目次《ジャンプ先で項目タイトルをクリックすれば、この目次に戻れます》


本ファイル名称=hairy_cell_leukemia_001


→トップページへ戻る


お手数ですが、もう一度下記のリンクをクリックしてください:

情報データベース(血液・リンパ系、骨髄)のトップページへ






《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。



《この資料の目次に戻るためには、上記の標題行をクリックしてください》

疾患名 =ヘアリーセル`白血病( Hairy Cell Leukemia )


資料 001-A=有毛細胞白血病の_治療_《eMedicine 資料のご紹介》(ご紹介作成年月='10/7)


資料名=eMedicine


このコーナーでは、上記の資料の内容の概略をご紹介しています。各ページには、当該ページに対応する原資料サイトのページへのリンクを設定してありますが、原資料サイト での ページ構成変更により、リンク切れとなっております場合は、本家サイトの

リンク集のページ

の、「情報の存在を ご紹介しているサイト」の項目に 当該原資料サイトへのリンクを収載しておりますので、そこからジャンプしてください。《当該原資料サイトには、当サイトでご紹介している以外にも豊富な情報が記載されておりますので、原資料サイトをご覧になることを強くお勧めします》

尚、このコーナーでご紹介しております原資料の日付は下記の通りです :

原資料更新時期=Nov 24, 2008 

本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

背景


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_ヘアリーセル`白血病__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_慢性`リンパ性`白血病_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =もともと記述された--【・*に |*← 1958 年--【・*により |*← Bouroncle 達 】┏┓。    _ヘアリーセル`白血病__は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉 B −細胞`性 の _病気_】〓〓、そして、〈その〉異常_細胞《複数》__は 持つ_【・*を |*←毛様 の _細胞質_突起《複数》--【・*の上に |*←_細胞_表面 】┏┓。

…(後略:_ヘアリーセル`白血病__細胞_に関する 専門的詳細)…

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Background

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

内科的_治療_


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

〔 _化学療法的アプローチ 〕


〈その〉_第一線`治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_】〓〓_は ¨※¨である 【・※← 2-chlorodeoxyadenosine (2-CdA)を 0.1 mg/kg/日《 cladribine : Leustatin® 》_--〔・*により |*← 7 日間 での _持続的__静注_点滴】《 このこと は ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=実施される--【・*で(やり方) |*←外来ベース( ポンプにより、経皮_静注_中心カテーテル( PICC )使用 ) 》 】┏┓。    _成長因子_《複数》 は ルーチン的には _投与_されない〓〓、しかし、それ は ¨ ∬ ¨(される)ことがある 【 ∬=追加される--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_発熱性`好中球`減少`症_ 】┏┓。    〈その〉_奏効_ は 通常 まず観察された--【・*に於いて |*←〈その〉_血小板_カウント《 2 〜 4 週間以内 》】〓〓、そして、それに続いて_白血球_カウント 、及び、 _好中球_《複数》、そして、最終的に ヘモグロビン_レベル_ 】┏┓。    _骨髄_生検 が 繰り返される--【・*以内に |*← 3 ヶ月間】〓〓、しかし、_微小`残存`病変_ は ¨ ∬ ¨しない 【 ∬=必要とする (の否定)_【・*を |*←_治療_ 】┏┓。

--【・*により… |*← 1 コースの_治療_{☆の}¨ ⌒〔 ☆← 2-CdA 】〓〓、80% の _患者さん《複数》_ は 得る_【・*を |*←〈一つの〉_完全寛解_】〓〓、そして、それ以外の_患者さん《複数》_ は 得る_【・*を |*←〈一つの〉_部分`寛解_ 】┏┓。    数件の_長期的__研究《複数》_ が 報告されて在る┏┓。    Chadha 等 は 報告した【・『 』ということを… |『--【『 』であるが…|『〈その〉 12 年後__全体的‐生存率 _は ¨※¨であった 【・※← 87%』】〓〓、〈その〉 12 年後__進行無し`生存_率_は ¨※¨であった 【・※←わずかに 54% 』 】┏┓。    加えるに、17% の _患者さん《複数》_ は 発症していた_【・*を |*←もう一つの がん --【・*の間に |*←_左記の_期間 】┏┓。

