目次

index


最新情報、アドバイス、当ファイル作成上の原則



最新情報のご案内


このファイルには、部位別に米国での現在の標準的な治療法に関する情報(の在処)を記述しています。最新情報は、関連の部位別情報データベース(このファイルの「トップページへ戻る」のリンクからジャンプ)の「治療ニュース、論文、総説」のところをご覧ください。

上記の項目には、欧米の約 50 の専門雑誌、学会報告、ニュース、などのサイトの最新号に於けるがんの治療に関する情報の在処を、可能なかぎり包括的にご紹介しています。決して、極々少数の記事だけを載せているようなものではありません。患者さんや家族さんのご参考にしていただけるものと思います。

********************
当ファイルの目次ページへ

アドバイス


治療を医者に決してお任せにならないことをお勧めします。このファイル(もし不十分でしたら、本やインターネットの他の資料)を勉強することで自ら状況を把握され、医者と対等に議論する姿勢を忘れないようにしてください。


********************
当ファイルの目次ページへ

当ファイル作成上の原則


複数の資料を参考にしてこのファイルを作成していきますが、各参考資料の内容を無理にまとめることはせず、原則として参考資料ごとに全て併記しておきます。重複したり、場合によっては資料間で矛盾しているように思われる場合があるかも知れませんが、データを残すことを重視しました。

********************
当ファイルの目次ページへ

資料 A


資料 Source

National Foundation for Cancer Research ホームページ
原文へのリンク: 本コーナーでは、情報の在処と記事概要の迅速なご紹介を目的としています。内容そのものや最新データは、下記リンク先の原文をお読みになって、ご確認ください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、トップページへのリンクです。ご了解ください)


National Foundation for Cancer Research のホームページ



当サイトの部位別治療法のページへ


key words(編集用の記述):がん、がん、癌、腫瘍、白血病、メラノーマ、欧州、米国、アメリカ、標準治療、抗がん剤、抗がん剤、抗癌剤、血液、リンパ、脳、乳がん、肝臓、胃、大腸、小腸、結腸、直腸、子宮、卵巣、精巣、頭頸部、肺、膵臓、前立腺、皮膚、甲状腺、腎臓、膀胱、神経

Aがん治療法入門

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんの治療はがんの型、段階等によって異なるものとなる。 また、治療の目的が、治癒であるか、がんの拡大の抑制であるか、又は症状の除去であるかによっても異なる。これらの要因を考慮して、以下の1つか、それらの組み合わせが実施される。:
◇化学療法
◇外科手術
◇放射線療法
◇生物学的療法
◇ホルモン療法

再発を防ぐため、複数の療法を同時或いは引き続いて実施することがますます普通のやり方になっている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B化学療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がん細胞を殺すために医薬品を使用する全ての療法を化学療法と呼ぶ。医薬品としては1つ使うこともあるし複数使うこともある、また、投与経路としては静脈注射、体腔への注射や錠剤として服用する場合がある。 化学療法が外科手術あるいは放射線療法と異なっている点は、化学療法剤が血液に乗って、最初に発生した場所から遠いところに転移したがんにまで達し、がん細胞を殺したり除去できるところである。 従って、化学療法は全身的な療法とみなされる。

がんと診断された人の半分以上が化学療法を受ける。何百万人もの、化学療法に反応する人の場合、効果的にがんを治療し、完全で生産的な生活を楽しむことができるようになる。その上、かつて化学療法でみられた多くの副作用が現在では簡単に予防したりコントロール可能である。従って、多くの人は化学療法を受けながら働いたり、旅行したり、その他の通常の活動の多くに参加したりすることができる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B1化学療法の詳細

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法と、それい伴う場合がある副作用について知っていれば、自分自身の治療について事前に対応できるし、治療の結果を最高にすることが可能である。知っておく必要があると考えられるのは以下の事項である:

◇化学療法はどのように行なわれるのか?
◇副作用への対応方法
◇血球カウントについての理解とモニター
◇医者に連絡すべきであるのは何時か
◇よくある質問と回答
これら各項目については以下に詳述する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B1a化学療法剤投与の実際


『概観』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法剤は、さまざまなスケジュールと技術によって投与される。多くの場合、一種類の薬あるいは複数の薬の併用の形で周期的に投与される。サイクルというのは、薬を投与する期間と、休養の期間との繰り返しのことである。

化学療法剤の投与ルートとしては、錠剤での経口投与、静脈注射、体腔(例えば膀胱)への注射、筋肉注射、脊髄液への注射がある。静脈注射によることが多いが、経口投与(錠剤を飲むこと)が次第に広く行われるようになっている。静脈からの投与の場合、”静脈アクセス装置(VAD)”(大きな静脈内にずっと設置しておく器具)を通して投与することもある。VADが好都合なのは、抗がん剤投与や血液検査、あるいは栄養補給を頻繁に行うケースである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法剤投与の頻度はどの程度か』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

上記の通り、化学療法剤はサイクルで投与されることが多い(サイクルは投薬の期間+休養・回復の期間で構成)。1つのサイクルは通常1から4週間で、それが繰り返される。サイクルが繰り返されるのは、一般に4から6回である。化学療法剤の投与自体に必要な時間は、数秒だけの薬もあれば、何時間とか何日間とかを必要とする薬もある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法剤の経口投与の有利な点と不利な点』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

最近では、経口投与可能な化学療法剤が増えてきている。患者自宅で服用可能であるから、その点では便利である。しかし、すべての化学療法剤が経口投与可能というわけではない。また、静脈注射のほうが適当な場合がある。というのは、患者が正しい量の薬を投与されたかはっきりしているし、投与の間、医者が患者をモニターできるからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『静脈アクセス装置(VAD)とは何か、そして、どのようなタイプの装置が使われるか』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

VAD は大きな静脈に外科手術により設置される装置である。 いくつか異なったタイプがあるが、化学療法剤投与や血液採取のためには主として下記の2つのどちらかが用いられる:

◇トンネル型外部カテーテル(ヒックマン)
◇皮下埋め込みポート(port-a-cath)

ヒックマンの場合は、プラスチックのチューブあるいはカテーテルを大きな静脈に取り付け、他の端が身体外に出ている。port-a-cathの場合は、鎖骨の下の位置で皮膚の下に完全に埋め込まれ静脈に連結させる。そして、ポートと呼ばれる部分を通じて化学療法剤投与、血液採取等の操作を行う。
これらの2つのタイプにはそれぞれ以下の特徴がある:
◇ヒックマン:設置、撤去、アクセスが簡単。また、流量を大きくできる。
◇port-a-cath :感染の可能性が少ない;患者の活動が制限されない;メンテを毎日する必要なし;しかし、流量が少ない。

頻繁な投与や輸血、あるいは栄養補給が必要なケース(例えば幹細胞移植)ではヒックマンのほうが適当である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『VADを使用したほうが良いケース』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

下記のような場合には、VAIO使用について医者に言ってみる価値がある:

◇注射針を刺されることに極度に敏感な人
◇静脈注射が難しい場合
◇注射するための代わりの静脈が必要で、それが不快な場合
◇1時間以上にわたる点滴を受けねばならない。
◇化学療法剤投与が何ヶ月にもわたることが予想される場合
◇静脈注射を何度も受けねばならない治療の場合
◇頻繁な血液採取が必要な場合
◇化学療法剤投与により静脈痛を生じる場合

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『VADにおける注意事項』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

VAD が正しく機能するためには、"flushing"(洗い流し)作業が必要である(ポートに注射針を挿入し、ヘパリンをVADに注入してやる)。これは、チューブが詰まるのを防止するためである。 化学療法剤投与を受けている間中、投与の度に flushing が必要である。化学療法剤投与が終了しても、4-6週ごとに flushing が必要である。自らの責任で、flushingのために受診すること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B1b血球数測定について


『概観』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

血球数の減少というのは、化学療法の普通にみられる副作用である。 血液中には3つの基本的な血球がある(赤血球、白血球、血小板)。 血球は骨髄で作り出され、定常的に血行中へ放出される。

一方、化学療法によると、急速に分裂する細胞が破壊される。急速に分裂するのががん細胞の特徴であるからである。実は骨髄細胞も急速に分裂する。従って化学療法でダメージを受けることになる。

検査室で血球数をモニターするのに使われる方法が、全血球算定(CBC)である。 血球数低下の最も良い対処法は、血球数低下が起こる前に、予防することである。血液細胞成長因子の投与により、予防が可能である。しかし、場合によっては輸血も必要なことがある。
(以下は若干の詳細)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血球数低下とはどのような状態か?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

血球数は、検査室で血液サンプルを分析して測定する。 血液は3種類の血球から成る(赤血球、白血球、血小板)。 通常何十億個ものこれらの血球が体内を循環している。 しかし、特定の状況下では、血球が標準よりも少なくなることがあり、これが「血球数低下」である。検査室で血球数を測定するために実施されるテストが、全血球算定(CBC)である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血球数低下の原因』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がん患者での血球数低下の最も普通の原因は、化学療法の副作用である。化学療法では、薬を用いてがん細胞を破壊する。 化学療法剤が破壊するのは、もともと急速に成長する細胞である。がん細胞の特徴の一つは急速に成長することであるから、化学療法剤が有効になるわけである。

ところが、赤血球や白血球や血小板を作り出す骨髄の細胞も急速に成長するので、化学療法剤は骨髄の細胞にも影響を与えてしまう。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血球数低下の場合の症状』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

どの血球の数が少ないかで症状は異なる。 代表的な症状は以下の通りである。

赤血球数の低下の場合:疲労感、呼吸困難、心拍数上昇、温かくしていられない、蒼白な皮膚、めまい、ふらつき感

白血球数の低下の場合:感染、発熱

血小板数の低下の場合:過度のあざ、過度の出血、鼻血

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血球数の日常的観察は何故重要か』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

