目次

index


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

肺情報データベースのトップページへ




********************
当ファイルの目次ページへ

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

疾患名 =肺カルチノイド腫瘍( Lung Carcinoid Tumors )


資料 A= 治療の全体像


資料名=ACS('06/7)


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ
(各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してあります)

原資料更新時期=November 30, 2005

********************
当ファイルの目次ページへ

概観


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

この資料の性格

この情報は代表する【・*を |*←¨見解 (※の)¨【:※←¨医者や看護婦 {※ところの}¨【∵※←奉仕している【::*に |*← American Cancer Society's Cancer Information Database Editorial Board::】∵】:】・】。   これらの見解は基礎としている【・*を |*←彼らの¨解釈 (※に関する)¨【:※←¨研究( 複数 ) {※ところの}¨【∵※←医学雑誌に発表された∵】:】| -AND- |彼ら自身の専門家としての経験・】。

¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は※ではない【・※←公式の¨ポリシー (※の)¨【:※← American Cancer Society:】・】そして、☆を意図していない【・☆←医学的な¨アドバイス {※ところの}¨【:※←置き換える【∵*を |*←¨専門的な技術や判断 (※の)¨【::※←個々の患者さんの治療チーム::】∵】:】・】。   ¨治療情報 (※の中の)¨【・※←この文書・】は意図している【・*を |*←助ける【:☆が¨§¨するように|☆←患者さんや家族さん|§←情報を持った上での決定をする【∵*と共に |*←治療チーム∵】:】・】。

個々の患者さんの医者は¨※¨かも知れない【・※←持っている【:*を |*←¨理由 (※の)¨【∵※←¨提案すること {※ところの}¨【::※←ここに記述した一般的な治療選択肢と異なる::】∵】:】・】。   遠慮しないでほしい【・*を |*←質問する【:*に |*←担当の医者:】【:*について |*←具体的な治療選択肢:】・】 (*)。

(*)mougitaro アドバイス:以上の記述は、言うまでもなく、米国の医師に関するものです。 日本では、ご自分のケースでの治療選択肢について医者に質問することは、米国に優るとも劣らずに重要なことです(その理由については、各種マスメディアで報じられるようになっていますから、ここでは省略します)。 ただし、現実には、日本でも医者に対して遠慮せずに質問する患者さんや家族さんが最近増えてきています。 これは、非常に良いことだと思います。 医者に治療に関する決定を任せるべきではありません。

一般的なアドバイス

自らよく考えること
【・*の後に…|*←ガンが見つかり、ステージ決めがされる・】、治療チームは¨※¨ことができる【・※←推奨する【:*を |*← 1 種類以上の治療選択肢:】・】。   ¨※¨すること【・※←選択する【:*を|*←治療計画:】・】は※である【・※←重要な決定・】、従って、¨そのこと→『 』¨は※である【・※←重要・】『時間をかけて考える【・*について |*←全ての治療選択肢・】 』。

【・*に於いて… |*←作る【:*を |*←治療計画:】・】、考慮すべき最も重要な因子は※である【・※←ガンの位置、ガンのステージ(程度)・】。   治療チームは¨※¨であろう【・※←考慮する【:*を |*←患者さんの年齢、全般的な健康状態、個人的な優先順位:】・】。

セカンドオピニオンについて

¨※¨すること【・※←求める【:*を |*←セカンドオピニオン:】・】は¨※¨である【・※←しばしば良い考え・】。   セカンドオピニオンは¨※¨ことがある【・※←@提供する【:*を |*←より多くの情報:】| -AND- |A助ける【:▽が¨§¨することを|▽←患者さん|§←感じる【∵*であると|*←自信を持っている【::*について |*←¨治療計画{※ところの}¨【∵:※←患者さんが選択した∵:】::】∵】:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

化学療法


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

〔化学療法の内容〕

化学療法は使用する【・*を |*←¨抗ガン剤( 複数 ) {※ところの}¨【:※←注射される【∵*へ |*←静脈、又は、筋肉∵】| -OR- |経口服用する:】・】【・*のために |*←殺す【:*を |*←ガン細胞:】・】。   これらの薬は入る【・*へ |*←血液循環・】、そして、達する【・*へ |*←身体の全ての領域・】(全身的治療と呼ばれる)。 このことは、させる【・▽が¨§¨であるように|▽←化学療法|§←有用である【:*に対して |*←一定のタイプの¨ガン {※ところの}¨【∵※←拡大、又は、転移している【::*へ |*←原発個所の臓器ではない臓器::】∵】:】・】。