--【・*のために… |*←利便性の増加】〓〓、いくつかの_グループ_《複数》 は _投与_して在る_【・*を |*← 2-CdA--【・*として |*←〈一つの〉 2 時間点滴《 0.14 mg/kg/日》 を 5 日間 】┏┓。    Zinzani 等 は 報告した_【・*を |*←〈一つの〉_完全寛解_率 81%、_部分`寛解_率 19%_【 ∬ して | ∬=使用して_【・*を |*←このスケジュール 】┏┓。    〈その〉 13 年後__全体的‐生存率_は ¨※¨であった 【・※← 96%】〓〓、そして、〈その〉_再発無し`生存_率_は ¨※¨であった 【・※← 52% 】┏┓。    〔何も無い( no )_ランダム化__研究_ 〕{ ∬ ((を)する)}¨ ⌒〔 ∬=比較する_【・*を |*←〈その〉 24 時間_持続点滴_〈その〉 2 時間_持続点滴_スケジュール 】〓〓_が ¨※¨である 【・※←存在している】(の否定) 】┏┓。

〈一つの〉_現行の_トレンド_は ¨※¨である 【・※←〈その〉重要性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 2-CdA 】┏┓。    Ravandi 等 は _投与_した_【・*を |*← rituximab--【・*に |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←残存病変{☆の後の}¨ ⌒〔 ☆← 2-CdA_治療_ 】┏┓。    11 名{☆のうちの}¨ ⌒〔 ☆← 12 名の患者さん《複数》】〓〓 が 持った_【・*を |*←根絶{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_--【・*により |*←この_治療_ 】┏┓。    [『 』(→右記)であるか否か… |『 このこと が ¨ ∬ ¨(する)であろう 【 ∬=■_変える_【・*を |*←〈その〉自然歴{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_】|-又は-|■__予防_する_【・*を |*←_再発_ 』(か否か)]〓〓_は ¨※¨である 【・※←不明確 】┏┓。    _現行では、 〈その〉_標準的__治療_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_微小`残存`病変_】〓〓_は ¨※¨である 【・※←_経過`観察_ 】┏┓。
◆◆◆◆◆編集メモ:ここまで一旦投稿ずみ◆◆◆◆◆--

--【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}{ ¶ ところの#←}¨ ⌒〔 ☆←_再発した__ヘアリーセル`白血病_⌒〔 ←#¶ =以前に_治療_されて在る--【・*により |*←_脾`摘除術_、 インターフェロン 、又は、 2-deoxyformycin《 2'-DCF, Pentostatin 》 】】〓〓、再_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 2-CdA《 同じ やり方で 》】〓〓 が 適応となる、--【特にもし『 』なら…|『彼らの_病気_ が 以前 _反応_していた--【・*に |*← 2-CdA 』】┏┓。    --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=以前に治療された--【・*により |*← 2-CdA 】】〓〓、_奏効率_《複数》 50%_が ¨※¨である 【・※←_典型的 】┏┓。

rituximab_は ¨※¨である 【・※←〈一つの〉_モノクロナル抗体_{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆← CD20 】┏┓。    --【・*に於いて… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_ の _ヘアリーセル`白血病_】〓〓、_奏効率_《複数》 50% が 報告されている┏┓。

◆ _ヘアリーセル`白血病_ は ¨ ∬ ¨(する)ことがある 【 ∬=行動する--【・*として |*←〈一つの〉_慢性__白血病_--【 ∬ (する)こと無しに | ∬=_引き起こす_【・*をも |*←如何なる_症状_《複数》 】┏┓。    およそ 10%のケースでは、《 通常 _年配_ の ¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_中等度_ の _脾`腫大_ 、及び、 軽度の_血液_カウント低下 》〓〓(は)全く 必要としない_【・*を |*←_治療_ 】┏┓。 