血球数低下が以下の状況を引き起こすことがあるため、常に血球数を監視することが重要になる:

◇疲労、感染、出血といった不快で、生命にかかわりかねない副作用リスクを増大させる。
◇治療スケジュールを混乱させる可能性がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血球数低下の診断法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

全血球算定(CBC)と呼ばれる検査で、血球数が低いかどうかを判断する。 CBCでは3種類の血球(赤血球、白血球、血小板)の数を測定する。

米国で、CBCは普通下記の様式で報告される。どれかの血球数の測定値が正常範囲(「基準範囲」の列の値)からはずれている場合、「フラグ」の列に、正常範囲よりも低い場合は「L」、高い場合は「H」が付いて報告される。 下の例では、白血球と赤血球が正常範囲を下回っている。

(例)
テスト対象 結果 フラグ 基準範囲
白血球                 1.5L      4.0-10.5*10-3/ml
赤血球                 3.50L      4.70-6.10*10-6/ml
ヘモグロビン              10.8L      14.0-18.0g/dl
ヘマトクリット             31.1L      42.0-52.0%
血小板         302       -        140-415*10-3/ml
顆粒球                 23L       45-76%
リンパ球                68H       17-44%
単球          7        -        3-10%
好酸球         2        -        0-4%
好塩球         >        -        0.2
顆粒球(数)              0.34L      1.8-7.8*10-3/ml
リンパ球(数)     1.0       -        0.7-4.5*10-3/ml
単球(数)       0.1       -        0.1-1.0*10-3/ml
好酸球(数)      0.1       -        0.0-0.4*10-3/ml
好塩球(数)      0.0       -        0.0-0.2*10-3/ml


本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『結果の見方』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

白血球: 白血球は感染を防ぐために働く。上記CBCの結果は、患者の全体の白血球数が1.5で、正常範囲 4.0-10.5 より少ないことを示している。白血球が少ないと、感染のリスクが増大する。

好中球の数: 白血球の中でも、好中球が細菌や真菌による感染と戦う上で中心となる白血球である。 CBC報告においては、好中球を多型核細胞(polys あるいは PMNsと略記)と呼ぶこともある。 好中球数(ANC)は、血液中の好中球総数数を示している。 ANCが1,000以下になると、感染のリスクが増す。

赤血球の数: 赤血球は、肺から体中に向けて酸素を運ぶ。 上記のCBC報告では、赤血球数は 3.5であるから正常範囲 4.70-6.10 より低い。従って、フラグの列に表示されている。

ヘモグロビン(Hb あるいは Hgb): ヘモグロビンは赤血球に含まれる蛋白質である。 上記のCBC報告では患者の Hb カウントは10.8で、これは正常範囲 14.0-18.0 よりも低い。
Hb のもう1つの測定値であるヘマトクリット(HCT)も低い。これは軽い貧血があることを示し、本人も症状に気付き始めているかもしれない。

以上で述べている正常範囲は、年齢や性別により異なる。女性の正常範囲は上記の正常範囲よりも低い。 例えば、女性の場合の Hbの正常範囲は 12.0-16.0 である。

血小板: 血小板は止血するために血液を凝固させる細胞である。 上記のCBC報告から、この患者の場合、血小板数は正常であることが分かる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血球数低下への対応』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

血球数低下に対する最良の対応は、低下する前に予防することである。 予防は、血液細胞成長因子の投与により可能である。 血液細胞成長因子は、もともと身体が生産するもので、骨髄の細胞を刺激して赤血球や白血球、血小板を作らせる物質である。血液細胞成長因子は今では人工的に生産可能で、FDAによって承認されており、血球数が低下したがん患者の治療のために使われている。

赤血球数が低下した場合: エリスロポイエチンは選択的に赤血球の生産を増やす血液細胞成長因子である。 臨床試験により、エリスロポイエチンは安全で、がん患者の貧血を回復させることが確認されている。
エリスロポイエチンがの効果として、以下が確認された:

◇ヘマトクリットの増加
◇輸血の必要性を減少させる
◇疲労の回復
◇全体的な好調感の改善

エリスロポイエチンは、非骨髄性のがん(血球以外のがん)患者で、化学療法の結果生じた貧血の治療剤としてFDAから認可されている。

エリスロポイエチンによる治療で、赤血球産生は次第に増加する。赤血球産生には鉄が使われるので、エリスロポイエチンによる赤血球生成を十分にサポートするため、鉄の補給が必要なことがある。

現在、市販されているエリスロポイエチンとして2つのものがある。エポエチンアルファ(製品名Epogen、又は、ProcritR)と darbepoetin alfa(製品名Aranespである。)である。2つとも、同じ向上で、同じ方法で生産されている。 Epogenと Procrit は、長い間使われてきた。 Aranespは、長時間にわたって効果がある剤型である。患者にとっては Epogenや Procritよりも注射を少なくすることができて便利である。臨床試験でみられたAranespによる副作用で多かったのは、疲労、浮腫、吐き気、嘔吐、下痢、発熱と息切れであった。副作用の面では AranespもEpogen も差はなかった。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『白血球数低下への対応』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法によって生じる好中球減少症を予防するために使われる血液細胞成長因子として Neupogen(フィルグラスチム)と Neulasta(pegfilgrastim)とが、FDAによって認可されている。多くの臨床試験の結果として、これら2つの製品が、いろいろな化学療法に伴う白血球低下症の重症度や持続期間を軽減させることが示された。
Neupogenの場合、白血球数を増加させることによって、発熱リスクや入院を少なくさせる。しかし、Neupogenの欠点は、毎日投与が必要であることである。
2本の臨床試験の結果、好中球減少症への対応において、Neulastaの投与1回が、平均でNeupogenを毎日投与して12日間投与したのと同一効果であることが示された。Neulasta使用に伴う最も一般的な副作用は骨痛である。骨痛が生じた場合、普通はアセトアミノフェンのような、非アスピリン系鎮静剤で緩和可能である。 Neulastaに対するアレルギー反応の可能性もある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血小板数低下への対応』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

Neumegaは、血小板数低下予防用としてFDAが認可した血液細胞成長因子である。 臨床研究の結果、Neumegaが血小板減少症を予防し、血小板減少のリスクが高い患者において血小板輸血の必要性を少なくさせることが示された。Neumegaは、心悸亢進、体液貯留、下痢、等の副作用を引き起こすことがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『輸血』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ある場合には、血球数低下が重症であることにより、、輸血が必要なことがある。 赤血球と血小板が輸血されることが多い。輸血用血液として、血液銀行からの血液を使うこともあるし、治療開始前に予め採取してあった患者自身の血液を使うこともある。 輸血は、合併症を伴うことがあり、その中には軽度ないしは生命にかかわるレベルのアレルギー反応が含まれる。一般的に、血球数低下が起きてから治療するよりも、血球数低下を予防したほうが良い。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B1cよくある質問への回答


『化学療法の効き方』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法は、さまざまな方法(薬によって異なる)により、急速に分裂している細胞を殺す。成長パターンの異なる多くのタイプのがんが存在するため、多くの化学療法薬がこれら多くの成長パターンに目標を定めて開発されてきた。それぞれの薬は、効き方が異なり、また、対象とする細胞の分裂サイクルの特定の段階で有効である。
例えば化学療法薬の効き方としては以下のようなものがある:
◇がん細胞のDNAにダメージを与える
◇細胞分裂を阻止する
◇細胞の代謝など重要な機能を混乱させる

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法剤はどのように投与されるか』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法は下記のどれかの方法で投与される:
◇静脈から
◇口から錠剤で
◇注射で
◇くも膜下注射、又は、脳室内注射(脊髄や脳を囲む脊髄液への投与である)

化学療法の多くは自宅で実施可能である。指導を受ければ、患者や家族が錠剤で投与したり、小型の注射器(糖尿病のひとがインシュリンを注射するのに似ている)で投与可能である。ナースが外来で投与することもある。病院で投与を受ける必要があることもある。

化学療法は普通、サイクルで投与される(投与の期間+休養の期間)1サイクルの長さは、普通は1週間、2週間、3週間、或いは4週間である。化学療法の1コースは複数のサイクル(4から6つのサイクル)から成り立つ。比較的に短時間で投与される場合もあるし、何時間もかかる場合もある。

静脈経由で投与される化学療法の場合、ヒックマンやPort-a-Cathのような埋め込み型静脈アクセス器具(VAD)を使うこともある。VADは、心臓の近くの大静脈内に外科的に設置し、長時間置いたままにしておく。VADを使えば、小さなカテーテルを必要なたびに繰り返し静脈に刺す必要がない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法を受ける頻度』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

普通は毎日、毎週、毎月といったペースである。(このような頻度はがんのタイプや使用する薬によって異なる)
上記のように、化学療法は通常、投与期間と休憩期間とからなるサイクルのかたちで投与される。

化学療法は外科手術と併用されることがある。化学療法が外科手術の前に行われる場合、「術前補助化学療法」と呼ばれる。外科的にがんを除去する前に、がんを縮小するのが目的である。外科手術の後に行われる場合、「補助薬化学療法」と呼ばれる。補助薬化学療法の目的は、外科手術で取り残されたがん細胞を全て殺すことである。外科手術の前に行われても後で行われても、化学療法はサイクルの形(上記のように)で実施される。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『実際に受ける化学療法はどんなものか』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

治療目的を最も良く達成するために医者が考慮するのは以下の点である:
◇診断結果
◇がんの進行の程度
◇予想される今後のがんの動き
◇がんが最初どこで発生したか
◇患者の年齢
◇患者の他の疾患
◇化学療法により生じ得る副作用

