばしば治療される--【・*により |*←〈一つの〉非−透過性の¨ビーム{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==構成される--【・*から |*←電子《複数》 】┃。    電子線 は ¨ ∬ ¨ことができない 【 ∬=透過する(の否定)--【・*を |*←〈その〉皮膚】━━、しかし、それ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=殺す--【・*を |*←¨がん 《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==存在している--【・*の上に |*←〈その〉皮膚 】┃。    〈その〉唯一の副作用_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉やけど《 日焼けのような 》 】┃。    〈その〉電子線 は 通常 照射される--【・*に |*←全身 】┃。

しかし、いくらかの より厚い¨リンパ腫《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==広く拡大していない 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=好結果を得る--【・*から |*←高エネルギーの放射線 】┃。    --【・『 』の理由で…|『このような放射線 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*に |*←内臓《複数》 』】━━、それ《=『 』ということ(右記)》━━は 重要である【・=『〈その〉治療 が 注意深くデザインされる--【・『 』のために…|『皮膚だけ が 治療される 』】 』 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  Radiation Therapy

*****blg↑********************

参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

紫外線治療《フォトセラピー》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
◆文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

紫外線《 これ_は ¨※¨である 【・※←¨成分{☆の}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←日光~~〔 ¶==引き起こす--【・*を |*←日焼け、及び、皮膚がん 】 》━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←¨皮膚リンパ腫《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←¨菌状息肉症、又は、セザリー症候群{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨ではない 【・※←非常に厚い】《つまり、あまり厚くない》 】┃。    2 種類の紫外線《 紫外線 A(UVA)、及び、紫外線 B(UVB) 》━━ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←皮膚リンパ腫 】┃。    --【・『 』の場合…|『 UVA が 使用される 』】━━、それ は 併用される--【・*と |*←〈一つの〉¨薬{☆と呼ばれる}¨ ~~〔 ☆← psoralen 】┃。    この薬 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉紫外線| ∬=働く--【・ より効果的に--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す--【・*を |*←〈その〉リンパ腫 】┃。    それ は 投与される--【・*として |*←〈一つの〉錠剤--【・治療の約 2 時間前に 】┃。    psoralen は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←いくらかの吐き気、及び、時としての嘔吐《 しかし、頻繁ではない 》 】┃。

UVB は 投与される--【・*無しに |*←標準的な薬の使用 】┃。    ※の両方 |※← UVA、及び、UVB ━━ は 放出される--【・*により |*←特殊な¨蛍光灯《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨に似ている【・※←¨蛍光灯《複数》{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=使用される --【・*に於いて |*←日焼けサロン《複数》】━━、そして、治療《複数》 _は ∬ (する)ことのようなものである 【 ∬=行く--【・*へ |*←〈一つの〉日焼けサロン 】--【・『 』以外は…|『治療の量 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より多い 』】┃。

いずれの治療《複数》も実施される--【・ほぼ 1 週間に 3 回のペースで 】┃。    --【・*と同様に… |*←¨紫外線{☆の中の}¨ ~~〔 ☆←日光】━━、これらの治療《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←日焼け--【・『 』であるが…|『医者《複数》 は 試みる--【 ∬ (する)ように | ∬=避ける--【・*を |*←そのような多量の紫外線の使用 】 』】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  Ultraviolet Light (Phototherapy)

*****blg↑********************

参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

化学療法


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

化学療法 は 使用する--【・*を |*←¨化学療法剤《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==@注射される--【・*の中へ |*←〈一つの〉静脈、又は、〈一つの〉筋肉】|-又は-|A口から服用される 】┃。    --【・*に於いて… |*←皮膚リンパ腫《複数》】━━、化学療法剤《複数》のうちの 2 つ nitrogen mustard、又は、BCNU は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=塗布される--【・直接に皮膚に 】┃。    それ以外の場合、これらの薬《複数》 は 入る--【・*に |*←血液循環】━━、そして、到達する--【・*に |*←身体の全ての部分】、《 させて--【・*を § に ||*←この治療《化学療法》| § ←非常に有用--【・*のために |*←¨皮膚リンパ腫{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==広く拡大している 】 》 】┃。

多くの薬《複数》_が ¨※¨である 【・※←有用--【・*に於いて |*←¨治療{☆の}¨ ~~〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←皮膚リンパ腫 】┃。    しばしば、いくつかの薬《複数》 が 併用される┃。    全ての治療《複数》_は 持つ--【・*を |*←異なる投与スケジュール《複数》】━━、しかし、それら は 通常 繰り返される--【・3 〜 4 週間から成るサイクルを数回 】┃。    大部分の化学療法 治療《複数》は 実施される--【・外来ベースで《 クリニック、又は、病院の外来部門 での 投与 》】━━、しかし、いくつかの治療《複数》 は 必要とする--【・*を |*←入院 での 実施 】┃。

時として 〈一人の〉患者さん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=受ける--【・*を |*←〈一つの〉化学療法 併用レジメン--【・*にわたり |*←数回のサイクル《複数》】━━、そして、その後、スイッチされる--【・*へ |*←〈一つの〉異なるレジメン--【・もし『 』なら…|『〈その〉最初の併用レジメン が ¨ ∬ ¨と考えられない 【 ∬=効果を示している 』】┃。

〔 可能的な副作用 〕

《この項目は、ACS による当該の がん に関する原文の記述では必ずしもありませんが、ACS が記述している化学療法の副作用に関する一般的説明です。》(当該の がん での記述については、下記のリンクからジャンプして、 ACS の原文をご覧ください)

化学療法剤《複数》 は 効果を現わす--【 ∬ (する)ことにより | ∬=攻撃する--【・*を |*←¨細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==分裂しつつある--【・急速に 】━━、そして、このこと_が ¨※¨である 【・※←¨理由{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==それらの薬《複数》 が 効果を現わす--【・*に対して |*←がん 細胞《複数》 】┃。    しかし、その他の¨細胞《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←骨髄、口や腸の粘膜、毛根《複数》】━━ が 、また、分裂する--【・急速に 】┃。    これらの細胞《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨の傾向が強い 【 ∬=影響される--【・*により |*←化学療法】━━、そして、このこと が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=導く--【・*へ |*←副作用《複数》 】┃。

¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←化学療法】━━ は かかっている--【・*に |*←@¨タイプ、及び、用量{☆の}¨ ~~〔 ☆←投与された薬《複数》】|-そして-|A投与された期間の長さ 】┃。    これらの副作用《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←以下のもの】 :