◆ 〈その〉_標準的_基準{ ∬ (する)ことのための}¨ ⌒〔 ∬=開始する_【・*を |*←_治療_ 】〓〓 は 含む_【・*を |*←以下のもの】__ : __ 


◆◆ _症状_《複数》 、又は、 輸血 必要性 


◆◆ _有意_な_貧血_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←ヘモグロビン 8 〜 10 g/dL 以下】 


◆◆ _血小板`減少症_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←_血小板_カウント 50,000 〜 100,000/mL 以下】 


◆◆ _好中球`減少症_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉_絶対`好中球数《 ANC 》_500 〜 1,000/mL 以下】 



◆  より_一般普通性が_低_い _治療_適応《複数》 は 含む_【・*を |*←以下のもの】__ : __ 


◆◆ _白血球`増加症_{☆を伴う}¨ ⌒〔 ☆←〈一つの〉高い割合の_ヘアリーセル《複数》】 


◆◆ 繰り返される 生命を脅かす的 _感染症_《複数》 


◆◆ _症状_性 の _脾`腫大_ 


◆◆ かさ高 、又は、 痛みを伴う_リンパ節`腫大_ 


◆◆ _血管炎_ 


◆◆ _骨_の 巻き込み 


◆ --【・*のためには… |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =¨※¨である 【・※←_治療−抵抗性__--〔・*に |*← 2-CdA 】〓〓 、又は、 --【もし『 』なら…|『_再発_ が 起きる--【・*の後に |*← 2 サイクル の 2-CdA 』】〓〓、〈その〉著者《複数》 は _推奨する_【・*を |*←_治療_{☆による}¨ ⌒〔 ☆← 2'-deoxycoformycin (2'DCF, Pentostatin) 4 mg/m2 _静注__2 週間に 1 回を 3 〜 6 ヶ月間 】┏┓。 


◆ αインターフェロン 200 万 U / m2 _皮下__投与_ 1 週間に 3 回を 12 〜 18 ヶ月間 が ¨ ∬ ¨(される)ことができる 【 ∬=使用される--【 ∬ (する)ことのために | ∬=_救助《サルベージ》する_【・*を |*←_再発した_ 、又は、 _治療−抵抗性_ の _ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。 



(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Chemotherapeutic approaches

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

外科的ケア《紹介`省略》


《内容イメージの ご紹介は省略します(原文をお読みください)》

_治療薬_


概観


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

_全身的`治療_ は 急速に 変化して在る--【・*に於いて |*←_最近_10 年間--【・*の理由から |*←新しい_生物学`的__治療薬_《複数》《 例えばインターフェロン 》 、及び、 新しい プリン_類縁体_《複数》 】┏┓。    また、〈その〉使用`可能性{☆の}¨ ⌒〔 ☆←遺伝子組み替え ヒト _造血薬_】〓〓 は _改善_して在る_【・*を |*←サポートケア{☆の間の}¨ ⌒〔 ☆←生命を脅かす的 _感染症_《複数》{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。

(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Medication

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

プリン_類縁体


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

Gibbett 達 は 観察した_【・『 』ということを… |『¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_重症`複合`免疫`不全_】〓〓_は ¨※¨であった 【・※←欠損している_--〔・*に |*←〈その〉プリン_分解`酵素_adenosine deaminase 』 】┏┓。    この欠損 は _引き起こす_【・*を |*←_細胞_内 蓄積{☆の}¨ ⌒〔 ☆← deoxyadenosine triphosphate 】〓〓、そして、もたらす_【・*を |*←_リンパ球`毒性_ 】┏┓。    プリン_類縁体_《複数》 は 類似する--【・*に |*←この状況--【 ∬ (する)ことにより | ∬=■_不可逆的に 結合する_【・*に |*← adenosine deaminase 】|-又は-|■_助長する_【・*を |*←_耐性_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←脱アミノ化{☆に於ける}¨ ⌒〔 ☆←〈その〉プリン・サルベージ径路】┏┓。

