目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


本ファイル名称=mantle_cell_lymphoma_001.nm2


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =マントル細胞`リンパ腫( Mantle Cell Lymphoma )


資料 001-A=マントル細胞`リンパ腫_の_治療《Medscape Reference 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='12/5)


資料名=Medscape Reference


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Jan 27, 2012 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_マントル細胞`リンパ腫_ は 認識されている--【・*に於いて |*←〈その〉 Revised European-American Lymphoma and World Health Organization_分類_--【・*として |*←〈一つの〉_別個`区別`的な__臨床`病理学的__疾病`実体_ 】┏┓。    _マントル細胞`リンパ腫_ は 認識されていなかった--【・*により |*←_以前の__リンパ腫__分類_スキーム《複数》】__ : __ それ は _しばしば_カテゴリー分けされた--【・*として |*←びまん性小分割細胞性リンパ腫《 International Working Formulation による 》、又は、_中心`細胞`性`リンパ腫_《 Kiel _分類_による 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈その〉 International Lymphoma Classification Project 】〓〓、 それ は _占めた_【・*を |*←_全ての__非ホジキンリンパ腫_の 8% 】┏┓。

--【・*のためには… |*←_より多くの__情報_】〓〓、_参照されたい_【・*を |*←「_非ホジキンリンパ腫_」、及び、「_小児__非ホジキンリンパ腫_」 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Overview

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

治療


アプローチに関する考察


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_】〓〓 は ¨※¨のままである【・※←〈一つの〉_難しい_問題--【・*の理由から |*←■_〈その〉_欠如_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←信頼可能なほどに_治癒的_な_治療_《複数》】|-そして-|■_少なさ{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_前向き方式__臨床試験_《複数》_ 】┏┓。    --【『 』であるが…|『 50 〜 90% の _患者さん《複数》_ は _応答する_【・*に |*←_併用`化学療法_ 』】〓〓、比較的に_少数の_《 30% 》_患者さん《複数》_ が 持つ_【・*を |*←〈一つの〉_完全`奏効_ 】┏┓。     より_攻撃的_ な _化学療法__レジメン_《複数》 が _現在__研究_中 であり、 _それらの__レジメン_《複数》 は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_得る_【・*を |*←_より高い__完全奏効`率_《複数》 】┏┓。

〈一つの〉防止`不可能的 な パターン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_病気`進行_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_特徴_的】、--【・*を伴って |*←_中央値での__治療挫折まで`期間_18 ヶ月間 _未満_ 】┏┓。    _中央値での__全体的`生存期間_ は 範囲を持つ--【・*の |*← 2 〜 5 年間 】〓〓、そして、わずかに_5 〜 10% の _患者さん《複数》_ が _生存_する--【・*に わたり |*← 10 年間 】┏┓。

_外科手術_ は _稀に 適応される--【・*のために |*←_治療_目的《複数》--【・*に於いて |*←_マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。    例外 は 含む_【・*を |*←_緩和的__治療_{☆のような}¨ ⌒〔 ☆←解消{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_消化管`系_閉塞 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Approach considerations

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

原発_マントル細胞`リンパ腫《MCL》に対する_レジメン


_概観_

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_原発__マントル細胞`リンパ腫_ の _治療_ は ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=_構成される--【・*から |*←〈その〉以下のもの】 :


〈一件の〉_フェーズ_2_研究_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_経口_vorinostat《 〈一つの〉ヒストン、及び、_蛋白質_ デアセチラーゼ`阻害薬_ 》】〓〓 は _決めた_【・『 』ということを… |『〈その〉_薬__は ¨※¨であった 【・※←_忍容性`良好__--〔・*に わたり |*←_長期間_--〔・*に於いて |*←■_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した_ / _治療−抵抗性__濾胞性`リンパ腫_】|-そして-|■_¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_辺縁帯`リンパ腫_ 』】〓〓、しかし、※の誰も |※←_マントル細胞`リンパ腫_ の _患者さん《複数》_ 〓〓_は ¨※¨ではなかった 【・※←_奏効`患者さん_《複数》(の否定) 】┏┓。