これらの副作用《複数》_は ¨※¨である 【・※←通常 短期的】━━、そして、消失する--【・『 』の後に…|『治療 が 完了する 』】┃。    ¨※¨が しばしば 存在する 【・※←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=緩和する--【・*を |*←これらの副作用《複数》 】┃。    例えば、¨※¨が 存在する 【・※←非常に優れた¨薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=投与される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=予防したり緩和する--【・*を |*←吐き気、や、嘔吐 】┃。

〔 好中球減少症・感染症のリスク、及び、それらへの対処 〕


¨薬{☆と呼ばれる}¨ ~~〔 ☆←成長因子《複数》《 例えば G-CSF、又は、GM-CSF 》__ が 時として投与される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=@助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←白血球《複数》| ∬=回復する--【・*から |*←化学療法の影響《複数》 】|-そして-|A低下させる--【・*を |*←感染症のリスク 】┃。

--【・もし『 』なら…|『〈一人の〉患者さん の 白血球数_が ¨※¨である 【・※←非常に低い 』】━━、〈その〉患者さん は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=低下させる--【・*を |*←感染症リスク--【・以下のようにして】 :


もう一つの効果的な¨方法{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=守る#→--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←白血球数低下 --←#【・*から |*←感染症】━━_は ¨※¨である 【・※←¨治療{☆による}¨ ~~〔 ☆←強力な抗生物質《複数》 】┃。    そのような抗生物質《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=投与される--【・『 』の前に…|『感染症の徴候《複数》 が 現れる 』】━━、しかし、通常 は 投与される--【・*の時点で |*←〈その〉最も初期の¨徴候{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉感染症】《 発熱のような 》 】┃。

--【・『 』の理由で…|『多くの¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←化学療法】━━ は ¨※¨による【・※←白血球数の低下 』】━━、いくらかの患者さん《複数》 は 考える--【・¨ ∬ ¨することが¨※¨であると||∬=記録していく--【・*を |*←白血球数 |※←有用 】┃。    --【・もし『 』なら…|『患者さん が 興味がある--【・*に |*←この情報 』】━━、ためらわないこと--【 ∬ (する)ことを | ∬=尋ねる--【・*に |*←医者、又は、看護婦--【・*について |*←自分の血球数のデータ、及び、それらの意味 】┃。    患者さん は ¨ ∬ ¨しても良いかも知れない 【 ∬=日記につける--【・*について |*←治療、及び、血球数--【 ∬ (する)ことのために | ∬=フォローする--【・*を |*←治療の効果《複数》 】┃。

〔 血小板数、赤血球数の低下への対処 〕


--【・もし『 』なら…|『血小板数《複数》_が ¨※¨である 【・※←非常に低い 』】━━、〈その〉患者さん は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=受ける--【・*を |*←血小板輸血《複数》--【・*として |*←出血の予防 】┃。    もう一つの選択肢_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨薬{☆と呼ばれる}¨ ~~〔 ☆← oprelvekin (Neumega®) 】┃。    この薬 は 助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←身体| ∬=産生する--【・*を |*← より多くの血小板《複数》 】、--【・『 』であるが…|『この薬 は 使用される--【・非常に稀に--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫、又は、皮膚リンパ腫 』】┃。

¨疲労感{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=引き起こされた --【・*により |*←貧血《 赤血球数の低下 》】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=治療される--【・*により |*←@〈一つの〉¨成長因子{☆のような}¨ ~~〔 ☆← erythropoietin 】|-又は-|A赤血球輸血《複数》 】┃。

〔 副作用モニタリングの重要性、遅発性の合併症 〕


¨臓器《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=直接的にダメージを受ける--【・*により |*←化学療法剤《複数》 】━━ は 含む--【・*を |*←骨髄、腎臓、肝臓、精巣、卵巣、脳、心臓、及び、肺 】┃。    --【・*によれば |*←注意深いモニタリング《 監視 》】━━、そのような副作用《複数》_は ¨※¨である 【・※←稀 】┃。    --【・もし『 』なら…|『深刻な副作用《複数》 が 起きる 』】━━、〈その〉化学療法 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=低下させられる、又は、中止される《 少なくとも一時的に 》 】┃。    注意深いモニタリング、及び、¨調節{☆の}¨ ~~〔 ☆←薬の用量《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←重要--【・『 』の理由で…|『いくつかの¨副作用《複数》{☆への}¨ ~~〔 ☆←臓器《複数》】━━_は ¨※¨である 【・※←恒久的 』】┃。

¨一つ{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉最も深刻な¨遅発性の合併症《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←成功的な化学療法】━━_は ¨※¨である 【・※←¨可能性{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=発症する--【・*を |*←白血病 】┃。    これ は 罹患する--【・*に |*←小さな比率の リンパ腫の患者さん《複数》--【・時間を かけて 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  Chemotherapy

*****blg↑********************

参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

生物学的治療《免疫療法》


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

生物学的治療 は 使用する--【・*を |*←¨物質《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=自然的に産生される--【・*により |*←身体の免疫システム 】┃。    これらの物質《複数》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=@殺す--【・*を |*←リンパ腫 細胞《複数》】|-又は-|A遅くする--【・*を |*←リンパ腫 細胞の成長】|-又は-|B活性化する--【・*を |*←〈その〉患者さん 自身の免疫システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬= より効果的に戦う--【・*に対して |*←リンパ腫 】┃。

〔 インターフェロン 〕


インターフェロン_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉ホルモン的な¨蛋白質{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=産生される --【・*により |*←白血球《複数》--【 ∬ (する)ことのために | ∬=助ける--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←〈その〉免疫システム| ∬=戦う--【・*に対して |*←感染症 】┃。    いくつかの研究《複数》 が 示唆して在る【・『 』ということを… |『¨投与{☆の}¨ ~~〔 ☆←ヒト由来のインターフェロン が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←いくらかのタイプの皮膚リンパ腫 の 縮小、又は、成長停止 』 】┃。

¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←この治療】━━ は 含む--【・*を |*←中等度〜重症の疲労感、発熱、悪寒、頭痛、筋肉・関節の痛み、気分の変化 】┃。