cladribine《 Leustatin® 》


- 概説 - :合成の_抗`腫瘍`薬_{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←継続的_静注_点滴 】┏┓。    〈その〉酵素 deoxycytidine kinase が リン酸化する_【・*を |*←この_化合物_--【・*へ |*←_活性的_な 5'-triphosphate 誘導体 】┏┓。    このこと は 、次いで、 壊す_【・*を |*← DNA 鎖《複数》、 _抑制_する_【・*を |*← DNA 合成】乱す_【・*を |*←_細胞_代謝】_引き起こす_【・*を |*←死滅{☆の}¨ ⌒〔 ☆←静止 、及び、 分裂_細胞《複数》_ 】┏┓。

この_化合物__は ¨※¨である 【・※←〈その〉最も_活性的_ な もの{☆の中の}¨ ⌒〔 ☆←プリン_類縁体_《複数》--【・*に於いて |*←〈その〉¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。    持つ_【・*を |*←〈一つの〉 94%_全体的`奏効率_ 、及び、 84%の_完全奏効_率--【・*に於いて |*←_ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。

¨患者さん《複数》{ ¶ ところの}¨ ⌒〔 ¶ =_病気_ が _反応_しない--【・*に |*←〈その〉初回_治療__レジメン_ 】〓〓 は ¨ ∬ ¨しない であろう 【 ∬=持つ (の否定)_【・*を |*←〈一つの〉_反応_{☆への}¨ ⌒〔 ☆←再_治療_ 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

pentostatin《 Nipent® 》


- 概説 - :_認可_されている--【・*により |*←〈その〉米国 FDA --【・*のために |*←_ヘアリーセル`白血病_】〓〓、しかし、これ_は ¨※¨である 【・※← _活性_ が  より_低_い_--〔・*よりも |*←_2-CdA 《 cladribine 》__--〔・*のためには |*←この_病気_ 】┏┓。    _治療_ は もたらす_【・*を |*←〈一つの〉 79% の _全体的`奏効率_ 、及び、 〈一つの〉 64% の _完全奏効_率--【・*に於いて |*←¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。    _奏効率_《複数》《 _完全奏効_ + _部分奏効_ 》90%超 が 報告されて在る┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Purine Analogues

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

インターフェロン


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

インターフェロン《複数》_は ¨※¨である 【・※←自然的に 産生される蛋白質《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_抗−腫瘍_ 、及び、 _免疫_調整_効果_《複数》 】┏┓。

interferon alfa-2a《 Roferon® 》


- 概説 - :蛋白質`製品{ ∬ (される)}¨ ⌒〔 ∬=製造される--【・*により |*←遺伝子組み替え DNA 技術 】┏┓。    最初の_全身的__治療薬_{ ∬ (された)}¨ ⌒〔 ∬=示された_【 ∬ (する)ことが | ∬=部分的に 根絶する_【・*を |*←ヘアリー_細胞《複数》_--【・*から |*←_骨髄_ 】〓〓、そして、最初の_認可_適応_は ¨※¨であった 【・※←この_病気_に対するもの 】┏┓。    〈その〉メカニズム{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_抗−腫瘍__活性_】〓〓 は 明確には 理解されていない__ : __しかし、■_直接的な _抗−増殖_効果_《複数》{☆に対する}¨ ⌒〔 ☆←_悪性__細胞《複数》_】|-そして-|■__変調`修飾_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←宿主 の _免疫_反応_〓〓 が ¨ ∬ ¨(する)と考えられる 【 ∬=演じる_【・*を |*←重要な_役割_ 】┏┓。