〈一件の〉_研究_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← Griffiths_達_】〓〓 は 見出した_【・『 』ということを… |『〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← rituximab ⌒〔 ★←〈一つの〉_標準的__第一線`化学療法__レジメン_】〓〓 は _有意に__改善した_【・*を |*←_生存_--【・*に於いて |*←_より年配_ の _患者さん《複数》_《 _平均__年齢_75 歳 》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_ 』 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Regimens for primary MCL therapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

アルキル化系`化学療法剤_による_単剤`治療

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

この_治療_《 _例えば_chlorambucil 0。1 〜 0。2 mg/kg を 3 〜 6 週間 》 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※← より好ましい_--〔・*のために |*←■__年配__患者さん《複数》_ 】|-又は-|■_¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_深刻な__併存`疾患_医学的 _問題_《複数》⌒〔 ←#¶ =_必要とする_【・*を |*←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_リンパ腫_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Single alkylating agents

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

CVP 、及び、 CHOP_レジメン_《複数》

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_併用`化学療法_《 つまり、cyclophosphamide / vincristine / prednisone 《 CVP_レジメン_ 》__ : __cyclophosphamide / hydroxydaunomycin / vincristine / prednisone 《 CHOP_レジメン_ 》 》〓〓 が _研究_された--【・*に於いて |*←〈一件の〉_ランダム化__前向き方式__臨床試験_ 】┏┓。    〈その〉_比較_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← CVP_レジメン_、と、CHOP_レジメン_】〓〓 は _示した_【・*を |*←〔何も無い( no )_利点_ 〕{ ∬ (する)ことの}¨ ⌒〔 ∬=_追加する_【・*を |*← doxorubicin 】--【・*を伴って |*←_同様_な_反応_、及び、_生存率_《複数》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←_いくつかの__後ろ向き`方式__分析_《複数》】〓〓、doxorubicin −含有__レジメン_《複数》 は 伴った_【・*を |*←〈一つの〉_より長い__イベント無し`生存`期間_ 】┏┓。

CVP_レジメン_ は _投与_される--【・21 日間に 1 回】、--【・*に於いて |*←以下の_レジメン_】 :

《原文をお読みください》

CHOP_レジメン_ は _投与_される--【・21 日間に 1 回】、--【・*に於いて |*←以下の_レジメン_】 :

《原文をお読みください》


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=CVP and CHOP regimens

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Hyper-CVAD ± rituximab

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_第一線`治療__は ¨※¨による 【・※←_多分割_cyclophosphamide / doxorubicin / vincristine / dexamethasone《 Hyper-CVAD _レジメン_ 》 ± rituximab 】┏┓。    _単一`施設__データ_《 つまり M.D. Anderson Cancer Center 》∬ ((を)した)}¨ ⌒〔 ∬=_使用した_【・*を |*← Hyper-CVAD + rituximab 】〓〓 が _もたらした_【・*を |*←_勇気づける的__結果《複数》_--【・*として |*←_第一線`治療_《 --【・_特に_*に於いて |*← 65 歳未満の_患者さん《複数》_ 》 】┏┓。

_第一線`治療_{☆による}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆← Hyper-CVAD + rituximab《 R- Hyper-CVAD 》⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_】〓〓 は _示す_【・*を |*←〈一つの〉_より高い__完全奏効`率_、及び、_反応_持続`期間_--【・*よりも |*←_如何なる__その他の__レジメン_《複数》《 100% の _奏効率_( 89% の _完全`奏効`率_ ) 》 】┏┓。    --【・*の時点で… |*← 36 ヶ月間後】〓〓、〈その〉_治療`挫折`無し`生存`率__は ¨※¨であった 【・※←■_80%超_--〔・*に於いて |*← 65 歳未満の_患者さん《複数》_】|-そして-|■_508_未満__--〔・*に於いて |*← 65 歳超 の _患者さん《複数》_ 】┏┓。    --【・*に加えて… |*←_年齢_《 つまり 65 歳超 》】〓〓、beta2-microglobulin が 見出された【・※であると|※←〈一つの〉_非常に__強力な__予後`因子_《 _特に_--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{§(の性質の)}¨ ⌒〔 §← 65 歳超 】 》 】┏┓。    --【『 』であるが…|『_非常に__有望的_ 』】〓〓、この_レジメン__は ¨※¨である 【・※←_集中的_】〓〓、そして、比較的に_毒性的_】__ : ___データ_ は ¨ ∬ ¨(され )ねばならない 【 ∬=確認される--【・*に於いて |*←_ランダム化`臨床`試験_《複数》 】┏┓。