〔 モノクロナル抗体 〕


抗体《複数》 は 正常で 産生される--【・*により |*←〈その〉免疫システム--【 ∬ (する)ことのために | ∬=戦う--【・*と |*←感染症《複数》 】┃。    同様な抗体《複数》《 モノクロナル抗体と呼ばれる 》━━ が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=作られる--【・*に於いて |*←実験室 】┃。    --【・*の代わりに… |*←攻撃する--【・*を |*←細菌《複数》--【・『 』のように…|『通常の抗体《複数》 が そうする 』】━━、いくつかのモノクロナル抗体《複数》 は デザインされている--【 ∬ (する)ように | ∬=攻撃する--【・*を |*←リンパ腫細胞《複数》 】┃。

--【・*の後に… |*←何年間にも わたる研究】━━、いくつかのモノクロナル抗体《複数》 が 開発されて在る--【・*として |*←¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫 】┃。    実際のところ、 より多くのモノクロナル抗体《複数》 が 存在している--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←リンパ腫 】--【・*よりも |*←いかなる 他のタイプの がん 】┃。

〈その〉最初の¨モノクロナル抗体{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=認可された --【・*により |*←〈その〉 FDA--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←何らかの がん 】━━_は ¨※¨であった 【・※← rituximab《 Rituxan® 》 】┃。    この抗体 は 認識し、結合する--【・*に |*←〈一つの〉¨物質{☆と呼ばれる}¨ ~~〔 ☆←¨CD20 { ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==存在している--【・*の上に |*←¨表面{☆の}¨ ~~〔 ☆←いくらかのタイプ《複数》の B −リンパ腫 細胞《複数》 】┃。    この結合 は させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←〈その〉リンパ腫細胞| ∬=死滅する 《 通常の抗体 が 細菌を殺すのと同様に 》┃。

患者さん《複数》 は 通常 受ける--【・*を |*←静注 点滴《複数》《 毎週 1 回で 4 週間にわたり 》 】┃。    〈その〉治療《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=実施される--【・*に於いて |*←〈その〉医者のオフィス、又は、クリニック 】┃。    一般的な副作用《複数》_は ¨※¨である 【・※←通常 軽度】━━、しかし、それら は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=含む--【・*を |*←発熱、吐き気、発疹、疲労感、及び、頭痛 】┃。    --【・『 』であっても…|『これらの症状《複数》 が 起きる--【・*の間に |*←〈その〉最初の rituximab 点滴 』】━━、それ《 §(右記)》━━は 非常に 非通常的 【・§←『それらの副作用《複数》 が 再度 起きる--【・*により |*←引き続いての投与《複数》 』 】┃。

もう一つのヒト−由来の¨分子{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=使用される--【・*のために |*←皮膚リンパ腫 】━━ は 呼ばれる--【・*と |*← denileukin diftitox (Ontak®) 】┃。    それ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*← T −細胞 リンパ腫《複数》 】┃。    この物質 は 作られる--【 ∬ (する)ことにより | ∬=結合させる--【・*を |*←〈その〉インターロイキン-2 レセプタ--【・*と |*←ジフテリア毒素 】、、《[ この]物質は 入り、殺す--【・*を |*←〈その〉リンパ腫細胞《複数》》 】┃。    最近、¨※¨が 存在してきて在る 【・※←¨報告《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←目の障害--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ∬ ((を)した)}¨ ~~〔 ∬=受けた--【・*を |*←この薬 】┃。    この薬は 投与される--【・*から |*←静脈】、--【・通常*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==再発して在る--【・*の後に |*←初回の治療 】┃。

alemtuzumab《 Campath® 》___は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨抗体{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←有用--【・*に於いて |*←慢性リンパ球性白血病、及び、また、皮膚 T-細胞 白血病《複数》(*) 】┃。    Campath®_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨抗体{☆に対する}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨CD52 分子{☆の上の}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫細胞の表面 】┃。    〈その〉 Campath® は 投与される--【・*から |*←静脈--【・毎日】、--【・『 』までは…|『〈その〉適切な用量 が 達成されて在る 』】━━、そして、その後、投与される--【・*で |*←当該用量--【・1 週間に 3 回のペースで 】┃。    最近、Campath® は 、また、使用されて在る--【・成功的に--【・*の後に |*←皮下注射】━━、そして、それ_は ¨※¨である 【・※← より容易で、時間がかからない--【・*よりも |*←静脈注射 】┃。    再び、Campath® は 通常使用される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==再発して在る--【・*の後に |*←初回の¨治療{☆のための}¨ ~~〔 ☆←〈その〉皮膚リンパ腫 】┃。

(*)mougitaro 注:原文通りですが、おそらくリンパ腫の誤りであろうと思われます。

その他の¨モノクロナル抗体《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=治療する--【・*を |*←リンパ腫《複数》 】━━ が 、また、開発されつつある┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  Biological Therapy (Immunotherapy)

*****blg↑********************

参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

レチノイドによる治療


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

¨※¨が 存在する 【・※←ビタミン A に類似した¨治療薬《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=干渉する--【・*に |*←細胞の成長 】┃。    ¨一つ{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらの薬《複数》】《 bexarotene と呼ばれる化合物 》━━ は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←早期の皮膚リンパ腫《複数》《 主として菌状息肉症、及び、セザリー症候群 》 】┃。    この薬は¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【・*として |*←@〈一つの〉¨局所治療薬{☆への}¨ ~~〔 ☆←〈その〉罹患した皮膚領域】|-又は-|A〈一つの〉錠剤--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←広範な皮膚リンパ腫 】┃。    〈その〉局所投与用のゲル は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←皮膚刺激、及び、発赤 】┃。    〈その〉¨主な副作用{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉錠剤】━━_は ¨※¨ということである 【・※…『〈一つの〉患者さん の 血液中のトリグリセリド《脂質の一種》 が ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=上昇する--【・*まで |*←危険なレベル《複数》 』 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  Retinoids

*****blg↑********************

参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

幹細胞移植


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 幹細胞移植の概観 〕


幹細胞移植 は 使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←リンパ腫の患者さん《複数》 】--【・『 』の場合に…|『標準的な治療 が 挫折して在る 』】┃。    現在、このタイプの治療 は 使用される--【・わずかに稀に--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←皮膚リンパ腫】、--【・『 』であるが…|『〈その〉治療手順 は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=使用される--【・ より一般的に--【・*に於いて |*←将来 』】┃。