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法のスケジュール作成方法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法は普通、サイクルの形で実施される(治療の期間+休養の期間) 1サイクルの長さは、普通、2、3、あるいは4週間である。化学療法のコースは複数のサイクルで構成される(4から6サイクルから成ることが多い) 化学療法薬の投与に要する時間は、数分のことも、数時間のこともある(投与される薬による)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法の副作用』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法は、がん細胞を殺すことで効果を表す。しかし、がん細胞と正常な細胞の間の相違を完全には見分けられない。化学療法の影響が、正常な組織・器官にまで及ぶことがある。これが、化学療法の副作用である。
副作用により不快になったり、場合によれば致死的な場合さえあることに注意が必要である。さらに、副作用のために、化学療法をスケジュール通りとか必要量の通りとかに実施できなくなることがある。この事実を理解しておくのは極めて重要である。何故なら、化学療法から期待通りの結果を得るには、スケジュール通りに、必要量全部を投与する必要があるからである。副作用が不快の原因となるだけでなく、治療そのものを妨げることになるのである。

よくみられる副作用として、血球数低下、吐き気、嘔吐、脱毛症と疲労がある。副作用の中には一時的で、単に不快なだけのものもある。一方、生命にかかわり得る副作用もある。例えば、化学療法の最も重大な副作用の1つが白血球数低下(好中球減少症)であり、重症の感染症あるいは治療中断のリスクにつながる。

幸いなことに、最近20年間で、化学療法の副作用を予防したりコントロールするための治療法が大きく進歩した。こういった進歩により、以下のようなことが可能になった:
◇がん治療に伴ういろいろな症状への対応を改善
◇治療をより正確に実施できるようになった
◇世界のより多くのひとががん治療を受けられるようになった

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『疲労感の原因』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

よくみられる原因は、化学療法により生じた貧血である。貧血は効果的に治療可能である。いずれにせよ、毎日の活動は、本人がどのように感じるかを基にして計画すべきである。必要と感じるだけ、一日の中に休養時間を設けるべきである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法の結果気分は悪くなるのか』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

吐き気に対する薬を投与されないと、化学療法により多くの患者が若干の吐き気を経験する。吐き気と嘔吐が1日〜2日続くことがある。吐き気や嘔吐の重さは、それぞれの化学療法薬により異なる。しかし、現在では、多くの制吐薬と呼ばれる薬で効果的に吐き気や嘔吐を軽減したり予防可能である。これらの薬は、化学療法の間に静脈注射で投与することもあるし、自宅で服用することもある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『血液検査について』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

医者がどんなテストが必要かを決定する。化学療法を受ける場合、治療開始7日前から開始当日までの間に血液検査を受けることになる。血液検査項目としては、全血球数測定(CBC)、化学的な成分分析、必要ならばがんマーカー等である。全血球数測定(CBC)のための血液採取は、化学療法の後、7から14日間の間実施される。

血球数が低下した場合の症状を知っておくのは非常に重要である。
以下が発生したら、必ず医者に報告が必要である:
◇発熱(華氏 100.5度以上)、うっ血、風邪
◇発疹、水ぶくれ、痣が生じやすい、出血、切り傷の感染、生殖器の部分でのかゆさや熱感
◇脱力感、疲労、息切れ

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『治療後の全血球数測定の必要性について』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

化学療法では、がん細胞のような急速に分裂している細胞が破壊される。ところが、赤血球、白血球、血小板も急速に分裂するため、化学療法によるダメージを受ける。

赤血球数、白血球数、血小板数をモニターする目的は、治療の毒性や合併症のリスクを判断し、さらに今後の治療を計画することである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『化学療法の結果、脱毛するか』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。
ないが、一部の化学療法薬による治療の結果脱毛が起きることがある。脱毛の程度としては軽い場合から重い場合までいろいろである。影響を受けるのは、頭髪、睫毛と眉、足、腋、陰部である。
脱毛が始まるのは普通、治療開始から2〜3週間後である。脱毛の量は、投与されている化学療法剤にとって異なる。

しかし、普通の場合、治療終了後、約2-3週間で髪が再び伸び始める。ただ、治療前と後とでは髪の色とか形状が異なることがある。

化学療法に伴う脱毛が一時的であり、髪は再び伸びることを覚えておいたほうが良い。ただ、以下に脱毛に対処するためのヒントを書いてておく:
◇脱毛が始まる前に髪を刈り取っておくほうが良いかも知れない。髪が失われていく感覚よりも、髪がないという感覚のほうが耐えやすいかも知れない。
◇あらかじめ計画を立てること。事前にかつらを買うとか、この機会に何か異なったことを試みるのだと考えるとかするのが良いかも知れない。
◇帽子やヘッドスカーフを試みる。これらはかつらの代わりあるいは補助とすることができる。
◇髪で覆われていた皮膚は、太陽の紫外線に特に敏感であるから、頭をカバーするか、頭皮に日焼け止めをつけるようにすること。
◇保険会社に対し、かつらのコストがカバーされるかどうか確認する。
◇髪が再び生えてきたら、新しい毛髪をていねいに扱うこと。化学物質、漂白剤、過酸化水素、着色剤を使用しないこと。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B2副作用への対応

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

『副作用とは?』

がんの治療の手段としては、化学療法、放射線療法、生物学的方法、外科手術、又はこれらの手段やその他の方法の組合わせがある。これらの治療方法が目指すのは、がんを殺すことである。

しかし実際には、がんの治療により、がんとは無関係で正常な臓器に影響が及ぶ。このような望ましくない影響を、合併症とか副作用と呼ぶ。

『副作用の問題点』

副作用により、患者にとっての不便なことや不快とかが起き、致死的な場合さえある。

もっと重要な問題は、副作用によって、治療計画が守れない(スケジュール通りの治療や、量的に予定通りの治療ができない)場合があることである。期待通りの治療効果を得るには、治療計画通りのスケジュールと量で治療する必要があるのである。

副作用には多種多様なものがあるが、その中でも多く見られる副作用がある。さらに、ある種の治療により「遅い合併症」と呼ばれる長期間にわたる副作用が生じることがあり、これは、治療が終了しても解消しない。

『副作用への対策』

幸いなことに、最近15年でがん治療に伴う副作用を予防したり、抑えるための方法が急速に開発されてきた。こうした方法によって、がんの治療がより正確かつ一貫的になり多くのがん治療法が広範な患者に実施可能になった。

(以下の項目B2a、B2bでは幹細胞移植に限定して説明されています。普通の副作用への対応方法については、化学療法等各治療法の副作用の項目を参照してください)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B2a幹細胞自家移植
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

高用量化学療法と自家幹細胞移植との組み合わせとは、大量の抗がん剤投与又は高線量の放射線照射投与をがん細胞を殺す目的で実施、その後、骨髄での血球産生を救う(回復させる)ため、幹細胞を注入する方法のことである。 ここで、抗がん剤や放射線による骨髄へのダメージが副作用というわけである。

幸運なことに、骨髄は救うことができる(幹細胞で置き換えることが可能である)。治療後に自家幹細胞移植を実施するため、高用量化学療法を実施する前に、患者自身から幹細胞を採取する。幹細胞を採取するのは、骨髄、又は末梢血からである。採取した幹細胞は、凍結して保存する。幹細胞が患者自身から採取されることが、自家幹細胞移植という名称の由来である。

高用量化学療法と自家幹細胞移植との組合わせは、多くのがんを治療するために利用される治療戦略の一つである。 この組み合わせは、治療しようとするがんの種類により、最初の段階で実施されることもあれば、二段階目以降に実施されることもある。

但し、この方法は、最後の手段として使用するのでなく、最初の診断時に慎重に計画しておくべきである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B2a1幹細胞自家移植で治療されるがんの種類
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

高用量化学療法と自家幹細胞移植術の組み合わせは、特定のがんに対する治療として最良の方法である。その理由は、他の治療法に比較して、生存率を改善したり、より多くの患者を治癒可能だからである。

高用量化学療法については、現在、いくつかの種類のがん治療法として臨床試験で評価中である。

高用量化学療法で達成可能なことや、幹細胞移植術がどのような役割を果たすかについて、最もよく報告されているがんとして以下がある:

◇急性骨髄性白血病
◇慢性骨髄性白血病
◇乳がん
◇ホジキン病
◇多発性骨髄腫
◇非ホジキンリンパ腫
◇小細胞肺がん

高用量化学療法と自家幹細胞移植の組み合わせに関するこれ以上詳細の情報は、それぞれの特定の種類のがんについての項目を参照のこと。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B2b幹細胞他家移植
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

高用量化学療法と他家骨髄移植、又は、他家血液幹細胞移植は、高用量の抗がん剤投与や放射線照射によってがん細胞を殺しつつ、幹細胞の移植によって骨髄での血液や免疫細胞の産生を回復しようという、治療戦略である。 ”移植”というのは、人から人への組織の移動のことを言い、”他家”とは、1人の人から別の人への組織の移動のことである。

(mougitaro注:ここでは、autologousに対応するallogenicな移植の説明をしているのであるが、当面”他家”と訳すことにする。要するに、別の人へ移植する技術のことである)

皮膚、心臓、腎臓、肝臓など、別の人へ移植可能な臓器・組織は他種類ある。しかし、最も移植が容易な臓器は、骨髄である。その理由は、或る人の骨髄や末梢血から採取した少量の幹細胞が、別の人の骨髄全体を満たすようにできるからである。 他の移植と異なり、ドナーは少量の骨髄幹細胞を取られても”惜しくない”。 この少量の骨髄幹細胞が、短期間で急速に分裂し、移植を受けた人の血液系や免疫系を満たすことができるのである。

高用量化学療法と他家幹細胞移植の組み合わせは、多種類のがん治療のための全体的戦略の一部となる。この組み合わせは、がんの種類により、最初の療法となることも、2つ目以降の治療となることもある。但し、最後の手段というわけではない。最初の診断に続き、慎重な実施計画を作成する必要がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


