目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(頭頸部)のトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =鼻咽頭がん( Nasopharyngeal cancer )


資料 A=治療の全体像



資料名=ACS('06/ 11)


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)

原資料更新時期=August 3, 2006

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

この資料の性格

この情報は代表する【・*を |*←¨見解 (※の)¨【:※←¨医者や看護婦 {※ところの}¨【∵※←奉仕している【::*に |*← American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board::】∵】:】・】。   これらの見解は基礎としている【・*を |*←彼らの¨解釈 (※に関する)¨【:※←¨研究( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←医学雑誌に発表された∵】:】| -AND- |彼ら自身の専門家としての経験・】。

¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は※ではない【・※←公式の¨ポリシー (※の)¨【:※← American Cancer Society:】・】そして、☆を意図していない【・☆←医学的な¨アドバイス {※ところの}¨【:※←置き換える【∵*を |*←¨専門的な技術や判断 (※の)¨【::※←個々の患者さんの治療チーム::】∵】:】・】。   ¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は意図している【・*を |*←助ける【:☆が¨§¨するように|☆←患者さんや家族さん|§←情報を持った上での決定をする【∵*と共に |*←治療チーム∵】:】・】。

個々の患者さんの医者は¨※¨かも知れない【・※←持っている【:*を |*←¨理由 (※の)¨【∵※←¨提案すること {※ところの}¨【::※←ここに記述した一般的な治療選択肢と異なる::】∵】:】・】。   遠慮しないでほしい【・*を |*←質問する【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←具体的な治療選択肢:】・】 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 医者に治療に関する決定を任せるべきではありません。

〔一般的なアドバイス〕

自らよく考えること
【・*の後に…|*←ガンが見つかり、ステージ決めがされる・】、治療チームはディスカスするであろう【・*を |*←治療選択肢・】【・*と |*←患者さん・】。   ¨※¨は重要である【・※←患者さんが時間をとってよく考える【:*を |*←選択肢の全て:】・】。

セカンドオピニオンについて
¨※¨はしばしば良い考えである【・※←求める【:*を |*←セカンドオピニオン:】・】。   セカンドオピニオンは¨※¨ことができる【・※←提供する【:*を |*←より多くの情報:】| -AND- |助ける【:▽が¨§¨するように|▽←患者さん|§←自分で選んだ治療計画に自信を持つ:】・】。

〔一般的な治療選択肢〕

¨治療選択肢《複数》{☆のための}¨【・☆←鼻咽頭がん・】は¨※¨である【・※←放射線療法、化学療法、時として外科手術・】。   【・*に於いて… |*←いくらかのケース・】、最良のアプローチは含む【・*を |*←左記の治療法のうちの 2 種類以上の併用・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= August 3, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔概観〕

放射線療法は¨※¨である【・※←主要な¨治療法{☆のための}¨【:☆←鼻咽頭がん:】・】【・※の理由で…|※←大部分のケースは¨※¨である【:※←放射線療法に感受性のタイプ、非角化性、及び、未分化の亜種《複数》:】・】。   放射線療法は使用する【・*を |*←一つの¨ビーム{☆の}¨【:☆←高エネルギーの X 線、又は、粒子《複数》:】・】【・*のために |*←@破壊する【:*を |*←がん細胞《複数》:】| -OR- |A遅くする【:*を |*←がん細胞の成長速度:】・】。   いくつかのタイプの放射線療法が使用される【・*のために |*←治療する【:*を |*←主要な鼻咽頭がんの腫瘤、及び、近くのリンパ》節《複数》:】・】。   【・※であっても…|※←リンパ節《複数》が¨※¨ ではない 【:※←異常に固い、又は、大きい(の否定):】・】、放射線療法が使用される【・※の場合のために…|※←いくつかのがん細胞《複数》が拡大している【:*へ |*←〔その〕リンパ節《複数》:】・】。   【・もし※なら…|※←〔その〕リンパ節《複数》が分かった【:*であると|*←含む【∵*を |*←鼻咽頭がんからの転移《複数》∵】:】・】、より高用量の放射線療法が実施される。