残念ながら、カルチノイド腫瘍は通常¨※¨ではない【・※←化学療法に感受性(の否定)・】

化学療法は一般的には使用される【・*のためだけに |*←¨カルチノイド腫瘍{※ところの}¨【:※←@拡大している【∵*へ |*←他の臓器∵】| -AND- |A引き起こしている【∵*を |*←重症の症状《複数》∵】| -AND- |B他の治療法が奏効しなかった:】・】。   ¨いくつか{☆の}¨【・☆←¨化学療法剤{※ところの}¨【:※←このような状況で使用される:】・】含む【・*を |*← streptozotocin, etoposide,cisplatin, cyclophosphamide, 5-fluorouracil, doxorubicin, dacarbazine ・】。   いくつかの化学療法剤は時々併用で使用される【・*のために |*←治療する【:*を |*←転移性のカルチノイド腫瘍:】・】《しばしば、他のタイプの薬物治療との併用で》。

〔化学療法の副作用について〕

以下のリンク先の記述をご参考にしてください。但し、システムの都合上、以下のことにご注意ください
◇本記事と完全にマッチした内容になっていない場合もあります。その場合は、適宜ご判断くださいますようお願いします。
◇リンク切れになっていましたら、ここからジャンプして、目次をお使いください。


化学療法による副作用の全般

化学療法は¨※¨である【・※←わずかに時々有効なだけ・】【・*のために |*←縮小させる【:*を |*←カルチノイド腫瘍:】・】。   患者さんは¨※¨べきである【・※←討議する【:*と |*←医者:】【:★で あるか否か を |★←発症する可能性のある副作用が価値がある(であるか否か)【∵*のために |*←かなり小さな¨チャンス{※という}¨【::※←病気が良くなる::】∵】:】・】。

〔その他の¨治療薬《複数》{☆のための}¨【・☆←治療する【:*を |*←カルチノイド腫瘍:】・】〕

いくつかの治療薬《複数》が使用可能である【・*のために |*←コントロールする【:*を |*←¨症状《複数》{☆の}¨【∵☆←カルチノイド症候群《¨問題《複数》{※ところの}¨【・※←引き起こされる【:*により |*←腫瘍から放出される物質《複数》:】・】》∵】:】・】。   これらの物質は¨※¨ことができる【・※←見つける【:*により |*←血液検査、又は、尿検査:】・】、【・*の場合 |*←患者さんが持つ【:*を |*←転移性のカルチノイド腫瘍:】・】。

octreotide

これは¨※¨である【・※←¨薬{※ところの}¨【:※←化学的に関連している【∵*に |*← somatostatin 《自然のホルモン》∵】:】・】。   この薬は¨※¨である【・※←非常に有用である【:*に於いて |*←治療する【∵*を |*←@ほてり《皮膚の発赤、熱い感じ》| -AND- |A下痢| -AND- |B喘鳴∵】【∵*に於いて |*←カルチノイド腫瘍∵】:】・】。   この薬は皮下注射として投与する。 時々、この薬は¨※¨ことがある【・※←一時的に縮小させる【:*を |*←カルチノイド腫瘍:】・】《治癒させるわけではない》。   副作用は含む【・*を |*←注射個所の痛み・】。   他の副作用は含む【・*を |*←胃けいれん、吐き気、嘔吐、頭痛、めまい、疲労感・】。   octreotide は¨※¨ねばならない【・※←投与される【:(頻度)|少なくとも 1 日 2 回:】・】。   ¨※¨も存在する【・※←一つの長期有効な¨バージョン{☆の}{ § という}¨【:☆← octreotide :】【:§← Sandostatin LAR 《1 ヶ月間に 1 回ですむ》:】・】。

lanreotide

これは¨※¨である【・※←¨薬{※ところの}¨【:※← octreotide と類似している:】・】、しかし、持つ【・*を |*←¨利点{☆という}¨【:☆←長期有効である:】・】。   この薬は¨※¨ことができる【・※←投与される【:(頻度)| 10 日間に 1 回:】・】。

インターフェロン

これは¨※¨である【・※←¨物質《複数》{※ところの}¨【:※←@活性化する【∵*を |*←身体の免疫システム∵】| -AND- |A抑制する【∵*を |*←いくらかの腫瘍の成長∵】:】・】。   α- インターフェロンは¨※¨である【・※←有用である【:*のために |*←@縮小させる【∵*を |*←いくらかの転移性のカルチノイド腫瘍∵】| -AND- |A改善する【∵*を |*←¨症状《複数》{☆の}¨【::☆←カルチノイド腫瘍::】∵】:】・】。   しかし、この薬は持つ【・*を |*←多くの副作用《複数》・】。   主要なものは¨※¨である【・※←させる【:▽が¨§¨するように|▽←患者さん|§←感じる【∵*であると|*←弱くなって疲労している∵】《インフルエンザの場合のように》:】・】。   インターフェロンはまた、¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←抑うつ症:】・】。

その他の治療薬《複数》も使用可能である【・*のために |*←コントロールする【:*を |*←特定の症状《複数》:】・】。   聞いてもらいたい【・*に |*←医者・】【・*について |*←それらの薬《複数》・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