B2b1幹細胞他家移植で治療されるがんの種類
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

高用量化学療法と他家幹細胞移植は、生存率を上げ、他の治療よりも多くの患者を治癒させる点で、特定の種類のがんに対しては、最良の治療法である。

高用量化学療法は、現在、他の種類のがんの治療に向け、臨床試験で評価中である。

高用量化学療法で達成可能なことや、幹細胞移植術がどのような役割を果たすかについて、最もよく報告されているがんとして以下がある:

◇急性骨髄性白血病
◇急性リンパ球性白血病
◇慢性骨髄性白血病
◇慢性リンパ球性白血病
◇ホジキン病
◇骨髄異形成症候群
◇多発性骨髄腫
◇非ホジキンリンパ腫

高用量化学療法と他家幹細胞移植の組み合わせに関するこれ以上詳細の情報は、それぞれの特定の種類のがんについての項目を参照のこと。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


C外科手術

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外科手術は、がんの診断、ステージの決定、及び治療の目的で実施される。

がんの診断のために使われることが多い外科手術の1つとして生検がある。 生検では、がんの疑いのある個所から組織を採取し、検査室の専門家が検査する。生検はしばしば、医者のオフィスあるいは外来手術センターで実施する。 生検結果が陽性の場合、がんの存在が示される。一方、生検結果が陰性の場合には、がんは存在していないかも知れない(生検が陰性でもがんの存在は100%は否定できないという意味……mougitaro注)

治療のために外科手術をする場合、通常はがん自体に加え、がんに隣接する若干の組織を除去する。手術により局所的なな治療ができるのに加え、手術中に得られた情報は、がんの再発や他の治療法の必要性を判断するのに有用である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)

D放射線治療

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法では、高エネルギーの放射線を照射してがん細胞の成長や分裂を阻止することにより、がん細胞に損害を与えたり、殺したりする。 外科手術と同様に、放射線療法は目に見える腫瘍を除去するために使われる局所的な治療法である。すでに身体の他の部分に広がったがん細胞を絶滅させるためには、通常、有用ではない。

放射線は外部から照射することもあるし、内部から照射することもある。外部照射では、身体の外部の装置から腫瘍部位に高エネルギーの放射線をあてる。 内部照射(近接照射療法とも言う)では、がんの内部またはその近くに少量の放射性物質を埋め込む。

放射線療法の効果としては、がんの治癒、がんのコントロール、又は症状の軽減が期待される。 放射線療法は、化学療法や外科手術のような他の療法と併用されることもあるし、単独で実施されることもある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


D1放射線治療の詳細

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

がんの治療は、がんのタイプ、ステージ、治療の目的によってさまざまに変わる。最も完全な治療を実現するため、1つ又は複数の治療法が使われる。 いくつかの治療法を、順番に、又は、同時に使うことがますます普通になってきている。これを集学的療法と呼び、含まれる療法としては、外科手術、化学療法、生物学的治療、放射線療法である。

大多数の、新たに診断された患者の場合、最適な治療法というのは、大規模な研究によってそれぞれ標準的治療として確立した療法の組み合わせからなる複合療法である。

患者によっては、最も適切な治療法というのは、現在研究中であることがあり、このような場合は臨床試験を通じてのみ治療を受けることが可能である。。

放射線療法は、がん細胞のDNAにダメージを与え、がん細胞の増殖や成長を不可能にさせることで、効果を発揮する。やがて、がん細胞は死に、がんが縮小する。放射線療法の目的は、十分ながん細胞を殺すことにより、治癒の可能性を最大にし、副作用を最小にすることである。

場合によっては、放射線療法を緩和ケアのために使用することもあり、この場合の目的は、基礎疾患の治癒が目的ではなく、症状の軽減が目的である。

放射線は通常高エネルギーのビームとして、がん細胞のある場所に照射される。従って放射線療法は、化学療法と異なり、局所的な治療である。つまり、がん細胞が殺されるのは、照射野(*)と呼ばれる、放射線が照射される場所でだけである。

(*)注:原文はradiation field

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


D1aさまざまな放射線治療技術
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射は、身体の外部からも内部からも可能である。 外部からの照射の場合、身体の外部の装置からがんに向けて高エネルギーの放射線ををあてる。内部からの照射(近接照射療法)の場合、がん内部、あるいはその近くに少量の放射性物質(種)を埋め込む。さらに、静脈内へ同位体元素を注入することによる照射も可能である(甲状腺がん治療のために放射性ヨウ素を使用する場合のように)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線外照射療法(EBRT)』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

EBRTでは、リニア加速装置と呼ばれる装置で高エネルギーの放射線を作り、この放射線が組織を貫き、がんが存在する場所に到達する。最新式の装置と、最先端技術により、効果的に放射線照射をしつつ、大幅に副作用を軽減することが可能になった。

EBRTが実施されるのは、通常外来ベースであり、6から8週間かかる。 スケジュールとして、まず計画段階で身体にマークを付けたり測定をして、治療の際に放射線が正しい位置にあたるようにシミュレーション:する。治療中には、患者はテーブルの上に寝て、いろいろな方向から放線を受ける。 照射を受ける場所は広いこともあれば狭いこともある。また、特定の器官だけに照射されることもあれば、リンパ節を含む周辺へも照射することもある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『3次元原体照射(3D-CRT)』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

特殊なCTスキャンと、目標設定用コンピュータを使って、EBRTをより正確に実施することが可能である。これが、3次元原体照射(3D-CRT)である。3D-CRT により、がんの周囲の正常組織がダメージを受けることが少なくなる。3D-CRTによれば、従来より正確にがんに目標を定めることができるため、専門家は、この方法で、より高い線量を安全に照射し、より良くがんを治療できるかどうか評価中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『強度変調放射線治療(IMRT)』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

IMRTは、3次元原体照射(3D-CRT)が進歩したものである。この方法は、トモテラピーとも呼ばれる。回転している装置からさまざまな強度の放射線を照射する。 強度を変えるのは、「葉」(放射線の通過を阻止したり、通過させたりする)の配置を変えることによる。部品が回転していることで、がんへの目標設定がより正確になる。

従来の放射線療法では、放射線は5-10の方向から照射される。この方向の数が多いほど正確な照射ができる(正常組織にダメージを与えずにがんに多量の放射線を照射可能)のであるが、IMRTでは、らせん上のすべてのポイントから放射線が照射されるのである。

IMRTは、CTスキャンに似た仕組みである。 CTスキャンでは、X線が患者の回りを回転しつつ一連の断層画像を作っていくわけであるが、IMRTも同様に、放射線を回転させる。また、IMRTも、一度に1断面の治療を行う。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『近接照射療法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

内部照射法は、「組織内小線源治療」、「種」、「埋め込み」といった、いろいろな呼び方をされる。それは、放射性物質が直接がんの中、又は、その近くに置かれるからである。

例えば、前立腺がん治療の最も普通の方法は、組織内小線源治療である。この方法では、会陰縫線を通して前立腺の中に放射性の種を半永久的に埋め込む。(会陰縫線とは、陰嚢と肛門の間の皮膚の領域)

全身麻酔又は下半身麻酔の状態で、超音波画像装置を直腸に挿入し、それで観察しながら針で「種」を前立腺に埋め込む。

手術後、量的には一般の人々に危険なものではないが、患者は「種」から一時的に少量の放射線を発する。医者の中には、患者は手術後の数週間は幼い子供や妊娠している女性の近くに寄らないことを勧める者もいる。

「種」からの放射線は、がんに対して近くから焦点を合わせるためこの方法は、早期がんに最も効果的である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『乳房部近接照射療法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法は、乳房部温存を選択する患者に対して従来実施されてきた EBRTに代わる選択肢である。乳房温存治療では、まず乳腺腫瘤摘出と呼ばれる方法で腫瘍を取り除き、その後、再発リスクを低下させるために放射線療法を実施する。乳腺腫瘤摘出の後に従来の EBRTを実施した場合、5から6週間の放射線療法(1週間に5日間ずつ)を実施する。

乳房部近接照射療法では、照射領域を限定した、計画量の放射線を5日間で照射する。治療に要する期間が短いため、この方法は、乳腺腫瘤摘出を選ぶが6週かかる EBRTを望まないという患者にとって魅力的な選択肢である。

乳房部近接照射療法の手順:
空気を抜いた風船を腫瘍を除去した空洞に挿入する。カテーテルで風船と外部とを連絡した状態にしておく。 風船をは生理的食塩水で満たす(風船とカテーテルは治療全期間を通じてそのままにしておく)。放射線治療は、外来で5日間、1日に2回のベースで実施する。具体的には、 放射性の「種」を正確な量で風船中のカテーテルに挿入する(乳房部の別の部分、皮膚、肋骨、肺、心臓への被曝を最小にするため)。治療の休みの間や治療が終了した後は、放射性の「種」を抜くため、そのような期間には患者の体内には放射性物質は全く存在しないことになる。カテーテルと風船は、最終の治療の後に取り去る。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『定位放射線手術(SRS)』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

この方法(γナイフが代表的)は、脳腫瘍、動静脈奇形、その他の特定の疾患で、非侵襲の治療となる。 外来ベースの治療で、高度に絞られた標的に大量の放射線を照射可能である。 照射の全量を1回で照射することも可能だし、数週間かけて分割して照射することも可能である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


D1b放射線治療の行われかた
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

それぞれの患者のがんの大きさや場所は違うから、放射線療法は各患者ごとに個別化する必要がある。そのため、放射線治療はいくつかの段階によって構成される(診察、シミュレーション、治療計画作成、実際の照射)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『診察』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

診察により、患者と放射線腫瘍医の双方が情報を得る。診察を通じて、放射線腫瘍医は患者の病歴を知り、検査を行なう。 患者側が、レントゲン写真、診療記録、服用薬リスト、保険に関する情報、照会状を持参すると便利な場合がある。

診察の短時間の間に、放射線腫瘍医は患者に対して非常に多くの情報を伝える。患者は、事前に質問表を準備したり、医者が言うことを理解するため、誰かを同伴したほうが良いかも知れない。