〔外部線源放射線療法〕

最も一般的な¨方法{☆のための}¨【・☆←実施する【:*を |*←放射線療法:】・】は¨※¨である【・※←注意深く焦点する【:*を |*←放射線ビーム:】【:*から |*←一つの¨マシーン{☆の外の}¨【∵☆←身体∵】:】・】。   この方法は呼ばれる【・*と |*←外部線源放射線療法・】。   【・*のために… |*←軽減する【:*を |*←¨リスク{☆の}¨【∵☆←副作用《複数》∵】:】・】、医者《複数》は注意深く推定する【・*を |*←¨正確な放射線用量{★ところの}¨【:★←患者さんが必要とする:】・】、そして、可能な限り正確に狙いをつける【・*を |*←放射線ビーム・】【・*のために |*←たたく【:*を |*←標的個所:】・】。   外部線源放射線療法は通常含む【・*ことを |*←受ける【:*を |*←放射線照射:】【:(頻度)| 1 週間に 5 日間で、6〜 7 週間:】・】。   多くの放射線腫瘍医は使用している【・*を |*←一つの新しいタイプの¨外部線源放射線療法{★ところの}¨【:★←知られている【∵*として |*←強度変調放射線療法∵】:】・】。   強度変調放射線療法は変化させる【・*を|*←〔その〕放射線ビーム・】【・※するように…|※←@ビームがより良くかたどる【:*を |*←腫瘍の形状:】| -AND SO- |A軽減する【:*を |*←周囲の正常組織の放射線曝露:】・】。

最近、医者《複数》は追加してきている【・*を |*←化学療法《下記参照》・】【・*に |*←放射線療法・】【・*のために |*←増強する【:*を |*←放射線療法の効果《複数》:】・】。   研究《複数》は示してきている【・*を |*←@より良好な¨縮小{☆の}¨【:☆←〔その〕腫瘍:】| -AND- |Aより低い¨リスク{☆の}¨【:☆←他へのがんの拡大:】・】【・*の場合… |*←化学療法が追加された【:*に |*←放射線療法:】・】。

〔近接照射療法〕

もう一つの¨方法{☆の}¨【・☆←照射する【:*を |*←放射線:】・】は¨※¨の方法である【・※←挿入する《埋め込む》【:*を |*←非常に細い金属のムチ《複数》、又は、ワイア《複数》:】・】。   〔その〕ムチ、又は、ワイアは含む【・*を |*←放射性物質・】、そして、設置される【・*に |*←がんの内部、又は、その近く・】。   この方法は呼ばれる【・*と|*←組織内放射線療法、又は、近接照射療法・】。   この方法は通常実施される【・もし※なら…|※←〔その〕がんが再発した【:*の後に |*←外部線源放射線療法:】・】。

〔その〕埋め込みは通常、そのままにしておかれる【・*の間 |*←数日間・】、そして、その間は患者さんは留まる【・*に |*←病院の個室・】。   ¨長さ{☆の}¨【・☆←¨時間{★ところの}¨【:★←訪問者、看護婦、その他のケアする人、が¨※¨ことができる【∵※←費やす【::*と |*←〔その〕患者さん::】∵】:】・】は¨※¨ことがある【・※←制限される・】【・*の理由から |*←潜在的な放射線曝露・】、しかし、これは依存する【・*に |*←放射線のタイプ・】。   〔その〕埋め込みは実施される【・*の前に… |*←〔その〕患者さんが退院する・】。   時として、¨両方{☆の}¨【・☆←近接照射療法、及び、外部線源放射線療法・】が一緒に実施される。