幹細胞移植 は 可能にさせる--【・▽が¨ ∬ ¨するのを||▽←医者《複数》| ∬=使用する--【・*を |*←非常に高用量の化学療法--【 ∬ (する)ことのために | ∬=試みる--【 ∬ (する)ことを | ∬=一掃する--【・*を |*←〈その〉リンパ腫 】┃。    そのような高用量 は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=通常、恒久的にダメージを与える--【・*に |*←〈その〉¨正常細胞《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←〈その〉骨髄】、《[ そして]このことは ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=停止させる--【・*を |*←¨産生{☆の}¨ ~~〔 ☆←血液細胞《複数》》 】┃。    このこと は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←生命を脅かすもの 】┃。

幹細胞《複数》《 血液細胞《複数》を形成する 》___は ¨※¨である 【・※←〈その〉最初の¨形{☆の}¨ ~~〔 ☆←骨髄細胞《複数》 】┃。    一旦 それら が 産生される--【・*に於いて |*←〈その〉骨髄】━━、それら は 成長する--【・*へ |*←正常な¨血液細胞《複数》{☆のような}¨ ~~〔 ☆←赤血球《複数》、白血球《複数》、及び、血小板《複数》 】┃。    幹細胞《複数》 は 採取される--【・*から |*←患者さん の 血液--【・*に先行して |*←¨使用{☆の}¨ ~~〔 ☆←高用量化学療法】━━、そして、それから、それらの幹細胞《複数》 は 戻される--【・*に |*←〈その〉患者さん《複数》--【・『 』の後に…|『それらの患者さん《複数》 が 受けた--【・*を |*←高用量化学療法 』】━━、--【・『 』であるように…|『これらの細胞《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=再び住み着く--【・*に |*←〈その〉骨髄】、《 可能にさせて--【・*を |*←正常 血液細胞《複数》の産生--【・再び 》】┃。    この治療 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=使用される--【・*のために |*←いくらかの¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==寛解状態にある、又は、治療中、又は、治療後に再発を経験している 】┃。

血液−形成の幹細胞《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=採取される--【・直接に*から |*←〈その〉骨髄《 通常、全身麻酔の手術で実施 》 】┃。    これらの¨幹細胞《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=採取された --【・直接に*から |*←骨髄】━━ は その後 戻される--【・*へ |*←〈その〉患者さん--【・*として |*←¨一部{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉骨髄移植《 BMT 》 】┃。    --【・『 』の理由で…|『幹細胞《複数》 は 、また、出る--【・*から |*←〈その〉骨髄】━━、そして、循環する--【・*の中で |*←〈その〉血液 』】━━、幹細胞《複数》 は 、また、¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=採取される--【・*から |*←〈その〉血液循環--【・*により |*←¨方法{☆と呼ばれる}¨ ~~〔 ☆←アフェレシス 】┃。    これ は 呼ばれる--【・*と |*←末梢血 幹細胞移植《 PBCST 》 】┃。    最近の研究《複数》 は 示して在る【・『 』ということを… |『¨※¨が 存在する 【・※←¨利点《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=使用する--【・*を |*←末梢血から採取した幹細胞《複数》--【・*の代わりに |*←骨髄吸引液からの幹細胞《複数》 】 』 】┃。    この方法 が ¨※¨となってきて在る 【・※←〈その〉通常の¨方法{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==医者《複数》 が 得る--【・*を |*←幹細胞《複数》 】━━、そして、この方法 は 実際に¨※¨である 【・※←はるかに容易--【・*のためにも |*←〈その〉患者さん 】┃。

--【・*と関わりなく |*←『どこから 〈その〉幹細胞《複数》 が 採取されるか《 血液、又は、骨髄 》】━━、¨※¨が 存在する 【・※← 2 つの主要な種類の幹細胞移植 : 他家幹細胞移植、及び、自家幹細胞移植 】┃。

--【・*に於いては… |*←他家幹細胞移植】━━、〈その〉造血 幹細胞《複数》 は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=来る (の否定)--【・*から |*←〈その〉患者さん自身】__ : __〈その〉幹細胞《複数》 は 来る--【・*から |*←〈一人の〉¨ドナー{ その人の組織型(HLA type) が ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←ほぼ同一--【・*と |*←患者さん の 型 】┃。    〈その〉ドナー_は ¨※¨である 【・※←しばしば 患者さん の 兄弟姉妹】━━、しかし、〈その〉ドナー は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一人の〉適合した、非近縁のドナー 】┃。    しかし、他家幹細胞移植_は 持つ--【・*を |*←限定された有用性】、--【・*の理由から |*←¨必要性{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈一人の〉適合したドナー 】┃。    もう一つの欠点_は ¨『 』(右記)¨ということである『¨副作用《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←この治療】━━_は ¨※¨である 【・※←過度に重症--【・*にとって |*←大部分の¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §← 55 歳超 】 』 】┃。    約¨4 分の 1 {☆の}¨ ~~〔 ☆←全ての¨移植《複数》{☆のための}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫】━━_は ¨※¨である 【・※←このタイプの移植 】┃。

--【・*に於いては… |*←自家幹細胞移植】━━、患者さん 自身の造血幹細胞 が 採取される--【・*から |*←患者さんの骨髄、又は、循環血液--【・*の前に |*←治療 】┃。    --【・*の場合には… |*←¨いくらかのタイプのリンパ腫《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨(する)傾向がある 【 ∬=拡大する--【・*へ |*←〈その〉骨髄、又は、血液 】】━━、〈一つの〉自家幹細胞移植 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨でない 【・※←可能】、--【・『 』の理由で…|『それ《 ∬ すること(右記)》━━は 困難なことがある∬=得る--【・*を |*←¨幹細胞《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←リンパ腫細胞《複数》を含まない 】 』】┃。    --【・*の後でさえも… |*←パージ操作《 実験室でのリンパ腫細胞 除去 》】━━、 ∬ すること | ∬=戻してしまう--【・*を |*←いくらかのリンパ腫細胞《複数》--【・*と共に |*←〈その〉幹細胞移植 ━━_が ¨※¨である 【・※←あり得る 】┃。

いずれのケースでも、¨造血幹細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==採取された--【・*から |*←〈その〉ドナー、又は、〈その〉患者さん 】━━ は 注意深く 凍結され、保存される┃。    〈その〉患者さん は それから 受ける--【・*を |*←高用量化学療法(及び、時として、全身 放射線療法も) 】┃。    これ は 破壊する--【・*を |*←残存している がん 細胞《複数》】━━、しかし、それ は 、また、殺す--【・*を |*←全ての、又は、大部分の正常 骨髄細胞《複数》 】┃。    --【・*の後に… |*←治療】━━、〈その〉凍結されていた幹細胞《複数》 が 解凍され、戻される--【・*へ |*←〈その〉患者さん の 身体】--【 ∬ (する)ことにより | ∬=点滴する--【・*を |*←これらの幹細胞《複数》--【・*へ |*←〈一つの〉静脈《 輸血と同様にして 》 】┃。