診察の後、放射線腫瘍医は患者に追加の検査をしてもらったり、他の検査の結果を待ったり、追加の記録や報告を入手することがある。がんの最良の治療のためには、集学的療法がますます重要になっており、そのため、放射線腫瘍医は最良の治療の進め方を決めるため、治療に関与している全ての医者と連絡を取り合う。
また、放射線腫瘍医は、自分の評価の結果を、照会もとの医者や、患者が要望するあらゆる医者に連絡する。

必要情報が全て集まり、治療チームが連絡を取り合い次第、放射線療法を実施する決定がなされることになる。この時点で、放射線腫瘍医は患者と治療計画及び選択肢についてディスカスし、治療同意書へのサインを求める。患者は、同意書をよく読んみ、理解することが重要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『CT シミュレーション』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

その次は、計画段階である。シミュレーションと呼ばれることもある。 シミュレーションによって、照射する範囲と、治療計画の大部分を決める。 シミュレーションが最も時間がかかる段階であることが多い。

CTシミュレータは、放射線を出さないが、この装置によって、放射線腫瘍医と技術者は治療すべき領域を観ることができる。 得られた画像が計画システムへ送られて、患者のバーチャル3次元イメージが作られ、照射計画が作成される。

シミュレーション段階用に、患者の皮膚に、照射範囲を識別するための一時的なマークをマジックインクでつける。この作業の間、部屋は周期的に暗くされる。位置決めはシミュレーション段階にとって重要であるが、壁と天井に取り付けたレーザーで位置決めが簡単に行われる。特別に作った固定装置を位置決め作業の補助に使用することがある。作業の間に赤い光線が見えることがあるが、使用されている低出力レーザーは位置決め目的専用であって、焼けるような感じ等を受けることはない。

照射範囲の諸側面が設定されると、次に技術者は、照射範囲を代表する、特殊なシミュレーションX線写真を撮影する。多くの医療センターでは、照射範囲を示すために、前に付けられたマジックインクのマークの代わりに、複数の「入れ墨」が付けられる。この「入れ墨」は精巧なものではなく、ピンの刺し痕にインクを付けるもので、見かけはそばかすのようなものである。この「入れ墨」によって技術者は毎日の治療時に正確に照射範囲をセットすることが可能になる。患者は、マークを気にすることなしに身体を洗ったり風呂に入ることができる。

治療の最適化のため、複数回のシミュレーション段階が必要となることもある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『治療計画』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

シミュレーションと実際の治療との間にいくつかの段階が必要である。(但し、これらの段階の大部分について、患者の参加は不要である)シミュレーション時に撮影したX線写真は、正常組織を放射線の影響から保護するための特殊な鉛合金製ブロックを作るために使用される。これらの鉛合金ブロックは、プラスチック製トレーの上に置き、照射の前にリニア加速器(放射線を発する装置)の頭部の下側に装着する。これらのブロックは、がんの部分に最大量の放射線を照射しつつ、正常組織にあたる放線量を最小にするよう設計されるわけである。患者は、シミュレーションの後に、これらのブロックの配置及び治療計画の正確度を確認するため、来院の必要があることがある。

治療計画作成の一環として、技術者は、最適な放射線量を確実に照射するための、特殊な計算を行なう。治療計画をコンピュータ化してあれば、この計算が簡単になることもある。 放射線照射の計画のために、コンピュータは極めて洗練されてきている。 コンピュータの中には、照射領域と周囲の正常組織の極めて複雑な3次元表示をする能力があるものさえある。このようなコンピュータ化した計画を作成するために、患者は特別なCTスキャン(ドーナツ型の開口部をもった、特別なタイプのX線撮影装置)を撮影するように言われることがある。

治療計画完成には、(シミュレーションと実際の治療との間)、数日を必要とすることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線治療』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線治療は通常、シミュレーション室とは異なる部屋で実施する。 シミュレーション段階で得られた治療計画及び照射範囲の情報は治療室へ転送される。治療室にはリニア加速装置が、シミュレーション室と類似した患者用テーブルに、焦点を合わせてセットされている。

治療計画の確認が行われ、放射線腫瘍医と技術者が照射範囲と計算の確認をし、十分に満足した場合にのみ、照射を開始する。

照射を受けている間は、放射線が正確な位置にあたるために、治療テーブルの上でできるだけ静かにしている必要がある。がんを全角度から放射線でたたくため、装置や治療テーブルは360度回転することもある。

治療の間、技術者は治療室から出ているが、ビデオカメラと治療室との音声接続で治療をモニターしている。放射線が照射されていても、患者がそれを感じることはない。

放射線照射は、毎日1回で週に5日間、同一時刻に行うというスケジュールが普通であるが、もっと低頻度に行われることもあるし、逆に1日に2回行なわれることもある。照射の回数は多くの要因で決まり、5-10回から40あるいはそれ以上までさまざまである。つまり、1から8週あるいはそれ以上続くということである。

放射線治療は一般に外来で実施され、毎日かかる時間は比較的に短い。 最初の数回は1時間以上かかることがあるが、毎日の照射では、治療室にいるのが15-30分、実際の照射には数分しかかからない。

照射をとばさないようにしないといけない。計画された期間を越えて照射を受けることになると、がんをコントロールするチャンスを少なくする可能性があるからである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


D1c放射線治療の副作用


『概論』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

患者は放射線療法の間に何も感じないが、放射線の影響は蓄積していく。大部分の患者はほんのわずかしか当初の副作用を感じない。しかし、、治療が続くに従い、多くの患者が疲労を感じる。

大多数の患者はそれほどの困難もなく、放射線療法を完了することができる。放射線療法の副作用や合併症は頻繁ではなく、起きるとしても通常は放射線照射を受ける個所に限定される。

しかし、副作用を経験する確率は、極めてさまざまである。或る患者に若干の不快をもたらす線量が、他の患者では何の副作用ももたらさないことがある。副作用が起きた場合、患者は技術者や放射線腫瘍医に知らせないといけない。何故なら、副作用の治療はとんど常に可能で、かつ効果的だからである。副作用は普通は一時的であり、照射が完了すれば解消する。

放線の最も普通の副作用としては:
◇皮膚反応
◇疲労

頭頸部への照射に伴い普通に起こる副作用としては:
◇粘膜炎
◇口内乾燥症
◇味覚や嗅覚の変化
◇甲状腺機能低下症

その他の、より頻度の低い副作用としては:
◇脱毛症
◇吐き気、嘔吐
◇下痢
◇食欲不振
◇血球数減少(骨髄抑制)

最近の放射線照射技術の進歩により頻度は低いが、胸部への照射により起きる可能性がある副作用として::
◇肺線維症
◇心臓合併症

以上のような一時的な副作用に加えて、以下のような「遅発合併症」と呼ばれる長期副作用が起きることがある。
◇二次的ながんの発生
◇甲状腺低下症
(但し、これらの長期的副作用も、最近の照射技術の進歩により頻度は低下した)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法の最も一般的な副作用』


「皮膚反応」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法の最も一般的な副作用の一つは、照射を受けている個所の皮膚の刺激である。これは、軽度の赤味や乾燥(日焼けに類似)から、一部の患者での、重症の皮膚のはがれ(落屑)までいろいろな程度がある。

大多数のケースでは、治療完了後、数週間で皮膚反応は消失するが、照射を受けた個所の皮膚が以前よりもやや黒く残ったり、日光に過敏のままであることがある。

皮膚がちくちくしたら、医療従事者に告げること。赤味や乾燥状態は、結局は個所から液体がにじみ出て来て、皮膚がはがれることになることがあるからである。あなたのあなたの。医療従事者は、症状を緩和したり、さらに刺激が増大するのを抑える方法を教えてくれる。

放射線による皮膚刺激治療のための効果的な局所用の薬剤があるし、放射線治療中の皮膚刺激を最小限にとどめるための注意事項がある:
◇照射を受けた個所を乾燥した状態で、刺激がないように保つこと。(コーンスターチを化粧用パフで軽くたたいてつけておくと、皮膚を乾燥状態に保てる)
◇照射を受けた個所を洗うときは、マイルドな石鹸で洗うこと。
◇頭に照射を受けている場合は、ベビーシャンプーのようなマイルドなシャンプーを使うこと。
◇タオルを使うときは、こすらずに、軽くたたくこと。
◇照射した個所の毛を剃る場合は、切り傷をつけないよう電気シェーバーを使用すること。
◇ひげそり用ローションや香料入りクリームを使わないこと。
◇照射した個所に香水、デオドラントを使ったり、メーキャップをしたりしないこと。
◇照射した個所で加熱パッドや氷のうを使わないこと。
◇照射した個所がこすれないよう、ゆったりした衣類を着ること。
◇照射した個所に粗い生地(羊毛、コーデュロイ、糊付けした布)があたらないようにすること。軽い綿が良い。
◇照射した個所に日光が当たらないようにすること。数分間でも日向にいる場合は、日光を防ぐ衣服(広いつばの帽子や長いそでのシャツのような)を着て日焼け止めを使うこと。日焼け止めローションについては医療従事者に聞くこと。
◇クリームやローションの使用について医療従事者に確認すること。( 普通、安全な局所用薬のサンプルを放射線クリニックで入手可能である)
◇必要でない限り、照射した個所に、粘着性のテープ(バンドエードやペーパーテープ等)を貼らないこと。
◇乳がん患者で、腋の下が照射範囲内の場合は、デオドラントを使わないこと。刺激性のないデオドラントを自製可能である(1/4カップのべーキングソーダと1/4カップのコーンスターチとを混ぜ、綿のボールでつける)
◇海水、湖、プール、池で泳がないこと。
◇不快感があったり、不安がある場合は、必ず医療従事者に告げること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「疲労感」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