〔放射線療法の副作用《複数》〕

外部線源放射線療法は¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←皮膚の¨変化《複数》{☆のような}{ § ところの}¨【∵☆←日焼け∵】【∵§←ゆっくりと消失していく∵】:】・】。   【・もし※なら…|※←頸部の領域が治療される【:*により |*←外部線源放射線療法:】・】、甲状腺機能が¨※¨ことがある【・※←抑制される・】、そして、¨錠剤《複数》{☆のための}¨【・☆←補給する【:*を |*←甲状腺ホルモン:】・】が¨※¨ことがある【・※←必要とされる【:*の後に |*←治療:】・】。   外部、又は、内部放射線療法はしばしば障害する【・*を |*←唾液腺《複数》・】、そして、もたらす【・*を |*←恒久的な口内や鼻腔の乾燥症・】。   【・*に加えて… |*←それ自体の不快感・】、口内乾燥症は¨※¨ことがある【・※←促進する【:*を |*←歯の崩壊:】・】。   しかし、〔その〕より新しいコンピューター化された放射線照射計画、及び、照射技術《強度変調放射線療法》は可能にしてきている【・*ことを |*←@より正確に照射する【:*を |*←腫瘍《複数》、又は、結節《複数》:】| -AND SO- |A障害しない【:*を |*←¨正常組織《複数》{☆のような}¨【∵☆←唾液腺《複数》∵】:】・】。   従って、口内乾燥症は¨※¨ことがある【・※←より重症度が低い・】【・*の後には |*←強度変調放射線療法・】。   強度変調放射線療法は※となってきている【・※←一つの一般的な¨アプローチ{☆のための}¨【:☆←治療する【∵*を |*←鼻咽頭がん《複数》∵】:】・】【・*に於いて |*←世界の¨地域《複数》{そこで★ところの}¨【:★←このがんが多い:】・】。   しかし、強度変調放射線療法は未認可である【・*により |*←米国 FDA ・】。

もう一つの¨方法{☆のための}¨【・☆←予防する【:*を |*←唾液腺への障害:】・】は※による【・※←一つの¨薬{☆と呼ばれる}¨【:☆← amifostine (Ethyol):】・】。   この薬は数分間かけて静注で投与される【・*の前に |*←各回の治療・】、そして、¨※¨ことができる【・※←@軽減する【:*を |*←¨障害{☆への}¨【∵☆←唾液腺《複数》∵】:】| -AND SO- |予防する【:*を |*←口内乾燥症:】・】。

放射線療法は一時的に¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←口内炎、しわがれ声、飲み込み困難、味覚低下、骨の痛み、骨への障害、疲労感:】・】。   もう一つの問題は¨※¨である【・※←聴覚障害・】。   化学療法は¨※¨ことがある【・※←悪化させる【:*を |*←いくつかの¨副作用《複数》{☆の}¨【∵☆←放射線療法∵】:】・】、そして、cisplatin 化学療法は¨※¨ことがある【・※←さらに悪化させる【:*を |*←聴覚障害:】・】。   ¨※¨が存在する【・※←¨方法《複数》{☆のための}¨【:☆←軽減する【∵*を |*←これらの副作用《複数》の多く∵】:】・】、従って、そのこと¨何?→『 』¨は※である【・※←重要・】『ディスカスする【・*を |*←これらの問題《複数》・】【・*と |*←医療チーム・】』。

¨放射線療法{☆の}¨【・☆←鼻咽頭がん・】は¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←特定の問題《複数》:】・】、【・※の理由で…|※←いくつかの重要な¨構造《複数》{★ところの}¨【:★←放射線ビームの通過経路に存在している:】が¨※¨ことがある【:※←影響される:】・】。   ¨神経《複数》{★ところの}¨【・★←聴覚や視覚を受け持つ・】が¨※¨ことがある【・※←影響される・】。   下垂体《ホルモン《複数》調節を受け持つ》が¨※¨ことがある【・※←障害される・】。   頭蓋骨も¨※¨ことがある【・※←障害を受ける・】。   頸動脈が¨※¨ことがある【・※←細くなる・】【・*の後に|*←放射線療法・】。   このことは通常必要とする【・*を |*←数年間・】。   ¨リスク{☆の}¨【・☆←これらの副作用《複数》・】は¨※¨ことができる【・※←低くする・】【・*により |*←適切な放射線療法技術《複数》・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= August 3, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔鼻咽頭がんに対する化学療法:全般論〕

化学療法は¨※¨である【・※←¨使用{☆の}{ § のための}¨【:☆←特殊な薬《複数》:】【:§←治療する【∵*を |*←がん∵】:】・】。   〔その〕薬《複数》は¨※¨こともある【・※←服用される【:*として |*←錠剤:】・】し、¨※¨こともある【・※←注射される【:*へ |*←静脈、又は、筋肉:】・】。   化学療法は¨※¨である【・※←全身的な治療・】。   このことは意味する¨何を?→『 』¨『 〔その〕薬は入る【・*へ |*←血液循環・】、そして、循環する【・*中(全体)を |*←身体・】、そして、到達し、破壊する【・*を |*←がん細胞《複数》・】 』。