〈その〉 Hyper-CVAD _レジメン__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉全体で 8 サイクル《複数》】__ : __4 サイクル の コース A、及び、4 サイクル の コース B ┏┓。    _それぞれの_サイクル は 開始される--【・*次第に《直後に》 |*←_血液学的__回復_】《 _通常_ 3 週間に 1 回 》 】┏┓。

コース A_は ¨※¨である 【・※←以下の通り】 :

(*)保護薬としての mesna_投与_については原文をお読みください。

コース B_は ¨※¨である 【・※←以下の通り】 :

_準備`投薬_、及び、_サポート処置 が _推奨される--【・*との併用で |*←〈その〉 R-hyper-CVAD _レジメン_ 】┏┓。    --【・*の場合… |*←_高用量_methotrexate 】〓〓、_投与_すること_【・*を |*←水和 + sodium bicarbonate--【・*に わたり |*← 48 時間 】┏┓。    _予防的¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← dexamethasone 0。1%《 Pred Forte 眼科用液剤; 》1 〜 2 滴を 4 時間 ごとに_投与_《 _患者さん_が 目覚めている 時間に 》《 これを 7 日間にわたって投与 》】〓〓 は 助ける_【 ∬ (する)ことを | ∬=_予防する_【・*を |*←_結膜炎_ 】┏┓。    また、 _抗体__予防__投与_ が 為される┏┓。    加えるに、_用量_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)べきである 【 ∬=調節される--【・*に従って |*←〈その〉_使用_されている_プロトコル_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Hyper-CVAD (with or without rituximab)

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

R-CHOP _レジメン

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

もう一つの _レジメン__は ¨※¨である 【・※← CHOP_レジメン_ + rituximab《 R-CHOP _レジメン_ 》 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←〈一件の〉_フェーズ_2__ランダム化_¨¨_臨床試験_{☆の}{ ★ に於ける}¨ ⌒〔 ☆← CHOP_レジメン_ 対 R-CHOP _レジメン_⌒〔 ★←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_先行治療`経験`無し の__マントル細胞`リンパ腫_】〓〓、〈その〉_完全奏効`率__は ¨※¨であった 【・※←_より高い__--〔・*により |*← R-CHOP _レジメン_】《 34% 対 7% 》 】┏┓。    〈その〉_治療挫折まで`期間__は 、また、¨※¨であった 【・※←_有利的_--〔・*の方に |*← R-CHOP _レジメン_】〓〓、しかし、〈その〉_病気`進行`まで`期間_ は _示した_【・*を |*←〔何も無い( no )_有意差_ 〕 】┏┓。    この_研究_ は _レポート_された--【・*により |*←〈その〉 German Low-Grade Lymphoma Study Group--【・*に於いて |*←〈その〉_ASCO 2004 年次会議_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=R-CHOP

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Hyper-CVAD _レジメン_ + _自家`幹細胞`移植

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

Hyper-CVAD ± rituximab 、と、 それに続いての_自家`幹細胞`移植_ が テストされた--【・*に於いて |*←〈その〉 M.D. Anderson Cancer Center --【・*として |*←〈一つの〉_第一線`治療__レジメン_ 】┏┓。     それ は ¨ ∬ ¨(である)ようではなかった 【 ∬=¨※¨である 【・※←_より優れる_(の否定)--【・*よりも |*← Hyper-CVAD --【・時間と共に】、--【・_特に_*の後に |*←〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← rituximab ⌒〔 ★← Hyper-CVAD 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Hyper-CVAD with autologous stem cell transplantation