疲労感というのは、疲労、脱力感、消耗、エネルギー欠如を感じることである。疲労感は、放射線療法の最も一般的な副作用の1つである。

患者は放射線療法の間、日常の活動を制限されないが、日常の活動と休養の期間とのバランスに注意しないといけない。疲労感は、治療の2-4時間後に強くなることが多い。疲労感は、放射線療法の完了後、数週間で消えていくものである。

以下に、放射線療法による疲労感への対処法を記す:
◇可能ならば、活動を制限する。
◇体力を保つため、毎日運動する。
◇前もって食事を準備し、冷蔵庫に入れておく。
◇すぐに食べられるインスタント食品を使う。
◇友人や家族から手助けの意思表示があったら、受け入れること。
◇細胞の老廃物が蓄積しないよう、毎日十分な水分をとる。
◇夜の睡眠を多くし、日中昼寝をすることにより、休養時間を増やす。
◇疲れていても、食べること。 ちょっとした食品がエネルギーを充実させることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『頭や頸部への放射線療法に伴う副作用』


「粘膜炎(口内炎)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

頭や頸部への放射線照射で口内炎が起きることがある。放射線を、頭、頸部、胸部、腹、あるいは肛門直腸部に照射すると、消化管全体の 粘膜にダメージを与えることがある。それにより、粘膜に炎症が起きたり脱落が起きたりして、痛みが生じ、感染のリスクが増大する。

口内炎(歯ぐきを含む)の場合、感染や痛みの原因となるので、歯のケアに特別に注意が必要である。口内を清潔にする作業を頻繁に行ったり、殺菌効果がある口腔洗浄液を使う必要があるかも知れない。また、患者によっては、食物や細菌を除去したり、口内炎の治癒を促進するために、しばしば水で口をすすぐのが良いことがある。
粘膜炎がある場合は、口を刺激しない食物を選ぶべきである。例えば:
◇噛んだり飲むのが容易な、柔らかい食物を選ぶ。
◇口を刺激する食物(柑橘類の果物のような)や、スパイシーなもの、塩辛いもの、ザラザラしているもの、乾燥している食物を避ける。
◇食物が柔らかくなるまで、料理する。
◇食物を小さく切る。
◇食物をバター、薄いグレービー、ソースと混ぜて、飲み込みやすくする。
◇ミキサーやフードプロセッサーでピューレする。
◇液体を飲むためにストローを使う。
◇熱い食物は口を刺激することがあるので、冷たいか、室温の食物を食べる。
◇食事をとる間だけ口やのどの感覚をなくすように、麻酔用の菓子錠剤(舐める錠剤)やスプレーを使う。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「口内乾燥症(口内乾燥)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

頭頸部への放射線照射により、口内乾燥症が起きることがある。 口内乾燥症というのは、口内乾燥状態が慢性的に続くことで、放射線照射により、唾液腺がダメージを受けることで起きる。 口内乾燥症は、話したり、噛んだり、飲み込んだり、味わったりすることをし難くするので、生活の質に悪影響を及ぼすことがある。口内乾燥症への対応は意外に難しいことがあるが、以下がヒントになるかもしれない:
◇唾液が出やすくするため、甘いか、すっぱい食物又は飲み物(例:レモネード)をとること。(但し、口内炎の場合はこれらは避けること)
◇糖分のない硬いキャンデーやアイスキャンデーをなめたり、糖分のないガムをかむ(やはり唾液が出やすくするため)
◇柔らかい、ピューレにされたもののような、飲み込みやすい食物をとる。
◇唇用軟膏を使って、いつも唇を湿らせておく。
◇食物を食べるときは、湿っていて飲み込みやすくするため、ソース、 、グレービー、サラダドレッシングと一緒に食べる。
◇数分ごとに水をすすって、飲み込んだり話したりし易くする。
◇口内乾燥症がひどい場合は、医者や歯科医師に言って、口や喉を覆ったり保護する薬をもらう。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「味覚や嗅覚の変化」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

味覚や嗅覚は、放射線療法やがん自体により、変化することがあるが、通常は、治療が終了するとすぐに、回復する。
食物は苦くなったり、金属の味がしたり、単に味が弱くなったりすることがある。以下は、食物の味を良くするためにヒントとなるかも知れない:
◇不快な味を感じさせる食物を食べず、美味しそうに見え、良い匂いのする食物を選ぶ。
◇室温の食物を食べる。
◇少量の、風味に富んだ調味料を使ってみる。
◇味が強い、オレンジやレモンのようなすっぱい食物を試してみる。(口内炎でない場合)、
◇肉、チキン、魚を、甘いソースでマリネード漬けにする。
◇赤肉の味やにおいがおかしいと感じる場合は、チキン、七面鳥、卵、、乳製品に切り換える。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『比較的に頻度の低い副作用』


「脱毛」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

脱毛が起きるのは、放射線照射を受けた個所だけである。脱毛症始まるのは通常、治療開始の2-4週間後である。毛髪が薄くなる人もいれば、完全に脱毛する人もいる。放射線による脱毛は一時的なものである。通常、放射線治療完了後、の6-8週間後には髪が再度成長を始める。
脱毛に対処する最も良い方法は、事前に準備しておくことである。脱毛症への上手な対処のため、次のヒントを参考にすること:
◇自分自身で容姿の変化に準備するため、治療開始前に、短かくてスタイリッシュなヘアスタイルに変える。
◇かつらを使う予定なら、治療開始前にかつらのスタイリストに会って髪の色や質にあったものを準備してもらう。
◇保険会社の中には、かつらのコストをカバーしてくれる会社がある。医者にかつらの処方せん発行をたのむこと。
◇治療が始まったら、マイルドなシャンプーを使い、髪を軽くたたいて乾かし、引っ張らないよう、慎重に髪をとかす。
◇ヘアドライヤーは、必要な場合だけ使い、低温設定で使用する。
◇髪染料、ローラー、ヘアアイロン、、パーマを避ける。
◇髪と頭皮が擦れないよう、サテンの枕カバーで寝る。
◇スカーフ、ターバン、かつらの使用を考えてみる。
◇髪が落ちるのに対処するよりも、完全に剃ってしまうほうが落ち着く人もいる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「吐き気、嘔吐」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射で吐き気や嘔吐が起きることがあるが、腹部に照射を受ける場合に、とくに起きやすい。照射の直後に起きたり、遅れて起きたり、あるいは、照射の前に起きたりすることがある。FDAは、制吐薬と呼ばれるいくつかの薬を、吐き気や嘔吐の予防用として認可している。

照射の直後に吐き気を感じるようなら、治療前の数時間と治療後の1-2時間、食事しないといいかも知れない。対照的に、照射の前に吐き気を感じるようなら、照射前に、トーストあるいはクラッカーのような、刺激が少ないスナックを食べるといいかも知れない。 以下は、吐き気に上手に対処するためのヒントである:
◇食事を小分けして頻繁にとる。
◇ゆっくりと食べたり飲んだりする。
◇何回にも分けて食べる。
◇フライや、脂肪分の多い食物を避ける。
◇食事と食事の間に、冷たい飲み物を飲む。
◇マイルドな香りしか持っていない食物で、冷たいか室温で食べられる食物を食べる。
◇医者や栄養士が考えてくれた特別なダイエットを守る。
◇胃がひどく不調になった場合は、清澄流動食(薄い澄んだスープとジュース)や、消化しやくす刺激の少ない食物(例えば何も塗らないトーストやゼリー)を試す。
◇吐き気 / 嘔吐が続く場合は、医者に制吐剤を処方するよう頼む。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「下痢」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

腹部への放射線照射により、下痢が起きることがある。これは、放射線照射開始後3〜4番週で始まることが多い。医者は食事内容の変更を勧めたり、下痢を軽くする薬を処方したりすることがあるが、以下は下痢への対処のヒントである:
◇下痢が始まったらすぐに、清澄流動食に変える。
◇線維質な食物や、腹痛やガスが充満した感じになる食物(生野菜、コーヒー、豆、キャベツ、スパイシーな食物)を避ける。
◇小分けして頻繁に食事をとる。
◇乳製品を避ける。
◇カリウムが高い食物(例:バナナ、ジャガイモ、アプリコット)を食べる(下痢でカリウム不足が生じるから)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「食欲不振」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

食欲不振は、がんとその治療に共通である。 吐き気、嘔吐、落ち込みが食欲不振の原因になることがある。食べたくないかも知れないが、治療を受ける間、適切な栄養をとることは大切である。
以下は、栄養を保つためのヒントである:
◇空腹なときは、いつでも食べること。小分けして何回も食べるほうが、通常のやりかたで1日3回食事するより適切であることがある。
◇頻繁に食べること。毎時、ただの数回食物をかじることでも、たんぱく質やカロリーを得ることができる。
◇静かでリラックスした食事にすること。
◇メニューに変化をもたせる。
◇音楽、ろうそく、友人たちと一緒に、静かで魅力的な雰囲気を作る。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「血球数低下(骨髄抑制)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線症照射により、血球数が低下することがある。 放射線療法の施設の多くでは、放射線治療の間に少なくとも1回は血球数をチェックするのをルールにしている。血球数が低下すると、睡眠や休息のパターンが変わることがあり、疲労を感じることがある。このような症状が出たら、医療従事者に告げること。血球数低下への治療方法があるからである。

他のそれほど普通でない副作用がある特定の環境で起こるかもしれなくて、そして、あなたが同じぐらい適切であるという状態で、論じられるであろう。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『胸部への放射線照射に伴うことがある副作用』


「肺線維症」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

肺線維症とは、肺組織への傷跡のことであり、困難呼吸の原因となる。肺線維症は、ホジキン病や他の、肺への放射線照射が必要となるがんに於いて、長期あるいは遅れて発生する副作用となることがある。しかし、この肺機能低下は、時間と共に改善し、回復可能と考えられている。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「心臓への影響」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