化学療法は¨※¨ことができる【・※←殺す【:*を |*←急速に成長している¨細胞《複数》{☆のような}¨【∵☆←がん細胞《複数》∵】:】・】。   いくつかの化学療法剤《複数》はまた、させる 【・*を §に |*←細胞《複数》|| § ←より感受性【:*に対して |*←放射線療法:】・】。   化学療法はしばしば含む【・*を |*←¨使用{☆の}¨【:☆←複数の薬《複数》:】・】、これを、呼ぶ【・*と|*←併用化学療法・】。   化学療法はしばしば使用される【・*と一緒に |*←放射線療法・】【・*として |*←最初の¨治療{☆のための}¨【:☆←より進行期ステージにある鼻咽頭がん:】・】。   化学療法はまた、単独で使用される【・*のために |*←¨患者さん《複数》{★ところの}¨【:★←その患者さんの鼻咽頭がんが拡大している【∵*へ |*←遠く離れた¨臓器《複数》{☆のような}¨【::☆←肺、骨、肝臓、など::】∵】:】・】。

〔鼻咽頭がんの化学療法に使用される薬《複数》、レジメン《複数》〕

〔その〕主要な¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←使用される【:*に於いて |*←¨治療{☆の}¨【∵☆←鼻咽頭がん∵】:】・】は¨※¨である【・※← cisplatin, 5-fluorouracil (5-FU), bleomycin, methotrexate, doxorubicin, epirubicin ・】。   ¨いくつか{☆の}¨【・☆←最もしばしば使用される併用化学療法・】は¨※¨である【・※←@ cisplatin + 5-fluorouracil | -AND- |A cisplatin + 5-fluorouracil + bleomycin | -AND- |B cisplatin + epirubicin + bleomycin ・】。

〔一般的な参考:化学療法による副作用の全般〕(by American Cancer Society)
《この項目は、ACS による当該のがんに関する原文の記述にはありません。がんの副作用についての ACS によるより詳細な記述概略をご紹介しています(原文・詳細は下記のリンクからジャンプして、 ACS のホームページでご覧ください)》

¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←ガンの化学療法に使用される・】は特異的に攻撃する【・*を |*←¨細胞《複数》{★ところの}¨【:★←分裂している:】・】。   しかし、¨細胞《複数》{☆の}¨【・☆←一部の¨組織{☆のような}¨【:☆←骨髄、口内の粘膜、腸の粘膜、毛根、など:】・】は¨※¨の必要がある【・※←分裂する【:*のために |*←置き換える【∵*を |*←すり減った細胞《複数》∵】:】・】。   従って、これらの細胞《複数》は¨※¨である【・※←最も影響を受けやすい【:*により |*←化学療法:】・】、そして、それが¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←副作用《複数》:】・
】。

¨副作用《複数》{☆の}¨【・☆←化学療法・】は依存する【・*に |*←投与する薬のタイプや投与量、投与する期間の長さ・】。   副作用は¨※¨ことがある【・※←含む【:*を |*←以下の症状《複数》:】・】 :
◇脱毛
◇口内炎
◇感染症に対する抵抗の減退(白血球数低下による)
◇簡単にあざができたり、出血する(血小板数の低下による)
◇疲労感(赤血球数の低下による)
◇食欲減退、吐き気・嘔吐《これらの副作用《複数》は部分的には¨※¨である【・※←¨結果{☆の}¨【:☆←腸管の細胞への¨ダメージ{☆による}¨【∵☆←化学療法剤《複数》∵】:】・】が、¨影響{☆の}{ § への}¨【・☆←いくらかの薬《複数》・】【・§←脳の一部の¨領域《複数》{★ところの}¨【:★←コントロールしている【∵*を |*←食欲や嘔吐∵】:】・】も¨※¨ことがある【・※←原因となる・】。》