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

再発した、又は、治療−抵抗性_MCL_に対する_レジメン


_概観_

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_以下の__レジメン_《複数》 が _研究_されて在る--【・*のために |*←_再発した_、又は、_治療−抵抗性_ の _マントル細胞`リンパ腫_】 :



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Regimens for relapsed or refractory MCL

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

R-hyper-CVAD_レジメン_

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

この_治療_ は _現在_テストされつつある--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_再発した__マントル細胞`リンパ腫_⌒〔 ←#¶ = fludarabine、又は、 CHOP による治療 が _失敗_した 】〓〓、しかし、〈その〉_結果《複数》__は _未だ_¨※¨ではない 【・※←_入手`可能的_ 】┏┓。    しかし、--【・*に基づき… |*←〈その〉_最先発`実施__データ_】〓〓、これ _は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_受け入れ可能的な__選択肢_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発_ 】┏┓。    将来の_併用_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← R-hyper-CVAD_レジメン_ + _その他の__生物学`的__治療薬_、又は、_新薬_《複数》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_潜在的・可能的に__有望的_ な _選択肢_《複数》 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=R-hyper-CVAD

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

Hyper-CVAD ± rituximab 、と、 それに続いての_自家`幹細胞`移植

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_研究《複数》_ は _示して在る_【・『 』ということを… |『 _自家`幹細胞`移植_《 _最先発`実施__強化`治療_として、又は、_再発_ の 状況で 》〓〓 は 提供する_【・*を |*←_高い__奏効率_《複数》】〓〓、そして、¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=_改善する_【・*を |*←_病気無し`生存_ 』 】┏┓。    残念ながら、この_治療_ は _依然として_伴う_【・*を |*←〈一つの〉_継続的_パターン{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_再発_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Hyper-CVAD with or without rituximab followed by ASCT

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

ヌクレオシド_類縁体_《複数》、及び、_併用_《複数》

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

fludarabine {☆としての}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_単剤_】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。     それ は _使用_されて在る--【・*有り、又は、無し で |*← rituximab との_併用_】、--【・*に於いて |*←〈その〉_以下の__併用_《複数》】 :


〈一つの〉_より高い__完全奏効`率_ and / or _より長い__奏効`持続`期間_ が 示唆されて在る--【『 』の場合…|『 fludarabine が _使用_される--【・*との併用で |*←〈一つの〉_アルキル化系`化学療法剤_《 _例えば_FC_レジメン_ 》〈一つの〉_アントラサイクリン系`化学療法剤_《 _例えば_FND_レジメン_、又は、fludarabine / idarubicin 》 、又は、_左記の__両方《 _例えば_FCM_レジメン_ 》】┏┓。    _そのような__併用_《複数》 は ¨ ∬ ¨(される)ことができるであろう 【 ∬=_使用_される--【・*に於いて |*←_治療−抵抗性_、又は、_再発_ の _状況設定_《複数》】、--【・*を伴って |*←_比肩`可能的_な_奏効率_《複数》、及び、_奏効`持続`期間_ 】┏┓。

〈その〉¨追加{☆の}{★への}¨ ⌒〔 ☆← rituximab ⌒〔 ★←これらの_全ての__レジメン_《複数》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←明らかに、_利益的_ 】┏┓。    _例えば、 --【・*の場合… |*← FCM との_併用_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉シリーズ{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 38 名の患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した__マントル細胞`リンパ腫_】〓〓、〈その〉_全体的`奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 65%《 rituximab との_併用__グループ_ 》 対 33%《 rituximab との_併用_無し_グループ_ 》 】〓〓、そして、〈その〉_完全奏効`率__は ¨※¨であった 【・※← 35% 対 0%--【・それぞれ 】┏┓。

_その他の_ヌクレオシド__類縁体_《複数》 が 持つ_【・*を |*←_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。    _例えば、 2-chlorodeoxyadenosine が _見出された【・※であると|※←_より優れる_--【・*との併用で |*← mitoxantrone 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Nucleoside analogues and combinations