胸部の中央部である”縦隔”と呼ばれる部分に照射した場合、心臓への影響が長期的に現れることがある。放射線量が多かったり、照射範囲が広い場合にリスクが増大する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法に伴うことがある長期的な副作用』


「二次的ながん」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法や化学療法により、二次的ながんが、引き起こされることがある。若い時にホジキンのリンパ腫に対する治療を受けると、後になって二次的ながん発生のリスクが大きい。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「甲状腺機能低下(甲状腺ホルモン分泌の低下)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

頸部への放射線照射を受けた場合、後になって発生することの多い副作用の1つである。そのような照射を受けた場合、3人に1人の割合で起きることがある。
放射線療法を受けた場合、定期的に甲状腺機能のチェックが必要である(甲状腺機能低下の症状は、治療後時間が経ってからみられ、しかも、微妙なものであるからである)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


D1d副作用の予防と対処


『前書き』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法の副作用予防のため、いくつかの方法がある。これらの方法を大別すると、放射線照射の方法を変えるやり方と、正常な細胞を放射線障害から保護するための薬を使うやり方とに分けられる。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線照射の方法を変える方法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

以前から放射線の副作用を減らすために使われてきた2つの方法が、線量の分割(照射すべき全線量を多数回に分割して照射する)の方法と、鉛のブロックで物理的に保護することにより照射範囲を狭める方法とである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「分割照射法と過分割照射法」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射は、もともとは大線量で1回で照射が行われていた。半世紀以上前になって、日単位に照射するほうが副作用も少なく、効果も大きいことが発見された。これが線量分割である。
分割照射法により、単回投与よりも大きい線量を照射することが可能になる。放線の全体のドーズの分娩を許す。現在ほとんどの場合、放射線照射は1日1回、週に5日間実施される。1週間に5日照射というスケジュールは、通常の労働日と合わせるためである。また、5日間照射する期間の(照射間の)24時間と、2日間の間隔により、正常細胞が回復する(がん細胞は、普通、回復能力が小さいため、このような期間では十分に回復できない)。分割照射により、副作用が軽減されたことは間違いない。

がん細胞は、正常な細胞に比べて回復力が小さい傾向があるが、上記の間隔の間にがん細胞が回復する可能性はある。
最近の発見によれば、いくつかの種類のがんは、照射の間の間隔を6〜8時間に短縮したほうが最適に治療可能である(がん細胞に対する毒性を増強する一方で、正常細胞が回復するために十分な時間を与える)。この方法(過分割照射法と呼ばれる)は、さまざまながんの治療のため、広く使用されている。
過分割照射法は、精巧な装置を必要とするため、専門医療センター(経験豊富で、この方法について訓練を受けたスタッフがいるところ)で治療を受けることが必要である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「強度変調放射線治療(IMRT)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

IMRTでは、回転している装置から、さまざまな強度の放射線が照射される。強度は「葉」を配置することで変える(「葉」が、放射線を通したりさえぎったりする)。この回転している装置により、がんへの照射を精密にし、正常組織の放射線被曝を少なくできる。

従来の放射線照射では、放射線はいくつかの異なる方向(5〜10の方向)から照射されるのであるが、この方向の数が多いほど、がん細胞への照射が精密になり、正常細胞の被爆を少なくできる。IMRTでは、らせんの上の全ての点から照射されることになる(ので、極めて精密な照射が可能である)

IMRTは、CTスキャンに似ている。 CTスキャンでは、X線ビームが患者の回りを回りながら一連の断面画像を作成していく。IMRTも同様に回転するビームを使う。また、IMRTも、一度に1つの断面の治療を行なう。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「3次元原体照射(3D-CRT)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

3次元原体照射(3D-CRT)は、いくつかのがんの治療法として副作用が少ない有望な方法である。CTスキャンと他のスキャン法を使うことにより、腫瘍の大きさと形を3次元的に決める方法が開発された。これにより、高線量の放射線を、正常細胞へのダメージを少なくしつつ、照射することが可能になった。
例えば、3次元原体照射法によって、正常乳房組織への放射線被曝量を50%低下でき(従って、二次的な乳がん発生のリスクが低下した)。
3次元原体照射は、そのための装置と訓練されたスタッフが揃った専門のがんセンターで受ける必要がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『薬による方法』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射による副作用が起こるのを予防することが、副作用への対処として最も理想的であるが、実際には、副作用は避けられないことがある。そのような場合、いくつかのタイプの薬を副作用軽減のために使用することができる。
そのような薬を以下の2つのカテゴリーに分類できる:

◇全身投与をして、正常組織を放射線による障害から保護する薬
◇局所粘膜に適用して、放射線による障害を減少させたり治療する薬

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「放射線保護薬」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線保護薬というのは、放射線の作用からがん細胞を保護せず、正常細胞だけを保護する薬のことである。過去50年間、いろいろな薬が試みられてきた。

◇Ethyol
本剤は、放射線保護薬であり、また、頭頸部がん治療のための放射線照射に伴う口内乾燥症の治療用としてFDAが唯一認可している薬である。口内乾燥症というのは、慢性的に口内が乾燥している状態で、唾液腺が放射線照射でダメージを受けることで発症する。口内乾燥症は、患者の話したり、噛んだり、飲み込んだり、味を感じたりするための能力を損なうことがあるので、生活の質にマイナスの影響を与えることがある。
臨床試験の結果では、重症の口内乾燥症の起きる割合は、Ethyolを使用した場合は 51%であるのに対し、使用しない(放射線照射だけ)場合は 78%であった。放射線照射終了後1年の時点では、 Ethyol使用していたた患者ではわずかに 35%が口内乾燥症であったのに対し、使用していなかった患者では 57%が口内乾燥症であった。

◇ステロイド
ステロイドは、副腎が産生するホルモンである。放射線療法の一部として、Prednisone、又は、Decadron(一般名 dexamethasone)のようなステロイドが処方されることがある。このような薬は、身体の組織が腫れる(浮腫)のを軽減してくれる。dexamethasone(デキサメタゾン)は、放射線照射に伴う嘔吐(とくに腹部のがんの治療の場合)を予防する効果があることも知られている。

◇局所適用薬:
局所的に粘膜に塗布することで放射線障害を減少させたり治療するための薬がある。局所用scralfate(スクラルファート)には粘膜保護作用があり、放射線照射期間中やその後に口内炎の防止と治療のためにしばしば使用される。

局所用消毒薬(chlorhexidine、benzydamine、等)が口内炎予防の目的で使用されてきたが、最近の研究では、これらにはそのような効果がないことが示されている。(chlorhexidineの口内洗浄液により、口の粘膜上の細菌は顕著に減少するが、口内炎のリスクは増大するらしい)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線照射による副作用の予防/対処を改善するための戦略』


「前書き」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射による副作用の予防や対処に関する新しい方法が確立するためには、臨床試験でそれらの方法を評価する必要がある。
臨床試験に参加を希望する患者は、当該臨床試験のプラス・マイナスについて医者と相談する必要がある。
現在、放射線照射による副作用の予防や対処のための新しい方法として活発に研究されている領域には以下のものがある:
◇表皮細胞成長因子(KGF、palifermin)
◇抗酸化薬
◇インターロイキン11
◇プロスタグランジン

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「表皮細胞成長因子(KGF、palifermin)」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

これは、上皮細胞(粘膜を作ったり、口やのどの表面を作る)の成長を促進することが知られている成長因子である。そしてそれは粘液膜を構成して、そして口とのどの内側を覆う。
表皮細胞成長因子は現在、化学療法剤による消化管粘膜のダメージを予防する効果につき、臨床評価中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「抗酸化薬」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

抗酸化薬である Cu/Zn superoxide dismutase(SOD)は、放射線照射による早発性及び遅発性の組織傷害の軽減効果を期待できそうである。
実際、或る臨床試験で、膀胱がん治療のための放射線照射後に SOD、又は、プラセボを使用して比較したところ、SODを使用した患者のほうが直腸のトラブル、膀胱の炎症、皮膚の傷害が、プラセボよりも軽度であった。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「インターロイキン11」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

インターロイキン11は、身体が産生するものと類似している(が異なる)成長因子である。 インターロイキン11は、化学療法に伴って減少した血小板の回復促進用としてFDAが認可済みである。
現在、インターロイキン11が、化学療法や放射線療法に伴う副作用(特に粘膜や消化管への)を予防する効果があるかどうか臨床試験で評価中である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


「プロスタグランジン」
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

プロスタグランジン(複数)は、炎症やけがの治癒に関与する化合物のグループである。misoprostol(ミソプロストール)もプロスタグランジンで、前立腺がん治療のために放射線療法を受けた場合に発症する合併症の治療に有効である。
直腸の炎症(放射線直腸炎)は、前立腺がんの放射線による治療に伴う合併症としてよく知られている。この合併症の従来の薬による治療は無効で、しかも、症状が出た後でそれを軽減するのが目的であった。
或る臨床試験で、前立腺がんの治療として放射線照射を行った場合の、ミソプロストールの効果を評価した。この臨床試験では、9名の患者がミソプロストール直腸坐剤の適用を受け、他の7人の患者はプラセボの適用を受けた。その結果、ミソプロストール直腸坐剤によって、急性及び慢性の放射線直腸炎の症状が顕著に軽減されることが示された。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


D1eよくある質問への回答


『放射線療法とは何か?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法とは、放射線を使うがんやその他の病気の治療法のことである。このための放射線は、外部から照射されることもあれば、身体の内部から照射されることもある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線はどのようにして効くのか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線は、がん細胞のDNAにダメージ与えることにより、がん細胞が増殖したり成長することを妨げる。これが放射線の効き方である。
増殖・成長を阻止されたがん細胞は死滅し、がんが縮小する。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線を感じたり痛かったりするのか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外部照射の放射線(身体の外部から照射される放射線)は痛くない。レントゲン線写真を撮る場合と同じである。但し、痛くはないが、副作用を起こすことがある。 放射線があたった皮膚は、日焼けした時のように感じることがあり、日光を避ける必要があることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『照射を受けた人は放射能を持つのか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外部照射の放射線を受けても、放射能をもつことはない。また、周囲の人に放射線をあてることになるリスクもない。
放射性物質を埋め込まれた場合には、妊娠している女性や小さい子供はあまり近くに来させてはいけない。また、これらの人たちの来訪時間は、当該放射線物質を取り除くまで、制限しないといけない。どんな場合に注意が必要かは、医者や看護婦が言うはずである。