これらの副作用《複数》は¨※¨である【・※←通常は一時的・】、そして、解消する【・*の後に…|*←治療が完了した・】。

必ず、話してほしい【・*と |*←がん治療チーム・】【・どのような*についても |*←¨副作用{★ところの}¨【:★←患者さんが経験している:】・】、【・何故なら*であるから…|*←¨方法{☆のための}¨【:☆←副作用の軽減:】がしばしば存在している・】。   例えば、¨※¨ことができる【・※←投与する【:*を |*←薬《複数》:】【:*と併行して |*←化学療法剤《複数》:】【:*のために |*←予防したり軽減する【∵*を |*←吐き気や嘔吐∵】:】・】。   ¨薬《複数》{★ところの}¨【・★←知られている【:*として |*←成長因子《G-CSF、GM-CSF など》:】・】は¨※¨ことがある【・※←投与される【:*のために |*←@回復させる【∵*を |*←化学療法後の白血球数減少∵】| -AND SO- |A低下させる【∵*を |*←感染症リスク∵】:】・】。

【・*の場合… |*←白血球が非常に低下した【:*の間に |*←治療:】・】、患者さんは¨※¨ことができる【・※←軽減する【:*を |*←感染のリスク:】・】【・*により |*←慎重に避ける【:*を |*←細菌との接触:】・】。   注意してほしい【・*に |*←以下の事項《複数》・】【・*の間 |*←この期間・】 :
◇頻繁に手を洗う。
◇避ける【・*を |*←生の果物や、その他の¨食物{★ところの}¨【:★←¨※¨ことの可能性がある【∵※←持つ【::*を |*←細菌《複数》::】∵】:】・】。
◇させる【・▽が¨§¨するように|▽←他の人たち|§←確実に手を洗う【:*の場合 |*←訪問する【∵*を |*←患者さん∵】:】・】。
◇避ける【・*を |*←人混みや病気の人・】。   マスクの着用は¨※¨ことがある【・※←提供する【:*を |*←一定の¨予防{☆に於ける}¨【∵☆←左記のような状況《人混みや病気の人との近接》∵】:】・】。

もう一つの重要な¨方法{☆のための}¨【・☆←守る【:*を |*←¨患者さん{★ところの}¨【∵★←白血球が低下している∵】:】【:*から |*←感染症:】・】は¨※¨である【・※←¨治療{☆による}¨【:☆←強力な抗生物質《複数》:】・】。   抗生物質《複数》は¨※¨ことがある【・※←投与される・】【・@*よりも前に…|*←感染の徴候がみられる|| -OR- ||A*のときに直ちに…|*←最初の¨徴候{『 』という}¨『感染症があるかも知れない』が見られた・】。

【・*の場合… |*←血小板数が低い・】、¨※¨ことがある【:※←実施する【・*を |*←血小板輸血:】・】【・*のために |*←予防する【:*を |*←出血:】・】。   同様に、¨息切れや過度の疲労感{★ところの}¨【・★←起きる【:*により |*←赤血球数低下:】・】は治療可能である【・*により |*←治療薬や赤血球輸血・】。

【・*の理由で…|*←多くの¨副作用《複数》{☆の}¨【:☆←化学療法:】は起きる【:*により |*←白血球数の低下:】・】、いくらかの患者さんでは、¨※¨は☆である【・※←フォローする【:*を |*←自分自身の赤血球数:】・】【・☆←有用・】。   【・*の場合… |*←患者さんが興味がある【:*に |*←この情報:】・】、遠慮しないで要求してほしい【・▽が¨§¨するように|▽←医者や看護婦|§←患者さんに報告する【・*を |*←患者さんご自身の赤血球数、その他の血液検査の結果、そのような検査結果の意味・】・】


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= August 3, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

◇外科手術(概略ご紹介を省略します。原文をお読みください)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

病気ステージごとの治療選択肢


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔全般論〕

¨治療選択肢《複数》{★ところの}¨【・★←治療チームが推奨する・】は依存する【・*に |*←@原発個所でのがんの程度| -AND- |A〔その〕がんがどの程度遠くへ拡大しているか《拡大している場合》・】。   小児患者さんでの鼻咽頭がんは治療される【・(やりかた)|成人の場合と同じ・】。