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

救助《サルベージ》化学療法__併用__レジメン_→_自家`幹細胞`移植

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

rituximab / ifosfamide / carboplatin / etoposide《 R-ICE 》、又は、etoposide / methylprednisolone《 Solu-Medrol 》、_高用量_cytarabine arabinoside / cisplatin《 (ESHAP 》 、と、 それに続いての_自家`幹細胞`移植_ は _使用_されて在る__ : __しかし、〈その〉¨役割{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_自家`幹細胞`移植__強化`治療_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←_救助《サルベージ》治療_】〓〓 は 引き続き¨※¨である 【※←_論争`対象`的_】〓〓、そして、 それ は ¨ ∬ ¨(する)ことの可能性がある 【 ∬=_利益を与える--【・*に |*←わずかに_〈一つの〉サブセット の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した__マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。    それに対して、 _データ_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_非−骨髄`破壊的_移植_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_非常に__有望的_】、--【・*を伴って |*←_いくらかの__長期的_克服者さん《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_先行`実施の__高用量__化学療法_ が _失敗_していた 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Salvage chemotherapy combinations (eg, R-ICE, ESHAP) followed by ASCT

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

bortezomib

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_臨床試験_《複数》_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 Memorial Sloan-Kettering Cancer Center、 National Cancer Institute of Canada、及び、M.D. Anderson Cancer Center 】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←_有望的_ な _結果《複数》_{☆による}{★のための}¨ ⌒〔 ☆← bortezomib《 Velcade® 》⌒〔 ★←_マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。    Goy and O'Connor は _確立して在る_【・*を |*←〈その〉_治療__活性_{☆の}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆← bortezomib ⌒〔 ★←_再発した_、及び、_治療−抵抗性_ の _マントル細胞`リンパ腫_】〓〓、そして、彼らの _研究_ は 拡張され、確認されて在る--【・*に於いて |*←_多施設`臨床試験_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉_米国_、及び、カナダ--【・■_*により |*←_単剤_bortezomib、 bortezomib + _化学療法 and / or rituximab||-そして-||■_--*として |*←〈一つの〉成分{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_最先発`実施`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_、及び、_その他の__リンパ腫_《複数》 】┏┓。

米国 FDA は _認可_して在る_【・*を |*← bortezomib--【・*のために |*←_マントル細胞`リンパ腫_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =受けて在る_【・*を |*←_少なくとも_1 種類の_先行`治療_ 】┏┓。    この_認可_ は _基づいた--【・*に |*←_知見_《複数》{☆からの}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉 PINNACLE_臨床試験_《 〈一件の〉_前向き方式_、 _フェーズ_2_、 _多施設_、 _単一`治療`グループ_、 _非ブラインド化_¨¨研究{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 155 名の患者さん《複数》 》 】┏┓。    _全体的`奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 31%《 _完全`奏効_8% 》 】┏┓。    _中央値での__奏効`持続`期間__は ¨※¨であった 【・※←■_9。3 ヶ月間_--〔・*に於いて |*←_奏効`患者さん_《複数》】|-そして-|■_15。4 ヶ月間_--〔・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←_完全`奏効_ 】┏┓。

〈その〉 bortezomib_レジメン_ は _構成される--【・*から |*← 1。3 mg/m2_静注`後押し_2 回 / 週《 第 1,4,8,11 日 》 、と、 それに続いての〈一つの〉 10 日間 の _治療−無し_期間_《 21 日間サイクル 》《 8 サイクル《複数》 》 】┏┓。    ¨患者さん《複数》{☆を示した}¨ ⌒〔 ☆←_病気`安定化_、又は、_部分`奏効《複数》】〓〓 は ¨ ∬ ¨(する)ことができる 【 ∬=受ける_【・*を |*←_治療_{☆に わたる}¨ ⌒〔 ☆←_最高_1 年間 】《 最大限 17 サイクル《複数》 》 】┏┓。