(mougitaroお断り:看護婦というのは正式には看護師ですが、当サイトでは看護婦と書くことにしています。医者や看護婦をあがめてはいけないからです)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法には危険が伴うか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線は、がん細胞にダメージを与えるために使用するが、正常細胞にもダメージを与えることがある。これが、副作用の原因である。
しかし、副作用のリスクは通常、がん細胞を死滅させる利益に比べれば小さいものである。それに、放射線がん治療の専門家が副作用を常に観察している。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法の危険について何を知っておくべきか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射のリスクや副作用は、放射線の種類、線量、どこに照射を受けるかで変わってくる。例えば、腹部への照射では、下痢が起きることがあるし、頭頸部への照射では、口内炎を起こすことがある。最も一般的な副作用は、疲労感、口内炎、皮膚のトラブル、である。
照射の前に、医者が副作用の予防や軽減の方法について説明するはずである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法の典型的な副作用にどんなものがあるか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

最も頻繁に訴えられる副作用は、疲労感と、照射個所の皮膚の刺激である。
その他の副作用は、照射個所がどこか、照射線量がどの程度かによって変わる。例えば:
◇照射個所が口腔内、喉、頸部の場合、口内乾燥や口内炎が起きることがある。
◇照射個所が肺の場合、若干の咳や粘液の過剰分泌が起きることがある。
◇照射下書が腹部の場合、軽度の吐き気や下痢が起きることがある。

照射完了後、4〜6週間たてば、これらの副作用の大部分はひとりでに消失する。いくつかの長期的な影響の一つが、照射個所の皮膚の色や柔軟性の弾性の変化である。治療開始前に、放射線がん治療の専門家に、副作用やそれの予防法・対処法について質問しておくこと。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法で気分が悪くなるか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射を受ける個所が胃の近くでない限り、ほとんどの場合吐き気を感じることはない。吐き気を感じた場合は、吐き気やその他の症状を医者に告げること(これらの症状の予防や軽減に有効な薬がある)

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『髪の毛がなくなるのか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線照射の個所が頭部でないなら、髪の毛がなくなることはない。脱毛が起きるのは、放射線が照射されている個所だけである。例えば、腕に照射を受けた場合には、治療期間中、その腕の毛がなくなることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線療法に、どの程度の時間がかかるか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

外部照射の場合、大部分のケースで、照射は毎日1回(但し、照射があるのは、ふつう月曜日から金曜日で、週末はお休み)行われ、5〜7週間続く。毎日の治療に必要な時間は、治療室にいる時間として15〜30分である(但し、照射にかかる時間はわずかに数分間である)。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線治療を担当するのは誰か?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線療法を専門に行う医者を放射線がん治療専門医(radiation oncologist)と呼ぶ。この放射線がん治療専門医が最適な放射線治療のタイプや線量を考え、医療従事者のチームと密接に連携して、治療実施のやり方を決める。
この医療従事者のチームに参加することがあるのは(mougitaro注:これらの職種は日本には存在しないため、訳は暫定です):
◇放射線物理士(radiation physicist):照射装置が正しく動き、正確な線量の放射線を出しているようにする役目をもつ専門家である。治療の計画にあたって、医者と密接に連携する。
◇線量計算士(dosimetrist):治療計画を立てるべく、医者や放射線物理士と協力する専門家で、がんや周囲の組織に照射される放射線の線量を計算する。
◇放射線治療士(ratiation therapist):患者に正しい位置に寝てもらい、放射線照射装置を操作する専門家である。
◇放射線腫瘍学看護婦(radiation oncology nurse):患者のケアや副作用の管理の調整を援助し、患者や家族が治療について学ぶのを助ける。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『患者の治療に誰か同行できるか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

友人や家族が治療に同行するのは歓迎される。しかし、連邦規則により、放射線装置が動いている間、患者あるいはフィルムバッジモニターを身につけている者以外の人が放射線管理区域に立ち入るのは禁止されている。治療の間、同伴している人はレセプション区域で待つように言われる。これは他の患者のプライバシーを保護する意味もある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射線治療を受けている期間、通常の活動はできるか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

できる。大部分の患者は、治療の期間中、フルタイムの仕事やレジャー活動を行う。但し、疲労を感じる時は、自らに過度な活動を強いないこと。必要な場合は休む時間をとること。十分に睡眠をとり、健康的な食事をするよう心がけること。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『照射の間中、患者はひとりぼっちになるのか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

放射線の効果は蓄積されるものであり、放射線治療士は毎日多くの患者を治療することから、放射線治療士が照射のたびに治療室に入ることは彼らの長期的な健康上のリスクがある。患者の状態が大丈夫で、治療が正しく進んでいることを確認するためには、患者は常に放射線治療士と声で連絡をとり、ビデオカメラが室内をモニターしている。患者が助けを必要とする場合は、放射線治療士にそれを告げさえすれば、彼らは治療を中断して、直ちに助けに来る。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『近接照射療法は、どのようながんの治療に使用されるか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

主に早期前立腺がんの治療のために使用される。しかし、乳がん、子宮頸がん、頭頸部がん、その他でも使用されることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『近接照射療法での前立腺への放射性”種”の埋め込みとは一体何か?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

大部分のケースでは、埋め込みというのは、一回だけの、手術でない、負担の少ない手順である。泌尿器科医、放射線がん専門家、放射線物理士のチームが普通は外来で実施する。普通は脊髄麻酔で実施されるが、全身麻酔で実施されることも時にはある。センターの中には、病院手術室で実施するところもある。外来でも入院でも実施可能である。ほとんどの場合、1〜3日以内に通常の活動(仕事を含む)に戻ることができる。しかも、痛みは無いか、ほんの少ししかない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射性の”種”は痛いか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

前立腺の中へ放射性の”種”を埋め込んだ後、陰嚢の下に普通、若干のうずきがある。 患者はしばしばその感覚を、「ゴルフボールの上に座っているようだ」と表現する。これは、埋め込みに伴い、わずかな腫れと出血があるのが原因である。いずれにせよ、次第に解消していく。ほとんどの場合、アセトアミノフェン程度の緩和な鎮痛剤で十分である。麻薬鎮痛剤が必要なことはほとんどない。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射性の”種”の埋め込み後、どの程度したら運動その他の精力的活動が可能か?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

前立腺に針を挿入することで、前立腺を取り巻いている血管には若干のダメージが生じる。従って、埋め込みの直後は、前立腺に圧力を加えるような運動や活動は避ける必要がある。埋め込みをした後、少なくとも3〜4日間は、重い物を持ち上げたり、激しい運動をするのは避ける必要がある。この期間を過ぎても、過度に激しい運動をすると、膀胱に少量の出血をすることがある。これはそれほど有害ではないが、出血が止まるまで、運動を制限すること。少なくとも6ヶ月間は、自転車、乗馬、オートバイのような、前立腺に圧力がかかるは避ける必要がある。これらの活動で前立腺に繰り返し衝撃を加えると、腫れや排尿障害の原因となることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射性の”種”の埋め込み後、患者は放射能を持つのか?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

持つことはない。”種”は放射性だが、患者は違う。放射能は非常に低く、埋め込み位置は非常に正確であるから、放射能のほとんど全部が前立腺に吸収される。しかし、最初の2カ月間は、小さい子供や妊娠している女性との接触には特別な注意が必要である。看護婦や医者が、どんな注意が何時必要かを教えてくれるはずである。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


『放射性の”種”からの放射線は私のセックスパートナーにとって危険か?』
原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

危険ではない。放射線は弱く、パートナーへの危険はほとんどない。精液は放射性ではない。埋め込み後、ほんの少しで性的活動の再開が可能である。時によっては、クライマックスの時に、精液に血が混じったり、かすかな痛みがあることがある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


E生物学的治療

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

生物学的治療は多くの名前で呼ばれる(免疫学的治療、免疫療法、生物的療法)が、ひとことで言うと、 生物学的治療とは、身体自身の免疫システムを有効に使ってがん細胞を殺そうとする治療法である。

具体的には、インターフェロン療法、インターロイキン療法、モノクロナル抗体療法、コロニー刺激因子(サイトカイン)療法、ワクチン療法等がある。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ


Fホルモン療法

原文へのリンク: 下記リンクからジャンプして、原文をお読みください。(但し、個別のページのアドレスは、変更される場合がありますので、ほとんどトップページへのリンクです。ご了解ください)
National Foundation for Cancer Research のホームページ


記事のおおまかな内容: 上記のホームページの該当ページには、大略以下のような内容が書かれています。

ホルモンは身体自体が産生して、乳房あるいは前立腺のようなホルモンに感受性が高い組織の成長を促進する物質である。このことから、乳房や前立腺に生じたがんの成長や拡大がホルモンで促進されることがある。

従って、以下の方法ががんと戦う手段になる:
‥ホルモン産生の阻止
‥ホルモンの作用のしかたを変えてしまう
‥ホルモンを分泌する臓器(卵巣や精巣)の摘出

身体全体に広がったがん細胞を標的とし得る点で、ホルモン療法は化学療法と同様に全身的な治療法である。

本コーナーの目的は、情報のありかと記事概略をご紹介することです。どうぞ本ページ冒頭のリンク先の原文をお読みください (原文内容は頻繁に改訂されており、ご紹介が間に合いません)


当ファイルの目次ページへ