〔ステージ0、及び、ステージ I の鼻咽頭がん〕

通常の治療は¨※¨である【・※←¨放射線療法{★ところの}¨【:★←照射される【∵*へ |*←〔その〕鼻咽頭がん自体、と、近くの頸部リンパ節《複数》∵】:】・】。   【・※であるが…|※←《ステージの》定義では、¨拡大{☆への}¨【:☆←リンパ節:】は¨※¨とされている【:※←検出されない【∵*に於いて |*←ステージ0やステージ I の病気《複数》∵】:】・】、これ《リンパ節への放射線照射》はみなされる【・*と |*←予防的な照射・】。   つまり、いくらかの患者さん《複数》は持つ【・*を |*←¨拡大{☆の}{ § への}¨【:☆←いくらかのがん細胞《複数》:】【:§←これらのリンパ節《複数》:】・】。   【・※であるが…|※←あまりにも少量のがん細胞《複数》しか存在せず、引き起こさない【:*を |*←目に見えるリンパ節の腫れ:】・】、これらのがん細胞《複数》は¨※¨ことがある【・※←続ける【:*ことを |*←成長する:】・】【・※の場合…|※←破壊されない【:*により |*←放射線療法:】・】。

〔ステージ II、III、IV、の鼻咽頭がん〕

¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【・☆←これらのステージの鼻咽頭がん・】は通常受ける【・*を |*←¨化学療法{☆による}¨【:☆← cisplatin 《及び、、時として他の薬も》:】・】【・*と一緒に |*←¨放射線療法{☆への}¨【:☆←鼻咽頭がん自体と頸部リンパ節《複数》:】・】。   大部分の研究《複数》は見出してきている¨何を?→『 』¨『 鼻咽頭がんの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【・☆←リンパ節、又は、遠隔臓器への転移《複数》・】は、より長期間生存する【・もし※なら…|※←左記の両方の治療が実施される・】【・*よりも |*←放射線療法だけの場合・】 』。   しかし、化学療法はもたらす【・*を |*←より多くの副作用《複数》・】、そして、患者さん《複数》は¨※¨の必要がある【・※←理解する¨何を?→『 』¨『 これは¨※¨である【・※←一つのより困難なプログラム・】 』・】。

一件の最近の¨研究{☆の}¨【・☆←¨小児の患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←ステージ III 、及び、IV の鼻咽頭がん:】・】は見出した【・*を |*←一つの高い治癒率・】【・※の場合…|※← 4 コースの化学療法が実施された【:*の前に |*←〔その〕放射線療法:】・】。

〔再発性の鼻咽頭がん〕

【・※の場合…|※←がんが再発した【:*の後に |*←治療:】・】、¨選択{☆の}¨【・☆←実施可能な治療法《複数》・】は依存する【・*に |*←@¨個所、及び、程度{☆の}¨【:☆←〔その〕再発したがん:】| -AND- |A最初にどのような治療が実施されていたのか《放射線療法の場合が多い》・】。   ¨再発性の鼻咽頭がん{☆に於ける}¨【・☆←頸部領域のリンパ節《複数》・】は¨※¨ことができる【・※←治療される【:*により |*←追加の放射線療法:】・】。   しかし、【・もし※なら…|※←@医者が判断する¨何と?→『 』¨『 追加の放射線療法は¨※¨ことの可能性がある【・※←引き起こす【:*を |*←深刻な副作用《複数》:】| -OR- |A初回の¨奏効{☆への}¨【:☆←放射線療法:】が¨※¨であった【:※←不完全:】・】 』・】、がんの¨切除{☆による}¨【・☆←頸部リンパ節の切除術・】が¨※¨であろう【・※←実施される・】。

¨がん{★ところの}¨【・★←再発した【:*に於いて |*←遠く離れた個所《複数》:】【:*に於いて |*←¨患者さん《複数》{★ところの}¨【∵★←以前には治療されていた【::*により |*←放射線療法::】∵】:】・】は¨※¨であろう【・※←治療される【:*により |*←化学療法:】・】。   【・もし※なら…|※←化学療法が既に実施されていた・】、異なる化学療法剤《複数》が¨※¨であろう【・※←試みられる・】。   ¨症状《複数》{☆による}¨【・☆←¨転移《複数》{☆への}¨【:☆←いくつかの¨遠隔臓器《複数》{☆のような}¨【∵☆←脊椎∵】:】・】は¨※¨ことがある【・※←改善する【:*により |*←放射線療法:】・】。