〔 幹細胞移植の実際 〕


- 治療の進め方 -


--【・*の場合… |*←〈一つの〉自家幹細胞移植】━━、〈その〉幹細胞《複数》 は 採取される--【・数回の機会に--【・*の間に |*←治療前の数週間 】┃。

--【・もし『 』なら…|『放射線療法 が ¨ ∬ ¨の予定である 【 ∬=使用される 』】━━、〈一人の〉放射線 腫瘍医 が ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=診察する--【・*を |*←〈その〉患者さん--【・*の前に |*←幹細胞移植の実施】━━、そして、¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=行う--【・*を |*←¨測定《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉患者さん--【・『 』であるように…|『放射線よけ シールド が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=作成される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=保護する--【・*を |*←〈その〉肺《複数》、心臓、及び、腎臓《複数》--【・*から |*←¨ダメージ{☆の間の}¨ ~~〔 ☆←高用量、全身 放射線療法 】 』】┃。

〈その〉¨患者さん{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=受ける--【・*を |*←幹細胞移植 】━━ は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=入院する--【・*に |*←〈その〉骨髄移植ユニット】━━、又は、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=受ける--【・*を |*←治療--【・*として |*←〈一人の〉外来の患者さん】、--【・*により |*←いくつかの要因《複数》 】┃。

入院して実施の場合、〈その〉患者さん は 通常 入院する--【・*に |*←化学療法 開始の前日 】┃。    患者さん は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=通常は留まる--【・*に |*←〈その〉病院《 骨髄移植ユニット 》--【・*まで |*←--【・『 』の後…|『〈その〉高用量 化学療法、及び、〈その〉幹細胞《複数》 が 投与されて在る、そして、〈その〉幹細胞《複数》 が 開始して在る--【 ∬ (する)ことを | ∬=働く《 新しい血液細胞《複数》の産生が開始される 》 】 』】┃。

外来 での 実施の場合、患者さん《複数》、及び、家族さん《複数》 は ¨ ∬ ¨ねばならない 【 ∬=¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=発見する--【・*を |*←¨合併症《複数》{ ∬ ((を)する)}¨ ~~〔 ∬=必要とする--【・*を |*←主治医の診察 】┃。    --【・『 』でない限り…|『彼ら が 住んでしる--【・*の近くに |*←〈その〉移植センター 』】━━、彼ら は ¨ ∬ ¨であろう 【 ∬=求められる--【 ∬ (する)ことを | ∬=滞在する--【・*に |*←近くのホテル 】┃。

--【・*の後に… |*←〈その〉適切な教育】━━、〈その〉患者さん は 開始する--【・*を |*←高用量化学療法】━━、そして、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=受ける--【・*を |*←全身放射線療法 】┃。    --【・いったん『 』すると…|『治療 が 完了する 』】━━、〈その〉幹細胞《複数》《 自家幹細胞、又は、他家幹細胞 》__ が 投与される--【・*を通じて |*←〈一つの〉静脈、又は、静脈アクセスライン】《 輸血と同様にして 》 】┃。    〈その〉幹細胞《複数》 は 移動していく--【・*へ |*←〈その〉骨髄 】┃。    その後、ウェイティング期間が始まる┃。

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==受ける--【・*を |*←ドナーからの幹細胞《複数》 】━━ は 投与される--【・*を |*←¨拒否反応抑制薬《複数》《 tacrolimus 、又は、cyclosporine : 時として prednisone、又は、methotrexate との併用で 》¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==抑制する--【・*を |*←患者さん自身の免疫システム 】--【 ∬ (しない)ように | ∬=〈その〉新しい骨髄 が ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=拒否される、又は、破壊される(の否定) 】┃。    --【・*にわたり… |*←その後 3 〜 4 週間】━━、〈その〉患者さん は 与えられる--【・*を |*←必要な限りのサポートケア 】┃。    このこと は 含む--【・*を |*←//静注栄養、¨抗生物質《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=治療する--【・*を |*←細菌性、ウィルス性、及び、真菌性の感染症《複数》 //赤血球輸血《複数》//血小板輸血《複数》//必要に応じてその他の薬《複数》 】┃。

--【・*の後に… |*←幹細胞の静注後、通常 14 日間〜 21 日間】━━、それら は 開始する--【 ∬ (する)ことを | ∬=産生する--【・*を |*←新しい白血球《複数》 】┃。    これは後続される--【・*により |*←¨産生{☆の}¨ ~~〔 ☆←血小板《複数》、及び、赤血球《複数》 】┃。    患者さん《複数》 は 留まる--【・*に |*←保護的な隔離状態--【・『 』まで…|『彼らの絶対 好中球数《 ANC 》《 白血球の特定的なタイプ 》__ が 上昇する--【・*以上に |*← 500 』】┃。    彼ら は 通常 ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=退院する--【・『 』の時に…|『彼らの ANC が 近づく--【・*に |*← 1,000 』】┃。

患者さん《複数》 は その後 典型的には する--【・*を |*←定期的な¨受診《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←〈その〉外来 移植クリニック--【・*にわたり |*←約 6 ヶ月間】━━、そして、その後、彼らのケア は 継続される--【・*により |*←彼らの通常の腫瘍医 】┃。    この段階では、彼ら は わずかに 受診する--【・*を |*←〈その〉クリニック--【・@*のために |*←彼らの年 1 回の検査】|-又は-|A--【・もし『 』なら…|『彼ら が 持つ--【・*を |*←¨症状《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨べきである 【 ∬=チェックされる--【・*により |*←彼らの医者《複数》 】 』】┃。

骨髄、又は、末梢血 幹細胞移植_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉複雑な治療 】┃。    --【・『 』の場合…|『〈その〉医者《複数》 が 考える【・『 』と… |『〈その〉患者さん が ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=利益を得る--【・*により |*←移植 』】━━、〈その〉最良の¨場所{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=移植を受ける 】━━_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉全国的に認識された ¨がん センター{そこで ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==〈その〉スタッフ が 持つ--【・*を |*←¨経験{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←当該 治療手順、及び、回復期間のケア 】┃。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨べきでない 【 ∬=躊躇する(の否定)--【 ∬ (する)ことを | ∬=尋ねる--【・*に |*←〈その〉医者--【・*について |*←〈その〉医者の経験数、施設 での 移植実施数、治療結果《複数》 】┃。    経験十分なサポートスタッフ、及び、知識_が ¨※¨である 【・※←キーとなる¨要因《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=提供する--【・*を |*←ベストのケア 】┃。