〈その〉米国 FDA は _認可した_【・*を |*←_投与_{☆の}{★による}¨ ⌒〔 ☆← bortezomib ⌒〔 ★←〈その〉_皮下_ルート_--【・*に(時期) |*← 2012 年 1 月 】┏┓。    Moreau _達_ は _観察した_【・『 』ということを… |『〈その〉_発症`頻度_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_グレード2_以上 の 末梢性ニューロパシー】〓〓_は ¨※¨であった 【・※← 24%《 _皮下__投与_ 》 対 41%《 _静注__投与_ 》】__ : ___グレード3_以上 は _起きた_--【・*に於いて |*← 6%《 _皮下__投与_ 》 対 16%《 _静注__投与_ 》 】┏┓。     ∬ (する)こと | ∬=_始める_【・*を |*←_治療_--【・*により |*←_皮下__投与_ 〓〓 は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=考慮される--【・*のために |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_既存の_末梢性ニューロパシー、又は、末梢性ニューロパシーへの_高リスク_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=bortezomib

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

_放射線`免疫`療法_

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

※の両方 |※←ヨウ素− 131 −ベース の tositumomab《 Bexxar® 》、及び、_イットリウム− 90_−ベース 90Y - ibritumomab tiuxetan《 Zevalin® 》 は _示して在る_【・*を |*←_活性_{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←_単剤_《複数》{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_救助《サルベージ》治療_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。    _研究_《複数》 は _報告して在る_【・*を |*←_反応_《複数》{☆による}{★に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`免疫`療法_⌒〔 ★←_マントル細胞`リンパ腫_】、--【・*を含めて |*←_いくらかの__完全`奏効_《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_続いた_--【・*に わたり |*← 1 年間 超 】┏┓。    _追加的__進展中の__研究《複数》_ は _調べつつある_【・*を |*←_併用_《複数》{☆の}{★との}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`免疫`療法_⌒〔 ★←_化学療法_--【・*のために |*←_未治療の_、又は、_再発した__マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。    _戦略_《複数》{☆を含む}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`免疫`療法_{☆としての}¨ ⌒〔 ☆←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_高用量`治療_】〓〓 は _示して在る_【・*を |*←_勇気づける的__結果《複数》_ 】┏┓。

〈その〉¨使用{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆←_放射線`免疫`療法_⌒〔 ★←¨一部{☆の}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_非−骨髄`破壊的__移植前`処置__レジメン_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←もう一つの _有望的_ な _戦略_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_現在_テストされつつある--【・*に於いて |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Radioimmunotherapy

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

rituximab

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〈その〉_抗− CD20 _モノクロナル抗体_rituximab《 使用される--【・*として |*←〈一つの〉_単剤_ 》〓〓_は 持つ_【・*を |*←_活性_{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_】《 もたらして_【・*を |*←〈一つの〉_奏効率_35%( _完全`奏効`率_10 〜 15% )〈一つの〉_中央値での__奏効`持続`期間__約 1 年間 --【・*に於いて |*← rituximab −_未経験__患者さん《複数》_ 》 】┏┓。    〈その〉_潜在的`可能的な_¨役割{☆の}{★としての}¨ ⌒〔 ☆← rituximab ⌒〔 ★←〈一つの〉_維持`療法_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_】〓〓 は _未だ_あまり 明らかにされていない┏┓。    〈その〉¨_利益_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← rituximab 】〓〓 は 確認されて在る--【・*との併用で |*← テストされた_全ての__化学療法__レジメン_《複数》 】┏┓。

Borgerding _達_ は _報告した_【・*を |*←_反応_《複数》{☆への}¨ ⌒〔 ☆←繰り返し_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← rituximab--【・*に於いて |*←_約 3 分の 2 の ¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_マントル細胞`リンパ腫_⌒〔 ←#¶ =_反応_していた--【・*に |*←_初回__治療_ 】┏┓。    しかし、_持続的__寛解_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←これらのケース《複数》】〓〓 は 達成された--【・*によってだけ |*←_高用量`化学療法_ + _幹細胞`移植_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Rituximab