¨新しい薬による治療《複数》{★ところの}¨【・★←テストされつつある【:*に於いて |*←臨床試験《複数》:】・】、及び、新しい外科技術《複数》は¨※¨ことがある【・※←助けになる【:*のために |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【∵☆←再発性の鼻咽頭がん∵】:】・】。   【・※の場合であっても…|※←〔 何も無い(no) * |*←¨選択肢《複数》{☆のための}¨【・☆←成功裏に治療する【:*を |*←再発性の鼻咽頭がん:】・】 〕が¨※¨である【:※←実施可能:】(の否定)・】、そのこと¨何?→『 』¨は※である【・※←重要・】『覚えておく¨何を?→『 』¨『 多くの選択肢《複数》が存在する【・*のために |*←軽減する【:*を |*←¨症状《複数》{☆の}¨【∵☆←進行期の病気∵】:】・】 』』。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= August 3, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

研究・治療の新動向


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
参考1=臨床試験の順序: Phase I (少数のボランティアで安全性確認) => Phase II (少数の患者さんで有効性確認) => Phase III (多数の患者さんでデータ収集・分析) => 当局に申請 => 認可
参考2:下記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。

文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
*****blg↓********************

〔前書き〕

重要な¨研究{☆に関する}¨【・☆←鼻咽頭がん・】が進展中である【・*に於いて |*←多くの大学病院《複数》、医療センター《複数》、その他の研究機関《複数》・】【・(補足)|世界中で・】。   毎年、科学者《複数》は見つける【・*を |*←¨より多くのこと{☆についての}¨【:☆←@[何が引き起こすのか【・*を |*←この病気・】]| -AND- |A[どのようにして予防すべきか]| -AND- |B[どのように改善すべきか【・*を |*←治療・】]:】・】。

〔原因〕

多くの研究《複数》が実施されつつある【・*のために |*←より良く知る【:*について |*←[どのようにして Epstein-Barr virus (EBV) 感染やその他のリスク要因《複数》が引き起こすのか【・*を |*←鼻咽頭細胞《複数》の悪性化・】]:】・】。   研究者たちは¨※¨である【・※←楽観的【:『 』ということについて |『これらの研究《複数》が¨※¨であろう【・※←結局はもたらす【:・*を |*←¨ワクチン《複数》{☆のための}¨【∵☆←予防する【::*を |*←鼻咽頭がん::】【::*により |*←避ける【∵:*を |*← EBV 感染∵:】::】∵】:】・】』:】・】。   最近の¨発見《複数》{☆に関する}¨【・☆← EBV ・】、EVB の¨相互作用{☆との}¨【・☆←鼻咽頭の細胞《複数》・】、そして、免疫システムの¨反応{☆への}¨【・☆← EBV ・】はもたらした【・*を |*←新しい¨血液検査《複数》{☆のための}¨【:☆←@早期の¨検出{☆の}¨【∵☆←鼻咽頭がん∵】:】| -AND- |Aより良く予測する【:*を |*←治療の奏効:】・】。   これらの検査《複数》は現在研究されつつある【・*に於いて |*←世界の¨地域《複数》{そこで▼ところの}¨【:▼…このがんが¨※¨である【∵※←一般的∵】:】・】。

〔新しい化学療法〕

研究者たちは¨※¨ことを続けている【・※←開発する【:*を |*←”新しい化学療法剤《複数》、新しい化学療法剤の併用、新しい¨方法《複数》{☆のための}¨【∵☆←投与する【::*を |*←化学療法剤《複数》::】{ § ところの}【::§…¨※¨であろう【∵:※←より有効的【∵∵*に対して |*←進行期の鼻咽頭がん∵∵】∵:】::】∵】:】・】。   臨床試験《複数》は、また、テストしつつある【・*を |*←¨方法《複数》{☆のための}¨【:☆←最適に併用する【∵*を |*←化学療法と放射線療法∵】:】・】。   例えば、研究《複数》は比較しつつある【・*を |*←¨化学療法{▼ところの}¨【:▼…投与される【∵(時期)|手術の前 対 手術の間 対 手術の後∵】:】・】。