…(中略:保険に関する注意事項《米国 での 》)…

- 移植の副作用 -


¨副作用《複数》{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉幹細胞移植】━━ は 一般的に分類される--【・*に |*←早期、及び、長期的な影響《複数》 】┃。    〈その〉早期の合併症《複数》、及び、副作用《複数》_は ¨※¨である 【・※←基本的に同じ--【・*と |*←他のタイプの高用量化学療法の場合 】┃。    それらの副作用《複数》 は 引き起こされる--【・*により |*←¨ダメージ{☆への}¨ ~~〔 ☆←〈その〉骨髄、及び、その他の急速に成長している組織《複数》 】┃。

¨合併症《複数》、及び、副作用《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=長期的に持続したり、治療後 何年もしてから起きる 】━━ は 含む :


- 移植片 対 宿主 病《GVHD》 -


これ_は ¨※¨である 【・※←〈その〉重要な¨合併症{☆の}¨ ~~〔 ☆←他家《 ドナー 》幹細胞移植 】┃。    それ は 起きる--【・『 』の理由で…|『患者さんの免疫システム が 取って代わられる--【・*により |*←ドナーの免疫システム 』】┃。    〈その〉ドナーの免疫システム は その後、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=みなす--【・*を |*←〈その〉患者さん の 組織《複数》--【・*として |*←外来のもの】━━、そして、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=反応する--【・*に対して |*←これらの組織《複数》 】┃。    いくつかの困難な症状《複数》_は ¨※¨である 【・※←重症の皮膚発疹《複数》《 痒みを伴う 》、や、重症の下痢 】┃。    〈その〉肝臓、及び、肺《複数》 が 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを受ける 】┃。    〈その〉患者さん は 、また、¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=@¨※¨となる【・※←容易に疲れやすい】|-そして-|A起こす--【・*を |*←筋肉痛 】┃。    時として、〈その〉移植片 対 宿主 病《GVHD》 は ¨※¨となる【・※←慢性、及び、身体障害的《 非常に重症の場合、致死的なことあり 》 】┃。    通常、薬物療法《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=コントロールする--【・*を |*←移植片 対 宿主 病《GVHD》 】┃。

プラスの面として、〈その〉移植片 対 宿主 病《 GVHD 》 は 、また、導く--【・*へ |*←移植片 対 リンパ腫細胞 効果 の 活性 】┃。    ¨リンパ腫細胞《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=残存している--【・*の後に |*←〈その〉化学療法、及び、放射線療法 】━━ は しばしば 殺される--【・*により |*←¨免疫反応《複数》{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉ドナー細胞《複数》--【・『 』であることから…|『〈その〉リンパ腫細胞《複数》 は 見なされる【・※であると|※←外来--【・*により |*←〈その〉ドナーの免疫システム 』】┃。    このことから、軽度の移植片 対 宿主 病《 GVHD 》 は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉良い現象 】┃。

〔 非 骨髄破壊的な 移植 〕


これ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉特殊なタイプの¨移植{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==活用する--【・*を |*←ドナー細胞《複数》による免疫反応--【 ∬ (する)ことのために | ∬=殺す--【・*を |*←〈その〉リンパ腫 】┃。    わずかに低用量の化学療法 が 投与される┃。    やがて、〈その〉ドナー細胞《複数》 は 置き換える--【・*を |*←〈その〉骨髄】━━、そして、その後¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=起こす--【・*を |*←〈一つの〉¨免疫反応{☆に対する}¨ ~~〔 ☆←〈その〉リンパ腫細胞《複数》】、《 そして、殺す--【・*を |*←リンパ腫細胞《複数》 》 】┃。

¨問題{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←非 骨髄破壊的な 移植】━━_は ¨※¨である 【・※←〈その〉移植片 対 宿主 病《 GVHD 》】、《[ この]現象は ¨ ∬ ¨ことがある 【 ∬=ダメージを与える--【・*にも |*←患者さん の 正常な細胞《複数》、及び、組織《複数》》 】┃。    研究者《複数》 は 探索している--【・*を |*←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=取り除く--【・*を |*←〈その〉移植片 対 宿主 反応--【 ∬ (する)一方で∬=維持する--【・*を |*←移植片 対 リンパ腫細胞 効果 】┃。    一つの¨利点{☆の}¨ ~~〔 ☆←このタイプの移植《 他家(ドナーから)移植であっても 》━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『 より年配の患者さん《複数》 が ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=忍容する--【・*を |*←当該治療--【・*無しに |*←生命を脅かすような¨毒性《複数》{ ∬ (される)}¨ ~~〔 ∬=見られる--【・*に於いて |*←〈その〉その他の通常のタイプの他家幹細胞移植 】 』 】┃。

--【・*のためには… |*← より多くの¨情報{☆に関する}¨ ~~〔 ☆←幹細胞移植】━━、参照してもらいたい--【・*を |*←〈その〉 ACS の文書「骨髄、及び、末梢血 幹細胞移植《複数》」(*) 】┃。

(*)mougitaro 注:原文には当該ページへのリンクが設定されています。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  Bone Marrow or Peripheral Blood Stem Cell Transplantation (SCT)

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

研究・治療の新動向


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします

◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事のおおまかな内容: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔 遺伝学 〕


--【・『 』のように…|『注記された--【・*に於いて |*←〈その〉セクション「我々は 非ホジキンリンパ腫の原因を知っているか?」 』】━━、科学者は なしつつある--【・*を |*←大きな¨進歩{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆← ∬ すること | ∬=理解する『どのようにして ¨変化《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←DNA】━━ は ¨ ∬ ¨ことができるのか? 【 ∬=させる--【・▽が¨ ∬ ¨するように||▽←正常なリンパ球《複数》| ∬=変化する--【・*に |*←リンパ腫細胞《複数》 】 』 】┃。     より深い¨理解{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉¨遺伝子《複数》{ ∬ ((を)している)}¨ ~~〔 ∬=関わっている--【・*に |*←一定の¨遺伝子 転座《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==しばしば起きる--【・*に於いて |*←リンパ腫 】━━ が 提供しつつある--【・*を |*←¨洞察{☆への}¨ ~~〔 ☆←『何故 これらの細胞《複数》 が ¨ ∬ ¨ことがあるのか? 【 ∬=@成長する--【・過度に急速に】|-そして-|A生きる--【・過度に長い間】|-そして-|B発達しない--【・*へ |*←¨成熟細胞《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==参加する--【・*に |*←正常な免疫反応《複数》 】 』 】┃。