Roferon® 、及び、 Intron A® は 異なる--【・*から |*←〈その〉自然的な_化合物_--【・*に於いてだけ |*← 23 位 の アミノ酸`残基】〓〓、そして、達成する_【・*を |*←_同様_な_結果《複数》_--【・*に於いて |*←_ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。    _奏効率_《複数》_は ¨※¨である 【・※←全体として 65%《 10% の _患者さん《複数》_ は 達成する_【・*を |*←〈一つの〉_完全寛解_ 》 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)

interferon alfa-2b《 Intron A® 》


- 概説 - :《上記の interferon alfa-2a と全く同一の記述です。ミスプリかどうか分かりません》

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Interferons

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他

遺伝子`組み替え_G-CSFs


本コーナーでは、下記原文サイトでの記事の存在を ご紹介しています。当該原文サイトには、これ以外にも豊富な情報が収載されていますので、原文サイトを ご覧になることを強くお勧めします
◆ ご参考(臨床試験の段階、化学療法剤の特徴・日本名)→下欄外を ご覧ください。
文中の※←や【 】などの記号の意味 : ※などの部分を すぐ後ろ の対応する【※← 】で説明するという原理です。外観よりも簡単ですので、どうぞお読みください。(詳細は、 特殊な記号説明のページ をご参照下さい)  ちなみに、文中の下線や文字色は、重要度ではなく、ブロックを表現しています。

記事の 内容イメージ: 原文サイトの該当ページ(下記の「原文への リンク」のリンク先)の内容イメージは 以下のようなものです。
************************************************************

概観


注 : G-CSFs = Granulocyte Colony-Stimulating Factors

--【『 』の理由で…|『¨治療{☆の}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_】〓〓 は 伴う_【・*を |*←_好中球`減少症_ 』】〓〓、¨使用{☆の}¨ ⌒〔 ☆← G-CSF 】〓〓 は ¨ ∬ ¨(である)ことがある 【 ∬=¨※¨である 【・※←助けになる--【 ∬ (する)ことに於いて | ∬=低下させる_【・*を |*←〈その〉_毒性_{☆の}¨ ⌒〔 ☆←¨治療{☆のための}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。

filgrastim《 G-CSF (Neupogen®) 》


- 概説 - :短縮する_【・*を |*←〈その〉_早期__骨髄`抑制__効果_《複数》{☆の}¨ ⌒〔 ☆←アルファ・インターフェロン】〓〓、そして、逆転させる_【・*を |*←_好中球`減少症_--【・*に於いて |*←いくらかの¨患者さん《複数》{☆を有する}¨ ⌒〔 ☆←_ヘアリーセル`白血病_ 】┏┓。

- 用量、禁忌、相互干渉、使用上の注意 - :(原文をお読みください)


(記事の 内容イメージは以上です)

原文へのリンク:本コーナーの目的は、記事の存在の迅速なご紹介です。 内容自体については、下記リンク先の原文をお読みください。《リンク切れの場合には、当(本家)サイトのリンク集のページから原典サイトへジャンプしてください》

原記事へのリンク

( 原典: eMedicine )
「英文原題」=Recombinant Granulocyte Colony-Stimulating Factors (G-CSFs)

************************************************************
本記事以外の 個別記事紹介集や 標準的治療関連資料の ご紹介につきましては、下欄外のリンクから本家サイトの該当部位ページをご覧ください。


参考1=臨床試験の順序: フェーズ1(少数のボランティアで安全性確認)=> フェーズ2(少数の患者さんで有効性確認)=> フェーズ3(多数の患者さんでデータ収集・分析)=> 当局に申請=> 認可
参考2:上記記事内の化学療法剤の特徴、日本語名称については、当サイトのそれぞれ化学療法剤のページ名称対照表もご参照ください。


検索キーワード:がん、ガン、癌、欧州、米国、海外、標準治療、抗ガン剤、抗がん剤、抗癌剤
本家サイトへどうぞ→ 表紙| 新着記事| 化学療法剤| 併用メニュー| 支援治療| 用語集| リンク・参考| アドバイス| 部位別治療| 等
情報 DB→全般| 血液・リンパ系・骨髄| 脳・脊髄| 乳がん| 肝臓| 消化管| 生殖系| 頭頸部| 肺 | 膵臓| 前立腺| メラノーマ| 甲状腺| 腎臓・尿路| その他