放射線療法



American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

〔概観〕

放射線療法は使用する【・*を |*←高エネルギーの放射線・】【・*のために |*←殺す【:*を |*←ガン細胞:】・】。   【・*であるが…|*←大部分の¨ケース{☆の}¨【:☆←カルチノイド腫瘍:】は治癒される【:*により |*←外科手術のみ:】・】、【・もし*なら…|*←何らかの理由で患者さんが¨※¨ことができ ない 【:※←受ける【∵*を |*←外科手術∵】:】・】、放射線療法が¨※¨であ
ることがある【・※←一つの選択肢・】。   しかし、放射線療法は通常¨※¨ ではない 【・※←あまり有効【:*に対して |*←大部分の肺カルチノイド腫瘍:】・】、そして、稀にしか使用されない。

〔外部線源放射線療法〕

このタイプの放射線療法は¨※¨である【・※←放射線療法の¨タイプ{※ところの}¨【:※←最も頻繁に使用される【∵*のために |*←肺ガン∵】:】・】。   それは¨※¨のようである【・※←受ける【:*を|*←普通の X 線検査:】・】【・*以外は… |*←外部線源放射線療法は若干より長く続く・】。   患者さんは典型的に受ける【・*を |*←治療・】【・(頻度)| 1 週間に 5 日間で数週間の間・】。   主要な¨副作用《複数》{☆の}¨【・☆←肺への放射線療法・】は¨※¨である【・※←疲労感、軽度で一時的な日焼けのような皮膚変化・】。   【・*の場合… |*←高用量が照射された・】、放射線療法による¨ダメージ{☆への}¨【・☆←正常な組織・】は¨※¨ことがある【・※←引き起こす【:*を |*←瘢痕組織の形成、呼吸困難、感染症に罹患しやすくなる:】・】。

〔放射性医薬品〕

放射性の医薬品は¨※¨でありつつある【・※←有用である【:*に於いて |*←治療する【∵*を |*←広範囲に拡大したカルチノイド腫瘍∵】:】・】。   meta-iodobenzylguanidine ( MIBG)という薬は結合する【・*に |*←カルチノイド腫瘍細胞・】。   【・*の場合… |*←放射性のヨウ素分子が結合する【:*に |*← MIBG:】・】、この分子は¨※¨ことができる【・※←殺す【:*を |*←カルチノイド腫瘍細胞:】・】。   医者は効果的に使用してきている【・*を |*←この薬・】【・*に於いて |*←¨患者さん{※ところの}¨【:※←持つ【∵*を |*←進行期のカルチノイド腫瘍∵】:】・】、そして、約半数の患者さんは示した【・*を |*←改善・】。

放射性の octreotide も同様にして使用されている。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

その他の治療法


原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
American Cancer Society のホームページ

◇外科手術(概略ご紹介を省略します。原文をお読みください)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

********************
当ファイルの目次ページへ

ステージごとの治療


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

〔限局したカルチノイド腫瘍〕

外科手術が¨※¨である【・※←主要な治療法・】【・もし*なら…|*←患者さんが持つ【:*を |*←限局したカルチノイド腫瘍:】・】。   当該外科手術は¨※¨べきである【・※←切除する【:*を |*←@がん| -AND- |A近くのリンパ節《・特にもし*なら…|*←・がんが¨※¨である【・※←¨非定型的なカルチノイド腫瘍{追加情報 => 《 》}¨《 リンパ節へしばしば拡大する 》・】》:】・】。   大部分の患者さんは¨※¨であろう【・※←必要ない【:*を |*←追加する【∵*を |*←放射線療法や化学療法∵】:】・】。

〔転移性のカルチノイド腫瘍〕

¨治療{☆の}¨【・☆←このステージのがん・】は依存する【・*に |*←@がんがどこに位置しているか| -AND- |A患者さんが持つかどうか【:*を |*←¨症状《複数》{☆の}¨【∵☆←カルチノイド症候群∵】:】・】。   一般的に、このがんは¨※¨である【・※←成長が遅いがん・】、そして、化学療法は示されていない【・*であると|*←非常に成功的(の否定)・】。   【・もし*なら…|*←患者さんが持つ【:*だけを |*←少数の¨腫瘍{※ところの}¨【∵※←切除可能である∵】:】・】、外科手術が¨※¨である【・※←最良の選択肢・】。   【・もし*なら…|*←がんが巻き込む【:*だけを |*←肝臓:】・】、もう一つの選択肢は¨※¨であろう【・※←肝臓移植・】。   但し、これは未だ¨※¨である【・※←実験的な¨技術{※ところの}¨【:※←実施されている【∵*に於いて |*←数カ所の移植センター∵】:】・】。