--【・いったん『 』すれば…|『上記のこと が 理解される 』】━━、それから、¨薬《複数》{ ¶ ところの}━━ が ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=開発される~~〔 ¶==ブロックしたり、特定的に標的する--【・*を |*←この特定的なプロセス 】┃。    例えば、〈一つの〉効果的な薬 が 既に 開発されて在る--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←慢性骨髄性白血病 】┃。    この薬《 Gleevec® 》___は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉¨錠剤{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==ブロックする--【・*を |*←〈その〉特定的な¨DNA 欠損{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==引き起こして在る--【・*を |*←〈その〉病気 】┃。    ¨研究{ ¶ ところの}¨━━ が 進展中である~~〔 ¶==取りつつある--【・*を |*←〈一つの〉同様な¨アプローチ{ ∬ (する)ことへの}¨ ~~〔 ∬=治療する--【・*を |*←〈その〉さまざまなタイプのリンパ腫 】┃。

¨進歩{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆← ∬ すること | ∬=理解する--【・*を |*← DNA 変化《複数》--【・*に於いて |*←リンパ腫 】━━ は 既に提供して在る--【・*を |*←改善された、そして、高度に高感度の¨検査法{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=検出する--【・*を |*←この病気 】┃。    そのような検査法《複数》 は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=発見する--【・*を |*←リンパ腫細胞《複数》--【・*に基づき |*←それらの遺伝子 転座《複数》、又は、再配列《複数》 】┃。    〈その〉ポリメラーゼ チェーン 反応《 PCR 》テスト は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=検出する--【・*を |*← 1 個のリンパ腫細胞--【・*から |*← 100 万個の正常細胞《複数》 】┃。    それ_は ¨※¨である 【・※←有用--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=決める--【・*を |*←@どの程度 完全に 〈その〉リンパ腫 が 破壊されて在るのか?--【・*により |*←治療】|-そして-|A再発のリスクは どの程度か? 』 】┃。

¨一つ{☆の}¨ ~~〔 ☆←〈その〉 より重要な¨ブレークスルー《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←近年】━━ は _は ¨※¨であってきて在る 【・※←¨開発{☆の}¨ ~~〔 ☆← DNA マイクロアレイ《複数》 】┃。    これら_は ¨※¨である 【・※←¨テスト《複数》{☆の}{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ☆←〈一つの〉腫瘍の DNA~~〔 ¶==¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=@突き止める--【・*を |*←〈その〉¨異常な遺伝子《複数》{☆に於ける}¨ ~~〔 ☆←〈その〉腫瘍 】|-そして-|A示す--【・*を |*←『どの程度 〈その〉がん が 反応するであろうか?--【・*に |*←化学療法 』】┃。    このこと は ¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=導く--【・*へ |*←〈一つの〉新しい¨分類{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらの病気《複数》 】┃。    〈その〉テスト《複数》 は ¨ ∬ ¨ことの可能性がある 【 ∬=¨※¨である 【・※←有用--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=選出する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=必要とする--【・*を |*←早期の¨治療{☆による}¨ ~~〔 ☆←高用量化学療法 + 幹細胞移植《複数》 】┃。    ¨有用性、及び、信頼性{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらのテスト《複数》】━━ が 現在 研究されつつある┃。

〔 化学療法 〕


多くの臨床試験《複数》 が 現在 進展中である--【 ∬ (する)ことのために | ∬=研究する--【・*を |*←新しい化学療法剤《複数》 】┃。    その他の臨床試験《複数》 は 研究しつつある--【・*を |*←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=使用する--【・*を |*←¨薬《複数》{§(の性質の)}¨ ~~〔 §←既に効果的であると知られている 】--【 ∬ (する)ことにより | ∬=併用する--【・*を |*←それらの薬《複数》--【・新しい方法で、又は、異なる用量や異なる投与順序で 】┃。

その他のタイプの薬《複数》《 bortezomib、や、thalidomide のような 》━━ が 研究されて在る━━、そして、示す--【・*を |*←明確な利益--【・*に於いて |*←一定のタイプのリンパ腫《複数》 】┃。    〈一つの〉新しい薬 Revlimid®━━ が 最近 認可された--【・*に於いて |*←米国--【 ∬ (する)ことのために | ∬=治療する--【・*を |*←一定のタイプの骨髄異形成症候群 】┃。    それ は 現在 テストされつつある--【・*に於いて |*←さまざまなタイプのリンパ腫《複数》 】┃。    Revlimid® は 期待されている--【 ∬ (する)と | ∬=置き換える--【・*を |*← thalidomide--【・将来 】、--【・『 』であることから…|『それ は ¨ ∬ ¨の傾向が より少ない 【 ∬=引き起こす--【・*を |*←重症の副作用《複数》】━━、そして、既に示して在る【・※であると|※←効果的 』】┃。    もう一つの新しい薬「 SAHA 」 は 示して在る--【・*を |*←初期的な¨有望性{ ∬ (する)ことに於いての}¨ ~~〔 ∬=治療する--【・*を |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ~~〔 ☆←菌状息肉症、及び、セザリー症候群 】━━、そして、それ は 現在 ¨※¨である 【・※←使用可能--【・*を通じて |*←臨床試験《複数》--【・*に於いて |*←いくつかのセンター《複数》 】┃。
〔 生物学的治療 〕


リンパ腫の細胞《複数》 は 持つ--【・*を |*←一定の化学物質《複数》--【・*の上に |*←それらの表面 】┃。    特別に製造された¨抗体《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==認識する--【・*を |*←これらの物質《複数》 】━━ は ¨ ∬ ¨ことができる 【 ∬=標的される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=破壊する--【・*を |*←〈その〉リンパ腫細胞《複数》--【 ∬ (する)一方で∬=引き起こす--【・*を |*←わずかの¨ダメージ{☆への}¨ ~~〔 ☆←正常な身体組織《複数》 】┃。    この治療戦略 は 既に 証明されている【・※であると|※←効果的 】┃。    いくつかの そのような薬《複数》《 rituximab など 》━━ は 既に¨※¨である 【・※←入手可能】━━、そして、それら は ディスカスされている--【・*に於いて |*←〈その〉セクション「 生物学的治療《 免疫治療 》 」 】┃。