〔新しい放射線療法技術《複数》〕

最近の¨進歩《複数》{☆に於ける}¨【・☆←放射線療法・】は大いに貢献してきている【・*のために |*←改善する【:*を |*←¨治療結果《複数》{☆のための}¨【∵☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【::☆←鼻咽頭がん::】∵】:】・】。   放射線腫瘍医《複数》は今や¨※¨ことができる【・※←使用する【:*を |*← 3 次元画像《複数》《CT、及び、MRI で取得したもの》:】・】【・*のために |*←実施する【:*を |*←コンピューター化した¨分析《複数》{▼ところの}¨【∵▼…指示する【::*を |*←[ どのように最適に標的するか【・*を |*←多重の外部線源や内部線源の放射線源《複数》・】【・*に |*←〔その〕がん・】【・※の一方で…|※←最小化する【:*を |*←正常組織の放射線への曝露:】・】 ]::】∵】:】・】。   ¨高率の治癒率{☆を伴う}¨【・☆←@傷害しない【:*を |*←唾液腺:】| -AND SO- |A低下させる【:*を |*←恒久的な口腔乾燥症:】・】が得られてきている【・*により |*←強度変調放射線療法・】。

その他の研究《複数》はテストしつつある【・*を |*←¨有効性{☆の}¨【:☆←併用する【∵*を |*←いくつかのタイプの放射線ビーム《陽子線、電子線、など》∵】:】・】。   外部線源放射線療法は通常実施される【・(やりかた)|毎日 1 回、1 分割で・】、しかし、研究《複数》は今や比較しつつある【・*を |*←そのような標準的なやりかた・】【・*と |*←¨加速、及び、多分割の放射線療法{そこで▼ところの}¨【:▼…放射線が照射される【∵(やりかた)|より早く、又は、より少ない各回の線量で《しかし、総線量は、より多く》∵】:】・】。

〔新しい外科技術《複数》〕

¨分野{☆の}¨【・☆←頭蓋底外科・】は今や可能にする【・*を |*←腫瘍の切除・】【・*に於いて |*←困難な¨部位《複数》{☆のような}¨【:☆←鼻咽頭:】・】。   このタイプの手術は必要とする【・*を |*←一つの¨特別チーム{▼ところの}¨【:▼…持つ【∵*を |*←この分野での熟練した技術∵】:】・】。   このタイプの手術は提供する【・*を |*←希望・】【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←再発性の鼻咽頭がん:】・】。

〔Tリンパ球治療〕

鼻咽頭がんは¨※¨と考えられる【・※←一部原因となる【:*が |*← EB ウィルス:】・】。   【・※であるが…|※←患者さん《複数》は¨※¨ことがある【:※←示される【∵*であると|*←持つ【::*を|*← EB ウィルスへの免疫::】∵】:】・】、そのような免疫は¨※¨であると考えられない【・※←十分的【:*のために |*←殺す【∵*を |*←〔その〕がん∵】:】・】。   【・※すべく…|※←打ちかつ【:*に |*←このような状況:】・】、研究者たちは採取した【・*を |*← T リンパ球・】【・*から |*←¨血液{☆の}¨【:☆← 10 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨【∵☆←鼻咽頭がん∵】:】・】、そして、実験室で操作した【・*のために |*←@増やす【:*を |*←それらのリンパ球《複数》:】| -AND- |A増強する【:*を |*←それらのリンパ球の¨能力{☆のための}¨【∵☆←殺す【::*を|*← EB ウィルス::】∵】:】・】。   〔その〕リンパ球細胞《複数》は、それから、戻された【・*に |*←一連の 10 名の患者さん《複数》・】【・*により |*←静脈注射・】。   4 名の¨患者さん《複数》{▼ところの}¨【・▼…寛解にあった・】は、留まった【・*に |*←寛解・】。   ¨ 2 名{☆のうちの}¨【・☆←残りの 6 名の¨患者さん《複数》{☆を有する}¨【:☆←進行期の鼻咽頭がん:】・】は持った【・*を |*←完全な¨消失{☆の}¨【:☆←彼らの腫瘍:】・】、そして、その他の 1 名は持った【・*を |*←部分的な¨消失{☆の}¨【:☆←腫瘍:】・】。   もう 1 名の患者さんは持った【・*を |*←病気の安定化・】、そして、2 名は¨※¨ しなかった 【・※←利益する(の否定)・】。

(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )(issue= August 3, 2006 )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