【・もし*なら…|*←がんが存在する【:*に於いて |*←肝臓:】、そして、引き起こしている【:*を |*←症状《複数》:】・】、2 種類の治療が試みられ、成功的である。 最初の方法は¨※¨である【・※←入れる【:*を |*←小さな¨粒子《複数》{☆の}¨【∵☆←ゲルフォームのような物質∵】:】【:*へ |*←¨動脈《複数》{※ところの}¨【∵※←流入している【::*へ |*←肝臓、及び、がん::】∵】:】・】。   これは妨げる【・▽が¨§¨することを|▽←がん|§←栄養を獲得する・】、そして、させる【・▽が¨§¨するように|▽←多くのがん細胞《複数》|§←死滅する・】。   2 番目のアプローチは¨※¨である【・※←結紮する【:*を |*←¨動脈《複数》{※ところの}¨【∵※←流入している【::*へ |*←肝臓、及び、がん::】∵】:】・】。

上記の 2 つの方法はいずれも¨※¨である【・※←一時的に有効・】、【・*であるが…|*←これらの方法は¨※¨ことがある【:※←引き起こす【∵*を |*←重症の副作用《複数》∵】【∵*につれて…|*←がん細胞、及び、一部の肝臓細胞が死滅する∵】:】・】。   患者さんは経験することがある【・*を |*←肝臓痛、発熱、重症の脱力感・】。   これらの副作用は通常は消滅する、しかし、時々¨※¨であることがあった【・※←生命に関わる・】。   そのこと¨何?→『 』¨は※である【・※←重要である・】『担当医が持つ【・*を |*←十分な¨経験{☆に於ける}¨【:☆←これらの方法:】・】』。

【・もし*なら…|*←@肝臓が¨※¨ことができ ない 【:※←直接に治療される:】| -OR- |Aカルチノイド腫瘍が拡大している【:*へ |*←身体の他の個所:】・】、薬《複数》が使用される。   最も利用されるのは¨※¨である【・※← ¨ octreotide 、又は、lanreotide {追加情報 => 《 》}¨《 これらの薬《複数》は¨※¨ことができる【・※←@停止させる【:*を |*←¨分泌{☆の}¨【∵☆←¨化学物質《複数》{★ところの}¨【::★←引き起こす【∵:*を |*←カルチノイド症候群∵:】::】∵】:】| -OR- |A時々、実際に縮小させる【:*を |*←がん:】・】 》・】。   もう一つの薬であるアルファインターフェロンも¨※¨ことができる【・※←同様に働く・】。   時々、これらの 2 つの薬は一緒に投与される。 ¨※¨すること【・※←追加する【:*を |*←化学療法:】・】は¨※¨こともある【・※
←助ける【:*を |*←軽減する【∵*を |*←症状《複数》∵】:】・】。

その他の可能な治療《複数》は¨※¨である【・※←@¨放射線療法{☆のための}¨【:☆←限局した腫瘍《複数》:】| -AND- |A¨放射性の MIBG {☆のための}¨【:☆←より広く拡大した病気:】・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ

研究・治療の新動向


American Cancer Society のホームページ
American Cancer Society のホームページ

記事のおおまかな内容: 上記サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)には、大略以下のような内容が書かれています。
ご参考:文中の※や←などの記号の意味は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい(簡単に言えば、※の部分をすぐ後ろの【※← 】で説明しています)
*****blg↓********************

〔遺伝子学〕

(ご紹介を省略します。原文をお読みください)

〔診断〕

(ご紹介を省略します。原文をお読みください)

〔画像検査技術〕

(ご紹介を省略します。原文をお読みください)

〔治療〕

新しい化学療法剤がテストされつつある【・*のために |*←見つける【:*を |*←¨治療{★ところの}¨【∵★←活性である【::*に対して |*←カルチノイド腫瘍::】∵】:】・】。   そのような一つの薬は¨※¨である【・※← 7-hydroxytryptophan ・】。   この¨化合物{★ところの}¨【・★←類似している【:*に |*←自然的に存在している:】・】は¨※¨ことの可能性がある【・※←毒性である【:*に対して |*←カルチノイド腫瘍:】【:*に於いて |*←試験管内の実験:】・】。   但し、この物質は未だ研究されていない【・*に於いて |*←臨床試験《複数》・】。


(記事のおおまかな内容は以上です)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。詳細・内容は、下記のリンク先の原文をお読みください。(但し、下記のリンクは個別資料へのリンクですので、もしリンク切れになっていましたら、American Cancer Society のホームページへジャンプし、そこから原文へアクセスしてください。 当該ホームページには、当サイトで概略をご紹介しているもの以外に非常に豊富な情報が記載されています。是非当該ホームページにアクセスされることをお勧めします)

原文へのリンク:

原記事へのリンク

( 原典: American Cancer Society )

*****blg↑********************
当ファイルの目次ページへ