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

rituximab + thalidomide

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_有望的_ な _結果《複数》_ が _示されて在る__【 ∬ して… | ∬=_使用_して_【・*を |*← rituximab《 _標準的_用量_ 》 + thalidomide《 200 mg / 日間 から 一定ずつ増加して 第 15 日 に 400 mg 》∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=継続された--【・*として |*←_維持`療法_--【・*まで |*←_病気`進行_、又は、_再発_ 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←この_小規模_シリーズ】〓〓、〈その〉_奏効率__は ¨※¨であった 【・※← 81%《 _完全奏効`率_31% 》、及び、〈その〉_中央値での__進行無し`生存`期間_20。4 ヶ月間 】┏┓。    〈その〉_推定_3 年後__生存率__は ¨※¨であった 【・※← 75% 】┏┓。    このアプローチ は ¨ ∬ ¨ではなかろうか 【 ∬=¨※¨である 【・※←〈一つの〉魅力ある_選択肢__--〔・*に於いて |*←_年配`患者さん《複数》_ 】┏┓。

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Rituximab and thalidomide

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

高用量`化学療法_ + _自家_骨髄、又は、幹細胞_移植

本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

高用量`化学療法_ + _自家_骨髄、又は、幹細胞_移植 は ¨※¨であると 証明されていない【・※←_治癒的__--〔・*のために |*←_マントル細胞`リンパ腫_--【 ∬ (された)場合に∬=_使用_された --【・*として |*←_第二線`治療_】┏┓。    _長期的__生存`データ__は ¨※¨である 【・※←_現在_存在しない_--〔・*に於いて |*←〈その〉_状況設定_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_高用量`化学療法_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=応用された--【・*として |*←_強化`治療_--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆の状態にある}¨ ⌒〔 ☆←_最初の__完全`寛解_ 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=High-dose chemotherapy with autologous bone marrow or stem cell transplantation

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

研究段階のアプローチ


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_臨床試験_《複数》_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←一連の_新薬_《複数》、及び、_併用`レジメン_《複数》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_現在__進展中 】┏┓。    _化学療法_ + rituximab 、と、 それに続いての_放射線`免疫`療法_】〓〓 が _現在_テストされつつある--【・*の一部として |*←_最先発`実施`治療_ 】┏┓。

〈その〉 mTOR`阻害薬_《複数》 14、 CDK_阻害薬_《複数》、及び、¨¨_小分子__阻害薬_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆← Bcl-2 ファミリー メンバー《複数》】〓〓 が _依然として_テストされつつある--【・*の一部として |*←_臨床試験_《複数》_ 】┏┓。    _前臨床的__データ_ は 示唆する【・『 』ということを… |『 これらの新しい_生物学`的_治療薬_《複数》の いくつか は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=_併用_される--【・*と |*← rituximab_【 ∬ して… | ∬=示して_【・*を |*←相加的、又は、_相乗的__効果_ 】 』 】┏┓。

〈その〉¨併用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← bortezomib / rituximab《 これ は テストされた--【・*に於いて |*←_緩徐`進行性__非ホジキンリンパ腫_《 _濾胞性`リンパ腫_、及び、_辺縁帯`リンパ腫_ 》】〓〓 は _現在_テストされつつある--【・*に於いても |*←_マントル細胞`リンパ腫_ 】┏┓。    _有望的な__結果《複数》_ が 、また、示されて在る_【 ∬ して… | ∬=_使用する_【・*を |*← rituximab《 _標準的__用量_ 》 + thalidomide 】--【・*を伴って |*←〈一つの〉_客観的`奏効率_81%《 _完全奏効`率_31% 》】〓〓、そして、_中央値での__進行無し`生存`期間__は ¨※¨であった 【・※← 20。4 ヶ月間--【・*に於いて |*←〈その〉_再発した__状況設定_ 】┏┓。    lenalidomide / rituximab が 、また、テストされつつある┏┓。

--【・*のためには… |*←_選択された__患者さん《複数》_】〓〓、_他家`造血`幹細胞`移植_{☆からの}¨ ⌒〔 ☆← HLA −適合_ドナー_《複数》】〓〓_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_潜在的`可能的な__治療`選択肢_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =引き続き¨※¨である 【※←_開発`段階 】┏┓。


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、本資料の「資料名」のページ、又は、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: Medscape Reference(Updated: Jan 27, 2012)
「英文原題」=Investigational approaches

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他