--【・*の理由から… |*←¨成功{☆の}¨ ~~〔 ☆← rituximab、及び、それの放射活性な類縁体《複数》】━━、新しいモノクロナル抗体《複数》 が 開発されつつある┃。    それらの¨使用{☆との併用での}¨ ~~〔 ☆←化学療法】━━ が 、また、テストされつつある--【・*に於いて |*←臨床試験《複数》 】┃。

〔 アンチセンス オリゴヌクレオチド 〕


これら_は ¨※¨である 【・※←¨化学物質《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==ブロックする--【・*を |*←〈その〉細胞の遺伝子プロセス 】┃。    一定の¨遺伝子変化《複数》{ ¶ ところの}¨ が 起きる--【・*に於いて |*←リンパ腫細胞《複数》~~〔 ¶==¨※¨である 【・※←原因となる--【 ∬ (する)ことの | ∬=それらの細胞《複数》 が がん 化する 】┃。    上記の化学物質《複数》 は ブロックする--【・*を |*←〈その〉¨伝達{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらの変化《複数》】--【・『 』のように…|『〈その〉細胞《複数》_は もはや¨※¨ではない 【・※←悪性 』】┃。    いくつかの薬《複数》 が 開発されて在る━━、そして、いくつか は 示されて在る【・※であると|※←成功的--【・*に於いて |*←初期 臨床試験《複数》 】┃。

〔 骨髄、及び、末梢血 幹細胞移植 〕


研究者《複数》 は 続けている--【 ∬ (する)ことを | ∬=改善する--【・*を |*←骨髄、及び、末梢血 幹細胞移植 】、--【・*を含めて |*←新しい¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=採取する--【・*を |*←これらの細胞《複数》--【・*の前に |*←移植 】┃。

自家幹細胞移植《 患者さん自身からの幹細胞採取による方法 》━━_は 持つ--【・*を |*←¨リスク{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=再び戻してしまう--【・*を |*←リンパ腫細胞《複数》--【・*へ |*←〈その〉患者さん の 身体 】┃。    研究者《複数》 は テストしつつある--【・*を |*←新しい、そして、改善された¨方法《複数》{ ∬ (する)ことのための}¨ ~~〔 ∬=除去する--【・*を |*←〈その〉リンパ腫の最後の痕跡--【・*から |*←これらの幹細胞《複数》--【・『 』の前に…|『それらの幹細胞《複数》 が 戻される--【・*へ |*←患者さん の 身体 』】┃。    いくつかの新しい¨モノクロナル抗体《複数》{ ∬ (された)}¨ ~~〔 ∬=開発された--【・*のために |*←リンパ腫の治療 】━━ が 、また、¨ ∬ ¨と考えられる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=除去する--【・*を |*←これらの残存 リンパ腫細胞《複数》 】┃。

多くの研究《複数》 が 焦点を当てつつある--【 ∬ (する)ことに | ∬=防ぐ--【・*を |*←移植片 対 宿主 病《 GVHD 》--【・*に於いて |*←他家幹細胞移植《 ドナーからの幹細胞の移植 》 】┃。    彼らの研究 は 展開しつつある--【 ∬ (する)ことを中心にして | ∬=変化させる--【・*を |*←〈その〉移植された T −細胞《複数》--【・『 』のように…|『それら が 反応しない--【・*と |*←〈その〉患者さん の 正常な細胞《複数》】━━、しかし、それら は 依然として 殺す--【・*を |*←〈その〉リンパ腫細胞《複数》 』】┃。

〔 ワクチン《複数》 〕


医者《複数》 は 既に 知って在る【・『 』ということを… |『それ《=『 』ということ(右記)》━━は 可能性がある【・=『がん の 患者さん《複数》 が 生じる--【・*を |*←¨抗体《複数》{☆に対する}¨ ~~〔 ☆←彼らの罹患している がん 』 】┃。    --【・*に於いて… |*←稀な例《複数》】━━、これらの患者さん《複数》の免疫システム《複数》 は 拒絶して在る--【・*を |*←彼らが罹患している がん 《複数》】━━、そして、彼ら は 治癒して在る┃。    科学者《複数》 は 現在 開発しつつある--【・*を |*←¨方法《複数》{ ∬ (する)ことの}¨ ~~〔 ∬=促進する--【・*を |*←この免疫反応--【 ∬ (する)ことにより | ∬=ワクチンの使用 】┃。

¨違い{☆からの}¨ ~~〔 ☆←〈その〉通常の¨使用{☆の}{ ★ に於ける}¨ ~~〔 ☆←ワクチン《複数》~~〔 ★←小児《複数》】━━_は ¨『 』(右記)¨ということである『¨目的{☆の}¨ ~~〔 ☆←小児の場合のワクチン摂取】━━_は ∬ (する)ことである 【 ∬=予防する--【・*を |*←感染症の定着自体 】 』 】┃。    がん ワクチン《複数》の場合、〈その〉目標_は ∬ (する)ことである 【 ∬=作り出す--【・*を |*←〈一つの〉免疫反応--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ~~〔 ¶==@持つ--【・*を |*←非常に早期の がん 】|-又は-|A病気 が 寛解期にある が、再発の可能性がある】┃。    現在までのところ、¨※¨が 存在してきて在る 【・※←いくつかの¨成功例《複数》{☆による}¨ ~~〔 ☆←このアプローチ】━━、そして、それ_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉重要な¨分野{☆の}¨ ~~〔 ☆←リンパ腫の研究 】┃。    これら は 依然として テストされつつある--【・*に於いて |*←臨床試験《複数》 】┃。    患者さん《複数》 は ¨ ∬ ¨してよかろう 【 ∬=考慮する--【 ∬ (する)ことを | ∬=登録する--【・*に |*←¨一つ{☆の}¨ ~~〔 ☆←これらの臨床試験《複数》 】┃。


(記事のおおまかな内容は以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= October 2, 2006 )
「英文原題」=Detailed Guide: Lymphoma, Skin  What's New in Lymphoma of the Skin Research and Treatment?

*****blg↑********************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| ご連絡| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 化療(部位別)| 放射線療法
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他